fc2ブログ

パンドラの憂鬱

外国メディアの記事などに寄せられた、海外の反応をお伝えします


米国「日本に片思いじゃなかったのか」日本で開催されたとあるイベントに米国人が歓喜

19世紀後半、当時フロンティア(未開拓地)と呼ばれていた、
アメリカ西部の地域を舞台にした作品である西部劇。
西部開拓の歴史を持つ米国が独自に築き上げたジャンルで、
厳しい自然環境の中で道を切り拓いてきた人々を描く物語は、
アメリカ人の誇りを映し出したものであり、
今も現地で特別な地位を占めています。

さて、今回はネット上で話題になっている動画からで、
数年前から日本で毎年行われているウェスタンイベント、
「西部劇ごっこ」の様子が映し出されています。

weaboo(日本びいき・かぶれ)という言葉が定着するほど、
日本のポップカルチャーにハマる欧米人が多い中、
自分たちの文化も日本人に影響を与えているとして、
アメリカの人々から想像以上に大きな反響が寄せられています。
現地の反応をまとめましたので、ごらんください。

「日本は常に本場を超えてくる」 なぜ日本人は米国文化を進化させるのだろうか?

7343_202201041246156b9.png




翻訳元 フルバージョン




■ 日本には西部劇に夢中な「逆Weebs」がいる。
  その事実に心の底から驚いてるよ。 +44000




■ 一瞬で彼らに恋してしまった。 +36




■ こうやって異文化を下に見るんじゃなくて、
  愛情を抱くのは素敵な事だと思う。 +10




■ 西部劇と「侍モノ」というジャンルのルーツの重なりを考えると、
  サブカルチャーが発展するのは理解出来る。
  「マグニフィセント・セブン」っていう、
  「七人の侍」のカウボーイ版リメイクもあるね。 +452



   ■ 共に牧歌的で自由を愛する戦士に焦点を当てた分野で、
     そして新しい時代に淘汰されつつある。 +7



   ■ 「似てるけどエキゾチックだし違う」
     って感覚を楽しむモノなんだろう。
     欧米のコミックやカートゥーンが日本に与えた影響が、
     ループしてる状況に似てると思う。
     ディズニーが手塚のアートスタイルに影響を与えて、
     手塚が他の日本の新興アニメ産業に影響を与える。
     それらが成長して今では日本のスタイルが、
     欧米のアートにインスピレーションを与えてるんだ。 +10
     


   ■ 監督セルジオ・レオーネ、
     主演クリント・イーストウッドの「荒野の用心棒」は、
     黒澤明の「用心棒」のリメイク。 +161



      ■ イーストウッドを一躍有名にした作品だね。
        あまりにも内容が似てた事もあって、
        実際に東宝は裁判に勝利してる。 +46

     (※なおイーストウッド監督は黒澤明監督の大ファンで、
       カンヌ映画祭で椅子に腰掛ける黒澤監督を見かけた際、
       話しかけられたいがために目の前を何度も往復した)



■ そもそもポルトガル人が火縄銃を持ち込んでからは、
  サムライでさえ鉄砲に夢中だったからな。 +23

海外「日本史面白い!」 鉄砲伝来から開国までの流れに外国人感激




■ ちなみにカマロ、サバーバン、アストロ、ビュイックとか、
  GMの車を愛する日本人のアカウントも結構あるよ。
  それも素晴らしい事実だと思う。 +9




■ 日本には1950年代のロカベリを愛する人たちもいる。 +412




■ 思えば、アニメがアメリカを席巻する前には、
  日本人はアメリカかぶれっていう評判もあったんだよなぁ。 +12




■ この漢、カッコよすぎんだろ……。 +2277

2453.png




■ 最高じゃん。
  俺も西部劇みたいな格好して牛を飼って暮らしたくなったぜ。 +149




■ 「日本」っていうけどさ、
  映像に映ってるのはみんなアジア人じゃん。 +2



   ■ いや、日本人はアジア人なんだが? +94

「日本が凄い事になってる…」 宇宙から撮影されたアジア各国の夜景が話題に



■ そういやカウボーイのアニメってないのかな?
  あるなら是非とも観てみたいんだが。 +14



   ■ 90年台半ばから後半にかけて、
     スペース・ウェスタンの作品が3つ放送された。
     「アウトロー・スター」、「トライガン」、
     そして「カウボーイビバップ」。 +116



■ まぁ俺たちが持つ唯一のクールな文化が西部劇だしな。 +41



   ■ めちゃくちゃカッコいいのに、
     何で西部劇って作られなくなっちゃったんだろうね。 +36



■ もしあのジェントルマンたちがアメリカに来たら、
  絶対に我が家の牧場に招待する。 +135




■ 別角度から撮影したカメラマンの様子。 +113

 224.png



■ ?「サムライやニンジャに夢中になりやがって、日本かぶれめ!」

  一方その頃日本では、これである。 +1217

「なぜ侍は盾を使わないんだ?」 戦国時代の合戦を再現した映像が大反響




■ アメリカ人はニンジャを愛し、日本人はカウボーイを愛す。
  これはなかなか良い傾向じゃないか? +6




■ 日本に西部劇を愛してくれる人たちがいたなんて。
  俺たちは日本に片思いをしてた訳じゃなかったんだな。 +5




■ 欧米人が日本の文化にハマってるのと同じくらい、
  日本人だって欧米の文化にハマってるんだよ。 +12




■ 日本人カウボーイ&アメリカ人サムライの刑事がコンビを組んで、
  悪の組織と戦う映画を観てみたい。 +94




■ WeabooならぬWestabooか。
  もっと彼らのような人たちが増えてほしいものだ。 +33




■ ほんと最高だわ。
  もし日本に行く機会があったら彼らに会いに行かないと。 +66




■ 多くの日本人はカウボーイの文化を、
  アメリカ版の武士道だと認識してるからね。 +6

「これが武士道の精神か」 部下をかばい命を落とした自衛隊員に海外から称賛の声




■ 何なのあのとんでもなく可愛らしい人たちは。 +7




■ エルヴィスウィークにメンフィスに来てごらん。
  エルヴィスの格好をした日本人たちが色々なバーに現れて、
  カラオケの機械を置いてないか尋ねて回る姿が見れるよ。
  最も忠実なエルヴィスファンは日本人だ……。
  彼らはいつだって徹底してるんだ。




■ 異文化を偏見の目で見る事なく、
  むしろ「おおっ、カッコいいと」感じる。
  そこに人間の心があるんだと俺は信じてる。 +10




■ 日本にはチカーノ(※メキシコ系米国人)の文化を、
  こよなく愛する人たちだっているしね。
  日本人は「文化盗用」という汚名を着せられる事なく、
  世界の文化を楽しむ方法を知ってるんだよ。 +9





関連記事
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑皆様の応援が、皆様が考えている以上に励みになります。
[ 2022/01/04 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL




ブログパーツ アクセスランキング