< 前の記事へ Blog Top 次の記事へ >
海外「俺の国でも上映してくれ」 日本では大コケも海外絶賛の映画『百日紅』
2016年08月30日23:00



日本では昨年5月に公開されたアニメ映画、「百日紅 〜Miss HOKUSAI〜」。
葛飾北斎の娘で自身も浮世絵師であったお栄(葛飾応為)を主人公に、
彼女を取り巻く人間模様が、日本の四季を通して描かれています。

監督を「映画クレヨンしんちゃん」シリーズなどで知られる原恵一氏が、
主人公・お栄の声を女優の杏さんが務めているこの作品は、
第39回日本アカデミー賞で優秀アニメーション作品賞を受賞していますが、
興行成績的には、まったくと言っていいほど振るわず。

しかしながら、作品の質に対する評価は海外でも非常に高く、
以下の映画祭で受賞&ノミネートしています。

カナダ 「第19回ファンタジア国際映画祭」

 長編アニメーション優秀賞
 セカンス賞アジア映画優秀賞
 長編アニメーション観客賞

スペイン 「第48回シッチェス国際ファンタスティック映画祭」

 最優秀長編アニメーション賞

フランス「第39回アヌシー国際アニメーション映画祭」
 (カンヌ国際映画祭からアニメーション部門を独立させ設立。
  アニメーション映画祭としては世界最大規模を誇る。)
 
 長編アニメーション部門審査員賞

第9回アジア太平洋映画賞

 最優秀アニメーション映画賞ノミネート



この作品が、今年の10月4日からアメリカで上映が始まることを受け、
先日アメリカの供給会社が公式トレーラー(予告編)を発表しています。
トレーラーを観た外国人の反応をまとめましたので、ご覧ください。

海外「その発想はなかった」 北斎作品に命を吹き込んだショートアニメが凄い

miss-hokusai.jpg






翻訳元   予備動画


■ おーーーーーっ、これは面白そうだ!
  近場で上映されるなら絶対観に行かないと。 +8 アメリカ




■ なんて美しい作品なんだー!!! +19 国籍不明




■ かなり良い作品だったよ。
  日常の中に時折非日常的な要素を含ませてるんだ。 カナダ




■ マンマ・ミーア!
  イタリアでも上映してくれないと困る*___* ♥ +13 イタリア




■ ちょっとミヤザキ風だね。
  うーむ、こりゃあ観ないわけにはいかんな。 チュニジア




■ こっちでも上映されたら、俺は絶対観に行くぞ!! ベルギー




■ 大げさでもなんでもなく、予告編だけで涙が出てきた。 +2 イタリア




■ 私もファンタジア映画祭で観てきたよ。
  すごく面白い作品であることを保証します! +1 カナダ




■ うわーーー、トレーラーを観る限りかなり期待できる! ポーランド




■ サントラはリンゴ・シイナが担当なんだよ。
  彼女はもっと高い注目を受ける価値があるフェミニストアイコン。
  一度でいいから彼女の曲を聴いてみて。 +2 カナダ




■ えらいヌルヌル動くな。とりあえず予告編はクールだ。 フィリピン




■ 日本の芸術文化やその歴史が知れてかなり良さそう。
  実際に観られる日が今からものすごく楽しみ。 +4 アメリカ

「日本人の感性好き過ぎる」 千年の伝統 日本の『墨流し』の美しさが話題に




■ 描かれてる街がアサクサみたい!!! デンマーク




■ 映画祭で観たよ。
  ハヤオ・ミヤザキとジブリの映画が好きなら基本的には楽しめると思う。
  個人的にはかなりオススメの作品! カナダ




■ これがつまらなくなるはずがない!
  サウンドトラックも俺的には満点を付けてもいい。 アメリカ




■ つまりは、下の作品を描いたオウイの映画なの? +1 アメリカ

Yoshiwara_Kōshisakinozu




■ 面白いに決まってるさ。
  なにせプロダクションI.Gが関わってるんだから! +7 国籍不明




■ あっ、去年に映画館で観たよこれ。
  作画的にはかなり良かったんだけど、話の展開力に欠けてた。 カナダ




■ 時代的には西南戦争が始まるずっと前なのかな? アメリカ

海外「映画より面白い」 ラストサムライの史実に外国人興味津々




■ こっちではいつになったら上映してくれるの?
  観ないわけにはいかないんですが :| スウェーデン




■ 早く観たくて今からワクワクが止まらない。 +3 マレーシア




■ とりあえずトレーラーには惚れたw
  早く俺の国でも上映してくれ! +3 スペイン




■ 観たい、って言うか観ないと! 作画が超綺麗!!! +39 アメリカ




■ みんなかなり期待が大きいようだね。
  映画の存在自体知らない人もまだまだ多いだろうけど、
  この天才的で偉大な作品を見逃すべきじゃない。 +2 アメリカ




■ 上映日が待ちきれな〜い! +7 アメリカ




■ ホクサイは私が一番好きな芸術家。
  実を言うと、彼の作品のタトゥーを入れようと思ったくらい。
  ……この映画、絶対面白いと思う。 メキシコ

海外「日本の芸術は過小評価されてる」 葛飾北斎の浮世絵集に外国人感激




■ 「男の活躍の影には女の存在がある」
  よく言われることだけど、それは事実。
  才能豊かなミス・ホクサイの存在だって、
  ホクサイにとってかなり大きかったはずだよ。 +2 イタリア




■ 上質なアニメーションにはいつも驚かされる。
  私なんかこれ以上無理ってくらい興奮しちゃったよ。
  だって本当に綺麗なアニメーションなんだもん。 +10 アメリカ




■ とりあえずこれだけは言える。とにかく作画が美しい。 +4 イタリア




■ 名作誕生の予感しかしない!!! +13 香港




■ まさか自分がアニメを観たいと思うようになるとは……。 国籍不明




■ トレーラーが鳥肌が立つくらい良く出来てる映画は、
  本編も間違いなく素晴らしいものになってる。 +7 マレーシア




■ これは期待出来そう!
  ホクサイの娘が主人公っていうのがまたいいね! +14 グアム




■ オーマイ、私も観てみたい、本当に。
  主人公が若い男の人みたいな話し方をしていてかなり興味深い。
  何て言うか、通常女の子は使っちゃいけない口調なの。
  でもよく分からないけどそこに惹かれる。 +2 アメリカ

海外「日本語一人称多すぎ!」 俺・私・僕の使い分けに外国人困惑




■ スタジオジブリ以外が作ったジブリ映画って印象。 +12 マレーシア




■ 俺なんかトレーラー観ただけでハマっちゃってるもん。
  知りたい情報がすべて詰め込まれてるし。 +3 国籍不明




■ ホクサイは「マンガ」って言葉を初めて使った人なんだよ。
  あまり知られてないけど、娘も芸術家だった。
  この作品でその事実が広く知られることになりそうだ。 +21 国籍不明






このトレーラー(予告編)に対する評価はかなり高く、
「観に行きたい」と言うコメントがとにかく多かったです。



カテゴリ : 社会

コメント : 589 / トラックバック : 0

関連記事
トラックバックURL http://kaigainohannoublog.blog55.fc2.com/tb.php/2049-6ff0b016
< 前の記事へ Blog Top 次の記事へ >
コメントを見る
コメントを書く
トラックバック

今月の人気記事