FC2ブログ

パンドラの憂鬱



海外「日本あるあるだねw」 日本の『全角』と『半角』という概念に外国人が困惑

パソコンの文字入力の際に使い分けられる全角文字と半角文字。
オンラインショッピングなどで個人情報を入力する際、
特に住所の番地や電話番号の数字に関しては、
半角で入力する場合と全角で入力する場合とがあります。
自動で補正されない入力フォームが多いことから、
全角半角の混在によりエラーになった経験を持つ方は少なくないはずです。

全角半角の使い分けは日本在住の外国人にとってはかなりハードルが高いようで、
主に日本在住の外国人向けに記事を配信している風刺サイトが、
「全角から半角、あるいは半角から全角への訂正が求められることで、
 年間約700億円の経済的損失が発生している」

という内容の記事を掲載したところ、大きな反響を呼んでいます。

もちろん風刺ネタで事実ではないのですが、多くの外国人にとっては、
風刺とは思えないくらいの「あるあるネタ」だったようでした。

海外「その発想はなかった!」 国際機関が伝える日本人独自の概念に外国人が感銘

426537357.jpg
[ 2019/05/13 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(508)

海外「天皇がいない日本は日本ではない」 BBCが伝える皇室反対派グループの悲しき現状

今回は、BBCなどが報じた天皇制反対派に関する記事から。

早速ですが、以下がBBCの記事の要点です。

ナルヒト天皇と孤独な皇室反対派

 今週初め(※4月末)、天皇の歴史的な譲位、新天皇の即位、
 そして改元という変化を目前にしたこの時期に、
 少人数の集団が東京のはずれに集結していた。
 彼らは『天皇の戦争責任を忘れるな』とシュプレヒコールをあげながら、
 公園に向かってデモ行進を行った。

 デモに参加した人のほとんどは白髪で、人数は数える程しかいない。
 それでも彼らは、皇室は廃止すべきとする主張を続けている。

 反天皇制運動連絡会(反天連)は30年以上も前から、
 皇室は廃止にするべきだと訴え続けてきた。
 天皇の名の下に行われた戦争を償うためには、
 皇室を廃止するしかないと考えているためだ。
 BBCの取材に応じた反天連のメンバーの1人であるノムラ氏は、
 『人道に対する罪を犯した昭和天皇は戦犯だ』と語った。
 戦後、アメリカが起草した日本国憲法下で、
 天皇は日本国と日本国民統合の象徴となり、皇室は維持された。
 そのため昭和天皇は責任を取る事がないままだったとノムラ氏は考えている。

 昭和の終わり頃、日本国内における反皇室の世論は今よりも強かった。
 しかし上皇となった先代の天皇は、即位から譲位までの30年間で、
 皇室を平和の象徴と位置づけることに成功したのだ。
 平成になって皇室の人気は大いに高まり、
 様々な世論調査の結果で、皇室を支持する人の割合は8割に達している。

 前出のノムラ氏は、反天連の支持者の数が減少を続けていると認めた。
 1980年代には抗議集会に3000人近くが集まったが、
 現在は若者を惹きつけるのは困難であるという。
 実際、先日デモ行進に参加した80人のメンバーよりも、
 数百人が配備された警察官の数の方が多く、
 また、デモ行進に注目する見物人の数も限られていた。

 ノムラ氏は、支持されない目標に向けて戦い続ける事に寂しさを覚えるという。
 一方で、健康の許す限り、あと10年は活動を続けるとも語った。

 しかし前途は多難である。
 皇室の系譜は2000年以上の歴史を誇り、
 天皇の役割は日本の社会に多様かつ密接に結びついている。
 国民に敬愛された天皇が感動的な形で譲位し、新しい天皇が即位した。
 この事で皇族に対する国民の親愛の気持ちはさらに高まり、
 おそらく皇室廃止の議論は封印されたはずである。
 少なくとも、次の時代が訪れる時期までは



以上です。
皇室反対デモに対し、海外から様々な反応が寄せられています。
その一部をご紹介しますので、ごらんください。

海外「俺の国にも皇室があれば…」 天皇皇后両陛下のお姿に外国人が感銘

37697047587.jpeg
[ 2019/05/12 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(753)

海外「日本よ、なぜなんだw」 日本の映画産業の特殊性が一目で分かるデータが話題に

世界興行収入が史上最速で20億ドル(約2200億円)を突破し、
公開から11日で「タイタニック」を抜き歴代興行収入第2位となった、
アメリカのスーパーヒーロー映画「アベンジャーズ/エンドゲーム」。
間もなく「アバター」(27億9千万ドル)を抜き歴代首位になる見込みなど、
現在世界中で爆発的なヒットを記録しています。

そんな中で海外のネットをざわつかせているのが、日本の特殊性。
世界各国で「アベンジャーズ」が興行収入で首位に躍り出る中、
日本だけが「名探偵コナン 紺青の拳」が1位という結果になり、
各国の首位作品の一覧表では、日本の存在感が際立っています
(集計のタイミング次第で日本でも「アベンジャーズ」が1位になる事も)。

そんな日本の特殊性に対して、海外からは好意的なコメントが相次いでいました。
その一部をご紹介しますので、ごらんください。

海外「日本はいい加減にしろw」 日本の実写版スパイダーマンに世界が騒然

3549797595.png

[ 2019/05/11 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(999)

海外「韓国とは距離を置くべきだ」 新たな天皇陛下の韓国訪問はあり得るのだろうか?

レーダー照射問題や徴用工問題などの影響で冷え込み続けている日韓関係。
慰安婦問題では一方的な日韓合意の見直しの方針を打ち出し、
徴用工問題では国家間の条約を無視する賠償要求を行ったりと、
日本の立場からすれば、韓国の外交は非常識なものに映ります。

しかし韓国からすれば不和の責任は日本にあるようで、
文在寅大統領は昨日生放送されたテレビ番組内で、
「日本の指導者が、頻繁に歴史問題を国内政治問題として扱っている。
 歴史問題が両国関係の足を引っ張っているが、
 これらは韓国側が作っている問題では決してない」
という考えを明らかにしています。

令和を迎えても日韓の溝が埋まらない中、
天皇陛下の早い段階での初訪韓を期待するかどうかを問う質問が投稿されました。
外国人から多くの意見が寄せられているのですが、
そのほとんどが、訪韓に強い拒否感を示すものでした。

「鳥肌が止まらない…」天皇皇后両陛下と比大統領のご会見にフィリピン人が歓喜

357358358.jpg
[ 2019/05/10 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(706)

台湾「まさか日本の外務大臣が!」 河野外相のツイートに台湾から歓喜の声が殺到

河野太郎外務大臣は昨日、ツイッターを更新し、
今月20日からスイス・ジュネーブで開催される、
世界保健機関(WHO)年次総会への台湾のオブザーバー参加を、
日本として支持するという立場を表明しました。

この河野外相のツイートを多くの現地メディアが取り上げており、
関連投稿には台湾の人々から感謝と喜びの声が殺到しています。
その一部をご紹介しますので、ごらんください。

中国「日本の大臣は最高の仕事をした」 河野外相と中国報道官のツーショット写真が大反響

60117200_964098340638559_4532377931183292416_n.jpg
[ 2019/05/09 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(422)

海外「日本に対する差別だ」 日本への食用馬の輸出を非難する記事に異論続出

日本では桜肉という別名でも呼ばれている馬肉。
国や民族などによってはタブー食とされていますが、
フランス、オランダ、スイス、アイスランド、イタリアなど、
ヨーロッパを中心に、馬肉が食されている国は少なくありません。

今回は若者のBBCと呼ばれる「VICE」のカナダ版の記事からで、
日本に出荷される生体の馬の扱いがいかに非人道的なのかが指摘されています。

しかしカナダの読者からは、命をいただいている以上、
人類はどの家畜に対しても「非人道的」であるという理由から、
馬だけが特別扱いされていることに異論が相次いでいます。
寄せられていたコメントをまとめましたので、ごらんください。

海外「日本に口出しするなよ」 日本の捕鯨に批判的なBBCに外国人から怒りの声も

34753748686.jpeg
[ 2019/05/08 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(645)

海外「日本を破壊しないでくれ…」 外国人による『日の丸詐欺』に怒りの声が殺到

今回は、日本で急速に目撃談が増えている「日の丸の押し売り」の話題からです。

ネット上では「日の丸詐欺」と呼ばれることが多いこの押し売りは、
白人を中心とする外国人から日の丸の小旗を手渡され、
寄付という名目で500円請求されるというもので、
類似の"事件"は特に大都市圏を中心に頻発。
以下の日本語のメッセージが書かれたカードを提示される事が多いようです。

「私たちは聴覚障がい者です。
 あなたたちとの文化に触れ合いたいので、
 私たちの旗を500円で購入していただければ
 素晴らしい日本を知ることが出来ると思います。
 どうぞご協力よろしくお願いします」


もちろんその全てが悪質なものだとは限りませんが、
海外では同様の手法をベッグペッカーや犯罪組織が用いることもあり、
日本人を騙す行為だとして、怒りの声が相次いで寄せられていました。

海外「あまりにも酷すぎる」 『日の丸踏み付け画像』問題でリバプールFCが謝罪

37453856835.png
[ 2019/05/07 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(574)

海外「日本は超大国なのに…」 日本の皇室のあり方にタイ国民から羨望の声が殺到

5月1日に「即位後朝見の儀」に臨まれた天皇陛下。
そこでは、上皇陛下に対する「心からの敬意と感謝」を示されたうえで、
「自己の研鑽に励むとともに、常に国民を思い、国民に寄り添いながら、
 憲法に則り、象徴としての責務を果たす事を誓い、
 国民の幸せと国の一層の発展、そして世界の平和を切に希望いたします」
と、
天皇として初のお言葉を述べられました。

新天皇即位に関するニュースは、ワチラロンコン国王陛下が戴冠され、
新しい時代を迎えているタイでも大きく取り扱われており、
皇太子時代から知られている天皇陛下のお人柄、
そして、日本の皇室の儀式の質実とした雰囲気に称賛の声が殺到しています。

また、タイには不敬罪があり、表立って王室を批判することは一切出来ませんが、
戴冠式が今月4日から3日間にわたって行われていることなどから、
日本の皇室とタイの王室を暗に比較するような意見も数多く寄せられています。
それらの一部をご紹介しますので、ごらんください。

海外「涙がこみ上げてきた」 天皇皇后両陛下の異例の弔問にタイから感動の声

747353575.jpeg
[ 2019/05/06 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(326)

海外「実に日本人らしい感性だ」 夏目漱石の『I LOVE YOU』の訳し方が美し過ぎると話題に

日本を代表する小説家、夏目漱石。
大学予備門(のちの第一高等学校)時代はほとんどの教科で首席で、
特に英語に関してはずば抜けて得意だったそうで、
帝国大学卒業後は、東京高等師範学校、愛媛県尋常中学校、
熊本第五高等学校で英語教師として教鞭を執っています。

そんな漱石には、"I love you"を「我君を愛す」と訳した生徒に対し、
「日本人はそんな事は言わない。『月が綺麗ですね』とでも訳しなさい」
と指導したとされる逸話が残っています。

この表現が海外のサイトで紹介されると、詩的すぎるとして大反響。
またその奥ゆかしさが、多くの外国人にとって、非常に日本的だったようでした。

海外「日本文学は傑作の宝庫」 外国人が人に薦めたい好きな日本の文学作品

35746764753745.jpg
[ 2019/05/05 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(562)

海外「民族性の問題なんだよ」 米メディアが伝える日本人がアメ車を買わない理由が話題に

今回は、米三大ネットワークであるNBCのニュース専門チャンネルが、
繰り返し公式フェイスブックに投稿している、
「日本人がアメリカの自動車を買わない理由」からです。

早速ですが以下が要点です。

「日本製の自動車はアメリカの道路や駐車場を埋め尽くしているが、
 米メーカーは、世界第3位の規模を誇る市場である日本での販売を諦めている。

 トランプ大統領は「不公平だ」と現状に不満を漏らしているが、
 米メーカーは日本の市場に合わせた自動車を造っていないのだ。
 そのため、多くの日本の消費者たちはアメリカの自動車に対し、
 『信頼出来ず非効率的』という従来の考えを捨てられずにいる。

 日本で販売される自動車の約4割はKEI自動車である。
 日本のドライバーたちは、狭い道でも小回りが利き駐車も簡単な、
 便利で効率的な自動車を好むのである。

 フォードは2017年に日本から完全に撤退。
 そしてGMが昨年度に日本で販売した台数は、わずか700台ほどだった。
 東京を拠点に活動しているアメリカ人アナリストは以下のように語る。
 『アメリカのメーカーはほとんど挑戦していないのです。
  今のまま日本メーカーと戦うのは難しいでしょう。
  そしてその事がまさに米メーカーの問題なのです』」


以上です。
つまり「日本の消費者に合わせるという挑戦を避けている」という事でしょうか。
記事には多くの意見が寄せられていますので、その一部をご紹介します。

海外「日本車が売れるわけだ…」 維持費の安さで日本車メーカーが上位を独占

34647648759.jpg
[ 2019/05/04 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(1000)
スポンサード リンク
検索フォーム
人気の記事(PC)
スポンサード リンク
ランダム記事
カレンダー
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
アクセスランキング

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:






ブログパーツ アクセスランキング