fc2ブログ

パンドラの憂鬱

外国メディアの記事などに寄せられた、海外の反応をお伝えします


海外「日本の概念に救われた!」 国際語となった『積ん読』の驚くべき効能に外国人が歓喜

購入するなどして手に入れた書籍を読む事なく、
自宅で積んだままにしている状態を意味する「積ん読/積読」。

日本には遅くとも明治時代から存在する言葉ですが、
近年はBBCやCNN、ニューヨーク・タイムズ紙など、
海外の大手メディアでも続々と取り上げられた事により、
そのままTsundokuで通じる国際語になりつつあります。
基本的にはユーモアに富んだ言葉として紹介されていましたが、
アメリカのネットメディア「Big Think」は、
その効能に迫った特集記事を配信しています。

記事は、統計学者のナシーム・ニコラス・タレブ氏の、
「読まずに積んだ状態にされた本は、
 まだ知らない物事があるという事を、
 常に思い出させてくれる」
存在であるという指摘を紹介。
また、本の所有と読書は密接に関係している、
という過去の研究結果も取り上げられており、
それによると、多くの蔵書がある家庭で育った子どもは、
大人になってから識字能力、計算能力、
情報通信技術能力が向上したそうです。

さらに、編集者ジェシカ・スティルマン氏の、
「あなたが読んでいない本は全て、
 あなたが無知である事の表れです。
 しかし、自分がどれほど無知であるかを知っていれば、
 多くの人々より遥かに先にいるのです」
という言葉を紹介。
そして最後に、「読まなくては」と思わせてくれる事自体が、
積ん読の価値だという一文で記事はまとめられています。

積ん読に罪悪感を覚える人はかなり多いようで、
この記事に救われる外国人が続出していました。

「最高のランキングだ!」 英紙選出『日本を知る為の本トップ10』が話題に

35735735_20221106131032a8f.png




翻訳元



■ そう、そうなんだよ。
  ようやく罪悪感なしにツンドクを楽しめる! +41 アメリカ




■ 僕が読みきれないほどの本を集めたのは、
  集めるという行為自体が楽しいというのもあるけど、
  いずれ子供達がその本を読むだろうという想いもある。
  後者の効果についてはまだ要検証だが。 +1 アメリカ




■ この症状にも名前がついてるなんて嬉しい。
  私は電子書籍でも読んでるけど、
  それでも本棚にある本を眺めたり、
  手で感じたり、読んだりする事は喜びなの。
  本棚が崩れて埋もれてしまうような事がない限り、
  本の収集は問題ないと思う😍 +6 アメリカ




■ この日本語は私の人生そのものを表してくれている。 +5 アメリカ




■ こんな面でも私と友達は親日家だったか🤷‍♀️ +2 オーストラリア




■ 本を集めるのと本を読むのって、全く別の趣味だよなぁ。
  そして俺はその両方を心から楽しんでる。 +11 イギリス




■ 私もツンドクの実践者。
  ちなみに使いきれないほどの画材も溜め込んじゃうんだけど、
  それを表現する日本語はないの? +18 中国在住



   ■ つい画材を買っちゃう気持ち、分かる。
     でもいつ創造性が発揮されるか分からないからね。
     準備はしておくべきでしょ!🤣 +2 イギリス



■ 一番良いのは図書館のすぐ近くに住む事だぞ。 +21 イギリス




■ これはレコードやCDにも言えるんだろうか? フィリピン

「これが国民性の違いだよ」 なぜ世界で日本だけCDが売れ続けているのだろうか?




■ 自分は書斎に眠る本を読む時間がないっていつも嘆いてる……。
  ただ、収集して、所有して、本棚を誇らしげに眺めるという、
  そういう時間を無駄と思った事はないよ。 +22 オーストラリア




■ 私もツンドクの実践者ではあるけど、
  徐々に電子書籍に移行しつつある。
  物理的な本の保管にはスペースが必要だから。
  自由に集められる贅沢な人は限られてるよね。 +18 アメリカ




■ これでさらに多くの本を買う言い訳が出来た。 +30 イギリス




■ もしインターネットに膨大な時間を使ってなかったら、
  全ての我がツンドクは今頃解放されていただろう。 +7 フランス




■ 本、映画、ドラマ、ビデオ&ボードゲーム……。
  やりたい事は沢山あるのに、時間がない……。 +12 カナダ



   ■ 時間はたっぷりあるよ。
     ただそのほとんどが仕事に奪われるだけ。 アメリカ



■ 日本のライフスタイルの中に、
  この愛すべき「ツンドク」の名があるのは素敵な事だね。
  これは生き甲斐とかにつながる事だから。 メキシコ

「その発想はなかった!」 国際機関が伝える日本人独自の概念に外国人が感銘




■ 電子書籍でも同様の効果があるんだろうか? +5 イギリス




■ 私のためにあるような言葉だ。
  おじいちゃんが「知識に囲まれなさい」って言ってたけど、
  この事を意味してたんだと思いたい。 +23 オーストラリア




■ 俺なんて未読の本専用の本棚まで持ってるよ。
  素晴らしい物に出会えると期待する喜びがあるからこそ、
  精神的に健康になれるんだよ。 +15 アメリカ




■ アァァァァ、全部合点がいった。
  俺は古代日本のアートを実践していたのだよ😏🤓 イギリス




■ 日本にはこんな特別な言葉があるのね。
  私の夫は単に「買いだめ」って言ってるけど! +5 カナダ




■ 日本は相変わらず先見の明がある。
  やはり賢明な人たちだ👍 +7 インド




■ 俺の状況を一言で表現出来る日本語があったかw +16 アメリカ

「日本人は天才かw」 日本語だけに存在する表現が完璧すぎると世界が絶賛



   ■ 残念ながら英語じゃ訳しきれないね。 アメリカ



■ このデジタルの時代に本を溜め込むのは超時代遅れだし、
  言うまでもなく資源の無駄遣いにもなる。
  本は地域の図書館で借りるべき。 タイ




■ 本には音を吸収する事で部屋を静かにして、
  リラックス出来るようにする効果もあると思う。 +30 アメリカ



   ■ 信じてくれなくてもいいけど、事実だよ。
     遮音と遮熱の効果がある。
     我が家の中で自分の書斎は唯一、
     エアコンを必要としない部屋なんだ。 +2 ベルギー



■ 本を積んどく事の効能に気づいたのは俺が最初かと思ってたけど、
  日本人が先に気づいていたのか。 +2 ハンガリー




■ 電子書籍4000冊の他に、
  約5000冊の蔵書を持つ俺は今まさに、
  ツンドクを実践してる事を実感してる。 +27 メキシコ



   ■ 僕は今気分が良いよ。
     ツンドクという日本の概念が出現したおかげで、
     罪悪感が吹っ飛んで救われた気がする! +5 アメリカ



■ 私はある時、自分が読んでいる本のほとんどが、
  男性の作家によるものだという事に気がついた。
  その時、本を増やす余地があると思って、
  代わりに女性作家の本を集め始めた……。
  75歳の私は男性が残した功績の中で育ったから、
  新しいフィルターで物事を見れると思ったの。 +32 アメリカ

「日本に負けたのも当然だ」 女性も大活躍する日本の漫画界の特殊性が話題に




■ ツンドクって素晴らしいよね。
  ……引越しの日までは、だけど🤣 +24 アメリカ




■ ツンドクのパワーによって実家の天井が陥没した。
  おかげで数万冊もの本を手放す事になったよ。 +5 国籍不明




■ 今週も新たに5冊の本を買ってしまった。
  私の図書館は未読の本でいっぱい。
  ……でも、癒されるんだよねぇ🙂 +14 ポルトガル




■ さて、この記事は後でじっくり読むために、
  他の記事と一緒ににツンドクしておこう。 😆+15 +15 アメリカ





関連記事
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑皆様の応援が、皆様が考えている以上に励みになります。
[ 2022/11/06 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL




ブログパーツ アクセスランキング