パンドラの憂鬱

Powered By 画RSS



海外「日本の鎧カッコイイ!」 サムライの甲冑が外国人を魅了

今回は日本の鎧を観た外国人の反応です。

古墳時代から奈良時代頃までの日本の鎧は、
大陸の影響を受けていたとされる挂甲(けいこう)という鎧が一般的でしたが、
平安時代、武士の台頭により、大鎧という日本独特の甲冑が出現し、
それ以後、戦闘の形式の変化などによって常に改良され続けていきます。

日本の甲冑はその美しさが評価されることも多いですが、
太平の世であった江戸時代に、甲冑は刀とともに象徴性が強まり重宝され、
鍛鉄、金工、漆工芸など様々な技術を駆使して製作されていったという経緯も、
甲冑に芸術性が加味されることに貢献しているようです。

※コメントは類似動画からも取り寄せています

Samurai Armour Grand Exhibition Tokyo 2010





■ 間違いなく、国の宝と言っても大げさじゃないな。 アメリカ
  



■ スゲー! サムライの鎧って、前からずっと好きだったんだよね。
  この動画のおかげで朝から最高の気分になりました :D +33
  



■ サムライの鎧。俺が日本のことを愛してる理由の1つに入る。 イギリス




■ 実際に鎧を着たサムライに会ったらメッチャ怖いだろうな。 バチカン市国




■ サムライの鎧は本当に美しいと思う。投稿ありがとう。 フランス




■ 鎧っていうか、サムライの兜が欲しくてしょうがない。 カナダ




■ とにかく美しいとしか言いようがない。胸の部分は鋼? それとも鉄? カナダ
    



■ ダース・ベイダーのヘルメットみたいだ…… :) マレーシア




■ 日本の鎧カッコイイよなぁ!
  あの中にタケダの鎧があるのかどうか気になる。 +6 アメリカ




■ 最高にクールじゃん……。
  サムライたちは何て質が高く、美しい鎧を身につけてたんだ! カナダ




■ 海外の博物館に飾られてるサムライの鎧は日本に帰すべきだな。
  自分が身に着けていた鎧が母国にないなんて、
  そのサムライたちは草葉の陰で泣いてるぞ。 アメリカ




■ 日本の兜って、やたら飾りがデカイのがあるよねw  アメリカ




■ 素晴らしい鎧だ。いつか日本に行って直接サムライの鎧を見てみたい。 +4 アメリカ




■ カッコいい! だけど銃を防御できるかって言ったら難しそうだね。 アメリカ




■ なんて言うか、日本の鎧は美しさも兼ね備えてるんだよな! イタリア




■ ダース・ベイダーのマスク。
  ジョージ・ルーカスがどこからアイデアを思いついたのか理解した。 国籍不明



 
■ 日本の特色や、らしさが良く出てるデザインだよね。美しい! 台湾




■ 素晴らしい。あんな重そうな甲冑を身につけて戦ってたとか凄くない? アメリカ




■ 日本版ダース・ベイダーだよね。
  あの鎧を装着するには、4,5人の手が必要だろうね。キモノもそうだけど。 ベトナム




■ ウォー、カッケー! 
  自分が装着したらどんな感じになるのか想像しちゃうぜ! オーストラリア




■ 素晴らしい! サムライの鎧は本当に、精巧な芸術だと思ってる! アメリカ




■ なんか今でも普通に防具として役立ちそうなのが凄い。 イギリス




■ 美しい鎧だね、俺も数は少ないけどサムライの鎧を所有してる。
  だけどほとんどはレプリカなんだよ。
  本物の古い鎧を買えるだけの財力があればなぁ。 アメリカ




■ サムライの鎧は大量生産のようなものじゃなくて、
  それぞれの武将ごとに特定のデザインがある点が大好きだ。 イギリス 




■ 何が嫌って、日本の鎧は軽い竹とか混凝紙とか、
  ほとんど重みのない素材で作られてるって信じてる人がいることなんだよ。 カナダ




■ 美しい。こうやって実物の鎧を見ると、切れ味鋭いカタナとか、
  完全装備したサムライと向き合った時の恐ろしさが容易に想像できる。 デンマーク    



■ あんなに重そうな鎧を来たまま戦わないといけないのか。
  どうやって戦ったらいいのかとか想像もできないんだが。 国籍不明
 

 
   ■ 君が思ってるほど重くないよ。
     世界中の鎧の中でも一番重いのは30キロくらい。
     それにほとんどの鎧は30キロないものばかりだし。 イギリス 



■ 海外の博物館とかに収蔵されてることを日本人はどう思ってるんだろ? アメリカ




■ サムライは、現代の軍人が学ぶべき点を沢山持っている。 +3 フランス




■ あのマスク(面具)も実際に装着してたの?
  だとしたら、対峙した敵はかなり怖かっただろうね。 国籍不明




■ まんまスター・ウォーズの世界やないかい!!!! イタリア




■ WOW! こんなの装備した人たちと絶対揉めたくない! 国籍不明




  

「美しい」というコメントが目立ちました。
日本刀もよく美しいと評価されますけど、
武器・防具共にそういう評価がされるのは興味深いですね。



関連記事
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑皆様の応援が、皆様が考えている以上に励みになります。
[ 2013/11/28 23:00 ] 文化・歴史 | TB(0) | CM(463)
Powered By 画RSS
  1. キター!
    [ 2013/11/28 23:01 ] [ 編集 ]
  2. 重そう
    [ 2013/11/28 23:02 ] [ 編集 ]
  3. 戦国時代 > スターウォーズ
    [ 2013/11/28 23:09 ] [ 編集 ]
  4. > 海外の博物館に飾られてるサムライの鎧は日本に帰すべきだな。


    歴史文化の無い朝鮮人じゃないからな 大事に保管してくれるなら 海外にあってもいいよ
    [ 2013/11/28 23:10 ] [ 編集 ]
  5. よく海外の人間が購入していく。日本人も興味を持つべし。
    個人で購入・管理してもいいのに、博物館とかに任せてしまう。
    [ 2013/11/28 23:11 ] [ 編集 ]
  6. フィギュアで欲しい
    [ 2013/11/28 23:12 ] [ 編集 ]
  7. 海外の博物館とかに収蔵されてることを日本人はどう思ってるんだろ?

    不当な手段で持っていかれたのでなければしょうがないよね?
    大事にしてくれさえすればいいと思う。
    でも最近C国の金持ちが日本の骨董品を買い漁っているというのを見た。
    それはイヤだな。
    [ 2013/11/28 23:12 ] [ 編集 ]
  8. たしかに美しい。
    でもって日本人はむか~しから凝り性と言うか
    マニアックだったんだなって改めて実感してちょっと和んだ。

    海外の博物館にある収蔵品の正確な来歴が判らない自分には
    何も言えないけど、正規の手続きを踏んで持ち出されたのなら
    そこに在るべきなんだろうね。少し残念だけど、縁もゆかりもない
    外国の人達が良いと思って鑑賞してくれたら侍も悪い気はせんだろ。
    その代りずっとずっと大切に守っていって欲しいなぁ。
    違法な持ち出しによるものについては…どうなんだろ、
    やっぱりどさくさにまぎれてとか二束三文でとかあったのかな。
    [ 2013/11/28 23:15 ] [ 編集 ]
  9. 私もダースベイダー想像した。
    [ 2013/11/28 23:16 ] [ 編集 ]
  10. よく知らないけど動画に出てくる甲冑はほとんど飾りだよね
    頭の上にへんなのついてちゃ動けないでしょ
    [ 2013/11/28 23:17 ] [ 編集 ]
  11. >海外の博物館とかに収蔵されてることを日本人はどう思ってるんだろ?

    日本人は、物そのものだけでなく、来歴・エピソードを大事にするから、展示の横に
    「この鎧は○○年頃の制作、△△家の所蔵だったが、**年、交流のあった++国の▽▽氏に譲られ~云々」
    とか説明が付けば喜んで見るよ。
    [ 2013/11/28 23:17 ] [ 編集 ]
  12.  
    撮影用のレプリカですら重たいって俳優さんは言ってるよね。
    [ 2013/11/28 23:18 ] [ 編集 ]
  13. どの武将に縁のある…というのが理解できると
    さらに惹かれるんだろうな…
    [ 2013/11/28 23:18 ] [ 編集 ]
  14. 珍走団のバイクのデザインに通じるものが有るなあ。
    思い出してつい笑ってしまった。
    [ 2013/11/28 23:19 ] [ 編集 ]
  15. リサイクルショップ(有)小柳商事の桜田です。
    いつも面白い内容で更新いただき、楽しませてもらっています。
    今後も更新が楽しみです。
    [ 2013/11/28 23:20 ] [ 編集 ]
  16. だいたい誰の甲冑か判るよなw
    挂甲も好きだな。大和朝廷の頃にすでに原型ができていたと思えば胸熱
    ベイダーは有名だが実はガンダムもモデルは甲冑らしいぜ
    [ 2013/11/28 23:21 ] [ 編集 ]
  17. 昔の人の写真とか見ると化け物みたいな筋肉してるからな。
    昔の感覚だと30㎏でもこれぐらいか、で普通に着てそう。
    [ 2013/11/28 23:21 ] [ 編集 ]
  18. ダース・ベイダーの方が日本の鎧兜をオマージュしたんだけどな。
    海外の博物館に関しては正当な手段で展示してあるのならば文句はないよ。日本の博物館だって海外の物を普通に取り扱ってるしね。
    戦において実用的かと聞かれればわからないけど。
    [ 2013/11/28 23:23 ] [ 編集 ]
  19. ベイダー卿は日本の鎧兜からインスピレーションされてああいうデザインになったんだよ
    [ 2013/11/28 23:23 ] [ 編集 ]
  20. 戦国期の甲冑はマインドアタックですから実用性は二の次
    [ 2013/11/28 23:25 ] [ 編集 ]
  21. ×甲冑
    ○兜
    [ 2013/11/28 23:26 ] [ 編集 ]
  22. >ダース・ベイダーのヘルメットみたいだ…… :) マレーシア

    伊達政宗の兜を参考にしているらしいね。
    [ 2013/11/28 23:26 ] [ 編集 ]
  23. 海外の博物館ではすごく丁寧に扱われてるし、
    本当に鎧が好きな人もいるみたいだから、盗品でもない限り全然気にならないな
    [ 2013/11/28 23:27 ] [ 編集 ]
  24. 鎧や日本刀を飾りたいけど、そんなバカでかいものを飾れるような日本間もなければ、保管してけるような蔵も無いよ(´・ω・`)

    純和風の一戸建て(日本庭園+柴犬+三毛猫付き)欲しいお
    [ 2013/11/28 23:28 ] [ 編集 ]
  25. 迫力あるけど編集がクソすぎて五割減。
    見づら過ぎるわ…。
    [ 2013/11/28 23:29 ] [ 編集 ]
  26. 外国人がこうやって日本の文化に興味をもってくれるからこそ日本人はやっと自分達の文化に誇りをもって大切にしようと気づくことができる。日本の文化が外国人によって残されたといっても過言ではない。
    [ 2013/11/28 23:29 ] [ 編集 ]
  27. 俺は西洋の騎士の鎧の方がかっこよく思えるけどなー
    やっぱ、お互いに「エキゾチックさ」補正のせいかね
    [ 2013/11/28 23:30 ] [ 編集 ]
  28. 伊達っ子
    ダースベイダーは「伊達政宗の黒甲冑」。
    似てるどころの騒ぎじゃ無いのよ外国人さん。
    こういう展示も三日月の黒甲冑が有ると無いでは、大違い。
    [ 2013/11/28 23:31 ] [ 編集 ]
  29. ※10

    そんなこと言ってたら識別旗担いでたらもっと動けないじゃないか

    白兵戦で指揮官も敵も味方もわからない混沌状態になるぞ
    [ 2013/11/28 23:32 ] [ 編集 ]
  30.  
    子供が生まれた外国人に五月人形とか送ったら喜ぶのかな。
    [ 2013/11/28 23:32 ] [ 編集 ]
  31. >>あんなに重そうな鎧を来たまま戦わないといけないのか。

    実際重いのだろうけど、司令官は奥でどっしり構えていたからな。前線には出ない分、箔と威厳をつけるために着飾ってたってのもあるだろうな。KINGなわけだし。
    [ 2013/11/28 23:34 ] [ 編集 ]
  32. 腹痛持ちの自分には恐ろしくて装着できん。
    脱ぐ前に・・・・醜態をさらすことに・・・
    [ 2013/11/28 23:34 ] [ 編集 ]
  33. しっかりと管理されているのならば海外にあっても問題ないと思うなあ
    前のコメントにもあるようにちゃんとした手段で手に入れられてることが前提だけど
    日本にないのは少し残念だけど博物館とかで沢山の人を楽しませているのならばそれはそれで嬉しい
    日本は災害も多いし、万が一を考えれば分散してることは必ずしも悪いことではないと思う
    [ 2013/11/28 23:36 ] [ 編集 ]
  34. アメリカ人「海外の博物館とかに収蔵されてることを日本人はどう思ってるんだろ?」


    大事にしてくれているのであれば、むしろ嬉しいよね。
    まあ、日本にも沢山鎧兜が残っているからこそ思える事なんだろうけれど。
    [ 2013/11/28 23:36 ] [ 編集 ]
  35. 湯西川の温泉のロビー・・あちこちに飾ってあった。
    夜、薄暗いロビーに飾ってある鎧は本当に怖かった。
    今でもトラウマ!
    [ 2013/11/28 23:36 ] [ 編集 ]
  36. ザンボット3とか
    [ 2013/11/28 23:37 ] [ 編集 ]
  37. 家業には全く関係ないですが、「甲胄の○○」って、日本史の教科書に載ることもある苗字の者です。なんか嬉しい、単純に。あと高校で日本史のテストの時、「甲胄についての問題で、このクラスの正答率が妙に高かったぞ!」って先生からお礼言われたの思い出した!
    [ 2013/11/28 23:40 ] [ 編集 ]
  38. 自分は生粋の日本人だけど日本の鎧の起源は韓国じゃないかなぁ
    [ 2013/11/28 23:40 ] [ 編集 ]
  39. 実際に生で見たら意外と小さいのでガッカリすると思う
    [ 2013/11/28 23:40 ] [ 編集 ]
  40. 日本の文化財が全て日本にあると何かあった時に一気に消失しそうで怖いからある程度散らばっちゃうのも悪くない
    [ 2013/11/28 23:40 ] [ 編集 ]
  41. 重い鎧と言えば重いよろいなんだけど、それなら中世の甲冑も大概だと思いますわ
    [ 2013/11/28 23:42 ] [ 編集 ]
  42. 実は兜の飾りはハリボテ。本物の角なんて重くて付けられんから。
    [ 2013/11/28 23:44 ] [ 編集 ]
  43. ごく一部の位の高い侍の甲冑にスポット当ててワアワア言っててもなあ…。ろくに動かない武将ほど兜が派手なわけだが。
    そのへんんカッコ悪さに焦点はあてないのかい?
    [ 2013/11/28 23:46 ] [ 編集 ]
  44. おれ、もういい大人になったけど、
    毎年5月に兜飾ってるわ。
    そりゃ装飾用のおもちゃだけど、毎年の楽しみ。
    [ 2013/11/28 23:47 ] [ 編集 ]
  45. 動画がやたらとシュワッってなるので気持ちが悪くなった。
    フラッシュ系と同じ効果があると思う。
    苦手な人は注意されたし
    [ 2013/11/28 23:48 ] [ 編集 ]
  46. >どの武将に縁のある…というのが理解できると
    >さらに惹かれるんだろうな…

    簡単に説明しよう。信玄のと政宗のは有名だな。金ピカのは前田利家。
    後光さしてるのは豊臣秀吉。黒髪のは石田三成。牛角は福島正則。
    長方形の鉄板は黒田長政。これは福島正則と交換後。つまり元々牛角。
    上がり藤みたいな鍬形のは徳川家康。赤いのは井伊直政。
    黒い鹿角というか炎のような角のは本多忠勝。あと何が出てたっけ。
    大体あってるよな?ww
    [ 2013/11/28 23:49 ] [ 編集 ]
  47. ガンダムだなーと思ってしまった

    鎧つけてみたいぜ!
    [ 2013/11/28 23:52 ] [ 編集 ]
  48. 外人さんはレプリカて、わかってるのかな?

    兜の飾りは、そのとうり、桐の木の彫り物が多い、馬で逃走するときに木の枝などに触れると、外れるようになっている、馬揃えの時に強そうに見えるためでもある。鎧デザイナーで有名なのは小早川だな。
    [ 2013/11/28 23:54 ] [ 編集 ]
  49. 陣羽織もすげーんだよね
    [ 2013/11/28 23:54 ] [ 編集 ]
  50. 鎌倉時代の大鎧は重量25キロくらいあるから軽くないよね
    防御力は繋ぎ目のない一枚の鋼鉄で出来てる西洋の甲冑の方が優れてるはず
    [ 2013/11/28 23:55 ] [ 編集 ]
  51. 海外でもきちんと保管してくれれば言うことないよ。
    むしろ日本の文化や歴史を世界に伝えてほしいかな。
    [ 2013/11/28 23:55 ] [ 編集 ]
  52. 表情が見えないように面頬がある甲冑はほとんどがカッコイイ
    [ 2013/11/28 23:56 ] [ 編集 ]
  53. 占領期間中に米軍が盗んで行ったものも結構あるんじゃね?
    [ 2013/11/28 23:57 ] [ 編集 ]
  54. 西洋鎧はモンゴルにボコられてるし
    [ 2013/11/28 23:57 ] [ 編集 ]
  55. かっけー
    [ 2013/11/28 23:57 ] [ 編集 ]
  56. 個人的に西洋とは怖さが違うな
    日本→なんだこいつ!?
    西洋→なんだこいつ?
    対峙してしまった時の衝撃というか
    [ 2013/11/28 23:57 ] [ 編集 ]
  57. そりゃさ、ダースベイダーのコスチュームが武士の鎧に酷似してるのは当り前さ。
    スピルバーグ自らが言っているよ。
    スターウォーズの元ネタは黒沢映画『隠し砦の三悪人』からだって。
    そこから多くのヒント、オマージュでスターウォーズが成り立ってんだもんさ。
    [ 2013/11/28 23:59 ] [ 編集 ]
  58. 日本の甲冑もいいけど、西洋甲冑好きな自分としてはあのガッチガチな感じがたまらん
    お互い違うものに憧れるもんだよねぇ…
    [ 2013/11/29 00:02 ] [ 編集 ]
  59. 信玄公の鎧はあるので安心するんだ
    まあそれだけ早々たるレプリカの集まりの中に
    信玄の物が入ってないわけが無いしな
    [ 2013/11/29 00:02 ] [ 編集 ]
  60. リボルテックでこういうの出してほしい
    仏像シリーズめっちゃかっこよかったし
    [ 2013/11/29 00:02 ] [ 編集 ]
  61. 西洋でフルプレートが出来た時には、ほぼ剣と槍で戦争やってる時代じゃないからなぁ
    西洋式ならチェインメイルが一番活躍したんだろうな
    [ 2013/11/29 00:05 ] [ 編集 ]
  62. 昔の日本人は自由すぎるな。
    デザインに小学生男子みたいなアホっぽいノリがあっていい。
    [ 2013/11/29 00:06 ] [ 編集 ]
  63. まああんな派手なのは大将用だから
    斬り合い用ではないわな
    見た目が大事なのはいつの時代も変わらんな
    [ 2013/11/29 00:06 ] [ 編集 ]
  64. 大将が着る鎧とかは実用性より見た目重視だろうね
    [ 2013/11/29 00:06 ] [ 編集 ]
  65. >>61
    フルプレートはあくまで騎馬上でやるものだからなぁ。
    改めて思うと、日本の鎧は万能性が高いな。
    [ 2013/11/29 00:07 ] [ 編集 ]
  66. 日本にあったほうがいいだろ
    芸術性とか関係ないよ
    過去の日本人が命をかけて戦った証拠だろ
    こういうのを大事にしない民族や国は滅びるよ
    外国人にとられたわけだから
    [ 2013/11/29 00:10 ] [ 編集 ]
  67. 武将についても調べて行くと面白くてはまっちゃうよね
    戦国時代の面白さは異常
    [ 2013/11/29 00:11 ] [ 編集 ]
  68. 本陣まで攻め込まれたらもう負けって事だから
    大将の兜は見栄とか威圧感に傾注したある意味開き直ったデザイン
    [ 2013/11/29 00:12 ] [ 編集 ]
  69. 大切に保管されるなら国はどこでもいいよ、貴重な文化財を腐らせるぐらいなら異国で尊重される方がいいからね
    [ 2013/11/29 00:13 ] [ 編集 ]
  70. 信玄のが一番かっこいいと思う。
    [ 2013/11/29 00:16 ] [ 編集 ]
  71. 武田の赤備えには意味があるらしい。
    赤は膨張色なのでメチャクチャ迫って来ているように見えるそうな。
    大将の兜も同じだな。戦意高揚と喪失が主な目的。
    友軍「おお!誰それ殿も御出馬されておるぞ。これは心強い」
    敵軍「おい!誰それが出て来ておるぞ!あんなのと戦うなんて聞いとらんぞ震
    [ 2013/11/29 00:17 ] [ 編集 ]
  72. あの愛ってのは上杉の奴のだよ
    [ 2013/11/29 00:18 ] [ 編集 ]
  73. スピルバーグ?
    SWは、ジョージ・ルーカスじゃね?
    [ 2013/11/29 00:19 ] [ 編集 ]
  74. 別に大事に保存して鑑賞してくれるなら何処にあってもいいよ。所持者の移り変わりも歴史の一つだろう。
    こういう身内同士で悪ノリしてどんどん突き抜けていくのは今も昔も変わらずだな。初めて愛の兜の存在を知ったときマジで( ゚Д゚)ってなったのは良い思い出。
    [ 2013/11/29 00:20 ] [ 編集 ]
  75. 日本人に戦国時代の頃の剽悍さと気概が戻りますように・・・
    [ 2013/11/29 00:23 ] [ 編集 ]
  76. 名無し
    うちにもミニチュアの兜と刀がある。親父が長男の初節句に買ってくれた。毎年飾るけど、なかなかいいもんだよ。日本人の美意識が感じる。
    [ 2013/11/29 00:23 ] [ 編集 ]
  77. フルプレートにしちゃった織田信長は心底悔やんでいる模様
    [ 2013/11/29 00:23 ] [ 編集 ]
  78. 伊達の黒色五枚胴具足+ナチのガスマスク

    がモデル。わりと有名な話
    [ 2013/11/29 00:24 ] [ 編集 ]
  79. 兼続のは愛染明王あたりからのチョイスだろ
    愛おしいの愛ならさすが悪ふざけすぎるw
    [ 2013/11/29 00:25 ] [ 編集 ]
  80. 鎧ってどの国のも夜見ると不気味だよね
    [ 2013/11/29 00:25 ] [ 編集 ]
  81. 動画みたら気持ち悪くなった
    [ 2013/11/29 00:25 ] [ 編集 ]
  82. >75
    滅茶苦茶治安悪化しそうやな
    [ 2013/11/29 00:26 ] [ 編集 ]
  83. >72
    愛は上杉じゃなくて家臣の直江兼続だね
    [ 2013/11/29 00:30 ] [ 編集 ]
  84. 個人的にはドイツ鎧のほうが好きだな。
    [ 2013/11/29 00:30 ] [ 編集 ]
  85. (´・ω・`)かっけえ…
    [ 2013/11/29 00:32 ] [ 編集 ]
  86.  
    西洋の鎧の方がかっけえよ
    ギャンみたいなのとか 盾も痺れるくらい格好良い
    [ 2013/11/29 00:32 ] [ 編集 ]
  87. ジュネーブの骨董品店に日本の甲冑が売ってたけど、めっちゃ小さかった。
    [ 2013/11/29 00:33 ] [ 編集 ]
  88. >仏像

    十二神将とかは明光鎧(三国時代の王公クラスが着ていた鎧)みたいで格好いいな
    [ 2013/11/29 00:35 ] [ 編集 ]
  89. 来年あたり南チョンが「ヨウロビ」とか言う名前で起源主張する
    [ 2013/11/29 00:38 ] [ 編集 ]
  90. 西洋の鎧って見た目より脆いらしいぞ。
    事実、ドイツ騎士団ポーランド連合は弓が主力のモンゴルに惨敗してるし。
    [ 2013/11/29 00:38 ] [ 編集 ]
  91. 前立てが愛のは直江兼続。源義経のもあった。
    [ 2013/11/29 00:41 ] [ 編集 ]
  92. ダースベーダー型の兜と、恐い顔型のマスクが特徴だよね(小並感)
    [ 2013/11/29 00:44 ] [ 編集 ]
  93. ひどい動画だな。

    なんだこの画面の切り替え。
    どうして、だらだら写す甲冑と、一瞬しか写さない甲冑があるんだ。
    頭の悪い撮影者のせいで、すぐれた被写体が台無しだ。
    [ 2013/11/29 00:45 ] [ 編集 ]
  94. 鎧っていうと決まって戦国期終盤の当世具足なのが残念
    俺は信長時代の初期の当世具足や胴丸腹巻、平安の大鎧の方が好きだけど外国人は知らないんだろうね
    信長の時代、具足の形は動画より地味だけど、色合い・指物・陣羽織なんか凄い派手な恰好をしてたし
    普段の着物もド派手、若衆なんてビジュアル系も居た事実。
    NHK大河が忠実に再現し無いから皆知らないんだよね…
    [ 2013/11/29 00:46 ] [ 編集 ]
  95. ダースベーダーってかスターウォーズ自体が侍から多くアイデアを受けてるのは有名な話だと思ってたが
    外国人はそんなことも知らないのか?
    [ 2013/11/29 00:47 ] [ 編集 ]
  96. ちなみにこのレベルの具足を着れるのは最上級の武士だけです。
    9割の雑兵は裸同然で戦っていました。
    [ 2013/11/29 00:47 ] [ 編集 ]
  97. 盛り過ぎ以外で一番ぶっ飛んでるのは蒲生氏郷だと思う
    どう見てもバットマンですありがとうございました
    [ 2013/11/29 00:48 ] [ 編集 ]
  98. I a m y o u r P A P A .
    [ 2013/11/29 00:48 ] [ 編集 ]
  99.  
    古くは土偶や縄文土器のデザインだったり甲冑だったり着物の柄だったり。日本人ってけっこう自己主張できる美的センスも持ち合わせてるんだよな。
    [ 2013/11/29 00:51 ] [ 編集 ]
  100. 虎加藤のが好きだな。烏帽子の側面に日の丸みたいなやつ。
    兜じゃないけど大谷吉継もシシオマコトみたいで格好いい
    [ 2013/11/29 00:52 ] [ 編集 ]
  101. マラサイ、サザビーあたりは完全に山県昌景だなw
    [ 2013/11/29 00:59 ] [ 編集 ]
  102. 戦国期のカッコ良さ、バカっぽさ、煌びやかさ、ガチさは異常
    [ 2013/11/29 01:02 ] [ 編集 ]
  103. あの手の甲冑を身に着けるられる者は武将クラスでしょ
    武将、大将は通常最後部に陣どっていて斬り合う事は稀だから
    防具としては必須でも、実際にはステータスとしての意味合いが
    大きかったのかな。

    [ 2013/11/29 01:04 ] [ 編集 ]
  104. ※96
    足軽が裸同然というのは言い過ぎ、というか嘘だな
    どういうものだったのかは江戸期に書かれた雑兵物語を見れば一目瞭然
    想像以上にちゃんとした装備だよ
    [ 2013/11/29 01:05 ] [ 編集 ]
  105. 保存状態のよさがまた
    [ 2013/11/29 01:08 ] [ 編集 ]
  106. 愛ってのが、びっくり。
    外人が意味もわからずリビングに飾る和風な置物なんかによく、愛って字が使われてるんだよねぇ、それと同じセンスとは。
    しかし愛を頭に抱いて、どういうつもりで戦ったんだ!?
    昔は意味が違ったとか?

    あと、洋画が黒沢映画の影響をどれだけ受けてるか知らない西洋人も多いんだよね、自分が好きな映画が、実は黒沢映画の西洋版ってことを知らない人もいるし。
    そういうの、翻訳して欲しい。
    [ 2013/11/29 01:08 ] [ 編集 ]
  107. そもそも足軽って精鋭部隊だろ
    兵卒にあたるのは雑兵じゃね?
    [ 2013/11/29 01:09 ] [ 編集 ]
  108. ジオン軍将校達の制服カスタマイズもこういうノリだろうな。
    [ 2013/11/29 01:11 ] [ 編集 ]
  109. 室町期の鎧たちも最高なんだけど、たまには平安期の雅まくった鎧たちや、鎌倉期のあの鎌倉武士達の気性そのままのイケイケ感が半端無い鎧たちの事も思い出してあげてください・・・
    [ 2013/11/29 01:12 ] [ 編集 ]
  110. 子供向けの戦隊物とかのコスチュームはかっこいいけどやたら派手というかアホらしいというか
    昆虫とか動物みたなやつを良く考え出すなーと思ってたら
    日本に脈々と続くセンスなんだなww

    日本の良いところはさ、たいした教養なくても、古い物を見ると「あーうんうん」って思えるような連続性のような気がする。
    [ 2013/11/29 01:13 ] [ 編集 ]
  111. とにかく「雑兵物語」で画像検索でもして確認しなよ
    ちゃんとした装備を着用してるから
    [ 2013/11/29 01:13 ] [ 編集 ]
  112. 侍って言う言い方でまちがってはないと思う。
    でも、個人的には、戦国時代は武将もしくは武士って呼んで欲しい。
    外国の人が何でもかんでもサムライって言うのに前々から違和感感じてた。
    [ 2013/11/29 01:17 ] [ 編集 ]
  113. >>■ ダース・ベイダーのヘルメットみたいだ…… :) マレーシア

    そりゃ日本の甲冑からリスペクトしてるんだものー
    ジェダイって言葉も含めてね>SW
    [ 2013/11/29 01:17 ] [ 編集 ]
  114. なぜ武将が鎧をつけ兜をかぶるとかっこいいのか。
    それは、どんな不細工でも体系に難ありでも
    ほとんど隠れて見えないからだ!
    マツコ・デラックスが装備してもたぶんかっこよく
    みえるのだろう・・・
    [ 2013/11/29 01:20 ] [ 編集 ]
  115. ※112
    自分はむしろ逆。
    平氏・源氏の頃から戦国くらいまでが侍、
    江戸や幕末が武士って感じがしっくりくる。
    何でかはわからん。
    [ 2013/11/29 01:22 ] [ 編集 ]
  116. 戦国時代は姫、忍の里、寺社、国衆、水軍、農民などなど、
    武士以外も戦っていたのでここは、いくさ人と呼んでほしいw
    追伸:
    Zガンダムに登場するティターンズのモビルスーツは
    世界の戦士がモデルじゃなくて神話の生物くさいな
    [ 2013/11/29 01:28 ] [ 編集 ]
  117. 日本の鎧ってラメラーアーマーとかに分類されるんだろうか
    [ 2013/11/29 01:29 ] [ 編集 ]
  118.  
    やっぱり信長の甲冑がナンバー1!
    [ 2013/11/29 01:32 ] [ 編集 ]
  119. 刀は美しいと思うけど、鎧を美しいと思ったことはないなぁ
    独特の雰囲気嫌いじゃないけど
    あと機能性とかより目立ってやれ!て方向性に行っちゃったのはまた別の意味で面白いよねw
    愛は直江某、大河にもなった人だがアレもどういうセンスなんだかねぇ


    他の人も言ってるけど、海外にあってもちゃんと大事にしてくれてるならそれでいいと思うよ
    文化財って、人類全体にとっての財産だろうしさ
    [ 2013/11/29 01:33 ] [ 編集 ]
  120. どや顔で、スピルバーグとルーカス間違ってる奴ワロタw
    [ 2013/11/29 01:35 ] [ 編集 ]
  121. 上でも書いてるが愛染明王とか愛宕権現とかからパクったんでね?
    [ 2013/11/29 01:36 ] [ 編集 ]
  122. 鎧は鎧。無理に他所の分類にあてはめる必要はないことを理解すべきだ。
    [ 2013/11/29 01:51 ] [ 編集 ]
  123. 日本の甲冑→ダースベーダーの頭
    スターウォーズのストーリー→隠し砦の三悪人
    オビの一番、黒帯→オビワンケノービ
    時代劇→ジェダイ
    [ 2013/11/29 01:55 ] [ 編集 ]
  124. こうしてみてみると本当にサムライって独特の文化だよなあって思う
    [ 2013/11/29 01:59 ] [ 編集 ]
  125. 当初、ダースベイダーの中の人役に三船敏郎がオファーされてたってのを知らない人が多いのかな・・・。
    [ 2013/11/29 02:00 ] [ 編集 ]
  126. んで三船が断ったからノリユキ・パット・モリタになったんですね
    わかります
    [ 2013/11/29 02:02 ] [ 編集 ]
  127. ルークスカイウォーカーの名前の元ネタも猿飛佐助からきているという話も聞いたことが。
    [ 2013/11/29 02:04 ] [ 編集 ]
  128. 『愛』の前立ては直江兼続のだね。
    すでに言ってる人いるけど、愛染明王の愛だね。
    当時は現代で言う、いわゆる「愛」っていう観念はなかったから。
    男女の愛とかそういう意味ではないよ。
    [ 2013/11/29 02:06 ] [ 編集 ]
  129. 災害あるし、中国の核も怖いし、
    アメリカの空爆や原爆で消失してたのもあるだろうし、
    海外の有名な博物館にあるなら、別にいい。
    半永久的な外交官みたいなものでしょ。
    [ 2013/11/29 02:06 ] [ 編集 ]
  130. いま鎧のプラモってあるのかな。昔はあったよな。
    今ならあれ、外国で売れるんじゃないの?
    [ 2013/11/29 02:07 ] [ 編集 ]
  131. >130
    検索したら、あるじゃん。
    羽田や成田に置くべき。
    [ 2013/11/29 02:09 ] [ 編集 ]
  132. 別に海外にあってもかまわんだろ
    そういった海外に流れていったいろいろな経緯も含めて歴史になるんだから
    文化ってのは大昔から流れて洗練されて昇華していくもんだろ
    経済と同じ
    [ 2013/11/29 02:11 ] [ 編集 ]
  133. 三船敏郎がオファーされたのはオビワンケノービーな
    代役が名優アレックスギネスとかすご

    帯わんけのおびい
    =帯のワン(No.1)くろおびー(黒帯

    因みにハンソロ役に最初オファーされたのはトムセレック
    彼は他の映画の撮影があったので無名のハリソンフォードに役がまわってきた
    [ 2013/11/29 02:12 ] [ 編集 ]
  134. ※133
    俺、30年生きてきたけど、ダースベイダー=三船敏郎だとずっと思ってた。うわ、恥ずかしっ!

    情報ありがとねー。
    [ 2013/11/29 02:16 ] [ 編集 ]
  135. 時代劇だと、役者の顔の表情を見せるために、あのマスクを外すでしょ。あれがダメなんだよ。むしろ平和な時代に育った役者の顔を、あのマスクで隠すべきだろ
    [ 2013/11/29 02:20 ] [ 編集 ]
  136. しかもそのスターウォーズをガンダムF91で逆輸入し…
    [ 2013/11/29 02:21 ] [ 編集 ]
  137. 南蛮甲冑格好いいよね
    和と西洋の融合みたいな感じで
    信長公の南蛮甲冑が好きだな
    [ 2013/11/29 02:21 ] [ 編集 ]
  138. 格好良いけど目立つと狙われるんだよなw
    傾奇者も大変だ
    [ 2013/11/29 02:34 ] [ 編集 ]
  139. 伊達成実の前立てはムカデだな。武田にも百足衆なる部隊があるし
    日本人はムカデ好きだなw
    蜂と百足は神社で神使にもなってるしな
    まあ象徴だろけどな
    西の人がサソリを神聖視する感覚だろな
    [ 2013/11/29 02:36 ] [ 編集 ]
  140. ※138
    いやいや傾奇者は何処でのたれ死んでも後悔せぬもの
    それゆえの自由でござれば命狙われるも一興でござる 花の慶次
    [ 2013/11/29 02:42 ] [ 編集 ]
  141. 海外にあるのってのはほとんど江戸時代以降に輸出品として輸出したものでしょ
    戦国大名のものは国が国宝や文化財に指定して保存してるはず
    [ 2013/11/29 02:42 ] [ 編集 ]
  142. 伊達のはムカデが前進しかしないからというげんかつぎ
    武田のムカデは金堀衆の象徴がムカデなため
    (鉱脈の象徴、製鉄民の象徴とか)
    [ 2013/11/29 02:48 ] [ 編集 ]
  143. >ムカデが前進しかしないからというげんかつぎ

    トンボもそんな理由で好まれてたよなぁ
    [ 2013/11/29 02:53 ] [ 編集 ]
  144. 信玄&勘助のは誰も見たことないし…
    その他は忠実なレプリカだろうけど
    [ 2013/11/29 02:53 ] [ 編集 ]
  145. 誰かカーボンで軽いの作ってよ
    [ 2013/11/29 02:58 ] [ 編集 ]
  146. 稲葉一鉄は兜全体が一つのサザエだよな
    今の感覚だとダメだな
    出オチなので戦う前に笑ってしまって斬られる
    まさかそういう作戦?w
    [ 2013/11/29 03:00 ] [ 編集 ]
  147. 甲冑好きなら愛媛の大山祇神社にカモン
    国宝・重文たくさんあるよ
    ちょー地味だけどね
    [ 2013/11/29 03:03 ] [ 編集 ]
  148. 「愛」はLOVEではないね
    もともとは私利私欲、といった意味の密教用語だった模様

    「愛の戦士、直江兼続」とか言われてるのは
    ある意味不当な気がする・・・

    しかしプレートアーマーの武骨さも好きだけど
    刀+当世具足+陣羽織の凛々しさは異常だぜ
    [ 2013/11/29 03:06 ] [ 編集 ]
  149. 陣羽織は立て襟ロングに限るぜ
    [ 2013/11/29 03:15 ] [ 編集 ]
  150. 雑なカメラワークとエフェクトがしつこくて
    貧相にみえちゃう
    [ 2013/11/29 03:19 ] [ 編集 ]
  151. 西洋鎧のヘビーアマーだと馬から下ろされ倒されて亀状態になるしねー
    重すぎてw
    実際チェーンメイルを着た軽装備な2人でコケさせられて
    短剣などで鎧の隙間からブスブス刺されてたみたいだし

    動きからたら日本の具足のほうが実戦向きだな馬の上でも下馬しても

    動画は、もう少し井伊の具足うつしてほしいなあの綺麗な赤備え
    徳川四天皇なのにいつも本田の影になっちゃうし
    [ 2013/11/29 03:20 ] [ 編集 ]
  152. ベイダー卿のヘルメットは浜松製w
    [ 2013/11/29 03:23 ] [ 編集 ]
  153. 西洋の甲冑もそうだけど、体に合わせて作るから基本オーダーメイドで一式揃えるのは金掛かるんだよな。
    だもんで大量に揃えるために、軽量化や技術革新でコストを下げていったりするんだけど…
    [ 2013/11/29 03:25 ] [ 編集 ]
  154. 誰の鎧かわからなかったら
    戦いの時、誰が誰を討ち取ったか分からなくなるじゃあないか
    [ 2013/11/29 03:26 ] [ 編集 ]
  155. 鎧夢う~♪
    [ 2013/11/29 03:28 ] [ 編集 ]
  156. >>151
    それは単に運用の違いかと。
    [ 2013/11/29 03:36 ] [ 編集 ]
  157. まぁ戦国武将の甲冑は戦闘機の日の丸やモビルスーツのパーソナルカラーやエンブレムみたいなもんだわな。伏兵にはかなり不向き。迷彩で目立たず戦うのは当時ではどちらかと言えば忍の発想だな。
    [ 2013/11/29 03:44 ] [ 編集 ]
  158. 日本の戦国時代の甲冑は意匠が面白くて海外でも人気らしいが、それより十字軍時代の12.3世紀の西洋の鎧は指まで編み込みメッシュで格好いいと思う。
    イギリス貴族の家だったかに有る馬にまで着せる装甲&人間の甲冑の写真を見たら気絶するほど格好良かった。
    日本のは実際に役に立つより実用性より装飾性と意匠で勝負してる様だ。
    [ 2013/11/29 03:50 ] [ 編集 ]
  159.  
    >>84
    わるい、西洋の鎧とかコントの道具にしか見えんw
    一回もカッコイイと思ったことないなぁ。
    [ 2013/11/29 04:00 ] [ 編集 ]
  160. 元々は朝鮮で作られていた鎧が日本に伝わったんだよね。
    その後日本は朝鮮から学んだ技術で独自の鎧を作るようになったんだ。
    [ 2013/11/29 05:12 ] [ 編集 ]
  161. >あんなに重そうな鎧を来たまま戦わないといけないのか。

    大将は戦わないw
    本陣まで攻め込まれたら逃げるか降参→自決か打ち首
    [ 2013/11/29 05:20 ] [ 編集 ]
  162. アメリカ人「海外の博物館とかに収蔵されてることを日本人はどう思ってるんだろ?」

    どこの武家のモノで来歴も調べてくれていれば尚良いね。

    張られた動画を見てると大河ドラマ「独眼竜政宗」のオープニングを思い出す。




    >>160 寝言は寝て言え
    [ 2013/11/29 05:29 ] [ 編集 ]
  163. 名無し
    ダースベイダーをモデルにした鎧を数年前どっかの五月人形が作ったよなw
    外国人にアレを見せてやりたい。

    南蛮胴って、鉄砲伝来とわりかし近い年代には日本に入ってきてたんだね。
    あと、持ってても重いから着ないとかもあったらしくて、
    大坂城には常備してたけど、着るべき奴らが大坂の役では誰も来なかった
    とかあるらしい。上の連中は色々持ってるだろうから、使い分けてたのかね?
    あと、輸入した南蛮胴が戦国・江戸前期で一番強いってわけでもないらしい
    影響を受けて作った和製南蛮や仏胴、伊達家推奨の五枚胴とかのほうが強い
    とか昔何かで見たなぁ。

    兜のデカイ飾りは旗印的なもので、棒の先に付けて
    行軍中や陣で従卒に持たせて自己顕示に使うやつだろ。
    戦う場所は同じデザインの小さめの飾りの物を
    用意してるらしい。全部じゃあ勿論ないだろうけど。
    [ 2013/11/29 05:37 ] [ 編集 ]
  164. 頭の飾りは
    いかに戦場で目立つか
    色々個人で考えて作ってるんだよな
    邪魔になるけど
    鉄砲がある時代に
    大将が前線に立つような事もないしな

    動画の中に源平時代の甲冑っぽいのがあるんだが
    全部戦国時代のものなのかな?
    赤くて兜のサイドがほかのに比べて開いてる様なやつね
    [ 2013/11/29 05:56 ] [ 編集 ]
  165. 現代の夜中でこんなのに遭遇したら絶対漏らすわ
    しかも和室に飾ってる家あるけどあれも相当恐い
    [ 2013/11/29 05:57 ] [ 編集 ]
  166. 無知でアホな俺は、2chの兜まとめスレを見るまで
    あの特徴的な兜は現代人が作った空想の物だと思ってた
    けど有名な歴史的武将がマジであの兜をつけてて凄い衝撃的だった
    そして当時の日本人の遊び心に愛しさと切なさと心強s
    とにかく誇らしかったよ
    [ 2013/11/29 06:08 ] [ 編集 ]
  167. 子供の頃は武者ガンダムが全盛期だったから
    どのデザインも馴染み深いわ
    [ 2013/11/29 06:12 ] [ 編集 ]
  168. ウィーンには徳川家康がスペイン王家に贈った甲冑があるはず。スペインの
    王女がお輿入れする時、ウィーンに持って来て、今はウィーンにある…んだったかな?

    そういうハッキリとした来歴の物もあるけど、明治維新前後に叩き売って
    しまった物の方が多いんだろうな。
    [ 2013/11/29 06:36 ] [ 編集 ]
  169. 刀狩り憎し。
    銃刀法憎し。
    [ 2013/11/29 06:40 ] [ 編集 ]
  170. 諏訪法性の兜がかっこいい。
    [ 2013/11/29 06:45 ] [ 編集 ]
  171. はしごに最初吹いたけど、信玄公ゆかりのものだったとは…法具系とか、武将の宗教心の深さが分かるものも興味深い
    [ 2013/11/29 06:53 ] [ 編集 ]
  172. ロンドン塔にも家康が送った鎧あるよね
    鎧は骨董価値がわからん、作るのに技術要るか?
    [ 2013/11/29 07:01 ] [ 編集 ]
  173. リスク分散としても世界各地の博物館に収蔵されるのは悪い事じゃないよ
    [ 2013/11/29 07:31 ] [ 編集 ]
  174. 鉄砲登場後の鎧って、それ以前のものより魅力あるよな
    [ 2013/11/29 07:39 ] [ 編集 ]
  175. やたらと目立つ兜が多いなw
    [ 2013/11/29 07:40 ] [ 編集 ]
  176. 戦場で使われた鎧は鉄砲の玉を弾いたよ
    記録が残っている、大げさな表現だけど
    雨のように鉄砲玉が鎧に当たっても貫通はしなくて
    無事だった
    [ 2013/11/29 07:45 ] [ 編集 ]
  177. 間も無く、韓国が起源主張しちゃいます。
    [ 2013/11/29 07:50 ] [ 編集 ]
  178. カメラワークが落ち着かなくて目が疲れるな
    [ 2013/11/29 07:56 ] [ 編集 ]
  179. 韓国にもすげーカッコイイ鎧あるじゃん。
    ドラマでちらっと見たことある。
    韓国の博物館行けば見れるかなあ。wwww
    [ 2013/11/29 07:56 ] [ 編集 ]
  180. 車と一緒で西洋は剛を目指し、日本は柔による衝撃吸収を目指す
    鎧に使われる素材の竹はしなやかで、パーツ小分けで衝撃分散、塗装に使う漆もきちんと皮膜を作るのに割れず伸びがいい、弓なんか当たってもへっちゃらですよ
    [ 2013/11/29 08:00 ] [ 編集 ]
  181. 細川忠興だったか、兜の飾りを作るのが趣味で、大名仲間から依頼されて作ってやったら「桐じゃないか!」と文句を言われた。(桐は軽いが強くはない)忠興いわく、大将が兜を被って戦う時とは、敗走するときだ。そんなとき、飾りは邪魔にしかならぬ。すぐ壊れて取れる桐で作るのは当然のことだ、と。
    [ 2013/11/29 08:18 ] [ 編集 ]
  182. スターウォーズのアミダラ女王が
    花魁姿には大笑いした。
    [ 2013/11/29 08:34 ] [ 編集 ]
  183. 大鎧というか、胴丸ばかりじゃなかろうかと
    [ 2013/11/29 08:35 ] [ 編集 ]
  184. 遮那王義経
    ガンダムも甲冑が元ネタなのは割と有名じゃね?
    あと土鬼(ドルク)もどう見ても甲冑だわなw
    映画版ナウシカには出てこないけど

    それはともかく、なんで大鎧が一つだけ混じってんだ?と思ったら、
    あれ義経のなんか‥
    [ 2013/11/29 08:40 ] [ 編集 ]
  185. スターウォーズ自体の根幹に日本文化からインスパイアされた部分
    が多いから、しゃーないっちゃしゃーないんだけどw
    [ 2013/11/29 08:57 ] [ 編集 ]
  186. 武将のエピソードと言えば政宗と兼続の逸話が好きだな。時は江戸、政宗に欠礼(無視)を咎められた兼続が「昔、戦場では後ろ姿しかお見かけしたことないゆえ伊達様だと気付きませんでした」って皮肉かましたやつ。
    [ 2013/11/29 09:02 ] [ 編集 ]
  187. 日本の鎧の材料は、大体革と鉄だろ。
    [ 2013/11/29 09:03 ] [ 編集 ]
  188.  「見える方」の私。親せきの家の鎧(ガラスケースに入ってた)から怨念がすごく出ていて怖かったんだけど、最近処分してくれてホッとしてる。
     処分後に聞いたんだけど、飾りじゃなくて本当に戦場で使われていた本物だったらしい。。。そんなの家の中に入れておくなんて・・・・
    [ 2013/11/29 09:09 ] [ 編集 ]
  189. ※176
    仙台に行ったとき、銃撃を受けた跡のある鎧を見たわw
    当時テストしたらしいね
    [ 2013/11/29 09:10 ] [ 編集 ]
  190.  
    マスクがかっこいい
    [ 2013/11/29 09:13 ] [ 編集 ]
  191. 職人魂を感じる…
    目の前で、これだけの鎧を見たら圧巻
    [ 2013/11/29 09:23 ] [ 編集 ]
  192. 来年の大河は黒田官兵衛らしいな。
    官兵衛といえばドンブリ鉢ひっくり返したような兜。
    でも官兵衛はベレー帽みたいな頭巾の方が大軍師っぽくて好きだの
    [ 2013/11/29 09:35 ] [ 編集 ]
  193. 信長の南蛮胴具足が好きだけどなかったなぁ、てかそれ以外の信長がそもそもあった?
    昔鑑定団でやってたけど、海外の博物館って勉強不足で、脛当て、腕当て、とか能の着物きせてたりとかでメチャクチャで鑑定師の方々が注意してた記憶がある、しかも安全柵があるだけで結構人の手に触れる距離にあったりする。
    まぁ気候が違うからかもしれないけど日本程の展示クオリティではないよ。
    [ 2013/11/29 09:37 ] [ 編集 ]
  194. 銃を防御できる鎧なんて現代でも大変やろw
    [ 2013/11/29 09:38 ] [ 編集 ]
  195. 鎧の重さは年代によって変わる
    室町期までの鎧は基本的に漆で固めたなめし革を重ねて
    紐で縫い合わせたものだから思ったよりも軽い
    鉄砲伝来以降の安土桃山時代に入って作られるようになった
    当世具足だと、基本的に金属製で1枚板から打ち出して作ったり
    したのでかなりの重量がある
    [ 2013/11/29 09:39 ] [ 編集 ]
  196. カメラ下手過ぎ
    [ 2013/11/29 09:41 ] [ 編集 ]
  197. 海外の博物館や美術館できちんとコーナーを設けて展示してあるのなら日本人としてはむしろ歓迎だろう。
    実際ヨーロッパの博物館では100年くらい前のジャポニスム大流行や昨今のサブカルチャーの影響もあって系統的に展示してくれているところは結構多い。
    唯一頭にくるといえば中華文明とゴッチャにされていることがたまにあるくらいか。
    [ 2013/11/29 09:48 ] [ 編集 ]
  198. > 海外の博物館に飾られてるサムライの鎧は日本に帰すべきだな。
    > 自分が身に着けていた鎧が母国にないなんて、
    > そのサムライたちは草葉の陰で泣いてるぞ。 アメリカ

    別に大事に保管してくれるなら海外にあってもいいよな
    むしろ日本だけにまとまってるよりリスクヘッジになるしさ
    いい加減な保管でどっかいっちゃうような博物館なら最悪だけど
    [ 2013/11/29 10:00 ] [ 編集 ]
  199. >ダース・ベイダーのヘルメットみたいだ…… :) マレーシア

    うんまあ、ダースベイダーのモデルだからね、鎧兜は。


    個人的にはやはり伊達正宗の兜が好みだ
    [ 2013/11/29 10:01 ] [ 編集 ]
  200. 日本の鎧兜は防具という意味ももちろんあるが、相手を威嚇するという意味も大きいんだよね。
    だから、大きく見せるために兜に高い飾りをつけたり怖い顔のマスクを付けたりしてたんだ。
    言ってみれば、猫の逆毛みたいなもんだ。でも、その飾りがより芸術性を高めてる。
    本当に美しい。
    [ 2013/11/29 10:05 ] [ 編集 ]
  201. > 海外の博物館に飾られてるサムライの鎧は日本に帰すべきだな。
    > 自分が身に着けていた鎧が母国にないなんて、
    > そのサムライたちは草葉の陰で泣いてるぞ。 アメリカ

    気持ちはありがたいが、存在していること、丁寧に管理されていることが大事なのであって、別にどこにあってもかまわないと思う。
    武士にとって国替えは珍しいことではなかったので
    その範囲が世界に広がっただけだ。
    [ 2013/11/29 10:05 ] [ 編集 ]
  202. これだけ全国に有名御当地いくさ人がいる時代も珍しいな
    (北海道や沖縄にもちゃんといるぞ)
    鉄砲伝来からわずか数年で世界中の鉄砲総数に匹敵する数の鉄砲が
    生産されたというし、最も荒れていたがある意味最も光り輝いていた
    時代でもあるかもしれんな
    [ 2013/11/29 10:07 ] [ 編集 ]
  203. ■ 日本の兜って、やたら飾りがデカイのがあるよねw  アメリカ

    戦国時代あたりから、戦場で自分をアピールする目的で鎧兜を独創的にするのが流行ったからね。論功行賞の際に自分の戦績の証人を得るために。
    中には奇をてらいすぎて棺桶背負ったらデカすぎて動けなくなったりとかいたそうだ。
    [ 2013/11/29 10:09 ] [ 編集 ]
  204. ■ カッコいい! だけど銃を防御できるかって言ったら難しそうだね。 アメリカ

    そうね。それで結構やられてるし実際。長篠での武田とか。
    [ 2013/11/29 10:11 ] [ 編集 ]
  205. 論功行賞といえば可児才蔵だなあ。人呼んで笹の才蔵。
    笹を背負って出陣し、討ち取った首級には笹をさしてマーキングした。
    槍術の師匠は宝蔵院胤栄だそうな。
    [ 2013/11/29 10:16 ] [ 編集 ]
  206. 思想の戦いだね!
    [ 2013/11/29 10:21 ] [ 編集 ]
  207. 敵を威嚇して戦わずして勝つのは兵法にも動物界にも通ずる戦いの神髄w
    [ 2013/11/29 10:29 ] [ 編集 ]
  208. 日本版ダースベイダーって…まさしく、元ネタが日本の甲冑と面当てなんだがw

    >>204
    銃は結構防げるよ。それに竹束なんていう銃を防ぐための道具も考案してる
    竹束を作ったのは武田軍だから、最近は長篠で一方的に撃たれて終わったっていう説も再検証されてるよ
    [ 2013/11/29 10:35 ] [ 編集 ]
  209. 山県や馬場などの歴戦も存命だったんだろ?
    無闇に突っ込むとか考えにくいよなぁ
    [ 2013/11/29 10:38 ] [ 編集 ]
  210. 昔NHKでやっていた山県昌景の戦術検証は韓信なみの冴えで胸熱だったな
    だからただの挟撃にきつつき戦法なんて名付けて
    武田の代名詞のようにするのは恥ずかしいからやめようずw
    しかも失敗してるし・・・
    [ 2013/11/29 10:48 ] [ 編集 ]
  211. 海外の博物館にある
    日本の甲冑は
    大事に保管・展示してくれれば
    何も問題ないよ
    [ 2013/11/29 10:59 ] [ 編集 ]
  212. ぬこ耳とかウサ耳とか、怖い顔のオッサンがかぶっていたかと思うと笑いが込み上げて来るw
    [ 2013/11/29 11:03 ] [ 編集 ]
  213. 興福寺の八部衆立像もクマの被り物とかしてるぞ

    ある意味で如来より悟ってるぞw
    [ 2013/11/29 11:09 ] [ 編集 ]
  214. 戦国時代でも鉄砲の伝来後は信長の鎧みたいに銃弾対策はされていたみたいだね。
    鎧は正当な方法で持ち出された物で大切にしてくれるならそのままでいいかな評価されるならばご先祖様も誇りに思うだろうし^ ^
    [ 2013/11/29 11:11 ] [ 編集 ]
  215. 素敵な金縛りにあいたい
    [ 2013/11/29 11:13 ] [ 編集 ]
  216. むしろ本物の鎧が全て日本にあるというのはそれはそれで問題だと思う
    日本は災害が多いからね
    世界中に分散されている方がリスクマネジメントとしては良い
    その方が後世まで伝えられる可能性が高いだろう
    [ 2013/11/29 11:18 ] [ 編集 ]
  217. アメリカの美術館で日本の鎧や浮世絵を観た事があるけどありがたいし誇らしい気分になれた。日本の文化を評価してくれる人が世界にいるのは幸せな事だよ。
    [ 2013/11/29 11:27 ] [ 編集 ]
  218. 米96
    足軽胴も陣笠も鉄製のものが多く、
    さらに御貸具足とはいえ刀の大小ももった上でさらに
    槍などももっていたわけで。

    一般的な歩兵としては重武装の部類だよ。
    [ 2013/11/29 11:28 ] [ 編集 ]
  219. リアルなオパーイの甲冑もあるよな
    戦国武将自由すぎるだろw
    [ 2013/11/29 11:33 ] [ 編集 ]
  220. >>160
    まぁ~~た始まった、トンスル飲んでろwww
    [ 2013/11/29 11:37 ] [ 編集 ]
  221. >>217
    ある意味、広報大使みたいな物だしね、
    外国で大切に保管されてるならそれはそれで良いと思う
    [ 2013/11/29 11:40 ] [ 編集 ]
  222.  動画編集が酷い…いつの時代の誰のものか時系列で説明つけて欲しかった。大河でしか知らないような素人の私にも、ナルホド・ナルホドって思わせてほしい。
     由来や素材それにスターウォーズとの関係をコメントに残してくれた方、ありがとう!とても面白かった。
    [ 2013/11/29 11:41 ] [ 編集 ]
  223. なぁにおやすいごようよ
    [ 2013/11/29 11:52 ] [ 編集 ]
  224. 大切に保存してくれているなら、外国にあっても問題ないというか、ぜひそのまま保存してくださいと思うけれどな。
    ないがしろにされていたら、また別の感情を持つだろうが。
    [ 2013/11/29 11:54 ] [ 編集 ]
  225. ※189
    江戸時代には、弾痕をノミやタガネで打って再現した
    「なんちゃって鎧」も作られたらしいがな。
    [ 2013/11/29 11:59 ] [ 編集 ]
  226. サムライストアてw
    [ 2013/11/29 12:01 ] [ 編集 ]
  227. 西洋は鉄で作ってるから技術が発達してないあの時期であれはしょうがない
    日本のは製造というよりは組立に近いから自由度が効く
    [ 2013/11/29 12:03 ] [ 編集 ]
  228. 大将は戦わないって言ってる人いるけど戦うだろ?
    戦国時代の大将なんて足軽と変わらん身分から成り上がった武闘派も多いわけで。
    先陣に立つのは考えにくいけどね
    [ 2013/11/29 12:11 ] [ 編集 ]
  229. 直江兼続、豊臣秀吉、織田信長の3人の鎧はわかった
    真っ赤な鎧は武田の赤備え?
    金色は上杉謙信?

    欲しいけど、金もなければ置くところもないわ・・・
    [ 2013/11/29 12:15 ] [ 編集 ]
  230. >■ なんか今でも普通に防具として役立ちそうなのが凄い。 イギリス

    まぁ、コストを無視すれば、銃規制のあるイギリスで暴徒と戦う場合に役立つかもなぁw
    西洋のフルプレートも技術的には凄いし純粋な防御力の面では悪くないけど、コケた時に立ち上がる速度が遅くなるとか、どうしても重さによって動作が勢い余るとか、ただ立っているだけなら甲冑が自重を支えてくれるけど動く時に重さが着用者の体力を奪っていくとかして、どうしても着用者を選びそう。
    [ 2013/11/29 12:16 ] [ 編集 ]
  231. >■ 何が嫌って、日本の鎧は軽い竹とか混凝紙とか、
    >ほとんど重みのない素材で作られてるって信じてる人がいることなんだよ。 カナダ

    まぁ、ネットの海外反応での和具足系記事でありがちだよね。木製だとか。
    うわ出たよ!またそれか!みたいなw

    竹云々は多分、剣道の胴にそういうのがあるので、そこから来ている誤解なのかなぁと最近思う様になってきた。
    表面に漆塗ったり革貼ったりしちゃうと、外見上の区別がつかなくなるしね。
    下手すりゃプラスチック製にも見えてしまう。

    紙云々は、足軽や奉行の被っている陣笠で、鉄製や煉革製のものと一緒に和紙を漆で塗り固めたものが使われていたけど、鎧だと紙製はホントにマイナーで、なかなか資料が見つからない。
    大陸や半島では日本ほどマイナーではないらしいけど。
    ネット上でちらほら話題を見かけるので探してはいるんだけどなー。
    [ 2013/11/29 12:17 ] [ 編集 ]
  232. 西洋の鎧は、トーテンコップ兜とかコド・ピース(ペ○スケース)とかのせいで珍妙なイメージが・・・。
    まぁ、あれがカッコイイと思う人の感性は否定しないが・・・(面白いデザインだとは思うので、そういう意味では大好き)。

    あ、でも、HELLSINGに出てきた十字軍のうちマルタ騎士団の鎧兜デザインはグロカッコイイと思った。
    一方、聖ステパノ騎士団団員の顔についてる嘴は珍妙(面白い)だと思ったけど、実際にああいう兜ってあるんだろうなと思って画像検索したけど見つけられなかった。
    バシネット兜が近いけど、或いは中世のペストマスクのデザインを改造したのかな?
    [ 2013/11/29 12:18 ] [ 編集 ]
  233. 博多の川端通で兜風のキャップ売ってるでw
    [ 2013/11/29 12:18 ] [ 編集 ]
  234. 米117
    >日本の鎧ってラメラーアーマーとかに分類されるんだろうか

    まぁ、当世具足に見られる板札鎧を除けば、構造上はそれが一番近そう。
    ただ、西洋のラメラーアーマーでは、日本にある様な、革札と鉄札を併用した鎧ってあんまり聞かない。
    革札か鉄札いずれかオンリーのラメラーならあるんだけど。

    あと、革札ラメラーの場合、革札の製法が違う。
    西洋の硬い革札(キルボアール)は、革札を油や蝋で煮固めたもの。
    日本の煉革(hardened leather)は、ニカワ水に浸した牛革数枚を貼り合せて金槌で叩いて圧縮して表面に漆を塗ったもの。
    どっちの方が軽くてどっちの方が頑丈なのかちょっと知りたい・・・。

    また、日本のものは、革装甲の表面の上から滑らかな一枚板の革を貼る場合もある(大鎧など)。
    これは、弓弦を引くとき、弦が鎧の表面に引っかからない様にする工夫。
    外見上はラメラーに見えなくなる。
    [ 2013/11/29 12:18 ] [ 編集 ]
  235. 米139
    >日本人はムカデ好きだなw

    ムカデは、竜をも脅かすポテンシャルを秘めた、神の眷属って扱いらしいね。
    元々そういう設定は大陸由来なのか、明代の「五雑俎」に、一尺以上あるムカデは空を飛んで龍を脅かす為、竜が雷で打ち落とすって記述があるとか。

    そのせいか、日本でも大ムカデは竜や大蛇と敵対する存在として見られがちで、赤城神社の祭神にして国津神のボスであるオオナムチ(大国主)はムカデになって、大蛇になった二荒山の神様と戦ったが、敗れた、という伝説もある。
    この地ではムカデは神の眷属なので、殺さずに「ムカデ、ムカデ、赤城へ行け」とか言って外に逃がすらしい。

    で、この神社には、大ムカデ退治で有名な俵藤太が「たわら杉」を献木しているけれど、その俵藤太の退治した大ムカデも、琵琶湖の底に居た竜宮の主、竜神の依頼で退治したもの。
    火雷と共に天地を鳴動させながら三上山を7巻半する巨躯で登場し、黒光りする外骨格は鉄の如く矢をも弾く。竜神を悩ませるほどの強力な存在って設定だった。
    [ 2013/11/29 12:19 ] [ 編集 ]
  236. 海外の美術品だって日本にあるものもある。
    日本の古の傑作が海外にあり公開され、人々になにかを感じさせているのなら、逆に嬉しい事じゃないか。

    [ 2013/11/29 12:20 ] [ 編集 ]
  237. >真っ赤な鎧は武田の赤備え?
    >金色は上杉謙信?

    コメント読んでねーなw
    赤は武田滅亡後、赤備えを自軍に編入した徳川四天王の井伊直政、
    金色は槍の又左こと元傾奇者で加賀百万石の前田利家だと思われ
    [ 2013/11/29 12:24 ] [ 編集 ]
  238. 三上山大ムカデ自体が竜神のコスプレって説もあるがなw
    ついでにタケミカヅチと戦った大ナマズも
    [ 2013/11/29 12:27 ] [ 編集 ]
  239. 鎧の胴って、屈めないよねえ。可動性を犠牲にするっていいんだろうか
    [ 2013/11/29 12:40 ] [ 編集 ]
  240. 源義家が春日大社に奉納した「赤糸縅大鎧」というのが、当時のまま現存する。無修復のまま残る鎧としては最も古いらしい。
    同じく奈良にある吉水神社には、源義経の鎧や静御前の着物が重要文化財として残っている。
    平安時代の鎧兜の方が、カッコいいと思う。
    ちなみに、江戸時代に花魁道中で花魁が着ていた衣装や装飾品の合計は約20㎏なので鎧なみの重さ。
    [ 2013/11/29 12:40 ] [ 編集 ]
  241. 尊敬する立花宗茂の甲冑(8:23)があった!
    [ 2013/11/29 12:43 ] [ 編集 ]
  242. 江戸時代は太平の世だったので、旗本の多くは先祖伝来の鎧を質に入れている人が多かったそうな。
    戊辰戦争の際、急いで鎧甲冑を手に入れたが、付け方が分からなかったらしい。
    [ 2013/11/29 12:43 ] [ 編集 ]
  243. ※160
    モンゴル伝来の綿製のダサい鎧しかなかった朝鮮人が何だって?
    くだらない釣りは2chだけでやってろ、馬鹿ゆとり。
    [ 2013/11/29 12:48 ] [ 編集 ]
  244. ちなみに井伊直政は養子で先代は直虎という女将。
    山県昌景の力量を見抜いて戦っても勝てないと降伏した名将。
    戦国時代はクシャナ殿下もびっくりの
    女将(海賊巫女や巫女忍者や尼僧の大将含む)などもけっこういて
    調べると面白いぞ
    [ 2013/11/29 12:50 ] [ 編集 ]
  245. ※231

    雑兵に与える簡易で安価な鎧(胸当て?)が紙製と思ってた。
    ソースが小説だからフィクションなのかな(^^;
    [ 2013/11/29 12:53 ] [ 編集 ]
  246. 日本は天災が多いからね。日本だけに歴史遺産があったら消滅しちゃう。リスク分散の為にも海外にある程度あったほうがいいね。それに良い宣伝にもなるしw
    [ 2013/11/29 12:57 ] [ 編集 ]
  247. 家にも昔からの朱鎧が置いてあるよ。 うちの子供達が小さい頃は、ワルい事をするとこの鎧武者が夜中お前らを拐いに来ると脅せば効果絶大で、そりゃ何度も楽しませてもらったなぁw。
    一回売ってしまおうと思った事があったが、あまりに安値でヤメた(泣
    でもやっぱり邪魔くさくて、未だにどうしたらいいかわからない。
    [ 2013/11/29 13:08 ] [ 編集 ]
  248. スターウォーズは日本映画をオマージュして制作されたって事を知らないアメリカ人が結構多いんだなw

    「日本版ダースベーダー」では無く、ダースベーダーのデザインが日本のサムライの兜をパクって真似たもの。
    だから似ていて当然なんだよw
    ルークが着ている衣装も、日本の着物というか柔道着みたいなデザインしてるのも同じ理由。

    主人公や敵役が、レーザーガンでは無くなぜか剣を武器にしてちゃんばらやるのも、元々が日本の隠し砦の三悪人からヒントを得て制作された映画だからなんだよ。

    ただアメリカ人が偉いのは、朝鮮グック猿のように、パクっておいて「ウリが起源ニダ!!」というようなブザマなウリジナルを主張しないとこだね。

    まあ人間なら当然かw
    さすがにヒトモドキの朝鮮猿みたいなゴミクズ民族とか他に存在しないわなwww
    [ 2013/11/29 13:13 ] [ 編集 ]
  249. ちなみに、三船敏郎はジョージ・ルーカスから再三に渡りスターウォーズへの出演を依頼されたが、
    ※ジョージ・ルーカスは黒澤映画と三船の大ファンだった

    スターウォーズの脚本を見た三船敏郎は「子供向けの映画になど出る気は無い!」との理由で断ってしまう。
    [ 2013/11/29 13:18 ] [ 編集 ]
  250. 確かダースベーダーのモデルは伊達政宗の角が無い方の鎧だった気がする
    [ 2013/11/29 13:41 ] [ 編集 ]
  251. >海賊巫女や巫女忍者や尼僧の大将含む

    大祝鶴姫
    十代で大内水軍を三度撃退

    望月千代女
    武田の諜報と諜報員育成を担う歩き巫女。正体は忍者

    妙林尼
    籠城で島津を16度撃退。その後、奇襲で大勝。

    もしくは寿桂尼
    今川義元の生母。今川の女帝w
    遺言は「墓は北東(武田方面)に。死して今川の守護神とならん」

    これでおk?w
    超男女平等ww
    [ 2013/11/29 13:43 ] [ 編集 ]
  252. くるぞ、くるぞくるぞ!
    起源主張くるぞ
    [ 2013/11/29 13:46 ] [ 編集 ]
  253. 玩具というか五月人形のダースベイダーの鎧飾りあるね
    高いけど外人喜びそうだな
    ttp://www.yoshitoku.co.jp/products/list.php?category_id=10
    [ 2013/11/29 13:49 ] [ 編集 ]
  254. 角飾りは将になると自由に選べるんだっけ?
    まぁ上司より目立つのは自重するんだろうけど(笑)

    俺が将ならクワガタ選ぶな
    [ 2013/11/29 13:56 ] [ 編集 ]
  255. もし戦国武将なら角飾りはゴブラがいい。そんな俺はインターナショナル
    [ 2013/11/29 14:12 ] [ 編集 ]
  256. なんだゴブラってw
    コブラに訂正
    [ 2013/11/29 14:15 ] [ 編集 ]
  257. >■ ウォー、カッケー! 
    >  自分が装着したらどんな感じになるのか想像しちゃうぜ! オーストラリア

    黒坊主 弥助という黒人戦国武将なら実際 織田家にいたぜ
    [ 2013/11/29 14:33 ] [ 編集 ]
  258. 酷い動画で酔った
    素材が良くても撮影と編集でだいなし
    [ 2013/11/29 14:37 ] [ 編集 ]
  259. 鎧は西洋のも凄いわな。
    フルプレートとか衝撃的だったわ。
    [ 2013/11/29 14:48 ] [ 編集 ]
  260. 黒人の弥助は相撲好きの信長の大のお気に入りになって森蘭丸より階級高かったんだよな
    その力は10人力で当家に適う者なしとか言われてるし

    もともとは宣教師が連れてきた奴隷階級だったのが大出世(笑)

    本能寺の変で一軍の将になる前に行方不明
    (一説によると明智軍に捕らえられたが光秀に織田家にゆかりの無い者だからと言われて釈放されてどっかに行った)
    昔は大河ドラマとかにも出てたけど最近出ないね

    曹操の典偉が三国無双に出てんだから弥助も戦国無双とかに出せばいいのに
    やっぱ人種云々でうるさいのかね
    [ 2013/11/29 14:48 ] [ 編集 ]
  261. 海外でも複数うpされてるけどうかつに英語でコメするなよ
    世界中から兜オタや日本オタから専門的な長文メール来るから( ゚ ρ ゚ )。ポーランドの日本文化勉強してる生徒とは何度もやりあった。非常に面倒だった(・ω・`)
    甲冑オタは確実に海外の方が多いね
    [ 2013/11/29 14:56 ] [ 編集 ]
  262. 西洋の鎧は日本の土地と武器には合わないんだよ
    殺陣も上手くできないしね

    だから新しい物好きの信長も胴しか付けてない

    南蛮鉄は頑丈で質がいいって評判だったけどね
    [ 2013/11/29 14:59 ] [ 編集 ]
  263. ※247
    鎧が邪魔臭い?
    具足櫃に入れとけばコンパクトに収まるじゃん。
    先祖は武士じゃ無いの?
    [ 2013/11/29 15:04 ] [ 編集 ]
  264. 当世具足はほぼ慶長期以降だよネ?

    ちなみに信長が動画にあるような銀ぴかの南蛮胴ぽい鎧を身に着けていたかどうかは実のところ不明らしい。
    唯一、南蛮ぽい兜が長篠合戦図屏風に描かれてるのみ。
    [ 2013/11/29 15:08 ] [ 編集 ]
  265. 刀は武士の魂。甲冑は武士の生き様。
    [ 2013/11/29 15:16 ] [ 編集 ]
  266. そもそも信長とか大御所の大名はしょっちゅう新しい鎧作ってるから何種類もあるんだよ
    お古は家臣にあげたりしてる

    天下人が入れ代わったり大平の世が続いて残ってるのが少ないだけ
    [ 2013/11/29 15:20 ] [ 編集 ]
  267. 刀が武士の魂になったのは最低でも刀狩り以降だろ
    戦国期のはサブウエポンに過ぎない
    [ 2013/11/29 15:25 ] [ 編集 ]
  268. 逆だ逆

    鎌倉武士とかその辺の時代から武士の魂だから常に磨いとけみたいな事言ってて
    サブウェポンになってからもその名残で武士の魂と言われ続けた

    まぁ名刀と剣術は武士のアイデンティティだったしね

    江戸時代も剣の腕で一財産築けたし
    [ 2013/11/29 15:43 ] [ 編集 ]
  269. 海外で保管されてるものがあってもいいと思う。
    日本は地震とか多いし。
    [ 2013/11/29 15:47 ] [ 編集 ]
  270. いやいや、鎌倉武士の誰が何て言ってたのか知らんけど鎌倉時代の主力は弓だし、武家以外でも刀ぐらい持ってたから
    [ 2013/11/29 15:51 ] [ 編集 ]
  271. 戦国時代も剣術は盛んだったぞ
    足利義輝なんて死客切り倒しまくってたし
    [ 2013/11/29 15:55 ] [ 編集 ]
  272. いやいや
    だから武士の魂って言われてたのが先で後にサブウェポン化だから

    順序が逆
    [ 2013/11/29 15:56 ] [ 編集 ]
  273. 弓だけで戦える訳ないだろ
    [ 2013/11/29 16:03 ] [ 編集 ]
  274. やれやれだぜ
    太刀は平安時代の中から後期にかけて発達し、鎌倉武士の時代に完成した。鎌倉時代の古刀は、刀の原料の玉鋼の精錬方法からして現代と異なるらしく、しかも戦国時代の乱造によりその技術は失われ、現代科学をもって解析してもその失われた技術の復活は成っていないという。
     
     このように、まず、太刀は刀より古い武器である。
     そして、鎌倉武士の主武器は弓であり、雑兵の主武器は槍や薙刀であり、刀は補助武器だった。馬上で武者が一騎討ちに使ったり、群がる雑兵を馬上より叩き斬るのに使っていた。一騎討ちにおいても、振り回す勢いで相手を馬からたたき落とすのが目的で、落としたら自分も下り、組み合って首をとるわけだが、太刀なんかほっぽりだして短刀を使っていた。短刀は、刃を上にして、帯に直接差していた。
     したがって鎧姿で太刀を装備するのが想定で、刃を下にして、紐で鞘ごと腰帯からぶらさげていた。
     
     それを太刀を帯びる(おびる)、佩く(はく)という。
     
     それは室町時代から戦国時代にかけても、鎧姿では太刀・陣太刀を使い、槍が鉄砲に変わるときはあっても、接近戦では太刀で打ち合い、取っ組み合ってからは短刀が主武器で、敵の首をとっていた。(その取っ組み合いから柔術が生まれた。)
     
     ところが、室町の後期ごろから、戦国にかけて、平服姿では太刀に変わって刀が登場する。刀は、刃を上にして、腰帯に直接差す。つまり、刀を「差す」。ようするにそれまでの短刀のでかいバージョンだろう。
    [ 2013/11/29 16:15 ] [ 編集 ]
  275. ※186
    家康からの全面戦争回避しろって書状来るまでは
    上杉の城1日で落としたりしてるけど
    書状来てからは牽制&撤退しまくってたからー
    [ 2013/11/29 16:19 ] [ 編集 ]
  276. 主力は弓ってのは集団戦法の話
    武士の魂とは最後の最後まで自分の命と共にある切り札の事

    そもそも太刀と刀を分けて考えるようになったのが近代

    なんかウダウダほざいてる奴は完全に的外れだな

    刀狩りとか何時の話だと思ってんだか
    [ 2013/11/29 16:24 ] [ 編集 ]
  277. じゃあ魂でいいんじゃねーか?w
    [ 2013/11/29 16:26 ] [ 編集 ]
  278. 弓の方がどう考えても武士階級とか関係ない兵士を用いた集団戦の主力だろ
    名刀をアイデンティティとして常に磨いていたのが武士

    そもそも兵士が持ってた大量生産品は武士の魂と呼ぶには遠く及ばない劣化品で刀の質を大きく落とした

    室町時代も既に武士階級はこぞって名刀を欲しがり名刀は武士階級のアイデンティティだった

    剣術一つで財産を築ける時代は戦国時代が終わってからも続いた
    [ 2013/11/29 16:35 ] [ 編集 ]
  279. 単騎騎射戦も知らんのか…
    [ 2013/11/29 16:36 ] [ 編集 ]
  280. ラグビー部員に一日甲冑を着せるって実験してたけど日本の鎧ってめちゃくちゃ運動しやすくてラグビーの練習にはまったく問題はなかったらしい
    その代わり座ってくつろいだりねっころがったりってのができないんだと
    [ 2013/11/29 16:36 ] [ 編集 ]
  281. 単騎騎射戦(笑)

    だから弓ってのは超便利な飛び道具の域を出ないんだよ(笑)

    弓が魂だった時代があるか?弓がどんなに流行ろうと侍が刀を自ら手放した時代があるか?

    ホント話せば話すほど的外れだな
    [ 2013/11/29 16:42 ] [ 編集 ]
  282. 魂とか言ってる奴は消えてどうぞ。そういうしみったれた精神主義の奴が湧くとこういうスレはだいたい荒れる
    [ 2013/11/29 16:44 ] [ 編集 ]
  283. 弓ってのは今でいう銃とかの下位属性で飛び道具なんてのはその時代の最先端を持ってりゃいいだけだけど

    刀は象徴というかそういうのとはもはや別ジャンルだよね
    [ 2013/11/29 16:46 ] [ 編集 ]
  284. プッw

    無知が適当にアホ説唱えて逆ギレしやがった
    [ 2013/11/29 16:50 ] [ 編集 ]
  285. アマテラスおしと同一人物だろ。下品さと頭の悪さが瓜二つだw
    [ 2013/11/29 16:57 ] [ 編集 ]
  286. まぁ武人の象徴だよな
    刀は
    [ 2013/11/29 16:57 ] [ 編集 ]
  287. 最近日本の魂や神話の話になると出鱈目で泥塗りたがる荒らしが沸いてるのたまに見るね

    刀狩り以前は刀は武士の魂じゃなかったとか始めて聞いたわ

    ありえないけど
    [ 2013/11/29 17:01 ] [ 編集 ]
  288. 自演もそっくりw
    [ 2013/11/29 17:02 ] [ 編集 ]
  289. 武士が自らいざ鎌倉の精神で手入れする武器なんて刀ぐらいだろ

    矢は労働者に作らせた大量生産だろうし

    そういや近藤勇って本物のコテツは温存して別の刀使ってたらしいな
    [ 2013/11/29 17:09 ] [ 編集 ]
  290. まためんどくさいのがいるな
    刀の話はスレチなんですが
    [ 2013/11/29 17:11 ] [ 編集 ]
  291. やれやれだぜさんは自演でトチ狂って何言ってんだ?
    弓なんて撃ちきったら終わり

    最後の最後に自分の命を繋ぎ命を委ねるのは何時の時代も刀と剣術

    だからサブウェポンって認識すら間違いで実際には最後の切り札
    [ 2013/11/29 17:13 ] [ 編集 ]
  292. 直江兼継の兜はカッコイイ。
    [ 2013/11/29 17:21 ] [ 編集 ]
  293. うちの祖先の鎧は市立郷土資料館に展示してある(らしい、大昔に見た)。日本の有名武将は日本国内の博物館にあるんだけどね。
    [ 2013/11/29 17:33 ] [ 編集 ]
  294. 何かここのコメ読んでると
    「鉄を日本に伝えたのは中国と朝鮮ですよw武士の魂と言われている刀は鉄製ですよね?つまり侍の起源は朝鮮で問題ないです」
    とか言ってた韓国人思い出すな
    [ 2013/11/29 17:35 ] [ 編集 ]
  295. 自分の父親の実家は豪商だったので、それこそ大名までがお金を借りに
    来てたとか。その質草の鎧や刀が倉に山ほどあったらしいけど
    太平洋戦争時に、お国のためにと1個残らず差し出したので
    今は何も残っていない
    [ 2013/11/29 17:37 ] [ 編集 ]
  296. 何回見ても日本の甲冑は、美しいよね。
    他の国と比べても、こんなに装飾に凝ってる甲冑はない気がする。
    なんか、デザイン的というか、実用とは関係ないことで凝るところが現代日本人にも、通じるとこがあると思う。
    [ 2013/11/29 17:47 ] [ 編集 ]
  297. 「愛」の前立てより白石宗実の「也」の前立ての方が好きw
    あの跳ね具合がw
    [ 2013/11/29 18:21 ] [ 編集 ]
  298. あの顔の部分が怖そうで好き。
    実際、戦う時も顔部分って装着してたの?
    ドラマだと顔まるだしだけど。
    [ 2013/11/29 18:34 ] [ 編集 ]
  299. 「東海一の弓取り」という褒め言葉がありますが。
    生き残ることが最優先の戦国時代は弓と槍。
    「ちゃんばらする俺かっけー!」なんていってられないんですが
    [ 2013/11/29 18:36 ] [ 編集 ]
  300. 分かってる奴は分かってるんだから釣るなって…
    [ 2013/11/29 18:40 ] [ 編集 ]
  301. ※287
    > 最近日本の魂や神話の話になると出鱈目で泥塗りたがる荒らしが沸いてるのたまに見るね

    歴史も文化も何も無いから、日本の歴史と文化に嫉妬する事しか出来ない負け犬在日キョッポには良くある事w
    [ 2013/11/29 18:42 ] [ 編集 ]
  302. 大切に保管して、芸術品とか歴史的産物として
    見てくれているのは、日本人としては嬉しいね。
    [ 2013/11/29 18:44 ] [ 編集 ]
  303.  
    「世界中の人間が日本のサムライの刀を賞賛してるけど
    刀なんて大した事無いニダ!」

    「刀なんて武士の魂でも何でも無いニダ!」

    「悔しいニダ!悔しいニダ!悔しいニダ!」


    負け犬棄民の寄生虫の在日ゴキブリが今日も泣きわめいているようですね^^
    [ 2013/11/29 18:47 ] [ 編集 ]
  304.  
    ※298
    顔の部分は面頬
    残ってる絵などでは付けている様子があまりないらしい
    絵描きが写実してるとは限らないけど、着用してんない武士の方が多かったのかもね
    付けてる人もいたんだろうけど
    [ 2013/11/29 18:55 ] [ 編集 ]
  305. ノブナガの鎧はやっぱかっこいいな
    和洋折衷って感じでいいわぁ
    海外でも大事にしてくれて起源主張しなかったら問題ないかな、見て興味もったら尚良しだし
    [ 2013/11/29 19:03 ] [ 編集 ]
  306. 米4
    んな訳ねぇだろボケが。韓国人はてめえだよ。
    先祖の鎧兜が紛失したと思ったら海外の博物館に飾られていたと嘆いている人もいんだよ。返して欲しいといっても知らぬ存ぜぬが現状。
    [ 2013/11/29 19:05 ] [ 編集 ]
  307. 一つ言うと、刀と太刀に明確な分類なんか無いよ。
    それと、戦で何が主役なのかも、意味のない事。
    じゃ、鉄砲が主役?
    当時のことなら。
    魂がどこにあってもいいじゃない。
    それは、人の心の中の問題でしょ。
    [ 2013/11/29 19:07 ] [ 編集 ]
  308. 0.6mmの鉄製でも10~14キロと思ったより重くないらしい。
    ttp://www.samurai-store.jp/

    十分重いって?陸上自衛隊の装着重量を調べてから言ってほしいw
    [ 2013/11/29 19:07 ] [ 編集 ]
  309. ほらみろw
    打刀と太刀は一緒なんだとw
    主力戦闘機にも意味がないそうだw
    以前からムチャクチャですw
    ^^や鎌倉君よりはるかに面倒臭い
    [ 2013/11/29 19:16 ] [ 編集 ]
  310. 「弓馬の道」「槍の功名」という言葉はよく聞くが、
    「刀の手柄」といった言葉は聞かんな、そういえば。
    [ 2013/11/29 19:16 ] [ 編集 ]
  311. だから何?w
    [ 2013/11/29 19:20 ] [ 編集 ]
  312.  
    「刀なんて武士の魂でも何でも無いニダ!」

    「悔しいニダ!悔しいニダ!悔しいニダ!」


    万年属国のエベンキ朝鮮猿には歴史も文化も何も無いから、日本の歴史と文化に嫉妬してケチを付ける事しか出来ない、寄生虫在日ゴキブリが必死(苦笑)
    [ 2013/11/29 19:22 ] [ 編集 ]
  313. 侍や忍者映画の需要は世界中にあるんだよな。
    日本でもっと時代劇が生み出されれば世の中がおもしろくなる。
    [ 2013/11/29 19:23 ] [ 編集 ]
  314. いや、当世具足なら、至近距離でないのなら銃を防御できる。当時の鉄砲の弾丸は椎の実の形じゃなくて、丸だったから空気抵抗が大きくて、50mを越えたら威力が空気抵抗によって半減した。この鎧は、合戦の主流が銃撃戦になると見越した信長が作らせた。五枚胴で、ただの胴丸に比べたら機動力に難がある。重量が50キロほどになる。ただ、騎士のフルプレートと同様に、重量が均等になるように設計されてるから、前転したりと軽快に動ける。欠点は、走れないのと、倒されたら起きあがれない。
    [ 2013/11/29 19:30 ] [ 編集 ]
  315. 若い頃に30万くらいで買ったレプリカの鎧を持っている、
    でも子供の日に甥っ子の為に飾ってあげようと実家に持っていったらそのままずーっと実家の床の間に飾られる事になっちまった.
    orz
    [ 2013/11/29 19:48 ] [ 編集 ]
  316. ※312さん

    大丈夫だから。

    韓国の方、気を悪くしないでください。
    いろいろ、いろいろ
    でも、そう思われないように、少し考えるべきでは?
    ひがみではなく、嫉妬でもなく、さげすみでもなく。
    そう思われるのも腹が立つでしょう。
    考えて。
    [ 2013/11/29 19:58 ] [ 編集 ]
  317. 在日ペクチョン嫉妬ファビョンw
    [ 2013/11/29 20:05 ] [ 編集 ]
  318. 本国の朝鮮猿からすら馬鹿にされて嫌われている、負け犬棄民の在日ゴキブリって生きてる価値あるのかな?(´・ω・`)
    [ 2013/11/29 20:06 ] [ 編集 ]
  319. あんた達は、在日朝鮮人の何を、知ってるの?
    あんた達は、見たこともない人を、人間を。
    ただ、面白半分、中途半端に知った知識半分で、結局何もわかってない。
    [ 2013/11/29 20:20 ] [ 編集 ]
  320. 大阪歴史博物館の特別展にますます行きたくなった。
    [ 2013/11/29 20:23 ] [ 編集 ]
  321. 起源主張する韓国人が多いから色々調べてみた。

    結論から言うと、日本の鎧は本当に朝鮮が起源だったよ。
    鎧だけでなく他にも朝鮮起源のものがたくさん分かった。

    寿司や天ぷらなんかも朝鮮から伝わったものだとは知らなかった。
    無知な自分が恥ずかしい。
    [ 2013/11/29 20:34 ] [ 編集 ]
  322. その根拠は?
    [ 2013/11/29 20:44 ] [ 編集 ]
  323. ※321
    何?仲裁のためのジョークのつもりか?じゃあ一応笑っとくか。ははは
    [ 2013/11/29 20:47 ] [ 編集 ]
  324. 日本は歴史的に、起源みたいな、しょうもない主張は、しないの。
    起源主張しなくても、ちゃんと、しっかりした文化があるの。
    だから、分かるの。
    [ 2013/11/29 20:53 ] [ 編集 ]
  325. 仲良く甲冑談義に花咲かせようず(´・ω・`)
    [ 2013/11/29 20:53 ] [ 編集 ]
  326. 色合いといいデザインといい、伊達正宗のが最高だと思う
    [ 2013/11/29 21:01 ] [ 編集 ]
  327. ファミコン~プレステの信長の野望世代からすると
    面甲付きの甲冑は高坂弾正を思い出すw
    俺だけじゃないはずw
    [ 2013/11/29 21:03 ] [ 編集 ]
  328. ここまで幸村の甲冑の話無し。かなり格好よいと思うけどな。白マントが似合うぜ
    [ 2013/11/29 21:06 ] [ 編集 ]
  329. 信長の甲冑は、本当に南蛮鎧だったんだろうか?
    [ 2013/11/29 21:09 ] [ 編集 ]
  330. 敗戦で戦勝国が盗んでいった事実を日本人は知らないんだなw
    世界一のお花畑アホよw
    [ 2013/11/29 21:10 ] [ 編集 ]
  331. 真田の赤備えも武田の残存兵だろ?
    井伊のもだよな?
    大坂の陣は赤備え同士、敵味方にわかれたのかな
    [ 2013/11/29 21:15 ] [ 編集 ]
  332. 幸村が幽閉されている間、なりをひそめていたというのか
    [ 2013/11/29 21:21 ] [ 編集 ]
  333. ああ、鹿児島の丸武産業の展覧会か。
    国内の撮影用や博物館用のレプリカはほとんどここで作ってんだよね。
    オフィシャルサイトに自社製品の説明があるから、どの甲冑がどの武将かわかりますよ。
    (一部、素人にはわからない、歴史上ありえない捏造品もあるが、それも発注者の依頼なので・・w)
    [ 2013/11/29 21:45 ] [ 編集 ]
  334. 平安時代から鎌倉期までは「弓馬の道」こそ武士の象徴とされ、
    戦国期では刀は少なくとも成人男子なら誰しも持ち歩いており、百姓(地侍、商人、農民などの総称)の中には戦闘員であれ非戦闘員であれ合戦には必ず携行したであろうから武士の魂とは言い難い。

    甲冑の発展はその時代時代の戦闘方法の変化によるもので、
    なぜ平安時代に「大鎧」が流行したのか、また戦国時代末期に「当世具足」が流行したのか、刀という武器だけで説明するには明らかに無理があります。

    [ 2013/11/29 21:49 ] [ 編集 ]
  335. 陣頭で自ら戦った大将は逸話も含めればけっこういますよ。大名ですら。蛮勇だとはされていますが。士気を鼓舞するのが目的でしょうから一騎駆けのような無茶はしないでしょうけどねたぶん。
    [ 2013/11/29 21:49 ] [ 編集 ]
  336. 赤を備えれば、赤備え。
    その他、雑兵を含めれば、赤備え完了。
    皆、赤であれば全てよし。
    少数の仕官と、
    訓練あればよし。
    [ 2013/11/29 21:50 ] [ 編集 ]
  337. ※314
    ところで当世具足(戦国末から江戸の甲冑)で日本最重量といわれる甲冑は約35㎏なんですね。有名な伊達政宗の鉄板五枚胴も約25kg弱といったところ。
    で、これらは信長の時代にはまだないんです。秀吉の小田原征伐以降からかな。信長の死からわずか10年くらいの差だけど、技術の進歩と流行ってのはやっぱ違いが大きい。
    [ 2013/11/29 22:01 ] [ 編集 ]
  338. 最初のウチは本当にただ実用性重視の鎧だったんだが、武将の間に傾き者の思想が流行ったり茶の湯が流行ったり、文化から影響されるにつれ華美な装飾が求められるようになった

    日本人は今とほとんど変わらんなw
    [ 2013/11/29 22:10 ] [ 編集 ]
  339. 蜻蛉切、日本号、片鎌槍(十文字槍)、皆朱槍…
    武将や武勇を象徴する槍はいくつか知ってるけど刀は宝刀しか聞かんな
    何かあったっけ?
    [ 2013/11/29 22:22 ] [ 編集 ]
  340.  
    >実用性

    こういう特別な甲冑を着るような人が戦う時点で、負け戦だしなあ。
    [ 2013/11/29 22:30 ] [ 編集 ]
  341. ※134
    俺もずっと三船敏郎がオファーされたのはオビ=ワンだと信じてたけど、ダース・ベイダー役での依頼だったのが本当みたい
    娘の三船美佳が証言してます
    でも三船敏郎の顔を意識したオビ=ワンの資料設定も存在することから、ルーカス側はどっちにしろ出演して欲しかったんだろうなぁ
    [ 2013/11/29 22:32 ] [ 編集 ]
  342. 負け戦を勝ち戦にするのが傾奇者の(以下略)
    [ 2013/11/29 22:33 ] [ 編集 ]
  343. 戦国時代の武将の美的センスはハイレベルだぞ。甲冑だけでなく陣羽織や帽子とかも。
    [ 2013/11/29 22:46 ] [ 編集 ]
  344. 安土桃山は文化芸術もハイレベル。みんな好きな時代があるだろうから異論は認める
    [ 2013/11/29 22:47 ] [ 編集 ]
  345. 家に鎧あるわ。
    着てみると意外に重くて、これで戦場を走り回るとか無理ゲーって感じ。
    [ 2013/11/29 22:51 ] [ 編集 ]
  346. サムライではなく、大名の甲冑が多数な件・・・
    [ 2013/11/29 22:52 ] [ 編集 ]
  347. 身長16?の信玄で大男らしかったからな。それでも残ってる絵では俵を二俵ぐらい担いでるという…。宣教師が愉快なドワーフの国と形容したのも何となく…
    [ 2013/11/29 22:56 ] [ 編集 ]
  348. コレ見に行ったわ。良かった
    [ 2013/11/29 23:00 ] [ 編集 ]
  349. サムライトルーパーとか今やったら超流行るんじゃね?
    [ 2013/11/29 23:27 ] [ 編集 ]
  350. 鶴姫の鎧って凄いきれいだよな。
    [ 2013/11/29 23:31 ] [ 編集 ]
  351. 着脱が意外と簡単だったような
    所さんの番組でまるで脱皮するかのように鎧脱いでまた着ていたような
    [ 2013/11/29 23:34 ] [ 編集 ]
  352. >鶴姫の鎧って凄いきれいだよな

    綺麗というかエロすw
    [ 2013/11/29 23:51 ] [ 編集 ]
  353. 前線の兵士の鎧はわりとすぐに着られるような構造になってたはず。

    でも武将の飾り鎧は色々くっついてるから知らんw
    [ 2013/11/30 00:04 ] [ 編集 ]
  354. 外国人って全員甲冑着て戦ってたって思ってるんかな?
    夢を見すぎなような・・・
    外国人は足軽を知っているのだろうか・・・
    [ 2013/11/30 00:21 ] [ 編集 ]
  355. ※341
    「オビ=ワンやってくんない?」
     ↓
    「子ども向け作品はヤダ」
     ↓
    「そこをなんとか」
     ↓
    「かっこ悪いからヤダ」
     ↓
    「じゃあベイダー卿とかどうよ?」
     ↓
    「顔見えねえじゃねーか!」

    うろ覚えだけどたしかこんな感じ
    [ 2013/11/30 00:41 ] [ 編集 ]
  356. 外人の高テンションがよくわからない

    日本人より好きなんじゃね?サムライ、ヨロイ

    レンブラントだったか、ネーデルランドの画家も集めてたよね

    海外にあることについて日本人はどう思ってるのかってコメントあるが
    むしろ世界の人にみて貰えて嬉しいと思ってそうな

    [ 2013/11/30 00:46 ] [ 編集 ]
  357. アレック・ギネスはこんな子供じみた作品引き受けるんじゃなかったって
    後悔してたとどっかでみたな

    オビワンが唯一格好よくて好きだったから、悲しかった
    [ 2013/11/30 00:51 ] [ 編集 ]
  358. ヨーダ一択だわ
    [ 2013/11/30 00:58 ] [ 編集 ]
  359. いつも不思議なんだけど日本語使えるちょうせんじんが
    何故こんなとこでコメントするんだろう?
    日本語通じてる分、それが逆効果な事も
    分かりそうなもんだけど。

    そんなに、、、思考力無いの、かな?
    一応人間だよね?ホモサピエンスだよね?
    [ 2013/11/30 03:19 ] [ 編集 ]
  360. 戦国モノってあまり好きじゃないから見ないのだけど、リアルのものがこんだけそろうと壮観だな
    [ 2013/11/30 08:41 ] [ 編集 ]
  361. ※359
    万年属国民族の負け犬民族チョン猿が、宗主国日本様の言葉を覚えるのは植民地猿の義務ですからw

    そんな負け犬民族チョン猿の中でも最下層の犬が、日本で惨めな寄生虫人生続けている『通名在日ゴキブリ』ですwww
    [ 2013/11/30 08:53 ] [ 編集 ]
  362. 鎧の韓国起源説が間も無くはじまるよー。
    [ 2013/11/30 10:04 ] [ 編集 ]
  363. 刀や兜を見ても見慣れてるからふ~んしか思わないが
    外国人を魅了してしまうらしいな
    [ 2013/11/30 11:42 ] [ 編集 ]
  364. 明治や終戦頃の所有者の経済活動の末に海外にあるんだろうし
    別に海外に有ろうが無かろうがどうでも良いからそっちで保管しててください
    [ 2013/11/30 13:10 ] [ 編集 ]
  365. >>109
    >平安の雅まくった

    って、「義経」の滝沢のかっこ?
    まんま五月人形で、和みこそすれ合戦の緊張感、凄みはなかったなあ。
    金粉キラキラ壇ノ浦とか、演出も絵巻物の再現狙いだったから、まあいいのか


    [ 2013/11/30 15:01 ] [ 編集 ]
  366. ↑戦国時代の鎧と平安時代の鎧はまた違う良さがあるからなあ
    [ 2013/11/30 17:15 ] [ 編集 ]
  367. >366

     鉄砲が入って来た時代とそれ以前は当然防護のコンセプトが変わっているはず。
     
     鎧兜は防護のためだから当然重いが、戦闘で実際に使うことも想定しているから
     当時の侍の体力相応の拵えと重量になっている。

     それでも実用本意ではなく、そこに独特の美意識やこだわりがあるのが
     日本人クラフトマンの良さがある。
     それは戦にも美意識を持つ侍の意思が反映されている。

     美しいものは、誰が見ても感動する。
    [ 2013/11/30 18:40 ] [ 編集 ]
  368. ダースベイダーは実際にモチーフにしてるだろ。
    ジェダイ=時代(劇)は有名な話だ。
    [ 2013/11/30 19:39 ] [ 編集 ]
  369. 日本が黄金の国って言われた理由の考察で

    鎧の装飾説があったな

    あれ外側だけ金箔で中身は牛革と空洞なんだけどね
    [ 2013/11/30 20:19 ] [ 編集 ]
  370. ルーカスもスピルバーグも日本趣味だからなぁ。

    それはともかく、どこの鎧でもかっこいいと俺は思う。特にローマとか。
    [ 2013/11/30 20:29 ] [ 編集 ]
  371. 一際目立つ豊臣秀吉の甲冑
    秀吉はこの派手な甲冑や聚楽第のような黄金の屋敷など
    自己顕示欲が強そうだ。
    天下統一という偉業を成し遂げたけど、出自の低さや
    背の低さなどのコンプレックスをバネにしたのだろうか
    と思いを馳せる。
    [ 2013/11/30 22:07 ] [ 編集 ]
  372. そういえば震災でどれだけの甲冑や刀剣が失われたのかなぁ
    最早回収・修復もかなうまい
    [ 2013/11/30 22:16 ] [ 編集 ]
  373. 日本の鎧のいいところは西欧と違って軽くて動きやすいところみたい。それでいて貫通しにくい。とディスカバリーかどっかで言ってた。
    [ 2013/11/30 22:18 ] [ 編集 ]
  374. 浜松の家康楽市っていうイベントで、本物の甲冑を着た侍や着物を着た姫様が行列したり参加してるよ。

    ちなみに子供たちがダンボールで作ったかなり精巧な甲冑を着て練り歩いてる。
    [ 2013/11/30 23:12 ] [ 編集 ]
  375. 前立に「元気」ってのがあるんだねー
    初めて知った。
    [ 2013/11/30 23:21 ] [ 編集 ]
  376. こんなの装備した奴と揉めたくないだって、外交でスーツ代わりにたまに着ろよ。
    対特亜とかTPPとか。
    [ 2013/12/01 00:12 ] [ 編集 ]
  377. 別に海外にあっても構わないんじゃないの。
    日本で展覧会やりたければ正規の値段払ってレンタルすればいいだけだし。
    [ 2013/12/01 00:57 ] [ 編集 ]
  378. そういや、この頃の日本は世界一の銃大国だったらしいね。
    ヨーロッパ全体をあわせた数より多く、生産、所持していたとか。
    近接、遠隔、戦術、戦略、最強の時代ってやつだね。
    300年の天下泰平にならず、このまま戦国時代が続いていれば、戦闘民族国家として、色んな変態兵器生み出してたかもなーw
    [ 2013/12/01 01:53 ] [ 編集 ]
  379. 五月人形にダースベイダー甲冑とかもあるらしいなw
    [ 2013/12/01 02:04 ] [ 編集 ]
  380. 信玄の鎧目立つね!
    [ 2013/12/01 09:38 ] [ 編集 ]
  381. 家紋の時も書いたけど
    ご先祖様のデザインセンスは異常
    [ 2013/12/01 11:54 ] [ 編集 ]
  382. トップの動画はコメント拒否じゃないか
    コメをとってきた関連動画のURLも記
    載してくれ~
    [ 2013/12/01 11:58 ] [ 編集 ]
  383. 海外に保蔵されていようと、
    ちゃんと管理してくれるならそれでいいよな。
    それを着てた武将も、海外進出に喜ぶはずだw
    [ 2013/12/01 14:11 ] [ 編集 ]
  384. 武将の想いが伝わるね
    [ 2013/12/01 18:06 ] [ 編集 ]
  385. 伊達正宗の黒漆五枚胴具足がダースベイダーの元になってるのはわりと有名
    [ 2013/12/01 18:12 ] [ 編集 ]
  386. 米339
    >武将や武勇を象徴する槍はいくつか知ってるけど刀は宝刀しか聞かんな
    >何かあったっけ?

    持ち主が武勇を成し遂げた事にちなむ名前を付けられる刀は沢山あるんだけどね・・・。
    基本的には何か凄いものを斬って、斬った対象の名前がつくとか。
    武将を斬ったとかだと、関の孫六兼元が鍛えた「真柄斬り兼元」とか。
    他にも鉄砲斬りとか馬斬りとか鎧斬りとか鎖斬りとか。
    そういうのじゃダメなん?
    [ 2013/12/01 18:25 ] [ 編集 ]
  387. それ愛刀ってか宝刀じゃね?
    [ 2013/12/01 19:09 ] [ 編集 ]
  388. ※115
    いやいや
    江戸はお侍さんじゃね?
    室町とか鎌倉とかが武士のイメージ
    [ 2013/12/01 20:08 ] [ 編集 ]
  389. 平安・室町→お武家はん
    源平・鎌倉・幕末→武士
    (戦国)・安土桃山→武門・(いくさ人)
    江戸→侍

    あくまで俺のイメージw
    [ 2013/12/01 21:00 ] [ 編集 ]
  390. 米387
    そもそも「宝刀」の定義の共通認識がないもんでなぁ・・・。
    単純に字面から、茶器や陶磁器なんかと同列のアーティファクト扱いな刀ってイメージだった。

    要するに、武功で名を得た刀ではダメで、元々名があって功を示した者に下賜されるとか(日本号)、代々特定武家の象徴として伝来したとか(御手杵)ならOKって事?

    「太郎太刀」なんか、ある意味、真柄直隆の象徴みたいなもんだけど、ダメか・・・。
    [ 2013/12/01 21:45 ] [ 編集 ]
  391. それを得物として戦国期の戦場で活躍した有名どころは槍が多く
    昔誰それが使っていた由緒あるものとかそんな感じで恩賞として
    与えられる有名どころは刀が多いって意味じゃね?
    実際そうなのか知らないけど
    [ 2013/12/01 21:55 ] [ 編集 ]
  392. 米389
    >江戸→侍

    wiki情報の要約で恐縮だけど、足軽含む武士全般をサムライの名で呼ぶようになったのは、江戸時代近くの辺りからっぽいね。

    それまでは、あくまで文字通り、将軍や公家といった貴人に侍(さぶら)うタイプの上級武士に限定して使われ、鎌倉期は「サブライ」、平安期は「サブラヒ」発音だったとか。
    [ 2013/12/01 22:15 ] [ 編集 ]
  393. 日本は災害の多い国だし
    海外に分散して持ってもらってるほうが良い場合もあるかも
    [ 2013/12/01 22:31 ] [ 編集 ]
  394. 侍に足軽や雑兵は含まれないだろ


    あと日本人の美学だとどんなに良いもの作っても鉄砲や投擲武器は「投げる物」の一種であり
    宝物としての価値は鎧や刀より低い
    [ 2013/12/02 07:32 ] [ 編集 ]
  395. てかルーカスが侍の鎧を真似てデザインしたじゃん
    昔からルーカス自身が公表済みなんだがw
    [ 2013/12/02 11:44 ] [ 編集 ]
  396. 〈丶`∀´〉鎧兜の起源は・・
    [ 2013/12/02 13:59 ] [ 編集 ]
  397. 外国の子供に鎧飾りプレゼントしたら喜びそうだな
    以前あったダースベーダーのやつとか
    [ 2013/12/02 15:45 ] [ 編集 ]
  398. 米394
    江戸時代以降の足軽は、名ばかりとは言え士分で、帯刀義務があるよ。
    それより下の中間は木刀、更に下の小者は何も身につけられないけど。
    で、江戸時代以降は武士(=士分=武士身分)と侍がほぼ同義語という話。
    [ 2013/12/02 17:59 ] [ 編集 ]
  399. >海外の博物館とかに収蔵されてることを日本人はどう思ってるんだろ?

    保存してくれるなら外国にあってもいいかな?
    変に変換されても壊されたりするかもだからね・・・・・
    [ 2013/12/02 22:24 ] [ 編集 ]
  400. なんというかここの外人はパチスロからアニメに入った連中のようだ
    [ 2013/12/02 22:49 ] [ 編集 ]
  401. 後藤又兵衛の兜が無かった… ちょっと残念。
    [ 2013/12/02 23:18 ] [ 編集 ]
  402. お殿様のフルアーマーの芸術的な側面に魅せられてる外人さん方には、
    本当の最前線でやり合った足軽の軽装鎧を着て、
    まずは軽く運動会でもやってみてくれ、と言いたい
    [ 2013/12/03 13:43 ] [ 編集 ]
  403. >海外の博物館とかに収蔵されてることを日本人はどう思ってるんだろ?

    大抵、微妙な顔になります。
    何故って、結構な割合で日本側が送ったものも含まれているので。
    明治成り立ての時に、悪どい商人が買いたたいて買って行ったものも有りますけど、数有る日本の美術品の中では、少ない方です。
    そんな訳ですので、盗られちゃったんだなとか思う以前に、「ここの人、サムライ好きだったんだな・・・・(でも、ここに飾らなくても良くないか?)」とか、「これ送った明治の役人は何考えていたんだろう・・・端午の節句用ですか?」とか、色々なことが渦巻きます。

    日本人的に一番やっちまった感が有ったのは、イギリスの軍事博物館だよ・・・。
    本当に脈絡無く、全然日本のにの字も出ない展示の中で、イギリス軍の軍服の隣に甲冑が・・・。
    「イギリス軍の装備を見ていたのに、何故いきなりコレ?」とか、「そもそも、年代ここっすか?」とか、突っ込みどころ満載だった。
    しかも、日本に関する展示はそこしか無かったんだぜ・・・
    なんなのよ・・・
    [ 2013/12/03 14:23 ] [ 編集 ]
  404. 実力に見合った鎧を着て、時にはビビらせて戦わずして勝つ的な事もあったのかねぇ
    [ 2013/12/04 13:37 ] [ 編集 ]
  405. 日本の鎧ってかっこいいか?着物や袴のような和装はともかく、鎧兜だけはデザインが受け付けん。個人的にね。
    [ 2013/12/04 16:04 ] [ 編集 ]
  406. 司馬遼太郎さん曰く
    かつては地方の土地番にすぎなかった豪農達が
    京都の常備軍廃止に伴って自分達で武装して土地を守らなければいけなくなった、この流れが武士の起こりになるわけだけれど。
    とりわけ坂東武者(当時の関東)は勇猛で親兄弟とも争って土地を奪い合った、
    その時に「我此処にあり!」「俺はこんなにも強そうだぞ!こんなにも美しいぞ!」
    と威勢を見せた、この武士達の個性の衝突と坂東武者の死生観、死んで尚美しく(格好よく)が合いなって鎧に多様性を生んだと解釈してますね。
    何時死んでもおかしくないから戦場では目いっぱい見得を張るという当時の武士の様がああいった派手な装飾を生んだんでしょうね。
    [ 2013/12/04 18:05 ] [ 編集 ]
  407.  
    名古屋おもてなし武将隊が着てる甲冑は20キロくらいあるんだとさ。

    20キロの甲冑着て、殺陣や演舞やってるんだよ。どんだけ体力あるんだか。ただ、戦国時代のはもっと重かったらしい。
    [ 2013/12/04 21:51 ] [ 編集 ]
  408. まじ
    6:49は確実に不利だろwwwww
    [ 2013/12/05 15:22 ] [ 編集 ]
  409. 戦国初期の頃は胴丸や長巻も使われてたんだよね。
    (蛇足だけどゲルググのビームナギナタは尻にも刃の付いた両長巻)
    でも当世具足と槍、もしくは野太刀の組み合わせが一番好きだな。
    長巻は(太刀も?)江戸時代には『戦道具』とみなされ
    所持していると処罰されたとかなんとか。
    [ 2013/12/05 16:26 ] [ 編集 ]
  410. 日本人がどう思ってるかってほとんどの日本人のルーツは農民や漁民だかんな

    外人が甲冑持ってたからって特に何とも思わんよ
    [ 2013/12/06 22:53 ] [ 編集 ]
  411. 鎧兜はへたしたらそのまま死に装束みたいなもんだからなあ。そりゃ金かけるよね。

    やっぱレプリカは綺麗だなあ。本物は一度使えばこんなに綺麗じゃないよね。
    [ 2013/12/09 17:47 ] [ 編集 ]
  412. ビビらせて勝つとか、死に装束みたいなもんだから金かけるとかももちろんあったんだろうけど、
    そもそも目立ってないと手柄立てても気づいてもらえないって理由もあった気がする。
    そのせいで戦国時代に甲冑が派手になったとか。
    [ 2013/12/11 10:11 ] [ 編集 ]
  413. No title
    思想的メッセージのある鎧だよね
    [ 2013/12/16 01:57 ] [ 編集 ]
  414. >海外の博物館とかに収蔵されてることを日本人はどう思ってるんだろ? アメリカ

    大切にしてくれるなら素直に嬉しいけどね
    海外で日本のことに興味持つきっかけになれば良いと思うし
    [ 2013/12/16 16:57 ] [ 編集 ]
  415. 徳川家康と武田信玄の鎧のレプリカが欲しい
    [ 2013/12/16 17:01 ] [ 編集 ]
  416. 平安調の古いタイプの鎧は毛利元就と島津義弘だった
    実際見に行った人より
    [ 2013/12/16 17:42 ] [ 編集 ]
  417. >大切にしてくれるなら素直に嬉しいけどね
    ほんとこれ
    戦闘機の「疾風」なんて飛行可能な状態でアメリカから購入したのに整備不良と部品抜き取りの盗難でぶっ壊されたしw

    そんな結果になるんなら海外でも大事にしてて欲しい
    [ 2013/12/17 12:21 ] [ 編集 ]
  418. 誇らしいニダ
    [ 2013/12/17 21:57 ] [ 編集 ]
  419. またそのうち朝鮮人がサムライの甲冑の起源は韓国ニダと言い出すと思う
    [ 2013/12/17 22:00 ] [ 編集 ]
  420. 1/6でフィギュア出してほしいわ
    [ 2013/12/17 22:51 ] [ 編集 ]
  421. 侍の理念と韓国の理念は逆なので、つじつまあいません、むぼう杉!!!価値観が。。今の日本人でも違和感あるのに。フィージョン!はないーー!www
    [ 2013/12/17 23:33 ] [ 編集 ]
  422. 韓国の歴史ドラマ見てみろ。
    かっこいい朝鮮鎧がいっぱい出てるぞwwww
    [ 2013/12/18 08:56 ] [ 編集 ]
  423. ダースベイダーのデザインの元だったのは有名だけど、こうして見るとガンダムの頭もこれがモデルだったんだね
    [ 2013/12/18 15:09 ] [ 編集 ]
  424. 直江の‘愛’は「愛染恭子」からとった
    [ 2013/12/20 19:48 ] [ 編集 ]
  425. >カッコいい! だけど銃を防御できるかって言ったら難しそうだね


    たしか南蛮具足は当時の火縄銃の弾を防げたよな。
    信長の南蛮具足なんて見るからに耐弾性高そうだし。
    なんたって74式戦車にも通じるような避弾経始を採用してっからね。
    当時としちゃ、ハンパ無いほどの未来防具だっただろう。
    [ 2013/12/21 02:55 ] [ 編集 ]
  426. 戦国時代の鎧は刀はもちろん、火縄銃の銃弾を防げるように設計されてる。
    完成品を火縄銃で撃ってその時にできたへこみを証拠として納品したなんて話もあるくらいだし。
    騎馬はもちろん徒歩でも戦えるよう捨てるところは捨てている。機能的な鎧だね
    [ 2013/12/22 15:29 ] [ 編集 ]
  427. 鎧や刀を見るとテンション上がるのは倭民族だからかね?w
    [ 2013/12/22 23:46 ] [ 編集 ]
  428. 見てると自分でデザインした鎧兜とか想像しちゃうんだよな
    [ 2013/12/27 01:27 ] [ 編集 ]
  429. 文化物など大事な物はあるていど発祥国以外の国に散らばってたほうが地震や戦争、台風などで全破損や全消滅が免れる。
    オランダのライデンにあるシーボルトのコレクションなどが良い例だ。
    [ 2013/12/27 09:11 ] [ 編集 ]
  430. 38>>自分は生粋の日本人だけど日本の鎧の起源は韓国じゃないかなぁ
    朝鮮鎧の起源は、中国で 中国鎧は、いわゆる スケールアーマー
    自立性が、ない。基本的に日本は、ラメラー アーマーと言われている。これは、自立性が、ある。
    [ 2013/12/27 10:37 ] [ 編集 ]
  431. 唐入りの時の明側の記録によれば、マジでこんなのかぶってたそうだ。
    あんな鎧兜の集団が押し寄せてくる為、画的に大変恐ろしく、明側は士気が下がったり逃げる者も出たとのこと。

    しかし合戦での利便性から、戦場には小型のスペアを持って行く者もいたらしい。
    木に引っかからない為の柔軟な素材(羽飾りなど)や、
    つっかえたら壊れるよう脆くするなど、安全面も考えられていた模様。
    武器までフル装備で20〜30キロってどこかで読んだ。
    [ 2014/01/03 03:45 ] [ 編集 ]
  432. あと、バカみたいに派手なのは、首を取られた時のことも考えてある。
    首と一緒に持ってかれるから頭部も着飾って自己主張するんだそうだ。
    死後であってもみっともない様を晒さず、きちんとしていたかったんだろうね。
    出陣前に月代綺麗に剃り直して身だしなみもばっちり。
    [ 2014/01/03 03:53 ] [ 編集 ]
  433. ※240
    女性の武将はもちろんのこと、黒人やイタリア人の武士とか、
    能力や特技やアピールポイントがあれば幅広い活躍や出世のチャンスがあったってのが、戦国時代は面白いね。
    [ 2014/01/03 04:16 ] [ 編集 ]
  434. 先頭に立ち自ら率いるタイプの戦国武将も複数知られているので、
    必ずしもみんながみんな奥で派手な甲冑着てじっとしてるだけではなかったそうです。
    興味のある話題なのでつい連投しました。
    [ 2014/01/03 04:52 ] [ 編集 ]
  435. 全部飾り兜だよ。こんなの着て戦ってないからw
    当時の武士は地味な実戦用と派手な室内展示用のを2つ所有してる。
    冷静に考えりゃわかるだろ、こんなでかい頭で動けるわけないだろw
    [ 2014/01/07 09:51 ] [ 編集 ]
  436. ちなみに前線で戦ってたのは、借金背負ったやつとか年貢払えなかったやつとか犯罪者とかそんな捨て駒のぷー連中が大半。
    今みたいな医療技術はないし、刀の切り合いなんかしたら2回目3回目の戦闘参加なんてほぼ不可能。
    [ 2014/01/07 10:13 ] [ 編集 ]
  437. いいえ。
    日本の鎧のフェイクより、西洋の鎧のほうが勇ましくて高貴よ。
    日本のは鎧というより↑にもあるけど兜だから。

    はぁ。
    ホルホルは飽きたわ。
    [ 2014/02/01 15:47 ] [ 編集 ]
  438. 飾り兜はスーパーヒーローっぽいな。
    [ 2014/02/05 21:58 ] [ 編集 ]
  439. ※139
    ムカデ・トンボの文様や兜飾りが良く使われるねぇ。
    これには理由があって、ムカデもトンボも基本的に後ろには進まないので、
    (トンボは後ろにも進むんじゃね?と自分は若干思うが)
    後ろに下がらない=後ろに引かない=逃げない=勇猛な象徴
    として使われたみたいだね。
    N○K大河ドラマで武田のムカデ衆について、説明してたでー
    他にも色々理由や経緯が複雑に絡んでると思うけどね。
    [ 2014/10/02 03:09 ] [ 編集 ]
  440. 海外の甲冑のほうが重そうなんだが、プレートメイルは木にアルミ箔張り付けてたのかな。
    [ 2015/01/11 04:06 ] [ 編集 ]
  441. 蔵に甲冑あるけどどこのだろ
    [ 2015/06/17 10:34 ] [ 編集 ]
  442. 鎧で玉防げるのもあるよ南蛮銅と言われる物
    [ 2015/08/29 15:21 ] [ 編集 ]
  443. 430に在日沸いてんぞw
    日本の甲冑は埴輪とかの邪馬台国の時代からなんだよなぁ。
    韓国?歴史が60年ちょっとの国が何期限主張してんだwww
    [ 2015/12/17 22:08 ] [ 編集 ]
  444. ※欄でも触れられてないのに楯無を知ってる外人さんがおる
    [ 2016/03/05 03:21 ] [ 編集 ]
  445. 朝鮮人にとって朝鮮にいたっていう侍や忍者はどのような立場だったの?
    働くものは奴隷なんだろ、もしほんとにいたなら朝鮮では白丁だったはずだよね。

    その辺説明してくれよ
    [ 2016/03/31 22:59 ] [ 編集 ]
  446. 黒田長政の兜は強風吹いたら首折れそう
    [ 2016/04/09 13:37 ] [ 編集 ]
  447. 仙台市博物館で時々政宗と秀吉の鎧の
    レプリカ(ただし重量は実物とほぼ同じ)を
    着てみよう!ってイベントやってんだよね
    好きな人にはたまんなそう
    [ 2016/04/11 09:58 ] [ 編集 ]
  448. 清州城で無料甲冑体験できるよ。
    記念撮影もできてタダだよ。
    陣羽織もある。

    俺は尾張津島の者だけど五月人形は伊達政宗にしちゃったテヘペロ。
    [ 2016/04/11 11:11 ] [ 編集 ]
  449. 黒田長政はあの角の兜で戦い
    水中でもみ合いになって
    角だけ見えたと後藤又兵衛に笑われてるんだよね
    [ 2016/04/13 03:07 ] [ 編集 ]
  450. 名無し
    昔の日本人の審美眼にはびっくり。
    今の日本人が持ってるのかは疑問だけど。
    [ 2016/05/25 01:28 ] [ 編集 ]
  451. 竹や紙製の甲冑に関して疑問を呈している人がいるが、きちんとそれらのものは現存し、白兵戦で動きやすくするために軽く作られているんですよ。むしろ鉄砲の弾を跳ね返す、丈夫な鉄製の重い鎧の方が動作を制限し体力を消耗するため、かえって実戦には不向きで、江戸期の太平の世になってから造られるようになったんだとか。
    [ 2016/06/20 19:58 ] [ 編集 ]
  452. ※443
    釣りコメに釣られるなよ。
    [ 2016/06/26 23:34 ] [ 編集 ]
  453. 兜にある角のような大きな飾りは「喧嘩の時のネコの逆毛」と同じ意味。
    [ 2016/06/27 13:52 ] [ 編集 ]
  454. 甲冑が存在するだけで、その場の空気が変わる。正に、芸術作品にふさわしいが、ダ―スベイダ―の指摘には納得させられた。
    [ 2016/07/12 12:34 ] [ 編集 ]
  455. ダースベイダーみたいって
    そりゃあルーカスは黒澤のファンで時代劇を作りたかったらしいからなぁ。
    [ 2016/09/04 16:22 ] [ 編集 ]
  456. 朝鮮人はエベンキ種
    正当なルーと法に乗っ取った所有なら何処の国だろ言うと無問題、日本はチョンとは180度民度が違うので大事にしてくださいませ^^
    [ 2016/09/25 20:30 ] [ 編集 ]
  457. 韓国人は立派なエベンキ種
    展示主催者のセンスの悪さが酷過ぎて笑った、撮影者のセンスの悪さに笑った、戦国の血の臭いや男々しさや神秘性がまるでダメ!
    ほのかな薄明かり(赤色など)の中に一つ一つがドラマチック神秘的に浮き出るような演出にするべき。日本庭園や城やわびさびの背景演出も
    出す必要が有るでしょう。
    [ 2016/09/25 20:42 ] [ 編集 ]
  458. ※10
    スッゲエ強い部隊を率いて名を知られた武将が戦場に来てると
    知られれば、味方の士気は上がるわ、敵は怖気づくわ、
    合戦で勝てばお家の宣伝になるわで効果絶大。
    『おお、あの角兜は!』『あの武将が参陣してる!この勝負勝てるぞ!』
    [ 2016/11/17 23:38 ] [ 編集 ]
  459. このスレ見てから検索したら、目立つ兜のお話もあった。興味のある方は検索すると面白いお話が読めますよ~
    黒田長政さんとか蒲生氏郷さんとか細川長興さんとかのお話が飾り兜関連でありますよ~
    [ 2016/11/18 12:32 ] [ 編集 ]
  460. まぁ、主流はともかくとして、
    和紙で作られた鎧があるのも事実だけどね。

    秀吉用の軽いやつとか。4kgなかったというから凄いわ。
    和紙の足軽の笠もある。

    意外に防御力があったらしい。
    イメージと違って鎧下着も結構防御力あるしな。
    [ 2016/11/18 13:42 ] [ 編集 ]
  461. 先進国の軍隊の装備なんて行軍時で30kg超えるしな
    戦闘時は20kgになるけど
    [ 2016/11/18 16:02 ] [ 編集 ]
  462. 「ファンタジーミニチュア」という模型のカテゴリがあって、要は
    ファンタジーの登場人物をモンスターも含め精巧な造形で再現した
    フィギュアのカテゴリなんだが、白人さん国家を中心に多くの
    メーカーが存在し今も新製品が開発され続けてるコアな
    フィギュアジャンル。

     面白いのはそれ等のメーカーの幾つかが日本の戦国時代の武士等を
    模した日本の鎧を着込んだミニチュアを多く作出しているということ。
    中には中国が混ざったようなのもあるが、何故日本の甲冑や刀が
    これ程多くのクリエイターを惹きつけるのか不思議に思う程。

    「KABUKI MODELS」

    なんて名前のメーカーもあるんだぜw
    他にも「KENSEI 剣聖」「BUSHIDO 武士道 miniature」
    など「日本好きなのかw」と一目で解るメーカーやブランドもチラホラ。

    最新では「RISING SUN」てボドゲがあるから興味のある人は
    画像検索してみてくれ。 長々失礼致しました。
    [ 2016/11/29 05:36 ] [ 編集 ]
  463. 世界の黒澤も影が薄くなっちまったな
    [ 2016/12/26 15:14 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ごあいさつ


人気ブログランキングへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
おすすめサイトさま

日本視覚文化研究会
ニュース速報まとめ桜
ニュース速報まとめ梅




管理人:ニャン吉
副管理人:kite

月別アーカイブ
人気の記事(PC)
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
アクセスランキング

スポンサード リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランダム記事





ブログパーツ アクセスランキング