パンドラの憂鬱

Powered By 画RSS



海外「史上最も悲しい作品」 『火垂るの墓』に外国人が涙・涙・涙

1988年に公開されたスタジオジブリのアニメ映画、「火垂るの墓」。
当初「となりのトトロ」は60分程度の中編映画として企画されていて、
単独での全国公開が難しかったため、同時上映作品として、
「火垂るの墓」の企画が決定した、という経緯があったそうです。

動画は「トレイラー(予告)」と投稿者さんから説明されていますが、
おそらく公式なものではなく、投稿者さん、あるいはファンの方が製作したものでしょうか。

以前に「火垂るの墓」を観た事がある人。この動画で初めて作品の存在を知った人。
それぞれの方から、熱いコメントが寄せられていました。


Grave of the Fireflies





■ 自分が映画で泣くとは思ってもなかった。ましてやカートゥーンで……。
  昨日の夜に観たばかりなんだけど、本当に悲しかった……。 イギリス
  



■ 声を出して大泣きした……。これはアニメ映画の傑作だよ。 インドネシア
  



■ この映画はみんな観るべき。
  だけどティッシュを大量に用意しておけよ。
  男だろうが女だろうか、年寄りだろうが若者だろうが、
  民間人だろうが軍人だろうが、リベラルだろうが保守だろうが、
  肌の色が何色だろうが、間違いなく心揺さぶられる。 +6 カナダ




■ 正直予告としては最悪だな。
  予告に重要なシーンのネタバレを入れちゃ駄目だろ!
  まあ幸運にも、これを観る前に作品を観たから良かったけど……。 +2 スウェーデン




■ 本当にこの映画は傑作。間違いなくいつまでも心に残る。
  観る前は、こんな悲しい映画だとは思ってなかったんだけどな。
  希望ってものが最後に全然ないんだよ。
  それでも、80年代に作られたとは思えないくらいの作品だ。 オーストラリア




■ アニメ史上最も悲しい作品の1つだよね。 アメリカ
    


   ■ いや、アニメだけじゃなくて、すべての映画の中で、だと思うよ。 +3 アメリカ 



■ 映画を観て泣いたことは初めてじゃなかったけど、
  全編を通して、涙が溢れ出るような体験は初めてだった。
  涙のせいで、何回も一時停止しちゃたくらいだからね。
  戦争はこの世界で最も憎むべきことだ。
  俺は軍人だけど、そのことはちゃんと理解してる。 +11 トルコ




■ 火垂るの墓……。この映画は何て言っていいのかよく分からない……。
  とりあえず観てほしい。ただ観るんじゃなく、敬意を持って観て欲しい。 デンマーク  




■ アニメ・実写に限らず、オールタイム・ベストの1つ。
  エンディングには、本当に悲しみにうち沈められた。
  これだけ心を動かされる映画は他に見たことがない。とにかく傑作。 アメリカ




■ 戦争なんて本当に馬鹿らしい! 何でみんなで平和に過ごすことが出来ないの?
  これからどれだけの子供たちが、主人公たちと同じ苦しみを受けなきゃいけないの?
  この映画で描写されてることが、今も現実に沢山起ってる。
  その事実がなによりも悲しい。 カナダ




■ この映画は誰のことも責めていない。
  ただ、戦争なんてやるべきじゃないってことを思い出させてくれるんだ。
  戦争は、罪のない一般人を苦しめるものだから……。
  すべての国が、間違いを起こすものなんだ……。
  すべての人が、間違いを起こすものなんだよ……。
  自分は日本人じゃないけど、日本に対して嫌悪感なんてないよ。 +12 インドネシア
  



■ 戦争中、軍人同士が命を奪い合うのはまだ分かる。それが正しいんだろう。
  だけど一般市民の上に爆弾を落とすなんてことはやっぱ違うだろ。 カナダ




■ 俺は全部叔母さんが悪いと思ってる。全部あの外道のせいだよ。 +4 アメリカ




■ 私が9才の時にこの映画を観せてくれた、大好きなお兄ちゃんに感謝してる……。
  いまだにこの物語から受けた"痛み"を克服できてないよ……。
  だけど、この作品は本物の傑作。 +5 マレーシア




■ これだけ悲しみに満ちた映画は、他になかったように思う。 +4 オーストリア



 
■ エンディングには本当に大泣きしたよ。今でも思い出すだけで泣けるもん。
  だけどほとんどの人はセイタの行動を理解してないと思う。
  なぜセイタは二人で一緒に死ぬことを選んだのか。 
  それは、何よりもプライドを選んだからなのよ。
  叔母さんのところに戻るんじゃなくて、一人で妹を支えようとした。
  どうか原作者の妹さんが、安らかな眠りについていますように。 +5 マレーシア  




■ 俺達が日本を攻撃したのは、パールハーバーがあったからだ。 
  だけど、原爆を日本に投下する必要性はなく、間違いだった。 
  原爆なんてもん、どこの国も絶対に使っちゃいかんよ。 +7 アメリカ




■ 心臓が切り裂かれるような思いだった。
  私は映画じゃめったに泣かないのに、このトレーラーを観てるだけで泣きたくなる。
  それから、当時のアメリカと日本に関して馬鹿げたコメントをしてる人に言いたい。
  どうしてどっちのほうがマシだったとか、そういう比較しかできないの?
  映画の子供たちのように、大人の振る舞いしようよ。
  私だって14歳の女の子だけど……。 +14 アメリカ




■ この映画は、大好きって気持ちと同じくらい、同時に大嫌い……。
  絶え間なく涙が流れてきちゃってどうしようもないの……。
  戦争がどういったものなのかを、本当に良く描写してるよね。
  叔母さんが家族を優遇して、兄妹を差別してるシーンでさえ、そう思う。 +9 アメリカ




■ メッチャ泣いた。
  別にアメリカを責めるわけじゃないけど、日本を完膚なきまでに破壊して、
  慈悲なんて一切なく、ヒドイ方法で日本を荒廃させたよね……。
  2発の原爆や、ほぼすべての主要都市に絨毯爆撃を仕掛けて。 +9 イギリス



   ■ ちょっと待ってくれよ。アメリカは日本に降伏の機会を与えただろ。
     彼らがハッタリをかます事に命を賭けたのは、俺達のせいじゃない。 アメリカ



■ セツコは、アニメのキャラクターの中で誰よりも愛らしい少女だよね……。
  彼女が笑えば私もハッピーな気分になって、
  彼女が泣けば、私も悲しい気分になってたよ。
  彼女が二度と目を覚まさなくなった時、私の心は粉々に砕け散った。 +3 フィリピン




■ トラウマになったよ。この作品に関する何かを聞いたり見たりするだけで、
  無意識に涙がこぼれ落ちてくるんだ……。 フランス




■ この映画はすべての高校の歴史の時間に観せるべきだと思う。 +19 アメリカ 




■ 俺の人生の中で、映画で泣いたのはこの作品だけ。 エジプト    




■ 何でアメリカはこんなことしたのよ……。いや、本当に何でよ? アメリカ




■ 戦争映画の傑作だから、ママにも観せようとしたんだ。
  でも私が泣き出しそうになった時、ママは部屋から出て行っちゃったの。
  「これ以上はもう観れない」って言いながら。 +46 アメリカ
 


 
■ 本編は一回も観たことないのに、この動画だけでも泣ける……。 +19 アイルランド




■ この映画は反米とかそういうことじゃなく、反戦映画なんだ。
  戦争は決して僕らに平安を与えないっていう事実を教えてくれてる。
  すべての人がこの作品を観るべきだと思うね。
  アニメ作品として、反戦映画として、僕の中で最高傑作だった。 +12 インド




   

やはり、「泣いた」「悲しい」というコメントが非常に多かったですね。
「映画で初めて泣いた」というコメントもかなり目立ちました。



関連記事
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑皆様の応援が、皆様が考えている以上に励みになります。
[ 2013/08/10 23:00 ] アニメ・マンガ | TB(0) | CM(844)
Powered By 画RSS
  1. 内容は素晴らしいんだが、関西弁に虫唾が走る。
    標準語を使え標準語を!
    関西の田舎言葉なんか理解できねえよ
    [ 2013/08/10 23:03 ] [ 編集 ]
  2. ※1
    俺はお前に虫酸が走る
    今まで何を見て何を聞いてどんな親に育てられたらそんなクソみたいな人間になるの?
    [ 2013/08/10 23:06 ] [ 編集 ]
  3. ※1
    外人は地方弁に苦慮するらしいなw
    [ 2013/08/10 23:07 ] [ 編集 ]
  4. 母国語が抑揚と強調が命の英語圏出身者は、ちょっとした訛りでも混乱するんだって?
    [ 2013/08/10 23:10 ] [ 編集 ]
  5. 人間ドラマの中の人間ドラマだよな
    [ 2013/08/10 23:13 ] [ 編集 ]
  6. 同じ原作者の「ねずみ」
    こっちは姉妹だけど更に悲惨で救いがない。
    初めて読んだとき呆然として、今でもトラウマっぽい
    [ 2013/08/10 23:14 ] [ 編集 ]
  7. 涙流した海外の方、日本語できても
    「野坂昭如 娘 締め切り」で検索しないように…
    [ 2013/08/10 23:17 ] [ 編集 ]
  8. 叔母さんだって生きずらい時代に懸命に生きてた

    家族が増えたら家族全員が飢え死にすることだってあり得た
    誰も責められない。二度と戦争したくないだけ

    [ 2013/08/10 23:17 ] [ 編集 ]
  9. 外国人が涙・涙・・・

    お前らがやったんじゃねえかっ!
    [ 2013/08/10 23:18 ] [ 編集 ]
  10. 毎年夏に必ずと言っていいほど放送されてないか?これ
    小さい頃に1回青年の頃に一回見たけど、二度と見たくないわ
    精神的にキツい
    [ 2013/08/10 23:18 ] [ 編集 ]
  11. 別に今更騒ぐ気はないがパールハーバーで正当化されるのは気分が悪い。君たちとはフライングタイガースで実質戦争してたではないですか。
    その状態でハルノート突きつけられて、受け入れられんと真珠湾奇襲したら卑怯な騙し討ちですか?
    騒ぐ気はない。騒ぐ気はないが事実を知って欲しい。
    [ 2013/08/10 23:19 ] [ 編集 ]
  12. 叔母さん視点からのテレビドラマがあったね。
    ああいうのはなかなかいい試みだと思った。
    [ 2013/08/10 23:21 ] [ 編集 ]
  13. 俺もフィリピンの人のコメと同じだなあ
    節子が楽しそうにしてるところは大好きだから、
    そのシーンだけまた見たいと思うんだけど、
    笑ってるとこ見ただけで全てがフラッシュバックして鬱になる
    でもこれ見ても戦争がどうとかって思いにはならないんだよね俺は
    ただただ節子を救う事ができない絶望感で無気力になる・・・
    [ 2013/08/10 23:21 ] [ 編集 ]
  14. Wikipedia
     ↓
    高畑勲は、本作品について「反戦アニメなどでは全くない、そのようなメッセージは一切含まれていない」と繰り返し述べたが、反戦アニメと受け取られたことについてはやむを得ないだろうとしている。高畑は、兄妹が二人だけの閉じた家庭生活を築くことには成功するものの、周囲の人々との共生を拒絶して社会生活に失敗していく姿は現代を生きる人々にも通じるものであると解説し、特に高校生から20代の若い世代に共感してもらいたいと語っている
    [ 2013/08/10 23:22 ] [ 編集 ]
  15. 高畑監督の最初で最後の名作だね
    あとはゴミ
    [ 2013/08/10 23:23 ] [ 編集 ]
  16. なんか外国人達のコメント読むだけで泣けてくるわ…
    まあこの火垂るの墓と戦時中の象の話の絵本(題名忘れた)だけはアカン
    [ 2013/08/10 23:24 ] [ 編集 ]
  17. フィクションなんすけどね!
    実際の主人公の少年(野坂昭如)は疎開先のお姉さんにぞっこんで妹を放置。
    妹(実際は赤子)が泣き止まずにイライラして頭殴って失神させたりしてた。
    反戦左翼ジジイが自分の過去を美化して、「お涙頂戴」風に仕上げたプロパガンダ映画だよ。
    [ 2013/08/10 23:24 ] [ 編集 ]
  18.  >希望ってものが最後に全然ないんだよ。

    希望とか展望ってものが全く皆無な映画で見ているのが辛いが
    それぞれが考えさせられる映画ではあるよね
    答えは見た人の数だけあるんじゃないかな

    [ 2013/08/10 23:26 ] [ 編集 ]
  19. 原爆はパールハーバーのお返しじゃなくて唯の実験じゃないか
    核爆弾の実験。アメリカは酷いよ
    でも別に謝罪と賠償しろとは思わないんだよな韓国みたいに
    [ 2013/08/10 23:26 ] [ 編集 ]
  20. たまげたなぁ
    音楽が変わっただけでこんなに泣けなくなるもんなのか
    [ 2013/08/10 23:27 ] [ 編集 ]
  21. 何言ってるのこいつら
    ジャップのお涙頂戴の超右翼映画じゃん

    ジャップはもっとひどいことをした
    全世界に土下座すべき
    あと韓国には全財産を投げ打って謝罪すべき
    未来永劫許され無い人類史上最低最悪の悪事を働いたんだから
    [ 2013/08/10 23:29 ] [ 編集 ]
  22. ※9

    流石に「外国人」で十把一絡げにするのはどうよw
    [ 2013/08/10 23:29 ] [ 編集 ]
  23. >ちょっと待ってくれよ。アメリカは日本に降伏の機会を与えただろ。
    お前の国では「無条件降伏」を機会と呼ぶのか。
    ハルノート以上に交渉のしようがなかっただろうが。
    [ 2013/08/10 23:29 ] [ 編集 ]
  24. スタジオジブリの映画はほとんど何回も観たけど、これは1回も観た事ない&観る事もないでしょうね。
    [ 2013/08/10 23:29 ] [ 編集 ]
  25. 頼むからどちらが悪いという言い争いはやめてくれ外国人。この映画の良さは戦争の残酷さと戦争によって何の罪のない未来ある子供たちを不幸にさせるということを客観的に描写したことにある。俺たちは韓国人や中国人と違う。
    [ 2013/08/10 23:31 ] [ 編集 ]
  26. ※10
    毎年やってもないし、ここ3年くらいは放送されてないよ、どこで見てるんだ?
    ttp://anime.geocities.jp/kingbehenmoth/
    [ 2013/08/10 23:32 ] [ 編集 ]
  27. サヨクが作った精神攻撃アニメ
    これ見て泣く奴もサヨクのシンパの非国民
    正しい日本人はこんなオルグに騙されちゃいけない
    [ 2013/08/10 23:33 ] [ 編集 ]
  28. 米軍罰ゲーム御用達だろ
    あと映像兵器な
    [ 2013/08/10 23:33 ] [ 編集 ]
  29. 正直
    たまらんね・・くっそな争いなんてするべきではないって
    この作品みてあの国やあの国は解って欲しい無理だろうけど
    [ 2013/08/10 23:35 ] [ 編集 ]
  30. 当時の日本軍は無謀だったよ

    はっきり言ってバカ。組織が正常に作動していなかった。議論を軽視していたし、バカな奴にがつんと辞めさせられる人間もいなかった
    [ 2013/08/10 23:35 ] [ 編集 ]
  31. ※21
    何したの? 言ってごらん?
    嘘しか出てこないでしょ
    [ 2013/08/10 23:36 ] [ 編集 ]
  32. 野坂さんの原作はもっと悲惨で、現実はさらにもっと悲惨だった
    アニメ化するに当たってかなり表現を押さえてソフトで見やすいものになっている
    [ 2013/08/10 23:37 ] [ 編集 ]
  33. このドロップ売ってたよね
    真似して薄荷食べてた
    中身全部出して水入れて飲んだりして
    今思うとほんと子供の頃に見るんじゃなかったわ
    [ 2013/08/10 23:37 ] [ 編集 ]
  34. 誰か21に構ってやれよ。
    仲間にいれて欲しそうにジッとこっちを見てるぞ?
    [ 2013/08/10 23:38 ] [ 編集 ]
  35. 実際の野坂昭如と一緒にしてどうする
    ヤツが糞だろうが聖人だろうが、物語とは別物だ
    [ 2013/08/10 23:38 ] [ 編集 ]
  36. アメリカさんの歴史に関しては、アメリカ人と議論する気はあまり起きないんだよね。ただ、アメリカで今でも公開されてない当時の資料があるということだけは知ってほしい。
    なぜ70年経っても公開されてない資料があるのか。
    そこに思いを抱けば、あの時代の歴史が一筋縄ではいかないことは簡単に分るはずだ
    [ 2013/08/10 23:39 ] [ 編集 ]
  37. これは反戦アニメじゃねえよ、人間の業を描いた映画だよ
    最後に妹が死んで兄貴が生き残ったってことは妹は飯を必要分食ってなくて兄貴は必要分を食ってたってことだからね
    つまり、妹の分も兄貴は食ってたんだって話だよ
    [ 2013/08/10 23:39 ] [ 編集 ]
  38. ただひたすら悲惨な映画。野坂のことを知ると不快になるだけの映画。
    [ 2013/08/10 23:39 ] [ 編集 ]
  39. このアニメをきちんと観ていないが、同様の実話としてジョー・オダネル氏撮影の長崎原爆後の少年の写真に関わる話が思い起こされる。
    [ 2013/08/10 23:39 ] [ 編集 ]
  40. サクマドロップスの缶を見るとこれ思い出して切なくなる
    [ 2013/08/10 23:41 ] [ 編集 ]
  41. ■ この映画はみんな観るべき。
      だけどティッシュを大量に用意しておけよ。
      男だろうが女だろうか、年寄りだろうが若者だろうが、
      民間人だろうが軍人だろうが、リベラルだろうが保守だろうが、
      肌の色が何色だろうが、間違いなく心揺さぶられる。 +6 カナダ

    こういう風に言ってくれて嬉しいね。どっかの国は被害者意識を表した映画で美化してるとか言ってくれたからねw素直に見れない愛国者は見ないでくれ
    [ 2013/08/10 23:41 ] [ 編集 ]
  42. ※37
    あれだけ体格違うんだから、基礎体力も違うだろ
    同じだけ食ってても妹が先に衰弱するよ
    [ 2013/08/10 23:42 ] [ 編集 ]
  43. フィクションなのは判る。
    だけど祖父からも同じような話を聞かされた。
    傑作だと思うけど再度観るには辛すぎる。
    [ 2013/08/10 23:43 ] [ 編集 ]
  44. 表現を抑えようがソフトにしようが、節子の存在がリアル過ぎるんだよ
    節子の動きや表情がもっとシンプルで大人の声優が声当ててたら、
    こんな胸が張り裂けるような思いにはならんかった
    [ 2013/08/10 23:45 ] [ 編集 ]
  45. 小さい頃はおばさんが嫌いだったが、今では清太が出て行かなければとか働いていたら節子は死ななかったと思うよ
    そりゃ親戚の家で肩身狭い思いするのは可哀想と思うけどね
    スイカ盗んだときも事情話したらもしかしたらわけてくれたかもしれんし
    [ 2013/08/10 23:45 ] [ 編集 ]
  46. 最近はコメ数を伸ばすため1か2に挑発的な意見を書き込むのが常套手段らしい。
    [ 2013/08/10 23:46 ] [ 編集 ]
  47. 一生のトラウマだ。これを両親に見せられた事を後悔している。
    火垂るの墓は中学生になって、考えがハッキリした時に初めて見せれる物だよ。
    「人間はこうまで簡単に関係が切れるのか」って恐怖を感じた時は本当に怖かったな…。
    [ 2013/08/10 23:46 ] [ 編集 ]
  48. >アメリカは日本に降伏の機会を与えただろ。

    いいえ、ケフィアです。
    [ 2013/08/10 23:46 ] [ 編集 ]
  49. 原作者から「原作と全く違う」って言われたアニメですね
    [ 2013/08/10 23:47 ] [ 編集 ]
  50. 戦費を捻出する為に預金を推奨してたのは知ってるが、
    この映画を見る限り最後まで勝手に口座封鎖まではしなかったようだね。
    [ 2013/08/10 23:48 ] [ 編集 ]
  51. アメリカの戦争映画とは全く違うよね。
    愛と正義みたいなね。

    この映画は淡々と戦争とは何かってのを現してる。
    こういうのはアメリカの人が言ってるように、歴史の史料として残して欲しいな。
    [ 2013/08/10 23:48 ] [ 編集 ]
  52. 悲しんでくれる外国人の人たちに敬意を

    でも原爆は仕方なかったっつう外人は嫌いだわ
    [ 2013/08/10 23:48 ] [ 編集 ]
  53. このダイジェストでも泣けるわ
    捉え方なんて人それぞれだよ
    色々考えればいい
    [ 2013/08/10 23:49 ] [ 編集 ]
  54. この映画は好きだけど、嫌いって意見に同感だ。
    いつでも「もう一度見たい」んだけど、つらいから「みたくない」気持もある。

    人が生きようとしているのに、生き抜けない状況になることはとても辛い。安穏とした暮らしのなかにいて、それを思い知ったときがとても切ない。
    [ 2013/08/10 23:49 ] [ 編集 ]
  55. アメさんのプロパガンダ全開発言で笑った
    [ 2013/08/10 23:50 ] [ 編集 ]
  56. 海外でもトラウマ製造機なのか
    [ 2013/08/10 23:51 ] [ 編集 ]
  57.    
    ※1が最初っからヘイト丸出しでワロタw
    [ 2013/08/10 23:51 ] [ 編集 ]
  58.  
    アメリカや日本がどうとかじゃなく「戦争なんかするもんじゃない」とだけ思ってもらえれば良いんです
    [ 2013/08/10 23:53 ] [ 編集 ]
  59. "15
    最初で最後って…。
    ホルスもパンダコパンダもハイジも三千里もアンもチエもゴーシュも否定かよ。
    [ 2013/08/10 23:53 ] [ 編集 ]
  60. 私の父の姉は、戦争中に栄養不足のため3才で亡くなっている。
    小学生の頃に初めてこの映画を見た時、見たこともない伯母の姿が重なったよ。
    昔アメリカと戦争したことは知ってたけど、映画の中で敵が憎いとか
    そういう気持ちにはならなかったな。
    小さな命の短い輝きとか、それが成すすべもなく消えてしまったことにものすごくショックを受けた。
    あまりにショックだったからもう見たいとは思わないが、
    一度見て心に焼き付いているから、この映画はそれでいいんだと思っている。
    [ 2013/08/10 23:54 ] [ 編集 ]
  61. これって原爆の話じゃなくて神戸大空襲の話じゃなかったっけ?
    [ 2013/08/10 23:55 ] [ 編集 ]
  62. 個人的に『劇場版伝説巨神イデオン・発動篇』と並ぶ2大トラウマアニメ映画。
    [ 2013/08/10 23:55 ] [ 編集 ]
  63. 開始5分で泣ける自信のある唯一の映画だ。
    もちろん、初めて見るんじゃないからだけどね。
    もう、節子の顔が出てくるだけで泣ける。
    名前だけでも泣ける。

    俺のおふくろの名前も節子なんだけどなw
    [ 2013/08/10 23:56 ] [ 編集 ]
  64. 見慣れたせいかもう泣けないんだよね
    東京マグニチュードは泣けたけど
    [ 2013/08/10 23:56 ] [ 編集 ]
  65. ライタイハン・高麗棒子
    ※21
    むしろ君らのほうが謝罪すべき。

    ■【1274年 文永の役(第一回元寇)】
    ・高麗の忠烈王は、協力するから一緒に日本を侵略しようと進言。(高麗史)日本遠征のために戦艦数百艘を準備。
    ・5000名以上の軍勢をもって、元とともに日本侵略。
    ・主に対馬や壱岐で略奪の限りを尽くし、誘拐した多くの女性の手に穴をあけて吊るし、
    船壁に晒すなどの辱めを行ったとされる。

    ■【1281年 弘安の役(第二回元寇)】
    ・東路軍司令官には高麗人の洪茶丘が充てられた。
    ・約10000名以上の高麗人が元軍として参加。
    ・高麗軍司令官の金方慶はフビライによる民間人殺傷禁止という通達を無視し、大勢の日本人を虐さつしたといわれる。(八幡ノ蒙古記等)

    ■【1419年 応永の外寇】
    ・朝鮮が17000名以上もの大群をもって対馬を侵略。
    ・多くの民家を焼き払い、日本人を虐さつ。
    [ 2013/08/10 23:56 ] [ 編集 ]
  66. 戦争云々に目が行きがちだが
    主役のニーチャンの世渡り下手の物語なんだよな
    そういや野坂さんてまだ生きてるんだっけか
    [ 2013/08/10 23:57 ] [ 編集 ]
  67. トレイラーってよりはダイジェスト版だな
    それならラストが出て来ても納得が行く
    [ 2013/08/10 23:58 ] [ 編集 ]
  68. 「ハルノート」は普通のアメリカ人は知らないと言っていい。
    だからそこを説明する必要がある。
    [ 2013/08/10 23:59 ] [ 編集 ]
  69. 予告の方がヤバい
    [ 2013/08/11 00:01 ] [ 編集 ]
  70. ※17 匿名保てるネットだとデカイ口叩いて、差別主義で、事あるごとに『戦争だ』って言ってるけど、現実では当たり障りの無いように平々凡々と生きてるお前よりいいよ。
    [ 2013/08/11 00:01 ] [ 編集 ]
  71. 「蛍の墓」ってタイトルの出方が静かで重々しいんだよな。
    この作品にすごく合ってる。
    [ 2013/08/11 00:01 ] [ 編集 ]
  72. 時節柄も立場もわきまえない馬鹿ガキが、好き勝手し放題したあげくの結果として妹を餓死させたとしか思えんかった。
    呆れ果てて涙なんか一滴も出ねーよ。
    [ 2013/08/11 00:02 ] [ 編集 ]
  73. 動画見たら、なぜか音楽で笑ってしまったわ
    とにかくBGMの主張が強烈で映像に集中できないw
    [ 2013/08/11 00:02 ] [ 編集 ]
  74. ※16
    「かわいそうなぞう」はトラウマになった。
    ゾウは大好きで可愛いと思うけど、TVで芸達者なゾウや
    仕事をしているゾウが出ると目頭が熱くなる…w
    [ 2013/08/11 00:03 ] [ 編集 ]
  75. 中国人の女の子にジブリ映画勧めたらすごいハマったんだよ
    純粋な子だったから、この映画観てかなり泣いたらしい
    俺がある時、今日は久しぶりに火垂るの墓見ようかな、って
    言ったら、なんでまた観るの!?ってすげー反応してた
    でも5年に一回くらい観たくなるんだよな
    名作には違いないから
    [ 2013/08/11 00:03 ] [ 編集 ]
  76. 米37
    『方丈記』に、飢饉の記録で「夫婦は愛情深い方から先に死んだ。伴侶により多く与えたためである。親子は必ず親が先に死んだ。」と書いてあったのを思い出した。
    [ 2013/08/11 00:03 ] [ 編集 ]
  77. あんちゃん…トラウマだよ
    戦争なんてすべきじゃないって言う反戦映画だと思うが

    まぁシナチョンみたいに戦争したくてうずうずしてる国もあるけど
    アメ公や汚フレンチみたいな戦争を仕掛けたい死の商人もいるけど
    腐れオージーみたいに白人以外は鯨よりバカってレイシストもいるけど
    [ 2013/08/11 00:03 ] [ 編集 ]
  78. これ見た。三回に分けて見た。
    [ 2013/08/11 00:06 ] [ 編集 ]
  79. サクマドロップスとカルピスが欲しくなる作品
    [ 2013/08/11 00:06 ] [ 編集 ]
  80. ※74
    同じく…。
    今でも仕事中にふと思い出してしまって涙が出る。
    実話だしな。
    [ 2013/08/11 00:07 ] [ 編集 ]
  81. 自分は公開時に予備知識無く劇場で見てものすごい衝撃を受けて、
    同時上映だったトトロがまったく頭に残らなかった。
    (これとトトロが同時上映だったというのも凄い時代だったが)
    テレビで放送したときに親と一緒に見てたら、安っぽいドラマでもよく
    涙ぐむ親が、あの時代ならよくあった話だよ。と最後まで醒めた感じだったのが意外だった。
    戦争をリアルで体験してる年寄恐るべし。
    [ 2013/08/11 00:07 ] [ 編集 ]
  82. >>21
    韓国とは戦争してないって言っても信じる気無いよね?
    韓国人は志願兵で、ものすごい倍率だったっても信じる気無いよね?
    証拠合っても捏造だって言い張るよね?
    テキサス親父の従軍慰安婦動画見ても、最近発表された従軍慰安婦管理人の日記で当時の貨幣価値だとものすごい高級取りだった、しかも新聞見て応募してきたっていう当時の新聞募集の切り抜き見ても信じる気無いよね?
    ベトナム戦争で民間人を銃〇や虐〇したりレイ〇しまくった韓国人に比べりゃ日本は大したことしてないと思う。
    韓国ではレイ〇は犯罪じゃないのかも知れないけど。そして高額の賃金に惹かれて応募してしかも高級取っていた売〇婦は被害者なのかも知れないけど。
    テキサス親父の動画見てごらん。
    [ 2013/08/11 00:07 ] [ 編集 ]
  83. このトラウマ映画がトトロと同時上映だったとはいまだに信じられない
    [ 2013/08/11 00:07 ] [ 編集 ]
  84. この作品に限らず戦争をネタにしてる商業作品は大ッ嫌い。
    どんなに作品として優れていてもそれとこれとは別問題。
    [ 2013/08/11 00:08 ] [ 編集 ]
  85. 兄弟追い出したババアむかついたけど
    大人になってから見るとこんなもんだよなと納得してしまう
    [ 2013/08/11 00:08 ] [ 編集 ]
  86. この映画はただただ心が痛い…
    本当に痛い…
    [ 2013/08/11 00:08 ] [ 編集 ]
  87. 火垂るの墓って、誰が悪いわけでもない所がよく出来てるんだよね。
    おばさんは確かに酷いように見えるが、行動自体は常識の範疇で
    むしろ清太の行動が馬鹿なだけ。
    馬鹿な事をしてしまう子供が生きていけないのが戦時中という事。
    だから反米ではなく反戦映画になってる。
    [ 2013/08/11 00:09 ] [ 編集 ]
  88. 横須賀だったか?
    海兵隊の仲間内の罰ゲームでこれを見るってのがあって、軽い気持ちでこれを見てガチでトラウマになるやつが続出したんで、以後、これを罰ゲームに入れないよう禁忌に指定されたという
    [ 2013/08/11 00:09 ] [ 編集 ]
  89. 昔、映画より前にマンガで読んだんだけど、誰が描いたんだろ
    原作は読んでないが、映画よりマンガの方が描写がきつかったな
    最後、妹を失い、三宮の駅でやせ細って瀕死の主人公が、ドロップ缶を手にしたまま座り込んでいる
    通行人が、少年に話しかけるが、口にしているのはドロップじゃなくて(節子の)骨片だった
    というような内容だった
    ちゃうかな?
    [ 2013/08/11 00:10 ] [ 編集 ]
  90. ※14
    >>兄妹が二人だけの閉じた家庭生活を築くことには成功するものの、周囲の人々との共生を拒絶して社会生活に失敗

    そうか……原作をしっかり映像化した「赤毛のアン」なのだけど、御近所づきあいがあるとはいえ高齢独身兄妹の閉じた生活であったのが、身内以外の人間との接点が増えて開かれていくドラマ(戦争の無い世界でのセツコ、セイタ)だったかしれないわけか。
    労働力として男の子が欲しかったのが、損得勘定ではなく存在しているだけで意味のある子供。

    見方を変えれば、独男喪女の兄妹が養女を得ることによって性的関係のない擬似的夫婦として人生の終焉に向かって行く物語かしれないけど。

    [ 2013/08/11 00:10 ] [ 編集 ]
  91. サヨクどうこう言ってる奴が馬鹿すぎる
    そういう視点しかないのかよ貧しいな
    [ 2013/08/11 00:10 ] [ 編集 ]
  92. これ見て心打たれないのって※21みたいな特亜人だけだと思う。
    [ 2013/08/11 00:11 ] [ 編集 ]
  93. 別にアメリカを責めてるわけじゃないんだよね~
    だってこの兄妹のような子たちはアメリカにだっているし世界中にいるだろうし
    [ 2013/08/11 00:11 ] [ 編集 ]
  94. 一時期夏になると日テレが流してたよな。
    [ 2013/08/11 00:12 ] [ 編集 ]
  95. トトロ目当てで見に行ったら同時上映がこれだったってすごいトラウマだろうな。小さい子どもとか。
    [ 2013/08/11 00:13 ] [ 編集 ]
  96. >■ 俺達が日本を攻撃したのは、パールハーバーがあったからだ。 
    >だけど、原爆を日本に投下する必要性はなく、間違いだった。 
    >原爆なんてもん、どこの国も絶対に使っちゃいかんよ。 +7 アメリカ

    まぁ、これは神戸への大空襲なんだけどね
    アンタらが日本の一般人をジェノサイドしたのって
    原爆だけじゃないんだよ
    後、日本は戦争を終わらせる交渉をしていて
    条件をソ連に託していた
    そして米政府はソレを傍受済みだった
    ルーズベルトとスターリンは日本占領の覇権争いのために
    ソレを無視した
    [ 2013/08/11 00:14 ] [ 編集 ]
  97. 小学生の頃、夏休み中の登校日には必ず
    体育館に全校生徒が集められて、戦争に関する映画を鑑賞した。
    この蛍の墓もその1つ。
    だから夏にセミがジリジリ鳴く頃になると、戦争で亡くなった人たちのことを考えるようになったよ。今でも。
    [ 2013/08/11 00:15 ] [ 編集 ]
  98. 叔母さんから見たら、兄妹は国のために働きもせず
    海やらで遊びほうけている穀潰しなんだよね。
    そういう視点も冷静に描いているところがすごいんだよ。
    [ 2013/08/11 00:16 ] [ 編集 ]
  99.   
    例のおばさん、かわいそうやね。
    夫不在で子供を守らないといけないし、よその子供まであずかって
    食糧難のなか食材仕入れてご飯作って掃除して、恐怖を感じながら避難して、
    いつ終わるかもわからない不安抱えていちばん苦労して、いちばん責任が重い。

    正しい事をして正しい事言ってるのに、誰からも好かれない。
    実の子供からも「またきついこと言ったんちゃうん」みたいな事言われて
    頼りにはされても好かれていない。
    [ 2013/08/11 00:17 ] [ 編集 ]
  100. ななし
    米11 アメリカを擁護するわけじゃないけど
    戦争するにもルールがあるんだ
    それが宣戦布告してから殴るって事
    日本も本来はそうしてから真珠湾攻撃するはずだったのに
    手違いで宣戦布告よりも攻撃の方が先に行われてしまった
    その行為をずっとプロパガンダに利用されたのは
    日本のミスであってアメリカの責任ではない
    [ 2013/08/11 00:17 ] [ 編集 ]
  101. 見たことない。戦争映画は子供の頃日教組の先生に沢山見させられたから食傷気味
    [ 2013/08/11 00:21 ] [ 編集 ]
  102. ※1
    お前は救いようのない馬鹿だね。
    神戸で育った野坂昭如の実体験だから、関西弁は当然のこと。
    野坂昭如は上の妹を病気で、神戸大空襲で養父を、下の妹を疎開先の福井県で栄養失調で亡くした。
    後に福井県で妹を亡くした経験を贖罪のつもりで「火垂るの墓」を記した。
    清太のモデルが彼自身で、節子のモデルは妹。

    標準語が都会の言葉と思ってるのか?
    標準語は明治になって作り出され、学校教育によって全国に広まった言葉だぞ。
    それまでは京言葉が中央語。
    現在は日本で一番の都会の東京でも東京方言があり、山の手言葉と町人の江戸言葉(江戸弁、町方言葉、下町言葉)がある。
    どちらが都会的なんだ?
    [ 2013/08/11 00:22 ] [ 編集 ]
  103. 子どもできたら辛すぎて見れなくなった
    [ 2013/08/11 00:22 ] [ 編集 ]
  104. 「ぞう列車がやってきた」がまだDVD化されてないのが残念
    あれも間違いなく泣ける作品なのに
    [ 2013/08/11 00:23 ] [ 編集 ]
  105. >>14
    やっぱサヨク脳は押し付けがましくてイヤだね。
    作り手がどんな意図を持ってようと、解釈は受け手にまかせるべきだわな。

    そもそも、当時、フリーターは話題になっていたがニートなんて存在は限りなく無視されていた80年代に、社会から孤立して失敗していく若者の姿を意識して作ったとか言われても、後付けみたいで胡散臭いし、取って付けたみたいだ。


    だいたい、主人公の行動は自ら愚かな選択を重ねていったようには見えるけど、相当不可抗力に近い、追い詰められての結果でしょう。


    この映画を、反戦のメッセージは一切ない、ニート批判だ、って言われても鼻白むよね。

    戦争の悲惨さ、愚かさを前にしたら、叔母さんのエゴも、兄妹の愚かさも、かわいいもんだとしか思わないもの。
    [ 2013/08/11 00:25 ] [ 編集 ]
  106. これは一回見れば十分…
    二度と見れないし、見たくない。
    見なくても、強烈な胸の痛みだけは、すぐにも蘇ってしまうから。
    [ 2013/08/11 00:25 ] [ 編集 ]
  107. ライタイハンって何?
    [ 2013/08/11 00:25 ] [ 編集 ]
  108. 子供の頃からこれは微妙だったな
    兄の行動が馬鹿すぎてな

    [ 2013/08/11 00:26 ] [ 編集 ]
  109. 知り合いの主婦に「あの映画は子供が居ないと分からないよね~」と
    言われて、はあ・・・?と思った。
    [ 2013/08/11 00:26 ] [ 編集 ]
  110. しかし外人は原爆落としてよかったとほざく
    [ 2013/08/11 00:27 ] [ 編集 ]
  111. 俺はもう一生この作品を見ることはないと断言できる
    トラウマといっていい
    本当に良く出来た作品
    [ 2013/08/11 00:27 ] [ 編集 ]
  112. ここで暴れてるチョンもいるけどwww

    おまいらの来るところじゃないよ、
    早く半島に帰って糞でも喰ってろwww

    チョンの悪事については最近話題の本に詳しいよ!
    「竹林はるか遠く―日本人少女ヨーコの戦争体験記」
    http://amzn.to/13Ookbm

    [ 2013/08/11 00:27 ] [ 編集 ]
  113. 今の日本で、アメリカを責めるとかは無いと思いますけど

    パールハーバーを持ち出して原爆の正当化は卑怯だと思いますよ

    潔く無いですね。
    日本全国の年を破壊したんですよ

    それの言い訳がパールハーバー?軍事基地を攻撃したんです。

    戦争終結の為の原爆も反対に日本を舐めてますわ

    言い訳してないで、やり過ぎたと認めなさいな

    だからって、日本人は責めません

    日本人は、お間抜けだから戦争した日本人を責めてますわ
    国の為に命をかけた人を責めるってどうかと思いますよ

    戦争してない日本人が、生まれる前の事を批判してる
    そんな権利なんか無いわ
    [ 2013/08/11 00:28 ] [ 編集 ]
  114. 私は金曜ロードショーで観た口(TV初放映)だけど、二度と観たくない。良い悪いじゃなくて痛い。すごく悲しくて痛々しくて胸が苦しくなるから。
    [ 2013/08/11 00:28 ] [ 編集 ]
  115. ※82
    彼らは決してかわいそうな被害者じゃないんですよ。
    どの時代も「自らすすんで寄生し宗主国の威を借り虐さつレ●プした後、歴史を捏造して被害者ぶる」それの繰り返しです。

    ●朝鮮全権大使 李成玉 「李完用侯の心事と日韓和合」より
    「欧米人は朝鮮人を犬か豚のように思っているが、日本は違う。
    日本は日本流の道徳を振り回して小言を言うのは気に入らないが、これは朝鮮人を
    同類視しているからである。そして、日本人は朝鮮人を導き、世界人類の文明に
    参加させてくれる唯一の適任者である。それ以外に我が朝鮮民族が豚の境涯から脱して、
    人間としての幸福が受けられる道はない。 日韓併合が問題になるのは、変な話だ。
    我輩の併合観は欧米人の朝鮮人観を基に考察したのだ。」

    ●中国人 謝永光著 『日本軍は香港で何をしたか』
    「(朝鮮人は)日本の正規軍よりももっと凶暴だった。
    民家に乱入して婦女暴行を働いたのは、ほとんど日本人の手先となって悪事を働いていた朝鮮人であった。
    当時香港住民は日本軍に対するよりももっと激しい憎悪の念を彼らに抱いた。」

    ●【中国ブログ】韓国人に対する蔑称=「高麗棒子(ガオリーバンズ)」とは
    ttp://logsoku.com/thread/kamome.2ch.net/news4plus/1317367946/

    ●仏誌Paris Match元特派員 アルフレッド・スムラー著 『ニッポンは誤解されている』
    「別に日本人戦犯の責任を軽減するつもりはないが、占領地域で最も嫌われたのは、
    このころ日本国籍を持っていた朝鮮人だったことに注意しておかなければならない。」
    [ 2013/08/11 00:29 ] [ 編集 ]
  116. カルピスやサクマドロップ、
    しじみの味噌汁なんか見ると
    この映画の一場面がフラッシュバックするんだ。
    フィクションだとしても
    戦後に兄弟だけで自炊して生きてくなんて
    切なすぎるだろ。
    野菜泥棒してまで妹を養おうとする
    兄貴の責任感がやりきれない。
    [ 2013/08/11 00:29 ] [ 編集 ]
  117. 確かに見るのが辛い映画の一角ではあるけど、一生記憶に残る作品だな
    個々での感じ方に差はあっても世界的に知られてほしい。
    [ 2013/08/11 00:30 ] [ 編集 ]
  118. 原爆で死んだ妹を焼いてもらうために火葬場で妹を背負って直立不動で順番を待つ少年、の写真があったな
    [ 2013/08/11 00:30 ] [ 編集 ]
  119. いやこの作品にのめりこめばのめり込むほど、兄の行動の馬鹿さ加減にいらいらするアニメだろ
    [ 2013/08/11 00:31 ] [ 編集 ]
  120. 久しぶりに見たら叔母さんめっちゃ正論ゆうてた
    かといって兄ちゃんを責めることなんてできない…
    [ 2013/08/11 00:32 ] [ 編集 ]
  121. 主な大空襲

    ・東京は1944年11月14日以降、上記の大空襲を含む106回の空襲を受ける
    1942年4月18日 ドーリットル空襲(本土初空襲)
    1945年2月15日 米空母機動部隊艦載機による本土初空襲。関東の軍需工場が標的
    3月10日 東京大空襲 死者約8万~10万。負傷4万~11万名。焼失26万8千戸
    4月13日 城北大空襲 B29・330機。死者2459名。焼失20万戸。主として豊島・渋谷・向島・深川方面
    4月15日 B29・202機。死者841名。焼失6万8400戸。主として大森・荏原方面
    5月24日 B29・525機。死者762名。焼失6万5千戸。主として麹町・麻布・牛込・本郷方面
    5月25日 B29・470機。死者3651名。焼失16万6千戸。主として中野・四谷・牛込・麹町・赤坂・世田谷方面

    ・名古屋は1944年12月13日以降、下記の大空襲を含む63回の空襲を受ける
    1945年3月12日 名古屋大空襲 B29・288機。死者602名。負傷者1238名。全焼2万9千戸
    3月19日 死者1037名。負傷者2813名。焼失3万6千戸
    5月14日 B29・480機。この日の空襲で名古屋城が焼失した
    6月9日 熱田空襲 B29・43機。死者2068名。負傷1944名
    6月21日 B29・120機。死者426名。負傷者327名

    ・大阪は1945年1月9日以降、 下記の大空襲を含む33回の空襲を受ける
    1945年3月13日 大阪大空襲 B29・279機。死者3115名。焼失13万2459戸
    6月1日 B29・474機。死者3150名。焼失6万戸
    6月7日 B29・250機。死者1594名。負傷者4967名。焼失5万6千戸
    6月15日 B29・469機。死者418名。負傷者1842名。焼失4万9千戸
    6月26日 B29・約100機。死者592名。負傷者1102名。焼失約9千戸
    7月24日 B29・約400機を含む大小二千機。死者187名。負傷317名。焼失554戸
    8月14日 B29・約100機。死者173名。負傷89名。焼失二千戸。大阪城にあった砲兵工廠が目標であった

    ・神戸は1945年1月3日以降、下記の大空襲を含む83日・128回の空襲を受ける
    1945年3月17日 神戸大空襲 B29・309機。死者2598名。負傷者8558名。全焼6万5千戸
    5月11日 B29・92機。死者1093名。負傷者924人
    6月5日 B29・481機。死者3184名。負傷者5824名。全焼5万5千戸。罹災人口21万3千名

    ・京都は1945年1月16日以降、合計20回以上の空襲を受ける
    1945年1月16日 死者41人
    5月11日 京都御所へ空襲。
    6月26日 死者43人、負傷者66人、被害家屋292戸(全壊71戸、半壊84戸、一部損壊137戸)。被災者850名

    ・横浜は1942年4月18日のドーリットルによる初空襲を受けた。昭和20年に入ってから、空襲回数も増加し30回あまりを数えた。特に1945年5月29日の大規模な空襲において横浜市内は壊滅的な被害を受けた
    1942年4月18日 ドーリットル空襲 南区において中村由郎ちゃん5歳死亡。横浜市内初空襲
    5月29日 横浜大空襲 B29・475機、P51・約100機。死者3787人。重傷者1554人。軽傷者10,837人。罹災人口323,000人。焼失約3万戸
    その後の調査で、死者は8千~1万人にのぼると考えられている
    6月10日 磯子区富岡町。湘南富岡駅(現・京急富岡駅)に到着した電車が爆撃から避難するためトンネルに待避したところ、トンネルの前後に爆撃を受けた。70~80人が犠牲になった
    [ 2013/08/11 00:33 ] [ 編集 ]
  122. >>118
    ありゃ弟だったと思う
    [ 2013/08/11 00:33 ] [ 編集 ]
  123. 親の立場で初見を迎えた人間は可哀想だと思うかもしれないが、
    当時子どもだった人間は兄貴馬鹿じゃね?といらいらを募らせる奴は多かったと思う
    [ 2013/08/11 00:35 ] [ 編集 ]
  124. 経済制裁、海上封鎖、アメリカが日本に戦争しかけるように仕向けたんだろ
    [ 2013/08/11 00:35 ] [ 編集 ]
  125. ※27
    まぁね。空襲描写とかオバさんとかもインパクトあるのだけど、見終えて一番印象にのこったのは終戦後に帰宅して来た家族だった。
    「戦争中は大変だった」「日本人がみんな散々な経験をした」
    と言い聞かされて来たのだけど、「苦労」「悲惨」にしても「裕福だったか貧困だったか」の落差はあったんだろうな……と考えさせられた。
    戦後、あの家族の娘も「戦争中は大変だったのよ」「今の子はみんな知らないでしょ」とか語ったのだろう。
    [ 2013/08/11 00:36 ] [ 編集 ]
  126. うちの婆ちゃん「私も(名前が)セツコやけどな・・・」
    で、見づらくなった映画だ
    [ 2013/08/11 00:38 ] [ 編集 ]
  127. >ちょっと待ってくれよ。アメリカは日本に降伏の機会を与えただろ。

    ポツダム宣言のことを言ってるなら、それは7月26日。
    で、神戸大空襲は6月5日。
    [ 2013/08/11 00:38 ] [ 編集 ]
  128. 俺、これ一度も見たこと無い。
    見たいとは思ってるけど度胸がないからなぁ
    [ 2013/08/11 00:40 ] [ 編集 ]
  129. 子供の頃は、世界中の軍事関係者は正座してこの映画を見ればいいと思ってたよ。
    子供の感覚で世界が割りきれたならよっぽど平和だよなー。
    [ 2013/08/11 00:40 ] [ 編集 ]
  130. まだ※21みたいなのに引っかかる人がいると思ってるあたりが笑えるよね。
    英語でYoutubeあたりに粘着して同じような事書いているのもいて、まあ、今年の頭くらいまでは真に受けるナイーブな人も結構いたんだけど、そろそろ無視されてきてる風に思える。

    もう一息だよ。連中が只のサイコだって事実を世界中が受け入れるまでもう少しだ。煽って煽って煽りまくろう。冷静な反論で連中を発狂させよう。冷静なそぶりすら出来ないよう追い込もうじゃないか。

    [ 2013/08/11 00:41 ] [ 編集 ]
  131. アメリカに対する憎しみなどはないが、カーティス・ルメイという冷血漢
    だけは決して許せない。
    [ 2013/08/11 00:42 ] [ 編集 ]
  132. 「対馬丸」を観た時(7~8歳)は、泣きはしなかったけど戦争の怖さに脅えて2~3日眠れなかったな。

    [ 2013/08/11 00:42 ] [ 編集 ]
  133. >>121
    ついこないだ、NHKでそれらの全国で行われた空襲は、原爆投下の予行演習だったことが明らかになったと言ってたね。

    大阪などの空襲でも、原爆の模擬爆弾(模擬といっても、核が使われていないだけで投下されたものとサイズなども全く同じ、通常の焼夷弾よりも遥かに殺傷能力が大きい)が使われた。
    [ 2013/08/11 00:43 ] [ 編集 ]
  134. ※70
    なんでそんなに自虐的なことを言ってるのか知らないけど、原作が※17の言う通りなんだよ。
    それを原作者から原作と違うと言われるほどの反戦映画にしたのだから、昨今のトンデモ発言と合わせて監督がこき下ろされるのはしょうがない。
    少しは部屋の外に出て現実と向き合ったほうがいいよ。
    [ 2013/08/11 00:46 ] [ 編集 ]
  135. 8月…いつも思うのだけど死者は東京が一番多いのだが?
    今の人口で考えてる田舎から来た東京左翼多いけど当時の人口言えるのはいるのか?
    私の祖母は円形の爆撃された深川から乳飲子の親父背負って運良く死体の脇を通って埼玉まで歩いた…(深川だと空中戦見れたらしい^^;)
    けど、アメに対しての恨みも守れなかった国にも文句一切ない!
    体験して無い右翼も左翼も事実以外語るべきではない。


    [ 2013/08/11 00:47 ] [ 編集 ]
  136. 日本の間違いは、アメリカはまさか一般人までコロさないだろうという勝手な解釈をしていたこと
    あの戦争の前までは割と友好的だった期間があったからこそ勘違いした
    大量に一般人をコロしたとき原爆の話になるけど、東京大空襲のほうが一般人は死んでいる
    [ 2013/08/11 00:47 ] [ 編集 ]
  137. チョン国に100発くらい落としとけば良かったのにね
    [ 2013/08/11 00:47 ] [ 編集 ]
  138. 日本人は毎年終戦記念日の頃に、もっと悲惨でリアルな実写ドラマを子供の頃から見せられてるからなあ。蛍の墓はここの外人達が言うほど泣けなかったな。
    [ 2013/08/11 00:47 ] [ 編集 ]
  139. このアニメ映画もそうだけど。
    昔は、もっと戦争のアニメってあったよね?
    「対馬丸のそうなん」とか、学校で見せられた記憶がある。
    はだしのゲンもそうだけど。
    皆、人が亡くなる話。美学なんて何も無い。
    だからこそ、戦争はしてはいけない!と分かる。
    アメリカ映画みたいに、最後は救われたら、
    そりゃ反戦にはならんでしょう。

    ついでに、その叔母も生きるのに必死だよ。
    いつやられるか分からないストレスの中、少ない食料をやりくりして、何とか生きている。
    正常な人も戦争で変わるってことを知った方が良い。
    自分が生き延びることで必死。助けてもらえると思う方が間違いなのかもね。
    この映画を見ると、そんな気がしてならない。
    [ 2013/08/11 00:48 ] [ 編集 ]
  140. ジブリアニメは苦手だけど火垂るの墓は大好きで何度も見てる
    戦争アニメの中では一番作画がいいんだよね
    中盤は子供らしくはしゃぐシーンもあるし、暗い一辺倒じゃないよ
    [ 2013/08/11 00:49 ] [ 編集 ]
  141. 次は「はだしのゲン」だな。
    [ 2013/08/11 00:50 ] [ 編集 ]
  142. ポツダム宣言の前に、散々49箇所も都市を焼き払っておいて
    降伏の機会を与えたも何もあるか。

    原爆で焼け死んだ民間人も、焼夷弾で死んだ民間人も、模擬原爆弾で死んだ民間人も、受けた苦しみに違いはない。
    [ 2013/08/11 00:52 ] [ 編集 ]
  143. >>113
    原爆投下にはユダヤ系の方々が率先して関わっていたのです。

    日本は、ドイツと同盟はしてもユダヤ迫害そのものには賛成せず
    ユダヤ人の方々を他国へ逃す手伝いまでしたにもかかわらず、
    彼らはドイツではなく日本に投下しました。人体実験も兼ねていたので。
    ___________________________

    ★(ユダヤ系アメリカ人の物理学者)ロバート・オッペンハイマー
    「原爆投下は日本に警告なしに行なわれるべきだ」と反日的な
    強硬論を主張した人物。彼は、最初から最後まで投下目標について日本だけ
    を論じており、ドイツを投下目標として論じたことはなかった。

    ★(両親はユダヤ系ドイツ人)フォン・ノイマン
    「マンハッタン計画」に携わったユダヤ人科学者の中で、
    もっとも反日強硬派だった。
    彼は日本人を蔑視し、京都を原爆の最初の血祭りにあげるべきだと主張。
    京都が日本国民にとって深い文化的意義をもっていたというまさに
    その理由によって、京都の破壊を求めていた。

    ★広島に原爆を投下したB29「エノラ・ゲイ号」の搭乗員として
    特別に選ばれた15名のうち、ユダヤ人が7名も占めていた。
    機長のポール・ティベッツもユダヤ人である。
    [ 2013/08/11 00:52 ] [ 編集 ]
  144. 感動に水をさして悪いけど…原作を読むと原作使用料(正確な言葉しらなくてごめん)を「原作汚し料」と呼ぶ意味がわかるよ。
    アニメのクオリティは高いと思う。
    [ 2013/08/11 00:52 ] [ 編集 ]
  145.  戦争のルールと言った所で勝てば官軍さ
    死んだ婆さんからはよく米軍の飛行機が一般人をハンティングしていく話を聞かされたし、大叔母は小学生を狙った機銃掃射で児童を庇って死んでるからね。
     
     そういった話は当の世代の人は殆ど言わなかったし、婆さんも俺にしか(と言うか他の大人が居る処では)話さなかった。
     時代や情勢があるし、俺自身が経験した訳じゃ無いから事の善悪は気にしないが、アメリカが「戦争のルール」ってのは今でも鼻で笑っちまうよ
    [ 2013/08/11 00:53 ] [ 編集 ]
  146. ダンサー・イン・ザ・ダークを見るまで鬱になる映画ナンバーワンだった
    [ 2013/08/11 00:54 ] [ 編集 ]
  147. 是非はだしのゲンも見てくださいね~
    [ 2013/08/11 00:54 ] [ 編集 ]
  148. あの民族だけはこの映画理解できないらしい、現に「風立ちぬ」ですらあの騒ぎよう。
    喧嘩ばかり売って、これから生まれてくる子供にも恥をかかせ、苦労させるつもりなのか。
    挑発ばかりしていざとなれば犠牲になる人がいるのを忘れるな。
    [ 2013/08/11 00:54 ] [ 編集 ]
  149. >>143の続き

    ★(ユダヤの血をひくアメリカ人)カーチス・ルメイ少将
    日本本土への爆撃作戦(戦略爆撃)の司令官を務めた。

    ★フランクリン・ルーズベルト大統領もユダヤ系
    大戦中に日系人にのみ強制収容を行った。
    またチャーチルとの首脳会談で日本への原子爆弾投下の意志を示した。
    日本へ18発もの原爆投下を承認していたが、共和党が反対していた。

    (※ルーズベルトの祖先は17世紀の末葉、オランダにいた
    ユダヤ人Claes Martenzan van Rosenvelt。
    彼は1935年3月14日のN.Yタイムズで自分の祖先がユダヤ人だと表明した)

    ★(父方がユダヤ系)トルーマン大統領
    急死したルーズベルトの後を引き継ぎ、原爆投下を命令した。
    [ 2013/08/11 00:55 ] [ 編集 ]
  150. 空襲の話で思い出したけど、原爆の2日後に備後の福山も空襲受けてるんだよね
    市街地8割消失、例によって逃げれないように回りを焼いてから中を爆撃するやり方
    もしかしたら広島から命からがら逃げてきて福山で食らった人もいるかもね
    [ 2013/08/11 00:59 ] [ 編集 ]
  151. ※100
    そうですね。
    宣戦布告前に、フライング・タイガースによる非正規戦や潜水艦の攻撃による通商破壊とか日本は散々な目に合っていましたね。
    非戦闘員への攻撃禁止や、捕虜の扱いも規定されていましたが、そんなものは守られていませんでしたね。
    そして、あれだけ「パールハーバー」とか「非人道的な戦争犯罪」とか言いながら現在でも世界中で違反行為を働いていますね。
    くたばれダメリカ。
    [ 2013/08/11 00:59 ] [ 編集 ]
  152. 火垂るの墓よりうしろの正面だあれのほうが良い
    アメリカ人はそっちを見ろ。
    東京大空襲があったことをちゃんと知れ。
    [ 2013/08/11 01:00 ] [ 編集 ]
  153. ※100
    それ、どっかのコメント欄でも書かれてたけどね、そもそも宣戦布告してから殴るなんてルール自体無いのだよ
    そんなことせずとも戦争に突入してた例なんてナンボでもある
    だからって自分も日本を擁護してる訳じゃないけど
    [ 2013/08/11 01:01 ] [ 編集 ]
  154. メリケン人もこの映画が反米映画じゃないと分かってるよ
    アマゾンusaのレビュー見たら大体ここといっしょの感想だったわ
    [ 2013/08/11 01:04 ] [ 編集 ]
  155. 高畑アニメでは最高傑作なのは確かだが…

    当時はトトロと同時上映で、
    トトロ目当てに見に行った家族連れが
    トトロの後で火垂る見て、真っ青な顔で
    映画館を出てきてたんだよな。

    トトロの楽しさをぶち壊すような映画の同時上映を
    宮崎駿はよく許可したもんだと当時思ったけど、
    今の状況を見れば確信犯だったとわかるな。
    [ 2013/08/11 01:04 ] [ 編集 ]
  156. 反戦アニメではないよね
    戦争と言う状況を背景にはしているが(それも半ばまでで、後半は戦後だ)
    叔母さんについていれば死なない話だし
    二人で生きようと思ったが巧くいかなかったという話だ
    妹の死の責任は兄にあるし、兄の死はその償いだ
    (話の元になった現実の兄=作者は生き残った、ので、その償いから作品では兄をころした)
    [ 2013/08/11 01:05 ] [ 編集 ]
  157. アニメで泣ける、幸せやな。
    日本はシナで殺しまくり、シナは自国民を殺しまくり、日本人を殺しまくり、今はチベット、ウイグル人などを殺しまくり、朝鮮人は南北で殺しまくり、下朝鮮はベトナム人を殺しまくり、アメリカ人アフガン、イラク、パキスタンで殺しまくり、日本人を殺しまくり。
    負ける戦争はするなって事よ。
    東京の田舎者が関西弁が嫌いらしいが、日本は京都を都とする関西文化が正当やからね。
    [ 2013/08/11 01:06 ] [ 編集 ]
  158. >高畑アニメでは最高傑作なのは確かだが…

    わしはじゃりン子チエを推す
    [ 2013/08/11 01:07 ] [ 編集 ]
  159.   
    >宣戦布告前に、フライング・タイガースによる非正規戦や
    >潜水艦の攻撃による通商破壊とか日本は散々な目に合っていましたね。

    そういや、あったね。
    ほんと日本は濡れ衣ばかりをきせられ誤解されている。
    おかしいことだらけだ。

    「米国の広告代理店によってセルビア人側が一方的に
    国際的な敵役に仕立てあげられた」って話あったけど、
    日本もそんな感じ。
    [ 2013/08/11 01:10 ] [ 編集 ]
  160.  

    この映画を右翼映画だの日本の戦争賛美などと

    喚いてたのが朝鮮人共なんだよな。あいつらホントくそだわ。

    中国人ですらそんな事いわねーよ。マジなんなのあのゴミ共
    [ 2013/08/11 01:11 ] [ 編集 ]
  161. ふむ
    チョウセンジンが入るとなんか汚れるな。空気が澱むな。

    ちなみに女房は見たらしいが俺は・・途中で止めた。
    オレは母を訪ねてのパトラッシュでも泣くもんな。だから見る事は無いな。
    [ 2013/08/11 01:11 ] [ 編集 ]
  162. >>89
    俺もマンガでよんだなあ。
    高校の図書館に置いてあった。
    火垂るの墓を観た時に、マンガで読んだの思い出した。
    [ 2013/08/11 01:12 ] [ 編集 ]
  163. 誰が悪いとか、どの国のせいとかじゃなくて
    こういう時代を生きた一組の兄妹の物語だと思う。
    歴史だ政治だ思想だを絡めすぎて観ると、せっかくの作品も死ぬ。
    [ 2013/08/11 01:13 ] [ 編集 ]
  164. >アニメで泣ける、幸せやな。

    「バケツに3杯泣かせる」ような作品を皮肉ってる過去を持つ監督なんで
    裏を読んでしまうべきなのかもしれん
    [ 2013/08/11 01:16 ] [ 編集 ]
  165. 私、長崎人だけど、アメリカもアメリカ人も普通に好きだよ。

    震災の時に力を貸してくれた米軍の船が佐世保港に入ってきた時、
    いつものように抗議活動してる「市民団体」の人らが居たけど、あの時はさすがに申し訳なかったわ…。
    いつだったかは、「核反対!」っつって福島の子を連れて来てたりもしてたし。復興支援と言う名の震災完全利用。福島の子ごめんな。

    そして予想通りのこのコメント欄。何と戦ってるのか毎日ウヨウヨご苦労様。

    日本人で良かったとか、誇りに思う事もあるけど、最近妙にひねくれてる奴が多すぎやしないか?
    日本が大好きだからこそ悲しくなる。
    [ 2013/08/11 01:17 ] [ 編集 ]
  166. >76
    清太は夫でも親でもなく、節子と同じ子どもだよ。
    37の反論になってないわ。
    [ 2013/08/11 01:18 ] [ 編集 ]
  167. 小学生の時にテレビで観て鬱になった。
    名作だけど、悲しすぎてもう観ない(観れない)かも…。
    [ 2013/08/11 01:22 ] [ 編集 ]
  168. ※1に早速、在日が湧いてんな~って思ったら、

    即行で※3さんが上手いツッコミしててワロタwwww

    [ 2013/08/11 01:22 ] [ 編集 ]
  169. だからと言って日本を敵国とする反日国が3カ国も隣にあるので日本は軍備の増強を怠るわけには行かないのですよ?。
    防止力として必要不可欠なものですから。
    [ 2013/08/11 01:22 ] [ 編集 ]
  170. むしろ黒塗りにされた庵野秀明の軍艦のエピソードの方が泣ける
    [ 2013/08/11 01:23 ] [ 編集 ]
  171. この映画 一回も見た事ないわw 

    最初だけ見て絵が受け付けないから 他のチャンネルに移動した
    [ 2013/08/11 01:27 ] [ 編集 ]
  172. おもいでぽろぽろも
    相当なモンだわ
    [ 2013/08/11 01:29 ] [ 編集 ]
  173. パールハーバーを持ち出すクソアメがいたら
    「軍事施設攻撃がどうした?
    お前は民間人殺戮よりもそっちのメンツのほうを大事にして憎むのか?」
    と言い返せばいい

    中韓の事を持ち出せば
    「南京大虐殺?慰安婦?物的証拠がないものをお前は信じるのか?
    お前は中国人韓国人が嘘つきなことを目にしたこと聞いたことがないのか?」

    もうね、英文でもなんでもテンプレにしてほしいわ
    [ 2013/08/11 01:33 ] [ 編集 ]
  174. トルコの軍人のコメントにグッときた。
    どれだけ戦争が愚劣で救いの無いものだとわかっていても、
    祖国の危機には彼は毅然として矛を取るだろう。
    どれだけ自分が非情な事をしているか心に刻み付けながら。
    軍人はかくあるべきだ。
    [ 2013/08/11 01:35 ] [ 編集 ]
  175. パールハーバーで正義づらされるのは納得いかんな
    空襲もそうだが原爆についてもだ
    だからどうってことでもないが歴史は日本含め世界もちゃんと学んでいこうよ
    [ 2013/08/11 01:36 ] [ 編集 ]
  176. アメリカ人はヒロシマ・ナガサキは知ってるけど、空襲で日本中焼き尽くしたのは知らない人が多い
    民間人への攻撃は普通に戦争犯罪なんだけどね
    まぁアメリカさんの体面を保つためにはパールハーバーがー!って喚いていないと仕方ないんだろうけどね
    しかし罪は知っていて欲しい

    私の叔母も東京大空襲で亡くなっている
    叔父も当時小学生だったけど、弟を背負って火の海の中を夜通し逃げた(地面の熱で靴が溶けて足の裏に張り付き焼け爛れ、熱風で喉が焼けたと言っていた)
    [ 2013/08/11 01:36 ] [ 編集 ]
  177. 順調にトラウマを増やしていってるのかw
    [ 2013/08/11 01:37 ] [ 編集 ]
  178. >俺達が日本を攻撃したのは、パールハーバーがあったからだ。

    こんだけネットが復旧してんのにまだいってんのか?少しは自分で調べてみろよ。フライグンタイガースやハルノートを・・・。

    >ちょっと待ってくれよ。アメリカは日本に降伏の機会を与えただろ。彼らがハッタリをかます事に命を賭けたのは、俺達のせいじゃない。

    マジで言ってんのかな?だとするとアメリカの歴史教育はだいぶ偏狭的な教育と言わざるを得ない。まあ、ずっと自分らは正義だと教え続けてるんだろう・・・。哀れ。
    [ 2013/08/11 01:38 ] [ 編集 ]
  179. それが戦争
    私はこの作品を通しで観たことはありません。 あらすじを聞いただけで もう見れないのです。テレビで再放送されるたび 観ようと試みるのですが… ヘタレです…
    父も子供の頃、戦時中の食糧難で口減らしの為、母親に連れられて新潟の親戚に身を寄せていたらしいのですが、自分の子供と食べ物を区別したり 父達が寝静まってから何か美味しそうなものを親戚の家族だけで食べていて、万年空腹だった父が食べたくて起きようとすると、母親から「起きちゃいけない。朝になるまでじっとしていなさい」と叱られたそうです。でも 母親は親戚を責めなかったって… 仕方がないんだって。それから戦争が終わって 親戚から父を養子にもらいたい と言われたけど「うちにはくれてやる子は一人もいない」と言って断ったそうです。10人も子供がいたから大変だったろうに、母は本当は悔しかったんだろう って言ってた。でも これが戦争なんだぞ って、私達に話して聞かせてくれました。
    戦争なんかしちゃだめなんですよ。
    [ 2013/08/11 01:39 ] [ 編集 ]
  180. 洗脳されて凝り固まった特定アジアの人間はこの作品を一生理解できませんw
    [ 2013/08/11 01:41 ] [ 編集 ]
  181. 観たのかなり昔だからあんまり覚えてないな…
    しかし反米プロパガンダだって思われてそうだと思ってたけどそうでもないんだね
    [ 2013/08/11 01:41 ] [ 編集 ]
  182. こういう作り話と現実をごっちゃにするヤツはアホ
    アニメなんかで戦争を知った気になるなよ
    [ 2013/08/11 01:42 ] [ 編集 ]
  183. 関東出身の神戸住みです。
    たまーにスーパーとかで節子そっくりの声がするねんw。
    泣きそうになる(´;ω;`)
    [ 2013/08/11 01:42 ] [ 編集 ]
  184. この作品見ると、やっぱ高畑勲は最強のアニメ監督だと思う
    「アルプスの少女ハイジ」「母をたずねて三千里」「赤毛のアン」「じゃりんこチエ」
    どれも神アニメだ

    なのに・・・近年はアニメ表現主義的なアート志向になってしまった
    それが悲しい
    [ 2013/08/11 01:45 ] [ 編集 ]
  185. 全世界の若者(二十歳前)が観るべき。
    憲法九条は変えなくて良いように。
    「中国」と「北朝鮮」、解るまで何度でも言おうか?
    [ 2013/08/11 01:45 ] [ 編集 ]
  186. 東京や日本各地が空襲の被害にあったことを知らないなんてアメリカ人らしいな。今さら責める気はないが、無知なくせに正義面されると苛々する。
    [ 2013/08/11 01:53 ] [ 編集 ]
  187. 他の所の記事で見たが
    アメリカ人は原爆のことは知っているが
    ほとんどの人は東京大空襲を知らないらしい。

    原爆に勝るとも劣らない外道の所行なのにね。
    [ 2013/08/11 01:54 ] [ 編集 ]
  188. 東京大空襲の戦死者は広島/長崎原爆投下と匹敵する位(最も原爆だと高い放射能線の影響による死亡もあるから比較するには強引過ぎるが)とも言われている。


    [ 2013/08/11 01:56 ] [ 編集 ]
  189. ※178
    間違いなく滅茶苦茶な事教えていると思うな。
    あのサンデル教授でさえ南京大虐殺や慰安婦を例えとして用いるような事している。

    あの人が嘘を承知で語るとか特別無知だなんて考えられないからきっと徹底した教育なんだろう。

    もしかして歴史を正確に伝えようと「学問」の分野にしているのって日本だけなのかな?
    中韓みたいにプロパガンダにする事が世界では当たり前なのかな?
    [ 2013/08/11 01:57 ] [ 編集 ]
  190. >182
    全く知らないより良いし、知ろうとするきっかけになるだろ。
    [ 2013/08/11 01:57 ] [ 編集 ]
  191. ※183
    そういや節子の関西弁は幼児の声としてスッと入ってるわ
    何も思わんかったけど他県からだとそうなる気持ちはわかるわ
    [ 2013/08/11 01:58 ] [ 編集 ]
  192. どう考えても負けるのに、言論封殺と大本営発表と精神論で
    だましだましやってるうちに原爆や大空襲くらって負けたのは当時の政府の責任でもある
    この、だましだまし、物言えぬ雰囲気が形成されたまま破滅の道を歩むというのは原発ムラでも起こった
    日本の病理だね
    [ 2013/08/11 01:59 ] [ 編集 ]
  193. ※152
    その作品は知らんけど、自分が小学生の頃に観た戦争・原爆関係の映画で一番覚えてるのは「ねこは生きている」だなぁ。
    確かこれも東京大空襲の話だよね?

    広島県人だからさ、8/6は登校日で、暗幕張った蒸し風呂のような体育館に体育座りで押し込められて、その類の映画を見せられるわけさ。さぁ気分悪くなれと言わんばかりの仕打ちさ。
    「はだしのゲン」は「アンパンマン」と並べて普通に教室に置いてあるし。
    なんかもうすっかりトラウマになってて、そういうの見るのもダメになっちゃったので、あんまり子供の頃に惨いもの見せるのはやめた方がいいと思う。

    伯母が呉の空襲で子供の時に亡くなったし、祖父も原爆翌日の市内に片付けに入って20年後に癌で亡くなった。
    別にメリケンさんに特に思うことはないし、仲良くやっていきたいけど、原爆だけじゃないことは知っていて欲しいよね。
    [ 2013/08/11 01:59 ] [ 編集 ]
  194. <韓国以外の全世界の感想>
    戦争は勝っても負けても、人々を傷つける無益で悲惨なもの。
    弱い子供たちが一番の犠牲者という反戦映画。

    <韓国独自の解釈>
    日本を戦争被害者に見立てた、戦争を美化する映画。


    どうすりゃこんな斜め上の解釈になるんだか。
    これが韓国の一般的な見方ってんだから、価値観の共有は不可能だね。
    [ 2013/08/11 02:04 ] [ 編集 ]
  195. >>189
    慰安婦にしろ南京にしろ
    資料や事実関係の解釈やらなんやらに諸説あって
    一概にこうとはいえないんだよ

    どうせ日本は何も悪い事してないと言いたいんだろうが
    そんなの日本のごく一部の保守論壇のその一部でしか話題にされてないじゃん
    そいつらの言ってることが全て真実かと言ったらそうでもないと思うぞ
    [ 2013/08/11 02:06 ] [ 編集 ]
  196. アメリカ人は「東京大空襲」さえ知らないから、真実は殆んど知らない。「無謀な戦争」技「改ざんされたハルノート」「真珠湾攻撃」等々のウソなど知るはずがない(日本人でも知らない人が多い)

    白人が大虐殺や差別的支配をしたのは事実。戦前から差別を一貫して批判したのが実は日本。倫理観も独自の民主的価値観も、極東のサルが勝っていると気づけば、警戒したはずだ。物静かで規律正しい日本人が米英戦争の時期だけ残虐な蛮人だったとは余りに不自然だ。それは大規模に仕掛けられた洗脳教育の成果なのだ。洗脳は、日本の不幸だけが喜びの反日左翼に受け継がれ今なお続く

    先の戦争のカラクリからアメリカに正義がないのは明らかで、真実を知れば肝をつぶすだろう。原爆の後ろめたさはそれとなく感じてはいるらしい。罪悪感の合理化には捏造歴史観にすがるしかない。近年公文書公開で明かされつつある史実も知らない日本人は、愚かにも自虐史観の既成事実化に手を貸す「JB355」や「ハリー・ホワイト」など検索ワード多数あるよ
    [ 2013/08/11 02:08 ] [ 編集 ]
  197. 父親が戦時中セイタとよく似た年頃だということを考えたらおとうちゃん頑張って生きたんだと感謝の言葉しかでてこない。
    [ 2013/08/11 02:08 ] [ 編集 ]
  198. この映画見てから、お菓子屋で売ってるサクマドロップの缶見るだけで涙腺がうるうる来る。
    [ 2013/08/11 02:11 ] [ 編集 ]
  199. 傑作だけどもう二度と見たくない作品でもある
    子供に見せる時は細心の注意が必要
    子供は影響を受けやすいから
    [ 2013/08/11 02:13 ] [ 編集 ]
  200. パールハーバーはアメリカが日本に奇襲させたんだろ・・・
    ハルノートを実行するために
    [ 2013/08/11 02:14 ] [ 編集 ]
  201. これは在日が悪い。
    [ 2013/08/11 02:14 ] [ 編集 ]
  202. てめえ今週またやったなコラ
    ハナクソ以下のゴミ
    人殺しが!!!
    [ 2013/08/11 02:14 ] [ 編集 ]
  203. 世界にいる人間全てがコメントしてくれていたような人間ばかりなら
    [ 2013/08/11 02:15 ] [ 編集 ]
  204. 一概に言ってくる国があるから問題になってんだろ
    慰安婦はアメリカでも無かった事になっとるぞ
    [ 2013/08/11 02:15 ] [ 編集 ]
  205. 日本人としては糞。
    子供が餓死する話なんか見たくも無い。

    ついでに面白い話。
    野坂昭如がコレを書いている時に娘さんの学校で読書感想文の宿題が出たそうな。
    いわく「この時作者は何を考えていたか」みたいな。親父さんに直接聞いたら「締め切りの事しか考えてなかった」って言われたので正直に申告したらペケだったらしい
    [ 2013/08/11 02:15 ] [ 編集 ]
  206. ※1
    関西人は標準語にコンプレックスがあるからね
    映画が下品に思えてくる言語であることも事実だけど、内容は非常に考えさせられるものだというのも、また事実だよ
    [ 2013/08/11 02:16 ] [ 編集 ]
  207. アホな兄貴にイライラする映画じゃなかった?w
    [ 2013/08/11 02:18 ] [ 編集 ]
  208. 軍事施設を破壊するためってのは明らかに嘘だな。
    橋を落として木造の民家を焼き払ったのは、最初から民間人虐殺を目的にしてたからだろ。
    [ 2013/08/11 02:19 ] [ 編集 ]
  209. インドって、カーストとかまだ残ってるような国なのに、
    なぜか言うことがやたらと大人っぽいヤツが多い気がする。

    やつらの妙な説得力はなんなんだ
    [ 2013/08/11 02:20 ] [ 編集 ]
  210. フィクションだが、これより悲惨な話なんて五萬とある。
    満州撤退時の日本人の話なんか欧米人がみたらショックで死んでしまうかもしれん
    [ 2013/08/11 02:23 ] [ 編集 ]
  211.  
    主人公が身勝手、戦争によって他の人達の冷たい目・・・
    最高の作品でもあるが最低の作品だ
    小さいときに1回見たことあるけど強烈な印象をもっている
    もう見たくない作品
    [ 2013/08/11 02:26 ] [ 編集 ]
  212. 面倒なサヨ、朝鮮人
    ここは感想を言う所であって、政治的発言はパスしてくれないかね。
    一言、言っておくが、つけ上がるのも今の内。
    2015年以降、お前らに対して我が国の官民こぞってぶっ△△す。
    [ 2013/08/11 02:28 ] [ 編集 ]
  213. 兄ちゃんの無謀な行動で死んだ兄妹
    感情で行動すると重大な過ちを起こすそんな感想だったな
    反戦だとか原爆がどーの戦争がどーのそうは思わなかった
    与えられた情況で判断ミスをするとこうなるという答えを強烈に出された感じ
    [ 2013/08/11 02:29 ] [ 編集 ]
  214. 空襲もそうだが
    米軍機のガンカメラとかモロ民間人狙ってるからな
    [ 2013/08/11 02:29 ] [ 編集 ]
  215. ガラスの兎もなかなかショッキング
    [ 2013/08/11 02:31 ] [ 編集 ]
  216. 名古屋近郊でやりやがった
    人殺し!
    ゆるさんぞ
    [ 2013/08/11 02:32 ] [ 編集 ]
  217. あの時代、節子と同じくらいだったお婆さんやお爺さんが最近亡くなったり入院したりが多くなってさみしい近所
    [ 2013/08/11 02:38 ] [ 編集 ]
  218. >ちょっと待ってくれよ。アメリカは日本に降伏の機会を与えただろ。

    ほう…、降伏しなかったから見せしめに民間人を皆殺しですか。
    さすがアメリカ様、ご立派でございますな。
    [ 2013/08/11 02:42 ] [ 編集 ]
  219. ドロップの缶にお湯入れて飲んでみたが
    全く美味しくなくてガッカリした思い出
    [ 2013/08/11 02:48 ] [ 編集 ]
  220. 放火魔!おー!放火魔!おー!放火魔!おー!
    放火魔!おー!放火魔!おー!放火魔!おー!

    お前終身刑www刑務所生活できるかあ?www
    知恵遅れwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
    [ 2013/08/11 02:48 ] [ 編集 ]
  221. 似たような話はごろごろあったので、
    (反戦教育の一環で、副教材にたらふく載っている)
    そういう教育を受けた日本人は、
    むしろ涙を流さないのであった。
    [ 2013/08/11 02:50 ] [ 編集 ]
  222. 清太が涙をこぼすシーン。なんとか涙を我慢した。
    節子の泥おにぎりのシーン。腿の肉を引き掻いて涙を我慢した。
    節子死後に回想するシーン。舌を千切るほど噛んで涙を我慢した。

    復興を果たした現代の日本を眺める清太と節子のラストシーン。


    我慢するのは無理だった。
    [ 2013/08/11 02:50 ] [ 編集 ]
  223. 反米映画じゃなく反戦映画というインドさんの意見に同意。
    どこのどんな戦争でも子供が割を食う。
    序盤の綺麗なお母さんが、あんな事になってしまった時点で
    自分はかなりきつかったなぁ
    [ 2013/08/11 02:53 ] [ 編集 ]
  224. 日本をめちゃくちゃにされ原爆2発落とされても、
    その国を口汚く罵ることより前だけを見て、
    国の復興に邁進することを選んだ日本という国に誇りを感じる。
    日本人は、いつまでも被害者意識や自己憐憫を嫌悪する。
    [ 2013/08/11 02:55 ] [ 編集 ]
  225. 小学校の時、代理の先生が自習時間に教室で流したら
    クラス中がとんでもない事になったなw
    [ 2013/08/11 02:56 ] [ 編集 ]
  226. これはダニアースを見た時の衝撃のための布石の映画
    [ 2013/08/11 02:57 ] [ 編集 ]
  227. >205

    権限で親父に聞いたこと自体にペケつけてるんだろ。
    その宿題の求められていることは"想像して書く"ってことでインタビューしろと言ってるんじゃない。
    といっても作者の子供だ。子供なりに感想内容を注目されることにプレッシャーがあって書くことが出来ずそのような行動をしたのかもしれない。
    [ 2013/08/11 03:07 ] [ 編集 ]
  228. この映画の凄い所は人や立場によって反米 反戦や極右 極左の
    プロパガンダと 言ってる事が180度違う所だね。
    又妹の死の責任も叔母さん 兄 社会 戦争と違ってたりするし…
    自分としては 実際 反戦でも何でもアピールしようと思えばもっ
    と感傷的に作れたものを こんなに抑えた視点で作った所に多く
    の人は感動したんだろうし この映画を傑作にしてると思うんだ。
    [ 2013/08/11 03:09 ] [ 編集 ]
  229. あの夏 映画館の惨劇
    「漫画映画:となりのトトロ 同時上映:火垂るの墓」
    (上映順は何故か火垂るの墓が先(笑))←

    「トトロ♪トトロ♪」と歌いながら入館した子供たちは
    皆泣きながら帰っていった(;゚Д゚)

    [ 2013/08/11 03:09 ] [ 編集 ]
  230. アメリカが憎いんじゃなく、戦争が憎い
    [ 2013/08/11 03:11 ] [ 編集 ]
  231. この映画は右も左も関係なく、韓国も中国もアメリカも関係なく
    全ての人が見るべき映画だね。
    [ 2013/08/11 03:12 ] [ 編集 ]
  232. 西宮のおばさんにむかつくのは世界共通やねw。
    [ 2013/08/11 03:13 ] [ 編集 ]
  233. コメントしてるアメリカ人マジでムカつくわ。
    宣戦布告以前に、もう戦争はじまってただろ。

    外人どもは「それまでの経緯」から一切目を逸らそうとしてるから
    「日本が突然キレて攻撃してきた!」とか不自然な認識になる。

    「人種差別撤廃を国連で拒否」され、
    「同盟国イギリスが米国に寝返り」、
    「欧米列強による石油ほか資源の禁輸」という『戦争行為』が
    既に始まっていただろ。

    「日本の持つ国外の権益をタダで放棄せよ」と迫られ、
    それらに対し日本が『何度も・何度も抗議』しても、
    米英は何の譲歩もせず一方的に日本を追い詰め続けた。

    その根底には、当時の宗教観から、
    「有色人種は動物に近い劣等種であり、
    優生種である白人が導いてやるべき」という認識があったのと、

    有色人種の側にも「有色人種が奴隷扱いなのは、嫌な運命ではあるけど
    それはあたりまえのことであり、劣等種であることは受け入れている」
    というバカげた当時の認識と、『白人中心の“世界”』があった。

    そんな世界の中で、唯一日本だけが
    「海に囲まれた環境」「世界一の銀の産出」
    「研究者気質」「非キリスト教国」などの、数々のまぐれと運命に
    導かれ、有色人種のくせに
    「艦船・航空機など戦闘能力を持ち、石油を含めた権益を保有する大国」
    になっていた。

    そこに『白人側の苛立ち・納得行かない気持ち』が確実にあったんだよ。

    だから、アメリカはハルノート以前から
    「日本に先に手を出させて」ボコボコにしようとしていた。

    本人であるルーズベルトが
    「私は決して宣戦はしない。私は戦争を作るのだ」
    と語っていたように、証拠がいっぱいある。

    ヘレン・ミアーズにも『アメリカの鏡・日本』にも、
    「日本に石油を禁輸したら日本は戦争するしかない」と
    “ルーズベルト自身が”言っていたとある。

    ジョージ・ケナン著『アメリカ外交50年』にも、アメリカがいかにして
    日本を怒らせるべく“嫌がらせ”をし続けたかが書かれているし、
    政治家ハミルトン・フィッシュ『悲劇的欺瞞』や
    カーチス・B・ドール『操られたルーズベルト』にもあるように、
    ルーズベルト大統領が、故意に、意図的に、米国の目的のために、
    日本を戦争に向かわせたことは明らかだ。

    ハルノート作成に関わったデクスターホワイトも、
    逮捕されたゾルゲも、旧ソからの工作だった。
    『日本側から開戦を促す工作』が明るみに出ていたわけだ。
    日米が戦争すれば旧ソが得をするからだ。

    「戦前から米英は日本の暗号解読に成功していたということ」も
    アメリカは戦後に公表しているというのに、
    まだ『あの戦争は“真珠湾から突然”スタートした』などと
    呆れるような誤解してるのは、アメリカ国内で
    『いわゆる戦勝国のプロパガンダ』が成功しすぎてる証拠だろう。


    少なくとも「その時点まで国際法に則った行動しか
    とってなかった当時の日本」に対し、
    『国際法を無視した非戦闘の戦争行為』を先に仕掛けたのは米英なのに、
    なぜそれを認識しないのか。

    いや、そもそもアメリカが国際法を無視した戦争行為を
    当時していたことすら知らないアメリカ人がほとんどだろう。
    勝手に正義と悪だと決め付けて、
    「当時の悪に今は親切にしてる寛大なアメリカ人」という顔をしてる。

    だから、
    「あの温厚で真面目な日本人が、なぜパールハーバーを起こしたのか?」
    「不思議だ。日本人は突然キレる。変人だからかな」

    なんてことを言う。
    もし「不思議」とか「不自然」に思う知性があるならば、
    『じゃあちゃんと調べてみよう』とか考え至って欲しいもんだ。

    少し学があるアメリカ人でさえ、

    「米国が真珠湾前から日本に戦争を起こさせようとしてたのは事実だが、
     日本はその挑発にまんまと乗って真珠湾を攻撃したから日本が悪い」

    などと、“大事な点”を隠して、いけしゃあしゃあと言う。

    何度でも言うが、国際法を守り続けていた日本に対して
    石油の禁輸を含むABCD包囲網という『不当な経済制裁』を
    行うこと自体が、すでに「 戦 争 行 為 」だ。それは悪くないのか?
    先に国際法を破って攻撃してきたのは米英側だ。

    「パールハーバーがはじまり」ということにしたがるのは、
    事実を有耶無耶にしたいからだろう。

    「戦争の起点」を誤魔化すな。
    ちゃんと真珠湾より前の流れを勉強しろアメリカ人。
    [ 2013/08/11 03:15 ] [ 編集 ]
  234. セイタ君の意固地なプライドのせいで妹のセツコが死んじゃったんだよ。セイタ君は西宮のおばさんところで必死に働いて妹を守るべきだった。つまりプライドの高いニートに対する警鐘。これはマジでそういうことを訴えてる映画。
    [ 2013/08/11 03:16 ] [ 編集 ]
  235. 正直言うと、あまりおもしろくないよな
    トトロとかラピュタの方が好きだわ
    最高はドラエモン
    まぁ、教育映画だな
    [ 2013/08/11 03:16 ] [ 編集 ]
  236. ガキの時に何が恐かったって母親の包帯ぐるぐる巻きの画。
    外人がトラウマとか言ってるのも、どうせこのシーンの事なんだろな

    セイタが妹の前で大粒の涙を流して止まらなくなるシーンは
    ガキの頃観た時は全然印象に残らなかったけど、
    大人になって見返した時に初めて記憶に残った。
    [ 2013/08/11 03:26 ] [ 編集 ]
  237.  
    翻訳、ありがとうございます。
    この作品が、戦争について見つめなおす切っ掛けになってくれることを…。
    [ 2013/08/11 03:27 ] [ 編集 ]
  238. なに日本人ぶったり、ネトウヨぶったりしてんのお?wwwww

    まさしくお前がその半島。すべてが自演である。wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
    [ 2013/08/11 03:31 ] [ 編集 ]
  239. 幼児が戦時下で飢え死にする映画が悲しくならないわけがないからずるい
    [ 2013/08/11 03:36 ] [ 編集 ]
  240. 親になったらもうこの映画を見ることはできないよ…
    [ 2013/08/11 03:41 ] [ 編集 ]
  241. 原爆の事はともかく大空襲の事は
    世界ではあまり知られていないっぽいけど
    それでも海外で通じる映画だったのかな・・・?
    [ 2013/08/11 03:41 ] [ 編集 ]
  242. 過去のことをどうこういうつもりはないけど、過去に「火垂るの墓」と同じようなことが実際にたくさん起きていた、ってことは知ってほしい。
    そして、それがどうして起きたのかを考えてほしい。

    オレたち日本人が戦争を嫌うのは、それがどれだけ痛いことなのかを知ってるから。
    痛みを共有する必要はないし、知る必要もない。
    でも、もう二度と繰り返さないでくれ。
    苦しいのも、痛いのも、オレたちが最後にしてくれれば、それでいい。
    [ 2013/08/11 03:41 ] [ 編集 ]
  243. 実を言うと「連合軍(United Nations)/UN」が『東京大空襲で無差別に腐女子も赤子も皆殺しにした』と言う事実を知らない人が多い。
    原爆の被害者数より多いからね!

    なので「無差別ジェノサイド」の事実と東京大空襲なる戦争犯罪を知ってしまったダブルパンチのショックを受けて凹む外人が多い。
    特に米国人は相当に凹む人が居るそうだね。
    だが、別に米国人を責めたりする作品ではなくて「単なる反戦、日本人の戦意を下げる目的の作品」なのでそこら辺は作者の意図する所ではないから気にしなくて良いぞ。

    まぁ日本で作られる大半の戦争作品は「反戦と侮日(自虐史)を押し付ける事が狙いなので」(でなきゃ戦争作品など絶対に作らせようとしない、反日勢力が黙ってない、特に反日議員や反日官僚や反日公務員)。
    [ 2013/08/11 03:43 ] [ 編集 ]
  244. 曲は太陽の帝国のだね
    あの映画も面白かった
    [ 2013/08/11 03:43 ] [ 編集 ]
  245. 太陽の帝国は「満州でウハウハな入植してた白人親子が逸れて少年が日本兵に媚を売って強く生き抜く」愛と友情とサバイバルを描いたスピルバーグ監督の作品だったね。
    最後に仲良くなった日本少年をフルボッコに串刺しにする(作品の意図)が印象的だった。
    [ 2013/08/11 03:50 ] [ 編集 ]
  246. 率直に日帝時代の極右映画は罪に問われるべきですよね^^

    いつまでも過ち認めないどころか自分達を肯定し賛美する列島の猿には寒気がします^^

    いかに己が愚かしいか今一度胸に手を当て考えて見てください^^

    人殺しはどうであれ人殺しですよ-_-
    [ 2013/08/11 03:50 ] [ 編集 ]
  247. 俺は戦争は否定しない。何故なら人類は戦争によって発展してきたし、戦わなきゃ守れないモノだってある。そして日本はどっかのクソ民族の様に被害者面して寄生する訳じゃなく、未来に希望を持ち焼け野原から類稀なる復興を遂げた
    でも、民間人を巻き込んではいけないよな
    明日はサクマドロップでも買うか
    [ 2013/08/11 03:57 ] [ 編集 ]
  248. ちょっと待ってくれよ。アメリカは日本に降伏の機会を与えただろ。
         彼らがハッタリをかます事に命を賭けたのは、俺達のせいじゃない。 アメリカ

    こういう正当化しようとするやつは最低だな
    [ 2013/08/11 04:01 ] [ 編集 ]
  249. 名無しさん
    戦時中、アメは通学途中の児童に機銃掃射して来たと聞いて、
    遊びかマジか分からんが、「人かよ!」と思ったわ。
    義伯父が米空だったから何だかな〜。
    [ 2013/08/11 04:05 ] [ 編集 ]
  250. >>234
    高畑自身は本気でそれを訴えたかったとしても

    見た人間がどう解釈するかは自由だし、それぞれの解釈が正解なの。

    大体、製作された80年代にニートなんて存在はほとんど意識されてなかったのに、後付けくさいよ。高畑は。単純に近年の若者の動向が気に入らないからこじつけて結び付けようとしてるんだろ。

    あの兄がどんなにバカだとしても、今の時代の若者とは苦労の大きさもプライドの種類も、比べ物にならないくらいレベルが違うだろうが。
    [ 2013/08/11 04:29 ] [ 編集 ]
  251. まじ愛知県警何してんだよ!のろま!
    俺のほうが詳しいじゃねえかよ!

    大曽根からも平安通りからも近いあのマンションだよ。
    日本人じゃない。さっさと捕まえろ!
    [ 2013/08/11 04:32 ] [ 編集 ]
  252. 一方向にのみ扇情的なのは好きじゃない。
    個人的には戦時下における英断や勇気も描いてくれたほうが
    同時に悲惨さも常に心に残ります。

    あと民間人一般人を云々って意見が多いですけど、
    戦争って民間人一般人をころすものですよ。
    非戦闘員こそ生産力の根幹ですので。それを守るのが軍部の仕事です。
    [ 2013/08/11 04:34 ] [ 編集 ]
  253. あの戦争が「世界大戦」だっただけあって、概ね各国の方々の理解は正しい。恨むべきは敵国ではなく戦争そのものだ。
    日本があれだけの事をされてもなぜアメリカを恨まず今日があるのか。
    恨みや復讐心からは何も生まれないからだ。
    そんなことに執心していたら戦後20年での復興は成し得なかっただろう。安倍さんも今度の終戦記念日ではっきり言ってやりゃあ良いんだ。アメリカを恨もうとすればいくらでも出来た先人はそれをしなかった。それゆえに今日の発展がある、と。
    アホな韓国へのあてつけにもなるしな。
    罪を憎んで人を憎まずだよ。あの戦争の意義は人種差別から来る植民地支配への異議提唱と、あくまでも主権を守るって事だった。
    アメリカは日本への物資の経路を完全に遮断した上でハルノートにて
    「条件飲めなきゃ国を渡せ」って言ってきたわけで。
    無条件に国を渡すか戦争かの二択だった。
    その後の日本史を分かってると余計に韓国の馬鹿さ加減が浮き彫りになる。慰安婦?旭日旗?酷いことした?
    お 前 ら 誰 に い っ て ん の ?

    [ 2013/08/11 04:35 ] [ 編集 ]
  254. >233でもっと詳しく解説してたね。スマソ
    しかも途中から嫌韓に走っちゃって良く分からないレスになっちゃった。
    [ 2013/08/11 04:47 ] [ 編集 ]
  255. コミュ障が!
    日本一の障害児
    [ 2013/08/11 04:48 ] [ 編集 ]
  256. 韓国、中国は、戦争は憎まず日本を憎む。
    日本は、アメリカを憎まず戦争を憎む。
    [ 2013/08/11 04:48 ] [ 編集 ]
  257. 韓国人はこの映画見ても、何とも思わないでしょどーせ。
    心底腐ってる民族だもの。
    [ 2013/08/11 04:52 ] [ 編集 ]
  258. 妄言を吐き散らして脳内お花畑に閉じこもる在日と半島人はともかく、
    平和な時代の日本に生まれ育ってるだけで、
    机の上の理屈だけで「戦争は必要悪である!キリッ」と小理屈こね回して戦争肯定するような人間にもなりたくない
    誰が一番傷つくんだろうか
    作品内の兄妹と同じく自分たち一般大衆だよね
    なんかスポーツの日本代表を応援するのと同じ感覚で、
    日本頑張れ他国をぶっ殺せとばかりに無責任にPCモニタから
    文章タイピングでだけの愛国を気取るお子ちゃまが増えてきてる気がする
    [ 2013/08/11 04:53 ] [ 編集 ]
  259. 戦争の背後にはいつも
    ユダヤ財閥・レプテリアンの存在がある。
    [ 2013/08/11 04:54 ] [ 編集 ]
  260. ぶっちゃけもう内容忘れてしまったがなw
    泣けるアニメだったのは覚えてる
    [ 2013/08/11 04:56 ] [ 編集 ]
  261. 兄の無知無謀も、平時なら大人が諭して導いてくれるもの
    けれど、戦争がもたらす社会混乱はその当たり前の機会すら奪ってしまうんだよね
    孤立した兄妹に残されたあの結末、ただただ悲しいわ
    [ 2013/08/11 05:04 ] [ 編集 ]
  262. ※21、※27
    韓国人だろうが米国人だろうが、中国人だろうが、日本人だろうが、北朝鮮人だろうが、あれをみて右翼だの左翼だの言ってる時点で文明の程度が低いんだよ。民度なんてかわいいもんじゃなくて文明の程度が低い。自覚を持てよ。それに気づけば五毛党だろうが、北の工作員だろうが、アメリカや韓国の活動家だろうが、どんな意図や信念を持ってるかは関係なく、まだ未開人の世界に片足を残してる事実にやっと気づける。お前らの理想や思想や文化は浅いんだよ。独立記念日が500年位前になれば日本人が何をいってるか多少は気づけるだろうよ。
    [ 2013/08/11 05:10 ] [ 編集 ]
  263. 韓国の国内でヘイト発言してる奴はまだわかるけど
    日本の国内からヘイト発言してる在日だか反日左翼だかは国外行ってくんねーかな?仮に日本の国籍持っててもそんな思想の奴は
    いつ日本国にとって不利益な行動するかわかんねーじゃん?
    へたすりゃスパイなんじゃねーの?
    今度から憲法変わればこないだの鳩山みたいなことしたら捕まるし最悪死刑だよ?これはマジで。
    [ 2013/08/11 05:12 ] [ 編集 ]
  264. ※263
    へたしなくても普通にスパイでしょ
    日本国籍持ってないスパイも沢山いるし
    こういうコメントで書いてる奴にも普通に中国国籍や
    韓国国籍、米国籍の工作員はいるよ
    右翼にも左翼にもスパイがいるのは当たり前だと思って
    自分で考えた事を書いたほうがいいよ。
    左は分かりやすいけど、右だって全然日本の国益の事は
    考えないでアメリカの犬みたいになってる奴もいるから
    [ 2013/08/11 05:17 ] [ 編集 ]
  265. サクラドロップが食えなくなった
    [ 2013/08/11 05:27 ] [ 編集 ]
  266. 昔、この映画を見て思ったことは
    戦争が悲惨というより、可哀想な貧乏な兄妹というだけの感じがした。回りの人は普通に生活してるし裕福な若者もいたし。

    今見ると感想も変わるかもしれないが、左翼思考が強い宮崎の作品ってことでニュートラルで見れないから多分見ることはないと思う。
    [ 2013/08/11 05:27 ] [ 編集 ]
  267. 戦争を選ぶ時というのは、選ばないよりも国民がもっと酷い目に合う時だけだ。
    つまり誰も死んだり傷つかないために戦争をしないのはその通りだが戦争しない事で皆が死んだりする状況では、戦争をするという選択を選ぶ事も否定は出来ない筈だ。
    [ 2013/08/11 05:31 ] [ 編集 ]
  268. ※266
    あれ作ったの宮崎じゃないけどな。
    しかも宮崎は軍事ヲタで本質的には軍国少年だよアレ
    兵器とかもやけに詳しいしな
    敗戦で頭殴られて反省した軍国少年がそのまま大人に
    なったような男だ。そんな事も分からん奴が右翼を自称
    するからネトウヨなんて馬鹿にされるんだよ
    ちょっと分かってる右翼ならそんなの一目瞭然の話
    [ 2013/08/11 05:34 ] [ 編集 ]
  269. パールハーバーってうるさいんだよ。
    殺しあうのに、今から殺しに行きますよ~って宣言しないといけないのか?
    喧嘩は先手必勝だろ。
    民間人に核爆弾使うやつらがよ。
    へたれもいいとこ。
    上陸してこいよ。

    [ 2013/08/11 05:39 ] [ 編集 ]
  270. ちなみに田原総一朗とか大江健三郎みたいな戦前や
    戦後直後に教育を受けて育ってる世代は本質的には
    ネトウヨより遥かに思想は右翼だぞ。単に敗戦の
    ショックのあまり左の考え方を取り入れてみたけど
    本質的には左翼にはなりきれないみたいな世代
    変わりに戦後生まれの自称右翼はほとんど中身は左翼だけどな
    自分が左翼である自覚すらないって言う。
    教育ってのは恐ろしいもんだ
    [ 2013/08/11 05:39 ] [ 編集 ]
  271. 長くてすみません…
    戦争の遠因としては「中国があまりにもだらしないから」
    (あえて過去形にはしない)
    ってのもあると思う。
    ※朝鮮半島は国としての体をなしていなかったので関係ない。
    朝鮮半島を国として建て直したのは、莫大な国家予算をつぎ込んで
    インフラ、教育、経済…なにもかも整備した日本だ。
    人口も大幅に増えた。
    まともな人間なら真摯に受け止められるものなのだが。


    大国、中華をなのるのであれば、
    毅然と西洋の圧迫に対抗しなきゃいけなかった。
    自らの腐敗、イギリスによる大麻汚染でボロボロ、
    もうどうしようもない状態だった。
    あのままじゃロシアが南下してきて中国を支配するのは、
    時間の問題だったんだよ。
    そうなれば次は日本だ。
    そして米英からの理不尽な圧迫。
    どちらにしろ、日本は戦争か、永遠の奴隷かを選ぶしかなかったんだ。
    そんなこんなは一切無視して、
    「突然キレてパールハーバー」をやらかす国
    「アジアを蹂躙し殺戮しまくった」酷い国
    として今も思い込まそうとしてる。

    これだけ世界の人がみてるなら、
    こういう映画が、何かしらの形で
    日本に対する誤解や偏見をなくすものになってくれたら、
    その意味でもありがたいと思う。
    [ 2013/08/11 05:43 ] [ 編集 ]
  272. アメリカ人はとりあえずルメイについて調べるべき。
    あいつの頭がおかしいせいで色々起きてる。
    [ 2013/08/11 05:56 ] [ 編集 ]
  273. 初めて観た時は『叔母さんサイテー』って思ったけど 戦争末期は 中学生も立派な労働力と見なされて 建物疎開(延焼を防ぐ為に取り壊して更地にする)や野良仕事を 授業を中止にして学校ぐるみで奉仕活動をしていたから ご近所さんからも奉仕活動サボってると思われて 叔母さんも色々大変だったんだろうなって 今なら思う
    [ 2013/08/11 05:57 ] [ 編集 ]
  274. 威勢がいいのは頼もしいですが上陸させて一億火の玉のようなゲリラ戦など展開しようものなら
    それこそ民間人への殺傷行為について、国際世論に対する大義名分を与えるようなものです。

    そこらへん理解の上の覚悟ですか?
    [ 2013/08/11 05:59 ] [ 編集 ]
  275. 誰かWWⅡの参加国で、敵国の民間人を×した数のランキング作ってくれないかなぁ
    たぶん、アメリカ・イギリスあたりがトップで日本はダントツビリだと思う
    [ 2013/08/11 06:04 ] [ 編集 ]
  276. 動画見てたら思い出して泣いてしまったじゃないか
    [ 2013/08/11 06:20 ] [ 編集 ]
  277. というか、戦争で死んでもまぁ仕方ないのは軍人同士だけという他人事意識は、どこから出てくるんだ?

    鎌倉時代の人たちか?
    [ 2013/08/11 06:27 ] [ 編集 ]
  278. 二度と見たくないわこれ
    [ 2013/08/11 06:34 ] [ 編集 ]
  279. やばい
    予告みただけで涙ぽろぽろ
    [ 2013/08/11 06:45 ] [ 編集 ]
  280. もうさ、どなたかのコメントにもあったけど
    誰が加害者被害者じゃないんだよ。 
    せっかく日本のアニメを知ろうとしてくれてるのに申し訳ないんだけど、そういうので火垂るの墓を観て欲しくない。

    あとアメリカは悪いとかそういうのを他国が言うのもどうかと思う。
    戦争は両者がお互いに自分が正しいと思うから起こるもの、今の方々は関係ないじゃない。それこそ無駄な争い生むだけだわ。
    [ 2013/08/11 06:45 ] [ 編集 ]
  281. てか、これより悲しい映画ってこの世の中にあんの?
    映画みないから、マジレスきぼんぬ・・・
    [ 2013/08/11 06:53 ] [ 編集 ]
  282. このアニメは確かに戦争がなければ起きなかった悲劇かもしれないけど、そんな単純な話じゃないと思う。
    この話に登場するすべての人が間違った選択をしてしまう事で状況がより悪い方向に進んでってしまい結果兄妹が死んでしまう事になった。お兄ちゃんも意固地にならず、色んな大人に相談していればあんな結果にならなかったと思う。
    [ 2013/08/11 06:53 ] [ 編集 ]
  283. 一部のアメリカンは自己保身で必死だな
    [ 2013/08/11 07:04 ] [ 編集 ]
  284. 昔見たけど何も感じなかったけどな
    戦争で妹が死ぬってだけの話
    [ 2013/08/11 07:04 ] [ 編集 ]
  285. 個人的には女子高生コンクリ詰め事件や名古屋アベック殺人の方が、ど~~~しようもない気分になる。
    戦争はまぁ…歴史、歴史映像、証言、サブカルなど悪い意味で話として慣れてしまってる。

    これ本音。
    [ 2013/08/11 07:04 ] [ 編集 ]
  286. 初めて蛍の墓をテレビで見たとき
    どんな作品か知らずに晩酌しながら見てたんだけど、
    途中で飲めなくなったわ。

    リアルに酒がまずく感じたのは後にも先にもその一回だけだ。
    [ 2013/08/11 07:08 ] [ 編集 ]
  287. 戦争を始める言い訳に正義を口にし、勝った結果として勝者が正義だったと主張するだけ
    戦争は単純に戦略的、戦術的に上(物資の補給等も含めて)が勝利するようにできている
    そこに正義や信条の入る余地などない
    日本が空襲を受けたのは単に制空権を奪われていたから
    日本は「守れなかった」んだよ

    [ 2013/08/11 07:09 ] [ 編集 ]
  288. ※285
    犯罪ものと比べられても・・・w
    [ 2013/08/11 07:15 ] [ 編集 ]
  289. ※287 ぼくのかんがえたさいきょうのさくせんおつ
    [ 2013/08/11 07:17 ] [ 編集 ]
  290. >どうか原作者の妹さんが、安らかな眠りについていますように。 +5 マレーシア 

    妹は死にそうになったけど戦時中に死んでは無いよ
    今、元気にご存命かどうかは知らないけど
    [ 2013/08/11 07:17 ] [ 編集 ]
  291. この映画は最初の音楽が流れたりセリフがあったり佐久間ドロップがでてきた時点でもう涙が準備OKになってる。パブロフの犬状態。
    [ 2013/08/11 07:22 ] [ 編集 ]
  292. とりあえず脱半島しようぜ
    [ 2013/08/11 07:24 ] [ 編集 ]
  293. 日本が戦後、自動車産業とか工業分野で業績を伸ばしたのは、学徒動員で子供の頃から戦車や戦闘機の部品作りや組み立ててた人が、大人になっても同じように工場で働いてたからなんだろうなって、僕は思いました。
    [ 2013/08/11 07:30 ] [ 編集 ]
  294. パールハーバーの前にアメリカは日本軍を攻撃してるんだけどな、攻撃したのは民間人だからアメリカ軍とは関係ないと言い張ってるだけで
    [ 2013/08/11 07:30 ] [ 編集 ]
  295. ※196に同意
    私のこれまでの思いを的確にコメしてくれて 感謝。。
    ホント※196の言う通りだと思う。

    あの国の人達には言いたい事が山ほどある。でも 言ったところで
    聞く耳も 聞く気も無いんだろうな。。教育って恐ろしいよね。
    日本はね、経済大国になったって「どうだ、凄いだろう!」なんて
    あなた達みたいに言わないんだ。
    そういう文化じゃない。優越感に浸ったり、自慢することを良しとする
    文化じゃないよ。
    だから中朝人のように 何かって言うと 勝ったの負けたの嫉妬したの
    とは言わないし 思わないのよ。

    よく「清潔さや時間の正確さは日本には勝てない」
    って言われるけど、日本人は必要だからそうしてるだけで、勝ち負けでは
    ないでしよ。

    [ 2013/08/11 07:30 ] [ 編集 ]
  296. この作品は嫌いだ、見ると本当に悲しくなるから。

    上の方で「思い出を美化している」とか書いている人がいたけど、どこが美化だと思っているのかさっぱり分からない。

    兄が良い兄だとは全然思えない。妹が死んだのは間違いなく、
    兄の性格的問題が多い。「もしこうしていれば」という場面が
    後々見えてくるからやりきれなくなる。
    必死に妹を守ろうとする方法が空回り過ぎて……。
    でも彼を責められないと思う。
    年齢的にも時代的にも、プライドやら何やらを捨てきれないのは仕方がない
    それでも、無垢に兄を信じる妹が可哀想で堪らない。
    [ 2013/08/11 07:32 ] [ 編集 ]
  297. 20数年前に一度小学校の授業で見て、以来見てない。見たくない。
    でも自分の子供には見てもらいたい。そういう作品。
    [ 2013/08/11 07:34 ] [ 編集 ]
  298. 最後の公平なコメントがインドなのが印象的だね
    パール判事を思い出す
    [ 2013/08/11 07:35 ] [ 編集 ]
  299. 火垂るの墓を見て、戦争=痛い熱い恐いという恐怖を植え付けられる
    他のアニメを見て、なんでも出来るような気持ちになって好戦的になる

    だいたいこんな感じ
    [ 2013/08/11 07:47 ] [ 編集 ]
  300. 右翼とか左翼とか言いだすバカはどこにでも湧くな
    [ 2013/08/11 07:52 ] [ 編集 ]
  301. いじわるばばあが嫌いだ!!!あいつがいなければ良かった
    [ 2013/08/11 07:57 ] [ 編集 ]
  302.   
    正直子の映画の監督には関係ないけど
    ジブリのプロデューサーと宮崎のお花畑っぷりがちらつくようになった・・・
    [ 2013/08/11 08:03 ] [ 編集 ]
  303. あれを見て泣かない奴は人間じゃないと言われたことあるが
    俺に言わせればあれを見てセイタの無策ぶりにイライラしない奴は男の子の父親じゃない。

    ゲンのオヤジは男だった…
    [ 2013/08/11 08:04 ] [ 編集 ]
  304. アメリカ人は、自分たちが行った戦争が侵略戦争であり、全くする必要がなかった民間人の大虐殺を、いつになったら反省するのか。
    [ 2013/08/11 08:12 ] [ 編集 ]
  305. ※304 
    戦争にどっちが悪いとか良いとか無いだろどっちも悪だ。
    まず虐殺の無い戦争なんて殆どないだろ。

    大体終戦から70年近くたってんのに今更持ち上げて被害者面してるお前は朝鮮人や中国人と同レベル。
    [ 2013/08/11 08:16 ] [ 編集 ]
  306. >いじわるばばあが嫌いだ!!!あいつがいなければ良かった

    戦時中には人の心も荒むかもしれない
    それを読み取ることが大切なんじゃないだろうか
    反戦映画なんだと思う

    [ 2013/08/11 08:37 ] [ 編集 ]
  307. 作品のメッセージの受け止めかたはここで語られまくってるから別視点からのコメント
    これ映画公開当時にカンヌとかの権威有る映画祭に出品してたら確実に賞貰えてたと思うけどね
    ちなみに清太の夢の中に出てくる軍艦の観覧式のシーン、庵野カントクが気合い入れて作ったのに樋口カントクの奥さんが「夜のシーンだから」と理由で殆ど真っ黒にしてしまい凹んだとかコメントしてたw
    [ 2013/08/11 08:41 ] [ 編集 ]
  308. 二度と見たくない。
    可哀想だし鬱になるし。
    フランダースの犬も二度と見たくない。
    [ 2013/08/11 08:45 ] [ 編集 ]
  309. 子供の時と大人の時で見る目線も印象も変わったりする映画
    何度か見せたい映画
    [ 2013/08/11 08:46 ] [ 編集 ]
  310. あと、この作品
    イギリスで実写のリメイク制作計画中
    [ 2013/08/11 08:47 ] [ 編集 ]
  311. 一回見たけど、もう二度と見れないな。
    悲しさと喪失感で寝るまで何も出来なくなる。
    [ 2013/08/11 08:57 ] [ 編集 ]
  312. ※17
    だから原作者の鑑であるセイタは作中で死ぬんだよ
    『作中の自身の分身であるセイタが死ぬ事によって現実の妹への贖罪とした』というのは原作者自身が語っている※17がしたり顔で挙げつらった妹への虐待云々も告白してるよ
    ま、この作品を見て「プロパガンダだっ!!」ってなる※17とは友達になれんなw

    後、アメちゃんからの※に対して「オマイらのせいで」って言ってるヤツがワリと居るのにドン引き!!
    そういう視点で見てるんだね…
    某半島の民族みたいでキモイwww

    [ 2013/08/11 08:58 ] [ 編集 ]
  313. 両親を亡くして親戚に引き取られてる主人公が出てくるアニメなら『火垂るの墓』より『夏目友人帳』の方が好き

    ※303
    幼心に節子の兄が清太じゃなくパズーだったら節子は死なずにすんだのにって思ったのを思い出したw
    [ 2013/08/11 09:06 ] [ 編集 ]
  314. 見なくても「被害者面するなニダ!」ってコメントがあるのが想像付く
    [ 2013/08/11 09:09 ] [ 編集 ]
  315. 神戸大空襲の話だね。
    周りの市からも神戸の空が真っ赤に燃えるのが見えた。
    姫路市も焼け落ちた。城だけが嘘のように残って周りは焼け野原。
    市民が逃げて集まる方向をB29が追って爆撃したよ。
    生き延びたあとは食料難さ。
    日本のあちこちでこのアニメのようなことがあつた。

    一度みれば充分なアニメだが、
    これが原作者個人の思い出や、アニメ監督の意図を超えたのは、
    元が現実にあったことの集約だからだと思う。
    [ 2013/08/11 09:09 ] [ 編集 ]
  316. アメリカがアメリカがーっって大声で喚いたって
    戦争を仕掛けたのは大日本帝国だし、本土爆撃される前に降伏することだってできた。
    パールハーバーは事故かもしれないが事故を起こしたのも大日本帝国の手際の悪さだし、全面的に大日本帝国が悪いに決まってんだろ。
    [ 2013/08/11 09:14 ] [ 編集 ]
  317. ※105
    この映画はトトロと一緒に劇場公開時に見た。
    「当時は子供といえども役割があった、それを果たさなかった子供がどうなってしまったかという視点でも見るべきだ。」
    「清太は軍国少年ではなかった。現代の少年に近い。」
    てな文章が公開時発行された映画パンフレットに一ページまるまるで書かれていた。
    役割を果たさずに平和少年やっていても妹を守れない、というメッセージは当時ちゃんと公式に示されていたんだよ。
    [ 2013/08/11 09:15 ] [ 編集 ]
  318. 小さい頃はおばさんがただ意地悪なだけに見えたけど
    今見るとおばさんにも事情があったんだなあって思える
    [ 2013/08/11 09:19 ] [ 編集 ]
  319. この映画は今年78歳になるばあちゃんが何年か前にテレビ放送していたときに
    唯一テレビの前で真面目に観ていたアニメだったよ
    一緒に映画観ながら疎開した時の話や戦後の話をしてくれた
    [ 2013/08/11 09:25 ] [ 編集 ]
  320. ※306
    オバサンは戦争だから心が荒んだわけじゃないよ。
    未亡人で旦那がおらずギリギリの生活で心が荒みかけてたところに、夫の従兄弟の子供というだけで、自分とは血縁すらないニート中学生とわがまま4歳児を押し付けられたから本格的に荒んだんだよ。
    [ 2013/08/11 09:28 ] [ 編集 ]
  321. 子供の頃に観る→BBAムカツク
    大人になってから観る→主人公ムカツク
    [ 2013/08/11 09:33 ] [ 編集 ]
  322. ※321
    あるある
    [ 2013/08/11 09:40 ] [ 編集 ]
  323. コメに荒らしが沸いてるな
    自分の歴史認識が偏ってると思ってないんだろうな
    共感する日本人はいないから、わざわざ日本語で書かなくていいんだぞ
    [ 2013/08/11 09:42 ] [ 編集 ]
  324. 俺も子供の頃は冷たいおばさんだと思ったけど
    大人になって改めて見ると、苦しい生活の中で
    おばさんは精一杯してくれたと思うし
    自分勝手な主人公のせいで妹は死んじゃったなって思う
    あとこの映画は何時みても映像が綺麗なんだよね
    特に妹が死んでからの描写は本当に綺麗
    [ 2013/08/11 09:46 ] [ 編集 ]
  325. 一度見れば十分。良い作品だと思うが、シリアスが大嫌いな俺にはきつすぎるわ。
    [ 2013/08/11 09:50 ] [ 編集 ]
  326. 立場による違いだよね。

    利害関係のない世界の一般人にとっては殺戮だった。
    アメリカの国民にとっては被害を最小にするためだった。

    科学者は実験がしたかった。
    投資家は実験データを使い更なる金儲けがしたかった。
    アメリカは戦後処理を有利に運び対ソ連に備えて抑制したかった。

    ルーズベルトは基地の外の人だった。

    兄は海軍の息子で不条理や不平等になれていない為
    耐えきれず自分のエゴで親戚の家を出た。ものの...
    二人で暮らすようになってから、妹に分け与える食事の分量を間違えていく。
    火事場泥棒の時に兄は残り物のご飯を自分だけ食べていた。

    兄は子供ながらに「何故、あの一口を妹に食べさせなかったのか?」と
    自責の念と人の性に押しつぶされたんだろう。

    親戚のおばさんもまた我が子の為なら無情になる
    (子供いたよね確か...?)

    イギリスで実写のリメイク制作計画中
    それは、白人の役者でやるの?しらけるわ~
    [ 2013/08/11 09:59 ] [ 編集 ]
  327. 一日も早い全世界に平和を!
    [ 2013/08/11 09:59 ] [ 編集 ]
  328. この映画は主義主張関係なく見るべきだと思うな。
    「ととろ」を見に行った時にこの映画は見ないで帰ったんだよね。
    ずうっと見なかったんだけど、何年か前にテレビで初めて見たよ。
    子供が死ぬ映画は苦手なんだよね、子供には責任がない分、腹が立つし、悔しいし、自分の無力さを感じるんだよ。
    自分がそこに居て節子を助けられたかって、考える。
    きっと助けれないんだよ。
    原作者がどんな人物だろうが、戦争の理由がなんであろうが関係無い。
    節子みたいな子供はいつの時代だろうが、どこの国であろうが必ずいるんだよね。
    理不尽って知る必要があるね、戦争については大人はもっと考えなくてはいけないと思うよ。
    [ 2013/08/11 10:01 ] [ 編集 ]
  329. 幼稚園くらいで初めの一歩で見させられるよなこれ…。小学校低学年になると対馬丸を見させられて第二のトラウマに。
    [ 2013/08/11 10:12 ] [ 編集 ]
  330. 歴史、事件、世の中を多角的に見れない感情的な人達には
    いい加減気付いてほしいわ。
    イデオロギーは目的を達成する為の道具であって妄信するものではない
    ということに
    [ 2013/08/11 10:13 ] [ 編集 ]
  331. ※328
    君は実に心が貧しいねぇ・・・同情するよ。
    戦中兵隊はある種特権階級で子供たちには憧れの存在、地域にとっては国の為に奉仕する偉い人という地位を確立してた。それが戦後戦争責任の対象とされ社会で差別をもたらした。そういう差別視点と、昨日は白、明日は黒という日本社会と、身寄りの無い子供が戦後どういう扱いを受けたかと、少年の残された家族を唯一に思う純粋で未熟なまなざしを象徴的に表してる。
    [ 2013/08/11 10:20 ] [ 編集 ]
  332. 国は関係ない
    戦争は一国だけではできないから。
    日本も悪い。
    戦争をすることが愚か。
    人の心をおかしくするから。
    [ 2013/08/11 10:20 ] [ 編集 ]
  333. 個人的には正直、戦争犯罪なんて物があるのが良く解らん
    戦うからにはあらゆる手段を駆使して勝利を掴むべきだ
    じゃなきゃそもそも戦争に踏み切るべきじゃ無いだろ
    戦争自体が非人道的な行為その物なんだからさ
    だから民間人虐殺だろうが民族浄化だろうが必要とあればやるべきだと思うんだがな・・・いや、そりゃ被害者側には回りたくないけどね
    [ 2013/08/11 10:24 ] [ 編集 ]
  334. 野坂昭如は旧制中学を卒業して戦後すぐに旧制高校に進学してるよね。
    当時こういうコースをたどれる人は富裕層、どうも餓死とは結びつかない。
    [ 2013/08/11 10:28 ] [ 編集 ]
  335. 兄貴が19くらいだったら働かない事を責められても仕方ねーけど14であの境遇だぞ?
    まだ子供だから先や周囲の事を考えられず目の前の妹の事しか見えてないからああいう行動になってたわけで

    まあそれでも居候先で風当たりが強くなるのは仕方ない
    だからその後の展開が余計にやるせない
    [ 2013/08/11 10:31 ] [ 編集 ]
  336. ・真珠湾攻撃を米国は知っていた
    ・真珠湾攻撃は米国が日本にやらせた
    いやいや、日本が最初に手を出したことと不手際のためとはいえ宣戦布告前に攻撃始めたことは間違いないからね?
    少なくともこの二点で米国が非難されるいわれは全くない
    ハルノートで誘導したとは言え、その要求をのむか飲まないか、武力行使をするかしないかの最終的な決定権は日本にあったってことを忘れちゃだめだよ?
    [ 2013/08/11 10:35 ] [ 編集 ]
  337. 悲惨な話だと思ったけど、初めて見た時からなんでおばさんと上手くやろうとしないんだろう。何で義務を果たそうとしないんだろう。何で自分の意地のために妹を犠牲にするんだろうと思って不快だった。野坂を知って、大学に講演に来た時に彼の講演を聞いて分かった。あいつは糞野郎だからこんな傲慢な主人公が書けるって事だ。
    [ 2013/08/11 10:35 ] [ 編集 ]
  338. 14といえば元服です

    てか作者本人が主人公はヌケサクだって言ってんだろ?
    じゃあそう感じる人が多いのも必然だろ
    [ 2013/08/11 10:37 ] [ 編集 ]
  339. フィクションだのなんだの言ってるけど、当時はこの映画よりもっと悲惨なこと山ほどあったんだよね

    叔母さん批判してる人いるけどああしなければ生きていけない時代だったんだよ
    [ 2013/08/11 10:41 ] [ 編集 ]
  340. セイタは考えなしって言われればそうなんだろうけど、親を失った兄妹の末路としては十分すぎるくらい現実的だと思う
    [ 2013/08/11 10:42 ] [ 編集 ]
  341. 14歳のアメリカ人の少女のコメントか正論すぎるwwwwyoutubeやニコ動の連中に爪の垢を煎じて飲ませてやりたいわ。

    火垂るの墓は毎年放送するべきだよ
    [ 2013/08/11 10:49 ] [ 編集 ]
  342. ※319

    素敵な祖母をもったね。私も祖父母に戦争時の体験をたくさん
    聞かせてもらった。その中には学校やメディアでは教えきれていない、
    人の逞しさに知恵や教訓、数え切れない程の大切なことを感じられる。

    体験者と直接話したことのある人とない人では
    理解の度合いが違う。
    [ 2013/08/11 10:54 ] [ 編集 ]
  343. 叔母さんは別に悪人じゃないし、間違ってないよな。

    あと、パールハーバーの前に米国は既に日本と交戦状態にあっただろ?
    なんで奇襲された!卑怯だ!みたいな言い訳を何時までも使うの?
    軍港への攻撃と市街地で民間人相手の攻撃じゃ、どう理由付けしても
    言えば言うだけみっともない。
    あれはアメリカ国民が納得する形での参戦の為に仕掛けられた「トラップ」で巧妙な罠に日本が掛かった。それだけの事だろ。

    暗号も傍受して解析済み、空母は襲撃前に移動済み、既に日本とは交戦状態だったから日本が襲撃しに来るのは予想済み…どうみても本格参戦の為に、あえて攻撃を受けたとしか思えないだろ?
    全員避難させては意味が無かった、人的被害が無ければアメリカ世論は参戦に傾かないから。パールハーバーで亡くなった米兵さんは、口実の為の犠牲者だよ。
    [ 2013/08/11 10:58 ] [ 編集 ]
  344. 戦争はなくならなくても戦争に賛同していない民間人を一方的に巻き込むのはやめるべきだわ。
    戦軍人同士で直接やりあえばいいのに戦争遣るって決めた奴等は高みの見物決め込むし
    [ 2013/08/11 10:59 ] [ 編集 ]
  345.  
    戦って死ぬ兵士は戦う理由があるから死んでも納得がいく。
    ただ戦争に関わってない民間人がバタバタと死んでいくのは
    不条理にみえてくる。
    [ 2013/08/11 11:01 ] [ 編集 ]
  346. ネトウヨはサヨク映画認定しちゃうんだよな
    [ 2013/08/11 11:02 ] [ 編集 ]
  347. 原爆は知っていても
    アメリカ人のほとんどが
    国際法違反の無差別爆撃した事を知らないそうだけど
    [ 2013/08/11 11:03 ] [ 編集 ]
  348. 原作のせいたは栄養失調で動けなくなってうんこもらしながら
    死んじゃうんだよね。美化したのは映画のほうだよ
    ものすごい無様でみじめな死に方する
    [ 2013/08/11 11:04 ] [ 編集 ]
  349. 朝日新聞のおかげで開戦したと言っても過言ではない。
    [ 2013/08/11 11:06 ] [ 編集 ]
  350. おばさんは仕方ないんだよ、彼女達だってわずかな配給で暮らしていて、ちょっと何かあったら餓死してしまうからね。本当にそんな時代だったそうだ。
    [ 2013/08/11 11:08 ] [ 編集 ]
  351. ※337
    真珠湾を理由にしたアメリカの自己正当化っぷりに腹立ってるだけだろ。
    あと、誘導した上で決定権があったとか何むちゃくちゃ言ってんだよ。
    他人に責任押し付けようとするの考え方そのものだな。
    日本人じゃないのに日本人語っちゃだめだよ?
    [ 2013/08/11 11:10 ] [ 編集 ]
  352. 「宣戦布告が必要」だと考える連中は、WW2後の戦争において宣戦布告がなされた数でも割合でも答えられるのか?
    イラク戦争はどうだったよ?
    [ 2013/08/11 11:13 ] [ 編集 ]
  353. 祖母の実家が神戸で材木商をしていて
    そこのお嬢様だったらしい
    あの空襲で店も家屋敷も無くなってしまって
    疎開から帰ったら知らない奴らに全部取られてしまった
    家族も散り散りに
    火垂るの墓は町並みが(炎上するときも含め)
    記憶と比較しても現実的すぎて二度は見られないらしい

    「空襲さえ無ければ大金持ちのお嬢さんだったのに」
    今でも親戚が集まるとそういう話が出る
    [ 2013/08/11 11:13 ] [ 編集 ]
  354. すぐに「こんなこと言う奴なんて日本人じゃない!」なんて
    まるでお隣の二国と一緒だな。
    [ 2013/08/11 11:14 ] [ 編集 ]
  355. 昔この映画を見たときには、兄の世渡りが下手だったというのは私も感じたことはあるけれど、今では、戦時下の教育を受けてあの状況に置かれたあの年齢の少年が、大人に媚びを売って妹のために食料を手に入れる等という処世能力を発揮できたのかと考えれば、そんなことは多くの場合現実には無理だっただろうと思っている。
    [ 2013/08/11 11:17 ] [ 編集 ]
  356.  
    >ハルノートで誘導したとは言え、その要求をのむか飲まないか、武力行使をするかしないかの最終的な決定権は日本にあった

    そうだね。
    奴隷になるか戦うか。
    戦うにしても、これまでどおり国際法を遵守しつつ宣戦布告をするか、散々なぶってコケにしてくれた相手に先制で横っ面を殴るか。
    当時意見は割れただろうね。
    [ 2013/08/11 11:22 ] [ 編集 ]
  357. アメリカがどうのって映画じゃないだろ
    短絡馬鹿が多いな
    [ 2013/08/11 11:30 ] [ 編集 ]
  358. 戦後の強かな子供たちの逞しさを描いてるの方が好きだわ
    [ 2013/08/11 11:37 ] [ 編集 ]
  359. アメリカ人にこの映画の内容を理解しろって言っても無理、だったアメリカは空襲も原爆による被害もないからね、今日まで……よく原爆投下が10万人以上の将校や兵士から死を回避したと言うがそれは退役軍人の独りよがりに過ぎない。だから9.11の様なテロが起きたと言えるよ。
    [ 2013/08/11 11:38 ] [ 編集 ]
  360. 原作では主人公が自分の分以上の食料を調達できずに妹を栄養失調でしなせて
    のうのうと生き残って贖罪の意識を感じる話らしいけど
    映画では変な回想で涙を誘うけどそんな感じはないよね
    [ 2013/08/11 11:38 ] [ 編集 ]
  361. 火垂るの墓の主人公はアホ
    家においてくれた親戚にちょっと嫌みを言われたくらいで家出
    社会になじめないせいで妹を犠牲にした社会不適合者の弱者
    無能な兄をもった妹がかわいそう
    [ 2013/08/11 11:44 ] [ 編集 ]
  362.  
    欧米じゃあ、原爆に隠れて、東京大空襲がなかった事になってるってのはマジで酷いだろ。
    [ 2013/08/11 11:45 ] [ 編集 ]
  363. ※233
    フライングタイガースも正規軍だったんだよね。
    さすが災厄の源・狂人ウィルソンを生み出した米国。
    [ 2013/08/11 11:48 ] [ 編集 ]
  364. アメリカの要求を全て呑んだとしても結果は変わらず戦争に巻き込まれ、核を落とされてただろう。
    そのことはイラク戦争を見ても明らか。

    現在はインターネットがあるからイラク戦争では内部告発などが世界に広まって嘘が暴かれたが、当時はネットなんか無いからアメリカのプロパガンダがまかり通ったまま現在に至ってしまっている
    [ 2013/08/11 11:49 ] [ 編集 ]
  365. 原作者の顔が浮かんで泣けない
    [ 2013/08/11 11:51 ] [ 編集 ]
  366. 驚愕すべきはこれが反戦映画ですら無い事
    本当はネグレクトをテーマにした作品

    平和な現代人が見れば餓死した浮浪児にショックを受けるが
    戦中組にしたら珍しくも何とも無い当たり前の事だったから
    有り触れた設定として使われた
    [ 2013/08/11 12:14 ] [ 編集 ]
  367. 外国人って純粋な人が多いのか、それともお人よしなのかw
    こんな話、敗戦時の日本ではありふれてましたわw
    つか、原作者もサヨク、作った爺もサヨクでは、泣くに泣けんわw
    [ 2013/08/11 12:15 ] [ 編集 ]
  368. 戦争は起こしてほしくはないが戦うということは生物としての本能だからな……
    殺人が無くならないように必ずいさかいは生まれるから戦争を無くすことは不可能だわな
    後はこの世界は誰かが得すれば誰かが損するように出来てる
    立場の違いが生まれれば必ず対立は起こる
    本当に戦争を無くそうとするならば人が人であることをやめること以外にはありえない
    悲しいがそれが現実
    [ 2013/08/11 12:16 ] [ 編集 ]
  369. お盆になるとアメリカ兵が全く出てこない朝鮮人出演の自虐戦争反省ドラマやるんだよね
    お国の為になんて・・・って
    [ 2013/08/11 12:16 ] [ 編集 ]
  370. 原爆もだけど空襲の方が酷いよな
    釜石なんか艦砲射撃の方が大震災の津波の死傷者より多いし
    [ 2013/08/11 12:16 ] [ 編集 ]
  371. 子供の頃観た時は、このオバさん、ひど過ぎって
    思ってたけど、大人になると今度は
    この主人公って奴は‥って思うようになる。
    ETもそうだけど、自分の子供が得体の知れない
    生物といたら、そりゃほっとけんわな。
    [ 2013/08/11 12:18 ] [ 編集 ]
  372. この映画はGWを当て込んで公開された。併映されたトトロの主人公がさつきとメイなのはそのためだ。だが俺が見たのはGW直前。四月の末の土日ぐらいで、観客は子連れが満員。

    火垂るの墓で映画館全体がどよーんとなり、「悲しい」とかを受け止められない子どもも沈んでいた。
    トトロが始まるとオープニングの可愛いミニトトロが踊るシーンに弾けるように子どもたちは反応した。その後トトロは若干中身が薄いが明るく日常を描いて、日常ではない世界もちょっぴり覗かせてファンタジーに子どもたちを包んだと思う。

    つまりこれは「陰と陽」悲劇と喜劇、能と狂言のようにセットで企画されたものなんだよ。子どもはオブラートで苦い薬を包んでやらないといけないんだ。これを単独で鑑賞するのはそうしたオブラートを取り去った薬の苦さに直面する事なんだよ。
    [ 2013/08/11 12:20 ] [ 編集 ]
  373. ※362
    >火垂るの墓の主人公はアホ
    そうだよ
    この作品は、子供は判断を誤る生き物だから
    生意気言われても大人がちゃんとみてやらないといけない
    って作品
    [ 2013/08/11 12:21 ] [ 編集 ]
  374. 中3ぐらいにテレビで見たな~。
    お母さんの最後もの姿に衝撃うけた。

    4つ上の兄がいるのだが、
    「泣くから見ない!!」と部屋に閉じこもった事を思い出す。

    妹2人いるから見たくないらしい・・・。
    [ 2013/08/11 12:27 ] [ 編集 ]
  375. あー。海外、特に、今の時代は欧米も日本に対してだいぶ見方が変わってきたね。
    第二次世界大戦後、何回も戦争経験した結果だと思う。
    自分たちのことを、長い時間がたって、客観的に見ることができるようになってきたんだよ。
    肌の色に関係なくね。
    ただ<蛍の墓>は、セイタに関してはもっとはやくに…とか、いろいろつっこみどころも多いんだけどね(^^ゞ(嫌いな映画じゃないけど)
    自分は反戦映画としては、<おこり地蔵>のほうがもっと素直に見られると思う。
    あれもヤバイ…orz涙腺大崩壊するぞ、本気で。
    レスコメ9
    ほんと、これも心から同感!アメリカ人に対しては特にね。
    [ 2013/08/11 12:31 ] [ 編集 ]
  376. >ちょっと待ってくれよ。アメリカは日本に降伏の機会を与えただろ。

    こうやって不平等条約押し付けて、植民地にしてくんだよね

    日本で納得できないならフィリピン人大虐殺でもアニメ映画化すればいいのに
    [ 2013/08/11 12:32 ] [ 編集 ]
  377. 辛い作品だってことは分かる。
    それだけに、自分は見られない。
    この作品のことだけ思いながら、毎日を過ごすことになりそうだもの。
    [ 2013/08/11 12:34 ] [ 編集 ]
  378. アメリカの戦犯正当化に対するコメが見られるけど
    フーバーやアイゼンハワーなどの大統領歴任者を始め
    原爆、民間人虐殺、開戦前の日本への経済制裁など
    米国の戦争責任を追及してる米国人は多い

    アメリカはベトナム戦争にしろ誰が本当の悪なのか見極めた方が良い
    [ 2013/08/11 12:36 ] [ 編集 ]
  379. 真珠湾攻撃は結果的に奇襲になっただけ。
    日本軍は先制布告を発信していたが、米軍が確認するのが
    遅れただけ。
    いい加減、アメちゃん達も事実を認識しろよカス
    [ 2013/08/11 12:37 ] [ 編集 ]
  380. この映画って全ての小学校で推奨してんじゃないの?
    そのとき、反戦映画だって教わったはずだよね^^
    実際に戦争を経験した世代が少なくなっていくんだから
    ちゃんとした形で後世に残していかなきゃダメじゃん

    的外れなコメント残してるおとなは
    小学5年生に言われて恥ずかしくないの?
    [ 2013/08/11 12:39 ] [ 編集 ]
  381. 原爆がなくて、天皇陛下が聖断くださなかったら本土決戦はあり得たと思う。
    ベトナムみたいに山岳戦になって日本は負けなかったと思う。
    [ 2013/08/11 12:42 ] [ 編集 ]
  382. fdsafs
    あのテーマ曲を思い出しただけで(´;ω;`)ブワッ
    [ 2013/08/11 12:43 ] [ 編集 ]
  383. ※21
    「火病るの墓」でも作れ
    [ 2013/08/11 12:45 ] [ 編集 ]
  384. あの戦争は白人に支配されるか否かの二択だった以上
    アジア人として同じシチュエーションならば
    避けられない以上また戦うしかないだろうよ。
    [ 2013/08/11 12:50 ] [ 編集 ]
  385. >ちょっと待ってくれよ。アメリカは日本に降伏の機会を与えただろ。

    日本がソ連経由で降伏に動いてるのを知って慌てた軍産複合体のロビストが
    トルーマンに、軍や共和党の反対無視して大急ぎで原爆を二発も落とさせたんだが?

    当時の連合軍総司令官で、トルーマンの次に大統領になったアイゼンハワーが
    原爆投下とロビストを批判してるだろ
    [ 2013/08/11 12:51 ] [ 編集 ]
  386. 米軍兵士が鬱になるアニメって聞いてたけど
    一般人はそうでもないみたい?
    [ 2013/08/11 12:56 ] [ 編集 ]
  387. 火垂るの墓は泣く
    今まで2、3回見たけど泣かないで見切ったことがない

    >16
    『象列車がやってきた』じゃない?
    小学生の時にやった気がする

    [ 2013/08/11 12:58 ] [ 編集 ]
  388. 後にも先にも号泣してしまった映画は、この作品だけ
    胸が苦しくなるので、もう見ないと思う
    [ 2013/08/11 13:07 ] [ 編集 ]
  389. >>21
    お前って馬鹿なのか?
    半島は尻馬に乗って加担してたじゃないか?
    ベトナムでお前等の親や先祖達は何をした?
    少しは他の民度高いアジア諸国を見習ったらどうだ?
    いつまで「謝罪と賠償を!」ってタカリ根性、卑しい民度で発狂してんの?
    事実に沿って文句言うのは馬鹿なりに滑稽で勝手だが、
    嘘吐きと捏造は許さん!
    [ 2013/08/11 13:14 ] [ 編集 ]
  390. 戦争映画というより、若くて愚かな清太の自責映像じゃないの?
    戦争の要素は、環境設定に過ぎないと思う。

    母の死を交通事故に、食料不足を不況に置き換えても成り立つし、
    劇中での清太は、一切の自由も選択肢もなく戦争に翻弄された訳じゃないし。
    [ 2013/08/11 13:16 ] [ 編集 ]
  391. とにかく泣くからと言われて初めて見たのが高1だったかな。最初から悲しくてその後のストーリーでどこで泣くのか分からなくなってしまった記憶がある。

    それから十数年経って色んな真実が見えてきたから、もう一度見直してみようかな。多分泣くとしたら悔し涙だと思うけど。

    英霊の方々に対してこんな日本になってしまって申し訳ない気持ちいっぱいです。
    [ 2013/08/11 13:22 ] [ 編集 ]
  392. これはほとんど野坂の実話だからな
    戦中の日本がどれだけ悲惨だったか俺も年配の人に聞いて知ってる
    疎開先を持たない都市部の子供は本当に酷い目にあってるし
    保護者がいなければ助け合う精神の余裕もなく見捨てられる
    繁栄は平和の中にしかなく、いかに戦争をしないかが日本の政治に求められる
    [ 2013/08/11 13:24 ] [ 編集 ]
  393. 先日イギリスの歴史研究家だか何だかが日本に来て
    「東京大空襲!? そんな事があったのか! 大虐殺じゃないか!!」とか言ってましたね
    鼻で笑うわ
    [ 2013/08/11 13:35 ] [ 編集 ]
  394. ほたるの墓に反戦要素とか無いから
    典型的なニューシネマ
    和製真夜中のカーボーイだよ
    [ 2013/08/11 13:44 ] [ 編集 ]
  395. 一度見ると辛くてOPから涙ボロボロ
    見てくても見れない…せつこぉ…
    [ 2013/08/11 13:53 ] [ 編集 ]
  396. 祖母が兄弟のほとんどが戦時中死んだってさらっとよく話す
    祖父は戦場に派兵されず馬と生き残って帰って来た
    死んでいたなら父親は生まれていなかっただろう

    子供の頃、戦争は他人事だと思っていたが、それは間違いだった。
    [ 2013/08/11 14:01 ] [ 編集 ]
  397. 最近のネットには未だに第二次世界大戦を終わらせていない人が多くてびっくりする
    論理じゃなくて感情で話してんのな
    [ 2013/08/11 14:06 ] [ 編集 ]




  398.    ■ ちょっと待ってくれよ。アメリカは日本に降伏の機会を与えただろ。
         彼らがハッタリをかます事に命を賭けたのは、俺達のせいじゃない。 アメリカ
    [ 2013/08/11 14:10 ] [ 編集 ]
  399. 予告見ただけでくるね
    [ 2013/08/11 14:10 ] [ 編集 ]
  400.          
    もう亡くなったおばあちゃんに聞いたことがある
    「当時は生きていくだけで精一杯意だったんだよ」
    「軍隊も無いところに爆弾を落としてきて一生懸命逃げるしか無かったんだよ」と話しを聞いた。
    家族を守るために乗り気ではない結婚をして、当時の家族を必死に守ったうちのおばあちゃんの話だよ
    [ 2013/08/11 14:11 ] [ 編集 ]
  401. 清太君が我を張らずに組合に入れば食物支給してもらえたんだよ
    小さな妹の節子の事をもう少し考えて欲しかった
    [ 2013/08/11 14:16 ] [ 編集 ]
  402. これの野坂氏の実体験が元になってんだろ。もっとも話と違って自分は生き延びてしまったんだけど。その自責の念が清太を死なせたんだろうけど。
    [ 2013/08/11 14:25 ] [ 編集 ]
  403. ※398 
     >最近のネットには未だに第二次世界大戦を終わらせていない人が 多くて~

    隣国がぎゃーぎゃー喚いて、またそれをメディアがそれを煽るし、終わったことにさせてくれないわな。
    何より、メディアの情報工作があったことが分かった以上、いくら日本人でも怒るんじゃね?

     >論理じゃなくて感情で話してんのな
    両方の手段で皆と意識共有してるんじゃないか。ここは会議室か?


    [ 2013/08/11 14:25 ] [ 編集 ]
  404. ジプリの作品というより、野坂昭如の作品だわな。

    野坂昭如は右側の人間だ。

    中国人や韓国人はこの作品を見て、ざまあみろとしか感じないだろう。

    教育というものはやはり重要だ。

    中韓と和解するためには、反日教育の問題が条件だわな。
    [ 2013/08/11 14:28 ] [ 編集 ]
  405. ※89
    漫画版は滝田ゆう氏が描いた。
    声高に主張するジブリ版のアニメより
    現実を静かにプロットする悲しみがあって傑作だったよ。
    [ 2013/08/11 14:32 ] [ 編集 ]
  406. 終戦まで大陸に105万、満州に66万の日本陸軍の半分以上を〆る大軍団が組織的軍事行動をとれ、オランダ領インドシナに23万、フランス領インドシナに10万、終戦時まで組織的軍事行動がとれ、戦後の現地独立運動に武器弾薬活用され軍事的影響度が極めて高い歴史がありながら。原爆を都市部に落としたのは正しいという、アジアに展開している日本軍をスルーしといて。

    陸海あわせてアジアに展開している330万の大軍団を攻撃せずに非戦闘員の民間人を狙った無差別焼さつ空襲が戦争を早く終わらせるために必要、原爆の優先度が大陸、満州、オランダ領インドシナ、フランス領インドシナの現地日本軍<都市部の女子供。狂った独裁者の裁決じゃなく民主主義に則した民意が選んだ結果が。戦争を早く終わらせるには軍人より民間人を焼きころす、放火さつ人魔が。
    [ 2013/08/11 15:04 ] [ 編集 ]
  407. ※27に分からん言葉が入ってるなw
    [ 2013/08/11 15:17 ] [ 編集 ]
  408. ※382
    >ベトナムみたいに山岳戦になって日本は負けなかったと思う。

    ベトナム市民が地面に穴掘って地下で活動してたのは、日本の原爆被害から学んだんだと思う
    ベトナムが負けなかったのは大人のアメリカ人じゃ入れないような穴から入り地下に隠れてたからだと思う


    アメリカは嫌いだな、戦後の朝鮮人の蛮行や国民への言論統制と弾圧、
    どこの馬の骨か分からない政治家、在日目線のマスコミ、半島の捏造の歴史と反日、日本をATMのように使い今はTPP。
    [ 2013/08/11 15:33 ] [ 編集 ]
  409.  
    戦争だからね
    原爆じゃなくても戦争してる国ならどこでも誰かが亡くなる
    それなのに戦争してるし
    国に命令されたら軍人は行くしかない

    全部政治家が悪いんだけどなぜか国のせいになる
    [ 2013/08/11 15:40 ] [ 編集 ]
  410. *ホルスとか赤毛のアンとか見ろや
    伊達に大御所扱いされてるわけではないぞ
    [ 2013/08/11 15:46 ] [ 編集 ]
  411. ここの日本人の米欄に
    『アメリカは酷い』とかアメリカ人のコメント(パールハーバー)に対して言い返してる人たちの多さに正直引いたわ。

    中韓の反日と一緒なことしてるじゃん。

    大切なのはどっちの国が悪いかじゃなくて戦争の愚かさを学ぶことなのに。。。
    [ 2013/08/11 15:52 ] [ 編集 ]
  412. 今でも戦争があって、節子が何処かの国にいる事実が悲しい
    [ 2013/08/11 16:01 ] [ 編集 ]
  413. 管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    [ 2013/08/11 16:13 ] [ 編集 ]
  414. この作品がとなりのトトロと同時上映だったってのが一番の衝撃だな

    家族連れで映画観に来た客はどんな気持ちで映画館後にしたのやら
    [ 2013/08/11 16:14 ] [ 編集 ]
  415. 戦争で兄妹が死んだという奴は映画を千回見直してこい。映画には描かれなかったがあの兄妹の家庭は元々裕福、父親は軍人で品行方すぎる性格だったのだったらしく兄の方は潔癖症。だから戦火の中で卑しくもたくましく生き抜こうとする親戚家族が大嫌いだった。それで家を出た。その結果妹を失い自分も命を落とした。それだけの話だから。
    [ 2013/08/11 16:19 ] [ 編集 ]
  416. 戦争は決してなくならない。人間の愚かさゆえに。
    戦争をできるだけ避けるべきで、そのために軍備も外交もある。国力の全ての面が何らかの意味を持つ。
    国民一人一人が正しくあろうと日々努力を積み重ねるべき意義がそこにある。
    あの時一人一人がもう少しふざけたことに目を奪われてなくて真面目に国の行く末に思いを馳せていれば・・・と戦争になってから思ってみても始まらないのだ。
    [ 2013/08/11 16:28 ] [ 編集 ]
  417. そもそもアメさん宅の子達は真珠湾の経緯もロクに教育されてないからねー
    ただ、それを差し引いても「軍人が犠牲になった」真珠湾と
    「民間人が犠牲になった」大空襲・原爆を同列に考えるのはどーよ
    [ 2013/08/11 16:30 ] [ 編集 ]
  418. この映画、アメリカって単語があんまし出てこない(もしかしたら一回も)
    アメリカを糾弾する映画じゃないんで当たり前だが、そういうとこ気を使っている気がする
    だからアメリカ人が見ても、映画を素直にとらえ、兄弟の境遇や悲惨な末路に涙を流すことが出来る。
    結構よくできてるんよ
    [ 2013/08/11 16:30 ] [ 編集 ]
  419. サクマドロップをよく食べてたんだけど
    子供の頃映画館で観て以来
    ドロップ缶の中身が人骨のカケラに思えてしまい
    食べられなくなった

    小学生のとき原爆資料館に社会見学に行き
    ばんごはんにハンバーグが出されたショックをセットで覚えている

    しかし今ではもうどちらも克服したよ
    [ 2013/08/11 16:31 ] [ 編集 ]
  420. ※416 戦争で兄妹が死んだという奴は映画を千回見直してこい

    ??なんで怒ってるの?
    誰に言ってるの?

    貴方のいう該当者は70歳越えてるよ?
    何か見える人なの?

    [ 2013/08/11 16:34 ] [ 編集 ]
  421. 世界一我慢強い国民
    それに刀を抜かせた
    戦勝国は自分らがクリエイトした戦勝国史観を洗い直したらどうだ?マジで
    そしたら人類平和の真実が見えるだろう
    [ 2013/08/11 16:34 ] [ 編集 ]
  422. >412
    そうはいうが、アメが戦争に進ませるために経済封鎖や戦時中の禁止されている一般市民への虐殺などは教えていないんだよ。
    事実とともにデータを見せたらアメさんの友人は怒っていた。
    けど、恨む気持ちはないって伝えたらビックリしてた。
    あなたが思うように中華や朝鮮のように怨みつらみで生きていくのは嫌だし、震災時にも駆けつけてくれた事を感謝してるって言ったら泣き出したんでこっちが困惑したよ。
    [ 2013/08/11 16:35 ] [ 編集 ]
  423. ※420
    茨城の霞ヶ浦に予科練記念館がある
    若いとき彼女と二人で行って二人とも泣いた
    日記がある
    十代の若者がふざけたりはつらつと漫画なんかも書いてて今とかわんない
    戦後のコンビニ生活しながら戦争反対を謳う偽善平和人間が言う屁理屈はそこにはない
    ただ母のため兄弟のため家族のため国を守るため清々しいほどまっすぐ自然な十代だったよ
    [ 2013/08/11 16:41 ] [ 編集 ]
  424. 戦争では民間人も死ぬ、そんなことも知らない奴が多いことに引く
    [ 2013/08/11 16:44 ] [ 編集 ]
  425. 戦争を否定する自分に酔っちゃってる人が多く見受けられるなあ
    主題は「人との関係を築けない人間の末路」だろうに
    決して戦時中だから、半世紀以上昔だからあり得たという話ではない
    [ 2013/08/11 16:45 ] [ 編集 ]
  426. 実際アメリカは世界中で嫌われてる
    他国に介入しわざわざ戦争を起こさせて金儲けしてきたのをみんな知ってるから
    アメリカの歴史自体ひところしまくり侵略しまくりのだから世界中からDQN扱いされてるんでね?
    日本人だけだよ犬のように絶対追従してるのは
    [ 2013/08/11 16:45 ] [ 編集 ]
  427. 著作権も守れないで日本人名乗ってる人なんなの?
    [ 2013/08/11 16:48 ] [ 編集 ]
  428. >ちょっと待ってくれよ。アメリカは日本に降伏の機会を与えただろ。
    >彼らがハッタリをかます事に命を賭けたのは、俺達のせいじゃない。

    残念ながら日本が何度も打診している和平交渉を米国は全てカイロ宣言を盾に断っている。だからこそ日本はソ連を仲介にして和平の道を模索していたわけで。
    ま、ソ連も入ってたポツダム会談を日本政府が知るのは戦後だし、スパイ外交に関して日本はまったく駄目なんだなぁということがよくわかる。
    [ 2013/08/11 16:50 ] [ 編集 ]
  429. 戦争に行かなかった昭和一桁の最後あたりの世代から団塊くらいまではくるくるぱーじゃえ?
    よく例えに出されるけど、韓国の反日教育とまったく同じくらい自虐洗脳がひどい。幼少期の精神疾患と同じくらい治りにくい。
    戦争=日本は悪い教育=思考停止の無限ループ
    何も客観的にとらえられないんじゃ?
    だから在日暴れまくりのこんな日本になったわけで
    [ 2013/08/11 16:52 ] [ 編集 ]
  430. アメリカの都合のいい歴史になってることに気づかない
    ばかたれ世代wwwwwwwwww

    調べろよハゲ
    [ 2013/08/11 16:54 ] [ 編集 ]
  431. >316
    >アメリカがアメリカがーっって大声で喚いたって
    >戦争を仕掛けたのは大日本帝国だし、本土爆撃される前に降伏することだってできた。

    捏造された歴史に事実を持って抗議する行為を、中朝人がやるような責任転嫁と一緒にするのはおかしいと思います。
    それに、戦争を仕掛けたのはアメリカであって日本ではありません。
    近年、中国国内において日本企業をターゲットにした略奪破壊行為を見てどう思いますか?
    何度話し合おうとしても、何度取り締まるように要請しても、相手が聞く耳を持たなければ戦うしかないのです。

    それでもあなたは、日本人は略奪虐さつされておけばいいのだと考えますか?

    >337
    >宣戦布告前に攻撃始めたことは間違いないからね?

    情報公開法によって既に公開済みですよ?
    アメリカが故意に日本からの宣戦布告を受け取らないように工作していた事は。
    全てを手放し奴隷になるか死ぬかを迫られた時に、戦いを選んだ日本が愚かであったとお考えなのでしょうか?
    私は当時の人達を間違っていたと非難する気にはなれません。
    [ 2013/08/11 16:55 ] [ 編集 ]
  432. ※407
    それをテロ行為と言う。
    現在アメリカがテロ云々言うのがチャンチャラおかしいわ。
    [ 2013/08/11 16:55 ] [ 編集 ]
  433. 時間軸を追って日付見ただけでもよくわかる

    ポツダム会談
    ソ連進軍
    原爆投下(人体実験にプロトニウムとウランの2種類使用)

    なーにが戦争を早く終わらすためだよ
    開戦前から原爆投下を計画してるじゃん12発だっけ?
    日本人バカス
    [ 2013/08/11 16:58 ] [ 編集 ]
  434. こういうところに左翼・朝鮮人が必ず湧くのがおもしろい
    南京大虐殺や従軍慰安婦が日本国内から発祥してるもうなずけるwwwww
    どのみち米国が工作したんだろう一番の利益者だからな
    [ 2013/08/11 17:01 ] [ 編集 ]
  435. お前が悪い!こっちは悪くない!と善悪でしか物事を語れないド大衆()と戦争の話をしても時間の無駄
    おそらく現地の悲惨さも、兵学の一つも、何も知らんのだろな
    [ 2013/08/11 17:05 ] [ 編集 ]
  436. >>432
    同意しとく
    本読まないやつ大杉
    米国の機密文書期限が切れて、当時携わった米軍部の要人が書いてる書籍とかいくつもある。
    未だ自虐アホな日本人自身がyoutubeで奇襲したとか言ってるのみると吐き気がする
    平和を願うなら真相を正しく把握しろってんだ使えねーえせ平和日本人が
    [ 2013/08/11 17:07 ] [ 編集 ]
  437. 「終戦のエンペラー」はアメリカはわりと公平に描いてると思うよ
    [ 2013/08/11 17:13 ] [ 編集 ]
  438. >>27
    オルグ

    百獣戦隊ガオレンジャー?
    [ 2013/08/11 17:14 ] [ 編集 ]
  439. 戦争はしてはいけない。
    [ 2013/08/11 17:15 ] [ 編集 ]
  440. ※438
    ありがと図書館にあった読んでみます!!(・o・)ノ
    [ 2013/08/11 17:16 ] [ 編集 ]
  441. アメリカを責めない(イカレた奴らだとは思う)=自虐
    という短絡思考は、どこを押せば出てくるんだ?
    さては政治がクリーンだと思ってる、お目出度い人か?
    [ 2013/08/11 17:18 ] [ 編集 ]
  442. 妹いないが、このアニメ泣くわ
    [ 2013/08/11 17:19 ] [ 編集 ]
  443. ■ 戦争中、軍人同士が命を奪い合うのはまだ分かる。それが正しいんだろう。
      だけど一般市民の上に爆弾を落とすなんてことはやっぱ違うだろ。 カナダ


    これ普通の人間の感覚だよね
    [ 2013/08/11 17:21 ] [ 編集 ]
  444. 普通の人間というか、
    歴史を知らない人
    戦時における人の業から目を背ける人

    の感覚
    [ 2013/08/11 17:23 ] [ 編集 ]
  445. >>412
    国内事情や反日利権が目的でやってる国と違うから別ものじゃ?
    日米はくんずほぐれつの同盟で日本人があえて言うのも一行を投げかける。自ら中韓と一緒にしたらディスカッションの短所すら折れちまうべ。
    [ 2013/08/11 17:27 ] [ 編集 ]
  446. ・野坂はこれを書いた時、もはや売れっ子作家で編集者に急かされて「この原作」を喫茶店で小一時間で書き上げた(筒井か誰かのエッセイで読んだ記憶がある

    ・「火垂るの墓」の試写会の途中で野坂は嗚咽して途中退席

    ・2作上映、前半トトロ・後半火垂る、だったから逆だったらまだしも、救いようのない結末。映画館では腰が抜けて立てなくなった親子連れがいっぱいいたらしい

    とか昔、誰かに聞いたな
    [ 2013/08/11 17:32 ] [ 編集 ]
  447. そう、トトロと同時上映。火垂るの墓のあのエンディングの後、だいたい15分か30分くらいの休憩を経て、涙と嗚咽が漸く収まりつつあったであろう映画館の中で、トトロのオープニングである「散歩」が流れ出す。想像しただけでもカオスな展開だな。まだ涙が収まらない人もいただろうに、散歩のテンションだとビックリするだろ。
    1988年の夏は、戦争とお化けの映画だった。
    [ 2013/08/11 17:40 ] [ 編集 ]
  448. トトロみて、ほたるの墓見て悲しくて、またとトトロみて、帰ったあの日

    おお、短歌になっとるwww
    [ 2013/08/11 17:47 ] [ 編集 ]
  449. まあ好き好んで見たい映画じゃないよな。
    でも日本人なら一生に一度は見るべき映画だ。
    [ 2013/08/11 17:47 ] [ 編集 ]
  450. 423
    語弊を招く言い方かもしれないが、『恨む気持ちはないよ』って言うのは自分がアメリカを責めることを正当化しているだけに感じます。自分が言いたいのは素晴らしい映画なのにちょっと目先を変えるだけでステレオタイプを助長してしまっているという事。歴史の整合性などではなく、そういった意味で反日と一緒だと感じました。
    [ 2013/08/11 18:08 ] [ 編集 ]
  451. 戦争って事なんだよな
    日本にもアメリカにも言い分があってさ
    アメリカ人は原爆は正しかったって言う人が殆どだけど
    そういう教育を受けたからで・・・
    [ 2013/08/11 18:23 ] [ 編集 ]
  452. ※68
    えっ アメ公はハルノート知らないの? じゃコミンテルンも知らないの?
    めでてーやつらだな  田母神閣下の動画見て勉強しろやカス
    [ 2013/08/11 18:24 ] [ 編集 ]
  453. 反戦映画はどうしてもどっちが悪いってなるのがナンだな
    [ 2013/08/11 18:42 ] [ 編集 ]
  454. 高橋氏はなんでこれを「反戦アニメではない」なんて言うんだ?
    なんで小難しく解釈してほしがるんだろう。

    この映画見たあとマジで戦争について考えさせられるんだよ。
    反戦映画として十分なメッセージを秘めてると思うぞこれ。

    [ 2013/08/11 18:56 ] [ 編集 ]
  455. ※1は消して欲しい。その後でこのコメも消して下さい。
    俺が言いたいのは一言。
    「明治のはじめに、関西に首都が置かれていたらあんな無謀な戦争は起こっていない。」


    [ 2013/08/11 18:57 ] [ 編集 ]
  456. ちゃんと世界に伝わってるんだなぁ…
    [ 2013/08/11 18:59 ] [ 編集 ]
  457. 戦争に軍人も民間人もないぜ。有史以来な。歴史おさらいしてみろよ。
    聖戦なんてねーから。人間が進化してると思う人は、そのまま進化して
    どうぞ

    あれはどんな素晴らしい結果が現れようが基本的には忌むべき凶事。
    避けられない時や一旦始まってしまったもんは、やらなしゃーないから
    最小限の被害かつ即行で終わらせるために兵法、兵学、軍学などがある

    大人になるということは包丁との付き合い方を知るとうことだからな

    自分に言わせれば無くならないからと言って
    戦争にルールを設ける方が危険な発想だわ。
    選挙みればわかるだろ。ただの権力争いなのにルール化しちまったから
    国政そっちのけでやってたりする。長文すまん
    [ 2013/08/11 19:07 ] [ 編集 ]
  458.  
    これって働かない兄ちゃんの話じゃなかったっけ?
    反戦映画というより反ニート映画だよ
    [ 2013/08/11 19:07 ] [ 編集 ]
  459. 231
    ほんと・・・全てを習って知ってるのって日本人だけなんじゃないかとすら思うわ

    アメリカも中国も、韓国もイギリスも自国の汚い過去は徹底的に隠して知ろうともしない
    [ 2013/08/11 19:17 ] [ 編集 ]
  460. 韓国では、日本人が被害者として描かれているから極右映画だとして放映禁止です。
    [ 2013/08/11 19:36 ] [ 編集 ]
  461. 節子!それドロップやない!ハジキや!
    [ 2013/08/11 19:38 ] [ 編集 ]
  462. うしろの正面だあれ、も大人になってから見ると違う感慨があるなあ
    あれは海外では知名度が無いけど
    一応、カヨコズダイアリーって名前であるのかな
    あれは蛍に比べてもまったく毒は無いけど
    [ 2013/08/11 19:45 ] [ 編集 ]
  463. この作品に泣いた。
    著者の実際はどうとか、アメリカや日本がどうとか、
    そういう話はどうでもよかった。
    戦争は本当にしてはならないと思う。
    [ 2013/08/11 19:52 ] [ 編集 ]
  464. このアニメはもう何回も見ているのに、
    このトレイラーを見て、また、涙ぐんでしまった。

    幼い兄がもっと幼い妹を護るため必死で生きる姿がいじらしすぎる。
    これと同じ映像を、かつてベトナム戦争のルポやアフリカの写真で見たことがある。
    自分の命が危ないのに、明日食べる食糧もないのに、幼いきょうだいを気遣う、幼い年上の子供の光景は全くこの蛍の墓と重なって、同じ感情を抱かせた。
    この感情は世界共通だと思う。
    この悲劇をもたらしたアメリカ人も、悲惨な極限状態の中でも強く生きようとする
    このいじらしい兄妹愛に心打たれる。

    だから戦争は止めようとみんなが思う。
    だけど、戦争をすることで利益を得る邪悪な誰かがまた戦争を正当化する。
    必要もなく、したくもなかったアメリカとの戦争に引きずり込まれた大東亜戦争も
    そうして起こった。
    そして勝敗は決しているので、もはや必要のない、日本全土の都市への無差別空襲が行われたのがこのアニメの背景だ。

    アメリカの一般市民に罪はない。
    その背後に居る『誰か』を強烈に憎む。


    [ 2013/08/11 19:52 ] [ 編集 ]
  465. あまり知られてないようですが
    1945年8月15日0時23分埼玉県熊谷市が空襲されました ふざけた話です 自分は女でありながらスピルチアルなものに対して常日頃「ケッ」という態度なんですが 星川通りの醸し出すものには厳かな気持ちになります
    [ 2013/08/11 19:55 ] [ 編集 ]
  466. この作品をみて、家族や子供が幸せに
    生きられる日常って大切だと思う。
    戦争をなくすには、どうしたらいいんだろうね。
    悲しい。
    [ 2013/08/11 19:57 ] [ 編集 ]
  467. 中韓とアジア同士で争う事に欧米の作為を感じてしまうんだ。
    対立の構図は巧妙に隠されているのかも知れないけど、現実に日本の政治改革に目を向けるべき事態にあるはずなのに、政治のトップはアメリカ人ではない、日本人であって我々の代表であるべき人間ではないか。かつてないほどの現実との乖離が危機感を抱かせている。口出しも出来ない政治の言いなりにはなりたくない。国を守るには別の方法があると思いたい。
    [ 2013/08/11 19:58 ] [ 編集 ]
  468. それでも戦わなければいけない時が来る。日本は座して死するよりはって状態にさせられたんだ。絶対に手出しできないように軍備を増強すべきだ。
    [ 2013/08/11 19:59 ] [ 編集 ]
  469. ※462
    泣かすな~っ!!  晩酌中に想いだしてしもたわ(ボタボタ泣き!
    ついでに、上でも書いてる 「 それでも花子は芸を止めなかった!」 の二つで・・
    ワイは国家権力に無差別に殴りこみかけたくなるのはワシだけか???
    [ 2013/08/11 20:02 ] [ 編集 ]
  470. 昭和天皇という人に見て欲しかったね
    [ 2013/08/11 20:03 ] [ 編集 ]
  471. ※462
    あんた、罪な人どすえ・・・・・泣
    [ 2013/08/11 20:07 ] [ 編集 ]
  472. ※462  今からtutayaに行ってくるよオニイチャン。
    [ 2013/08/11 20:12 ] [ 編集 ]
  473. 正確には反戦でも反米でもないんだけどなこの映画
    監督もそう述べている。
    人は社会から離れては生きていけないんだよって話
    [ 2013/08/11 20:21 ] [ 編集 ]
  474.  
    ※471
    見てもらってどうするの?
    見た後に泣いて土下座して謝れと言いたいの?
    あの戦争は日本政府が決めて日本国民が後押しした戦争であり天皇陛下が望んで行なった戦争ではないんだよ。
    [ 2013/08/11 20:24 ] [ 編集 ]
  475. ※466さん
    8月15日。大分県日田市〇〇町では空襲の延焼のために家を間引きして壊されました。
    その家の子はビルマで戦死、戦時動員で栄養失調で引き取り後死亡。
    親父さんはその後、物言わなくなり日本国に「税金」を払わなくて亡くなりました。
    [ 2013/08/11 20:28 ] [ 編集 ]
  476. これは戦争のどの国が悪いどうこうじゃなくて
    単に無力な兄が妹の為に何も出来なくて
    妹が可哀相なのが泣けてくる
    [ 2013/08/11 20:28 ] [ 編集 ]
  477. ※475
    物事には必ず責任者がいますえ。
    [ 2013/08/11 20:34 ] [ 編集 ]
  478. >471
    釣り針おっきいなwww
    [ 2013/08/11 20:43 ] [ 編集 ]
  479. ※42
    子供時代は女の方が丈夫なんだわ。

    ※468
    中韓は昔から変わらない。日本と仲良かったのはここ1000年で最近だけ。中は腐敗による弱体、分裂が原因で何回も国家が壊れてる。欧米というより今回もその時期がきただけ。間接的にアメの弱体化が効いているのはあるけど。
    [ 2013/08/11 20:48 ] [ 編集 ]
  480. ※478
    恐ろしく単純な割り切りで判断してるのね・・・
    ちょっと、幼稚っぽいね。
    [ 2013/08/11 20:48 ] [ 編集 ]
  481. 論理的ね
    [ 2013/08/11 20:54 ] [ 編集 ]
  482. これは見てからもう10年近く見てないな。やっててもみたくなかったわ
    色々言い争ってるが、戦争の悲惨さを知ってくれればそれで良いと思うよ。同じ様な苦しみは世界中で起きてる。日本だけが苦しい思いをしてるわけじゃない。だから世の中の下らない争いを無くそうってだけのシンプルな話だ。
    [ 2013/08/11 20:58 ] [ 編集 ]
  483. 昔、予備知識無しで、たまたまTV放映を観てしまった…。

    自分にも妹がいるので「ちゃんと妹を守れよバカ兄っ!」と泣きながら観た。
    独り暮らしなのでアニメで号泣してる姿を家族に晒さずにすんだのがせめてもの救い。
    しかし、それ以来このアニメを観ることは出来ない。

    ただ現実の自分は未だ駄目兄ちゃんだ。
    [ 2013/08/11 21:06 ] [ 編集 ]
  484. 一度は見るべきだな
    二度は見たくないが
    [ 2013/08/11 21:17 ] [ 編集 ]
  485. 一般的なアメリカ人は、さすがに原爆は知ってるけど
    東京大空襲で民間人が10万人死んだとか知らないからな。
    [ 2013/08/11 21:21 ] [ 編集 ]
  486. この映画に感動した海外の人たちが
    このスレ見たら呆れるだろうな。
    [ 2013/08/11 21:28 ] [ 編集 ]
  487. これは純粋な反戦で反米の映画じゃないよ。現代日本人は現代に生きる日本人であり、あの時代への怨念などないからアメリカ人は誤解しないで欲しい。あの時代の日本国民の多くは不幸にも戦争によって、現代人の想像を絶する失意と慟哭を経験した。この映画が語りたいのはただそれだけだと思うわ・・・
    [ 2013/08/11 21:28 ] [ 編集 ]
  488. ※483
    あんた職場で浮いてる、無視されてる人種だね。
    ウダウダ言いなさんな、こんなとこだけ出てくるやな奴。
    会社では受傷一歩手前でしょ。気を付けなさい。実際やった人数人いるけどさ。
    [ 2013/08/11 21:29 ] [ 編集 ]
  489. で、イラン・イラク・シリアをのことをどう思うの?
    てことでしょ。

    涙・涙なんて感動するだけでは意味がない。
    同じようなこと、それ以上のことが今現在起きているのに何もしないの?

    この映画は傑作だよ。
    でもそれに涙して「心やさしい俺!」なんて浸ってるだけじゃね…

    もしこの映画を見てこの兄妹を助けたいと感じたなら、
    現実に今助けられる命があることにまで想像をふくらまして欲しいな。
    [ 2013/08/11 21:32 ] [ 編集 ]
  490. この映画はなぁ・・
    戦争は人を狂わせる、戦争は人を不幸にするっていうのをわかりやすく描いてる映画だからな・・
    ぶっちゃけどこが悪いとかそういう意図ではないからアメリカ人も怒る必要も焦る必要もない
    ただ、戦争は悲劇を生むって事を描いてるだけなんだよ
    [ 2013/08/11 21:32 ] [ 編集 ]
  491. 窮鼠猫を噛む。
    ABCD包囲網によって当時の日本は植民地化の瀬戸際にあり、窮鼠だった。
    降伏条件の刷り合わせが可能であったなら、日本には早期降伏の道もあっただろうがそれも叶わない。
    そして交戦規定で民間人を攻撃してはならないとされていたにもかかわらず、無差別爆撃が起こる。
    食料もわずかで攻撃に曝され、明日をも知れない不安の中では人心は荒む。
    生きるためには盗むし、盗まれたほうは警戒して排他的になる。
    心の平穏があれば、劇中の叔母さんでさえこんな風ではなかったのかもしれない。
    戦争、民間人攻撃がいかに悲惨な事態を招くのか、それを如実に示すからこんなにも心を抉るのだろう。
    正しければなんでもありという傲慢の元に行われる戦争が消滅することを願うばかりだ。
    [ 2013/08/11 21:39 ] [ 編集 ]
  492. 同じ映画を見ても「戦犯国のくせに被害者ぶるな!謝罪しろ」ってなる人たちも居る。

    映画って本当に面白いですね。
    [ 2013/08/11 21:43 ] [ 編集 ]
  493. 「戦争はするな」ってだけの事
    そんな簡単な、たった一行で済むようなことなのに、人類はいまだそれさえも果たせていない
    いつまで経っても白黒白黒・・・

    ・・・そういや「喧嘩両成敗」ってどういう意味だったけね
    [ 2013/08/11 22:06 ] [ 編集 ]
  494. ※493
    なんの意図があるのか分からへんけどさ、
    戦争も行ってない中途半端な下戸のじいちゃん(自民)がなんで100以上コメるの。
    もうお休みの時間でしょ。 偉そうに低レベルでウザイですえ。
    [ 2013/08/11 22:14 ] [ 編集 ]
  495. トラウマ映画の代表
    もう二度と見ることはないな
    良い悪いじゃなくてもう見たくないわ火垂るの墓は
    [ 2013/08/11 22:15 ] [ 編集 ]
  496. アメリカを責める外国人が必ず現れるが、日本人の大半はアメリカを憎んじゃいない。だから勝手にアメリカ人に火をつけないでくれ。
    [ 2013/08/11 22:16 ] [ 編集 ]
  497. 糞喰いチョンは奴隷
    [ 2013/08/11 22:17 ] [ 編集 ]
  498. 高畑さんは本当にすごいアニメーション映画監督
    宮崎さんもアニメーター出身の画力のすごい監督さんだけど
    今年はトトロ・火垂の墓以来の高畑・宮崎両監督の映画が同年公開の年で嬉しい
    あと何年、日本人は良質な国産映画を見ることが出来るんだろう。
    [ 2013/08/11 22:23 ] [ 編集 ]
  499. 286
    「リアルに酒がまずく感じたのは後にも先にもその一回だけだ。」

    そうか2度目からは飲めるのか・・・
    (見る時は飲まないって事が言いたいんだろうけど誤解を招くと思う)
    [ 2013/08/11 22:28 ] [ 編集 ]
  500. 蛍の墓は結構小さい時に見たから殆ど内容を覚えて無い
     (覚えてるのは「飴」と「鯉」・「兄妹で生活」ぐらい)
    この時は泣かなかったな・・・何でだろ・・・

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    如何でも良いけど
    個人的には「ウルOラマン ネクサス」の1話の方がトラウマだった
    むしろそっち系の方のが弱いみたい・・・
    [ 2013/08/11 22:34 ] [ 編集 ]
  501. >俺は全部叔母さんが悪いと思ってる。全部あの外道のせいだよ。

    叔母さんの立場で考えるとあの言動は至極まっとうなように思う。
    [ 2013/08/11 22:41 ] [ 編集 ]
  502. 高畑はもっと評価されてもいいと思うけどな。
    [ 2013/08/11 22:58 ] [ 編集 ]
  503. 右翼だのなんだのとコメントしている方にレスしたいのですがね

    この戦争の発端は確かに日本であって真珠湾攻撃がいけなかったのだと
    いう認識は大半の日本人が出来ているはずなんだ
    でもアメリカはそれ以上のことをしてしまったということも
    忘れちゃいけない
    そして火垂るの墓で訴えられているのは「どちらが悪い」ではなく
    「戦争が悪い」ということだってちゃんと認識し直そうか

    日本がアメリカがなんて言ってたら結局この頃の軍人と大差ないじゃないか
    [ 2013/08/11 23:12 ] [ 編集 ]
  504. 国や文化が違っても、こういう作品を観て悲しいとか涙するって感情が同じなんだな。
    当たり前なのかもしれんが、少し新鮮
    [ 2013/08/11 23:14 ] [ 編集 ]
  505. 大人の喧嘩に子供を巻き込むなって事だな。
    [ 2013/08/11 23:29 ] [ 編集 ]
  506. はぁ?何被害者ぶってんの?
    お前が悪行をしまくったから神の天罰が下っただけだ!!

    [ 2013/08/11 23:30 ] [ 編集 ]
  507. ヤバイ
    動画観ただけで涙が止まらない
    [ 2013/08/11 23:34 ] [ 編集 ]
  508. 当時の原作者のインタビュー読んだかい?

    「実際は、いつもピーピー泣くからうるさくてぶん殴ってたら死んだんですけどねww」

    もちろん真偽のほどは分からんがな
    [ 2013/08/11 23:40 ] [ 編集 ]
  509. ドイツやフランスの住宅地を無差別絨毯爆撃したイギリスが
    アメリカの日本爆撃を非難するのってなんだかなあ。

    「なんでもナチのせい」は昔からあったけど、
    最近親米国人の間に「アメリカを批判しとけばリベラル」
    「アメリカを批判しとけば愛国的」ってのが流行ってる気がする。
    やられた事は忘れないけど、やった事は忘れるんだよね人間って。
    してあげた事は忘れないけど、してもらった事は忘れるんだよね人間って。
    [ 2013/08/11 23:41 ] [ 編集 ]
  510. もう何度も見たが、見る前にこんなに勇気がいる作品は他にないなぁ。
    [ 2013/08/11 23:54 ] [ 編集 ]

  511. ※507

    お前がチョーセンジンに生まれたのは何の罰だ?w
    [ 2013/08/11 23:57 ] [ 編集 ]
  512. 子供の頃は私もおばさんが一番酷い人間だって思ってたけど
    他の人が言ってるように
    大人になってからはおばさんの行動も理解できてしまう
    極限状態では守るべきものに順位を付けてしまうだろうしとか

    一応物語になってるからあれなんだけど、現実は一時的でも頼れる親類が居たっていうのはまだラッキーな方だったんじゃないかなぁ?一族全滅とか当たり前にあったとか聞いたし
    なんにせよ戦争無いほうがいいよね

    近所の国が暴走しませんように(。-人-。)
    [ 2013/08/12 00:00 ] [ 編集 ]
  513. アメリカ人の正義面には反吐が出る
    まるで自分たちに一つも非がないみたいじゃないか
    [ 2013/08/12 00:02 ] [ 編集 ]
  514. 原作者的には戦時中に邪険にして死なせてしまった幼い妹への懺悔として書いた作品なんだよなあ
    [ 2013/08/12 00:07 ] [ 編集 ]
  515. この映画、精神的にきついから過去に一回しか見てないわ。
    おはじきドロ団子を食ったりしてる所がトラウマになった。

    ある程度大人になれば、
    「泥水すすっても生き残った方が勝ち」
    ってのがわかるんだけど、清太君の年齢じゃ分からないよなあ。
    かわいそうに。とにかくひもじいのは嫌だよ。
    [ 2013/08/12 00:08 ] [ 編集 ]
  516. 子供の頃は、おばさんが鬼にしか思えなかったけど大人になり人生の不条理さも知るようになって、食べるのに必死で生き残るのさえも必死だった時代に我が子可愛さに我が子の食と命を優先させたいと思うのは仕方ないことなんだと思うようになったわ。
    [ 2013/08/12 00:11 ] [ 編集 ]
  517. おばさん嫌われてるが人間あんなもんだろ
    人間は満たされてる時はなりたい自分を演じる余裕があるが追い詰められるとそんな余裕は無くなる

    危機的状況でその人間の本質は試される
    震災の時も被災地がミネラルウォーターを必要としてるのに買いだめ酷かっただろ
    買い込んでんの殆ど団塊だったけど
    [ 2013/08/12 00:21 ] [ 編集 ]
  518. 原爆で溶けた人が歩いてるのとか焼夷爆撃で街ごと人が焼けていくところとかショッキングすぎて永遠に映像化なんてされないだろうな
    [ 2013/08/12 00:26 ] [ 編集 ]
  519. 何度か見ました。
    見るときは、見れる精神状態か、見終わった時ゆっくり時間があるか、
    ちゃんと自身の状態を考えて見る様にしています。

    ※1坊やは、恥ずかしい子供だねー
    ママに甘えておいで。
    大人の居る場所に来るのはまだ早いよ。
    [ 2013/08/12 01:23 ] [ 編集 ]
  520. ※515
    いや、妹さんは戦後も普通に生きてたし。
    なお、野坂さんの娘は小学生時代にこの作品の感想を聞かれ、
    「お父さんはアイディアに詰まって適当に一晩で仕上げました。」
    と本当のことを言ったら先生にえらく怒られた模様。w
    [ 2013/08/12 01:26 ] [ 編集 ]
  521. せつこさんって名前の自己紹介聞いて、
    数人泣き始めた…数日前にTVでやってたせいで凄い弊害。
    私も上向いて鼻おさえた。
    [ 2013/08/12 01:35 ] [ 編集 ]
  522. 韓国の人にもこれを見て、
    戦争そのものに対して深く考えたり、
    人の命の脆さと尊さに涙したり
    国は違えど人は人である事を感じてくれる人が
    きっといるはず…


    と思いたい
    [ 2013/08/12 01:52 ] [ 編集 ]
  523. おうちやけてしもたぁん?
    なんでほたるすぐしんでしまうん?
    [ 2013/08/12 02:14 ] [ 編集 ]
  524.  
    歳取って改めて観ると、また違う感慨が生まれるもんで。

    初めて観たのは思春期の頃で、当然「戦争は悲惨」という
    一般的な感想だけが占められてた
    今この年齢の観点での感想は、やっぱ彼らの自活への選択に目が行ってしまうな
    「ガキっちゅうのはやっぱ未熟なんだな」と…
    保護者の重要性が一番の要点だろうこの映画は。
    [ 2013/08/12 02:58 ] [ 編集 ]
  525. aas
    アメリカに阿るつもりはないけど、これでアメリカ人に対してお前らがやったんじゃねえかよ!という突っ込みはおかしいと思う
    今生きている人は当時の人達とは違うんだし、一部の軍人がやった事なんだから
    [ 2013/08/12 03:20 ] [ 編集 ]
  526. 東京大空襲や原子爆弾投下という国際法無視の民間人大量虐殺があったという事実は決して忘れてはいけない。
    被害国の日本と加害国のアメリカは特にな。
    民間人大虐殺という点でアメリカは全く反省していない。
    アメリカは反省しろよ。何がヒーローだ。悪魔どもが。
    [ 2013/08/12 03:56 ] [ 編集 ]
  527. 火垂るの墓は宮崎駿の最高傑作だよね
    [ 2013/08/12 04:21 ] [ 編集 ]
  528. 野坂先生が余計な付けたりさえしなかったらなあw
    (海軍士官の遺族がこんな事態には絶対なりません、金のなる木ですよおばさんにとっては・・・自分たちは違ったから軍の知識が無かったのですね)
    [ 2013/08/12 05:23 ] [ 編集 ]
  529.  
    難癖付けて経済制裁等して
    反撃した所で大義名分として滅ぼす
    アメリカは今になっても全然変わってない

    今のアメリカは関係ないという人もいるけど
    イラクの事は比較的最近だぞ

    原爆落とした事は絶対忘れん
    賠償金よこせとは思わないけどこの件は俺は絶対に
    引かんわ
    [ 2013/08/12 06:02 ] [ 編集 ]
  530. 外国人とかひとくくりにするな。
    まともな欧米人なら泣くが、中韓人はイデオロギー教育されてるので、まず疑ってケチをつけることに専念する。まともじゃない。

    火垂るの墓は文句なく傑作だが、それでも特亜の歪んだ精神には食い込めない。残念だが、世界は恐ろしくひずんでいるのだ。
    [ 2013/08/12 06:30 ] [ 編集 ]
  531. アメリカに対して今も批判するのは間違いだと思う
    日本は被害者!アメリカは加害者!と言って省みないのはおかしい
    確かに日本は被害にあったが
    日本だって過去に過ちを起こした国であることは事実だ

    平和になった今は、その過去を忘れないこと
    そして2度と悲しい歴史を作らないことが大切だ。
    日本だけじゃなく世界の国が
    [ 2013/08/12 07:28 ] [ 編集 ]
  532. 原作だとおばさんは、認知症のばあさんも養っているという地獄。
    ついでに清太の中二病とニートっぷりも露骨だそうで、映画とは相当に印象は違うだろうね。

    そもそもが、原作は作者自身が自分の駄目兄貴ぶりにたいする反省を勢いで文章化したもので、映画も本来は「逃げた先にも現実はある」という現実放棄に対する戒め要素がメインで、反戦アニメとして作ったわけでは無いそうだし。
    [ 2013/08/12 07:37 ] [ 編集 ]
  533. 野坂昭如でさえ出来上がったこれを見て号泣(笑)
    「俺はこんなに悲しい話を書いた覚えはない!」
    とかなんとか。都市伝説かしら。

    あと嘘話は事実(笑)
    [ 2013/08/12 07:57 ] [ 編集 ]
  534. ハッピーエンドじゃないと泣けない。
    ただ痛いだけの映画なんて辛いし。
    戦争の一面を世界に知ってもらうにはいいだろうけど。
    [ 2013/08/12 08:06 ] [ 編集 ]
  535. 何が過去に過ちを犯しただ。脳ミソ洗って出直してこいw
    [ 2013/08/12 08:53 ] [ 編集 ]
  536. >>534
    節子それ都市伝説やない、痴呆や
    [ 2013/08/12 09:04 ] [ 編集 ]
  537. 去年の金曜ロードショーだったかな?
    これ観ると必ず泣けるから、チャンネル変えて別の番組みてた
    で、裏で火垂るやってるのすっかり忘れてて、なにげにチャンネル変えたら、ラス前のセツコの幻影が無邪気に駆け回ってるシーンだった

    2秒で泣いた
    [ 2013/08/12 09:23 ] [ 編集 ]
  538. この映画がTVアニメの「ハイジ」や「三千里」、「赤毛のアン」の監督やった同じ人だと知ったらまた驚くだろうな。
    [ 2013/08/12 09:32 ] [ 編集 ]
  539. 叔母さんのことを責めるのはいかにもキリスト教的な欧米人の考え方だなって気がするわ。
    自分の身に当てはめてみろよ。たいして会ったこともない親戚の子ども2人を養うってなったときに、自分の夫や娘や息子の分をないがしろにしてまで食い扶持を確保することができるか?それも平時ならまだしも、戦後の究極の食糧難の中でだぞ。いったいどれだけの人間がそんな自己犠牲の博愛主義に準ずることができるのか、俺には自信がない。
    叔母さんの行動は褒められたものではないけど、いわば人間的に至極まっとうな、残酷だけど不可避な判断を下しただけだと思う。悪いのはそうせざるを得ない状況を作り出した社会であり、戦争だ。
    [ 2013/08/12 11:19 ] [ 編集 ]
  540. アメリカは戦争起こすのに必死で日本は戦争を避けるのに必死だったのにどの面下げて開戦責任日本に押し付けてんだ?
    日本が真珠湾攻撃してなきゃアメリカのせいで2000万人ぐらいこの映画みたく餓死してたんだが?
    [ 2013/08/12 11:33 ] [ 編集 ]
  541. 名無し
    これはもう二度と観れない映画の一つ。
    だってTV放送のCM観るだけで涙が出そうになるんだもん。
    戦争は嫌だって本当に思わせる映画だよ。

    子供のころ観ちゃったから、フランダースの犬と同じくらいある意味トラウマ。
    [ 2013/08/12 11:39 ] [ 編集 ]
  542. 一見すると反戦映画だけど、話の本題は清太と節子のドラマで、
    戦争は舞台設定でしかないと思うよ。

    子供の頃はひたすら悲しい映画だと思ってたけど、
    大人になってから見ると、清太の間違いとかも見えてきて感想が変わる。
    [ 2013/08/12 11:44 ] [ 編集 ]
  543. アメ公とかルーズベルトが戦争になるって分かってて禁油したこと知ってんのかね?
    しかも理由がヤクザ紛いの中国の自分たちの狗が日本の力を借りた親日政府に追い込まれたから

    日本がやった事が100%侵略で悪なら韓国が存在してる事自体アメリカが100%侵略で悪だわな

    因みにアメリカの狗である国民党は中国人を戮民と呼んで蹂躙し日本と南京政府は中国人を保護してました
    [ 2013/08/12 11:49 ] [ 編集 ]
  544. 戦争に正義はない
    戦後父から聞いた話は闇市を否定して餓死した人 戦争こじ 岸壁の母ぐらいかな 何にしても戦争は嫌ですね
    [ 2013/08/12 12:21 ] [ 編集 ]
  545. あーあ
    まあ、これで来年のクリスマスに公開のジョリン監督による
    反日映画が公開されれば、日本はナチス以上にひでぇ国だって
    大騒ぎになるのは目に見えてるな。
    戦争は大嫌いだけど、絶対に勝たなきゃ永遠に諸悪の根源に
    されるってことだ。
    [ 2013/08/12 12:29 ] [ 編集 ]
  546. まあこの2人は自業自得
    [ 2013/08/12 12:49 ] [ 編集 ]
  547. >>日本はシナでころしまくり

    ころしてねえよ、朝非新聞と中国凶産党の捏造を何時まで信じてるんだよ

    報道されないけど捏造写真の元写真とかが出てきたり、捏造が暴かれたりして
    色々とバレてるぜ?
    [ 2013/08/12 14:49 ] [ 編集 ]
  548. まあバカは「新聞」ってだけで信じるからねえ
    [ 2013/08/12 15:00 ] [ 編集 ]
  549. この映画は小学校の時に学校で見せられたけれど
    今見るのとじゃまったく重みが違ったわ
    [ 2013/08/12 15:33 ] [ 編集 ]
  550. 小学校高学年の時に見せられたよ 正直見たくなかった
    脱力して机から動けなかったもの トイレにも行きそびれて漏らしそうだったわ
    [ 2013/08/12 16:50 ] [ 編集 ]
  551. >アメリカは何でこんな事したのよ

    ・当時莫大な利益を生んでた植民地制度(世界経済、世界体制)そのものを破壊されそうだったから
    ・資源主導権が自分たちの手を離れアジア諸国叉は大東亜共栄圏に移るから
    ・日本にアジアを切り離されそうだったから(これは日本も最後の最後にとった苦肉の策)

    何より当時の白人特権も含めた世界体制無き後の世界秩序なんて想像がつかなかったから
    [ 2013/08/12 17:50 ] [ 編集 ]
  552. この映画、アメリカ人はおろか反日の中国人ですら
    泣いたとか悲しいとかの意見が圧倒的に多かったからな。
    ただ、韓国人だけはめちくちゃに批判してたな
    日本に同情的だ!とか日本が被害者みたいに描かれている!とか罵倒コメが殆どだった
    あれでチョンは本当に頭がおかしいのを確信したよ。
    [ 2013/08/12 17:53 ] [ 編集 ]
  553. 戦争の惨禍から無関係で生きたいというのはもっともな考え方だ。でもこの願いを、日本単独で生きていけない時代に突入しているということを明治の人は痛切に思った。日本の平和を願った。日本の平和のためにアジアの平和を願った。明治政府が民族の結束を要求したのは独裁の為でも侵略のためでもなく、平和のためだった。
    この感覚は土台として持っていて欲しい感覚だと思う。
    [ 2013/08/12 18:14 ] [ 編集 ]
  554. 何かで読んだのだけど、実際に起きた行動は逆で、おばさんたちはいい人だったのだけど、野坂氏が女の子の尻を追いかけるのに夢中になって、妹は常に放っておいたらしい。
    おばさんたちは見かねて注意したのだけれど、結局妹は亡くなってしまった、と。もちろん、戦時中でなければこんなことにはならなかったらしいのだけれど、事実はこっちだ、と。
    しかし、妹だけでなく、鎮魂のためにもこの作品は素晴らしいと思う。
    [ 2013/08/12 18:24 ] [ 編集 ]
  555. クリストファー・ロイドとか言う有名な英国人が
    アメリカが原爆以外にも日本を空襲して民間人を大量に虐○したことを知らなかったわけですが

    大戦末期には東京以外の都市も同じように空襲を受けていた

    という事を知ってる人は日本人にも少なくなりつつあります


    ※553
    朝鮮半島に戦略的価値がなく、ソ連側の日本軍も奮戦したので
    朝鮮半島への空襲や大規模戦闘が避けられた訳ですが
    シベリア送りになったり、朝鮮人の名誉のために特攻した人もいるのに
    「ウリたちは無理やり従わされてただけで戦勝国ニダ」
    他にもいっぱい理由があるけれどこれが一番彼らを嫌悪する理由ですね
    [ 2013/08/12 18:39 ] [ 編集 ]
  556. 又、アメリカと戦争になったら同じ事をアメリカはするよ。日本人は外交を知らず戦略も知らずただ戦うのみ、原爆投下はドイツ降伏後のソビエトの支配拡大を止めるため行われ、それにより東西ドイツに分かれた。アメリカが原爆開発にいち早く成功しソビエトを牽制するため使われた。日本投下はただの脅しの道具だった、外国の本に書いてあるよ。
    [ 2013/08/12 18:39 ] [ 編集 ]
  557. 私は小学校で観させてもらったけど、今でも毎年8月に放送していて
    火垂るの墓を知らない日本の子供はいないくらいだよね。
    日本の大人たちが私達に「戦争はしてはいけない」と教えてくれた
    ことで今の平和があることに感謝したい。祖父母にも両親にも。
    [ 2013/08/12 19:49 ] [ 編集 ]
  558. 清太は被害者
    火垂るの墓をちゃんと見てれば、おばさんが一番悪い
    どこをどう見たら清太が全部悪いなんて発想になるのか理解できん
    食料を持ってきたのは?
    清太たちが持ってきた食料を我が物顔で食べて自分たち画持ってきたように食べてたのは誰?
    大人の責任を放棄したのは誰?
    ラストに描かれた清太は何をしていた?
    [ 2013/08/12 20:16 ] [ 編集 ]
  559. 赤塚不二夫の人生をアニメ化したりしないだろうか。
    このアニメはあまりに空想的過ぎる。
    [ 2013/08/12 20:24 ] [ 編集 ]
  560. 「アメリカは日本に降伏の機会を与えた」ねぇ……
    無条件降伏要求がそれかよ
    失笑物だな
    日本も行儀悪かったが、アメリカがそれを言うとね
    [ 2013/08/12 20:36 ] [ 編集 ]
  561. 559>君、子供いないだろう?
    戦時下であの状況なら、あのオバさんのした事は
    親なら一部は理解できるよ。
    清太が去るとき、オバさんの仕草見たかい?
    一瞬、戸惑ったよね?でも止めなかった。
    いつ終わるかわからない戦争なのに
    余裕なんて無いよ。あくまでも平和な俺らから
    見たら、オバさんは非常識かもしれない。
    でも戦時下で子供持ちだからね‥?
    [ 2013/08/12 21:41 ] [ 編集 ]
  562. 原作者が誰かという事を思うと
    このアニメを見てもイマイチ泣けない・・・。
    [ 2013/08/12 22:00 ] [ 編集 ]
  563. この映画は関西弁なので、良かったけどな~
    1の気持ちがわからん
    居候先のおばさんなんて、
    関西弁じゃなきゃ、あの嫌らしさは出ないw
    [ 2013/08/12 22:50 ] [ 編集 ]
  564. コメントが刺々しいよww
    もーちょっとストレートにみようよwwアニメだしww
    戦争になると力の無い、ましてや子供は悲惨だなぁ、、、
    [ 2013/08/12 22:57 ] [ 編集 ]
  565. 誰が悪いとかない。戦時中は生きるために時に非情にならないといけなかった。優しい人も鬼に変えてしまうのが戦争。真っ当な人を殺人者に変えてしまうのが戦争。そして、弱い者が犠牲になるのも戦争。戦争はなにもかもぶち壊してしまう。勝っても負けても残るのはたくさんの悲しみと憎しみだけだ。だから繰り返してはいけないんだと思う。たとえ砂上の楼閣のようなものだったとしてもこれまで平和を享受できたのもその犠牲と我慢があったからだと理解している。いつまでも弱腰のままではいられない世情も理解している。でも、この世界で1番平和を知っているからこそ出来る戦い方が、血を流さない戦い方があるのではと思う。そういう考え方じたい甘いのかしれないけどね‥‥。
    [ 2013/08/12 22:57 ] [ 編集 ]
  566. 子供居ないからおばさんの気持ちが分からないって言う人いるけど、
    それだけじゃないよ

    子供と家族を守らなければいけないって強い意思もだけど
    不安と想像を絶する恐怖と空虚感に飲まれてるんだ


    震災の直後の関東でさえ、買い占めに走る人いたじゃん
    平常とは違うって想像できる
    人の親じゃなくても分かるから
    [ 2013/08/12 23:01 ] [ 編集 ]
  567. ガキの頃はオバサンを憎んだけど、やはり我が子を優先するのが親の愛の形なのだろうなと今ならわかる。
    [ 2013/08/12 23:11 ] [ 編集 ]
  568. おばさんの考えはわからんでもないがテンパリすぎだろう
    [ 2013/08/12 23:31 ] [ 編集 ]
  569.  アメリカは日本にだまし討ちにあって卑怯だとよくいわれる。
     だけどね、アメリカが最終的に行ったことは東京大空襲や広島・長崎に対する国際法違反でしょう。
     真珠湾攻撃は港湾施設への攻撃で一般市民を決して対象としていないし、宣戦布告だって寸時で遅れたけど一応行ったでしょ。
     アメリカはそれ以降アメリカは紛争において宣戦布告していないでしょ?
     でもね、こんなことで日本人はアメリカを責めるつもりは無いんだ。
     アメリカがチョンやシナみたくなるのが見ていられないからさ。
     だって、今は強固な同盟国じゃないか。
    [ 2013/08/13 00:44 ] [ 編集 ]
  570. 曲が太陽の帝国のってのがなんとも…
    [ 2013/08/13 00:49 ] [ 編集 ]
  571. 大人になって改めて見たとき、物語の冒頭で節子(幽霊)が手にとって中身を見ようとしたドロップの空き缶には節子本人の骨が入ってたって事にようやく気付いて愕然とした。
    だから清太(幽霊)が止めてたんだな。エグイわー。
    [ 2013/08/13 01:08 ] [ 編集 ]
  572. 恐るべき破壊兵器
    世界の人々にトラウマを与えまくっている
    [ 2013/08/13 07:11 ] [ 編集 ]
  573. 悲しいよね、なにもかも。
    どの人にも(民族関係なく)見て欲しいけど
    私はもうみたくない。一度で十分だよ。
    記憶が全然薄れないんだもん。
    [ 2013/08/13 09:32 ] [ 編集 ]
  574. アメリカ人は、パールハーバーとか原爆とかしか知らないんだろうな。
    戦争なのに、普通に民間人を標的にしてたんだよ。
    恥を知れってんだよ。
    [ 2013/08/13 09:35 ] [ 編集 ]
  575. >戦争なのに、普通に民間人を標的にしてたんだよ。
    恥を知れってんだよ。
    俺にはトイレなのに臭いんだよと聞こえるが
    そういう考え方もキライではない。
    [ 2013/08/13 09:53 ] [ 編集 ]
  576. 戦争を知っている世代の人が言った
    「食いたきゃ働け」一言で泣けなくなった。
    [ 2013/08/13 10:21 ] [ 編集 ]
  577. 子供心にも納得のいかない作品だった。大人になって、別の意味で納得のいかない作品になった。
    子供の頃には伯母さんが理解出来なかったけど、働きだしてからは理解出来る様になった。引き取った親戚がニートなら、あんな対応するだろうなと。
    伯母さんの言う事は一々キツいけど、自分で妹の面倒見る気なら働くのが当たり前。ガキの我儘にしか見えなくなってしまった。
    [ 2013/08/13 12:11 ] [ 編集 ]
  578. 叔母さんに対して
    子供のころ:クッッッッッソババア!!鬼ババアアアアア!!!!
    大人になると:当たり前の事を言っている普通のおばさんだなあw

    でもだからって叔母さん視点の実写ドラマなんかドヤ顔で作った(それも松嶋奈々子で)日テレはこの作品を完全に履き違えてるわ
    [ 2013/08/13 13:12 ] [ 編集 ]
  579. そもそも、虐殺とは、非武装の民間人を、軍事的合法性もなく、無差別殺戮すること。
    その最たるものが、米国による広島・長崎・東京などへの大虐殺。
    それを正当化する言い訳として、パールハーバー云々などとぬかしている米国人が、無様にも未だに存在する。 大東亜戦争に至るまでの米国の侵略の歴史、そして、米国の方が開戦を望んでいたという事実について、彼らは呆れるほど無知なのである。

    『道義大国 日本』 の軍隊は、今も昔も、世界一規律正しい軍隊であり、虐殺行為を行った証拠など全く無い。 米国・支那による南京云々なるものは、馬鹿馬鹿しい大嘘である。
    いずれ、米国とは対峙することになる。 軍事衝突にはならないとしても、苛烈な情報戦を、「正義・事実」を以って、戦い抜かなくてはならない。
    [ 2013/08/13 13:16 ] [ 編集 ]
  580. 少年の気高い自意識的無能に心を寄せる。自尊しようのない自尊に。
    最低と最高がせめぎ合う唾棄すべき日常に。無能と妹の命まで奪うことになる糞な自己中心主義に。
    漠然とした未来に深刻に茫然とする一時期だ。やるせなく共感、というよりもかつての俺自身だった。
    [ 2013/08/13 13:20 ] [ 編集 ]
  581. 叔母をかばい立てする奴、アホ杉。

    清太の親父、エリート軍人恩給目的で二人を引き取り、
    旨みを吸いつくし、捨てただけ。
    清太のハンダンガーというのも一利はあるが、
    それを当たり前とする道理なし
    日本人なら、一族なら、歯くいしばって全てを守るもの。
    ガキの清太もそうだが、大人の叔母もそうだろが。
    もらいもん(恩義)を受けたならなおのこと、だ。
    [ 2013/08/13 13:50 ] [ 編集 ]
  582. 戦争なのに?

    よいか小僧?、戦争で原子爆弾が使用された。
    これが揺るぎない現実だ。それが戦争だ。
    夢想家が夢想する御行儀の良い戦争に
    周囲が合わせてくれるのがデフォじゃない。

    上杉謙信は野心で他国侵略は、しなかったという。
    人間的には立派な奴だが、マクロな視点で見れば
    聖人を気取り、無駄に乱世を長引かせたとも言えるのだ。

    善が悪になり、悪が善になるのが戦争だ。
    非難したいなら原爆使用を論点にするのは的外れだ。
    (おそらく)日本が使えりゃ先に使ってた。
    アメリカの一神教的、独善的思考こそが非難のポイントだろが。
    ペンの力を信じるならな。

    もし、お前さんが国家公務員なら、
    都合良くつくられた国際法にすがってアメリカを叩く暇があったら
    戦い方(守り方)の一つでも学んでこい。
    [ 2013/08/13 14:22 ] [ 編集 ]
  583. 作られた頃は日本自体大して世界に知られていたとは言えず、原爆に反対しても世界中で煙たがられて、反戦映画を外国に理解してもらおうなんてつゆも思わなかったのに、世界も少しずつ変わってんだなあ。
    天国にいる日本人たちも少しは浮かばれているんだろうか…
    今の日本人は戦争でもないのに心が醜い人が増えすぎでしょ。
    [ 2013/08/13 14:38 ] [ 編集 ]
  584. こんな悲しい映画に対してのコメントですらこれだけの対立が起こる
    戦争を批判する前に、他人を批判する前に自分が変わらないと

    まずは違う意見にことごとく腹を立てる自分に気づくことから
    [ 2013/08/13 15:43 ] [ 編集 ]
  585. ダイアローグですよダイアローグ。憎くて対立してるんじゃない
    [ 2013/08/13 15:52 ] [ 編集 ]
  586. 漫画
    野坂さんの原作を元にした滝田ゆうのマンガを先に読んでたから、アニメはきれいすぎた。
    らっきょうが爆弾よけだったとか、片隅に描くピーとかやせた犬とか滝田さんの漫画は、銃後の和服と情緒のコマばかりです
    [ 2013/08/13 16:01 ] [ 編集 ]
  587. ちょっと待ってくれよ。アメリカは日本に降伏の機会を与えただろ。
    彼らがハッタリをかます事に命を賭けたのは、俺達のせいじゃない。 アメリカ

    寝言は寝て言え、戦争を始めるしかない状況に追い込んだのもアメリカ、降伏の機会を与えたとかいってむちゃくちゃな条件を出して降伏を無視して原爆落としたのもアメリカ、俺は今更その時のアメリカを責めるつもりはないけど、こういう勘違いしてるやつは責めたくなる。


    [ 2013/08/13 17:22 ] [ 編集 ]
  588. ※559
    キミも大人になればもうちょっとわかるよ
    働かざるもの食うべからずって事が。
    清太はいいヤツだが、お坊ちゃん育ち故に自ら働くという発想がまずなかった
    おばさんはそのへん指南してたんだけど、まあウルサイ小言にしか聞こえなかったよね

    この映画に悪役はいないんだぜ
    [ 2013/08/13 17:36 ] [ 編集 ]
  589. 野菜盗んでないで靴磨きとかの仕事くらいしなさいよと、思わなくもない。
    [ 2013/08/13 20:09 ] [ 編集 ]
  590. 終戦直前に5歳だった親父からいろいろ話を聞いてるからさほど泣けはしなかったな
    現実はもっと悲惨だったようで清太なんかはお上品すぎると感じるくらいだ

    親父も母親の実家がある田舎に疎開していたらしいが、
    街から来た子供って事でのけものにされる事もあったらしいし、
    食わせてもらったのは大豆を水で煮ただけのドロドロしたもので、
    ものすごい悪臭とマズさで鼻をつまみながら胃に流し込んだがどうしても吐いてしまうような代物だったらしい
    それじゃ生きていけないからヘビやカエルをつかまえて干物にして火であぶって食ってたんだそうだ
    当時の子供らはみんな栄養失調で青っ鼻たらしてて、それを袖でぬぐうから袖口はみんなテカテカだったって言ってたな

    ちなみに母方の祖父の兄弟は漁師で、小舟で漁の最中に米軍飛行機の機銃掃射あびて木端微塵の肉片になって死んだそうだ
    戦闘員でもなんでもないの分かっててやってたんだよなあいつら

    戦争って言うとヒロシマ・ナガサキばっかり話題になるが他にもいろいろあるよ
    [ 2013/08/13 21:47 ] [ 編集 ]
  591. 小さいころに見てトラウマ。
    もう見ない。
    [ 2013/08/13 22:04 ] [ 編集 ]
  592. 叔母を庇えば通ぶれるこの風潮w

    労働の対価ってものを教えてやるのも、大人の務めだろうに
    つーか、孤児を丸めこみ財産をだまし取る下衆とどう変わらないと?
    叔母がやったのは正にその行為だろ
    [ 2013/08/13 22:25 ] [ 編集 ]
  593. 俺は当時映画館で観たのだが、2列前に座っていた老夫婦(おそらく戦前世代)が最後まで静かに観ていた姿を今も忘れられない。

    どんな想いで観ていたのかと思うと今でも胸が締め付けられるんだ・・・。

    もちろんその後TV放映は辛すぎて一度も観ていないヘタレ。
    [ 2013/08/13 22:55 ] [ 編集 ]
  594. 全身包帯だらけの母親の姿がトラウマ
    今見てもビビる
    [ 2013/08/13 22:59 ] [ 編集 ]
  595. 毎度タオルとテッシュを用意して、
    正座して、(終わるまで崩しません!)観させていただいてます。
    ※余計な一言、、選挙権を頂いて、共産党と社会党(社民)以外(票読みで!)入れたことありませんえ。
    [ 2013/08/13 23:10 ] [ 編集 ]
  596. 大人になってもやっぱりあのおばさんの態度は納得できないなあ
    子供を引き取るならその子の生活や教育に責任をとらなきゃ
    親を亡くしたばかりの少年に嫌味を言ったりヒステリックに怒鳴ったりするだけって明らかにダメでしょ
    そんな態度しか取れないのであれば、引き取る約束など最初からしなければいい
    共同生活する上でのルールを冷静に教えてやれないようでは大人失格だよ
    [ 2013/08/13 23:28 ] [ 編集 ]
  597. ※27
    オルグ?
    ああ、ゴジラシリーズにそんな名前の怪獣がいたな
    [ 2013/08/13 23:58 ] [ 編集 ]
  598. 蛍キレイですね。
    蛍見ると涙が出てしまうようになってしまった。
    [ 2013/08/13 23:59 ] [ 編集 ]
  599. パールハーバーなんて、
    散々嫌がらせを繰り返えされた挙句、崖から飛び降りろという命令についに切れて
    ビンタを食らわせたようなもんだ。
    [ 2013/08/14 00:00 ] [ 編集 ]
  600. 戦争を美化していると解釈しているらしい韓国では放送されていないコンテンツ
    [ 2013/08/14 00:00 ] [ 編集 ]
  601. ※599さん
    特攻隊の映画もありましたね(泣)
    うちの裏に出るホタルに毎年名前をつけてます。
    叔父さん、叔父さん、叔父さん、祖父ちゃん、祖母ちゃん、親父、弟、ほんで嫁さんと数匹の猫・・泣
    [ 2013/08/14 00:54 ] [ 編集 ]
  602. 確か火垂るの墓って、公式にアメリカと韓国で上映したことがないらしいな。
    アメリカは、兵士の戦意喪失につながる危険性があるということで、韓国はチョッパリは悪役だから被害者ではダメニダという理由らしい。
    韓国なら、「これはチョッパリが、ウリナラを殲滅しようとした史実に基づいたアニメニダ。ほsy(ry」ちかやりそうなのにな。
    [ 2013/08/14 01:37 ] [ 編集 ]
  603. 野坂の生き残りを批判してる奴は「ねずみ」でも読んでこい。
    あんな極限の中で生き残るってどういうことかと。
    戦争に耐えた俺らの祖父たちは皆生存にかける執念と倫理の相克の中で生きのびてるんだよ
    [ 2013/08/14 02:24 ] [ 編集 ]
  604.  
    確か、中国で一回TVでお茶の間で放映したんだよなこれ
    「日本がめためたになる映画だから、さぞかしスッとするだろう」的な前評判で放映されて
    今の中国の過酷な状況に置かれている国民の多数が感情移入しちゃってガン泣き。
    っていう話を何処かのブログで読んだな
    [ 2013/08/14 03:57 ] [ 編集 ]
  605. ※605
    中国に一年半住んで韓国スタッフとも仕事していた俺が言う。
    中国人は話せば解る奴が多いって。
    日本と仲良しの台湾と一応、同じ民族なんだ。
    仮に中共より反日な奴が1割いたとしよう。
    それでも日本の人口と変わらないんだ。そりゃあ目立つ。
    韓国は…ノーコメントw
    [ 2013/08/14 05:59 ] [ 編集 ]
  606. ※125
    > 終戦後に帰宅して来た家族だった

     私もこの「疎開してた良家の子女らの帰宅シーン」が印象に残っています。子女らの安堵の声と、無慈悲な結末を迎えた兄妹との対比。この世に内包する理不尽さを、自らが克服せねばならないと思ったのでした。
    左翼が叫ぶ"平等"では無く。
    [ 2013/08/14 08:10 ] [ 編集 ]
  607. 日本人はメリケン人に「この映画を見ないで席を立つ権利を与えた」よね?
    あんま覚えてないけど、セイタのプライドとかは、十四にしては子供っぽいところ故なんじゃないかな。食糧事情の無理解や教育の浅さ(戦時中ゆえ教育内容が偏って)など
    [ 2013/08/14 08:28 ] [ 編集 ]
  608. 反戦映画としては最高傑作
    [ 2013/08/14 11:14 ] [ 編集 ]
  609. ぶっちゃけこの映画に関しては何度も通してみると
    主人公のガキっぷりが浮き彫りになって感動が薄れるんだよね

    本当に悲惨なのは「ウミガメと少年」
    同じ原作者だがこっちはマジで悪意100%としか思えない内容
    [ 2013/08/14 11:44 ] [ 編集 ]
  610. ※610
    カンパン持ってきてくれたお姉さんや下駄買ってくれたお姉さんにお礼言ってないんだよね主人公
    悪気はないんだろうがなまじ富裕育ちの坊ちゃんだから
    してもらって当然みたいな感覚が身に付いちゃってて
    自ら働くという発想や意識をもてなかったのがまた悲劇
    妹思いのいい子なんだけどね
    [ 2013/08/14 12:15 ] [ 編集 ]
  611. ループしてるのが心底恐い
    のほほん母さんがイキナリミイラになるのが心底怖い
    [ 2013/08/14 12:27 ] [ 編集 ]
  612. これ戦争だけでなく
    いつの平和な世にも貧困で起こり得る話だと思ったけどな。
    完璧ではない社会を戦争が後押しているだけで。
    [ 2013/08/14 13:48 ] [ 編集 ]
  613. >>内容は素晴らしいんだが、関西弁に虫唾が走る。
    >>標準語を使え標準語を!
    >>関西の田舎言葉なんか理解できねえよ

    標準語はアナウンサーなどが使う言葉
    お前等のはれっきとした方言の

    関東弁


    [ 2013/08/14 14:18 ] [ 編集 ]
  614. >反戦映画じゃないよな

    「戦争が悲惨? 当たり前じゃないですか。自分には関係がないとタカをくくってるから一方的に同情できるんですよ。わかってますか?」

    「社会から離れたら人は生きていけない。戦災孤児の辛さの根本はそこですよ」

    「社会生活ができるように子供を躾けること。早く一人前にすること。それが親の義務であり、一番の愛情です」


    割と普遍的なテーマなんだよな

    空襲シーンで恐い恐い恐いと思考停止して戦争反対平和万歳の念仏唱える人が多いけど、戦争がなくても、平和と表現される情勢下でもあの兄妹と同じ悲劇は起こってる
    [ 2013/08/14 18:13 ] [ 編集 ]
  615. 主人公の行動がバカだっていってるのは、自分が教育してもらったことに感謝してない不心得者

    子供が賢くないのは当たり前
    人間余裕がなくなると、それを回避する知恵と忍耐がなければぶつかり合う
    そして忍耐も無限のものでなく、起こる事柄によって削られていく

    自分が体験してないことを当時の状況ではどうであったかを考えるのが想像であり、自分の状況を当てはめるのが投影でありこの2者は月とスッポン
    自己投影を押し付ける韓国を見て反省した方がいい
    [ 2013/08/14 18:44 ] [ 編集 ]
  616. フィクションに想像も投影もねーだろ。
    現実は、あの状況でどう動くかは個々の本能に委ねられてる。
    創作を見てバカだと思うなら、それがそいつには正解なんだよ。
    反省?
    だからフィクションは馬鹿量産みたいに言われてしまうんだよ
    [ 2013/08/14 19:38 ] [ 編集 ]
  617. 原爆関係ねえ
    あいつら日本の殆どの都市が空襲を受けたことを知らないから
    家が焼ける=原爆だと思ってる
    [ 2013/08/14 19:40 ] [ 編集 ]
  618. ※617
    お前の言うように想像や投影もないならフィクションに意見投稿する自体無意味なことになるってわからない?


    詳細はフィクションだったかもしれないが、当時それに近い状況があっただろうということはフィクションじゃないぞ

    言ってることが幼稚
    [ 2013/08/14 21:56 ] [ 編集 ]
  619. ※619
    フィクションへの個人の感想に対して、相手に反省しろだの言ってんのが
    フィクション見る資格ないって言ってんだよ
    [ 2013/08/14 22:02 ] [ 編集 ]
  620. ※620 資格とかガキかよ

    当時の厳しい状況を想像することもできなく、今の感覚で批判してる奴は、フィクション以外でも同じコトやる可能性が強い
    特に戦争については顕著な事例がいくらでもある普遍的な問題なんだよ


    フィクション以外であり得なきゃこんなこと言ってない
    [ 2013/08/14 22:13 ] [ 編集 ]
  621. お前な、災害派遣で死体見てきた俺に悲惨な状況説かれてもな。
    いいから、リアルに近いアニメと、リアルは区別つけろ
    [ 2013/08/14 22:18 ] [ 編集 ]
  622. ※622 死体みてエゴイストから脱却できりゃ苦労しない
    偉そうにしたいみたおれにとか言ってる時点で程度が知れてる
    [ 2013/08/14 22:20 ] [ 編集 ]
  623. わかったわかった、俺が悪かった。じゃあ、お前は火垂の墓で勉強しろ。
    もう何も言わん
    [ 2013/08/14 22:24 ] [ 編集 ]
  624. ※624 切り返し方も幼稚な手法まんまだな
    悲惨な状況を経験したからちゃんとした判断ができると、この映画をみても言えるならアホの極みだわ

    もっかい言うぞ、この映画はフィクションだが、現実にも同じ状況はありえた

    フィクションであるという事実のみにこだわるお前は幼稚
    [ 2013/08/14 22:27 ] [ 編集 ]
  625. 火垂るの墓は作者の体験談を元にしたフィクション。
    妹が死にそうな時に作者は早く死んでくれたら楽なのに…と思ってたと何かの番組で話してた。

    蛇足だが後に国語の教科書に載り作者の子供が宿題で、この時、作者はどう思っていたか?の問いを作者に聞いた時に『締切に追われて大変だった』と答え、宿題の答えに『締切に追われて大変だった。』と書いて×を貰ったって話しは有名。
    [ 2013/08/14 23:49 ] [ 編集 ]
  626. >この映画をみても言えるなら

    世間一般論ではアニメ映画を論拠にするほうが幼稚なんだが…
    [ 2013/08/15 00:03 ] [ 編集 ]
  627. ついでにいえば踊る大捜査線。警察関係者から最も現実に近い警察モノと言われているが、それでも創作物である以上、原作者、監督、脚本家、演じ手など、多くのフィルターがかかる。想像しているつもりでも、想像させられている可能性は否めない。
    [ 2013/08/15 00:44 ] [ 編集 ]
  628. ※627 アニメ映画だから幼稚>短絡的思考
    おれはただの議論のたたき台につかってるにすぎないのに、映画を土台に論理構成してるという思い込みを元にしてる時点で幼稚

    映画批評に自己投影で実体とかけ離れてるものを批判しているという特徴が現れてると言ってるんだがw
    [ 2013/08/15 01:14 ] [ 編集 ]
  629. ※629
    よいかぁ?稚拙な思い込みのアホ丸出しはアンタですよ。映画批評・批判なんてまどろっこしいもんじゃない。主人公が情けないと言われているに過ぎない。つまり漠然と「自分ならこうしよう」という答えがあるわけだ。映画を観る上でそれ以上何が必要だ?時代考証なら映画じゃなくてもできる。ただただ元ネタになっている当時を想像し、心情に寄り添い、「仕方ないなぁ」で終わって何の糧になる?大切なのは教育?観てるのは親世代だけじゃないんだぜ?
    [ 2013/08/15 01:58 ] [ 編集 ]
  630. ※504 みたいな良識者気取りが一番厄介だよ
    そもそも真珠湾が切欠だと思っている時点で大馬鹿だ
    [ 2013/08/15 02:06 ] [ 編集 ]
  631. ※630 んなのおまえの所感にすぎないだろw
    そんなものを全体に当てはめてるのがえごだってーんだよ
    [ 2013/08/15 02:19 ] [ 編集 ]
  632. ※632

    お前詭弁ばっかだな。自分の投稿に全体に当てはめてない箇所がないか確認してこい。ってかもう、通りすがれw
    [ 2013/08/15 02:23 ] [ 編集 ]
  633. ※633 詭弁の意味さえあやふやなお前に言われる筋合いないわw
    たかがフィクションとかいってるほうが詭弁だわw
    [ 2013/08/15 02:25 ] [ 編集 ]
  634. おやすみw
    [ 2013/08/15 02:29 ] [ 編集 ]
  635. いいか?おばかちゃん
    この映画には大きく2通りの見方があって、1つは平時なら特に問題のない程度の過失で想い合う兄妹が死んでしまわないといけないという戦争が起きたらこういう不幸があるという反戦的な見方

    もう1つはコミュニティから外れたものが、生きていけないとジブリの視点

    ここ分からないで騒いでりゃ世話ないわな
    [ 2013/08/15 02:30 ] [ 編集 ]
  636. お、お前そんな原作者も言ってるようなことを
    鬼の首とったかのように恥ずかしげもなくまぁ…
    [ 2013/08/15 02:39 ] [ 編集 ]
  637. しかし すがってろとか、災害派遣で死体を見てきたからおれの言うことは正しいとか、小学生みたいな阿呆もいるんだな 夏休み恐るべし
    馬鹿につける薬はないとはよく言ったもんだ

    当時のことを考える上で、当時の慣習・余裕の無さ・各々が理不尽な境遇にあって、明日は我が身な状況を考えるなら、今現在快適な机の前で今の考えや常識で批判するのは最低限控える必要があるだけでなく、当時の人がその時に最善の選択をしようと必死だったという事への敬意もわすれちゃいかん

    当時の人も聖人で会ったとは言わないが、どんなに考えても完全に当時の人の思考を把握できると考えたり、上から目線で「仕方ないなぁ」なんておこがましいわ
    [ 2013/08/15 02:49 ] [ 編集 ]
  638. もう、とおりすがれよネチコイ
    [ 2013/08/15 02:51 ] [ 編集 ]
  639. ※637 たしかに恥ずかしいが、恥ずかしいこと言わせんなってレスがあることみてからいえや
    そんなお前は語気が強いから反発したいだけのおこちゃまか?
    [ 2013/08/15 02:52 ] [ 編集 ]
  640. 捨てハンに食いついてるバカが居るなw
    いくらくいついても使い捨てのHNに意味なないぞカスw
    [ 2013/08/15 02:53 ] [ 編集 ]
  641. 初見では、「あのババァ~~~っ!!!」
    だったけど、年取ってから見ると
    「セイタ頭悪りぃ…。そりゃ死ぬだろ。」
    に変化する。
    変化しなかった奴は、成長できなかった奴。
    まぁいずれにせよ戦争が悪い、って言う点は
    不変ではあるが。
    [ 2013/08/15 03:00 ] [ 編集 ]
  642. ※642 その考えは間違っていないだろうが、子供に何を求めてるんだ?って話だろう
    セイタ頭ワリィで満足してどうすんだ?
    もう一歩前進して、人間はどんなに気をつけても至らない存在なんだから、追い詰められた状況でそれをしてしまった個人を問題にするのと、ちょっとした過失で死に至る状況とどっちが問題かって話だよな

    まあ作者はそう言う視点じゃないらしいが、本スレのコメントはそういう視点が多いんじゃないか
    [ 2013/08/15 03:09 ] [ 編集 ]
  643. >本スレのコメントはそういう視点が多いんじゃないか

    多いと問題か?お前に反省を促されなきゃいけないのか?
    お前のお説はもっともらしいが、現実に肉迫するような重みが無い。
    人間の薄っぺらさが出てる。自称良識者によくあるタイプ。
    [ 2013/08/15 03:33 ] [ 編集 ]
  644. ※644 だからそれはお前の所感だろうがw
    何とか言い返したいだけの中身の無いレスだな
    そんな必死になるほど図星だったか?w
    [ 2013/08/15 03:37 ] [ 編集 ]
  645. 即レスしといて必死て…
    [ 2013/08/15 03:39 ] [ 編集 ]
  646. ※646 おれは必死というか、言い返せない人たちのことをわかったように言ってるカスの恥部を暴いてるだけw

    即レスだから必死とかホント短絡的なガキが多いな
    [ 2013/08/15 03:43 ] [ 編集 ]
  647. 全レスしてるコイツ何?
    鬱陶しい
    [ 2013/08/15 03:47 ] [ 編集 ]
  648. 中身の無いレスしてるカスがなんだって?
    うっとおしい
    [ 2013/08/15 03:54 ] [ 編集 ]
  649. 中身がある良いこと言っているつもりらしいけど、カスとか連発している時点で人間が見えます。

    説得力ゼロです。
    [ 2013/08/15 03:59 ] [ 編集 ]
  650. ※650 あほじゃねーの?w
    カスと言ったら中身が説得力あるかないか決まるんか?w

    お前みたいなアホは、話の中身が理解できないから相手の人間性でしか判断できないんだろう?w
    論理的にどこがおかしいか指摘できないのがいい証拠
    [ 2013/08/15 04:01 ] [ 編集 ]
  651. ※644はオイラじゃないよ。てか※644に賛同してもらえなかったからってそんなにムキにならんでも。


    >子供に何を求めてるんだ?

    別に何も求めてないぞ。ただ単に、子供が見れば普通はとにかくおばさんが意地悪くて諸悪の根源にしか見えないだろうな、って事。

    見る側が大人になって、自活して行く事の大変さが理解出来ていれば、おばさんの行動ごときで深い考えも無しにおじさんの家を飛び出るセイタの愚行と、その未熟さにも気付くだろう。


    >セイタ頭ワリィで満足してどうすんだ?

    別に満足なんかしてませんよ。
    上記で長々と補足した通り、見る側の年代によって受け取り方、とくに「おばさんが悪者かどうか」が違ってくる、っていう一点しか論じてないんだけどな。


    >もう一歩前進して、人間はどんなに気をつけても至らない存在なんだから、追い詰められた状況でそれをしてしまった個人を問題にするのと、ちょっとした過失で死に至る状況とどっちが問題かって話だよな

    悪いが主語が無さ過ぎて全く意味が読み取れん。国語の成績大丈夫か?だから※644に重みが無い、薄っぺらいって言われるんだよ?※645の「言い返したいだけの中身の無いレス」っていう言葉をそっくりそのままお返しするね。
    [ 2013/08/15 04:11 ] [ 編集 ]
  652. ※652 別に個別IDつかってないお前を特定したつもりはないんだがw

    でセイタの未熟さに気づくだろうって、ちょっと視点のレベル低すぎんじゃない?大人にならなくても気づくわw
    あんた、おばさんが悪いとセイタが悪いの2つって話の次元が低いよ

    おまけに中身が無いのを他人のレスを根拠にしちゃってまるっきり0点
    [ 2013/08/15 04:17 ] [ 編集 ]
  653. まー、散々あおったが、煽る人間の言ってることが悪いという先入観だけで、具体的に指摘できない思考停止の人間増えすぎだな

    現在の価値観で当時の人のことを断罪するのはおこがましいと指摘して居るんだよ

    で、反感だけの中身の無いレスをして、いざ自分が煽られれば、おれが作品の見方に対するレスした内容に一切触れずに必死に言い返そうというだけ
    情けないね-

    ぶっちゃけ、お前らアホでもカスでもないけど、腹たったなら恵まれた後世の人間にわかったような口きかれる人たちの心情考えてやれや
    [ 2013/08/15 04:27 ] [ 編集 ]
  654. >そんな必死になるほど図星だったか?w
    直下にこんな煽りしておいて「特定したつもりはない」って、言い訳苦しすぎる。誰もあなたを支持しないと思うよ。

    >話の次元が低いよ
    じゃあ是非とも高次元で為になるご高説を万人に分かりやすく書いてください。


    >おまけに中身が無いのを他人のレスを根拠にしちゃってまるっきり0点
    ※643で「本スレのコメントはそういう視点が多いんじゃないか」って、他人のレスの多さを根拠にしちゃってますけど?ブーメランっていう言い回し分かります?

    こういう事は言いたくないけど在日認定します。もし仮に日本人でも、在日レベルの可哀想なオツムの持ち主と断定します。覆したかったら、普通の言葉で貴方の言うレベルの高い観点での実のある書き込みを、さぁどうぞ!
    [ 2013/08/15 04:32 ] [ 編集 ]
  655. >現在の価値観で当時の人のことを断罪するのはおこがましいと指摘して居るんだよ

    だから創作の主人公に素直な感想を向けとるだけだとゆーとろーが

    セイタ一人に当時を背負わせてる不心得もんは自分だと気付け
    [ 2013/08/15 04:37 ] [ 編集 ]
  656. セイタ一人で当時云々を語る不心得もんは己だと気付け

    に訂正だタワケ
    [ 2013/08/15 04:41 ] [ 編集 ]
  657. ※655 煽ってるって言ってんだろ?w
    こんなスレでスレの内容より、おれがエゴイストを煽ったら、その態度だけ見て自分の感情でくだらない所に突っ込んでる奴をからかっただけだよ

    で、まだ本質の所にレスしてないとな

    自分が低次元だと言われたらお前は高次元だとか、つまらない皮肉だね
    まあ、セイタとおばさんのどっちが悪いかについては、間違いなく低次元だ
    散々レスに書いてあるのに気づかないようだが、そういう平時ならなんてこと無い、お前もしてるような些細な愚かさで人が死んでしまう「状況」という観点がすっぽり抜けてるんだよ

    おまけに、特定したと批判しておいて在日認定とか、思っていても言えないことよく言えたもんだw
    IDさえないスレで特定できるわけないだろうw
    [ 2013/08/15 04:44 ] [ 編集 ]
  658. ※656 何度言ったらわかるんだ?創作に固執する病気か何か?
    セイタ一人でなく普遍的な問題だって言ってんだろうがおたんこなす
    [ 2013/08/15 04:48 ] [ 編集 ]
  659. はぁ?
    たかがジブリで普遍的だぁ?
    どこまで、お目出度いんだお前

    戦争体験者の直接の話、当時の資料や戦史の流れ、自分の経験値、
    そこらへんを総合して普遍性かそれに近いもんを割り出すんだよフツーはな。

    糞して寝ろ
    [ 2013/08/15 04:55 ] [ 編集 ]
  660. ※660 終始創作にこだわるアスペおやすみー^^
    [ 2013/08/15 05:02 ] [ 編集 ]
  661. アメリカ人がこれ見て涙ってどういう神経してんだろ…?
    オタクらが国際法ガン無視の無差別攻撃した結果だろうに

    ま、テメェらで侵略して虐殺しまくって土地を残らず奪い取ったインディアンをヒーローに据えた映画を白人主演で作れる国だもんな
    厚顔無恥というか精神構造がそうなんだろう
    [ 2013/08/15 09:22 ] [ 編集 ]
  662. 戦災孤児は靴磨きでも何でもして逞しく生きた人たちも多いよね
    [ 2013/08/15 09:27 ] [ 編集 ]
  663. ここでの言い争いを見てると、
    嫌なのに、それでも戦争が起こってしまう原因の一つが見えてくるような気がする。
    自分は平和な時代に生きれてよかっった、それだけだ。
    いずれまた戦争が起こるだろう。
    [ 2013/08/15 17:19 ] [ 編集 ]
  664. 別にこれ反米映画じゃないだろう
    戦争で罪のない小さい妹を飢餓から守ってやれず亡くなってしまいました
    可哀想と思い、戦争の怖い一面に恐怖しました
    という兄弟愛と反戦が主題だろ
    [ 2013/08/15 18:36 ] [ 編集 ]
  665. 反戦映画でもなんでもない。
    非常事態時に我が儘放題したらどうなるか、という与太話。
    東日本大震災で報道された「非常時でさえ秩序がある謎の国」。
    その対極にあるのがこの糞アニメ。
    こんなガキばかりなら東日本大震災の時に暴動が起きてる。
    [ 2013/08/15 19:03 ] [ 編集 ]
  666. >>666
    なんでも秩序正しく優等生的な行動以外否定して
    全部怒り狂うならほとんどのドラマ見れないんじゃね
    ただの物語にそこまで真面目に対応するのも野暮じゃね
    [ 2013/08/15 19:48 ] [ 編集 ]
  667. この映画は嫌いだ
    見てて辛すぎるから
    [ 2013/08/15 19:54 ] [ 編集 ]
  668. 反戦映画のフリして日本文化を否定するという姑息なことをしているから嫌い。
    泣ける要素なんて全く無い。
    むしろ、主人公のチョン気質に怒りをおぼえる。
    [ 2013/08/15 20:00 ] [ 編集 ]
  669. ・生活苦しいのに他人の子預かる羽目になってストレスマッハな叔母
    ・親死んだ上に育ってきた家庭と環境違いすぎて馴染めない子供(反抗期)


    ありそうな話だし、納得行く展開じゃね?
    泣ける泣けないは個々人の感性次第だからなんとも言えないけど、とりわけ特殊な性格をした登場人物は居ない気がする
    [ 2013/08/15 21:11 ] [ 編集 ]
  670. かげおくりの話と混じるんだよな。
    一回見たら二度と見たくないわ、辛過ぎるだろ
    [ 2013/08/15 21:51 ] [ 編集 ]
  671. 気を付けろ
    この中にチョンと中華が日本人に成り済ましてデマコメ書いてるぞー
    [ 2013/08/15 22:15 ] [ 編集 ]
  672. 理不尽な紛争で亡くなる子供がいなくなりますように。
    アメリカが憎いんじゃない。
    戦争が嫌いなんだ。
    [ 2013/08/16 00:55 ] [ 編集 ]
  673. ※1
    だよな、関西人って関西に住んでるからって関西弁を使っていいと思ってる奴多すぎ。

    我々都民が関西に旅行に行った時に、地元民の関西弁を聞いて嫌な気持ちになるということも考慮してほしいものだよ・・
    [ 2013/08/16 14:22 ] [ 編集 ]
  674. この映画は成人指定にしたほうがいいいと思う。
    子供に見せたら、絶対にトラウマになるから。
    強烈すぎるよ・・。
    [ 2013/08/16 18:44 ] [ 編集 ]
  675. 名無し
    ルーズベルトは日本と戦争することを決めていた。どうやって日本に先制攻撃させるか思案していた。あの戦争は止められなかった。ハルノートで徹底的に戦争するように日本を追い込んだ米国は自国民にことの顛末を公表せずに未だにパールハーバーを日本の先制攻撃と偽り壮大な人体実験だった原爆投下を終戦させるためだったと正当化をしている。英国は原爆投下1ヶ月も前に米国による日本原爆投下を賛同している。白人どもはどんな了見で日本の悲劇を語っている。何もかもおまえたちのせいじゃないか。
    [ 2013/08/16 18:44 ] [ 編集 ]
  676. あまりにも悲しすぎるという理由で我が家で封印された映画じゃないか
    [ 2013/08/16 19:01 ] [ 編集 ]
  677. 賛否両論あるが、これだけのコメントが有るという事実を嬉しく思う。
    受け取り方なんて人それぞれで良い。
    作品を観、思う所を述べ、語り合う事こそが歩み寄りの第一歩。

    コメントを寄せた全ての人々に敬意を評します。
    [ 2013/08/16 22:11 ] [ 編集 ]
  678. この映画は見る年齢によって感想が全く変わってくるのが面白い。
    清太に近い年齢の時にはおばちゃんが憎らしく見え、
    自分が大人になり社会に出てから見ると清太が我慢のできないガキに見える。
    そして自分が家庭を持つようになってから見ると、おばちゃんも清太もまた違ったように見えてくる。

    一度見れば十分という人も、また見てみることをお勧めするよ。
    [ 2013/08/16 22:28 ] [ 編集 ]
  679. 民間人を如何に効率良く殺.すか研究するなんて

    鬼畜米獣
    [ 2013/08/16 22:38 ] [ 編集 ]
  680. うちのコメが最後の閉めかな??
    酩酊状態で打ち間違いあったらごめんな、。

    なんやこの映画が外国の人にも分かるのがめっちゃ嬉しいわ。

    うちな! 「 羽生の宿 」 聞いたら無意識に脳内変換されて泣くねん!

    お~~~い みずしまぁ~! 一緒に日本に帰えろーぜ!
    戦争は終わったんやぁ~! 日本に帰るどぉ~!

    お~い 水島? 帰れるんやど・・・???

    ホタルも泣くわ、神風特攻隊の映画といい、かんべんな。
    「 羽生の宿 」 は流さんといて、・・・なんやよおわからへんけど自然と
    自民党本部に自爆攻撃したくなるからさ。


    [ 2013/08/17 02:46 ] [ 編集 ]
  681. 日本や中国が欧米から被った損害は過去の事だから忘れろ
    とか言う毛唐の茶坊主(ゴマスリ)どもの話は聞く必要がない。
    欧米自身が殺人罪等に時効を設けてないから、断罪は納得できないという主張は通らない。
    ナチ戦犯だって戦後何十年も追及されたしな
    [ 2013/08/17 04:22 ] [ 編集 ]
  682. この映画は監督が無理やり反戦風味に仕立てあげたことを知ってほしい。野坂は自分が疎開先の姉ちゃんに恋心抱いて妹の面倒ないがしろにした結果妹が死んだってのが事実。
    [ 2013/08/17 09:52 ] [ 編集 ]
  683. 戦争モノといえばこういう押し付けがましいリアル路線よりも、ガンダムやヤマトのようなロマン系が好きだけどな。ズゴックとか二連三段空母とか、プラモ作るクリエイティブな楽しさも同時に教わった。楽しいは正義。
    [ 2013/08/17 12:38 ] [ 編集 ]
  684. 上に白人達のセンチメンタルな感想が並んでるけど
    お人よし日本人はこれらを真に受けて感激してる場合じゃない。
    今経済的に困窮してる欧米はアジア人の懐を狙って
    情けに付け込む事ぐらいやりそうだと考えるべきだ。
    [ 2013/08/17 18:59 ] [ 編集 ]
  685. 世界で共通して言える事
    政治家、権力者はクソだらけ(極一部を除いて)
    まず世界中の一般市民はわかっているはずなのに再認識するべき
    日本とアメリカ限定で言えば特にアメリカ人の一般市民は
    どうしても自国が正義だと思いたいのはわかるけど
    これからもテロに怯えて暮らしたいの
    政治家、権力者の他国にとってきた行動のツケを一般市民が犠牲に
    なって返ってきてる事に腹をたてよ
    [ 2013/08/17 22:27 ] [ 編集 ]
  686. 「叔母さんは悪くない」「清太が節子の飯を食って死なせた」
    って意見を上からドヤ顔で言ってる奴らがいるけど、それ
    岡田斗司夫がニコ生で話してたのが元ネタだよね?
    大方、岡田斗司夫の放送見た奴が2chに書いてそれをドヤ顔
    で自分の意見としてここで言ってるのだろうが恥ずかしいよ。

    海軍大尉の父親の影響で清太にも、強いプライドがあった
    から叔母の家を出たのだろうし、本当に困窮していれば、
    無意識に自分が生きるため、食べ物を口に入れるのは普通。清太が悪いというのは興味深い意見だが的外れ。
    俺は、このアニメは何かを伝えようとしたというよりは、
    単純に事実を描いただけだと思う。
    左翼思想。アメリカが悪い。清太が悪い。などなど、結論を
    だしたがりすぎなんだよ。
    [ 2013/08/18 02:37 ] [ 編集 ]
  687. 戦後日本の戦争アレルギーが心配
    「戦争を嫌う国は戦争を好む国によって支配され蹂躙されるというのが歴史から得られる教訓である。」マキャベリ
    [ 2013/08/18 18:20 ] [ 編集 ]
  688. 結果が絶望っていう酷い映画だと思った。一番印象に残ったのが、冒頭の少年が死にかけているところで駅員が[またこいつも死によるでぇ、たまらんなぁ]のようなことを話していた部分。
    関西人て惨いなと思った。
    [ 2013/08/18 22:40 ] [ 編集 ]
  689. パールハーバーもアメリカが仕組んで、日本から攻撃させるようにしたこと。
    それを日本、亜米利加どちらも真実を知っているものが少なすぎる。
    亜米利加なんて、そういう資料あさりやすいんじゃないのかな?

    ま、どちらでも自分たちが聞いてる事だけが真実なんだよね…

    作り話だろうが見てて不思議じゃない?あれ
    セイタのお父さんは…たぶん佐官クラスじゃね?
    それって偉いぞ、その子息を日本軍が黙ってみてることはありえない。
    そういう施設があったはずだ。
    色々と調べると面白いよ。
    [ 2013/08/19 00:39 ] [ 編集 ]
  690. 日本に与えられた被害は時がたったから風化したなどとひよってる連中もいるが
    むしろ利子が発生して膨らんでいるととらえるべきだ。
    [ 2013/08/19 01:04 ] [ 編集 ]
  691. 高畑は
    赤毛のアンしか認めない
    [ 2013/08/19 06:05 ] [ 編集 ]
  692. お盆にいつも放送される
    戦争が終わり敗戦利得者とGHQの中で生きるだけで精一杯の時代から這い上がれた人間の逞しさに感動や共感をおぼえます こんな平和で自由な国にしてくれた防人に感謝します
    [ 2013/08/19 10:49 ] [ 編集 ]
  693. 反戦アニメじゃないとか言ってる人居るけど、
    それって見た側の捉え方で反戦だなって思ったならそれでいいんじゃね。
    違うし!とかいちいち言うやつまじめんどくせえ。
    左翼が作ったとか言ってるやつもめんどくせえ。
    [ 2013/08/19 12:29 ] [ 編集 ]
  694. 691
    691の訂正
    日本に与えられた被害 ― 誤
    日本が与えられた被害 ― 正
    [ 2013/08/19 19:55 ] [ 編集 ]
  695. 妹を思う兄の気持ちは、よくわかる。
    親のいない子子家庭の気持ちも、よくわかる。
    いろいろ思うだろうけど、兄はあれが精一杯だった。
    叔母さんも、別に特別悪いわけではない。
    一生懸命に、生きようとしている人を否定出来る?

    誰も望んでないのに、何でそんな事になったんだろう?


    [ 2013/08/19 20:35 ] [ 編集 ]
  696. これが放送されると実況板がなぜか関西人叩きだらけになるんだよなあ
    [ 2013/08/19 23:06 ] [ 編集 ]
  697. >>15
    じゃりん子チエも知らんゆとりかよ
    [ 2013/08/20 13:41 ] [ 編集 ]
  698. 個人的に火垂るの墓はトラウマに近い。悲しみや苦しみが不快な形でのしかかってくる。
    戦争を題材にした作品はいくつか見ていて、良いと感じたものもいろいろあるけど、これは二度と見たくない作品だ。
    [ 2013/08/20 20:09 ] [ 編集 ]
  699. 政治の混乱を招いた某政治家、、
    それに乗じた軍部、、
    後押しした国民、、

    [ 2013/08/20 21:04 ] [ 編集 ]
  700. パールハーバーはアメリカの諜報活動ですべて筒抜けだったんだけど…。まあ日本の外交官達も開戦間近で徹夜で、疲れきっちゃって全員休憩してたのも悪かったんだけどね。
    [ 2013/08/21 15:04 ] [ 編集 ]
  701. >>690
    父方の親戚筋に話が付けばどうとでもなるはずだったんだけど、連絡先が全部燃えたという話が劇中にある
    おばさんとの最初の会話がそれ
    母親から話が聞こうにもあぁだったしな
    仮に補完されてなかったとしても、そもそもフィクションだし、そこは突っ込み所ではないだろう
    [ 2013/08/21 16:27 ] [ 編集 ]
  702. r
    >だけど、原爆を日本に投下する必要性はなく、間違いだった。 
    >原爆なんてもん、どこの国も絶対に使っちゃいかんよ。 +7 アメリカ

    この言葉は嬉しかった…のに

    >ちょっと待ってくれよ。アメリカは日本に降伏の機会を与えただろ。
    >彼らがハッタリをかます事に命を賭けたのは、俺達のせいじゃない。 アメリカ

    …はぁ!?実験したいが為にこっちの呼びかけガン無視して原爆投下強行したのはどこの国でしたっけ?
    [ 2013/08/23 20:51 ] [ 編集 ]
  703. やっぱり感じるものは世界共通なんだな。
    淡々とやってたあたりさらに悲しさをましたアニメだった。
    いつもの日本のアニメ、ドラマって号泣(うるせえ)薀蓄、お涙ちょうだいオンパレードだし。そうじゃなかった。
    おばさん、責められてたけど、まあ、自分の事で手一杯だったんだろうな。
    悲しすぎて2回見れないアニメ・・。
    [ 2013/08/23 21:04 ] [ 編集 ]
  704. 初公開時、初日にガラガラの映画館で観たが、この作品のラストシーンは映画史上に残ると思う。余りの衝撃でしばらく動けなかった。
    [ 2013/08/23 22:08 ] [ 編集 ]
  705. 気をつけろ。

    韓国政府が「火垂るの墓」のモデルは韓国人、日本軍の愚劣な所業を
    表現したもの、とロビー活動始めてるからな。
    [ 2013/08/24 00:32 ] [ 編集 ]
  706. 左翼思想の人が作った映画だけど、戦争の悲惨さをリアルに表現した名作
    今の左翼は反日売国のガイキチだからね
    [ 2013/08/24 03:48 ] [ 編集 ]
  707. フィクションとも一概に言えないよね。
    いや、まぁ映画自体はフィクションなんだけど、

    誰も知らない誰かの妹が餓死して死んで、
    誰も知らない誰かの兄が道端で死んで、

    当時はありがちな人生っぽい。
    [ 2013/08/24 03:49 ] [ 編集 ]
  708. 西宮のおばさんdisってんじゃねえよ!
    [ 2013/08/24 12:13 ] [ 編集 ]
  709. ついでに「くだんの母」も映画化きぼん
    [ 2013/08/24 16:46 ] [ 編集 ]
  710. 米125
    どっちかというと地域差
    [ 2013/08/24 17:08 ] [ 編集 ]
  711. ちうかこの映画の評論で「~が悪い」は禁句よな。途端に小さくなる。
    観た人に共通する「悲しみ」を感じるだけの方がいい。

    [ 2013/08/24 17:09 ] [ 編集 ]
  712. とりあえず、
    >>21

    「嘘」を世界中に吐く、お前の罪を数えろ!


    [ 2013/08/24 18:35 ] [ 編集 ]
  713. ま、ホタルノハカは置いといて。

    嫌韓。

    韓国および韓国人が本当に嫌い。

    これに尽きる。
    [ 2013/08/25 17:21 ] [ 編集 ]
  714. 名無し
    ※1
    何言ってんだこいつ。物語の舞台が神戸芦屋西宮あたりなんだけど。
    [ 2013/08/25 21:54 ] [ 編集 ]
  715. 名無し
       ■ ちょっと待ってくれよ。アメリカは日本に降伏の機会を与えただろ。
         彼らがハッタリをかます事に命を賭けたのは、俺達のせいじゃない。 アメリカ



    アメリカのせいでもあり、日本のせいでもある。しかし、なぜ一般市民の住む市街地を焼き尽くす必要があったんだ。
    アメリカは自分の事を正義の味方だと信じ込むのを辞めた方が良いと思うわ。
    [ 2013/08/25 22:01 ] [ 編集 ]
  716. とおりすがり
    素晴らしい映画だけど、二度と見る気しねえ。
    でも間違いなくこれが人生の現実。
    [ 2013/08/25 23:43 ] [ 編集 ]
  717. とおりすがり
    野坂のほぼ実体験を小説にしたんだけど、
    「俺はあんなに妹に優しく出来なかった。」
    って死ぬまで自分を責めてたらしいね。
    現実はこの映画より更にシビアなんだよ。
    それが何より辛いわ。
    [ 2013/08/25 23:49 ] [ 編集 ]
  718. いやアメリカは少しバカだよ、敵が見えていない。
    [ 2013/08/26 00:27 ] [ 編集 ]
  719. 最初はシナ、そして英米ソ蘭
    それにしても
    なぜ日本は世界中を相手にここまで戦わされるハメになったのか?
    併合しちまったもんだから、かの国の法則が強烈に働いたのは言うまでもない。鮮人に憑りつかれるとロクなことがない
    [ 2013/08/26 00:53 ] [ 編集 ]
  720. 予告編でどんなにバラしたって構わない。
    本編はもっと揺さぶられる。

    [ 2013/08/26 11:08 ] [ 編集 ]
  721. コレ見て爆笑する国が日本の近くにあるそうです
    [ 2013/08/26 17:26 ] [ 編集 ]
  722.   
    涙腺ブレーカーだから見ないのが正しい選択
    あのおばさんの行動は正しいからこそやるせない
    [ 2013/08/26 17:39 ] [ 編集 ]
  723. そうなんだよね。あの状況下で、おばさんの選択は正しい。
    それがわかってしまうから「戦争なんてやるもんじゃない…」と思うんだよね。
    この映画を見て「誰か」を糾弾する必要などないんだよ、アメリカさん。
    [ 2013/08/27 13:52 ] [ 編集 ]
  724. 「実際は原作者は◯◯していなかった」
    だから何だと言うんだ?していなかったからどうだって言うんだろう?
    [ 2013/08/27 18:25 ] [ 編集 ]
  725. 韓国人はこれ見て「日本人が死んだ」って大爆笑するって本当?
    [ 2013/08/27 20:22 ] [ 編集 ]
  726. これを見て泣くってことは同じ感性をしているってことだな
    あたりまえだけど。 
    [ 2013/08/28 00:43 ] [ 編集 ]
  727. アメリカはパールハーバーで日本の先制攻撃が悪いってことにしてるけど実際はABC包囲網とハルノートで日本から戦争以外の選択肢を奪った。イギリスの手助けがしたいアメリカはどうしても日本と戦いたかった。ロシア工作員に唆され中国の情報操作に騙され日本人を人間だと思ってなかったルーズベルトの人種差別意識ってのもある。
    核が落ちたのは日本がロシアを通し降伏を伝えた後なんだ。民間人に対しての絨毯爆撃は国際法に違反する虐殺。東京裁判で一方的に日本人は悪者にされ戦後もアメリカによって日本人はそう教育された。
    [ 2013/08/28 01:19 ] [ 編集 ]
  728.  
    節子の声優が素晴らしい
    本当の子供なんでしょせっちゃん
    [ 2013/08/28 19:24 ] [ 編集 ]
  729. 別にアメリカ人が悪いんじゃないよ。
    今の若者に言ったてどうしようもないことだしね。
    でも歴史を見つめなおして考えるのは大事だよ。
    勿論アメリカに限ったことじゃないけれどね。
    [ 2013/08/28 20:24 ] [ 編集 ]
  730. リアル清太はんはパンシロンのCM作ったり「愛のコリーダ」の監督を舞台上でぶん殴ったり酔っぱらったままTVタックル出てオカルト肯定派についたり人生を謳歌されてます
    [ 2013/08/28 21:10 ] [ 編集 ]
  731. 米718
    野坂は死んでないぞ
    [ 2013/08/28 21:13 ] [ 編集 ]
  732. やっぱりおばさんは意地悪だよ
    イヤミじゃなくてちゃんと
    「お茶碗片づけなさい!」「勤労奉仕行ってきなさい!」
    と叱ってやればいい
    [ 2013/08/28 21:48 ] [ 編集 ]
  733. 愛国心って大切だな
    [ 2013/08/30 02:02 ] [ 編集 ]
  734. この作品で凹む時なんとかそれをごまかそうとする時思い出すのは
    作者の野坂昭如の名言
    野坂の娘が学校の課題で蛍の光をやった時
    先生が作者はこの作品を書いた時何を思ったか考えて来なさいと宿題を出されて
    娘が作者の野坂にどう思ったか聞いた時野坂が言ったのが
    「締め切りが迫っててそれしか考えてなかった」
    因みに娘は翌日野坂から聞いた話をそのまま提出したら先生に〇点付けられたらしいw
    [ 2013/08/30 02:25 ] [ 編集 ]
  735.  
    アルプスの少女ハイジに代表される世界名作劇場の高畑勲監督作品という前評判。

    となりのトトロ→火垂るの墓という放映順での同時上映。

    まさに上げて落とすという鬼畜の所行。
    [ 2013/08/31 07:29 ] [ 編集 ]
  736. 今のアメリカ人に謝罪されても・・・
    [ 2013/08/31 16:57 ] [ 編集 ]
  737. うちの地元は田舎で農家も多く、戦時中は町から着物などを持ってきて食べ物とかえてくれと訪ねてくる人が結構いたそう。
    農家の中にはもう1枚多く置いて行くなら分けてもいいと足元をみる者もいたそうで、
    そのことを、酷い!ひとでなしだと言う人もいる。けど、いつ終わるかもわからない、男手も帰ってこないかもしれない戦争下で食料だけが頼りの資産でもあって…。

    子供の頃は火垂るの墓のおばさんが嫌いだったけど
    大人になって観るとまた違う感情も出てくるね
    [ 2013/09/01 06:48 ] [ 編集 ]
  738. 俺は今日、蛍の墓を見た。

    万が一、戦争が起こったら最低限俺の身の回りの人だけでも
    不幸が少ないように、そして節子のような子供を出さないように
    しようと心に誓ったよ。
    [ 2013/09/01 20:53 ] [ 編集 ]
  739. 某やる夫スレでリアルで米軍の友達の話扱ったのあったけど
    そこの上司がジブリ大好きだけど蛍の墓だけは一回見て
    自分の仕事にも疑問持ってしまうから封印したとかあったな
    [ 2013/09/03 20:59 ] [ 編集 ]
  740. ぱやおも左翼だしね
    [ 2013/09/03 21:59 ] [ 編集 ]
  741. 何でアメリカがこんなことをしたのか分からない?
    それは日本人を人間だと思ってなかったからだよ。

    今だってその流れは続いてる。
    日本人が何人ザンサツされたかなんて、知ってるアメリカ人は殆どいない。

    だから平然と民間人の死者がゼロな上、
    それから先の戦争の被害に比べれば大したことのないパールハーバーを引き合いに出せる。
    [ 2013/09/06 05:03 ] [ 編集 ]
  742. 国防軍の話が上がってから、この手の動画を見てないな。
    それ以前からかも知れんが
    鎮魂と反戦の思いを新にする為の通過儀式的なものだったのに
    金曜ロードショウで流してたから、戦争の悲惨さを学べたのにな
    ま、政府が圧力を掛けたんだろうが
    道徳とか今の日本人の教育には絶対必要よ?
    正しい選択が出来る様に育てるのが両親であり学校だってのに
    両親は学校に任せて学校は進学させるだけで精一杯
    こんな国で英雄とか職人が出来るワケナイダロ
    [ 2013/09/09 00:37 ] [ 編集 ]
  743. ≫742
    きっかけを作ってしまったのは日本で間違いない。
    でも右翼じゃない限り日本人は過去を認めてる人が多い。政府の洗脳もあったし。
    でも白人は基本的に自分が悪いなんて欠片も思わない。勿論例外もあるけど。
    人種の差と言えばそれまでだが、やりきれんなあ。

    [ 2013/09/11 02:18 ] [ 編集 ]
  744. ≫689

    これは関西人の駅員がて惨いというより、その当時はそんな悲劇が日常的にありふれていたので、不感症になっていたのだと思う。
    戦災孤児で親戚も全滅して誰も保護してくれるものも無く、飢えた挙句駅のベンチや地下道で座ったまま動けなくなり、そのまま餓死する気の毒な子供達はたくさん居たと聞いたことがある。大人も子供も体力の無いものは死が当然だった時代。せめて終戦から1年耐え抜けば何とかなっただろうに。
    1年なんて長い人生で考えれば短いが、困難な渦中にあるものはその1年が越せない。

    この映画は、誰が悪いとも表現していないし、かつて日本でもこのような悲惨な事例があったのだということを淡々と表現している。
    [ 2013/09/11 20:14 ] [ 編集 ]
  745. アメリカ人の思考って、パールハーバーからなんだよね。
    『何故日本帝国が真珠湾を攻撃せねばならなくなったのか?』
    って処からちゃんと検証して貰いたい。

    日本はあらゆる手立てを使い、戦争回避を試みたんだ。なのに
    ハル・ノートなんて日本に滅びるか戦争かを選べと強要してる
    だけなんだからな。
    あげくもう満足な迎撃が出来ないのに高高度から無差別爆撃で民間人を殺しまくり、
    悪魔の兵器の威力を試したくて民間人の上に原爆を落とした。
    [ 2013/09/14 17:37 ] [ 編集 ]
  746. 予告編だけで涙腺が…
    大人になった今、子供の頃よりも泣いてしまう気がする
    [ 2013/09/15 02:05 ] [ 編集 ]
  747. 子供二人とその友人数名 それとかみさんとで見たな
    みんな涙ボロボロで 何か悔しそうに見入ってた
    こんな時は泥棒でもなんでもやっていい
      絶対に妹を死なせてはいけないんだー!
    って大声出した記憶がある
    [ 2013/09/15 13:14 ] [ 編集 ]
  748. 反戦がテーマではない、と原作者もアニメの製作者も言っている。社会性の欠如がテーマ。実際、戦災孤児だった人に観せると鼻で笑うレベルらしいからな。〝こんなもん、死ぬに決まってんじゃねぇか〟と。
    それにしても、「風立ちぬ」でも思ったけど、何かを鑑賞する時、イデオロギーを通さないでフツーに観られないもんかな。映画が与えようとしてくれるものに身を任せる事が、そんなに後ろめたいか。
    この映画も、戦争は良くないよね、と滂沱の涙を流す人々の方が俺は好きだ。
    [ 2013/09/16 19:42 ] [ 編集 ]
  749. いつどうなるともわからない時代において、伯母さんが自分の家族に贔屓してしまうのもわかる。
    そしてセイタが節子と二人で伯母さんの家を出るのもわかる。
    正しい行動ではないかもしれないけど、15歳の少年にとって、あのような状況での精一杯の行動だと思う。15歳の少年と言えば社会性を身につけるにはまだまだ未熟。
    妹も伯母さんの家は嫌だと言っている。それならば。。。と思うのも自然。

    大人になり社会性を身につけた時、自身の思春期においての行動について悔やんだり恥じたり、時には自分を責めたくなったり、誰しもそういうことに身に覚えがあるはず。
    だから、セイタはとてもリアリティがあると思うよ。
    [ 2013/09/16 23:39 ] [ 編集 ]
  750. コメントにもあるけど軍人同士や軍施設ならわかるけど民間人への無差別攻撃ははやっちゃいけないよな…アメリカがどうとかはぬきにしてもさ
    [ 2013/09/17 22:17 ] [ 編集 ]
  751. 子供の時に見たときからどこがお涙頂戴ポイントなのか正直分からなかった
    戦時下で貧しいときに判断を誤ったら死にやすいなんて当たり前なんじゃないの?
    即戦力になりそうもない年寄りや子供、障害者なんて真っ先に切り捨てられるリスクが高いのに上手く立ち回らなかった2人はお馬鹿さんですよって晒しあげるアニメだろ
    [ 2013/09/18 20:50 ] [ 編集 ]
  752. セイタがアホだって言いたがる奴は
    テレビで格闘技やらスポーツの試合見て
    俺ならこうするのにって偉そうに言いたがる奴と同じじゃないか?
    [ 2013/10/13 18:21 ] [ 編集 ]
  753. 途中で「はだしのゲン」に言及しているコメントがいくつかあったが、先日、松江市教育委員会が閲覧制限してどうのと新聞報道があった。
    朝日・毎日が強力に反対したが、調べてみると少年漫画誌での連載終了後は第2部として、日教組の機関紙と赤旗で連載が続いていた。
    内容は推して知るべしで、旧日本軍の残虐行為や天皇批判など、左翼のプロパガンダ満載の内容。
    「火垂るの墓」は評価するが、「はだしのゲン」は生活のために左翼に魂を売った情けなさすぎる作品。
    [ 2013/10/21 22:22 ] [ 編集 ]
  754. ※527って、中韓みたいでキモイ。
    過去の出来事で現代人に何を反省しろっていうの?
    教訓にしろなら分かるけどさ。
    こんな感じの人に疑問に思うことだけど、
    誰が悪かった何が悪かったって決め付けてどうしたいの?
    どうするの?その次に何をしたいのよ?
    中身なんて何もないんでしょうに。
    あの戦争はたしかに悲しいことではあったけど、
    あの出来事を経過として築き上げられた現代を考えれば、
    悪かったか良かったなんて判断つかないよ。
    あなたの人生は上手くいってないかもしれないが、
    先人とあの出来事のおかげで、今や日本という国や民族や文化や精神を初め、その他もろもろ世界から評価されていいたりもする訳で。
    例え、あの戦争がなく現代が別の様であっても、あなたのようなタイプはあら捜しや同じこと言ってることでしょう。
    もし悪いことと言えることがあるとするなら
    あの時、何が、誰が、ではないよ。
    今のあなたのその考え方、発想が悪い。
    [ 2013/10/24 19:03 ] [ 編集 ]
  755. 何の罪も無い無垢な子供が訳分からん内に弱って死んでくのはアカン。
    涙が止まらん。せめてBGMがこち亀だったら…!
    [ 2013/11/04 15:31 ] [ 編集 ]
  756. 過去に2回見ましたが、
    永い間このページを開いていない。
    一人で見た後の時間が今の自分には重い。
    [ 2013/11/13 00:59 ] [ 編集 ]
  757. コメントにあるが、この映画は反米映画ではなく反戦映画だから
    外国人も日本人もここ勘違いしてギャーギャー言ってるやつが気になって仕方ない
    [ 2013/11/21 18:51 ] [ 編集 ]
  758. 兄貴はカス
    自分のエゴのために節子が死んでしまった
    この映画をみるたびに、この兄貴を殴りたくなる
    節子がかわいそうすぎるだろう。
    [ 2013/11/22 22:32 ] [ 編集 ]
  759. ※16
    かわいそうな象、かな?あの本は何度も読んだ。心にくるよね
    ※756
    油断したww

    火垂るの墓は観てみたいんだけど、もし観たらしばらく立ち直れなさそうで観れない…
    [ 2013/11/22 22:43 ] [ 編集 ]
  760. 泣いた。
    さっき見て今日も泣いた。
    それでここに来てまた泣いた。
    悲しくて何度も泣いてしまう。
    [ 2013/11/23 00:12 ] [ 編集 ]
  761. これは、大人になると主人公の身になって考えられなくなる。
    なんかさびしくもあるんだけど。

    おばさんの身になると、戦時中だとこうなるかもと思う。

    [ 2013/11/23 15:14 ] [ 編集 ]
  762. さっき見終わったところ。松嶋菜々子の実写版と共に保存版に。とにかく画が綺麗で、ちょっとした自然の描写や、登場人物のふとした動き(清太が箸をトンと揃える、とか)が日常性をこちらに突きつけてきて、たまに胸がザワっとしました。そういうところに手を抜かないってのがこの作品の現実感を無性に際立たせてる気がします。
    戦時中の孤立も、現代の孤立も命取りに変わりはないのです。時々ある孤独死のニュースに明日は我が身かと考えますし。清太は、妹のためにおばさんの家に戻るべきだったのにそれをしなかったから結局はあんな最後を迎えてしまった。計算できなかった兄の失敗です。ただ、節子がもう死にかけてるあのタイミングで父の戦死や終戦を知ったのではもう遅すぎたんでしょう。おそらく清太は、父が帰ってくれば全てが好転し解決できると思い、それまでなんとか時間稼ぎをしようと考えていたんでしょう。農家のおじさんが戻るよう勧めてくれた時にその通りにしていればと残念です。
    駅の場面でも、他にも何人もの子供が死を待つばかりになっていましたが、周りの通りすがりの人たちもほとんど気に止めていませんでした。駅員も遺体を邪魔なゴミ同然に思っていました。その清太も海岸で死体を見た時に手も合わせませんでした。そういう、戦時下の生活で摩耗していく神経と、生きている喜びの描写(病院の入口内の会話や蓄音機の場面など)が並行して現れ、そのどっちにも心情的に偏らず、ただ淡々と人間の行動を追っている非情な第三者の視点で貫かれているこの作品は、戦争映画の中の戦争映画だと私は思いました。右とか左とかの問題じゃないでしょ。カタルシスも盛り上がりもない、これが戦争中の市民生活です、こんな事がたくさん起きていたんですって話なだけでしょ。それと、コミュニティが大事!清太のように判断を間違うなってね。
    在日・韓国の言うことなんか無視してればいいですよ。日本憎しの脳みそで何がわかるってんです?この素晴らしい映画を作れる日本を妬んでるんですよ。
    [ 2013/11/24 15:26 ] [ 編集 ]
  763. 自分達に都合の良い情報を元にした捏造史観はシナ、チョン、ネトウヨ
    特ア三兄弟の専売特許だよね!
    [ 2014/01/01 20:56 ] [ 編集 ]
  764. 歴史とは?お互いの私利私欲で捉え方が違うし、とかく情報操作なんて、どの国でもしている。アメリカや当時の先進国?の都合のよいようにね?日本も同じだ?ひとつの時代の大きな流れの渦にみんながまきこまれた。歴史・時間は続いている...どこの国がなどと今更、大声で日本人は言わない、敗戦国だから?いや主たる理由は日本人だからだ。確かに、勝ち負けと言う面で当然負けた、だが?それを遥かに覆い包む誠心・精神があったからだ、同レベルの精神なら、今だにゴタゴタ日本人はごねたいたろぅ?理屈じゃねんだ?戦争はどんな事があったもしてはならないと、日本人の根底にあるのだ。敵は他人でなく、己にある。それが日本人なんだ。いつまでたったも、争い続ける世界?俺からしたら宗教でさえいらないと思う、それが穿った争いを巻き起こすなら。日本人は今更どうこう言わない。ただ無条件に戦争はなにがあったも避けなければならない。それだけなんだ。だから?自分の国を収める能力のない連中の都合で反日をして己の現在の失態からめをそらす為に歴史を持ち出すな。今・現在・近い将来をごねている国家の国民達?己の足元を自覚せよ。それと日本人?同じ誤ちは、世界がしても・俺たちはするな。過去は変えられない、未来は変えられるのだから。戦争は避けなければならない。
    [ 2014/03/11 02:57 ] [ 編集 ]
  765. 自業自得。恨むならアホの天皇でも恨むんだな。
    [ 2014/04/07 11:56 ] [ 編集 ]
  766. ※765
    この映画を見ても、無知から来る憎悪に捉われているとはね。
    惨めな奴だ。哀れに思う。
    [ 2014/04/12 17:28 ] [ 編集 ]
  767. ※766
    当時の天皇に全く非がないとでも?
    [ 2014/05/01 13:06 ] [ 編集 ]
  768. 昭和天皇に全く非がないとは思わない(自分の名において戦争を始め終わらせたのだから)。
    だからこそ戦後 強い贖罪の日々を送られたであろうことは察して余りあるものがあるよ。
    (靖国神社へ「A級戦犯」が合祀されて以来 天皇陛下がご親拝されないことや 富田朝彦の
    メモからも察せられる)
    一番腹が立つのは あんなアホな戦争に陛下と国民を引きずり込んだ ボンクラ大本営の
    軍属どもを英雄視する シナチ.ョンモドキの国賊ネトウヨが この頃繁殖していることかな!
    (ハルノートを戦争の決定的な要因とする 無知なネトウヨがいるけど ハルノートを
    受け取ったのは昭和16年11月27日。日本海軍機動部隊が真珠湾に向けて出撃
    した次の日な!当時、山本五十六はのちの海軍大臣・嶋田繁太郎に日米交渉につ
    いてこう書き送ってる「現政府のやり方はすべて前後不順なり。今更米国の
    圧迫に驚き、憤慨し困難するなどは、小学生が刹那主義にてウカウカと行動するに
    も似たり」、ってね! )
    [ 2014/05/26 08:32 ] [ 編集 ]
  769. 文中のアメリカ国籍の人、「降伏の機会を与えただろう?」って本気で言ってるの?本気で言ってるんだろうな…。
    [ 2014/05/31 06:23 ] [ 編集 ]
  770. おいアメリカ!

    ABCD包囲網
    ハルノート
    日本からの宣戦布告

    よく調べてから喋れ!

    [ 2014/06/14 11:14 ] [ 編集 ]
  771. やっぱり戦勝国史観は止めて歴史を正しく教えなきゃいかんぜよ?

    ・白人の人種差別がデフォの時代でアジア全域植民地だった
    ・人身売買がデフォだった
    ・植民地ではほぼ強姦がデフォだった
    ・知恵がついて疑問を持たせないため教育は与えなかった
    ・有能な危険人物は始末された

    ・ハルノートとは資源のない日本で大陸からの輸入が止まることは国家滅亡&無条件降伏を意味したからパールハーバーだった
    ・ポツダム会議でソ連侵攻で利権を取られないためアメリカは降伏準備をまたず計画的に2種類の原爆を落として人体実験した
    ・原爆の威力のおかげでアメリカは世界帝国になり冷戦構造になった
    ・終戦後アメリカは、日本を悪にする嘘の歴史のプロパガンダを世界中に広める工作をした
    ・アメリカは建国以来、正義を演出して戦争を起こしながら利権を手中に納め世界帝国を維持してきた


    ネットで情強な時代になってもいつまでありもしない嘘歴史にすがりついてるんだか大笑いだよ
    [ 2014/06/19 12:39 ] [ 編集 ]
  772. ※767
    今と同じ象徴天皇だったのに何の非があるんだよ
    そもそも日本の戦争に何の非があるんだよ
    東京裁判が事後法による違法な裁判だったから戦勝国が後に取り下げたのを知らないのか?
    きょうびアメリカでさえ日本は正当だ当時の大統領こそ戦犯だって声が出てるのに何寝ぼけてるんだ?
    アメリカのアジア分断工作反日プロパガンダに簡単に騙される愚民だから支那朝鮮人って言われるんだよ
    [ 2014/06/19 12:45 ] [ 編集 ]
  773. 未だ特アと自虐バカな日本人のために言っておく
    戦後の近代史は全部アメリカが作ったファンタジーだよ
    すべてが日本が悪かったことに集結しててちった疑問に思えよw

    そろそろ反日が中韓在が喜ぶ政策じゃなくてアメリカだけが喜ぶシステムだったことを気付よ
    特に純正日本人で真に受けてるやつはピュアなだけで愚鈍中の愚鈍人だわ
    [ 2014/06/19 12:51 ] [ 編集 ]
  774. ※768
    ネトウヨ連呼厨のようなんで言うだけ無駄だと思うがヒントw

    日米決戦の原因を探るとハリマン事件に端緒を見いだすわけよ
    ハリマン事件ってのはその前にあった日露戦争の戦後処理に関わる事件よ
    日露戦争の原因は日中戦争に関係するわけよ
    その日中戦争はアヘン戦争の存在が発端なわけよ
    すべてにユダヤとか共産主義が関わってくるわけで

    戦後の自虐史観じゃ絶対出てこない、書籍を読まないと分からない話なわけよ
    図書館に山ほどあって無料で借りられるぞ日本国民なら
    [ 2014/06/19 13:07 ] [ 編集 ]
  775. www.youtube.com/watch?v=bKjf2b0qzNY

    嫉妬する在の必死コメントが鬱陶しい
    そんなに嫌いな日本にどうしてすがりついて生きたいかなぁ
    [ 2014/06/19 17:24 ] [ 編集 ]
  776. ※775
    それをアップロードした人も外国人を小馬鹿にしたようで
    なんだかなー
    [ 2014/06/19 19:53 ] [ 編集 ]
  777. マメリカ人が何言ってんだ
    [ 2014/08/09 06:44 ] [ 編集 ]
  778. 辛い中必死に生きようとした小さな女の子と
    小さな妹を抱えて妹と共に生きようとした子供、
    食料が無い、物資が無い、家族もいない
    何も無い中、ただただ生きようとするだなんて
    経験したこともないから誰も責められない。

    ただ悲しいんだよ。

    ここでは原作の話しもその作者の話しも出てないし
    劇中でも敵国を責めたりはしていないのに
    そんな事しか考えられない、それで人を責める事しかできない人達は
    この映画を理解してないと思う
    [ 2014/09/04 15:25 ] [ 編集 ]
  779. 一般市民の街に空襲…原爆も二発…
    戦争はどちらの国民も傷つく。たくさんの命が奪われる。
    辛いわ。
    だから戦争のない平和が欲しいのに、どこの国もアグレッシブで困る。
    最近は宗教がらみで騒いでいるし、争いは人間の業か。
    [ 2014/09/20 02:39 ] [ 編集 ]
  780. 動画見ただけでボロ泣きしてきた
    映画全部みたらマジで泣いてしまう
    悲しすぎる…トラウマ
    [ 2014/09/27 19:30 ] [ 編集 ]
  781. 家数軒建てれる位の金
    銀行からおろしたのになぜ妹を死なすのか。
    14歳なら致し方ないのか。

    何か釈然としないな。
    [ 2014/10/14 10:06 ] [ 編集 ]
  782. セツコ「それはドロップやない・・・おはじきやで・・・」
    [ 2014/10/23 02:16 ] [ 編集 ]
  783. >>753
    あの漫画で問題視されてる部分ってのは、広島の人から見れば「発狂したり情緒的に安定を欠いてたりする被爆者にありがちなやらかしの一環」であり、「仁義なき戦いの時代の戦地帰りやくざがでかい声でしてた酒飲み話の一環」でもあり、「お互い様、仕方がない」と受け流してる部分です。

    …はっきり言っちゃうけどね。
    そういう、実際に暮らして見なければわからない事情に全く思慮が及んでいないのに「ハンニチブニチジギャクシカンサヨクノテサキ」って言ってる連中に広島ではカチンと来てる人、いますから。
    「仁義なき戦いも知らない、実際に被爆者と話をしたこともないよそ者のクソガキが賢しい事言って出しゃばるなよ」って。
    [ 2014/11/07 16:45 ] [ 編集 ]
  784. 残りの人生が台無しだ。
    [ 2014/11/07 21:31 ] [ 編集 ]
  785. ダメだ、やっぱり観ないぞっっ!
    [ 2014/11/09 19:59 ] [ 編集 ]
  786. この映画トトロと二本立だったんだよ
    自分は火垂るの墓をみた後トトロだったけから
    火垂るの墓がおわって、トトロの曲が始まったときの感覚が忘れられない

    トトロみて火垂るの墓は厳しいだろうね。
    [ 2014/11/10 23:12 ] [ 編集 ]
  787. 映画は見てないけれど本で見たことがあって話は知っていた。
    けど最後の最後で鼻が痛くなってちょっと泣いた。2分ちょっとの予告動画でこんなに悲しくなるだなんてコレは本当に名作。

    [ 2014/11/14 17:03 ] [ 編集 ]
  788.  
    敵国を責めているのではなく戦争の悲しさを伝える映画だ、って外国人の感想がやっぱり嬉しいよね。
    実際そういう作品な訳だし。

    この作品からどっちの何が悪いとか言う議論をされてもしょうがないんだよな。
    それで誰かが気分を害しても意味がないし、それ故にこの作品に抱く感情が変わってもしょうがない。
    [ 2014/12/10 02:47 ] [ 編集 ]
  789. 9>お前らがやったんじゃねぇかよ

    アメリカ軍がやったからアメリカ人には悲しむ資格がないと言ってるようじゃ日本軍が悪いからといって一般の日本に原爆を落としたやつと変わらない。
    [ 2014/12/27 21:52 ] [ 編集 ]
  790. アメリカは、2度の原爆の他にも15日の終戦前にも、日本に爆弾を投下してますよね…。「降伏の機会を与えた」とか、はぁ~~~???!!本当に、脳みそ腐れとるド臭れアメリカ人もいるんですね(怒)!!

    [ 2015/01/23 02:15 ] [ 編集 ]
  791. >アメリカは日本に降伏の機会を与えただろ。
    残念ながら嘘です。
    日本が絶対に降伏を受け入れられないことをわかった上で
    「天皇陛下の戦争責任を問わない」という一文を、あえて降伏文章に盛り込まなかったのです。
    日本の代表が「これでは降伏を受け入れることはできない、再考を願う」
    と返答した直後に原爆は投下されました、すべて織り込み済みだったのです。

    ただこの映画をどちらが悪いとかそういうつまらない政治的な話の具にすべきではない
    とも思います。
    [ 2015/03/15 22:30 ] [ 編集 ]
  792. 実写版も見てもらいたい(`・ω・´)ゞビシッ
    [ 2015/05/26 00:09 ] [ 編集 ]
  793. 新着記事の関連リンクから久しぶりにここを見に来た
    他者への差別心と攻撃性に満ち溢れていた※1氏の心が、2105年現在安らかになっている事を祈るよ
    [ 2015/05/26 03:12 ] [ 編集 ]
  794. 降伏の機会を与えただのとのたまう米国人に真実を突きつけてやれんもんかね
    もちろん多くの連中が勝者が正義、真実はどうとでも、かもしれないけど、それでも真実は一つ!
    [ 2015/05/26 09:19 ] [ 編集 ]
  795. 京都のひいばあさんが実際に戦闘機から機銃掃射を受けたって言ってたぞ。横1メートルくらいにピシピシと銃弾が刺さっていくんだって。伴侶も2歳になる娘(俺のばあさん)の顔も見ず戦死してる。
    俺からしたら他人事じゃないんだよな。
    [ 2015/05/26 10:21 ] [ 編集 ]
  796. なぜ火垂るの墓の記事でアメリカに噛みつく流れになるのか

    この作品は戦争の悲惨さを伝え、戦争とは何かを考えさせられるものだと思う

    故に出した答えがそれだというのなら悲しく思うぞ(´・ω・`)
    [ 2015/05/26 13:27 ] [ 編集 ]
  797. >>796
    違う目的で端から噛みつこうという人たちが書き込んでいるからだろうな。ナンセンス極まりないよ。

    日本だって戦争を仕掛けている、勝ってる間は正しかったのは同じなのに、アメリカをどうとか言うこと自体が変。
    戦争自体のそういうことは別なテーマで話し合えばいいのにね、このアニメは日本で作られたから日米が出てくるけども普遍的なテーマとしての戦争と個人の話だよね。
    [ 2015/05/26 14:58 ] [ 編集 ]
  798. つまんねえ先入観は置いて来い
    [ 2015/05/27 22:31 ] [ 編集 ]
  799. ※794
    どう見ても大量無差別虐殺だからね
    当時のアメリカの正義が揺らぎかねないのでビビッているんだろうな~
    [ 2015/05/30 13:24 ] [ 編集 ]
  800. これを見て、サクマドロップの缶に水を入れて飲んで、がっかりしたのは俺だけじゃないはず。
    [ 2015/06/16 14:13 ] [ 編集 ]
  801. 節子がとても愛らしく描けているから
    幼い子が力尽きる様を見なければならないのは
    とてもとてもとても辛い
    [ 2015/06/19 13:54 ] [ 編集 ]
  802. 小学5年の時に体育館で全校生徒見せられた。みんな誰ひとり涙流してなかったけど、小学生にはちと早かったようだ。
    [ 2015/06/23 16:28 ] [ 編集 ]
  803. ※100
    パールハーバーの奇襲自体、アメリカ文化の押し付けなんだよ。
    武士はやるか、やられるか、の国では先に抜刀してそのままヤるのが基本なんだよ。
    剣道なんてフェアな文化は西洋のもの。
    でも今じゃすっかりアンフェアは良くないと日本人は刷り込まれているから、征服が成功したと言えるわな。
    [ 2015/06/29 23:46 ] [ 編集 ]
  804. 反戦映画じゃないよね
    子供2人が野垂れ死にするのが不自然じゃない時代設定が
    戦時中だったってだけのことで

    あと何も訴えようとかしてない
    ただそういうことがありましたっていう2人を描いただけの映画

    音楽が真に美しすぎる 映像も美しい
    先の事を考えないで閉じた空間でその場その場の刹那的な生を
    選んでしまった子供2人を誰が責められるんだろう

    おままごとな冗談みたいな生活 でもすごくいとおしい
    細く美しく光ってすぐ死んでしまう2人
    まるで火垂るそのものだよね
    日本人は桜とか花火とかすぐ散るものに美を見出すけど
    この話はどこまでも悲しいし綺麗だよね

    たまらなく憐憫とか悲しみとかそういう感情を揺さぶられるんだよ
    そして特に啓発とか感銘させられる事もなく酷い無力感だけ残る
    ただそれだけの映画 でも何回も見てしまう
    [ 2015/08/06 21:59 ] [ 編集 ]
  805. また戦争やりたがってる輩はこの映画観ろよ

    巻き添え食って死ぬのは市民だからな
    [ 2015/08/14 23:04 ] [ 編集 ]
  806. ホタルの墓は、何回見ても感動してしまいます。特に節子とお兄さんの絆も感じるし、また兄妹が凄い小さいのに頑張っているなと思います、やっぱりジブリの中でもこの作品は、誰が見ても絶対感動すると思います…こんな作品を作ってくれてありがとうございます改めて戦争の恐ろしさを感じました
    [ 2015/08/14 23:16 ] [ 編集 ]
  807. wikiみたら作者は、金持ちの家に生まれて高校生の時のにアル中、露出狂、学校のガラス破り、節子なぐって脳震盪させるというなかなかのDQN
    [ 2015/08/21 17:47 ] [ 編集 ]
  808. さすが対アメリカ人大量精神破壊兵器ですなあ。

    ※807
    野坂昭如の妹に対する所業を見たら、
    祟られててもおかしくないと思う。
    [ 2015/08/24 21:24 ] [ 編集 ]
  809. ここに表現されているのは、政治や宗教、イデオロギー、道徳、などではなく、(純粋な仏教的ニヒリズムとも違う)日本的ニヒリズムじゃないかな。あの蛍のように、綺麗だが、儚く、露と消えてしまう、手が届きそうで届かない、あの時代、この世に留まる事の短かった者たちへの鎮魂、そうやって戦前と決別しなければ、死なずに生き残ったものとして、戦後を生きにくかったのだと思う。
    [ 2015/08/25 20:24 ] [ 編集 ]
  810. ちょうどほたるの墓のビデオ見てた。
    アメリカ人にこそ知ってほしいんだよね・・アメリカの兵士は立派にがんばった。国のために死んだ人もたくさんいただろう・・。本当に尊敬する。若い兵士達偉かった!!

    日本も同じなんだよ。日本のために死んだ兵士もいたし、戦地?として空爆で犠牲になった民間人もたくさんいた。

    せめて・・(あれは正当な攻撃だった)とだけは言わないで!
    [ 2015/08/25 23:14 ] [ 編集 ]
  811. ガラスのうさぎ
    猫は生きている
    おこりじぞう
    かわいそうなぞう

    悲しい作品ばっかり
    [ 2015/12/04 18:26 ] [ 編集 ]
  812. 原作が締め切り二時間前作品なのは、読むとよくわかる。勢いよすぎてずーっと読み切るまで休憩できん。句読点がない、、
    [ 2015/12/05 11:56 ] [ 編集 ]
  813. 海外のみなさんに、原作者が酔っ払って大島渚やとんねるずをてれびでぶん殴ってたことがしれわたりませんように
    [ 2015/12/05 11:58 ] [ 編集 ]
  814. 野坂さんのご冥福をお祈りいたします。
    あの世でも酒飲み過ぎて、回り方をぶん殴りませんように…
    [ 2015/12/10 18:39 ] [ 編集 ]
  815. ちょっと待ってくれよ。アメリカは日本に降伏の機会を与えただろ。
    彼らがハッタリをかます事に命を賭けたのは、俺達のせいじゃない。 アメリカ

    ↑やっぱ史実を知らないんだなぁ。



    [ 2015/12/16 15:05 ] [ 編集 ]
  816. ※815
    何をどう言ったところで、民間人大量殺戮の正当化にはならんよな~
    [ 2016/01/01 19:50 ] [ 編集 ]
  817. ↑日本軍だって重慶爆撃で断続的に218回やってんじゃん!後期には完全な絨毯爆撃になってるし!都合の良いとこ取りばかりしてると どこぞの半島人に成り下がるぞネ,トウヨさん!
    [ 2016/01/02 20:43 ] [ 編集 ]
  818. ※ 774
    オッ!またネ,トウヨに洗脳された朝,鮮モドキのガキ発見
    ハリマン事件 はアメリカ側にとって満州鉄道共同開発の合意をキャンセル という恩を仇で返すような仕打ちをしたんだから 当然遺恨を残した人間も多数いたかもしれないけど それを日露戦争 日中戦争 アヘン戦争 もひっ包めてユダヤや共産主義 が裏で糸を引いてたとか ユダヤ陰謀説もここまでいくとまるで都市伝説だな!そんな書籍がどこの図書館に山ほどあるって?まぁ半島になら沢山ありそうだけどな!
    [ 2016/01/02 21:47 ] [ 編集 ]
  819. 極左映画とか言った奴マジくたばれ
    [ 2016/02/19 22:16 ] [ 編集 ]
  820. 馬鹿か。
    どっちの国が悪かったとかそういう論争はナンセンス。
    大人が始めた醜い争いに巻き込まれる子供たちの物語なんだから。
    [ 2016/04/01 18:02 ] [ 編集 ]
  821. ※336
    悪名高いABCD包囲網の前にアメリカ議会が拮抗論と共に「その一国を維持するための資材を奪うことは戦争行動を誘発する宣戦布告に値する行為である」と発言してるんだよ
    その上でフライングタイガースや潜水艦による通商破壊などの『当時の』国際通例(白人至上主義)でも挑発行為に当たる行為を行って最後にハルノート
    さてさて選択は日本側がした?だから責任は全て日本側?
    [ 2016/04/03 21:37 ] [ 編集 ]
  822. 日本が敗戦した途端、連合国からの制裁を逃れるため被害者コスプレをしている韓国ではこの作品は上映禁止となっております
    [ 2016/04/09 08:54 ] [ 編集 ]
  823. パールハーバーは奇襲攻撃だったけど、宣戦布告はするはずだった。ばかな外交官が大事な書類だからと、いつもの秘書を使わず自分で英文化してたら時間が無くなって、結局戦争が始まってしまっただけ。その外交官は、東京裁判で罪なしだったんだよ。アメリカ人に知り合いがいる人は、教えてあげてくれ。
    [ 2016/05/08 00:07 ] [ 編集 ]
  824. これ若い時は叔母に腹立つんだけど、年取ってくると清太に腹立つんだよね
    本当に妹が大事なら土下座してでも残るべきだった
    収入や暮らしの目処が立ってか出て行くべきだったってね
    [ 2016/05/25 23:53 ] [ 編集 ]
  825. ななし
    白人によってアジアの殆どの国が植民地にされ
    その上ABCD包囲網により石油、鉄鋼が止められる。
    ここまでされて戦わないなら、もはやそれは国ではない。
    [ 2016/06/06 11:55 ] [ 編集 ]
  826. ※815
    ※816

    国家としてのアメリカが世界の秩序に貢献した分は一定の評価をされて然るべき。でもホント、「アメリカの正義」を妄信している類の知的レベルって学級会で小中学生に言い負かされそうでイタい。
    アメリカ人は「戦争を憎んでる」って言うけど爆弾をおとすのは大好きだよね、って指摘してあげたいわ。
    [ 2016/06/06 17:24 ] [ 編集 ]
  827. それでも第二次世界大戦で1番悲惨だったのは自分の母国で日本人はそれが全然分かってない、という友人がいる
    [ 2016/06/06 22:38 ] [ 編集 ]
  828. >ちょっと待ってくれよ。アメリカは日本に降伏の機会を与えただろ。  アメリカ

     日本政府は少なくとも1945年5月に降伏の打診をしているが、この打診は米政府によって公
    式に無視、あるいは拒否された。事実、1944年の早い段階から、日本政府の内部では完全敗北
    と見なしうる条件の受け入れが真剣に検討されていたのだ。  米戦略爆撃調査は、1946年7月
    、トルーマン大統領に「日本の戦争終結努力」と題する報告を提出した。日本指導部との面接調
    査を基にしたこの報告は、単なる流言とされていた降伏の打診が、かなり早い時点からしばしば
    行われていたことを確認している。
     同報告によれば、19944年2月には日本指導部の多くが、この戦争には勝てないと判断し、妥
    協による和平努力を主張している。しかもこの「妥協による和平」は、日本の戦前の地位を引き
    上げようというものではなかった。むしろ、高木惣吉海軍少将は、日本は朝鮮と台湾の放棄を前
    提にして交渉すべきであると主張していたのだ。・・・・・
     しかし私たちは和平支持派に反対勢力を説得する時間的余裕を与えなかった。 私たちはたっ
    た11日間待っただけで、いきなり1発の原子爆弾を、そして2日後(ママ)にはさらにもう1発を
    、戦艦の上でもない、軍隊の上でもない、軍事施設の上でもない、頑迷な軍指導部の上でもな
    い、二つの都市の約20万人の市民の上に投下した。しかも、犠牲者の半数以上が女子供だった
    。・・・
     同調査の総括報告によれば、原爆はポツダム宣言の受諾を「早める」よう「さらにせかせた」
    だけだった。しかし、同報告は、原子爆弾が投下されなくとも、あるいはソ連が参戦しなくても
    、また上陸作戦が計画ないし検討されなくても、日本は1945年12月31日以前、「あらゆる可能
    性を考えに入れても1945年11月1日までに」無条件降伏をしていただろうという意見を付けて
    いる。(元GHQメンバー、ヘレン・ミアーズ著「アメリカの鏡・日本」86、92頁)


    リメンバーパールハーバー!てのは、
    自分達を、清廉潔白!正義のアメリカ!という位置に置いて初めて成り立つ

    実際は
    日本→アメリカの戦闘行為に対する報復行為として真珠湾攻撃。目的は軍事施設。宣戦布告はしたが“アメリカ人牧師のせいで”遅れる

    アメリカ→先に日本に戦闘行為(在米日本人の資産凍結令は国際法上の戦闘行為)。しかも宣戦布告の準備すらしていない。さらに、すでに真珠湾攻撃の前に日本本土爆撃命令を出しており、内容は中国軍に罪をなすりつけ攻撃目標は民間人という最低なもの。そもそも蒋介石ラインを通じて国民党などに加担したり国籍不明機で日本の爆撃機を襲っていた戦争当事国。

    あと、

    当時の中国大陸から中国人を救うために反共戦争をしていた日本(証拠→ローマ法王の声明文。現に日本が負けたら中国は赤化したしアメリカは日本の代わりに反共戦争を続けなくてはいけなくなった。東条英機の遺言~自分が処刑されるのは構わないけど、アメリカよ、中国と朝鮮をアカから守ってくれ)と、

    当時の中国とは、コミンテルン、赤色労働組合インター及び太平洋労働組合書記局の支配下にある共産主義を謳う匪賊(実績として、中華ソビエト共和国、中華人民共和国などを建国 )が、大陸をテロ・虐殺などで蹂躙していた。今のISISと同じ状態だった。と、

    当時のアメリカはそんな中国に真珠湾攻撃よりも前から加担しており、国民党だけでなく共産党にも様々な援助をし、とっくに共産主義に感染していた事実(日本とアメリカの赤化を狙っていたと明記されたヴェノナ文書開示と、アメリカ自身認めているからこそのマッカーシー赤排斥運動で要人だけでも300人も処分)
    [ 2016/06/14 10:47 ] [ 編集 ]
  829. 【あるスパイの死と遅れた宣戦布告】

    対米諜報員だった 新庄健吉は、 日米開戦の目前の12月5日、ワシントン市にあるジョージタウン大学病院に入院中に病死。その葬儀は、日米開戦当日の7日(現地時間)にワシントン市内で行われている。

    当時「条約」担当であり、葬儀に同席した松平康東一等書記官は、「短時間の予定だったのにアメリカ人の牧師が長々と告別の辞を述べて一時間も延長した。式の間に開戦してしまいハラハラした。 葬儀が終わるや否や、野村、来栖の両大使はハル国務長官に面会して日本の最後通告を伝えた」と 『週刊原始福音』という雑誌の177号で証言している。
    その資料には「野村、来栖両大使は出席していなかった」という証言も見られどうやら足並みが揃っていないようだ。

    ちなみに当該教団は、その対談資料(週刊原始福音177号、1973年6月17日発行)そのものを永久部外秘扱いとしている。

    ところが「両大使が葬儀に出席していた」という証言は他にもある。
    かつて新庄が学んだ陸軍経理学校の同窓会である『若松会』の会報誌にも、野村、来栖の両大使が出席した新庄の葬儀が1時間以上予定を超過し、そのために最後通牒の手交が遅れた、という別の会員により寄稿された記事もあったのだ。

    出席について強い口調で否定したという野村議員(元大使)も、 『開戦当時の事は尚昨日の如く頭に残りおり故大佐の葬式には米国の陸軍将校も多数参列、式の間に開戦となった次第にて当時のことは夢の如くに有之候』
    と、 昭和30年秋に新庄健吉夫人の範子のもとに突然届いた一通の書簡に記している。普通に葬儀に参加しとるやん。

    そして、送別会に出席していた為に自分が最後通告を遅らせてしまったと言い張る奥村一等書記官は、懲戒処分にされてもおかしくないほど罪が重いと誰しも思うのに全く処分されることなく、1952年には外務省の事務次官に栄転し、1969年には勲一等まで授与されている。なんぞそれ。

    野村らの出席を否定するのは、騒ぎになった後で明らかになったという、当日葬儀を取り仕切ったアメリカの葬儀社「ハインズ・カンパニー」の資料のみ

    のちの口裏合わせなど幾らでも出来る。
    事実は、宣戦布告を遅らせた重大責任者が誰一人として処分されておらず、剰え原因は野村議員ではなく自分だと言い張る奥村が栄転→出世までしているということと、実際、アメリカ人の牧師が新庄大佐の高潔な人格を賛美して、長々と告別の辞を述べて葬儀が一時間以上も遅れていること。
    アメリカ人の牧師は、新庄大佐が自作された美しい英詩を次々に順次に朗読し、どんなに年齢と共に精神的な成長をなさったかを、ノートを取り出して読みながら述べて、口を極めて遺徳を頌めたたえたそうだ。一時間以上も。
    そして、 12月7日(日)午前9時に覚書の電報のパープル暗号をマジックにより解読し読んだアメリカの反応もおかしい

    暗号を解読したクレーマー海軍少佐は、日本の対米通告電報第14部(日米交渉打切りを通告するもので、事実上の宣戦通告)をスターク作戦部長に手渡した。

    スタークは驚愕して「何だって!これは戦争ということだ。早速キンメルに知らせなければならん」と叫んだが、スタークはホノルルに連絡する努力は全くせず、代わりにマーシャル参謀総長に連絡を取ろうとした。

    ところがマーシャルは何か奇妙な理由をつけて、突然、乗馬の遠乗りに出かけてしまっている。


    乗馬の遠乗りて!!!


    [ 2016/06/14 10:52 ] [ 編集 ]
  830. 【戦後70年と私】占領政策の真実 間違いに気付いていたマッカーサー ケント・ギルバート氏

    70年前の終戦直後、日米関係は、お互いが完全な対立軸からスタートした。

    米国は、大日本帝国とは、軍国主義の独裁者が神道という宗教を利用して国民を統率する、非民主的国家であり、世界征服をたくらむ野蛮で好戦的な民族の国だと考えていた。

    日本の占領政策、言い換えれば「保護観察処分」は、危険な日本を制度面と精神面の両方から矯正する趣旨で始まった。

    東京裁判(極東国際軍事裁判)を通じたABC級戦犯の処罰や、戦争の贖罪(しょくざい)意識を植付ける「WGIP(ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム)」

    、日本国憲法第9条も一貫した趣旨に基づいている。

    しかし、朝鮮戦争が起きたころには、GHQ(連合国軍総司令部)最高司令官のマッカーサー元帥は、根本的な間違いに気付いていた。米国が戦うべき敵は日本ではなく最初からソ連であり、日米戦は不必要だったのだ。

    強い日本軍が、野蛮で危険なソ連の脅威からアジアの平和を守っていた。米国は間抜けな勘違いのせいで、日本軍を完全に解体してしまった。これが今日まで続く、米軍日本駐留の根本原因である。

    最高司令官を解任されて帰国したマッカーサー元帥はワシントンに呼ばれ、1951年5月3日、米国議会上院の軍事外交合同委員会で証言した。

    「Their purpose, therefore, in going to war was largely dictated by security(=日本が戦争を始めた目的は、主として安全保障上の必要に迫られてのことだった)」と。

    日本が始めた大東亜戦争は侵略戦争ではないという意味だ。戦後体制の大前提を根底から覆す、このマッカーサー証言の存在すら知らない人が日米両国とも圧倒的多数である。

    占領下の日本には「プレスコード」(=GHQによる言論統制。『連合国や連合国軍への批判』など禁止事項を厳格に列記した)があったので、このニュースを取り上げることはできなかった。
    しかし、終戦70年を目前にした現在も、日本の首相経験者や与野党の要職者が、「安倍晋三首相は70年談話で日本の侵略戦争をわびろ」などと、無知蒙昧(もうまい)ぶりを披露している。

    70年間に、日米ともさまざまな機密文書が公開され、過去の多くの常識が、今では非常識になった。

    開戦前の日米和平交渉の経過や、当時のルーズベルト大統領が議会承認を得ずに「ハル・ノート」という最後通告を日本に突きつけた事実は、米国人にも隠されていた。

    ハル・ノートの草案を書いたハリー・ホワイト財務次官補は、後に「ソ連のスパイ」だとバレて自○した。日米開戦支持の議会演説を行ったハミルトン・フィッシュ下院議員は、すべての真実を知って大激怒。自分の演説を恥じ、「ルーズベルト大統領を許せない」と○ぬまで言い続けた。

    戦後70年の節目を機に、日本人のみなさんには、日米関係のみならず、国際情勢全般について、最新情報へのアップデートをお願いしたい。

    >戦後70年の節目を機に、日本人のみなさんには、日米関係のみならず、国際情勢全般について、最新情報へのアップデートをお願いしたい。
    >戦後70年の節目を機に、日本人のみなさんには、日米関係のみならず、国際情勢全般について、最新情報へのアップデートをお願いしたい。
    >戦後70年の節目を機に、日本人のみなさんには、日米関係のみならず、国際情勢全般について、最新情報へのアップデートをお願いしたい。

    [ 2016/06/14 10:57 ] [ 編集 ]
  831. 日本は失敗から学ぶ民族だから、冷めた見方だけど原爆投下は必ずしも間違いではなかったと思う。今日本がここまで成長したのも、そこから研鑽したからだし。
    勿論、原爆自体を肯定するつもりはないし、結果論としての話だけど。
    [ 2016/06/17 12:58 ] [ 編集 ]
  832. こんな所で太平洋戦争のどっちが正しかっただの間違ってなかっただの
    賢しげに吠えてる奴が類人猿から進化し損ねた動物なのは間違いないな
    [ 2016/06/17 19:41 ] [ 編集 ]
  833. 節子の死因が栄養失調じゃなくて化学物質のせいだって前にどっかで読んだ。軍事工場の出火で出た黒煙が雨水に交じって、その雨粒が節子の目に入ったってヤツ。
    これがほんとなら、晴太がどうしようが結局節子は死んでたんだよなあ。
    [ 2016/07/16 10:03 ] [ 編集 ]
  834. 無条件降伏は戦争が長引くことをアメリカ人は知らないの?
    [ 2016/07/16 23:21 ] [ 編集 ]
  835. これアニメは辛すぎて一度もちゃんと見たことがない
    教科書に載ってた小説は読んだ
    それだけで強烈なショックと共に忘れられない作品
    [ 2016/07/27 02:22 ] [ 編集 ]
  836. いいものを作る人がいい人というわけではない。
    いい人がものを作っていいものが出来るわけでもない。
    純粋に楽しめよ
    [ 2016/08/06 13:34 ] [ 編集 ]
  837. コメントしてる日本人のレベルが低すぎるな?平和ボケの甘ちゃんだからと言ってそんな事しか言えないなんて同じ日本人として恥ずかしいよ。こんなに共感してくれたんだから、彼等の国の代表たちにもみせてあげてほしいよ。そして、少しでも平和になってくれればいいよね
    [ 2016/08/23 01:16 ] [ 編集 ]
  838. この作品は、今のティーン・エイジャーたちでも
    戦争の無意味さ・残酷さを解ってもらいやすいところ。
    そこから、アメリカや日本へ関心を少しでも持ってくれたら御の字。
    とにかくいい作品だよ
    良い作品は万国共通だ
    [ 2016/08/27 03:39 ] [ 編集 ]
  839. 高畑勲のアニメは他の面白い
    じゃりんこチエとか10代の私でも知ってるよ
    [ 2016/09/11 22:01 ] [ 編集 ]
  840. >>アメリカは日本に降伏の機会を与えただろ。

    >いいえ、ケフィアです。
                   [ 2013/08/10 23:46 ] 名無しさん

    クッソ! 3年遅れて笑わされたわw
    [ 2016/11/14 18:46 ] [ 編集 ]
  841. 友達の子供が佐久間ドロップ缶を持っていた。
    節子を思い出した。
    ヤバかった。
    [ 2016/11/15 04:54 ] [ 編集 ]
  842. >>824
    ガキんちょはバカで身勝手で先の見通しなんて立てられないからしゃあない。
    実際ひと年取ったおばちゃんに清太の身勝手さを指摘すると「…子供ってそんなもんじゃないの?」と返ってくるそうな。
    [ 2016/12/01 14:13 ] [ 編集 ]
  843. 世界中の人達と共有できるものがある
    ことは嬉しい。ただ海外の人達は叔
    母さんを悪く言っているが、日本人は
    兄が悪いという人が多い。自分も兄が
    妹を死に追いやったと思う。
    [ 2016/12/11 01:55 ] [ 編集 ]
  844. >>824、843
    兄が悪いって言ってるやつは作品の理解が浅すぎるわ。
    この作品で重要なポイントの1つは、清太が「戦争に参加しなかった」ってことなんだよ。
    叔母さんに頭下げればそりゃ生きていけただろうけど、叔母さんの言うことを聞くってことは「お国のために」働くってことだ。
    清太は自分自身のことも節子のことも人間らしくいられるような選択肢を選んで、戦争に参加しなかったってことが重要なんであって、結果として中学生の浅知恵のために最悪の結末を迎えたとしても、人間らしく生きようとした清太を責めることなんて誰にもできないはずだ。
    戦争は正しいとか正しくないとかなんてことを議論するのは無意味なことで、戦争になってしまえば自国のために他国の人間をコロすことを正しいとしなければいけないし、戦争に参加せざるをえないというのが現実だ。火垂るの墓では、戦争に参加しないっていうある意味非現実な選択をとった、人間らしく生きた人間を描くことがテーマなんだってことに気づいてくれ。
    [ 2017/01/30 03:41 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ごあいさつ


人気ブログランキングへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
おすすめサイトさま

日本視覚文化研究会
ニュース速報まとめ桜
ニュース速報まとめ梅




管理人:ニャン吉
副管理人:kite

月別アーカイブ
人気の記事(PC)
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
アクセスランキング

スポンサード リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランダム記事





ブログパーツ アクセスランキング