fc2ブログ

パンドラの憂鬱

外国メディアの記事などに寄せられた、海外の反応をお伝えします


海外「日本とこんな繋がりが…」 スコットランド紙幣に描かれた日本人の姿に驚きの声

スコットランドのエディンバラ近郊のフォース湾に架かる、
全長2530mのカンチレバー形式による「フォース橋」。
1890年に完成したこの橋には、当時の最新技術の粋が集められており、
支間長(橋脚と橋脚の間の長さ)はしばらくの期間世界一を誇っていました。
2015年に世界遺産リストに登録。

フォース橋の設計を担当する事になったのが、
鉄道技師のジョン・ファウラーとベンジャミン・ベイカー。
そして、建設工事の監督係を務めたのが、
日本土木史の父と呼ばれる渡邊嘉一でした。

嘉一は1876年に工部大学校(現東京大学工学部)予備校に入学し、
1883年に首席で卒業後、工部省に技師として入省し鉄道局に勤務。
1884年の退官後、留学先のグラスゴー大学で土木工学を専攻し、
1886年に卒業すると、現地の工務所で技師に。
その後4年間、フォース橋の建築工事に監督係として参画していました。

その頃に、ファウラーとベイカーとともに収まった、
カンチレバー構造の原理を実演した写真が撮影されており、
その写真が、2007年発行の20ポンド紙幣の右上に描かれています。

小さくではあるものの、紙幣に外国人が描かれるのは異例のこと。
スコットランドでも知る人ぞ知る事実だったようで、
驚きの声が相次いで寄せられていました。

海外「日本の国旗を誇りに思う」 カンボジア紙幣に描かれた日の丸が話題に

35735735_2022061013371139f.png




翻訳元
48468468.jpeg
252454.png



■ 真ん中に座ってるのがカイチ・ワタナベさん。
  この人の物語は本当に面白いよ。 +7




■ こんな歴史があったなんて知らなかった。
  なんてクールな物語なんだ。 +2




■ 才能に人種や宗教は関係がないからね。 +1




■ 過去に撮影された写真だとしても、
  再発見された今年のフォト・オブ・イヤーでいいでしょ。 +2




■ あの写真は、カンチレバー橋の原理を実演してる。
  重り役は英国に留学した最初の日本人技術者カイチ・ワタナベ。
  設計を担当したジョン・ファウラーと、
  ベンジャミン・ベイカーが支柱役になっている。 +151



   ■ 原理を実演した写真を見ても、
     いまいちこの橋の構造は理解出来ないな。  +81



■ まさか日本人がフォース橋に関わっていたなんて、
  調べるに値する興味深い歴史だねこれは。 +2




■ 彼の功績を正当に認めた人たちにも賞賛を。




■ 何で1880年に英国で撮影された写真に日本人が写ってるんだ? +18

海外「合成だろこれ」 侍がスフィンクスの前で撮った写真に外国人仰天



   ■ スコットランド人技師ヘンリー・ダイアーは、
     以前に東京帝国大学で教鞭をとっていて、
     ワタナベはまた彼のもとで学ぶために、
     グラスゴー大学に留学したんだ。 +38



      ■ よくそういう事を知ってるよなぁ。
        だからこそ俺はネット空間が好きなんだ。 +11



   ■ 実際素晴らしい質問だと思う。
     エド時代の日本は鎖国をしてたわけだしね……。 +1



      ■ 明治維新の影響だよ。
        簡単に言うと、1868年以降、
        日本は長期にわたって急速な工業化に取り組んでいて、
        優秀な技術者たちを海外に派遣して、
        欧米諸国から学んだりしてたから。 +10



■ カイチ・ワタナベは日本に帰国後、
  土木技師として大成功を収めたんだ。 +16



   ■ へぇ、衝撃的な事実だった。ありがとう。
     知らない事ってまだまだ沢山あるんだなぁ。 +3



■ 本当に凄い写真だ。
  日本人がフォース橋の建設に関わってたなんて。

「この写真は教科書に載るぞ」 G7で撮影された写真が歴史的だと世界的な話題




■ 前に日本人観光客をたくさん乗せた観光バスが、
  フォース橋の撮影スポットに停車してるのを見たよ。 




■ ここで有名なフォース橋の最近の様子をどうぞ。 +2

 43746.jpeg




■ この場を借りて、カイチ・ワタナベ氏の、
  あの素敵な口ひげについて語り合いたいのだが。 +8




■ キャサリン・ジョセフのアルバムのカバーにも、
  あの3人が写った写真が使われてた覚えがある。 +6




■ この写真を引き延ばして部屋の壁に飾りたい。
  だってかなりクールだもん。 +7




■ へぇ。20ポンドに彼らの写真が使われてるなんて、
  今の今まで全く気づかなかったわ。 +2

「日本の責任じゃない」 外国人には五円玉が認識できないという事実が話題に



   ■ ところで、イギリスってどこも同じ通貨じゃないの?
     他の地域でもこの20ポンド札は流通してる?
     どう機能してるのかいまいち分からない。



       ■ イギリス国内の通貨は全て同じなんだけど、
         スコットランドは3つの銀行が、
         北アイルランドは4つの銀行が、
         あとイングランド銀行がそれぞれ造幣出来る。
         イングランドとウェールズのお店では、
         他の2つ地域の紙幣に馴染みがないから、
         受け取りを拒否される事もあるけど、
         それでもそれぞれの紙幣は互換性がある。 +2



■ スコットランド紙幣に登場した外国人は、
  今まで何人いたかみんな知ってるかな?
  ボーナスヒント:日本人はどこに隠れている? +3



   ■ カイチ・ワタナベの存在を初めて知った。
     この事実は間違いなく色んな人に教えたくなるね! +2



■ 日本人が世界遺産の橋の建設に関わってたなんて、
  スコットランド人でも知る人は少なかったのでは。 +1



   ■ おそらく、英連邦の紙幣に載った唯一の日本人だろう……。
     みんなも改めて20ポンドを見て欲しい。 +2



■ この橋の設計者たちはまさに天才だと思う。 +1

「日本人とかいう天才集団よ」 日本の自動改札機の進化っぷりが凄いと話題に



   ■ 今とは違ってコンピューターを使った、
     シミュレーションとかも出来ない時代だからね。 +2



■ フォース橋は傑作。
  その橋が日本とこんな繋がりがあったなんて知らなかったよ。




■ 橋梁技術者として、この橋が大好きだ。
  昔のエンジニアは数学とかの代わりに、
  人間を使って工学的原理を実証してたんだよ。
  古い(1900年代)の教科書には、
  学生が構造配置をテストしてる写真が沢山掲載されてるよ。 +124




■ フォース橋はスコットランドのアイコンでありシンボルだ。
  そんな橋に関わった日本人のことを、
  スコットランド人はもっとよく学んだ方がいいね。 +8





関連記事
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑皆様の応援が、皆様が考えている以上に励みになります。
[ 2022/06/10 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL




ブログパーツ アクセスランキング