パンドラの憂鬱

Powered By 画RSS



海外「日本がハイテクな理由か!」 江戸時代のUFO伝説に外国人興奮

享和三年(1803年)、茨城県の沖合に漂着した謎の物体。
それは鉄やガラスによって造られ、丸みを帯びた形状をしている。
突如起った非日常的な出来事に、近くの漁民たちが浜辺に集合する。
ガラス窓から中を覗いてみると、そこには赤い髪を持つ異国風の女性の姿が。
そこで漁民たちは、この女性への対応策を練るわけだが、
このことを官府に伝えれば、何かと面倒も費用もかかることになる。
それは困るということで、漁民達は結局、謎の物体を女性ごと海に返してしまった。

上記が動画で紹介されている、「虚舟(うつろぶね)」伝説のあらまし。
曲亭馬琴がこの話を著書で取り上げたことから広く知られることになり、
近代でも、澁澤龍彦や柳田国男も著作で取り上げているようです。

200年以上も前あった日本の"UFO"伝説。外国人の反応は、さて。


Utsuro Bune Ancient Japanese UFO sighting?






■ 魅力的な話だね。
  UFOのいくつかは、海の底から来るんじゃないかとずっと信じてたんだ。
  誰にも姿を見られずに観察するには最適の場所だからさ。
  人類はまだ、海の正確な深さだってわかってないわけだし、
  そこに何がいるのか/あるのかなんて誰にも分からんよ。 イギリス




■ ミステリアスな女性の宇宙人に髪があるだと?
  俺達が知ってる宇宙人に髪はなかったはずだが。 アメリカ
  


   ■ あんたが知ってる宇宙人って何やねん。
     カートゥーンに登場するような宇宙人か? アメリカ



■ WOW 話の筋はかなりちゃんとしてるね。
  宇宙人には人間そっくりな種もいるって話を聞いたことがある。
  "彼女"はおそらく、そんな宇宙人の1人なんだろう。
  この話は、数あるUFO話の中でも一番信用に足るものだと思うよ。 +8 国籍不明




■ 素晴らしい動画!! この伝説は今まで耳にしたことがなかった。
  これ以上証拠なんて必要あるのか?
  こういった話は世界中でいくらでも聞けるんだ。
  そろそろ、俺達は一人じゃないって受け入れてもいいんじゃないかな? +5 アメリカ
    



■ ドキュメントとして素晴らしいね。UFO好きにはたまらんぜ :] +4 プエルトリコ




■ 真相はどうあれ、話としては間違いなく面白いよね。 +3 カナダ




■ 古代の人達は、今の人類よりも賢く、もっと進んだ文明を持っていた。 
  俺はそう思ってるんだ。例えばアトランティスのようにね。
  キリストがUFOに乗って地上に舞い降りてくる様子を描いた画を見たことあるけど、
  もし彼が地球外から来たなら、何故彼は俺達を救ってくれるんだろう? マケドニア 



   ■ 古代シュメール人やアヌンナキについて調べてみ。
     (彼らは空から地球にやってきた)
     きっとハッとする事実にたどり着くことになるから。 国籍不明



■ 日本はいつだって進んだ機器を持っている。
  携帯電話だって最先端だけど、まさかUFOまでそうだとはな。 +3 日本在住(米国)




■ もしあの女性が未来から来た人だったらどうするよ? +24 アメリカ




■ この奇妙な来訪者は、間違いなくUFOと共にやってきたんだろう。
  日本にはピンク色の髪の毛を持つ人、ウサ耳をつけた人、
  挨拶代わりに光るピースサインをしてくる人(何でしょう?)もいる。
  つまり、現代日本の奇妙さは、すべてこのUFOによってもたらされたんだ。

  素敵なビデオだったよ。投稿ありがとう。 +14 フィンランド




■ ドラエモンの話はここから生まれたに違いない! フィリピン




■ 笑った。人間ってのはホント盲目だな……。
  「ニュルンベルク 1561年」や「バーゼル 1566年」でググってみ。
  聖書の原理主義者達が、超人的な力を持つ者達を作り上げて来た過去が分かる。
  古代ギリシャもアステカ文明も、"神々"や"天使"を身近においていた。
  人類の歴史を通して、こういった話は常に作られてきたんだよ……。 アメリカ




■ 日本からウルトラマンが誕生したのも分かる気がするw フィリピン




■ まあとりあえず、これが少なからず本当だとすると、
  宇宙人と人間は同じ風貌をしてるのか? それって面白くない? +4 国籍不明




■ 他の銀河には、生命を持つ地球に似た惑星が存在する。
  この主張を否定することはできないよ。
  この広い宇宙で、地球だけに生命が在るなんて不可能だろ。 国籍不明



 
■ あの女性は、絶対未来から来たタイムトラベラーなんだよ……。
  俺は彼女が宇宙人だとは言えないね。だって人間に似てるわけだろ。
  それに当時はあんな宇宙船を作ることなんてできなかったんだから。
  ってなわけで、彼女は遥か未来から来たってのが真実だ! アメリカ




■ 俺はUFOの存在を否定する人たちが好きだよ。馬鹿みたいに見えるからね。
  UFOは実在するんだよ。アフリカでも、アジアでも、アメリカでも、
  世界中にそれを証明する事実があるんだからさ。 イギリス




■ OMG!! 日本人は宇宙人だったのか!!!!
  日本にハイテクなモノが何でもあるのはこれが理由なんだな! +5 アメリカ




■ あんな馬鹿げた形をした、そして"最先端"の船が宇宙を渡れるか?
  まるでバービーの着せ替え絵本みたいじゃねーか。馬鹿馬鹿しい……w 国籍不明




■ 俺が知りたいのは、この後女性はどうなったのか、だよ。
  姿を見せ何かを口にした、ってだけじゃ話として十分じゃないだろ。 アメリカ




■ アウー、どうして日本の伝承って何でもロマンティックになるんだろ!w
  中にいたのはもちろん、頭のでかい宇宙人じゃなくて美しい女性なんだよねw 
  私は好きだよ、そういうの。 香港




■ もしかしたらあの舟は…………馬鹿でっかい蟹だったんじゃねーの? アメリカ




■ 中から外国人女性が出てきたって言うけど、日本人にしか見えない。 +3 アメリカ




■ 日本には、Kaguya-hime っていうお姫様について書かれた話があるんだ。
  
     (「竹取物語」の梗概が挟まれる )   

  あれだって、まるで宇宙人について書かれたような物語だよね。 +11 アメリカ 




■ あれはタダの小舟だよ! 屋根付きの小舟! 俺も昔そういうの作ってた。 アメリカ 
 

 
■ ヨーロッパから来た船が難破したってことは考えられないかな?
  それで難を逃れるためにあの小舟のようなものに乗っていたと。 アメリカ



  

真相はどうあれ、興味深い話です。
何故人類は宇宙人と出会えないのか。
その理由をホーキング博士が著書で披露しておられましたが、
数百年、数千年は人類にとっては長い時間だが、宇宙的な概念ではほんの一瞬である。
その一瞬で、複数の高度な文明が邂逅することは、確率的には殆ど不可能だ、
というものでした。逆に言えば、会うのは難しいが、存在はするのかもしれません。
同時に、高度な文明の存続は、せいぜい数千年が限度だろうという事なんでしょうね。



関連記事
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑皆様の応援が、皆様が考えている以上に励みになります。
[ 2012/10/23 23:01 ] 文化・歴史 | TB(0) | CM(167)
Powered By 画RSS
  1. 吹き替えじゃないだと!
    [ 2012/10/23 23:03 ] [ 編集 ]
  2. 鉄とかガラスとかそんなもんで出来てたのか・・・。
    [ 2012/10/23 23:05 ] [ 編集 ]
  3. そういえば概要を深く知らなかった
    結局なんだったんだろう?
    [ 2012/10/23 23:08 ] [ 編集 ]
  4. これって異国の漂流者を海に帰しただけのただの酷い話じゃないのか?
    [ 2012/10/23 23:10 ] [ 編集 ]

  5.      _人人人人人人人人人人人人人人人_
         >     わりとどうでもいい      <
          ̄^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^^Y^ ̄

                   ヘ(^o^)ヘ 
                      |∧   
                     /
    [ 2012/10/23 23:10 ] [ 編集 ]
  6. 矢追さんが登場してワロタ
    [ 2012/10/23 23:11 ] [ 編集 ]
  7. どうでもよくない。
    [ 2012/10/23 23:14 ] [ 編集 ]
  8. なんて残酷な話だ
    [ 2012/10/23 23:15 ] [ 編集 ]
  9. うろ覚えだけど、
    家康に謁見したものの、天を指さすばかりだったんで
    放逐されてしまったって伝承が残ってる『肉人』てのもあったね。
    [ 2012/10/23 23:16 ] [ 編集 ]
  10. >このことを官府に伝えれば、何かと面倒も費用もかかることになる。
    >それは困るということで、漁民達は結局、謎の物体を女性ごと海に返してしまった。

    オイオイ、日本人らしいなぁwww
    [ 2012/10/23 23:17 ] [ 編集 ]
  11. まぁ・・・こういう話はいくらでもあるからねぇ
    現在でも、「見た」だの「話した」だの「宇宙に行った」だのとマジ顔で話して社会的活動までしてる人だって沢山いる。 昔だって沢山いたよ。

    そして、昔の文献だって、世界中におかしなものは大量にある。 それらが作られた理由は、あらゆる人が描く夢や想像、そして世にある物語の数以上に、人類の歴史の中では当然の存在だと想う。
    [ 2012/10/23 23:17 ] [ 編集 ]
  12. 大事なのはここだよな

    >このことを官府に伝えれば、何かと面倒も費用もかかることになる。
    >それは困るということで、漁民達は結局、謎の物体を女性ごと海に返してしまった。

    昔っから政府は面倒な子っぽい扱いだったんだなあと
    [ 2012/10/23 23:18 ] [ 編集 ]
  13. 肉人だっけ?大昔のオカルト話面白いよね
    [ 2012/10/23 23:18 ] [ 編集 ]
  14. 現実派は漂流者という説を取るけど、よく考えれば
    納得いかない。
    たとえ漂流したとしても、釜のような小舟が存在したなんて、記録にもないと思う。
    普通の小舟に乗ってりゃ日本人も「漂流者」だろ、とわかるはず、いくら無知な当時の漁民でも。

    [ 2012/10/23 23:25 ] [ 編集 ]
  15. 聖徳太子でもUFOの話あるよね
    [ 2012/10/23 23:25 ] [ 編集 ]
  16. そりゃ、うちの偉い人のご先祖様は空からいらっしゃってるし
    海底なり、宇宙なり、どこからでも来るなら来るよw

    実際ら科学者の大半は宇宙に生命体はいると思ってるよ
    でも、それに出会う確率と、それが我々と意志疎通できそうかどうかで、また天文学的な確率が存在するので
    結局は会えないって話
    でも、双方向でずーっと努力を続けてれば、案外近いうちに会えるかもしれない
    [ 2012/10/23 23:25 ] [ 編集 ]
  17. 宇宙人が着てる服が当時でも日本人が想像出来る範囲なんだよね。当時の日本人が見たことも想像も出来ないような突飛な服や宇宙船なら信用したんだけどなー。
    俺も異国の人間の漂流者だと思う。
    [ 2012/10/23 23:26 ] [ 編集 ]
  18. ただ追い返したんかよ!
    [ 2012/10/23 23:28 ] [ 編集 ]
  19. これは、『兎園小説』(1825年刊行)より、以前に各地にあった、
    「うつろ舟」「うつぼ舟」の伝説を、想像により描いたものだよね?

    柳田国男さんが、既に、大正15年に、論証済みなのですが。。。

    宇宙人がいてもおかしくないが、これは、単なる伝説・物語以上のものではない。
    [ 2012/10/23 23:36 ] [ 編集 ]
  20. 潜水艦のタートルか
    [ 2012/10/23 23:38 ] [ 編集 ]
  21. 矢追さん
    海外じゃまだ需要があるんだね
    [ 2012/10/23 23:39 ] [ 編集 ]
  22.  
    誰かが地球でシムシティーやってたんだろ
    [ 2012/10/23 23:40 ] [ 編集 ]
  23. SIRENのアーカイブに似たようなのあったけど元ネタってやつか
    [ 2012/10/23 23:43 ] [ 編集 ]
  24. そういやかぐや姫も月の使者がUFOっぽい乗り物に乗って地球にやってくる描写があったんだっけ。
    こういう不思議な乗り物に乗って空からやってくる「何か」の伝説って、一体どれくらい昔から存在するのやら。
    [ 2012/10/23 23:46 ] [ 編集 ]
  25. 外人、前向きだな。
    [ 2012/10/23 23:47 ] [ 編集 ]
  26. ラピュタは本当にあったんだ!
    [ 2012/10/23 23:48 ] [ 編集 ]
  27. 日本多いよね竹取物語や
    相対性理論のはるか昔に浦島太郎も
    あるし
    ロマンチックやねぇ~
    [ 2012/10/23 23:54 ] [ 編集 ]
  28.  
    もしかしてマクロス・フロンティアに出てくるランカ・リーの「キラッ♡」って言うアレかな?>光るピースサイン
    [ 2012/10/23 23:55 ] [ 編集 ]
  29. でも、本当は潮焼けした髪の浦島太郎…とかなw
    なんか宇宙船が亀っぽいし。
    [ 2012/10/23 23:59 ] [ 編集 ]
  30.  
    面倒になるのが嫌だから海に帰したって、それただの漂流者だったら酷い話だぞ
    [ 2012/10/24 00:00 ] [ 編集 ]
  31. 我々は宇宙人ニダ~
    [ 2012/10/24 00:01 ] [ 編集 ]
  32. 俺も今から10年以上前だけど栃木県でUFO見たことあるよ
    薄暗くなってた空を発光しながらジグザグにデタラメに飛んでた
    途中消えて、また現れて結局5分くらいはじっと見れてた
    ちなみに俺は幽霊とかは全く見れないので霊感とかオカルトは関係ないと思う
    [ 2012/10/24 00:03 ] [ 編集 ]
  33. これ事実だよ。
    何とか語っていう、ロシア近くの文字だった。
    俺もすごく興味が湧いて調べたんだけど、
    ほんとに同じような文字が使われててなんかフクザツな気分だった。

    まあだとしてもそんなとこから日本にたどり着くこと自体すごいけど・・・
    [ 2012/10/24 00:04 ] [ 編集 ]
  34. 村人「面倒くさいから見なかったことにしよう
    女性「」
    [ 2012/10/24 00:06 ] [ 編集 ]
  35. 海から来たのなら、”潜水艦に乗った乙姫”と言う意見が出てこないのが不思議
    [ 2012/10/24 00:08 ] [ 編集 ]
  36. ジョン・タイターは1803年にも行ってたんや
    [ 2012/10/24 00:21 ] [ 編集 ]
  37. 考えてみりゃ、平安の天狗だって流星と共に現れたとか言われてて、充分宇宙人ぽいよね
    何人か書いてる肉人は食べられちゃって、しかも美味しかったって言い伝えがあったよね
    日本人らしいわ……食べるとかwww
    宇宙人も食べられたら、あんまし近寄りたくないよな
    そういや関係ないけど人魚も食べた伝説あるよね、日本…
    [ 2012/10/24 00:25 ] [ 編集 ]
  38. これは真相は単なる異人だったって解釈が容易な話だよね
    宇宙人云々ならそれこそかぐや姫の方がそれっぽい
    [ 2012/10/24 00:29 ] [ 編集 ]
  39. 追い返すなよw
    [ 2012/10/24 00:32 ] [ 編集 ]
  40.  
    別に昔の人は宇宙人ともUFOとも書いてないから。
    海流れてきてるんだから、まずUFOじゃねえし。

    ただ当時そういうものが漂着したという話が記録に残ってるってだけ。
    それを完全なつくり話だと思うか、宇宙人だと思うか、外国の船だと思うかは勝手だけど、あたかも昔の奴らが宇宙人のつくり話をしている大法螺吹きかのごとく書いてる奴はアホ。
    そもそも現代人が勝手に記録だと思っているだけで、今で言うSF小説のようなものかもしれんのに。
    [ 2012/10/24 00:35 ] [ 編集 ]
  41. 英語の発音がわざとやってるのかってぐらいヒドくてワロタw
    小学生でももうちょっとまともだぞw
    [ 2012/10/24 00:37 ] [ 編集 ]
  42. 動画見てないけど、赤い髪ってのは昔は明るい髪ってことな。
    赤毛の事じゃない、黒髪以外。
    婆ちゃんとかは今も茶髪の事を赤い(明い)髪と言う。
    [ 2012/10/24 00:42 ] [ 編集 ]
  43. もうすこし英語なんとかならんか‥
    [ 2012/10/24 00:50 ] [ 編集 ]
  44. え、ノンマルトじゃないのか
    [ 2012/10/24 00:58 ] [ 編集 ]
  45. 赤髪の女性をUFO毎海に返してしまったのがなあ。
    せめて弥助くらいに歴史的資料が残っていれば。
    [ 2012/10/24 01:00 ] [ 編集 ]
  46.  
    これより竹取物語のほうがセンセーショナルと思うんだが。

    あと空飛ぶ丸い金属物を追いかける絵巻が大阪にある。
    [ 2012/10/24 01:06 ] [ 編集 ]
  47. ヒストリーチャンネルでやってる古代の宇宙人ってやつ?最終的に日本に持ってくる流れワロタw
    日本刀→宇宙人から知識を伝授されたのです
    土偶→宇宙服をきた宇宙人です
    そもそも皇室の祖先は太陽の神→宇宙人説
    [ 2012/10/24 01:10 ] [ 編集 ]
  48. 矢追さんが出てきた時点で終わってるわぁwwwwww
    [ 2012/10/24 01:13 ] [ 編集 ]
  49.  
    どう考えても欧米人だろ。
    [ 2012/10/24 01:20 ] [ 編集 ]
  50. 矢追が出ると途端に胡散臭くなる
    [ 2012/10/24 01:23 ] [ 編集 ]
  51. 馬鹿めっていってる国籍不明の奴、宇宙人じゃね?
    [ 2012/10/24 01:31 ] [ 編集 ]
  52. ※15
    聖徳太子からして本当に実在してたのか怪しいらしいけどね
    [ 2012/10/24 01:35 ] [ 編集 ]
  53. 竹取物語か?
    [ 2012/10/24 01:58 ] [ 編集 ]
  54. ヒストリーチャンネルの古代人とか宇宙人の回って胡散臭い教授とか
    作家が出てくるんだけど、バズビー教授が出てきて笑った。
    [ 2012/10/24 02:11 ] [ 編集 ]
  55. ※47
    ワレワレハ宇宙カラ地球ニヤッテ来テ東ノ方二良サソウナ島ヲ
    見ツケタカラコッソリ移リ住ンダノダ。
    宇宙人ダトバレナイ様二近クノ大陸ニイタ中国人ノ外見ヲ参考二擬態シテ
    日本人ト名乗ッテイルノダ。ウソダケド。
    [ 2012/10/24 02:19 ] [ 編集 ]
  56. サイヤ人
    [ 2012/10/24 02:34 ] [ 編集 ]
  57. もしかして虎柄ファッションのあの人じゃね?
    [ 2012/10/24 02:41 ] [ 編集 ]
  58. うろ覚えだけど、どっかの国の処刑で海へ流すってのがあったと聞いたことがある。確か中国にもあったんじゃないかな。
    だからといって全否定はしないけど、現実的な事を考える前にいきなりUFOって飛躍するのはいただけないなあ。思考停止している。
    んでも、世界各地に空から何かが現れた的な伝承が残っているから、或いはって考えたくもなるね。日本だったかの伝承で光の雲に乗って現れたとかあったな。
    [ 2012/10/24 04:17 ] [ 編集 ]
  59.  
    矢追・・・
    ホント 何でも絡むな、このオッサン
    昔 イギリスか何処かのテレビ局が エイプリルフール用の
    宇宙人番組を 本物と偽って流しやぁがって
    もう こんなインチキ野郎 使うなよ
    [ 2012/10/24 05:42 ] [ 編集 ]
  60. このUFOの人はフランス人のサンジェルマン伯爵(男)だったらしい。伯爵の話と整合している。日本人は西洋人をみたことがなく髪の長く、洋装の伯爵を女性と勘違いしたらしい。伯爵はタイムトラベラーらしいといわれている。
    [ 2012/10/24 06:25 ] [ 編集 ]
  61. 浦島太郎の元の話も、モロ宇宙人との遭遇話だよね。
    [ 2012/10/24 06:27 ] [ 編集 ]
  62.  
    下らない奴に語らせたつまらない動画なんかとりあげてるんじゃねえよバカどもが……
    比較研究するのなら当然
    ・一寸法師その他
      お椀やお茶碗にのせて流す、漂うイメージの祖形
    ・かぐや姫
      あけると中から異種が現れるイメージの雛形

    ガラス質ということはお茶碗だ
    お茶碗にのって海の波の間に間に漂うわけだ
    お茶碗だと沈むだろうなあ波を被ったら
    そこで蓋をつけるわけだ つまり丼だ
    丼で蓋をとると中からかぐや姫だ 天女だ
    こういう風にイメージの元ネタがすぐわかるのに、まるで見当違いなあさっての方を捜し求める愚かさよ
    下らん 実に下らん
    [ 2012/10/24 07:47 ] [ 編集 ]
  63. 流された人可哀想
    [ 2012/10/24 07:54 ] [ 編集 ]
  64. 要するに虚ろ舟伝承というのは、ずっと昔の想像力豊かな物語好きな日本人による二次創作活動の成果の名残なんだよ
    有名な一寸法師とかかぐや姫とかその他実に豊かな日本文学を楽しんだ人々が更にそこから想像力を膨らませて色々と組み合わせて楽しんだ結果出来上がったンだよ
    出来のよいのが残ったわけさ
    ただ、所詮は二次創作だからそれがマイナーな存在で(今と違ってネットないし)、たとえ人気の出た作品でも所詮はローカルな存在に留まった
    それを近世・近代の人々が掘り起こしたちゅうだけの話よの
    [ 2012/10/24 07:56 ] [ 編集 ]
  65. 単なる二次創作に留まるでもないオリジナルな要素が盛り込まれて、書いた人が中枢の人だったりすると更級日記のようになるだけの違いだ
    いにしえの二次創作ちゅうだけのことよ
    [ 2012/10/24 07:57 ] [ 編集 ]
  66. 64・65>>

    おまえらの話はつまらん、ほんとーにつまらん by秀治
    [ 2012/10/24 08:23 ] [ 編集 ]
  67. 流れ着いた的な事だよね。
    鬼なのど伝説もだけど、山奥に外人さんが隠れていたとか、結構あるよね。遠野物語とかでも。
    岩手沿岸なんかでは山に連れて行かれ肌の色が違う子が生まれた...とかね。
    [ 2012/10/24 08:28 ] [ 編集 ]
  68. まあやっぱ一番ありそうなのは外国人漂流者だろうねえ
    [ 2012/10/24 08:29 ] [ 編集 ]
  69. 天と海、どちらも「アマ」って読むからね。
    海の向こうから来た人が、伝説化されて天から来たってなるのは珍しい事じゃない。
    [ 2012/10/24 08:46 ] [ 編集 ]
  70. 昔からいるんだなあ・・・この手の人物がw
    [ 2012/10/24 09:09 ] [ 編集 ]
  71. 漂着した人を海に流しちゃ駄目だろ。
    [ 2012/10/24 10:12 ] [ 編集 ]
  72. これ、ずいぶん前に本で読んだわ。
    まさか動画に矢追が出てくるとは思わなかったがww

    ※52
    そうだね、左巻きの学者がそんな仮説を唱えてるね。
    まるで馬鹿みたいだけど。
    [ 2012/10/24 10:18 ] [ 編集 ]
  73. 当時すでにあった伝説を下敷きにした江戸時代の二次創作だと結論づけられます。
    ひとつは「うつぼ舟」(美女なし)
    もうひとつは「金色姫」(美女あり)
    この二つの伝説をミックス。
    UFOとからめて周知させたのは誰かな。
    やっぱり矢追純一かな?
    まあ、きつく否定するのもやぼですよ。
    浦島太郎は時間旅行したぐらいの空想を楽しんでいいじゃないですか?
    [ 2012/10/24 11:07 ] [ 編集 ]
  74. >このことを官府に伝えれば、何かと面倒も費用もかかることになる。
    >それは困るということで、漁民達は結局、謎の物体を女性ごと海に返してしまった。

    のちの尖閣・竹島問題は、こうして未来人に語り継がれたのであった
    [ 2012/10/24 11:15 ] [ 編集 ]
  75. 漂流説を唱えてる奴って、人にだけ注目して舟には注目しないよねw
    当時あんな形の小舟が存在してるわけないだろww
    文献に載ってる以上、何の証拠もないただの否定派より、
    信憑性があるわけだw
    [ 2012/10/24 11:34 ] [ 編集 ]
  76. うつろ舟って宇宙人関係ないじゃん・・・と思ったらミステル・ヤオイが出てて納得がいった。
    [ 2012/10/24 11:39 ] [ 編集 ]
  77. 確定できないものを嬉々として肯定する奴も否定する奴も結局同レベルの存在
    カンガルーの殴り合い
    [ 2012/10/24 12:05 ] [ 編集 ]
  78. 亀のような乗り物に浦島太郎を連想した。
    [ 2012/10/24 12:41 ] [ 編集 ]
  79. 管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    [ 2012/10/24 13:02 ] [ 編集 ]
  80. 矢追がでてきて、もうダメw
    [ 2012/10/24 13:28 ] [ 編集 ]
  81.    
    英語の発音酷過ぎwwこれで教授かよww学部生の方がまだましな発音しそうだな。
    [ 2012/10/24 13:28 ] [ 編集 ]
  82. ※UFOじゃなくてテラ大盛りの天丼です
    [ 2012/10/24 13:46 ] [ 編集 ]
  83. >このことを官府に伝えれば、何かと面倒も費用もかかることになる
    この当時からお役人がからむとめんどくさくなるのが知れ渡っていたというのはすごいな。
    もはや、役にたったら役人じゃないみたいだww
    [ 2012/10/24 13:59 ] [ 編集 ]
  84. この当時から知れ渡っていた、って何だよ
    連続性はねーよ
    [ 2012/10/24 14:03 ] [ 編集 ]
  85. ホタテに入ってた赤毛のヴィーナスだろ
    [ 2012/10/24 14:15 ] [ 編集 ]
  86. 高千穂あたりにある幣立(へいたて)神宮には
    アソヒノオホカミ
    またはカムロギ・カムロミ
    という宇宙神(宇宙人?)が祀られており
    一万五千年前、宇宙から火の車となり
    降っていらっしゃったそーな

    全ての神様の神様なんだとか

    言いたい事は沢山あると思うが
    とにかく有難い神様なのは間違いないから
    拝んどくといーよ
    [ 2012/10/24 15:06 ] [ 編集 ]
  87. 幣立神宮について書き忘れ

    年代含めけっこー胡散臭いので
    あまり本気にしないようにしてね

    でも厨二病こじらせた感じが俺は好き
    [ 2012/10/24 15:22 ] [ 編集 ]
  88. >このことを官府に伝えれば、何かと面倒も費用もかかることになる。
    >それは困るということで、漁民達は結局、謎の物体を女性ごと海に返してしまった。

    当局にはこう言ってごまかして
    嫁にしたに決まってるだろうが
    常識で考えろ
    [ 2012/10/24 15:29 ] [ 編集 ]
  89.         ノ´⌒ヽ,,
        γ⌒´      ヽ,
       // ""⌒⌒\  )
        i /   ノ   ヽ、_ヽ )
        !゙  (○)}lil{(○)i/ 
        |     (__人_)  |
       \  ヽ |!|!|!| //    マジでっ!
        /    |ェ|ェ| ヽ
    [ 2012/10/24 15:29 ] [ 編集 ]
  90. どうでもいいけど
    flashingは「光る」っていう形容詞じゃなくて
    「見せる」っていう動詞だと思いますw
    [ 2012/10/24 15:34 ] [ 編集 ]
  91. >>17
    遮光器土偶というのがあってだな・・・。
    物理学的に無理!な服装じゃないと意味ないな
    歌舞伎者しかり中世ヨーロッパの服装しかり、奇抜さだけなら
    現代以上のものもあるからね
    [ 2012/10/24 16:31 ] [ 編集 ]
  92.  
    かぐや姫ってなんで地球の竹の中に入る必要があるのかと思ってたけど
    今思えば地球のエネルギー根こそぎ奪っていったんだよなぁ

    [ 2012/10/24 16:45 ] [ 編集 ]
  93. おとぎ話としては面白くないから、実話だろうとは思う。
    でも外国の遭難者だろうね。ただガラスや鉄で出来たって描写あったっけかな?ただの丸いたらいだったと記憶してるけど。
    [ 2012/10/24 16:51 ] [ 編集 ]
  94. 矢追がでてきてそっと閉じた
    [ 2012/10/24 16:54 ] [ 編集 ]
  95. 相互リンク
    初めまして、人気サイトランキングです。
    サイトランキングを始めました。
    ランキングに、登録して頂きたくメールさせて頂きました。
    SEO対策にも力を入れています。
    一緒に発展していけれるように頑張りたいと思いますので宜しくお願いします。
    http://site-ranking.jp/
    [ 2012/10/24 17:03 ] [ 編集 ]
  96. 単に記録として残されていたなら、
    実際のところ罪人か補陀落渡海的なものだったかもしれん

    でも普通に創作作品かもしれないよね
    上のコメでも何度も触れられてるけど竹取物語とか羽衣伝説も
    『異界から来たもの』から話を膨らませる発想は昔からあった

    ホラー作品もSF作品も古代からあったってのが日本って面白い
    [ 2012/10/24 17:04 ] [ 編集 ]
  97. 桃太郎や瓜子姫も似たようなもんだよな
    [ 2012/10/24 17:25 ] [ 編集 ]
  98. 初耳だ。こんなことあったんか。
    [ 2012/10/24 17:31 ] [ 編集 ]
  99. ヒストリーチャンネルに矢追純一が出演ってだけでシュールで笑えるw
    [ 2012/10/24 17:37 ] [ 編集 ]
  100. >1 がツボって笑いが止まらないんだが
    [ 2012/10/24 17:59 ] [ 編集 ]
  101. 宇宙さんだ!!
    [ 2012/10/24 18:09 ] [ 編集 ]
  102. 矢追さん登場で安心して視聴終了
    [ 2012/10/24 18:10 ] [ 編集 ]
  103. 江戸むらさき特急にこんなネタがあったな…。

    浮世絵の先生の過去の作品を見させてもらった版元が、風景の隅っちょにUFOが浮いてたり、二人のお侍にはさまれて「子供くらいの背丈の何か」が両手をつかまれてる(有名な捕まった宇宙人の写真にソックリ)浮世絵を見つけて、「先生…!これは!?」「ああッそれは見てはいかん!」みたいなの。

    まさか本当にあったとはw
    [ 2012/10/24 18:38 ] [ 編集 ]
  104. これって宇宙船と異星人じゃなくてタイムマシンと未来人って考えた方がいいな
    [ 2012/10/24 19:07 ] [ 編集 ]
  105. 鬼が島の鬼や酒呑童子と同じ系統かのう、難破した乗組員が日本に漂着したってやつ………それはそれで別系統のロマンだわ。
    [ 2012/10/24 19:26 ] [ 編集 ]
  106.   
    ああ、そういや電子レンジでタイムマシンを作った
    マッドサイエンティストの助手に赤髪の奴がいたな。
    きっと彼女の試作品か何かで失敗した時間軸の1つに違いない。
    [ 2012/10/24 19:30 ] [ 編集 ]
  107. ちなみに世界最古の宇宙人が登場するSF小説は竹取物語です。
    時代先取りまくりww
    [ 2012/10/24 19:47 ] [ 編集 ]
  108. 地球外知的生命体が、生存圏を惑星外にうつして漂流して偶然出くわすとか言うことはあり得るんじゃないの?それこそ天文学的な数の生命が宇宙には存在するわけだから確率的には少なくはないと思うよ。
    [ 2012/10/24 20:13 ] [ 編集 ]
  109. 漂流者だったら酷い酷い言ってる奴らが多いけど
    昔の難破船の扱い知ってたら生きて帰してくれるだけマシな方だ
    [ 2012/10/24 20:35 ] [ 編集 ]
  110. 赤い髪って「なつまち」?
    [ 2012/10/24 21:19 ] [ 編集 ]
  111. ブンブク茶釜?

    デカイ丼ぶりだな、おいっwwww
    [ 2012/10/24 21:54 ] [ 編集 ]
  112. >挨拶代わりに光るピースサインをしてくる人

    電脳コイルネタじゃあ無いの?

    昔は何とかなってたけど、面倒な政府に駄々をこねる現代人は赤ん坊そのもので、もう嫌になるね。取り敢えず政府のせい国のせい。
    我慢するとか静かに謙虚に過ごす、なんていう日本人の美徳はもはや風前の灯ですね。欧米化された国になって、御先祖はさぞ喜んでいることでしょうね…
    [ 2012/10/24 22:11 ] [ 編集 ]
  113. >このことを官府に伝えれば、何かと面倒も費用もかかることになる。
    >それは困るということで、漁民達は結局、謎の物体を女性ごと海に返してしまった。


    この手の話は大抵嘘臭さが漂ってるんだが
    ここらへんのアッサリした感じが逆に本当にあったことっぽくてワロス
    [ 2012/10/24 22:20 ] [ 編集 ]
  114. これどこかで聞いたことある話だな~と思ったら、諸星大二郎の本で読んだんだわ
    [ 2012/10/24 22:45 ] [ 編集 ]
  115.  後の「ぶんぶく茶釜」物語である。
    [ 2012/10/24 22:58 ] [ 編集 ]
  116. >>109
    夜かがり火をたいて船をおびき寄せて皆殺しにして
    搭載物を奪うってのが横行してたらしいね、江戸時代でも。
    [ 2012/10/24 23:51 ] [ 編集 ]
  117. ゲームのSIRENでもネタになってたなw
    [ 2012/10/25 00:01 ] [ 編集 ]
  118. 日本でUFOと言ったら竹取物語でしょ~
    [ 2012/10/25 00:52 ] [ 編集 ]
  119. 夢があっていいね~。出来ることなら真相解明は避けてほしいくらいだ
    [ 2012/10/25 13:14 ] [ 編集 ]
  120. 彼らは今も人間になりすまして社会に入り込んでいるのかもしれない
    日本の政治家に一人それっぽいのが居るとの噂ががが
    [ 2012/10/25 16:47 ] [ 編集 ]
  121. 「天皇は神の末裔」という厨設定の前には全てが翳む。

    まあ昭和天皇が神であることを否定したんだけど、
    わざわざ否定しなきゃならないレベルの話だったってことだねw
    [ 2012/10/25 18:15 ] [ 編集 ]
  122.  
    宇宙人は宇宙(=空)からやってくるって思い勝ちだけど、実際は星の中核に星間ワープポイントがあるんじゃないか?

    惑星の大きさや環境は夫々違うので、空からのアタック場合緻密な清算とタイミングがいると思うんだけど、
    星の中核の圧力は星の大きさが分かれば大体算出できるので(出来るのかしらんが)、
    空から地上へいきなり降りるよりかはアクセスしやすいのではないだろうか。
    マグマの道さえ見つければどこかしら地上に出る穴はあるだろうし、知的生命体がいたとしても、大概活動している火山の近くには存在できない。
    光学迷彩がなくても夜に出てくれば出入りは分からないだろうしなあ。
    [ 2012/10/25 21:09 ] [ 編集 ]
  123. ただの創作って言ったら夢がないけどそんな感じだろうなあ
    日本の昔話ってやたらと未来的な話もあるからな
    浦島太郎だって地味にソレ系な話だし。
    [ 2012/10/26 16:28 ] [ 編集 ]
  124. ところでバルト海の海底で見つかったUFO型の物体、
    続報無いけど一体なんだったんだろ?
    [ 2012/10/27 02:22 ] [ 編集 ]
  125. 馬琴はこのころヒット作が出ずにイマイチ食えてなかった
    考えた馬琴は民衆からの注目を集めるために
    この話を捏造した

    と、ジョージ秋山先生は浮浪雲でそれとなく解説してた
    [ 2012/10/27 17:11 ] [ 編集 ]
  126. 突然の矢追さん登場に俺のテンションもMAXだったわw
    [ 2012/10/28 03:02 ] [ 編集 ]
  127. あれ……。ゲーマー星人?
    [ 2012/10/28 16:43 ] [ 編集 ]
  128. この話は本物のUFOと人間らしいぞ。
    宇宙人が怪物ってのがそもそもアメリカが故意に流したデマだしな。
    外国では謁見に来たのに殺されたりしている話もあるけど。
    [ 2012/11/14 04:43 ] [ 編集 ]
  129. >このことを官府に伝えれば、何かと面倒も費用もかかることになる。
    >それは困るということで、漁民達は結局、謎の物体を女性ごと海に返してしまった

    欲情した漁民に輪姦された挙句
    口封じのために海に沈められたのが真相。

    宇宙人さん、かわいそう…
    [ 2012/11/16 20:00 ] [ 編集 ]
  130. 101さん
    そうそう♪宇宙さんですよ。
    現在、映像が確認できません・・・
    [ 2012/11/16 20:54 ] [ 編集 ]
  131. >>このことを官府に伝えれば、何かと面倒も費用もかかることになる。
    それは困るということで、漁民達は結局、謎の物体を女性ごと海に返してしまった。

    ったく!お前ら昔からやってる事変わんねーな!
    もう少し冒険しろよ!
    [ 2012/11/18 22:26 ] [ 編集 ]
  132. 厄介だから、コンタクトも取らずにそのまま流したってのが妙にリアリティある
    [ 2013/03/18 17:41 ] [ 編集 ]
  133. 昔の江戸時代の日本人の感覚は宇宙人も未来人も地底人も
    ロシア人もオランダ人もイギリス人も・・・とにかく外から来た連中は全部一緒くたに異人です
    たまに天女羽衣みたいに嫁にした例もあるけど

    [ 2013/06/22 21:49 ] [ 編集 ]
  134. にほんの物語の祖といわれる「竹取物語」は、ふつうに宇宙人の話だし、
    全国に伝説の残る「浦島太郎」もそう。

    古い古い歴史記録がたまたま記録された日本だから、伝わっただけで、
    本当は、宇宙人は地球訪問してんだろうな。

    こんなひろい宇宙で、地球ぼっち、は逆に考えにくい。
    そして、そんな高度な文明をもつ生命体は、侵略なんかしないだろうし。
    侵略するような連中なら、食い合って消えてるだろう
    [ 2013/06/28 01:02 ] [ 編集 ]
  135. 京都の貴船神社はコレより遥かに古いUFO伝説の神社なんだが、外国人は知らないかもね
    [ 2013/07/13 09:54 ] [ 編集 ]
  136. これ中国や東南アジアの方の意見聞いてみたいな
    罪人の島流しの可能性もあるだろうし
    [ 2013/07/25 17:45 ] [ 編集 ]
  137. 矢追がでてきて
    あかんやつやーーーーって。
    [ 2013/08/28 03:18 ] [ 編集 ]
  138. >挨拶代わりに光るピースサインをしてくる人

    初音ミクのネギ型サイリウムを何故か連想した
    [ 2013/11/28 11:28 ] [ 編集 ]
  139. ってか日本の一部民族はシュメール人って濃厚なんだけどね。
    鮮人が捏造のために盗んだ双体地蔵とシュメールの双体像が
    そっくりなんだよね。そしてとある県には双体道祖神が
    たくさんあって、その件の有名な社には、天皇家から
    奉賛金がでているし。
    シュメール文字の石版も日本の近海で発見されているし。
    天狗なんかもシュメール人である可能性があるね。

    似たような説に、失われた10支族のひとつが日本に来てるとか
    日ユ同祖論とか、日本の三大神器の鏡に
    ヘブライ文字で書かれてるとか、かなり信憑性高い。
    またシュメール地あたりのイラクのフセインも
    日本天皇と同じ16菊花紋の腕輪つけてたし、
    日本人には少数だけど、中国や韓国にはいない
    天然パーマや耳の中が湿っているタイプがいるし。
    調べてみると、納得するよ。
    [ 2013/12/19 11:18 ] [ 編集 ]
  140. DNA調査からシュメール人が日本に来た説は崩れちゃったよ。

    ところで「うつぼ船」
    釜というより,ドンブリに似てると思う。
    [ 2014/12/22 14:18 ] [ 編集 ]
  141. 面倒がいやで見なかったことにしたとこだけが印象に残るww
    [ 2015/04/16 20:07 ] [ 編集 ]
  142. 澁澤の「うつろぶね」って伝承に基づいてたんだね
    知らなかった
    [ 2015/04/19 04:21 ] [ 編集 ]
  143. 出雲の白兎‼=地球外生命体!!て事英語で発言してあげて!!
    [ 2015/04/21 00:03 ] [ 編集 ]
  144. 京都の鞍馬寺の魔王尊は僕は金星から来ましたよってはっきり言ってるんだけど
    ttp://buzzap.jp/news/20130708-kuramayama-walking/
    [ 2015/07/18 10:21 ] [ 編集 ]
  145. 宇宙には『波動』というエネルギーがあって、それが自分(体)と一緒になった時、UFOと遭遇する。

    PM9時。仕事帰り。疲れたなぁ、とふっと見上げた前方100メートル。

    暗闇の上空に、忽然と金色の鳥が両翼を大きく羽ばたきながらふわりと舞い降りて来た。

    えっ、何!?数秒間静止。まさか、そのまま、また、飛び去って行くわけじゃないよね…と思った時、再び両翼を大きく数度かき夜空を駆け抜けていった。

    現代、空を飛ぶ物体と言えば、飛行機、ロケットなど金属の塊。自由に翼を羽ばたかせ、駆け抜けていく存在との遭遇に『いよいよ人は信じない…』と悶々とした日を過ごした数日後、出会った『波動』の本。そこには、どんなものにでも、自由に形を変えられる、とあり納得。あぁ、あんな飛び方をしてもよかったんだな、と。

    過去4度の遭遇。いずれも形は異なるが、その存在を確証した出来事。

    いつも、私たちの上空にいる。ただ、波長が合わなければ見ることは出来ない。


    [ 2015/07/27 12:17 ] [ 編集 ]
  146. 馬鹿は自分の見たいものを見る。
    [ 2015/08/04 12:14 ] [ 編集 ]
  147. 馬鹿はなんにでもケチをつけたがる。
    [ 2015/08/04 13:36 ] [ 編集 ]
  148. OH、スゴイ!!

    広大な宇宙。UFOはいると思っているが、遭遇したことはない。これまで、いろんな形の情報は見聞きしたよ。でも、これは、スゴイ!!ビューティフルふるえるねェ!!

    波動か…。


    [ 2015/08/05 18:53 ] [ 編集 ]
  149. なんか線がマジックで書いたみたいに見えるんだけど
    [ 2015/11/27 17:26 ] [ 編集 ]

  150. 宇宙には種と文明の存続の危機を乗り越え、究極まで文明を発達させた人々が

    地球へ飛来したと考えたら、人類もそこまで到達して他の星系まで往き来出来るまで

    存続して欲しいと思う。
    [ 2016/01/09 05:59 ] [ 編集 ]
  151. ■日本にはピンク色の髪の毛を持つ人、ウサ耳をつけた人、
     挨拶代わりに光るピースサインをしてくる人(※何でしょう?)もいる。

    「ナースウィッチ小麦ちゃん」を想像した。
    違うかなぁ
    [ 2016/04/17 01:13 ] [ 編集 ]
  152. 土偶は宇宙服。シュコー、シュコー、
    [ 2016/04/17 01:27 ] [ 編集 ]
  153. 801801www
    [ 2016/04/17 02:55 ] [ 編集 ]
  154. この人、所持品を調べればわかったのに。

    「私は、イスカンダルのスターシア❗」
    [ 2016/04/17 15:25 ] [ 編集 ]
  155.   
    お天道様見てるというのも、こういうのが元だったりしてなw
    [ 2016/04/17 22:51 ] [ 編集 ]
  156.  宇宙人と言うよりは、未来人ではないか?
    [ 2016/04/18 19:59 ] [ 編集 ]
  157. 徳川家康に会いたいと宇宙人が会見を求めた話、彼が駿河城に早々と隠居したのは宇宙人が怖かったからではないのかと思っている
    [ 2016/04/21 23:53 ] [ 編集 ]
  158. ピースはバイクのあいさつのことかな?
    [ 2016/05/05 20:14 ] [ 編集 ]
  159. 本文最後にあるホーキング博士の言は科学者の言葉とは思えない
    人類基準の時間尺度で決め付けてる
    何事も短絡的な決め付けはよくない
    この人への疑問
    この人は単に誰かの人形ってことはないのか
    [ 2016/05/11 01:09 ] [ 編集 ]
  160. アニメキャラの設定書が遠い未来でみつかったときも、こんな反応になっているのかな。
    [ 2016/07/30 23:04 ] [ 編集 ]
  161. 江戸時代のSF小説じゃないの?
    [ 2016/09/16 17:54 ] [ 編集 ]
  162. 浦島太郎の"亀"は"空飛ぶ円盤"の比喩だよな
    [ 2016/10/03 23:38 ] [ 編集 ]
  163. >>[よみうり]で配布去れてる処に注目シテヨ、識字率の高さや、情報統制が少なく、自由伝達去れてる[庶民文化]の質の高さに(呆

    [鎖国政策]の統治下だから、[事なかれ]貫いた処も日本人っぽいじゃん、同じ鎖国下でも[オランダ人捕らえて奴隷にする]よりマシダロ?(失笑
    [ 2016/11/08 11:49 ] [ 編集 ]
  164. 竹取物語というSF小説、鳥獣戯画という漫画がすでに大昔にあった日本だ、
    江戸時代にも矢追のような人物やムーのような書き物があってもおかしくない、そして大槻教授のような人も
    [ 2016/12/08 05:48 ] [ 編集 ]
  165. これは本物のUFOって言われているやつだよ
    円盤というか乗り物に書いてあるのが、示しているとされる
    日本だけじゃないんだけどね、コンタクトの記録って
    [ 2017/01/02 20:40 ] [ 編集 ]
  166. この「うつろ舟」について詳しく書いてあるブログ。
    長いけど読んでみて (/・ω・)/

    「江戸時代の浮世絵にUFO!?うつろ舟の謎」

    ザックリいうと
    ・沖の大型船から何らかの理由で小舟に乗って(乗せられ?)て浜辺に漂流
    ・あの絵は舟を真正面から描いたらしい
    ・縮尺はてきとー
    ・海辺近くの集落に漂流者調査に役人も来ていた
    ・その時の報告書の簡単な絵が独り歩き
    [ 2017/02/14 13:00 ] [ 編集 ]
  167. ガラス窓のある鉄製の船は当時はなかったはずだが…
    [ 2017/02/25 19:37 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ごあいさつ


人気ブログランキングへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
おすすめサイトさま

日本視覚文化研究会
ニュース速報まとめ桜
ニュース速報まとめ梅




管理人:ニャン吉
副管理人:kite

月別アーカイブ
人気の記事(PC)
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
アクセスランキング

スポンサード リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランダム記事





ブログパーツ アクセスランキング