外国メディアの記事などに寄せられた、海外の反応をお伝えします

< 前の記事へ Blog Top 次の記事へ >
海外「世界で唯一の皇帝なのに…」 米高級紙が『バス移動』を選んだ両陛下と米大統領の差を指摘
2022年09月21日23:00



ロンドンのウェストミンスター寺院において、
9月19日午前11時(日本時間午後7時)から、
約1時間にわたって営まれたエリザベス女王陛下の国葬。

世界中の首脳や国家元首が一堂に会するという事で、
警察官を約1万人動員するなど、最大レベルの警備体制となりましたが、
イギリス当局を悩ませたのが、賓客の移動方法。
要人500人を個別に厳戒態勢で警護するのには限界がある事から、
当局は各国に対し、バスに乗り合う形での移動を求めました。

イギリスのタイムズ紙は事前に、天皇皇后両陛下に関しては、
「専用車での移動になるだろう」と報じていましたが、
両陛下は特別扱いを固辞し、バスでの移動を選択されました。

一方で米国のバイデン大統領は、警備上の理由から、
防弾ガラスなどの装備が整った専用車列での移動を希望。
それをイギリス側も受け入れ、希望通りになったのですが、
その事に対して米メディア「BREITBART」は、
「天皇陛下でさえバスで移動した中で、
 "環境配慮"のバイデン氏は専用車で国葬に向かった」
というタイトルの記事を投稿しました。

また、米高級紙「ワシントン・ポスト」も、
各国の王族などがバス移動となった事を伝える記事のトップに、
タラップに立たれる天皇皇后両陛下のお写真を使用。
記事の冒頭で、
「天皇皇后両陛下はバス移動の案に明るい反応を見せたが、
 他の世界の指導者の中にはそうではない者もいた。
 特にバイデン大統領と他の数名が、
 自前の重装甲車で移動する事を選んだのだ」と、
天皇皇后両陛下と、バイデン大統領の姿勢の違いを指摘しています。

この件に対し、アメリカ人から様々な反応が寄せられていました。
その一部をご紹介しますので、ごらんください。

「日本は本当にいい国だ!」 天皇陛下を目撃した日本の女子高生の反応が大反響

473735.png






翻訳元



■ これはありとあらゆるレベルで間違ってるよねぇ。 +3




■ 今私はヨーロッパで暮らしてるんだけど、
  この件はこっちでもかなり大きな議論を呼んでるよ。 +11



   ■ この偉大な国家に、恥をかかせてくれたな🇺🇸 +11



■ 米大統領は狙われる危険があるから仕方がないのでは。
  まさか日本の天皇をターゲットにする人はいないだろうし、
  バスでも安全に移動出来るだろう。




■ 再生可能エネルギーを推奨してる人が、
  1人だけ専用車で移動するのはダブルスタンダードだと。
  メディアはそう批判したいわけだな?
  だがしかし待ってほしい。
  そもそも「スタンダード」を全く持ち合わせていないのだから、
  ダブルスタンダードにはなり得ないのだよ! +17




■ 自分はバイデン大統領のファンではない。
  だけど彼は、アメリカ合衆国の大統領なんだぞ……?




■ 「世界の皇帝」様は日本の皇帝より偉いと勘違いしてるようだ!!!




■ 日本の天皇より上に立とうとする人は誰もいない。
  ……と思っていたんだが、おや……? +3




■ 世界中の王族たちがバス乗車体験をしたなんて、なんかいいよね。
  すごく素敵な話だと思う! +12




■ 自分は当日現地にいたんだけど、
  多くの警察官や世界最高クラスの兵士がルートを守ってたよ。
  つまり、専用車での移動は必要がなかった。 +1

海外「日本の文化を象徴してる」 皇宮護衛官の交代式を観た外国人の反応




■ やっぱりね、という感じ。
  他の元首と同じ行動は取らないだろうと思ってたよ。 +5




■ バイデン大統領だけじゃなくて、
  米国の大統領はみんなそうしたと思うけどね。




■ 「皆のためのルールであって、私のためのルールではない」🤦‍♂️ +7




■ バスに他の元首たちと相乗りをすると、
  台本なしに会話をする必要があるからね。 +15




■ 前大統領が招待されなくてよかった。
  首脳たちで集合写真を撮影する時に、
  いいポジションをゲットするために、
  天皇陛下を押しのけていた可能性があるから。 +165




■ バイデン大統領が装甲車に乗らなければいけないのは、
  ステータスの話ではなく安全のため。
  世界にそう思われてるのは悲しい現実だ。 +5




■ ノルウェー、スウェーデン、デンマークの君主たちは、
  自国で頻繁に路面電車やバスに乗るから、
  彼らにとっては新しい体験ではなかったはず。 +13

「天皇の警備がこんなに薄いとは…」 日本の皇室の在り方にタイから羨望の声



   ■ 個人的にはそれがイギリスの未来であって欲しい。
     ウィリアム皇太子は可能であれば、
     公共交通機関に乗るんじゃないかな。 +3



■ エンプレス・マサコが参列された事を凄く嬉しく思う。
  彼女は英語が堪能だし、天皇陛下も話せる。
  こういった外国での「ビッグイベント」への参加は、
  精神的にリラックする事が出来たんじゃないかしら。 +13




■ 今回の国葬にはかなり多くの王や女王がやってきたね。
  デンマーク、ノルウェー、スウェーデン、ベルギー、オランダ。



   ■ 世界にはもっと多くの王や女王がいる。
     近代ヨーロッパを形成した歴史的な4大王宮のうち
    (イングランド、フランス、スペイン、神聖ローマ帝国)、
     今でも残ってるスペインを忘れちゃいけない。
     そして日本は、西洋以外で唯一残された、
     本当の意味で歴史ある君主制国家だ。



■  世界の指導者全員を同じバスに乗せようとした事自体が、
  そもそも間違いだったんじゃないかと思うんだよ。
  格好のターゲットになっちゃうじゃないか。 +9




■ 他の世界の指導者と一緒にバスに乗らないのは最善だったさ。
  大統領の発言をカバーする人がいないわけで、
  さらに祖国に不名誉を与える可能性があった。 +2




■ ちなみに今回の葬儀にも参列した、
  スペイン王室の人たちはエリザベス女王と親戚ね。
  現国王フェリペ6世の父であるフアン・カルロス1世は、
  女王を「私のいとこだ」と紹介した事があって、
  女王もそれに「そうよ」と明るく応じてた。 +23

「日本はさすがだ…」 国王来日 日本のおもてなしにスペインから感動の声




■ アメリカの大統領は世界で最も権力のある人物。
  エリザベス女王の国葬という重要な日に、
  重大な事件が起きちゃったら大変でしょ。 😆+18 +4



   ■ むしろ大事な場での失言の方が心配なんだが。 +25



   ■ それほど世界的に重要な人物なのに、
     国葬の席順は前から14列目なんだね。 +4



■ これはアメリカ人として謝るしかない。
  この国も問題をたくさん抱えてるんだよ。 +11




■ エンペラーやキング/クイーンがバスに乗ったのは何年振りなんだろう!
  ただ、バイデン氏がバスに乗らなかったのは理解出来る。
  常にターゲットにされるような立場だし、
  英国としても不測の事態は絶対に避けたかったはず。 +12




■ これは米国にとって不名誉な事だなぁ。
  大統領夫人も苦言を呈すべきだった! +8




■ ロンドンのバスの運転手さんって、
  相当口が悪い人が多いけど大丈夫だったかな。 +15

「なんて寛容な社会なんだ」とある日本のバス運転士の姿に海外から感動の声




■ バイデン大統領は天皇皇后両陛下を、
  大統領専用の装甲車に招待して欲しかったなぁ。
  天皇陛下自身はバスでの移動にユーモアを感じただろうけど、
  日本人は天皇陛下を尊敬しているし、
  彼らからすれば面白くないと思うんだ。 +6




■ 欧州のほとんどの王族はいとこ同士みたいなものだし、
  バスでの移動も気にしてなかったと思う。 +4




■ 大統領や首相クラスならまだしも、
  古代から続く世界で唯一の皇帝と皇后なのに、
  バスに乗る事を選ぶ謙虚さは、考えさせられるね。 +9




■ 政治的な配慮に苦しんだ英国に同情するよ。
  各国のトップは当然、自分は特別扱いを受けるに値すると考える。
  そして何人かは実際に特別扱いを受けている。
  結局はリスクの大きさが関係してくるのかな。
  いずれにせよ、イギリスの当局は相当気を配ったと思う。
  成功に導いた優れた組織に賞賛を送りたい。 +16





カテゴリ : 社会

/ トラックバック : 0

関連記事
トラックバックURL http://kaigainohannoublog.blog55.fc2.com/tb.php/4330-c7c22400
< 前の記事へ Blog Top 次の記事へ >
トラックバック


ランダム記事







過去の人気記事