FC2ブログ

パンドラの憂鬱



海外「ついに眠れる超大国が目覚めた」 護衛艦『いずも』の空母化に世界から歓迎の声

政府は先日、年末に改定する防衛計画の大綱に、護衛艦「いずも」を改修し、
戦闘機を運用する事実上の空母にすることを盛り込む方針を固めました。
具体的には、いずも型護衛艦の甲板を改修することで、
艦載機が発着艦できる「多用途運用母艦」を導入する形となり、
空母艦載機としては、米最新鋭ステルス戦闘機F-35Bが想定されています。

この件は海外主要メディアがこぞって報じるなど大きな反響を呼んでおり、
各記事のコメント欄には、世界中の人々から意見が寄せられているのですが、
そのほとんどが、日本の方針を歓迎するものでした。
その一部をご紹介しますので、ごらんください。

海外「まるで空母じゃないか」 海自史上最大の護衛艦『いずも』が就役

68306.jpg
[ 2018/12/01 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(553)

海外「まさに日本の象徴だ」 天皇陛下の学者としての側面に外国人から驚きの声が続出

長年にわたり、ご公務の合間にハゼ類の分類のご研究をされている天皇陛下。
1963年から現在まで32編の御論文を発表されており、直近のものは、
「ハゼ科魚類キヌバリとチャガラの核DNAと
 ミトコンドリアDNAを用いた種分化の解析」
で、
2016年2月、82才の時に発表された御論文になります。

他にもタヌキに関する研究を2編、国立科学博物館にご報告されており、
また「ハゼ科魚類の進化」など、6冊の御本を著していらっしゃいます。

上記のように、80を過ぎても精力的に研究を重ねられる、
陛下の学者としてのご側面が海外サイトでも紹介され、
外国人の方々に大きな驚きと感銘を与えています。
寄せられたコメントをまとめましたの、ごらんください。

海外「日本は今でも帝国なのか」 天皇陛下が世界唯一の皇帝である事実に驚きの声

502468.jpg
[ 2018/11/30 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(270)

海外「これが日本って国なんだ!」 日本の無人販売所に衝撃を受ける海外の人々

今でも農村部を中心に存在し続けている無人販売所。
その名の通り販売所は「無人」状態であり、
基本的にはセキュリティ対策が全く施されていないことが多く、
性善説的な信頼関係があって初めて成り立つ販売法です。

この無人販売システムは多くの国ではかなり稀であることから、
海外のネット上では頻繁に、驚きをもって取り上げられています。
投稿に寄せられていたコメントをまとめましたので、ごらんください。

「凄い国があったもんだ」 日本人の誠実さを伝える海外紙の記事に共感の声続々

76858.jpeg
[ 2018/11/29 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(450)

海外「ついに新幹線が来るぞ!」 テキサス新幹線 来年着工との報道に現地は大騒ぎ

新幹線方式を前提に計画が進んでいるテキサス州の高速鉄道。
ヒューストンーダラス間約385キロを90分で結ぶ計画で、
車両は東海道新幹線N700系をベースにした国際仕様、
「N700-i Bullet」を導入する事が前提となっています。

高速鉄道を計画するテキサス・セントラル・パートナーズは来年の着工を予定。
それに合わせてJR東海は、今年9月に全額出資子会社を現地に設立しています。

そして、一昨日ごろから多くのテキサスのメディアが、
予定通り来年に新幹線方式の高速鉄道の建設が始まる事を一斉に報道。
待ちわびていたニュースに、現地からは喜びの声が殺到しています。
日本ではまだ報道されておらず、飛ばしの可能性もなくはないのですが、
地元テキサスの人々がいかに新幹線を待ちわびているのかが、
非常によく分かるコメント欄となっていました。

海外「やったー、日本式だ!」 パナマ 日本式モノレールの導入に喜びの声殺到

34546.jpeg
[ 2018/11/28 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(531)

海外「日本のような国を目指そう」 豪の元党首が嘆く日本社会との違いに共感の声

今回は、オーストラリアの元政治家で、2003年から2005年まで、
オーストラリア労働党の党首を務めていたマーク・レイサム氏の投稿から。

投稿は、日本とオーストラリアにおける「男女平等」、
あるいはポリティカル・コレクトネスの違いに関するもので、
日本のトイレの標識では女性は赤、男性は青というふうに、
分かりやすさを優先してラベリングをしても、
誰も文句を言わず、問題がないことが紹介されています。

一方でオーストラリアのメルボルンなどでは、
リベラル政党により「男女平等政策」が推し進められており、
男女平等の観点から、歩行者用信号機のマークが女性に変わるそうです。

近年日本でも「ポリコレ疲れ」という言葉が聞かれるようになりましたが、
多くのオーストラリア人も、行き過ぎたポリコレに辟易しているようでした。

海外「もう国連は解体しよう」 皇室典範を女性差別と批判した国連に怒りの声

5235246.png
[ 2018/11/27 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(695)

海外「日本との差が酷すぎる…」 住宅地の日常風景に日本の凄さを見出す台湾の人々

今回は、日本に来ていた台湾人女性がネット上に投稿した1枚の写真から
(Facebookのコミュニティーに投稿された物をメディアが取り上げた)。

写真は日本の住宅街で撮影されたもので、収集前なので午前中でしょうか、
家庭ゴミが道路沿いに整然と並べられている様子が映されています。
撮影者さんは、通行人の邪魔にならないように気遣いがされている点、
そしてゴミ集積所にも関わらず、非常に綺麗である点に驚いたそうです。

記事によると、写真が投稿されたコミュニティーのコメント欄には、
「日本のゴミは臭いがしなかった」
「日本人は若者でも人に迷惑をかけるような言動をしない。
 それは実際に日本に行って感じたことです

「台湾人はこの写真を見て一度考えよう! 日本の規律はすごい!」
などと言った声が寄せられていたそうです。

関連投稿には様々な反応が寄せられていましたので、その一部をご紹介します。

台湾「本当に尊敬すべき民族だ…」 日本人の民度が一目で分かる写真に反響

4644636.jpg
[ 2018/11/26 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(469)

海外「日本人は本当に恵まれてるね」 ホテルで両陛下に遭遇した外国人の映像が話題に

今回ご紹介する映像は、外国人の方が日本のホテルで撮影したもので、
天皇皇后両陛下が滞在先のホテルにご到着された際の様子が映されています。

両陛下はホテルのスタッフ一人一人に対して丁寧にご挨拶をされ、
ご到着を待っていた一般客の方々にも手を振って応えられており、
そのお二人のお振る舞いや、空間の全体的な雰囲気に対して、
外国人から様々な反応が寄せられています。
その一部をご紹介しますので、ごらんください。

海外「日本人は幸せだね!」 両陛下を写した1枚のお写真に外国人が感動

426375.png
[ 2018/11/25 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(366)

海外「俺は日本人を信じる」 仏紙による『日産クーデター説』に現地から呆れの声

今月19日、金融商品取引法違反で逮捕されたカルロス・ゴーン氏。
22日には臨時取締役会でゴーン氏の会長職解任が全会一致で決定され、
今後は取締役も解任するための臨時株主総会が開かれる予定です。

今回の逮捕に関しフランスでは、ルモンド紙や経済紙のレゼコーなど、
複数のメディアが日産の経営陣による「クーデター」説が存在する事を報道。
特にレゼコー紙は「西川社長が恩人のゴーン氏を引きずり下ろした」と報じ、
西川社長を「ブルータスだ」と厳しく断じています。

しかし、フランス人の多くはメディアが報じる陰謀論には非常に冷ややかで、
クーデター説を扱った記事には、呆れの声が続出していました。

フランス「日仏は両想いじゃないか」 日本人にフランスのイメージを訊いてみた

426356.jpg
[ 2018/11/24 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(812)

海外「日本はもう韓国を無視しよう」 韓国の慰安婦財団解散に外国人から非難の声

韓国政府は21日、元慰安婦とされる女性を支援する財団である、
「和解・癒やし財団」を解散することを発表しました。

この財団は、慰安婦問題の「最終的かつ不可逆的な解決」を確認した、
2015年の日韓合意に基づき日本政府が10億円を拠出し、韓国政府が設立。
合意の時点で存命だった元慰安婦47人のうち、
34人が1人あたり約1000万円の支援金を財団から受け取り、
合意の前には、元慰安婦への聞き取りも行われていたにも関わらず、
2017年に就任した文在寅(ムン・ジェイン)大統領は、
「合意は元慰安婦の意見を十分に反映しておらず、
 慰安婦問題は合意によって解決されない」と主張。
以降財団は、事実上活動を休止していました。

韓国側の一方的な措置である今回の財団解散は、
15年の日韓合意を骨抜きにすることが狙いと見られており、
国家間の合意を覆す韓国側の行為に安倍総理は、
「国際約束が守られないのであれば国と国との関係が成り立たなくなる」
と厳しく批判しています。

この件に関し、外国人からも様々な声が寄せられています。
その一部をご紹介しますので、ごらんください。

米国「あまりにも身勝手だ」 慰安婦像の米国での設置に現地から疑問と不満の声

36346.png
[ 2018/11/23 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(651)

海外「日本の学生は次元が違う!」 日本の高専生のロボット技術が尋常じゃないと話題に

今回は、先日行われた「高専ロボコン」の映像からです。

全国高等専門学校連合会、NHK、NHKエンタープライズの主催で、
1988年から毎年行われている「全国高等専門学校ロボットコンテスト」。
1チームは高等専門学校の学生3名からなる「選手」と「指導教官」で構成され、
競技内容は毎年変わりますが、基本的には「特定の作業を行い得点を稼ぐ」、
というルールの競技が定番となっています。

30回目を迎える今年の競技課題は、「ボトルフリップ・カフェ」。
8つのテーブルに向かってペットボトルを投げて立たせる、という競技内容で、
得点の加算はテーブルの上でペットボトルが立った場合のみとなるため、
正確な射出機構が求められる競技です。

ご紹介する映像には、大会の実際の様子が映し出されており、
多くのスゴ技、失敗、そして歓喜の瞬間が収められています。
日本の高専生たちの素晴らしいロボット技術に対して、
海外からコメントが殺到していましたので、その一部をご紹介します。

海外「こんな国に勝てる訳がない」 日本の識字率の驚異的な高さに外国人が衝撃

4357.png
[ 2018/11/22 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(379)
スポンサード リンク
検索フォーム
人気の記事(PC)
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
スポンサード リンク
ランダム記事
アクセスランキング

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:






ブログパーツ アクセスランキング