FC2ブログ

パンドラの憂鬱

外国メディアの記事などに寄せられた、海外の反応をお伝えします


海外「日本に負けたのも当然だ」 女性も大活躍する日本の漫画界の特殊性が話題に

風刺、4コマ、短編、長編などなど、
様々なスタイルで漫画作品を作り上げる漫画家の人々。
近年はWEB漫画などが増えている事もあり、
日本で活動する漫画家の正確な数は分かりませんが、
ダイヤモンド社「情報メディア白書2010」によると、
2010年に紙媒体で新刊の単行本を発刊した漫画家は、
6000人近くにのぼるそうです(2011年以降の情報はなし)。

その中で日本では女性の漫画家が多数活躍していますが、
世界的に見ると女性のコミック作家は非常に稀。
今回の翻訳元の投稿者さんは、米国のジャーナリストなどは、
「コミックの世界では女性が十分に活躍出来ていない」と、
男女間で差がある事を指摘するが、なぜそういった人たちは、
女性も第一線にいる日本を無視するのかと憤っています
(つまり日本という例があるにもかかわらず、
 それを無視してポリコレを訴えている事を批判している)。

コメント欄では、投稿の本筋とはずれる部分もあるのですが、
女性でも活躍出来る日本の漫画界の環境について、
様々な意見が寄せられ、大いに盛り上がっていました。
その一部をご紹介しますのでごらんください。

457446.png




翻訳元



■ 日本には本当に女性マンガ家が多いよね。
  そして活躍してるのは作品の質がいいからで、
  「女性だから」という理由で支えられてるわけでもない。 +11




■ 日本では60年代にかなりの数の女性マンガ家が誕生したんだ。
  少女/女性の読者層がより真剣に扱われるようになったのもこの頃。
  今では女性が少年向け漫画を描いて成功してるね。
  それは本当に素晴らしい事だと思う。 +9




■ 日本で女性のマンガ家が活躍してるのは、
  彼女たちはファンが求めてる事を理解していて、
  物語を不必要に政治化しないからだろうな。 +100




■ セーラームーンの作者も女性だしなぁ。




■ アメコミ界に恥ずかしい思いをさせた「鬼滅の刃」は、
  女性作家によって生み出されたという事実。 +422



   ■ 最も人気のあるマンガ作品の1つである、
     「鋼の錬金術師」の作者も女性だね。 +29



   ■ 「マンガは男の人によって画かれている」
     って思い込みにはいつも困惑してるよ。
     それこそまさに偏見なのにね。 +13



■ インディーコミックの世界には女性作家が大勢いる。
  だけどマーベルやDCではないから、
  ジャーナリストは見向きもしないんだ。 +2




■ 欧米のコミック業界じゃ、よっぽどのドラマを起こさないと、
  女性作家が表舞台に上がる事はまず出来ない。
  そしてそんな状況は最悪だと私は思ってる。 +8




■ マンガがアメコミを蹴散らしてる現状は好ましい。 +1




■ 「セーラームーン」の作者は女性だけど、
  最も人気の高いマンガの1つだもんね。 +1




■ ナオコ・タケウチ(セーラームーン)、
  ヒロム・アラカワ(鋼の錬金術師)、
  CLAMP(カードキャプターさくら)、
  コヨハル・ゴトウゲ(鬼滅の刃)。
  他にも多くの女性マンガ家たちが、
  素晴らしい作品を世に送り出してる。 +18




■ CLAMPなんて大人気だよな。
  自分たちにとって都合の悪い事実は、
  無視するような人たちがいるんだよ。 +12
  



■ アンジェラ・ギッサーニとシアーナ・ギッサーニ。
  60年代、70年代に人気を博したイタリアのコミック、
  「Diabolik」を作った姉妹の作者なんだけど、
  作品は今でも続いてるし、今年には映画化もされる。 +13




■ 俺が名前を言える女性のマンガ家の数は、
  両手じゃ足りないくらいなんだが。 +4




■ うん、日本には偉大な女性作家やマンガ家が多いね。
  人は特定の性別の人が作った作品じゃなくて、
  優れたストーリーとアートを求めてるんだ。
  欧米のコミックが日本のマンガに負けたのも当然だよ。 +17




■ アメコミ業界を活性化させるためには、
  恒常的な公的資金の流れを断ち切るべきだ。
  そうすれば読者の需要だけに頼る事になるから。 +3




■ ルミコサンが紡ぎ出す作品は革命的で、
  時代を超越していて、素晴らしい。
  「らんま1/2」、「犬夜叉」、「うる星やつら」……。
  もし彼女の作品を知らないなら、絶対に読んだ方がいい。 +7




■ 欧米でも女性コミック作家の増加は不可能ではないと思う。
  問題は、マーベルやDCに参加しないと成功しない、
  この国のコミック業界のシステムにあると思う。 +9




■ 「犬夜叉」と「らんま」って同じ女性作家が描いた作品なの?
  自分の子供時代の一部なんだ。凄い人だなぁ。




■ 日本の場合、単に「女性マンガ家が存在する」って次元じゃなくて、
  最高クラスの人気を誇るような作品を女性が作ってるからな。 +4




■ 日本には多くの女性作家がいるが、
  それは流行りとかトレンドですらない。何ら珍しい事じゃないんだ。




■ 日本では女性作家が少な過ぎるなんて問題は一度も起きてないぞ。




■ 「鋼の錬金術師」という日本最高の少年漫画は、
  女性によって描かれたという事実は特筆すべき点だと思う。
  日本の場合、構造が欧米とは違うんだろうな。 +5




■ でも「女性作家が少ない」って、結局何が言いたいの?
  無理やり女性にコミックを描いてもらうつもり? +14




■ 欧米のジャーナリストの関心を日本に向けさせないでくれ!
  彼らはすでに欧米のメディアを破壊した。
  地球上で最後の良質なエンターテインメントを、
  台無しにして欲しくない。 +47




■ 欧米のコミックはマンガの真似をしようとして、
  日本の絵のスタイルだけを取り入れちゃったんだよな。
  それでダメになっちゃったんだよ。
  絵のスタイルはストーリーのジャンルに関係なく、
  文化や国のアイデンティティを表現するものなのに。 +9



   ■ 日本の真似をするなと言ってももう手遅れだ。 +8

   357357.jpeg



■ 最高の仕事をする準備が出来てる女性作家が、
  今ほど大勢存在する時代はなかったはず。
  だけどこの国の出版社は彼女たちに機会を与えない事で、
  そういった機運を台無しにしてるんだ。 +523



   ■ ちなみにマンガには何十年も前から「ショウジョ」っていう、
     若い女性に特化した市場が存在してるんだ。
     男の人も読むけど、メインは10代の女の子。 +3



      ■ 日本では恋愛漫画は男女双方にかなり人気だけど、
        アメリカでは恋愛系は失われた芸術だからなぁ。 +2



■ そもそもの話、全ての作家は女性から生まれるのだ。 +14




■ 日本の女性マンガ家の数は、欧米のコミック全体よりも多い。
  日本人は女性作家を信用していると言うより、
  作品を読む上で、性別なんて気にしちゃいないんだろうね。 +4





関連記事
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑皆様の応援が、皆様が考えている以上に励みになります。


コメント欄の管理を担当していた副管理人が体調不良となり、
時間的に管理人がその仕事をフォローする事は難しいため、
一時的にコメント欄を閉鎖させていただきます。
ご迷惑をおかけいたしますが、ご了承ください。
[ 2021/06/11 23:00 ] 社会 | TB(-) | CM(-)



ブログパーツ アクセスランキング