パンドラの憂鬱



海外「涙が止まらない!」 大地震 日本で広がる『恩返し』の呼びかけに台湾人が涙

昨日午後11時50分ごろ、台湾東部の花蓮県の沖約18キロを震源とする、
マグニチュード6・0、最大震度7の大地震が発生しました。
花蓮市中心部の複数の建物が崩れ、少なくとも4人の方が命を落とし、
現在も多くの方が建物の中に閉じ込められている状態が続いています。

今回の地震を受け、日本のツイッターでは「台湾の地震」、
「台湾加油(頑張れ)」、「台湾大丈夫」などのワードがトレンド入り。
ヤフーニュースのコメント欄などには、台湾を心配する声や、
「東日本大震災の時に受けた恩義を今こそ返すべきだ」
といったニュアンスのコメントも目立ちます。

また、企業のSNSアカウントや芸能人も台湾を心配する声を続々発信しており、
お笑い芸人の古坂大魔王(ピコ太郎)さんは、
「日本よ…今こそ…恩を返す時ではないか??
3.11の時…義援金200億円だぞ。
勿論…要請を待ち、必要だと判断したらで良い。
しかし、即座に対応してほしい」
とツイートされています。

上記のような日本の反応を台湾のメディアが続々報じており、
関連記事には、台湾の方々から感動の声が多数寄せられています。
その一部をご紹介しますので、ごらんください。

海外「まさか皇后陛下が…」 台湾への感謝を口にされた皇后陛下に感激の声が殺到

23233719.jpg
[ 2018/02/07 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(777)

海外「何で日本車はこんなに雪に強いの?」 相変わらずスバル車の性能が凄すぎると話題に

強烈な寒波の影響で、今年は全国的に非常に寒い日が多く、
1月27日には全国のアメダスの約9割5分が氷点下を観測。
立春が過ぎた今日も、日本海側を中心に大雪が続いています。

毎年この時期には、雪の影響で車が立ち往生してしまうケースが頻発しますが、
雪道でスタックしたトラックなどを日本車が救出したという話題が、
海外のサイトで取り上げられる事も毎年の恒例のようになっています。

今回ご紹介する映像もその一例で、ここではスバルのフォレスターが、
雪にはまった大型トレーラーを牽引し、救出する事に成功しています。
「スバルは自動車界のスーパーヒーロー」と題されたこの映像に、
外国人から驚きの声が殺到していましたので、その一部をご紹介します。

海外「そりゃ皆日本車買うわ…」 スズキ車の桁外れな耐久性に世界が衝撃

 2018-02
[ 2018/02/06 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(400)

米国「もう日本に頼るしかない」 事故続発 日本の鉄道システムとの差を嘆く米国の人々

昨日、アメリカ南部で全米鉄道旅客公社(アムトラック)の列車が側線に誤進入し、
停車中の貨物列車と衝突する事故が発生しました。
2人の乗員が命を落とし、116人が重軽傷を負っています。

アムトラックの列車は、昨年12月にも脱線し、3人が死亡。
今年1月下旬には、複数の共和党議員が乗った列車とゴミ収集車が衝突し、
収集車に乗っていた1人が亡くなる事故を起こしていました。
つまりここ2ヶ月ほどで、3度重大事故を起こしていることになります。

事故を受け、日本の鉄道がいかに安全かを紹介する記事を含めた関連投稿には、
日本や欧州の鉄道システムとの差を嘆く声が多数寄せられていました。
その一部をご紹介しますので、ごらんください。

海外「もう日本以外には住めない」 日本の鉄道が羨ましすぎると海外で話題に

E2SR53U6SBDMXL3Q2WNXE3ND7A.jpg
[ 2018/02/05 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(481)

海外「これが武士道の精神か…」 部下をかばい命を落とした自衛隊員に海外から称賛の声

先月23日、約3000年ぶりに噴火した草津白根山。
一昨日にも火山性地震が観測されるなど火山活動が高まった状態が続いており、
気象庁は入山規制を示す噴火警戒レベル3を継続し、警戒を呼びかけています。

この噴火では、草津国際スキー場で訓練にあたっていた、
陸上自衛隊の男性陸曹長が噴石に当たり命を落とされているのですが、
関係者の話により、近くにいた部下をかばって覆いかぶさった際に、
背中に噴石が直撃したことが分かっています。

海外メディアも、陸曹長の殉職を「英雄的行動」として取り上げています。
記事に寄せられたコメントをまとめましたのでご覧ください。

海外「日本人は誇りに思うべき」 自衛隊の迅速な震災対応に海外からも称賛の声

1287392.png
[ 2018/02/04 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(506)

中国「日本の大臣は最高の仕事をした」 河野外相と中国報道官のツーショット写真が大反響

河野外務大臣が先月末に訪中した際に中国の華春瑩副報道局長と撮影した写真が、
現在中国のネット上で大変大きな話題になっています。

河野外相は自身のツイッターの英語アカウントに、
「With a famous Chinese lady!」というメッセージと共に写真を投稿。
記者会見では滅多に表情を崩さない華報道官も、にこやかな笑顔を見せています。

中国の大手メディアはこの件を、河野外相のアカウントに寄せられた、
「日中友好」など、複数の日本人ユーザーのポジティブなコメントとともに紹介。

また、民進党の小西洋之議員がツイッターに投稿した、
「河野大臣は馬鹿ではないのか。相手は中国政府の報道官に過ぎない。
 外交交渉の相手ですらない格下の人物だ。
 その人物とニヤケ顔でツーショットを撮るのは外交ではなく
 中国への『朝貢』だ。そんなことも分からないのか。。」

というツイートと、それを受けて河野大臣が投稿した、
「写真撮る時に相手の『格』を考えて撮っている人もいるんだ。疲れそう。」
というツイッター上での応酬も取り上げています。

関連記事のコメント欄には、日中友好を願う声が大変目立ち、
他にも小西議員に苦言を呈する声など、様々な反応が寄せられていました。

中国「今まで知らなかった…」 日本からの巨額なODAの真実に中国人が衝撃

0.jpeg
[ 2018/02/03 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(673)

海外「日本製ならこんな事には…」 比政府 中国製の鉄道車両を返還し日本に援助を要請へ

三菱重工や住友商事などが建設を手がけ、1999年にマニラで開業した、
マニラ・メトロレール・トランジット・システム3号線(MRT-3線)。
2011年までは上記の日本企業が保守も担当していましたが、
保守担当が他の国の企業に変わってからは故障が相次ぐようになり、
昨年11月には韓国の保守請負会社が契約を解除されています。

さらに、中国企業が納入していた車両は、車体の重量が規定を3トン超過し、
必要な信号システムに不備があるなど複数の契約違反があることが判明。
フィリピン政府は、中国製車両48両を中国に返還した上で、
日本からの支援と日本企業による保守請負の開始を強く求めているそうです。

昨日この件をフィリピンの大手メディアが報じたところ反響を呼び、
コメント欄には現地の方々から様々な意見が寄せられています。
その一部をご紹介しますので、ごらんください。

「日本を選んでおけば…」中国製高速鉄道の高いリスクにインドネシア人が激怒

MRT signaling glitch
[ 2018/02/02 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(894)

海外「やっぱ一流の民族は違うな」 日本のマラソン選手がレース中にとった行動に香港人が感動

先月28日、2020年東京オリンピックの代表選考会への出場資格をかけた、
「第37回大阪国際女子マラソン」が行われ、ダイハツの松田瑞生選手が、
日本歴代9位となる2時間22分44秒のタイムで優勝を果たしました。

この大会では、安藤友香選手が給水所でドリンクを取り損ねてしまった際、
その様子を見ていた松田選手が代表選考のライバルである安藤選手に、
自分のドリンクを手渡すという、ドラマ「陸王」のような場面もありました。
その件を、香港の大手メディアが取り上げ、現地で反響を呼んでいます。

香港では先日、中国のマラソン選手が他人のドリンクを盗み、
さらにゴール近くでショートカットをするという違反行為が発生。
そういったこともあり、コメント欄には日本人への賞賛の声と共に、
日本人と中国人の民族性の違いを辛辣に指摘する声も非常に目立ちました。

海外「これが大国の風格だ」 川崎Fサポーターが掲げた横断幕に香港人が大感動

 2018-02-0
[ 2018/02/01 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(425)

海外「腹筋が崩壊したw」 とある日本のアニメのエピソードが世界を爆笑の渦に

今回ご紹介する映像は、アニメ「日常」のエピソードの1つで、
主要キャラクターの1人がリニューアルした地元の喫茶店に行ったところ、
難解なメニュー表記と注文にテンパってしまうというお話です。

動画のキャプションは、「初めてのスターバックスはこんな感じ……」。
初めて行くカフェで注文する際に意味が分からず慌ててしまうという経験は、
世界中の多くの人にとってかなりの「あるある」だったようで、
大きな共感と爆笑を呼び、動画の再生数は1000万回を突破しています。

「あるある」経験者やスターバックスのバリスタの方などから、
様々な反応が寄せられていましたので、その一部をご紹介します。

「日本にいるだけで勝ち組だ」日本の缶コーヒーに対する海外の評価が凄かった

nichijo.png
[ 2018/01/31 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(556)

海外「自衛隊が優秀過ぎるんだよ…」中国の潜水艦の動きが自衛隊にバレバレだった件が話題に

今回は「中国の原子力潜水艦は探知されやすいのか」という記事からで、
「093A型」と呼ばれる中国の「商級」原子力潜水艦が、
今月10日、尖閣諸島海域で海上自衛隊に探知され、
2日間追跡された事が取り上げられています。

「093A型」は、騒音が問題になっていた「091型」を改良した潜水艦で、
「091型」に比べ、静音性が飛躍的に向上したと見られていましたが、
今回の件で、実際の性能の程が浮き彫りになってしまいました。

匿名を条件に取材に応じた北京に拠点を置く軍事筋は、
「これは海軍にとってあまりにも恥ずかしい事だ」と述べ、
北京の軍事評論家、周陳明氏は、
「米軍の技術的支援を受けている日本の強力な対潜能力を示している」
と指摘しています。

なお、香港のサウスチャイナ・モーニング・ポスト紙が、
この件について中国国防部に取材したところ、
質問には一切答えてもらえなかったとのことです。

コメント欄には外国人から多くの反応が寄せられています。
その一部をまとめましたので、ご覧ください。

海外「米中が日本を恐れるわけだ」 自衛隊員の能力が凄すぎると台湾で話題に

allveelaev-69522415.jpg
[ 2018/01/30 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(643)

海外「日本人なら大歓迎だ!」 台湾が日本の高校の修学旅行先1位に 中韓は激減

学校行事の一環として、ほぼすべての小中高学校で行われている修学旅行。
1980年代以降は修学旅行先に外国が選択されるケースも増え始め、
2011年に行われた調査によると、公立高校では8パーセントの学校が、
私立高校では約33パーセントが国外への渡航を実施しています。

先日「全国修学旅行研究協会」がまとめたデータが公表されたのですが、
2016年度の日本の高校の海外旅行先は、台湾が262校4万1878人で、
米国の254校3万6661人を抜き、校数・人数ともに1位となりました。
台湾への修学旅行は、2006年度の3552人と比べ、約12倍になっています。

一方韓国への修学旅行は06年度2万3107人から16年度3246人と7分の1に、
中国も06年度1万4031人から16年度3398人と4分の1に激減しています。

台湾メディアは上記の点と、「全国修学旅行研究協会」国際担当部長の、
「親日的で治安も良いのが人気の理由。旅費が安価な点も大きい」
という指摘なども併せて紹介しています。

関連記事には、台湾の人々から様々な反応が寄せられています。
その一部をご紹介しますのでごらんください。

海外「学校にプールだと?!」 日本の高校の施設の充実ぶりに外国人が衝撃

15171240020422iATxy1xMcR.jpg
[ 2018/01/29 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(630)
スポンサード リンク
人気の記事(PC)
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
アクセスランキング

おすすめリンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランダム記事





ブログパーツ アクセスランキング