fc2ブログ

パンドラの憂鬱

外国メディアの記事などに寄せられた、海外の反応をお伝えします


海外「日本は最後の砦だ」 日本の漫画の欧米とは異なる多様性のあり方に絶賛の声

2021年の市場は6759億円と過去最高を記録するなど、
デジタル化に後押しされ、隆盛を極めている日本の漫画業界。
一方で欧米諸国、特にアメリカのコミックは、
その日本の漫画に押され、売上の減少傾向が続くなど、
非常に対照的な状態にあります。

今回の翻訳元は「日本を守れ」というタイトルなのですが、
なぜ日本を守る必要があるのかと言うと、
近年の欧米コミックはキャラクターの多様性を重視し、
またその点を、時に無理矢理に強調する作品が目立つ一方で、
日本は今でも作者が好きなように描く事が出来る国であるため。

そんな日本を世界は失ってはいけないという意味合いなのですが、
コメント欄には外国人から賛同の声が殺到。
「日本の漫画は多様性を自然な形として捉えている」
といった指摘など、様々な反応が寄せられていました。

「もう日本には勝てない」 遂にフランスで日本の漫画が販売の半数を占める状況に

1600px-Manga_at_Barnes__Noble,_Tanforan_3
© BrokenSphere / Wikimedia Commons.



翻訳元



■ 日本は社会的な「正しさ」は気にせず、
  自分たちのストーリーを伝える事だけを考えてる。
  もちろんいい話ではなかったり定型的すぎる場合もあるけど、
  結局それは読者が求めてるものだからね。 +17




■ 日本でもトランスジェンダーのキャラは登場するが、
  それは全然ストーリーに重要な要素じゃないんだ。
  つまりキャラクターの唯一の特徴ではなくて、
  あくまでも個性の1つに過ぎない。 +87



   ■ それこそ包括的な社会のあり方だよな。
     ごくごく自然でいいんだよ。
     なのに欧米のコミックの場合は、
     その面を特別に目立たせようとする。 +28



      ■ 「ワンピース」のボンchanは好例だね。
        彼はありのままの姿がそのまま、
        世界のファンから愛されてるし。 +22



■ 神よ、日本人と彼らのスタンスに祝福を。 +10




■ でも異世界モノで占められてる今のマンガ界の未来もなぁ……。 +2




■ 日本の漫画にはフリーハグを求める巨大ハリネズミという、
  凶悪なキャラクターまで登場させられるからな。 +3




■ 今のコミックは読まなきゃいいんだよ。
  90年代か80年代……それか00年代初期の作品を読もう。 +10




■ 「鬼滅の刃」はわずか1ヶ月程度で、
  米国のスーパーヒーロー物全体の売り上げを上回った。
  さて、どうしてなんだろうねぇ。 +11

「日本との差が酷すぎる」 NYTが『鬼滅の刃』と日本のコロナ対策の成功を大特集




■ 日本には自動販売機に転生するマンガまであるからな。 +104



   ■ それはさすがにソースが必要になるわw +2



      ■ 「自動販売機に生まれ変わった俺は迷宮を彷徨う」。 +8



■ 俺たちが日本を守るって言うより、
  日本が俺たちを守ってくれてるんだよ。 +5




■ 自分はマーベルの愛読者だけど、同意する。
  多くの場合で悪い方向に進んでしまってた。
  いや、もちろん従来のような作品もまだあるけど、
  それでも見つけるのが難しくなってきてる。

  とは言え希望もあって、マーベルが徐々に、
  本来の軌道に戻ろうとしつつあるのが見て取れるよ。
  コミックを読みもせずに批判だけする、
  キーボード戦士たちにバレないよう、徐々にね。 +77



   ■ 問題は素晴らしい作品のキャラクターは、
     脚本が他のチームに移った時に、
     勝手にキャラ設定を変えられちゃう点にある。 +8



■ セーラームーンは30年前の作品だけど、
  自然に多様な恋愛関係が描かれてたよね。
  だけどそれは物語の趣旨ではないから、
  別に誰も気にしてなかったんだよ。
  それこそ多様性のあるべき姿じゃないかな。 +10

海外「日本は常に進んだ国だった」 北米版セーラームーンの規制が話題に




■ 実際マンガに匹敵するコミックはないもん。
  コミックはほとんどがスーパーヒーローだ。
  逆にマンガは宇宙のように広大。
  スリラー、歴史物、ホラー、コメディ、
  スーパーヒーロー、サイエンス、フィクション……。



   ■ アメコミだってスーパーヒーロー物ばかりじゃないぞ。
     その中でも「アーチー」や「ガーフィールド」は、
     最も成功した非スーパーヒーロー物だろう。
     そして君が挙げたマンガの幅広いジャンルは、
     欧米のコミックでも見られる。



■ こういう比較はするべきじゃないと思う。
  コミックにもマンガにも悪い見本はあるわけで。 −18



   ■ しかし「良い見本」は両方から提示出来るかな? +17



      ■ はっきりとノーだね。
        欧米のコミック業界はもう終わってしまった。 +19



■ そもそも日本はジャンル自体が多様性に満ちてる。
  ほぼ全ての作品にトランスジェンダーのキャラが登場するし。 +3

「日本が特殊なんだよ」 なぜ欧米では日常系アニメは人気がないのだろうか?



   ■ そして日本のクリエーターたちの場合は、
     隠れた意図を持ってキャラを作り出すわけじゃない。



■ 基本的にアメコミはトレンドを追っかけちゃったんだよ。
  ようやく最近、売れてた頃の方向性に戻りつつある。 +60




■ マンガ家たちが自由に作品を描き続けられるように
  俺たちも協力しようじゃないか! +3




■ マンガだって大概だと思うけどな。 
  陳腐なキャラデザインとセリフばかりだし。
  自分はコミックもマンガも手に取ってない。 −13



   ■ 全てのマンガを悪く言うのは、
     全てのドラマを悪く言うのと変わらない。
     最近のTVドラマが面白くないからって、
     「ブレイキング・バッド」のような名作まで、
     他の駄作と十把一絡げにしちゃうのか? +5



■ だからこそ日本のマンガの売上は上がり続けて、
  逆に欧米のコミックは下がり続けてるんだよなぁ。

「日本の成功を研究しよう」イタリアの人気漫画家が日本漫画の世界的独占状態に言及




■ 地元の大手チェーンの書店に行って、
  欧米のコミックと日本のマンガの比率を見てごらん。
  5年くらい前と比べるとかなり変わってるから。 +22




■ ああ、どんな犠牲を払ってでも日本を守らないとな。 +207



   ■ 日本は人類の最後の砦だよ。 +7



■ アメコミもあまりにも極端な作品はすぐに終わった。
  だって誰も買わないんだから。
  マーベルは今、生まれ変わろうとしてる。
  ストーリーも作画もずっと良くなってきてる。
  このまま良い方向に進んでくれる事を願ってるよ。 +131





関連記事
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑皆様の応援が、皆様が考えている以上に励みになります。
[ 2022/11/08 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL




ブログパーツ アクセスランキング