FC2ブログ

パンドラの憂鬱

外国メディアの記事などに寄せられた、海外の反応をお伝えします


海外「こんな民族は他にいない!」 天皇陛下が稲刈りを行う光景に外国人が衝撃

天皇陛下は15日、皇居内にある水田で恒例の稲刈りをされました。
皇居での稲作は、農業を奨励するために昭和天皇が始められ、
上皇陛下が昨年、天皇陛下に引き継がれた伝統行事です。
収穫された米は供物として、祭祀の際に用いられています。

陛下は文書で「豪雨などの被害や新型コロナウイルスの感染拡大により、
農業に従事されている皆さんのご苦労もいかばかりかと思います」
と農業従事者の方々に思いを至らされ、
「各地で収穫が無事に行われることを願っております」と述べられました。

天皇陛下が行う特別な取り組みに、
外国人からは驚きと感銘の声が相次いで寄せられていました。
その一部をご紹介しますので、ごらんください。

「日本は今でも帝国なのか」 天皇陛下が世界唯一の皇帝である事実に驚きの声

43624624624.jpg
[ 2020/09/16 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(165)

海外「日本の凄さを思い知った」 コロナ禍でも団結して前に進む日本人の姿に称賛の声が殺到

Jリーグやプロ野球では、観客数の上限を設定しつつ、
7月10日から始まっている観客の動員の再開。
米ニューヨーク・タイムズは今月9日、
その点で成功を収めている日本に焦点を当てた記事を配信しています。

以下が記事の要点です。

「欧米の主要スポーツの試合は観客がほぼいない状態で開催されているが、
 日本のファンは4ヶ月の休止期間を経て、7月からゲームに参加している。

 通常日本のサッカーの試合では、ファンは大声を上げるだけではなく、
 非常に組織化され、完全に統制された応援の仕方をしている。
 試合中は間断なく歌い、応援し、ドラムを叩き、旗を振る。
 エンタメの価値を高めるため、しばしば観客の応援は、
 フィールド上のプレーに匹敵するほど賑やかになる。

 しかし今では、上記の行為は禁止されている。
 代わりに、ゴールを決めたり素晴らしいセーブをした際には、
 サポーターたちは拍手で選手たちを称えており、
 まるでクラシックコンサートの会場にいるような気分になる。

 1月以来新型コロナウイルスが持続的に存在しているが、
 欧米のように制御不能になった事がない日本は、
 経済活動を維持するための一環として、観客の動員を再開した。
 小池都知事や安倍首相は、「ウィズコロナ」というフレーズを、
 新型コロナウイルス対策の指針として広めた。
 日本国民は厳しい規則を守るよう求められているが、
 ほとんどの国民は、しっかりとルールに従う。
 ほとんどの人は当然の事としてマスクを着用し、
 至る場所に置いてある消毒液で手を消毒している。

 スタジアムでは、全てのサポーターが入場ゲートで検温に協力し、
 食べ物などを買うために並んでいる間、社会的な距離を保っていた。

 FC東京の長年のファンで、4人の子供を持つ女性はこう語った。
 「全ての人たちを守らなくてはいけないという事を、
  私たちはみんな理解しています。
  応援するチームにも、迷惑をかけたくないんです」



以上になります。
NYTの投稿には、コロナ禍にあっても国民が協力し合い、
前に進む日本に対して、称賛の声が相次いで寄せられていました。
その一部をご紹介しますので、ごらんください。

海外「日本って凄いね…」 ライブの観客のマナーに外国人から賞賛の嵐

35735624642.jpg
[ 2020/09/15 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(231)

海外「なんて日本人的なんだ」 大坂なおみ選手が自身の血統を誇り大きな話題に

テニスの大坂なおみ選手が12日、全米オープンの女子シングルス決勝で、
ベラルーシのビクトリア・アザレンカ選手に逆転で勝利し、
一昨年以来となる、2年ぶり2回目の優勝を果たしました。
第1セットを落としてからの逆転優勝は26年ぶりで、
また、四大大会の決勝では3戦とも勝利を収めているなど、
大坂選手はこれまで特別な勝負強さを見せています。

そして、大坂選手は日本時間14日深夜にツイッターを更新。
その強さを生む源を以下のように表現しました。

「私の祖先たちに感謝したいと思います。
 自分の体には祖先達の血が流れているのだと思い起こすたびに、
 『私は負けるわけにはいかない』という気持ちになったからです」


CNNは「日本人とハイチ人を祖先に持つ大坂なおみが、
全米オープン後に彼らに対して感謝を示した」とのタイトルで報道。
3000近いコメントが寄せられるなど、大反響を呼んでいます。
寄せられた反応をまとめましたので、ごらんください。

「日本代表にふさわしい!」 ミスコン日本代表の先祖が凄すぎると海外で話題に

468573473.jpg
[ 2020/09/14 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(786)

海外「日本にいると安心感が違う」 日本の治安に絶大な信頼を寄せる知日派の人々

引越しをする際、特に女性が一人暮らしをする場合などには、
家賃や利便性、設備などと並んで重視される「治安の良さ」。
実際に現地に行って街の雰囲気を確かめたり、
ネット上の口コミを参考にしてみたりと、
引っ越す前に出来る治安の判断方法はいくつかありますが、
上京してから7回のお引越しをされているという、
ツイッターユーザーの「定時ダッシュちゃん」(@teiji_oriental)さんは、
引越し先近くのコンビニを数件回り、以下の要素が揃っていると、
治安が悪い可能性があるという説を紹介しています。

・「ワンカップ大関」や中年男性向けの雑誌が充実している
・ファッション雑誌が少ない
・トイレ貸し出し不可

言うまでもなく、上記はあくまでも個人的な意見ですが、
訪日 or 日本在住経験のある多くの外国人からすると、
「日本の治安が悪い地域」という認識自体に違和感を覚えるようで、
失笑に近いようなコメントが相次いで寄せられていました。

「日本の治安の良さは異常」日本で暮らす外国人の体験談に驚きの声が殺到

4753573735.jpg
[ 2020/09/13 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(341)

海外「日本は想像を超えていた」 日本の日常の美しさが尋常じゃないと海外で話題に

世界的なアニメ人気を背景に、2012年(平成24年)以降、
毎年過去最高を記録している日本のアニメの海外市場規模。
2018年度には統計開始以来初めて1兆円を超え、
国内市場に匹敵するまでに成長しています。

最近では特に長編アニメーション映画、
「君の名は。」が海外でも歴史的な大ヒットに。
今回の翻訳元である、世界中のニュースや出来事を伝える人気サイトが、
その「君の名は。」を中心にアニメのロケ地となった場所を、
「日本のアニメロケ地は、実在するにはあまりにも美しい」
との見出しで十数枚の写真付きで取り上げたところ、大反響を呼んでいます。

基本的には、実際に、或いはテレビなどで目にするような、
日本の「日常シーン」と言えるような光景が主なのですが、
外国人の目には、非常に特別なものに映ったようでした。

「そりゃ皆日本に行きたい訳だ」 日本の『日常の美』を収めた写真が話題に

534875373.png
[ 2020/09/12 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(197)

海外「日本とここまで差があったとは…」 日英のコロナ被害の現状に英国から悲嘆の声

新型コロナウイルスの新規感染者数、死亡者数、
重傷者数が、それぞれ減少に転じ始めている日本。
病院の治療手段の向上などの理由から、死亡者数、重症者数とも、
4~5月にピークを迎えた「第1波」の水準は超えていません。

1人の感染者が何人にうつしたかを示す「実効再生産数」も、
東京、大阪、愛知などで8月上旬には1を下回る傾向に。
まだまだ予断を許さない状況は続いていますが、
現状として、減少傾向にあることは確かなようです。

一方で欧州では9月に入り感染者の数が急増しており、
英国では6日、5月22日以降の1日当たりの人数としては最多となる、
2988人の新規感染者が確認されています。

9月までの状況を見ても、日本と英国とでは大きな差があったのですが、
英国人女性のその点に関するツイートが大きな反響を呼んでいました。

女性はまず、以前安倍総理がコロナ対策をめぐって「炎上」したと指摘。
しかし日本は1億2600万人の人口を抱えながら犠牲者数は1000人台で、
英国は6800万人ながら4万5000人もの犠牲者を出している事から、
相対的に被害が小さいにもかかわらず首相が厳しく非難される日本と、
そこまで激しい反応はない自国との差を疑問に思ったようです。

女性のこの違和感に対し、英国人から多くの意見が寄せられています。
その一部をご紹介しますので、ごらんください。

「同じ島国なのになぁ…」 条件の悪い日本でなぜコロナ被害が少ないのか?

3453435735753735.jpg
[ 2020/09/11 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(333)

海外「日本が好きなだけなのに…」 旭日旗をきっかけにフィリピンで韓国への怒りが爆発

SNS上で1500万人を超えるフォロワーを抱える、
人気インフルエンサーのフィリピン人・ベラ・ポーチさんが今月5日、
左腕に入れたタトゥーの動画をアップしたところ、
「デザインが旭日旗を連想させる」などとして、
韓国のネットユーザーから15万件を超える批判が寄せられました。

思わぬ批判を浴びたポーチさんはすぐに、
「誰かを傷つける意図はなかった」と謝罪。
「後日タトゥーを除去する」などの考えを表明していたのですが、
それでも韓国のネットユーザーからの批判はやまず、
中にはフィリピン全体に対する非常に差別的なコメントも散見されました。

そのような状況に、フィリピンの人々が激怒。
「韓国をキャンセルしよう(#cancelkorea)」
というハッシュタグがほぼ1日にわたってトレンド1位となり、
関連ツイートが35万回以上投稿されています
(「フィリピンに謝罪せよ」のハッシュタグも2位に)。

この件を伝える関連投稿には、フィリピンから怒りの声が殺到しています。
その一部をご紹介しますので、ごらんください。

「旭日旗の何が問題なの?」 韓国で起きたJAL旭日旗問題に中国から呆れの声

536345634642.jpeg
[ 2020/09/10 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(414)

海外「日本は悪くない」 モーリシャス首相の『日本に責任はない』発言が現地で話題に

インド洋の島国モーリシャスの沖合いで、
現地時間7月25日に発生した貨物船「わかしお」の座礁事故。
わかしおに積み荷はなく乗組員20名も無事でしたが、
約1000トンもの重油が海域に流出しており、
サンゴ礁やマングローブの森を汚染する深刻な事態に発展しています。
なお、わかしおはパナマ船籍で、海運会社「長鋪汽船」の子会社が所有し、
商船三井がチャーターして運航中でした。

今月7日に茂木外相とモーリシャスのジャグナット首相が、
主に今回の事故について話し合うため電話会談を行っているのですが、
その際ジャグナット首相は、事故に関して日本に責任はないと明言。
また、日本政府の国際緊急援助隊の派遣に感謝を示した上で、
「引き続き日本の協力を得たい」と要望しており、
茂木外相は「過去にない規模の支援」の考えを伝えています。

上記の会談の内容をモーリシャスメディアも報じており、
記事には現地から様々な反応が寄せられています。
その一部をご紹介しますので、ごらんください。

「日本人って何なの?」 再生数2千万超 日本製の油化装置が世界で話題に

3583574563563.jpeg
[ 2020/09/09 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(440)

海外「そんな歴史があったとは…」 アイヌ人が日本料理に与えた影響の大きさが話題に

今回は、アイヌの食文化に迫ったBBCの記事からです。

記事はまず、アイヌ人は稲作を行ってきた日本人とは違い、
昔から狩猟、採餌、漁をしてきたとした上で、
「日本料理に明確かつ永続的な影響を与えた」と指摘。
その根拠の1つとして「日本料理によく含まれる第五の味覚『うま味』は、
 アイヌ料理で常に使用されている昆布にルーツがある」
という、
スローフードインターナショナル日本局長を務める、
伊江玲美氏の話を紹介しています。

さらに札幌市内のアイヌ料理店のオーナーさんの、
「もともと日本料理には昆布は使用されていませんでした。
 日本人はアイヌの料理からその価値を見出し、
 今では殆どの日本料理で使われています」
との指摘を取り上げており、
国内の昆布生産の95%が北海道である事などを踏まえ、
ジャーナリストの森枝卓士氏や料理研究家の星澤幸子氏も、
その説に対して同意を示しています。

そして記事は、アイヌ料理の食材や技法は、
三平汁や石狩鍋など北海道料理にも取り入れられており、
日本国内でますます認知され始めていると伝えています。

記事には海外から様々な反応が寄せられていました。
その一部をご紹介しますので、ごらんください。

「確かに日本人と顔が似ている」『アメリカ大陸の発見者は日本人』説が話題に

64373573573.jpeg
[ 2020/09/08 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(614)

海外「さらに親日家が増えたはず!」 日本の大使の心遣いがトルコ人を感動の渦に

1873年の岩倉使節団の一員のオスマン帝国訪問に始まり、
エルトゥールル号遭難事件をきっかけに、
急速に深化していった日本とトルコの友好関係。

近代以前には直接の交流はほぼないに等しいのですが、
オスマン帝国の勢力伸長が欧州諸国に新たな通商ルートの開拓を強い、
ポルトガルやスペインは喜望峰回りの海洋通商ルートを開拓。
結果としてアジアにも勢力を拡大していく事にも繋がっており、
1543年の鉄砲伝来によって始まった日本と欧州との本格的な接触は、
間接的にオスマン帝国の影響を受けているとも言えます。

さて、今回は在トルコ日本国大使館の宮島昭夫大使が、
1ヶ月間の休みからトルコに戻られた際に投稿した写真からで、
そこにはトルコ国旗、そしてトルコ建国の父として知られる、
ムスタファ・ケマル・アタテュルクの肖像画と共に映る大使の姿が。

大使が示したこの繊細な気遣いに対して、
トルコの人々から感動の声が相次いで寄せられています。
その一部をご紹介しますのでごらんください。

「皇室の存在が羨ましい…」 トルコ訪問中の彬子女王殿下の人気が物凄い事に

457457343573573.jpg
[ 2020/09/07 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(123)
スポンサード リンク
検索フォーム
最新記事
ランダム記事
スポンサード リンク



ブログパーツ アクセスランキング