fc2ブログ

パンドラの憂鬱

外国メディアの記事などに寄せられた、海外の反応をお伝えします


海外「やっぱ日本人は特殊だ」 全ての宗教を受け入れる日本人の特別な宗教観が話題に

今回は「信仰とスピリチュアリティは、
現代日本をどう形成しているのか」
と題された記事からで、
日本人の独特な宗教観に迫っています。

以下が要点になります。

・(取材をした)日本人女性のノザワさんは、
 生活に根付いてる神道や仏教、
 さらにはキリスト教の慣習について深く考えていない。
 たとえば先祖の魂を迎えるお盆の時期に帰省した一方で、
 これまでにキリスト教式の結婚式にも参列してきたし、
 過去には興味から、ミサにも出席した事があるという。

・「日本人は無宗教と思われがちですが、
  実際にはそうではありません」と、
 東京大学大学院教授の堀江宗正氏は語る。
 「ただ単に『宗教』と表現しないだけなのです」。
 また堀江氏は、日本において「宗教」の概念はかなり浅く、
 明治時代初期に英語の「religion」の訳語として、
 仏教用語から借用され、辞書に載ったものだと指摘する。

・「日本人は神道式で生まれ、キリスト教式で結婚し、
 最期は仏教徒として旅立つ」という言葉がある。
 日本の宗教的矛盾の説明によく使われている言葉なのだが、
 宗教的な儀式や慣行が、日本社会の多くの面で、
 どのように認識されているのかを示している。

・ジャーナリストで僧侶でもある鵜飼秀徳氏は、
 「日本人ほど信心深い民族はいないと思います」と語る。
 「自分たちの宗教性を意識していませんが、
  それは生活に根付いているからなのです」。



以上です。
多くの外国とは異なり、日常の中で様々な宗教を受け入れ、
しかしそれを「宗教」とは捉えていないと指摘される、
非常に特殊な日本人の宗教観に対して、
外国の人々から様々な意見が寄せられていました。
その一部をご紹介しますので、ごらんください。

「何で日本人は宗教を混ぜるんだ!」 様々な宗教が入り混じる日本社会に驚きの声

575373553.png




翻訳元(シェアページからも)



■ 個人的には日本のこういうところが好きだなぁ。 +1 アメリカ




■ 日本人は自分の宗教(それが何であれ)を、
  特に他人への接し方の指針にしてる気がする。 ニュージーランド




■ 日本人がスピリチュアルなものに敬意を払うのは、
  自然災害であれ、生活全般の話であれ、
  集団として苦痛に対処する方法なんだろう。
  本当に穏やかで、親切な国民だよ。 +2 アメリカ




■ 台湾人も日本人と似てるかも。
  宗教的ではないんだけど、幽霊は怖いっていう。 😆+4 +3 台湾




■ 個人的には仏教は宗教じゃなくて、
  人は自然の一部であるという事実の「受諾」だと考えてる。
  それ以上のものではない。 +7 😆+2 アイルランド



   ■ いや、仏教は明らかに宗教でしょ! +4 ロシア出身



■ 日本人は人間の価値を知っている……。
  だから特定の神は必要としないんじゃないかな……。 +4 ミャンマー




■ 終戦まで日本は天皇を神聖視してたし、
  それは非常に宗教的だったと思うんだ。
  そう考えるとシントウは宗教だと思う。
  仏教はある人にとっては宗教で、
  またある人にとっては哲学という感じかな。 +5 オーストラリア




■ 日本人は目に見えるものを前にして祈る事に慣れてる。
  目に見えないものを信じて神に祈るというのは、
  日本人には馴染みがないんじゃないかねぇ。 カナダ

海外「日本人は無神論じゃないの?」 日本の神棚と仏壇に外国人が興味津々



   ■ でも実際の話をすると、キリスト教は北米でよりも、
     日本での方が長く存在してたりする。 +2 アメリカ



      ■ 素晴らしい指摘だ。
        だけど本気でキリスト教を信仰してる人は、
        人口比でいえば日本は限られてるよ。 カナダ



■ 日本人の宗教観ってホント興味深いものがあるよな。 +2 アメリカ




■ 日本人は宗教を信じてるって言うよりは、
  迷信を信じてる人が多いって印象。 😆+3 +1 米国(日本在住)



   ■ とある人にとっての「宗教」は、
     また別の人にとっては「迷信」だから。 +3 国籍不明



   ■ その認識は間違ってる。
     「宗教」だとされているものは、
     日本人にとっては「文化」なんだから! +1 フィリピン



■ トクガワはキリスト教によく対処したと思う。 +3 アメリカ

「当時の日本人の偏見のなさに驚いた」 家康に仕えた白人侍の存在に外国人が衝撃



   ■ それは私も同意見。
     断固として受け入れなかった。
     そういう意味では完璧な対応だったね。 +1 フランス



■ たしかに、日本は他の国と同じように宗教的である。 
  ただ、宗教面における他の国々との違いは、
  公には語られる事がないって事かな。 +10 米国(日本在住)




■ 日本人にとってはプライベートな事であって、
  ことさらに人に話す事ではないんだよ。 +3 英国(日本在住)




■ 一般的に日本人は、仏教、シントウ、
  そしてキリスト教などを信仰してる。
  全ての宗教の中から「良い部分」を選んで、
  その要素に従ってる人が多いようだ。
  逆に言うと特定の信仰はないわけだから、
  宗教は近代日本の根本にはなり得ないんだよね。 カナダ




■ 日本にも信仰やスピリチュアルなものはあるけど、
  ドグマを重視する宗教とはやっぱり異なる。
  従うべき教義や指導者がいるわけではないから。
  そしてアニミズム的だから、有神論とも違う。 +16 国籍不明




■ 日本人にとってのいわゆる宗教は、
  何をすべきかと人に指示するようなものではなく、
  「霊的な認知」と言うべきものだろうね。 +10 アメリカ




■ シントウは一神教よりもはるかに健康的だと思う。
  精霊を信じるのはちょっとファンタジーっぽいが。 +16 ドイツ

「神道は最も平和的な宗教」 神道とは何かを解説した動画が外国人に大好評



   ■ 他の宗教とそこまでの差があるかしら? +1 イタリア



   ■ ちなみに詳細なシントウの歴史って誰も知らないんだよね。
     起源となる場所とか。
     いつかの時点で突如として日本に現れた。
     それでも日本の日常的な習慣は、
     シントウが起源である事が多い。 アメリカ



   ■ シントウでは霊性を信じる事は突飛なことではない。
     宗教ではないから、教義に縛られず、
     自分の人生を自分でコントロール出来る。
     シントウは文化であり、生活指針でもある。
     シントウに関連する書籍を見ると、
     西洋に例えるとギリシャの叙事詩のような、
     より物語性の高いものが多いよ。 国籍不明



■ 日本人は「組織立った宗教」ではなく、
  「スピリチュアリティ」に重きを置く。 +1 イギリス




■ うん、日本人が「無宗教」っていうのは違うよな。
  ただ単に霊的なものを重視してるだけ。
  1つの形に縛られてないんだよ。 +2 アメリカ



   ■ その通り!
     彼らは日本中に潜むスピリチュアルな力を、
     自分たちのエネルギーに変えてるんだ! +2 アメリカ



■ 日本人は先祖とのつながりを重視するからね。 アメリカ

「日本代表にふさわしい!」 ミスコン日本代表の先祖が凄すぎると海外で話題に




■ 日本にいた時にいつも驚かされたのが、
  自分が出会う日本人はみんな、
  「自分は無宗教だ」って口にしてるのに、
  欧米で出会ったどんな人たちよりも、
  日常生活で宗教を実践してる事だった。 +4 スペイン




■ そもそも「宗教」という概念が欧米的なのでは?
  「アブラハムの宗教」(※ユダヤ、キリスト、イスラム)以外に、
  もっと多くの概念があるはずなんだよ。 国籍不明




■ 誕生と結婚、葬式で宗教が変わるのは興味深い👍 +2 イタリア




■ こういった宗教観を見ても、
  やっぱり日本人は特殊な人たちだよね。 イギリス





関連記事
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑皆様の応援が、皆様が考えている以上に励みになります。
[ 2022/09/06 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL




ブログパーツ アクセスランキング