fc2ブログ

パンドラの憂鬱

外国メディアの記事などに寄せられた、海外の反応をお伝えします


海外「日本が正しかったんだ…」 資源の確保で日本が一人勝ち状態にあると米高級紙が指摘

現在世界的にガスの不足や高騰が続いていますが、
米紙「ウォール・ストリート・ジャーナル」は、
日本だけは不足や制御不能な価格に直面していない、
と指摘する記事を配信しています。

その秘密は、液化天然ガス(LNG)の長期契約。
日本は主要な取引相手と10年以上の契約を結んでおり、
その事が「世界最大の買い手」である日本に、
大きな恩恵をもたらしていると記事は指摘しています。

長期契約はリスクもあるため「近年不人気」でありましたが、
昨今の世界的なエネルギー危機を受け、
欧州も日本と同じ戦略を再考するようになっているとの事です。

また記事では、日本はアメリカやオーストラリア、
マレーシアなど様々な国とLNGの長期契約を結ぶ事で、
リスクヘッジを行なっている事も紹介。
他の北東アジア諸国に比べ購入価格は3分の1ほどで、
また、長期契約が全体の4割に過ぎないヨーロッパと、
非常に対照的である事を指摘しています。

記事は最後に米国のLNG団体の最高責任者の話を紹介しています。
「安定した供給増加を促す唯一の方法は、
 長期契約による資金調達なのです」

記事や関連投稿には、様々な意見が寄せられていました。
その一部をご紹介しますので、ごらんください。

「だって日本人だぞ?」 資源のない日本が大国になった事実に困惑する海外の人々

6373.png




翻訳元



■ 日本人は常に長期戦を繰り広げてきた。
  もちろんそれだと短期的な犠牲はあるだろうが、
  長期的な利益を得られる事もある。
  一方でヨーロッパは1カ国に依存し過ぎた。
  これは致命的なミスだ! +3




■ つまりは日本は正しく焦点を合わせてるんだ。
  少なくとも経済についてはね。 +4




■ もしもアメリカ政府が日本と同じような、
  国民に対するコミットメントがあればなぁ。




■ 日本は長期間にわたる計画を行なっている。
  多くの西欧や北欧の国々の経済と同じように、
  社会主義的民主主義なんだよ。




■ 長期的な計画というのがキーだ。
  日本人はビジネスに中途半端なリーダーが関わってないから、
  ストレスではなく成功に繋がるんだよ。 +1




■ エネルギー確保に関して日本がやっている事は賢明だね。




■ 日本とかを見てると、自国に失望を覚える……。
  「よくマネージメントされた尊敬される国」に、
  俺たちはどうやったら近づけるんだろうか。
  アメリカもかつてはトップの国だったはずなのに。 +2




■ 日本はちゃんと契約を尊重して信頼も出来る、
  カタールのような供給相手から購入してるのが大きい。




■ 日本は島国である事が長期契約をさらにプラスにしたかも。
  逆にEUはシンプルなパイプラインしかないし。

「日本は島国でよかったね」 G7の中でも際立つ日本社会の安全性が話題に




■ 日本にはインテリジェントなリーダーシップがあったから。 +2




■ バイデン大統領はエネルギー独立国家を引き継いだはずだが、
  この2年という短い期間に何が起きたと言うのか。 +2




■ 日本とかは当初からLNGの輸入に力を入れていて、
  他に代替手段がないから長期契約を結んだんだ。
  ヨーロッパはパイプラインに頼りきっていて、
  そこが問題になってしまっているから、
  いきなり切り替えるのは容易ではない。 +6




■ 僕らはオーストラリアとの長期契約に目を向けるべきだと思う。
  元々は彼らにとって中国が主要な市場だったけど、
  今2カ国の間には確執があるし。




■ 日本はLNGに関して、1967年にすでに、
  アラスカと長期的な契約を締結してたから。
  この事は知らない人が多いだろうな。
  それ以来日本は世界的なLNGの輸出入に関して、
  主導的な役割を担ってきたんだよ。




■ たしかに緊張した市場状況でも長期契約なら関係がない。
  そういう経済的なアイデアがドイツにもあればなぁ。




■ 俺の国(ドイツ)が再生可能エネルギーにこだわり過ぎたせい?
  それとも日本人の知能指数が高いだけかな?

「日本人が賢い理由はこれか!」 常用漢字の多さに外国人がショック




■ そもそも日本は長年LNGを使い続けてきた。
  一方でヨーロッパはLNGに切り変えたばかり。
  その事も影響してるんじゃないの? +4



   ■ 日本は今でもロシアから買ってるからだよ。



     ■ 日本のガス輸入でロシアからの割合は1割程度。
       だからそれはここでのポイントじゃない。 +2



■ 「とにかく水素に切り替えていこう」
  という考えはあまりにも非現実的だ。
  その間に日本などに主導権が握られてしまっている。




■ 長期契約にこだわった日本は賢明だったし、
  その方針はこれからも続けた方がいいだろうな。



   ■ 原発を再稼働させた方がさらに賢明。
     原発事故は原子力発電そのものの問題ではなく、
     マネージメントの問題だったから。 +1



■ 日本は長期のLNG契約に合意してる事から、
  価格の上昇が緩やかになっている。
  そんな日本とは対照的にヨーロッパは、
  再生可能エネルギーに切り替えようとしていたから、
  基本的には短期契約しかしていなかった。 +417

「日本の空気は世界一綺麗だぞ!」 日本の現実的な電力政策に豪州から羨望の声



   ■ 日本はたしかに長期契約を結んだわけだけど、
     ドイツがロシアの野心に気付く前の話だぞ。 +2



   ■ その再生可能エネルギーはどうしたの?
     どうしていまだに役立ってないの?



■ 俺たちも長期契約に挑戦しよう。
  外国だとパキスタンも9月に結ぼうとしたんだ。
  ただ、日本よりもはるかに高い価格が提示された。
  当時の日本が結んだ時の価格では、
  長期供給が不可能になったからね。 +5




■ むしろ日本からLNGを買うわけにはいかないの?




■ つまり、日本は契約合意時期の価格のまま買えている。
  ただ新しく契約する場合は日本でも安くは買えないけど。




■ 本当に、EUは盛大にやらかしたよな。
  水素とかの新しい技術が利用出来るまで、
  最低でも10年は必要になってくるのに。
  この連合体の政治家が経済を理解してない事がよく分かる。 +13




■ ちなみに日本はこの前、以前と同じ条件で、
  ロシアとサハリン2の契約を結んでる。
  欧州がロシアの代わりにと考えているカタールは、
  欧州の思惑を見透かしてるから、足元を見てる。
  だから俺たちは高く買わざるを得ない。 +2

欧州「日本こそ真の友人だ!」 ヨーロッパを救う日本の支援に現地から感謝の嵐




■ まぁ長期契約する相手もかなり重要だけどな。 +4




■ LNGを安定的に調達するために、
  長期契約に固執した日本が正しかったんだ……。
  しかも日本はごく初期のLNGのバイヤーだった。
  でも日本は何もLNGだけを見てるわけじゃなくて、
  多くの副次的な計画を今でも行なってる。
  だから偶然ラッキーで恵まれたわけでは決してない。




■ 俺たちは今さらもう手遅れでしょ。
  日本はずっと前から長期契約の利点を理解してたんだよ。




■ 日本はより良いマネージメントを行い、
  だからこそより良い結果を得られたという単純な事なんだろう。





関連記事
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑皆様の応援が、皆様が考えている以上に励みになります。
[ 2022/11/01 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL




ブログパーツ アクセスランキング