fc2ブログ

パンドラの憂鬱

外国メディアの記事などに寄せられた、海外の反応をお伝えします


海外「日本で差別から解放された」 在日外国人たちが語る日本に住んでいて良かった事

一時的な状況を除き、基本的には増加傾向が続いている在留外国人数。
1985年(昭和60年)には約85万人だったその数は、
令和3年6月末現在は約282万人と、40年近くで約3倍になっています。

自国とは文化が違う外国での暮らしということで、
人によって合う合わないはあるかと思いますが、
今回の翻訳元では、日本に住んでいて良かった事が語られています。
様々な意見が寄せられていましたので、その一部をご紹介します。

「母国で日本の良さを痛感」 人気ブロガーが語る『日本に恋した理由』に共感の声

37357533575373.jpeg




翻訳元



■ 自分は完璧主義者なんだけど、
  この地球上で日本ほど、あらゆる面でレベルが高い国はない。
  ピザ、飲み物、ファッション、何でも。
  外国人として日本がどこの国よりも快適だと感じる理由はそこ。
  だから欧州に帰ると、かなり残念な気持ちになる。 +13 フランス




■ 逆に、日本は居心地が良すぎた。
  アメリカに帰るとやっぱり母国だし楽しい事は楽しい。
  だけど家族の安全が心配になるんだ。
  だから帰るのは今じゃないと思って日本に戻る事になった。
  日本は安全だ。本当に安全なんだ。 +49 アメリカ




■ 安全で犯罪が少ない事は重要だよね。
  日本は僕に、自分の人生を生きる社会を提供してくれてる。
  仕事のチャンスも多いし、退屈もしない。
  そして色々な人がいて、出会いが多いのも好きだ。 +4 ラトビア




■ 今は日本の田舎で暮らしてるけど、
  基本日本は住みやすいし、便利だよね。
  その理由としては、他人を思いやって、
  個人のスペースとか財産を尊重するからなんじゃないかな。
  車の運転だって快適に出来るし、
  食事とか商品の値段が地域によって変わる事もない。
  カスタマーサービスもどこに行っても上質。
  客の地位や立場で扱いを変える事がないの。 +8 日本在住




■ 犯罪に巻き込まれる心配がないのが最高だ。
  母国では「権利」が教えられるけど、
  日本では「責任」が教えられる。
  だから日本人は法律を守って他人を尊重するんだろう。 +6 アメリカ




■ 自分は1974年に東京でバーテンダーとして働いてた。
  そのあと日本各地を巡ったよ。
  素敵な人々、美しい国、高い秩序、少ない犯罪……。
  少なくとも当時の日本人は外国の事が大好きだった。 +1 タイ




■ 悪い点は、ビザが切れる心配が常につきまとった事。
  良い点は治安の良さ。
  あとはハイキングとかレジャーにうってつけで、
  食べ物やレストランがかなり豊富な面もそう。
  そして日本人は、どんな時でも親切だった。 +2 ポーランド




■ 日本人は他人の努力を認めてくれるから、日本での暮らしが好き。
  たとえ見知らぬ人であっても周りの人に注意を払って、
  誰かが他人のために善行をしていると、
  それを称えようとする傾向があるね。 +13 オランダ

「そりゃあ日本が愛される訳だ」 日本の一般の人々の振る舞いが世界的な話題に




■ 12年間大阪で暮らしてた俺が答えよう。
  ・仕事が簡単に見つかる
  ・独身男性として十分な収入が得られる
  ・趣味を探求出来る
  ・身近な場所で多様な国の食材が手に入る
  ・郵便・宅配システムが抜群に優秀
  ・医療費が安く、環境も整ってる
  ・食事が美味しい
  ・レコードショップは世界最高クラス
  ・アングラの大物ミュージシャンたちが度々来日する
  ・日本にいる外国人は社交的
  ・フランス人の妻と出会い、娘も日本で生まれた

  まるで魔法のような数年間だったよ。 +37 トルコ在住




■ 15年暮らしてるが、これほど安全を感じた国は他になかったね。
  礼儀正しくて教養があり責任感の強い市民、
  美味しい生鮮食品、誠実な店員さん、素晴らしい教育システム。
  そして、どこに行っても本当に清潔だ! +3 アメリカ




■ 母国アメリカに住む事の問題点や危険性。
  それらが日本では一切存在しないんだ。
  優れた学校、お店の素晴らしいサービス、
  そして質の高い交通機関や医療システム。
  つまり、日本での生活は素晴らしい。 +2 アメリカ




■ 外国人扱いのままでいいのなら、日本での生活は良いよ。
  日本ではたとえ40年住んだとしても、
  外国人は外国人のままだからね。 +1 米出身




■ 基本的には日本での生活は快適「だった」。
  だけど最近の日本は異常に暑い。
  日中も夜も耐え難い時がある。 +173 アメリカ

海外「日本人に同情します」 日本のセミの鳴き声に外国人がショック



   ■ ジャカルタかクアラルンプールに住んでごらん。
     本当の暑さを体験出来るから。 +4 タイ在住



■ 日本は一般市民も行政もとにかくちゃんとしてて親切。
  だから日本は住みやすい! +2 インド元外交官




■ 日本での生活は快適だよ。
  なぜなら、心の有り様次第だから。
  日本には「住めば都」って言葉があるんだ。 +150 ドイツ




■ 観光のみの経験だけど、快適で礼儀正しい社会だよね。
  料理や飲み物の種類も豊富。 
  四季があって桜もある日本は、旅行には最適だ。
  だけど働くとなると違う。
  長時間一生懸命働くという労働環境は、
  多くの東南アジアの人々の性に合わないと思う。 +218 豪州在住




■ 日本は安全で、市民は礼儀正しくて積極的に助けてくれる。
  街や都市は利便性を考慮されて設計されてるからかなり住みやすい。
  日本も他の国と同じように完璧ではないけど、
  私としてはどこに行っても歓迎されて、
  手を差し伸べられてると感じる事が出来ています。 +177 アメリカ




■ まずみんな思いやりがある。
  そしてサービスとプロ精神は、
  ユーラシア大陸でまずトップクラスだろう。
  日本での生活が快適な理由はその辺りかな。 +88 シンガポール

「日本で衝撃を受けた」 日本の接客サービスのあり方に海外から称賛の声




■ とにかく安全なのが素晴らしいと思う。
  あと僕は日本人の体格に近いから、
  それも快適に思える要因かな。 +4 アメリカ




■ 少なくとも短期間暮らすには、
  かなり安定した生活を送る事が出来るよ。
  やっぱり食べ物も美味しいし、
  日本人は世界で最も一貫性のある国民だから。 +75 国籍不明




■ 日本にいるとジッと見られる事があるんだ。
  だけど実際には信じられないくらい親切だし、礼儀正しい。
  「何でこんなルールがあるんだ」
  と思うような細かな決まりにも実はちゃんと目的があって、
  そういったルールが日本人の勤勉な性格以外に、
  この平和で静かな社会を作り出している、
  一因になってるんだって気付いたよ。 +93 スコットランド




■ 自分は内向的な性格だから、日本はかなり居心地がいい。
  逆に内向的でない人は、日本は合わないかも。 +2 インド




■ 高学歴で経済的に恵まれてるなら最高。 
  日本は安全で、愛情深く親切な国で、
  こっちにあるような差別から解放されたよ。
  遺産として残ってしまった制度化された差別からもね。
  何も日本は完璧な国だとは言わないよ。
  それでも母国よりはるかにマシだ。
  経済的、技能的に恵まれていない場合、
  また違った経験になるかもしれないが……。 +31 アメリカ




■ ルールが厳しすぎる面とかは嫌だけど、
  日本に来て良かったと思う事の1つは、危険を感じない事。
  イングランドでは女性が1人で歩くのは不安もあるけど、
  日本ではそういう気持ちにはならない。
  あと、1人で外食出来る社会の雰囲気も好き。
  私の地元では恥ずかしい事なんだけど、日本では全く問題ないの。
  それから、日本の夏の夜も大好き。
  夏の仕事帰りとか夕方から出かけるのは、
  私にとっては至福の時間なんだよね。 +437 イギリス

「日本は女性が1人で夜道を歩けるぞ!」 日本の特別な治安の良さにドイツから羨望の声




■ 自分は日本で理学士と理学修士を取得して、
  アメリカで博士号を取得後、日本で助教授を務めた。
  そのあとにまたアメリカに戻って、エジプト、イスラエル、
  イギリス、オーストラリア、マレーシア、
  インドネシア、ロシアで工学部の教授として働いた。
  正直、小さな子供がいる若い教員にとっては、
  日本は最も快適という場所ではなかった。
  だけど独身か高齢で、子育てが必要ない場合は、
  日本は暮らしやすい国なんだろうと思う。 +2 インドネシア




■ みんなが答えてる理由とほぼ同じ。
  満足出来る仕事があって、お金が貯まって、安全で、
  人々が僕に対して平等に接してくれる。
  まぁ、1番の理由は妻がいる事だけどね。 +261 カナダ




■ 結局は快適に出来るかは自分次第でしょ。
  自分自身が楽しめれば、どんな事も気にならない。
  だから僕は、日本での暮らしを楽しんでるよ。 +13 インドネシア





関連記事
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑皆様の応援が、皆様が考えている以上に励みになります。
[ 2022/05/05 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL




ブログパーツ アクセスランキング