パンドラの憂鬱

Powered By 画RSS



海外「日本の優しさに涙が…」 洪水被害のベトナムを救う日本の支援に現地から感謝の嵐

今月上旬にベトナムを襲った台風23号の影響で、
南部を中心に大規模な洪水が発生しました。
少なくとも69人の方が命を落とし行方不明者も多数出ており、
また11万棟以上の家屋が被害を受け、約3万5000人が避難するなど、
広範囲にわたって大きな被害をもたらしています。

そこで日本政府は、台風被害発生の翌日には国際協力機構(JICA)を通じて、
ベトナムに緊急援助物資を供与することを決定し、
後日1050台の浄水器を被災地に送り届けています。

飲料水の確保は被災地で最も重要な要素の1つであることから、
お金ではない、実用的で直接的な日本の支援に、
ベトナムの方々から感謝と感動の声が相次いで寄せられていました。

「日本は最高の親友」 洪水で被災したタイの人々が日本からの激励に感激

 2017-11-19
[ 2017/11/20 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(202)

海外「日本はいい加減にしろw」 日本人が制作した面白動画が外国人を爆笑の渦に

今月3日に発売されたAppleの最新スマートフォン「iPhone X」。
価格は64GBモデルで11万2800円、256GBで12万9800円と高額ですが、
品薄状態が続いており、中古価格が新品を上回る事態になっています
(最近は在庫状況が改善され、2〜3週間待ちになった)。

そんな「iPhone X」の新機能の1つが、ユーザーの表情や言葉を読み取り、
アニメーションに変換する機能、「アニ文字」です。
現在世界中のユーザーがアニ文字を使った動画を投稿しているのですが、
日本のユーザーがアニ文字動画を作るその舞台裏を配信したところ、
海外大手サイトなどで取り上げられ、大きな話題に。

その内容に爆笑する外国人が続出しているのですが、
女性からは、投稿者さんがキュートだという事でまた別の意味でも人気を博し、
動画再生数は1週間経たずして800万回を超えています。

動画に寄せられた反応をまとめましたので、ごらんください。

「もう日本語入力は不可欠だ」 日本の一般的な顔文字が斬新すぎると話題に

iPhone-Animoji-on-Android_F.jpg
[ 2017/11/19 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(215)

海外「日本史上最も偉大な天皇だった」昭和天皇を特集した米メディアの映像が大反響

今回は、ヒストリーチャンネル・アジア版が投稿した、
昭和天皇の生涯にスポットを当てた投稿からです。

早速ですが、以下が要点になります
(青字部分だけでも十分かと思います)。

2発の原爆投下で日本は破壊されたが、なおも米国との戦争は続いていた。
 誰かがこの戦争を終わらせる必要があったが、
 日本国民に対して敗戦を告げることが出来たのは、
 道徳的権限を持つ昭和天皇ただ一人だった。



昭和天皇は、1926年に大正天皇が崩御された後に皇位を継いだ。
 1940年に日本は日独伊三国同盟を結び、
 壊滅的な4年間が過ぎた後、広島と長崎に原爆が投下された。
 こうして、昭和天皇のリーダーシップが問われる事となった。


戦後日本には国民に何かを伝えるリーダーが、つまり天皇が必要だった。
 それまで天皇は公共に向けては沈黙を保っていたが、
 「玉音放送」で、天皇として初めて国民に言葉を発した。



東条英機首相をはじめとする多くの軍部首脳が、
 戦後裁判にかけられ、戦犯として処刑されたが、
 様々な戦争行為に加担した組織のトップだった、
 昭和天皇は裁判にかけられることはなかった。
 権力のない象徴になってもらうことを、マッカーサーが決めたのだ。
 民主的な同盟国として日本を再建するという米国の目的において、
 昭和天皇の存在は重要だと気がついたためだ。



昭和天皇の時代は、戦後40年以上続いた。
 その間、昭和天皇は多くの出来事を目撃した。
 日本の自動車産業や家電産業の台頭、ゴジラ映画、
 日本の野球リーグの登場などである。


昭和天皇が崩御された1989年、日本は世界第2位の経済大国になっており、
 日米は敵同士ではなく、近しい友人であり、貿易パートナーになっていた。


日本が一躍世界の表舞台に躍り出て、一度は傷つき倒れ、
 再び大国として戻ってきた時代に在位していた昭和天皇は、
 天皇の歴史上、最も在位期間が長かった。
 20世紀の、激動の時代に生を受けた人だったのだ



以上になります。
昭和天皇の戦争責任について言及する声もいくつかありましたが、
ほとんどの方は戦時中の事よりもその後の復興に着目しており、
激動の時代を支えられた昭和天皇への敬意が感じられる意見も目立ちました。

海外「日本人は幸せだね!」 両陛下を写した1枚のお写真に外国人が感動

2017-11-18
[ 2017/11/18 23:00 ] 文化・歴史 | TB(0) | CM(429)

米国「日中が手を組んだら俺達は…」日本と中国の『急接近』にアメリカから焦りの声

今回は、ニューヨーク・タイムズ紙が配信した、
「トランプ政権下におけるアメリカの衰退を見て、
 日本と中国が仲直りをしようとしている」
というタイトルの記事から。

記事では、日本と中国が関係修復に向かおうとしている理由を、
まず先日ベトナムのダナンで行われた日中首脳会談時に、
お互いが笑顔で握手をしていたことに触れた上で、
専門家の見解を交えて以下のように伝えています。

・アメリカの衰退によって、日本は中国との貿易関係を強化する必要がある

・中国に干渉する意思がアメリカにさほどないことを、
 先日のトランプ大統領訪中時に中国側が認識し、
 それが習主席に自信を与え、日本に対して寛大になった。

・北朝鮮の脅威が、日本と中国の距離を自然に近づけた。

・習主席は、安倍首相と良好な関係を築いた方が、
 敵対関係でいるよりも、中国にとって利益になると考えている

・アジア地域で中国と経済的に協力していきたい日本の財界から、
 安倍首相はプレッシャーをかけられている可能性がある


以上を踏まえ、先日に首脳間の相互訪問が提案された事が紹介されています
(そして記事の最後で、日中関係の再構築は容易なものではなく、
 「両首脳の大きな政治的意志が必要」であることも指摘されている)。


日中の接近はアメリカの衰退を感じさせる要素の1つであるらしく、
多くのアメリカ人から焦りの声が寄せられていました。

中国「だから日本は恐ろしい」 安倍総理が中国のホテルに残したメモが話題に

16japanchina-1-master768.jpg
[ 2017/11/17 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(781)

海外「日本がまたハードルを上げた」日本人女性がキルトに革命を起こしたと話題に

今回ご紹介する写真は、今年1月に東京で開催された、
「第16回東京国際キルトフェスティバル」にて、
最高賞を受賞した作品、「牡丹」を収めたものです。

「牡丹」は鳥取市のキルト作家、柳沢時子さんが、
半年かけて仕上げた縦187センチ、横238センチの大作。
宍道湖を背景に、手前に牡丹の花を大きく配置し、
美しい夕日が見られることで有名な嫁ケ島も描かれています。

写真で見ても大迫力の大作に圧倒される外国人が続出しているのですが、
もともとキルトの世界では、日本人作家の技術は群を抜いているそうで、
驚きと賞賛の声が、日本のキルト界全体に送られていました。

海外「生まれる国を間違えた」 日本人の独特な美意識に外国人が感心

22228506_1677957425609267_7290990838657106611_n.jpg
[ 2017/11/16 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(268)

海外「これが日本人なんだよ」外国人弁護士が日本で体験した出来事に感動の声が殺到

今回は、シンガポール人の弁護士の方が感動を覚えた、
日本での小さな体験談を綴った投稿からです。

早速ですが、以下が体験談の日本語訳になります。

「その時僕は、日本人の友人と一緒に信号待ちをしていた。
 眠気を誘う日曜日の午後、東京郊外の小さな町の横断歩道だ。
 見る限り、車は一台も走っていなかった。
 だから僕は彼にこう伝えた。
 『なぁ、信号が赤なのは分かるけど、渡ってもいいんじゃないか?』

 すると友人は僕の方を向いて、首を振りながら、
 『駄目だよ。青になるまで待とう』と答えたんだ。

 僕はちょっと戸惑ったよ。
 ここで僕らが渡ってしまっても、あるいは待ち続けても、
 そこに大した違いはないように感じられたから。

 『だって車は走ってないだろ。待つ必要があるのか?』
 僕がそう訊ねると、彼は僕に微笑みかけてこう反問してきた。
 『もし僕らが信号無視する瞬間を、子供が見ていたらどうするの?』

 その時ようやく、『子供は社会で育てるもの』
 という言葉の意味が分かったんだ」



以上です。
この体験談が、インド人社会を中心に話題となり、大きな感銘を与えています。
そして多くの方が、「国民がルールを常に守っているからこそ、
日本は秩序立っているのだ」という考えに至っていました。

「日本は尊厳と誇りの国」 "日本人から学ぶ10の事"に外国人が感銘

 2017-11-14
[ 2017/11/15 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(625)

海外「日本は俺達の希望だ」日本の教育システムを取り入れる学校がイラクで急増中

近年、学力だけではなく人間性も育てる日本の教育システム、
例えば生徒が校内を清掃する点などが海外サイトで頻繁に取り上げられ、
シンガポールやUAEでは実際にそのシステムを導入する学校が増えていますが、
イラクでは、授業の面でも日本の教育システムが普及しつつあるそうです。

今回ご紹介する映像はイラクのメディアが投稿したもので、
バグダッド市内のとある私立小学校の生徒たちが、
日本の童謡を日本語で歌う様子や日本語を学ぶ様子、
そして日本語で挨拶をする様子などが紹介されています。

日本式の教育を取り入れる理由は、社会性、他者への敬意、
団結心や協調性などを育むことにあるそうですが、
多くのイラク人から、この取り組みを支持する声が寄せられていました。

「日本は兄弟のような国だ…」 日本の大使のメッセージにイラクから感動の声

2017-11-122.png
[ 2017/11/14 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(498)

海外「韓国の反応は馬鹿げてる」旭日旗を繰り返し問題化させる韓国に海外から呆れの声

現在、自己最多の全国ツアーを開催中の浜崎あゆみさん。
ツアー中のお写真や映像をご自身のSNSに定期的にアップされているのですが、
先日には、「ハロウィン動画」として、コンサート中の模様の映像を投稿。

会場に来れなかったファンのことを想って投稿されたのかと思いますが、
衣装の胸部分に旭日旗があったことから、韓国から批判の声が相次ぐ自体に。
その後浜崎さんサイドは一度映像を削除し、旭日旗にモザイクを施した上で、
該当の映像を新たにSNS上にアップされています。
(インスタではその投稿だけコメント欄の停止を余儀なくされた)。

関連記事には、外国人から様々な反応が寄せられています。
その一部をご紹介しますので、ごらんください。

海外「日本の象徴なんだよ!」 旭日旗を非難する学生達に米国人から怒りの声

f26ca89a.jpg
[ 2017/11/13 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(666)

海外「こんな国にどう勝てと…」焼け野原から復興を遂げた東京の姿に外国人が衝撃

第二次世界大戦末期、焼夷弾を用いた東京に対する大規模な爆撃が、
アメリカ軍により100回以上行われており、
中でも1945年3月10日の空襲では犠牲者の数が10万人を超え、
東京の全建物の4分の1が破壊され、100万人の方が家を失いました。

今回ご紹介する写真は、空襲後焼け野原となった1945年当時の東京と、
復興と発展を遂げ、世界有数の大都市になった現在の東京を比較したものです。

文字通り灰燼に帰してしまった東京が奇跡的な復興を果たしたことに、
海外から驚きの声が相次いでいましたので、その一部をご紹介します。

海外「日本が復活出来たわけだ」 広島市民の気高い精神性に海外から称賛の声

22228596_2048217618744145_9051926997879594606_n.jpg
[ 2017/11/12 23:00 ] 文化・歴史 | TB(0) | CM(662)

海外「メディアは腐ってる」 安倍総理の転倒アクシデントを報じたBBCに呆れの声が殺到

先日、アメリカのトランプ大統領が訪日された際、
埼玉県内のゴルフ場で首脳同士によるゴルフ外交が行われましたが、
安倍総理がバンカーショットを打ちバンカーから脱出しようとした時に、
バランスを崩して転倒するアクシデントが発生しました。

幸い安倍総理にケガなどはありませんでしたが、
その時の模様をテレビ東京が上空から撮影しており、
複数の海外メディアが今日になってその映像を転載しています。

BBCなどのツイッターには安倍総理の「醜態」をBBCが報じた事を喜ぶ声や、
総理を小馬鹿にするコメントが一部の日本人から寄せられているのですが、
外国人からは、メディアの姿勢を疑問視する声が相次いでいました。

海外「日本は本当の自由がある国」大規模な『反安倍』デモに外国人の反応は?

20171110014525181.jpg
[ 2017/11/11 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(686)
スポンサード リンク
人気の記事(PC)
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
アクセスランキング

おすすめリンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランダム記事





ブログパーツ アクセスランキング