パンドラの憂鬱

Powered By 画RSS



海外「魂を持つ唯一の武器」 名匠の日本刀造りの光景に外国人感動

今回は日本刀の刀工の一派、月山の刀匠である、
月山貞利さんのドキュメンタリー映像から。

動画は全編日本語ですので、詳細は映像をご覧ください。

それではさっそく動画のその反応をどうぞ。


Japanese Swordsmith Gassan Sadatoshi 1

Part2こちらから






■ 日本刀を知る上で動画は本当に勉強になった。投稿ありがとう! +31 アメリカ 




■ 彼が造りあげる刀は本当に美しいと思う。 +5 フランス 39歳
  



■ 細部の凝りようには素晴らしいものがあるよね。 +23 アメリカ 34歳




■ 何て素晴らしいんだ。日本の刀は比類のないものだと思う。 ペルー


    

■ 素晴らしい!!!
  あの刀を手に入れようとしたら、とんでもない大金が必要なんだろうなぁ。 国籍不明
 



■ 実に見事だ……。
  日本刀を造るというの事は素晴らしい芸術の一つなんだね。 モーリシャス




■ こんなに見事な刀は今まで一度だって見たことがない。 カナダ 34歳




■ 己の人生において、正しい道筋を見出した時、
  人間の創造の力というのはとても素晴らしいものになる。
  この美しいサムライソードの創造という芸術だってそうだ。
  僕は日本の文化が大好きなんだ。
  いつか、天国に行く前に、彼の地を訪れてみたい。 イギリス 53歳




■ 素敵な刀だね。これは完璧な伝統の継承の形だと思うよ。 フランス 20歳




■ 2:50~3:15 刀を鑑定する眼差しから誇りを感じるね :) 
  それは当然のことだと思うけど。 スウェーデン 



   ■ ああいった刀を造る技術と経験があれば、そりゃ誇らしくなるよ!
     職人たちが彼らの仕事に献身的に取り組む姿が大好きだ。
     賞賛に値するよ。そう思わないかい? ベルギー 42歳 



      ■ 完全に同意だ。
        だけど現代ではこんなに気高い武器は必要とされていない。 
        最高の腕を持った職人たちによってしか作られないんだ。
        人生を捧げる道の一つとなっている。
        でもそれもブシドウの一つの形なんだろうと思う。 イギリス 40歳 



■ どうして俺はあと300年早く生まれなかったんだろうか? +3 ドイツ 21歳




■ 25,000~30,000ドルなんだ。想像してたよりは安いな。 ドイツ 32歳




■ 日本刀のように優れた刀は、有史以来他にないだろうね。 カナダ 34歳




■ 開始30秒で「評価する」ボタンを押してたぜ……。
  彼らが造りだす刀はとにかく美しい。 国籍不明




■ 驚いたよ。本当に美しい姿をした刀なんだね :) アメリカ 50歳




■ 甘やかされたこっちでの生活なんて捨てて、あそこで生活を送りたい。 オランダ



 
■ ガッサン作の刀よりも美しい見た目をした刀は見たことがない。 ノルウェー




■ 美しいし、完璧としか言い様のない出来栄えだよね。お見事の一言。 ドイツ




■ この刀が売られてる場所を探してみたんだけど見つからなかった。
  もし日本に行けば見つけるor買うことが出来るんだろうか。  
  彼らの刀になら大金をつぎ込んでも構わない。 シンガポール 30歳 




■ 彼が作業をしているあいだ、彼の表情だけを見てしまった。素晴らしい。 イタリア




■ 人を傷つける為に造られたものとしては、あまりにも美しすぎる。 アメリカ




■ 日本刀はどんな刀よりも圧倒的にエレガントで、
  機能的で、そしてハッとするほど美しい。 +27 アメリカ 22歳




■ カタナ、人を死に至らしめる道具だが、それでもなお、美しい芸術だ……。
  俺と同意見の人はサムズアップしてくれ。 +59 アメリカ 23歳




■ ワオー、日本刀は美しいし、妖艶さすら感じられるね! フィリピン 




■ ありがとう(原文ママ)
  カタナは、それ自身が魂を持つと考えられる唯一の武器だよね。
  ガッサンが生み出すカタナは本当に傑作だよ。 メキシコ




■ 動画を観てる間、もう少しで泣きそうになっちゃったぜ……。 アメリカ 35歳   




■ 彼らの刀を一日中見てられるし、それでもまったく飽きない。
  いつか自分自身の手で日本刀を作ることを熱望してるんだ。
  日本の文化は概して、僕を魅了させるんだよね。 国籍不明 




■ まるで別次元の世界のことみたい……。
  彼の仕事ぶりが大好きだ。本当に大好きだ! アルゼンチン



 
■ この動画を観てると、秘密の世界を覗くことを許されたような気分になる。 アメリカ




■ 長い長い伝統だ。そしてこの伝統は、これからも引き継がれていくんだろう。 ドイツ



   

ご覧のとおり、「美しい」という単語が本当に多かったです。
本当に、武器としては美しすぎますよね。



関連記事
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑皆様の応援が、皆様が考えている以上に励みになります。
[ 2012/09/08 23:01 ] 文化・歴史 | TB(0) | CM(231)
Powered By 画RSS
  1. 職人って本当に格好いい

    前に見たドキュメンタリーは跡取りがいなくて、刀匠見習いに白人さんがいた。
    彼らが素晴らしい名匠になるかも近いんだろう

    失われないで欲しいね
    [ 2012/09/08 23:10 ] [ 編集 ]
  2. 300年も遡らずとも侍はいたんだよ~
    外国人の中では300年前なのかな
    [ 2012/09/08 23:12 ] [ 編集 ]
  3. 刀身に彫るのは嫌いだな
    武器だけど美しいから価値があるのであって
    芸術品で美しいんなら他にいくらでもあるやん
    [ 2012/09/08 23:14 ] [ 編集 ]
  4. ※3
    わかる
    道具には道具の機能美みたいなのがあるよね

    最近でいうなら痛車みたいなもんか?違うかな?w
    [ 2012/09/08 23:19 ] [ 編集 ]
  5. 彫刻の蛇足感が半端じゃない
    [ 2012/09/08 23:20 ] [ 編集 ]
  6.  
    某国の士官学校に知り合いがいるんだが、日本刀を欲しがっている。実家にいいのがあるから任官祝いにやってもいいが、サーベル拵えにしたほうがいいのかな。
    [ 2012/09/08 23:21 ] [ 編集 ]
  7. 刀身に彫刻を彫るのはただ美術品としての価値があるだけで、武器としてはどうかなって思う。
    でも侍がいなくなって、日本刀が美術品としてしか生き残れなくなったんだろうな。
    [ 2012/09/08 23:23 ] [ 編集 ]
  8. >>4
    ぶっちゃけると「物打」以外は刃が無くても関係無いから。
    機能美を見る為には、機能を知らなきゃならん。
    [ 2012/09/08 23:23 ] [ 編集 ]
  9. やっぱな
    彫り紋がなー
    [ 2012/09/08 23:30 ] [ 編集 ]
  10. 何かに特化してそれを目的だけにした物は美しい



    [ 2012/09/08 23:32 ] [ 編集 ]
  11. 欧米にレプリカじゃない西洋剣を作ってる人っているのかな
    そういう人はナイフとかの職人になってるのかね
    [ 2012/09/08 23:36 ] [ 編集 ]
  12. 彫刻に機能美が~とか文句言うてる奴が一杯いるけど実際の当時の刀には鍔や柄に装飾されまくってたんだが
    [ 2012/09/08 23:37 ] [ 編集 ]
  13. 彫ってるのは刀身を少しでも軽量化するためだって聞いたことあるけど違うのかな? 
    実戦で使ってた頃の名残みたいなもんじゃないのかしらん。
    [ 2012/09/08 23:45 ] [ 編集 ]
  14. たまに東京国立博物館にいくけど常設展で日本刀がある。
    展示対象は色々ローテしていて、あまり数多くは見れないが本当に美しい。
    700年台の刀剣とかきれいに残っているのを見ると日本で生まれてよかったと思う。
    [ 2012/09/08 23:46 ] [ 編集 ]
  15. >カタナは、それ自身が魂を持つと考えられる唯一の武器だよね。

    いや そんなことはありません
    他にもいっぱいあるぞよ
    [ 2012/09/08 23:52 ] [ 編集 ]
  16. 真剣はホント高い・・・
    一番安いのでも軍刀系で20万以上・・・

    やっぱ敗戦時の影響で刀鍛冶自体がほとんど居なくなったのが痛いな
    [ 2012/09/08 23:52 ] [ 編集 ]
  17. ※6
    せっかく「日本刀を」欲しがっているんだから、そのままあげる方が喜ばれるのでは?
    [ 2012/09/08 23:53 ] [ 編集 ]
  18. 今日備前長船の刀剣博物館行ってきたとこだからすげぇタイムリーw

    剣鉈は持ってるけど真剣も欲しくなっちまったw
    [ 2012/09/08 23:57 ] [ 編集 ]
  19. ※14
    ちょっと前に上野でやったボストン美術館の展示の中にも日本刀があったけど、もし国内にあったら重文クラスと思われるものばかりでしたよ。
    [ 2012/09/09 00:04 ] [ 編集 ]
  20. 刀匠って300人ぐらいいるらしいな、その内2割ぐらいが刀だけで飯食って生けるらしい、この月山とか天田昭次とか人間国宝は一本数3百万ぐらい~で数千万の物も有るみたい、無名の刀匠だと30万~50万ぐらいで作ってくれるらしい
    [ 2012/09/09 00:06 ] [ 編集 ]
  21. サムライソードって言われると急に安っぽくなるな
    [ 2012/09/09 00:09 ] [ 編集 ]
  22. まともな刀工って月山しか残ってないのかな
    [ 2012/09/09 00:12 ] [ 編集 ]
  23. 刃物の有名所には残ってる
    [ 2012/09/09 00:14 ] [ 編集 ]
  24. 刃に龍とか仏とか文字や梵字彫るのは、なんか平和な時代のDQN趣味みたいでなあ。
    [ 2012/09/09 00:14 ] [ 編集 ]
  25. >>22
    他にも何人も居るだろうけど恐ろしく少ないのは間違いない

    ・・・需要がないんだし・・・
    せめて戦前並みの需要があればイロイロと刀工も出てきて値段も安くなるんだろうけどさ・・・
    [ 2012/09/09 00:17 ] [ 編集 ]
  26. 漫画とか時代劇でしか刀知らないんだろ
    [ 2012/09/09 00:17 ] [ 編集 ]
  27. ウリたちが未開人に教えてやったニダ!
    [ 2012/09/09 00:18 ] [ 編集 ]
  28. もっとシンプルで美しいカナタが好きだ。
    なんだか、ど派手な袈裟の坊主に見えてしまう。
    [ 2012/09/09 00:19 ] [ 編集 ]
  29. 熊本の荒尾に斬る事に主眼を置いた刀を打つ刀匠がいる
    いつか俺の刀を打ってもらうのが夢だ(お値段100万から)
    [ 2012/09/09 00:20 ] [ 編集 ]
  30. 地元に人間国宝の刀匠がいたということを最近知った
    もう亡くなられてしまったが現代にもまだそういう人がいるんだなぁ
    [ 2012/09/09 00:24 ] [ 編集 ]
  31. >>15
    道具が魂を持つだけなら日本では銃であろうとミサイルであろうと魂を持つわな
    刀の場合は持ち主の魂が宿る(分霊?)というが
    [ 2012/09/09 00:25 ] [ 編集 ]
  32. 彫刻はどうかと思ったけど
    あそこまで繊細な堀を見せられるとは・・・
    [ 2012/09/09 00:26 ] [ 編集 ]
  33. 身内贔屓なところもなくはないがそれにしても日本刀は美しいよね
    [ 2012/09/09 00:28 ] [ 編集 ]
  34. 米17
    白鞘なんだよ。
    [ 2012/09/09 00:28 ] [ 編集 ]
  35.  
    刀をつくる鉱物を錬成するのが大変って聞いた事があるけどどうなんだろうな。
    職人が食ってく為には需要が少ないのが痛いんだろうなあ。自衛隊とかの高級士官辺りに配給するとかしたらいいのに。
    こういう技術もいつかロストテクノロジーになる日がくるんだろうなあ。
    [ 2012/09/09 00:30 ] [ 編集 ]
  36. 昔漫画で月山って知ったなあ。るろうに剣心より前に逆刃の刀をネタにしてた。
    [ 2012/09/09 00:33 ] [ 編集 ]
  37.  
    ※8
    物打ちだけ刃ってのは極端すぎるよ
    据物斬りのモノによっては刃元から刃先までを使って引き切りしなきゃ両断できないものもある

    多分無いけど実戦なら篭手打ちに刃先は必要だし、刃元で圧し切ることもあるだろうし、刃のあらゆる部分を使うと思う
    無論刃先は突きに必要だしね

    彫り物は血が入ったら拭きにくそうだからあまり好きじゃないな
    [ 2012/09/09 00:33 ] [ 編集 ]
  38. ※24
    金持ち外人コレクターがお客さんなんだろ、外人受け良さそうじゃないかw
    美術館に飾るのにも派手なほうが何かと目を引くだろうし
    新参の刀はデコレーションしないと古刀の風格に負けてしまうw
    [ 2012/09/09 00:39 ] [ 編集 ]
  39. >>35
    玉鋼を現在精錬できるのは世界中探しても日本のとある企業1社のみ

    しかも3日3晩ぶっ続けで砂鉄と炭を10トン単位で突っ込み続けて1トンの玉鋼が出来れば良い方とか・・・

    自衛隊も幹部の正装にサーベルが付くんだからそれを日本刀に置き換えて欲しいけど・・・・予算がねぇ・・・・
    「しらせ」みたいに文科省から予算引っ張ってくれれば良いんだけどw
    [ 2012/09/09 00:42 ] [ 編集 ]
  40. この刀1本で1年かかったと言ってるから2000万ぐらい取らないと赤字だろ。
    [ 2012/09/09 00:44 ] [ 編集 ]
  41. 刀匠が少なくなったから高いわけではないよ。元々武士でもなかなか買えないくらい高いんだから。
    [ 2012/09/09 00:49 ] [ 編集 ]
  42. ※40
    1年に1本しか作らないならね
    [ 2012/09/09 00:49 ] [ 編集 ]
  43. 刀身に模様が入ってるのは下品だと思う。
    [ 2012/09/09 00:57 ] [ 編集 ]
  44. 米39
    儀礼刀にモノホンを使ったら、自分の耳を削いじゃうよ。旧軍の士官でさえ刃引きをしていたくらい。それに重いしな。銃刀法の制約もある。
    [ 2012/09/09 01:01 ] [ 編集 ]
  45. >いつか天国に行く前に彼の地を訪れてみたい。 イギリス 53歳

    待って、早まるなwww
    [ 2012/09/09 01:02 ] [ 編集 ]
  46. ※6
    馬鹿野郎!日本刀欲しがるような外国の人は日本、日本した感じが好きだろうにサーベル風にしたら逆にしょんぼりしちゃうと思うぞw
    [ 2012/09/09 01:08 ] [ 編集 ]
  47.  
    ※36
    やーいやーい、半エロ漫画読み~!
    MEEくん作の小鉄の大冒険(ワニマガジン社刊)だろう?


    俺、今でも持ってる。
    [ 2012/09/09 01:11 ] [ 編集 ]
  48. 米46
    制式の儀礼刀と同じ拵えにすれば、礼装したときに吊っていけるじゃないか。法規上の問題はないそうだ。
    [ 2012/09/09 01:12 ] [ 編集 ]
  49.  
    >>35
    いくつかの古刀は製法は分からなくなってるね
    まあロストテクノロジーというかまあ再現が出来ないってだけだしね
    日本刀は美術品としての名声を得たからまあ大丈夫だよ
    [ 2012/09/09 01:15 ] [ 編集 ]
  50. 本物を見たら美しいなんていってられんぞ

    実物は怖い

    得体のしれないオーラが出てるからスゲー怖いんだぞ
    [ 2012/09/09 01:15 ] [ 編集 ]
  51. 人を斬ることを想定していないからこその彫物だろ
    機能美は実際に使われていた時代のそれに見ることができるんだし、現代刀ならこんなもんじゃないか?
    人間国宝の業を浅い理解で下品扱いとかちょっと…
    [ 2012/09/09 01:17 ] [ 編集 ]
  52.  
    ※36
    つーか、あの漫画知ってるってかなりの年齢なんじゃ…w
    [ 2012/09/09 01:19 ] [ 編集 ]
  53. 刀身に彫り物を入れるのは神や仏の加護を得るためだぞ
    昇り龍は不動明王の加護、みたいに
    何でもかんでもシンプルが伝統とか思うなよ
    [ 2012/09/09 01:27 ] [ 編集 ]
  54. >>49
    だいぶ前のNHKスペシャルで古刀を復活させるってのがあったな

    室町初期辺りの古刀は新刀に比べて不純物が多い為にそれが上手く行って金属強度が高い
    んじゃ、その頃の旧式で低温の炉で精錬すれば復活できる!!

    って感じの流れだった
    [ 2012/09/09 01:32 ] [ 編集 ]
  55. ※36
    >昔漫画で月山って知ったなあ。

    エロ漫画に出てきた奴だっけ。動画にも出てきた初代月山の鬼王丸が
    鍛えた妖刀って設定で、作中では「外刃の剣」って呼ばれてたもの。
    るろ剣の逆刃刀は時代的に新々刀だし、性能は外刃の剣のが上なんだろう
    なぁ。

    >25,000~30,000ドルなんだ。想像してたよりは安いな。 ドイツ 32歳

    現代刀工だったら、無名の刀工の作品なんかの最低額がだいたい100万円
    程度だから、有名刀工でも現代刀工ならそんなもんなんだろうね。

    最高値のつく刀工ともなると、平安時代の小鍛冶宗近が、最低でも6000万円
    くらいする。その中でも名の知られた重文級の作品(三日月宗近とか)が仮に
    世に流出したら、多分ウン十億レベルになるだろうけど、そんな「はした金」の
    為に重文級の刀を売ろうと考えるかどうかはまた別の話。
    日本の年間一般会計予算クラスの金を積まれても売りたくない人も居る
    だろう。
    [ 2012/09/09 01:39 ] [ 編集 ]
  56. まとめサイトで見たけど刀匠って専業で食えるのは半分もいないらしい
    [ 2012/09/09 01:39 ] [ 編集 ]
  57. >  カタナは、それ自身が魂を持つと考えられる唯一の武器だよね。

    「うしおととら」の獣の槍誕生シーンを思い出した
    このコメントはああいう怨念めいたものじゃなくて
    職人の献身的な仕事ぶりを賞賛しているのは分かるけど
    [ 2012/09/09 01:41 ] [ 編集 ]
  58. 彫り物自体どうかと思うが、動画の映し方も刃紋より彫り物をメインに映してるから尚彫り物に嫌悪感が湧いてくるんだと思うな
    海外受けは良いのかもしれないがなぁ、剣術も日本の淡々と型を実演するより、韓国の芯無し巻き藁を切ったり、奇声を挙げながら飛び回る様な見た目だけの真似事剣術のが受けが良い様な物なのかな?
    [ 2012/09/09 01:52 ] [ 編集 ]
  59. 伝統的な刀なのに刀身に彫刻って彫るんだ
    刀のことは良く分からないけど
    刃の煌きだけで十分に美しい気がするけどなあ
    人間国宝が作った刀って国外に流れることってあるのかな
    今なら規制がかかってる気がするけど
    [ 2012/09/09 01:56 ] [ 編集 ]
  60. 名刀は生で見ると凄みのある美しさで、魂を吸い込まれそうになる。妖刀なんて概念が生まれたのもわかるわ。
    [ 2012/09/09 01:56 ] [ 編集 ]
  61. 大韓民国が日本刀の起源です
    [ 2012/09/09 02:08 ] [ 編集 ]

  62. 彫刻は個人的には好きではないが今の時代は実際に使うわけじゃないから
    こういうのもありかもしれないな。

    現代では伝統というのは世界的に見ても近代化されてて当時の状況のまま
    作ることはなくなってきている。こいういうのは残って欲しいね。
    [ 2012/09/09 02:08 ] [ 編集 ]

  63. 大韓民国が日本刀の起源らしいなw

    昔韓国人に「起源はそうなんだ?じゃなんで日本刀って名前なの?」って
    聞いたら「知らない・・・教科書に書いてあった。なんでだろう?」って
    答えたwww
    こりゃだめだって思ってたら、ダジャレのように最近になって韓国伝統の
    呼び方を捏造し始めたwww
    [ 2012/09/09 02:12 ] [ 編集 ]
  64. 侍・剣道も大韓民国が発祥なのはいうまでもない。
    [ 2012/09/09 02:16 ] [ 編集 ]
  65. 本屋で居合道の本が売っていたな。そんな分野の世界があるなんて。
    外国人のお土産に一冊カバンに忍ばせておきたい。
    [ 2012/09/09 02:17 ] [ 編集 ]
  66. はいはい、世界が韓国から孤立しているwww
    [ 2012/09/09 02:18 ] [ 編集 ]
  67. 何か中国語しゃべってるような?
    [ 2012/09/09 02:22 ] [ 編集 ]
  68. 私は日本人ですけれどもどこの国が発祥かなんて無意味な
    議論です
    [ 2012/09/09 02:22 ] [ 編集 ]
  69. 何か海外にトレーズ閣下みたいな事を言ってるヤツがいねぇか?
    [ 2012/09/09 02:26 ] [ 編集 ]
  70. 穴あいてる包丁のほうが
    キュウリとかくっつかないし
    彫刻あったほうが空気が入ってよく切れるんじゃね
    [ 2012/09/09 02:47 ] [ 編集 ]
  71. 日本刀は凄い美しさだけど、魂がどうたらこうたらとかオカルトっぽい話は大嫌いだ
    [ 2012/09/09 02:50 ] [ 編集 ]
  72. 甲伏せ造りなのかしら?
    四方詰めとかでやっちゃう刀工はもう居ないのかな
    [ 2012/09/09 02:52 ] [ 編集 ]
  73. 綺麗な刃だな
    首筋が寒くなる
    [ 2012/09/09 02:54 ] [ 編集 ]
  74. アメリカ人が日本刀でたまに家に進入した強盗の腕切り落としてるな
    [ 2012/09/09 03:07 ] [ 編集 ]
  75. 刀身彫刻は刀工の仕事じゃなくて鞘師とか研ぎ師とかと同じで専門の職人さんが居るんじゃなかったかな。
    彫刻もワンポイントだとキリッと引き締まると思うけど刀身にびっしりだとちょっと傾き過ぎな気がw

    それにしても二尺六寸なんて長い刀だ。
    [ 2012/09/09 03:08 ] [ 編集 ]
  76. サムライソードってださいよな
    日本にしかないんだから変な英語つけないでほしい
    katanaでいいやん
    [ 2012/09/09 03:16 ] [ 編集 ]
  77. ※74
    >アメリカ人が日本刀でたまに家に進入した強盗の腕切り落としてるな

    これまで2~3回くらいその手のニュース見たわ。
    (逆に、アメリカでK国人が日本刀持って強盗したら店主に撃ち
    殺されたってニュースも最近見たけど、銃の普及した社会でわざわざ
    日本刀を強盗やホームセキュリティに使おうと考えるほど、戦力として
    計算されるものらしい)

    室内の様にスペースが限られた場所だと、日本刀も割と銃器に引けを
    とらないくらい実戦的なのかもね。
    狭い場所だと銃器による距離の優位性が失われる上に、兆弾の危険も
    ありそうだし。
    [ 2012/09/09 03:24 ] [ 編集 ]
  78. まず、刀の彫刻について語ってる人が注目するべきは、日本刀は武器として以上の価値があったって所。
    確かに戦場では武器として自らの身を守るためのものだが、日常生活における役割は持ち主の権威の表れであり、一つの美術品だった。
    特に彫り物は当時も高価であった。
    [ 2012/09/09 03:47 ] [ 編集 ]
  79. 道具として見ても芸術として見ても逸話として見ても
    素晴らしい。
    [ 2012/09/09 04:06 ] [ 編集 ]
  80. やたら彫刻に関して否定的な意見が多いけど、それも昔からの伝統
    です。
    古来から美術品的側面を持っていた武器です。
    [ 2012/09/09 04:20 ] [ 編集 ]
  81. とかく後継者不足に悩まされる伝統技能だが刀匠だけは例外的に手を上げる人が尽きないそうだ
    [ 2012/09/09 04:29 ] [ 編集 ]
  82. そら、現代の人が車をあれこれ飾るのと同じように、
    昔の人だって派手な武器を持ちたいと言う需要はあったろう

    もちろん車がそうであるように、刀の装飾にも色々議論があっただろうけど
    その辺は今も昔も変わらないと思う
    [ 2012/09/09 04:38 ] [ 編集 ]
  83. 刀の値段とかでなく持って自慢する金持ちより、理解してる人に購入してほしいな。将来的に国宝扱いされる刀なのは間違いなさそう。親父さん超えてるかもしれん。
    [ 2012/09/09 04:38 ] [ 編集 ]
  84. やっぱり日本刀はカッコイイ
    でも俺は彫りはいらんな
    無骨な方がいい
    [ 2012/09/09 04:44 ] [ 編集 ]
  85. 真剣の先にちょっと触っただけで血が出た。傷はすぐにふさがったけど、恐ろしい切れ味だった
    [ 2012/09/09 04:46 ] [ 編集 ]
  86. 日本刀は美しいなぁ
    彫刻は蛇足としか言い様が無いがw
    [ 2012/09/09 06:04 ] [ 編集 ]
  87. 海外だと彫刻してるほうが人気あるかな。日本だとないほうが人気ある。金あるなら買いたいけど。高いしな。
    [ 2012/09/09 06:05 ] [ 編集 ]
  88. 海外では、現代のサーベル職人とかはいないのかな?
    比較にはならんだろうけど、それはそれで見てみたいな。
    [ 2012/09/09 06:10 ] [ 編集 ]
  89. 俺も旧日本軍の軍刀を数振り持ってる。
    殆ど昭和に作られた刀だけど、俺の様なド素人でも
    5cm程度の木の枝を真っ二つにする程良く切れる。
    これで人を斬るなんて想像できない。
    [ 2012/09/09 06:35 ] [ 編集 ]
  90. *50
    刀を鑑賞すると疲れがドッと出るんだよな
    販売&鑑賞会で30分が限度だった
    鑑賞中は変な汗が出まくりで、
    見終わった後は椅子からしばらく動けなかったわ
    [ 2012/09/09 07:16 ] [ 編集 ]
  91. 打刀も有名になったね、太刀との違いは馬上で使う事を重視してるか否かなのだけども。太平の世になり居合や室内遭遇戦など打刀や居合が重要になってからの時代の方が時代劇などの普及もあって人気が高いですよね。
    [ 2012/09/09 07:18 ] [ 編集 ]
  92. 刀剣展なんかに行くと妙に足が止まるというか、ゾッとする刀あるよな
    ああいうのって実際人斬ったものも混じってんのかな…
    [ 2012/09/09 07:26 ] [ 編集 ]
  93. 姿がいいから彫刻が惜しい気がする。元々は重量の軽減が目的だったって何かで読んだけど。
    しかし空恐ろしいほど綺麗だね。古刀とか実際に見ると魂吸われそうな気分になる。
    蛍丸やにっかり青江の伝説からも、昔から人は刀に神性や魔性を感じてたんだろうなあって思う。
    [ 2012/09/09 08:12 ] [ 編集 ]
  94.  
    鎌倉以降を扱う歴史系の博物館では、まず日本刀の展示があるから外人さんを見かけることもよくあるね。
    [ 2012/09/09 08:39 ] [ 編集 ]
  95. 若い頃は伝統技術を継承する職人に憧れていたけど、物心つくかつかないかの頃からその環境に浸りきって馴染んでいる、骨の髄からの職人の血筋でないとやはり質の劣るものしか作れないんじゃないかと感じて諦めたのを思い出した。
    しょうがないから東大を出て医師を目指すことにした。
    [ 2012/09/09 08:54 ] [ 編集 ]
  96. なんで中国語(?)しゃべってるんだ?
    [ 2012/09/09 08:59 ] [ 編集 ]
  97. ガっさん:彫刻が邪魔? 素人は本当に…w
    [ 2012/09/09 08:59 ] [ 編集 ]
  98. 日露戦役において日本軍の進撃路に立ちふさがる峻険な弓張嶺の山上のロシア軍要塞を攻め落としたのが世界戦史上に名高い弓張嶺の夜襲であって、このとき日本軍は銃弾一発も撃たずに銃剣と士官の軍刀による肉薄斬り込みの夜間奇襲によって陥落せしめた。
    その中でも三浦中尉は月山の銘刀、近江守継平を若い頃にお世話になった連隊長殿から頂いて出陣し、数十名の敵兵・士官を切り倒して先頭を進み、途中敵兵の銃剣を胸に突き立てられて猶そのまま切り倒して進むうちに遂に力尽きたが、今度は若い頃彼にお世話になった軍曹に助けられて奇跡的に生還を果たした。
    大和魂は死生の境においてこそ輝く。
    [ 2012/09/09 09:03 ] [ 編集 ]

  99. ウリ達が教えてニダ!!
    [ 2012/09/09 09:25 ] [ 編集 ]
  100. ※21
    だな。
    それに普通、刀はソードじゃないし。
    まぁ野太刀ならソードと言っても間違いじゃないが...。
    [ 2012/09/09 09:36 ] [ 編集 ]
  101. 日本刀の起源はァァァァァァァァ
    [ 2012/09/09 09:59 ] [ 編集 ]
  102. 端正込めて彫刻が施された刀には神力が宿り
    波紋の美しさのみ研ぎ澄まされた刀には霊力が宿る
    個人的にはそう感じるけどね
    [ 2012/09/09 10:01 ] [ 編集 ]
  103. 彫りない方が個人的には好きだけど技術と精神には感服させられます。
    これからも素晴らしい刀を作り続けて欲しいです。
    [ 2012/09/09 10:04 ] [ 編集 ]
  104.  
    世の中平和なんだから美術品で十分だと思うけどな。重要なのは技術の継承だよ。
    [ 2012/09/09 10:18 ] [ 編集 ]
  105. 装甲悪鬼村正でも月山でてきたな
    [ 2012/09/09 10:19 ] [ 編集 ]
  106. 美しい刀をただ収集するだけでなく
    それにふさわしい風格を持ちたい



    って誰か言えよ
    [ 2012/09/09 10:24 ] [ 編集 ]
  107. もしかしたら彫刻には実用されないように、美術品としてあるように願いが込められてるのかもしれないね
    [ 2012/09/09 10:27 ] [ 編集 ]
  108.  
    彫刻いらんとか言ってる奴は彫刻無しを掘ってもらえばいいんじゃないの?
    オリジナルで。
    まぁ金と保管場所があればの話だけどwww

    彫刻無い方がいい、無骨なのがいいって言ってる奴が何人もいるけど、そもそもお前らに日本刀なんて似合わないんだから余計な心配だつーの
    [ 2012/09/09 10:59 ] [ 編集 ]
  109. 岐阜県の関市には未だ、日本刀の鍛冶職人が居るみたい。
    昔から関市は、日本刀でも包丁でも有名な街なので日本刀の「関鍛冶伝承館」が有るので行ってみると沢山展示してある。
    サイトも有る。
    居合で使用する為に購入する人の需要が大きいのかな?
    [ 2012/09/09 10:59 ] [ 編集 ]
  110. 自分も技術職だけど、伝統技術の世界には進めない。
    リスクが高くて報われなすぎる。
    どうにかならないのかな。
    [ 2012/09/09 11:01 ] [ 編集 ]
  111. 最初は直刀で人を斬ることで、アールが付いたってのは初めて聞いたよ。なるほどと思ったわ。
    これくらいの精巧な技術なら定期的に金属疲労を除去する技も持ってたに違いない。研ぎ直しの度に。
    [ 2012/09/09 11:27 ] [ 編集 ]
  112. 刀身に彫り物入れなくても樋を入れれば軽くなるんじゃないの?
    凝るなら鍔とか鞘とかにしてほしいな。
    [ 2012/09/09 11:29 ] [ 編集 ]
  113. 英字幕ついてないのにコメが英文ばっかw
    刀人気すごいw
    [ 2012/09/09 11:43 ] [ 編集 ]
  114. 確かに彫刻はいらないね。
    殺傷能力と扱い易さを追い求めた先に無駄な彫刻は不要なはず。
    芸術品としてはいいんだろうけどね。


    しかし何でも韓国絡めないと気がすまないアホウヨはどうにかならないもんかね。
    別に止めろとまでは言わないが、書きたいならそういう話題のとこで書けばいいのに。

    [ 2012/09/09 11:55 ] [ 編集 ]
  115. 上質な玉鋼を作る為の砂鉄自体が取れなくなってきてて
    いずれ名刀と呼ばれるものが作ることができない日が来ると
    言われてるよね・・・
    [ 2012/09/09 11:56 ] [ 編集 ]
  116. 刀身の装飾は実用品として必要性がなくなりつつある幕末近くに豪華さ美しさを競う武士の間で流行した。
    その後は輸出用として生産されたため海外では装飾のある日本刀は違和感なく受け入れられている。
    [ 2012/09/09 11:59 ] [ 編集 ]
  117. じいちゃんの家で300年物の刀握った事あるけど、
    美しい以上に恐ろしいって印象しかなかったわ

    これをちょっと振りかぶるだけで
    周りにいるじいちゃんも母ちゃんも殺せちゃうっていう
    その確信的な威力が持っただけで伝わって来たから
    あ、洒落にならんコレ、って感じで
    [ 2012/09/09 13:15 ] [ 編集 ]
  118. 後の事を考えない総理だったなぁ、、、

    後、スピーチはいつもクリントンの行った言葉を
    何故か日本語に翻訳しただけの物が多かった
    [ 2012/09/09 13:29 ] [ 編集 ]
  119. 刀身に彫刻を入れるのは傷隠しだったりする。
    [ 2012/09/09 13:52 ] [ 編集 ]
  120. ※90
    魂吸われとるやないかww
    [ 2012/09/09 13:52 ] [ 編集 ]
  121. ウチの田舎に、日本刀手放したって人がいたな。

    刃に魅入られる…っていうか、精神的に不安定な人間がみると、
    殺人や自殺しかねないから家に災いを呼ぶって理由で…。

    確かに本物を見ていると背筋がゾッとするのがあるよね。
    価値の分からない素人なら待たないほうがいいのかもって、
    思うけど、反面、もったいないなぁ…って当時思ったもんだ。
    [ 2012/09/09 14:00 ] [ 編集 ]
  122. *
    誰か英語の字幕つけてあげれ。
    [ 2012/09/09 14:01 ] [ 編集 ]
  123. うちの近所には日本刀の鞘職人ならいるな。しかし何で鞘だけを作ってるやろか?
    [ 2012/09/09 14:07 ] [ 編集 ]
  124. ※34
    本人に聞けば良いじゃん
    古来の拵えと西洋風のとどっちが欲しい?って
    どうせ保管するのは白鞘なんだしさ
    [ 2012/09/09 14:15 ] [ 編集 ]
  125. 確か医療現場に刀鍛冶が作ったメスやハサミがあるだっけ
    切断面が綺麗だから縫合しやすいとか
    [ 2012/09/09 14:19 ] [ 編集 ]
  126. 彫刻は蛇足かな。
    芸術品として装飾があるのは分かりやすいんだけど、
    なんか合ってないと思った。
    [ 2012/09/09 14:19 ] [ 編集 ]
  127.   
    海外の人ってサムライソード好きだよね
    [ 2012/09/09 14:19 ] [ 編集 ]
  128. 月山って江戸時代から現代まで、
    一貫して切れない、刃毀れする、曲がる、という評価が下されてるのに
    よく道統が絶えないもんだな。
    やっぱり刀は実用性より見た目が大事ってことか。
    [ 2012/09/09 14:24 ] [ 編集 ]
  129. 何で現代では、その当代における妖刀・名刀の称号を得られないんだろうね
    [ 2012/09/09 14:24 ] [ 編集 ]
  130. つかこういう伝統工芸って世襲ばかりだな。
    [ 2012/09/09 14:37 ] [ 編集 ]
  131. 抜刀隊3番

    前を望めば剣なり 右も左もみな剣
    剣の山に登らんは 未来のことと聞きつるに
    この世において目(ま)のあたり 剣の山に登らんは
    我が身のなせる罪業(ざいごう)を 滅ぼすために非ずして
    賊を征伐するがため 剣の山もなんのその
    敵の亡ぶるそれ迄は 進めや進め諸共に
    玉散る剣抜きつれて 死する覚悟で進むべし

    [ 2012/09/09 14:42 ] [ 編集 ]
  132. 彫り物は蛇足以外の何者でもないな、侘び寂びじゃない

    外人さんにんはそっちのが受けがいいんかね? 好かんけど
    [ 2012/09/09 14:47 ] [ 編集 ]
  133. まぁでも元々刀は韓国の文化遺産だし
    侵略した時に日本の物にされたみたいだけど
    [ 2012/09/09 14:56 ] [ 編集 ]
  134. ↑こいつ最高にアホ
    [ 2012/09/09 15:03 ] [ 編集 ]
  135. 刀鍛冶は今需要が少ないし、作刀本数に制限もあるしで、日本刀の値段は上がることはあっても下がることはないだろうね。まあ、作刀制限自体はどう頑張っても達しないぐらいの数らしいけど、粗製乱造が許されていないからどうやっても数十万からになる。
    旧軍の士官クラスだと軍刀に家宝の名刀を用いていた人もいるし、自衛官でもやってるんじゃないかな。
    [ 2012/09/09 15:06 ] [ 編集 ]
  136. 映像見て彫刻に違和感ありまくり
    彫るにしても、もうちょっと面積少なければいいのに
    ま、この人の流儀だし、デコトラとか痛車とか一定数の支持者はいるからね
    [ 2012/09/09 15:09 ] [ 編集 ]
  137.  
    彫刻を嫌う人が多いなぁ
    戦場刀はともかくとして、平安時代から刀には彫刻してるんだぞ
    [ 2012/09/09 15:10 ] [ 編集 ]
  138. 129
    現代の刀は明治~戦後に相当の技術が失われていて、過去の刀剣には及ばないらしい。名刀で比べたことがないからそんな実感ないけど。
    [ 2012/09/09 15:10 ] [ 編集 ]
  139. 刀身を確認していたときに刀が蒼く光っててうおってなったわ
    やっぱり独特の魅力があるよなあ
    [ 2012/09/09 15:13 ] [ 編集 ]
  140. 確かに彫りはちょっとなあ 技術は凄いが
    俺は冷水で濡れたような刀身を眺めるのが好きだ
    [ 2012/09/09 15:39 ] [ 編集 ]
  141.  
    世襲ばかりに思われがちだけど弟子はちゃんと取ってるし育成もしてる。問題は修業期間がほとんど給料無いから遊びたい盛りの若い奴はやめていく。銭儲けじゃないんだよ。技の継承。
    [ 2012/09/09 15:52 ] [ 編集 ]
  142. 素晴らしき職人

    不謹慎ですまないが、ごっつの日本の匠を訪ねて「ひねりっこちゃん」思い出した。
    [ 2012/09/09 16:25 ] [ 編集 ]
  143. 刀身に優雅な刃紋が浮き出る刀剣は日本刀と、今内戦で荒れてるシリアのダマスカス刀しか存在しないという話を聞いた事が。
    中世ではダマスカス刀の製法は門外不出として領主に厳重に管理されてたとか。
    近代になってダマスカス鋼の正確な製法は失伝してロストテクノロジー化。

    大多数の国の刀剣は型に流した鉄を叩いて鍛えただけみたいなシンプルな構造なので、何層もの積層構造で強度を向上させた日本刀やダマスカス刀の構造は次元が違うらしい。
    [ 2012/09/09 16:28 ] [ 編集 ]
  144. 魂を語るならチャラい彫刻なんか入れるなよ
    [ 2012/09/09 17:10 ] [ 編集 ]
  145. 彫刻が無い方が良いって人が多いけど、それよりも
    何本も打って一番良いやつを研ぎにだしてから彫刻って。
    失敗したら全部無駄になっちゃうだろ。
    それを何気なくガンガン彫ってるのにびびったぜ。

    それをさらに最終の研ぎにだすって、
    研ぎ専門の人の絶対に失敗が許され無い感が半端無い。
    [ 2012/09/09 17:55 ] [ 編集 ]
  146. >25,000~30,000ドルなんだ。想像してたよりは安いな。 ドイツ 32歳

    ドイツ人でも買うのは金があれば誰でもできる。けど、維持するのにどれだけの手間と金がかかることか。お前ら、いっぺんバラして拭いて油ひいて柄つけて、そんで研師に研ぎに出してみろ。太刀ほしがってたアメリカンに説明したら即効であきらめたぞ。
    [ 2012/09/09 18:06 ] [ 編集 ]
  147. にわかが日本刀買うとは思えないんだが。
    むこうの人間でも俺らなんかより知識のある人とか
    日本文化リスペクトしてくれてる人おるからなぁ
    [ 2012/09/09 18:30 ] [ 編集 ]
  148. 母親の祖父が京都で刀鍛冶をやっていた。って事を思い出した。
    [ 2012/09/09 19:04 ] [ 編集 ]
  149. 反りって冷やす工程でできるのね
    おもしろいわー
    [ 2012/09/09 19:09 ] [ 編集 ]
  150. 正直に言う、見ててゾクゾクした
    あれは切りたくなるわ
    [ 2012/09/09 19:24 ] [ 編集 ]
  151. もっと高くても全然おかしくないな。
    刀ってほんと美しいけどおっかないよね。ちょっと間違えたら自分の指を失いかねないほどの鋭さ。
    [ 2012/09/09 20:13 ] [ 編集 ]
  152. こんな名刀じゃなくていいから、日本人なら一度は真剣の重量を確かめたいし、振ってみたいよなぁ~。
    [ 2012/09/09 20:32 ] [ 編集 ]
  153. 日本の伝統技術、これからも変わらずに継承されていくと良いよね。
    [ 2012/09/09 20:44 ] [ 編集 ]
  154. 山形の刀匠か……鬼が作ってるとか本か何かで読んだ事あるな
    必要に応じて出来た技術だけど、連綿と継ぎ続けた伝承に神格化してもいいぐらいのドラマ等はあるだろうなぁ
    この事が、国外でも解ってくれるのかが逆に興味があるね
    [ 2012/09/09 20:50 ] [ 編集 ]
  155. 日本刀にかぎらず、いい刃物は見ただけで身体がゾクゾクするよなぁ・・・
    [ 2012/09/09 21:09 ] [ 編集 ]
  156. 職人はどんどんいなくなってくだろうね、残念だが
    [ 2012/09/09 21:11 ] [ 編集 ]
  157. 自分で作れるわけではないが本当に誇らしくなるよ
    理解してくれる海外の人たちももっと色んな日本文化を知ってほしいな
    [ 2012/09/09 21:37 ] [ 編集 ]
  158. 職人や技術者は今、日本からどんどん消えてるんだよね
    安さ&効率重視でどんどん海外に流れていってるし、いや商売だし分かるんだけどね、即結果の出る分かり易いとこにしか金出さないってのも、でも見えないけど培われた努力経験は次の技術を生み出す試金石なんだよね
    [ 2012/09/09 21:38 ] [ 編集 ]
  159. 日本刀は自然な形が賞賛されてるんだから余計な彫りはいらんだろ
    [ 2012/09/09 21:40 ] [ 編集 ]
  160. とても美しい
    ボンネットの先に装着したい
    [ 2012/09/09 21:45 ] [ 編集 ]
  161. 刀身に彫り物入れるのは嫌いだ
    正しい間違ってるじゃなくて、嫌いだ。
    [ 2012/09/09 22:08 ] [ 編集 ]
  162. 1本作るのに1年 ≠ 1年で1本

    動画のPart2に出てるけど、何本も作ったうち良いものを1本選んで銘入りで出すってだけ。他のも廃棄せずに安く売りには出すんだろ。

    彫刻にしても、入ってない安物が大量に出回ってたから入ってないのが普通に見えるだけ。刀に名前を付ける。銘を入れる。職人の自己主張なんて言いだしたキリがないぞ。彫刻だってその一つでしかない。
    [ 2012/09/09 22:29 ] [ 編集 ]
  163. 室町時代の新田義貞でさえ「カマクラ(鎌倉時代)のワザモノに優る
    ものはあるまい」と言ったという。時が過ぎて戦国時代になっても、
    それは武将らの間で定評だったそうだ。

    動画の職人には悪いがこんな模造刀まがいの物ではなく、本物を見てみたいもんだな。その鎌倉期の業物とやらを。
    ああ、備前長船・・・。
    [ 2012/09/09 23:03 ] [ 編集 ]
  164. 彫刻、って言っても正倉院にある七支刀とか知らんのかね?
    チャラいとかアホか。

    一本百万円以下で出回ってる刀はいわゆる「習作」なんだってな。
    (悪い言い方をすれば、不出来な品。失敗作)
    数百万クラスでそれなりに出来のいい作品。
    刀匠が納得のいく出来の一振りというのは一千万、二千万以上だと聞いたことがある。
    [ 2012/09/09 23:04 ] [ 編集 ]
  165. 刀身に彫刻があるのはあまり好きじゃないな。
    刀身だけで既に完成された美であり、蛇足だと思う。
    [ 2012/09/09 23:11 ] [ 編集 ]
  166. >確かに本物を見ていると背筋がゾッとするのがあるよね。

    加門七海のエッセイの妖刀の話を思い出した。
    本物の妖刀はすごく美しくて陽気なんだそうな。
    その陽気にあてられると
    「この美しい刀で人を切ったらどんな気持ちになるだろう?」
    って暴れちゃうらしい。

    人殺しの道具なんだからゾッとするのが正解なんだろうね。
    [ 2012/09/09 23:35 ] [ 編集 ]
  167. 確かに俺も、動画を見た時は彫刻なくて良いと思ったけど。

    あ、でも、織田信長が愛用した刀だったとしたら、
    ど派手な赤鞘から突拍子もない彫刻をほどこした刀身が出てきそうな気がしてきたよ。

    歌舞伎者って居たんでしょ。
    意匠を凝らした鎧兜と旗指物を担いでとにかく目立とうと・・・。
    当時の侍たちは、戦場で「綺羅を飾る」ことに腐心していたんだよね。

    「侘び寂び」「機能美」だけが日本の美意識では無いのだから、これはこれで、いいんでないのと思えてきた!


    「お前それ日光東照宮でも同じ事言えんの?」
    [ 2012/09/09 23:37 ] [ 編集 ]
  168. 観光客が多い通りにある古物商のオヤジに聞いた話
    最近は若い娘さんも店を覗いて行く事が多くなったらしいが
    壁に掛けてある真剣を「わーすごーい」とかいって手に取ったかと思うと
    いきなりずらりと抜いたのでけっこうあせったらしい。
    なので今は柄と鞘をコヨリで縛ってあるそうな
    [ 2012/09/10 00:00 ] [ 編集 ]
  169. 装甲悪鬼村正で知った奴は俺以外にもいるはずw
    [ 2012/09/10 00:13 ] [ 編集 ]
  170. 動画を見終わった後、続きは無いものかと思い「musashi port2」ってやつをみたのな。

    中身チョンだった。でも漢字で武蔵と書いた動画になってる。せっかくいい気分だったのに。本当にリアルで成りすまししてるんだと知ってしまったよ。救いだったのは米欄で外国人が偽物だと指摘していた点ぐらいかな。

    Port2での刀作りも途中まではまともに鉄を打ってるのに、最後に金やすりが出てきてゴリゴリ削ってる。出来上がった波紋は波形がぐちゃぐちゃで美しくない。まぁ、ホントにしょうもないことをしてるねあの国の人達は。

    あんな映像をがんばって作れるんだから、映像一本で勝負すればいいのに。
    [ 2012/09/10 00:15 ] [ 編集 ]
  171. なぜここまで賞賛されるのか
    これは下品な刀だ
    [ 2012/09/10 00:26 ] [ 編集 ]
  172. 韓国が日本刀の起源と主張してますが…
    造れもしない、使えもしないものの起源を主張しても滑稽なだけ

    向こうの剣道だか何だかの動画を見ましたが、術理を理解せず
    只々体を格好よくダンスしてるだけ、
    あれでは、人はおろか置いたスイカすら切れないでしょうね

    製造にしても、先ず玉鋼すら知らず、鋼一つで語ろうという輩も存在するしまつ、とても話にならないレベル
    語るに恥という概念がない証拠ですね

    [ 2012/09/10 00:27 ] [ 編集 ]
  173. ※164
    刀身彫刻自体は日本刀の黎明期から有るよね。
    古い時代はシンプルだったけど安土桃山とか元禄になると時代を反映して派手目に。
    動画の刀はどう見ても居合や抜刀でざくざく物を斬る用じゃない美術工芸品だからこういう雅な彫刻も「あり」だと思う。

    >>一本百万円以下で出回ってる刀はいわゆる「習作」なんだってな。
    「影打ち」と「真打ち」だね。
    日本刀由来の言葉も意外と多い。
    [ 2012/09/10 00:29 ] [ 編集 ]
  174. こういう日本独自の、他には上辺だけで真髄までは真似出来ないような文化は、大事にしていきたいな。

    外国人のコメントでなんだか泣けてきたよ。
    言葉は分からなくても、ちゃんと伝わるんだなぁ。
    [ 2012/09/10 00:40 ] [ 編集 ]
  175. 珍重されるのは大陸の物とは違った方向で洗練されてるからだろうな
    武器や防具は歴史的文化的な遺産としても魅力的に映りやすいだろうし
    [ 2012/09/10 01:05 ] [ 編集 ]
  176. 確かなことは・・・彫刻云々言ってる方々は素人で彫っておられる方はプロなんだけどな。
    [ 2012/09/10 01:18 ] [ 編集 ]

  177. ゴロヴニン『日本幽囚記』
    鋼製品はどうかといふと、日本の大小刀は、おそらくダマスク製を除いて、
    世界中のあらゆる同種の製品を凌駕している。
    それは極端な試練に堪へる頑丈なものである。
    鋼その他あらゆる金屬の研磨にかけては、日本人は一頭地を抜いてゐる。
    彼らは金屬の鏡まで作るが、それはガラスの鏡と同様に立派に反射するのである。
    われわれは日本の指物や大工道具をたびたび見たが、それは丈夫さから云つても、
    仕上げの美事さから云つても、イギリス製に劣らない。
    [ 2012/09/10 02:00 ] [ 編集 ]
  178. すごいんだけど、こういうのを目の敵にして丸パクリして起源主張するのが近くにいるんだよなあ・・・
    いかにも連中のターゲットに好適な文化だ。
    [ 2012/09/10 03:12 ] [ 編集 ]
  179. 日本は韓国に謝罪と賠償するべきだ。
    勝手に韓国の伝統文化を日本の物と言って外国人騙しているんだから。
    [ 2012/09/10 04:14 ] [ 編集 ]
  180. ※179
    毎日のご活動、御苦労さまでっす。

    しかし、人生において、これだけ誇りを持って仕事ができたら素晴らしいだろうね。
    自分の全てを傾けたいと思えるような何かに出会えたらなぁ。
    [ 2012/09/10 06:18 ] [ 編集 ]
  181. ※179
    はいはい、起源捏造はもう飽きたから。
    [ 2012/09/10 06:38 ] [ 編集 ]
  182. 海外の美術館で日本刀展をやると成功しそうだね。
    自分は名古屋市内の徳川美術館に展示されている刀をよく見に行くよ。
    良し悪しの区別はわからないけどなんとなく「これいいな」ってのがあるよね。
    [ 2012/09/10 06:41 ] [ 編集 ]
  183. 彫刻云々だけど、
    名より実を取るのが現代日本人の精神性なのかもよ。
    バブルの頃なら違う意見が多勢だったかもな。

    オレも最初はいらんと思っていたけど、
    ここまで※を通しで見た結果、考えが変わった。
    実があって当たり前で、
    名もあるのなら美やその他付随する価値(云われとか)も
    欲しいような気がしてきた。

    まあ所有者にも実は必要だがな。

    彫刻がいらんというのは謙虚でもあるのかなw
    [ 2012/09/10 06:47 ] [ 編集 ]
  184. 刀剣としての能力は動画のような今の日本刀が模範としている江戸時代後期のものよりも鎌倉~室町時代のものの方が明らかに高いとのこと。
    しかしながら芸術性や精神性というような権威をもってこの日本刀こそ能力も最高という風潮が作られたことで、
    例えば戦前そういった日本刀に殆ど引けを取らない性能をもった大量生産の軍刀などが、
    「折れやすい」だのとレッテルを張られ軽視されてきたのだという。

    芸術とは権威付けの歴史であるのはやむを得ない現象だが、
    もしそのために本来日本刀が築いてきた改良の歴史さえ贄とされてきたのが事実なのだとすれば、
    これまでは道具としての本分が宙に浮いた状態で「日本刀はすごい」などと考えてきたピエロのようなもので、非常に切ない。

    少々長いが日本刀に興味があるならぜひ読むといいよ。
    一晩かかったわw
    http://www.k3.dion.ne.jp/~j-gunto/gunto_028.htm
    [ 2012/09/10 06:59 ] [ 編集 ]
  185. あーこのページだけでも面白いかな。
    http://www.k3.dion.ne.jp/~j-gunto/gunto_033.htm
    何が正しいのかはわからないが現代の日本刀と対になる非常に興味深い話。
    [ 2012/09/10 07:06 ] [ 編集 ]
  186. 刀は錆びやすいから、へんな飾りあると管理が大変。
    油紙に包んでしまってるならまだしも、実践で使うなら彫刻なんてないほうが絶対いいにきまってる。
    錆びが出たら研ぐしかないから彫刻あるとそこから錆びがはいるよ
    [ 2012/09/10 10:54 ] [ 編集 ]
  187. 日本刀はロマンなり
    [ 2012/09/10 11:34 ] [ 編集 ]
  188. 刀が生き残る道といったら
    ・海外の金持ちに売る
    ・日本政府が技術者の保護、跡取りの育成
    のどちらかか両方だからな~・・・
    刀鍛冶の技術なんておいそれと身に付くような物じゃなくて
    何十年も修練を重ねた結果習得するものだから
    生半可な覚悟でなれるものでもないし・・・

    愛国教育ではないけど、こういう伝統文化専門の授業
    を日本はするべきだと思うんだけどな~・・・
    [ 2012/09/10 12:06 ] [ 編集 ]
  189. お前ら語りすぎ

    全部読むのに手間取ったわww
    [ 2012/09/10 13:10 ] [ 編集 ]
  190. 2:00辺りの刀眺めるシーンでヒヤリとしたわ
    本物見た事ある奴ならわかると思うけど自分側に刃を向けるのがどれほど怖いか
    始めて鞘から刀抜いて見せて貰った時は柄を持っただけで震えたもんだ…
    [ 2012/09/10 13:23 ] [ 編集 ]
  191. 人を殺せる道具、場合によっては使用済みという部分に一番の魅力を感じるかな。
    人を斬ったらどうなるのか?刀を使って戦うのはどんな感じか?
    そのあたりは銃を実際に撃ってみたいって感覚と通じる部分でもある。

    とは言え、刀とか銃などの価値ある骨董品などは
    見た目の美しさとか歴史や由来などの部分も素晴らしいけど。
    [ 2012/09/10 14:13 ] [ 編集 ]
  192. ck
    需要と供給からそうなっているだけで
    買いもしないのにケチを付ける筋合いは全くないわな。
    [ 2012/09/10 14:25 ] [ 編集 ]
  193. 大事に作られたものや使われたものには皆魂が宿るのだと思いたいので「魂を持つ唯一の武器」って言い方はヤだな
    [ 2012/09/10 14:32 ] [ 編集 ]
  194. 子供の頃にヒーロー的な憧れで日本刀握らせてもらった事あるけど
    残念ながら間違いようもなくただの殺人道具だからな、アレ
    はさみや包丁は使っても何も問題ないけど日本刀使う=犯罪者だし
    昔の俺は持たせて貰ってすぐに気持ちが消沈して速攻で返してしまったわ

    あんなのが平然と使われてた時代があったとかマジで恐ろしい
    平和な世の中に生まれて良かったと思ったわ
    (刀の美術的価値は非常に高いとは思ってる)
    [ 2012/09/10 14:52 ] [ 編集 ]
  195. 日常生活の中で本物の殺意を感じる機会なんて殆ど無いけど
    日本刀はその殺意・殺人を前提に効率化を目指して
    あの形状が完成している訳で、その殺意ありき・殺傷前提の
    デザインっていうのが子供心的に恐ろしかったんだろうなと思う
    [ 2012/09/10 15:01 ] [ 編集 ]
  196. 武器としては三流かもしれんが
    芸術品と考えれば外国の無骨な武器よりは素晴らしいね
    [ 2012/09/10 16:40 ] [ 編集 ]
  197. >ただの殺人道具だからな、アレ
    平和な時代にずっと差してた理由も知らんのか

    [ 2012/09/10 20:34 ] [ 編集 ]
  198. 完全に美術品に染まった精神性も糞もない日本刀より
    COLDSTEELのKATANAの方がまだ欲しいわ
    [ 2012/09/10 21:00 ] [ 編集 ]
  199. 刀に彫刻するのが芸術的価値を下げるなんて滅相もないが、
    彫刻でせっかくピッカピカに磨いた部分が減るのは寂しい気もする
    [ 2012/09/10 21:13 ] [ 編集 ]
  200. 一人一振持たせるようにすれば鍛冶屋も困らんな。
    [ 2012/09/10 22:10 ] [ 編集 ]
  201. その刀は韓国から持ち出された物だ。
    チョッパリに刀なんて打てっこ無い。
    [ 2012/09/10 22:25 ] [ 編集 ]
  202. 結婚した時や子ども産まれた時に安くてもいいから守り刀ってやつ?
    を買いたいと昔から憧れてる
    結婚指輪とか素敵なお式とかなくてもいいから守り刀が欲しいし持たせたい
    でもきちんとケアしてくこと考えたら手が出ないのが現実よなあ…
    [ 2012/09/10 23:27 ] [ 編集 ]
  203. 今日の村正スレはここですか?
    [ 2012/09/11 00:09 ] [ 編集 ]
  204. 刀もいまは美術品のくくりだから彫刻とか必要なのかも

    なくても美しいと思うけど
    [ 2012/09/11 11:20 ] [ 編集 ]
  205. ※123
    刀の製造は分業制なんよ。
    刀を打つのは刀匠、動画の刀にもある彫刻は専門の彫師、
    刃を砥ぐのは砥ぎ師、鞘を作る鞘師、つばも専門の職人がいる。
    [ 2012/09/11 15:26 ] [ 編集 ]
  206. >>197
    いざと言う時に相手を斬れない人間が帯刀してたってなら
    それは本当に無用の長物だわな、刀を持つというのなら
    それで相手を叩き切る覚悟をしないと持っちゃ駄目だと感じたって話だよ
    そしてそんな覚悟は今の時代には不要な訳でさ

    ちょっとした憧れとか美術品目的であんな武器を保持して良いものなのかと個人的に思う訳だわ
    居合やってるとかそういう人は必要だろうけどさ
    [ 2012/09/11 16:28 ] [ 編集 ]
  207. 弾を装填したライフルも鞘から抜いた真剣に似た緊張感が漂うなw
    弾を抜いたらモデルガン&ただの鉄の塊になるけどww
    [ 2012/09/11 17:48 ] [ 編集 ]
  208. キチンとした得物で、巧い人がチューニングした物は、車でも楽器でも雰囲気があります
    [ 2012/09/11 20:15 ] [ 編集 ]
  209. その彫刻(エングレーブ)には何の戦術的優位性(タクティカルアドバンテージ)もない。実用と観賞用は違う。

    観賞用だから問題なしですね
    [ 2012/09/11 21:55 ] [ 編集 ]
  210. >ゴロヴニン『日本幽囚記』
    >鋼製品はどうかといふと、日本の大小刀は、おそらくダマスク製を除いて、
    >世界中のあらゆる同種の製品を凌駕している

    しかし、ゴロヴニンが虜囚になった頃は既に華美で華奢な元禄新刀以降の
    頃で、町人文化の発展に反比例した武士の経済的没落によって刀の注文が
    激減して刀工は減り、技術もとっくに低下してた頃なんだよなぁ。
    [ 2012/09/12 23:52 ] [ 編集 ]
  211. >武器としては三流かもしれんが

    一体、何を以て三流と言っているのだろう・・・。
    日本刀と一口に言ってもピンキリだし、そもそも日本刀が三流なら
    一流は何なのかと。

    日本刀は日本刀なりの用途があるのに、槍に比べて間合いが
    狭いから三流だとか、ライフルや核爆弾に比べれば三流だとか
    言うのもどうかと思うし。
    [ 2012/09/13 00:03 ] [ 編集 ]
  212. 日本刀見てていつも思うのですが

    H型鉄骨を日本刀で真っ二つに出来ます?
    人じゃなくとも機械の力でも
    [ 2012/09/14 06:30 ] [ 編集 ]
  213. 芸術刀に対して機能美がどうとか言い出す馬鹿には模造刀を
    [ 2012/09/14 18:04 ] [ 編集 ]
  214. 己が生涯、己が命を削って生み出す至高の品。
    その美しさは誰が何を作ろうと変わらない。
    それが命を奪う為の刀だとしてもね。
    [ 2012/09/15 02:21 ] [ 編集 ]
  215. ただの刃物に魂も何も無いだろ
    芸術作品なら…

    まあ、そっち方面はどうでもいい
    [ 2012/09/15 19:24 ] [ 編集 ]
  216. 本当に良い物ってどこの国でもどの時代でもやはり評価されるものなんだよな
    だからこそ日本の伝統を軽くパクって表面的にしかカッコつける事しかできない韓国が日本伝統の起源を主張するのが大嫌いだ
    日本のこういった人生をかけている職人や達人たちをバカにしているから許せない
    [ 2012/09/16 16:20 ] [ 編集 ]
  217. シンプルイズザベスト
    彫刻の無い機能美を追求した形が好きだなぁ
    [ 2012/09/22 13:39 ] [ 編集 ]
  218. うーん。あの刀の「彫り」が嫌いなのは、
    「ストラディバリウス並の名バイオリンを作るぜ!」って人の作ったバイオリンが装飾過多だったような感覚なのかと。
    いくら「美しい」「美術品」と言われようが、「物を斬る」「道具」であるのが刀本来の目的なのだから、
    それを「過剰装飾される」と、「それってありなん?」と疑問は持ってしまう。
    「装飾美」と「機能美」の対立、って感じなのかな。
    [ 2012/09/22 18:43 ] [ 編集 ]
  219. 米184

    そこの軍刀サイトは結構ダブスタでいい加減なところがあるから
    話半分で読んだほうがいいよ。
    [ 2012/09/23 00:16 ] [ 編集 ]
  220. 刀は使うなら刻無し。飾るなら刻入り。
    血が付けば刻入りの所は錆入りやすくなると思う。

    けれど、刻無しでも柄や鞘や鍔には美を求める。
    鍔は交換が容易だから血が付こうが関係ない。

    刀身はダメにすると金が掛かる上に、同じ切れ味と手に馴染む感じが出るとも言えない。
    刀身を大事にするが故に「武士の魂」とも呼ばれる。
    武士の魂と呼べるのは機能美を優先させた物。
    って事で刻無しが良いと言う人が居るんだろうね。
    どちらにせよ「日本刀」である事には変わらんよ。
    重要なのは持つ人間が「愛せるかどうか。」
    適当に飾る位なら日本刀じゃなく摸擬刀で十分。
    [ 2012/09/24 16:26 ] [ 編集 ]
  221. 彫りの人気に嫉妬
    [ 2012/09/27 12:15 ] [ 編集 ]
  222.  
    彫刻人気だなw
    俺もあんまり好きじゃないけど、装飾として以外にもいろいろ意味があるんだよ。
    打ち、研ぎ、拵えと高度に専門家、分業化されている刀製造なのに装飾師でなく鍛冶師自身が彫刻を施すんだよ。
    彫られるのは縁起がいいものとか武運を願うものとか。
    これも龍と松竹梅だろ?
    現代に至ってほぼ本来の意味を失っている刀だけど、守り刀のようにいろいろ願いを込めてんのさ。
    [ 2012/09/29 07:45 ] [ 編集 ]
  223. 研ぎ師の仕事も見たかったぜ。
    彼等の使う砥石には数百万の価値があるなんて聞いた事がある。本当かどうかは知らんけど
    どちらにしても研ぐという仕事だけを極める職人に対しては鍛冶師以上に畏怖の念を抱く。
    マニアックで日本人らしいとも思うがw
    刀に何かが宿るとしたらそんな職人達の魂かもね
    富樫漫画でいうところのオーラってやつ
    [ 2012/10/03 04:48 ] [ 編集 ]
  224. この装飾彫刻は、奉納刀のながれじゃないかな
    奉納刀なら仏教装飾や神獣などを彫るのは普通だよ
    ついでに砥石だけど当然刀身を減らす様な研ぎ方はできないから
    大まかに研ぐ砥石にはアール面がつけてある
    高いのは仕上げ用の小さなとぎだしかな
    [ 2012/11/06 17:15 ] [ 編集 ]
  225. 「サムライが絶滅してから刀は工芸品になった」
    と言ってるバカwww

    戦国時代が終わって江戸時代350年の頃から
    とっくに刀は工芸品だよww
    屋敷での護身武器は槍とか薙刀だわ。

    当時から刀は高価だったし、3人斬れば
    研がないと使えなくなるほど、
    武器としては効率が悪いのが真相だしね。

    刀を貶めてるんじゃないぞ?
    ようは美学みたいな物で、
    自分の命を守ってくれる道具だからこそ、
    その刀に「命(魂)を預ける」という文学として
    当時の日本人に流行したんだ。

    江戸時代になった時点で、「よく切れる」
    物が売れた訳じゃないし、商人もそういう売り方をしていない。

    仏具とか家宝みたいな物なんだよ。あやめる道具じゃない。
    先祖代々、人を切ってきた刀だったら
    とっくに切れなくなるわ
    [ 2012/11/08 12:17 ] [ 編集 ]
  226. 備前長船ではいまだに刀匠の仕事見せてくれる

    昔ながらのふいごと玉鋼で作り、研師やハバキ作りや鞘匠なんか

    見に行ったらよい感動する
    [ 2012/12/23 19:08 ] [ 編集 ]
  227. 包丁はアルミホイルで斬れ味をとりもどせるけど刀はどうなんだろ?
    [ 2012/12/30 03:10 ] [ 編集 ]
  228. というか一番初めに刀を作った人ってどうやってこんな方法を思いついたんだ?まじでありえんだろ意味わかんねえよwwwwwwwww
    [ 2013/03/17 05:19 ] [ 編集 ]
  229. 男に生まれていたら刀鍛治になりたかった
    [ 2013/04/12 03:59 ] [ 編集 ]
  230. 何故か日本の兵器って機能美にあふれたものが多いよね
    [ 2013/05/17 11:35 ] [ 編集 ]
  231. 人を傷つけるには美しすぎる、か本当そうだよな
    [ 2013/12/19 09:00 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ごあいさつ


人気ブログランキングへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
おすすめサイトさま

日本視覚文化研究会
ニュース速報まとめ桜
ニュース速報まとめ梅




管理人:ニャン吉
副管理人:kite

月別アーカイブ
人気の記事(PC)
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
アクセスランキング

スポンサード リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランダム記事





ブログパーツ アクセスランキング