fc2ブログ

パンドラの憂鬱

外国メディアの記事などに寄せられた、海外の反応をお伝えします


海外「終戦間もないのに凄い」 1960年代の東京を観た外国人の反応

今回は1960年代の東京の映像から。

日本経済のいわゆる高度成長期は、
1954年(昭和29年)から1973年(昭和48年)なので、
60年代はまさに生活が右肩上がりに向上している時期でしょうか。
家庭での様子、街中の様子、通勤の様子など、
当時の様々な光景が収められています。

投稿者さんの説明によると、
上の動画はJOKR-TV(TBSの前身)の映像、
下の動画はドイツのテレビ局が撮影した映像だそうです。


A day in Tokyo, Japan, in 1963 東京


Everyday life in bygone days in Tokyo, 1966 昭和東京





■ 当時から日本は他の標準的なアジア諸国よりも、
  いい生活してた事が映像から分かるね。 インドネシア
  



■ あの50CCのホンダのバイクは今でも販売されてるんだよね。 リトアニア
  
  


■ 1960年代からトウキョウの地下鉄は混雑してたんだ!!! ドミニカ




■ WOW イタリアで今も販売されてる醤油が使われてる。 イタリア




■ 1966の時点で一般家庭にテレビがあったの!!!??? 国籍不明




■ この動画大好きだ、ありがとう :)
  ショウワは一番いい時代だよね。
  凄く平和的で、心温まる光景がそこら中にあった。 インドネシア
    



■ 日本の1960年はアメリカの1980年くらいだな。 +24 国籍不明



   ■ 日本の1960年はルーマニアの2030年って感じ。 +5 ルーマニア 



■ クール!
  インドもいつか日本の近代のような黄金期を迎えて欲しい。 インド   




■ タイムマシンにのってこの時代の日本に行ってみたい ç____ç スペイン




■ WOW 言葉を失ったぜ。
  今のラスベガスみたいじゃないか! :D アメリカ




■ いや~面白い動画だった。
  投稿してくれてありがとう :) +5 ノルウェー




■ 今のフィリピンの街並みに似てる。 フィリピン




■ どうもありがとう。
  この50年で、トウキョウよりも香港のほうが変わったように見える。 香港




■ ファッションからエンタメまで、欧米の影響が顕著だね。 アメリカ




■ あの時代にしては街並みがハイテクな感じがする。 国籍不明



 
■ 投稿ありがとう……。俺は日本人の勤勉さと誠実さを尊敬してるんだ。
  日本の科学技術は世界をより良い物にしてるからね。 国籍不明  




■ 同年代のアメリカよりもはるかに良さげなんだけど -_- アメリカ




■ この映像の何が凄いか分かる?
  これは1963年恩映像なんだ。終戦から約15年後だ。
  終戦間もないってことを考慮してこの映像を見てみろ。
  何て強い国なんだ! トルコから敬意を。 +33 トルコ  




■ もうっ! 何でこの時代に生まれなかったんだろ。
  私この頃の日本が大好きなんだよね T_T スペイン




■ 車、電車、高速道路! アメリカと変わらないね! 
  ただそこにいる人間が違うってだけで。 アメリカ




■ トウキョウには行ったことがないけど、
  北京の変化よりも大きそうだね。
  この動画は時代を超越した価値があるよ。ありがとう! ドイツ




■ (「着物を普段着として着てる女性が沢山いる」
    という日本の方のコメントに対し)

  日本の伝統的な衣装と西洋の洋服とのコントラストがあるね。
  だいたい半々ってところかな。いい光景だ! ベルギー




■ みんな車のクラクション鳴らしまくってるな。 アメリカ



   ■ 僕が日本にいた50年代後半、
     トウキョウの中心は騒音が凄かったよ。 投稿者     



■ 私日本のお母さんの家庭用のキモノ(割烹着)が好きだなぁ :) サウジアラビア
 


 
■ YouTubeがどれくらい特別なものか考えたことあるかい?
  もしYouTubeがなかったら、
  こういった動画を見ることが出来なかったんだ。 +5 国籍不明




■ 私が日本を敬愛してるのは戦後に物凄い早さで復興したから。
  そのことを日本の人たちはきっと、
  とても誇りに思ってることでしょうね。 国籍不明




   



関連記事
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑皆様の応援が、皆様が考えている以上に励みになります。
[ 2013/06/21 23:00 ] 社会 | TB(-) | CM(-)



ブログパーツ アクセスランキング