パンドラの憂鬱

Powered By 画RSS



海外「映画より面白い」 ラストサムライの史実に外国人興味津々

2003年に公開され、世界的に人気を博した「ラストサムライ」。
西南戦争神風連の乱をモデルに製作された作品ですが、
トム・クルーズ演ずるイサン・オールグレンにもモデルがおり、
幕府陸軍の近代化を支援するために派遣されたフランス軍事顧問団の一員、
ジュール・ブリュネがその人であろうと考えられています。

動画では「ラストサムライ-真実の物語」として戊辰戦争から明治が始まるまでの流れが、
ジュール・ブリュネを中心に構成されています。

ジュール・ブリュネは西南戦争には参加していなかったので、
「ラストサムライ」に絡める点に疑問を呈する声もありましたが、
映画の主人公のモデルとなった人物と侍たちの物語に、
多くの外国人が感銘を受けたようです。


The Last Samurai - The True Story





■ WOW 実話のほうが映画よりもいい話じゃないか! +3 オーストラリア
  



■ 本当に面白かった。元になる話があるなんて全然知らなかったよ。
  アメリカの大尉じゃなくて、実際はフランス人大尉だったんだね。 +5 ウクライナ




■ ラストサムライは1877年にあったサツマの反乱を元にしてるんだよね。
  3万人の政府軍相手に300人で戦ったんだ。
  映画ではシロヤマでの戦いが再現されてる。 カナダ




■ ハリウッドは独自の解釈をやめてくれや。
  それでもラストサムライはいい映画だったけど! アメリカ




■ 映画は映画でよかったけど、こっちのほうが話としては興味深い。 アメリカ




■ 映画はちょうどイラク戦争で仏米がいがみ合ってた時期に作られたからね。
  フランス人を勇敢に描くなんてことアメリカには出来なかったんだろう。 +33 フランス




■ いまいちよく分からん……。
  サムライたちと戦ったのに、あとでまた近代化にも尽力したのか? 国籍不明
    



■ ケンシン(るろうに剣心)の話が頭に浮かぶ……。
  あれはフィクションだけど、時代が近いから。 アメリカ




■ 実際のラストサムライはサイゴウ・タカモリでしょ。
  天皇のために戦い、尊皇派の志士たちを倒幕に導いた男。
  サイゴウ自身も尊皇派で、ボシン戦争を終わらせたの。
  でもボシン戦争のあとで、少数の士族と組んで政府に反旗を翻した。
  映画の中ではカツモトとして描かれてるよ。 +8 アメリカ 



   ■ そんな感じで合ってると思う。 ギリシャ   



   ■ いや違うな。サツマの反乱orセイナン戦争は近代戦争に分類されるんだ。
     サイゴウの反乱はサムライの時代を守るためなんかじゃないぞ。
     単純に政府からのけものにされたから反乱を起こしたんだ。
     セイナン戦争までは実際に戦ったことがなく静観してたわけで、
     大将には向いてないことを自分自身で証明したわけだ。 アメリカ



■ フィクションじゃなくても感動しただろうね。
  でもそれなら実話のまま映画を作って欲しかった。 +3 アメリカ




■ サイゴウ・タカモリへの言及を忘れちゃってる……。
  作品のほとんどは彼から影響を受けてるのに。 +5 アメリカ



   ■ いいや、実際にはそんなことない。 フランス  



      ■ ボシン戦争のあとのサイゴウ・タカモリの反乱が元になってるんだよ。
        もちろんすべてがじゃないけど、言及しないわけにはいかないよ。 イギリス 


      ■ ホッカイドウでの戦いの後、サイゴウ・タカモリが政府に反乱を起こした。
        映画ではカツモトが政府に対して反乱を起こした。 
        オルグレンsanはジュール・ブリュネで、
        カツモトはサイゴウって見るのが自然だと思う。
        サツマの反乱にあの映画はインスパイアされたんだよ。 スウェーデン



      ■ サツマの反乱は日本史において最後の大規模な反乱なんだ。
        だからこそ"ラストサムライ"だったわけで。 



■ 個人的には映画のほうが好きだ。
  史上最高の映画だからね。これは事実だよ。 国籍不明 



   ■ あの映画が? 間違った日本の伝統のオンパレードじゃん。
     あれは典型的なハリウッド映画だよ。
     本物の歴史とは全然関係がなくなっちゃうの。 モナコ   



■ 結局は日本で反乱を助けて、失敗に終わったら去っちゃったってことなの? アメリカ




■ サムライには永遠に生き続けて欲しい!!!!!! オーストリア 




■ 悲しいね。戦闘が銃で行われるようになった時から、
  サムライの時代が終焉に向かうことは決まってたんだ。 オーストラリア




■ またか。ハリウッドの創作より史実のほうが内容が豊かで"脚本"も優れてる。
  悪い作品ってわけじゃないけど、史実どおりのほうが映画に適してた。 ウルグアイ




■ ハリウッドが今度は"47 Rounin"なるものをリメイクで作るらしい。
  冗談抜きで、ハリウッドによる日本史のアメリカナイズは何なんだ? 
  アジア人がちゃんとした役についたことなんて殆どないじゃないか。 +33 アメリカ
 



■ うむ……俺はフランス人であることを誇りに思うべきなんだな。 フランス




■ 本当のラストサムライはサイゴウ・タカモリだよ。
  彼は日本を近代化させず、鎖国を保っていたかったんだ。 カナダ




■ あの映画で間違ってるのは、"いい人"たちが鎧を着て、銃を選ばなかったところ。
  実際にはサイゴウ・タカモリは洋式の軍服を取り入れて、
  彼の軍隊は銃とかの近代兵器を使ってたから。 +4 フィンランド




■ 元となる歴史がある事を知って震えが走ったぜ。 アメリカ    




■ トクガワ バクフはサツマ、トサ、チョウシュウが率いる
  朝廷側の軍に抗う手立てがなかったんだよな。
  内戦が始まる前からすでにバクフにはお金がなかったんだ!
  ああ、かわいそうなヨシノブ……。
  99%のショウグンは実際には本当のサムライじゃなかったんだ。
  単なる政治的な存在に過ぎなかった。アシカガ・ヨシアキだってそうだろ。
  本物のサムライ、オダ・ノブナガに命を取られるのをただ待つしかなかった。 アメリカ
 


 
■ 史実と映画の違いを楽しめた。
  いずれにせよ、ファンタスティックな映画だったことは同意だけど。 フィリピン




  

「本当のラストサムライは西郷隆盛だよ」という指摘が結構ありました。
幕末は外国人にとっても面白いのか、皆さんなかなか詳しかったです。



関連記事
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑皆様の応援が、皆様が考えている以上に励みになります。
[ 2013/06/13 23:00 ] 文化・歴史 | TB(0) | CM(459)
Powered By 画RSS
  1. なんばん
    [ 2013/06/13 23:00 ] [ 編集 ]
  2. ラストサムライのラストは酷かったw
    [ 2013/06/13 23:01 ] [ 編集 ]
  3. 西郷隆盛は新政府内の対立(征韓論)に敗れたというのもあるが
    新政府に対する不満を募らせる士族に祭り上げられて負けるの理解の上で仕方なくって認識なんだが…違うのかね

    そのことも踏まえて後に名誉回復はしてるんだしね
    [ 2013/06/13 23:01 ] [ 編集 ]
  4. >悲しいね。戦闘が銃で行われるようになった時から、
    >サムライの時代が終焉に向かうことは決まってたんだ。

    戦国時代というものがあってだな…
    [ 2013/06/13 23:02 ] [ 編集 ]
  5. 馬に乗った侍達の初登場シーン。
    シダ植物にヤシの木は止めて欲しかったわ。何処の亜熱帯ww

    トムと真田の稽古のシーンは好きだけどw
    [ 2013/06/13 23:07 ] [ 編集 ]
  6. 史実のほうが面白いよなー
    日本の歴史も十分海外に売り込めると思うが
    [ 2013/06/13 23:10 ] [ 編集 ]
  7. 最後の字幕の一文
    「今やジュール・ブリュネの名はフランスで忘れ去られたが、日本人はそのフランス人戦士を忘れない」

    フランス人がモデルなのは最近知ったが、
    この動画見るまで詳細全く知らなんだわ。申し訳ない。
    [ 2013/06/13 23:12 ] [ 編集 ]
  8. 映画はトムクルーズの独りよがりという印象が強かった
    [ 2013/06/13 23:13 ] [ 編集 ]
  9. アメリカ人たちのほうが俺より歴史に詳しいだと・・・!!?
    [ 2013/06/13 23:13 ] [ 編集 ]
  10. ※3
    大方の日本人の認識はそんな感じでしょ

    その認識が、史実に沿っているものなのか、
    歴史小説やなんかに流されてしまっているものなのかは
    また別の話として
    [ 2013/06/13 23:16 ] [ 編集 ]
  11. 幕末への興味は「るろうに剣心」の影響が大きいだろうな。

    しかし明治新政府(薩長)が狭量なのに敵対しても西郷の名誉守った幕府側は心が広い。
    [ 2013/06/13 23:17 ] [ 編集 ]
  12. 海外の日本史フリークの知識はそこらの日本人じゃ太刀打ちできんよ。
    [ 2013/06/13 23:17 ] [ 編集 ]
  13. 足利義昭は別に信長にころされて無いだろ
    [ 2013/06/13 23:18 ] [ 編集 ]
  14. つかww海外のオマイら詳しすぎだろww
    [ 2013/06/13 23:19 ] [ 編集 ]
  15. いちいちカタカナにすんな、うっとうしい
    [ 2013/06/13 23:22 ] [ 編集 ]
  16. 斬られ屋で有名な人がかっこよかった
    [ 2013/06/13 23:22 ] [ 編集 ]
  17. ヤシの木とソテツの見分けがつかない人がおる…。
    亜熱帯みたいに見えるがああいう風景がちゃんと日本にあったということも調べて作ったらしいぞ。
    ハリウッドだからと先入観で見られておかしなツッコミを入れられているが、忍者の描写以外は結構しっかり調べて作られている映画だと思う。
    日本人だからって当時を知らない自分の認識が正しいと思い込むのは止めておけ。
    結局殆どの日本人も現代の時代劇のイメージでしか知らないんだから
    [ 2013/06/13 23:24 ] [ 編集 ]
  18.  
    西郷隆盛をラストサムラにするのは、なんか違うな。
    だいたい年号も「明治」なんだし。
    [ 2013/06/13 23:26 ] [ 編集 ]
  19. <3
    俺は、行き場の無くなった連中に、せめて最後に一花咲かせて、死に場所をやりたかったのかな、と言う気もする。
    [ 2013/06/13 23:27 ] [ 編集 ]
  20. 日本テレビのドラマ五稜郭にブリュネ出てたから知ってた
    [ 2013/06/13 23:28 ] [ 編集 ]
  21. 中国人より三国志に詳しい日本人とかそういうかんじ
    [ 2013/06/13 23:28 ] [ 編集 ]
  22. いやいやいや、詳しくないだろ、間違いまくりじゃないかwww
    西郷隆盛は島津斉彬の命で、開国+近代化の為に奔走したのに。
    その後、斉彬が没して藩主についた弟や隠居だった斉興とそりが合わずに、大久保利通が苦労することになる。

    攘夷なんて最初から国をまとめる方便でしかないとはっきり言ってるよ。
    [ 2013/06/13 23:31 ] [ 編集 ]
  23. こういう話題になると、もっと歴史を勉強しとけばよかったと後悔するんだよなー

    歴史を知らなさ過ぎて、話題に混ざれない(´・ω・`)
    [ 2013/06/13 23:32 ] [ 編集 ]

  24. ラストサムライの撮影はたしかニュージーランド
    [ 2013/06/13 23:32 ] [ 編集 ]
  25. サムライ=銃を使わない、前近代の存在
    という見方からして間違い。
    [ 2013/06/13 23:32 ] [ 編集 ]
  26. とりあえず天皇陛下をemperorと言うのをやめてくれ
    エンペラーやカイザーは古代ローマのインペラトルが元だよ
    民会と元老院によって選出される大統領のような物だよ
    天皇陛下は天皇陛下であって世界で唯一の称号であって、文化であって、役割だよ。
    最近はTnnoという表記も浸透してきているけどね
    神道だけに浸透なんちゃって
    [ 2013/06/13 23:33 ] [ 編集 ]
  27. 小雪の出産ステマの話はまだニカ? < `∀´>
    [ 2013/06/13 23:35 ] [ 編集 ]
  28. 映画の宣伝だったかで「ジールブリュネがモデルです」って言ってたから、五稜郭の戦いがモデルなんじゃないの?
    映画見てないからどっちに誓いのかはよく知らないが。

    [ 2013/06/13 23:37 ] [ 編集 ]
  29. フランスは佐幕派で、イギリスは新政府側という、
    今も昔も列強の干渉が、勢力争いの中にあったこと加味せんとな。

    [ 2013/06/13 23:37 ] [ 編集 ]
  30. >アジア人がちゃんとした役についたことなんて殆どないじゃないか。

    韓国人や中国人が日本人役をするくらいなら白人や黒人が日本人役したほうがマシだ
    [ 2013/06/13 23:38 ] [ 編集 ]
  31. 西洋人は歴史への興味すごいよ

    道のベンチで老人が中国の歴史書読んでたりする
    [ 2013/06/13 23:40 ] [ 編集 ]
  32. >悲しいね。戦闘が銃で行われるようになった時から、
    >サムライの時代が終焉に向かうことは決まってたんだ。

    実際は徳川幕府が成立する前にメインウェポンは銃に取って代わられてたけどな
    [ 2013/06/13 23:42 ] [ 編集 ]
  33. *15

    うぜえな池沼
    [ 2013/06/13 23:43 ] [ 編集 ]
  34. ざっと訳見た限りだと、大体あってが少し違う点フランス人志願兵は最後の函館戦争に加わらず榎本などのはからいで脱出した。
    [ 2013/06/13 23:45 ] [ 編集 ]
  35. ラストサムライは土下座さえなければ…
    あそこでどうしても吹くわ
    [ 2013/06/13 23:45 ] [ 編集 ]
  36. 西郷隆盛は一説によると近代化の意味することもよく知り
    そして時代に取り残される最後の侍達の心の痛みもよく知っていた
    あの時は説得出来ないほど熱くなった侍達
    それ以上の犠牲者を出さないためにも沈静化させるためにも戦うしか方法がなかった
    そしてなにより死は覚悟の上の負け戦だと知っていた
    それが本当の侍魂だ
    決して損得で動いたわけでない
    唯商人文化が支配する現代で理解できる人々は減ってきてるのかもしれない
    [ 2013/06/13 23:45 ] [ 編集 ]
  37. 徳川慶喜が水戸藩(尊皇思想の牙城)出身で、かつ母親が皇族で明治天皇の従兄弟だったっていうのも
    この時代、この局面で凄まじく重要な要素になってくる。

    単純な対立じゃないから面白い。
    [ 2013/06/13 23:46 ] [ 編集 ]
  38. ※28
    もう一人の主役の渡辺謙(勝元)が明治新政府の参議でありながら、新政府に反乱を起こすって役だからモデルは西郷隆盛だと思うよ。
    なので戦争のモデルは西南戦争だろうね。
    [ 2013/06/13 23:47 ] [ 編集 ]
  39. くそっ日本大好きなのに外国人たちのコメントが
    何言ってんだか全然わからんwww
    [ 2013/06/13 23:47 ] [ 編集 ]
  40. で結局、ホントのラストサムライは誰やねん
    [ 2013/06/13 23:52 ] [ 編集 ]
  41. >>38
    なるほど、それなら確かに西南戦争モデルだね。ありがとう。
    [ 2013/06/13 23:52 ] [ 編集 ]
  42. 西郷隆盛とか西南戦争というより神風連の乱ですよっと
    [ 2013/06/13 23:54 ] [ 編集 ]
  43. あいつらすぐ忍者を出すからなあ…もうそれだけで白ける。
    [ 2013/06/13 23:54 ] [ 編集 ]
  44. たしか西郷さんは、転んで石で頭をぶつけてから少し変わったじゃなかったっけ?戊辰の頃は素晴らしい方だったでしょ。
    [ 2013/06/13 23:55 ] [ 編集 ]
  45. 外人が日本史に超くわしーww

    おまいらが韓国人より韓国の歴史に詳しいのと同じ……


    ……ではないな。
    そもそも韓国人は、韓国政府の作ったウソの歴史を学習してるので。
    学びたくても留学するしか正しい韓国史を学ぶ方法がないんだもんな。


    あれ?やべえ。俺らは学ぶ気になれば日本史を学べるのに、
    なぜか外人に負けとるぞw
    [ 2013/06/13 23:57 ] [ 編集 ]
  46.      
    基本ラストオブモヒカンとかのさインディアンと白人の交流映画のインディアン部分をサムライとかエイリアンに変えてるだけだよね 
    [ 2013/06/13 23:59 ] [ 編集 ]
  47. 本当の最後の侍は、この間、ドーハでイラク相手に戦った連中だろ。
    [ 2013/06/14 00:00 ] [ 編集 ]
  48. ラストサムライの天皇との親交を見ると、西郷さんがモデルぽいけど。
    [ 2013/06/14 00:00 ] [ 編集 ]
  49. いかに当時から西日本人が野蛮人だったかわかる。

    結局は今も昔もあのクズ共が幅をきかせている

    西日本人のクズ度は西洋人以上だ
    [ 2013/06/14 00:02 ] [ 編集 ]
  50. どうせならファースト・サムライYASUKEも作ってくれよ
    [ 2013/06/14 00:03 ] [ 編集 ]
  51. 西郷さんは維新前は徹底したリアリストであらゆる謀略、汚い手も厭わず使ってきたのに、維新後は何故か理想論者に変貌してしまった面はある。

    そこで最後まで徹底したリアリストだった大久保利通と袂を分かつことになったわけだし。
    [ 2013/06/14 00:07 ] [ 編集 ]
  52. >どうせならファースト・サムライYASUKEも作ってくれよ

    なんという日本人無視映画www
    [ 2013/06/14 00:08 ] [ 編集 ]
  53. >>45
    そりゃ俺のことかw
    嫌韓こじらせて全然面白くない糞みたいな半島の歴史の方が詳しくなってしまった・・
    さっきもイ・スンシン貶そうと思ってWiki読破したし・・orz
    [ 2013/06/14 00:08 ] [ 編集 ]
  54. ※49
    お前は幕末の無能幕府役人みたいな考え方をしているな。
    無能だから西にクーデターを起こされるのだ(笑)
    [ 2013/06/14 00:09 ] [ 編集 ]
  55. 47roninはラストサムライより日本人キャスト多い印象だけど、やっぱりキアヌばっかりなんだろうね。
    [ 2013/06/14 00:10 ] [ 編集 ]
  56. 権力を持った薩摩の荒武者を理論的にまとめるのは難しいだろね。
    [ 2013/06/14 00:10 ] [ 編集 ]
  57. ラストサムライの村?
    何あれワロスwwwの印象しかない
    [ 2013/06/14 00:10 ] [ 編集 ]
  58. なんで今頃忠臣蔵ベースなんだろうな?
    君主に対する死をかけた忠義とか、アメリカで受けるもんなのか??

    戦後日本の価値観否定の一環として禁止されたり、
    現代の価値観から叩かれまくって最近は年末にもあまりやらないし、人気低下してるけど。
    [ 2013/06/14 00:13 ] [ 編集 ]
  59. トムさんが映画にあたって武士道を勉強し
    感銘を受けたと言うが
    どうせ新渡戸武士道だろ?
    そりゃあ新渡戸はキリスト教徒だし
    武士観は合うんじゃね?

    「武士は食わねど高楊枝」みたいなやつね、最後に玉砕してたし。
    個人的には「腹が減っては戦ができぬ」と言える武士しか
    武とか言ってほしくないけどな
    見てるこっちが恥ずかしくなる
    [ 2013/06/14 00:14 ] [ 編集 ]
  60. 侍はラストサムライで忽然といなくなったわけじゃないぞ
    時代の流れの影響で天皇を頂点とした日本帝国陸軍に姿を変えたんだ
    それが明治の始まりであり太平洋戦争終戦までの80年間で
    サムライ色は随分と薄れ変わってしまったが
    それでも日本帝国陸軍はサムライの流れを組んでいた

    それを戦中戦後と人も組織も壊滅させたのは他ならぬアメリカだろう?
    自衛隊は全く違う組織だぞ
    何でアメリカ人がサムライを好きなんだ?
    自分達が消し去ったものだろうに
    [ 2013/06/14 00:16 ] [ 編集 ]
  61. 新渡戸稲造のは「江戸太平で広く庶民の間でも培われた道徳としての武士道」だけど、別にキリスト教的武士道ではないよ。
    外国に説明するにあたって、他国の哲学や宗教を引用して説明はしてたが。
    [ 2013/06/14 00:16 ] [ 編集 ]
  62. 過去を今更どうこう言ってると何処かの国みたいだよ。いい話として残ればいいんでない?
    [ 2013/06/14 00:18 ] [ 編集 ]
  63. >何でアメリカ人がサムライを好きなんだ?
    >自分達が消し去ったものだろうに

    既に滅びて脅威になりえない美しいものはそりゃ好きになるだろう。
    [ 2013/06/14 00:18 ] [ 編集 ]
  64. 撮影時、

    トム「おい、あの真田ってやつにあんまアクションさせんな。俺がショボくみえるわ」


    って言ってたらしいね。
    [ 2013/06/14 00:20 ] [ 編集 ]
  65. >いかに当時から西日本人が野蛮人だったかわかる。

    釣り針がデカすぎて、、、
    分断工作はもうお隣の民族にしか見えんわ

    まあ戦国時代もそうだが白人の影響が強くなると戦争させられる
    それは現在も同じ

    江戸時代は資源や労働力を調達する全ての地域にて奴隷を制度化しない
    世界に例のない平和で豊かな社会だったのにな
    [ 2013/06/14 00:21 ] [ 編集 ]
  66. 海外のこいつら詳しすぎ
    とか言ってる奴、もっと自国の歴史を勉強してくれ。
    薩摩軍が300人のわけがないし、西郷が西南戦争まで戦った事がないとか、
    外人にしては詳しいけど、どこかズレてて可愛いなという感想だろ普通。
    [ 2013/06/14 00:21 ] [ 編集 ]
  67. 日本から見たらエキゾチックな映画でよかったよ
    中国人と一緒に見に行って悔しそうにしてたのを覚えてる
    小雪が最高に美しく撮られてる作品だと思う
    [ 2013/06/14 00:26 ] [ 編集 ]
  68. ※60
    プレデターが手ごたえのある獲物をかわいがるのと同じようなものかと
    [ 2013/06/14 00:28 ] [ 編集 ]
  69. 歴史ある国に生まれたのは良かったよね。
    [ 2013/06/14 00:28 ] [ 編集 ]
  70. 大丈夫
    三国志は 日本人のが確実に詳しいから

    むしろ中国の人間は三国志には全く興味もないから
    [ 2013/06/14 00:30 ] [ 編集 ]
  71.  
    幕府側も新政府側もこの時は両方侍なんだよね・・・

    封建制度が終わったから侍という身分がなくなっただけで
    誰かに滅ぼされた訳ではないんだよ。
    [ 2013/06/14 00:31 ] [ 編集 ]
  72. 幕末はドラマがあって面白いな
    外国人が西郷隆盛を知ってて嬉しい
    [ 2013/06/14 00:33 ] [ 編集 ]
  73. まあ侍てえのは、江戸時代になってから武士→侍に変質したんだけどね。
    [ 2013/06/14 00:34 ] [ 編集 ]
  74. 最初に出てきた絵どう見ても支那だろw
    [ 2013/06/14 00:34 ] [ 編集 ]
  75. 鎌倉から侍とはいうけどね。
    [ 2013/06/14 00:36 ] [ 編集 ]
  76. 戊辰戦争はすでに銃激戦がメインだぞ。幕府側の長岡藩が後装式のスナイドル銃とガドリング砲(初期の機関銃)で、薩摩長州に莫大な被害を与えたとか。
    白虎隊も基本的に銃で戦った
    [ 2013/06/14 00:37 ] [ 編集 ]
  77. 最期の侍って、「誠」を背負って刀一つで敵陣を攻めた土方さんだろ。
    中央政府とは何のコネもなかったけどな。
    [ 2013/06/14 00:40 ] [ 編集 ]
  78. 戦い方だけは神風連ぽいね。
    [ 2013/06/14 00:40 ] [ 編集 ]
  79. 「侍は銃使わない」信者はアイドルはトイレ行かない信者に似てる。
    [ 2013/06/14 00:41 ] [ 編集 ]
  80. >トム「おい、あの真田ってやつにあんまアクションさせんな。俺がショボくみえるわ」って言ったらしいね

    たしかそれ悪意あるデマだったような。実際はインタビューでトムが真田についてすごい褒めてて「真田があまりに素晴らしく動くから僕の見所が危うかったよ~ww」って朗らかに言ってたのが何故かそんな風に改変されたんじゃなかったっけ。
    [ 2013/06/14 00:41 ] [ 編集 ]
  81. ラストサムライはメインのストーリーは西南戦争。
    それにあえて鉄砲を拒否し鎧兜で戦った神風連の乱をミックスしたという事くらいは日本人なら押さえておこう。
    忍者は?知らん。
    [ 2013/06/14 00:45 ] [ 編集 ]
  82. ※70
    三国志ヲタの間では、あれは日本史だからw
    三国の魏志の倭人伝に卑弥呼登場→歴史の空白期間に呉から孫家が渡来→大和王権と流れるw
    [ 2013/06/14 00:47 ] [ 編集 ]
  83. ※79
    でも、機関銃みたいにぐるぐるハンドル回すだけで連射できるような銃が無かったことも確か。
    [ 2013/06/14 00:49 ] [ 編集 ]
  84. ラストサムライは、少なくともそれまでの大衆向けの映画よりはしっかり日本を調査した映画だと思う
    [ 2013/06/14 00:50 ] [ 編集 ]
  85. ※81
    >忍者は?知らん。
    www
    [ 2013/06/14 00:51 ] [ 編集 ]
  86. ラストサムライか…
    次は、信長の黒人家臣弥助を映画化してくれよ。
    頼むよ。ハリウッド。
    [ 2013/06/14 00:52 ] [ 編集 ]
  87. ニンジャの襲撃隊が出てる時点で娯楽作品だってわかるだろ?
    肩の力抜けよw
    [ 2013/06/14 00:53 ] [ 編集 ]
  88. ※84
    「ホリウッド」が抜けてるぞ。
    [ 2013/06/14 00:54 ] [ 編集 ]
  89. 信長の野望とか戦国無双をやりこんでたアメリカ人の友達の知識はすごかった
    [ 2013/06/14 00:55 ] [ 編集 ]
  90. >ああ、かわいそうなヨシノブ……。

    なんか笑ったw
    [ 2013/06/14 00:55 ] [ 編集 ]
  91. >次は、信長の黒人家臣弥助を映画化してくれよ。

    珍しかっただけの役立たずをどうしろと。
    [ 2013/06/14 00:56 ] [ 編集 ]
  92. 西南戦争に限らず
    動乱期後の軍縮は世界各地の各時代で
    国家の存亡を左右する大問題だろうな
    西郷隆盛が自覚的であったかどうかはわからないが
    西南戦争で武士の時代が本当に終わったのは間違いない
    [ 2013/06/14 01:00 ] [ 編集 ]
  93. 足利義昭は、京都を追われたあとも形式的には将軍で、将軍を辞した後も准后つまり皇后と同等の貴人として扱われたよ。
    慶喜も公爵になったしね。
    [ 2013/06/14 01:00 ] [ 編集 ]
  94. トム・クルーズの「シャケェェェー!!(酒)」が印象に残ってなww

    初めて「ラストサムライ」のタイトル見た時、「ラスト・オブ・モヒカン」を思い出し、サムライがなんかの部族みたいじゃねーかよwwと思ったのは良い思い出。
    …あながち間違ってないか。
    [ 2013/06/14 01:02 ] [ 編集 ]
  95. ぼくは処刑の当日でも生き延びようとした石田三成のほうが好きです
    サムライは人をころします
    ころしたぶんまで生きて仕事するのは生き残った者の責任だと思います
    死を飾ろうと執着する人は必死に生きてないと感じましたまる
    [ 2013/06/14 01:03 ] [ 編集 ]
  96. ※62
    お前は相当などあほうだな
    自国の歴史について語る事をウリナラファンタジーと一緒にすんなよ
    過去から学ばない奴は愚者以下だぞ
    [ 2013/06/14 01:03 ] [ 編集 ]
  97. でもまあ榎本武揚をラストサムライには仕立てられないからなあ。
    上手く土方歳三とこの人を絡ませた史実版ラストサムライを誰か撮ってくれないモノか。

    こういう話こそ大河で一年間やるべきだよな。
    [ 2013/06/14 01:05 ] [ 編集 ]
  98. ってか、ラストサムライの忍者軍団
    アレは酷かった
    [ 2013/06/14 01:08 ] [ 編集 ]
  99. ラストラムライか
    テレビのアホ共が自分たちが儲けるために最高最高言ってたのが思い出されて胸糞わるいわ
    なんだあのトムクルーズの表情、メシ抜きにされた犬かと
    食わず嫌いはいかんからレンタルで観て、一応解説まで聞いたが
    まあ忘れ去られてしかるべきの娯楽作だ
    [ 2013/06/14 01:08 ] [ 編集 ]
  100. ※62
    あんたがどれほど歴史を知ってるか知らないが、俺は古典から近代史まで、そうとう読んでる。
    こんなところで、恨みつらみを書くことが何処かの国みたいだと言ったのだ。
    [ 2013/06/14 01:09 ] [ 編集 ]
  101. カタカナうぜー
    糞サヨクみたいw
    [ 2013/06/14 01:10 ] [ 編集 ]
  102. なるほど。
    大久保利通が薩摩に戻った西郷に暗殺部隊を3度送って、
    それにすべて失敗したからこそ
    「ラストサムライ」という映画が生まれたわけだね。
    [ 2013/06/14 01:12 ] [ 編集 ]
  103. >忠臣蔵
    戦場なら、敵の挑発に引っかかり、部隊を壊滅においやった隊長の敵討ちなんぞ、恥ずかしくてできんわな。ましてや教育係だろ家老
    [ 2013/06/14 01:13 ] [ 編集 ]
  104. それぞれの領地で召抱えてた家臣が血縁なわけじゃないから
    クランっていう表現には違和感あったなw
    当時の「家」ていう概念が翻訳不能だったのかもしれないが。
    [ 2013/06/14 01:14 ] [ 編集 ]
  105. カタカナのが遠近感かもし出してて分かりやすいけど?
    左翼言いたいだけの特亜うぜーから。
    [ 2013/06/14 01:14 ] [ 編集 ]
  106. ラストサムライは俺かと思ってた
    [ 2013/06/14 01:25 ] [ 編集 ]
  107. 外人詳しすぎじゃね
    [ 2013/06/14 01:26 ] [ 編集 ]
  108. ※64
    別に人を楽しませるための映画撮ってるんだから
    主人公目立たせるために動くのはいいんじゃないの
    内容はともかく

    ってかこんな時間に小学生みたいな喧嘩すんなよお前ら
    [ 2013/06/14 01:27 ] [ 編集 ]
  109. シシオ(真田広之)の甲冑のモデルは福島正則かな。大水牛の兜。
    元々は黒田長政の兜らしいけど交換したらしいな。
    [ 2013/06/14 01:31 ] [ 編集 ]
  110. ※86
    ファースト・サムライ弥助、
    アフリカで奴隷商人に騙され奴隷に→過酷な船旅を経て親切な宣教師のもとに(捏造盛盛)
    黄金の国があるんだチックに誘われ一緒に日本に→信長「お前は今日から弥助じゃ!」
    信長のもとで活躍する弥助、忍者なんかも撃退しちゃう弥助(捏造第二段)
    本能寺での涙の別れ→弔い合戦を挑むも力及ばず→なぜ許されて故郷に帰ってて
    ハッピーエンドwww

    こんな感じになるとみた
    [ 2013/06/14 01:37 ] [ 編集 ]
  111. ※3
    その辺勘違いしてる人日本人でも多いよね
    [ 2013/06/14 01:42 ] [ 編集 ]
  112. ※103
    あの討ち入りって就職活動って側面もあるからな
    主君の仇ー!→こんなカッコイイ家臣ならぜひ、を期待してたっぽい
    でも結果的に他家に再就職してた元同僚の一斉解雇を招いたとか
    解雇理由は「主君の仇討ちもできない奴はいらん」
    もうどうせいと
    [ 2013/06/14 01:42 ] [ 編集 ]
  113. ※60
    あいつらはネイティブアメリカンやハワイアンの文化もお好きよ
    自分たちが征服したものは自分たちの文化だと思ってんじゃね?
    ※84
    どこが?忍者は出るは、侍は戦国初期みたいな戦闘してるは、皇居や横浜の街並みもてきとう
    日本のドラマ以下だよ

    娯楽作品としては派手で面白かったし、SAYURIよりはましだけど
    [ 2013/06/14 01:47 ] [ 編集 ]
  114. ま、物語は明らかに「西南戦争」だけど、白人主人公を付け加えるために「戊辰戦争」におけるブリュネを米国人にしたうえで付け加えたといったところだろ。

    ちなみに
    西南戦争=戦争が武士の物から平民による軍隊の物に移り変わった戦争

    なんで、西郷隆盛=ラストサムライ という見方は妥当だろうね。
    戊申までは軍備こそ近代化しているけど、まだ武士中心の軍隊だし。
    [ 2013/06/14 01:50 ] [ 編集 ]
  115. ラストサムライで秀逸だったのが実業家にして大臣の大村役の原田眞人。彼は映画監督らしいがものすごく良い演技してた。
    [ 2013/06/14 01:51 ] [ 編集 ]
  116. ※110
    風呂でいくらゴシゴシ洗っても黒いまま→驚嘆
    ってもっともインパクト残してる史実は削除だな。
    [ 2013/06/14 01:52 ] [ 編集 ]
  117. ラストサムライは劇場で見たが、三分に一回ぐらいに劇場全体から失笑が起きてたな。
    俺もちゃぶ台で食事してるシーンで笑ったわ。
    [ 2013/06/14 01:54 ] [ 編集 ]
  118. ラストサムライはうんkくさいハリウッド映画だった。つまんないわけじゃないけど、もう一回見ようとは思わない。
    [ 2013/06/14 01:56 ] [ 編集 ]
  119. アシカガヨシアキはともかく兄貴のヨシテルの方はめっちゃ強いサムライだったやんけ
    [ 2013/06/14 01:58 ] [ 編集 ]
  120. 普通にフランスがこの人主人公で
    フランスらしい抑揚のない地味な
    フランス映画作りゃいいじゃん
    多分観るぞ
    [ 2013/06/14 02:01 ] [ 編集 ]
  121. >>西郷さんは維新前は徹底したリアリストであらゆる謀略、汚い手も厭わず使ってきたのに、維新後は何故か理想論者に変貌してしまった面はある。

    いや、むしろ西郷の方がリアリズムの塊だろ。
    きちんと報復しておかないと際限なく韓国は頭に乗るから、きっちり出来る範囲で報復だけはした上で交渉を持つべきという西郷と、

    清国と全面戦争になる恐れがあるから、話し合いだけにしておいて譲歩しましょう将来同盟組めるかもしれないしという大久保の対立なんだし。
    [ 2013/06/14 02:05 ] [ 編集 ]
  122. 勝元の村に忍者が襲撃してきたシーンはワロタw まぁハリウッドの制作スタッフも時代背景が合わない事は知ってた上で、どうしても忍者シーン撮りたかったらしいけどね。
    [ 2013/06/14 02:25 ] [ 編集 ]
  123. 外人の癖に日本人の俺より歴史詳しいじゃねぇか

    4:46~のエグザイルぐらいしかわからんかったわ
    [ 2013/06/14 02:27 ] [ 編集 ]
  124. 赤穂事件は朱子学派と国学派の派閥争いの面がある。
    幕府は朱子学、赤穂は追われてやって来た山鹿素行の国学
    門閥での政権争いだったわけよ。
    この学閥勢力争いは幕末まで続くことになる。
    [ 2013/06/14 02:29 ] [ 編集 ]
  125. マジレスすれば
    時代を問わず軍の強さは合理性、これに尽きる。
    無論、厳しい訓練を課し課される将兵の精神力あってこそだが。
    意地でも銃を使おうとしないラストサムライ達が維新でどれほど勝利に貢献できたのか、甚だ疑問である。

    旧き時代の武士に当てはめるならばカツモトは会津武士だろうが、維新後自らの血を以て朝敵にあらざることを証明した会津人は反乱など起こすはずがない。
    当然そんな力もない。

    カツモトはアメリカ人が考えるサムライの理想像でしかなく、誰がモデルかなどと真面目に考えること自体がジョークでしかない。
    [ 2013/06/14 02:31 ] [ 編集 ]
  126. どっちが現実的ってのは分からないけど、新政府成立前後から西郷さんの様子が変わったってのは、よく書いてあるよね。
    [ 2013/06/14 02:35 ] [ 編集 ]
  127. ※120
    小雪とガイジンの侍が(趣旨と)どーでもいいことを延々と話しながら長々と散歩したりしそうだから勘弁。
    [ 2013/06/14 02:37 ] [ 編集 ]
  128. この映画ってサムライvs非サムライって構図を強調しすぎなとこ、
    士族階級同士のイザコザなのに「もうあなたたちの時代じゃない!」みたいなノリが奇妙に感じる
    [ 2013/06/14 02:49 ] [ 編集 ]
  129. >3
    まさに勝海舟がそのような見立てで述べていたよね。
    「オマイラはこの戦いには勝てないし、武士の世は終わっている。
    だから武士の世を終わらせた責任のあるこの西郷が
    オマイラのあの世への旅にいっしょについていってやるから、
    成仏せい」
    西郷はそうやってのけ者になってしまったサムライたちと心中し、
    しっかりとひとつの時代に折り目をつけて去っていった。
    [ 2013/06/14 02:54 ] [ 編集 ]
  130. ※125
    ラストサムライの英語版資料持ってるけど、カツモトのモデルは西郷って事で普通に経歴から人柄まで紹介してあるよ。
    [ 2013/06/14 02:55 ] [ 編集 ]
  131. ※130続き
    大西郷=Saigo the Greatと呼ばれる程の偉大な侍だった。
    って紹介文には笑ったけどw
    まぁハリウッド映画であってドキュメンタリーじゃないんだからリアリティどうこうツッコむのは野暮ってもんだ。
    [ 2013/06/14 03:00 ] [ 編集 ]
  132. 西郷隆盛がラストサムライwww
    真逆だろ!
    西郷が映画では坂本になった?
    もう滅茶苦茶www
    [ 2013/06/14 03:14 ] [ 編集 ]
  133. ラストサムライは、最後の謎の皆で土下座wwwがどうしても受け付けなくてラストサムイ感じorz
    [ 2013/06/14 03:47 ] [ 編集 ]
  134. 良く勉強されてる方が多くてびっくりだ。
    この頃の日本史なんてぐっちゃぐちゃで日本人すら知らない人多いのに。

    あと上の方でインペラトールを元老院で選出は間違ってるから。
    ほとんど世襲制みたいなもので、子孫が居ない場合のみ元老院で決めた。
    元老院で決めてた共和制時代はインペラトールじゃなくて執政官な。
    [ 2013/06/14 03:50 ] [ 編集 ]
  135. ラストサムライ見たらSHOGUN将軍ってのを思い出した
    リチャードチェンバレンと島田陽子が出てたやつ
    あれはホント史実メチャクチャだったなあ

    ラストサムライ撮ってるとき、
    この部分は違うとか、こういうことは日本人はしないと
    真田さんや渡辺さんが抗議したらしいね
    直してくれたのかは知らないけど
    [ 2013/06/14 03:58 ] [ 編集 ]
  136. まあ日本人が詳しい三国志つっても詳しいのは三国志「演義」だからな
    史実かどうかなんて二十四史の三国志だって怪しいのに演義になったらもっと怪しい
    「色々と間違ってる」所も多いだろうね
    [ 2013/06/14 03:59 ] [ 編集 ]
  137. ※136
    ちょっと何言ってんだか分かんないわ、シナチク
    [ 2013/06/14 04:17 ] [ 編集 ]
  138. 47 Rouninはコケるだろうね
    [ 2013/06/14 04:24 ] [ 編集 ]
  139. ※136は正しいよ。

    大学で三国志に関する講義とったことあるけど、三国志演義は、7割が史実で3割がフィクションだったはず。なので、実際の三国志の歴史とは大きく異なる。日本人の大部分がフィクションを三国志だと思い込んでる。
    [ 2013/06/14 05:09 ] [ 編集 ]
  140. 『RONIN』は1998年の映画だったよな。いつのまに46本も続編が作られてたんだwww
    [ 2013/06/14 05:31 ] [ 編集 ]
  141.  
    まあ、あれはあれでそこそこ出来のいい映画だった
    [ 2013/06/14 06:20 ] [ 編集 ]
  142. ※日本史のアメリカナイズ

    それは自然なことじゃないかな?ハワイ州に次いで
    新たな合衆国に加わる地域なんだからね。米国と日本の
    両方の血を受け継ぐ自分としては喜ばしいことですね。
    [ 2013/06/14 06:27 ] [ 編集 ]
  143. >悲しいね。戦闘が銃で行われるようになった時から、
    >サムライの時代が終焉に向かうことは決まってたんだ。

    世界に存在する銃器の半分以上をサムライが扱ってたんだがなw
    [ 2013/06/14 06:33 ] [ 編集 ]
  144. なんで人名やら藩名やらをいちいちカタカナで訳すんだ?
    なんか議論してる外人も読んでる日本人もバカにしてる気がする。
    [ 2013/06/14 06:40 ] [ 編集 ]
  145. 詳しいって言ってる人いるけど、外人にしては詳しいというだけで、微妙に間違っているから、Wiki見るだけでも良いから自分で調べてくれ。
    [ 2013/06/14 06:45 ] [ 編集 ]
  146. >アシカガ・ヨシアキだってそうだろ。本物のサムライ、オダ・ノブナガに命を取られるのをただ待つしかなかった。

    追放されただけなんですがw
    [ 2013/06/14 06:50 ] [ 編集 ]
  147. ラストサムライはトムの「ウテー!」と
    小雪の綺麗さしか思い出せない
    [ 2013/06/14 06:59 ] [ 編集 ]
  148. 日本人でもイギリスやフランスの歴史大好きな人沢山居るし
    そういう感じなのかね。まー動画観に来てる時点で
    興味ある人達なんだろうけど
    [ 2013/06/14 07:00 ] [ 編集 ]
  149. ラストサムライはかなり良く出来たお笑い映画だと認識してる
    トム・クルーズが来日した時の富士山のでかさに映画館で爆笑したいい思い出
    [ 2013/06/14 07:05 ] [ 編集 ]
  150. 日本の鉄砲の歴史を知らんとはもぐりだなw

    つか、あの映画は完全にフィクションだよ
    モデルとされる人物も特に活躍してないし。

    ところでこいつらに警視庁の歴史を教えたら目を輝かせそうだな
    侍は警察官になったんだよ。
    [ 2013/06/14 07:19 ] [ 編集 ]
  151. ※36
    生きる死ぬよりも、恥を恐れるがゆえに武士なんだよな
    だからあえてむしろ負け戦だからこそ戦って死んだ
    ※50
    ボブサップあたりの巨漢でやってくんねえかなあw
    ファーストコンタクトの「体に墨ぬりたくっているわけでなく、本当に黒いのかどうか確かめるために体を洗わせる」エピソードが差別だということで中止させられそうだけどw
    [ 2013/06/14 07:23 ] [ 編集 ]
  152. >147

    47RONIN は忠臣蔵の話だ
    ハリウッド、どうしちゃったの?って感じ

    [ 2013/06/14 07:26 ] [ 編集 ]
  153. 薩摩の抜刀突撃と、それに対する旧会津の士族で構成された抜刀隊の話とか聞くと胸が熱くなるよねえ
    [ 2013/06/14 07:27 ] [ 編集 ]
  154.     
    ラストサムライって新撰組かなあ。
    負けが確定したあとも、最後まで忠義に尽くした所とか。
    だから現代でも人気なんだろうけど。
    あるいは江戸の長い平和で、真の侍はいなくなっていた可能性もあるかな。
    [ 2013/06/14 07:37 ] [ 編集 ]
  155. 他国の歴史に詳しくなるのは大したものだと思う。
    特に日本史は長くて、間違った知識で日本人も勘違いしてる人が多いですよね。
    西郷隆盛だが彼は「部下の勇み足で責任を取ったに過ぎないよ」、彼は泥を被る役割の人で日頃から有名でした。

    じっくり学ぼう 日本近現代史
    http://www.youtube.com/playlist?list=PLgWDZ7Z_8LQbjFmQ9O4VEYPqgXuIMopGL
    [ 2013/06/14 07:46 ] [ 編集 ]
  156. >ハワイ州に次いで
    >新たな合衆国に加わる地域なんだからね

    釣られるが、アメリカ総人口の3ぶんの1が日本人になっちゃうぞ
    大統領選が楽しみだなオイ
    付け加えて言うなら、一時的占拠や民族の駆逐、
    またはその地の征服はできても、
    多数派異民族の恒久的併合ができないのは
    歴史や国際社会が物語ってますわな

    従属関係みたいになってるがあくまで同盟。
    徳川は織田家臣だと思わないほうがいいですぜ
    [ 2013/06/14 07:52 ] [ 編集 ]
  157. ジュール・ブリュネは日露戦争時に「日本が勝つ」と予言した数少ない西欧人の軍人だったんだよね。

    あと西郷軍には外国人将校は参加していないが、後方の病院には西郷さんに心服した外国人医師が働いていたはず。
    [ 2013/06/14 08:05 ] [ 編集 ]
  158. 西郷が何を考えてたか
    書簡なんかを読み込んでもよくわからんと
    あの時期の歴史研究者が嘆いてたという
    [ 2013/06/14 08:12 ] [ 編集 ]
  159. 弱腰で日本をまとめられない幕府を倒して日本をひとつにし欧米列強から日本を守るんだ!とやったけど、それは武士の尊厳のような伝統文化を捨てることではないと思ったんだろうね。
    [ 2013/06/14 08:15 ] [ 編集 ]
  160. サムライは身分だから、士族の戸籍登録されていた人たちが本当の意味でラストサムライ
    [ 2013/06/14 08:19 ] [ 編集 ]
  161. 侍の事大好きな外国人多いけど、その侍がいなくなっていくきっかけを作ったのは外国だからね。
    [ 2013/06/14 09:01 ] [ 編集 ]
  162. 弓張嶺月下の夜襲
    明治時代に細々と武芸を伝えていった人々こそが真の意味での最後の侍といえるだろう。実際にお武家さまの家に生まれて本物の武芸を継承していた人たちの最後の世代だったわけだから。直心影流の薙刀の園部秀雄の逸話などを読むとそう思わざるを得ない。

    もちろん彼ら劍士の精神は例えば昔、日露戦役において、『独眼龍』と呼ばれた片眼の勇將、伊達政宗が居た仙臺から、満洲へ出征していった昔ながらの勇壯不屈なる東北健兒から成る黒木軍中の第二師團の中にも勇敢な歩兵第四聯隊などにも受け継がれていたのであった。

    たとえばその將校の中には『劍道の名人』と呼ばれる靑年士官、陸軍歩兵中尉三浦眞、少年時代から劍道を学び、太刀を取っては鬼神の如く、聯隊中の士官も誰一人として、三浦中尉に及ぶ者はない。出征する時に、三浦中尉は、仙臺陸軍幼年學校の劍道の教官、佐野先生から、一振の名刀を贈られた。
    『これは、三浦中尉、近江守繼平(つぐひら)が鍛へた一刀だ。お別れに差上げる。日頃のお手並を戰場で十分に
    お振ひ下さい』
     と、佐野先生から天晴れ名刀を渡されて、三浦中尉はかたじけなくおし戴いた。
    『有難う存じます。この一刀をもつて、先生が御一緒にゐられると思ひ、二人力にて敵陣へ突入ります。御免!』
     と、拔き放つた繼平の名刀、切尖から鍔元まで晃々たる白刄(しらは)は、武士の魂そのまヽに輝いてゐる。
    三浦中尉はニツコリと微笑して鞘にをさめると、もう一度、おし戴いた。
     この繼平の名刀を、軍刀に仕込んで出征した三浦中尉、今や弓張嶺の大夜襲に加はつた。夜襲は弾丸の戰ひではない。白刄(はくじん)と白刄の突撃戰だ。
     ----時は來れり! 今夜こそ!!!
     鍛へに鍛へた日本劍道の魂と腕、磨きに磨いた繼平の一刀、仰げば月下の弓張嶺は、こんもりと黒くそびえてゐる。右に左に遠く銃声が聞える。高粱の陰から陰へ第四聯隊は今しも山の下へかヽつた。三浦中尉は第七中隊に加はつてゐる。
     ---敵近し! スラリと中尉は繼平を拔放つた。刀身に月光きらめいて、夏なほ寒し。
    [ 2013/06/14 09:05 ] [ 編集 ]
  163. >悲しいね。戦闘が銃で行われるようになった時から、サムライ
    >の時代が終焉に向かうことは決まってたんだ。
    いや、普通に武士の全盛時代だった戦国時代から銃は使ってたからそれは関係ない。あの時代ヨーロッパ全土を合わせたより大量の銃を一国で保有してたし、当時の日本の輸出品でもあった。
    [ 2013/06/14 09:07 ] [ 編集 ]
  164. 面白いからほかっとこうよ!
    どこまで恥知らずな報道をするか
    みてみたい!
    目的が戦争で死ぬのは自衛隊員で
    マスコミの連中はニコニコわらって
    ざまーとかだからね。
    [ 2013/06/14 09:12 ] [ 編集 ]
  165. 侍を身分と定義すれば明治の初期に侍は消滅したことになるが、さむらい(士)は魂のありようとそれを反映した生きる姿勢とするならば、そうはならない。
    武芸者。弓張嶺月下の大夜襲における三浦中尉。嘉納治五郎先生の創始した柔道を修め、帝大で学問を修め、動乱の大陸へ渡って支那の革命に参画した青年たち。一高で鹽谷靑山老先生に漢籍を学び、美しい師弟の情愛を結び、審判によらず禮譲をもって敵校の劍士を遇した劍士たち。
    皆これさむらいの魂を受け継いだ者といえよう。
    [ 2013/06/14 09:14 ] [ 編集 ]
  166. アメリカって歴史の時間って何を習うんだろう
    インディアンを消し去ってから国史なんだろうか?
    自分の国に200年しか歴史がないと世界史に重点を置くんだろうか?
    [ 2013/06/14 09:22 ] [ 編集 ]
  167. ラストサムライはトムクルーズが乗った馬に密かに蹴られる人を見つけるが楽しい
    [ 2013/06/14 09:27 ] [ 編集 ]
  168. ラストサムライは日本の文化を無理やりねじ込んだ感があるよね
    序盤の切腹シーンとか最後の土下座とか
    切腹シーンは敵軍に首を取られるのは恥だからありえない
    西郷も部下に首を埋めさせたんじゃなかったっけ?
    最後の土下座も武器を落としてうなだれる程度にしてくれればよかったのに
    日食発言以来、小雪を整理的に受け付けなくなったから一生見ることはないかな
    [ 2013/06/14 09:29 ] [ 編集 ]
  169. たとえ史実をモチーフにしていても映画は映画
    ただの娯楽作品でフィクションにすぎない
    それは戦争映画だろうが西部劇だろうが同じことで、歴史的正確さに拘わるのはナンセンスだ

    そもそも日本人が作る時代劇だって時代考証がいい加減なものが多いのに、ラストサムライにそれを求めてどうする
    [ 2013/06/14 09:38 ] [ 編集 ]
  170. >アメリカって歴史の時間って何を習うんだろう
    アメリカに白人が来る以前から始まって、白人の入植と近代アメリカの始まり
    そして、日本人はぜんぜん知らないところのイギリスとの独立戦争の細かい流れ
    メキシコやテキサスなどとの関係西部への領土拡張、南部の綿花産業と奴隷
    北部と南部の対立からの南北戦争、その流れ…要するにアメリカ”国内”の歴史を習う
    [ 2013/06/14 09:40 ] [ 編集 ]
  171.  
    時代考証に日本人の専門家をつけてもう一回やり直し!と言いたいところだが、あんな金のかかる映画はブームに乗らないと無理だな。
    [ 2013/06/14 10:13 ] [ 編集 ]
  172. フランスのおかげで船舶の技術が向上したというのは知っていた。
    その時のメインバンクがBNP。
    [ 2013/06/14 10:23 ] [ 編集 ]
  173. 最後の土下座が思いっきり不愉快だったわなぁ……
    あれほど不快になったシーンも珍しいわ
    [ 2013/06/14 10:24 ] [ 編集 ]
  174. 天皇のローマ字は、Tennō または Tennou だからな。
    Tenno と書くの止めろよ。
    Tenno じゃ「天の」だろ

    東京も Tōkyō かToukyou ! Tokyo は都墟かな。
    [ 2013/06/14 10:31 ] [ 編集 ]
  175. 日本人的にシナリオについてはフィクションとして割り切ってるだろ
    問題は土下座についての価値観の違い
    日本はお辞儀の文化だから、ここはやっぱり土下座でしょ!
    っていうのが見え見えなんだよな
    [ 2013/06/14 10:37 ] [ 編集 ]
  176. 土方歳三を、
    「おまえフランス軍でも師団長でいけんぜw」
    とかおだてたのもこの人かな
    [ 2013/06/14 10:43 ] [ 編集 ]
  177.  
    ※83
    幕末には米国南北戦争で使いそびれたガトリングガンが三丁
    日本にまわってきてあったことぐらい知っておけよ
    河井継之介に申し訳ないだろ
    [ 2013/06/14 10:49 ] [ 編集 ]
  178. ラストサムライよりも黒沢明の乱の合戦シーンの方が迫力があったな・・・という印象が残っている。
    [ 2013/06/14 10:50 ] [ 編集 ]
  179. 西南戦争や西郷隆盛について知ってるガイジンって何者なんだw

    これって、俺らが三国志やたら詳しいみたいな話か?
    [ 2013/06/14 11:08 ] [ 編集 ]
  180. 理系で地理取ってたからさっぱり(´・ω・`)
    [ 2013/06/14 11:14 ] [ 編集 ]
  181. 突っ込みどころはあるが、ハリウッドにしては日本人女の髪型や衣装や小物、鎧や着物が日本ぽい、普通はもっと中国風になってる
    そしていかにもアメリカ人が好きな、オレ正義のヒーローで日本女性との恋愛設定にはベタすぎて安心した
    [ 2013/06/14 11:22 ] [ 編集 ]
  182. 戊辰戦争と西南戦争を混ぜる、って発想がまず日本人だと起きないよな、多分w西南戦争と神風連の乱を混ぜるならありえるけど。
    [ 2013/06/14 11:30 ] [ 編集 ]
  183. ラストサムライとか日本人には見るに耐えないゴミ映画じゃねーか
    あれを高評価とか勘弁してくれよ
    [ 2013/06/14 11:34 ] [ 編集 ]
  184. ラストサムライなんて、完全に外人から見た
    サムライの間違ったイメージだからなあ
    [ 2013/06/14 11:34 ] [ 編集 ]
  185. 正直まだ薩長を許した訳じゃないから
    特に薩摩
    [ 2013/06/14 11:36 ] [ 編集 ]
  186. ラストサムライで真田とかの演技はすげーカッコいいと思ったんだけど
    設定とか内容とか、最後の土下座とか
    あれは日本人から見たら、何このクソ映画ってのがほとんどじゃないの
    [ 2013/06/14 11:37 ] [ 編集 ]
  187. 大刀をあそこまで軽々と振り回せるのかと疑問はあったが、なかなかいい作品だった。日本版だけかもしれないけど、あの人の最後が大写しになって感動したよ。
    [ 2013/06/14 11:38 ] [ 編集 ]
  188. ※185
    いや、薩摩よっか長州だろう。
    うざさは異常。
    [ 2013/06/14 11:41 ] [ 編集 ]
  189. ハリウッドのクズ映画の提灯持ちをウザいと思うのは
    オレだけじゃなく、世界にもいるんだ。トムクルーズの
    殺陣が、普段のデタラメよりは少し良かっただけだな
    [ 2013/06/14 12:01 ] [ 編集 ]
  190. 映画のモデルはともかく
    悪いが西郷隆盛が最後のサムライはナイわ

    >ハリウッドが今度は"47 Rounin"なるものをリメイクで作るらしい。

    忠臣蔵!?大丈夫か?
    日本は忠臣蔵にゃうるさいぞ?
    [ 2013/06/14 12:21 ] [ 編集 ]
  191. >三国志演義
    あれは西遊記や水滸伝と同じ四大奇書の一つだし
    明らかに儒教色のある創作なんだけど
    史実だと思ってる奴は中国人にもいたぞ
    世界中にいそうだな
    もちろん三国志正史が完全史実だとは言わないけど
    演義よりはマシだわな
    [ 2013/06/14 12:26 ] [ 編集 ]
  192. もしもしなのでレス番ずれてたらごめん
    ※190
    安心しろw
    設定からびっくりするほどファンタジー仕立だ(キアヌ主演)
    ※188
    でも長州のことはずっと冷遇してたからさ…
    だが薩摩は違う あいつらは裏切り者
    [ 2013/06/14 12:45 ] [ 編集 ]
  193. おいおい……比べるなよ
    [ 2013/06/14 12:50 ] [ 編集 ]
  194. あの映画は好きだよ
    日本人スタッフや俳優がいくらか口出してくれたお陰か
    トンデモが他のより全然マシだった
    ていうか気にならないくらい音楽とか演出がすげー好き

    ただ(ぜんぜん関係ないが)監督が
    トムのあのまったく聴き取れない日本語を褒めてたのが納得いかんw
    [ 2013/06/14 12:56 ] [ 編集 ]
  195. >※3
    >大方の日本人の認識はそんな感じでしょ

    >その認識が、史実に沿っているものなのか、
    >歴史小説やなんかに流されてしまっているものなのかは
    >また別の話として

    その歴史小説とは司馬遼太郎の
    「翔ぶが如く」を指していると思けど
    当時の西郷の心情を正確に著していると思う。

    西南戦争で西郷の死を聞いた勝海舟の咏が、
    それを良く著している。

    濡れ衣を干そうともせず子供らが
    為すがまにまに果てし君かな

    [ 2013/06/14 13:15 ] [ 編集 ]
  196. ブリュネさんは一貫して幕府軍の側に立ってるからなぁ。
    ナポレオン3世の命令も無視して、榎本武揚の軍に参加しとるし。
    慶喜なんかよりよっぽど侍だ、と幕軍では言われとったらしいね。
    翻って慶喜は、元幕臣に「豚一さん」なんてあだ名をつけられたそうな。
    元幕臣の家系だが、西郷さんだけは好きだw
    [ 2013/06/14 13:16 ] [ 編集 ]
  197. >正直まだ薩長を許した訳じゃないから
    特に薩摩
    >いや、薩摩よっか長州だろう。
    うざさは異常。

    ↑ほんとこういう奴らって朝鮮人に似てるよな
    会津史観などでっち上げしてるとことかな
    韓国中国がいつまでも日本に対して、いちゃもんつけてる状況を
    どう思ってんだ?まさか肯定するのか?
    倒幕派も佐幕派も国を思い行動してたんだよ
    お前らみたいなクズにはできないことだけどな
    [ 2013/06/14 13:28 ] [ 編集 ]
  198. 日本人は白虎隊や新撰組の方が共感できるけどね
    最後にオルグレン生き残る所が
    ああハリウッドだなと思ってしまった
    そこは討ち死にじゃないとしっくり来ない
    [ 2013/06/14 13:36 ] [ 編集 ]
  199. そんな機会はないだろうけど、もし他国の人とこういう話題で盛り上がったときに、
    きちんと史実を説明し自分の意見を述べるくらいの知識は備えていたいと思う
    [ 2013/06/14 13:45 ] [ 編集 ]
  200. ※197
    陸軍大将柴五郎の回顧録には、薩長の非道さが書かれてるなぁ。
    無かった、と言ってるのは長州系と、まったく戊辰の戦と関係ない後の世代の人らばっかりなんだよね。
    会津史観()の奴らも行きすぎの奴が居るけどなw
    >倒幕派も佐幕派も国を思い行動してたんだよ
    長州は国を思うより自分の栄達だろうに。
    その後の長州閥の汚職具合はひどすぎる。
    西郷さんがすきなのは、彼は成りあがりにならんよう気をつけてたし、金銭に非常に清廉だったから。
    [ 2013/06/14 13:46 ] [ 編集 ]
  201. 反日ハリウッドなのいい出来だと思ったら、監督や脚本が、戦火の勇気、アイアムサム、グラディエーター、スウィーニトッドなどなど社会派のマッチョな映画つくってる人達みたいだね
    [ 2013/06/14 13:47 ] [ 編集 ]
  202. ハリウッド映画は確かに他国の間違ったステレオタイプで映画を作ってるかもしれないけど、
    そもそも海外を舞台にした歴史映画を作ろうとする姿勢自体称賛されるべきだと思うんだけどなあ

    日本の映画会社が
    アメリカでアメリカ独立戦争を題材にした映画作ったり
    中国で三国志の映画作ったりってあんまないだろ?
    基本どこの国も自国を題材にして自国を舞台に撮るわけで
    [ 2013/06/14 13:54 ] [ 編集 ]
  203. 47ronin・・・・
    47匹のカメが刀背負って忍術とモビルスーツで戦うのか、胸熱だな。





    胃酸過多の薬飲むか・・・w
    [ 2013/06/14 14:01 ] [ 編集 ]
  204. >>200
    非道?いつまで恨み持ってんの?朝鮮人と一緒?
    そんなこと言い出したら、関が原以降、徳川は西についた大名や国を
    冷遇してたことは無視か?庶民も貧しい思いしたんだぞ?
    そのときは良くて、今度は薩長土肥がやったら非道だ?
    幕末のあのとき、薩長が立ち上がらなかったら、どうなっていた?
    外国に媚売った幕府擁護さんよお?
    [ 2013/06/14 14:04 ] [ 編集 ]
  205. ※204
    外国に媚を売るって、その後の新政府も同じじゃないかw
    むしろ、新政府のほうが媚売りすぎ。
    その所為で河上彦斎がなにやったか知らないの?

    しったか君w
    [ 2013/06/14 14:08 ] [ 編集 ]
  206. ※204
    長州の討幕運動への傾注は、その徳川幕府に冷遇された件が大本なんだが?
    だから幾らきれいごとで取り繕っても、長州嫌いと言う奴が出てくるのさ。
    物知らずだのう。
    [ 2013/06/14 14:10 ] [ 編集 ]
  207. >>205
    同じ?だったら新政府だけに批判できねえじゃねえかよw
    >>206
    だから冷遇されたんだから、どっちも同じじゃあねえかって言ったんだよw
    [ 2013/06/14 14:17 ] [ 編集 ]
  208. ※207
    全く違うわな。
    よく、欺瞞を行う人間が「立場が同じ」と全く違うものを持ち出して主張するんだが(例:朝鮮人)
    徳川は長州を攻めたんだっけ>戦力を持って
    行き過ぎた会津史観も、長州アゲksもおなか一杯ですわw

    で、「幕府は外国に媚うってたが、新政府はちがうんでつ!!!」というお前さんの主張は、どこに転げ落ちたの?
    [ 2013/06/14 14:33 ] [ 編集 ]
  209. >>208
    ん?
    >「幕府は外国に媚うってたが、新政府はちがうんでつ!!!」というお前さんの主張は、どこに転げ落ちたの?

    そんなこと一言も言ってないが?w
    何でそんな嘘をつくかなー
    それと、会津人や朝鮮人がでっち上げたり、過去のことをいつまでも恨み持っていることに対して持論をどうぞ
    [ 2013/06/14 14:43 ] [ 編集 ]
  210. ハリウッド映画でよくあるのが、異国の地で突然現れた白人に英語が喋れてやたら親切にしてくれる原住民がいる。そしていつの間にか仲間になって戦うという。
    あいつらの常に上から目線というか特別意識にはいつも呆れる。
    [ 2013/06/14 14:52 ] [ 編集 ]
  211. ※209
    >幕末のあのとき、薩長が立ち上がらなかったら、どうなっていた?
    >外国に媚売った幕府擁護さんよお?

    脳みその代わりにかびたメロンパンでも入ってるの?
    [ 2013/06/14 14:54 ] [ 編集 ]
  212. ※209
    会津のは実際に起こったこと。
    ただし、そのことで賠償を求めるようなことをしていない。
    一部しつこいのは居るが、概ね静か。
    ただし、好悪の感情はいかんともし難い。

    朝鮮人のは、無いこともあると言い張る完璧な言いがかり。

    頭の悪い君にもわかった?
    で、柴五郎さんって誰だか知ってるの?
    [ 2013/06/14 14:57 ] [ 編集 ]
  213. ※209
    >外国に媚売った幕府擁護さんよお?
    書いてるやんw
    まぁ、お前のようなのはよく居るんだよ。
    幕末描いた小説読んで知った気になってるの。
    今後勉強すれば良いよ。
    [ 2013/06/14 14:58 ] [ 編集 ]
  214. ※50ファースト・サムライヤスケってあの弥助か!
    史実がほとんど残ってない分、脚本次第で面白いもに出来そうだな。
    黒人の集客が見込めそうだ。人気黒人俳優はコメディ得意な人も多いから
    笑いあり涙ありの展開でもイケる。
    [ 2013/06/14 15:00 ] [ 編集 ]
  215. 208
    つーか、関係ないことで無知なの苛めても仕方が無いから、これで終わるよw
    皆ごめんね。
    [ 2013/06/14 15:00 ] [ 編集 ]
  216. 一言も新政府はちがうんでつ!!!なんて言ってないが?
    勝手に妄想して改ざんしてんじゃねえよ
    >>212
    会津史観 でっち上げでググりなさい
    [ 2013/06/14 15:04 ] [ 編集 ]
  217. 散々、長州は会津人の死体埋葬を禁止させたみたいなこと言って
    レッテル貼りしてたくせによ
    嘘丸出しじゃねえか
    どうせ、長州批判してる奴はでっち上げの主犯司馬遼太郎が好きなんだろうけどな
    [ 2013/06/14 15:13 ] [ 編集 ]
  218. 正直、外国の人が特に詳しく勉強してるとは全く思えないが・・・色々間違えまくってるし。
    それよりも、日本人が「外国人、日本の歴史くわしー」って何もわからず言ってるのが本当に恐ろしい。こうして本当のことを学ばず信じていくのか・・・
    [ 2013/06/14 15:14 ] [ 編集 ]
  219. まぁ、ラスト・サムライで憤慨してたら、パールハーバーなんて見れないぞ、と。
    [ 2013/06/14 15:17 ] [ 編集 ]
  220. んー、蛤御門の変でもそうだし、長州って尊王とは絶対にいえないと思うんだよな。
    尊皇攘夷なんて、当時の武士なら誰でも常識的に思ってたことだけど、長州のやったことってのは、それ掲げながら御所に弓引いてるしね。
    好きか嫌いかってのなら、長州は嫌い。
    [ 2013/06/14 15:18 ] [ 編集 ]
  221. 長州も薩摩も同じ密貿易同士、砂糖と昆布でも食べてリラックスしな
    [ 2013/06/14 15:44 ] [ 編集 ]
  222. たまには教科書でも探して読んでみるか。
    [ 2013/06/14 15:53 ] [ 編集 ]
  223. あの映画だと 「侍」=ただの頑固な人たち というイメージしか持てない。

    まあ今や多くの日本人もそんな捉え方だが…「美しい日本」レベルの安易で浅はかな価値観。

    結局、武士道とか侍道は本当の意味で死んでしまったのかな。
    日本で評価されたことで、それを証明してしまった映画。
    [ 2013/06/14 15:58 ] [ 編集 ]
  224. ご先祖さんが薩摩藩士だけど
    正直幕末のころとかよく分からない
    外国人日本人問わず詳しい人は凄いね
    [ 2013/06/14 16:06 ] [ 編集 ]
  225. ※223
    花は櫻木 人は武士 なんてのはもうとっくに廃れちまってるのかもな。安易に「サムライサムライ」言い過ぎな観がある。
    [ 2013/06/14 16:11 ] [ 編集 ]
  226. 明らかにフィクション前提の映画なのに、歴史マニアの知識自慢のダシにされちゃうんだよな。
    あれだけの話を作るなんてめちゃくちゃ凄いと思う。
    [ 2013/06/14 16:26 ] [ 編集 ]
  227.     
    娯楽作品なんだから、うるさく言っても仕方ないが。
    日本人向けには、あまりにも嘘っぽく見えちゃうよな。
    海外の人にとっては楽しんで見れたんじゃないかな。
    [ 2013/06/14 16:30 ] [ 編集 ]
  228. フランス人をアメリカ人として描くなんてな。
    どうせなら侍を韓国人にした方がもっと人気出ただろうに。
    [ 2013/06/14 16:41 ] [ 編集 ]
  229. アメリカ人の、なんとなくカッコいい侍映画作りたいなという
    映画で、アメリカ人がかっこいいと思う侍像を作ったらこんな感じになりましたみたいなもんだろ なんか俺って武士道イエ~イ、クールみたいな映画
    史実がどうのこうのは野暮って感じかな
    [ 2013/06/14 16:45 ] [ 編集 ]
  230. ここでも朝鮮人の吐き気のするコメント
    [ 2013/06/14 16:53 ] [ 編集 ]
  231. 日本人なのに西南戦争のことなーんも知らん
    ここの外人たちはなんでそんな詳しいんだー
    [ 2013/06/14 16:59 ] [ 編集 ]
  232. おもしろき
    こともなき世を
    面白く
    [ 2013/06/14 17:02 ] [ 編集 ]
  233. 日本の歴史に詳しい海外の人には頭が下がる。
    昔、ラストサムライのDVDでも買おうかと思ってた時にTV放映があり、それを観て買うのをやめたよ…。
    [ 2013/06/14 17:04 ] [ 編集 ]
  234. ※219
    パールハーバーはキツかったわww
    「軍事工場」と書かれた看板の工場に空襲してるのなww
    本当は無差別民間大虐殺なのにww
    娯楽だから事実じゃないと言い訳もできるのに、アメリカはきっちりプロパガンダを仕込んでくる。
    ラストサムライも主人公以外のことは本気で信じてる奴多いだろうな。
    [ 2013/06/14 17:26 ] [ 編集 ]
  235. >悲しいね。戦闘が銃で行われるようになった時から、
    >サムライの時代が終焉に向かうことは決まってたんだ。
    ※163
    そのとおりだ
    確か生産量はAK-47(100万)の次に多い50万以上だったと思う
    [ 2013/06/14 17:28 ] [ 編集 ]
  236. 4:05あたりからのBGMの変化に鳥肌立ってしまったw
    同じ動画の日本語版見つけたので何となく置いときますね

    http://www.youtube.com/watch?v=IbZs9DEmiNI
    [ 2013/06/14 17:42 ] [ 編集 ]
  237. 忠臣蔵作るなら、四谷怪談もセットで作ればいいと思うの。
    [ 2013/06/14 17:47 ] [ 編集 ]
  238. 自称日本通って変な勘違いが多い上に
    本物の日本人がそれを指摘しても受け入れないからうざい
    海外にはきちんとした日本の歴史本や授業がないのかな?
    ハーバードで歴史の授業やってる日本人女性も
    すごくおかしな歴史認識だし…
    [ 2013/06/14 17:49 ] [ 編集 ]
  239. 本当のラストサムライは土方歳三に決まってんだろ。
    ラストオブモヒカンもそうだったけど、なんで白人がしゃしゃってくんだよ。
    [ 2013/06/14 17:50 ] [ 編集 ]
  240. 薩長側には、同じように軍を抜けた
    アメリカやイギリスの兵隊がいたらしいね。
    [ 2013/06/14 17:54 ] [ 編集 ]
  241. 「ラストサムライ」は韓国でもヒットしたんだよ
    「日本人がよく描かれているらしいぞ」
    「なにっ!それはけしからん、この目で確かめなくては!」
    という感じで多くの韓国人が映画館へ足を運んだそうです
    [ 2013/06/14 17:55 ] [ 編集 ]
  242. 義輝お兄ちゃんが剣豪すぎるから影薄いけど、義昭も結構戦場出てる。
    光栄だと文官みたいに扱われてるけど普通の武士と変わらないと思う。
    [ 2013/06/14 18:54 ] [ 編集 ]
  243. ※198
    いや、全然。
    勝手に日本人の総意作るのやめて
    [ 2013/06/14 18:56 ] [ 編集 ]
  244. スター・オブ・ラストサムライだ!スター・オブ・ラストサムライがライズー!
    [ 2013/06/14 19:18 ] [ 編集 ]
  245. ラスト・サムライってアメリカでも「(あまりに出鱈目すぎて)歴史の
    授業の先生が泣いちゃう映画ランキング」でランクインしてたよな
    [ 2013/06/14 19:36 ] [ 編集 ]
  246. ※214
    映像化すると何故か弥助がボビー・オロゴンででてくる俺がいるんだが
    [ 2013/06/14 19:37 ] [ 編集 ]
  247. >>241
    好奇心で「パール・ハーバー」見に行った
    日本人みたいなノリなんだろうな。
    見た後で「あの映画嘘ばっかだったねー」
    的な話題で盛り上がってるんだろうな。
    まあ、連中はその話題の中に「客観性」と
    いう物を絶対に持ち込まない民族なんだ
    けどね。
    [ 2013/06/14 19:42 ] [ 編集 ]
  248. でも平成の世に武士や殿様がいたら、どうなるんだろうね???

    武士「殿!出発の新幹線の時間です」
    殿様「ん?出立は馬で参る」
    武士「かしこまりました。共の者数名付け最寄り駅まで案内します」
    殿様「最寄り駅?じゃー籠で参るか」
    武士「.....めんどくせー」
    殿様「なんか言ったか??」
    武士「いえ....タクシー会社に籠を準備させます」
    殿様「ところでお前剣道やってんのか?」
    武士「はい。剣術の示現流ですww」
    殿様「ははっは。そんなの意味無いしミサイル打たれっぞww」
    武士「.......」
    籠屋「まだなんすかね!?外雨なんですけどねぇ」
    殿様「えっ!?」
    武士「えっ!?」
    [ 2013/06/14 19:54 ] [ 編集 ]
  249. 最近、外国人のサムライ・ニンジャ発言には飽き飽きする。
    こいつら結局、何でも面白半分なんだよね。
    自分達が楽しめりゃ、どうでもいいんだよ。

    もし、現代でも日本にサムライや忍者がいたとすれば、
    どうせ野蛮だの軍国主義だので容赦なく倒すと思う。
    ラストサムライは、良い娯楽。
    実際、あれが本当なら外国人は許さないよ。
    映画だから良いだけ。
    [ 2013/06/14 20:09 ] [ 編集 ]
  250. ラストサムライってぶっちゃけ白人酋長モノの舞台を日本に置き換えただけだよね(´・ω・`)
    銃を使わないことに拘ったサムライなんて少なくとも明治期に居るわけないしw
    未開種族が文明と接触した話にすり替えられてる
    [ 2013/06/14 20:23 ] [ 編集 ]
  251. まあハリウッド映画にしては良心的な方でしょ
    具体的な元があるなんて知らなかったが
    [ 2013/06/14 20:28 ] [ 編集 ]
  252. ※237
    そもそも東海道四谷怪談自体が忠臣蔵の裏シリーズ、
    要するに忠臣になり損ねた連中の末路を描いたインサイドストーリーだなんて、普通に現代日本人は知らないと思うの
    [ 2013/06/14 21:01 ] [ 編集 ]
  253. ※242
    槙島城代だった足利義昭配下の井戸良弘晩年の聞き書きが残ってるけど、当事のモチベーションの無さしか感じられないわ。
    年取った今(恐れを知らない身)ならどんな武功も挙げられる!みたいな。
    [ 2013/06/14 21:21 ] [ 編集 ]
  254. やべえ
    サムライ終わってないのがバレるぞ
    [ 2013/06/14 21:23 ] [ 編集 ]
  255.  
    幕末モノは人気あるのか
    よし八重の桜を翻訳して売るんだ
    [ 2013/06/14 21:36 ] [ 編集 ]
  256. 八重の桜・・・。
    リアリティ無さ杉やろw
    [ 2013/06/14 21:47 ] [ 編集 ]
  257. ちょっとした幕末論争があるみたいだけど

    たぶん日本は日本だけで極限まで煮詰めたほうが面白い文化産み出すとおもふ

    漫画然り、和食然り、サムライ然り。大人が漫画読むなんて幼稚だ、生魚食うなんて野蛮だと言われ続けたけど今はどうなった?メリケンは大戦後武道一切を禁じておいて今さらサムライがー忍者がーはないもんだ

    大陸に関わるとろくなことないよ長い平安時代の国風文化や江戸時代に最も日本的な文学や文化が産み出されたし

    そういう意味では幕末は外国に無理やり門こじ開けられた屈辱の時代だよ

    日本は他国と関わらないかできるだけ関わり薄いほうがいいなー。まあ無理だろね、どこもそっとしといてくれないもん

    [ 2013/06/14 21:52 ] [ 編集 ]
  258. うちの子剣道習ってるけど、みんな防具つけて袴穿いて稽古してるん見ると

    サムライはいないけどサムライが最も大切にしてた武道の精神はまだまるごと受け継がれてると感じる

    剣道の試合しょっちゅうあらゆるところでやってるから見に行って見て

    タイムスリップした気持ちになるから

    [ 2013/06/14 21:56 ] [ 編集 ]
  259. 大坂夏の陣以降の日本史には
    ただならぬ田舎臭さが漂うから嫌い
    ていうか思想だイデオロギーだ言い出すと、だいたい田舎臭いのです
    基督教圏でも「軍資金調達のためならロンドンだって売るぞ!」とかw
    あまり熱心じゃない奴が割拠してる時代は面白い。
    人間の本質に目をやらず思想に走る奴は自分が無くて
    暑苦しくて田舎臭くてかなわない
    着物に靴とかやめて頼むから
    異論反論は御自由に
    [ 2013/06/14 21:57 ] [ 編集 ]
  260. 幕末って、本当に面白い時代だよね。
    薩摩も長州も、元々は江戸幕府に取って代わろうとしてたのに、いつの間にか近代的な国家を目指してた。(毛利のお殿様は、いつ自分が将軍になれるんだ?って聞いたらしい。)
    明治維新て、天皇は天皇のままだから、革命では無いのかもしれ無いけど、将軍を〝王〟とするのなら、革命でも良いと思う。
    普通は下流階級が革命をするのに、中流階級が、そう言う事をしたって事が面白いと思う。日本人らしいのかな?

    [ 2013/06/14 22:01 ] [ 編集 ]
  261. ※260
    実際、長州の場合下層階級の武士が多く、武士未満の中間もいたし、革命で良いんじゃねえ?
    良く考えてみりゃ薩摩もか。
    [ 2013/06/14 22:06 ] [ 編集 ]
  262. 西洋で発生した、産業革命や市民革命は、確か、民間の中産階級に属する人が起こしたのではなかったのかな?
    [ 2013/06/14 22:17 ] [ 編集 ]
  263. <26 インペラトールは確かにそうだがエンペラーやカイゼル、ツァーリはインペラトール=カエサルが語源ってだけで正確な意味成り立ちはローマ時代とだいぶん違うぞ。そんなことばっか言ってたら、翻訳なんて絶対に無理。
    てかアメリカとフランスとか国名も誤訳扱いになっちまうよ
    [ 2013/06/14 22:17 ] [ 編集 ]
  264. あーあ、坂本竜馬が生き残ってれば薩長だけじゃなく土佐も参閣できたのにな‥。
    [ 2013/06/14 22:19 ] [ 編集 ]
  265. 龍馬が生きててもアカンのじゃないか?
    なんだかんだ理由つけられて、薩摩長州でほぼ二分されちまうだろう。
    後藤象二郎が居て御の字でしょう。
    [ 2013/06/14 22:22 ] [ 編集 ]
  266. とりあえず、※261の人。
    うん、僕も革命で良いと思うよ。
    ただ、僕が危惧するのは当時の支配層のこと。
    [ 2013/06/14 22:26 ] [ 編集 ]
  267. 『ラスト・サムライ』が史実と違うっていうのは、
    『遠山の金さん』や『水戸黄門』が史実と違うっていうのと
    それほど別の話だとは思ってないなあ、正直。
    あと、あの映画に「違うぞ」と言って怒る権利があるかも知れないのは
    日本人のほかにフランス人もそうだということがわかった
    [ 2013/06/14 22:31 ] [ 編集 ]
  268. 竜馬暗殺の黒幕は長州の首脳だよこれ定説

    竜馬が邪魔だったのは明らかに、幕府より薩摩より長州。

    [ 2013/06/14 22:31 ] [ 編集 ]
  269. ※266
    んー。
    結局、倒幕したはいいが、新政府運営の能力ノウハウが無かった(民主党みたい)下層武士が多いんで、賊軍と呼んでた幕府側の有能な武士を強引に組み込んで力借りまくりだったよ>新政府
    倒幕側の中流以上の武士なんかは、薩長土肥は結構楽だったらしいけど、その他の藩は軒並み苦しんだみたいね。
    藩から出された手切れ金元手に商売やったはいいが、上手いこといかずに結局潰すとか。
    新政府への力添え拒否した幕臣なんかは、一部は静岡に行ってなれない農業をしたりしてたっぽいね。お茶栽培とか。
    [ 2013/06/14 22:33 ] [ 編集 ]
  270. ※262の人

    階級的、経済的なって、言ったらわかってもらえるかな?
    日本は武士だけみれば最下層の人達が、明治維新をしたのかもしれ無いけど、士農工商で
    言えば一番上の人達。
    [ 2013/06/14 22:34 ] [ 編集 ]
  271. やっぱ銀魂とかで幕末に興味を持った人がいるんだろうなぁ。
    [ 2013/06/14 23:03 ] [ 編集 ]
  272. 西郷隆盛は、この若者たちが死ににいくのはかわいそうだ。
    負けるのはわかっていたけど、若者たちのやるせない気持ちと
    戦を起こさざるを得ない心情に同情して、
    「自分もこの若者たちと一緒に死んでやらんとあまりにも
    かわいそうだ」っていって西南戦争に臨んだんだよ。
    情の深い深い人だよ。
    [ 2013/06/14 23:07 ] [ 編集 ]
  273. ハリウッドが史実を交えて映画にするのは新しいけど
    日本でこれを元に映画を作り直したらもっと面白いものが
    出来ないだろうか

    テンプレを脱した意外な物をみたい人間はいくらでもいる
    日本人のための日本人によるこんな映画があっても
    いいのではとふと思った

    あと、凄みを感じさせる程の海外の歴史通は
    ラストサムライを見る層とまたちょっ違う感じがするw
    [ 2013/06/14 23:09 ] [ 編集 ]
  274. >日本は他国と関わらないかできるだけ関わり薄いほうがいいなー。まあ無理だろね、どこもそっとしといてくれないもん

    今やすっかり日本の固有文化と思われてるような物でも大陸からの直接・間接的影響下にあるもののほうが多いぞ
    仮に日本が太古から絶海の孤島で他国との交流がないとしたら、色んな物のレベルが低いままだったと思う
    [ 2013/06/14 23:12 ] [ 編集 ]
  275. ※272
    福沢諭吉も「西郷は情死したのだ」と言ってるしな。
    それと新政府への落胆もあったろう。
    [ 2013/06/14 23:15 ] [ 編集 ]
  276. なんだろう…死を目的とした戦いに対する…この嫌悪感…
    世界中の戦士に失礼な気さえする
    [ 2013/06/14 23:20 ] [ 編集 ]
  277. 日本人の目から見ると糞ハリウッド映画にしか見えなかったが
    外国じゃ「名作」と思ってる奴がいるんだな
    [ 2013/06/14 23:29 ] [ 編集 ]
  278. 屈辱にたえられないから死ぬ云々とかサラリーマンより経験値低いわな
    草鞋を温めてもウンコ漏らしても

    いつか天下をとる!

    それがモノノフというものではないのかね?とは花の慶次のお言葉
    [ 2013/06/14 23:42 ] [ 編集 ]
  279. 漫画ジャンw
    [ 2013/06/14 23:48 ] [ 編集 ]
  280. 西郷云々言いたいなら「田原坂」でも見とけよ。
    まあ、俺は見たことないんだけどさ。
    [ 2013/06/14 23:53 ] [ 編集 ]
  281. ラストサムライか2年ぐらい前の藤原竜也が主演で、秋月藩の武士で幕末に両親を対立派から討ち果たされ、明治になりその相手を探し出して見事、親の仇を剣で討ち果たし、復讐を遂げて虚無的な雰囲気で抜け殻になったドラマは良かったな 実際会った事件を題材にしていると言ってたし
    [ 2013/06/15 00:01 ] [ 編集 ]
  282. どうあがいても死ぬしかないから最期は潔く腹を切る、ならまだ解る。
    しかしな、死を望んで戦いに赴くなど、
    戦士のみならず命への冒涜だわな。

    生きるということは食うということ
    その時点でバトンは渡されてるのさ。
    それを自ら放棄する。
    都合のいいときは食うが都合が悪くなると命をバトンごと放棄する。
    これはスピリチュアルでも最も、いや、
    キリスト教ですらダメダメな行為だと言われてる。
    結局な、なんだかんだ言って自分のことしか頭にないのさ。
    社会の荒波に揉まれてる奴なら解るだろ?
    [ 2013/06/15 00:09 ] [ 編集 ]
  283. ※26
    何言っ天皇?
    [ 2013/06/15 00:35 ] [ 編集 ]
  284. パールハーバーは向こうでも黒歴史扱いらしいからww
    だから「リメンバー・パールハーバー」って言われたら
    「映画の?」と返すとたいてい黙るって
    ばっちゃが言ってた
    [ 2013/06/15 00:42 ] [ 編集 ]
  285. 何で日本人の俺より詳しいんだぁ
    [ 2013/06/15 00:46 ] [ 編集 ]
  286. ニワカのオタクは詳しいだけだから。
    知識はあっても、そこから得た見識が無いから。
    しかも下手すりゃ誤情報を鵜呑み。
    胆識にいたっては、もっと無い。口だけw
    知識なんか無くてもエキスだけおさえてる人こそ、国の宝だと思ってます。
    [ 2013/06/15 00:53 ] [ 編集 ]
  287. 村がベトナムの山奥みたいな雰囲気なんだよね。
    アメリカ人の想像するアジアってそんなもんなのかなって思ったよ。
    [ 2013/06/15 01:02 ] [ 編集 ]
  288. サケ!プリーズサケ!
    サーケエェェェェ!!
    [ 2013/06/15 01:03 ] [ 編集 ]
  289. >三國志
    一度でいいから大河ドラマで見たかったけどな
    さすがに無理だなw

    大河と言えばまだ、
    戦国、戦国、室町、戦国、戦国、鎌倉、戦国、戦国、幕末、戦国、戦国
    みたいな感じなんかな?
    出て出て休んで的な。
    [ 2013/06/15 01:16 ] [ 編集 ]
  290. フランスが幕府につき、イギリスが薩長につく
    日本の勢力は分断されて、英仏から武器の供与を受けながら永遠の闘争を続け
    武器の代価として日本の国土や利権が奪われ疲弊衰退していく

    これが英仏の常套的な植民地化のシナリオだったんだろうが、日本はそうならなかった

    慶喜は天皇に政権を返上し、江戸は無血開城され、五稜郭戦争終結後は
    西郷が「榎本を殺せば薩摩人は皆死ぬ」と言わせて長州に助命を約束させた
    朝敵として戊辰を戦った会津の立見尚文は日清日露を将官として戦い、
    白虎隊の少年兵だった山川健次郎は東大総長になった

    私欲や憎しみを超えて国に尽くすという精神は日本以外では理解されないだろうし、
    ハリウッドその他の欧米人が、そういう視点で日本史を語ることは永遠にないだろう
    [ 2013/06/15 01:16 ] [ 編集 ]
  291. 思った通り司馬遼史観が半分くらい占めている※欄
    [ 2013/06/15 01:26 ] [ 編集 ]
  292. ※286
    知識が無ければエキスも手には入らんのだがw

    ※290
    立見尚文は会津ではなく、桑名藩。
    [ 2013/06/15 01:29 ] [ 編集 ]
  293. ※291
    司馬遼史観がわからない
    三行でヨロシク!
    [ 2013/06/15 01:29 ] [ 編集 ]
  294. ※293
    知識がないのに
    負けず嫌いの
    歴史ヲタもどきが使う攻撃文句
    [ 2013/06/15 01:32 ] [ 編集 ]
  295. ※292
    知識にも生死がござってな。
    死んだ知識のエキスは、やはり腐ってる。
    本もいいが外に出ようという意味っす
    [ 2013/06/15 01:33 ] [ 編集 ]
  296. 外人のコメントくさしてるヤツって
    どれだけスウェーデンやイギリスの歴史知ってんのかね
    一人でも言えるか?歴史上の有名人の名を
    [ 2013/06/15 01:34 ] [ 編集 ]
  297. 294
    あ、ちなみに俺は司馬遼作品は悉く肌に合わないw
    乃木大将嫌いな時点で、俺は司馬が嫌いw

    ※295
    歴女()みたいにコスプレして、史跡めぐりするのん?
    [ 2013/06/15 01:35 ] [ 編集 ]
  298. 説明できないなら書くなよ…
    [ 2013/06/15 01:35 ] [ 編集 ]
  299. そうそうコスプレコスプレ
    [ 2013/06/15 01:37 ] [ 編集 ]
  300. 相手の国の有名人を知らないと、好き勝手言いやがってとも言えないのか?
    それは知らなかった
    [ 2013/06/15 01:47 ] [ 編集 ]
  301. イギリスといえばエリザベスとドレークがお気に入り
    おわかり?
    [ 2013/06/15 01:54 ] [ 編集 ]
  302. ラストサムライは一部でボロクソに叩かれてたからか、逆に思ってたより悪くないと思ったな
    正直幕末はあんま好きじゃないけど
    [ 2013/06/15 01:54 ] [ 編集 ]
  303. ロバート・ブルースが好き。
    スコットランドだがw
    フランスではカール・マルテル。ルーマニアはブラド・ツェペッシ。
    ドイツは嫌いだから知ったこっちゃねえ。
    [ 2013/06/15 01:56 ] [ 編集 ]
  304. 欧米ではシステム、日本では人が重視されがちだと聞いたことがあるな
    例えば(あくまで例えだが)、欧米では曹操の『屯田制』は凄いとなり、
    日本では、あの状況で屯田制を導入した『曹操』は凄いとなると。
    本当のところはわからんけど企業でもゲームでも
    人よりシステムを重視するのは、欧米的だなとは思う。
    ラストサムライも伝聞から外堀だけ固めましたってイメージは、あるな
    個々人の深いところまで描くには
    やはり慣れ親しんだ世界観がいるだろうし、2時間?では短いよな。
    日本人の感覚では、外堀だけ埋めるのはニワカラッパーみたいで
    冗談になってしまうよな。
    [ 2013/06/15 02:27 ] [ 編集 ]
  305. >ハリウッドによる日本史のアメリカナイズは何なんだ?

    まぁ日本も世界の歴史上の人物を萌えキャラにしちゃったりしてるからなんともだけど、
    ラストサムライをきっかけに史実に興味持ってもらえたならそれでよかったんじゃないかな
    あとは確かにもっと日本人に出番貰えたら嬉しいね
    [ 2013/06/15 02:58 ] [ 編集 ]
  306. とりあえず、サムライは鉄砲を使わないとか、
    サムライは死ぬために戦うとか言ってる異国の歴友たちには
    伊勢安土桃山文化村に招待したい(?)

    いや、別にどう思おうが相手の勝手なのだが、俺個人も日本人だからと
    似非武士に泣きながら土下座すると思われたら困るし恥ずかしい
    [ 2013/06/15 03:15 ] [ 編集 ]
  307.  
    ※35
    ※133
    ※173

    土下座じゃねえよ!
    “礼”だっつーの(# ゚Д゚)
    “礼に始まり礼に終わる”を知らないのかよ!

    日本人なら恥じろ!
    在日なら出自を呪え!

    ※欄を最後まで読まなかったから
    誰かが既に突っ込んでいるかもしれないけれど。

    けど173に至るまでも
    誰も突っ込んでなかったから、
    ゆとりばかりなのかお前らはorz
    [ 2013/06/15 03:16 ] [ 編集 ]
  308. 礼無き者は礼叫ぶとも言うぜ
    そんな儒教な隣国があるだろ
    [ 2013/06/15 03:19 ] [ 編集 ]
  309. 老子だな。「仁義礼智は虚飾」だっけか。そりゃ孔子では勝てません
    [ 2013/06/15 03:24 ] [ 編集 ]
  310.  
    ※175と※186もだ。

    土下座じゃない!
    “礼”だろがアホたれが

    ※欄最後まで読んだけど誰も突っ込んでねえじゃんorz
    [ 2013/06/15 03:24 ] [ 編集 ]
  311. 織田信長と弥助もハリウッド映画にしてくれないかな。

    黒人の人たちも日本史に興味持ってくれるのでは。
    [ 2013/06/15 03:27 ] [ 編集 ]
  312. 武家の礼と言うのは、足を揃えて座るか、胡坐をかいた後、両手でこぶしを作り、親指を立てた状態で畳や地面につけひざ脇に置き、頭を下げることを言う。

    トムのは土下座。
    そんなもんも知らないで礼じゃぼけゆとり在日シネとか言ってたのかw
    [ 2013/06/15 03:32 ] [ 編集 ]
  313. うちの先祖はサムライじゃなかったのに
    あることを幕府(政府?)に直訴しに行って捕まって
    そのままここに出てくる戦争に巻き込まれたって
    何十人か行ったのに帰ってきたのはたったの数人・・
    [ 2013/06/15 03:34 ] [ 編集 ]
  314.  
    ※308

    そいつぁお互い様だな。
    けどオレは同じ日本人として愛があるから怒れるんだぜ?
    だいたい、誰かが誰かに礼をしているのに、
    謝罪したなんて解釈がまかり通っているのに黙って静観するのかあんたはよ。
    今の時代、本当にそんな解釈しか出来ない国もすぐ隣にあるというのに、そんな程度の美徳も持ち合わせていないのかよw
    [ 2013/06/15 03:36 ] [ 編集 ]
  315.  
    ※312

    形骸だな。
    それともあんたに心があるのか?

    それに氏ねとまでは言ってねえよ
    [ 2013/06/15 03:40 ] [ 編集 ]
  316. あれは土下座だろう?
    それはアメ公が礼と土下座の違いを深く認識してなかったからだわな。
    むしろ、「申し訳ない」と土下座したほうが、人道的アメリカ人、差別されていた黄色人種を深く愛したアメリカ人、と言うアピールが出来ると思ったのかもしれん。
    [ 2013/06/15 03:40 ] [ 編集 ]
  317. 礼ってのは本質的な礼と形式的な礼があるよな
    三下ほど形式的な礼に拘るから鉄砲使うと卑怯者とかぬかす。
    それは戦う相手に対してではなく刀に礼をはらってるに過ぎない。
    柔術家も同じ。生死をかけて戦う相手に対する礼があれば
    相手の流儀に対して卑怯者などという言葉は、どこを押しても出てこない

    五右衛門は、相手が銃であろうが何であろうが斬鉄剣だけで戦う。
    それは刀に対する自負があるから。
    卑怯者などとぬかす輩は、相手に対する礼もなければ、
    自分の得物に対する自負も無い。どーしよーもない
    [ 2013/06/15 03:41 ] [ 編集 ]
  318. ※315
    ごめん。
    家はお武家の出なんで、行事の際にはそうやらされてたんだわw
    流石に今じゃ多少はゆるくなった、と伯父から聞いたが。
    [ 2013/06/15 03:42 ] [ 編集 ]
  319. 黒服の忍者が襲撃してきたり、アル中の西洋人が短期間で剣客を凌ぐ腕前になったり、敵の大将に総土下座したりするのが名作なのか、なるほど。

    じゃあ次回作はファーストサムライってタイトルでヤスケを主人公にしよう。
    それに日本人を好いて、日本人にめちゃくちゃ好かれてたオルガンティノとかもスクリーンで見てみたいわ。
    こっちの方がリアルなのに遥かに面白そうだし。
    [ 2013/06/15 03:48 ] [ 編集 ]
  320. ※319
    それ良いな。
    信長のことだから、肌の露出最大限に生かした衣装着させてたろうしw
    斬馬刀を片手で振り回す強力無双、女にモテモテなブラックサムライ。
    [ 2013/06/15 03:51 ] [ 編集 ]
  321.  
    ファーストガイジンサムライってYASUKEでいいの?
    映画になったら見るわ
    ジャンゴみたいなノリでやってほしいわ
    [ 2013/06/15 03:54 ] [ 編集 ]
  322. なんか知らんがヤスケ人気だなw
    もちろんドレッド丁髷だろ?
    オルガンティーノはブリッジしながら階段を歩いてほしい。
    そしてアバラが突き出て、顔が縦に割れて断面は牙だらけ
    [ 2013/06/15 03:55 ] [ 編集 ]
  323. ※322
    日本を征服しに来た悪魔つき宣教師対正義に目覚めたファーストサムライYASUKEかwww
    悪魔つき宣教師には手下のクリスチャン大名w
    信長は騙されそうになったが、YASUKEの活躍で目覚めるw
    仲間はHIDEYOSHIw

    [ 2013/06/15 04:03 ] [ 編集 ]
  324. ついでだから母如礼縫亡(ボジョレヌーボー)とかいう母乳ビームで攻撃する金髪くノ一も参戦ヨロ!
    [ 2013/06/15 04:11 ] [ 編集 ]
  325. 西郷、大久保、木戸、三人とも好きだなあ。
    それぞれ性格は違うけど、武士であったと思う。
    [ 2013/06/15 04:12 ] [ 編集 ]
  326. フォレストガンプのようにヤスケが色んな有名人と次々出会うとか。
    必見は出雲阿国とのダンスコラボ。
    あと、悪魔宣教師オルガンティーノvs果心居士の超常バトル
    [ 2013/06/15 04:42 ] [ 編集 ]
  327. この映画で天皇陛下に謁見するときに、「洋装で畳に靴の近衛」が居てねーよwwww
    と思って当時ネットで調べたらマジで「洋装で畳に靴の近衛」の写真があって、サーセンでしたってなったな。
    当時どれだけ急いで西洋に習った近代化をしようとしたかがわかった瞬間でもあったよ。
    実は天皇陛下ご自身から日本の意識改革で洋装に変えた経緯があったそうな。(当時、禁裏で洋服の導入で一悶着あったらしい)
    [ 2013/06/15 09:03 ] [ 編集 ]
  328. ※327
    それ、多分江戸城に踏み込んだ官軍が、土足で畳の上ずかずかと歩き回って以降、じゃないかな。
    元々徳川の象徴だからね。
    幕臣に屈辱感と敗北感を抱かせる為か、礼儀のなってないなり上がりだったからか、江戸城を接収に訪れた官軍は、洋装で畳の上を土足だった。呼びつけた幕府交換と面談する時も、将軍の間に床机を置いて座って面談。
    そういう記述を幕臣の回想録かなんかで読んだ記憶が・・・。
    [ 2013/06/15 09:31 ] [ 編集 ]
  329. 司馬おとしが横行してるけど

    竜馬は司馬が書くまでほとんど無名だった。てか死後何十年経っても墓参りする人は一人もいず、そのまま歴史に埋もれそうになってたよ。まあ薩長は自分たちが黒幕で竜馬コロしてるから、竜馬が埋もれてくれたほうが都合良かったんだろけどね
    それが今じゃあ何竜馬竜馬竜馬竜馬て
    全部司馬文学の力やん

    この風潮に逆らいたいなら司馬超える幕末小説を書いて世論ひっくり返すしかあるまいこんなとこで吠えてもね
    [ 2013/06/15 09:46 ] [ 編集 ]
  330. ひっくり返さないでも良いんじゃねえ?
    龍馬は自分的にあまり好きじゃないけど、やっぱりいち早く感覚的に開国&西洋技術の導入に気付いた先駆者と言う立場は変わらないし。

    司馬を落とすのは、司馬のお陰で余計な嘘まで流布しちゃったからだろな。例えば、沖田の菊一文字、乃木将軍無能説などなど。
    問題は、司馬のは歴史書ではなく、小説なのに「歴史書」みたいに考えるやつらが頭悪いだけなんだけどね。
    [ 2013/06/15 09:58 ] [ 編集 ]
  331. ブリュネの話で面白いのは箱館で最後まで新政府に抵抗した榎本武陽とブリュネ両方とも出世してるとこだな
    二人とも罰を受けてもおかしくないしそういう立場に復帰できるかどうかも怪しいぐらいなのに国を想う強い気持ちがこの二人を救った
    ブリュネの手紙見るとそういう想いや忠義を尽くすっていうところがそっくりだし、その部分に共感して手助けしたんだろうなって思う
    [ 2013/06/15 11:02 ] [ 編集 ]
  332. どっちも優秀であったからだろうが、日本の新政府の場合、成りあがり者だらけだったんで、優秀な官僚を欲してたのが幸いしたと思う>榎本武揚他
    名前を忘れたが、幕府軍の通詞だった人は、五稜郭の戦のあと新政府軍に捉えられ、新政府に出仕を条件に牢から出そうと言われたが、「仲間の釈放なくして出仕はありえん」と断った。
    人材に苦慮していた新政府は、結局仲間の釈放も受け入れた。
    と言う話があったはず>うろ覚えだが
    [ 2013/06/15 11:17 ] [ 編集 ]
  333. まあ、司馬を貶してる奴らって
    「司馬は乃木をディスってるから嫌い」
    とか言ってる程度の脳味噌パープリンが多いよなw
    [ 2013/06/15 11:31 ] [ 編集 ]
  334. どっちもどっち。
    小説を歴史書扱いする奴も低能だし、たかが小説の話なのにXXを貶した、と憤る奴も低能。
    まぁ、司馬マンセー奴が原因だけどなw
    [ 2013/06/15 11:34 ] [ 編集 ]
  335. 司馬ほどの資料文献も論文の読みこなしもしてないド素人が
    「小説を歴史書扱いする低脳」とか言って、いい気になって
    見下してるのも笑えるw
    司馬解釈として受け取ってれば良いだけだろうに
    [ 2013/06/15 11:49 ] [ 編集 ]
  336. おお出たw
    司馬マンセー奴w
    [ 2013/06/15 11:57 ] [ 編集 ]
  337. 士魂を受け継ぎたければ日々精進して修行に専念するのみ。
    [ 2013/06/15 12:37 ] [ 編集 ]
  338. この中で「坂の上の雲」全巻読み通した人どれくらいいるんか知らんが
    あれ読むとまず乃木が嫌いになります間違いなく

    文学の力は侮れないよ昨今の竜馬竜馬も司馬文学の力が大きい

    [ 2013/06/15 13:01 ] [ 編集 ]
  339. 司馬遼は乃木が嫌いだからなぁ。
    殉死の冒頭でもすっげえ腐してる。

    何が彼をそうさせたんだろうな。
    [ 2013/06/15 13:11 ] [ 編集 ]
  340. 司馬の乃木嫌いは司馬が陸軍で大陸転戦した影響もあると思う

    戦中の神風特攻隊とか、補給なしに兵隊何十万餓死とか、そんな精神論一辺倒で兵隊たちをひどい目に遇わせた系譜の一つが乃木とも言えるし

    人間的魅力だけでロシア破ったとか、精神さえ修めれば戦争に勝てるとか、乃木神話と共に後の陸軍の人コロシ戦法が編み出された

    乃木自身には罪があるかどうかは知らんが、

    「乃木の持つ精神論が物量の不利を覆しロシアまで破った」 という悲惨な幻想を振り撒いたのは事実だし

    特攻やら餓死戦術はその「精神論」のあらわれ

    司馬にとっては乃木が長州陸軍の殺生戦法の元凶に感じたんだよ自分が兵隊でひどい目にあってるし
    [ 2013/06/15 13:17 ] [ 編集 ]
  341. 乃木の203高地での戦術は、あれしか方法が無かったからで、それを無能と怠惰の現われとする司馬史観には賛同できない。
    ベトンで固めた近代要塞を、当時の装備で落とすには、肉弾でしか不可能なんだよね。
    ヴェルダンの戦いを見れば判るだろうに。

    神風特攻隊などの大東亜の戦での精神論が乃木にたんを欲する、と言うのは強引過ぎだし、言いすぎだろう。
    春秋の筆法よりかけ離れているわ。坊主憎けりゃ袈裟まで憎い、の典型だろう。

    [ 2013/06/15 13:23 ] [ 編集 ]
  342. 乃木って別に司馬に限らず大正の頃から、
    木血外みたいに異常崇拝する人と
    徹底的に毛嫌いする人で真っ二つに分かれてたよ
    乃木のあの精神主義に対してどう感じるかの差だろうね
    [ 2013/06/15 13:29 ] [ 編集 ]
  343. 今生きている人で、確実に当時の状況を、知ることが出来る人いる?
    司馬先生の作品から、知識を得ようが、他の文献から知識を得ようが、誰かが書いたものには違いない。
    [ 2013/06/15 13:46 ] [ 編集 ]
  344. だからと言って捏造はよろしくない。
    [ 2013/06/15 14:00 ] [ 編集 ]
  345. 僕が思うに、歴史ってのはもう過ぎてしまった、ある意味フィクションだから。
    近代史なら、まだ良いけど、古代史なんかは
    もう、ファンタジーだから。
    仏教の教えで、過ぎた時は、幻。
    (ごめんなさい、古代史は関係ないけど、前から気になってた。)
    [ 2013/06/15 14:01 ] [ 編集 ]
  346. 実際乃木神話て、日本人の大好きな「根性精神論」とか、「精神一到何事か成さざらん」を練り固めたみたいな美談だから

    「そんな美談に酔って大戦に突入し国滅亡寸前までいったんですよ」て司馬は警告したかったんではないですかね

    司馬さんは言葉の魔術師でたいそう琴線に触れる日本語を書かれるから、影響力があった

    実際の乃木さんの評価はよく知らないけど、海軍の東郷さんみたいな無類の名将ではなかったことは確かですよね
    [ 2013/06/15 14:07 ] [ 編集 ]
  347. 東郷提督の評価は、無類の名将ってのじゃないんですが・・・。
    薩摩的将帥に徹して、部下に全て任せる度量が評価されてる。
    ただ、司馬は東郷さんが大好きだからね。
    奥大将あたりも好きなんだなw

    それ以外は名将でも正当な評価を与えていない。
    だから司馬作品を読んだ人間が、その通り認識してしまうんだね。
    [ 2013/06/15 14:14 ] [ 編集 ]
  348. ああ奉天会戦は、乃木大将が結構活躍してるよ。
    [ 2013/06/15 14:17 ] [ 編集 ]
  349. (ごめんなさい)

    だからと言って、韓国がしてるような嘘のごり押し、詐欺まがいの事は感化出来ない。
    [ 2013/06/15 14:18 ] [ 編集 ]
  350. 個人的には乃木神話とか司馬史観とは無縁でいたいです

    乃木さんが有能か無能か、東郷さんが有能か無能かは歴史が判断するだろし

    ただ司馬さんの文章が好きで影響は受けてるでしょうから見方は片寄るかもしれない

    司馬さんが好きだからって「竜馬命」でもないし「極端な乃木嫌い」でもない分、つくづく司馬文学の 影響力の強さを感じるわけです

    [ 2013/06/15 14:27 ] [ 編集 ]
  351. ※202
    ベルサイユのばらという映画作品があってだな…
    あと映画じゃないけどドラマでは三国志とか西遊記とか人気でしたよね?
    [ 2013/06/15 14:39 ] [ 編集 ]
  352. 西南戦争に加えて神風連の乱もモデルだから
    廃刀令の話や洋式装備を忌み嫌ったりする
    描写もあるんでそ?無知はおまえら
    萩の乱の前原も参議で天皇の覚え目出たかった筈
    [ 2013/06/15 14:58 ] [ 編集 ]
  353. 要塞戦なんて悲惨なもんだよ。
    むしろ、他の要塞戦に比べても、旅順は被害は少ないくらいなんだ。

    セヴァストポリ要塞での戦い
    ・クリミア戦争
     攻め手の英仏土側 およそ13万、露側10万の死者
    ・第二次世界大戦
     攻め手の独側、35万人の兵士を投入して1/3が死亡
    第一次大戦のベルダン要塞の戦い
    仏軍 36万2千 独軍 33万8千、およそ70万人近くが死んでる。

    旅順要塞はこのセヴァストポリ要塞6つ分って言われた堅固な要塞で、そこを4ヶ月、死者1万5千ほどで落とした乃木を無能呼ばわりするのは、ただの「世間で非難されてたしそう言ってるからきっと無能だったんだ」って考えてる人だけだと思う。
    [ 2013/06/15 15:36 ] [ 編集 ]
  354. ※353
    同意。
    航空爆撃機、対地ミサイルがある現代じゃねえんだぞと小一時間(ry
    [ 2013/06/15 15:59 ] [ 編集 ]
  355. >旅順要塞はこのセヴァストポリ要塞6つ分って言われた堅固な要塞

    え~?
    なんかそれを示す資料ある?
    ウィキ見てみたが、堅固に改造されつつはあったが、色々不十分で
    未完成な状態、と言う記述だけど
    とにかく「鉄壁で堅牢、難攻不落」では無かったみたいだが
    [ 2013/06/15 16:29 ] [ 編集 ]
  356. 353
    >>355
    6倍て数値はどの本に書かれてたんだったか覚えてないけど、手っ取り早く手元にある資料の中だと、
    「乃木大将と日本人 Sウォシュバン著」に
    「尽力を尽くして空際に築き上げた難攻不落の要塞として、ジブラルタルを除けば旅順口は実に古今比類なきものであった。欧州最秀の築城家が、これら物凄き連山攻撃をあえてするのは、あたかも敗北と死滅の他に答うる道のない謎である」とあるね。
    [ 2013/06/15 16:40 ] [ 編集 ]
  357. 尽力を尽くして×
    人力を尽くして○

    当時、本営が報告を受け取って、死者数のケタが違うのではないかと色を無くしたっていう話も残っているくらい、機関銃の登場でそれまでの戦争とは被害が桁違いだったために、「兵士を無駄に死なせた」っていう印象がついてしまったんだろう。
    [ 2013/06/15 16:47 ] [ 編集 ]
  358. 将というのは人の生死に直接関わるので名将か無能か二極化されやすい
    実際には100と0の間には99の段階があるとコーエー先生は言っている
    [ 2013/06/15 18:35 ] [ 編集 ]
  359. 外人ちょっと詳しすぎるんじゃないかな・・・
    [ 2013/06/15 18:51 ] [ 編集 ]
  360. アフロサムライにモデルとなる人物と史実があったなんてまったく知らなかった。
    [ 2013/06/15 20:23 ] [ 編集 ]
  361. 旗本八万騎!といって威張りきってた直参はさっさと逃亡。
    いやあ素晴らしいですねえ日本のサムライ様は。
    [ 2013/06/15 20:30 ] [ 編集 ]
  362. ※232
    三千世界の鴉を殺し、ぬしと朝寝をしてみたい。
    [ 2013/06/15 20:37 ] [ 編集 ]
  363. ※361
    >旗本八万騎!といって威張りきってた直参はさっさと逃亡。

    はあ?
    ナニ言ってるの、お前
    彰義隊とか知らんのかよ
    日本人じゃねえからな w
    碌に知りもしないでテキトウな事を喚き散らすチョンw
    [ 2013/06/15 20:47 ] [ 編集 ]
  364. 地域でしょっちゅう開催されてる剣道大会を見に行ってみて
    あと地元の剣道部

    袴をはいた凛々しい少年少女が日夜稽古に励んでるよ

    日本に生まれて本当に良かった
    [ 2013/06/15 20:58 ] [ 編集 ]
  365. 知らない人のためにザックリ説明すると
    悪魔宣教師によって日本へ連れてこられた黒人で
    初めて黒人を見た信長は「この者の体を洗ってみよ」と部下に命じる。
    褐色の肌を持つ人種なのだと理解した信長は気に入って
    黒坊主弥助と呼んで武士として取り立てる。
    日本人とは筋骨が違うので、やはりというか素手にして強かったようだ。

    弥助は武田残党討伐にも従軍しており
    本能寺では信長死後も明智の軍勢と戦ったが捕らえられる。
    「日本人じゃねーし害は無い。逃がしてやれ」と光秀。
    その後の弥助がどうなったのかは不明。
    知る人ぞ知るファーストサムライ
    [ 2013/06/15 21:00 ] [ 編集 ]
  366. 剣道って、剣術の残滓なんだよな。
    [ 2013/06/15 21:05 ] [ 編集 ]
  367. 日本人が海外のコメントに難癖つけるのは
    素直に、興味を持ってくれてありがとうと言えない
    乙女チックな照れ隠しという側面もあるので
    あまり真に受けないように
    だがそれが奥ゆかしい
    [ 2013/06/15 21:27 ] [ 編集 ]
  368. ラストサムライって言葉は嫌いだ。

    サムライはその魂を持つものがいる限り時代が変わっても生まれ続けるものだ。
    [ 2013/06/15 22:13 ] [ 編集 ]
  369. 謙さんはカツモトより大河ドラマ北条時宗での最明寺役のほうが格好良かったなぁ
    [ 2013/06/15 22:23 ] [ 編集 ]
  370. 99%のショーグンは政治的存在で……
    といって、アシカガヨシアキの名前を出している外人よ。

    アシカガヨシテルは例外だということはわかっているんだろうか?
    [ 2013/06/15 22:33 ] [ 編集 ]
  371. ※370
    個人の武は将軍にとって何の強みでもなくねえ?義輝がどんだけ強かろうが、結局居城に家臣に押し寄せられてなぶり殺しだもん。
    その点、義秋も義輝もそう違いは無い。

    元々、成立時から足利幕府は基盤がゆるゆるだから、仕方が無いとは言えw
    [ 2013/06/15 22:38 ] [ 編集 ]
  372. ※369
    謙さんは、NHKの大河「炎立つ」の藤原経清役が俺的に最強に格好良かった。あれはヤバイ。
    [ 2013/06/15 22:42 ] [ 編集 ]
  373. 義輝って上泉信綱に師事してるんだな。
    上泉つったら甲信の戦場も経験してる剣聖中の剣聖じゃねーか。
    忍者中の忍者は、やっぱ謙信もビビった風魔飛加藤かな?
    [ 2013/06/15 22:46 ] [ 編集 ]
  374. ※373
    実際には塚原卜伝の直弟子。
    上泉信綱に教えを乞うたのは、信綱が諸国行脚始めて京都に立ち寄った時だから、凄く短い。
    [ 2013/06/15 22:54 ] [ 編集 ]
  375. 義輝って1人で120斬りの大立ち回りしてるとかマジか?
    ファースト暴れん坊将軍だろ
    でも勝ったのは知将、梟雄の松永久秀。また久秀かw
    [ 2013/06/15 23:47 ] [ 編集 ]
  376. ※169
    いいこと言った
    ※307
    お前が礼を語るな、礼儀知らず
    [ 2013/06/16 00:54 ] [ 編集 ]
  377. 信長が飼ってた土人の話をウィルスミス主演で映画化してほしいわ
    [ 2013/06/16 01:20 ] [ 編集 ]
  378. ※60
    しかし海軍は完璧に残してるんだな
    アメリカの日本陸軍に対する評価はかなり低い
    組織的な問題点がかなりあったのは確かだけど
    島国の癖に弱い陸軍ではなかったんだけどな
    ある意味それが不幸の始まりでもあるが…
    [ 2013/06/16 01:23 ] [ 編集 ]
  379. イメージは違うけど弥助役はアールシモンズ(DMX)にやってほしい
    ゼガール映画の『電撃』に登場したアールは
    ジャックスパロウ並みに抱かれてもいいと思ったw
    [ 2013/06/16 01:53 ] [ 編集 ]
  380. 47 ronin って赤穂義士のことか?流石に外人さん混ぜては無理だろうよ・・・。今の人は(ってうち20代だけど)忠臣蔵の方がわかるのかな。

    それと慶喜って結構有能なイメージあるんだけどな。(司馬先生の影響かしら)

    時代劇好きとしては、赤穂をハリウッド化されるのはやめてもらいたいなぁ。ほぼ毎年放送されてる忠臣蔵を字幕付きで流した方が良いんじゃないか。

    あ、流すなら素浪人 月影兵庫・花山大吉シリーズの方が良いよ!
    [ 2013/06/16 01:57 ] [ 編集 ]
  381. 銭形平次をハリウッドリメイクしろw

    NYPD所属の警官で、ドーナッツ投げて敵を捕らえるんだw
    [ 2013/06/16 02:02 ] [ 編集 ]
  382. フサフサ謙さんなら御家人斬九郎かな。
    あれと座頭市と三匹が斬るなんかは江戸時代劇でも好きだな
    [ 2013/06/16 02:14 ] [ 編集 ]
  383. おっと逃亡者おりんを忘れていたw
    [ 2013/06/16 02:17 ] [ 編集 ]
  384. 幕府に協力したフランス軍顧問団が役目を終え母国フランスに戻る際、4人のフランス兵が自ら軍を除隊し、なお日本に残って幕府軍の義勇兵として戊辰戦争に参加し共に戦い、最後は函館の山間で官軍との戦闘で全員戦死した話は知っている。
    [ 2013/06/16 05:51 ] [ 編集 ]
  385. 「THE LAST IANNFU」(最後の慰安婦)来日したキム・ドッポンさんをモデルにした映画が制作されたんでしょ。
    [ 2013/06/16 06:53 ] [ 編集 ]
  386. おもしろき こともなき世を おもしろく・・・
    三千世界の鴉を殺し、ぬしと朝寝をしてみたい。

    高杉晋作ですね。
    彼は本当に格好いい生き方してますね。
    憧れます。
    [ 2013/06/16 10:16 ] [ 編集 ]
  387. ダンス・ウィズ・ウルブスのインディアン=ラストサムライの日本人。
    汚れた近代人が清らかな野蛮人に共感する物語。

    まあそれはいいんだが、白人視点のこんな映画を見て気持ちよがっている日本人は今でもコンプレックス猿のままだな。
    [ 2013/06/16 11:08 ] [ 編集 ]
  388. 白人コンプレックスのチョンが湧いたw
    白人に劣等感ってのが普通の日本人には無いよな
    それを恥ずかしい、みっともない、と思わないのが
    自分らを劣等猿と自覚してるチョンの凄さだよな ww
    [ 2013/06/16 11:17 ] [ 編集 ]
  389. もっと言葉を磨きたまえ
    私の目にはどちらも身の回りにいてほしくない「お育ちの知れる人ね」だ
    [ 2013/06/16 12:03 ] [ 編集 ]
  390. ハリウッドは織田信長と黒人の側近の話でも作ればいいのに
    [ 2013/06/16 12:20 ] [ 編集 ]
  391. 外国人なのに自分より日本史に詳しい人達・・
    [ 2013/06/16 12:52 ] [ 編集 ]
  392. アーネスト・サトウとかルジャンドルも入ってるんじゃないの。
    監督は日本史を専攻した人だし、一般の日本人より日本を分かってると思うよ。
    [ 2013/06/16 13:15 ] [ 編集 ]
  393. 日本人だって曖昧だからな。例えば「全然OK!」のように、
    肯定の前に全然をつけると年寄りは、正しい日本語を使えなどと言うが
    どこぞの文豪も肯定の前に全然を使っていたと知ると
    綺麗な日本語だとおそらく有り難がるほうに100万香港$だわ

    侍もそうで、侍とは!とやたら熱く語る人いるが、
    侍だって時代や個人によって美学は全然違う。
    侍なんてそんな堅苦しいものじゃないんだよ!とは花の慶次のお言葉
    [ 2013/06/16 14:21 ] [ 編集 ]
  394. 鉄砲の伝来が黒船来てからって思ってる外国人多そうw
    [ 2013/06/16 14:29 ] [ 編集 ]
  395. ※381
    そしたらちょっとは日本におけるダンキンドーナツの知名度上がるかなw
    食べてみたいんだよね~
    [ 2013/06/16 14:53 ] [ 編集 ]
  396. 起源厨というわけではないが鉄砲の元祖はモンゴル帝国か中国あたりだろ
    ポルトガルから伝わる以前から日本でも火薬兵器自体は使ってるよな?
    [ 2013/06/16 15:01 ] [ 編集 ]
  397. 大久保も、西郷も、桂も、等しく好きです。
    その中でも西郷さんは、特に好きです。
    明治維新に貢献した人達で、政権に直接関わる事の無かった坂本龍馬と、高杉晋作は本当に好きです。
    と言う事で整理すると、西郷さん、坂本さん、高杉さん、等しく好きだ。
    [ 2013/06/16 15:22 ] [ 編集 ]
  398. 西洋人が描いたモノノフの中では
    SWエピソード1~3までのジェダイの騎士が
    最も侍に近いと思う今日この頃

    「恐怖は暗黒面へ繋がっておる…
    恐怖は怒り、怒りは憎しみ、憎しみは苦痛へ繋がる」
    さすがは剣聖ヨーダです

    仇討ち?玉砕?
    フンッ(微笑)…ヘソで茶が沸騰してるぜ
    [ 2013/06/16 15:47 ] [ 編集 ]
  399. 映画ラストサムライを史実だと思ってた、ど阿呆腐れ同期と縁を切りたい
    [ 2013/06/16 15:52 ] [ 編集 ]
  400. ※393
    漫画やん・・・。
    [ 2013/06/16 16:16 ] [ 編集 ]
  401. >松永弾正

    信長曰わく、
    「この老人(久秀)は全く油断ができない。
    彼の三悪事は天下に名を轟かせた。一つ目は三好氏への暗殺と謀略。
    二つ目は将軍暗殺。三つ目は東大寺大仏の焼討である。
    常人では一つとして成せないことを三つも成した男よ」

    武士の風上にも置けない奴だな。
    だが信長ですら、そこにシビレる憧れるぅ
    [ 2013/06/16 17:05 ] [ 編集 ]
  402. 1800年4月 ゲヌアの攻囲 46日間 攻 英軍24000(勝) 守 仏軍12000(敗) 
    1807年3月 コルベルグの攻城 45日間 攻 仏軍14000(敗)  守 普軍6000(勝) 
    1807年3月 ダンチヒの攻城 76日間 攻 仏軍(勝)45000 守 普軍21000(敗) 
    1808年12月 サラゴサの攻城 61日間 攻 仏軍(勝)49000 守 四軍31000 (敗)
    1813年1月 ダンチヒの攻城 11ヶ月間 攻 普連合軍 35000 守 仏軍29000 (敗)
    1828年5月 プライラの攻城 38日間  攻 露軍18000(勝)守 土軍8000(敗) 
    1828年7月 ヴァルナの攻城 70日間  攻 露軍20000(勝)守 土軍2000(敗) 
    1829年5月 シリストリヤの攻城44日間 攻 露軍10000(勝)守 土軍15000(敗) 
    1854年10月 セバスポトールの攻城11ヶ月間 攻 仏英土170000(勝) 守 露軍195000(敗)
    1870年8月 ストラスブルクの攻城 29日間 攻 普軍40000(勝)守 仏軍23000(敗)
    1870年11月 ベルフォールの攻城 105日間 攻 普軍23000(勝)守 仏軍17700(敗)
    1870年9月 パリの攻囲     132日間 攻 普軍200000(勝)守 仏軍400000(敗)

    第一次世界大戦でも攻囲した要塞戦で半年以上かかったのは希。
    どちらかというと、旅順要塞並にかかったのは珍しい部類。
    乃木批判すると途端に「司馬厨」を連呼して思考停止するバカが多くて困る。
    [ 2013/06/16 17:44 ] [ 編集 ]
  403. ※402
    少しはミリオタに質問でもして勉強して来いよ、にわかw
    [ 2013/06/16 17:52 ] [ 編集 ]
  404. 乃木さんがどうのこうのより

    伝統的に日本陸軍は「犠牲を少なく補給を大切にする」いわば兵隊を大事に扱う思想がない

    特攻隊やら 餓死やら、補給なしのインパールやらノモンハンの戦車への裸身突撃とか

    そんな精神論の大元が「乃木神話」ですよ

    乃木さんの功績とは別に、周囲が「乃木神話」を 勝手に広めて、陸軍にもともとあった人命軽視、補給無視の殺生戦法を助長させたんです

    司馬が乃木嫌いなのはそんなとこに原因があるのでは
    [ 2013/06/16 18:23 ] [ 編集 ]
  405. 人命軽視の正体は、日本の達人好きなところの暗黒面だと思うのね。
    兵卒にも達人を求める。信長の偉大なところは最も弱兵に注視して
    弱兵を基準に作戦を組み立てるところにあったと思うのね。
    弱兵が武田の精鋭と戦うには、どうすればいいか?
    槍を改良しよう、鉄砲を採用しよう。

    企業をみれば、どちらが勝ち残るかは一目瞭然。
    [ 2013/06/16 19:26 ] [ 編集 ]
  406. うんこ
    の前に戦国時代の全国統一があった・・・・・・
    未だに自国民で統一できない国があるけど・・・・・・
    そういう国が他国に文句を言う時代?
    時代と言うか・・・統一しきれない中・韓は
    その不満を日本の責任にするしかないのかな?
    [ 2013/06/16 21:10 ] [ 編集 ]
  407. 大学時代の文学部の教授が「司馬は、自分が商人の出で、ブサイクだったんで、武家の名門で、スタイリッシュと外国人から言われるような乃木さんが嫌いなんだろう。嫉妬で」と言ってたな。

    [ 2013/06/16 23:19 ] [ 編集 ]
  408. どこにでも湧いてくるヤスケ押しがウザイ。
    歴史的に何の価値ある働きもなかったのにどんだけ盛る気だ
    おかげでとことん嫌いになったよ。
    [ 2013/06/17 05:45 ] [ 編集 ]
  409. 本当のラストサムライは誰かだって?

    それは、、、俺達だ、、goob luck
    [ 2013/06/17 06:53 ] [ 編集 ]
  410. そりゃハリウッド映画だもん。

    西洋人を使うに決まってんじゃん。

    日本でも外国の歴史やモデルを参考に映画や舞台作っても日本人がやるでしょ?

    日本のブロードウェイのミュージカル、、、全部日本人じゃん。
    変に外国人かぶれのメイクや意匠着てるけど
    [ 2013/06/17 06:57 ] [ 編集 ]
  411. お前らも西洋の歴史わかんのか?
    [ 2013/06/17 07:04 ] [ 編集 ]
  412. >ヤスケ押して大山弥助こと大山元帥のこと?

    大山元帥そんなに推されてたかな

    乃木マレスケ推しがひどいのはうんざりするけどね

    [ 2013/06/17 08:27 ] [ 編集 ]
  413. 大山元帥押しええやんw
    「コダマサン、ナニゴトデスカ?」が好きだな。
    小揺るぎもしない将帥ってのは、凄まじき頼もしい。
    あ、司馬小説()より先に、日露の談話集見たいので知ったけどなw
    乃木押しは、司馬史観()の反動もあるだろう。

    なんにせよ尊敬できる将帥を持つことが出来た日本帝国軍ってのは、誇らしいよ。


    [ 2013/06/17 08:37 ] [ 編集 ]
  414. 外国人が日本の歴史を知る入口がアニメってのはなかなか面白い発見だ
    太平洋戦争もアニメで広めれば真実の歴史を知ってもらえるかもね
    [ 2013/06/17 10:53 ] [ 編集 ]
  415. ※414
    俺の友人のアメリカ人の♂が、ほたるの墓で日本史に興味持ったらしいよ。
    最初は凄まじいトラウマだったらしく、俺が留学した時の自己紹介のときに、主人公と同じ出身地だと気付いて声をかけられた。
    その後、アメリカのプロバガンダだけど「京都に爆撃しなかったのは、文化財が多いから」と言うのを信じて訪日。そのまま日本を研究しつつ、家族を呼び寄せて日本に帰化までしたw
    嫁さんは元イギリス人。やはり凄まじい日本史ヲタ。
    俺の本家の蔵を見たいと、連れて行ったら凄いことになったw
    [ 2013/06/17 11:19 ] [ 編集 ]
  416. 俺が最近見たサムライもかわいそうだったな。
    監督の謎采配のせいで走塁ミスって負けちゃったし・・・。
    [ 2013/06/17 15:22 ] [ 編集 ]
  417. 日本に興味がある外国人には日本史にも興味持って貰いたいな。
    日本史は世界一面白いと言っても過言ではない歴史だと思ってる。出来事一つひとつに裏話があり、日本人の粋な話とか覚悟とか、運命の巡り合わせとか、全てがドラマみたい。
    [ 2013/06/17 15:32 ] [ 編集 ]
  418. 西郷隆盛と神風連の乱を混ぜ込んで作ったんじゃろ・・
    ちなみに九州の植正にゃソテツもヤシの木もいっぱいあるぞ・・
    宮崎とかどうすんねん;; 自分の住んでるとこだけが日本だと思わないこった; 恥ずかしいわ;


    [ 2013/06/18 14:00 ] [ 編集 ]
  419. やっぱりアメリカ人のイメージでは侍が銃撃ってたら興醒めなのかな?
    イメージぶち壊しで申し訳ないけど、銃を使わない"侍"というのは260年間戦争が無かった江戸時代に生まれた様式美としての侍で、
    いざ幕末で戦争が始まりそうになると幕府軍も討幕軍も新式銃や大砲を購入、製造するのに躍起になっていたというw
    [ 2013/06/18 15:01 ] [ 編集 ]
  420. やたら詳しい外国人がいて不思議
    勉強になる
    [ 2013/06/18 21:17 ] [ 編集 ]
  421. アメリカにはハリウッド映画が事実を忠実に描写していると考えている人が居るってことに驚きだよ
    [ 2013/06/18 22:50 ] [ 編集 ]
  422. 西郷隆盛の功績を見ると
    武人としての活躍より、外交官としての活躍の方がでかいからね
    外交官に大将させてもなー
    [ 2013/06/19 12:43 ] [ 編集 ]
  423. ファーストサムライ弥助、是非ともハリウッドで映画化してもらいたい。見たいぞ。
    乃木将軍のお話を蒸し返して申し訳ないが、称えられているのは明治帝に殉死した事と、旅順戦で二人の息子を死なせている事、政治に口出ししなかった事でないの?東郷元帥は口出ししてウザがられてたし。
    [ 2013/06/19 13:35 ] [ 編集 ]
  424. ここの米ざっと見てて思ったんだが、アンチ長州の人はなんでこんな中国朝鮮みたいな捏造ばかりしてるんだ?
    聞いたこともないようなトンデモ情報を「これ定説だから!」とかドヤ顔で言っちゃってる奴もいるし。
    一体何がしたいんだ? 何が目的でこんな嘘ばかりつくんだ?
    [ 2013/06/19 16:33 ] [ 編集 ]
  425. >>トクガワ バクフはサツマ、トサ、チョウシュウが率いる
    >>朝廷側の軍に抗う手立てがなかったんだよな。
    >>内戦が始まる前からすでにバクフにはお金がなかったんだ!
    >>ああ、かわいそうなヨシノブ……。

    このアホガイジンはどこでそんな嘘を教えられたんだ?
    戊辰戦争が始まった時、軍事力では幕府が圧倒的に勝っていたっての。
    どうすれば負けられるのかってぐらいにな。
    敗因はそんな劇的な理由じゃなくて、もっと格好悪いものだよ。
    大将の逃亡と、兵員の戦意喪失、味方の裏切り、そして気合い負けだ。
    [ 2013/06/19 16:40 ] [ 編集 ]
  426. フィクション・ファンタジーとしてはまあ良くできた映画だったかな
    つまんなかったけどw
    ないだろ!って思ったのが雪に閉ざされる山の中で「米はいくらでもある!」
    [ 2013/06/19 22:06 ] [ 編集 ]
  427. どうでもいいが、忠臣蔵のハリウッドリメイクはやめてくれ。
    [ 2013/06/20 10:39 ] [ 編集 ]
  428. >ファーストサムライ弥助
    これはハリウッドよりも日本映画で作って欲しいなぁ
    米国だとどうしても人種問題でいろんな規制かかっちゃいそうだし
    ちょっとコメディっぽい作りでなら邦画でもわりと得意な分野になるだろうし
    [ 2013/06/20 19:10 ] [ 編集 ]
  429. 土方土方言ってるバカどもはなんなんだ?
    元々新選組の連中なんて、ちょっと権力持たせてもらって
    舞い上がって、その権力を失いたくないがために奔走した
    奴らじゃないか
    内紛も多かったし奴らを武士だの侍だの言われたくないね
    [ 2013/06/21 17:41 ] [ 編集 ]
  430. 日本の侍が火縄銃やら大砲やらいっぱい装備してドンパチしまくってたなんて聞いたら失神しそうなレベルで
    チャンバラな浪漫信じてる外国人いっぱいいすぎだよなあ…

    あと21世紀になっても薩長許さない系会津史観は戊辰戦争時の会津藩のぐうの音も出ない畜生ぶりを隠して明冶政府のせいにしたいだけなのでシカトでいい
    [ 2013/06/23 01:22 ] [ 編集 ]
  431. ラストサムライ
    私は、西南戦争の薩摩藩の生き残りの子孫です。

    この戦争の最大の悲劇は、薩摩藩において、親、兄弟、同僚、上司と部下が敵になった事です。
    例えば、西郷隆盛と大久保利通、川路利良等が挙げられますが。

    私のご先祖様はこの三名ともに 近い立場にあった為、複雑な思いがあった様です


    最後は、元自分の部下であった官軍の指揮官に命を助けられ 、城山が陥落するのを眼前で見る事となりました。

    明治維新で活躍された西郷さん、大久保さん、川路さんは何故か長寿を全うできず亡くなられていったのは、不思議でならない。役目を果たしたという事なのだろうか。
    [ 2013/06/23 19:54 ] [ 編集 ]
  432. 西南戦争では、西郷に恨みを持つ旧会津藩士をはじめとする幕臣達が警察抜刀隊として戦闘なれした薩軍に苦戦させられていた政府軍に勝利をもたらした
    [ 2013/06/24 10:02 ] [ 編集 ]
  433. 抜刀隊は復讐に燃える幕府陣営が活躍したと面白おかしく語られる事が多いけど
    構成員は主に薩摩藩郷士
    [ 2013/06/24 21:58 ] [ 編集 ]
  434. ブリュネたちと一緒に
    三島由紀夫の高祖父とかも戦ってたよな箱館戦争って
    [ 2013/06/25 23:26 ] [ 編集 ]
  435. 西郷さんって案外知られてるんだな
    [ 2013/06/27 19:41 ] [ 編集 ]
  436. ※3
    俺もそう思う
    薩摩に帰ってからの西郷は作戦にまったく口を出さず、どこかぼんやりとしながら日々を過ごしていたそうだからな
    首謀者の一人と目されている桐野利秋もこの頃には西郷の心境が理解できていたようで、不平士族のために殉ずる気分でいたらしい
    [ 2013/06/27 21:53 ] [ 編集 ]
  437. 武田<侍終るのはやすぎぃ
    [ 2013/06/27 22:06 ] [ 編集 ]
  438. 海外の歴史オタクすげぇな。
    俺より日本史に詳しいじゃんかw
    [ 2013/07/01 08:59 ] [ 編集 ]
  439. 日本の歴史に詳しいんだなw
    うちの馬鹿妹よりもよっぽど日本史を知ってるな
    [ 2013/07/06 19:54 ] [ 編集 ]
  440. 韓国最高!!!!!!!!!
    [ 2013/07/09 11:07 ] [ 編集 ]
  441. ※422
    西郷は幼少の頃に刃傷沙汰の喧嘩で腕の腱を怪我して刀を振れなかったし、乗り物酔いが酷くて馬にも乗れなかったらしいから
    ゴツいイメージの見た目や肩書に反して武人という側面は全く無いよ。
    [ 2013/07/10 16:38 ] [ 編集 ]
  442. 西南戦争の根本的な原因は西郷に接近し薩摩志士に捕まり拷問を受け喋った一言しさつこれが刺殺なのか視察分からず薩摩志士は刺殺の方であると判断西郷に決起を促し若者たちを止められないと判断した西郷隆盛は政府に真意ただすと言う名目で決起隠して日本最後の内戦西南戦争の幕が切って下ろされた
    [ 2013/07/12 21:31 ] [ 編集 ]
  443. 監督の原本
    アイヴァン・モリスの「高貴なる敗北」。
    本書には、高貴なる敗北を遂げた日本人の群像が描かれている。
    西郷隆盛はそのひとりにすぎない。ラストではない。
    その後もサムライは出現し続けており、日本人が在る限り続く。
    [ 2013/07/24 02:44 ] [ 編集 ]
  444. 言語が統一されてないところがとても面白く思った
    [ 2013/08/07 12:21 ] [ 編集 ]
  445. 史実とずれてるのは映画だし、実名設定じゃないから
    かまわない。たしかにハリウッドものにしては
    がんばってディティールを再現していたと思う。
    でも、やはりニンジャははずせなかったんだね。
    勝元の国がどのくらいの規模なのかも良くわからん。
    居館は立派なのに、一族の家は草の生えた斜面の
    粗末な掘っ立て小屋レベル。
    そして、村だか国だかの入り口が鳥居(しかも木の棒の)。
    [ 2013/08/24 14:18 ] [ 編集 ]
  446. ぶっちゃけ安土桃山時代の戦国時代があったから
    銃なんて卑怯だ!なんて感覚当時の人にはなかったんじゃねぇかな

    ただ戦争じゃなくて1vs1の決闘みたいな場合は( ゚Д゚)ハァ?って感じに思うだろうけど、それでも当時の銃じゃ1発外すと終わりだしなぁ
    [ 2013/09/01 01:58 ] [ 編集 ]
  447. だめだ、これ全部鵜呑みにするんだろうな。武士道、サムライの真意もメディアの作り上げた別の像だとだれも気付かないし疑わない。
    100人居たら100人ここの情報だけで結論出すんだろうな。日本人は馬鹿に調教されたんだなほんとに。
    [ 2013/09/15 17:36 ] [ 編集 ]
  448. 実は当時の銃の性能の低さ、接近された時の弱さ、急ごしらえの政府軍の練度の低さなどから、反乱軍のゲリラ的な切り込みに苦しめられていて政府軍の方が開戦当初不利だったんだよね
    それを勝利に導いたのは銃を持った近代歩兵ではなく、反乱軍の切り込み対策に投入された剣術を修めていた警察官達
    結果的にこれによって侍の時代に終止符が打たれたこともあって刀では銃には絶対に勝てない、みたいに語られるけども
    [ 2013/10/21 03:13 ] [ 編集 ]
  449. ラストサムライはハリウッド映画にしてはよかったと思うけど、あれも日本人キャストがいろいろ口出ししてようやくあそこまで改善されたらしいね。
    ただ当時の日本はもうちょっと栄えていたはずだと思った。
    忠臣蔵をリメークするのはやめてほしい。
    [ 2013/11/04 09:33 ] [ 編集 ]
  450. 太平洋戦争じゃなくて大東亜戦争です。
    [ 2014/07/30 23:32 ] [ 編集 ]
  451. 信長のところのヤスケの他にも外国人の武士の話があるよ。
    蒲生氏郷の家臣に元マルタ騎士団のイタリア人がいた。
    実在性が疑われてるようだけど、映画の題材としては面白かろう。
    [ 2014/09/15 08:31 ] [ 編集 ]
  452. 銃によって侍の時代が終わるって言うのは映画「七人の侍」を観た時にも感じた。
    「七人の侍」で倒れた侍は皆銃に撃たれてやられているし。
    [ 2016/03/20 09:35 ] [ 編集 ]
  453. ラストサムライはよくできてはいたけど、
    日本人目線では、チョッといただけない点もあった。
    (建築構造とか間取りとか違いを無視して)寺を住居としたり、鳥居を屋敷の門としたり、撮影場所のニュージーランドの(日本には自生していない)植物が写っていたり。
    日本の映画会社が、京都市内でロケハンして、桜の花咲く教会を貴族の館に仕立て上げて、太秦のスタジオで仕上げ、ベルばらとして世に出したような映画。(実際のベルばらはフランスまで行って撮影しているが。)
    [ 2016/04/10 12:40 ] [ 編集 ]
  454. 日本人の俺より詳しいな、この外人さんたちw
    [ 2016/05/25 06:55 ] [ 編集 ]
  455. >3
    仕方なく、ってのはちゃうね
    征韓論ってのも正確には間違い

    大西郷を客観的な資料を元に理解する、というのは海音寺、池波、司馬ですら出来なかったことだし
    同時代に生きた同郷の同士にすら考えが広く深すぎて追いつけなかった
    とにかく巨大すぎる人だよ
    [ 2016/09/01 03:00 ] [ 編集 ]
  456. 日本陸軍の兵制は当初明治維新頃まではフランスを手本にしてきたが
    普仏戦争でフランスがまけてからプロイセン(ドイツ式にかわった
    [ 2016/09/23 15:36 ] [ 編集 ]
  457. 負けるとわかってる戦に命をかけるというのは外人には理解できんだろうな
    状況は違えど

    かくすれば かくなるものと知りながら 
      やむにやまれぬ 大和魂

    というやつだ
    [ 2016/11/11 05:42 ] [ 編集 ]
  458. 西郷隆盛は後に陸軍を牛耳った鹿児島会が英雄視しただけで、
    本人がやったことを感情抜きに列挙するとかなり無能。
    [ 2016/11/28 04:17 ] [ 編集 ]
  459. 「ラストサムライ」は、漫画『子連れ狼』に変な影響を受けたために、名作どころかお笑いを招きかねない迷作になってしまった。
    [ 2017/06/24 09:27 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ごあいさつ


人気ブログランキングへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
おすすめサイトさま

日本視覚文化研究会
ニュース速報まとめ桜
ニュース速報まとめ梅




管理人:ニャン吉
副管理人:kite

月別アーカイブ
人気の記事(PC)
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アクセスランキング

スポンサード リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランダム記事





ブログパーツ アクセスランキング