fc2ブログ

パンドラの憂鬱

外国メディアの記事などに寄せられた、海外の反応をお伝えします


海外「日本人は常に冷静だ」 日本人俳優が『ラストサムライ』の白人優遇説を一蹴

明治維新直後、急速な西洋化が推し進められる日本を舞台に、
時代の荒波に飲まれゆく事に抗う武士たちと、
その武士たちの生き様に共感を覚え、
武士と共に、新政府との最後の戦いに挑む米軍人の姿を描いた、
2003年制作のアメリカ映画「ラストサムライ」。

数々の賞にノミネートされ、興行収入は4億5600万ドルを記録するなど、
世界各地で高い評価と人気を獲得したこの作品ですが、
当時から今に至るまで、侍映画であるにも関わらず、
主人公が白人男性である事が度々議論になっています。

今月19日付の英ガーディアン紙の記事には、
「ラストサムライ」で反乱軍を指揮する侍・勝元を演じた、
渡辺謙さんのインタビューが掲載されているのですが、
そこでも「白い救世主」の議論に関する質問が投げかけられています。

その点に関し渡辺さんは、
「そんな事は全く考えた事がなかった」と一蹴し、
「ただこれまで描けなかった日本を描くチャンスだと思ったのです。
 ですので特別な作品を作っているという意識がありました」と述懐。
その上で、「ラストサムライ」の影響で、
映画界におけるアジア人のステレオタイプが一掃され、
より本格的にアジアの物語が描かれるようになったと指摘しています。

白人の活躍を優遇するような作品ではない、
とする渡辺謙さんの見解に海外からは共感の声が殺到。
多くの方が、「白い救世主」の議論自体を、
的外れだと考えているようでした。

「侍の魂は日本人の中で生きてる」 『武士の終焉』に外国人から悲しみの声

864545345_20220530133910f6b.png




翻訳元(シェアページからも)



■ 「白い救世主」だって?
  ワタナベ演じるキャラクターやその家族、
  果ては村人たちこそが"トム"を救ったんだよ。
  最後の戦いでもサムライたちは彼を守ろうとしてた。
  だからこそ生き延びる事が出来たわけだし。 +229 メキシコ




■ 擦り切れてしまった1人のアメリカ人の魂を、
  日本の文化が救った物語だと解釈してるが? +92 イタリア




■ 20年も前の映画なのに、
  いまだにこういう議論が起きるのか。 +20 国籍不明




■ 個人的には白人が優遇されたとは思わない。
  僕が目にしたのは、トム・クルーズ演じる主人公が、
  滅びゆくサムライの文化を目の当たりにする姿と、
  そういった当時の社会の雰囲気を、
  ワタナベや他のキャストが見事に表現していた姿だ。
  トムのキャラクターは、変化の波に巻き込まれながらも、
  最終的には武士の文化と名誉心を高く評価してたね。 +79 アメリカ




■ 大好きな映画だけど、白人優遇だなんて感じた事ないよ。
  結局主人公はサムライの世界を守れなかったしさ。
  みんなの命を救ったならまた別だけど。 +27 カナダ



   ■ 子供の頃は純粋に楽しく観てた。
     だけど大人になって何度か観直すと、
     「白い救世主」的な演出が、
     結構目につくようになったな。 +3 アメリカ



■ この映画を最初から最後まで観ると、
  むしろ"トム"の方が救いを求めていて、
  実際に日本で救いを見つけたように見える。 +20 ハワイ




■ 結局は救世主にはなれなかったしね。
  そして、「ラストサムライ」は傑作だ。 +3 イギリス




■ あの内戦の流れを変えたのは、
  ワタナベ演じるキャラが払った犠牲だ。
  クルーズ演じるキャラは単なる目撃者であり、
  そしてメッセンジャーに過ぎなかった。 +8 アメリカ




■ トム・クルーズが演じたネイサン・オールグレンは、
  実在した2人の人物が元になってる。
  古くには「三浦按針」という白人のサムライもいたし。
  何よりも日本でも興行収入が良かったし、
  日本人から悪い印象は抱かれてないはず。 +12 フィリピン

「当時の日本人の偏見のなさに驚いた」 家康に仕えた白人侍の存在に外国人が衝撃




■ 日本では「ラストサムライ」は愛されてるらしいぞ。 +4 国籍不明




■ ほとんど史実だから美化はされてないよ。
  トム・クルーズが演じたキャラクターは、
  実在したフランス人がモデルなんだし。 +2 フランス




■ 「ラストサムライ」は何度も観たよ。
  映画の中で明治天皇を目覚めさせたのは、
  オールグレンではなくカツモトの犠牲だった。
  オールグレンは、あくまでも時代の終焉の目撃者。 +2 国籍不明






■ もし制作側が現実の歴史からのインスピレーションを得ずに、
  歴史改変をする事を望んでいたなら、
  「白い救世主」がカツモト側を勝たせたはず。
  だけどそうはしてないだろ? +11 アメリカ




■ でも基本的には欧米人向けに作られた作品でしょ。
  多くの日本人は評価してないと思うよ。 ベトナム




■ 個人的には、有名な欧米人を主人公にした作品は、
  欧米圏外の国が自国の文化を欧米に伝える際には、
  なかなか有効な方法だと思うんだよね。 +8 アメリカ




■ 「ラストサムライ」はサントラも秀逸だったよなぁ。
  本当に全ての面でハイスタンダードだった。 +33 イタリア

「アニメの枠を超えてる!」20年前の日本アニメの主題歌がカッコ良すぎると話題




■ 俺は批判の声が上がるのは理解出来る。
  サムライとかロウニンとかアジアの武術に関する映画には、
  必ず「白い救世主」が登場する気がするもん。
  だからこういう系の映画は観ない。 +2 フィリピン




■ 「白い救世主」じゃなくて、「白い立会人」だと思う。
  サムライたちの生き様を伝えるために、
  ああして生き残ったわけだし。 +12 アメリカ




■ この映画はあらゆる面で傑作だった。
  不朽の名作に傷をつけるような事はやめようか。 +31 イタリア




■ 「攻殻機動隊」の実写化の時の騒動を思い出した。
  「ラストサムライ」の公開時期が、
  もしも今みたいなSNS全盛の時代だったら、 
  かなりの大騒ぎになってただろうな。 +6 アメリカ




■ 私の高校の日本語教師(純日本人)は、
  「ラストサムライ」が大好きだったよ。
  彼女は「白い救世主」のような映画だとは思ってなくて、
  単純に日本の文化とか歴史とかに、
  スポットを置いてるのが良かったみたい。 +8 アメリカ




■ "トム・クルーズ"は誰も、何も救ってない。
  ただ単にサムライが彼らの生き様を"トム"に見せ、
  そして"トム"の事を救ったんだよ。 +15 イギリス




■ 「ラストサムライ」とはカツモトの事。
  カツモトの献身的な生き様は明治天皇に、
  自身を操り人形にしようとする勢力に立ち向かう力を与えた。
  オールグレンは、カツモトの生き様を伝える、
  メッセンジャー的な役割だったという印象だ。 +344 国籍不明

「日本人との差は何なんだろう…」 明治維新を成し遂げた日本にアフリカから羨望の声




■ この映画は素晴らしい作品だと思う。
  だけどアジア人にとってのターニングポイント作品ではない。
  フォーカスされてるのは日本人だけなんだから。 +53 オーストラリア




■ だけど「ラストサムライ」って、
  オールグレンじゃなくてカツモトの事だよね? +2 オーストラリア




■ こういう時の日本人の姿勢が大好きだ。いつだって冷静で。
  自分も「ラストサムライ」は何度か観てるけど、
  むしろ救われたのは自暴自棄だった"トム"の方だ。
  これはある意味で、再生の物語なんだよ。 +4 米出身




■ ただ、ミスター・ワタナベも難しい立場でしょ。
  あの映画がハリウッドデビュー作だったわけだし、
  悪く言う事は出来ないと思う……。 +21 カナダ




■ ワタナベはアカデミー賞助演男優賞にノミネートされたはず。
  当時アジア系の俳優としてはかなり異例の事だった。
  一方でトムはノミネートされなかった。
  基本的にはワタナベが主役みたいだったな。 +6 カナダ




■ これはマーケティングが悪かったんだと思う。
  「白い救世主」の物語だとあえて誤解させる感じだったし。
  アメリカ人に観てもらうためには、
  トム・クルーズにスポットを当てる必要があったんだろう。
  その不幸な副作用がこの議論なんだ。
  だけどみんなが言ってるように、
  この映画は「白い救世主」の物語ではない。
  タイトルにもなってる「最後のサムライ」は、
  トム・クルーズではないんだからね。 +85 国籍不明




■ 的外れだ……。これはブシドウの物語なんだよ! +8 イタリア

「これが武士道の精神か…」 部下をかばい命を落とした自衛隊員に称賛の声




■ そもそもこれは史実を元にした話だから。
  過去にはウィリアム・アダムスもいた。
  映画の中だけの話なんかじゃない。 +46 アメリカ



   ■ でもトムのキャラクターは米国人の設定だよね。
     歴史を元にした物語だって言うなら、
     フランス人にするべきだったとは思う。 +21 アメリカ



■ 「ラストサムライ」の本当の救世主は、
  最後に自身の考えを変え、より伝統的なアプローチを支持した、
  明治天皇だと個人的には考えてる。 +40 アメリカ




■ オールグレンが日本を救った話ではなく、
  日本がオールグレンを救った話だったね。
  カツモトに関する物語の方がより壮大で、
  そこにオールグレンが加わるような形だった。
  日本人に対する、深い敬意が感じられる作品だったよ。 +52 アメリカ





そもそもオールグレンは武士たちを救済しておらず、
そして、むしろ救われたのはオールグレンの方だ、
というニュアンスのコメントが非常に目立ちました。
渡辺謙さんや真田広之さんなど、
日本人俳優の演技や存在感などが主役級だった事も、
「白い救世主」議論を打ち消す一助になっている気がします。



関連記事
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑皆様の応援が、皆様が考えている以上に励みになります。
[ 2022/05/30 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL




ブログパーツ アクセスランキング