fc2ブログ

パンドラの憂鬱

外国メディアの記事などに寄せられた、海外の反応をお伝えします


海外「時代の先を行っていた」 全米の女性に希望を与えた日本アニメを米公共放送が特集

少女漫画雑誌「なかよし」に掲載された漫画を原作とし、
1992年3月から1997年2月8日にかけ、
テレビ朝日系列で全200話が放送されたアニメ「セーラームーン」。

先月に30周年を迎えたのに合わせて、
アメリカの公共ラジオ放送局「NPR」は、
この作品の特集放送と記事の配信を行っており、
「なぜ世界中の若者の心を掴んだのか」、
そして「なぜ今も新しいファンを獲得しているのか」に迫っています。

NPRは特に、アメリカではいとこ関係に設定を変更されてしまった、
セーラーウラヌスとセーラーネプチューンのカップルを挙げ、
その上でマイノリティの人々から高い支持を受けている点を指摘。
NPRのインタビューを受けた女性は放送当時、
「ああ、私たちはまだ認められていないけれど、
 ついにこういう作品が出てきたんだ」と思ったと述懐しており、
また「セーラームーン」を視聴する事で、
「奪われてしまった時間を取り戻している」とも表現されています。

1990年代、そして今もなお世界に影響を与える作品に対し、
アメリカの女性たちから様々な反応が寄せられていました。
その一部をご紹介しますので、ごらんください。

海外「日本は常に進んだ国だった」 北米版セーラームーンの規制が話題に

34746746.png




翻訳元(シェアページからも)



■ あまり詳しくは言えないけど、
  人生で必要としてる時に出会えた特別な作品。
  私の人生に、本当にいい影響を与えてくれました。 +3




■ 7歳の頃からずっと心を鷲掴みにされてる。 +3




■ 「セーラームーン」最高。
  大人になってから日本語版も観たけど、
  ウラヌスとネプチューンがカップルなのは、
  その前から私は分かってたよ。
  「セーラームーン」の素晴らしい点は、
  仲間たちと一緒に悪と戦いながら、
  多様性や愛、寛容の大切さを教えてくれるところ。 +4




■ 「セーラームーン」は25年前に、
  私と親友とを結びつけてくれた特別な存在なの! +6




■ 「セーラームーン」は多くの面で私に影響を与えてくれた。
  今より若かった頃、セーラージュピターを通して、
  強い女性とはどういう事なのかを教わったの。
  ちなみに今飼ってる猫の名前は「ルナ」😻 +36 スウェーデン




■ セーラープルートの存在に今の子供たちは混乱するだろうな。

 (※プルート=冥王星。2006年までは太陽系第9惑星とされていた。
   なおミッキーマウスの愛犬・プルートの名前は、
   デビューの年(1930年)に発見された冥王星にあやかっている)




■ 私にとっては高校生の時代を彩ってくれた作品です! +3



   ■ 同じ経験をしてるのは私だけじゃなかったんだね!! +2



■ 私が初めて観たアニメがこれ❤️
  今でも映画とかドラマの好みに大きな影響を与えてる。
  作品によく登場した東京タワーを初めて生で見た時は、
  ファンとして本当にたまらない瞬間だったなぁ。 +3

「やっぱ東京は凄かった」 夜の東京の姿が完全にSF映画の世界だと話題に




■ 今またリバイバルブームが起きてるよね😍😍😍




■ 我が家の8歳の娘が最近「セーラームーン」と邂逅を果たした。
  どっぷり浸かっております。 +11




■ 90年代後半に私も大ファンだった。
  字幕版のVHS(ビデオ)を買って、
  吹き替え版が放送される前に観る事が出来たの。
  アクションフィギュアも全部持ってたよ。




■ 共感出来る登場人物はいなかったけど
  (なお自分は生まれた時からずっと男)、
  それでもこのアニメは大好きだった。
  みんないいキャラをしてて、複雑な内面を持っていて、
  魅力的で、筋描きも当時のアメリカの作品と比べると、
  時代を先取っているように感じた。 +2




■ 実は2人がいとこじゃない事は皆知ってたよ……。 +10



   ■ この国ならではの問題だね😉
     ドイツでは日本と同じ設定だったもん。 +2 ドイツ出身



■ 娘はまだ小さいから文字は読めないけど、
  本棚にある「セーラームーン」を眺めるのが大好き。
  一緒にアニメを観たり出来るようになったら、
  きっと娘も喜んでくれると思う。

「日本人には敵わんな…」 日本の国民的作家の膨大な蔵書に外国人が驚愕




■ 初めて観たアニメが「セーラームーン」だった!
  朝の5時に放送してたのを覚えてる。
  姉が早起きして録画してくれてたの。 +31



   ■ そうそうそう! 私も観ながら録画もしてた。
     と言うかリアルタイムで観るためだけに、
     当時は早起きしてたもん。 +1



■ 20年来の大ファン。
  背中にセーラームーンのタトゥーを入れてるくらい。
  いつかもっと増やしていきたい。 +14




■ 「セーラームーン」が特集されたとなると、
  次は「ハム太郎」特集の記事かな? +2




■ 単に面白いってだけじゃなくて、奥が深いんだよね!
  俺も「セーラームーン」が大好きだった!




■ 世界的影響力という意味で、「セーラームーン」よりも長く、
  そして今でも成長を続けてる作品があるよ。
  「聖闘士星矢」っていうんだけどさ。




■ 子供の頃に一番好きな番組だったし、
  今では娘と一緒に観てる!
  アクションフィギュアも全部取ってあるよ!

「こんな親が欲しかった」 日本を愛し過ぎる娘に対する母の反応に絶賛の声




■ 自分は今でもセーラーマーキュリーに対して、
  色々な理由から淡い恋心を抱いてる。 +2 カナダ




■ 私の心の中に永遠に残る作品。
  マンガ(原作)は必ず時の試練に耐えると思う。
  今考えると、時代の先を行ってたよね。 +11
  



■ ところで、何でセーラーアースはいなかったんだろ? +2



   ■ タキシード仮面がその役割を果たしてたんだよ! +3



■ 私が高校生の時に3つのコンピューター教室のPCが、
  Windows 97搭載のものに置き換わったんだけど、
  全てのPCのスクリーンセーバーが、
 「セーラームーン」だったのを覚えてるよ👍 +1




■ 私は大学の論文で「セーラームーン」について書いた。
  もちろん中高の時はアニメを観てたしね。 +12 




■ 日本語の勉強を補ってくれるのに最適な存在だった🙌🏾 +6

「日本を愛しすぎだろw」 日本語学習が北米や豪州などの英語圏で一番人気に




■ 「セーラームーン」の映画をビデオで観たのは今でもいい思い出。
  実家のアパートで、親友の横であぐらをかいて座って、
  大きな箱型のテレビをワクワクしながら見上げてた。
  その時の感動は今でも強く残ってるし、
  彼女たちは変わらず憧れの存在のまま。 +23



   ■ アニメの話をしてると男子がからかってくるんだよね。
     自分たちもこっそり観てるくせに😆 +9



■ 36才になった今でも「セーラームーン」の大ファン!
  このショーは、私に多くの事を教えてくれた。 +6




■ しっかりとした記事と「セーラームーン」。
  私の好きな2つの要素が一緒になってる!
  ミレニアル世代の子供達に特別な影響を与えた偉大な作品を、
  取り上げてくれて本当にありがとうございました。 +8





「セーラームーン」、「ドラゴンボール」「遊戯王」、
「ポケモン」、「たまごっち」、「デジモン」などなど、
90年代も日本のポップカルチャーの影響は凄まじいですね。
子供や若者に喜びを与えるという事は、本当に偉大な事だと思います。



関連記事
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑皆様の応援が、皆様が考えている以上に励みになります。
[ 2022/04/17 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL




ブログパーツ アクセスランキング