パンドラの憂鬱



海外「ありがとうホンダ!」 アメリカ社会を変えたスーパーカブが米国に再上陸

2017年10月時点で、累計生産台数が1億台を突破し、
乗り物の1シリーズとしては世界最多量産を記録しているホンダ・カブ。
その優れた性能、経済性、耐久性により世界中で愛されている製品ですが、
海外でまず爆発的なヒットを記録した国は、アメリカでした。

アメリカでは日本発売の翌年となる1959年(昭和34年)に販売が開始され、
当初は知名度の問題などから苦戦が続いていたものの、販売努力が実り、
発売4年後には年間4万台以上が売れる大ヒット商品に。
(当時としては、全米年間販売台数にも匹敵する台数だった)。

スーパーカブの影響でバイクはお洒落な乗り物と認知されるようになり、
ジョンソン大統領が「ホンダはアメリカ人のライフスタイルをすっかり変えた」
と当時の池田首相に語るほど、アメリカ社会に大きな影響をもたらしました。

そんなスーパーカブが来年、約40年ぶりに米国で販売されることが決定。
(「スーパーカブC125」の他、「モンキー125」も販売される)。
伝説的なバイクの「復活」に、喜びの声が殺到していました。

海外「日本製は次元が違う…」 日本のバイクメーカーが信頼性調査で上位を独占

164585.png
[ 2018/06/12 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(354)

海外「日本で差別だって?」 日本のお店で差別を受けたとする中国人の主張に疑いの声

先日、大阪の焼肉チェーン店で食事をした2人の中国人観光客が、
お店側から罵られ、追い出されたとする騒動が発生し、
その一部始終を映した映像が中国国内で大きな注目を浴びていました。

中国版ツイッター微博に投稿された映像には、日本人の店員さんが、
「もう帰ってええから。帰ってください。
 あんな汚い食べ方してね。もうそんなんないですわ。
 もうむちゃくちゃですわ」と強い憤りを露わにしている様子が映されています。

女性はさらに「中国語を話していたから反感を買った」と主張しているのですが、
後日フジテレビが行なった取材の中で、お店側は以下のように説明されています。

・女性2人は90分間の食べ放題を注文。
 時間が過ぎたので精算するように促したが、帰る様子はなかった

・しばらくして女性たちはようやくレジに移動したものの、
 女性の1人が店員を撮影しようとし、30分間押し問答が続いた

・店側はお金は要らないので帰ってくださいと女性側に伝えた

・「汚い食べ方」と発言したのは、女性客が剥いたエビの殻を床に捨てていた為



当初中国国内では店側の対応が批判されていたのですが、
今月7日になって上記の店側の主張が中国に伝わったため、
現在では批判の矛先が女性に向けられているようです。

今回の騒動が日本と中国以外でも報じられ始めているのですが、
多くの外国人は「礼儀正しい日本人が理不尽に怒るはずがない」と考えており、
お店側の主張を支持する声が大多数を占めていました。

海外「日本のサービス」 外国人が自国にもあって欲しいと思う日本の物事

1240582.jpg
[ 2018/06/11 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(714)

海外「この写真は教科書に載るぞ!」 G7で撮影された写真が歴史的だと世界的な話題に

今月8日、カナダのシャルルボワで開幕した主要7カ国首脳会議(G7サミット)。
気候変動問題や貿易問題など様々な事柄について話し合われましたが、
安全保障問題に関しては、110分のうち半分が北朝鮮問題で、
その際には、議長国であるカナダのトルドー首相から、
「安倍首相が昨年のG7で言っていた通りの展開になりましたね」
との発言もあったそうです。

今回ご紹介する写真は、現在海外メディアがこぞって取り上げている1枚で、
首脳宣言の採択に向け、最後の詰めの議論を交わす様子を撮影したものです。
座った状態で腕組みをするトランプ大統領に対して、
メルケル首相が身を乗り出して説得しているようにも映り、
また、安倍総理は一歩引いて展開を見守るように腕組みをしており、
各国の立場を表しているかのように見えなくもありません。

関連記事にはそれぞれ多くのコメントが寄せられているのですが、
多くの方が、「歴史的な1枚になる」と感じたようでした。

海外「日本のテロ対策に学べ」 G7で唯一日本がテロの標的にならない理由が話題に

34904278_10157048869286336_8836812756737851392_o.jpg
[ 2018/06/10 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(719)

海外「なんて神秘的な国なんだ!」 日本の神社の異世界感が尋常じゃないと話題に

訪日観光客の間で絶大な人気を誇る京都の伏見稲荷大社。
トリップアドバイザーが毎年行っている、
『外国人に人気の観光スポットランキング』では、
4年連続で1位の座を獲得しています。

伏見稲荷大社というとやはり千本鳥居が有名ですが、
他の見所の1つに、「七神蹟」があります。
神蹟とは神様のお鎮まりの所にかつてあった祠の跡で、
そのような場所が稲荷山に7つ存在する事から「七神蹟」と呼ばれています。

ご紹介する写真は、その内の1つである御劔社(長者社)で撮影された1枚で、
幻想的な雰囲気が人気を呼び、海外サイトで頻繁に取り上げられています。
関連投稿に寄せられたコメントをまとめましたので、ご覧ください。

海外「日本は神秘の国だ!」 神社の鳥居が異世界への門のようだと話題に

18813482_1981384202095946_816083721380243618_n.jpg
[ 2018/06/09 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(228)

中国「旭日旗の何が問題なの?」 韓国で起きたJAL旭日旗問題に中国からも呆れの声

今月6日、日本航空(JAL)の機内食のプラスチック容器の蓋に、
旭日旗に似たデザインが使用されているとして、
韓国の大学教授がJAL本社に抗議メールを送った件が、
現在中国でも大きな話題になっています。

教授はこれまでに2通の抗議メールをJALに送っており、
今後容器のデザインの修正が行われない場合は、
ネット上でボイコットを呼びかけると警告しています。
なお、教授は「全世界戦犯旗退治運動」に取り組んでいる方であるそうです。

この件に関し、中国人からは呆れの声が続出。
多くの方が、抗議活動は度が過ぎていると感じたようでした。

海外「日本は堂々と掲げるべき!」 旭日旗を問題視する海外紙に外国人から呆れ声

q14202840.jpg
[ 2018/06/08 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(836)

海外「日本のおかげで国民が団結した」 栃ノ心の凱旋帰国でジョージア中がお祭り騒ぎに

先月30日、満場一致で大関への昇進が決まった栃ノ心関。
ジョージア出身では初めてのことで、欧州では3人目。
新入幕から60場所での昇進は、最も遅い記録になります。

苦心を重ね、ついに大関まで上り詰めた栃ノ心関は今月3日、
約1年ぶりに母国ジョージアに凱旋帰国しました。
空港ではご家族のほか、大勢のファンが大歓声と共に大関をお出迎え。
テレビ番組への出演などでスケジュールは全て埋まっており、
せっかくの母国での休養も、休める日は一度もないそうです
(5日にはマルグベラシビリ大統領ご夫妻と面会した)。

故郷に錦を飾った大関栃ノ心関に対して現地からは、
興奮が伝わってくるコメントが多数寄せられていました。
その一部をご紹介しますので、ごらんください。

海外「力士を心から尊敬する」 外国人が相撲部屋の稽古に挑戦

1923759.png
[ 2018/06/07 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(426)

海外「日本人は無神論だから」なぜ日本のアニメにはキリスト教を扱った作品が少ないの?

今回はアニメとキリスト教に関する投稿から。

日本にキリスト教が初めて到来した時期については、
5世紀に景教(ネストリウス派)が伝わったとする説もありますが、
そちらは歴史的な証拠や文書による記録は少なく、
やはりイエズス会による布教が始まった1549年と考えられているようです。

江戸時代には禁教令もありましたが、明治後には信教の自由が保障され、
以後、キリスト教は再度日本での布教を開始していき、
現在カトリック、プロテスタント、正教会のすべてを合わせて、
およそ100万人の信者の方々が日本にいると考えられています。

さて、翻訳元の投稿は「キリスト教が題材となるアニメが少ないが、
日本ではキリスト教はどう捉えられているのか?」というもの。
コメント欄には、アニメとキリスト教の関係について、
様々な意見が寄せられていましたので、その一部をご紹介します。

【海外の反応】 どうして日本にはキリスト教が普及しないんだろう?

120538508.png
[ 2018/06/06 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(827)

海外「日本はどうなってるんだ!」 外国人の予想を超越する日本の安全性が話題に

今回ご紹介する映像は、Rubyに関する年次イベントに出席された、
カナダ出身の技術者の方が投稿したもので、以下のように説明されています
(※Rubyは日本で開発されたオブジェクト指向スクリプト言語)。

色々な人たちが日本をとても安全な国だと口にしていた。
 だからそれが本当かどうかをテストするために昨日、
 イベントが行われた会場の一番目立つ所に200円置いておいたんだ。
 さっき確認したら、なぜか300円に増えてる🤔


取られるどころか増えるという、予想を超える事態に遭遇されたわけですが、
日本のユーザーたちからは様々な推測の声が寄せられている一方で、
外国人にとっては、本当に謎で仕方がなかったようでした。

「こんな国は日本だけだ」 Google社員が語る日本の素晴らしさが海外で話題に

104802486.png
[ 2018/06/05 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(668)

海外「レベル高すぎだろ!」 日本の漫画学校の様子に外国人から驚きの声が殺到

今では日本以外でも親しまれ、世界語にもなっている漫画。
「漫画」の語源は諸説ありますが、1798年に発行された山東京伝による絵本、
「四時交加」の序文に登場したのが初とされており、
1814年の「北斎漫画」により、戯画風のスケッチを指す意味の言葉に。
その後、日本の近代漫画の祖である北澤楽天が、
"comic"の訳語として「漫画」という言葉を使用し、
以後「漫画」は現代における漫画を表す言葉になります。

今回ご紹介する映像では、大阪府吹田市にある専門学校、
「大阪アニメーションカレッジ専門学校」の授業の様子が紹介されており、
生徒の方が漫画の絵やイラストを描いている様子などが映し出されています。

映像を観た外国人からは、生徒さんたちの素晴らしい技量、
そして漫画を学べる学校が存在すること自体に驚きの声が殺到していました。

海外「漫画家ってスゲー!」 人気漫画家の作画風景に外国人が感動

141083058.png
[ 2018/06/04 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(293)

海外「日本はなんてオープンな国なんだ!」日本初の黒人大学長就任にアフリカから歓喜の声

この春、マリ出身のウスビ・サコ教授が京都精華大学の学長に就任されました。
アフリカ出身の方が日本の大学の学長となるのは、初めてのことです。

サコ教授は1966年にマリの首都バマコに生まれ、高校卒業後、中国に留学。
建築学を学んでいましたが、豊かな生活を送っていた黒人留学生は嫉妬の的となり、
天安門事件の数ヶ月前には、黒人に対する大規模な人種差別事件が発生。

当時の中国の情勢に失望したサコ教授は日本語が話せないまま日本に渡り、
猛勉強を重ね、京都大学大学院建築学専攻で工学の修士号と博士号を取得。
2001年には京都精華大学の人文学部教授となり、13年には学部長に。
その頃から大学の未来を考え、構想を練っていたサコ教授は、
厳しい学長選に勝利し、今年4月に学長に就任されています。

この事はBBCアフリカ版などでも大きく取り上げられ、
先進国で成功した教育者として、アフリカの人々に希望を与えています。
関連記事には様々な反応が寄せられていましたので、その一部をご紹介します。

海外「日本との差が悲しい」 さかなクンに日本の凄さを見出す台湾の人々

10850285.jpg
[ 2018/06/03 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(628)
スポンサード リンク
検索フォーム
人気の記事(PC)
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
アクセスランキング

おすすめリンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサード リンク





ブログパーツ アクセスランキング