fc2ブログ

パンドラの憂鬱

外国メディアの記事などに寄せられた、海外の反応をお伝えします


海外「日本の方が合理的だ!」 洋画の邦題が世界的に特殊すぎると話題に

洋画、洋書、洋楽などの作品名を、
日本語で付け直したものである邦題。
原題とはかけ離れたものになる事も少なくないですが、
翻訳元では、殆どの国では原題そのままであるにもかかわらず、
日本だけは意図的にタイトルを長くしていることが、
複数の例とともに指摘されています。

原題      邦題
・「エンカント」→「ミラベルと魔法だらけの家
・「ブレイブ」→「メリダとおそろしの森
・「モアナ」→ モアナと伝説の海
・「ルカ」→「あの夏のルカ
・「ソウル」→「ソウルフル・ワールド
・「タングルド」→「塔の上のラプンツェル
・「フローズン」→「アナと雪の女王
・「ディスピカブル・ミー」→「怪盗グルーの月泥棒
・「アップ」→「カールじいさんの空飛ぶ家
・「ラタトゥイユ」→「レミーの美味しいレストラン
・「ムーン」→「月に囚われた男


ここでは原題が単語タイトルの物を中心に取り上げられており、
邦題は内容をイメージしやすくするためか、
丸々変えたり、独自に言葉が付け足されている事が分かります。

この指摘に、外国人から多くの反応が寄せられていました。
その一部をご紹介しますので、ごらんください。

「日本らしさ全開だw」 日本の映画産業の特殊性が一目で分かるデータが話題に

34635635.png




翻訳元



■ へー、知らなかった。こういう違いは面白いねw 
  音節の違いが影響してるとか?




■ あらすじってなかなか読まれないものだし、
  タイトルをあらすじ代わりにしてるとか? +22




■ 日本語は一言のタイトルには速過ぎる言語なんだよ。
  日本語で「魅力」は「ミリョク」で、0.5秒以内に発音出来る。
  そういう部分も関係してると思う。
  



■ 日本語だと長くした方が綺麗に聞こえるのかもよ。
  だから基本的に長いタイトルが多いんじゃないかね。




■ 短いタイトルだと、内容を誤解される可能性がある。
  それを防ぐために長くしてるんだと私は思ってる。 +205




■ タイトルを短くするのは、中世のスペインでも起きてる。
  例えば「ドン・キホーテ」は元々、
  「奇想天外の騎士ドン・キホーテ・デ・ラマンチャ」だし。 +107



   ■ 日本でも名前がタイトルの物は短いね。
     「ドラえもん」とか「NARUTO」とか。 +2



■ 俺たちが「千と千尋の神隠し」を、
  「千尋の旅」に訳した事へのリベンジだろ
 (※スペイン語版。英語版では「Spirited Away(神隠し)」)
  なんて冗談はさておき、英語だと長い文章に見えるけど、
  日本語ではきっと1つの概念になるんじゃないかな。 +8




■ 日本語自体かなり複雑な言語だからなぁ。
  表現したいことを理解させるためには、
  ちょっとした説明が必要になるんだよ。 +4

海外「日本語は難しすぎるw」 日本語がいかに複雑かを伝える映像が大反響




■ まず文化が違うってのもあるけど、
  商業的にもそっちの方が良いんだろうな。




■ そもそも日本ではタイトルの概念が異なるんだよ。
  だから日本製の映画でもタイトルは長い物が多い。
  欧米に輸出する時には短くするけど。 +275



   ■ 面白いことに、人気が出ると略されるんだ。
     「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!」は、
     日本では「ワタモテ」って呼ばれてる。



■ タイトルの変更はどの国でも起きてるけどね。
  その国の文化に合わせるためのマーケティングの一環で、
  基本的には消費者の間でそれが効果的に機能する。 +170



   ■ でも日本はポスターも大幅に変えるよね。
     個人的にはそっちの方が興味深い。 +70



■ 流行やトレンドが時間の経過とともに、
  どう変化してきたのかが分かって面白いよね。
  欧米では逆に、数十年の間に極力短くするようになってるし。




■ ちなみにアメリカ版「カービィ」は、
  笑顔だと米国では売れないという事で、
  怒ってる顔に改変された。 +20

「そういう事だったのか!」 日本人と欧米人の決定的な違いが分かる画像が話題に

 363363.png




■ 長いタイトルの究極系が「異世界モノ」って事か。 +164




■ 日本の文化では単語はタイトルとして受け入れられないんでしょ。
  「AKIRA」みたいな例外もあるけど。




■ 台湾だと「ミラベルと魔法だらけの家」は「魔法滿屋」。
  「マジックハウス」くらいの意味合い。
  一種のあらすじだけど、短いのは短いね😅 +21




■ 例に挙げた作品だけじゃなくて、
  日本映画全体の傾向なのかどうか。
  それが分からないと何とも言えないなぁ。 +21



   ■ とりあえずライトノベルは長いのばっかだよ。 +8



■ 日本のライバルになり得るのはスペインだな。
  こっちも結構タイトルを変えていくスタイルだから。




■ 欧米との違いと言うけど、日本って文化的に欧米だろ?

「欧米が日本に合わせるべきだ!」 PS5の操作設定が日本式ではなく欧米式が優先され海外大荒れ




■ 個人的には日本語のタイトルの方が好きだ! +2




■ 文化が違うと、直訳だとイメージが湧かない時があるんだよ。
  そうならない為の1つの手段なんだと思う。 +8




■ フランスでもタイトルを変えること自体はやる。
  「エンカント(ミラベルと魔法だらけの家)」は、
  「幻想的なマドリガルの家族エンカント」だし、
  「フローズン(アナと雪の女王)」は「雪の女王」。 +1




■ ライトノベルは通常タイトルで作品を紹介する。
  だからかなり長いものが多い。
  それで売れるなら個人的にはありだな。 +13




■ 日本みたいな長いタイトルの方が合理的だと思うけど!
  だって内容がある程度予測出来るじゃん。 +3




■ 日本でも年間何百本もの国産映画が製作されてるわけで、
  その中で外国映画が目立つ唯一の方法は、
  タイトルを派手にする事くらいしかないんじゃないの? +9




■ タイトルは翻訳のプロが付けるわけじゃないからね。
  マーケティングの担当者次第なんだよ。 +6

海外「そんな意味があったのか」 日本の都道府県の英訳が面白いと話題に




■ 「The Fast and the Furious: Tokyo Drift」と、
  「Lost in Translation」はどっちも日本が舞台の作品だけど、
  どういう邦題になってるのか気になるわ。 +7



   ■ 「ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT」と。
     カタカナで「ロスト・イン・トランスレーション」。
     あまり違いがないね。
     もっと面白いのを期待してたんだが。 +8



■ 俺は日本式のタイトルはかなり良いと思う。
  だってタイトルとあらすじが1つで済むんだぞ?w +7




■ このまとめはかなりクールだ。
  日本の映画でもタイトルが長い傾向があるし、
  短編小説でもやっぱりそれは変わらない。
  「文化的なもの」としか言いようがないんじゃないかね。 +98





こういった違いは面白いですね。
「邦題はタイトルがあらすじになってる」
という指摘が散見されましたが、
確かに合理的と言えるのかもしれません。
秀逸と名高い「俺たちに明日はない」(原題:ボニーとクライド)も、
その対極の「ゼロ・グラビティ」(原題:グラビティ)も、
やはり日本人にとってはよりイメージしやすいですもんね。



関連記事
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑皆様の応援が、皆様が考えている以上に励みになります。
[ 2022/01/03 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL




ブログパーツ アクセスランキング