パンドラの憂鬱

Powered By 画RSS



海外「日本勢強すぎだろw」各国で最も検索された自動車メーカーを示した世界地図

世界に400以上、日本だけでも40近くある自動車メーカーですが、
イギリスの自動車部品メーカー、Quickcoが収集したデータによると、
昨年グーグルで最も多く検索された自動車メーカは、トヨタだったそうです。

トヨタはアメリカ、豪州、中国、アフリカの大半の国などで、
また、ホンダもカナダやブラジル、東南アジアなどで首位となっており、
世界地図で示すと、トヨタとホンダの存在感が際立っています。

この興味深いデータに、外国人から様々な反応が寄せられていました。
その一部をご紹介しますので、ごらんください。

海外「日本車が売れるわけだ…」 維持費の安さで日本車メーカーが上位を独占

dobgwnbyrzstkyeqngbl.png
[ 2017/08/09 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(372)

海外「こんな国に住みたかった」外国人だけが気づく日本の日常の特別な色彩が話題に

今回ご紹介する写真は、ベルリンに拠点を置く写真家のEylül Aslanさんが、
東京で目にすることが出来る色彩をテーマに撮影したものです。

Aslanさんの写真を取り上げた記事によると、
(記事のタイトルは、「夢のようなパステルカラーを通して日本を探る」)
Aslanさんが東京を訪れた際に最も強く衝撃を受けたのは、
街中にふいに現れる色彩だったそうです。

ベルリンの建築物などは通常暗いモノトーンに限られている中、
東京にはミントグリーンのゴミ箱や、ピンク色や青色の(都営)バスなど、
様々な色彩に溢れており、そのことが彼女を強く惹きつけたそうです。

Aslanさんだけではなく実際に日本に来た経験を持つ多くの外国人にとっても、
日本は色彩、特にパステルカラーに溢れた国であるようで、
それこそ日本の特徴とまで考える方も少なくないようでした。

「そりゃ皆日本に行きたい訳だ」 日本の『日常の美』を収めた写真が話題に

111.png
[ 2017/08/08 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(365)

海外「日本に謝ってくれ!」フィリピンの女優が日本文化を揶揄した動画を投稿し大炎上

1969年にミスユニバースに選ばれたグロリア・ディアスさんの娘さんで、
フィリピンでは大変有名な女優でいらっしゃるイザベル・ダザさん。
先月下旬、一週間ほど日本旅行を楽しまれていたのですが、
フィリピンに戻ってから自身のインスタグラムに投稿した映像が、
日本の文化を揶揄しているとして大炎上してしまいました
(現在動画は自身のインスタグラムからは削除された)。

映像には、妹のエイバさんから「日本式」で名刺を渡されたイザベルさんが、
名刺をくしゃくしゃにし、エイバさんに向かって投げ捨てる様子が。
「名刺をあんな風に渡されたらこうしたくなる」と、
キャプションで動画に込めたメッセージを説明しています。

インスタグラムのコメント欄やツイッター上に非難の声が殺到したのですが、
イザベルさんは、「プライベートでのジョークでした」と釈明。
これが反省していないと受け取られ、さらに炎上する事態になりました。

この騒動を伝える現地紙の記事にも、多くの反応が寄せられています。
その一部をご紹介しますので、ごらんください。

海外「蔑称なの知らなかった…」 "JAP"の意味合いに外国人がビックリ

 2017-08-05
[ 2017/08/07 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(998)

海外「日本は多民族国家だから」 日本人は縄文系と弥生系に分かれるという事実が話題に

日本人の顔を大別する際に用いられることが多い「縄文顔」と「弥生顔」。
一般的には縄文顔は二重まぶたで毛が濃いなどの特徴、
弥生顔は一重まぶたで毛が薄いなどの特徴が挙げられています。

下の写真はマレーシア人の女性がネット上にアップしたもので、
縄文系と弥生系、それぞれの特色を持つ方が4人ずつ紹介されており
(縄文顔の右上の写真の方は国外の俳優さんでしょうか。)、
同じ民族でありながら、はっきり系統が分かれる顔立ちが存在していることが、
マレーシアの方々に大きな驚きを与えています。

コメント欄には様々な意見がありましたので、その一部をご紹介します。

海外「日本人は何てラッキーなんだ!」 日本人のルーツに外国人も興味津々

13876466_1642622932732488_4520135714165170301_n.jpg
[ 2017/08/06 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(854)

海外「それでも日本には勝てない」 米国の巨大ロボが進化するも外国人は日本の勝利を確信

日本の水道橋重工と米国のMegabotがそれぞれ製造した巨大ロボを用いて、
「最強ロボット決定戦」が行われる事が以前から決定していますが、
先日Megabot陣営が、実際に戦いに投入すると見られている、
新型ロボット「Eagle Prime」をネット上で公表し、
Faecbookでは再生数が2日で230万回を超えるなど反響を呼んでいます。

映像では、弾丸でドラム缶を破壊する様子や、
1つ前のモデルのロボットを圧倒する様子が映されており、
映像を観た外国人からは、驚きの声が上がっています。

しかし、水道橋重工の「クラタス」と比較したコメントを見ると、
Megabotのロボットの性能が大幅に向上したことを認めた上で、
ほぼ全ての人が、「それでも日本には勝てない」と考えているようでした。

海外「日本が同盟国で良かった」 日本製の戦闘ロボがついに完成

megabot.png
[ 2017/08/05 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(432)

海外「日本あるあるだねw」 公園でくつろぐ訪日外国人を襲った不幸に爆笑の嵐

今回は、スタントマン兼コスプレプロモーターのドイツ人、
ベンさんが奈良公園を訪れた際に撮影した、
「日本の典型的なピクニックのシチュエーション」と題された動画から。

人気RPG『ウィッチャー』シリーズの主人公ゲラルトのコスプレに身を包み、
クールな佇まいで木陰に腰を下ろして休んでいるベンさん。
なぜか鹿せんべいをスナック感覚で口にしており、
1匹の鹿が匂いに誘われて近づいて来ます。

しかしベンさんは鹿の接近に気付かず……という映像なのですが、
意外とも当然とも言える結末に、外国人は大爆笑。
日本、特に奈良や宮島に足を運んだことがある方達にとっては、
「日本あるある」的な映像だったようでした。

海外「全部日本で経験した」『日本あるある』をまとめた動画に外国人が大爆笑

83.png
[ 2017/08/03 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(264)

海外「やっぱ日本は頼りになる!」テロ組織に占拠された街の人々を救う日本の支援に感謝の嵐

今年5月23日、過激派組織「ISIS」に忠誠を違う武装勢力により、
突如として占拠されてしまったフィリピンのマラウィ市。
占拠を封じ込めるためにフィリピン軍が送り込まれていますが、
事態の進展はあまり見られず、ドゥテルテ大統領は先月18日、
占拠された当日にミンダナオ島に出した戒厳令を、
今年末まで延長するよう議会に申請しました。

マラウィ市の中心部は空爆や爆撃などにより廃墟のようになっており、
市民も市街地からの脱出を余儀なくされています
(これまでに46万人を超える避難民が出ている)。
そこで日本政府は先日、避難民への食料、飲料水、衛生面の支援のため、
200万ドル(約2億2000万円)の緊急無償資金協力の実施を決定しました。

いまだに海外からの支援が十分ではない中ということもあり、
今回の日本からの支援を現地各紙が大きく取り上げており、
コメント欄にはフィリピンの方々から感謝の声が相次いでいます。
その一部をご紹介しますので、ごらんください。

「日本人は本当に優しいな…」 安倍総理の粋な計らいにフィリピン人が大感激

marawi-rehab.jpeg

[ 2017/08/02 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(419)

海外「母国に戻って日本の凄さが分かった」 日本の一般の人々の振る舞いに外国人が感動

今回は、丁寧に仕事に取り組む日本の人々の姿をまとめた映像からで、
ここでは女性鉄道員、新幹線の車内販売員、エレベーターガール、
男性駅員、新幹線の清掃員の方々の振る舞いが紹介されています。

日本のカスタマーサービスの質の高さは海外でも有名になっていますが、
実際に見るその丁寧な振る舞いに、多くの外国人が感動を覚えていました。

海外「笑顔で接客だと…?」 日本の店員の接客サービスに外国人感動

unnamed.jpg
[ 2017/08/01 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(326)

海外「日本の本気を見た」 カナダで打ち上げられた日本の花火に大絶賛の声が殺到

北米有数の世界都市であるカナダ・バンクーバーでは、
毎年8月頃に、3カ国が競い合う形式で行われる花火の祭典、
「Honda Celebration of Light」が行われています。

今年はカナダ、イギリス、そして日本が参加しており、
昨日にトップバッターとして日本チームが登場しています
(英:8月2日、加:8月5日。なお日本は14年にも参加し優勝している)。

その様子をカナダの地元紙が映像などと共に伝えているのですが、
主に実際に会場に足を運んだ方たちから、大絶賛の声が相次いでいます。
日本の花火は生で見ると相当なインパクトがあったようで、
すでに日本の優勝を確信する声が散見されました。

海外「日本ってやっぱ日本だ」 世界最大の花火に外国人が驚愕

2017-07-30.png
[ 2017/07/31 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(402)

海外「日本は常に進んだ国だった」 北米版セーラームーンの差別的な規制が話題に

1992年3月から1997年2月まで、約5年間にわたって放送され、
社会現象になるほどのヒットを記録したアニメ「美少女戦士セーラームーン」。
日本国内のみならず、世界的な人気と知名度を誇っており、
最近ではフィギュアスケート世界女王のメドベージェワ選手が、
「セーラームーン」の大ファンであることを公言し、
アイスショーではコスプレをしての滑りを披露するなど、
現在でもその人気は衰えていないようです。

さて、今回はそんな「セーラームーン」の北米版の規制に関する話題です。
主要キャラクターであるセーラーウラヌスとセーラーネプチューンは、
原作でもアニメでも恋愛関係にあるという設定になっていますが、
北米版では、諸事情を考慮して、いとこという設定に変更されています。

このことをVOGUEの姉妹誌などが取り上げ、海外ネットで話題に。
割と最近まで、北米などでは同性愛に対する理解がなかったという事実に、
外国人から様々な声が寄せられていましたのでご紹介します。

海外「日本には本物の自由がある」 米国のアニメ規制に海外から驚きの声 

sailor-fb.jpg
[ 2017/07/30 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(643)
ごあいさつ


人気ブログランキングへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
おすすめサイトさま

日本視覚文化研究会
ニュース速報まとめ桜
ニュース速報まとめ梅




管理人:ニャン吉
副管理人:kite

月別アーカイブ
人気の記事(PC)
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アクセスランキング

スポンサード リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランダム記事





ブログパーツ アクセスランキング