fc2ブログ

パンドラの憂鬱

外国メディアの記事などに寄せられた、海外の反応をお伝えします


海外「これが日本人なんだよ」 中東メディアが『文化盗用』に対する日本人の冷静な反応を特集

今回は、米歌手のグウェン・ステファニーさんが、
「私は日本人」と発言した事が世界的な論争となった事を受け、
中東メディア「アルジャジーラ」が配信した記事からになります。

「米国の歌手が自国の文化に魅了された事に対する論争に、
 日本の人々は困惑しているという。

 30歳の日本人女性は、グウェン・ステファニーが、
 「文化盗用」として欧米メディアから批判されているのを見た時、
 その論争を理解出来なかったと語った。
 『例えば外国人が着物を着て京都を散策しても問題ありません。
  むしろ私たちの文化を愛してくれている事が嬉しいです』。

 CNN、ガーディアン、CBS、ABC、NBC、Buzzfeedなどは、
 この騒動の一連の流れを伝えていたが、
 日本人の反応については一切触れていなかった。

 そして日本ではこの論争はほとんど話題にならなかった。
 言及したのは、小さなウェブニュースやブログだけである。
 SNS上では、欧米メディアから非難を受けるステファニーを、
 日本のユーザーたちが擁護する場面も見られた。
 前述の日本人女性によると、日本人は『文化盗用』について、
 あまり詳しくなく、敏感でもないという。

 東京在住の23歳の女性も、ステファニーの発言に、
 『全く動じる事はなかった』と私たちに話した。
 『誤解などが含まれず、そこに敬意がある限り、
  自分の好きな物から影響を受け、
  作品に反映させる事は問題ありません』

 欧米人と日本人との感覚にズレが生じたのは、今回が初めてではない。
 2017年にハリウッドが『攻殻機動隊』を実写化した際、
 日本では大ヒットしたのにもかかわらず、
 欧米では主人公が日本人ではなかった事が非難された。

 早稲田大学客員教授のローランド・ケルツ氏は、
 『文化盗用』は主に欧米人の関心事であると指摘する。
 『日本にステファニーさんの主張を問題視する人はいません』」

 石川県の武家屋敷で育った企業家は、
 『海外で日本文化が用いられる事は喜ばしい』と語る。
 また、北海道に暮らす21歳の学生は、
 『日本の文化が世界に発信されている証拠』と捉えていた」



以上です。
上記のような冷静な日本人の反応に、
外国人から様々な意見が寄せられていました。
その一部をご紹介しますので、ごらんください。

「改めて日本に恋した」 中東紙『日本はムスリムへの姿勢が他の国とは違う』

screenshot 49




翻訳元(シェアページからも)



■ 日本人は世界中の文化を忠実に再現するのが得意だからね。
  そもそも模倣は最大の賛辞の形なんだよ。
  文化を共有する事は決して悪い事ではない。 +36 イギリス




■ この国にはどうでもいい事に怒る人が多いからねぇ。
  逆に大事な事には何もしなくなるんだ。 アメリカ




■ 米国では「文化盗用」が制御不能になってる。
  実際に日本人が好意的に捉えていて、
  場合によっては幸福感と誇りさえ感じてるのに。
  日本ではネガティブに描かれない限りは、
  肯定的に受け取られる事がほとんどだ。 +64 ベトナム



   ■ 制御不能なのは文化盗用の面だけだとでも? +12 アメリカ



   ■ 実際怒ってるのはアメリカ人だけでしょ。
     グウェン・ステファニーは日本文化に、
     数十年にわたって魅了されてきたんだ! イギリス



   ■ 日本でも同様に盛り上がってるだろうって、
     勝手に勘違いしてるんだろうね。
     日本人は一切気にしてないのに。 +2 国籍不明



■ 「文化盗用」というレッテル貼りは、
  一番酷いアイデアの1つだと思ってる。
  文化間の自由なアイデアの流れによって、
  創造性は花開くものなんだよ……。 +16 アメリカ




■ 他国の文化を愛するのと文化盗用は違うよなぁ。 アメリカ




■ 今のこの状況はすごく不自然だと思う。
  これまでのほとんどの文明がそうだったように、
  アメリカ人は常に文化の共有を愛してきたんだ。
  繰り返すが、今の状況は不自然だ。 アメリカ

「確かに日本人と顔が似ている」『アメリカ大陸の発見者は日本人』説が話題に




■ 日本人は絶え間のない文化戦争に参加してないからだろうね。
  しかし人類はどうしようもないなぁ。 アルゼンチン




■ 今回グウェンのルーツも俎上に載せられてたけど、
  そもそも自分は〇〇系アメリカ人という概念が理解出来ない。
  両親が外国で生まれて若い頃はそこに住んでいたり、
  2つの言語を流暢に話せるならまだ分かるけどさ。
  先祖のルーツがどこにあるにせよ、
  アメリカに生まれたなら「アメリカ人」でしょ。 アメリカ




■ グウェンはスーパー日本オタクになっただけさ。 +6 オーストラリア




■ 自分たちに独自の文化がないと攻撃的になりやすい。
  誰かが他の国の文化を愛していると、
  傷つけられたような気分になるんだ。 +18 ネパール




■ 日本に住む日本人は一般的に、
  こういった話をかなりポジティブに受け止める。
  私が自分の中にわずかに日本人の血が流れてる事を誇ると、
  日本人はその意図を正しく汲んでくれるよ。 +6 カナダ




■ 「サウスパーク」にこの論争を茶化して欲しい。 +2 パキスタン




■ 日本人は明治維新以降洋服を着てるし、
  それ以前の着物だって中国の影響を受けていた。
  まさかそういうのも文化盗用になるのかい? +5 国籍不明

「何て豊かな国なんだ!」 江戸時代の行商が用いた見本帳が外国人を虜に




■ 自分は長い間日本で暮らしてた事がある。
  日本人こそ色々な文化を受け入れてきたんだよ。
  日本人の圧倒的多数はこの騒動に困惑してるぞ。 +9 アメリカ




■ 何で日本人より怒ってそうな人がいるんだろうな。 +2 アメリカ




■ そりゃあ日本人は気にしないでしょ。
  日本は世界一欧米人を崇拝してる国なんだから。
  金髪に変化するサイヤ人を見れば分かるでしょ。 国籍不明



   ■ そんな事全くない。
     日本はあらゆる異文化に興味を示すんだ。
     彼らは外から来たものを我流で楽しみ、
     そして日本流にアレンジしていく。
     彼らにしてみればそれは普通なんだ。
     「文化ってそういうものでしょ?」ってね。 +5 アメリカ



■ 「文化盗用」って概念は、私たちを分断して、
  互いの文化を認めないようにするために、
  誰かが仕組んだ物のように思えちゃう。 +3 ニュージーランド




■ 「文化盗用」だって非難するのは、
  「盗用」された国を守りたいわけじゃなくて、
  誰かにレッテルを貼る単なる威嚇の手段だから。 アメリカ




■ グウェン・ステファニーは日本を愛してるだけなんだよ……。
  大げさにはせず、クールにね! +16 イギリス

海外「だって安全な国だもん」 外国人が語る"日本を離れたくない理由"




■ 今回の論争をニュースで見た時、僕はすぐに思ったよ。
  日本人がこんな事で怒るはずがないってね。 アメリカ




■ グウェンが批判されたのは、
  日本に住んだ事さえないのにもかかわらず、
  「私は日本人だ」って言ったからでしょ。 +1 香港



   ■ 文字通りの意味で言ったわけじゃない。
     それくらい日本文化が大好きって意味合いだろ。 イギリス



■ そう、これが日本人なんだよ。
  彼らは「盗用」だなんて穿った見方はしないんだ。 +4 国籍不明




■ グウェンは「文化盗用」の枠を超えて、
  日本の文化にどっぷり浸かってるからなぁ。 +4 イギリス



   ■ そうなの? 彼女は日本語も話せる? +1 アメリカ



      ■ 自分も確かな事は言えないけど、
        ツアー中に日本語の曲をたくさん歌ってたよ。
        インタビューでも日本語を使ってたし、
        それなりに知ってるんじゃないかな。 +2 イギリス

「大の親日家だった」 日本から人気に火が付いた伝説的バンドの秘蔵映像が話題



■ 頼んでもないのに自分たちの代わりに勝手に怒ってくれて、
  日本の人たちもさぞ喜んでる事でしょうねー🙄 +12 タイ




■ 記事によると彼女は2004年から、
  日本文化を自身のパフォーマンスに取り入れてる。
  どうして今問題になるんだって話なんだよ。 +93 国籍不明




■ 長年日本で暮らしてる自分が実態を教えよう。
  日本人の99パーセントが、
  「文化盗用」が何なのかさえ知らない。 +6 日本在住




■ ケイティ・ペリーが音楽賞の授賞式で、
  ゲイシャ/マイコの格好でパフォーマンスをして、
  物議を醸したのを覚えてる。
  その時にどこかのメディアが日本人に対して、
  どう感じたかインタビューしてたんだけど、
  日本人の反応はポジティブなものだったんだ。
  もはや「文化盗用」という概念は現代において、
  一番ウンザリさせられる要素の1つになってるよ。 +277 アメリカ





関連記事
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑皆様の応援が、皆様が考えている以上に励みになります。
[ 2023/01/18 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL




ブログパーツ アクセスランキング