fc2ブログ

パンドラの憂鬱

外国メディアの記事などに寄せられた、海外の反応をお伝えします


海外「日本と北欧のコラボは最強だ!」『JAPANDI』が世界のインテリアを席巻する理由をCNNが解説

現在世界、特にヨーロッパや北米では、
Japaneseと、Scandinavian(北欧の)をミックスした、
「Japandi(ジャパンディ)」と呼ばれる、
インテリアのスタイルが大流行しています。

その中でCNNは先日、
「なぜ『Japandi』がネット上を席巻しているのか」
と題した特集記事を配信しました。要点を以下に。

「北欧のインテリアの心地良い清潔感と、
 日本の伝統的なインテリアのミニマルな美しさは、
 どちらも現代のホームデザインの定番になっている。
 今、この2つを組み合わせた『Japandi』が流行中だ。
 2020年の冬、ロックダウンが行われる中、
 世界中の人々が自宅を改装した事で、
 この言葉がGoogleで検索された回数は急上昇した。
 また、Google Trendsのデータによると、
 以来『Japandi』への関心は着実に高まっている。

 一見時代遅れにも見えるスタイルだが、
 このデザインの融合は1860年代にさかのぼると、
 日本関連の著書があるライラ・リートベルゲン氏は述べる。
 そのルーツは、デンマーク海軍中尉カーステンセンが、
 2世紀にわたる鎖国から開国した日本を訪れた事にある。
 カーステンセンの著書『日本の首府と日本人』が、
 後にデンマークのデザイナーたちに日本への旅を促し、
 両国の文化がシンプルさと自然の美しさを、
 大切にしている事を発見させたというのだ。
 そして今日、現代のインテリアデザイナーは、
 ニュートラルな色調、自然素材、
 ミニマルな装飾を好むという共通点を再発見している。

 先述のリートベルゲン氏は『Japandi』の要素について、
 北欧の言葉で居心地の良さを表す『ヒュッゲ』と、
 日本の『わびさび』の概念だと言う。
 そしてこの2つを実現させるためには、
 『断捨離』という日本の考え方が必要になるそうだ。
 
 イサム・ノグチの作品など、高度な調度品を買う必要はなく、
 誰にでもこの美学は実現する事が可能だ。
 『少ないほど豊かである』という、
 信念に導かれた哲学が『Japandi』にはあるからだ。



以上になります。
「Japandi」は昨年頃からYouTubeでも投稿が急増し、
やはりそちらでも大きな反響を呼んでいます。
関連投稿に寄せられた反応をまとめましたので、ごらんください。

「これが日本との差だ!」 皇居で行われたご会見の光景にアラブ社会が衝撃

35735_202211201229485bf.png




翻訳元(シェアページからも)



■ 嗚呼、私の美意識が形になってる。 +1079




■ 北欧人であり、日本の文化が大好きな私にとっては、
  もちろん好きにならざるを得ないスタイル! +2 ノルウェー




■ 1970年代、私の環境デザイン学位の卒業論文は、
  「日本とスカンジナビアの影響」だった。
  それを読んだ教授がとても感銘を受けてくれたの。
  「今後授業で使用出来ないか?」とまで言ってくれた。
  当時は「ジャパンディ」という言葉はなかったけど、
  私は世界のトレンドを先導していたみたい! +707 アメリカ




■ なるほど、だから日本とイケアは相性がいいのか! +320



   ■ イケアは80年代に一度日本で失敗してるけどね。
     家具が日本の基準では大き過ぎて質も悪かった。
     だけど90年代にリベンジしたんだ。 +3



■ 「ミッドセンチュリーモダン*」に近いのかな。

  (*1940年から1970年代初頭に流行した、
    無駄な装飾がなく合理的なインテリア)




■ 自分もこういうインテリアデザインにしてるんだけど、
  勝手に私の発明なのかと思ってた😭
  デンマークと日本の美しさを融合させる、
  カナダ人からのお便りでしたw🇨🇦🇩🇰🇯🇵 +8 カナダ




■ 写真で見る分にはいいかもしれないけど、
  あの単色の環境に長く滞在するのは想像出来ない。
  気分が落ち込んだりしそうだもん。
  数ヶ月ごとに模様替えや引っ越しが出来る、
  特権階級の人たちにはいいのかも。




■ 北欧と日本のスタイルは、
  やっぱもともと親和性があるもんね。 +4 イギリス

「親日家になったきっかけだ」 北欧でのみ爆発的な人気を誇る日本アニメが話題に




■ ジャパンディは物凄く綺麗なスタイルだから大好き。
  スタイリッシュでシックな雰囲気を損なわずに、
  部屋を居心地よく、そして日本のゼンの雰囲気を与えてくれる。
  本当に素晴らしい。 +8




■ 私とフィアンセはいつも日本と北欧の融合について話してた。
  ジャパンディのコンセプトが大好き。
  私には北欧の血が流れていて、
  フィアンセは日系ポリネシア人なの。 +84 アイスランド




■ 自分が「ミッドセンチュリーモダン」に出会ったのは、
  日本に駐在してた時の事だった……。
  今ではジャパンディと呼ばれてるね。 +3 アメリカ




■ ミニマリズムはほんといいよねぇ。
  ずっと北欧風のインテリアが好きだったけど、
  日本のデザインにも魅了されてたんだよね。 +11 




■ ジャパンディの全てに無駄がない感じが最高に好き。 +7 イギリス




■ ここで面白い事実を。
  実は北欧のミッドセンチュリーのデザイナーと建築家は、
  日本の美意識に影響を受けてたの。
  つまり、当時の北欧のデザイナーは、
  ジャパンディの生みの親って事ね。 +201 デンマーク




■ 日本と北欧のコラボが大好きだ!
  いや、実を言うとそこまで合うとは思ってなかったけど、
  でも素晴らしくよく機能してる! +12 アメリカ

「もっと日本が好きになった!」 日本の『北欧村』にスウェーデン人が感激




■ シンプルで、清潔感があって、
  そして機能的なのがジャパンディの特徴ね。 +12 アメリカ




■ 日本と北欧の組み合わせこそ最強だよね😍 +6




■ ワビサビについても色々と知りたい。
  ジャパンディと同じくらい好きなんだけど、
  なかなか良い情報源に出会えてなくて。 +10 アメリカ




■ ジャパンとスカンジナビアの組み合わせなら、
  「ジャパンディナビアン」の方がよくない? アメリカ




■ 私は自分でも意識する事なく、日本のインテリアが好きだった。
  北欧人だからもちろん地元のスタイルも好きだけど、
  「これぞ北欧風!」って感じの、
  明るい色使いが好きじゃなかったの。
  だけど日本に行った時に向こうのインテリアに出会って、
  それ以来日本風のインテリアにハマっちゃったんだよね。
  もちろん無印良品も大好き。 +4




■ つまりムジ+イケアという事ですね、分かります。 インドネシア




■ へい、僕らと日本の文化を盗用しないでくれよ。 +2 デンマーク

「文化盗用じゃないの?」 平安時代の髪型が『姫カット』として世界的ブームに




■ ついに自分のスタイルに名前がついた!!!!!
  私は日本のゼンと北欧スタイルが好きだったんだけど、
  ちょっとずつ使われてるのが理想的だったの。
  だからジャパンディは完璧なバランス! +5 アメリカ




■ ジャパンディの最大の魅力は、
  ヨーロッパスタイルの家に暮らす人たちに、
  日本のゼンをより身近なものにした事だと思う。 +5 イギリス




■ 日本では家具屋さんを見て回るだけで、
  テンションがおかしくなっちゃうくらい、
  たくさんの美しい作品とスマートなデザインに出会えた。
  ただ、配送料が怖くて訊けなかった。




■ シンプルだけど、同時に洗練もされている……。
  自分の部屋をジャパンディにしてみるかな……。 +3 デンマーク出身




■ 確かにいいかもしれんが、
  俺はゴチャゴチャしてる部屋の方が落ち着くんだわ。 +1 アメリカ




■ 私は色々な文化から発想を取り入れてるような、
  そういうお家のスタイルを好きになる傾向がある。
  異文化を合わせるのは難しいけど、
  上手くハマると凄く良くなるよ。 +5 アメリカ




■ 自分がスカンジナビアの人間という事もあって、
  このスタイルは俺にピッタリだ。
  日本は伝統的なルーツにこだわる傾向があるけど、
  それ自体が素晴らしいアートの姿だと思う。 +15 スウェーデン

「天皇は奇跡的な存在だ」 今も皇室の伝統を残し続ける日本に中国から羨望の声




■ 北欧文化と日本文化が混在するシアトルには、
  ジャパンディのスタイルがよく似合う。 +2 アメリカ




■ イケア……だって?
  今の世界の中心はジャパンディなんだよ! +5




■ 自分も北欧人だけど、日本のインテリアは、
  我が家にあるものと似てるといつも思ってた。
  日本風と言うべきなのか北欧風と言うべきなのか、
  正直分からないくらいだったからね。
  お互いに遠く離れた、非常に異なる文化から、
  近い発想が生まれるのは、凄く興味深い。 +118 デンマーク




■ 日本風にすべきか、それとも北欧風にすべきか。
  そんな俺の悩みを一瞬で解消してくれてありがとう😂 +19 イギリス





北欧の人々からも大反響でした。
いわゆる北欧インテリアがいつ確立したのかは分かりませんが、
日本が影響を与えていたという事実は興味深かったです。



関連記事
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑皆様の応援が、皆様が考えている以上に励みになります。
[ 2022/11/20 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL




ブログパーツ アクセスランキング