パンドラの憂鬱

Powered By 画RSS



海外「日本人にとって刀は…」 日本の刀匠の生き様に外国人大感動 

下の動画は、映像ディレクターのTakeshi Fukunaga氏が製作したもので、
北海道伊達市の刀匠、渡辺惟平氏の刀作りに迫ったドキュメンタリーです。

下手な説明など必要のない、とても素晴らしい作品になっておりますので、
ぜひとも映像をごらんくださいませ。


Handmade Portraits: The Sword Maker





■ 自分たちの文化を非常に大事にする。
  日本のそういう部分が大好きだ。 ホンジュラス
  



■ 俺も伝統的なカタナを作れる立場になれることを昔は望んでたよ :( イギリス
  



■ この人は本当に素晴らしい仕事をなさってるね。
  この動画によって、伝統文化に興味を持つ人が増えるといいなぁ。
  観た人全員が感銘を受けると思うんだよね! アメリカ




■ この動画、高評価が2546も入ってるのに、
  低評価が1つもないのが凄いよ。(※一年前の時点)
  俺が日本の芸術に魅せられてる理由は、動画を観れば分かってくれたと思う。
  情熱と美。この2つが完璧な形で融合してるんだ。 カナダ




■ 職人の手によって研磨された本物のカタナ。
  こいつは少し持ち方を誤るだけで深刻な怪我を負うことになる。
  欧州のロングソードよりもはるかに優れてるよ。 アメリカ




■ この人の刀を手に入れる為ならいくらだって出すさ……。
  だって、めちゃくちゃカッケーもん :D パキスタン




■ この刀匠さんに、俺が払える限りの敬意を払いたい。 アメリカ
    



■ 本物の日本人の刀匠が作ったカタナが欲しいってずっと思ってました。 アメリカ




■ 心からのリスペクトを送りたい。
  この職人技術はまるで芸術そのもの。
  そして同時に、心の癒やしを与えてくれるものだ。 アメリカ




■ うわー。ホント凄いね。
  なんて素晴らしい規律と洞察力の深さ!
  この人のような人生の捉え方を他の人達も共有できてればね。
  これまでの生活にあった以上の何かをつかめるはずだよ。
  この人の考え方に、俺達はもっと耳を傾けないといけない。 ドイツ  




■ とにかく驚くべきだ……。
  文化に内包されている、素晴らしく豊かな伝統だよ。
  それが現代まで引き継がれてるんだからね。本当に美しい……。 アメリカ




■ 積み重ねてきた時間、そして情熱が刀に注がれてるんだな。
  それにどの刀もすべて独特だ。驚嘆したね。 ドイツ




■ 情熱。それがこの人の全身から伝わってくるようだ。 国籍不明 




■ 俺はアメリカ人だけど、日本文化に心酔してる。
  こういった刀の伝統が、絶対になくならないことを願ってるよ。 アメリカ




■ このデジタルに支配された現代で、伝統を守り抜いてるんだね :D 台湾




■ 悲しいけれど、必然なんだなぁ。
  この職人技が消え去ろうとしていることは。 カナダ




■ 日本人、そして彼らの文化には尊敬の念を抱いてしまう。 アメリカ



 
■ 金属で出来たものをこんなに美しいと思ったことは初めてだ!
  だけどホント、あの人は精魂込めて美しい刀を作り出すことを、
  心の底から幸せなことだと思ってるんだろうね。 アメリカ  




■ 刀匠も、彼が生み出す刀も、どちらも美しく、そして刺激をもらえる。 ブラジル




■ こんな伝統がなくなるはずなんてない。
  あんなにも優雅で、純粋なる職人技なのだから!! イギリス 




■ 俺は刀のことに関してはなーんも知らん。
  だけど、嗚呼っ、なんて美しさなんだ! オーストラリア




■ これはヤベーぞおい。2:43の見事な反りを見てくれよ。 モロッコ

katanamaker.jpg



■ 刀だけじゃなく、刀が生まれるまでのプロセスもまた美しい。 ロシア




■ この動画、数週間前に一度観てるんだよね。
  だけど自分でも何故か分からないけど、今こうしてまた観返してる。 アメリカ




■ いつかその内俺が十分なお金を手に入れたら、
  この刀匠に日本の刀を作って欲しいと思ったよ。 アメリカ 




■ 素晴らしい物を目にすることが出来た。
  日本人にとってカタナは、単なる武器ではなく、それ以上の何かなんだ。 ポーランド




■ あのカタナには魂が込められてる。本物のカタナの魂が……。 ドイツ    




■ 何だか心が暖かくなるような、素敵な動画でした。 アメリカ
 


 
■ 観るに値する動画をようやくYouTubeで観られたぜ :) アメリカ




■ この人は素晴らしい職人だ。
  日本に行って実際に彼の仕事を見てみたいって凄く思う。
  そして彼が作った刀を手に入れられたなら、最高なことだ。 +4 アメリカ




■ 「弟子には、いつか私を越えてほしいと思っています」
   もし、もし俺たち全員が、この人のような心構えを持っていたらなぁ。 カナダ




  



関連記事
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑皆様の応援が、皆様が考えている以上に励みになります。
[ 2013/11/15 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(220)
Powered By 画RSS
  1. 今宵の斬鉄剣は一味違うぞ
    [ 2013/11/15 23:01 ] [ 編集 ]
  2. YouTubeは偉大
    [ 2013/11/15 23:03 ] [ 編集 ]
  3. 男の魂だっけ。

    女の魂は鏡。
    [ 2013/11/15 23:09 ] [ 編集 ]
  4. 感動しすぎて、グッスリ寝れそう
    [ 2013/11/15 23:12 ] [ 編集 ]
  5. 日本刀って無駄に厨二心をつつくよねww
    全く詳しくなくてもつつかれちゃうwwどうしよw
    [ 2013/11/15 23:16 ] [ 編集 ]
  6. 弟子いるのか、よかった
    [ 2013/11/15 23:17 ] [ 編集 ]
  7. >日本人にとってカタナは、単なる武器ではなく、それ以上の何かなんだ。 ポーランド

    日本にはフツノミタマという刀そのものの神様や
    アメノマヒトツという職業が刀鍛冶の神様などいてだな
    [ 2013/11/15 23:18 ] [ 編集 ]
  8. 政治家・警官・自衛官全員に持たせよう。

    「ワキザシ」と言われてワキに挟んだやつは某国のスパイ確定。
    [ 2013/11/15 23:22 ] [ 編集 ]
  9. ただし、これが何のためのものであるかを忘れてはいけない。
    これが本来の役割を失った時、それは単なる飾り物へと堕落し、
    これが本来の役割を担った時、それは直視できない凶器へと昇華する。
    職人のその研鑽は無垢なものと片付けるには納まらない。
    [ 2013/11/15 23:22 ] [ 編集 ]
  10. 外人さんに、こういう日本の伝統わかるかな? 
    日本人の精神は、世界でも独創的だからさ。
    [ 2013/11/15 23:23 ] [ 編集 ]
  11. >>3
    へえ、なんか素敵だね
    初めて聞いたわ
    ありがと
    [ 2013/11/15 23:28 ] [ 編集 ]
  12. >日本人にとってカタナは、単なる武器ではなく、それ以上の何かなんだ。

    そらそーよ、武士階級の時代は刀取り上げられたら面汚し、最悪は自害やむなし、みたいな雰囲気あったものな。
    一子相伝とか、刀が代々引き継がれてたとか顕著なんも日本と西洋の一部じゃねーのかな
    [ 2013/11/15 23:28 ] [ 編集 ]
  13. 日本刀欲しいけど
    申請が面倒い
    [ 2013/11/15 23:32 ] [ 編集 ]
  14. 古刀の再現は現代科学で分析を行っても無理なの?
    そもそも歴史的に価値のあるものを提供してくれる人は居ないか…
    [ 2013/11/15 23:35 ] [ 編集 ]
  15. 天目一箇命もそうだが鍛冶の神さんは大体一つ目だね
    製造過程で片目になって具合を吟味調整するからね
    サイクロプスとかね
    [ 2013/11/15 23:37 ] [ 編集 ]
  16. 刀工さんも凄いけど、玉鋼も大概なんだよなぁ
    よくここまでなったなと感心する
    [ 2013/11/15 23:37 ] [ 編集 ]
  17. 刀は確かに魂を揺さぶるけど
    結局のところ現在じゃ芸術品以上の物じゃないんだよな
    しかも極一部の好事家向けの
    そうなると衰退に向かうのが当然というわけで…
    [ 2013/11/15 23:38 ] [ 編集 ]
  18. これは格好良いと言わざるを得ない
    [ 2013/11/15 23:38 ] [ 編集 ]
  19. 本当に人をキレる刀を作ってるのはこの人だけだと思う
    この人の刀を居合で抜ける人も少ないでしょう
    [ 2013/11/15 23:41 ] [ 編集 ]
  20. 戦国時代レベルになると名刀以外はただの武器らしいけどな
    花の慶次も阿修羅マンのように刀背負ってたしw
    つーかそもそも主力は槍や弓か…
    [ 2013/11/15 23:48 ] [ 編集 ]
  21.  
    値段も高い上に金を払えば簡単に手に入れられる物でもない。
    維持も大変で扱いを間違えれば大怪我をする・・・・
    ん~、本気で所持したいって人はなかなかおらんやろな。

    俺?俺は結構おっちょこちょいやからなww
    金があっても多分買わないと思うわ。
    [ 2013/11/15 23:48 ] [ 編集 ]
  22. 海外で評価されているから自分達の伝統を守らなきゃならないと言ったような軽薄な価値意識やそうした時代の風潮を戒めておられる。
    しかし、現代に染まりきった俺のような人間はどうやって過去の思いを引き継げばよいのだろう。
    古典を読んでも、実際の経験として何かを自分の中に見出さないと意味が無いような気がして辛い。
    鍛冶とは言わん、何か昔から普遍的に続けてきた営為の中から過去を思い起こしたいものです。
    [ 2013/11/15 23:50 ] [ 編集 ]
  23. 鎌倉時代から続くところも
    和包丁手作りして売ってたよね。
    テレビでカナダのコックさんが惚れ込んで
    カナダで輸入店開いて販売してたw
    [ 2013/11/15 23:51 ] [ 編集 ]
  24. >9これが本来の役割を失った時、それは単なる飾り物へと堕落し、

    はっ?お前中学生か朝鮮人みたいな思考だなw
    全ての武器はまず抑止力が第一の機能だろ。 
    世界中の警官に丸腰で警備させろと?

    ちなみに江戸時代通して世界最大の100万都市江戸ではなんと警備する人間が200~300人しかいないという奇跡の治安の良さだったから
    武士は刀を抜く機会も全くなく芸術品に昇華していったけどな。
    [ 2013/11/15 23:51 ] [ 編集 ]
  25. 外人に刀の心がわかってたまるかよ
    [ 2013/11/15 23:53 ] [ 編集 ]
  26. 大学の体育で剣道を選択したけど、その先生が居合もやっていて特別に日本刀を持たせて貰った事が有る。思ったより軽かったけど、これを振り回すのは相当体力が要るなと感じた。いや実際はビビってすぐに返したけど…。
    [ 2013/11/15 23:54 ] [ 編集 ]
  27. 世界中の文明で唯一盾で身を守らず両手で刀を握る日本の戦闘スタイル

    完全に精神が他国と違う
    [ 2013/11/15 23:55 ] [ 編集 ]
  28. 本物のポン刀はやっぱ映画に出てくる様なちゃちな小道具とは違うね

    触れただけ切れそうな鋭さだわ、匠って言葉はこういう人のためにあるんだって思った
    [ 2013/11/15 23:57 ] [ 編集 ]
  29. そもそも玉鋼というのを支給される資格があるのが30人ぐらいしか居ないと聞いた。
    あと、芸術品として認められるには伝統製法を守る以外にないから現代の優れた合金技術を流用した日本刀は作れないとも(だから現代の料理用包丁をナメてはいけない)。
    現代刀は技術的進化を止めてしまったので決して江戸時代を超えることはない伝統芸術だという話だ。
    鞘を作る木の接着なんか御飯粒だったりするんだぜwww

    個人的には現代の先端的な合金技術で折れず・曲がらず・良く切れる・錆びない日本刀で、西洋・アフリカ・インド・南米なんかの意匠を取り入れた拵えとか面白いのが見てみたい。
    そういう意味では反則だらけのエヴァンゲリオンと日本刀展は面白かった(こういう生真面目な刀匠からはバカにされそうだが)。
    [ 2013/11/16 00:00 ] [ 編集 ]
  30. >古典を読んでも、実際の経験として何かを自分の中に見出さないと意味が無いような気がして辛い

    でも自分の意思に反して継がされても、納得するまで時間かかったりするし、趣味程度に外から美味しいとこ取りするのもアリだと思うけどな。俺?まぁ色々しがらみがあってさ…
    [ 2013/11/16 00:04 ] [ 編集 ]
  31. はあ、火花が散るのがすげー綺麗だな
    [ 2013/11/16 00:06 ] [ 編集 ]
  32. 何で関係ない話題でいちいち朝鮮人を引き合いに出すのか、気違いにもほどがありますね^^

    きっと※24の精神年齢は乳児レベルでしょうね^^


    皆さんはそうならないように気をつけて下さいね^^
    本当幼稚な日本人が多くて参りました^^
    [ 2013/11/16 00:08 ] [ 編集 ]
  33. わたしは備前長船の刀匠の技を見たよ

    本当に惚れ惚れする
    [ 2013/11/16 00:12 ] [ 編集 ]
  34. >^^

    お前さん、たま~にまともなこと言いますな
    [ 2013/11/16 00:19 ] [ 編集 ]
  35. こういう匠の心を映し出すような映像を見ると
    外国の人にも日本の武士道精神みたいなものが伝わるんだね。
    日本人として誇りに思うよ。
    [ 2013/11/16 00:21 ] [ 編集 ]
  36. 中学生のとき授業の一環で国宝展に行ったが、そこで見た日本刀が本当に美しかった
    残念ながらどういう謂れのものかは忘れてしまったが、その刀の前からしばらく離れられなかった
    妖刀と呼ばれるようなものが存在してもおかしくないと思ったくらい
    [ 2013/11/16 00:29 ] [ 編集 ]
  37. ここのコメ欄のレベルの低さにびびる
    外国人関係ねーから
    [ 2013/11/16 00:37 ] [ 編集 ]
  38. 本当に日本刀は見てると引きこまれるね。
    昔の人が単なる武器として以上に執着したのもわかる。
    [ 2013/11/16 00:38 ] [ 編集 ]
  39. まあ今の時代に武士道精神を受け継いでいる人なんて一人もいないけどな。
    [ 2013/11/16 00:38 ] [ 編集 ]
  40. 銃じゃないから刀買うのに「申請」なんかいらないよ。
    「登録」は必要だけど、たいていは刀匠がするから、登録済のを買えば何もしなくていいし、登録済みのものしか売ってない。ちなみに登録は教育委員会。美術品ですから。
    [ 2013/11/16 00:39 ] [ 編集 ]
  41. 見に行きたい。できれば話を聞きたい。
    いつか見に行きたいね。
    って、海外コメントあったけど、隣町なんだ。

    近くにあると、その価値に気が付かないものだね。
    [ 2013/11/16 00:46 ] [ 編集 ]
  42. 考えもしないでコメントしている人に腹が立つわ。
    決め付けも、意見の押し付けもするなよ。
    [ 2013/11/16 00:47 ] [ 編集 ]
  43. >>37 >>39
    こういう人達は二度とこのブログ利用しないでくれる?

    邪魔だから
    [ 2013/11/16 00:50 ] [ 編集 ]
  44. 武士道ってそもそも戦術論のことだろ
    江戸に入って葉隠や士道のような精神論になって、明治になって道徳になった
    そもそも江戸の連中が受け継いでない()
    [ 2013/11/16 00:52 ] [ 編集 ]
  45. 今の日本刀は美術品だから昔と比べて斬れないらしいね
    でも「伝統が失われた」というわけではなくって、「斬れる刀より美しい刀」という伝統に変わっただけなんだよね

    ※44の武士道に対する価値観も時代によって変わっていくものだから、今の武士道は戦術論じゃなくてもいいんだよ。無論守り続けていくのもいいんだけどね
    [ 2013/11/16 01:01 ] [ 編集 ]
  46. >>14
    >古刀の再現は現代科学で分析を行っても無理なの?

    室町以降材料が違う、南蛮鉄から純国産になってから悪化
    折り返しが少ない、材質の悪化から折り返しを増やしたが
    何の解決にもなって無かった
    安土桃山から江戸期に掛けて上記2点の問題を解決できないまま「伝統」が格式化。因みに磨き始めたのもこの時期。

    分析による古刀の復活ないし古刀↑は昭和の中頃から目指す職人が出始めたけど、伝統を捨てる事にもなるのでアウトロー的立場。
    [ 2013/11/16 01:03 ] [ 編集 ]
  47. ※45

    いやわかるんだけどさぁ…。武という字を使ってる以上、
    精神論だけで戦って死ぬのが武だと思ってる人も実際いるから
    ちょっと心配なだけ
    [ 2013/11/16 01:05 ] [ 編集 ]
  48. なんか、問答無用の説得力とロマンを感じますね。
    こういう職人さんは国で保護はされてないんかね?
    たった30人って、いつ途絶えるとも知れない危うさだなぁ…
    未来永劫受け継がれていってほしい。
    [ 2013/11/16 01:06 ] [ 編集 ]
  49. 「本物」は美しさと危うさを兼ね備えているね。
    見ているだけで緊張してくる。
    [ 2013/11/16 01:07 ] [ 編集 ]
  50. >>45
    切れないんじゃなく古刀と大きく違う点は
    曲がらずに折れやすい
    心鉄は曲がるだけだけど外側がパックリ割れる
    古刀は全体が曲がるので治しがきく
    [ 2013/11/16 01:11 ] [ 編集 ]
  51. 日本語の神様
    ぽん酒、ぽん刀、などという言葉を使うやからに
    ちょっとしたバチを当ててやってください
    [ 2013/11/16 01:12 ] [ 編集 ]
  52. 反りは真ん中から深くで平造り
    本当に古刀スタイル目指していはるんやね
    [ 2013/11/16 01:15 ] [ 編集 ]
  53. >天目一箇

    スピリチュアル的には本当に一つ目の霊的存在らしいけどなw
    [ 2013/11/16 01:23 ] [ 編集 ]
  54. あと日本刀にピカピカに目を奪われる人多いけど
    研磨は後付けの駄目な方の伝統だからな。

    秀吉と本阿弥一族が日本刀を駄目にした根源
    [ 2013/11/16 01:24 ] [ 編集 ]
  55. どこかの半島人が起源とか言うなよ
    [ 2013/11/16 01:31 ] [ 編集 ]
  56. まぁ日本にはタタリ神もいるし、凶器でしかない物も神になりうるわけだ。使う人間の心次第だな。ええ話や…

    とは言えもし、もし使い手を志すとするなら刀もいいけど、俺は槍だな。坊主頭だし。
    [ 2013/11/16 01:36 ] [ 編集 ]
  57. なんで耕運機ハンドルにしたし
    [ 2013/11/16 01:42 ] [ 編集 ]
  58. ※54
    10回読み直したけど1行目から理解できなかった・・・
    [ 2013/11/16 01:44 ] [ 編集 ]
  59. 警察官所長クラスは脇差を携帯することにすると、日本のイメージも警察のイメージもUPして良いのではないだろうかw
    [ 2013/11/16 01:46 ] [ 編集 ]
  60. 刀は怖いよね
    凄く魅力的だから
    [ 2013/11/16 01:53 ] [ 編集 ]
  61. 素晴らしい動画でした
    管理人乙
    [ 2013/11/16 01:54 ] [ 編集 ]
  62. うはwwww
    かっけーーー
    [ 2013/11/16 01:58 ] [ 編集 ]
  63. 日本刀の有効活用として高級武官に限定して儀礼刀を復活させてほしい。
    各国に滞在する駐在武官や派兵された自衛隊の将校クラスが式典の時などに日本刀を持っていれば大層映えるだろうし、非常に良い印象、存在感を示すことができるだろう。
    海外では侍のイメージが強烈に根付いているし、上手く活用しない手はない。抜いて構えれば凶器だが素の状態では芸術品、もっと活用すべし。
    [ 2013/11/16 02:08 ] [ 編集 ]
  64. ※59
    不祥事を起こした時にその脇差しで切腹するなら携帯しても良いよ
    [ 2013/11/16 02:10 ] [ 編集 ]
  65. >46
    ちげーよ
    鉄の精錬方法の変化だろ
    不純物の少ない所謂玉鋼(この名称だって近代に入ってから付けられた物)を精錬するようになったため品質が変わったんだよ
    古刀を分析するとチタンやコバルトなどの不純物が比較的多く検出されてるし鉄としての品質は上がっても剣の材料としての品質は落ちたんだよ
    南蛮鉄も使ってたけど国産鉄だって輸出するくらい生産してたしな
    心鉄を包むような構造になったのは古刀を再現しようと江戸時代に生み出された技術
    代替技術ではあったけど松代藩荒試しのように優れた刀を作れない訳ではない
    [ 2013/11/16 02:12 ] [ 編集 ]
  66. (´・ω`・)え゛~。じゃあ制服や作業服からリメイクしないと。日本刀似合わん過ぎ…
    [ 2013/11/16 02:13 ] [ 編集 ]
  67. 本物の日本刀を欲しがる外人さん多いけど
    高価だし手入れが難しいからお勧めできない。
    コールドスティール社の日本刀風大型ナイフの方がいいよ。
    てかあれは俺も欲しい(日本では所持できないが)
    [ 2013/11/16 02:47 ] [ 編集 ]
  68. 日本の伝統芸能の多くは弟子が居なくてなくなってしまった
    [ 2013/11/16 02:48 ] [ 編集 ]
  69. 外国人大感動!
    [ 2013/11/16 02:51 ] [ 編集 ]
  70.   
    考え方も素晴らしいが、わかりやすくてびっくりした。
    自分の考えを自然に言葉に出来る人ってすばらしい。
    [ 2013/11/16 02:54 ] [ 編集 ]
  71. クールジャパンのやつでこういう伝統工芸の後継者探しに金使って欲しいわ
    簪とか安く作ったら外人も喜ぶだろうし
    [ 2013/11/16 03:16 ] [ 編集 ]
  72. 刀は武士の魂だ。
    今思えば廃刀令なんかよく通ったもんだ。
    アメリカだって銃を手放せる日がくるさ
    [ 2013/11/16 03:22 ] [ 編集 ]
  73. 真剣勝負で血煙りにむせる、想像しただけで恐ろしい光景だが、150年くらい前にはこの国で実際に起っていたことだ。
    [ 2013/11/16 03:33 ] [ 編集 ]
  74. 学生時代に刀工になろうと「決意」された。
    こういうところに敬意を抱く。
    [ 2013/11/16 04:01 ] [ 編集 ]
  75. 日本以外の国にも、それぞれの国にこんな匠がいると思うよ。
    そんな人たちが、尊敬されて暮らしていける社会は素晴らしいと思う。
    日本でさえ、この人のように自活できる刀匠は少ないんだから。
    伝統文化の継承は難しいよ。
    角界を見てもわかるよね。
    [ 2013/11/16 04:24 ] [ 編集 ]
  76. 刀とは人殺しの道具であって、時にはそうでは無い
    武士の誇りと魂であった時代があったのだ
    刀を必要とされていない現代。
    突き詰める刀鍛冶さんの情熱は尊敬に値すると思う
    [ 2013/11/16 04:26 ] [ 編集 ]
  77. >>10
    わかるも何も今は伝統工芸の世界は外国人の若者が多いんだよ

    日本人後継者は相変わらず不足で、外国人が伝統を尊重・保持してるという皮肉な有様
    [ 2013/11/16 05:07 ] [ 編集 ]
  78. 若者の刀離れは深刻・・・・
    同年代で刀剣の話できる人いないもの。

    実際に試斬してる人なんか数えるほどでしょ。
    [ 2013/11/16 05:57 ] [ 編集 ]
  79. ※77
    皮肉ではあるが、悲観することでもないと思う
    日本人とか日本の文化とか、それらは血ではなく、
    普遍的な価値を持つ「精神」だから。
    人種国籍を超えてそれらが世界に受け継がれてゆくのなら
    それはそれで日本人として喜ばしいことだ、と思う
    (無論テコンドーのように、うわべだけパクられるという意味ではない)
    [ 2013/11/16 06:07 ] [ 編集 ]
  80. ※79
    そうかな?
    確かにその「伝統」にとっては生き残る為に必要な努力であるかもしれない
    けれど、当の日本人が日本の伝統を軽視しその精神が失われているのに、世界に受け継がれたその伝統を誇ったり喜んだりする資格はあるのだろうか
    起源だけを誇るのは虚しいものだよ
    [ 2013/11/16 06:25 ] [ 編集 ]
  81. 我々が真の日本人かどうかはこれからの行動にかかっているわけか
    [ 2013/11/16 07:07 ] [ 編集 ]
  82. 自分の在り様を適切に言葉で言えるってことは
    自分の生き方について刀を作る意義について
    何度も自問自答してきたからなんだろうな
    [ 2013/11/16 07:45 ] [ 編集 ]
  83. >こういった刀の伝統が、絶対になくならないことを願ってるよ。 アメリカ
    戦後、刀も作刀自体もあんたらに否定されて危うく消えかかりましたがね。
    アメリカは、自国が過去に他国の文化に与えた危機を認識すべき。
    正義とか言ってないでさ。
    [ 2013/11/16 07:55 ] [ 編集 ]
  84. まさに研ぎ澄まされた日本の美だね
    [ 2013/11/16 08:08 ] [ 編集 ]
  85. 高校の先生が日本刀所持者で居合やってたな
    居合は習いたいけど、何か決心や覚悟が必要な気がするんだ
    [ 2013/11/16 08:43 ] [ 編集 ]
  86. この人の鍛冶場って伊達市の道の駅の中にあって見学することもできれば中にはいることもできたよ。
    研ぐ前の刀を持たせてもらったり、とても有意義だった。
    [ 2013/11/16 09:14 ] [ 編集 ]
  87. 古代や中世の戦争でもメインの武器は弓や槍だったんだけどね。
    日本刀は接近戦にならないと意味ない。
    [ 2013/11/16 09:15 ] [ 編集 ]
  88. 恐いくらいに美しい・・・
    まあ作るのは包丁くらいにしといてくれ。
    やっぱ恐いわ(>_<)
    [ 2013/11/16 09:25 ] [ 編集 ]
  89. これって一本どれぐらいするんだ?
    一万円ぐらいであれば買ってやってもいいんだが。
    [ 2013/11/16 09:53 ] [ 編集 ]
  90. ※13
    はがき一枚出すだけが面倒とかアホか
    [ 2013/11/16 10:15 ] [ 編集 ]
  91. ※78
    俺は愛刀家の端くれ28歳だけど、古い刀で試斬してる奴らはタヒねばいいと思うよ
    あと据え物斬りのみで自分を何様かと勘違いしてる奴もry
    キンキンに仕立てた刃でドヤ顔の奴もry
    [ 2013/11/16 10:31 ] [ 編集 ]
  92. ※89
    この仕事を見た後で1万とか言うってw無職って怖いなw
    [ 2013/11/16 10:32 ] [ 編集 ]
  93. ※78
    俺は愛刀家の端くれ28歳だけど、古い刀で試斬してる奴らはタヒねばいいと思うよ
    あと据え物斬りのみで自分を何様かと勘違いしてる奴もry
    キンキンに仕立てた刃でドヤ顔の奴もry

    結論・問題児が多い
    [ 2013/11/16 10:33 ] [ 編集 ]
  94. そもそも玉鋼が諸悪の根源
    慶弔以降、玉鋼が流通してからの新刀にろくなものが無くなった
    長曾祢虎徹はその頃の刀匠だけど、元々鎧作りの職人
    戦国時代が終わって、鎧の需要が無くなったので、余った鎧用の鉄で刀を作った
    古刀を目指すなら玉鋼の様な高品質の材料じゃ無く、もっと不純物の多い鉄を使ったほうが良い刀に成るんじゃ無いかって気がする
    [ 2013/11/16 10:35 ] [ 編集 ]
  95. 刀とロングソードの対決動画でも使い方の違いはあるとはいえ
    雑な扱いでも刀の切れ味はすごかったなぁ・・
    レザーアーマーはスパっと切り裂いてた。
    ロングソードも切れてはいないけど、重さ的にダメージ大きいだろうけど
    [ 2013/11/16 10:41 ] [ 編集 ]
  96. ※89
    1万とかもう模造刀レベルだろwww

    良い物は100万くらい軽く逝くよ
    歴史的な価値とか付くともう一桁増えるけどな
    [ 2013/11/16 10:51 ] [ 編集 ]
  97. 【トンスル発狂】李信恵さん「在日が2ちゃんねるのまとめサイトでどれだけ悔しい思いをしているか」
    http://www.hoshusokuhou.com/archives/33885718.html


    有名嫌韓まとめサイト

    保守速報
    http://www.hoshusokuhou.com/
    あじあにゅーす2ちゃんねる
    ttp://asianews2ch.livedoor.biz/
    厳選!韓国情報 (コリアンニュース速報)
    ttp://blog.goo.ne.jp/pandiani
    笑韓ブログ
    ttp://www.wara2ch.com/
    はぅわ!2ちゃん
    ttp://blog.livedoor.jp/nico3q3q/
    【2ch】気になったニュース(`・ω・´)
    ttp://kininatta2chmatome.doorblog.jp/
    [ 2013/11/16 11:01 ] [ 編集 ]
  98. 新作刀なら60~100くらいで買えるよ
    [ 2013/11/16 11:08 ] [ 編集 ]
  99. 昨日の斬鉄剣はイマイチだった
    [ 2013/11/16 11:24 ] [ 編集 ]
  100. ※100
    あれいつまで斬鉄剣を名乗る気なんだろうな
    康宏刀匠自身は気にしてなかったようだけど、オリジナルを履き違えてる奴がいるかと思うとあまり愉快でない
    [ 2013/11/16 11:29 ] [ 編集 ]
  101. ※32
    気持ち悪~~い 

    >何で関係ない話題でいちいち朝鮮人を引き合いに出すのか、気違いに>もほどがありますね^^

    >きっと※24の精神年齢は乳児レベルでしょうね^^


    >皆さんはそうならないように気をつけて下さいね^^
    >本当幼稚な日本人が多くて参りました^^
    [ 2013/11/16 11:36 ] [ 編集 ]
  102. 刀の需要ってどこにあるんだろう?
    やはり美術品としての扱いなのかしら。
    [ 2013/11/16 12:05 ] [ 編集 ]
  103. 髭に引火しないのかな
    [ 2013/11/16 12:11 ] [ 編集 ]
  104. ※32も如何なものかと思うが、※24の内容も事実ではない。
    日本の治安は良い方であったのは確かだが、江戸は唯一、町奉行だけでは
    治安が保たれず、凶悪犯担当の火盗改加役という特別職が設置されるほど治安が悪化していた頃があるんだよ。
    [ 2013/11/16 12:20 ] [ 編集 ]
  105. 韓国面に落ちた奴はほっとけ
    ありゃ放射脳と同じでもうビョーキだ
    [ 2013/11/16 12:54 ] [ 編集 ]
  106. 韓国面に落ちたとはどういうことかわからない人はぐぐればわかる
    [ 2013/11/16 12:55 ] [ 編集 ]
  107. 博物館なんかで刀観ると、美術品観るのとは違った感情になる。
    美術品なんかだと批判的にも受け入れることができるんだけども
    日本刀は無心になるというか、うまく表現できない感情w
    [ 2013/11/16 12:58 ] [ 編集 ]
  108. こういう魂のある職人って尊敬する。
    無駄に彫刻を入れてない刀って究極だね。

    とはいえ自分は刃物が怖くて
    台所で包丁使うのですら腰が引けてます~。
    [ 2013/11/16 13:28 ] [ 編集 ]
  109. ※102
    本来畜生以下の阿呆が幼児レベルと言われて傷付いているんですかね^^


    アナタのようなネットでしか虚勢の張れない普段地面とにらめっこしてるような輩には畜生以下でも、もったいないですね^^


    虫レベルですよ^^


    分かった?虫君^^
    [ 2013/11/16 13:31 ] [ 編集 ]
  110. おい^^
    一つだけいいことを教えてやる
    多くの日本人は命に優先順位はつけるが命の価値は平等に扱う
    害虫などをコロすことはあっても、害虫などを諸悪の根元のように言うことはない
    [ 2013/11/16 13:48 ] [ 編集 ]
  111. 関市で刀匠の実演みたけど、パフォーマンスでも緊張感がすごいね
    刀に限らず伝統的職人技は現代の利益優先の社会ではなかなか存続が難しいけど、いつまでも残っていてほしいな
    [ 2013/11/16 14:05 ] [ 編集 ]
  112. また刀が必要とされる時代は来て欲しくもないが残していってほしいな
    ここまで美しい物はそうないし、本当に魂揺さぶられたよ
    [ 2013/11/16 14:06 ] [ 編集 ]
  113. 職人の修行で一番厳しいのが刀鍛冶と言われてる。
    アルチザンと言い換えればカッコイイと思う人も増えるか?
    俺の仕事である建築の設計もアルチザンだ。就職して数年は貪欲に吸収するキツイ修行だ。残業250時間超えることも常態だ。

    就職できなくてニートだなんて…たかが無能でもできる事務職だ…無能の頂点が役員・社長だ…企業というものへの幻想で全員痴呆。無能は痴呆。
    職人の世界は参入する人がいなくて何処も困ってるというのに。建築施行の分野なんて震災復興とオリンピックで火事場の騒ぎなのに。
    [ 2013/11/16 14:16 ] [ 編集 ]
  114. 日本刀を欲しがる外人さん多いけど、ちゃんと手入れの方法とか勉強してからにして欲しいな
    昔から完璧なものには魂が宿るって言われてるし
    いい加減な扱いしたら化けて出られそう
    [ 2013/11/16 14:18 ] [ 編集 ]
  115. もうちょっと文化庁も、刀鍛冶への保護政策とかすればいいのにな。
    「美術品としての刀身しか打っちゃダメ。本数も年何本ね」って、文化の蛸壺化を奨励してどうすんだよ。
    もっと沢山打ってもいいように、そして、自分なりの工夫も入れていいようにしないとダメだろ。でないと刀鍛冶なんてすぐにいなくなる。
    いなくなってから、「刀鍛冶がいなくなったー!日本の文化がー!」って言っても手遅れなんだから。今からでもいわゆる「日本の伝統芸」に関して、保護する政策を打ち出すべきだろうに。
    [ 2013/11/16 14:26 ] [ 編集 ]
  116. 実際にはロングソードの方が強いんだけどな
    刀は過大評価されすぎてる
    ロングソードで刀を叩き折る動画もあるし
    それでも、どっちが欲しいかといわれれば刀が欲しいけど
    [ 2013/11/16 14:34 ] [ 編集 ]
  117. まぁ武器としてみるなら要は使いようだから。
    がっちんがっちんに武装したドイツ騎士団も軽装のモンゴルにコテンパンにやられてるし。
    [ 2013/11/16 14:38 ] [ 編集 ]
  118. ※104
    髭に引火はしなけど目をやられるので、高齢の刀匠は視力に問題が出て引退したりする
    鍛冶の神が一つ目なのもそのためとされている
    [ 2013/11/16 14:39 ] [ 編集 ]
  119. ※32
    >何で関係ない話題でいちいち朝鮮人を引き合いに出すのか、気違いにもほどがありますね^^

    日本の文化にいちいち朝鮮をゴリ押ししてきて、日本人を批判してくる、韓国政府、マスコミ、ネット民に「気違い」と言ってくださいね。

    日本人側からの非難は一切許さないという姿勢が嫌われているのに早く気付いてくださいね。
    [ 2013/11/16 14:45 ] [ 編集 ]
  120. 日本人の方が、気軽と言ってはアレだが、日本刀を持たなくなって心プライドも日本刀のような鋭さ美しさが無くなって来たなと思う。所詮武器だが、生涯に一振りでも拵えて持ってこそ一人前じゃないかなと思う、車の方が役には立つが男として持つべきものがある。
    [ 2013/11/16 14:53 ] [ 編集 ]
  121. ^^ さん、同一人物だと思って聞くけれど、
    以前別スレで、あなたは「このチョッパリが!」と火病起こしていましたね。

    私は、あなたに「日本人を見下しているのに、なぜ日本語を使うのか?」と質問しました。

    逃げないで答えてくださいね。

    また別の質問ですが、韓国籍の人が祖国に帰国するのは幸せな事ですよね?
    そうでないなら、その理由も日本国民が納得するように答えてくださいね。
    日本人も情けというものがありますから、理由如何によっては考慮しますよ。
    [ 2013/11/16 15:05 ] [ 編集 ]
  122. ※121
    気持ち悪い
    [ 2013/11/16 15:05 ] [ 編集 ]
  123. 素晴らしい刀だ
    この小切手に好きな金額を書いてくれ
    っていう夢を見たよ
    [ 2013/11/16 15:09 ] [ 編集 ]
  124. そう、^^はたまにマトモなことを言う。ただしブーメランだが。

    個人的にはバリエーション豊富な甲冑に惹かれるなぁ。まぁ実戦という意味では甲冑は刀よりもさらに終わった文化だろうし、甲冑師さんも絶滅危惧されてるんだろうけど。しかもあれ、誰それ専用、のように装着してたいくさ人の生き方、魂とセットのような部分も色濃いしなぁ…
    [ 2013/11/16 15:15 ] [ 編集 ]
  125. 毎日刃物を扱う仕事をしているんだけど、やっぱり日本刀をみるとゾッとするね。
    すごい怖いよ。
    [ 2013/11/16 15:31 ] [ 編集 ]
  126. 日本の鎧はその目的も含めかなりガラパゴス鎧だからな
    俺は福島正則の大水牛が一番好みだな
    福島正則自体は…そのまあなんだだけど
    [ 2013/11/16 15:38 ] [ 編集 ]
  127. 日本当業界はまず糞みてーな認定機関と糞みてーな刀剣商と糞みてーな刀匠と糞みてーな研ぎ師を排除しろ
    新規さんいらっしゃいはそれからだ
    [ 2013/11/16 15:57 ] [ 編集 ]
  128. 商用利用不可の動画なんですが
    [ 2013/11/16 16:15 ] [ 編集 ]
  129. ただただ素直に敬意を払うべきものだな。
    言い掛かりみたいな的外れの批判、
    自己同一視した空虚な自尊、
    半可通の薀蓄なんぞは必要としていない。
    [ 2013/11/16 16:30 ] [ 編集 ]
  130. ※3
    多分そうだな。
    天照大神に八咫の鏡、
    素戔嗚尊に草薙の剣(天の叢雲)だからな。
    交換した伝説もあるから逆でもあるが。
    [ 2013/11/16 16:53 ] [ 編集 ]
  131. 日本当業界はまず糞みてーな認定機関と糞みてーな刀剣商と糞みてーな刀匠と糞みてーな研ぎ師を排除しろ
    新規さんいらっしゃいはそれからだ

    クソがクソ見てクソと言っている。 刀剣商がクソなら客もクソ刀匠がクソなら注文主もクソ 研ぎ師がクソなら注文しなきゃ良い、お客も職人を育て、職人が客を育てる 誰かが排除するんじゃなくクソが排除すればいい。
    [ 2013/11/16 17:02 ] [ 編集 ]
  132. その流れで普通に考えて八尺瓊勾玉は月読命か?って思うのが人情というものだがw、やっぱり「勾玉は月の形」なんて説もあるんだな。個人的には月と言うより直接、黄泉に関連する何かと睨んでいたのだがあの形…
    [ 2013/11/16 17:10 ] [ 編集 ]
  133. だけど日本の職人技というのは感嘆せざるを得ないは事実だよな。
    小さな町工場での部品ひとつでも世界から注目されて宇宙開発に役立ってるんだし。
    こんなこと書いていいのかだけど、軍事産業でもアメリカ最新鋭兵器は日本の職人技術がなければなし得ないそうだし。

    近年はプラモデル方式の家が主流だからか大工さんになる人も減少してるんだってね。
    だけど宮大工のような職人だけは消滅しないで欲しい。
    [ 2013/11/16 17:46 ] [ 編集 ]
  134.  
    刀を確認する刀匠の目が鋭いこと鋭いこと。
    人を含めて一つの美術品って感じがするね。
    [ 2013/11/16 18:16 ] [ 編集 ]
  135. うーんやっぱ玉鋼に移行しちゃったからかな

    というも刀は鉄などの化学反応の固まりでもある
    混ぜ、合わせ、鍛えるってのが重要なプロセスで当時の製鉄に使われてた構造の窯でしか起こりえない現象があったんじゃないかなとも思うとこがある
    熱(温度が弱い)、不純物は確定した玉鋼と違い多かっただろうし
    古刀の表面はザラザラしてなく表面に不純物として現れた結果が錆び難いかつ、ツルツルし輝いてるってことなんじゃないかな

    何はともあれ当時の職人たちはすごいな、手探りで今でこそ見える鉄の構造、鋼や炭素の結合などを試しながら技術を確定させたんだからなー
    [ 2013/11/16 18:22 ] [ 編集 ]
  136.  
    ※132

    それを現代でやると、まず間違いなく10年以内に刀匠がいなくなるわ
    伝統工芸と言えば聞こえがいいが、
    要は今は使われなくなったものを文化として無理やり存続させてるんだよ。

    時代の流れに任せれば淘汰される。残念ながらこれが現実。
    だから多少無理があっても、守らなきゃいけない
    クソはクソでも意味のあるクソなんだよ

    [ 2013/11/16 18:23 ] [ 編集 ]
  137. 伝統工芸に携わっている人間は、どうしても、自分の技術を伝えていこうとする場合に、時代に迎合する方向に走って行きます。そうすることによって我々が持っている技術が少しずつ本質を外れて行く。ですけれども、本質を外してまで伝統文化を次の世界に伝えて行くってことは、意味のないことだと思います  (渡辺惟平)

    ※137
    よりによってこの人の動画を前にそれを言っちゃうのか?
    [ 2013/11/16 18:36 ] [ 編集 ]
  138.  
    ※138

    うん。この人の言い分はある一方で正しいけれど、
    また別の一面では危うい見方だと俺は思う。
    「正しいもの」ばかりを追い求め、残りを排除するやり方では、
    文化はいつか必ず衰退する。

    昔だって、優れた鍛冶屋ばかりがいたわけじゃない。
    一見無意味で劣っているように見えても、雑多な人材がいてこそ文化が成立するんだよ。

    彼みたいな本物を追求する鍛冶屋も必要である一方、
    時代に迎合する鍛冶屋だって必要。
    ただでさえ数が少ないんだからなおさらよ。

    後の時代に残すべきものと、今の時代に必要なものは違うんだ。
    価値の有無とは別次元の話。
    [ 2013/11/16 18:47 ] [ 編集 ]
  139. うむ139は正しい。顕著なのは和装。ミニ浴衣の何が悪い!と思う。決してスケベ心で言っているのではない。敷居が高すぎて普段着られない。普段着られない「和」って何だ?と思ったり。
    [ 2013/11/16 18:54 ] [ 編集 ]
  140. 周囲の洋装に迎合しようとする精神性こそ「和」だろ?
    普段着ることが不可能か、といえば別にそんなことはない
    [ 2013/11/16 19:25 ] [ 編集 ]
  141. 邪道と言われるものから文化に大成することもあるって意味だろ。歌舞伎とかな。
    [ 2013/11/16 19:28 ] [ 編集 ]
  142. 花々
    今も昔も刀一本で食べていくのは難しいから、農機具を作ったり、包丁を作ったりしてしのいでる人は多いよね。

    こう言う技術を無駄にするのはもったいないから、世界中に日本の鍛冶職人の包丁の販路を経産省が開拓するべきなんだけどねぇ~。
    伝統工芸にしても日本の漆器や家具にしても何かしらの需要はあるはず。
    [ 2013/11/16 19:51 ] [ 編集 ]
  143. >職人の手によって研磨された本物のカタナ。
    >こいつは少し持ち方を誤るだけで深刻な怪我を負うことになる。
    >欧州のロングソードよりもはるかに優れてるよ。 アメリカ

    いや、「持ち方間違っただけで大怪我」は欠点っちゃ欠点よw
    長所と欠点は表裏一体。

    ロングソードも、切れ味鈍いのが欠点であり長所。
    刀身掴んでハンマーの様に振り回したりできる(マーダーストライクという技)。
    また接近戦では片手で柄を、もう片手で刀身を握る事で、短い間合いで使いやすく、それでいて力を込めて使える(ハーフソードという技法で、通常のロングソード技法とは別の体系として教わるとか。)。
    [ 2013/11/16 20:09 ] [ 編集 ]
  144. 米27
    >世界中の文明で唯一盾で身を守らず両手で刀を握る日本の戦闘スタイル

    マイナーだけど唯一ってこたぁない。
    日本の様に代表的な技法ではないけれど、中国にも西洋にも両手剣はある。
    [ 2013/11/16 20:10 ] [ 編集 ]
  145. 米46
    古刀の再現者で有名なのは米欄でもちょいちょい出てる「斬鉄剣」の故・小林康宏氏だけど、今なら町井勲氏が鉄パイプ切った時の愛刀「蓮 鉄管斬将平」の藤安将平氏もか。
    [ 2013/11/16 20:11 ] [ 編集 ]
  146. 139
    ただでさえ需要が多くはないのに、ろくでなしに分散させてどうすんの

    時代の需要に迎合するのはいいけれども(戦の為の数打や町人用・土産物の粗製濫造とか)、時代の風潮「金儲け第一」に迎合する輩はいらんでしょ
    [ 2013/11/16 20:11 ] [ 編集 ]
  147. 刀剣の話題ってなんかもやもやする
    単なる武器としての刀から、儀礼や美術品としてのそれまで広がってて
    付随して、ロジカルな戦術や製法から武士道的な倫理や哲学まで漠然と言及されて論点がはっきりしないと言うか
    [ 2013/11/16 20:12 ] [ 編集 ]
  148. 米117
    >実際にはロングソードの方が強いんだけどな
    >刀は過大評価されすぎてる
    >ロングソードで刀を叩き折る動画もあるし

    日本刀と一口に言ってもピンキリ。
    日本刀の形しただけの素延べ刀とか、簡単に破壊できる様なのはなんぼでもあるし、逆に鉄を斬っても刃こぼれ一つしない様なのもある。
    現代刀が(一部の古刀回帰を除いて)かつてより性能が低下しているのは確かだけど、動画一つ見て日本刀全体を判断されてもなぁ・・・。

    つーか、動画一つ作るのに使い捨てる日本刀ってどんだけ安物なんだ・・・。
    [ 2013/11/16 20:16 ] [ 編集 ]
  149. >>114
    自分の職業を誇りに思うのは結構ですが、他の職業を引き合いに出して無能だのだれでもできるだの言って貶める必要があるんですか?
    職に上下なんてないですよ

    気持ち悪い
    [ 2013/11/16 20:29 ] [ 編集 ]
  150. 現代では単純性能では玉鋼を超えるものも出てきてはいるけどそれでも日本刀はその性能を超えた何かを持っているのは確か
    刀匠は玉鋼以上の材料を使って日本刀以上の刀剣を作る技術もあるだろうけど『日本刀を超えた刀』ではなく『日本刀』を作り続けてほしい
    世界で唯一進化してはいけない停滞して残し続けるべき技術なのかもしれない
    [ 2013/11/16 20:40 ] [ 編集 ]
  151. うろ覚えだが日本の甲冑はただ単に装甲で守るという発想ではなくて
    斬撃の力を分散させて流す柳のような原理で造られてるんだってね
    つか日本刀や弓って元々甲冑の隙間を狙う武器だよな?
    槍はブン殴り斬る使い方もあるって聞いたけど
    [ 2013/11/16 20:54 ] [ 編集 ]
  152. 町井勲氏の存在なんかは武用刀の需要向上に貢献してるだろうに、肝心の武用刀を打てる刀工が極少数なんだからもうだめぽ
    [ 2013/11/16 21:08 ] [ 編集 ]
  153. 刀というのはその精神性に意味があると思う
    技術と機能性のみを純粋かつ繊細に追求する日本文化の一つの象徴ともいえる
    だから時代に迎合するように変容させ伝承させる文化もあるけど
    それは文化のファッション化が許される娯楽として文化であり
    区別すべきだと思う
    [ 2013/11/16 21:18 ] [ 編集 ]
  154. まぁ真言宗も禅宗も空手も柔術もファッションではないけどな
    つーか時代に迎合した日本刀て美術品のことか?
    [ 2013/11/16 21:31 ] [ 編集 ]
  155. 武士の魂だよ
    [ 2013/11/16 21:35 ] [ 編集 ]
  156. ※51
    ポン酢「解せぬ」
    [ 2013/11/16 21:37 ] [ 編集 ]
  157. 悪気は無いのだが精神性とか言葉にすると嘘っぽいんだよな…
    武人や職人は成すことで語らないと格好良くないと思う今日この頃
    別に動画の悪口じゃないぞ
    [ 2013/11/16 21:58 ] [ 編集 ]
  158. 先に抜いたのは…おめぇさんだよ…
    [ 2013/11/16 22:23 ] [ 編集 ]
  159. めっちゃ地元だ!
    しかも間近でみたことある
    [ 2013/11/16 23:21 ] [ 編集 ]
  160. こういう伝統は残すべきっていう意識はあるけど
    じゃあ刀買えよって言われるとちょっと困るね

    しかし刀作ってる光景はただ観てるだけでも面白いよなあ……
    [ 2013/11/17 00:40 ] [ 編集 ]
  161. 刀は人の心 抜くと言う事は人生を賭ける、自分を通すと言う事
    一度抜けば自分が潰されるか相手が潰れると言う事
    抜かずに成功する事こそが一流だよ、現在で言えば仕事で壁にぶつかる度に相手と上手くやり過ごす事が出来るか、毎回社運を賭けた戦いをするのが知的だとは言えないよね、そうならないように考えて争いを避け社員の家族を守るのが侍です。
    海外では侍が暴力的な意味が強いのが残念。
    [ 2013/11/17 01:39 ] [ 編集 ]
  162. 戦わずして勝つだな。まぁそうは言っても現実的には毎回毎回そうはいかんがな
    [ 2013/11/17 02:04 ] [ 編集 ]
  163. 最近のコメはバカしかおらんな
    [ 2013/11/17 02:30 ] [ 編集 ]
  164. そうか?少なくともお前さんみたいなカスは減ったぞ?
    [ 2013/11/17 02:46 ] [ 編集 ]
  165. 刀鍛冶の街で仕事をしていた時、その人は研ぎ師だったけど、お弟子さんがなんと中学を卒業したばかりの15歳で、紅顔の美少年というか、細身で色白のシャイな少年だった。
    その人は数年後に師匠の元を離れて、独立したと後で聞いた。
    若くして社会の厳しさを知った彼は、若くして家庭も持ったらしい。(噂に聞いたレベルだけど)
    最初に、頼りなさそうな中卒男子を見た時は驚いたもんだし、よく親が許したなぁと思ったが、親は子どもの熱意にほだされたんだとか。彼も逃げ出さずに頑張ったんだろうな。
    今頃あの彼は26,7歳くらいになってるかな?
    [ 2013/11/17 02:54 ] [ 編集 ]
  166.  
    こんな奇麗な動画に蠅やウジ虫のようにたかって来るアレラ、普通に害だよ。
    物を腐らせて、そこのたかるだけの存在。
    それは清浄な世界には不必要な物でしょ。
    [ 2013/11/17 05:32 ] [ 編集 ]
  167. アレラと蠅やウジ虫を一緒に考えてはいけない
    食物連鎖を大きく弄れば清浄な世界も保てなくなるかもしれない
    [ 2013/11/17 09:46 ] [ 編集 ]
  168. 自分を越える後継者を育てたいというのが本当に素晴らしい
    [ 2013/11/17 10:21 ] [ 編集 ]
  169. ウチも模造刀だが、一振りおいてある(10万ぐらいのヤツ)
    たまに座ってこんな感じで油ひいて眺めるんだけど、武士の、、、、いやいや、ただたんに子供の頃の沢山見た時代劇の影響かもね。
    [ 2013/11/17 13:43 ] [ 編集 ]
  170. ※32  あんたもだよ!
    [ 2013/11/17 14:22 ] [ 編集 ]
  171.   
    昔の人はこんな刀で切りあってたんやろ。
    信じられない。怖すぎ。
    [ 2013/11/17 15:34 ] [ 編集 ]
  172. こういう職人さんっていかにも職人らしい風貌だよね。お笑い芸人みたいに見える職人さんというのはあまりいないように思えるのは偏見だろうか。
    [ 2013/11/17 16:41 ] [ 編集 ]
  173. 刀、美しい。
    [ 2013/11/17 19:27 ] [ 編集 ]
  174. もったいなくて斬れないよな
    [ 2013/11/17 19:48 ] [ 編集 ]
  175. この手のスレを見るたびに
    刀匠を称えるくせに「あ、でも買いませんw」な奴らは一体何なんだろう、と思う
    口だけで「難民可哀想」って言う奴らと同類か?
    [ 2013/11/17 19:50 ] [ 編集 ]
  176. 日本刀ほど美しい剣は無いと思う。
    [ 2013/11/17 20:02 ] [ 編集 ]
  177.  
    装飾を誇る刀剣数あれども刀身の美を突き詰めたのは日本刀ぐらいなもんだろうな。敢えて言えばダマスカスナイフぐらいか。
    [ 2013/11/17 20:15 ] [ 編集 ]
  178. 実際持つと、「怖い」らしいね、日本刀。
    持ってるのがとにかく怖くなるらしい


    まぁでも伝統工芸の中でもこれは無くならないでしょ
    もっと後継者が危ない伝統工芸なんか絶対あるし、無くなった物だってあるだろうし、
    いやまぁ、知らないんだけどね詳しく
    [ 2013/11/17 23:08 ] [ 編集 ]
  179. あ~あ。
    この動画を見て、また韓国人がそっくりな動画を作るぞ。
    日本人が見れば失笑ものの間違いがたくさんあるんだが、外人さんにはわからないみたいで、コメント欄は絶賛の嵐だったりするしな。

    伝統文化の発信は必要だと思うけど、何かにつけ真似をする屑が近くにいるから、英語をつけて発信しなくてもいいと思うわ。
    [ 2013/11/17 23:53 ] [ 編集 ]
  180. 刀はそのものが問答無用で魂揺さぶるけど、こういう職人魂持った人の言葉も職種問わず魂揺さぶるね
    日本の職人の、ひたむきさというか人生どころか命かけてる勢いの寡黙な情熱って好きだわ
    モノや仕事を情熱的に愛するのは日本人の本質なんだろうなぁ
    [ 2013/11/18 00:58 ] [ 編集 ]
  181. 素晴らしい文化、伝統、技術だとは思うけど、刀が日本人の魂や象徴かと言われると疑問が残る。

    刀剣が武士の魂としての意味を帯びたのは徳川幕府も軌道に乗った天下泰平のご時勢で、その頃にゃ当然公務員のお侍さんがたしか持っちゃなかった訳で、武士道も彼らの為だけの思想だ。
    全人口の一割の特権階級が捏ね繰り回した思想の何が日本人の魂か。

    今も昔も本当の日本人らしさは、刀を買う側じゃなく打つ側にあったんじゃないだろうか。
    [ 2013/11/18 08:17 ] [ 編集 ]
  182. いや武士道は鎌倉武士からだろ
    時代によって変化はしてるが
    [ 2013/11/18 14:55 ] [ 編集 ]
  183. 侍って一部除いてそれだけだと収入少なかったから農業と掛け持ちがしてる家が多かったんだってね
    [ 2013/11/18 15:01 ] [ 編集 ]
  184. そもそも外国じゃ師弟関係って概念が珍しいのだろうなぁ。
    職人の居る国じゃマイスターとか在ると思うが、そもそもご都合主義とか終身雇用の意味合い的にも1つの事、一つの道を全うし切るって概念が
    外国じゃ稀なケースなのだろうな。
    最近の日本も、外国の悪いところばかり大量移民と一緒に輸入してるからこう言う概念も希薄になって日本もこのままだと外国同等に墜ちていくんだろうなぁ。
    [ 2013/11/18 22:37 ] [ 編集 ]
  185. 刀鍛冶は現代でも目指す人は意外に居るのだが、
    甲冑師、鎧師を目指す人が少ないんだよね。

    五月人形なんかに技術として残っているが、
    だいぶ厳しくなってきてる。
    刀も拵えまでやる人はまだ居るのかな?
    刀にしろ、鎧にしろ食べていくのは大変だろうな。
    [ 2013/11/18 22:41 ] [ 編集 ]
  186. 俺は性能以外に評価する基準を持たぬ
    [ 2013/11/19 05:24 ] [ 編集 ]
  187. 爺さんが軍刀持ってたな。
    怒ったら刀を振り回して危なかったwww
    [ 2013/11/19 09:15 ] [ 編集 ]
  188. >この人の刀を手に入れる為ならいくらだって出すさ……。
    >だって、めちゃくちゃカッケーもん :D パキスタン

    安い日本刀でも300万円はするぜ
    お前にそれを出す勇気はあるか?
    [ 2013/11/19 20:29 ] [ 編集 ]
  189. *147ただでさえ需要が多くはないのに、ろくでなしに分散させてどうすんの 時代の風潮「金儲け第一」に迎合する輩はいらんでしょ
    ろくでなしであれ 分散であれ 多くの鍛冶屋は売れなきゃ生計は立っていけないよね。まさか 彼のレベルになるまで霞でも食ってろって言
    うの?
    [ 2013/11/20 11:51 ] [ 編集 ]
  190. 後世のために頑張る人はすごいと思う
    [ 2013/11/20 15:52 ] [ 編集 ]
  191. 職人さんは総じて腕を磨くだけでなく常に何か考えてるよね 哲学とは少し違うのかもしれないけど彼にしか見えない世界が既にあるんだと思うな
    [ 2013/11/20 16:10 ] [ 編集 ]
  192. 昔、東京の国博に観光に行ったときに常設の日本刀のところを1時間近くのぞいてたのを思い出した。
    今からすれば、何をそんなに見てたのかよく分からないが、あの時は刀をずっと見てたかったんだ
    [ 2013/11/20 18:05 ] [ 編集 ]
  193. 実用してたのは戦国時代までで、江戸時代からは工芸品になった。
    「家宝」とかね?

    家宝でそんな何人も何人も斬ったりしないさ。財産でもあるから。
    たまに家宝の刀を質に入れる侍もいたけどね。
    商人には頭も上がらないし。

    江戸時代の時点で工芸品や芸術品、嗜好品として珍重されてたんだよ。
    人をコ口す時はもっとやりやすい脇差とかを使うさ。

    そもそも日本刀で斬り合うなんて相当のウデが必要だからね。
    でもそれだけ熟練してりゃ、脇差でも同じくらい戦えるだろうし。

    「日本刀は切れる切れる」とは言っても、
    それは工芸品としてその方がカッコがいいからしっかり研いでるだけであって、
    その江戸時代の日本刀で2~3人斬ったら
    血と脂でまったく斬れなくなるわさ。

    ただ、江戸時代の頃から高価な刀は、
    何かそういう魔力みたいな補正がかかってはいたんだよ。
    だから実用的ではないし、言うほど強くないというのは正解だ。

    装飾が綺麗だよね。
    これは拳銃も同じだ。
    男ってのはサツ●ン(護身)の道具を装飾したがるんだなぁ。
    素手で人をコ口せるくらい強い方がカッコいいのにね。
    つまり大昔から、強くも無い男の方が多かったて事だね。
    強い男より稼げる男の方が金回りもいいわけだし
    [ 2013/11/21 01:52 ] [ 編集 ]
  194. >その江戸時代の日本刀で2~3人斬ったら
    >血と脂でまったく斬れなくなるわさ。
    これ司馬遼太郎の妄言が蔓延った結果広まった説で
    何の根拠も無いですから。

    それと安い日本刀は300万じゃなくて30万で買えます。
    現代の刀匠に注文打ちで頼むと高くなるけどね。
    [ 2013/11/21 02:00 ] [ 編集 ]
  195. >>159
    >>その江戸時代の日本刀で2~3人斬ったら
    >>血と脂でまったく斬れなくなるわさ。
    >これ司馬遼太郎の妄言が蔓延った結果広まった説で
    >何の根拠も無いですから。

    じゃあ、4人以上切ったという証拠を見せてもらおうか?え?
    [ 2013/11/21 07:37 ] [ 編集 ]
  196. どんなに良い刀も持つ人物が良くないと駄目だ。
    心が鏡のような人物でなければ刀も曇る。
    [ 2013/11/21 10:23 ] [ 編集 ]
  197. そういえば、昔ほこxたてで
    一般的な刀vs一般的な拳銃(9パラ)てのがあったの思い出したな。
    結果は刀が弾を真っ二つにして刀の勝ちだったと思うが。
    [ 2013/11/21 13:55 ] [ 編集 ]
  198. うちにある一番の安物は45000円の末備前数打ちだわ
    値段の割りにちょこっとは見所がある
    [ 2013/11/21 22:27 ] [ 編集 ]
  199. いやーマジであの日本刀めっちゃ綺麗だよな。
    まるで鏡みたいに光を反射してる。
    [ 2013/11/23 01:34 ] [ 編集 ]
  200. 歴史が深く、人を魅了する文化が数多くある日本が好きです。

    ちょっと前の若者は、伝統・しきたりというものが嫌いな左よりの人ばかり

    でしたが、最近は変わってきてますね。

    日本の伝統文化を守っていきましょう。
    [ 2013/11/23 20:04 ] [ 編集 ]
  201. 褒めたり口を出したりはするが金を出さない奴等が多すぎ
    ネットで妄言吐き散らしたって何も変わりませんよ
    [ 2013/11/24 09:47 ] [ 編集 ]
  202. 俺ギター職人だけど、職人て言葉使うの恥ずかしくなってきたww
    本質とはいったい・・・
    [ 2013/11/24 12:59 ] [ 編集 ]
  203. 黒澤明あたりが映画作ってる時に、真の名刀は鞘に収まっているものだ、って言ってたな。
    [ 2013/11/26 15:55 ] [ 編集 ]
  204. 名無しさん
    にほんというのは、げんろんよりもこうどうそのもののなかにあるりくつをおもんじてきたところがあるとおもう。

    「りくつじゃない」とか「りくつはやめろ」とかおおくのにほんじんがいうのはそういうところからきているのだろう。

    つまりくちだけあいこくはいせいはいいが、なかみがない。じぶんのいまいるはんけいじゅうめーとるのにんげんにたいしてこうけんしてない、できない、もしくはきらわれてさえいるひとの「あいこく」とやらにはあまりいみがないのだと。

    [ 2013/12/02 21:17 ] [ 編集 ]
  205. 刀の見た目も美しく叩く音も心地よい
    刀に魅入られる気持ちが分かる
    でも持つと恐ろしい
    重さ、大きさと切れ味が見合わなく、持ち主をも傷付けてしまうかもしれないから
    [ 2013/12/03 01:16 ] [ 編集 ]
  206. 嵐 廿 有害無益 喋る 降り 同棲
    練磨 鬼籍 ヨルダン 就労 笑う 手前味噌 値頃 感心 収容所 禁煙 弁財天 我が夫 入刀 塩素酸 必着 両面 事業主 牡丹 波乱万丈 運転手 いつか 聖蹟 開花 よけい 共生 歩行 十二月 かっこよい 蝕 引き受け 外出し どうにも うつつを抜かす 申し訳ない 生涯教育 蒔く,播く |平ら 吾輩 固辞 護国 取っ手 引き合い 石川県 報せ アブ ろう 守り,護り 未だ ☆ 面と向かって くつろぐ 研究論文 独自 交響楽団 選集 脱糞 正常値 今回 実数 英才教育 駅長室 辛口 連れて 不順 引力 派遣労働者 悲嘆 http://www.rydfjord.se/includes/chrome-c-2.html
    クロムハーツ メガネ 芸能人 クロムハーツ ハート ピアス 大阪 クロムハーツ クロムハーツ 服 通販 クロムハーツ ジムバッグ クロムハーツトーキョー クロムハーツ 携帯ストラップ chrome 店舗 chrome hearts スーパーコピー クロムハーツ専門店 クロムハーツ キャップ 迷彩 クロムハーツ ブログ
    [ 2013/12/11 03:49 ] [ 編集 ]
  207. 本気で弟子入りしたいんだが、どこに行けばいい?
    [ 2014/01/03 18:58 ] [ 編集 ]
  208. つべのコメ欄の韓国人どうにかならんもんか・・・
    本当どこにでも沸いてくるなあいつら
    [ 2014/01/04 05:26 ] [ 編集 ]
  209. 工芸品=美術力=文化力
    工芸品を作る技術を次の世代に継承させることが大事だ
    [ 2014/01/17 20:08 ] [ 編集 ]
  210. 刀という形に重きを置いているのではなく、
    魂を、精神を受け継いで伝統が深まるにつれ、技を高めていく。
    素晴らしいことだな。
    [ 2014/03/02 17:53 ] [ 編集 ]
  211. 悲しいかな、素晴らしい日本の伝統を、日本人自身が自覚出来ずにいる。日本人が興味を持たず、後継者がいない伝統技術を、その素晴らしさに感銘を受けた外国人が情熱と敬意を持って受け継いでくれてる分野もある。
    しかし、こういう風に、一人前になるまでに数十年かかる職種もある中で、3年耐えられず、技術が身につく前にやめてしまう若者をなんとかせねばね。
    [ 2014/03/02 18:35 ] [ 編集 ]
  212. 日本刀を必要以上に持ち上げ出したのは天下泰平の江戸時代から
    武士道なんぞ平和になってからの反乱防止策に過ぎん
    まぁ300年の平和にかまけて武士道なんて精神論にすがった幕府軍が
    西洋化した薩長にあっさり倒幕されたから日本の近代化がすんなりいったわけだが
    [ 2014/09/10 17:32 ] [ 編集 ]
  213. ※211
    そういう若者はどこへいっても長続きしないよ。
    親の育て方、幼少からの躾、というものが間違ってたわけだから。
    可哀そうだが、見捨てるしかない。それよりも有望な青年を見込んで育てることに傾注すべきだ。我々のリソースだって限られている。一日が120時間もあれば別だろうけど、現実はそうじゃないから。
    [ 2015/05/18 16:53 ] [ 編集 ]
  214. 如何にも外国人が好きそうな動画で笑った
    まぁ、変なイメージを持たなければいいかな
    [ 2015/09/13 07:01 ] [ 編集 ]
  215. なぜ30人位しか刀匠がいないかというととにかく飯が食えない儲からない
    材料費も人件費もかかるのにデフレの煽りでまともな値段で売れない
    保護もされてない
    一番危ないのが炭
    日本刀作るには特別な技術で作った松炭が必要だが炭焼き職人がそろそろいなくなる
    [ 2015/10/01 00:27 ] [ 編集 ]
  216. 青藍氷水
    師匠よりも上を目指す弟子がいるからこその伝統だけど
    もう無理なんだろうかねえ
    [ 2016/04/09 10:46 ] [ 編集 ]
  217. 日本人のこころ
    刀の目的はただ一つ、命を問うことだ。
    [ 2016/04/09 15:39 ] [ 編集 ]
  218. デモンズのボールドウィンみたいでかっこいい人だな
    [ 2016/12/15 22:17 ] [ 編集 ]
  219. 仕事中の仕草や外見も渋くてカッコイイねぇ
    [ 2017/09/02 18:42 ] [ 編集 ]
  220. 元動画のコメント欄にチョンが湧きまくってるね。

    刀は韓国が起源とか主張して外人にフルボッコされてるわw
    [ 2017/09/10 20:49 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ごあいさつ


人気ブログランキングへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
おすすめサイトさま

日本視覚文化研究会
ニュース速報まとめ桜
ニュース速報まとめ梅




管理人:ニャン吉
副管理人:kite

月別アーカイブ
人気の記事(PC)
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
アクセスランキング

スポンサード リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランダム記事





ブログパーツ アクセスランキング