パンドラの憂鬱

Powered By 画RSS



【海外の反応】 新撰組を見た外国人の反応

日本史の中でもとりわけ人気の高い幕末期。
その幕末期の人物の中でも抜群の人気を誇る新撰組の隊士たち。
私の場合は小説から得るイメージがすべてなんですが、
それぞれに抜群の個性があって、やっぱかっこいいですもんね。

新撰組といえば浅葱色にだんだら模様の羽織ですが、
初めの一年くらいしか着用していなかったと聞いたことがあります。
また、この羽織のほうは現在の大丸で、
赤地に「誠」の一文字で知られる隊旗のほうは高島屋で作られたそうです。

さて、それでは海外の方の反応を見てみましょう。






・新撰組の13人の創設者に敬意を。 フィリピン




・自分がアニメや漫画で新撰組を見たのは、
 「新撰組異聞PEACE MAKER」だったけど、
 やっぱ、史実的には正確じゃないみたい。 アメリカ



・「るろうに剣心」の新撰組の背景は正確だけどね。
 斉藤一も作者の和月が歴史から想像して作り上げたわけだし。
 まあ斉藤の写真は一枚しか残っていないから、
 彼の本当の顔立ちや立ち居振る舞いは誰も分からない。
 俺たちが分かるのは、彼が一刀流剣術を学んでいたことだけ。
 和月は自分なりに名前をつけ、「牙突」と呼ばせてるけど。 アメリカ




・素晴らしい!私は新撰組と沖田総司が好きなのよね。
 特に漫画「風光る」の中の彼がね^_^ +2 ドイツ




・新撰組の中で、誰が最強だったんだ?
 沖田総司か斉藤一? アメリカ



   ・土方はいいよね。だけど斉藤一と沖田総司のほうがより恐ろしい。
    彼らは土方よりも優れた技術を持ってたから。
    永倉新八は二人と同じレベルにいたけどね。 +3 オーストラリア



   ・土方だって優れた剣士だったよ。 オーストラリア



   ・ある者は沖田が上だと言い、またある者は斉藤を支持するだろうが、
    彼ら二人が新撰組で最強だったのは間違いない。 +2 アメリカ




   ・もし斉藤と沖田が戦ったら、沖田が勝つだろうね。
    彼は素晴らしい技術を持った剣士で、またそう認識されていた。
    あの近藤勇すら恐れさせたんだ。 アメリカ




・彼らが「るろうに剣心」のゲームに出てきたらクールじゃない? オランダ




・正しく言わせてもらうと、新撰組はサムライだったわけじゃない。
 2人くらいはサムライの家系に属してたけど、
 彼ら自身はサムライだったわけじゃない。 アメリカ




・日本の文化って本当に興味深いよね。
 信念のために戦ったサムライたちに敬意を表するよ。 +4 フィリピン




・羽織の色が違うのは、仕事の内容によって変わるんじゃないかね。 アメリカ




・「るろうに剣心」のOVAは絶対見たほうがいいぞ。
 剣心と新撰組の戦いは血みどろだけどな。 ペルー





・すんごくいい。新撰組、ってかサムライが好きだ。 ロシア




・マジでかっこいい・・・。
 日本の歴史と新撰組が大好きなんだよね。 +12 アメリカ




・沖田は結核で若くして亡くなってしまったんだよね。
 劇中で吐血してるのはそのためだろうな。 +2 国籍不明
  



・壬生の狼!!! XD アメリカ




・どの映画を見ても、この襲撃の様子をまったく同じだ。
 池田屋作りでさえ似てるもの。歴史的根拠が残ってるのかな? アメリカ




・新撰組最高。彼らは日本の中でも最高の剣士たちだったよね。
 自分も新撰組の一員だったら、って思うよ。
 斉藤一の大ファンなんだ。 +4 メキシコ




・日本を愛してる。 +23 ベネズエラ




・新撰組はかっこいい!!!
 お気に入りのサムライ組織だよ。新撰組が一番!!! +2 オーストラリア




・人気があるのは分かる。だけどこれだけは忘れるなよ。
 新撰組は、日本の近代化を邪魔したんだ。 +3 シンガポール 
 
 

  ・近代化が伝統を殺したことも忘れちゃいかんぞ。
   近代日本は偉大な男たちを追い詰めたんだ! ドイツ




・ほんといいわ・・・。 トルコ




・俺は心から新撰組を尊敬する。
 彼らは信念のために命を落とすまで戦ったんだ。 シンガポール



  



関連記事
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑皆様の応援が、皆様が考えている以上に励みになります。
[ 2011/05/09 12:42 ] 文化・歴史 | TB(0) | CM(136)
Powered By 画RSS
  1. 土方を熱く語る教師がいた
    [ 2011/05/09 13:21 ] [ 編集 ]
  2. シンガポールの奴の言い方だと、近代の方が優れているみたいな言い方だな。
    幕末に、どちらがよかった、正しかったなんてことはないのに。
    [ 2011/05/09 13:23 ] [ 編集 ]
  3. 近代が優れていると思っているシンガポールに、伝統を重視してるドイツ…お国柄が出てるなw

    好き!とかカッコイイ!というコメントの中で、
    隊士に武家出身はほとんどいない、と知っているアメリカが何気なく濃い
    [ 2011/05/09 13:49 ] [ 編集 ]
  4.  
    ・近代化が伝統を殺したことも忘れちゃいかんぞ。
       近代日本は偉大な男たちを殺したんだ! ドイツ

    さすがドイツ
    いい切り返しだw
    [ 2011/05/09 14:06 ] [ 編集 ]
  5.  
    幕末期のトップ層の剣士、戦さバリバリやりまくってた戦国期の武士・剣士、さらにはそれ以前の武士
    それぞれとで真剣勝負の死合いやったら一体どこが強いか、つうかどれくらい強さの次元が違ったんだろうかね。昔の方かそれとも300年剣道やりつづけて発達(衰退?)した後世の方がつおいのか
    [ 2011/05/09 14:39 ] [ 編集 ]
  6.  
    >自分も新撰組の一員だったら、って思うよ。

    コイツは分かってて言ってるんだろうか?w
    おそろしや
    [ 2011/05/09 14:40 ] [ 編集 ]
  7. おっちゃん的には土方=栗塚旭、沖田=島田順司だな
    シンガポールの人は30年くらい前の日本人的だな
    あの頃は戦前否定で佐幕派はみんな悪党だったから
    勤王派もテロリストみたいな奴がいたなんて話は
    その後の江戸再発見ブームからだ
    [ 2011/05/09 14:49 ] [ 編集 ]
  8. シンガポールはシナの大量移民征服政策が完了した国。
    マレー人14%・シナ畜77%となってしまい、
    もはや、マレー人の国ではなくなってしまった。
    シナ畜が、シンガポールの歴史・文化など尊重するわけが無い。
    ちなみに、
    インドネシアは華僑の集団追放政策により、
    東南アジア各国で乗っ取りを回避した数少ない国。
    日本もシナの内部侵略が続いている現状。
    [ 2011/05/09 15:02 ] [ 編集 ]
  9. 新撰組は確かに傍から見るとカッコいいのかもしれない。
    でも新撰組の正義が素晴らしいものとは思えない。
    ま、何をもって正義とするのかは人それぞれだけどね。
    [ 2011/05/09 15:12 ] [ 編集 ]
  10. 阪本龍馬は過剰に英雄視されてるのに、新撰組やら白虎隊やらの時代劇ではいつも長州と薩摩は悪役。
    [ 2011/05/09 15:37 ] [ 編集 ]
  11. 最強は吉村貫一郎。異論は認める。
    [ 2011/05/09 15:56 ] [ 編集 ]
  12. 当時バリバリ近代的だったドイツは伝統って大切だよねと言い、
    近代化に失敗してたというか植民地だったシンガポールは近代化って言う。
    [ 2011/05/09 16:22 ] [ 編集 ]
  13. 試合して一番強かったのは永倉新八って記録が一応残っている。沖田は二番。

    歴史に興味のなかったころは、漠然と真撰組ってかっこいいヒーローなイメージがあったが、興味を持って坂本龍馬とか色んな幕末志士とか色々調べてるうちに、
    「何かと邪魔する奴」ってイメージが・・・
    [ 2011/05/09 16:39 ] [ 編集 ]
  14.   
    昔の俳優て渋い人多いね。かっこいいわ。
    [ 2011/05/09 16:53 ] [ 編集 ]
  15. 新撰組を見た、っていうタイトルでなんか笑ってしまった
    [ 2011/05/09 17:10 ] [ 編集 ]
  16. 新撰組最強は服部武雄だと思う。
    [ 2011/05/09 17:20 ] [ 編集 ]
  17. 邪魔だといっても彼らは彼らなりの行動をしたわけであって云々
    しかしまあ歴史に残るくらいの認知度があったんでしょうなぁ
    [ 2011/05/09 17:36 ] [ 編集 ]
  18. 当て字や幼名混じりの署名も見たことある気はするけど、
    やっぱ「総司」の方がしっくり来るのでは…
    [ 2011/05/09 17:47 ] [ 編集 ]
  19. 最後の方、新撰組のメンツが洋装化していくのが凄く短い間なのに時代の急激な流れを感じる。
    この気持ちをどう表して良いのか分からない。

    そしてしょこたんは親父に良く似ている。
    [ 2011/05/09 17:52 ] [ 編集 ]
  20. 京で恐いは新撰組よ、ニッコリ笑って人を斬る
    >5
    >それぞれとで真剣勝負の死合いやったら一体どこが強いか、

    それぞれの得手不得手があるから、「どれが強いか」となると、
    それぞれの得手とする戦場で最も強い、という事になるかなぁ。

    ・平安・鎌倉武士
    得意技術:主に弓術、薙刀、矛、剣術、相撲など?(槍は鎌倉末期に登場)
    戦闘傾向:集団戦でも個人の武勇を重視。また戦の作法を重視。
    甲冑装備:大鎧、胴丸、腹巻、腹当、

    ・戦国武士
    得意技術:槍術、介者剣術、甲冑組討らの総合武術流派。末期は砲術も。
    戦闘傾向:剣豪個人の強さより足軽などの集団戦を重視。作法より兵法。
    甲冑装備:末期に胴丸から当世具足へ推移(旧琉球では鎌倉と大差なし)。

    ・幕末剣士
    得意技術:剣術、柔術、西洋砲術など。総合ではなく一流派一技術の傾向。
    戦闘傾向:市街戦が得意。人斬りはテロ、新撰組は集団での対テロなど。
    甲冑装備:平服、鎖帷子、胴、西洋風の軍服などといった軽装

    甲冑着て馬乗って個人同士で弓を射ち合えば平安・鎌倉武士が最強。
    同じく甲冑着て集団で合戦やれば戦国武士が最強。
    平服同士で平時にテロや対テロやるんなら幕末剣士が最強。そんな感じ?
    戦国武士は、今で言えば軍人寄り。幕末剣士は、今で言えば警察や
    テロリスト寄りな印象。

    まぁ、これはごくごく単純化したモデルで、例えば戦国武士であっても
    合戦をしていない旅の武芸者(修行中の宮本武蔵とかそんなん)みたい
    なのが居て、平服での剣術も卒なくこなしたりもしそうだけれど。

    長文失礼
    [ 2011/05/09 18:29 ] [ 編集 ]
  21.  
    今も生きてる土方さんが最強きまってるだろjk
    [ 2011/05/09 19:02 ] [ 編集 ]
  22. >コメント18さん
    普通にミスってました。
    ご指摘ありがとうございますm(__)m
    [ 2011/05/09 19:07 ] [ 編集 ]
  23. 服部武雄を挙げる通気取りが出るだろうと思ったらもう出てた。
    [ 2011/05/09 19:17 ] [ 編集 ]
  24.  
    まあ、海外のライトな人はるろ剣思い浮かべるわなぁ

    燃えよ剣から入った人間なんて、あっちじゃごく少数派なんだろう
    どっちがどうって言うわけじゃないけど
    [ 2011/05/09 19:18 ] [ 編集 ]
  25. しょこたんのお父さんマジイケメン
    [ 2011/05/09 19:30 ] [ 編集 ]
  26. 土方はイケメン
    [ 2011/05/09 19:33 ] [ 編集 ]
  27. 永倉いわく、「沖田は猛者の剣、斎藤は無敵の剣」
    [ 2011/05/09 19:42 ] [ 編集 ]
  28. 試合(競技)での勝利が最強ってわけではないから、誰が強いというのは永遠にわからないだろうね。
     
    [ 2011/05/09 19:46 ] [ 編集 ]
  29. 隊士同士で試合させたら島田魁あたりが強そう
    [ 2011/05/09 20:16 ] [ 編集 ]
  30. 日本の近代化は、これがあったから早まったとか遅れたとか断定することはまず不可能だよね
    最近では「日本は江戸時代にはすでに近代化していた」とする説が濃厚みたいだし

    沖田総司はずるいw
    まず名前がかっこいいもんw

    [ 2011/05/09 20:20 ] [ 編集 ]
  31. 沖田総司本人の写真ほどがっかりさせられたものはない…
    [ 2011/05/09 20:50 ] [ 編集 ]
  32. ヴィキで見たら池田屋の建物は1960年代まで残ってたみたいだね。
    その後、パチンコ屋になって取り壊されたみたいだけど。
    歴史的建造物をパチンコごときで取り壊すなんて、
    日本って馬鹿だよね・・・
    [ 2011/05/09 21:01 ] [ 編集 ]
  33.  
    >シンガポールの人は30年くらい前の日本人的だな
    >あの頃は戦前否定で佐幕派はみんな悪党だったから

    んなこたない。30年前の大河ドラマ検索してみなよ。
    大村益次郎や大久保利通が主役の幕末ドラマばかりだから。
    ここ近年の新撰組あげが異様にうつるくらいだ。
    [ 2011/05/09 21:06 ] [ 編集 ]
  34. 沖田総司の写真なんてあったか?
    微妙な顔の姉の写真なら見た事あるが。
    姉と弟で似ているとも限らないぞ。女は一般に父親似だし男は母親似だから。

    写真残ってる勝海舟と土方はマジイケメン。中身もかっこいい。
    [ 2011/05/09 21:10 ] [ 編集 ]
  35. 新撰組ファンを大勢作った「燃えよ剣」が1962-64だからなあ。
    それまでは新撰組って単なる悪役っぽかったし。
    人気が出た後だったらパチ屋になんかしなかったろうし、せめて移築とかしたんだろうけどな。
    しかし惜しいよなあ…
    ほんとなんで残さなかったんだ馬鹿!って言いたくなる。
    [ 2011/05/09 21:15 ] [ 編集 ]
  36. >>34
    沖田の写真は残ってないよね。
    親戚の人を元に多分こんな感じ…?って改造した写真みたいな絵?があるからそれのことかと。
    すごい下膨れのやつ。あれは確かに勘弁w
    [ 2011/05/09 21:32 ] [ 編集 ]
  37.  
    土方は現代でもイケメンで通るなw
    [ 2011/05/09 21:56 ] [ 編集 ]
  38. >>33は勘違い、>>7の中の方ごめんなさい
    [ 2011/05/09 22:17 ] [ 編集 ]
  39. 新選組なんか幕末にチョロチョロ動いた百姓上がりのニセ武士じゃないか。こんなのを評価してんのは、関東の連中だけだろ?
    [ 2011/05/09 22:30 ] [ 編集 ]
  40. 新撰組また流行ってるっぽいね。
    同僚がGWに壬生寺に行ったらしいんだが絵馬が「某乙女ゲー大好き」とかばっからしいw
    そういうのは頭の中だけに留めとけよ…って思っちゃった。
    [ 2011/05/09 22:41 ] [ 編集 ]
  41. >39

    池田屋事件での戦いぶりを見ると確かに強かったし、京都大火を防いだわけだし
    あと北海道での土方さんの指揮や戦いぶり等見ても侍だと思うけどなぁ
    義経や真田幸村みたいに日本人は滅ぶ者に美学を感じるから人気があるのかも
    かっこいいけど悲惨だよね。
    [ 2011/05/09 22:46 ] [ 編集 ]
  42. そうか、日本人にとっては、欧米スタイルのTシャツ着てる期間よりも、刀振り回したり、着物着てる期間の方が長いん
    だよな・・・
    当然だけど、何か不思議な感じ
    [ 2011/05/09 22:50 ] [ 編集 ]
  43. >32

    今はもうパチンコ屋は無くなって、新撰組をテーマにした居酒屋になってるよ。
    [ 2011/05/09 23:17 ] [ 編集 ]
  44. 土方は写真残ってて良かったよな。
    言い伝えだけだと昭和あたりで色白の美男子ってのをスルーされて
    めっさ恐い豪傑なイメージに塗り替えられ兼ねんからな。
    [ 2011/05/09 23:22 ] [ 編集 ]
  45. 新選組て言ったら銀魂くらいしかわかんないや
    [ 2011/05/09 23:33 ] [ 編集 ]
  46. 時代劇見たくなってきたw
    [ 2011/05/09 23:35 ] [ 編集 ]
  47. 新選組の良さが分からないマジ分からない
    こいつらどんな歴史的偉業をなしたの?
    時代に乗り遅れた田舎侍が何でこんなにもてはやされてるのかワケワカメ

    まあ俺が長州と徳川贔屓だからかもしらんが・・・
    長州は最近光当たってきてるからともかく
    幕末の徳川はもう一度再評価されるべきだと思うわ
    [ 2011/05/09 23:55 ] [ 編集 ]
  48.  
    近藤勇が好きだ
    農民の子が田舎道場の養子になってどんどん出世していくのが好き
    昔からの知り合いである仲間に慕われてるのが好き
    仲間割れして殺したり殺されそうになったり
    仲間が離れていったりするのが悲劇的で好き
    最後切腹も許されず斬首されてしまうのがかわいそうでますます好き
    [ 2011/05/10 00:08 ] [ 編集 ]
  49. 自分が信じた物の為に命をかけた所・・・とかに感動する人がいるんじゃないかな・・・。勝手な想像だけど・・・。
    [ 2011/05/10 00:08 ] [ 編集 ]
  50.  
    つくづくパチョンコは百害あって一利なしだな・・・
    [ 2011/05/10 00:15 ] [ 編集 ]
  51. 変わっていく事が正しいのかどうかなんて後にならないと分からんものさ
    昔京都に住んでた婆ちゃんの話を聞いてると、民衆にはあまり良く思われてなかったみたいだけど。
    しかし新撰組ブームが訪れるやちゃっかり便乗して観光産業に取り入れる京都人。結構な商売人である。
    [ 2011/05/10 00:17 ] [ 編集 ]
  52. るろうに剣心(笑)
    壬生の狼(笑)
    [ 2011/05/10 00:48 ] [ 編集 ]
  53.  
    >>47

    京都の治安を守った。
    当時の情勢で言えば夷派浪士はただのテロリストだからな
    [ 2011/05/10 00:54 ] [ 編集 ]
  54. >>49
    若者の青春があったり剣の達人だったり
    着色する要素が多かった。
    龍馬とかもそうだが評価より
    物語にしやすいかが肝心なんだよ。
    桂なんて面白みがないじゃない。
    [ 2011/05/10 01:09 ] [ 編集 ]
  55. まぁるろ剣OVAは見るべきだな。
    アニメにも関わらず、アメリカの週間DVD総合ランキングで7位を勝ち取っただけのことはある。
    原作に改変が入って闇の武の長はカッコイイし、巴も綾波のパクリっぽくないちゃんとした美人になってるし
    [ 2011/05/10 02:12 ] [ 編集 ]
  56. 土方はイケメンだけど
    美男五人衆とやらは
    もっとイケてたのだろうか?
    [ 2011/05/10 05:13 ] [ 編集 ]
  57. 専門家は、純粋な剣の実力では近藤勇が最も卓越していたとみる人が多いみたい
    その根拠とされるのが、あれだけ斬り合いをしていながら
    近藤の剣だけは刃こぼれ一つしていなかったという逸話
    刀を合わせると刃が痛むから、剣を受ける前に即座に肉体だけ斬り続けていたんだね
    これは超絶的に技術が卓越していないとできない芸当で、
    それ故におそらく近藤が最強だったとされるのだそうだ
    [ 2011/05/10 05:49 ] [ 編集 ]
  58. るろ検って人気なんだね
    OVAは見ると鬱になる…
    [ 2011/05/10 06:07 ] [ 編集 ]
  59. 今BSプレミアムでやってる「新撰組血風録」面白いよ!
    最近のドラマではすっかり影を潜めてしまった骨太な男の
    ドラマです。
    オープニングやナレーションも昔風にあえて古臭く
    してる感じもイイ。
    [ 2011/05/10 08:24 ] [ 編集 ]
  60.  
    ここでもアニメの影響はでかいのか・・・
    政府が海外でどれだけ税金かけて日本文化のイベントしようが
    30分の違法アニメで事足りてしまうこのコスパの良さ。
    [ 2011/05/10 11:00 ] [ 編集 ]
  61. 俺はIT土方歳三
    [ 2011/05/10 11:39 ] [ 編集 ]
  62.  
    なぜ、新撰組がもてはやされるのかわからん
    ただの反幕府勢力の粛清部隊なのに、ぜんぜん綺麗な物じゃないのにな
    [ 2011/05/10 11:52 ] [ 編集 ]
  63.  
    しょこたんの親父かっけぇ。
    [ 2011/05/10 13:43 ] [ 編集 ]
  64. 俺も好きになれる要素がないね
    まず新撰組て美しくない
    立場上戦えず逃げることしかできない相手に強かっただけ
    しかも戦い方はいつも卑怯で汚い

    実際、後に鳥羽伏見の戦いという薩長藩士との正面勝負になるとコテンパンにやられて敗退するしね
    大儀があったにせよ、悲劇的というよりはむしろ無様としかみえない
    [ 2011/05/10 15:14 ] [ 編集 ]
  65. 新撰組が近代化の邪魔?
    何言ってんだこのシンガポール人は!
    尊王攘夷の意味分かった上での発言か?
    それともただの無知なのか?
    日本を開国したのが誰で反対したのが誰か知らんで発言してるのか?
    [ 2011/05/10 15:23 ] [ 編集 ]
  66. 近藤勇は開国派だったそうだ、少なくとも個人としては
    志士wたちは基本的に攘夷派だよな

    後の歴史の書かれ方のせいで印象操作されてるけど
    新撰組も寄せ集め警官隊だけどさ
    維新志士=テロリストだろ現代風に考えて
    警察側の家族に復讐するところまでそっくり
    [ 2011/05/10 16:17 ] [ 編集 ]
  67. >64
    新撰組は警察組織で鳥羽伏見の長州軍は文字道理の正規軍。
    しかも幕府軍は本陣が勝手に後退。
    なぜ?
    指揮命令系統が大混乱。
    勝てるはずもない。

    勝った攘夷派の新政府は幕府の政策を引き継ぎ開国を推し進めるし。

    さかのぼれば坂本竜馬になぜあれほどの力が有ったのか?
    長州は本気で御所に火を放ち帝を連れ去るつもりだっのか?
    桜田門外の変の黒幕は誰なのか?
    禁門の変を煽ったのは誰か?
    薩摩はなぜ幕府を裏切ったのか?
    竜馬暗殺の黒幕は?
    幕府はなぜあのタイミングで大政奉還をしたのか?
    謎は数え上げたらきりが無い。

    ・・・勝海舟!

    自分は勝海舟が嫌いです!!


    [ 2011/05/10 17:05 ] [ 編集 ]
  68. 大河ドラマでやったやつは、久々の新選組物だったんだから
    オーソドックスなものにしてほしかった。
    新選組のどこがいいのか分からん、なんて日本人が増えてしまってるのにw
    [ 2011/05/10 17:45 ] [ 編集 ]
  69. 新撰組をけなしてるのは長州・薩摩の奴らと思うけどだったら関東来るなよな。
    長州・薩摩の奴らに限って関東来て東京や神奈川住んで昔からの建物ぶっ壊して景観汚くしたり昔からの住民を地上げや都市開発で追い出して治安と民度下げたり、挙句千葉と埼玉バカにすんだぜ。
    長州・薩摩の人間じゃなかったが千葉の新浦安に越してきた石川と富山の人間に「こっちは東京よりの千葉、お前のとこは茨城よりの千葉」とか千葉のみならず茨城までバカにされてむかっ腹たった。そしたら今回液状化して涙目になってたのはさすがに気の毒ではあったが。
    [ 2011/05/10 18:22 ] [ 編集 ]
  70.  
    新選組は、あの衣装がかっこいいよね
    [ 2011/05/10 21:22 ] [ 編集 ]
  71. 新撰組は何年かに一度ブームになるねぇ…
    沖田は「ソウシ」か「ソウジ」かで揉めてた時期があったね。
    沖田本人の直筆に「総二」とか書かれてるのがあって「ソウジ」が正しいと落ち着いたみたいだけど
    [ 2011/05/10 23:22 ] [ 編集 ]
  72. 服部か永倉だな
    [ 2011/05/11 02:08 ] [ 編集 ]
  73. >39
    百姓上がりの武士もどきが名を轟かせようと思ったら手柄しかないだろ?
    強さを見せつけることのカッコよさは理屈じゃないよ

    剣客集団、て時点ですでにロマンの塊だけど
    組織自体は単なる警察組織なので綺麗だとか汚いだとか卑怯だとかほざいてる人の意見はちょっと理解できないが
    まさかその時点でのテロリスト相手に尋常の勝負をしろと言っているとも思えないし
    [ 2011/05/11 20:26 ] [ 編集 ]
  74. 何が良いかって、負け組みの美学じゃないの?
    [ 2011/05/11 21:20 ] [ 編集 ]
  75. 百姓上がりの武士もどきだからこそ、より武士らしくあろうとしたことがかっこいい

    [ 2011/05/12 10:17 ] [ 編集 ]
  76. 百姓あがりの武士もどきだからこそ気位の高い嶋原の女たちに嫌われたんだよな
    礼儀知らずの田舎もんが来るから今まで来てた公家や商人の足が遠のいたーって
    女視点の輪違屋糸里はなかなかだった

    ※68
    そもそも新撰組ブームって司馬の小説のおかげじゃないのか?竜馬とかもだけど
    織田信長とか浅井長政とか真田幸村とか白虎隊とかそういうのは人気でやすいよな
    [ 2011/05/12 14:56 ] [ 編集 ]
  77. あえての島田魁推しでw
    次が永倉

    俺は燃えよ剣から入った口だわ~
    それで土方に興味持ってググったらイケメンでビビったw
    [ 2011/05/12 23:16 ] [ 編集 ]
  78. 綺麗かどうかとか、偉人になり得たかどうかじゃなくて、そんな下から這い上がってそこそこ脚光を浴びても、崩れていくしかなかった彼ら。
    偉業を成し遂げた、とかよりその生き様に惹かれるんだよなー。滅びの美学と言えばそうなるかもしれない。
    なんだかんだ、ここのコメント見ていても薩摩だ長州だ関東側だとか言ってることこそ、まだあの時代から抜け切れてない遺恨があるほどの出来事だったのだということ。
    だから別に、新選組を偉人扱いする必要は全くないと思う。
    [ 2011/05/13 00:49 ] [ 編集 ]
  79. 新撰組は内部粛清が血生臭いというイメージ。
    [ 2011/05/13 20:18 ] [ 編集 ]
  80.  
    士道不覚悟で切腹!

    >>69
    バ カ 発 見 ! !
    京都から首都を東京を遷都したのは薩長なんですがw
    そんなに大昔の景観が好きなら袋小路の京都にでも住んでろよ
    ついでにフンドシ締めてチョンマゲでも結ってれば?
    [ 2011/05/13 23:02 ] [ 編集 ]
  81. 見回り組ェ……
    [ 2011/05/15 08:40 ] [ 編集 ]
  82. 翻訳※にもあるけど新撰組は武士じゃないんだよね
    名声を夢見て一発当てたいと思った田舎の農家の次男以下とか
    どうせこのまま生きてても名もなく死んでいくのが決まってて
    それぐらいならこの乱世に乗じて…っていう無法者の集まりだから

    武士からしたら絶対にやらないような闇討ちや卑怯な事も構わずにやった
    剣の腕が強かったのも確かかもしれないけれども、集団として恐れられたのは戦場のルールを守らない無法さの為でもあった

    新撰組の彼らの価値観は現代の我々から見たら「異なる時代で武士だから価値観が違うのだろう。昔の人の考え方はこうだったのか」とうっかり思いがちだが、そうではなく、当時の武士や町人達から見ても異分子だった。

    海外の人に武士全体がこういう理論で動いていたと思われると少し困る。それは誤解だ。

    [ 2011/05/17 02:20 ] [ 編集 ]
  83. 翻訳※にもあるけど新撰組は武士じゃないんだよね
    名声を夢見て一発当てたいと思った田舎の農家の次男以下とか
    どうせこのまま生きてても名もなく死んでいくのが決まってて
    それぐらいならこの乱世に乗じて…っていう無法者の集まりだから

    武士からしたら絶対にやらないような闇討ちや卑怯な事も構わずにやった
    剣の腕が強かったのも確かかもしれないけれども、集団として恐れられたのは戦場のルールを守らない無法さの為でもあった

    新撰組の彼らの価値観は現代の我々から見たら「異なる時代で武士だから価値観が違うのだろう。昔の人の考え方はこうだったのか」とうっかり思いがちだが、そうではなく、当時の武士や町人達から見ても異分子だった。

    海外の人に武士全体がこういう理論で動いていたと思われると少し困る。それは誤解だ

    ⇒こんな莫迦が現在の日本に生息してるとはww 残念なことですねww
    [ 2011/05/17 16:47 ] [ 編集 ]
  84. 本当の武士はああいうお芝居みたいな衣装着ないよね。
    当時の京都の人達に田舎者丸出しセンスで不評だったらしいし、
    今で言うヨサコイみたいな感じかな?
    [ 2011/05/17 20:56 ] [ 編集 ]
  85. 京都見廻組のほうが油断させといて一太刀でバッサリとか暗殺の仕方がスマート
    [ 2011/05/20 20:19 ] [ 編集 ]
  86. >>82
    でもほんまもの武士出身が多かった見回り組も結構汚いけどなw

    >>84
    浅葱裏は田舎者の代名詞だからねw
    本人たちもそう思ったのか、あの羽織はすぐに着なくなったみたいだけどね
    [ 2011/05/22 08:52 ] [ 編集 ]
  87. 幕府軍・新撰組にしろ、薩摩・長州の官軍にしろ、国を愛し日本の未来を命懸けて守ろうとしたことは変わらない。

    だだ、坂本竜馬が暗殺されずにいたら大久保利通などの薩摩・長州をも超える極めて優秀な幕閣が惨殺されずに済んだろうし、幕府も加わったオールジャパン体制のもと、より卓越した新日本国政府がつくれたんじゃないかと口惜しい気がしてならない。

    反日であり決して日本には帰属しない在日朝鮮民族政権である民主党や管総理が軽々しく官軍や長州の騎兵隊を名乗ったりするのだけは絶対に止めてほしい!

    朝鮮併合に大反対していた伊藤博文を朝鮮人テロリストが暗殺して、仕方なく併合するまでは日本の中世以前の発展段階である奴隷社会だった李氏朝鮮。千年間嬉々として小中華名乗り中国の属国であった朝鮮。

    新日本明治政府の資金と技術と日本西洋の卓越した文化を投下し心血注いで台湾以上に豊かで平和に近代化させてくれた恩ある日本に仇と仕打ちしか返さない朝鮮民族によって、戦後敗戦で傷ついた日本人の人の好さにつけ込み、とうとうTVなど情報メディアと政治、経済が乗っ取られた日本人は幕末以上の危機的状況に追い込まれている。

    (長州=山口県はもしかして管さんが朝鮮半島から不法入国?上陸した場所?)官軍=明治政府もまた誇り高い大和民族であり、バリバリの日本愛国者だ、幕末の偉人を利用し日本人の振りして騙す遣り方に我慢ならない。
    [ 2011/06/04 13:33 ] [ 編集 ]
  88. 中川のかっちゃん、このシーンではセリフないからカッコいいんだけどしゃべるとヒドイ大根で当時怒り狂ったのを覚えてるなあ。ナンシーちゃ~ん♪って歌は今も覚えてるよ。
    [ 2011/06/08 10:47 ] [ 編集 ]
  89. 中川マイケル勝彦はしょこたんより美形
    [ 2011/06/19 02:37 ] [ 編集 ]
  90. 残ってる史料によると、近藤勇自身は
    「俺たちは将軍警護のために集まったんだ。京の治安維持なんて下っ端仕事は早く辞めさせてくれ」って
    何度も京都守護職に掛け合ったみたいだけどね。
    [ 2011/06/24 09:23 ] [ 編集 ]
  91. 個人的には>>75の感覚に同意
    でも池田屋がパチンコでつぶされたのは知らなかった。。。
    [ 2011/06/24 19:37 ] [ 編集 ]
  92. 吉村貫一郎こそ最強
    [ 2011/07/06 02:43 ] [ 編集 ]
  93. 初期からいた多摩組は全員農民というわけでもないんですよね。
    基本、郷士。だから剣術をやっていた。
    江戸時代、農民の剣術って基本禁止だったから。(幕末には事実上なくなっていたが)
    井上さんは農民だったけど、沖田は親が下級武士から浪人になった。
    土方はいいとこのボンボン。斉藤一は武士の次男か三男だったよね。
    原田は、確か足軽クラスで、若い頃切腹の作法も知らないと馬鹿にされ切腹したが、処置が良くて助かった、という逸話もあったよね。
    結論、下級武士出身者が多かった。
    [ 2011/07/22 12:20 ] [ 編集 ]
  94. ゲッサンで連載中のアサギロが面白いよ。
    [ 2011/08/05 11:53 ] [ 編集 ]
  95. 新撰組は人気があるばっかりに、
    過去の色んな私的な色的なあれこれを公開されてるのをみていつも同情してしまうw
    [ 2011/08/18 18:52 ] [ 編集 ]
  96. 近代化を結果的に邪魔したのは、幕府に忠誠を誓っていたからだ。
    侍に憧れていた彼らが主君を裏切るわけがないだろう、できるわけがないだろう。
    身分的には侍では無かったが、立派な侍だったと思うよ。本当に美しい。
    [ 2011/08/22 12:22 ] [ 編集 ]
  97. >>39
    >新選組なんか幕末にチョロチョロ動いた百姓上がりのニセ武士じゃ>ないか。こんなのを評価してんのは、関東の連中だけだろ?

    アホか?近藤たちは元は武士なんだよ出身も違うし
    偉そうなことほざく前に調べてこいや
    [ 2011/08/30 09:03 ] [ 編集 ]
  98. 新撰組はある種歪んだとこが魅力
    尊王や攘夷といった思想は隊を分裂させ、やがて思想よりも崩れゆく幕府に忠義を尽くすことのみに執着していく
    武士以上に武士であるべく、止まることもできずに転げ落ちてゆく
    戦闘で死んだ数より身内同志の粛清で死んだ数のほうが多い戦闘集団
    そういった魅力が外人に理解できるとは思えないな
    [ 2011/08/30 11:07 ] [ 編集 ]
  99. 新撰組に関しては京都時代に全く興味がなく、
    むしろ大鳥さん合流→北海道頃の方が燃える自分は異端なんだろうか
    [ 2011/08/30 23:46 ] [ 編集 ]
  100. >>99
    自分もそのぐらいの新撰組が好きだw
    後、会津に残った斉藤率いる別働隊とか
    あの、もう道行きは途切れてるのに征くしかないって
    感じの吹っ切れちゃったところが好きだ

    あ、ちなみに一番好きな幕末の人物は
    伊藤井上山県の長州三尊です、題材にした創作ほとんど無いけど
    [ 2011/08/31 04:42 ] [ 編集 ]
  101. >>80
    "江戸"時代ってご存知?
    薩長の一声で東京が首都になったって訳じゃなく
    単純に都合が合っただけ。
    >>69をバカ呼ばわりできるほど立派な見識じゃないだろ。
    [ 2011/09/28 02:24 ] [ 編集 ]
  102. 江戸時代の朱子学的な価値観における侍と、秀吉の刀狩りや江戸幕府初期より前の武装農民である武士を混同しちゃいけないよね
    元は田畑という財産をを守る為に武装したのが侍だったんだから
    [ 2011/09/29 01:26 ] [ 編集 ]
  103. 新撰組は日本人特有の判官贔屓だよねw
    自分も新選組関連のフィクションは好きだけど、
    歴史としては明治維新が成って良かったと思う
    [ 2011/10/04 13:03 ] [ 編集 ]
  104. 内部粛正が多いとこなんか連合赤軍みたいだよね。
    [ 2011/10/05 10:31 ] [ 編集 ]
  105. 松陰先生を尊敬する俺は複雑な気持ちだ
    [ 2011/11/25 15:27 ] [ 編集 ]
  106. 新撰組って戦前は悪役だったよね鞍馬天狗とか。
    「今宵の虎徹は血に飢えておる…」
    [ 2011/11/25 18:40 ] [ 編集 ]
  107. 土方なら今でも漫画書いてるよ
    [ 2011/12/14 15:03 ] [ 編集 ]
  108. おお、言われてみればしょこたんに似ている!
    [ 2012/01/03 23:58 ] [ 編集 ]
  109. >池田屋作りでさえ似てるもの。歴史的根拠が残ってるのかな?
    江戸時代辺りの資料が当たり前のようにたくさん残ってるのって、実はすごいことなのか。
    この辺りの時代になってくると、時代背景とか結構明確になってるんだけどね。
    先人たちの筆まめぶりと書類管理の能力に感謝。

    米98見て、自分がなんでここまで新撰組に惹かれるかようやくわかった気がした。
    新撰組の結成から解散までの短い期間や、そこはかとない狂気は、どことなく桜に似ている。
    [ 2012/01/07 14:17 ] [ 編集 ]
  110. 幕末の動乱は、日本の侍文化の最後の大花火みたいなイメージ。
    近代化はあの時代日本が世界で生き残る為に必要であったとは思うけど、同時に、それによって多くの日本特有の文化・伝統を失ってしまった事が本当に悲しい。
    (せっかく無血開城したんだから江戸城は残しておいて欲しかった!)

    鬼のように戦って儚く散った新選組はその時代を象徴しているように思う。
    [ 2012/04/20 06:29 ] [ 編集 ]
  111. ●日本人はふぬけた

    新撰組でありたくない。 怖い。 死ぬ。
    そう言ってる人が多いが・・・今の政治が腐るのもわかるな。

    人は生きてる限り、いずれ死ぬんだよ。 後世の為に、自分の命はその
    橋渡しの一部、仮の姿でしかない。 昔の人はそう言ったもんだ。
    その理解が出来てた昔と現代・・・ どちらが賢いかね。

    ただ楽しんで、嫌な事から逃げて、何もなさない人生なら・・・
    老いて全てがわかる。 これだけは言っておく。 若者達よ。
    一人残らず、いずれ嫌というほど理解させられる事になる。
    行き続ければ、その日は必ず来るんだ・・・
    [ 2012/06/30 16:10 ] [ 編集 ]
  112. いかんせん、オリジナルメンバーの多くが武士じゃないからな
    フィクションで読んだ武士に憧れて無茶してる状態
    素人が運営してるようなものだから組織としては頼りない

    彼らに、現実的な「現代武士」としての教育を施すプロ武士が居れば、
    また違った結末を迎えたのかもしれないが
    [ 2012/08/25 03:50 ] [ 編集 ]
  113. 幕末遊撃隊の伊庭八郎なんか 良いと思うぞ イケメンでで剣は沖田より強く片腕になっても最後まで戦い 土方同様、五稜郭で戦死 何でドラマにならんのだ
    [ 2012/09/12 06:31 ] [ 編集 ]
  114. 斉藤一が使った流派を一刀流といってるアメリカ人がいるが無外流ではなかったのか?
    [ 2012/10/26 07:00 ] [ 編集 ]
  115. 新選組が近代化の邪魔とか言ってる奴はマジゆとり
     ペリー来航で西洋の軍事力を知った幕府が今後の方針に頭を抱えてる時期に騒動を起こしてる奴から京都(ひいては朝廷)を守護してただけ。
     あの時代は誰もがそれぞれの立場でそれぞれ日本の将来のために奔走して戦ってた時代。国外の人間が詳しく知らずに言うのはまだ判るけど同じ日本人でそんな事も判らずにドヤ顔で言うのを見てるとおっちゃん情けなくて涙が出るよ
    [ 2013/01/03 01:10 ] [ 編集 ]
  116. 沖田の姉の家に伝わる絵姿は腰抜かすなあ
    弁当箱にご飯詰めたような顔に糸目
    土方のほうが現代人にも合う美形だと思う
    [ 2013/01/03 09:10 ] [ 編集 ]
  117. 小説とか漫画とかで、なぜか全く触れられない大石鍬次郎・・・
    ちょっと可哀相な
    当時は、沖田とかと並んで評されていたのに
    [ 2013/01/07 17:43 ] [ 編集 ]
  118. 海外には「燃えよ剣」て流出してなないのかな?
    るろ剣での斉藤の人気が高いようだけど
    銀英伝の海外反応読むと案外オーベルシュタインを
    評価する人が多いから土方の組織論とかニヒリズムを理解するんじゃ
    ないかな?
    [ 2013/01/17 22:04 ] [ 編集 ]
  119. 115さん、ゆとり世代を馬鹿にするような言い方はやめて頂けませんか?
    ゆとり世代と言うものを作ったのは大人なんですし。
    ちゃんとしている人は沢山いますよ。

    私は「燃えよ剣」から入りました。
    新撰組も尊敬しますが、薩長やその他の人も好きですよ。
    未来のことを考えて一生懸命になってくれた事が嬉しいです。
    誰か一人でもいなければ、今は大きく違っていたのかも知れませんし。
    もしかしたら、私は生まれてこなかったのかも知れませんしね。
    [ 2013/03/02 21:19 ] [ 編集 ]
  120. こないだBS歴史観で奇兵隊を取り上げてたけど、わかりやすかった。

    新撰組はよく歌舞伎やドラマやアニメになるけど、奇兵隊っていまいちマイナーですね?もっと取り上げられてもいいような。

    赤禰武人は残ってる写真見ても、それこそ福山っぽい幕末一のイケメンなのに、ものすごくマイナーですよね。最期も悲劇的なのに扱われ方が非常に地味だし。何が足りないんだろう???

    [ 2013/04/28 16:34 ] [ 編集 ]
  121. 悪役扱いって言う人いるけど色々読むとその通りじゃん?と思う。
    どっちかってーと変に美化されてる集団だと感じるわ。
    [ 2013/05/10 20:30 ] [ 編集 ]
  122. >121
    新撰組を悪役にしたのは、近代日本を作った連中が薩長だから。
    鞍馬天狗なんかがいい例だろ。新撰組には恨みがあるだろうし。
    当時の反体制派であるテロリストを退治して廻るのが悪役というのなら、
    きみはきっとサヨクのテロリストなのかなw
    [ 2013/11/06 21:25 ] [ 編集 ]
  123. 自分的には…
    最強は『永倉新八』
    思想なんかそっちのけ剣術バカ一代(笑)
    竹を割った様な真っ直ぐな性格
    志士側に誘われた時も、『今まで徳川の世話になっときながら、何で誰も徳川を助けてやらねぇ』と断る
    新選組の逸話が今に多く伝わるのは、大正時代まで生き延びた彼のおかげ
    また、途中で袂を分かった近藤達の慰霊碑を建てるなど情に厚い…
    晩年も日露戦争に従軍志願するも歳の為に断られ、『元新選組に助けられたとあっちゃあ、薩長の連中も面子が立つめぇ』と笑い飛ばす豪快さ(笑)
    ヨボヨボの老人になりながらも、孫に手を出したヤクザを眼光に込めた殺気だけで追っ払ったなど×2(爆)
    とても魅力的な人物です
    [ 2014/01/02 00:07 ] [ 編集 ]
  124. 彼らに池波正太郎のエッセイを読ませてあげたいな
    永倉新八存命中の話を、お孫さんだったかな、子孫の方に聞いて書き残してる
    それによると永倉翁は映画(活動写真)を見て「土方が見たら何と言っただろう。見せてやりたかったなあ」というような事を言ったとか
    またある時は、永倉翁をよぼよぼの爺さんと見て絡んで来た土地のチンピラを、凄まじい大音声で一喝して退散させたそうな
    流石はあの動乱期におのが剣のみを頼りに生き抜いただけあるよなあ

    あとはこの度斉藤一の名が見付かった明治時代の警視庁の資料とか
    [ 2014/07/24 03:17 ] [ 編集 ]
  125. 当時は誰も彼もが国の為を思い、それぞれの信念に従って生きていたのはわかる
    わかるんだが、それでも坂本龍馬暗さつは日本の為には痛かったな
    龍馬が生きていれば会津と新撰組の悲劇や西南戦争はなかったか、あそこまで酷くなかったかも知れん
    結果的にサムライをころしたのは他ならぬサムライ自身だった
    武士の道に生きた筈の幕府側の人間が、自分たちを新時代へ繋ぐ架け橋とも羅針盤ともなる人物を潰してしまった
    その結果、武士らしい武士ほど居場所を無くして滅ぶしかなくなった
    自分たちの歴史と文化・伝統といった古きよきものを守ろうとして、逆に駆逐してしまった
    それがどうにも口惜しい

    それにしても伊庭八郎の名が※欄にあるのは嬉しいね
    [ 2014/07/24 03:45 ] [ 編集 ]
  126. 徳川の旗本が例外除いてあんまり情けなかった分、新撰組の
    活躍が光るんだわ。対比としてね
    あと新時代を切り開こうとする薩長土肥など西国の若者と
    旧体制の中で上昇志向を持っていて幕末の動乱で武士になるチャンスを掴みながら、それは実は西と東の情報量の差であってやがて時代の大勢が決まると旧態として押し流されて
    滅んで行った東国の若者悲劇というか、まあこれも対比だわな。でもそれらを滅ぼした西の若者もやがて西郷さんみたいに滅んでいくと
    とにかく幕末明治ってのはドラマチックな時代なんだわ
    戦国時代とは質の違うドラマがあるよな


    [ 2014/10/05 16:48 ] [ 編集 ]
  127. 新撰組って今風に解釈すると「派遣サムライ」って事に成るのかな?

    正規の武士からは馬鹿にされ、町人からも武士の真似した百姓と馬鹿にされ

    そして正規の武士よりも安い賃金でコキ使われて

    そんな新撰組が正規武士どもが度胆をぬかす大活躍を披露をして

    将軍様から「抜群の功績」とほめられる偉大な組織に成長した努力は天下一品なり
    [ 2015/06/13 22:09 ] [ 編集 ]
  128. >>116
    あの肖像画沖田の姉がどこか似てると言われた姉の孫をモデルにした肖像画じゃん
    しかも沖田関係者や本人を知っる人から誰?全然似てないと否定されたとかw
    [ 2015/09/18 12:03 ] [ 編集 ]
  129. 次のバキ道で土方と沖田を誕生させてくれよ
    現代の生活に適応したそれぞれが
    沖田は一流商社の腕利き営業員
    土方は工事現場の大将
    [ 2016/04/04 23:52 ] [ 編集 ]
  130. 芹沢鴨、確実に倒す為とは言え複数で不意討ちしなければならなかった。

    後、過小評価されてるが近藤勇は道場より実践で強かった。
    [ 2016/05/16 01:51 ] [ 編集 ]
  131. 現実のサムライが建前ばかりだった中、
    サムライに憧れる農民だった土方が理想を追求した結果が新撰組
    [ 2016/05/23 14:33 ] [ 編集 ]
  132. >自分も新撰組の一員だったら、って思うよ。

    やめとけ。
    どうせ士道不覚悟で切腹か粛清される。
    [ 2016/08/16 02:11 ] [ 編集 ]
  133. >>132
    冤罪で死罪になりせめて切腹したいという奴もいたな
    [ 2016/10/10 08:09 ] [ 編集 ]
  134. 賊軍でも英雄視されるのが日本史の良いところだ
    明智光秀や石田三成も度々再評価されるし
    それぞれの正義があるとわかっているから完全に善悪にわけない
    ヒトラーにも墓くらい作ってやれよと思う
    死んだら仏だろ
    [ 2016/12/24 16:53 ] [ 編集 ]
  135. 斉藤一の子孫は福島にいるよ。
    [ 2017/01/16 13:51 ] [ 編集 ]
  136. 斉藤一は剣を習ってない。
    [ 2017/01/26 12:37 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ごあいさつ


人気ブログランキングへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
おすすめサイトさま

日本視覚文化研究会
ニュース速報まとめ桜
ニュース速報まとめ梅




管理人:ニャン吉
副管理人:kite

月別アーカイブ
人気の記事(PC)
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
アクセスランキング

スポンサード リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランダム記事





ブログパーツ アクセスランキング