FC2ブログ

パンドラの憂鬱

外国メディアの記事などに寄せられた、海外の反応をお伝えします


海外「俺のヒーローだ!」 武蔵と小次郎の決闘に外国人がワクテカ

1612年に、宮本武蔵と佐々木小次郎が対決したことで有名な、巌流島の戦い。
山口県下関市にある無人島、巌流島(正式名称:船島)で行われたこの決闘は、
刃長約1メートルの剣、通称「物干し竿」を使用する小次郎に対して、
武蔵は舟の櫓を削って作った長い木剣で小次郎に対抗し、勝利を収めました。

決闘までの成り行きは、「小次郎が決闘を申し込んだ」「弟子同士の諍いが原因」、
小次郎の死に関しては、「武蔵の一撃で絶命」「武蔵の弟子達により打ち殺される」、
などいずれも諸説あるようですが、武蔵が打ち勝ったことはまず間違いないようです。

さて、動画は2003年に放送された、NHKの大河ドラマ「武蔵 MUSASHI」の最終幕。
宮本武蔵を市川海老蔵(当時新之助)さんが、
佐々木小次郎を松岡昌宏さんがそれぞれ演じてらっしゃいます。

決闘シーン自体に対する反応は正直芳しくなかったのですが、
巌流島の戦い、また武蔵と小次郎に対し、様々なコメントが寄せられていました。


A famous duel 'Miyamoto Musashi VS Sasaki Kojiro' in Japan





■ 悲しすぎる結末 ;_; 私はコジロウが大好きだから……。
  ずっと生きてたら、良いセンセイになれたと思うんだよね ^^ アメリカ
  



■ ミヤモト・ムサシは日本の中で、いや世界の中でも、
  最も優れた剣士と言っていいだろうね。 +4 イギリス
  



■ ってかコジロウはあんな長い袖をそのままにしてどう戦ったんだ?
  まぁ、あれはあれでかなりクールだとは思うけどw シンガポール




■ ムサシは本物のサムライだよ。
  大きな学校を開くでもなく、華奢な着物にお金をかけるでもなく、  
  ただただサムライスピリッツを持ち続けた。
  そしてボッケンでコジロウを一撃で打ち倒したんだ。
  悲しい事ではあるけど、コジロウにとっては名誉ある死だと思う。 +4 アメリカ




■ なんてこった、ムサシは一撃で相手を倒したのか……。
  木剣で倒すなんて、どれだけムサシが強かったのかが窺い知れるな……。 アメリカ




■ ちきしょう。俺は燕返しのシーンを観たかったのに。 国籍不明  




■ 素晴らしい時代だった。現代とは比べ物にならないね。
  技術もない臆病者が、銃を持ち歩く状況なんかとは……。 +14 アメリカ
    



■ 俺はコジロウのほうが好きだとあえて言わせていただこう。
  コジロウのあの長い剣が好きなんだよな~。 +5 カナダ




■ 実際の決闘の勝敗は、一瞬で決まったはずだけどね……。 イタリア




■ ムサシって決闘前日に遊び回ってて時間に遅れたんだよな。 アメリカ  




■ 悪くないけど、ミフネが演じていた作品のほうがより正確だね。
  ムサシは日の出の光を利用して相手の目をくらまして、その後勝ったんだ。 アメリカ




■ 俺が本から得た情報によると、ムサシは最高のサムライではなかった。
  だけど確かに最強の剣士ではあったみたいだね。
  そしてゼンの精神を積極的に実践した人でもあった。 オーストラリア




■ コジローーーー!!!! あなたは俺にとってのヒーローだ!!! タイ




■ 何だこれ。この決闘の場にいたのは二人だけで、
  観客とかはまったくいなかったんじゃなかった? アメリカ 




■ 最も一般的な話は、ムサシは遅れて到着したってこと。
  相手の気分を害するためにわざと体を洗わなかったってこと。
  それとコジロウは闘いの時に長い剣を使ってたから、
  それに対抗するために舟の櫓を削って自身の武器にしたってことだね。 +3 アメリカ




■ 小説やマンガ「バガボンド」とはちょっと違うね。
  コジロウは口がきけなかったはずだから。
  まぁどれが正しいのかも分からないけどさ :) 国籍不明



   ■ この動画のほうがより史実に近い。
     「バガボンド」は色々と独自に変更してる部分があんのよ。
     それにコジロウには年齢とか剣術の師とか謎が多いから、
     本当の史実を知ってる人なんていないしなw インドネシア



■ どっちが勝ったかは今でも論争があるようだけどな。
  日本ではまだこの決闘に関する研究が続けられてる。 オーストラリア




■ なぁムサシ、風呂くらいは入ろうぜ。
  それでもムサシは俺のヒーローだけどな! アメリカ



 
■ ムサシ好きの人を失望させて申し訳ないけど、ムサシは天下無双ではなかったよ。
  僕が持ってるゴリンノショの冒頭にムサシの経歴が載ってるんだ。
  相手の名前は忘れちゃったけど……とにかく棒を使う相手と引き分けてるんだ。
  中には、その時ムサシは敗北した、としている研究家もいる。 スウェーデン
    



■ 日本の作品って戦いの場面に時間かけたり、
  役者とかに芝居ががったポーズさせるの好きよね。 +4 アメリカ




■ どうせお前らの知ってるムサシの情報は、ヒストリー・チャンネルで得たものだろ。
  たまには自分自身で調べてみろって。
  お前らの好きなムサシならそうすると思わないか? +7 アメリカ




■ 日本の歴史には詳しくないけど、決闘当時コジロウは60歳だったってホント?
  あと実際に命を落としたの? それとも倒されただけ? オーストラリア




■ クロサワにムサシを扱った映画を作って欲しかったなぁ。
  彼なら徹底的に調べあげて、史実通りにムサシを描いてくれそう。 カナダ




■ コジロウsamaが負けたのは鞘を海に投げちゃったから。
  刀はサムライの魂なのにね。その一部を失くしたんだから負けるのは当然。 アメリカ




■ コジロウに勝つためにムサシが色々ズルしたとか、
  コジロウは政治的な理由で暗殺されたって話もあるんだよね……。 ルーマニア
  



■ ゴリンノショで、櫂で瞬殺したって描写を読んだ時大爆笑しちゃった俺。 クロアチア    



■ ムサシはセコい戦い方をしたけど、まぁ偉大な剣術家ではあるよね。 アメリカ
 


 
■ タケヒコ・イノウエがバカボンドでこの戦いをどう描くのか気になる。
  作品の中でコジロウは、特別な設定がされてるから '-' ブラジル




■ ムサシって二本の刀を振り回して戦うのかと思ってたけど違うんだ。 カナダ




■ ムサシは陽の光を利用したけど、それってズルではないの?
  剣の道においてはそれも戦い方の1つに過ぎないのかな。 インドネシア




■ 面白い人生の妙だなぁって前からずっと思ってたことがあるんだよ。
  ムサシは木の棒で一人の男を倒すことから剣士としての人生を歩み始めた。
  そして彼は、木の櫂で一人の男を倒す事でその歩みを止めたんだ。 +10 国籍不明




  

コメントが900近く寄せられていて、皆さんなかなかに詳しかったので、
バカボンドの影響かな、と思っていたのですが、
五輪書や三船敏郎が武蔵を演じた映画を観てる人も想像以上に多かったです。



関連記事
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑皆様の応援が、皆様が考えている以上に励みになります。
[ 2013/07/29 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(226)




  1. テンハフウジンザンとかツバメ6連でド派手にやり合って欲しかった。

    後ろにクロコもいないんだね。
    [ 2013/07/29 23:06 ] [ 編集 ]
  2. 2?
    [ 2013/07/29 23:09 ] [ 編集 ]
  3. 夢想権之介のこと知ってるのは日本人でも少ないだろうw
    [ 2013/07/29 23:13 ] [ 編集 ]
  4. 歴史的な人物でもないし、巌流島の決闘なんて、「その国の人間は皆知ってるけど海外じゃ誰も知らない」系のエピソードかと思ってたが皆詳しいなw
    [ 2013/07/29 23:14 ] [ 編集 ]
  5. 普通に朝早くに船島で顔合わせて真剣同士で対決して小次郎が負けて気絶してる隙に武蔵がさっさと帰っちゃって
    武蔵の弟子と細川家の小次郎嫌い派がボコボコにフクロにしてコロしたって話もあったな
    [ 2013/07/29 23:14 ] [ 編集 ]
  6. 夢想権之介はバガボンドにも出てるよ
    [ 2013/07/29 23:17 ] [ 編集 ]
  7. 実際は武蔵と小次郎の年代的には
    小次郎おじいちゃんの年だったんだっけ?
    [ 2013/07/29 23:17 ] [ 編集 ]
  8. バガボンド読んでくれ
    [ 2013/07/29 23:17 ] [ 編集 ]
  9. ゴーストが哀愁を誘う。音は良いのに。
    平成になってから時代劇を見てないことに、今更ながら気付いた。
    [ 2013/07/29 23:17 ] [ 編集 ]
  10. 丁度、武蔵伝のプレイ動画をみてたとこだったから、五輪書とか出てきてあーと思ったw
    あのゲームプレイして知ってた人も多そう
    [ 2013/07/29 23:20 ] [ 編集 ]
  11. 海老蔵かあ・・一瞬 伊勢谷友介に見えたわ。
    [ 2013/07/29 23:20 ] [ 編集 ]
  12. ん~ 実際はその後双方の弟子が乱闘になって
    失神してた佐々木さんリンチにあって お亡くなり・・・
    ってのが今の最新学説じゃなかったっけ?
    [ 2013/07/29 23:24 ] [ 編集 ]
  13. 『我が剣は天地と一つ』
    [ 2013/07/29 23:24 ] [ 編集 ]
  14. 流石は武蔵。wikiの記載言語数が日本人の世界ランキングで20位ぐらいのことはあるな。
    [ 2013/07/29 23:32 ] [ 編集 ]
  15. まあ武蔵は四百年経ってても生きてて
    佐々木小次郎もゾンビになって生き返って
    体を小さくされて黒の組織とバーローしてるから
    [ 2013/07/29 23:32 ] [ 編集 ]
  16. サムライとニンジャさえ見せとけば素直に感動できるんだね
    この低能どもは…
    カウボーイ見たって感動しないのにさ
    [ 2013/07/29 23:33 ] [ 編集 ]
  17. 太陽を背にしたしたとか
    舟の櫓を削って作った長い木剣とか
    吉川英治の小説のなかだけの話だしw

    実際は大観衆の前で普通に戦って勝ってるよ
    [ 2013/07/29 23:33 ] [ 編集 ]
  18. 色々諸説はあるけど、日本有数の剣士が同時に芸術家でもあったってあたりが凄いそそられる
    [ 2013/07/29 23:34 ] [ 編集 ]
  19. ※8
    バガボンドは、さすがに吉岡一門70人切りはやりすぎw
    かと思えば今は、あーやっぱこっち方向に
    行っちゃったかあ‥って感じだし
    [ 2013/07/29 23:37 ] [ 編集 ]
  20. >>17
    >実際は大観衆の前で普通に戦って勝ってるよ

    そもそも諸説あって確定されてないんだから、
    それを事実みたいに言ってるのも誤り
    [ 2013/07/29 23:39 ] [ 編集 ]
  21. まぁ、吉川英治の「宮本武蔵」が大本で、その映画版、中村錦之助主演の「宮本武蔵 巌流島の決斗」が主なイメージなんだろうな。近世の宮本武蔵のイメージは。
    それとおなじ意味で、佐々木小次郎役は、かっこ良くてスマートで、死んでも萌える役者でないと務まらないと思うよ。
    実際には武蔵よりも義理の息子の伊織の方が出世して重用されているしなぁ。
    [ 2013/07/29 23:39 ] [ 編集 ]
  22. 海老蔵ごっつい下手クソやなwww
    [ 2013/07/29 23:41 ] [ 編集 ]
  23. 最近見たTVでは、戦ってるはずがなく作り話ですって言ってたぞ。
    [ 2013/07/29 23:41 ] [ 編集 ]
  24. 夢想権之助勝吉は神道夢想流杖術、今では杖道って言ってるけど教えを、福岡の黒田藩で広めているよ。
    私も習っているけど、楽しいです。
    興味ある人は、全国にあるから道場に顔出してみてください

    いつか、手合わせしたいですね
    [ 2013/07/29 23:41 ] [ 編集 ]
  25. 事実は結局のところ分からんが
    武蔵が勝ったということは間違いないんだろうな
    あとは想像の域を超えないわな
    [ 2013/07/29 23:43 ] [ 編集 ]
  26. 華奢ではなく豪奢では?
    [ 2013/07/29 23:49 ] [ 編集 ]
  27. 吉川英治が偉大過ぎるw
    [ 2013/07/29 23:49 ] [ 編集 ]
  28. 武蔵の里・岡山県美作市大原町は大河の武蔵(十年に一度は武蔵がテーマの)度に観光客が押し寄せる

    あとは武蔵武道館では西日本有数の剣道大会が毎年開かれる
    武蔵のおかげでど田舎のわりに客人が多いから武蔵さまさまですわ。

    [ 2013/07/29 23:51 ] [ 編集 ]
  29. 物語としての歴史として魅力的な人物だけど上泉信綱や塚原卜伝差し置いて最強はないわなぁ
    [ 2013/07/29 23:52 ] [ 編集 ]
  30. 作品によっては小次郎は近江源氏佐々木氏の家紋である九曜紋の陣羽織を
    来てたけど、細川家も確か九曜紋だったかな。阿波細川氏の傍流
    三好氏は三階菱だが、これは甲斐源氏小笠原氏の家紋だしなあ。
    [ 2013/07/29 23:54 ] [ 編集 ]
  31. 佐々木氏は九曜紋ではなく、四つ目結だった
    すみません
    [ 2013/07/29 23:57 ] [ 編集 ]
  32. 徳川に召抱えられたから剣豪ではあったんだろうな
    [ 2013/07/29 23:57 ] [ 編集 ]
  33. 武蔵が最強の剣士なんて話は聞いた事ないな
    上泉伊勢守の名前はよく聞くけど
    [ 2013/07/29 23:58 ] [ 編集 ]
  34. このあと勝利を祝ってテキーラを灰皿で飲むんですね
    [ 2013/07/30 00:01 ] [ 編集 ]
  35. 実際は、武蔵が弟子を多数潜ませていて、小次郎をフルボッコしたとか

     
    [ 2013/07/30 00:03 ] [ 編集 ]
  36. まさかのコメント900て。
    外人は、ほんとチャンバラが好きなんだなあ。

    [ 2013/07/30 00:04 ] [ 編集 ]
  37. 武蔵も拝一刀も、錦之助版が国内では決定版なんだが、海外の認知度が低くて残念。
    [ 2013/07/30 00:04 ] [ 編集 ]
  38. まあ佐々木小次郎は架空の人物だけどな。
    当時の資料には佐々木某としか記されていない。
    200年後くらいに武蔵の本を書いた奴が対決した細川家の指南役の名前も経歴もわからんから親しみやすい小次郎って名前を勝手につけて、流派もでっち上げて佐々木小次郎って人物を作りだしたんだよ。
    [ 2013/07/30 00:11 ] [ 編集 ]
  39. >日本の作品って戦いの場面に時間かけたり、
    役者とかに芝居ががったポーズさせるの好きよね。 +4 アメリカ

    近代史以外の日本史は「○○の戦い」みたいなのが多いからなw
    戦闘民族なんだよな
    [ 2013/07/30 00:17 ] [ 編集 ]
  40.  
    五輪の書ってプロットの状態のまま完成する前に武蔵本人が亡くなっちゃって
    その後弟子が完成させたり、又弟子が書き加えていったり、全く関係無い人間がでっち上げた物とかが色々出回って、混ざったりしたものが現代に伝わる五輪の書

    らしい

    武蔵が書いた部分がどれだけ残ってるのやら
    [ 2013/07/30 00:19 ] [ 編集 ]
  41.  
    俺の持ってる資料では宮本武蔵は陸奥園明流に敗れてるはず
    [ 2013/07/30 00:20 ] [ 編集 ]
  42. 小次郎の愛刀と言われてる、備前長船長光は3尺もある野太刀と呼べるもので、彼の師事していた、富田盛源は小太刀対野太刀との戦闘を主眼に置いた流派だったが、逆転発送で小次郎は、野太刀の戦い方に応用したらしい。
    一説では、武蔵が更に長い4尺の櫂の木刀で挑んだため、リーチの差で負けた、とされているようだね。
    [ 2013/07/30 00:21 ] [ 編集 ]
  43. 武蔵も強かったであろうことは疑いないけど最強と言うのはどうかねえ
    流派の興隆も考えると上泉か一刀斎を推したい
    [ 2013/07/30 00:21 ] [ 編集 ]
  44. 武蔵が無敗なのは、負けそうな相手or状況の時は全力で走って逃げたからだそうだ。
    本人が書物に記してるから本当なんだろうな。
    [ 2013/07/30 00:22 ] [ 編集 ]
  45. 誰が最強かは実際のところ直接対決でもして貰わないと何とも言えないけど
    個人的なイメージでは武蔵最強は何か似合わないな。
    合戦も確か関ヶ原しか経験してないよな?
    というわけで上泉信綱に一票。
    [ 2013/07/30 00:23 ] [ 編集 ]
  46. 海老蔵の演技がクソ過ぎてつまんなかったなー
    歌舞伎のほうは素晴らしいけど、大河では幅も深みもなくてワンパターンな演技しかできないのがわかった
    [ 2013/07/30 00:25 ] [ 編集 ]
  47. ※44
    >武蔵が無敗なのは、負けそうな相手or状況の時は全力で走って逃げたからだそうだ。

    護身完成!
    でもまあ、それって命のやり取りじゃ正しいわな
    [ 2013/07/30 00:28 ] [ 編集 ]
  48.  
    なんだかんだ海老蔵と松岡は絵になるね
    演出がださすぎるけど
    [ 2013/07/30 00:33 ] [ 編集 ]
  49. 女はこういうものは見ないことになっていたのだが・・
    [ 2013/07/30 00:34 ] [ 編集 ]
  50. 剣豪に拘らなければ謙信とか前田慶次とか風魔飛加藤とかは、やっぱり強いイメージは、あるよな。
    [ 2013/07/30 00:39 ] [ 編集 ]
  51. 武蔵って強かったらしいけど実際ずるがしこくて卑怯だったらしいね
    [ 2013/07/30 00:43 ] [ 編集 ]
  52. このドラマだと美元被害者の高島政伸の柳生兵庫と中井貴一の柳生宗矩が良かったな
    [ 2013/07/30 00:49 ] [ 編集 ]
  53. 武蔵は一休さんと同じで色んな人の逸話の寄せ集め。
    外人さんの夢を壊して悪いが。
    [ 2013/07/30 00:51 ] [ 編集 ]
  54. みんな詳しくてワロタ
    [ 2013/07/30 01:04 ] [ 編集 ]
  55. 最強は塚原卜伝
    [ 2013/07/30 01:06 ] [ 編集 ]
  56. ※27
    武蔵と三国志は吉川英治の影響が大き過ぎる。
    [ 2013/07/30 01:07 ] [ 編集 ]
  57. まぁーーこの大河は糞だったw
    [ 2013/07/30 01:09 ] [ 編集 ]
  58. 吉川英治が創作した宮本武蔵だからな 95%はフィクションだから
    [ 2013/07/30 01:13 ] [ 編集 ]
  59. 実際10回やって10回勝てるほど実力差があったかどうかわからんよな
    まぁ強い方が勝つんじゃなくて勝った方が強いんだってのはその通り
    [ 2013/07/30 01:22 ] [ 編集 ]
  60. ま、世界中にある古代の伝説や宗教と似たようなもんでさ
    事実が曖昧だったり、リアルに考えると矛盾の起こる夢物語だからこそ
    色々と脚色が出来て大衆に受けるんだろうね
    [ 2013/07/30 01:34 ] [ 編集 ]
  61. 司馬遼太郎が書いた、新説 宮本武蔵しか読んだことないから
    俺の中ではインチキ爺のイメージ
    [ 2013/07/30 01:51 ] [ 編集 ]
  62. 海老蔵「小次郎やぶれたり!!」
    伊藤リオン「FUCK」
    [ 2013/07/30 01:52 ] [ 編集 ]
  63. 海老蔵がとんでもなく大根だから
    武蔵が海老蔵そのままのヘタレに見えるのがなぁ・・
    [ 2013/07/30 01:57 ] [ 編集 ]
  64. 武蔵は負けない剣士っていうイメージだなあ
    プライド何それ負けたら終わりじゃん的な
    [ 2013/07/30 02:01 ] [ 編集 ]
  65. 武蔵が遅れたとか卑怯とか全部嘘!
    タイムマシンで見てきたのかよwww
    史実書いた人が嘘つきならどうすんだよwww
    武蔵自身が話ふくらませて五輪の書書いてたらどうすんだよwww
    凄いのは400年以上最強の侍として名前が残ってること!
    あとはそれぞれの解釈で好きに崇めればよし。
    [ 2013/07/30 02:11 ] [ 編集 ]
  66. みんなほんと詳しいなw
    [ 2013/07/30 02:11 ] [ 編集 ]
  67. 吉川英治のアシスタントをしてた人が本に書いてたが
    ある地方に行ったら、宮本武蔵の碑が建ってる。
    近くの老婆に聞くと
    「ここを武蔵が訪れたことがある」と言う。

    だがそれは自分が小説執筆中の吉川英治から、
    どこか武蔵が立ち寄る適当な場所はないかと言われて、
    提案したところだった。

    こうして歴史は作られる
    [ 2013/07/30 02:17 ] [ 編集 ]
  68. 武蔵は生き残る事に全力を尽くす剣士だったらしいからな
    人と人がぶつかり合う中でどう戦い、どう生き残るのかが重要だったんだ
    相手を実力で打ち倒すことじゃなくてさ

    そういや佐々木さんって上泉信綱の新陰流の流派じゃなかったっけ?
    [ 2013/07/30 02:18 ] [ 編集 ]
  69. 武蔵は一剣士というより、万能の天才みたいなところがあって
    書や絵画の才能もあったし、五輪書のような兵法書も書いた
    二刀流のように、常識に囚われない自由な発想が武蔵の持ち味であって、
    一見卑怯にみえるのも、物事を一段高いところから見て総合的に勝つ手段を追求するタイプだからだろう
    戦における秀吉や信長とも似ている
    [ 2013/07/30 02:24 ] [ 編集 ]
  70. これはアレだろ? 米倉涼子が一番強い
    大河ドラマ「ごつう」だろ?
    [ 2013/07/30 02:24 ] [ 編集 ]
  71. 吉川英治が偉大なんだろw

    武蔵と小次郎は、中村錦之助と高倉健のヤツじゃないのか
    [ 2013/07/30 02:27 ] [ 編集 ]
  72. 平均的な日本人より詳しいなw
    剣士や侍っていうより喧嘩上手、
    というか、勝てる相手しか戦わないっていうね
    [ 2013/07/30 02:28 ] [ 編集 ]
  73. 日本とは別の創作ゴリンノショが出回ってるのか?
    ゴーンだかも五輪書が愛読書とかいってたが
    ネットでみる五輪書には巌流との戦いとかないし
    読んで面白いもんでもないしなんで外人が取り上げるのか意味不明
    [ 2013/07/30 02:37 ] [ 編集 ]
  74.  
    実際には遅れて来なかったらしい。
    [ 2013/07/30 02:48 ] [ 編集 ]
  75. 司馬遼の武蔵がリアルで最高だろう
    間合いとカウンター
    [ 2013/07/30 03:01 ] [ 編集 ]
  76. 小次郎ファンが多いのはどうしてだw
    [ 2013/07/30 03:07 ] [ 編集 ]
  77. 村上吉之丞には勝てないと悟って逃げ回ったと言われているが真実はどうだろうか?
    [ 2013/07/30 03:34 ] [ 編集 ]
  78. しかし画の撮り方がヘタだ・・役者も演出も
    [ 2013/07/30 04:22 ] [ 編集 ]
  79. 菊池寛は宮本武蔵なんて剣豪ではない、といって吉川英治に喧嘩を売ったことがある。
    [ 2013/07/30 04:34 ] [ 編集 ]
  80. 強い剣豪は幕末維新とかにゴロゴロいそう。
    洗練された技術を学んで、実戦で人を斬って、より効率的に実戦で使える技術を考案する。実戦回数の多い新撰組や人斬り以蔵とかは強そう。
    戦国が終わって、技術体系を確立してる最中の剣士には負けない気がするけど。
    [ 2013/07/30 04:54 ] [ 編集 ]
  81.  
    吉川英治原作なのに結構違うんだよね?バガボンドって
    [ 2013/07/30 05:36 ] [ 編集 ]
  82. バガボンドは胤舜戦がクライマックスだったなぁ。
    [ 2013/07/30 05:55 ] [ 編集 ]
  83. もっと映像にこだわってくれよ
    なんだこのゴミ映像 役者もゴミだけどさ
    [ 2013/07/30 05:57 ] [ 編集 ]
  84. 吉川英治といえば俺はNHK人形劇三国志を思い出す。
    川本喜八郎の人形は悪そな顔していてよかった。

    幕末の剣豪って純粋な剣技のみってイメージあるなぁ。
    戦国の剣豪は、伝承がなんかもう仙人みたいなイメージ。
    マスターヨーダっぽいw
    [ 2013/07/30 06:15 ] [ 編集 ]
  85. 外人に勘違いされてしまってる…
    バガボンドはマジで無くなってほしい
    [ 2013/07/30 06:34 ] [ 編集 ]
  86. この大河ドラマはひどかった
    [ 2013/07/30 06:37 ] [ 編集 ]
  87. 江戸以降の剣術は敵が装甲を纏っていることを想定していないよな?
    現代の剣道のように重心が高いし。
    それに戦国時代の剣聖たちは、
    騎馬武者(※大規模な騎馬隊は無かったという説もあるが)、弓足軽、
    忍の類(鎖鎌だの苦無だの?)とも戦っていたとすると
    かなりの実戦経験があると推測でき…。
    特定条件下でしか力を発揮できないのは最強の名にふさわしくないしな。

    ……上泉に5000点!(古っ)

    宝蔵院胤栄って可児才蔵の師匠なのか。上泉は胤栄と石舟斎にも勝ってたんじゃなかったっけか
    [ 2013/07/30 07:24 ] [ 編集 ]
  88. バガボンドは最初がんばって原作とは違う武蔵を描こうとしてたけど
    行き詰まってまたフラフラ戻ってきたな
    どうやって終わらせるのかは興味ある
    [ 2013/07/30 07:43 ] [ 編集 ]
  89. 戦国の方がまず敵が強いだろ。国全体が応仁から戦い続けてるわけだから。
    [ 2013/07/30 07:44 ] [ 編集 ]
  90. 逆光を利用するなんて闘いの基本だろ
    [ 2013/07/30 07:50 ] [ 編集 ]
  91. 武蔵は勝てる見込みのない戦いからは徹底的に逃げたからな
    それで勝率100%というのは…
    [ 2013/07/30 07:55 ] [ 編集 ]
  92. >逆光を利用するなんて闘いの基本だろ

    それはいいが決闘の刻限に遅刻して相手を焦れさせるのは
    卑怯というか姑息というか
    [ 2013/07/30 07:57 ] [ 編集 ]
  93. 兵法家と呼ぶのなら徹底的に逃げても問題ないけど
    剣豪と呼ぶのなら、しかしまわりこまれてしまった!ときに戦って勝ってもらわんとな
    [ 2013/07/30 07:59 ] [ 編集 ]
  94. >特定条件下でしか力を発揮できないのは最強の名にふさわしくないしな。

    最強と謳われる割には
    今はあまり話題に上らないのがよく表れてると思う
    [ 2013/07/30 08:00 ] [ 編集 ]
  95. タイトルを見て武蔵小杉と空目した俺は川崎市民
    [ 2013/07/30 08:16 ] [ 編集 ]
  96. ①幕末の剣豪…道場剣術で磨いた剣術の冴えは凄そう

    ②武蔵…剣豪というよりは兵法家。軍師の戦い方を白兵戦に応用した

    ③戦国の剣聖…なんか知らんが技・策、両方凄そう

    こんな感じ?

    でも武蔵は勝ったからいいようなものの、
    あれで負けてたら腹黒のくせに勝てない無能としてボロクソ言われそうだな

    あ、俺、武蔵好きだよ
    [ 2013/07/30 08:43 ] [ 編集 ]
  97. 映画もドラマも戦闘描写があまりに拙いよなあ。
    どの作品もやる気無い演出ばっかり。なんか規制でもされてるの?

    侍や忍者やら日露やら大戦やら素材には事欠かないのに、結局クロサワしか受けない。
    [ 2013/07/30 08:55 ] [ 編集 ]
  98. 肥後細川藩には、二刀流の型最終形態の舞のような奥義が五パターン伝えられてるよ
    見た事あるけど、綺麗でした

    中々、伝承者が少ないことが心配
    [ 2013/07/30 08:56 ] [ 編集 ]
  99. 決闘を申し込まれてしまうっていうのもあれだな
    この決闘は命がけ 最終的に生きるか死ぬか
    卑怯でもなんでもいいよね生き抜ければ けどまた決闘へループやね
    [ 2013/07/30 09:12 ] [ 編集 ]
  100. ま、皆さんちょっとググってみられたらよろしい。
    [ 2013/07/30 09:20 ] [ 編集 ]
  101. あーちょうどマトリックスが流行ってた時期か
    [ 2013/07/30 09:25 ] [ 編集 ]
  102. みなさん、武蔵が画家として超一級であることをご存知ですか?
    重要文化財になってるのもあったはず。
    まさに刀で空間を切り裂く如きの画風。書と通ずるものがある。

    現代にエピゴーネンがたくさんいるのも、日本人的感性を切り拓く特有のスタイルを独自で発明したから。すごいですよ。
    [ 2013/07/30 09:29 ] [ 編集 ]
  103. NHKのドラマなんか観る価値なし。
    [ 2013/07/30 09:30 ] [ 編集 ]
  104. 夢想権之助は一度武蔵に負けた後リベンジしてるんだよな、事実かどうかはともかくとして少年マンガみたいで面白い。
    [ 2013/07/30 09:35 ] [ 編集 ]
  105. 武蔵は幕末の土方に近い剣士だったろうな
    汚いとか卑怯とか関係なく、とにかく勝つためというか
    負けないためには何でもするっていう
    [ 2013/07/30 09:38 ] [ 編集 ]
  106. 小次郎って決闘のとき18歳とか言われてっけど、武公伝にはそんなことぁ一文字も書かれてないんだよな
    色々整合性を考えると50~70歳くらいってのが妥当な線らしいぞ

    そんなおじいちゃんを木刀でおもいっきり殴るとか武蔵さんマジ鬼畜www
    あ、それ以前に吉岡との決闘で子供も手にかけてたっけな
    [ 2013/07/30 09:41 ] [ 編集 ]
  107. >ま、皆さんちょっとググってみられたらよろしい。

    ググったよ。何が言いたいんだよ。ハッキリ言えよな。
    [ 2013/07/30 09:44 ] [ 編集 ]
  108. 武蔵の時代は戦国の名残もあって「先の先」が主流だろ?
    勝てば官軍。卑怯も何もないよ
    それでも俺は武蔵が強いってのには否定的だけど
    [ 2013/07/30 09:50 ] [ 編集 ]
  109. 信長や信玄は、おじいちゃんや子供どころじゃないぞ
    何を今更…
    [ 2013/07/30 09:53 ] [ 編集 ]
  110. 武蔵は正直本当に名のある相手とは戦ってないし
    決闘死合は戦、戦である以上どんな手を使っても勝つ。ってスタンス
    決闘申し込まれた時に「じゃあ、何時何時に何処で」って約束した直後
    帰り道を待ち伏せて、上から襲いかかって倒して
    「決闘を申し込んだ以上、油断した方が悪い」って言ったり。
    武蔵は天才ではあったけど、天才過ぎて彼のニ天一流は後継者を得ず廃れた。
    そういう意味で最強は伊東一刀斎だと思う。
    幕末最も栄えた流派は一刀流の流れをくんでるわけだから
    [ 2013/07/30 10:17 ] [ 編集 ]
  111.   
    吉川英治のは少年誌並に都合のいいストーリーになってるからな。
    バガボンドはちょっとマシにしてある部分とより漫画らしくしてある部分と両方ある。
    ストーリーだけじゃなく両方の武蔵のキャラと実際の武蔵もだいぶ違うようだし。
    400年も前の事で身分が高いわけでもないから公的な文献に殆ど出てこないし、時代が時代なので京都から江戸まで噂が伝わるまでにとてつもなく大きな話になってしまう。

    まあ、吉川英治の作り話を真実と思う人は居ないだろうけど色んなタイプの物を読んでみるといいよ。
    [ 2013/07/30 10:18 ] [ 編集 ]
  112. 一乗寺下り松や巌流島が史実としてあるのがうれしいね
    [ 2013/07/30 10:19 ] [ 編集 ]
  113. 仮に伝承通りだとして、俺は剣豪としても武蔵は強いと思うね。
    技量もあったと思う。ただ、最強とか剣豪の代名詞みたいな話になると、?と思う。
    上泉信綱、よくわからないが、この四文字から放たれるオーラはハンパない。
    [ 2013/07/30 10:22 ] [ 編集 ]
  114. 織田信長が最強だろ
    自ら前線で戦ったり火薬で炎消し飛ばしたり崖下らせて城を攻めるめちゃくちゃ
    [ 2013/07/30 10:32 ] [ 編集 ]
  115. おいおい、剣豪カテゴリ以外が有りなら俺は上杉謙信をおすぞ。
    あいつは神懸かってる。鉄砲玉もあいつをよけて飛ぶ(冗)
    [ 2013/07/30 10:37 ] [ 編集 ]
  116. バカボンパパとかいうウンコ漫画はいい加減終わって欲しい
    [ 2013/07/30 10:39 ] [ 編集 ]
  117. いくら素早い動きができても重力を変えることはできないんだから
    剣術でジャンプしちゃダメだろ
    完全にメリットゼロ
    [ 2013/07/30 10:52 ] [ 編集 ]
  118. この国に侍はまだいますか?
    [ 2013/07/30 11:34 ] [ 編集 ]
  119.  
    武蔵って 晩年は
    書や絵に傾倒して 剣に関しては
    五輪の書でしか記してねぇーんだろ
    それも剣技じゃなく 戦い方や生き方みたいな感じな奴
    [ 2013/07/30 11:55 ] [ 編集 ]
  120. この作品のムサシ・・・髪を赤く染めたらまるで拳を極めし者ではないか。
    [ 2013/07/30 11:58 ] [ 編集 ]
  121. ※120
    そこまで熊殺鬼瓦丸ではないだろ
    [ 2013/07/30 12:04 ] [ 編集 ]
  122. 武士道とは死ぬことと見つけたり
    修羅道とは倒すことと見つけたり
    我、悪鬼羅刹となりて目の前の敵すべてを斬る!

    早い話鬼やね
    [ 2013/07/30 12:31 ] [ 編集 ]
  123. 一刀石ってご存知ですか?
    柳生石舟斎に縁のある岩なんですけど。
    これを見て「剣豪パネェ」と思うか
    「ハナシ盛り杉w」と思うかで、
    武蔵への考え方がわかる気がする。
    [ 2013/07/30 13:16 ] [ 編集 ]
  124. 甲源一刀流が幕末に無双していたらしいね。
    新撰組も甲源一刀流との争いは避けたそうだ。
    門弟が多いから恐かったとの説もあるがね。
    [ 2013/07/30 13:27 ] [ 編集 ]
  125. 外人さんは武士にすごい夢をもっているな。実際調べてみると宮本武蔵って胡散臭いんだけどね。
    [ 2013/07/30 13:36 ] [ 編集 ]
  126. >>15
    小次郎はアクション俳優だろw
    なつかしいなw
    [ 2013/07/30 14:09 ] [ 編集 ]
  127. 記録上
    宮本武蔵を唯一完膚なきまでに倒したのは、島原の農民である。
    [ 2013/07/30 14:12 ] [ 編集 ]
  128. 宮本武蔵は大嫌いな剣客の一人だな
    ゴロツキだし、周りに商売の上手い商人の弟子が居たんじゃないの?
    肥後なら丸目蔵人の方を前面に押し出せばいいのに
    [ 2013/07/30 14:15 ] [ 編集 ]
  129. バッカだなぁ 宮本武蔵ちゅうたら役所広司やん☆彡
    八十年代のテレビやん最高ちゅうたら
    なんで00年のアホ宮本武蔵使っとるんや
    [ 2013/07/30 14:20 ] [ 編集 ]
  130.  
    東宝+三船敏郎の宮本武蔵は、原作改編っぷりが凄いので・・・笑えるんです・・・
    まぁ海外では公開した時代から考えて、三船武蔵の方が有名なのかもしれないけど・・・
    [ 2013/07/30 15:36 ] [ 編集 ]
  131. 柳生の高弟子が武蔵は宗矩より格段強いって言ってるから
    実際強かったのは間違いないだろうね
    それより足利義輝の戦いぶりの方が興味深い。
    [ 2013/07/30 15:55 ] [ 編集 ]
  132. テレビのゴーストが懐かしかったw
    昔はこんな感じだったわw
    [ 2013/07/30 15:56 ] [ 編集 ]
  133. なんだこのつまらない決着は
    始まりから見ていたら絶対にクレーム物
    [ 2013/07/30 16:00 ] [ 編集 ]
  134. 最強は証人が多数いる公式試合で柳生の高弟2名を倒した示現流の東郷重位だろ

    ちぇぇええすとぉぉぉぉっ!

    [ 2013/07/30 16:11 ] [ 編集 ]
  135. ゴーストが酷いw
    [ 2013/07/30 16:36 ] [ 編集 ]
  136. ホント、酷い殺陣
    [ 2013/07/30 16:41 ] [ 編集 ]
  137. 戦闘シーンチープだなwww
    [ 2013/07/30 17:17 ] [ 編集 ]
  138. 東郷は当初、丸目のタイ捨流から入り、その丸目と石舟斎のこの2名だけが、上泉から裏太刀(忍術のようなもの?)を伝授されているという。

    あと柳生も剣術流派というよりは毛色は伊賀や甲賀に近いんでねーの?

    とりあえず最強は謙信だろw
    [ 2013/07/30 17:25 ] [ 編集 ]
  139. 実際のところ武蔵はかなり謎の多い人物なんだよな。
    武蔵について書かれた資料で本人直筆は実は少なくて、武蔵の弟子というかファンというか、そういう人たちの手によるモノが圧倒的に多い。その中でも、「お前絶対武蔵とは会ったことないやろ」とツッコミを入れざるを得ない人(武蔵の死後何十年後に生まれた人とか)が書いた資料が重要資料みたいに扱われていることもあったりして、若干カオスな状態になっているために、余計に実像がはっきりしなくなっているところもある。
    [ 2013/07/30 17:27 ] [ 編集 ]
  140. コメントの中にある、武蔵が勝てなかっ(負け)た、棒を使う相手というのは、北九州に今も道場がある、”杖術”の流派ですね。
    [ 2013/07/30 17:38 ] [ 編集 ]
  141. 勝つための手段や下準備に念入りな人という印象があるなぁ。
    そういう考えだと剣士というより兵法者に近いのかもしれない。
    [ 2013/07/30 17:53 ] [ 編集 ]
  142. 卜伝と上泉は実際に師弟関係があったかのかはあやしいらしけど、

    卜伝→武泰斗様
    上泉→無天老師(亀仙人)
    石舟斎→初代孫御飯
    宝蔵院→牛魔王

    こんなイメージ。一刀斎は別の系列だよな。
    [ 2013/07/30 18:25 ] [ 編集 ]
  143. 鞘を捨てるって行為は、刀を納める必要がない。つまり命を捨てる覚悟って意味だよ。
    [ 2013/07/30 18:32 ] [ 編集 ]
  144. >※142
    その例えでいくと
    一刀斎→ピッコロ(初代)
    小野忠明→マジュニア
    か?
    [ 2013/07/30 18:37 ] [ 編集 ]
  145. リアル勝てばよかろうなのだー!!だったわけか
    [ 2013/07/30 18:37 ] [ 編集 ]
  146. ニ天一流の剣術って実際は殆ど二刀流で戦わない
    [ 2013/07/30 18:48 ] [ 編集 ]
  147. キャスト以上にカメラワークとカット割りがクソだわ
    剣劇はアニメに限る
    [ 2013/07/30 18:49 ] [ 編集 ]
  148. 江戸時代の決闘だと柳川藩の安達八郎の杖立騒動が凄いな
    葉隠れの佐賀藩士6人+@をたった一人で斬り捨てた
    [ 2013/07/30 19:01 ] [ 編集 ]
  149. まあ、実際の巌流島にはこんな砂浜も緑の小山もないんですけどね。
    [ 2013/07/30 19:11 ] [ 編集 ]
  150. >コジロウsamaが負けたのは鞘を海に投げちゃったから。
    >刀はサムライの魂なのにね。その一部を失くしたんだから負けるのは当然。 アメリカ

    このエピソードが後世の創作だと表してるな
    関ヶ原の少し後の話だから鞘を捨ててもどうということもなかったはず
    生きて後で刀を収めるなんて考えは打刀の江戸時代のものだろう
    乱戦で鞘を抱えたままなんて自殺行為だ
    ってかお偉いさんは差すんでなく鎧にぶら下げてるから捨てられないけどな
    [ 2013/07/30 19:13 ] [ 編集 ]
  151. 史実史実って…
    フィクションだろ巌流島対決は
    [ 2013/07/30 19:14 ] [ 編集 ]
  152. CG時代劇
    やっぱり武蔵といえば萬屋錦之介。

    ただこのCGには、笑ってしまった。
    [ 2013/07/30 19:15 ] [ 編集 ]
  153. >※146
    戦場では必ずしも両手で刀を持てる状況ばかりではないから、片手で振っても人が切れるように練習しとけよ、ってのがもともとの二刀流の発想らしいぜ。
    [ 2013/07/30 19:16 ] [ 編集 ]
  154. これファンタジーなんだけどな・・・
    [ 2013/07/30 19:25 ] [ 編集 ]
  155. 皆さん博学で勉強になるなぁ
    [ 2013/07/30 19:33 ] [ 編集 ]
  156. 武蔵とか喜んでる日本人は馬鹿だね
    番組の作りもしょぼいし
    韓国ドラマのがレベル高い
    [ 2013/07/30 19:49 ] [ 編集 ]
  157. ※131
    >柳生の高弟子が武蔵は宗矩より格段強いって言ってるから

    その話は柳生の弟子が言ったんじゃなく後世の人間が柳生の弟子に仮託して書いたもので
    しかも本当に「宮本」武蔵の事を言ってるかも微妙な話

    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B8%A1%E8%BE%BA%E5%B9%B8%E5%BA%B5

    [ 2013/07/30 19:53 ] [ 編集 ]
  158. 兵法三大源流というのがあって、日本の剣術の多くは流派を遡ると、この3つのどれかにぶち当たるらしい。
    ※()内は有名どころ

    神道流(塚原卜全)
    陰流(上泉信綱)
    念流(伊東一刀斎)

    豆な
    [ 2013/07/30 19:58 ] [ 編集 ]
  159. ※156

    正直この番組の、構成は、疑問があるけど。
    韓国の剣豪は?
    いるの?
    いないなら、そう言う事で張り合うべきじゃない。
    いるのなら具体てきに、教えて。
    [ 2013/07/30 20:01 ] [ 編集 ]
  160. それに、韓国ドラマもどうかと思うよ。
    [ 2013/07/30 20:07 ] [ 編集 ]
  161. 伊東一刀斎って大谷吉継の師匠説があるんだな。
    大谷吉継といえばリアルししおさんじゃねーか…
    [ 2013/07/30 20:17 ] [ 編集 ]
  162. 佐々木のやろーが俺の得意技をパクリやがった
    [ 2013/07/30 20:48 ] [ 編集 ]
  163. 個人的には、バカボンドの話が好きかな。
    何か、ただ単純に強かったり、ずる賢いだけでは無く。
    何で、強く無いと、だめか?
    何で、強く有るべきなのか。
    結局生き残る事は、正しい。
    けして、生き残る事は、正しくない事ではない。
    [ 2013/07/30 20:52 ] [ 編集 ]
  164. そもそも、宮本武蔵自体がフィクションかもしれんし。
    武蔵二人説とか十人説とか
    宮本某と某武蔵を合わせて、剣豪でかつ絵描きっていうキャラを作っちゃったとかが結構好き
    [ 2013/07/30 21:30 ] [ 編集 ]
  165. なんで、外国人のお前らがそこまで詳しいんだよ!!
    [ 2013/07/30 21:34 ] [ 編集 ]
  166. 武蔵があまりに有名だからアンチ宮本武蔵みたいな人たちが色んな俗説を広めたんだよ。五輪の書は剣の技術書だから見る人が見れば本を書いた人がどの程度のレベルかわかるからね。
    [ 2013/07/30 22:57 ] [ 編集 ]
  167. 小次郎って、当時の記録によると相当の高齢者だったらしな
    ヨボヨボ爺さん相手に弟子を引き連れて集団でフルボッコにしたということになるな

    米166
    とはいえ、坂本竜馬みたいに小説によるフィクションのイメージも相当大きいだろうがな
    [ 2013/07/31 01:11 ] [ 編集 ]
  168. 鞘を捨てるっていうと、もう刀を鞘に納めない=死
    って感じだよな
    戦国時代の戦の前に、甲冑の紐を結んだあと先を切っちゃうのと似て、死ぬ覚悟or死ぬ気でやる覚悟、のどっちかに思える
    [ 2013/07/31 01:15 ] [ 編集 ]
  169. 武蔵はエンニオ・モリコーネの音楽がすげぇ良かったんだよなぁ
    よくあんな世界的大作曲家に依頼できたもんだ
    [ 2013/07/31 01:29 ] [ 編集 ]
  170. 物語の小説と、資料になる記録とはかなり違うらしい。

    武蔵の方が、実は島に明け方から仲間数人と先に来ていた。そして小次郎が到着したら数人でやちゃった。その記録では武蔵は実は超卑怯者だった事になる。

    生き残った方が、後日有利な吹聴をあちこちで話せるから、武蔵伝説が広まったのかも。



    [ 2013/07/31 03:23 ] [ 編集 ]
  171. もうちょっと古い出典かと思った(・ω・)
    [ 2013/07/31 06:26 ] [ 編集 ]
  172. 映像の出典がね。
    ところで華奢(きゃしゃ)は線の細い人なんかの意味じゃないのか。
    あてるなら華美か豪奢、豪華あたりか。
    [ 2013/07/31 06:32 ] [ 編集 ]
  173. ヨボヨボの爺さんと言うけど達人のヨボヨボ爺さんは凄いよ
    日頃ヨボヨボしているのに、何故か得物持つと早くて別人になる

    常日頃言っている事は、逃げられる状況なら全力で逃げ切れ!

    [ 2013/07/31 11:35 ] [ 編集 ]
  174.      
    武蔵は対で戦うための優れた兵法家のような気がする
    武術でではなく殺人剣
    [ 2013/07/31 12:29 ] [ 編集 ]
  175. 剣豪の時代は日本人の反射神経とか凄かったんだろうな

    つっても現代のゲームチャンピオンとかも反射神経だけならイチロー並みらしいけどな

    反射神経だけなら
    [ 2013/07/31 15:54 ] [ 編集 ]
  176. 小次郎がヨボヨボってのは一説に過ぎない
    かなり有力な説だけどな
    ついでに武蔵も結構謎の人だしな
    二人のエピソードくっつけました説があるくらいだし
    [ 2013/07/31 17:37 ] [ 編集 ]
  177. 自己アピールが上手で影響力のある人間は後世で高評価されるって事でしょ。
    ボクシングの亀田なんかも、400年後には日本を代表するボクサーとか世界で評価されてるかもよ?
    [ 2013/07/31 17:54 ] [ 編集 ]
  178. >日本の作品って戦いの場面に時間かけたり、
    >役者とかに芝居ががったポーズさせるの好きよね。 +4 アメリカ

    これに関しては、そちらさんはやたらとベッドシーンとキスシーン入れるの好きよね。と言いたい



    [ 2013/07/31 18:08 ] [ 編集 ]
  179. 俺苗字宮本だから中学校時代のあだ名が武蔵だったんだよな・・・
    [ 2013/07/31 18:29 ] [ 編集 ]
  180. NHKのドラマなんて、20年前から見てないが、
    武蔵は、心理戦で勝ったとか聴いた。
    小次郎が一瞬ひるんだ隙を攻撃したとか。

    >>154
    武蔵は後に、戦艦大和の同型艦の名前にもなったのに、フィクションだとか、ファンタジーと言って貶めるのもどうかなと思う。

    [ 2013/07/31 21:05 ] [ 編集 ]
  181. >>178
    カキンカキンと剣、盾、鎧をぶつけ合うのが向こうの剣での戦いだからね
    生身で切れ味抜群の日本刀で殺しあう、となるとやっぱ一瞬にかけるしかないから、どうしてもああした方が雰囲気出る

    どっちも悪くないと思うけどな
    [ 2013/07/31 21:22 ] [ 編集 ]
  182. 海外では錦之介五部作より
    三船敏郎版三部作の映画のほうが知られてるよ
    アクション的には錦之介版のほうが良いと思うけど
    肝心のドラマ部分では三船版に劣るかな
    錦之介版だと武蔵が変にいい人ぶってるのがちょっとキツいんだよな
    [ 2013/07/31 21:24 ] [ 編集 ]
  183. >武蔵は後に、戦艦大和の同型艦の名前にもなったのに、
    ここから

    >フィクションだとか、ファンタジーと言って貶めるのもどうかなと思う。
    ここにつながっていく思考が全く理解不能なんだが…

    それに戦艦武蔵の武蔵って国の名前由来だよねぇ。
    始め、皮肉か何かかと思ったが、そういう訳でもなさそうだし。
    [ 2013/07/31 22:47 ] [ 編集 ]
  184. ※183
    真正ぽいから相手にすんな。逆恨みされんぞ。
    [ 2013/08/01 00:01 ] [ 編集 ]
  185. 役者大根杉。。。
    さすがNHK演出だ
    [ 2013/08/01 03:22 ] [ 編集 ]
  186. 足利義輝がナンバーワン
    [ 2013/08/01 04:05 ] [ 編集 ]
  187. 最初武蔵役の人ギャバンの人かと思った
    [ 2013/08/01 20:01 ] [ 編集 ]
  188. 剣豪と言えば、PS2の剣豪シリーズだろ
    あれは面白かったなあ
    また新作作ってくれないかなあ
    [ 2013/08/01 21:35 ] [ 編集 ]
  189. バガボンドは説教臭くて好きじゃないな

    佐々木小次郎はフィクションで、宮本武蔵は大法螺吹きの小悪党だったんだろうな
    [ 2013/08/01 21:56 ] [ 編集 ]
  190. 結論
    普通に幕末の方が強いと思うけどなぁ
    マラドーナよりもメッシの方が凄いのと同じで
    長い年月を経て技術体系を確立して来て剣術の時代の終わりを告げるような末期だし
    戦国の剣術が甲冑も相手にする実践レベルって言うなら幕末は鉢金とか鎖帷子で軽量化してより実戦的だし 一対一の切り合いは幕末の方って日常茶飯事じゃないかな 甲冑も普通に着てるでしょう 戦国時代の斬り合いってそれと比べてあまり多くない気がする それに戦国の技術体系って太刀ベースじゃないのかな 差し方が逆反りだと思うんだけど
    実際は当時の人にとっては戦国は原始人じゃないかと思うんだ
    戦国の人が槍を取り出して来たら物理的に不利だろうけど剣術に関してはう〜ん違うかも
    [ 2013/08/03 23:02 ] [ 編集 ]
  191. どうだろ?
    何とも言えないけど、その槍に勝ったりしてるからなぁ。
    それに戦国の剣聖は謎すぎる。伝承でも、あれは純粋な剣術じゃないだろw
    もうなんていうか嘘っぽいレベルの強さw
    [ 2013/08/04 17:08 ] [ 編集 ]
  192. 伝承なんて基本嘘だろ
    [ 2013/08/04 18:11 ] [ 編集 ]
  193. 文献伝承も伝承だからな。伝承は基本グレーで進行しないと、基本嘘で進行すると歴史のほとんどが成り立たなくなる。はい論破。
    [ 2013/08/04 19:38 ] [ 編集 ]
  194. 本人の死後に身内や末裔が書いた文献しか載ってないような
    「嘘っぽいレベルの活躍w」は基本嘘で進行しても歴史は十分成り立つと思うで
    [ 2013/08/04 22:17 ] [ 編集 ]
  195. じゃああなたは基本嘘でいいよ。俺困らんしw
    [ 2013/08/04 22:47 ] [ 編集 ]
  196. 歴史資料は身内や末裔による記載か、現代人の感覚から理解し難いか、
    これらは信憑性を決定付けるものではない。
    [ 2013/08/04 23:09 ] [ 編集 ]
  197. お盆の中に入った水を切り裂いたら遠くにいた敵の顔が切れたという逸話がある真里谷円四郎が最強
    [ 2013/08/05 22:50 ] [ 編集 ]
  198. それ剣豪ってか陰陽師クラス
    [ 2013/08/05 22:53 ] [ 編集 ]
  199. バガボンド読んでくれ
    [ 2013/08/07 00:35 ] [ 編集 ]
  200. まぁ槍最強って言うなら幕末は新撰組の原田左之助が宝蔵院流槍術だけど一番強かったわけでもないしそれより強いのが何人も居た事になるわけだけど
    基本嘘というなら沖田総司が最強ということになるけどいいの?
    ところで戦国時代の剣聖の「嘘っぽいレベルの活躍w」って例えば何?
    近藤勇の突きが防具を突き抜けて相手の眼球飛び出させたと言うようなのなら一杯有るけど まさか水滸伝のような物理的に有り得ない事じゃないでしょ?
    米粒を斬るなら町井サン飛んでるBB弾斬ってるよ
    [ 2013/08/07 12:05 ] [ 編集 ]
  201. 俺は沖田より永倉の方が強いと思う
    [ 2013/08/07 12:32 ] [ 編集 ]
  202. 近藤勇の突きは因みに真剣じゃなくて竹刀でね
    [ 2013/08/07 20:29 ] [ 編集 ]
  203. 幕末の剣豪半端ねえな
    [ 2013/08/07 21:42 ] [ 編集 ]
  204. 町井勲さんは凄いよなあ

    米粒斬ったり飛んでるBB弾斬ったり
    もうこれだけでサムライの逸話になるだろw

    剣豪の逸話って、事実なのもかなりあると思う
    [ 2013/08/08 22:15 ] [ 編集 ]
  205. 小次郎顔が綺麗すぎるだろ つまらん
    [ 2013/08/14 18:43 ] [ 編集 ]
  206. 最初はちゃんとバガボンドって書いてるのにそれ以降は全文バカボンドになってる…
    [ 2013/08/15 01:02 ] [ 編集 ]
  207. 巌流島の戦いは、武蔵が時間より早く来て
    時刻通りに来た小次郎を背後から襲ったんじゃなかったっけ
    [ 2013/08/18 23:22 ] [ 編集 ]
  208. タイトルだけ見てポケモンか!!と思ってしまった
    [ 2013/09/02 18:26 ] [ 編集 ]
  209. 海老蔵が糞すぎて見るに堪えないな
    [ 2013/09/21 14:40 ] [ 編集 ]
  210. 余談だけど、小次郎が鞘をすてたのは間違った行為じゃなく、割と当たり前の行為です。
    普通の真剣でも当時は鞘を捨てた、腰に差したままでは駆け回ってるうちに足にからんだり、あるいは掴まれた際に体勢を崩しかねない原因になるのでまずは鞘を捨てた。

    まして小次郎のあの長い剣の鞘を身につけるなんて邪魔以外の何ものでもない。
    ちなみに脇差しは普段より立てる形で差すことで脇腹の保護に一役かってました。
    [ 2013/09/25 20:14 ] [ 編集 ]
  211. 映画の萬屋(中村)錦之介とNHK新大型時代劇の役所広司が双璧
    役所広司版はDVD-BOXを購入しないと全話観れないのがもったいない
    レンタルもBS、CS放送もNHKオンデマンド配信も無いなんてイカれてる
    [ 2013/11/26 10:25 ] [ 編集 ]
  212. >>117
    跳躍する剣術は案外どこにでもある
    有名なのは香取の居合だな
    [ 2014/04/29 02:07 ] [ 編集 ]
  213. 藤沢周平が書いた「二天の窟」、これがいいのだわ。
    [ 2014/09/15 00:52 ] [ 編集 ]
  214. 海老蔵が一番調子こいてた頃の作品だね
    [ 2014/12/27 23:58 ] [ 編集 ]
  215. 今よりも命を簡単に落とす時代に、生きて帰る事が最も重要な事とし徹底してたんだろうなとは思う。戦いに自己満足を持ち込まず結果を求め、あの時代であれだけの死地を潜り抜け、生きて帰る事を体現し続けられた存在だからこそ認められてたのではないだろうか。

    何の知識とかもなく適当に感じたままなので、的外れな事かもしれませんがご容赦を^^;
    [ 2015/05/05 19:06 ] [ 編集 ]
  216. あの時代に名の知れた剣豪ってほとんど死んでるからな
    その中で生きてきた武蔵は半端ないかと
    [ 2016/06/11 00:10 ] [ 編集 ]
  217. 武蔵は勝率100%ではない。
    島原の乱に参加した時、礫により負傷している。
    雨霰と飛んで来る礫は避けようがないって言ってる。
    礫って最強!
    [ 2016/07/24 08:24 ] [ 編集 ]
  218. 剣の試合なのか、サバイバルなのかで評価違う。
    [ 2016/08/16 22:59 ] [ 編集 ]
  219. 大河ドラマの小次郎は当時の日本人と比べて体格が格段に良くなった現代日本人の中でも更に長身に類する松岡が演じたから、物干し竿の「長さ」に全く迫力が感じられなかったな。

    身長150cmくらいの人が三尺四分くらいの刀を使いこなすくらいが丁度良い感じなのかな?
    [ 2016/10/21 06:47 ] [ 編集 ]
  220. 長い刀を使う時は掴まれ易い鞘は捨てるのが常道、長くて重い刀の小次郎に対し、更に長いが少し軽い木刀を使った武蔵って説もある。
    [ 2016/12/29 22:48 ] [ 編集 ]
  221. 武蔵は剣術かじゃなくて兵法家
    剣で勝つのではなく、状況で勝つのが彼の強さ
    権能でなら足利の暴れん坊将軍とか、鹿島の塚原卜伝の方が遥かに上
    比喩ではなく本当に遥かに上
    [ 2017/02/18 09:39 ] [ 編集 ]
  222. 守護らねば・・・
    [ 2017/03/11 20:46 ] [ 編集 ]
  223. 正確ってお前は当時見てたのかよ
    [ 2018/04/26 22:24 ] [ 編集 ]
  224. 勝った武蔵の名は残らず、負けた巌流の名が残る。
    欧米ではどうかな
    [ 2018/05/02 11:20 ] [ 編集 ]
  225. 資料があやふやなものばかりで、真実の分からないことなのに、さも本当のことにように伝わっているのはよくないね。

    が、他の剣豪・剣聖なんて呼ばれてる人たちに比べて、資料が多い人物なのも確かだが・・・。
    [ 2019/03/15 11:07 ] [ 編集 ]
  226. 決闘もケンカも最後に立っていた者が勝ち。卑怯とか関係ない。試合ではないのだから
    [ 2020/03/16 07:26 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサード リンク
検索フォーム
最新記事
海外「こんな場所が実在するのか…」 日本の神社の異世界感が尋常じゃないと話題に
海外「日本には感謝しかない!」 台湾人12人が日本のチャーター機でインドから無事帰還
海外「日本人は特殊なんだよ」 BBC『日本が感染抑制に成功していた理由』が話題に
海外「日本は常に本場を超えてくる」 日本のマクドナルドが世界的に異質過ぎると話題に
海外「日本が隣国で良かった!」 インドで足止めの台湾人を日本が臨時便で救済へ
海外「彼は人種の壁を超えていた」 志村けんさんの訃報に世界中から悲しみの声が殺到
海外「凄い国があったもんだ」 日本人の衛生観念が100年前から凄かったと話題に
海外「日本人に英語は必要ない!」 日本人が語る『日本人が英語を話せない理由』にコメント殺到
海外「なんて規律正しいんだ…」 日本人が『パニック買い』をする光景に外国人が衝撃
海外「日本が超大国になった理由だ」 日本人の仕事に対する誠実な向き合い方に感動の声
海外「これが日本の凄さなんだよ…」 ありふれた日常に日本の凄さを見出すタイの人々
海外「日本は完璧な決断をした」 日本政府の五輪延期の判断に世界から称賛の声が殺到
海外「日本は本当に不思議な国だ…」 今も店頭に食料品が溢れる日本社会に外国人が衝撃
海外「日本にいると安心感が違う」 なぜ日本を選ぶ外国人が急増しているのだろうか?
海外「世界は日本を模範にしよう」 北海道の人々が示した高い規律に海外から称賛の声
海外「日本人は白人扱いなのか?」 日本人ハーフが『日本文化盗用』で非難され論争に
海外「日本の未来は明るいな」 日本の女子中学生がとった行動に世界から感動の声
海外「日本はどうなってんだ」 日本の病院で緊急治療を受けた米国人の医療費に驚愕の声
海外「日本は神に愛されている…」 春の日本があまりにも美しいと海外で話題に
海外「結局は民度の差なんだよ」 仏誌が指摘する『日本の感染者数が少ない理由』が話題に
今月の人気の記事(PC)
ランダム記事
スポンサード リンク



ブログパーツ アクセスランキング