FC2ブログ

パンドラの憂鬱

外国メディアの記事などに寄せられた、海外の反応をお伝えします


海外「日本の空気は世界一綺麗だぞ!」 日本の現実的な電力政策に豪州から羨望の声が殺到

日本にとって重要なベースロード電源である石炭火力発電。
現在は約100基が稼働中で、電源構成の3割以上を占めています。
欧州や北米の国々が石炭火力発電所廃止の方針を示す中、
日本は建設中のものを含め、22基の増設を計画中で、
そのことに対し、一部の欧米メディアからは批判の声も上がっていました。

一方で、石炭からグリーンエネルギーへの転換を目指すも、
長年政府が迷走したため、電力供給網の整備が遅れ、
世界一電気代が高い国の1つとなってしまったオーストラリアからは、
日本のエネルギー政策に対して絶賛の声が殺到しています。

クリーン・コール・テクノロジーを向上させつつ、
安定的かつ現実的な電力供給を目指す日本の方針に、
多くのオーストラリア人が羨望の念を抱いたようでした。

「日本との差が悲しい…」 東京とパリの環境意識の違いにフランス人が落胆

8648648468646.jpeg
[ 2020/02/16 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(272)

海外「日本はなんて良い国なんだw」 個性を尊重する日本の国会の対応に海外から称賛の声

タレントで東京海洋大学名誉博士のさかなクンが12日、
参考人として国会に出席し、海洋問題に関する意見陳述を行いました。

さかなクンはこの日、20数人の参院議員を前に持論を展開。
気候変動により今までとは異なる魚が水揚げされている事や、
海洋プラスチックごみの問題が深刻化している事などを取り上げました。

そして、あるいは陳述以上に注目されたのが、おなじみのハコフグの帽子。
参議院規則では基本的に帽子は認められていないのですが、
今回は「品位や礼節を欠くものではない」との理由で着用が容認された為、
無事いつも通りのスタイルで意見陳述を行っています
(なお、これまで今上天皇や上皇陛下の御前でも着用していた)。

国会のような場でも個性が尊重されたことに対して、
関連投稿には外国人から様々な意見が寄せられています。
その一部をご紹介しますので、ごらんください。

海外「日本との差が悲しい」 さかなクンに日本の凄さを見出す台湾の人々

746746746_20200215144352f52.png
[ 2020/02/15 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(351)

海外「確かに日本人は優秀だが…」 大統領の『日本人は世界一優秀な民族』発言がブラジルで波紋

日本のメディアなどでは極右や「ブラジルのトランプ氏」と呼ばれ、
その発言がしばしば議論を呼んでいるボルソナーロ伯大統領。
自国第一主義を掲げ、ブラジル国内で高い人気を誇っていますが、
日本が関連する一連の言動が現在ブラジルで議論を呼んでいます。

大統領はまず今月2日、ブラジルの著名なジャーナリストである、
アレシャンドレ・ガルシア氏の講演動画を自身のツイッターでシェア。
本来そのこと自体はもちろん問題がないわけですが、そこには、
「ブラジルが日本と国民を入れ替えたとしたら、
 10年以内に世界の大国になる」とのガルシア氏の発言があり、
また大統領は、ガルシア氏の考えに賛同の意を示すように、
「2分でブラジルを変える方法」と動画を紹介していました。

自国民を軽侮するようなツイートは国内で議論を呼んだのですが、
ガルシア氏の講演をシェアした理由を先日マスコミに問われた大統領は、
「日本人は優秀な民族。我々、つまり他の国民は相対的に劣っている」と発言。
その上で「これは事実なんだ。私は日本に3度訪問しているのだから」とし、
謝罪や訂正などは今のところ行わず、持論を貫いています。

愛国者として認識されていた大統領の一連の言動に対して、
ブラジルの人々からは様々な意見が寄せられています。
その一部をご紹介しますので、ごらんください。

「日本が列強になった理由だ!」 マクリ大統領の回想がアルゼンチンで大反響

467468684.png
[ 2020/02/14 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(441)

海外「日本には神道があるんだよ」『日本の若者にはキリスト教が必要』とする米記事に異論続出

今回は、自ら命を絶つ若者が増えている日本において、
キリスト教が果たせる役割について取り上げた米FOXニュースの記事から。

早速ですが以下が要点になります。

「日本政府の統計によると、いじめや学校でのプレッシャーにより、
 日本の若者の自殺率は過去30年間で最高となった。
 その中で宮原牧師は、厳しい統計を変える答えが自分にはあると信じている。

 牧師は、イエスの愛が、絶望的な若者が真実の希望を見つける手助けをし、
 そして、彼らに生きる理由を与えることによって、
 日本の問題を解決出来ると考えているのだ。

 日本のキリスト教徒は人口の1パーセント未満であるため、
 牧師は人々が日曜日に彼の教会に向かうように、
 毎日駅前に立ち、いいニュースをシェアしている。

 宮原牧師は取材に対してこう語る。
 『集団の中にいる事は、日本の文化では重要なのです。
  だからこそ、見た目が違う子供はいじめられてしまいます』

 彼の目標は、希望のない場所で希望を与える事だ。
 日本では宗教が、目的ではなく家族的な伝統として捉えられている、
 世界で最も世俗的な国の1つなのである」


以上です。
キリスト教保守派の視聴者・読者も多いFOXニュースですが、
多くの方が記事の内容に違和感を抱いたようでした。

「こんな国に生まれたかった」 日本の若者の宗教観が素晴らしいと外国人に大反響

867676.jpg
[ 2020/02/13 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(795)

海外「誰もが日本に行きたがる訳だ」 世界のアニメファンが『現実の日本』に大感激

2018年に市場規模が2兆1814億円と6年連続で過去最高となり、
海外展開においても史上初の1兆円超えを果たした日本のアニメ産業。
「配信」の売り上げが初めてDVDなどの売り上げを逆転しており、
この傾向は今後、特に海外で更に顕著になっていくと見られています。

さて、今回は海外のアニメ関連の人気サイトが製作した動画からで、
アニメと現実の世界の比較映像が次々に流されていく内容になっています。
この投稿はシリーズ化されているのですが、
そのうちの1つは転載先で再生数が350万回を突破。
コメントも7000以上寄せられるなど、大反響を呼んでいます。

「憧れの世界」が現実にあることを知った多くの外国人から、
驚きや感動の声が相次いで寄せられていました。
その一部をご紹介しますので、ごらんください。

海外「日本に行きたくなる!」 動画『夢の国 日本』が外国人に大好評

96474684.png
[ 2020/02/12 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(212)

海外「日本でしか不可能だ…」 日本の日常を写した1枚の写真にフランス人が衝撃

今回は、日本在住のフランス人の方が撮影した1枚の写真からで、
東京都内にあるお花屋さんが、休店日でもお客さんにお花を提供出来るよう、
商品を店先に置き、所謂無人販売の形式で販売する様子が収められています。

ただでさえ無人販売が成立する国が限られている中、
日本では都会でも問題なく行われているということもあり、
投稿にはフランスの人々から驚きの声が数多く寄せられています。
反応をまとめましたので、ごらんください。

「来世は日本に生まれたい…」 外国人女性の人生観を変えた日本での体験に反響

68467474.png
[ 2020/02/11 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(311)

海外「資源も何もない国なのに…」 進化を続ける日本の鉄道との差に米英から悲嘆の声

2027年に開業が予定されているリニア中央新幹線。
まずは品川ー名古屋間(285.6キロ)で開通し、
その10年後の2037年には全線開通する予定で、
東京と名古屋が最速40分で、東京と大阪が67分で結ばれると試算されています。

日本が1964年の新幹線開業以来、鉄道技術を進化させている一方で、
世界一の大国である米国と、世界で初めて鉄道を作った英国は停滞気味に。
その両国の人気サイトが、同日に日本のリニアにスポットを当て、
「私たちは夢見るしかない(英メディア)」憧れの乗り物が、
日本では7年後には現実になっている事が紹介されています。

コメント欄には米英の人々から多くの反応が寄せられており、
羨望の声や日本との差を嘆く声などが相次いでいました。
その一部をご紹介しますので、ごらんください。

海外「日本以外には住めない」 日本では一般的な鉄道会社の対応に羨望の声殺到

5474745745.jpeg
[ 2020/02/10 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(390)

海外「何なんだこの面白国家はw」 日本の警察の徹底した仕事ぶりが台湾人を爆笑の渦に

名古屋市の麻雀店で5日夜、換金可能なチップを賭けて麻雀をしていたとして、
経営者と従業員、それに客の男2人が逮捕されました。

この件で警察は、押収した麻雀台や牌などをメディアに公開しているのですが、
親が国士無双13面待ち、上家(左側の席)が緑一色・四暗刻単騎待ちなど、
なぜか見栄えを大いに重視したセッティングに。

この件を、過去に日本の警察が行った複数の綺麗すぎる陳列と併せて、
台湾の人気サイトが取り上げたところ、大きな反響が。
こんな場面でも日本人の職人気質が発揮される事に、
爆笑する台湾人が続出していました。

海外「米中が日本を恐れるわけだ」 自衛隊員の能力が凄すぎると台湾で話題に

6846846846.png
[ 2020/02/09 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(230)

中国「日本こそ中華文明の継承者だ」 1000年の時を超えた日本からのメッセージに感動の声が殺到

新型コロナウイルスの感染による肺炎の影響で、
現在多くの地域でマスクや防護服などが不足している中国。
日本からも企業や各自治体から支援物資が送られていますが、
そのうち、中国語の検定試験を主催する日本青少年育成協会は、
マスク約2万枚と赤外線体温計を提供しています。

そして、その支援物資を入れた箱には「山川異域 風月同天」の文字が
(「山河は違えど、風も月も同じ天の下で繋がっている」という意味)。
日本の長屋王が中国の鑑真に贈った1000着の袈裟に刺繍された漢詩の一部で、
これに心を動かされた鑑真が、日本行きを決意したとされています。

1000年以上の時を超えて再び送られた日本からのメッセージに、
中国の人々から感動の声が殺到しています。
その一部をご紹介しますので、ごらんください。

中国「もし日本がなかったら…」 今も元号の伝統を残す日本に中国から感動の声

72434536.png
[ 2020/02/08 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(520)

海外「日本人は宗教差別を絶対にしない」 日本社会の寛容さに世界中のムスリムから称賛の声

近年急増している日本を訪れるイスラム教徒の人々。
2004年には15万人でしたが、2018年には100万人を超え、
今年は140万人に達する見込みになっています。

ムスリム訪日客の増加を受け、各国際空港などでは礼拝室の設置や、
ハラルフードの提供などが進められてきました。
しかし最近では、空港などと比較すると訪日客の利用が少ない、
高速道路のサービスエリア(SA)でも設置が増加しています。

現在、イスラム教徒が多く利用する多くのサイトで、
SAでもイスラムフレンドリー化が進んでいる事を伝える、
とある日本の報道番組の映像が取り上げられており、
ムスリムの人々の間で非常に大きな反響を呼んでいます。

イスラム教徒がほとんどいない日本において、
このような心遣いがなされていることを、
多くの方が非常に特別なことだと感じたようでした。

「改めて日本に恋した」 中東紙『日本はムスリムへの姿勢が他の国とは違う』

684684684674.jpg
[ 2020/02/07 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(615)
スポンサード リンク
検索フォーム
今月の人気の記事(PC)
スポンサード リンク
ランダム記事



ブログパーツ アクセスランキング