fc2ブログ

パンドラの憂鬱

外国メディアの記事などに寄せられた、海外の反応をお伝えします


海外「日本人がまたやったか」 日本製超絶バランスロボットに外国人驚嘆

ボールの上に乗り、絶妙なバランス能力を見せるロボット。
これは東北学院大学 熊谷研究室の熊谷室長と研究生が開発したもので、
動画ではそのメカニズムも見やすい形で紹介されています。

このロボットは2つの制御モードによってコントロールされており、
ロボットの位置とバランスを保つ通常の制御モードと、
外部から力を受けても自動的に安定を保つ受動動作モードがあります。
受動動作モードでは、超重量の物でも指一本での運搬が可能になるそうです。


A Robot That Balances on a Ball





■ この技術って地震対策にも使えそう……。
  いや、これは凄いわ。 +4 国籍不明
  




■ クールだけど、作った意味があるのかと。
  実際にどうやって応用すんの? アメリカ  



   ■ 新しい車輪の形を創りだすことができる。
     ってか想像できることは何でも可能になるよ。
     結局は、文字通り新しい車輪ってことだよ。 アメリカ 



■ この技術があれば何でも運ぶことが可能になるのに、
  使い道がないとか無意味ってことはないだろ。 +32 アメリカ




■ こいつを帽子として販売すれば、
  最高にクールな一品になる予感。 +3 アメリカ




■ こういうのこそ正に、科学技術って感じがするわ。 +31 カナダ




■ まったく日本人は!!! またやったのかw
  まぁでも、ホント驚異的だね。
  これを作った人たちは見事だよ。 +4 アメリカ




■ 近い将来、建造・建築の分野で使われてるのが見えるぞ。
  ……考えた人も実際に作った人も頭いいよなぁ……。 +3 カナダ




■ 日本人の科学技術への理解は世界一だよな。開拓者だよ。
  世界最高の鉄道システムも日本にあるし。 +6 カナダ
    



■ 日本人には驚かされてばかりの俺がいる。 アメリカ




■ これは凄く重いものを運ぶ時とか役立ちそうだよね。 ラトビア
 



■ もちろんこんな事をやるのは日本人しかいない。 スウェーデン




■ 未来の自動車の姿がここにあるぞ。 スロベニア




■ 嗚呼、日本よ。
  君たちは僕を絶対に失望させないな。 +6 ノルウェー




■ 地震が起った時のことを考えたんだけど、
  球体とこのロボットの上に家を建てたらどうだろうか……。 アメリカ




■ やっぱことテクノロジーに関しては王様だな日本は。 +4 イスラエル



 
■ 工学の分野の開発品でこんなに凄いものは初めてた見た。 +5 カナダ 




■ この技術が持つポテンシャルはどえらいものがあると思う。 エストニア




■ 単純に素晴らしい!!!
  今までに見た中で最高の発明の1つだし、
  日本へのリスペクトを忘れちゃいけないって思ったよ!!!
  彼らのエンジニアリングは世界最高だからね! +6 トルコ  




■ 最初は「何だこれ」って感じだったけど、
  日本で開発されたと知って色んな事がどうでも良くなった。 アメリカ




■ 日本人による無意味な発明がまた登場したか。 カナダ




■ 映画の I Robot に出てきた車はあんな感じのタイヤだったよね。 
  audiの先見の明も凄い! カナダ

  I robot audi



■ このロボットを作った技術者は本当にいい仕事をしたね。
  これだけのモノを作ったのはちょっと尋常じゃないよ。 +22 インド




■ 未来のレストランのウェイターはこのロボットで決まりだ! +49 イギリス




■ かこの技術があれば、一輪車の自動車も夢じゃないよね。 +56  パキスタン   




■ ジャパーーーーーーン!
  彼らのロボットにはゾッとさせられる!!  +3 インド
 

 

■ 素晴らしい。本当に画期的な物になり得るよこれは。
  いつかこの技術を使った自動車に乗るようになるかもね。 +3 アメリカ




■ お年寄りが楽に動けるように助けてくれる役割も期待できる。 アメリカ




■ この技術の応用方法を100個は思いつくよ……。
  もしかすると、この技術は未来を変えることができるかも。 +3 イギリス




  

今まで日本が開発したロボットの記事をいくつか作りましたけど、
未来への期待、という意味では、これが一番評価が高かった印象です。



関連記事
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑皆様の応援が、皆様が考えている以上に励みになります。


コメント欄の管理を担当していた副管理人が体調不良となり、
時間的に管理人がその仕事をフォローする事は難しいため、
一時的にコメント欄を閉鎖させていただきます。
ご迷惑をおかけいたしますが、ご了承ください。
[ 2013/04/29 23:00 ] 社会 | TB(-) | CM(-)



ブログパーツ アクセスランキング