パンドラの憂鬱

Powered By 画RSS



海外「日本に干渉するな!」 旭日旗を問題視する動きに外国人から怒りと呆れの声

先月行われたサッカーのアジア・チャンピオンズリーグの試合にて、
川崎フロンターレのサポーターが旭日旗を掲げた問題で、
アジアサッカー連盟(AFC)は川崎フロンターレに対し、
1年間の執行猶予付きで、AFC主催の1試合を無観客試合とする処分に加え、
1万5000ドル(約170万円)の罰金を科すことを決定しました。
今後1年以内に同様の行為があった場合には今回の処分が適用され、
さらに追加の制裁が科せられることになります。

2010年代に入って突如として一部の国から批判の声が上がり始めた旭日旗。
海外メディアが過去に「旭日旗を禁止にするべきか」を訊ねていましたので、
それに対して寄せられた外国人の考えをごらんください。

海外「 旭日旗はデザインが美しい」 米アマゾンで旭日旗が高評価

 2017-05-05
[ 2017/05/06 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(997)

海外「日本は昔から凄かったのか」 日本古来の警報装置 『鶯張り』に驚きの声

今回は、「鶯張り」に関する海外サイトの投稿からです。

「鶯張り」とは、敵や不審者の侵入を知らせるために作られた廊下のことで、
この上を歩くと床が軋み、鶯の鳴き声のような音が出る仕組みになっています。

この仕組みは京都の知恩院や二条城のものが特に有名ですが、
成り立ちは諸説あり、詳しいことは分かっていません。
現在ではその技術は失われており、同じような床の製作は難しいそうです。

海外の歴史系サイトがこの「鶯張り」の構造を写真付きで紹介したところ、
シンプルながら効果的な仕組みに、外国人から驚きの声が相次いでいました。

海外「その頃欧州なんて…」 日本の千年超の老舗企業に外国人仰天

Boardwalk-Nijo_1.jpg
[ 2017/05/05 23:00 ] 文化・歴史 | TB(0) | CM(166)

海外「日本、俺の国にも頼む!」 日本の新幹線を手にするインドに世界から羨望の声

2023年の開業を目指すインド初の高速鉄道では、
日本の新幹線方式が採用されることが決定しています。
インド西部のアーメダバードと商都ムンバイ間、
約505キロをこれまでの4分の1となる2時間7分で結ぶ計画で、
年内にも起工式を開き、運転や保守点検などに携わる、
専門人材の育成事業を支援していくことも決まっています。

今回ご紹介する映像は、先日日本政府が投稿したもので、
新幹線の安全性、計画内容、地元の人々の声などが紹介されています。

コメント欄には、新幹線を手に入れることになるインドに対して、
お祝いや羨望の声が世界各国から寄せられていました。
その一部をご紹介しますので、ごらんください。

印「日本は中国が恐れる唯一の国」日本を最重要視する方針をインド人が大歓迎

modi-abe-3-759.jpeg
[ 2017/05/04 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(423)

海外「日本よ、すまんな」 ANAの機内で起きた非日本的な騒ぎが世界的な話題に

今月1日、出発前の成田発ロサンゼルス行きの全日空の機内で、
酒に酔った40代のアメリカ人男性が複数の乗客を殴るなどしたため、
出発が遅れるというトラブルが起きました。
男性は飛行機から降ろされた後も全日空の職員に軽傷を負わせており、
千葉県警が傷害容疑で現行犯逮捕しています。

その際の映像が現在世界中で大きな話題になっているのですが、
CNNが映像の撮影者さんに行ったインタビューによると、
誰かが容疑者の男性にちょっかいなどを出したわけではなく、
それまでは落ち着いた様子だったのにも関わらず、突如暴れ出したそうです。

なお、撮影者さんは、
「念のため言っておきますが、ANAのスタッフや周囲の乗客は、
 上品に、礼儀正しくこの状況に対応していました。
 混乱を鎮めるために、出来る限りのことをやっていたんです」

とANAがベストの対応をしたことをツイートしています。

「礼儀正しい日本人の前でこんなことが起きてしまった」ことが、
アメリカ人にとってとても恥ずかしいことだったようで、
コメント欄には頭を抱えるアメリカ人が続出していました。

「これが日本人なんだよ」 日本の航空会社の対応に世界中の音楽家が大感動

101983441.jpg
[ 2017/05/03 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(607)

海外「ついに巨人が目覚めた」 護衛艦『いずも』による米艦防護に世界から驚きの声

昨日海上自衛隊は、昨年3月に施行された安全保障関連法に基づき、
平時から米軍の艦艇などを守る「武器等防護」を実施しました。

今回米艦防護を行なったのは、海自最大級の護衛艦「いずも」。
2日かけて補給艦の周辺で警戒監視の活動を四国沖まで行い、
その後は東南アジアなどを訪問する長期航行に向かう予定です。

この件を、海外主要メディアがこぞって報道。
海自の艦艇がアメリカ海軍の艦艇を守るということは、
外国人には色々な意味で結構な驚きだったようで、
関連記事には多くのコメントが寄せられていました。

海外「まるで空母じゃないか」 海自史上最大の護衛艦『いずも』が就役

pri_38220809.jpg
[ 2017/05/02 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(596)

海外「日本の鎧の格好良さは異常」 侍たちが着用した本物の甲冑が外国人を魅了

今回ご紹介する動画は、米国有数の規模を持つボストン美術館にて、
侍の甲冑などに関する展覧会が行われた際に、宣伝用に作られた映像です。

この展覧会では、鎌倉時代後期から幕末に至るまでの刀、弓矢、甲冑、
あるいは馬飾りなどの美術品約140点が展示されており、
数世紀に渡る武具の進化が分かる催しになっていたようです。

侍たちが実際に着用、あるいは所有していた本物の甲冑に、
外国人からはその格好良さと美しさを讃える声が相次いでいました。
その一部をご紹介しますので、ごらんください。

海外「日本は唯一無二の国」 本物のサムライ達の写真に外国人感動

JPSAMURAI1-jumbo.jpeg
[ 2017/05/01 23:00 ] 文化・歴史 | TB(0) | CM(409)

海外「日本は国で差別をしない」 儀仗隊による栄誉礼にフィリピンから感謝の嵐

ご紹介する映像は、昨年10月に来日されたフィリピンのドゥテルテ大統領が、
安倍首相との会談前に儀仗隊による栄誉礼を受けた際の様子を収めたものです。

国賓を迎えた特別儀仗は、陸上自衛隊・第302保安警務中隊で編成される、
特別儀仗隊のみが行う事ができ、「日本の顔」であるため、
高い能力の他に、容姿端麗である事が求められるとの噂もあるようです。

栄誉礼は日本では国賓等を迎えた場合には通常行なっている儀礼ですが、
「大国の日本がここまでやってくれるなんて」
といった印象を多くのフィリピン人の方々が受けたようで、
コメント欄には感謝と感動の声が殺到していました。

「日本に最大限の敬意を」 親日国フィンランドが海上自衛隊を大歓迎

102616_REY7.jpg
[ 2017/04/30 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(288)

米国「日本が同盟国で良かった!」 異例の日米共同訓練にアメリカ人から感動の声

今回ご紹介する映像は、昨日行われた日米共同訓練の一幕で、
海上自衛隊の護衛艦「あしがら」と「さみだれ」、
米空母「カール・ビンソン 」、ミサイル巡洋艦「レイク・シャンプレイン」、
ミサイル駆逐艦「マイケル・マーフィー」と「ウェイン・E・マイヤー」が、
沖縄県東方を巡行している様子が映し出されています。

訓練には空自のF15戦闘機、米海軍のFA18戦闘攻撃機が2機ずつ参加し、
編隊の確認や戦闘訓練なども行っています。
なお、日米が空海合同で共同訓練を行うのは異例とのことです。

アメリカ海軍がフェイスブックに投稿した前述の映像や艦艇を写した写真には、
アメリカ人から多くのコメントが寄せられていました。
その一部をご紹介しますので、ごらんください。

「最高の交流じゃないか!」 自衛隊と米海兵隊による本気の雪合戦が大反響

18156164_10155248024157402_6431824458538753101_o.jpg
[ 2017/04/29 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(521)

海外「日本は次元が違う」 日本の都道府県の旗のデザインに海外から高い評価

今回は、各都道府県を象徴する旗のデザインへの反応です。

多くの都道府県でそれぞれの旗が制定され始めたのは、
「明治百年」など節目に当たる年の多かった60〜70年代にかけての事で、
それまでは神奈川県や愛知県など一部の自治体だけだったそうです。
現在は、1991年に長崎県が県旗を制定したことにより、
47都道府県全てに、独自の旗が存在しています
(ちなみに8県は旗と県章のデザインが異なる)。

普段の生活ではあまり意識することのない都道府県旗ですが、
外国人からは、そのデザイン性がとても高い評価を受けていました。

海外「日本の家紋カッケー!」 日本の家紋のデザインが外国人に大好評

14222211_1033681163418040_1237033868960405548_n.jpg
[ 2017/04/28 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(300)

海外「日本はイスラム国家だったのか?」 明治時代の女性の服装にムスリムが衝撃

今回は、御高祖頭巾(おこそずきん)を見たムスリムの方々の反応です。

御高祖頭巾は、縮緬などの四角い布にひもをつけ、
目だけを出して頭や顔を包む防寒用の頭巾で、
江戸時代中期から明治・大正にかけて主に若い女性が着用していました。
特に明治時代には何度か流行期を迎えるほど一般的なファッションで、
日本人女性の影響を受け、真似をする在留外国人女性もいたそうです。

この御高祖頭巾がムスリムの女性が着用するヘジャブに似ていることから、
海外サイトで取り上げられ、ムスリムの方々に大きな驚きを与えています。
投稿に寄せられたコメントをまとめましたので、ご覧ください。

海外「時代を超越してる!」 戦前の日本人女性のファッションに外国人が衝撃

 2017-04-251
[ 2017/04/27 23:00 ] 文化・歴史 | TB(0) | CM(617)
ごあいさつ


人気ブログランキングへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
おすすめサイトさま

日本視覚文化研究会
ニュース速報まとめ桜
ニュース速報まとめ梅




管理人:ニャン吉
副管理人:kite

月別アーカイブ
人気の記事(PC)
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
アクセスランキング

スポンサード リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランダム記事





ブログパーツ アクセスランキング