fc2ブログ

パンドラの憂鬱

外国メディアの記事などに寄せられた、海外の反応をお伝えします


海外「日本人は怒ってるの?」 日本人への配慮で『ティファニーで朝食を』が規制され議論に

トルーマン・カポーティの同名小説を原作とする、
オードリー・ヘプバーンの代表作の1つ「ティファニーで朝食を」。
1962年のアカデミー賞では5部門にノミネートされ、
2012年には米国立フィルム登録簿に登録されるなど、
非常に高い評価を受けています。

一方、原作にも登場し、ミッキー・ルーニーが演じた、
日系アメリカ人の登場人物の「ユニオシ」に関しては、
米国社会におけるステレオタイプな日本人像が反映されており、
またコミカルで誇張された動きしている事が当時から批判され、
ミッキー・ルーニーは繰り返し釈明をする必要に迫られました
(キャラクター設定は監督のブレイク・エドワーズ氏の創作)。

現在でも演出や設定には批判の声があり、
イギリスのテレビ局「チャンネル5」は先日、
「ティファニーで朝食を」を放送した際、
日本人などに配慮し、ユニオシの登場シーンを全て削除しました。

いわゆる自主規制なのですが、その動きには反対の声も。
「モンティ・パイソン」のメンバーの1人で、
現在は映画監督を務めるテリー・ギリアム氏は、
こういった規制を「不条理で危険だ」と指摘しています。

この一件に、外国人から様々な反応が寄せられています。
その一部をご紹介しますので、ごらんください。

海外「日本には名作が多過ぎる」 日本映画TOP10ランキングが大反響

3573567373.jpeg




翻訳元



■ ああいった描写が非難されるのはいい傾向だ。
  言う時は言わなきゃいけない時なんだよ。 +32 オーストラリア




■ 規制してしまったら過ちを学べないのでは? イギリス




■ 個人的にはそのままにしておくべきだと思う。
  当時の映画界の認識の実態を後世に伝えるために。
  現代の僕たちにとって不快で、気味が悪く、
  不愉快なものであったとしても、
  今それを編集しても過去は変わらないし、
  これからも軌道修正される事はないだろう。 +477 オーストラリア



   ■ 俺の考えとほとんど同じだ。
     過去とこれまでの歩みを忘れないために、
     そしてまだまだ道のりは続く事を忘れないために、
     過去の物はそのまま残しておくべきなんだ。
     起きた事は変えられない。
     しかし記憶し、議論する事はできる。
     俺たちは過去に物事がどう行われてきたのか。
     それを忘れてはいけないと思う。 +21 オーストラリア



■ あれはあくまでも演技でしょう。
  ただアジア系の俳優を起用する事も出来たはず。
  おそらくミッキー・ルーニーが人気だったから、
  それで彼が選ばれたのね。 +37 ハワイ




■ たしかに際どいと感じた。
  当時でもギリギリのラインじゃないだろうか。
  ただ、現在放送する事で問題になるかどうかは、
  当事者の人たちに委ねるべきかな。 +10 アメリカ



   ■ 自分はアジア系アメリカ人。
     個人的には「異なる時代」だったという認識。 +3 アメリカ



■ 最近はどんな事でも批判されちゃうね。
  本当に、世の中はどうなっちゃったんだ。 アメリカ




■ 個人的にはそのままにしてほしい。
  ステレオタイプや歴史的背景について、
  意義ある会話をするためにも
 (ちなみに撮影はWW2からわずか15年後)。 +2 オーストラリア




■ 明らかにアジア系の人たちはユニオシの設定が嫌だと思う。
  だけどシーンの削除はやり過ぎ。 カナダ




■ つい最近観ようとしたけど、あのキャラクター設定が凄く嫌で、
  登場シーン以降はもう観る事が出来なかった。
  何で今まで見過ごされてたんだろう。 +3 アメリカ




■ そのままにしておこうよ。
  多くの人は、これは60年前の作品であって、
  現代の価値観は反映してない事を知ってるよ。 +37 国籍不明

海外「終戦間もないのに凄い」 1960年代の東京の発展ぶりに外国人が衝撃



   ■ あなたの意見には敬意を払うけど、異議あり。
     だってああいう不快な表現は今でも健在だから。
     実際に私は不当な扱いを経験してる。 +23 オーストラリア



■ 当時の映画界がアジア系住民をどう認識していのか。
  それを忘れないためにも残しておくべき。 +232 ブルキナファソ



   ■ そういう考えは今の問題にも繋がらない?
     「編集されないって事は問題ないんだろ?」って、
     そんなふうに考える人は本当に多いんだ。 +18 アメリカ



   ■ よく言った。過去の過ちを消してはいけない。
     そのままにしておくべきなんだ。
     人はそこから気づき、学ぶ事が出来る。 +3 イギリス



   ■ 君の意見に同意する。
    「不適切だった」という免責事項を、
     最初に書いておけばさらにいいんじゃないかな。
     ただ規制するだけじゃ何も学べないさ。 +2 アメリカ



■ アジア系の人たちは不快に思ってるのかな。
  それとも外野が代わりに批判してるとか?
  個人的には過去より未来に目を向けるべきだと思う。 +12 国籍不明




■ 少なくとも、日本人が演じるべきだったと思います。 +2 イギリス

「こんな顔に生まれたかった」 ハリウッドがとある日本人俳優に頼り過ぎと話題に




■ 今とは価値観が違うんだよ。
  こんな調子じゃ「風と共に去りぬ」あたりの映画は、
  堂々と観る事が出来なくなっちゃうぞ。 アメリカ




■ 間違いを覆い隠すようなやり方は得策ではないかなぁ……。 カナダ




■ まぁオリジナルを観たいならいつでも観られるからね。
  これは別に検閲って次元の話じゃなくて、
  民間のTV局が自主規制しただけの話だよ。 +5 アメリカ




■ 当時の主要メディアの認識を如実に表してる。
  だからそのままにしておくべきだと個人的には思う。
  こういった事が年と共に輝きを増す事はまずない。
  むしろ恥ずかしい物として認識されるようになる。
  黙殺しちゃったら世間は忘れるよ。 +27 国籍不明




■ 正直、なんでこの作品がこんなに愛されてるのか分からない。
  私はオードリー・ヘプバーンの大ファンだけど、
  それでもそう思ってしまう。 +44 😆+8 アメリカ



   ■ 個人的には主人公に凄く共感出来る。
     人付き合いの問題の点とかでね。 +4 カナダ



■ とりあえずミッキー・ルーニーは悪くない。
  彼は役者として台本通り演技をしただけなんだから。 国籍不明

「世界的大スターだった」 戦前に全米の女性を虜にした日本人俳優 早川雪洲




□ この作品は最後まで観られなかった。
  あの日本人キャラクターの登場シーンは、
  文字通り直視する事が出来なかったんだ。
  だから色々な選択肢がある事は正直嬉しいよ。 +3 カナダ



   ■ ユニオシの出番が少ない事だけが救い。 +1 アメリカ



      □ それなら今度最後まで観てみようかな!
        僕はオードリー・ヘプバーンが大好きなんだ。
        どうしてみんながこの映画を愛してるのか。
        その理由を確認してみたい!!



■ うん、本当に酷いキャラ設定だったと思う。 +10 ホンジュラス




■ これは指摘する価値があると思うから言うけど、
  こういうのを批判してるのは日本人以外なんだよ。
  だって、実際に日本人は怒ってるの? +9 イギリス




■ こういう規制は焚書と何が違うんだろうか。
  過去から学ばなきゃ過ちを繰り返すだけだ。 +1 イギリス




■ 自分はアジア人だけど、削除して欲しくない。
  過去に実際にあった過ちを、
  なかった事にはして欲しくないから。 +1 オーストラリア




■ 数年前に初めてこの作品を観て唖然としました。
  小説を読んだ事がある人はいますか?
  原作者のトルーマン・カポーティは、
  ユニオシを映画の中のキャラクターのように、
  かなり大げさな振る舞いをする人物として、
  あのまま描写してたんでしょうか? イギリス

「日本文学は傑作の宝庫」 外国人が人に薦めたい好きな日本の文学作品



   ■ いや、誇張的な表現は一切ないよ。
     ミスター・ユニオシは実際に登場するけど、
     主人公と同じアパートに住んでいる、
     日本人カメラマンとだけ描写されてる
     (ついさっき原作を確認した)。 アメリカ



■ 今とは価値観が違うんだよ……。
  そしてこういう事は世界中で起きてた。
  今の価値観にそぐわないからって理由で、
  削除したり編集したりするのはよくない。
  もっとよく知って、今後絶対起きないように努力しなきゃ。
  過去に対して全ての人類が謝罪するべきなんだ。 +14 アメリカ




■ 正直、あの登場人物が作品の品格を落としてる。
  日本人役の人物にもっといい台詞を改めて与えて、
  うまく編集出来たら作品にとって利益になるはず。 +12 イギリス




■ 考慮すべき点は、このキャラクターやシーンが、 
  映画のストーリーに不可欠だったかどうかだろう。
  もし不可欠なものならそのまま残すべきだし、
  そうでないなら編集で消してもいいと思う。
  アジア系アメリカ人の自分としては、
  このキャラクターを不快に思ってるけど、
  同時に絶対消して欲しくないとも思ってる。
  エンターテインメントの名の下に、
  特定のグループが笑い者にされてきたという事実を、
  現代と未来の世代の全ての人たちが忘れず、
  その事に眉をしかめる事は必要だと思うから。
  こういった映画の存在によって、意識が高まるし、
  問題について話し合う事が出来るという事実に、
  個人的には感謝したいと思ってるよ。 +35 アメリカ





ここでは「戒めとして残しておこう」
という内容の意見がかなり多かったです。
また「時代が違うのだから仕方がない」という意見も目立ちました。
個人的には「戒め」とかは関係なしに、また好悪は別に、
昔の作品はただありのままであっていいと考えていますが、
放送局側の自主規制にも全く反対しません。



関連記事
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑皆様の応援が、皆様が考えている以上に励みになります。
[ 2022/03/01 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL




ブログパーツ アクセスランキング