fc2ブログ

パンドラの憂鬱

外国メディアの記事などに寄せられた、海外の反応をお伝えします


海外「誰もが日本の影響を受けた」 日本文化がフランスを席巻した理由を仏公共放送が解説

今回は「日本のアニメーション:大衆文化の出現」と題された、
フランスの公共ラジオ局の投稿からで、
なぜ日本の文化が、世代を問わず、
フランス人の心を掴んでいるのかに迫っています。

早速ですが、以下が要点になります。

「『日本』はテレビを通じてフランスに上陸した。
 『UFOロボ グレンダイザー』、『北斗の拳』、
 『小公女セーラ』などのアニメ作品だ。
 これらのアニメは、本屋での漫画の成功への道を開いた。
 日本のアニメはしばしばカルト的な人気を博したが、
 当時は多くの批判も起きていた。

 日本アニメの人気を牽引したのは『グレンダイザー』だろう。
 他にも『ドラゴンボールZ』、『聖闘士星矢』、
 『宇宙海賊キャプテンハーロック 』、『アタッカーYOU!』、
 『キャプテン翼』などの人気作品が存在する。
 ノスタルジーな気分にさせてくれるが、それだけではない。
 1990年代に大量に放送された日本のアニメは、
 フランスのメディアの歴史の一部でもあるのだから。
 そして彼らが、現在のフランスの漫画文化を生み出したのだ。

 現在、10代の若者たちが本屋で日本の漫画を貪り読んでいるのは、
 彼らの両親が日本のアニメを観て育ったからである。
 そして今では、世界第2位の漫画消費国となったのだ」


さらなる詳細は19分間のラジオ番組で取り上げられているのですが、
大量の日本アニメに触れてきた世代が親となった事で、
その子供たちも、何の抵抗も違和感もなく、
漫画を通して日本文化に触れているという流れでしょうか。

投稿には、実際に日本文化を浴びて育った世代を中心に、
フランスの人々から様々な意見が寄せられていました。
その一部をご紹介しますので、ごらんください。

フランス「日本への愛が止まらない」 動画『日仏ラブ・ストーリー』に絶賛の声

546745.png




翻訳元(シェアページからも)



■ 記事では言及されてないけど、
  「キャンディ・キャンディ」の人気も凄かったよね。 +5




■ 日本のアニメが大量にフランスに流れ込んだのは、
  フランスではまだアニメ制作が一般的じゃなかったから。
  自分たちで作るより日本から輸入した方が、
  お金がかからなかったのは大きく影響してると思う。 



   ■ 「フランス製」は外国に下請けを頼んでたけど、
     それでも状況は変わらなかったね。



   ■ 日本、アメリカ、フランス……。
     どこが良い悪いって事を言うつもりはないけど、
     文化的な側面にはお金もある事は無視出来ないよな。



■ だけど「カルト的人気」だったって正しい表現かねぇ???




■ 確か「鉄腕アトム」はフランスよりも、
  ベルギーの方が早くテレビ放送されたんじゃなかったかな。
  テーマソングはベルギー人が歌ってたし。




■ フランスにおける日本アニメの黄金時代は1990年代じゃなくて、
  70年代と80年代だったはずだぞ! +12




■ 俺も90年代が黄金時代ってのはおかしいと思った……。 +6




■ フランスでの日本アニメの黄金期は80年代。
  だけどこっちでより日本文化に触れやすくなって、
  日本文化の爆発的な拡散が起きたのは90年代だった。 +5

海外「何だこの画質は!」 1992年の東京を映した映像の画質が凄まじい




■ 日本の作品は3つの世代に分けられる。

  第一世代
  「グレンダイザー」「宇宙海賊キャプテンハーロック」
  「宇宙からのメッセージ・銀河大戦」
  「宇宙伝説ユリシーズ31」「スペクトルマン」

  第二世代
  「コブラ」「キャプテンフューチャー」

  第三世代
  「ドラゴンボール」「北斗の拳」「聖闘士星矢」「シティーハンター」




■ 「グレンダイザー」は自分が初めて観たアニメだった。
  何を隠そう俺の初恋相手は「牧葉ひかる」w

 454.jpeg




■ どこのテレビ局だったか思い出せないけど、
  「鉄腕アトム」が土曜の夜に放送されてたのを覚えてる!   




■ 2021年になっても「かめはめ波!」ってやってるもんな。 +2




■ 「北斗の拳」で喧嘩のやり方を学んで、
 「小公女セーラ」を観て優しさを取り戻す。
  それがフランスの少年たちだ。 +2




■ 「UFOロボ グレンダイザー」以来アニメは観てない……。




■ 70年代に放送された「リボンの騎士」も大人気だったね。 +2

「皆日本のアニメに夢中だった」 70年代に全米を熱狂させた日本アニメに再び脚光




■ ステレオタイプのグラフィック、個性のないヒーロー、
  同じような顔をしたキャラクターたち、
  ほんの少し二転三転する面白味のないシナリオ。
  アニメという文化の流行を私は理解出来なかった。 😆+4 😡+1



   ■ そりゃあ好みなんて人それぞれでしょ。 +5



   ■ アニメは一般的な子供向けアニメーションより、
     はるかに個性的で複雑なストーリーが展開されている。
     言うまでもなく、悲劇さえ描かれていた。
     作画は今と比べると酷かったかもしれないけど、
     それでも日本アニメは頭1つ抜きん出てた。
     ディズニーともテックス・アヴェリー*とも違う、
     日本アニメ独自の個性があったんだ。 +4

    (*ハリウッドのカートゥーン黄金期を築いた1人。
     「バッグス・バニー」などの生みの親として知られる)



   ■ 「理解出来ない、だから悪い」って発想なのでは。 +1



   ■ 当時も根拠もなくそう言われてたよ。
     もちろんそう思うのは自由だけど、
     わざわざここで言う事じゃないと思うんだ。 +3



■ 「小公女セーラ」も人気が高かったけど、
  「キャンディ・キャンディ」の方が人気は上でしょ!!! +6




■ 「グレンダイザー」は今観ても名作だよなぁ。

「日本の質を超えてくるとは…」 イタリアのお祭りに登場した日本の巨大ロボが物凄い




■ 記事では「グレンダイザー」が放送されたのは、
  1990年代に入ってからってなってるけど、
  あの作品が放送されたのは70年代でしょ? +9



   ■ 正確には1978年に放送開始。 +2



   ■ 放送が開始されたのは70年代。
     だけど放送当初はそこまでインパクトがなかった。
     他のアニメの人気が高まってきたのも、
     80年代後半から90年代前半だよ。



■ 70年代から80年代は特に名作揃いだったね。
  「グレンダイザー」を筆頭に、
  「家なき子」とか「キャンディ・キャンディ」とか。
  フランス人の誰もが日本の文化の影響を受けたんだ。 +6




■ 「グレンダイザー」が放送されたのは1978年。
  それはフランス人なら誰でも知ってる事だ。 +94



   ■ 視聴率100%を叩き出した伝説の作品だしな! +1



■ 当時は大物政治家が「暴力的だ」って日本アニメを批判してたんだ。
  俺にはその批判が理解出来なかったね!
  だってそういう次元を超越する面白さがあったもん。
  特に「北斗の拳」と「聖闘士星矢」! +2

「日本人との民度の差だよ」 仏の大物政治家が東京とパリの差を指摘し論争に




■ 日本には2つの文化がある。伝統文化とポップカルチャーだ。




■ カラテ、ジュウドウ、アイキドウの大物たちが、
  1960年代にフランスに指導に来ていた。
  アニメが流行するよりもっと前に、
  日本の文化はフランスに深く浸透してたよ。 +1




■ よく子供たちと一緒に日本のアニメを観てたけど、
  親も子供も悪影響なんて一切受けてない。
  日本の作品はただただ楽しい思い出を、
  フランス人に沢山残してくれたんだよ。 +5





記事でも人気を牽引した作品として挙げられていましたが、
「グレンダイザー」の話題が頻繁に出ていました。
コメント欄に「視聴率100%」の話がありましたが、
この件は当時、「パリ・マッチ」誌でも取り上げられ、
「グレンダイザー」が表紙を飾ったそうです。
また、今年10月には記念切手が売り出されており、
フランス郵政公社のHPから購入する事も可能です。



関連記事
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑皆様の応援が、皆様が考えている以上に励みになります。
[ 2021/12/04 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL




ブログパーツ アクセスランキング