パンドラの憂鬱



海外「日本のおかげで国民が団結した」 栃ノ心の凱旋帰国でジョージア中がお祭り騒ぎに

先月30日、満場一致で大関への昇進が決まった栃ノ心関。
ジョージア出身では初めてのことで、欧州では3人目。
新入幕から60場所での昇進は、最も遅い記録になります。

苦心を重ね、ついに大関まで上り詰めた栃ノ心関は今月3日、
約1年ぶりに母国ジョージアに凱旋帰国しました。
空港ではご家族のほか、大勢のファンが大歓声と共に大関をお出迎え。
テレビ番組への出演などでスケジュールは全て埋まっており、
せっかくの母国での休養も、休める日は一度もないそうです
(5日にはマルグベラシビリ大統領ご夫妻と面会した)。

故郷に錦を飾った大関栃ノ心関に対して現地からは、
興奮が伝わってくるコメントが多数寄せられていました。
その一部をご紹介しますので、ごらんください。

海外「力士を心から尊敬する」 外国人が相撲部屋の稽古に挑戦

1923759.png
[ 2018/06/07 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(406)

海外「日本人は無神論だから」なぜ日本のアニメにはキリスト教を扱った作品が少ないの?

今回はアニメとキリスト教に関する投稿から。

日本にキリスト教が初めて到来した時期については、
5世紀に景教(ネストリウス派)が伝わったとする説もありますが、
そちらは歴史的な証拠や文書による記録は少なく、
やはりイエズス会による布教が始まった1549年と考えられているようです。

江戸時代には禁教令もありましたが、明治後には信教の自由が保障され、
以後、キリスト教は再度日本での布教を開始していき、
現在カトリック、プロテスタント、正教会のすべてを合わせて、
およそ100万人の信者の方々が日本にいると考えられています。

さて、翻訳元の投稿は「キリスト教が題材となるアニメが少ないが、
日本ではキリスト教はどう捉えられているのか?」というもの。
コメント欄には、アニメとキリスト教の関係について、
様々な意見が寄せられていましたので、その一部をご紹介します。

【海外の反応】 どうして日本にはキリスト教が普及しないんだろう?

120538508.png
[ 2018/06/06 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(819)

海外「日本はどうなってるんだ!」 外国人の予想を超越する日本の安全性が話題に

今回ご紹介する映像は、Rubyに関する年次イベントに出席された、
カナダ出身の技術者の方が投稿したもので、以下のように説明されています
(※Rubyは日本で開発されたオブジェクト指向スクリプト言語)。

色々な人たちが日本をとても安全な国だと口にしていた。
 だからそれが本当かどうかをテストするために昨日、
 イベントが行われた会場の一番目立つ所に200円置いておいたんだ。
 さっき確認したら、なぜか300円に増えてる🤔


取られるどころか増えるという、予想を超える事態に遭遇されたわけですが、
日本のユーザーたちからは様々な推測の声が寄せられている一方で、
外国人にとっては、本当に謎で仕方がなかったようでした。

「こんな国は日本だけだ」 Google社員が語る日本の素晴らしさが海外で話題に

104802486.png
[ 2018/06/05 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(664)

海外「レベル高すぎだろ!」 日本の漫画学校の様子に外国人から驚きの声が殺到

今では日本以外でも親しまれ、世界語にもなっている漫画。
「漫画」の語源は諸説ありますが、1798年に発行された山東京伝による絵本、
「四時交加」の序文に登場したのが初とされており、
1814年の「北斎漫画」により、戯画風のスケッチを指す意味の言葉に。
その後、日本の近代漫画の祖である北澤楽天が、
"comic"の訳語として「漫画」という言葉を使用し、
以後「漫画」は現代における漫画を表す言葉になります。

今回ご紹介する映像では、大阪府吹田市にある専門学校、
「大阪アニメーションカレッジ専門学校」の授業の様子が紹介されており、
生徒の方が漫画の絵やイラストを描いている様子などが映し出されています。

映像を観た外国人からは、生徒さんたちの素晴らしい技量、
そして漫画を学べる学校が存在すること自体に驚きの声が殺到していました。

海外「漫画家ってスゲー!」 人気漫画家の作画風景に外国人が感動

141083058.png
[ 2018/06/04 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(292)

海外「日本はなんてオープンな国なんだ!」日本初の黒人大学長就任にアフリカから歓喜の声

この春、マリ出身のウスビ・サコ教授が京都精華大学の学長に就任されました。
アフリカ出身の方が日本の大学の学長となるのは、初めてのことです。

サコ教授は1966年にマリの首都バマコに生まれ、高校卒業後、中国に留学。
建築学を学んでいましたが、豊かな生活を送っていた黒人留学生は嫉妬の的となり、
天安門事件の数ヶ月前には、黒人に対する大規模な人種差別事件が発生。

当時の中国の情勢に失望したサコ教授は日本語が話せないまま日本に渡り、
猛勉強を重ね、京都大学大学院建築学専攻で工学の修士号と博士号を取得。
2001年には京都精華大学の人文学部教授となり、13年には学部長に。
その頃から大学の未来を考え、構想を練っていたサコ教授は、
厳しい学長選に勝利し、今年4月に学長に就任されています。

この事はBBCアフリカ版などでも大きく取り上げられ、
先進国で成功した教育者として、アフリカの人々に希望を与えています。
関連記事には様々な反応が寄せられていましたので、その一部をご紹介します。

海外「日本との差が悲しい」 さかなクンに日本の凄さを見出す台湾の人々

10850285.jpg
[ 2018/06/03 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(616)

海外「日本じゃ絶対にあり得ない」ハワイで起きた日本人暴行事件に怒りの声が殺到

先月28日、ウォールアートなどで人気のハワイ・カカアコ地区で、
日本人旅行者が公園の公衆トイレを利用しようとしたところ、
薬物使用者と思われる複数の男たちから歯を折られるほど殴打されたり、
首を絞められて気絶させられる等の被害を受ける事件が発生しました。
犯人は現時点でまだ捕まっておりません。

カカアコ地区はホノルルでも有名な観光スポットの1つですが、
在ホノルル日本国総領事館によると、この地区は従来から軽犯罪が多く、
「必ずしも治安の良い地区であるとは言えな」いそうです。
「訪問の際は十分注意するとともに,ひと気のない場所に入り込んだり,
公園の公衆トイレを使用することはおやめください。」
と注意喚起しています。

この事件に、親日家が多いハワイの人々からは怒りの声が殺到。
日本人観光客の減少を懸念する声を含め、様々な反応が寄せられていました。

海外「日本は島国だから…」 『警察が暇なくらい安全な日本』に海外から羨望の声

1241980.png
[ 2018/06/02 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(605)

海外「誰もカンヌに興味ないから!」 カンヌ受賞者を祝福しない安倍総理を仏紙が批判

先日、フランスで毎年開催されているカンヌ国際映画祭で、
是枝裕和監督が最高賞のパルム・ドールを受賞しましたが、
受賞に対して安倍総理が祝福の言葉を贈らなかったことを、
フランスの有力紙・フィガロなどが批判的に伝えています。

記事では、「是枝監督はカンヌで権威ある賞を受賞したが、
これまで日本人が海外で何か賞を受賞した場合、
受賞者に賛辞の言葉を送ってきた日本の首相は、
今回ばかりは口を閉ざしたままである」
と解説した上で、
安倍総理が是枝監督を祝福しなかった理由を、
「保守政権にとって批判的な内容の作品だった」点や、
「監督が以前から国の文化政策に批判的だった」点などを挙げています。

仏有力紙が日本の首相の細かな動向に反応するのもなかなか興味深いですが、
フランスの読者の反応も、とても興味深いものでした。

中国「日本の背中はまだ遠い」 安倍総理の被災地での振る舞いに中国人が衝撃

15038508.jpg
[ 2018/06/01 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(884)

海外「日本は憲法で保障してるから」 英紙『なぜ日本ではヤクザが合法なのだろうか』

映画などの影響で日本国外においても「YAKUZA」として知られている暴力団。
暴対法では暴力団を「その団体の構成員が集団的に又は常習的に
暴力的不法行為等を行う事を助長するおそれがある団体」と定義しており、
税制など他の法律では、任意団体として扱われています。

今回は英紙エコノミストが複数回投稿している、
「なぜ日本のヤクザは違法ではないのか」という記事に対する反応なのですが、
記事に書かれたその理由をまとめると以下のようになります。

「ヤクザを容認しないと彼らが地下に潜ると日本の警察は考えている。
 日本は秩序のない犯罪者が台頭することよりも、
 犯罪組織の存在を容認する方が良いと考えているようだ」


日本では犯罪組織ですら「結社の自由」が保証されている。
そのことに、外国人から様々な反応が寄せられていました。

海外「日本に犯罪者はいないのか?」 配達作業中のとある光景に外国人が衝撃

1371971943.jpg
[ 2018/05/31 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(480)

海外「日本人に不可能はないのか…」 日本人が趣味で作った『魔法銃』に外国人が驚愕

今回は、様々なスチームパンク作品を制作・発表されている、
フリスクPさんがニコニコ動画やYouTubeに投稿された映像からで、
自作の「魔法陣を空中に表示するスチームパンクガン」が紹介されています。

実際に映像を観ないとその凄さは伝わらないかと思いますが、
動画内に「CG合成ではありません!」とのキャプションがある通り、
一見すると現実世界のものとは思えない光景になっています。

フリスクPさんはあくまでも趣味で制作されているとのことですが、
その創造力と技術力に、外国人から驚きの声が相次いでいました。

海外「日本人が怖い!」 日本人がレゴを別次元に引き上げたと海外で話題に

12912385.png
[ 2018/05/30 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(399)

海外「日本の本気を見た!」 日本の過激すぎる交通安全教育に賞賛の声が殺到

今回は、日本の交通安全教育に対する反応です。

日本における死亡事故件数は年を追うごとに減少しており、
2017年に全国で起きた件数は前年より210件少ない3694件で、
これまで最少だった1949年(3790件)を68年ぶりに下回りました。

子供(高校生以下)が関わる死亡事故の件数も年々減少していますが、
それでも「死傷者」で見ると年間6万人以上が交通事故の犠牲になっており、
さらなる交通安全教育の徹底が求められています。

そのような中、プロのスタントマンが事故を再現し、
交通事故がいかに危険なものなのかを視覚的に伝え、
子供達に交通安全への意識を高めてもらう取り組みが、
現在全国各地の小中学校などで増加しています。

ご紹介する映像では過激な交通安全の実際の様子が紹介されているのですが、
子供たちの安全や意識の向上が真剣に考えられているとして、
主にタイの方々から賞賛と羨望の声が殺到しています。
その一部をご紹介しますので、ごらんください。

海外「そりゃあ日本に勝てない訳だ」 日本の学校教育のあり方に世界から賞賛の声

192385082.png
[ 2018/05/29 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(238)
スポンサード リンク
検索フォーム
人気の記事(PC)
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
アクセスランキング

おすすめリンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサード リンク





ブログパーツ アクセスランキング