パンドラの憂鬱

Powered By 画RSS



海外「世界史上最高の戦艦」 10分の1サイズの大和に外国人大感激

史上最大の戦艦、大和
日本人からはもちろん、海外の軍事ファンからも根強い人気があるこの艦船の、
10分の1サイズの巨大模型が、呉市にある大和ミュージアムに飾られています。
動画には館内の様子が収められているのですが、目を瞠るのはやはりその大きさ。
10分の1とはいえ全長は26.3メートルもあるそうで、
普通に人が甲板に立ててしまえそうな大きさです。

設計図や写真、潜水調査水中映像などを元に忠実に再現されたこの大作。
外国人の反応は、さて。


巨大! 1:10 大和 amazing! big YAMATO






■ 宇宙戦艦ヤマトのテーマソングが凄く合いそうだ。
  それにしてもこれは本当に凄いわ。 ベリーズ 25歳   




■ 素晴らしいとしか言い様がない。
  これがリモートコントロールできたらもっと最高だろうね! =D イギリス
  



■ すごくいい動画だね。俺もこのヤマトに会いに行きたい。
  最低でもプラモデルのヤマトが欲しいよ。 カナダ 48歳




■ イギリスも軍縮の条約を破ってこれくらいの戦艦作れればなぁ。
  そう、日本の戦艦はたしかに大きいが、それは条約を破ったからなんだ。
  俺達はそれを傍観していたけどね。
  日本の戦艦がやったことといえば、沈んだこと以外にないじゃないか。 イギリス
  

    
   ■ 沈んだ以外に何もやってない?
     連合国の艦船が、日本海軍によってどれだけ沈没させられたか知らないのか?
     それに、日本の艦船はイギリスの艦船のデザインに影響を受けてるんだ。
     実際にコンゴウはイギリスで造られたんだから。 イギリス 46歳



   ■ それでも素晴らしい艦船には違いないじゃん。
     タイタニックは氷塊にぶつかって沈んだ以外に何をした?
     大事なのは、その船の魂に関することなんだよ。 +5 イギリス



■ ヤマトは世界史上、最高の戦艦に間違いない。 +8 モロッコ




■ 本当に10分の1サイズなの? もしそうならスゲー! 香港




■ ヤマトはまず美しいよね。最高にクールな戦艦の一つだと思う。 アメリカ 24歳



   ■ しかも、ビスマルクの約2倍の大きさっていうのがまた凄い。 スウェーデン



■ 偉大な戦艦に敬意を表します。 +3 アメリカ




■ そんなに凄い艦船なら、どうしてあんな簡単に沈んだんだ? アメリカ 74歳



   ■ 全然簡単にじゃないでしょ。  
     沈没させる為には、多くの爆弾と魚雷が必要だったんだから。 +3 イギリス 



■ これって砲台やプロペラとかも実際に動くんだろうか。 イギリス




■ 甲板上にスイミングプールも簡単に作れちゃいそうだねw
  本物を作った時は、間違いなく30年はかかっただろうな。 イギリス
   
   (実際は起工から進水まで3年ほど)



■ 観賞用にこういうのを家に置けたら最高なのに何で無理なんだよ。 アメリカ



   ■ だって、家になくても本物の戦艦があんたらの近くにはあるじゃん。 イギリス 



■ 誰かムサシとヤマトの建造費を知ってる人いない?
  アイオワ級、ビスマルク、プリンス・オブ・ウェールズとか、
  当時の戦艦同士で建造費を比較したら面白いと思うんだ。 イギリス 53歳



 
■ ウワー、カッケー! 俺もこのミュージアムに行きたいよ。
  ヤマトとその姉妹艦であるムサシが、
  (シナノのように)超大型航空母艦として建造されてればなぁ。
  そうすれば、日本にとってもっと有益だったろうと思うんだよ。 国籍不明




■ 個人的に、ヤマト級が海戦で大きな戦果を挙げられなかったことが、
  戦艦の時代を終わらせたんだって思ってる。 
  その代わりに駆逐艦の時代が始まったんだ。 イギリス




■ 去年の夏に行ってきたよ。信じられない出来栄えだった。 アメリカ 50歳




■ 日本とドイツは奇妙な武器を作ろうとしてたけど、
  それらを完成する前に負けちゃったんだよな……。 +2 オーストラリア




■ ワンダフォーだぜ。ヤマトほどパワフルな戦艦は今も昔もなかった。
  ゴーーーー、nippon! メキシコ 21歳




■ 日本人が、失敗した軍事的建造物の象徴を誇りに思ってるのは興味深いな。
  ヤマトとその姉妹艦たちは、若者を死に追い込んでしまっただけだった。
  少ないコストで敵に撃沈されてしまったわけだし。 アメリカ 56歳




■ 自分の目で見てみたい! 子供の時にヤマトのプラモデルを作ったよ。
  日本人は絶対、この史上最強の戦艦を造った事を誇りに思ってるだろうね。
  悲劇の最期を迎え、それ自身が巨大なカミカゼとなってしまったけど。
  日本はアメリカ航空母艦の脅威に立ち向かう事に失敗してしまった。 
  俺にしてみれば、まったく残念なことだよ。 フィリピン 51歳




■ 今の日本人が、当時の闘争心をちょっとでも失ったとは思えない。
  彼らは単に、その矛先を科学技術の研鑽に変えただけさ。 +7 アメリカ




■ ホント凄いね。大戦中に関して日本が中傷されていることは、
  実際はアメリカ政府が俺たちに言ってることよりももっと英雄的で人間的なんだ。
  アメリカがヤマトに勝ったのは、安い魚雷と急降下爆撃でのみだろ。
  ヤマトとアイオワが一対一で戦ったら、壮大な戦いになったことだろう。

  俺達が学校で教わってることは、伝統と結びついた嘘なんだよ。     
  母国の罪を日本の人たちに謝りたい。 +3 アメリカ 




■ 美しい。自分でもよく分からないけど、30年代の艦船が一番綺麗だと思う。
  最近の艦船の見た目はひどいよね。 ポーランド
 


 
■ 何でヤマトのマストって、同時期に造られた艦船とは違うんだろ? ニュージーランド




■ 格好いいぜ! 俺が見てきた中で最大の模型だよこれは! アメリカ




■ 皆さんご存知のように、日本は近く海からヤマトを引き上げ、
  宇宙戦艦として改良することになります。 +10 アメリカ




  

大和という、このあまりにも象徴的な名前でなかったら、
ここまで日本人の心に刻まれてなかったのかな、とふと思ったんですけど、
どうなんでしょう。そんなことはないのかな。



関連記事
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑皆様の応援が、皆様が考えている以上に励みになります。
[ 2012/08/29 23:01 ] 社会 | TB(0) | CM(406)
Powered By 画RSS
  1. 日本人だが、あんま知らない。
    そうだったんだ…そんなでかかったんだね。
    戦争の武器だとしても他国に敬意をはらえる人は凄いな。
    戦争は、もうあの頃の罪として、お互い前向きに行きたいねー。
    [ 2012/08/29 23:07 ] [ 編集 ]
  2. 象徴的な戦艦として作られたからこそ大和と言う名前を付けたんでしょう
    [ 2012/08/29 23:09 ] [ 編集 ]
  3. 数年前見に行きました。
    女の私ですら惚れ惚れしながら見入ってしまいました。
    実物はもっとカッコよかったんだろうなぁ(^-^)
    [ 2012/08/29 23:12 ] [ 編集 ]
  4. 戦前、戦中でもこれだけの技術力、戦後復興は驚く事じゃないよ!
    [ 2012/08/29 23:12 ] [ 編集 ]
  5. 設計・建造した才能とスキルある先人の皆さんは、
    「美しく」しようとは思ってなかったはず
    名前との共鳴も同様かと。 驚嘆と感謝と畏怖を込めて。
    [ 2012/08/29 23:13 ] [ 編集 ]
  6. 戦艦のオワコン化を象徴するものであるのは間違いない。
    でもやっぱかっこいいんだよな。すげーすき。
    [ 2012/08/29 23:15 ] [ 編集 ]
  7. 不沈艦大和
    [ 2012/08/29 23:15 ] [ 編集 ]
  8. イギリス人ならマレー沖海戦でレパルスとプリンスオブウェールズが日本海軍の航空機に撃沈されたのが
    戦艦時代の終わりだと知ってて欲しいわ
    [ 2012/08/29 23:17 ] [ 編集 ]
  9. >日本人が、失敗した軍事的建造物の象徴を誇りに思ってるのは興味深いな。

    大和級戦艦が失敗したのは実戦での「運用」の問題であって、
    当時の日本が造船技術の粋を集めて建造した史上最大の戦艦であり、
    その技術が戦後日本の造船産業に極めて役だった記念碑的なフネだってことは
    わかっててほしいな
    [ 2012/08/29 23:17 ] [ 編集 ]
  10. 個人的には引き揚げてもらいたいけど8000億円くらいかかる、とか前に聞いたことが
    [ 2012/08/29 23:18 ] [ 編集 ]
  11. うちの嫁の爺ちゃんが戦時中、呉で大和の砲身作ってたらしい。
    軍に軟禁されて(極秘だったから当たり前だが)全然家に帰れなかったと言っていた。
    鋳物の職人だったんだが、全国から集められたそうだ。
    [ 2012/08/29 23:22 ] [ 編集 ]
  12. >イギリスも軍縮の条約を破ってこれくらいの戦艦作れればなぁ。
      そう、日本の戦艦はたしかに大きいが、それは条約を破ったからなんだ。
    いい加減な知識でいい加減な事書きやがって
    条約は破ってませんが
    [ 2012/08/29 23:23 ] [ 編集 ]
  13. 1/10模型でもボートなんかよりでかいw
    動力つけたら普通に人乗せて動きそうだな
    [ 2012/08/29 23:25 ] [ 編集 ]
  14. >>10
    船体は艦首、中央、艦尾と3つにぽっきり折れて
    中央部分はものの見事に粉砕されてるから
    引き上げてもどうしようもないよ。
    沈んだ船は静かに眠らせておくに限る。
    [ 2012/08/29 23:25 ] [ 編集 ]
  15. もし超大和が完成していたらと思いたいが、あの時勢では巨大戦艦は無用の長物化してたし悲しいものだ。
    [ 2012/08/29 23:27 ] [ 編集 ]
  16. 折角の10分の1サイズなんだから、主砲とか高角砲に電動モーター仕込んで欲しかった……
    [ 2012/08/29 23:30 ] [ 編集 ]
  17. >イギリス人ならマレー沖海戦でレパルスとプリンスオブウェールズが日本海軍の航空機に撃沈されたのが戦艦時代の終わりだと知ってて欲しいわ

    終わりの始まりではあるが、まだその時点では終わってない
    [ 2012/08/29 23:31 ] [ 編集 ]
  18. アメさんの言う誇りってのとはちょっと意味が違うな
    大和ってのは戦死した伝説の大叔父さんみたいなもんだ
    どんだけ格好よく、立派で、そんな人が非業の最後をとげたって事が
    いつ聞いたのかも分からないのに知っている
    [ 2012/08/29 23:32 ] [ 編集 ]
  19. 誰かその条約についてkwsk
    [ 2012/08/29 23:33 ] [ 編集 ]
  20. ちなみに最後に戦艦建造したのはフランスだったりする
    フランスらしく斜め上仕様だけど。
    [ 2012/08/29 23:35 ] [ 編集 ]
  21. ただ、美しい。何度見ても美しい。
    [ 2012/08/29 23:36 ] [ 編集 ]
  22. ワシントン海軍軍縮条約だろ
    1936年に日本は正式に脱退してるから違反ですらない

    条約型巡洋艦はわりと条約無視して重量オーバーしまくってるけど。
    [ 2012/08/29 23:39 ] [ 編集 ]
  23. >日本の戦艦はたしかに大きいが、それは条約を破ったからなんだ。
    艦数の条約が有ったのは知っているけど、大きさも有ったの?
    [ 2012/08/29 23:39 ] [ 編集 ]
  24. やっぱり大和は美しいよな。
    バルバスバウを持つ艦首のライン、舷側の膨らみ、ブリッジの位置、
    何もかもがバランスいい。
    [ 2012/08/29 23:42 ] [ 編集 ]
  25. >※1
    この手の動画とかフォーラムで兵器について熱く語らっているような濃い軍事オタク人たちは
    古今東西、政治宗教その他諸々関係なく(第二次大戦中、飛来する米軍機を防空壕にも入らず嬉々としてスケッチに勤しんでいたり)
    その武器が格好良い(美しい)か、どうしてそのような兵器が産まれたのか。どんな面で優れているかってなことを見ているので
    「仲の悪い国の武器だから嫌い」ってことがあまりない
    [ 2012/08/29 23:44 ] [ 編集 ]
  26. ※23
    あるよ。排水量や砲の大きさとか決められてる。
    そうしないと排水量6万トン42口径砲12門の駆逐艦とか造られちゃうでしょ。
    [ 2012/08/29 23:44 ] [ 編集 ]
  27.  
    米19、22
    ロンドン海軍軍縮条約な
    ワシントンはその1個前

    サイズ規定があったのは空母とか巡洋艦
    戦艦は基本、全廃が目標だった

    22の言うように、日本は途中脱退した
    [ 2012/08/29 23:46 ] [ 編集 ]
  28. >>23
    日本の場合
    戦艦だと
    合計基準排水量30万トン(既存艦も含む)
    個艦3万5000トン(他国も共通 条約発効後建造の場合)
    主砲40サンチ砲以下(他国も共通)

    陸奥が完成してる完成してないでああだこうだ揉めたとか
    [ 2012/08/29 23:46 ] [ 編集 ]
  29.  
    ※19
    ワシントン海軍軍縮条約じゃない?
    軍艦の排水量について規制したのはこの条約が契機だったと中学で習っった記憶がある。
    その後のロンドン海軍軍縮会議も関係あると思うけど。
    [ 2012/08/29 23:47 ] [ 編集 ]
  30. 侮日目的のコリアン移民系と博学な英国人との会話に和んだ。
    やっぱり鮮人系の移民って質が悪いね。
    [ 2012/08/29 23:47 ] [ 編集 ]
  31. 完全な職人の産物で現代では作ることができないらしいが
    [ 2012/08/29 23:47 ] [ 編集 ]
  32. イギリスさん同士の掛け合い(タイタニックネタ)は見事だね。
    自国のことも冷静に省みることがきちんと出来てるところが。

    >■ 観賞用にこういうのを家に置けたら最高なのに何で無理なんだよ。 アメリカ
    >■ だって、家になくても本物の戦艦があんたらの近くにはあるじゃん。 イギリス 
    この掛け合いの方が見事すぎるけどね。まるで漫才の名人芸だよ。

    ※5
    質実剛健とか"Simple is (the) Best"ってところでしょうね。
    虚飾に満ちるよりも、(見た目では)シンプルなものの方が後々にも指示される……と。

    ※9
    ホテルニューオータニの回転ラウンジにも、戦艦大和の技術が受け継がれてるんだよね。
    他にも色々と当時の技術は生きてるはずだよね。
    [ 2012/08/29 23:48 ] [ 編集 ]
  33. 軍縮条約ってたしか日本だけ不利な不平等条約だったんだよね
    [ 2012/08/29 23:52 ] [ 編集 ]
  34. 観光用に新たに建造すればいいのにね
    見た目の武装は全てはハリボテでも、海上ホテルとして造れば人が集まるんじゃないかね
    景気対策で建てたピラミッドみたいにさ
    [ 2012/08/29 23:52 ] [ 編集 ]
  35.  >23
     だから、空母の運用がまだ定まってない時に、20サンチ砲連装2基の砲塔を積んだ空母ができている。空母としてつかえなくても、巡洋艦としては使えるような運用を考えてた。
     そのため、(未知の存在である)空母の運用枠で(運用が確実に確立している)巡洋艦を作らせないために、ある程度の制限はつけてた。ワシントン条約は弛かったし、まぁ、どこもきっちり条約を守ってないような気がするんだが。そもそもさ、どうやって確かめるんだろうね?。ごまかしようはいっぱいあるきがする。w
    [ 2012/08/29 23:53 ] [ 編集 ]
  36. アメ56歳はいちいち鬱陶しいな
    ピカピカのエノラ・ゲイとは意味がちゃうわ
    [ 2012/08/29 23:53 ] [ 編集 ]
  37. >>33
    そうでもない、アメリカだと両岸だし
    イギリスは植民地が広すぎるし
    フランスやイタリアの割り当てなんて日本の半分くらいだぞ
    [ 2012/08/29 23:55 ] [ 編集 ]
  38. 大和の建造中の話や予算なんかは、船殻主任だった西島技術大佐について書かれた本にいろいろ詳しく載ってたと記憶。
    だいぶ前に読んだから記憶が曖昧だが、ブロック建造法とか予算圧縮のための全体的な建造工程の効率化の話とか、なかなか面白かった。
    [ 2012/08/29 23:56 ] [ 編集 ]
  39. 大和はサウスダコタやアイオワとおなじ条約後戦艦だね。
    条約を破ってつくったわけじゃない。

    大和も空母が残存している42,3年に最前線に投入されれば活躍できたのにね。
    温存しておいて使い道がなくなるとか、ほんと当時の参謀どもは無能ぞろいだ。
    [ 2012/08/29 23:56 ] [ 編集 ]
  40. >>39
    温存してたというより動かせなかったんだ 動かす油が(ry
    [ 2012/08/29 23:58 ] [ 編集 ]
  41. 造船業の男たちのロマンであり魂が込められているからね。
    [ 2012/08/29 23:58 ] [ 編集 ]
  42. 長崎や横浜も武蔵と信濃の巨大模型を造るべし。
    [ 2012/08/30 00:00 ] [ 編集 ]
  43. 軍縮ってw戦争中に軍縮するアホがどこにおんねん
    頭大丈夫か?このイギリス人は
    [ 2012/08/30 00:01 ] [ 編集 ]
  44.  良かったみたい。結果論として。本当に守らせるように、第3者委員会みたいなのを作ってさ。まぁ、当時は無理だろうけど。
     結局、脱退して相手より優位に立つために大きくなって、建造費増大、予算圧迫、他の艦が犠牲、壊したら次作れないから怖くて作戦に使えない・・・と悪循環。 
     日本人は、ある制限があった方が有益なものを作ることができる。俳句の様に。とは、誰の名言だったか・・・。?
    [ 2012/08/30 00:02 ] [ 編集 ]
  45.  
    最初のほうで発言しているイギリス人は嘘を言っている。
    大和はロンドン条約で規制される前に建造されたものだ。
    もっともスペックがばれないよう秘密裡に建造しているが。
    [ 2012/08/30 00:04 ] [ 編集 ]
  46. 大金持ちが造船会社に大和の船体レプリカ(装甲有)
    の建造以来をしたら作ってくれるんだろうか?
    兵装のない軍艦構造の鋼鉄艦に法的規制とかあるんだろうかね。
    [ 2012/08/30 00:04 ] [ 編集 ]

  47. とりあえず本物は中を宇宙戦艦に改造中だ
    [ 2012/08/30 00:04 ] [ 編集 ]
  48. ■ 今の日本人が、当時の闘争心をちょっとでも失ったとは思えない。
      彼らは単に、その矛先を科学技術の研鑽に変えただけさ。 +7 アメリカ

    大和ミュージアムに行けば,これが当たっている事がわかるよね
    大和建造の技術は,自動車業界をはじめ様々な分野に受け継がれたって事がね
    [ 2012/08/30 00:05 ] [ 編集 ]
  49. >>45
    起工は条約明けの1937年じゃなかったね。
    [ 2012/08/30 00:06 ] [ 編集 ]
  50. ミュージアムの中に下朝鮮から贈られたとかいう
    亀甲船の模型もあるんだよな
    穢らわしいから送り返せ!

    そもそも根拠のないウリナラファンタジーなど場に合わんだろ
    [ 2012/08/30 00:11 ] [ 編集 ]
  51. 大和を造った造船技術が後の日本における巨大タンカー造船技術に受け継がれている
    [ 2012/08/30 00:11 ] [ 編集 ]
  52. 俺はヤマトよりこの建物の目の前に置いてある巨大潜水艦に感動したけどなw
    [ 2012/08/30 00:14 ] [ 編集 ]
  53. なにより凄いのは、あれほどまでに技術の粋を結集して作られた軍事兵器が、見た目に美しいってことだよな
    重心を少しでも下げよう、燃費や速度を上げようという工夫が、最終的にあの独特の流線型を作り出してる

    兵器としての完成度は米の新型戦艦のほうが高いけど、あまりにも工業製品然としすぎてるせいで「かっこよく」はあっても「美しく」はないんだよなあ
    [ 2012/08/30 00:15 ] [ 編集 ]
  54. ヤマトノゴゲンハウリタチニダヨ
    [ 2012/08/30 00:15 ] [ 編集 ]
  55.  
    大和が旧国名からとったっていう公式資料ってあるん?
    他の戦艦は地名から名を取ってるので、大和も奈良の地名からかと思ってたのだが。
    [ 2012/08/30 00:15 ] [ 編集 ]
  56. 大和の主砲は、陸地に向けてぶっ放したときの破壊力はものすごいらしいね
    [ 2012/08/30 00:20 ] [ 編集 ]
  57. レプリカ船でもこのサイズとなると相当大変でしょ

    でも実物大のが航行しているところを見てみたいものだ
    [ 2012/08/30 00:21 ] [ 編集 ]
  58. >日本人が、失敗した軍事的建造物の象徴を誇りに思ってるのは興味深いな。

    ああしてれば勝てた。こうしてれば勝てた。夢は尽きない。負けた側だけの特権だね。
    原爆を人が住んでる大都市に落っことして「どうだい?降参する?」
    大和にそんな合理性はない。
    [ 2012/08/30 00:24 ] [ 編集 ]
  59. 戦争のために使わなければ凄く心揺さぶられる戦艦だ
    [ 2012/08/30 00:25 ] [ 編集 ]
  60. ■短命だからこそ・・・

    大和は、その過酷な運命ゆえ、英雄として沈んだんだ。
    その歴史がなけりゃ、これほど尊ばれなかったかもね。
    そして、時代の象徴としての強さを最大に抱えたフォルムの格好良さがある。

    アメリカでも何例かあるが・・・例えば野球で、今の高校野球の世界に江川のような記録を残しながら170km近い球を投げる選手が出たとする。 その選手が、プロデビューしたがその力量ゆえ腕が折れて選手生命があっという間に終わる・・・そんな存在として伝説となった。 
    [ 2012/08/30 00:30 ] [ 編集 ]
  61. >>■ 皆さんご存知のように、日本は近く海からヤマトを引き上げ、
      宇宙戦艦として改良することになります。 +10 アメリカ

    日本人も知らない真事実www
    生きてるうちに波動砲を見れる日が来るのかwww
    [ 2012/08/30 00:30 ] [ 編集 ]
  62. 活躍せずに海に沈んだデカイだけの無能戦艦に
    なにホルホルしてんだか^^;
    [ 2012/08/30 00:32 ] [ 編集 ]
  63. ※55
    その地名が昔の国名になります。奈良県は大和国だったので。
    戦艦大和・武蔵の名前は起工のちょっと前に除籍された葛城型巡洋艦の大和、武蔵を引き継いだもののようです。
    ちなみにこの巡洋艦大和の初代艦長はあの日本海海戦を指揮した東郷平八郎。
    [ 2012/08/30 00:33 ] [ 編集 ]
  64. 「製造技術は一流」ただし「運用・戦略は三流」で沈没。

    …今の日本と変わらんわ、笑えないぞ…
    [ 2012/08/30 00:34 ] [ 編集 ]
  65. これ去年見に行きました。1/10で26mですからね。
    大迫力。いろんな角度から見て回りましたよ。
    そのほか、実物の潜水艇や機関砲、零戦、エンジンも展示されていて面白かったです。
    [ 2012/08/30 00:36 ] [ 編集 ]
  66. どうでもいいけどBGM超うるせーな
    [ 2012/08/30 00:36 ] [ 編集 ]
  67.  
    > ■ しかも、ビスマルクの約2倍の大きさっていうのがまた凄い。 スウェーデン

    これは何のことを言ってるんだろ。
    ビスマルクってそんな小さくないよな?
    [ 2012/08/30 00:37 ] [ 編集 ]
  68. まあでかい的だよな、とw

    プリンス・オブ・ウェールズがでかい的だったように
    大和も例外じゃなかった、とw
    [ 2012/08/30 00:37 ] [ 編集 ]
  69. 失敗したって言ってるアホウが居るがな、んなこたぁない、
    部分部分が技術革新に役にたっとる、

    [ 2012/08/30 00:39 ] [ 編集 ]
  70. 10分の一だけどでかいぞコレ、下手な海保のフネよりでかかったりする、
    [ 2012/08/30 00:41 ] [ 編集 ]
  71. 超戦艦日本武尊があれば・・・
    [ 2012/08/30 00:41 ] [ 編集 ]
  72. 世界のみなさんは、ホント、彼女が好きだねーw
    [ 2012/08/30 00:43 ] [ 編集 ]
  73. 終戦近くには日本人から馬鹿にされてた戦艦だったのに、最近変に持ち上げる話が多くなってる。
    実はほとんど出撃できない状況で、「高級ホテル大和」って皮肉を言われてたんだよね。
    実際毎日酒飲み放題だったらしい。
    乗組員も馬鹿にされてるのは知ってたので、恥ずかしくて艦から降りて街に行けなかったそうだ。というより危険だったとも言ってたな。
    毎日「早く死んでこい!!」みたいな罵声が掛けられて情けなかったと元乗組員が言ってた。
    [ 2012/08/30 00:43 ] [ 編集 ]
  74. 特攻機の桜花も新幹線の製造に生かされてるね

    WWⅡで日本が航空機>>>戦艦というのを世界に知らしめたのに日本は逆行して大艦巨砲主義に・・・
    まぁ1週間に空母一隻造るような米国には勝てるわけが無いよな工業力が違いすぎる
    [ 2012/08/30 00:45 ] [ 編集 ]
  75. 戦艦時代の終わりの始まりがプリンス・オブ・ウェールズ
    終わったのが決定的になったのが大和って印象だなぁ
    [ 2012/08/30 00:45 ] [ 編集 ]
  76. >俺達が学校で教わってることは、伝統と結びついた嘘なんだよ。 
    >母国の罪を日本の人たちに謝りたい。 +3 アメリカ 
    よく知らないんだけど白人で戦勝国メディアの嘘を知ってる人ってどの位いるの?
    英語のサイトでこんなこと書き込みしたら猛烈に否定されたりしないの?
    [ 2012/08/30 00:45 ] [ 編集 ]
  77. 大和型一番艦起工は1937年、日本は1936年にロンドン海軍条約を脱退してるから関係ない。
    [ 2012/08/30 00:45 ] [ 編集 ]
  78.  
    実際はどうであれ
    でかい大砲つんだでかい船って男のロマンじゃん
    [ 2012/08/30 00:46 ] [ 編集 ]
  79. ※71
    それを言うなら、須佐之男号こそがあればだな(ry
    独立国家やまとでも……って言うか、海江田艦長がいれば(ry
    [ 2012/08/30 00:49 ] [ 編集 ]
  80. まあ結果だけ見たら確かに{大和型って無駄じゃん}とか
    言い出すのはわからないでもないんだけど当時アメさんは
    新型戦艦10隻も作ってんだぞ?日本にそんな力は無い、
    なら数が少なくても強力な艦をって発想はおかしくないと
    思うんだよな。
    [ 2012/08/30 00:50 ] [ 編集 ]
  81. もう絶対に作られることは無いであろう超弩級戦艦は
    国を問わず絵になるな
    [ 2012/08/30 00:54 ] [ 編集 ]
  82. ま、たしかに巨大な不燃ゴミ以上のものではなかったな。
    無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄ぁぁぁぁ

    つうか、ここって、外人のホルホルコメントだけ抜き出してるんだね。
    まるでKみたいwwwwwwwww
    [ 2012/08/30 00:59 ] [ 編集 ]
  83.  
    >63
    ご親切にどうもありがとう。
    大和だけ国名を付けるのはあまり整合性が感じられないと思ったもので・・特に武蔵との関係性が見えない。
    しかし納得しました、前任がいたんですな。験担ぎ的な意味合いもあったんですかねー。
    [ 2012/08/30 01:03 ] [ 編集 ]
  84. 当時の戦艦は、単なる軍事兵器じゃなかったからな
    優れた戦艦・戦艦の保有数は国力のシンボルとされ、政治・外交の局面でも重視された

    戦艦は海戦で勝つ為の「戦術兵器」のみならず、抑止力にもなる「戦略兵器」
    現在で言えば核兵器みたいなモン

    だから、アメリカも大和級を超えるモンタナ級戦艦を作ろうとしたんだ
    戦争が始まって価値観が変わったから計画は中止になったが、
    大和建造時は「戦艦=核兵器並の戦略兵器」って思想の表れでもある
    [ 2012/08/30 01:03 ] [ 編集 ]
  85. 大和のような巨大戦艦を無用の長物化したのは
    実は日本海軍そのものなんだよな
    真珠湾攻撃で雷撃戦の有効性を証明してしまった
    作った日本海軍でさえ「あれ?大和の使い道が…なくなった?」
    状態になってしまった。
    [ 2012/08/30 01:04 ] [ 編集 ]
  86. 数年前に映画「男たちの大和」で撮影に使われた実寸大の大和の模型(セット)を尾道まで見に行った。
    船首と主砲と艦橋の下部だけの代物だったんだけど、そのとてつもない大きさに圧倒され、同時に偉大な先人達の知恵と技術と努力に終始鳥肌が立ちっぱなしだった。
    その後にこの大和ミュージアムに寄ったのだが、たしかに大和の模型はすばらしかったのだけど一番印象に残っているのは年端もいかぬ若者達が戦争に駆りだされ死を覚悟し親兄弟にあてた遺書の展示だった。

    涙がとまらなかった・・・
    [ 2012/08/30 01:06 ] [ 編集 ]
  87.  
    大艦巨砲主義だったって嘘だよね?
    世界初の大規模空母部隊を編成して実用させ戦艦は空母の護衛とすることが主だったし、保有空母数を見ても日本国力からすれば多かったよね。
    戦艦が海軍の華で象徴的扱いしてたにしろ主力は空母だと認識してたからこそのミッドウェイ海戦だと思うんだよ。
    大艦巨砲主義って大和や武蔵だけのみ見てのただの後付印象じゃないのかなあ。
    [ 2012/08/30 01:08 ] [ 編集 ]
  88. 三式弾で艦砲射撃する機会があったらな

    制空権がないとどうしようもない
    [ 2012/08/30 01:10 ] [ 編集 ]
  89.  五十六さんの考えを履行できただけで、海軍全体が、航空決戦思想ではなかったはず。ミッドウェーまでは日露戦争の焼き増しの形で軍備を整えてたから。潜水艦とかの設計思想から見ても。
     むしろ、アメリカが大艦巨砲主義だった方が嘘の様な気がする。
    [ 2012/08/30 01:14 ] [ 編集 ]
  90. 大和の建造は条約あけだ。

    イギリス人は嘘をつくな。
    [ 2012/08/30 01:19 ] [ 編集 ]
  91. 日本が次に戦争するときは負けない
    [ 2012/08/30 01:21 ] [ 編集 ]
  92. ※83
    横からだけど、大和級を超える「超大和級」の建造計画もあってね
    その名前の候補は「尾張 or 紀伊」だったと言う話がある


    って言うか、日本海軍の軍艦は艦種によって命名法が決まっててね

    戦艦:旧国名(例外的に、日本の別名である「扶桑」って戦艦がある)

    空母:神話に登場する空を飛ぶ生き物(龍=空母・蒼龍とか) or 山岳名(葛城山=空母・葛城とか)
       例外としては、大和型3番艦として建造された空母・信濃(信濃国)

    巡洋艦:等級によって異なる、例えば一等巡洋艦=山の名前
        二等巡洋艦=河川の名前、練習巡洋艦=神社の名前


    他にも色々あるけど、詳しくはwikiの「船名」を見ると良いよ
    [ 2012/08/30 01:22 ] [ 編集 ]
  93. そびえ立つ艦橋のシルエットが只々美しい。
    これ絶対心理的効果も狙ってるよな。設計者は天才。
    [ 2012/08/30 01:23 ] [ 編集 ]
  94. ていうかむしろ時代について行けなくて活躍できず散った所も日本人好みだよね
    判官びいきな国民性だから
    [ 2012/08/30 01:25 ] [ 編集 ]
  95. 戦艦の時代が終わりかけた頃に完成したのが悔やまれるね
    [ 2012/08/30 01:27 ] [ 編集 ]
  96. 大和だったかな?荒波大波を突き抜けて進む動画見たと思うんだけど。
    波を乗り越えるんじゃなく突き抜けるってのが重厚さを表してて感動した。

    こういう威厳たっぷりに表れるドでかい大和を見るだけで気押されただろうなぁ。
    [ 2012/08/30 01:44 ] [ 編集 ]
  97. ※87
    どこの国でもそうだが、軍隊ってのは「過去の戦訓」を重視するんだよね
    それも当然で、効果が未知数な新兵器・新兵器よりも確実・実績のある方法を取るわけ
    そして日本の場合、それは戦艦が活躍した日露戦争(日本海海戦)だった
    少なくとも、大和が建造され始めた1930年代後半までは「艦隊運用・建造思想=大艦巨砲主義」だったんだ

    「戦艦は空母の護衛」と言ってるけど、実際の運用思想は逆だったんよ
    空母機動部隊を作ったのも同じ、その目的は「戦艦運用の露払い」
    あくまでも戦艦中心の第一艦隊があっての、空母中心の第三艦隊、って艦隊編成だったんだよね


    日本海軍の場合、建造・運用方針が大艦巨砲主義
    それを支えてたのは、日露戦争以来の戦術的価値観である「艦隊決戦主義」

    戦術面での価値観が変わって、初めて大艦巨砲主義が廃れたんよ
    [ 2012/08/30 01:47 ] [ 編集 ]
  98. 色々と無駄だったと思う
    [ 2012/08/30 01:52 ] [ 編集 ]
  99. 友人に誘われて何年か前に、広島方面へ旅行として呉の大和ミュージアムへ行き、その後に映画「男たちの大和」の実物大セットを見に行った。(※86さんと同様ですね。)

    旅行を計画した折、ちょうど出張で上京する機会があり、せっかくなので靖国神社に参拝してきた。

    先人達に感謝。。



    [ 2012/08/30 01:56 ] [ 編集 ]
  100. 波動砲どこー
    [ 2012/08/30 02:04 ] [ 編集 ]
  101. 僕自身コメントする喜びはあった
    ※92
    大和、八島、敷島は日本の別名だね
    [ 2012/08/30 02:06 ] [ 編集 ]
  102.  
    兵器ってのは期待された戦果を上げられたかどうかで優劣が決まるので、大和が最強ってことはないな。たとえば抑止力として存在することで戦争を未然に防止するって目的で作られた74式戦車なら、目的を完璧に果たしたので高評価を与えられる。戦争しないことだって立派な戦果だからな。
    [ 2012/08/30 02:10 ] [ 編集 ]
  103. 大和をもうちょい有効に使えてたらと思わずにはいられない。
    沖縄特攻に使わなかったら、呉で空襲で撃沈されてたんだろうな。

    どちらにせよ、残ってないのは残念。
    [ 2012/08/30 02:19 ] [ 編集 ]
  104. 無駄な面も多かった艦であったことは事実だけど、西欧列強に伍して非白人国家で唯一、自力でしかも「最強」を自称できるレベルの戦艦を建造できた歴史的意義とかも含めて色々考えると「無駄だった」の一言で切り捨てられるものでも無いわな
    [ 2012/08/30 02:21 ] [ 編集 ]
  105. 海底に沈んで粉々になっていても
    本物の大和の部品はそれだけで説得力がある。
    大和ミュージアムの1/10は
    模型をそのまま大きくしたって感じで正直感動は無かった。
    [ 2012/08/30 02:21 ] [ 編集 ]
  106. HD画質で見たい
    [ 2012/08/30 02:42 ] [ 編集 ]
  107.  1/10って事は、武装神姫でも余裕で乗せられるって事か。
    [ 2012/08/30 02:47 ] [ 編集 ]
  108. 敵機が直前で上昇して主砲一回も使えずに沈んだってテレビで見たなぁ
    あんなのくらったら今の戦艦でも一発で沈みそうだな
    [ 2012/08/30 02:55 ] [ 編集 ]
  109. ※33
    実際日本はワシントン条約が無く英米と同じ規模まで戦艦を造り、それに見合った補助艦艇まで造ってたら間違いなく日本は経済破綻してた
    条約発効によって日本は3~4隻の戦艦/巡洋戦艦を失ったが英米にもそれぞれ5~6隻の主力艦を廃棄又は建造させなかったんだから、戦争での交換比と考えれば悪い取引じゃなかった
    むしろ陸奥を諦めても良かったくらいだが、海軍と民意そしてマスコミを納得させる為に陸奥をゴリ押しするしかなく、これを通さないとクーデターの怖れすらあった
    そのおかげで英米には2~3隻の新造艦を認めなきゃいけなくなったんだから、善し悪しだった
    [ 2012/08/30 03:00 ] [ 編集 ]
  110. >あんなのくらったら今の戦艦でも一発で沈みそうだな


    ※現在現役の戦艦は存在しません
    アイオワ級が保存されているくらい

    「今」の戦艦などナンセンス
    [ 2012/08/30 03:06 ] [ 編集 ]
  111. まぁ一般人はなんでも戦艦、戦車、戦闘機と呼ぶし別にいいんじゃないか

    >あんなのくらったら今の戦艦でも一発で沈みそうだな
    逆に今の軍艦のほうがペラペラだから沈みやすい
    [ 2012/08/30 03:15 ] [ 編集 ]
  112. 大鑑巨砲主義をそのまま形にしたのが大和、武蔵だよな
    只の的になっただけの大和だが、日本の象徴として戦い抜いた事は誇りだな。
    因みにじいちゃんは大和に乗ってた。享年27歳
    [ 2012/08/30 03:17 ] [ 編集 ]
  113. 戦艦の主砲なんて長射程だと散布界がキロメートル単位になるんで現代の艦隊戦ではあてになりませんな
    [ 2012/08/30 03:17 ] [ 編集 ]
  114. 日本の象徴として戦い抜いたってのはないな
    大和武蔵はその存在が隠匿されてたし
    一般人は知るよしもなかった
    [ 2012/08/30 03:28 ] [ 編集 ]
  115. 1/10ってことは、周りに見える人間が ガンダムorザクサイズってことだな? ホワイトベースよりでかいよな 間違いなく
    [ 2012/08/30 03:41 ] [ 編集 ]
  116. ※112
    あなたの祖父に敬礼
    [ 2012/08/30 03:52 ] [ 編集 ]
  117. 大和を作る資材と資金で戦闘機を作っていれば、日本はもっと多くの連合軍を殺せてたのになぁ…

    連合軍側にとってみれば、日本が大和を作ったお陰で、自分達の被害が少なくなったんだから、そりゃ、手放しで褒めれるだろうさ
    [ 2012/08/30 04:08 ] [ 編集 ]
  118.  
    日本が戦後復興を遂げたのは人そのものの資質だけど
    戦後20年も経たずに高度経済成長に突入できたのは
    エネルギーである大量の原油が確保できたからだ
    大和を経験していなければ
    巨大タンカーを量産する事など出来なかった
    もしそこでもたついていたら
    中東戦争の時期に引っかかって
    日本はあそこまで飛躍できなかったかもしれない
    [ 2012/08/30 04:11 ] [ 編集 ]
  119. 日本軍の作った兵器で、真に評価されるべきは大和ではなく、もっとも多くの敵国兵士を恐怖のどん底に陥れたゼロ戦だろう。
    大和なんざ、むしろ敵から笑われたレベル。
    [ 2012/08/30 04:11 ] [ 編集 ]
  120. そういや昔、大和の設計図が流出し、世界各国が大和を作って戦争したら~というような、Gガン版大和みたいな小説あったなw
    風車がついてる大和とかフイタw
    [ 2012/08/30 04:15 ] [ 編集 ]
  121. 条約が終わったあとに作ったのに嘘をついて条約破りにしようとするイギリス人のとんだ紳士っぷりw
    [ 2012/08/30 04:17 ] [ 編集 ]
  122. 「国家の代弁者であるよりまず先に船乗りの代弁者」みたいな英国人は好きだな。
    男だよ。
    [ 2012/08/30 04:29 ] [ 編集 ]
  123. d
    松本零士先生のヤマトのことは外人も良く知っていますね。

    最近宇宙戦艦ヤマトから松本先生の名前を消して商売しようとする金目当ての朝鮮人みたいなのが湧いているようですが、
    先生の不眠不休の作品である宇宙戦艦ヤマトを松本先生から奪おうとすると大きな天罰が落とされますよ。
    [ 2012/08/30 04:55 ] [ 編集 ]
  124. 大和の技術が新幹線とか冷蔵庫とかの製造に活かされた、とかいう話をヤマトミュージアムで見たような気がする。
    そういう点で後の技術大国日本を築く礎になったってだけでも十分偉大だろ。
    [ 2012/08/30 05:01 ] [ 編集 ]
  125. >62・活躍せずに海に沈んだデカイだけの無能戦艦に
    なにホルホルしてんだか^^;

    近代においてもまともな船が作れないチョンじゃホルホルできるものが何もないもんなぁ。
    かわいそw
    [ 2012/08/30 05:24 ] [ 編集 ]
  126. そろそろ日本軍賛美の映画つくろうぜ
    大東亜構想がアジアから受け入れられ、アメリカを打倒に成功。
    新しい秩序にみちた素晴らしい世界を構築していくような妄想映画w
    [ 2012/08/30 05:40 ] [ 編集 ]
  127. 日本の戦艦や戦闘機は名前がカッコイイよね
    大和はいつか大きい模型に挑戦してみたいんだけど
    今のところ時間も置けるスペースもないし
    老後の楽しみになりそうだ
    [ 2012/08/30 05:41 ] [ 編集 ]
  128. 日本の戦艦や戦闘機は名前がカッコイイよね
    大和はいつか大きい模型に挑戦してみたいんだけど
    今のところ時間も置けるスペースもないし
    老後の楽しみになりそうだ
    [ 2012/08/30 05:41 ] [ 編集 ]
  129. 大和一隻、当時の邦貨で一億円とか。
    因みに零戦が一機3万くらい。
    [ 2012/08/30 05:52 ] [ 編集 ]
  130. >>125
    鉄の船相手に小舟みたいな木造帆船(主装は弓w)で戦争参加か胸熱。w
    それ以前に、今の時代でミサイル一つ満足に撃てないんだから笑える。
    コンピューター制御のアシストも無い時代じゃ考えるまでも無く自爆。w
    [ 2012/08/30 06:02 ] [ 編集 ]
  131. 海外にも大和ファンがいるとは思わなかった。
    まぁ零戦ファンもいるし、ドイツ軍好きもいるから当然か。

    名前かっこいいには同意。
    [ 2012/08/30 06:02 ] [ 編集 ]
  132. こういう話題ではイギリス人はやたら突っかかってくるなあ…ww
    そんなにご自慢の戦艦を沈められたのが悔しいのかな。
    [ 2012/08/30 06:34 ] [ 編集 ]
  133. >>14
    適当なこと書かない。大和は二つに折れてるんで、三つなんて言われていたのは過去の分析です。
    工作船引き揚げに関わったサルベージ会社の方が書かれた技術的分析もあるから、それを見てみると良い。難しいのは反転してる艦後部とのこと。それ以外は技術的に可であると。
    [ 2012/08/30 06:41 ] [ 編集 ]
  134. >母国の罪を日本の人たちに謝りたい。

    これを言えるのはすごいな…
    [ 2012/08/30 06:44 ] [ 編集 ]
  135. ヒント:本文中で言っているイギリス人と違い、条約明けを待って各国とも戦艦建造に乗り出した訳ですが、最も早く手を付けたのが
     イ ギ リ ス だったりします(キングジョージ5世。1937年1月1日起工)。彼女の同型艦はプリンス・オブ・ウェールズなど。
    別名「戦艦のようなもの」。
    [ 2012/08/30 06:47 ] [ 編集 ]
  136. たしかに大和級は当時としては最大級だけど、あまりにも運用できなかったからなぁ。
    象徴艦として後生大事に後方待機させた挙句、戦局がいよいよダメっぽいとなってから前線に突っ込ませるって、どうなのよ。
    しかも米軍に待ち伏せされた挙句袋叩きにされて撃沈って、笑えないぞ。
    [ 2012/08/30 06:47 ] [ 編集 ]
  137. イギリスにもいろんな奴がいるんだな・・・
    [ 2012/08/30 06:54 ] [ 編集 ]
  138. > WWⅡで日本が航空機>>>戦艦というの を世界に知らしめたのに日本は逆行して 大艦巨砲主義に・・・

    別に日本は大艦巨砲主義じゃないだろ
    現に大和型だって三番艦四番艦は建造中止(後三番艦は空母に転用)
    現役の戦艦を空母に改装する計画もあって実際に二隻が航空戦艦に改装された
    そして日本は戦時中に空母を起工する事はあっても、戦艦は一隻も起工されていない
    この間、アメリカは何隻の戦艦を造った?
    おまけに真珠湾で一度沈められたら旧式戦艦を引き揚げ、再戦力化までして
    明らかにアメリカの方が戦艦に拘っている
    [ 2012/08/30 07:07 ] [ 編集 ]
  139. ≫97
    半分正解。

    >1930年代後半までは「艦隊運用・建造思想=大艦巨砲主義」だったんだ

    建造・運用ともに30年代後半には大きく様変わりしてます。
    特型駆逐艦の投入に始まる水雷戦隊の強大化と、航空戦力の充実により、この年代には日米共に航空戦力なしではまともに戦闘が行えないことが判明しています。

    さらに条約による戦艦の保有隻数制限に対し、補助艦・航空戦力の締め付けの緩さから、むしろ帝国海軍はこの年代には戦艦を捨てかけています。
    大和が建造される際の兵力所要量にそれが強く現れています(戦艦は11年度の2隻の増加のみに関わらず、空母は②・③双方の計画で4隻の増強を計画)。

    >「戦艦は空母の護衛」と言ってるけど、実際の運用思想は逆だったんよ
    空母機動部隊を作ったのも同じ、その目的は「戦艦運用の露払い」

    日本における空母機動部隊である第一航空艦隊の創設は昭和16年の4月で、上記ドクトリンの変遷から見て違うと言えます。
    「露払い」なのはむしろアメリカ側だったでしょう。


    >あくまでも戦艦中心の第一艦隊があっての、空母中心の第三艦隊、って艦隊編成だったんだよね

    第三艦隊の建制化はミッドウェー後の昭和17年7月です。
    そしてこの年末から翌年にかけて帝国海軍はそのドクトリンを更に変え、戦艦はおろか空母を含んだ艦隊すら放棄し、基地航空隊を中心とした「空軍」へと姿を変えていきます(「い」号作戦で五航戦の航空機が陸揚げされたのはこの影響です)。

    大和に関しては、マリアナにおける陣形が全てを物語っているかと。

    ttp://obiekt.seesaa.net/article/134482842.html

    これで「大艦巨砲主義」はないですよね?
    [ 2012/08/30 07:08 ] [ 編集 ]
  140. イギリスは元々は友好国で、元は反日感情もってた国だからね、今は五分五分らしいけど?できれば最初の頃の様に、イギリスさんと仲良くしたいですね。

    実はヤマトは敵戦艦をいくつか沈めている、と言うの、聞いた事ある?(。・ω・。)ホントカナ?
    [ 2012/08/30 07:14 ] [ 編集 ]
  141. それにしても、≫64や≫136みたいに「運用が下手」とか、「積極性を欠いた」という指摘があるけど、根拠は何なんですかね?
    有名なMIと輸送を省いても
    1,18年夏のウェーキへの敵迎撃
    2,第三次渾作戦への投入
    3,マリアナにて前衛部隊の空母直衛。後、泊地突入
    4,レイテにて敵制空権下で泊地突入
    5,沖縄への航空部隊支援として泊地突入

    これだけ実働してるんですが。
    むしろドクトリン転換後の18年以降は、燃料の都合がつく限り前線へ積極的に投入されており、その大半は「味方制空権下での艦隊決戦」をコンセプトに建造された大和にとって大変危険な敵制空権下での行動でした。

    「結果として会敵出来なかった」と、「最初から投入しなかった」は全然違いますよ?
    [ 2012/08/30 07:19 ] [ 編集 ]
  142. >>140
    戦艦ではありませんが、サマール海戦で敵空母並びに駆逐艦に対して撃ってます。
    戦果は未だに不明な点が多い(敵味方とも不意に遭遇・陣形変更中・悪天候・煙幕・敵機の攻撃のコンボが決まったため)のですが、少なくとも数隻の敵艦にレーダーも使用し夾叉(敵を挟み込む形で砲弾が落着すること。精度的には命中と同じ)と、命中を記録しています。
    [ 2012/08/30 07:26 ] [ 編集 ]
  143. 残念なことに喫水下がツルツルなんだよな、これ。
    [ 2012/08/30 07:36 ] [ 編集 ]
  144. ≫143
    タミヤの新金型は水線下もちゃんとモールドされてるから大丈夫大丈夫。
    [ 2012/08/30 07:42 ] [ 編集 ]

  145. 今の技術者達ですらこの巨大なものをどうやって作ったのか把握出来てないって聞いた。

    1億総特攻の先陣を切るために、沈むのは分かっていたけど行くしかなかったんだよね・・・

    アメリカ軍300機の総攻撃じゃ沈むに決まってる

    [ 2012/08/30 07:44 ] [ 編集 ]
  146. 人がロマンを感じるのは
    大きく、強く、すでに滅んでいるモノだ。
    ってじいちゃんが言ってた
    [ 2012/08/30 08:02 ] [ 編集 ]
  147. ≫145
    良く、「一億総特攻の魁のため」とか「海軍の栄光云々のため」とか言われてますが、それ、俗論なんですよ。

    実際は大和が沖縄に突っ込んだ理由は、メインの戦力の航空部隊との呼応であって大和がメインではなく、まず航空部隊ありき、次に陸上部隊であり、大和は正直支援役というかオマケ的な戦力なんです。
    但し、前日の航空攻撃で敵に結構なダメージを与えていると見られていたので、そこまで悪手ではなかったんではないかと思います。

    ttp://www.h2.dion.ne.jp/~sws6225/siryou/gf603.html
    ttp://www.h2.dion.ne.jp/~sws6225/siryou/1yb.html

    実際に大和が受け取った命令と、麾下部隊に下した命令。
    これ見るとあくまで敵艦隊と敵船団が目標で、「陸地に乗り上げて戦う」ってのも一種の都市伝説なんでしょうね。
    [ 2012/08/30 08:04 ] [ 編集 ]
  148. 大和と武蔵野の建造費って
    当時の国家予算の三分の一って聞いたことあるような
    [ 2012/08/30 08:24 ] [ 編集 ]
  149. 結果だけ見たら大和型つくるより翔鶴型空母でも量産しとけば良かったと思わんでもないけど、航空主兵論者の俺でもやっぱ大和型には思い入れがあるんだよなぁ。それに、空母を量産した所でパイロットの育成が追いつかなかっただろうし。
    ただ、ヘンダーソン砲撃で出し惜しみすべきじゃなかったな。
    [ 2012/08/30 08:28 ] [ 編集 ]
  150. ≫148
    流石に国家予算の3分の1ってのは間違い。実際は3%と言われてる事が多いようですね。

    当時の金額で一隻あたり1億3千万円弱。現在に直すと3000億円前後で、イージス艦二隻分程度です。

    詳しくはこの動画の13分過ぎ辺りから。
    ttp://www.nicovideo.jp/watch/sm8489580

    「ストライクウィッチーズ」の軍事・世界設定担当の人の艦船擬人化ノベルの二次創作動画なんで、あまり軍事とかに詳しくない人でも楽しめると思いますよ。
    [ 2012/08/30 08:35 ] [ 編集 ]
  151. アジアを脅かしてたこいつらにあーだこーだ言われたくない
    [ 2012/08/30 09:00 ] [ 編集 ]
  152. 大和が空母を沈めた。とゆうのを聞いたことがあるのだが(..)
    [ 2012/08/30 09:22 ] [ 編集 ]
  153. 武蔵ってアメリカの水爆実験のターゲットに使われて、爆心直下にいたのに5時間沈没しないで耐えたとか言われてる。
    すさまじい耐久力だな。
    つか、大和ミュージアムいきてぇ。
    [ 2012/08/30 09:24 ] [ 編集 ]
  154. 日本に戦艦作らせてやって下さい

    [ 2012/08/30 09:28 ] [ 編集 ]
  155. > 大和が空母を沈めた。とゆうのを聞いた ことがあるのだが(..)

    サマール沖海戦だね。
    未確認の戦果だけど、そういう説はある。
    沈めたのは正規空母じゃなくて護衛空母、いわゆる週刊空母って奴だけど……。
    ただ、俺の聞いた話では、大和の徹甲弾は貫徹力が強すぎて敵空母の装甲及び船体を炸裂することなく貫通、有効打にならずに最後は駆逐艦の魚雷で仕留めたって話……。
    [ 2012/08/30 09:29 ] [ 編集 ]
  156. 他の艦員を脱出させ船とともに沈んだ艦長の精神が大和なんだなぁ~
    [ 2012/08/30 09:30 ] [ 編集 ]
  157. 当時はまだ戦艦もまだ運用次第では利用価値はあったよ。
    ただ大和の場合はあくまで"秘密兵器"として後生大事にし過ぎた。

    気付いた時には共に戦える軍艦も航空機もまともにいなくなった・・。
    世界最強の戦艦でも、ただそれだけではどうしようも無い。

    ゲームやアニメで主人公が単独で乗り、敵を無双しまくる最新兵器などそう無い。
    [ 2012/08/30 09:31 ] [ 編集 ]
  158. ※147
    そりゃあまあ「片道分の燃料」ってのは伝説だし、「沖縄に乗り上げて」ってのも乗員を輸送する手段を講じていないわけだから、例え乗員分の小火器を積んでいたところで難しいわなあ。

    でも作戦の名目は名目で、本当の意図は「呉に置いたまま沈められるのは恥ずかしい」だと思うよ。
    第一遊撃部隊は作戦単位としては過小に過ぎる。本気で沖縄に到達させたいのならエアカバーだけでなく、呉にいる戦艦や空母を九州周辺でちょろっと動かして囮にする・・・という手も取れただろう。

    ※149
    当時の日本では大型艦を建造できるドックの数が限られていたので、例え大和や武蔵、信濃を作らなかったとしても、そのドックで同数のフネを造るのが精一杯だという事です。
    雲龍・葛城なみに速成できる技術があれば・・・。でも、それでも大和一隻を作る時間で二隻くらいしか作れない。当時の日本の国力では「正規空母量産」は夢のまた夢・・・。
    [ 2012/08/30 09:32 ] [ 編集 ]
  159. ※153

    それは長門の事じゃないか?
    武蔵は1944年のシブヤン海海戦で沈んでいるよ。
    [ 2012/08/30 09:36 ] [ 編集 ]
  160. >>147
    俗説って言うけどさあ。

    んじゃなにかい? 海上護衛戦で描かれてるあのシーンは大井大佐の創作だということね。
    だいたい、正規の命令で海軍の栄光とかが出てくるわけないだろ。
    実際はそれが目的だったとしても、もっともらしい作戦目的を付けておくもんだ。組織、特に官僚組織なら当たり前のこと。
    公式の作戦目標はあったが、制空権がなく実現不能なのは見えていた。そこのは他の目的があったってことでしょうが。
    それともあれかな。大井篤のあの本は、信頼性が低いって最近では見なされるようになったのかな?
    [ 2012/08/30 09:36 ] [ 編集 ]
  161. ≫158
    >本当の意図は「呉に置いたまま沈められるのは恥ずかしい」だと思うよ。

    いやね・・・。当時使える艦隊戦力が第二艦隊だけだったんですよ。
    それでこの戦いの、航空攻撃の後、「追撃」として水上部隊が泊地突入、ってのは嫌になるくらい帝国海軍にとってオーソドックスな作戦なんです。
    仮に大和がレイテで損傷か何かしていて榛名か伊勢あたりが第二艦隊の旗艦で沖縄行きになったとしても、「恥ずかしかったから」が動機なんでしょうか?

    >本気で沖縄に到達させたいのならエアカバーだけでなく、呉にいる戦艦や空母を九州周辺でちょろっと動かして囮にする・・・

    大和が当初(3月末)命じられたのは九州南方を回って佐世保に入る形で、第五航空艦隊の攻撃範囲に敵を誘引する囮だったんですよ。
    そして、それが可能な戦力は第二艦隊のみだったわけで、他の艦は戦力外なんです。燃料だけでなく、人員・装備も一部下ろしてますから。

    そして、誤解されてるようですが「大和>航空部隊」じゃないんですよ。
    「航空部隊>>>>大和」なんです。
    ですから、当時のGFが考えてたのは「大和が沖縄に行けるか」より、「数日間の航空攻撃でどの程度戦果が上げられるか」がメインなんです。主客で言うと大和を主としてないんです。
    [ 2012/08/30 09:45 ] [ 編集 ]
  162. 米36
    活躍を語るなら、何万人も殺害できる核兵器展示したほうがいい。
    という話になるよなw
    低コストで大量破壊。

    ロマンの展示品にマジレスされてもね・・・
    [ 2012/08/30 09:47 ] [ 編集 ]
  163. 史上最大の戦艦を建造したって事実だけで何か戦前・戦中に対する歪められた価値観を払拭できた気がする。
    後はもう子供に戻って「かっけー!すげー!」ってはしゃいでやるだけさ。
    [ 2012/08/30 09:47 ] [ 編集 ]
  164. 松本マンセーな方っているんですねぇ。俺も「大宇宙の魔女」とか「アニメージュ増刊 松本零士の世界」とか買ってたクチだからマンセーしたいトコだけど、当時のヤマトブームが下火になってきた頃に各地で開催されていたヤマト展で「さいとうたかを」先生によるキャラクター原案とか観てるから味方できん。しかし、ヤマトの造形が「三笠」をモデルにしていた企画当時に松本先生が連れてこられなければ、ヤマトブーム、ひいてはアニメブームは起こり得なかったことだけは断言する。俺が生き証人だ(笑)

    アメちゃんが大和を褒めてくれるのは嬉しいんだがな、君たちにもいずれ宇宙に行く「エンタープライズ」があるぢゃないか。そして何より「不沈」というだけでも羨ましいことだ・・・
    [ 2012/08/30 09:51 ] [ 編集 ]
  165. >当時の日本の国力では「正規空母量産」は夢のまた夢・・・。

    それと、空母を揃えられたとしても、それに見合う数のパイロット要請がきついんだわ。
    [ 2012/08/30 09:55 ] [ 編集 ]
  166. ※148
    それね、こういうのバカにしたい奴がよく使う手だよ。
    それでソ連のソヴィエツキー・ソユースもよくバカにされるけどさ。
    それは戦艦の建造費の合計を単年度予算で考えるからそうなるの。
    実際は戦艦の建造費は単年度で計上する訳じゃないから。
    大和は竣工まで約四年かかっている。
    実際の建造費は二隻で国家予算の3%、一隻あたり1.5%。
    四年で割れば単純計算で一年あたり0.375%、二隻合わせても0.75%にしかならない。
    たしかこれで正しいはず。
    一隻当たり3%でも単年度の支出は0.75%、二隻で1.5%ね。
    [ 2012/08/30 09:59 ] [ 編集 ]
  167. ≫160
    創作ではないですが、俗論です。

    なぜなら大井大佐が引用した
    「海軍の栄光云々」ってのは、公式ではあっても命令文では無いからです。
    正確には大井氏が引用したのは「GF機密第〇六〇〇〇一番電)」というもので、あくまで「訓示」(しかも全軍当て)であって、鼓舞という側面はあるかと思いますが、要するにそれだけかと思います。

    当時そう聞いてそう思ったと言うなら分かりますが、戦後になってしばらく経ってから記録をまとめる際にGF電令作を無視しているというのは海軍の勤務が長い大井氏の経歴からすると考えにくく、恣意的な意思が入ったゆえと考えるのが妥当かと。


    >公式の作戦目標はあったが、制空権がなく実現不能なのは見えていた。そこのは他の目的があったってことでしょうが

    では、それを示す某かの(GF電令作や1YB命令作以上の信頼が置ける)史料をご提示頂くと話がスムーズになると思います。


    >大井篤のあの本は、信頼性が低いって最近では見なされるようになったのかな?

    信頼性についてはともかく、異論が出されているのは確かです。
    雨倉孝之著「海軍護衛艦物語」なんかがそうですね。
    [ 2012/08/30 10:03 ] [ 編集 ]
  168. これで10分の1とかどんだけでかいんだよ
    日本マジ皇国
    [ 2012/08/30 10:31 ] [ 編集 ]
  169. 本物の掃海艇あたりなんかよりデカそうだな
    [ 2012/08/30 10:56 ] [ 編集 ]
  170. ※161
    >仮に大和がレイテで損傷か何かしていて榛名か伊勢あたりが第二艦隊の旗艦で沖縄行きになったと>しても、「恥ずかしかったから」が動機なんでしょうか?

    あくまでも「大和が沖縄に出た」という史実が前提なんで、そういう仮定は意味を持たない。

    >大和が当初(3月末)命じられたのは九州南方を回って佐世保に入る形で、第五航空艦隊の攻撃>範囲に敵を誘引する囮だったんですよ。
    そのへんの話は戦力をひねり出す過程で間に合う・間に合わないがあったからだよね。次々予備艦扱いになっていったのは。
    実際に呉在泊の艦船の中には沖縄出撃に出すつもりだったとしか思えない準備や修繕が行われていたものもあった。
    結局、無傷に近い第一遊撃部隊についていけないからボツったようだが、たとえ全力航行できず、あげく全て沈められる事になっても、少しでも動かして囮に使えば第一遊撃部隊の進撃の助けになったんじゃないか。本気で第一遊撃部隊が沖縄に到達する事を期待する作戦なら、そこまでやっても良かったんじゃないか?というのが先の発言の意図。

    >誤解されてるようですが「大和>航空部隊」じゃないんですよ。
    誤解どころかそんな事を書いてもいない。
    たった一隻の戦艦で何ができる?
    俺が>「大和>航空部隊」といったという根拠を書いて欲しい。
    [ 2012/08/30 11:01 ] [ 編集 ]
  171. 模型を作れる設計図が残っているのが何気に凄いよな。
    [ 2012/08/30 11:05 ] [ 編集 ]
  172. こういう動画は無知を晒け出す奴が湧いてたり戦争絡みでネガティブに持って行く奴がいるから楽しめないんだよね

    さっそく条約を破っただのご都合主義に勘違いしてる奴も湧いるし、そんなの聞かされても否定するのも面倒だし切りがないから結局は不快にしかならないんですよね
    [ 2012/08/30 11:05 ] [ 編集 ]
  173. さて大和ミュージアムに行ってくるか。
    [ 2012/08/30 11:22 ] [ 編集 ]
  174. ≫170
    >あくまでも「大和が沖縄に出た」という史実が前提なんで、そういう仮定は意味を持たない

    「大和を出すために第二艦隊を使った」のではないと言いたかったんです。大和大和と連呼しててアレですが、大和という単体で捉えてはダメなんですよ。あくまで大和は沢山の中の一人なんです。
    そして、当初は九州を回る囮として、それは大和でなければできなかったか、沖縄に行くのに他の艦ではダメだったか、という事なんです。

    >そのへんの話は戦力をひねり出す過程で間に合う・間に合わないがあったからだよね。次々予備艦扱いになっていったのは。
    >実際に呉在泊の艦船の中には沖縄出撃に出すつもりだったとしか思えない準備や修繕が行われていたものもあった。

    榛名の警備艦化は2月20日、伊勢と日向の第一予備艦化は3月1日。天一号とタイミング思いっきりズレてますが・・・。

    あと沖縄出撃に向けて修繕が行われていた艦というのは?
    戦艦は軍令部の修理優先順位で最下位になっていることからも、違ってそうですが・・・。

    >少しでも動かして囮に使えば第一遊撃部隊の進撃の助けになったんじゃないか

    まず、どの艦をどこから持ってきた燃料で動かすんでしょうか?

    そして、艦隊と言うか、軍艦はセットにしないと運用できないんです。そして下ろした装備・人員を補充しただけでなく、ある程度の「慣らし」を行わないと戦闘どころか航行も難しくなるんです。
    それで艦をただバラ撒けというのは戦果すら期待できないのだから、特攻より酷です。そして、そのリソースの余裕はあるのでしょうか。


    >本気で第一遊撃部隊が沖縄に到達する事を期待する作戦なら、そこまでやっても良かったんじゃないか?というのが先の発言の意図

    それを考えるくらいなら、「本気で航空攻撃を成功させるために全力を」というのがGFの狙いということなんです。


    >誤解どころかそんな事を書いてもいない

    読み違いであれば大変失礼しました。何故そう思ったかというと、161の、

    >>本気で沖縄に到達させたいのならエアカバーだけでなく、呉にいる戦艦や空母を九州周辺でちょろっと動かして囮にする・・・

    ってのを拝見したからです。
    理由は上記の通りで、「第二艦隊が沖縄に着くのを全力でサポートするくらいなら、そのぶんの戦力で航空攻撃に全力を注ぐ」のが主方針で、大和の沖縄到着は「第二目標」だからです。

    「本気で沖縄への打撃を与えるなら航空攻撃で大和でもなんでも使う」という書かれ方であれば誤読しなかったと思います。
    何にせよ、ご不快を感じられたのであれば失礼しました。
    [ 2012/08/30 11:42 ] [ 編集 ]
  175. ※145
    あの巨大な艦載砲なんて、とっくの昔にロストテクノロジー化しちゃったしなぁ・・・
    アメリカでさえ、主砲砲身を作るのは最早難しい(不可能?)とか何とか。
    [ 2012/08/30 11:46 ] [ 編集 ]
  176. 姉妹艦、武蔵の事を少しでいいから思い出してあげてw
    [ 2012/08/30 11:49 ] [ 編集 ]
  177. 史上最も美しい工業製品のひとつだと思う
    [ 2012/08/30 11:54 ] [ 編集 ]
  178. うーむ、ものすごくゴテゴテしてる印象
    ただ、これが日本人に勇気を与えたのだなー、というのは感じることができた
    [ 2012/08/30 12:08 ] [ 編集 ]
  179. 大和は沖縄特攻前に対空兵装を二度強化したらしいが具体的になにをどう強化したの?
    [ 2012/08/30 12:19 ] [ 編集 ]
  180. ≫179
    これ見て、どうぞ。
    ttp://www.watakan.net/yamato/data/yamato_aa.html
    [ 2012/08/30 12:25 ] [ 編集 ]
  181.  
    大和が進水した時点で大艦巨砲主義は終わってたんじゃないの?
    大和は空母とセットで運用してこそなんだろうね
    でも日本は空母の運用が遅れてた
    遅れてるというと今も、か?
    [ 2012/08/30 12:28 ] [ 編集 ]
  182. ≫181
    逆。一番進んでます。
    空母を最初から建造したのも、空母機動部隊を建制化(正式に編成したということ)したのも、1941年12月の開戦時に最多の正規空母を保有してたのも日本です。

    >大和は空母とセットで運用してこそなんだろうね

    最初から大和はそういうコンセプトで造られてます。
    [ 2012/08/30 12:32 ] [ 編集 ]
  183. 誇りでもあり戒めでもある

    素晴らしい戦艦を造ったが時代遅れの大鑑巨砲主義に固執して負けた

    現代も高い技術力を持ちながら発展途上国でも作れるようになった
    時代遅れの家電製品製造業に国力を注ぎ、若年層の賃金や生活を犠牲にする
    [ 2012/08/30 12:33 ] [ 編集 ]
  184. 昭和の30年代までは長門の方が有名だったわけで
    象徴的云々てのは割と後付けぽい
    いま大和の方が有名なのは、やっぱ大きかったことと
    (30年代を中心に軍艦模型ブームもあったので)
    吉田満さんあたりががんばって宣伝したからでないかな
    宇宙戦艦がトドメ
    [ 2012/08/30 12:39 ] [ 編集 ]
  185. ≫183
    >時代遅れの大鑑巨砲主義に固執して負けた

    違うって。

    海軍休日以降の各国戦艦建造数
    米:10 英:6 仏:5 独:4 伊:3 日:2

    建造数も運用もアメリカのほうが余程大艦巨砲主義でした。
    史実に正しくない理解をすると、教訓も得られないよ?
    [ 2012/08/30 12:39 ] [ 編集 ]
  186. しっかり随伴艦と直援機付けて大和、武蔵を同時運用してれば、一方的なアウトレンジで活躍できたかもしれないよね。
    温存しすぎず戦果を与えてあげて欲しかったなぁと思う。
    まぁ、悲運な所もまた好きだけど。
    [ 2012/08/30 12:43 ] [ 編集 ]
  187. ※177
    同意。沖縄突入時の戦闘旗と大楠公旗指物揚げたところは彼岸の美。

    こんな感じかな?
    ttp://p.tl/Pi0S




    (黒髪バスト大の)女の子にすると。
    [ 2012/08/30 12:51 ] [ 編集 ]
  188. ■ 皆さんご存知のように、日本は近く海からヤマトを引き上げ、宇宙戦艦として改良することになります。 +10 アメリカ

    おい誰がリークしたんだよ
    [ 2012/08/30 13:04 ] [ 編集 ]
  189. >おい誰がリークしたんだよ


    防 衛 秘 密 漏 洩

    保 全 隊 調 査 不 可 避
    [ 2012/08/30 13:15 ] [ 編集 ]
  190. はっきりいって戦前のアジア人なんて犬、家畜以下の扱いだったらしいんだから。軍縮条約だって不平等は当たり前。対等な関係じゃないと思われてたんだからね。
    日本がなかったらアジアはどうなってたかわからない。
    [ 2012/08/30 13:18 ] [ 編集 ]
  191. いっそ「連合艦隊ミュージアム」として
    十二隻全部1/10で再現してほすぃ…
    [ 2012/08/30 13:31 ] [ 編集 ]
  192. これで1/10?ちょっと小さく感じないか?
    [ 2012/08/30 13:36 ] [ 編集 ]
  193.  
    ヤマトミュージアムは今でもけっこう人来てるね。
    レイジさんの方の画廊は・・・地元民は失笑してるけど・・・。
    [ 2012/08/30 13:42 ] [ 編集 ]
  194. 大和は大きさを強調されるけど、実はコンパクト設計。
    同じ性能の戦艦を普通に作ろうとすると、もっと大きくなる。
    [ 2012/08/30 13:50 ] [ 編集 ]
  195. 戦艦の造形は国によって違うけど、大和は美しい造形してるなぁとは思う
    キール?だかを2本にして、現在では当たり前の船首造形を当時取り入れて、世界最大の観測所みたいなのを乗せてた最先端の“戦艦”というのが痺れる
    命中魚雷10本以上で急降下爆撃数発耐えてたとかどんだけだよ
    [ 2012/08/30 13:52 ] [ 編集 ]
  196. 武蔵や信濃のことも忘れないであげてv-87
    彼女達は元々、三姉妹だったのよー
    [ 2012/08/30 14:09 ] [ 編集 ]
  197. 大和を撃沈するためにアメリカ軍は空母11隻、戦艦6隻、巡洋艦11隻、艦載機386機、その他多数の駆逐艦と支援艦艇を投入している。
    第58任務部隊の戦闘詳報では、大和に対して魚雷14本、爆弾5発命中確実。
    攻撃隊の報告はもっと凄まじく、魚雷30乃至35本、爆弾38発命中という気違いじみた数字を上げている。
    この数字を見れば、当時アメリカ軍がいかに大和を恐れていたかが窺える。
    大量の空母と艦載機、その護衛につく戦艦や巡洋艦、駆逐艦、大艦隊を裏で支える膨大な支援艦艇、それらを運用する乗員、燃料、弾薬、食料その他物資の給与や俸給……。
    単独でもそれだけの物量を揃えられるアメリカ軍だからこそ、大和を撃沈できたと言える。
    そういう点で、大和は世界最強の戦艦と言って良いと思う。

    物理的証拠のない感情論ではあるが、たとえ一時的だったとしても、第58任務部隊の注意を洋上に引き付けたことで、多くの沖縄県民の命を救ったと思いたい。
    というか、多くの英霊に向かって「お前等の死は無駄だった」などと俺には言えない。
    [ 2012/08/30 14:13 ] [ 編集 ]
  198. >>日本の戦艦がやったことといえば、沈んだこと以外にないじゃないか。
    すげぇな・・・・・・
    マレー海戦でイギリスの2隻の戦艦が日本空軍の戦隊によって沈められたのを知らないのか
    しかも最新鋭で不沈戦艦と呼ばれてた1隻は1発の魚雷で動けなくなったとかさ
    イギリスも“同じ”なんだよなぁ
    [ 2012/08/30 14:13 ] [ 編集 ]
  199. 大和型戦艦2隻の代わりに、正規空母6隻程建造したほうが良かったな。

    [ 2012/08/30 14:13 ] [ 編集 ]
  200. >>199
    大和型二隻でそんなに造れないです。

    大和型・1億3千万
    翔鶴型・9千8800万
    雲龍型・1億11万(計画時は8700万)
    飛龍・蒼龍・4000万

    ②の飛龍と④の雲龍は貨幣価値が違ってるから、その辺りも織り込んでどうぞ。
    [ 2012/08/30 14:39 ] [ 編集 ]
  201. ※175

    今だと対地も対空もミサイルのが有効だからなぁ~
    ロスト化は仕方ないでしょう

    今だと空母以外は大きな船を作る意味は無いんじゃ無いかなぁ
    ロマンはあるけど
    [ 2012/08/30 15:27 ] [ 編集 ]
  202. ※199

    夜間や悪天候時に使い物にならない空母ばっかり作って
    レーダーバリバリ駆使したアメちゃんの戦艦や巡洋艦になすすべなく沈められる訳ですね

    そして後年、
    「真珠湾やマレー沖の戦果で調子に乗って空母作りすぎたから戦争に負けた」
    とか言われちゃうわけですね
    [ 2012/08/30 15:52 ] [ 編集 ]
  203. 最終的に言うと アメリカとに負けた 日本の単独運用による自爆 が正しい

    なんせ週刊空母に月刊戦艦ですもの
    それに航空機をバンバン作れる鉄と油があったアメリカに勝てるわけがない

    こっちはグーチョキパーのを一回しか出せないのに対して
    向こうは何回でも出せるんだから
    [ 2012/08/30 15:54 ] [ 編集 ]
  204. 先月行って来たよ
    浮いているような展示方法もよかった
    最高なアングルから記念撮影もしてくれる>1000円
    人間魚雷とか千人針とかは
    こみ上げてくるものがあった
    [ 2012/08/30 15:59 ] [ 編集 ]
  205. 46㎝砲を再現してガンランチャーみたいにハープーンや90式SSMを撃てるように……。
    すみません、無理だし無駄ですね、分かってます……。
    ただ浪漫が欲しいんです……。
    [ 2012/08/30 16:01 ] [ 編集 ]
  206. qwerty
    205

    安心しろ、ロシア辺りならやってくれる気がする

    なにせ戦車砲からロケット撃てるしな
    [ 2012/08/30 16:04 ] [ 編集 ]
  207. ≫204
    >最高なアングルから記念撮影もしてくれる>1000円

    一枚でそんなにするのか!(驚愕)
    [ 2012/08/30 16:09 ] [ 編集 ]
  208. 大和級って色んな所の目を誤魔化すために
    予算もみょうちきりんな計上の仕方してたよね
    [ 2012/08/30 16:20 ] [ 編集 ]
  209. ※199
    一度動き始めたプロジェクトは容易に止められないコンコルド錯誤は、今も昔も同じという事です。
    [ 2012/08/30 16:23 ] [ 編集 ]
  210. そい
    207

    1000円は安いよ、記念撮影でしょ?
    ということは普通に精度の高い機材遣ってるだろうし、半分くらいは維持費に回されるから

    記念撮影に1000円は博物館維持の投資と思えばいい
    (AKBのCDに投資するよりよっぽど経済的だよ)
    [ 2012/08/30 16:50 ] [ 編集 ]
  211. 乗組員数ですら半端じゃない、その福利厚生施設として
    ラムネ室ってラムネ製造専用の部屋があったそうな
    [ 2012/08/30 16:52 ] [ 編集 ]
  212. ※209
    ヒント:大和の予算通過時の年代と航空軍備。
    [ 2012/08/30 16:52 ] [ 編集 ]
  213. 大和は引き上げてもバラバラだよ。
    それよりも武蔵を探そう。
    [ 2012/08/30 16:54 ] [ 編集 ]
  214. 999
    208
    「最新鋭艦作ってる」って噂が出ると各国のスパイが動くからな
    予算、運搬した物資の量でバレるのを防ぐためにごまかすんだよ

    砲だって40「サンチ」砲 って言ってごまかしていたじゃない、そうゆうこと

    偵察機出したアメリカは進水式まで「普通の艦」だと思ってたらしいけど
    [ 2012/08/30 16:54 ] [ 編集 ]
  215. ≫210
    うむ、なるほど、そういう考え方も出来るか。
    ご教示ありがとうです。
    [ 2012/08/30 16:54 ] [ 編集 ]
  216. というか学校のアルバム代とか旅行の記念撮影代とか見ると総じて高いのはそういうこと

    入場料+おみやげ+記念撮影+自販機+募金箱等で維持費を賄ってるからな

    博物館も結構金かかるのよ
    国営なら維持費気にしなくていいんだけどね
    [ 2012/08/30 17:02 ] [ 編集 ]
  217. 大型タンカーでも近くで見るとすごい迫力だからね。もう負け確定してたんだから実物残しといてほしかったなあ。接収されてるとは思うけど。
    [ 2012/08/30 17:05 ] [ 編集 ]
  218. ウハッ、鳥肌立ったw  カッケーーーー!!

    [ 2012/08/30 17:08 ] [ 編集 ]
  219. 217

    接収より検分された後解体して鋼板を民間利用する方が先かもしれんぞ

    日本は戦後も鋼板調達には悩まされたからな
    一番いい例は東京タワー:朝鮮戦争帰りで解体された戦車の鋼板で展望台から上を作ってる
    [ 2012/08/30 17:10 ] [ 編集 ]
  220. 空母増やせば勝てるって単純な話なら
    ミッドウェーであんなボロ負けしないし
    真珠湾だって第2次攻撃あったろ
    レイテ湾にだって突入してたろうし
    国力差、工業力以外でも問題有り過ぎ
    問題があったのは海軍だけじゃないけどさ
    菊水作戦はたしかにひどいと思うけど
    [ 2012/08/30 17:48 ] [ 編集 ]
  221.  
    >俺達が学校で教わってることは、伝統と結びついた嘘なんだよ。
    >母国の罪を日本の人たちに謝りたい。 +3 アメリカ 

    こんな事を言えるアメリカ人が居る事に驚きだ。
    いい加減、日本に蔓延っている軍部の暴走なんてプロパガンダも払拭したいところだよな。
    [ 2012/08/30 17:49 ] [ 編集 ]
  222. でも戦争の道具だったんでしょ?
    アメリカが新兵器とか作ると「また人を殺める道具か」って言ってるおまえらおかしい。
    [ 2012/08/30 17:50 ] [ 編集 ]
  223. ≫222
    両者が行った(行なっている)戦争の性質が違うからでないですか?
    [ 2012/08/30 17:52 ] [ 編集 ]
  224. まあ日本人はアメリカの民間人をろくに殺せなかったわけだからな
    [ 2012/08/30 17:56 ] [ 編集 ]
  225. 大和ぐらい沈みにくい空母つくってたらミッドウエーでももう少しいい戦いできたかな。
    [ 2012/08/30 17:57 ] [ 編集 ]
  226.  
    戦時中でも今現在でも、同じようなことがいえるんだと思うんだけど、どうも日本人って、高水準の製品を作り上げることは出来ても、それをプロデュースする能力が低いよな。

    都民ネタで申し訳ないけど、東京都の上下水道の管理能力、東電の電力供給、は世界一の規模と品質だが、海外進出は殆どしていない。唯一、解体された道路公団が他国での高速道路建設に手を出しているぐらいだ。
    上下水道事業はこれから世界中で要になる技術だし、同じように電力、特に原子力は今まさに建造ブームが始まったばかりだと言うのに。
    しかも、旧式のアメリカ製原子炉の事故で、日本製の開発をやめて原発全廃するなんて、世界中の誰も納得しないだろう。代わりに、いつ爆発するか分からない中国製つかまされる国に申し訳ない。
    [ 2012/08/30 18:04 ] [ 編集 ]
  227.  
    >>224
    民間人を大量に殺した、ナチスが史上最高だって話でもしているの?
    [ 2012/08/30 18:06 ] [ 編集 ]
  228. たとえ戦争の道具でも、建造した人たちや乗ってた人達はきっと本気で日本を守ろうと精魂込めて働いていたんだよ
    戦争に関わるものというだけで否定はできないし、したくないな
    [ 2012/08/30 18:12 ] [ 編集 ]
  229. AKBに投資だって数%でもメンバーにわたっててそれでパンツでも買う足しにしてもらってるとでも思えばヲタ歓喜だろwww
    ところで大和のなかにラムネ工場があったって本当?
    [ 2012/08/30 18:12 ] [ 編集 ]
  230. そこそこ活躍してたら、たぶんこんなに愛されてないんじゃないかな。
    敗戦による敗北感や無常観とこの戦艦の運命が重なるんだと思うよ。
    [ 2012/08/30 18:15 ] [ 編集 ]
  231. 引き揚げて尖閣に置けたらなあ
    [ 2012/08/30 18:22 ] [ 編集 ]
  232. >大和のなかにラムネ工場があったって本当?

    本当。てか、主な海軍の艦艇には大概有りました。
    工場というより、機械置いてる「小部屋」って感じですけどね。

    材料はビンと真水と砂糖のみ。潜水艦ではアイスも作れてました。
    [ 2012/08/30 18:26 ] [ 編集 ]
  233. もし、あの時に大和出撃がなかったら大和は喜んでいたのだろうか・・・
    きっと大和は誰の言うことも聞かず日本の為に突撃して行ったに違いない。
    [ 2012/08/30 18:28 ] [ 編集 ]
  234. ≫233
    マリアナでもレイテでも突入しかけて、せっかく相手も向かってきたのに、すれ違ってますからね。
    硫黄島でも悶々としてたし、やはり外に出たかったのかもしれんですね


    そこら辺も書いたこんなのもあるので、参考までに置いときます。
    「戦艦大和特攻・辺野古崎沖海戦」
    ttp://www.nicovideo.jp/watch/sm12820280
    [ 2012/08/30 18:35 ] [ 編集 ]
  235. ※2そうでもないよ。大和級以後の艦も計画されていたし。たまたま大和(&武蔵)が戦艦というのが戦局に寄与しない武器になったので最後となっただけ
    [ 2012/08/30 19:12 ] [ 編集 ]
  236. ※225なぜかあっさり沈んだ信濃。まあ突貫工事でいろいろ問題があったのだろうが
    [ 2012/08/30 19:14 ] [ 編集 ]
  237. >俺達が学校で教わってることは、伝統と結びついた嘘なんだよ。
    >母国の罪を日本の人たちに謝りたい。 +3 アメリカ 

    日本人のなりすましを疑う薄汚れた俺を許してくれ・・・。
    まぁ、日系の人か何かなのかも知れんけど、そうだったとしても、これを
    自虐史観に囚われた訳でもないのに言えるのは凄いと思った。

    まぁでも、謝罪は要らんって人のが多いよね、多分。
    代わりに日本に何らかの非があったとしてもおあいこって事だけど。
    原爆は正しかったーだのしょうがなかったーだの蒸し返すような
    言い訳さえ向こうからしなければ、こっちから責める事はないし。

    今はただ、あの戦いで散った人達に、安らかに眠って下さいと祈るのみ。
    祖国の為に死力を尽くした勇敢な英雄も、臆して卑怯な真似をした人も、
    部下思いの人も、いたずらに部下を死地へ追いやった者も、敵を尊敬
    した人も、アメリカ人を鬼だ畜生だと呼んで過酷に扱った者も、日本人を
    黄色いサルと呼んで蔑んでその命を冒涜したレイシストも、わだかまりは
    あれど、亡くなったらみんな仏だ、と敢えて割り切る。
    神社に祀られた英霊を仏と呼ぶのもなんかアレだけど。
    [ 2012/08/30 19:25 ] [ 編集 ]
  238. 長門の方が美しいだろ
    [ 2012/08/30 19:43 ] [ 編集 ]
  239. 大和や武蔵、長門等主力艦を温存しすぎ、出す頃にはすでに勝負は決していた日本軍。
    艦隊決戦というドクトリンにこだわりすぎたんだが、もしそれを放棄してソロモンでサウスダコタ級相手に夜戦してくれたら・・・
    菊水作戦の頃は燃料も艦船も無い、港は機雷で封鎖されて動けるのは少しだけ・・・
    現代に大和がどうにかして(アメ公に鹵獲されても良いから)生き残っていたらと心から思う。
    [ 2012/08/30 19:50 ] [ 編集 ]
  240.  
    >>237
    英霊なんだから、そこは神と言っておけばいいのでは?
    まぁ、1500年以上前から神仏合習しているし、障りが無ければ細かいこと気にしないのが日本的な気もするけれど。


    それにしても、当のアメリカですら半ば無かった事にされている東京裁判での戦犯問題に、何で未だに日本は揉めているんだかね。もう、戦争から70年経とうとしているのに、未だに難癖つけてくる奴等もうっとうしい。
    [ 2012/08/30 19:50 ] [ 編集 ]
  241. 真珠湾攻撃しないで戦線布告して
    日本に攻めてくるの待って迎え撃ってたら
    世界中の誰も空母飛行隊による爆撃の有効性に気づかず
    艦隊戦の時代が半年くらいは長引いたかもしれないのかなあ
    [ 2012/08/30 20:02 ] [ 編集 ]
  242. ばるばすばう
    [ 2012/08/30 20:05 ] [ 編集 ]
  243. 沈んでしまった船だけれど、敗戦色が強くなってきた時期になお信じられないような巨砲を積んだ史上最大の戦艦を建造し、戻らないと知りながら海へ出た
    その歴史、それを建造した技術者、乗り込んだ祖父達の信念、見送った人達の心境、それらが合わさって大和って船は一種独特な存在感があるんじゃないかね

    そういえば近所に大和の生存者の方がいたわ
    [ 2012/08/30 20:15 ] [ 編集 ]
  244.  
    もうちっとアンティークな話かと思いきや、全部政治の話やな
    楽しい?
    [ 2012/08/30 20:22 ] [ 編集 ]
  245. 戦争に負けても、技術は残る
    [ 2012/08/30 20:27 ] [ 編集 ]
  246. >>そんなに凄い艦船なら、どうしてあんな簡単に沈んだんだ? アメリカ 74歳
    >>沈没させる為には、多くの爆弾と魚雷が必要だったんだから。 +3 イギリス 
    お爺ちゃん、沈めたの米国なのに忘れちゃってるのか・・・
    被害担当艦となった武蔵は何次にも及ぶ空襲(総勢500機)を受け直撃弾・至近弾・魚雷計50発以上を食らいながら沈まず、米の航空隊が「こいつ撃沈するのは無理なんじゃ…」と弱気になったレベルなのに。
    (生存者退艦後に自沈、米軍は武蔵を結局仕留め切れなかった)

    対大和戦ではその教訓を生かして片舷(左)に攻撃を集中して撃沈に成功。
    米国は戦後接収した信濃用の砲塔装甲板にアイオワ級の主砲で穴を開けてプライドを保ったw
    [ 2012/08/30 20:27 ] [ 編集 ]
  247. ……大和出撃決定の経緯にはこんな話もある。
    天皇陛下への沖縄救援計画提出の際、説明を受けた陛下から「海軍の総力と言うが航空機だけなのか。海軍にもう船はないのか」と御下問があり、「海軍は総力を挙げて沖縄を救援します」と回答、急遽出撃が決定した。
    この決定を受けて燃料は本来海上護衛総隊に回す筈の分を強引にもぎ取り、中国や朝鮮半島を結ぶ最後の物資輸入ルートの安全と引き換えに出撃にこぎつけた。

    同時に海軍上層部には目に見える戦力が残っていては講和も出来ない。
    しかし水上戦力が完全に枯渇すれば戦争継続は完全に不可能になる、という冷徹を通り越した講和への道筋が模索されていたという事実も。
    レイテ沖海戦で「この一戦で聯合艦隊を擂り潰しても構わない」とまで言わしめたのは実は上の理由と同じ、海軍の戦力を事実上壊滅状態に追い込まねば講和の道筋すら見えてこないという理由があった為だったりする。
    [ 2012/08/30 20:42 ] [ 編集 ]
  248. 航空攻撃で沈んだことで知られる大和だけど、実際はアメリカ軍は戦艦を主力にした30隻を超える大艦隊で迎撃した。
    ただ陸軍の支援任務に当たっていた機動部隊の指揮官が大和接近を察知すると勝手に出撃命令を出し、迎撃部隊に先んじて艦載機が大和上空へ殺到、報告を受けた最高司令官の投げやりとも言える史上最も短い命令「You Take Them」を受け、事後承諾の形で攻撃を開始した。
    [ 2012/08/30 20:44 ] [ 編集 ]
  249. もし当時、港でこの船を見たら間違いなくウットリとしてしまう
    だろうなぁ。
    兵器と言う枠を越えた巨大で美しい城のようなものだろう。
    [ 2012/08/30 21:25 ] [ 編集 ]
  250. >俺達が学校で教わってることは、伝統と結びついた嘘なんだよ。
    >母国の罪を日本の人たちに謝りたい。

    アメリカ人でもGHQ教科書の嘘を知っていて、日本に謝ってくれる人がいるんだな。自分達の罪を認めるのは辛いと思うけど、先の戦争の本当の姿を理解してくれて、ありがとうという気持ちになった。
    [ 2012/08/30 21:47 ] [ 編集 ]
  251.  
    別スレですいません!期限があした。でも貼れません
    誰か署名と拡散をお願いします。

    名古屋の国有地を「中国総領事館」に売却する事に反対する署名
    ttp://www.shomei.tv/project-1648.html

    あと3000人!!!
    [ 2012/08/30 22:04 ] [ 編集 ]
  252. >>73
    おかしいな・・・大和は当時、最高機密だったはずだが?

    >>87
    日本海海戦があまりにうまくいったので、時代遅れの巨大戦艦巨砲万歳! になった件。

    細部を見たいから解像度を上げて再投稿して欲しい。
    [ 2012/08/30 22:16 ] [ 編集 ]
  253. こういうすごい技術を見るたびに自分に対する劣等感が凄まじい
    [ 2012/08/30 22:19 ] [ 編集 ]
  254. 大和の真価は、実はその巨大さではなく、「コンパクトさ」にあるんだよね。
    大和クラスの攻撃力と防御力をあのサイズに収めたことが凄いんだと。
    アメリカ辺りが同じ性能の艦を造ったら300m10万tくらいにはなるんじゃないか。

    あと、大和が計画された頃は、航空機があれほどに進化するとは考えられてなかった。
    航空機の護衛の無い状態で機動部隊の総攻撃を受けて沈まないわけがない。
    そこをあげつらうのはあまりに無知で、大和やPOW、レパルスなどに失礼というものだ。
    [ 2012/08/30 22:27 ] [ 編集 ]
  255. 日本の兵器はなぜか美しい
    日本の船は大和以外の戦艦も異様にカッコいい。
    外国の戦艦と見比べたらよくわかるよ。
    中でも大和、武蔵は美しさ、力強さの融合が別格なんだけどね。
    零戦とかの航空機もスマートで美しい。

    皮肉な事に日本自身が真珠湾やプリンス・オブ・ウェールズ
    の轟沈で航空機有利な戦術を教えちゃったのが仇になったね。
    せめて一度だけでも対戦艦戦で暴れて欲しかった。
    [ 2012/08/30 22:47 ] [ 編集 ]
  256. この人たちにレゴで作ったヤマトを見せてあげたい
    [ 2012/08/30 22:59 ] [ 編集 ]
  257. >>255
    国によってすごく特徴でるよな、軍艦って。
    個人的に美しい艦船にはフランス艦も挙げたいところだが。ヨーロッパ女性を感じるんだよな、フランス艦。

    アメリカ艦は「工業製品でござい」感が凄くていやらしい(性的な意味ではなくて)。籠マストとかはなんとなく垢抜けない娘っぽさが出てて好きなんだけど。
    ドイツ艦はビスマルクを除くとなんかこう無骨…。アメリカとは違うんだけど‥‥ねぇ?
    イギリス艦は…えっと…ノーコメント。

    え?イタリア?ソビエト?
    あー、あったね、そんな国も(棒)
    [ 2012/08/30 23:15 ] [ 編集 ]
  258. 周囲の人間をこのスケールで換算したらMSサイズ?
    [ 2012/08/30 23:23 ] [ 編集 ]
  259. 255
    パゴダマストの日本戦艦の隊列を真正面から映した動画あるけど
    凄い迫力なんだよね。
    まさに塔のようにそそり立つ艦橋のカッコ良さったらない。
    [ 2012/08/30 23:27 ] [ 編集 ]
  260. 何か勘違いしてるんだけど兵装と装甲からいって歴史上最もコンパクトに設計製造された戦艦なんだけど。

    日本の軍艦の設計の真骨頂は重巡洋艦。ピラミッド型配置の上構造物が美しいです。
    [ 2012/08/30 23:37 ] [ 編集 ]
  261. ※239速力が空母に追い付かないから。温存していたわけでなく使い道が無かった。夜戦にしたって速力重視だったからね
    もう主力空母も無くなってもうどうでもいいやってときにやっとこさ出番が来たってだけだね
    [ 2012/08/31 00:05 ] [ 編集 ]
  262. 大和は日本の誇り、誉れ、魂とも言える戦艦だろうな
    これが現役だったら俺は海軍学校に入っていたよ、間違いなく
    甲板磨きをして見たい戦艦だ、罰ゲームではなく毎日飽きもせずにピカピカに磨くだろう
    陸軍や大本営の将校は嫌いだが、山本五十六閣下は今でも尊敬できる
    [ 2012/08/31 00:27 ] [ 編集 ]
  263. ※262そう考えて大本営の将校も無闇に出さなかったんじゃないの。そのお前の嫌いな大本営の将校と思考が一緒だねえw
    山本五十六は戦力として沈む可能性が高くても大和を出そうとしただろう
    何を言いたいかというと、お前は気持ち悪いw
    [ 2012/08/31 00:31 ] [ 編集 ]
  264. 257
    >え?イタリア?

    何でさ!ヴィットリオ・ヴェネト級いいじゃないか~
    [ 2012/08/31 00:44 ] [ 編集 ]
  265. 大和はやっぱり象徴だよね。
    しかし、雪風は残したかったよ・・・
    [ 2012/08/31 01:03 ] [ 編集 ]
  266.  
    名前もあるだろうけど、やっぱ一番でかい戦艦ってのは絶対誰もが知ってるものになると思うぞ
    [ 2012/08/31 01:23 ] [ 編集 ]
  267. 護衛空母を付けて艦砲射撃に使えばまた違ったんだろうが・・・
    [ 2012/08/31 01:36 ] [ 編集 ]
  268. ※267艦砲射撃というのは日本がガダルカナルで行なったのが最初なんだよね
    いかんせん思い付きの殴り込みので貴重な巡洋戦艦も失ったので、また、そんな艦砲射撃できるような作戦も無かったので、それは無いね。やぶれかぶれでやろうとしたのが最後の菊作戦だったいう
    ガダルカナルでやられてその威力にビビって評価して艦砲射撃を大々的に行なえたのが米国だったんだけど
    [ 2012/08/31 02:20 ] [ 編集 ]
  269.  
    俺達が学校で教わってることは、伝統と結びついた嘘なんだよ。  母国の罪を日本の人たちに謝りたい。 +3 アメリカ

    かっけー
    [ 2012/08/31 02:30 ] [ 編集 ]
  270. 従来の日本戦艦と比べ居住性が格段に向上した大和だが、小沢治三郎中将はやっぱり頭をぶつけた
    [ 2012/08/31 02:31 ] [ 編集 ]
  271. >>257
    イギリスは偉大じゃないか。
    ドレットノート、エンクローズドバウ・アングルドデッキ・蒸気カタパルト、STOVLにスキージャンプ…
    変なのも作るけど、実は凄く使えるものだったり、時間やリソースが限られる中でも必要な数は揃えて勝って来たんだし。
    [ 2012/08/31 02:48 ] [ 編集 ]
  272. 英国は色々最初に造るがパッとしない
    他国が改良して初めて使えるものが出来上がる
    そして必要な数はいつも米だより
    [ 2012/08/31 03:48 ] [ 編集 ]
  273.  
    そういえばアメリカ人の戦闘機マニアとかも
    自国の戦闘機をdisってまでゼロ戦ほめまくってたりするなw
    ディスカバリーとかでも
    [ 2012/08/31 05:43 ] [ 編集 ]
  274. 見に行ったよ、でかかったよ、美しいぜ~。
    見にいくならここの館長が「戦艦大和復元プロジェクト」って本書いてるから読んでおくとより楽しめるぞ。
    スクリューひとつにちょっとしたマンション買えるくらいの金かかってるとか。

    個人的には潜水空母であるところの伊400型の復元とかしてほしいわ
    当時の日本マジキチ
    [ 2012/08/31 06:37 ] [ 編集 ]
  275. もしかしなくても当時の日本人の人たちってすごかったんだな
    [ 2012/08/31 09:56 ] [ 編集 ]
  276. 海上の要塞
    戦艦って燃えるよな
    [ 2012/08/31 11:21 ] [ 編集 ]
  277. とりあえず、ヤマトは速力が空母以下だったので使えなかったとかきいたけど?
    ついでに、ヤマトの主砲は当時の世界最大級の戦艦主砲であります。
    46㎝砲とかって大和、武蔵以外には使われてないそうです。
    理由は、アメリカ等の敵国の船は乗せようとしたがデカイ、オモイとかで
    40㎝クラスしか搭載できなかったとか。
    ちなみに、砲撃時のバックファイアで死者が出たっていう噂もある。


    あとは、大和、武蔵、長門の3つの戦艦の耐久力はバケモノでございます。
    [ 2012/08/31 11:23 ] [ 編集 ]
  278. あんまり軍艦詳しくないけど、初めてプラモの軍艦(中学時代だったので安物)を作ったのが陸奥だったなー。そこから2・3個の戦艦作って、中学最後に作ってみたのが大和(5千円ぐらいの小さいやつ)だったな。プラモでもあの戦艦の素晴らしさは中学生ながらにも感動したし、細かい部品も多かったけど作っていてプラモデルの中でも一番楽しみながら作ってた。

    大和だけじゃなくて色々な戦闘機や軍艦等があったから、終戦後の復興も凄まじい早さで出来し、その技術があったから今も日本の技術は高いレベルに出来たんじゃないのかなと私は思う。

    もう一度、あの軍艦をプラモで作って、底くりぬいて動力とプロペラ付けて風呂場で進水式やりたいな
    [ 2012/08/31 11:58 ] [ 編集 ]
  279. 10分の1?ちいせぇwwww
    って最初思ったんだけど、元のサイズが260mだから余裕で26mあって、そこいらの漁船よりよっぽどでかいのな。

    道の反対側にあるてつのくじら館にある潜水艦を謎の中国人が必死に写真を撮っていたのが良い思い出です。
    そしてあの中にいる人達は物凄いタフだと実感させられた。
    [ 2012/08/31 12:45 ] [ 編集 ]
  280. ※277
    実は英国が18インチ(457mm)砲搭載の軽巡フューリアスを竣工させてたりして。
    軍艦同士の殴り合いを想定していない高速軽装甲の船体に18インチ単装砲×2という如何にも頼りない仕様で。
    本来計画されたの出番(バルト海での対ドイツ艦砲射撃)が無いまま空母に改装されちゃったけど。

    大和の46cm砲は一度だけ敵艦に向けて砲撃する機会が有ったけど、威力が有り過ぎて砲弾は米護衛空母を障子紙の様に貫通して海底まで突き抜けて大爆発したという・・・
    あまりに鮮やかに貫通したので米空母は大穴が空いただけで沈没は免れたw
    [ 2012/08/31 13:40 ] [ 編集 ]
  281. ※275
    きっと今の日本人だって凄いよ
    [ 2012/08/31 18:42 ] [ 編集 ]
  282. 小学3年生の担任教師の旦那さんが信濃の乗組員でした・・・

    それに関東は「赤城」「榛名」「利根」古くは「浅間」などなど
    艦船の名前が多い土地柄なので、自然と頭に入りました。

    あなたのご近所の河川なども艦船の名前だったりするんですよ。
    [ 2012/08/31 18:55 ] [ 編集 ]
  283. >>252
    139とか185見て、どうぞ。
    これ見たら「帝国海軍は大艦巨砲主義」とか言えなくなるから。

    前も貼ってあったけど、この動画でも描かれてるからこれでもいいかも。
    ttp://www.nicovideo.jp/watch/sm8489580
    [ 2012/08/31 19:54 ] [ 編集 ]
  284. 大和は時代遅れの戦艦だったけどその技術は今もいかされてます
    バルバスバウは今の大型船舶に使われてるし主砲の回転台はビルの回転レストランに使われてるし
    [ 2012/08/31 20:54 ] [ 編集 ]
  285. >>284
    大和は設計思想も運用も決して時代遅れではないですよ・・・。
    141にあるけど、一般の理解と違って、かなり早い時期から積極的な運用をされてます。
    [ 2012/08/31 21:00 ] [ 編集 ]
  286. 測距儀などの光学兵器は今のニコンの躍進の原動力だしね。
    [ 2012/08/31 21:02 ] [ 編集 ]
  287. 何の役にも立たなかったとか言われてるけど、寧ろ多くの人を傷つける前に沈んでしまったから良いって思えるのかもな…
    これが『数えきれない人数を海の底に叩き込んだ戦艦』とかだったらちょっと複雑な気持ちになるかも。
    [ 2012/08/31 21:02 ] [ 編集 ]
  288. 280
    敵艦を沈めるような目立った活躍はないけど、伝説的な逸話は多いよね。
    夜中に敵潜水艦の魚雷の直撃を食らったけど、巨体が震動を打ち消してしまったので乗員の誰も気付かず、港に着いて初めて穴が空いてるが分かったという。
    デカイだけの木偶の坊とやっかむ外人もいるけど、完成度も素晴らしいものだった。
    [ 2012/08/31 21:09 ] [ 編集 ]
  289. 大和の魂は後の日本業界へ受け継がれているというのがとても
    心にくるものがある
    世界史上最高の戦艦は今も日本人と共に生き続けてるんだな
    [ 2012/08/31 23:03 ] [ 編集 ]
  290. ちょっと褒めすぎなきがしないでもない。
    ちなみに日本は海軍だけじゃなく陸軍も強かった。
    [ 2012/08/31 23:44 ] [ 編集 ]
  291. でも戦時中日本内では大和って極秘扱いで
    国民には知られてなかったんだっけ。
    代わりに長門だったかが象徴的扱いだったような。

    まぁそれはそれとしても、やっぱ単純にかっこいいよね。
    その上で、史上最大サイズや主砲、悲劇的な最期とあるからね。
    欲を言えば散るにしても、その主砲の威力もしっかり示してほしかったなぁ…
    [ 2012/09/01 00:55 ] [ 編集 ]
  292. 戦争の道具として作られたのに
    海外の人たちからこんなにも高い評価を受けているなんて
    驚きでしかない、でも嬉しいね。
    このように評価される船が、
    戦争の為ではなく作られたらいいと思う。
    [ 2012/09/01 01:18 ] [ 編集 ]
  293. ※273
    ディスカバリーに限らず、あちらさんのやり方はこうだよ。
    「俺らの戦闘機より強いゼロファイターだが、それでも俺らは
    戦争に勝ったんだぜヒャッハー!」
    敵を持ち上げる事で、より自国の勝利の価値を高められるというわけです。

    あと、大和が終戦まで仮に生き残れたとしても、現在まで残っているとは
    到底考えられませんね。
    水爆実験の標的艦となって無念の最期を遂げた長門の例があります。
    [ 2012/09/01 01:22 ] [ 編集 ]
  294. ※293
    あー、そうですねぇw
    あの手のランキングは最強戦闘機はマスタング、最も美しい戦闘機はスピットがお約束になってる。
    マスタングは「最強戦闘機の1つ」に過ぎないけど枢軸国側からWW2最強が選ばれる事は無い。
    スピットに至っては完全に主観w

    英国人は兵器の「最も美しい❍❍」を決めたがるけど、もっとも美しい戦艦はフッドなんだそうな。
    醜くはないが、それほど美しくも…
    [ 2012/09/01 02:01 ] [ 編集 ]
  295. よく訳知り顔で「空母は時代遅れ」とか「戦艦なんて無意味」とか言う奴いるけど、それ勘違いだから。重要なのは運営法。
    今でもアメリカ第7艦隊が世界最強と言われるのは空母があるからだよ。
    ミサイルが飛び交う現代であっても最後に行き着くのは陸上戦であり、その場合には制空権が絶対条件になる。空母打撃陣がなければ最強ではないのだ。だが空母にはミサイル迎撃能力はない。だからイージス艦で固めそれぞれの艦船を運用してこそ最強足りえるのだ。その意味でも大和は運用する手法、背景さえあれば充分に活躍できたであろう。残念だが特攻出撃しなければならない状況では出撃しただけ無駄であったが・・・
    [ 2012/09/01 08:54 ] [ 編集 ]
  296. 三笠もイギリス産じゃなかったっけ?
    [ 2012/09/01 13:08 ] [ 編集 ]
  297. 大和・武蔵が「アッサリ沈められた」とか言ってる軍事音痴が多いな
    あれは制空権を失った海域で行動させるという無茶をやったせいで、本来ならあり得ない数の航空戦力をたかだか一部隊に差し向けられるという異常事態だったのに
    真珠湾やマレー海戦レベルの航空攻撃なら余裕で生還できた
    [ 2012/09/01 14:25 ] [ 編集 ]
  298. 大和級は4艘が計画されてたんよね。
    大和、武蔵は計画通り世界最大最強の戦艦になった。
    3番艦の信濃は途中から空母に変更。

    攻撃力、装備、排水量に比してコンパクトなのは有名。
    特に側面攻撃(魚雷)の率を減らす為、全長は263mと短く押さえられた。
    そのかわり全幅が38.9mと長大化。
    日本はこれ(短く幅広)が実現できたが、アメリカはパナマ運河の幅(当時32.3m現在は49m)に制限されて出来んかったってのもあるね。
    [ 2012/09/01 14:57 ] [ 編集 ]
  299. 沖縄に着底してれば壮絶な戦闘になっただろうな。
    [ 2012/09/01 19:14 ] [ 編集 ]
  300. ■ 日本人が、失敗した軍事的建造物の象徴を誇りに思ってるのは興味深いな。
      ヤマトとその姉妹艦たちは、若者を死に追い込んでしまっただけだった。

    このコメントに感覚の差を感じるな。
    悲劇の艦だからこそ日本人からの思い入れが深い。
    第二次世界大戦後の日本人が遺物を陳列する目的はなによりも鎮魂と、当時の技術の平和転用への誇りを見せるためであって、アメリカのように戦果を誇るためではないのだから。
    [ 2012/09/01 19:17 ] [ 編集 ]
  301. 大和は魂
    戦争で勝つために造ったようには思えないw
    [ 2012/09/01 19:32 ] [ 編集 ]
  302. 信濃は建艦途中で放置されちゃったのが痛い・・
    空母が必要だ!→そこそこ完成してて建造停止している信濃を空母にしよう!
    だもんな、建造を止めた時点ですぐ空母に改装していれば2層格納庫にも出来て搭載機大幅アップ、マリアナくらいには間に合ったかもしれんねー。
    [ 2012/09/01 20:24 ] [ 編集 ]
  303. 外国人ってなんでも過剰すぎるくらい喜んでくれるからいいよね


    人を喜ばせたくて物づくりしてる人にとってこれほど嬉しいことはない

    大和を作った職人は、今もこんな形で大和が愛されてることを知っているのかな?
    [ 2012/09/01 21:21 ] [ 編集 ]
  304. 大和と武蔵は撃沈時の米側の猛攻を見るに
    連合艦隊健在時にはまず沈められることの無い
    防御能力と浸水に対する復元力があった
    じゃあ何で前線で活躍出来なかったかといえば
    国家予算の数パーセントに及ぶ莫大な建造費を掛けた
    大和型戦艦が万が一撃沈された場合の責任を
    誰も取りたくなかったからである
    同時に日本海軍の基本的な思想に艦隊保全主義と艦隊決戦主義があったため
    戦力の減少を極端に嫌って大胆な用兵が出来ない下地があった
    真珠湾ですら米側の反撃を恐れて戦略目標を破壊せずに撤退する体たらくだった程
    結局の所現在の官僚にも通ずる組織的硬直がまだ残っていた大和級の活躍の場を奪ったんだよね
    [ 2012/09/02 01:11 ] [ 編集 ]
  305. ≫304
    139見て物言え。
    [ 2012/09/02 03:13 ] [ 編集 ]
  306. ところで今も国によって軍艦の保有数って決められてるの?
    [ 2012/09/02 04:33 ] [ 編集 ]
  307. 潜水艦の方が萌える
    [ 2012/09/02 22:11 ] [ 編集 ]
  308. でかい=男のロマン
    [ 2012/09/03 01:04 ] [ 編集 ]
  309. 台北にあるEVERGREEN社の海事博物館にも大きな戦艦大和の模型が飾ってあるよ。
    1/144スケール。他の艦船が二列に並べて展示されているのに、大和と潜水艦の伊400だけは単体展示。大和の船上には小さな兵隊さんが一杯いる。
    大和のバックに 人無法創造時勢、只能随著時勢而流、掌握自己的方向。 People cannot direct the stream of time, but merely steer upon its currents.
    と書いてある。
    台湾へいったら寄ってみて。
    [ 2012/09/03 18:26 ] [ 編集 ]
  310. 下から5番目のアメリカのコメントが的を得ている。直接「戦艦大和」と関係ないけど、戦勝国でも一方的な歴史認識ではない人もいるのがわかってよかった。
    [ 2012/09/04 23:58 ] [ 編集 ]
  311. やや殺風景な感じするな
    それにしても大和は出し惜しみしてろくな戦果なかったな
    [ 2012/09/05 01:05 ] [ 編集 ]
  312. >よく知らないんだけど白人で戦勝国メディアの嘘を知ってる人ってどの位いるの?

    アメリカ人でこんなこと言ってる人は始めて見たけど、同じ白人でも欧州の人はわりとちゃんと知ってる人もいるよ。
    割合的にどの程度なのかわからないけど、学校でちゃんと教えてるとこもあるらしい。
    あとは専門的に歴史勉強してれば、なおさら真実に行き当たるだろうしね。
    ただし、特アは除く。
    [ 2012/09/05 02:25 ] [ 編集 ]
  313. ≫311
    一般に思われてるほど「出し惜しみ」なんてされてないんですよ。

    141に書かれてますが、ハナから敵に突っ込む役どころの先鋒を度々任されてます。結局会敵が上手く行かなかったから、そう思われてるだけで。
    [ 2012/09/05 08:49 ] [ 編集 ]
  314. 出し惜しみっていうか
    時代はもう戦艦ではなく空母で戦う時代になりつつあった
    大和の主砲は世界最強で当たれば現代の空母だってただではすまない威力だが大艦巨砲はもう時代遅れだった
    [ 2012/09/05 23:50 ] [ 編集 ]
  315. ≫314
    空母というか航空機ね。

    でもそれがひとまず証明されるのが昭和16年開戦劈頭のマレー沖海戦だったわけで、それ以前をごっちゃにするのはNG。

    そして両軍ともに航空機・空母を主軸とする体制替えが、ものになったのが昭和18年(1943年)。

    この場合、対空脅威をより深刻に考えざるを得なかった帝国海軍は「相対的に戦艦の価値が低下」したから積極的な運用に走った節があるけど、アメリカ側は「相対的に航空戦力が強力になった」から空母を使った、という部分が見えます。

    要はアメリカ側のほうが「大艦巨砲主義」だったわけで、実際にアメリカ側は大戦後半から有力な航空優勢を生かして戦艦部隊を運用し、度々日米戦艦群が相撃つ寸前まで行ってますが、結局実現せず、戦後非常に肩身の狭い思いをしたという一幕があります。
    [ 2012/09/06 02:51 ] [ 編集 ]
  316. 新幹線も飛行機も速さを突き詰めて行ったら美しいだろう?
    大和も早く強くを追求していったからあそこまで綺麗なんだよ。
    [ 2012/09/09 05:08 ] [ 編集 ]
  317. フォルムが凄く綺麗なんだよね
    [ 2012/09/09 13:50 ] [ 編集 ]
  318. 当時の日本の技術の粋を集めて造られた非常に美しい戦艦だよね。
    人殺しの道具を美しいなんて表現してはいけないのかもしれないが!
    惜しまれるは敗戦間際であまり活躍出来なかったことだよね。
    今、仮に造ろうとしても現在の技術をもってしてもできない部分がかなりあると聞きました。現在にに蘇らせるとして、いったい建造にどのくらいの費用が要るのか想像しただけでワクワクします。アメリカの原子力空母が一隻5000億ぐらいだから、そのくらいでできそうかな!
    [ 2012/09/10 19:21 ] [ 編集 ]
  319. ≫318
    5000億も掛かりませんね。当時で1億3000万程度なので、現在に直すと3000億円超といった所です(イージス艦2隻分程度)。

    当時の予算案に関してはこれどうぞ。
    ttp://www.nicovideo.jp/watch/sm8489580
    13分あたりから。

    復元に関しては結構古い本ですが、割と真剣に書かれた本があります。こっちも宜しければどうぞ。
    【よみがえる超戦艦「大和」―史上最強の巨艦「復元計画」 】
    ttp://p.tl/fTO9
    [ 2012/09/11 11:57 ] [ 編集 ]
  320. 大和には 皆の思いを載せて アニメで活躍してほしい
    [ 2012/09/17 10:56 ] [ 編集 ]
  321. 大艦巨砲主義がどうこう言ってる馬鹿がいるが、当時、
    まっとうな空母機動部隊を持っていた国は日本と米国だけ。
    欧州列強なんて当時の主力艦船はずっと戦艦だったし、
    イギリスですら現在に至るまでまともな空母任務群持ったことない。

    で、日本と共に唯一まともな空母群を持っていた米国も
    日本同様に空母と平行して巨大戦艦を造っている。
    しかも、まともなエアカバー下では強靱な防空プラット
    フォーム&化物じみた対地支援火力として大活躍している。

    WWII当時の戦艦を馬鹿にしている奴は只の馬鹿の後知恵。
    [ 2012/09/18 04:07 ] [ 編集 ]
  322. 時代の代わりを告げた戦艦だよな
    [ 2012/09/18 20:58 ] [ 編集 ]
  323. 大和の技術は無駄ではなかったと知ったときは嬉しかった
    当時の人々はあれを見てどれほど打ち震えただろうなあ
    [ 2012/09/19 17:09 ] [ 編集 ]
  324. 個人的にリメイクアニメのヤマトは好きだが、お姉さんキャラの多さに時代の代わりを感じた
    [ 2012/09/19 21:54 ] [ 編集 ]
  325. 尾道の実物大セット見てからココに行ったのは良い思い出。
    埼玉から車で行ったんだけど、片道11時間くらいかかったよー。
    [ 2012/09/26 12:56 ] [ 編集 ]
  326. 俺もフランス人に「マジノ線は偉大だった」と言ったら
    「あんな無駄なもの作りやがってアホが」と自嘲で返されたよ。
    戦争自体が無駄なことだけど時に壮大な無駄を作ることもあるな。
    [ 2012/10/02 20:26 ] [ 編集 ]
  327. 数次に渡るソロモン海戦には出撃させてほしかった
    トラック島で牡蠣にまみれて繋がれていたのは惜しい
    [ 2012/10/02 20:31 ] [ 編集 ]
  328. >>326
    141を。

    あと、マジノ線と違って、大和は建造の段階で結構革新的な物を残している点が全然違うかと。

    ≫327
    トラックを離れるわけに行かないんですよ。
    大西洋にいる敵軍が太平洋方面に来た時、抑えになるのはトラックの主力しか無いわけですから。
    [ 2012/10/03 02:17 ] [ 編集 ]
  329. 316 318 カタナも突き詰めたら美しくなってしまいました。


    People cannot direct the stream of time, but merely steer upon its currents

    人々は、時間の流れを指図することができませんが、単に、その流れで操縦することができます。

    機械翻訳なのでよくわからん。
    309の人はわかるのかな?
    [ 2012/10/08 22:05 ] [ 編集 ]
  330. 大和の技術がのちの造船とかで復興の礎になったんだから
    いいんじゃね。
    [ 2012/10/11 11:04 ] [ 編集 ]
  331.  
    大和と言う名、武蔵と言う名
    これだけでも、郷愁を誘うのに、戦争に入ってすぐに航空機が戦域の優劣を決めてしまう事実
    しかも、それを日本が世界に先駆けて証明してしまった

    そんな中で、武蔵は魚雷20発爆弾20発を受けてなお沈まず、これ程の航空攻撃に曝されるなど、建造当時は予想もしていなかった
    そんな背景を背負って沖縄への特攻作戦…、日本人ならこれで涙しないわけが無い
    永遠に残るんだよ、この艦の名は

    [ 2012/10/13 19:53 ] [ 編集 ]
  332. 大和の先端にある菊の紋を見たときの興奮と
    なぜか涙が流れたことは今でも忘れない!!!
    [ 2012/10/17 08:58 ] [ 編集 ]
  333. 沖縄を見殺しにしないために特攻した大和を日本人は忘れん
    [ 2012/10/18 15:00 ] [ 編集 ]
  334. 好きな事言ってるけどさ、結局「艦対艦最強」である事は間違い無いんじゃない?
    当時の戦艦の中では。
    活躍の場が無かったってだけで卑下したりするのは違うと思う。
    「対地特化」の飛行機が「対空特化」の飛行機に勝てるかどうかを議論する様な事に意味はない。
    もし異論があるなら空母や航空機を抜いた艦隊同士で、同数勝負をシュミってみると良いんじゃない?
    [ 2012/10/19 20:06 ] [ 編集 ]
  335. 戦艦一つまともに作ったことのないチョンがわらわしよるw
    [ 2012/10/19 23:38 ] [ 編集 ]
  336. チョンは黙れ!
    ※62・82>
    現在でも自国の技術で昔の戦艦どころかロケット・ミサイルすらマトモに造れない惨めなチョンは引っ込めや!!
    ざまあああああっwww!!
    [ 2012/10/29 00:32 ] [ 編集 ]
  337. これはすごいね。行って見たい。
    [ 2012/10/30 02:14 ] [ 編集 ]
  338. あ~も!やかましか!大和はかっこいいんだよ!
    [ 2012/10/30 21:47 ] [ 編集 ]
  339. いい加減な事言う人が多いなぁ。そもそも大和級に限らず、日本軍の軍艦の活動に対して制限加えなきゃならないのは、制空権の前に燃料が無いからだ。最初から動けない。各国共に戦艦自体は活躍する機会は沢山あった。

    また、戦艦だけ動けても意味がない。ビスマルク撃沈が良い例だけど、各種の船が有って初めて艦隊は機能する。強い船が有れば良いだけじゃ無い。また、それを支える支援艦や港湾施設が無ければ運用自体が出来ない事を忘れてはならないでしょう。
    (中国が空母用の基地作ってるでしょ?)

    >零戦
    あんなのただの欠陥兵器だ。生産性も悪い・防弾も施されて無い・格闘戦しか能がない。初期から中期に掛けて活躍出来たのは、錬度が高く・連合側の準備が整い切れて無いからだ。

    兵器の優秀性と言うのは、カタログデータだけで測る物じゃ無い。目に見えない部分、「生産・整備性、質実剛健さ、運用の柔軟性」等計り知れない部分もある。
    [ 2012/11/15 07:46 ] [ 編集 ]
  340. >生産性も悪い・
    生産性悪いなら他国も似たようなものでは?
    実際に零戦は三菱・中島だけでなく、練習用の発動機を日立に増産させる計画までありました。
    そして生産機数が国内トップですから、どこが「生産性悪い」のか・・・。

    >防弾も施されて無い
    ドイツのFw190系の最終型たるTa152と、イギリスのスピットファイアは防弾タンク未装備でした。豆な。
    で、52型乙以降の改修に関してはご存知ですよね?

    >初期から中期に掛けて活躍出来たのは、錬度が高く・連合側の準備が整い切れて無いからだ

    相対的にそれを優秀な兵器と呼ぶのでは?

    また、大戦中期近くになっても大損害を出した陸軍によるポートダーウィン空襲に比して、海軍の零戦隊はごく軽微な損害で済んでたり(スピットをボコったのもこの時)、本土防空戦に至っても出撃が抑えられるようになった6月まではラバウル後期並みの要撃を繰り返してます。これこそ、「兵器の優秀性と言うのは、カタログデータだけで測る物じゃ無い」と思いますがね。
    [ 2012/11/17 04:24 ] [ 編集 ]
  341.  
    大和民族の巨大戦艦は護衛もなしで
    魚雷と爆撃のフルボッコに遭いデカイ的となっただけでしたとさ
    。゚(゚´ω`゚)゚。出すの遅すぎー
    [ 2012/11/23 08:48 ] [ 編集 ]
  342. 大和格好いい~~
    実物見たら腰抜けそう
    [ 2012/11/28 10:44 ] [ 編集 ]
  343. 大和はほぼ実践で使われることなく終戦を迎えました。

    戦後アメリカは、大和に爆雷をつけ、艦砲射撃をして、
    わざと「天皇誕生日」に海に沈めました。

    それを思えば、何も自ら学ばず無駄に歳をとってきただけの
    この老人ら↓の腹たつこと。


    >そんなに凄い艦船なら、どうしてあんな簡単に沈んだんだ? アメリカ 74歳


    >日本人が、失敗した軍事的建造物の象徴を誇りに思ってるのは興味深いな。
    >ヤマトとその姉妹艦たちは、若者を死に追い込んでしまっただけだった。
    >少ないコストで敵に撃沈されてしまったわけだし。 アメリカ 56歳

    [ 2012/11/29 00:10 ] [ 編集 ]
  344. とにかくBGMはヤマトの主題歌、もしくは女声のおなじみの曲「あ~♪ あぁ~♪ あ~あ~あ~♪あ~あぁぁ~♪」にすべきだろ!そこ重要!
    [ 2012/12/01 01:02 ] [ 編集 ]
  345. 外国の人達とかとはちょっと見え方が違うのかも。
    何とか沖縄の人達を助けたい、アメリカに一矢報いたい。
    そう思って乗っていた先達、また最強の戦艦を目指して造った人達。その思いを「美しい」と感じる私達の思いが、その分だけ、増して「かっこいい・美しい」様に見えているんじゃないかと。
    だから、それが分からない人には分からない。ただのスタイリッシュな過去の遺物なんだろう。
    [ 2012/12/11 13:10 ] [ 編集 ]
  346. 太平洋戦争と同時に完成した大和なんぞ、戦後に完成した最新鋭英国戦艦ヴァンガード、フランス戦艦ジャン・ヴァールの前では遺物も同然。大艦巨砲主義に固執した愚の象徴たる大和型戦艦なんて、ヴァンガードの前部砲塔しか使わなくても叩き潰せるな
    [ 2012/12/15 21:33 ] [ 編集 ]
  347. >>346
    大鑑巨砲主義を捨てようとしたからこそ大和と武蔵で止まって信濃は空母になったんだが?
    主役は航空機に移ったのに戦後になっても戦艦造ってんじゃねーよw
    [ 2012/12/29 01:58 ] [ 編集 ]
  348. 高性能材料最前線
     島根県安来市に巨大な工場を構える日立金属が開発した新型冷間工具鋼 SLD-MAGIC(S-MAGIC)は微量な有機物の表面吸着により、金属では不可能といわれていた自己潤滑性能を実現した。この有機物の種類は広範囲で生物系から鉱物油に至る広い範囲で駆動するトライボケミカル反応を誘導する合金設計となっている。潤滑機械の設計思想を根本から変える革命的先端材料というものもある。
     このトライボケミカル反応にもノーベル物理学賞で有名になったグラフェン構造になるようになる機構らしいが応用化の速度にはインパクトがある。
    [ 2013/01/01 05:09 ] [ 編集 ]
  349. >>346は
    「ヤマトとアイオワが一対一で戦ったら、壮大な戦いになったことだろう。」

    この人と同じ位無知。
    正解は全く相手にならない。
    大和の装甲は世界の戦艦で貫けるのは大和の46センチ砲だけ。
    これは後にも先にも同じ事。現在でもいかなる砲弾でも貫けない。
    しかも大和の主砲の射程はアイオワの2倍以上。
    艦船対決なら間違いなく現代まで含めても最強だ。

    [ 2013/01/02 05:11 ] [ 編集 ]
  350. 素晴らしい鉄鋼材料
    >>348
    今月の、「プレス技術」を読みましたが、冷間工具鋼、SLD-MAGICのトライボロジー特性は凄いですね。微量の油をぬったセミドライ状態で、摩擦させるとまるでDLCのような自己潤滑性が出るなんて。コーティング費用分コストパフォーマンスが良く、いろんな摺動部品にも使えそうだ。
    [ 2013/01/12 19:12 ] [ 編集 ]
  351. >>346
    戦艦ヴァンガードは船体が新しいだけで、主砲は旧式の38センチ砲です。 戦艦ジャンバールの38センチ砲でも、20000mの距離で大和型「以外」の戦艦の主要装甲を貫通できる威力です。
    [ 2013/01/15 21:00 ] [ 編集 ]
  352. 大和型戦艦の建造は軍縮条約明け。どうも国際連盟の脱退と混同している人がいるようだな。

    ※288
    トラック島北方沖でアメリカ潜水艦スケートに雷撃されたエピソードだね。

    当時は海面が荒れていたこともあって、被雷箇所間近の兵員室で就寝していた乗組員たちは全く気が付かなかった。艦橋にいた宿直将校が傾斜計が右舷への傾斜を示していたことから、総員起こしをかけて調査を開始、そこへ随伴していた駆逐艦から、「貴艦の右舷後部に水柱が上がるのを確認した。雷撃と思われる」と信号が届いたので、増速して当該海域を離脱。乗組員は「さすが浮沈戦艦」と頼もしく思ったという。

    一方、魚雷を命中させた潜水艦の艦長マッキニー中佐は、大和が増速して離脱していくのを目撃して驚いたとか。

    大和型戦艦の防御は砲戦防御がメインだった。魚雷命中については重巡洋艦などから発射される大型魚雷が3本命中しても、注排水操作で戦列にとどまり、戦闘を継続できるように想定していた。

    敵の制空圏下に航空機の援護なく突入するという運用方法は、設計段階のそれとは全くかけ離れたもの。加えてあれだけの航空機魚雷を多数撃ち込まれれば撃沈されて当たり前。
    [ 2013/01/22 01:57 ] [ 編集 ]
  353. 金型革命
     先月の、「プレス技術」を読みましたが、高性能冷間工具鋼、SLD-MAGICのトライボロジー特性は凄いですね。微量の油をぬったセミドライ状態で、摩擦させるとまるで先端技術のDLCのような自己潤滑性が出るなんて。コーティング費用分コストパフォーマンスが良く、耐荷重能も2500MPaぐらいに高強度でいろんな転動・摩擦・摺動部品にも使えそうだ。
    [ 2013/02/03 18:53 ] [ 編集 ]
  354. 大和ってなんかしたっけ?
    金剛とか雪風とかのほうが凄いと思う
    雪風は、まあ、あれだけどw
    [ 2013/03/09 02:56 ] [ 編集 ]
  355. >大和って何かしたっけ?

    1,ウェーキへの敵迎撃
    2,第三次渾作戦への投入
    3,マリアナにて前衛部隊の空母直衛。後、泊地突入
    4,レイテにて敵制空権下で泊地突入
    5,沖縄への航空部隊支援として泊地突入


    あと、トラック在泊時にはほとんど全海軍部隊の指揮中枢。
    それと輸送と後詰め。

    前線に出て大砲敵に当てることだけが「戦果」じゃないよ?
    [ 2013/03/12 01:09 ] [ 編集 ]
  356. そもそも大和が世界最大なのは各国に優越する性能を明らかに先駆けて完成させたから(ほぼ1世代飛び越している)。
    しかも日本は武蔵までで戦艦の限界を理解して信濃は空母に変更した。
    英米仏は大和と同世代以降も戦艦を建造し続け、戦後に完成したものさえ複数ある。
    日本は空前絶後の戦艦を真っ先に造り、しかも洋上航空兵力によって戦艦の時代を真っ先に終わらせた。
    だから大和を越える戦艦は現れなかった。
    [ 2013/03/16 09:30 ] [ 編集 ]
  357. 名無しさん
    近代戦において戦艦の時代は、終わった事を世界に見せつけたはずの日本が一番巨艦巨砲主義の呪縛から離れられなかった
    [ 2013/03/17 17:55 ] [ 編集 ]
  358. >日本が一番巨艦巨砲主義の呪縛から離れられなかった

    違います。

    建造の割合や、ドクトリン(戦闘方法)など見ても、すでに戦前から帝国海軍は戦艦を見限ってます。
    ttp://www.nicovideo.jp/watch/sm8489580
    [ 2013/03/18 01:38 ] [ 編集 ]
  359. 開戦まで大艦巨砲主義が主流で航空機で戦艦を沈める事は不可能と考えられていた時代に工業生産能力で米国とは格段に劣る日本で方針転換でいきなり空母を量産できる訳がない。方針転換しようにも実現できない実状を無視して批判する事ことナンセンスの極み。
    [ 2013/03/25 01:36 ] [ 編集 ]
  360. そりゃ天一号作戦は無謀で無意味だったさ。
    けど、今まさに戦場となっている沖縄を黙って見捨てる事なんて出来ないでしょうよ。出来る限りの事をしてやりたいと思うでしょうよ。
    大和の戦いは日本人の誇りだと思うよ。

    だからサヨクがよく言う沖縄を盾にして見捨てたって主張だけはホントに許せないね。
    [ 2013/03/30 15:38 ] [ 編集 ]
  361. 大和の映画セットは行っておいて本当に良かった。
    大和の大きさそのものを体感できる機会なんてもうないだろうし。
    アイオワ級に比べてとにかく幅がでかい。タライが海に浮かんでいるようだったとの証言があるけど、その通りだと思ったよ。
    [ 2013/05/10 21:45 ] [ 編集 ]
  362. イタリアの戦艦と一緒で、出し惜しみが結局
    活躍の機会を失ったって感じだね。
    [ 2013/05/15 01:21 ] [ 編集 ]
  363. 日伊ともに戦艦群は燃料に都合がつく限り、積極的に前線に出てますよ?

    ここら辺りの誤解が定着しちゃってるのも日伊共通ですね。
    [ 2013/05/16 04:17 ] [ 編集 ]
  364. 大和の乗員3000名以上、僚艦に救助され生還された方は確か276名だったような・・。
    勇ましい部分ばかりがクローズアップされる事が多いが、鎮魂の海に眠る御霊は350mの海底にある。
    命を賭してこの国を最後まで守ろうと奮起してくれた兵士達には死ぬまでに一度、靖国でお礼を言わねばなるまい。
    [ 2013/05/21 01:47 ] [ 編集 ]
  365. 世論制御反対
     それにしてもトライボロジーの考え方で「摩擦は敵か味方か?」という下らん問題設定はどうにかして欲しい。いろいろあるが、摩擦が味方という方は、摺動距離(広島の修道じゃない)を長くするといった、構造的な工夫がいくらでもある(それでもコンパクトをなどと反論ソするが)。問題は、摩擦が的と考えているエンジニアである。そうすると、材料や潤滑剤といった物質制御の局面に入る。その苦労と言ったらものすごいと人生を振り返ると思うのである。とにかくこの設定は対称性はないことを若いエンジニアは肝に銘じて欲しい。
    [ 2013/05/28 20:25 ] [ 編集 ]
  366. 艦に良い名前を付けるもんじゃないってのはわかった
    [ 2013/06/03 01:39 ] [ 編集 ]
  367. 海自のDDHにいせとひゅうがの艦名使ったけど次の22DDHと24DDHがやまととむさしになる可能性あんのかなあ
    [ 2013/06/14 07:21 ] [ 編集 ]
  368. 大和型の3番艦・信濃を作るために横須賀のドックを拡張工事してあったおかげで、戦後の米空母は極東でも整備を受けることができたんですよね

    個人的にはドイツのビスマルク級なんか好きなんだけど、見学した日本海軍の人のコメントだと「こんなに装甲薄くて大丈夫なのか?」…あの船、見た目ほどじゃないのかw
    [ 2013/06/18 10:56 ] [ 編集 ]
  369. 大和は船体がポッキリと折れちゃってるから宇宙戦艦には出来ないけど
    武蔵なら大丈夫かも
    未だに海底を動き回っているそうだし
    [ 2013/06/21 12:42 ] [ 編集 ]
  370. 実際に見に行ったけど、
    かなり壮大だった!見てて飽きない。
    甲板の所々に船員がいたり笑

    この大和が展示してあるスペースを過ぎるとゼロ戦の本物が飾ってある。
    [ 2013/06/24 02:47 ] [ 編集 ]
  371. >ビスマルクは見た目ほどじゃないのか

    http://www.warbirds.jp/truth/bismarck.html

    とりあえずこれをどうぞ。

    まあ、伝説が一人歩きしてる感はありますよね…。
    [ 2013/07/12 07:44 ] [ 編集 ]
  372. 福岡県警はなぁ左翼創価学会支那帰化人公安体制やで~創価公安署長岡元の息子で西南大学商学部元福岡県警岡元大輔創価車1122から貰ったコンセントに反応した◯留米氏北野町高良◯721-1-ステラオブアリエッティ302創価公明豚鹿毛信義、古賀好男、八女市本村25総合庁舎監視室左翼創価学会荒木町藤田古賀重文。福301も1578bm中央府おささ5-16-58.501どぶす創価朝鮮左翼メンヘラ古賀麻里恵、創価豚糸数昌一、中国原チャリHONDAさ5263プラント本舗支那帰化人創価豚半晴誠吾、福○502み5078MARCH、朝鮮人管理人新木、福岡県警左翼朝鮮創価学会藤吉道史、左翼朝鮮創価学会政党はなぁ保守自民党の邪魔をする寄生虫やで~http://kurume-city.jugem.jp/
    [ 2013/07/23 17:36 ] [ 編集 ]
  373. ※352
    寧ろ撃沈されるまでに航空魚雷とはいえ9本も直撃を受けて浮いていたということが凄い。
    大和級以外であそこまで徹底した空襲を受けて沈まない艦等存在しえない。

    なんて話はさておき、役に立たなかっただのなんのと言ってる奴がいるが、そんなもんはどうだっていい。いや、よくはないんだが。

    大事なのは浪漫だよ浪漫!
    世界最大!世界最大の45口径46cm三連装砲3基、斉射時の総弾頭重量約13㌧を誇る圧倒的大火力!
    ハリネズミのように無数に設置された防空火器!副砲に15.5cm三連装砲2基!
    そして日本を意味する大和の名!
    要塞・・・!海上に浮かぶ圧倒的なまでの要塞・・・!
    全てが圧倒的浪漫じゃないか・・・!
    だからこそ世界中に戦艦大和のファンがいるんだ。
    戦後50年を過ぎて無駄だのなんの抜かす無粋な奴はこっちみんな。

    最後に靖国に眠る英霊と、第二次世界大戦を各々の国のために戦い、世界各地や水底に眠る全ての英霊の皆様に敬意と哀悼を。
    [ 2013/08/03 01:09 ] [ 編集 ]
  374. 正直アメリカにだけはとやかく言われる筋合いはない
    [ 2013/08/04 01:45 ] [ 編集 ]
  375. 正直、運用がどうとか時代遅れだったとかどうでもいい。
    あのフネは確かに存在した「事実」だけでいいんだよ。
    戦後数十年を経て大勢から愛されているのだから。

    数多カッコイイ艦艇は数あれど、あれ程美しい艦は同型艦
    武蔵以外は皆無だ。
    [ 2013/09/14 22:39 ] [ 編集 ]
  376. 外人さんの
    波動砲がないっ!!!
    ってコメントを期待してたのに・・・
    [ 2013/09/17 07:15 ] [ 編集 ]
  377. だってさ大和ができるほんの100年前はちょんまげしてペリーの黒船見ただけでたんだぜ? それを鑑みるとすごいと思わないか?
    [ 2013/09/19 00:03 ] [ 編集 ]
  378. 日本海軍は自ら戦艦の時代が終わった事を告げる海戦をやったのに何故戦艦を建造したのか理解できない
    [ 2013/10/05 22:44 ] [ 編集 ]
  379. >理解できない

    戦艦の計画・設計・起工から、竣工まで何年掛かると思う?
    [ 2013/10/07 03:46 ] [ 編集 ]
  380. ※378
    海軍首脳部のお歴々はまだ対艦巨砲主義の迷夢から醒めていなかった。

    大和は燃料を食いすぎる欠陥戦艦だった。まともに運用することすら難しくさせるほど運用コストが大きかった。
    総合的な視点、バランス感覚を欠いた欠陥品だ。
    今なら原子力機関を積めばいいのかもしれないけど。
    [ 2014/01/27 19:31 ] [ 編集 ]
  381. >380
    おまえは何を言っているんだ。

    大艦巨砲主義なんてのは戦後出来た造語で、定義すら曖昧だ。
    更に、大和型の燃料消費率はトン数で割っても良好な部類に入る。
    (主設計官の松本幾多郎が搭載量過大と判定したほど)

    あと何回も言われてるが、大和型二隻と同時に翔鶴型二隻と航空隊増強予算が通ってる。この航空予算は大和型に匹敵する額だぞ。

    で、燃料を問題とするなら、輸送船の大集団輸送の不効率や、水雷戦隊などの移動に気を配ったほうが燃料事情としては合理的。
    大和一隻なんぞより、よほど燃料喰うから。

    あと、大和はその運用思想からして、当初から他の戦艦隊だけでなく、水雷戦隊・航空部隊との連携も考慮されてる代物よ?
    (だから小型艦近接防御用の副砲と、対空装備が当初から充実している)

    あと原子力機関は、戦艦の仕事として敵艦の大重量砲弾が直撃した時、それに耐えられるかっつー問題がありますよ。
    [ 2014/01/28 23:56 ] [ 編集 ]
  382. 武蔵をウィキったら日本の記録で魚雷20,爆弾17,至近弾20以上。米軍の記録は魚雷25,爆弾44,ロケット9となっていたが、戦艦といえど一隻に投射する火力じゃないわ。そして陸奥も忘れないでください(;;)
    [ 2014/02/02 01:33 ] [ 編集 ]
  383. ①建造までの4年弱で戦争が大きく変化した。戦前から航空屋に「大型戦艦はもう無駄だ」とか言われていたが実戦でそれが証明されたのは大和が就役直前。真珠湾攻撃は就役の9日前。
    ②戦中日本は戦艦を建造していない(空母や航空戦力はがんばって補充してるし、建造中の3番艦は空母に改装)
    ③連合艦隊旗艦、第1戦隊期間としてそれなりに使われている。
    ④実は装備に比してコンパクト、最強防御、最大攻撃力。
    ⑤旗艦が最前線で攻撃を引き受けるとか考えにくいだろうね。
    ⑥最後の方は運用しようにも、護衛艦隊も航空戦力も油もない・・・。
    ⑦最期も一隻の戦艦に対して過大な戦力(全コメみればわかる)による撃沈。
    結果としてみれば一見活躍できなかったように見えるし、特攻のような任務を負わされて撃沈しているけど、技術の蓄積も含めて、大艦巨砲主義による無駄なんて言えないと思うけどね。
    技術者、乗組員、そして今でも戦艦というカテゴリーでは最強であろう大和に敬礼(」 ̄  ̄)。
    [ 2014/02/09 03:22 ] [ 編集 ]
  384. 名無し
    >351
    さりげなくジャン・バールの弱点も書いてるよW
    大和以外ってことは当然ジャン・バールも含まれるんだよね?
    安全距離で自分の主砲弾に耐えられないのなら戦艦としては欠点でないの?
    [ 2014/03/16 20:55 ] [ 編集 ]
  385. 江戸城復活させようとしてるおっさん達が居るが、
    復活させるなら大和だよな。クルージングで客寄せ、
    内部は資料館とカジノ、レストラン。
    災害時には救助活動が出来るように、
    医療設備も充実させてしまえばいい。
    予算? そんなもの在日外国人に払ってやってる、
    生活保護を打ち切るだけでいいんだぜw
    [ 2014/04/26 20:20 ] [ 編集 ]
  386. ※380
    燃費は金剛や長門と変わらんかったはず。
    大きい分燃料喰うだろうけど。
    それを欠陥と言うなら艦ではなく計画自体がだろ。
    [ 2014/05/26 13:01 ] [ 編集 ]
  387. これだけの技術と、精巧さを潜水艦や大型爆撃機や
    空母に・・・・・・・

    いややめておこう。これでよかったんだ。
    [ 2014/05/29 13:36 ] [ 編集 ]
  388. イギリス人が軍縮条約を破って作ったって言ってるけどなあー
    そもそもその軍縮が日本だけ凹るような不平等軍縮だったじゃねえか
    つくづく白人って都合良く日本が悪者のように教えてるのな
    韓国並みに卑劣だぜ
    [ 2014/07/09 00:26 ] [ 編集 ]
  389. それにいつ見てもこのミュージアムの大和って逆光に設置したのが萎えるわ
    [ 2014/07/09 00:27 ] [ 編集 ]
  390. ミッドウェーで大和を効果的に使えてれば、赤城加賀飛龍蒼龍を失わずにすんだかもなあ。
    [ 2014/09/24 20:49 ] [ 編集 ]
  391. イギリスも軍縮の条約を破ってこれくらいの戦艦作れればなぁ。
      そう、日本の戦艦はたしかに大きいが、それは条約を破ったからなんだ。
      俺達はそれを傍観していたけどね。


    ↑笑った
    こいつらこういう戦勝国の嘘教育まみれになってるのな
    おまえら、日本に分の悪い条約を押しつけてきたからじゃねえか
    開国以来日米和親条約はじめ、スーパー301条、プラザ合意にTPPとありとあらゆる不平等条約の犯罪国家なのを知っておけよ
    [ 2014/10/08 11:33 ] [ 編集 ]
  392. 次世代大和には光学主砲と
    光子力エネルギーとゲッター線を使った
    波動砲が取り付けられるんですね。

    現実的な方ではナデシコかなぁ、
    と空気を読まず書いてみる。

    大和という名前が日本を表している
    魂そのものなんじゃないかと感じている。
    だって日本(やまと)の国の人だもの。
    [ 2014/10/08 23:15 ] [ 編集 ]
  393. 日本はやまとを造るのは間違いだった。
    アメリカより先に原爆を造れば勝てたのにな。
    あの当時、原爆を造るプランがあったのに大和製造で予算がなかったらしい。
    [ 2014/11/05 05:00 ] [ 編集 ]

  394. >大和という、このあまりにも象徴的な名前でなかったら、
    >ここまで日本人の心に刻まれてなかったのかな、とふと思ったんです>けど、どうなんでしょう。そんなことはないのかな。

    管理人様、良いところを突かれています。
    軍艦名は2つの候補があり、一説によると大和のもう一つの名は「飛騨」だったそうです。
    戦艦「飛騨」・・・
    う~ん、微妙かも。




    [ 2014/12/11 11:19 ] [ 編集 ]
  395. ワロタ
    大和にネガティブな発言が自虐日本人やナリスマシと同じでww
    しかも少ない
    v-218さらに見事な返り討ちにあってる
    [ 2015/05/24 17:39 ] [ 編集 ]
  396. ※393
    連合国より遙かに立派な潜水艦を持ちながら
    欧米と違って武士道から商船への攻撃は行わなかった日本
    核兵器作ったところで先制して落とさないだろう

    アメリカで解かれた機密文書や当事者が書いた書物に
    日本は戦争に追い込まれ宣戦布告なしの攻撃を仕掛けたのはアメリカだとわかっている
    しかも降伏の通達も黙さつされて核兵器(人体実験作戦)を落とされたことまで出ている

    世界で一番の歴史知らずはプレスコード洗脳100%の戦後日本人かもしれない
    [ 2015/05/24 17:47 ] [ 編集 ]
  397. 大和は日本人の魂の象徴。と言われてはいるが、
    当時は見たことのある日本人もあまりいなかったらしい。
    あるお婆ちゃんから聞いた話なんだが、
    軍事機密なのか、大和がいる時に通りかかる列車に乗っていると窓の木戸を閉めさせられたそうだ。
    [ 2015/06/12 17:56 ] [ 編集 ]
  398. 一度横須賀でジョージ・ワシントン乗ったけど、岸壁で見上げる船の大きさに圧倒された。
    あれと同じぐらいの大きさの船に巨大な主砲を含む壮大な構造物が乗っかってるのを想像するだけで胸のワクテカが止まらない。。。
    [ 2015/07/16 14:27 ] [ 編集 ]
  399. 「引き上げずにそっとしておく」
    このセリフを使う人物は、『意識高そうな発言』に酔ってるだけで
    実は遺族に対して何ら配慮していないことに注意。

    まず引き上げる。遺品等回収する。諸々検証する。弔う。そっとしておく。
    この順番が大事なのであって、最後の一つだけしかやらないってのは
    思考停止して放置しているだけでしかない
    [ 2015/12/27 19:53 ] [ 編集 ]
  400. 平賀案ということで性能的にはいろいろ不満もあるんだけど、
    「美しさ」という点では間違いなく「最高」だと思う。
    [ 2016/03/05 07:56 ] [ 編集 ]
  401. 高性能な工業製品は美しく見えるもんだよ。
    それだけ大和は高性能だったんだろう。

    アイオワと比べられちゃうが同年代のサウスダコタと比べれば高性能さ抜きん出てるしな。

    アイオワも高性能なだけあってやはり美しい。
    [ 2016/03/16 10:44 ] [ 編集 ]
  402. 大和は単なる巨艦では無くて、造船技術の最高峰だそうです。
    究極の職人芸の集大成なため、現代の造船技術では同じものは
    造れないと聞きました。
    [ 2016/04/18 19:04 ] [ 編集 ]
  403.  
    「大和は決して巨大ではない。
     あの軍装の割にはコンパクトなサイズ」

    とテレビで言ってたのが印象的だったなぁ。
    [ 2016/05/08 23:39 ] [ 編集 ]
  404. あの大砲を積む戦艦としては奇跡のように小さいらしいからね。
    でも尾道にあった原寸大の大和の映画セットは驚くほどデカかった。
    [ 2016/07/11 20:40 ] [ 編集 ]
  405. >日本とドイツは奇妙な武器を作ろうとしてたけど
    元宗主国も見てあげてください!
    [ 2016/08/13 03:26 ] [ 編集 ]
  406. アイオワ級は装甲を犠牲にしてるから大和と撃ち合ったらまず勝てないだろうな
    大和は最大650mmとかいう人類史上最もぶ厚い装甲板を持つから・・・
    [ 2016/09/22 09:11 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ごあいさつ


人気ブログランキングへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
おすすめサイトさま

日本視覚文化研究会
ニュース速報まとめ桜
ニュース速報まとめ梅



JAPAN CLASS 最新刊
全国書店にて絶賛発売中


管理人:ニャン吉
副管理人:kite

月別アーカイブ
人気の記事(PC)
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
アクセスランキング

スポンサード リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランダム記事





ブログパーツ アクセスランキング