fc2ブログ

パンドラの憂鬱

外国メディアの記事などに寄せられた、海外の反応をお伝えします


海外「こんな伝統が続いてるとは…」 今も残る蹴鞠の光景に外国人感銘

7世紀に中国から日本に伝わってきた蹴鞠。
中国の蹴鞠は1チーム12人制で「球門」に入れた数を争うものでしたが、
日本では伝来した時点で、いかに相手が受け取りやすいように返すか、
という点に重きをおいた、勝敗のない球技でした
(中国でも宋の時代に日本のような形式となる)。

蹴鞠は公家のたしなみ、というイメージがありますが、
最盛期であった平安時代には、老若男女問わず一般市民の間でも流行し、
鎌倉・室町の時代には武士のたしなみとして奨励されていたそうです。

雅やかな伝統に、外国人からは様々な反応が寄せられていました。

コメントはこちらなど、他の類似動画からも取り寄せています。

Kemari Hajime at Shimogamo Shrine, Kyoto 蹴鞠初め





■ ヘーーーーイ! これメチャクチャ面白そうじゃん! ブラジル
  



■ 面白そうだし、俺にとっては未知の祭りだったよ。
  紹介してくれてありがとう! イギリス
  



■ すごいなこれ。
  あんなに人がいるのはゴショ(御所)でやってるから?
  しかし面白そうだ。
  ゲームとかスポーツとして認識されてるのかな。 プエルトリコ



   ■ 凄く昔に流行ってたゲームで、
     実際には今やってる人はいないよ。
     ヘイアン時代の貴族がやってた事を、
     デモンストレーションでやってる感じ。
     だからあれだけ観に来てる人がいるわけよ。 アメリカ



■ かなりクールだね! 
  当時日本で隆盛を誇っていたソガ家への反乱は、
  7世紀にケマリの集まりがきっかけで始まったんだよね。 日本在住




■ 日本版のフットバックだ =O
  唯一の違いは、アメリカ人はストリートでやってること。
  日本だと貴族がやってたわけだけど =/ アメリカ
    



■ 楽しそう :D
  ああいう格好でやるとなるとちょっと大変そうだけどね。 カナダ




■ ……アハハ。
  マレーシア&タイで盛んなセパタクローみたい……。 オーストリア

  (実際にセパタクローも中国の蹴鞠が起源。)




■ ゴールみたいな物があればもっと楽しそうなのにね。 中国  




■ これって世界最古のゲームの1つだよな。 ブルガリア




■ たぶんだけど、一番洒落た着物を着てる人が優勝なのかな……。 ブラジル




■ 蹴鞠は中国から持ち込まれたんだよ。 中国 




■ 蹴鞠。数千年前の古代の中国人がやってたんだよね! 中国




■ 「古代日本のサッカー」ってよりは、
  バレーボールとフットバック、
  この2つが合わさった競技って感じがする。 アメリカ




■ セパタクローと一緒で、
  あの玉も籐を編んだものでできてるのかな?  デンマーク

 (鹿の滑革2枚をつなぎ合わせているそうです)




■ 今でもこんな伝統が続いてるとは。クールなことだよね。 アメリカ



 
■ でも動画を観てる限り、
  皆さんあまり上手じゃなさそうだね……ハハ!  日本在住  



■ ブラジルでもみんなやってるよ。
  こっちではembaixadinha(フリースタイルサッカー)って呼ばれてて、
  もちろんああいった服は着てないけどね =) ブラジル




■ これは興味深いな~。
  あの"球"が生み出す音がなんか好きだ :) イタリア 




■ この動画面白かった~。投稿ありがとう。
  ゲームをやってる時に何て言ってるんだろ? 
  得点係の人の声? スイス




■ あんな服装でサッカーをするのは絶対大変だろうね ^^ オーストラリア




■ 日本には面白い歴史がありますね~ :) アメリカ




■ 紅葉が眩しい秋の日に、ナラのダンザン(談山)神社で、
  ケマリをやってる光景に偶然出くわしたことがあったの。
  惹き込まれたし、その場全体が色鮮やかだった! アメリカ




■ 「ブリーチ」でこのゲームやってるの観たこと事あるわw アメリカ 




■ 中国の蹴鞠と比べると退屈だな。
  チーム分けもゴールもないんだ。 アメリカ





■ 本当に興味深いね。
  だけどイギリス発祥のサッカーとは、
  まず間違いなく無関係だよね。 イギリス
 


 
■ 着物が素晴らしく美しい。
  素敵な投稿どうもありがとう! 国籍不明




  



関連記事
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑皆様の応援が、皆様が考えている以上に励みになります。
[ 2013/11/19 23:00 ] 文化・歴史 | TB(-) | CM(-)



ブログパーツ アクセスランキング