fc2ブログ

パンドラの憂鬱

外国メディアの記事などに寄せられた、海外の反応をお伝えします


海外「日本人を模範にすべきだ」 米高級紙が伝える日本独自の男女平等のあり方に羨望の声

今回は、日本の高齢男性の意識の変化にスポットを当てた、
米紙「ワシントン・ポスト」の記事からです。

記事では、料理を覚えるために教室に通う年配男性が、
近年日本で増えつつある事が指摘されており、
その上で、男性専用の料理教室まで存在する事を紹介。
さらに、日本の行政も男性の家事スキル習得の後押しに積極的で、
公民館などで、料理や掃除、アイロンがけ、洗濯等を、
無料で学べる教室まで提供している事を取り上げています。

そして、実際に教室に通う男性たちにも取材を行っており、

・定年後妻に家事の分業を提案され、
 自主的に料理教室に通うようになった吉田さん

・旅立った妻がかつてそうしてくれたように、
 成人した子供たちに料理をもてなし、
 実家でくつろいでもらうために教室に通い始めた金子さん

・長年連れ添い、ずっと家事を行ってくれた妻を驚かせ、
 手助けをするために教室に通うようになった矢野さん

以上3名の話を取り上げています。
共通して根底にあるのは、仕事に励み家事を任せていた分、
定年後に奥さんにお返しをしたいという意識でしょうか。

「ワシントン・ポスト」紙の読者層は、
都市圏在住&リベラル層が主ですが、
それでも自身の環境でも周囲の環境でも、
「家事は女性の仕事」という意識は根強くあるようで、
日本の環境に特に女性から羨望の声が寄せられていました。
その一部をご紹介しますので、ごらんください。

「日本人はかなり進んでるね」 日本の夫婦のあり方が海外ネットで話題に

24578831_s.jpg




翻訳元



■ いわゆる「女性の仕事」から目を背けるんじゃなく、
  自ら学ぼうとする姿勢が本当に素晴らしい。
  アメリカの男性たちは見習いましょう。 +123



   ■ その通り、よくぞ言ってくれた👏 +2



   ■ 記事を読んで全く同じ事を感じた。
     ちなみに自分の母親は僕に対して、
     「女性の仕事」なんてものはないって諭してたよ。 +1



■ 母に先立たれた俺の父は、家の事はほとんど何も出来なかった。
  小切手を書く事さえ手伝う必要があったくらい。 +16




■ 私は壊滅的なくらいに家事をしない夫と、
  15年間も一緒に暮らしてきたんだけど、
  驚いた事に、離婚を申し出た年に、
  感謝祭の料理を全部一人で作ってくれた!
  もしそれ以前から夫が日常の責任から目を背けていなければ、
  私は燃え尽きずに済んだかもしれない。 +57




■ 夫へ。靴下や下着は床に放り投げず、
  出来れば洋服カゴの脇に置いてください。 😝+3




■ 私の夫は電子レンジの王様!
  料理を手伝うとか、教室に通うとかそういう考えはない😔
  私自身は料理を振る舞うのが好きだから、
  一緒に準備出来たら楽しいと思うんだよねぇ。 +3




■ 単純に、基本的なライフスキルは身につけておくべきだとは思う。
  せめて子供たちには後々困らないように、
  教えておきたいと思ってる。




■ カナダのほとんどの男性は、料理も子供の世話も出来ない。
  男の子にも女の子にも同じ事を教えた方が、
  どちらも幸せになれると俺は思う。
  基本的な裁縫くらいは知っておいた方がいい。 +3

「また日本人がハードルを上げた」 日本の職人の技術が完全に魔法だと話題に




■ 私は料理くらい女性に残しておいて欲しいけどなぁ。
  献身とスキルが必要になる作業なわけだし。




■ アメリカの男性たち、聞いてますか?😂 +2




■ 定年後に何かを学ぼうっていう、
  そういう姿勢だけで十分凄いと思うんだよ。 +8




■ これは凄くいいアイデアだね。
  日本人は学習に対してオープンなところが好きだ。
  スポーツから芸術まで、彼らはより多くの事を学ぶために、
  自主的に専門的な教室に足を運ぶんだ。




■ 男性が家事をする姿がいかに魅力的なのかを、
  そろそろ世の男性たちは気づくべき時なのよ。 +43



   ■ 今はまだ「手伝う」って感覚だからね。 +7



■ アメリカに男性専用の料理教室の支店はないのかしら?

「日本発祥じゃないのか」 米国発の牛乳屋が日本で大企業に進化していると話題に




■ 奥さんが出ていってしまったり、旅立ったり、
  そうなってから気づく事も多いだろうけど、
  それなら一緒にいる時に気付いてあげた方が、
  きっとより良い人生になるはずだよね。 +179



   ■ でもアメリカの男性たちは気づかないじゃない。 +2



      ■ それはあまりにも一般化しすぎだと思う。 +2



   ■ 妻の料理の腕は素晴らしかった。
     一方で自分には他の面でのスキルがあった。
     だからあえて料理を学ぶ気にはなれなかった。
     だけど12年前に妻に先立たれて、
     僕の人生は大混乱に陥ったんだ。
     そして少しずつ料理を覚えていった。
     確かにそれで人生が良くなったが、
     時代背景みたいなものもやはり存在する。
     姉妹も多かったし、どうしても男である自分が、
     料理をするという状況にはなりにくかったんだ。 +3



■ 米国の男性陣も日本人の姿勢を模範にするべきだと思う。 +2




■ だけど日本の場合、キッチンは奥さんの領土だからなぁ。 +1



   ■ 「だった」が正しい。時代は変わってきてるよ。 +3



■ 昔はアメリカでも家庭科教育があったんだけどね。

「また日本に俺達は負けたのか」 日本の学校教育との差にアメリカ人が落胆




■ こういう幸せな気分になれる記事を多く読みたいものだ。




■ 自分から行動に移すなんて凄く素敵ですね。 +11




■ いいなぁ。で、アメリカにはこういう教室はどこにあるの? +13




■ 結婚して43年。ずっと夫のために料理を作ってきた。
  だけど最近夫はYouTubeでレシピを覚えて、
  私のために作ってくれるようになってきた。
  美味しいし本当にありがたい。 +20




■ アメリカにも同じような教室があればいいのに。 +15




■ 料理教室に通う「極主夫道」っていうアニメを思い出した……。
  かなり面白いシリーズだよ。 +3




■ 世界最高と称されるシェフの何人かは日本人男性だからな。 +1

「これが日本人なんだよ」 在仏日本人シェフが医師達の為に取った行動に感動の声




■ 二人の兄弟へ。
  全く家事をやらない親父を日本に送らないか? 😆+2




■ 素敵ね。何歳になっても学ぶ事は出来る。
  そして思った。
  アメリカの男性たちに同じ事が出来るだろうかと。 +2




■ 自律的で有能なスキルを身につける事は常に良い事だと思う。
  こういった原則は女性たちにも当てはまるね。
  伝統的に家の修繕やメンテナンスは男性の仕事だったけど、
  女性もタイヤ交換くらいは覚えておくべきだろうね。 +43




■ 夫婦で一緒に料理をする事は二人の絆を深めて、
  関係性自体も深める良い機会になるよ。
  頼まれていない家事を分担する事は、
  配偶者に愛と感謝の気持ちを伝える事にもなる。
  俺としては、その事をより沢山の人に知ってもらいたいね。 +20





個人的には、どんな形であれお互いが納得していればいいし、
様々な夫婦のあり方を認める事が多様性だと思いますが、
誰かに喜んでもらう為に、手助けをする為に行動に移す事は、
夫婦関係に限らず、とても素敵な事だと思います。



関連記事
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑皆様の応援が、皆様が考えている以上に励みになります。
[ 2022/11/27 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL




ブログパーツ アクセスランキング