FC2ブログ

パンドラの憂鬱

外国メディアの記事などに寄せられた、海外の反応をお伝えします


海外「侍の影響なんだよ」 なぜ日本のキャラは必ず技の名前を叫ぶのだろうか?

日本の漫画やアニメ、特にバトル物などでは、
大多数の作品に登場する必殺技。
幅広い世代、そして世界的に人口に膾炙されている必殺技といえば、
やはり「ドラゴンボール」の「かめはめ波」でしょうか。
そのポーズだけでも「かめはめ波」だと分かるくらい、
非常にアイコニックな必殺技ですが、
敵に向けて放つ際には、必ず「かめはめ波!」と叫びます。

「ドラゴンボール」以外の作品においても、
必殺技を用いる際にはキャラクターは技名を口にするわけですが、
今回の翻訳元の引用記事では、その理由として以下の2点を挙げています。

1. 漫画は通常白黒でキャラを見分ける事が難しいため、
  必殺技を叫ぶ事で、分かりやすくしている。
 
2. 侍の「名乗り」文化の影響


(※なお、コメントしている方々の多くは引用記事は読んでおらず、
  翻訳元のスレッドのタイトルにある、
 「白黒のため技名がないと混乱をきたすから」に反応している)

日本のキャラクターはなぜ必殺技の名前を叫ぶのか。
この点に対し、様々な反応が寄せられています。
その一部をご紹介しますので、ごらんください。


「なぜ侍は盾を使わないんだ?」 戦国時代の合戦を再現した映像が大反響

45784.png




翻訳元



■ 違うね。白黒かどうかは関係ない。
  叫んだ方がもっと力が出る。だから叫ぶんだ!!! +233




■ 自分はアニメを観ないし、マンガも読まない。
  だけどどういう背景があるのか気になるなぁ。 +2




■ 日本のマンガに関する仮説は、
  日本語で書かれた引用文がないと説得力がないな。
  ちなみにマンガ家のクルマダ・マサミ先生は、
  「リングにかけろ」や「聖闘士星矢」などの作品で、
  必殺技を叫ぶ手法を多用してる。
  その理由は一説によると、攻撃の威力を読者に納得させる際に、
  何か特別な物を描かなくても済むようにするためらしい。 +35



   ■ 少なくとも1972年の「マジンガーZ」で、
     すでに技名を叫ぶ文化は日本のアニメにあったね。
     バトル物で更に古い物があったのかは分からない。 +10



   ■ 特撮物でもよく技名を叫ぶよな。
     「ウルトラマン」とか60年代の作品は詳しくないけど、
     この文化が当時からあっても別に驚かない。 +2



■ ちなみに日本のマンガが白黒なのは、WW2以来の伝統。
  マンガ家が戦地の兵士たちにすぐに届けられるように、
  時間を削減するべく色は塗らなかったらしい。 +16



   ■ それはおそらく事実だと思う。
     そもそもマンガ家の忙しさは尋常じゃないし。 +20



   ■ 単純に今でも経費削減のためなのでは?
     君の意見にソースはある? +1



■ 「エクスカリバー!」とか、
  武器の名前を叫ぶときもある。 +367

「まさか本当に実在するとは!」 三種の神器の存在に外国人から驚きの声が殺到



   ■ そういうのはちょっとやりすぎだと思う。
     なんでもかんでも叫べばいいってものじゃない。
     とは言え上手に使う事も出来る。
     「ドラゴンボール」の「かめはめ波」なんて象徴的だね。
     ただ両腕を前に出すだけじゃ同じ効果は得られない。
     みんな子供の頃にあのポーズの真似をしただろうけど、
     一度声を出さずにポーズだけでやってごらん。
     そしてもう一度、今度は技名を叫んでみよう。
     ほら、もっと素敵になった。 +156



      ■ やってみた。
        職場の同僚達が冷めた目で俺を見てるよ……。 +61



         ■ とりあえずどっちがいいか多数決を採ろうか。 +38



■ 「白黒だからキャラが見分けづらい」か。
  まぁ40人のキャラクターがいても、
  3種類しか顔のパターンがないマンガもあるしね。 +191



   ■ 「シティーハンター」は大好きだけど。
     ツカサ・ホウジョウの女性の描き方の違いは、
     髪型だけのことが多い気がする。 +34



   ■ なぜかここでミツル・アダチに流れ弾。 +11

    (※代表作は「タッチ」「みゆき」「H2」など)



■ サムライが実際に名前を叫んでた伝統の影響もがあるんだよ。
  日本の武道は基本、「叫び」が組み込まれてるよね。
  おそらく鋭く息を吐き出すことで、
  より力強く技を繰り出せるんじゃないかね。 +103

「日本の鎧の格好良さは異常」 侍たちが着用した本物の甲冑が外国人を魅了



   ■ それが正解。
     具体的に、特に日本では「気合い」と呼ばれてる。
     気を高めるための掛け声だとされてるんだ。
     そして力を高めるという実際的な理由もある。 +72



■ すぐ思いついたのはベジータの「ギャリック砲」! +10

 (※なお英語圏ではGarlic(ニンニク) gun)




■ 自分があまりアニメを観ない理由は、
  キャラクターがいつも何か叫んでるから。
  過度にドラマチックな怒鳴り方をするし。
  静かに会話をしてるシーンは好きだけど。 +2




■ マンガだと常に叫んでるわけじゃないんだけどね。
  技名を口にするのはオノマトペのようなもので、
  読者のための様式化された字幕みたいなものなのかも。 +4
  



■ その事を皮肉るアニメもあって、
  「機動戦艦ナデシコ」がまさにそれ。
  メインキャラクターの一人は大のアニメファンで、
  巨大ロボットを操縦するときには、
  非言語的な制御方式が採用されてるのに、
  それでもいつだって技名を叫ぶんだ。
  そして他のキャラはその事にツッコミを入れる。
  「なんでわざわざ技名を叫ぶの?」って。 +1400




■ 剣道では一本を取るために、攻撃する部位を叫ぶよ。
  だから練習中はいつもアニメの世界にいる気分になる。 +95

海外「自由過ぎだろ!」 明治期に撮影された剣道の稽古が物凄い




■ 俺は「ワンパンマン」で、
  サイタマが技名を叫ぶシーンが好きだ。
  「連続普通のパンチ!」 +3400




■ ほとんどのアニメはマンガが原作だし、
  マンガファンの自分としても、この説は納得できる。
  だけどそもそもマンガで技名を叫ぶ必要があるかなとも思う。
  人気作品のほとんどはアクションの描き方が上手くて、
  技名を叫ばなくても何が起きてるか分かるから。 +14




■ でももし「エヴァンゲリオン」のキャラが技の名前を叫んでたら、
  なんだか拍子抜けしちゃいそうな気がする。 +4




■ ちょっと話が本題から逸れるかもしれないけど、
  作中でその理由を説明する作品もあるよ。
  例えば「BLEACH」では、
  「剣の精神を呼び起こして、より強力な技になる」
  といった感じで。 +342



   ■ 技の名前を叫ぶのって要は、
     呪文の構成要素みたいなものなんだよ。
     発動するためには呪文を唱える必要があるんだ。
     そうする事で特別な物である事も分かるし。 +175



      ■ 実際に魔法を使うアニメやマンガでは、
        詠唱ありと詠唱なしの魔法が出てくるけど、
        通常は後者の方がより強力だね。 +66

「また日本人がハードルを上げた」 とある日本の職人の技術が完全に魔法だと話題に



■ キャラクターが必殺技の名前を叫ぶ事が、
 「ドラゴンボール」をよりいい作品にしてると思うけどね。
  「かめはめ波」や「ギャリック砲」が、
  技名を叫ばずに放たれるところを想像して見て欲しい。 +7




■ 俺は「白黒だから」説はこじつけだと思う。
  作画が相当酷くはない限り、何が起きてるかは分かるよ。
  「シグルイ」ではほとんど技名を叫ばないけど、
  状況を把握するのは全然難しくない。  +40




■ 「呪術廻戦」は面白いアプローチをとってるよ。
  攻撃に名前が付いてれば威力がより上がって、
  技の効果を説明するとさらに強力になる。
  だから技を説明して力を高める方法と、
  説明とかをせずに相手に推測させる方法がある。
  それで色々なレベルの戦略が可能になるんだ。 +103




■ 自分が聞いた話とは違う。
  だから理由は1つではないのでは?
  恐らくは色々な事情から、この文化が生まれたんだよ。 +8





日本人からすると必殺技を叫ぶのは当たり前過ぎて、
外国人の指摘がなければ気づかない点かもしれないですね。
なお、やはりこういう話には諸説あるようですが、
「巨人の星」の「大リーグボール」、
「仮面ライダー」の「ライダーキック」、
「マジンガーZ」の「ロケットパンチ」など、
1970年代前後には必殺技を叫ぶ事は一般化していたようです。



関連記事
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑皆様の応援が、皆様が考えている以上に励みになります。


コメント欄の管理を担当していた副管理人が体調不良となり、
時間的に管理人がその仕事をフォローする事は難しいため、
一時的にコメント欄を閉鎖させていただきます。
ご迷惑をおかけいたしますが、ご了承ください。
[ 2021/09/15 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL




ブログパーツ アクセスランキング