FC2ブログ

パンドラの憂鬱

外国メディアの記事などに寄せられた、海外の反応をお伝えします


海外「ローマ経済の一部だった」 日本の高級デパートの支店閉店にローマ市民から嘆きの声

呉服店を起源とする日本の老舗百貨店である三越。
江戸時代前期となる1673年、現在の日本橋室町で創業し、
当時は掛売り(ツケ払い)が一般的だった中で、
「現銀掛値無し」など画期的な商法を次々と打ち出しました。
また、現在では当たり前の正札販売を世界で初めて実現し、
当時は大名や武家や富裕層だけのものだった呉服を、
一般市民にも浸透させています。

その後1904年(明治37年)に三井家の「三井」、
そして創業時の「越後屋」からとり、
「株式会社三越呉服店」へと改称し、
1928年(昭和3年)には「株式会社三越」となっています。

1970年代にはパリ、マドリード、デュッセルドルフ、ハワイなど、
海外の各地にも進出していたのですが、2000年代に軒並み撤退。
そして今月10日、ローマ市街地の中心的な通りの1つ、
ナツィオナーレ通りにあったローマ三越も閉店となりました。

ローマ店の閉店の件を伝える現地紙には500を超えるコメントがあり、
時代の変わり目の象徴の1つとして捉えられています。
寄せられた反応をまとめましたので、ごらんください。

「日本に勝てる国はない!」 日本のデパートの丁重なおもてなしに外国人が感動

3535733.jpeg




翻訳元



■ 悲しいニュース😔
  10年前、日本語学校の生徒だった頃に働いてたんだ。
  みんな本当に良い人ばかりで、すごく優しかった。
  多文化的な雰囲気が本当に素敵だったの。
  職場を離れる人たちの幸運を願っています。 +65




■ 仕事に行く時に毎日お店の前を通ってました。
  すごくエレガントで洗練されていて、
  一見して他のお店とは違う雰囲気があった。
  閉店してしまうと知って本当に悲しい😔




■ 一度も足を踏み入れた事がなかった。行っておきたかったなぁ。 +19



   ■ 美しいデパートだったよ。
     ブランドを買い求める人や観光客にとって、
     トップオブトップと言えるデパートだった。
     時代の変わり目にあるんだろうね。 +2



■ しかし何で閉店になっちゃったんだろ。背景には何があるの?




■ ローマの中心部は家賃も高い。
  オーナーも賃料を下げようとしないし。
  その中でコロナが流行してしまったから、
  売上も下がって閉店になっちゃったんだろうね。
  ローマと美しい歴史的中心部を再興するためには、
  真剣な計画が必要だと思う。 +5



   ■ ローマの中心部はもうほとんど人がいないから。 +3



■ オープン当初に撮影のために行ったのはいい思い出だ!




■ このお店自体一度も見た事がなかったんだが。 +2




■ ここが潰れるとは思わなかった……。
  観光客がいないと難しいんだろうなぁ……。
  全ての階層の人たちが行くデパートではなかったから。
  コメント欄にも存在すら知らなかった、
  って人が何人かいるくらいだしね……。 +3




■ ローマの悲しい衰退は街全体に広がりつつある……。 +7




■ よく買い物に行ってたから悲しみが止まらない!
  店員さんが当たり前のように親切でエレガントなの。
  イケバナの教室にも行った事がある。




■ ナツィオナーレ通りの入り口付近にあるんだよね。
  周辺では初めて出来た巨大な日本食レストランもあった。
  でも当時は高すぎて日本人しか行けなかったんだ。




■ えっ、何で閉店が決まっちゃったの!?
  昨日前を通ったけど、外に行列が出来てたよ?!



   ■ 僕が2週間前に通った時も同じく行列が出来てた……。



■ 前にデパートの前を通った時にちょっと中を覗いたけど、
  商品の価格が本当に、本当に高かった。
  コロナで観光客もいなくなっちゃったしね。
  従業員さんたち、すぐに次の職が見つかるといいけど。 +5




■ 私にとっては思い出の場所。どうにか頑張って欲しかったなぁ。 +1




■ コロナが全てを変えてしまった。
  誰もが厳しい状況にあるという事を、
  ちゃんと認識するべきだと思う。 +30




■ オーマイゴット。
  誕生日にミツコシで買い物する事が夢だったのに。 ベトナム出身




■ 3、40年前はナツィオナーレ通りに子供を連れてよく行ってた……。
  ただ周辺は当時から交通渋滞がひどくてカオスだった覚えが。
  高級路線のデパートはあまりウケが良くなかったかも。 +1




■ 何だかんだ一番の太客は日本人観光客だっただろうからね。
  コロナの影響で日本からのお客さんも来なくなってしまった。
  その影響はかなり大きいと思う。 +9




■ 以前に日本人の従業員にイタリア語を教えに行った事がある。
  本当に素晴らしい人が多かったし、イタリアとは接客が全く違うの。
  歴史的なお店がまた1つ消えてしまった。 +2




■ 「ローマをどうにかしないと」と言ってる人たちへ。
   あなたたちも買い物は街でしましょう! +62



   ■ 一緒に乗り越えていかないとね!
     「明日は我が身」という事を認識しよう。 +4



■ ナツィオナーレ通りはシャッター街になってしまったな。 +36




■ ミツコシは値段が高かった影響もあるはず。 +2




■ 重要なのはミツコシが何を売っていたのかではなく、
  ローマの経済の一部だったという事実。
  そして失業は家族にまで影響が及ぶ事を忘れてはいけない。 +21




■ ナツィオナーレ通りは酷い事になってるわね。
  この歴史的なデパートが閉店してしまうのも仕方がないのかも。
  本当に悲しい事ではあるけれど。 +2



   ■ 僕は1970年から1981年まで、
     ナツィオナーレ通りの近くで暮らしてた。
     当時はお店も多くて人も沢山いたのを覚えてる。
     今は美しいお店が倉庫になってしまっているが。



■ 私はこのデパートがあの場所にある事自体知らなかった! +8




■ 本当に残念だ!!!
  1つの歴史が幕を閉じてしまったんだから……。 +2




■ むしろどうやって今まで続けてきたのか不思議なくらいだよ。
  一般のイタリア人には手が届かない価格帯なんだから。
  そこにパンデミックが起きてしまった。
  当然お客さんはさらに減るよね。 +23




■ 悲しい。私が初めて就職した場所だから😢
  あの空間には、美しい思い出が沢山ある……。 +1




■ 洗練されたお店だったなぁ。
  興味がない人にはどうでもいい話かもしれないけど、
  日本に行ったら絶対に外せないデパートだ。 +13




■ 残念。ずっと前にミツコシで赤いシルクのスカーフを購入したの。
  そのスカーフは今でも新品のように美しいまま。 +7




■ 私はミツコシで26年以上働いていたから、
  特別な想いでこの記事を読みました。
  この会社にありがとうと伝えたい。
  そしてイタリアという国と私たち従業員に対して、
  敬意を払ってくれた日本人の関係者に感謝します。
  私たちが彼らから学べる事は、数多くある。 +13





普段そこまでコメントが多くないサイトなのですが、
この記事に500ものコメントが寄せられたのは、
ナツィオナーレ通りの先行きを心配する声が多いのを見るに、
地域の衰退を象徴する出来事の1つと捉えられたのかもしれません。



関連記事
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑皆様の応援が、皆様が考えている以上に励みになります。


コメント欄の管理を担当していた副管理人が体調不良となり、
時間的に管理人がその仕事をフォローする事は難しいため、
一時的にコメント欄を閉鎖させていただきます。
ご迷惑をおかけいたしますが、ご了承ください。
[ 2021/07/20 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL




ブログパーツ アクセスランキング