fc2ブログ

パンドラの憂鬱

外国メディアの記事などに寄せられた、海外の反応をお伝えします


海外「今や日本は世界の中心だ」 英高級紙が日本のジャズの世界的な人気の高まりを解説

今回は英紙「ガーディアン」の特集記事で、
世界的な人気が高まっている日本独自のジャズが、
いかにして生まれたのかが解説されています。

早速ですが、以下が要点になります。

「ジャズは間違いなくアメリカの芸術様式であり、
 ヒップホップと並んで米国最大の文化的業績だ。
 1920年代から30年代にかけて米国の演奏家が日本の都市を巡り、
 それにより健全なシーンが日本で形成されていった。
 しかし戦中は『敵性音楽』となり、禁止となる。

 戦後は米軍がジャズのレコードを持ち込み、
 日本の音楽家は米兵たちの前で演奏をする仕事に就いた。
 ジャズ喫茶は日本独自の現象で、好きなだけレコードを聴けた。
 一部の人たちにとってジャズは『現代』を伝える音だった。

 戦後間もない頃は、日本のミュージシャンたちは、
 憧れのアメリカ人歌手の真似をするのが基本だった。
 『J-Jazz』復刻版シリーズの共同キュレーター、
 トニー・ヒギンズは『そういうものだ』と指摘する。
 『最初は模倣から始まり、モノにして、進化を遂げるのだ』と。

 日本のモダン・ジャズの誕生を語る上で、
 重要なベースとなるのが穐吉敏子(あきよしとしこ)の存在だ。
 米国のアーティストの模倣から脱却し、
 日本独自のサウンドとアイデンティティを確立した、
 最初の日本人アーティストだからだ。
 92歳になる今も、精力的に活動している。

 日本のレコーディングスタジオの高い技術により、
 日本のレコードの多くはジャズ史上最高の音質を誇っている。

 1970年代には小さな個人レーベルが日本でも台頭し、
 個性的なアーティストに活躍の場が生まれた。
 『より自由な発想の音楽への移行』とビギンズは説明する。
 『彼らはスーツを脱ぎ、自由な格好をし始めた。
  米国歌手の影響を受けつつ、より独自の音楽を作り、
  より即興で演奏をするようになっていったんだ』。

 その後、欧米は数十年にわたり日本文化の虜となる。
 アニメの人気は常に高く、今はシティポップが話題を呼んでいる。
 そしてついに、日本のジャズが発掘される時を迎えたのだ」


記事は最後に、福居良氏が再発見された事などにより、
日本のジャズの人気は世界的に高まっており、
日本のジャズレコードのオリジナル盤が高騰している点を指摘。
ビギンズさんは「だからレコードを復刻したいんだ」と語っています。

記事にはジャズを愛する英国の人々から、
多くのコメントが寄せられていました。
その一部をご紹介しますので、ごらんください。

海外「一瞬で心を盗まれた」 ルパン主題歌のジャズアレンジが格好良過ぎる

683583.jpeg




翻訳元



■ 本当に興味深い記事だった。
  そしてこの女性の画像*はファンタスティックだ! +17

 (*穐吉敏子氏。1958年に撮影されたもの)




■ 現代の日本のポップやヒップホップには、
  多くのジャズの要素が注入されている。
  過去20年間はそういう状況が続いてるね。
  大げさでもなんでもなく、日本という国は今現在、
  世界で最もジャズが活況を呈してる国かもしれない。 +10



   ■ いや、その通りだと思うよ。
     今まで色々な意見を見てて思った事なんだけど、
     日本語には「障害物」が多いから、
     変拍子のようなジャズのアプローチを、
     どうしても使わざるを得ないんじゃないかな。
     北欧やフィンランドの言語にも、
     日本語と同じような「障害物」が見られる。
     ヘビメタのファンなら分かってくれるはず。 +4



■ 人を惹きつけてやまない魅力があるね。
  日本の活気に満ちたジャズシーンについて、
  僕は無知だった事を認めなければならない。
  だけどお気に入りのレコードの1つは、
  日本のマサヒロ・ヒノもフィーチャリングしてる、
  マル・ウォルドロンの「Moods」なんだ。 +14
  


   ■ マルは私たちの友人だった。
     夫のマルチェロ・メリスとマルは、
     デュオでイタリア・ツアーをしてたの。
     私たちは1981年に東京に引っ越して、6年暮らした。
     マルが東京に来ると、よくウチのピアノで、
     ライブ前の午後にウォーミングアップをしていた。
     マルは日本でとても愛されてたわね。
     残念ながら彼が旅立ってしまった時は、
     多くの日本人が悲しみにくれたの。 +8



■ 日本のジャズと言ったら、ただ一言。ヒロミ(上原)だ。 +19



   ■ WOW 素晴らしい音楽家を紹介してくれてありがとう! +6



■ 良記事に感謝する。
  ヒロシ・スズキの「キャット」(1975年)は、
  自分にとってお気に入りの1枚なんだ。
  あれは驚異的なレコードだよ。 +5




■ 日本のジャズは本当に凄い。
  そしてシティ・ポップは衝撃的。 +2

「日本は時代の先を行っていた」 80年代のJ-POPが世界的なブームに



   ■ 日本のメタルもそう。
     一流のギタリスト、ドラマー、ベーシストが揃ってる。



■ 日本には現代にも素晴らしいジャズミュージシャンがいるよ。
  SLEEP WALKER、Soil & Pimp Sessions、
  そしてKYOTO JAZZ MASSIVEなどなど。 +7



   ■ 誰かが彼らの名前を挙げてくれるのを待っていた🙂 +3



   ■ SLEEP WALKERの「Eclipse」は名曲だよな。 +3 



      ■ あるいは「Wind」か。
        どちらも傑作である事は間違いない。 +2



■ 記事ではアメリカの模倣をしたと指摘されてるけど、
  日本人が模倣してたのはアメリカだけじゃないよ。
  「見砂和照と東京キューバン・ボーイズ」は、
  「レクオーナ・キューバン・ボーイズ」をお手本にして、
  日本の伝統音楽との魅力的な融合を見せただけじゃなくて、
  素晴らしいビッグバンドのラテン音楽も制作したんだ。
  日本人は常にラテン音楽に特別な魅力を感じてるようだ。 +9

「完全に日本の風景じゃん…」 南米にそびえる本格的な日本のお城に驚きの声



   ■ 日本国外最大の日本人居住地はブラジルで、
     多くの出稼ぎ労働者がその後日本に戻った。
     その事も影響してるんじゃないかね。 +8



      ■ へぇ、ブラジルってそうだったんだ。
        ペルーに日系人が多い事は知ってたけど。



■ ちょうど日本ジャズの沼に入ろうとしてたところ。
  質の高い音楽が沢山ある事は前から知ってたけど、
  どこから手をつけていいか分からなかった。
  マサブミ・キクチとリョウ・フクイの2人は、
  これまでに心から感銘を受けた人たちだ。
  最近復刻版が発売されてるのは本当にありがたい。 +2



   ■ 俺はJ-jazzのコンピレーションアルバムから出発した。
     自分のラジオ番組でも定期的に取り上げてるよ。 



■ 去年偶然、トシコ・アキヨシの演奏をYouTubeで観たけど、
  彼女のスタイルを一発で気に入ってしまった。 +5




■ 日本には常にあらゆる分野で独自の、
  そして他の世界よりも優れたバージョンがある。
  世界で最も魅力的な国だろう。 +9

「もう日本以外には住めない」 『日本が世界最高の国である3つの理由』が話題



   ■ 流行りに敏感な人たちがなんと言おうと、
     サンドイッチだけは俺たちが上だ。 +5



   ■ ケーキにも同じ事が言える。 +1



      ■ 日本は一流のケーキ屋が山ほどある国だよ。
        今暮らしてる家の徒歩5分圏内だけでも、
        美味しいケーキ屋が2軒もある。
        神戸屋のサンドイッチも最高だ。 +6



      ■ セブンイレブンのツナ&たまごサンドは絶品だぞ。
        いちごのフルーツサンドだってそう。
        ローソンのカスタードサンドまで控えてるが? +3



■ 日本のジャズは本当に聴く価値がある。
  僕ももっと色々なJ-jazzを聴いてみたい。 +2




■ 何もジャズに限った話じゃない。
  日本はあらゆるジャンルに世界的な音楽家がいるし、
  過去にも素晴らしい人たちが存在した。
  インターネットが普及したおかげで、
  発売当時には不可能だったアクセスも可能になった。 +8




■ 日本のインストゥルメンタル・ミュージックは、
  ジャズ・フュージョン、プログレッシブ・ロック、
  メタルなどなど、あらゆる形態に及んでる。

  そして日本の音楽は、男女のバランスが取れてるのが特徴。
  多くのバンドのメンバーに女性がいたり、
  あるいは女性だけのバンドだってある。
  その理由はおそらく教育にあるんだろう。
  東京音楽大学では多くの女子学生たちが、
  エレキギターやキーボードを抱えてる。
  ロンドンの音楽学校の周辺では、
  そういった姿はあまり見かけないからね。 +18

「日本に負けたのも当然だ」 女性も大活躍する日本の漫画界の特殊性が話題に




■ 70年代前半に発売された日本のカセットには、
  「デモ用」カセットが付属されてたんだよ。
  そこには「荒川バンド」みたいに、
  ジャズを演奏するグループが多く登場した。
  YouTubeでもいくつか観る事が出来るのでぜひ。 +5




■ 2年前に息子が日本の音楽を紹介してくれたんだ。
  ユミ・マツトウヤや他の多くの音楽をね。
  日本の音楽はあまりにも広大で、圧倒されてしまったよ。
  日本のポップスやロックはどこかで聞いた事があるような、
  それでいて違うような、そんな不思議な感覚に駆られる。
  ジャズからの影響も強く感じるね。 +16



   ■ もし日本のシティポップが好きなら、
     チュウ・コサカ、タツロウ・ヤマシタ、
      YMOあたりから聴く事をオススメします。



■ 個人的な意見だが、今や日本は世界の音楽の中心だ。
  それも、あらゆるジャンルでね。 +3




■ 僕が初めて日本のジャズに触れたのは10代の頃、
  90年代にリリースされたコンピレーションアルバムだった。
  最近では、Kyoto Jazz Massiveの新しいアルバムを聴いてる。
  その過程で本当に沢山の素晴らしい発見があったよ。
  日本のシティ・ポップや環境音楽も探求する価値がある。
  沢山の偉大な音楽が、発見されるのを待っているのだから……。 +7





こういった趣味人が集まるような記事の反応の好きなところは、
それぞれの意見が非常にフェアなところなんですよね。
「自分達が一番進んでいて他の地域の音楽なんて興味がない」
という発想はほぼ見られず、良い物は良いと絶賛する。
サンドイッチの話にまで話が飛んでいましたが、
「いやいや、日本のサンドイッチは美味しいんだぞ」と、
サンドイッチの本場で、プライドもあるであろう人たちが、
わざわざ反論をするなんて、とても素敵な事だと思うんですよね。



関連記事
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑皆様の応援が、皆様が考えている以上に励みになります。
[ 2022/02/22 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL




ブログパーツ アクセスランキング