fc2ブログ

パンドラの憂鬱

外国メディアの記事などに寄せられた、海外の反応をお伝えします


海外「何か泣けてくる」 『世界最高の寿司店』に外国人が感銘

"The Best Sushi In The World"と題されたこの動画は、
米国の作家・シェフのアンソニー・ボーディンさんが、
番組内でミシュラン三つ星店の「すきやばし次郎」を訪れた際のもの。

日本で最も有名な寿司店の一つといえるお店だと思いますが、
メニューはおまかせのみで、料金は約3万円からとかなりの高額。
一度は足を踏み入れてみたいものです。

それでは動画とその反応をご覧ください。

動画はこちら






■ このお店メッチャクチャ高い!!!!
  5つ星ホテルに一泊するくらいかかるよ。 台湾 23歳




■ 4人で行って1400ドルくらいだったよ。
  それでもそれだけ払う価値はあったけどね。 アメリカ 45歳
  



■ 醤油をつけずに食べたら、すごく味気ないんじゃないかな。 カナダ




■ 俺はご飯の上に魚が乗ってるだけのものより、巻き寿司のほうが好きだな。 
  あっちのほうが味が多彩で、シェフもより創造的になれる。 アメリカ


    

■ このお店に行ってお寿司を食べる。俺の人生のミッションだ。 +3 アメリカ 32歳
 



■ あのゴージャスな寿司が出されてるとこを観てると、 
  自分でもよく分からないけど泣けてくる。
  いつかこのお店で食べてみたいなぁ。 +48 インドネシア 28歳




■ たぶんこういうお店じゃ、
  カリフォルニアロールは出さないんだろうね。 +3 カナダ




■ 俺の最後の晩餐はこのお店のお寿司でお願いします。 マレーシア 22歳




■ 日本人の、完璧さを追い求める姿勢は時々怖くなる!! 尊敬するよ。 インド




■ 俺はスシが好きじゃない。
  でもこの人が作ったスシは食べてみたい! 握りの技術が凄いよ。 カナダ 21歳




■ まったくこのレポーターの人は世界最高の仕事に就いてるな。 +18 国籍不明




■ 最近一日一回この動画観てる……。
  そんで観終わった後に泣くんだ……ヘヘ。 +61 カナダ 21歳




■ この魚とご飯を使ったシンプルで小さな料理から、
  「完璧」を見出すために人生を捧げている、
  この人の献身さとスシへの大きな愛は素晴らしいものがあるね。 +9 国籍不明 
  



■ 衛生を取るのか、職人の腕を取るのか。
  この人がどれだけ凄いか知らないけど、手袋はしてくれ。 イギリス 



   ■ 手袋なしにスシを握るのには理由があるんだよ。
     伝統的な、本物の店には。 +27 アメリカ 21歳



■ この人の映画まで作られてるらしいぞ :O +19 国籍不明

  


■ ここ一週間で、この動画をもう10回くらい観てる俺。 +32 オーストラリア 19歳




■ 世界最高のスシを食べる為に日本まで行って、手で食べるだと? アメリカ 21歳



   ■ スシを手で食べるのは、伝統的な食べ方だからな。 +35 アメリカ  



■ 素晴らしいね! スシって一度食べると止まらなくなるんだ。
  スシのために日本に住みたいとすら思う……。 チェコ 25歳




■ 日本には最も優れた料理があると思う。
  彼らが世界一長生きするのは、そのへんに秘訣があるんじゃないかな。 国籍不明




■ 動画を観てると、電子名刺の項目を書き換えざるをえなくなってくるよ。
  いやつまり、ベジタリアンじゃいられなくなりそうってこと :D +56 国籍不明




■ 今まで俺が食べてきたスシは何だったんだって気分になる。 +63 オーストラリア 




■ 日本人の謙虚さが素晴らしいよな。
  もしこっちにこういうお店があったら、
  室内はやたら高い物で装飾されて、
  けばけばしい噴水があったり、
  まるで宮殿みたいな雰囲気になってるはずだよ。 +4 アメリカ



   ■ 本物の日本料理店って、意図的にシンプルにされてるよね。 カナダ 28歳



■ こんなに仕事に打ち込み、敬意を払っている人は見たことがない!
  まるで寿司職人という自分の仕事を崇拝しているかのようだ。 +3 カナダ 47歳
 


 
■ スシが食いたくて仕方なくなった -.- +9 ドイツ 30歳



  



関連記事
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑皆様の応援が、皆様が考えている以上に励みになります。
[ 2012/06/28 23:01 ] 料理 | TB(-) | CM(-)



ブログパーツ アクセスランキング