FC2ブログ

パンドラの憂鬱

外国メディアの記事などに寄せられた、海外の反応をお伝えします


海外「日本ではそんなに複雑なのか…」 日本語の『アニメ』の定義を巡り外国人が論戦

英語のアニメーションの日本語における略語である「アニメ」。
今では世界語になっているこの言葉ですが、
「アニメーション」の最初の日本語訳は「凸坊新画帖」とされており、
その後、線画、繰画、動画、漫画などの呼称を経て、
1980年代には一般にも「アニメ」が定着していったと考えられています
(アニメ「まんが日本昔ばなし」からも分かるように、
 「アニメ」以前は「(テレビ)マンガ」という呼び方が一般的だった)。

さて、今回は日本語の「アニメ」の定義に関する記事からです。
記事では、欧米など海外において「アニメ」は、
「目が大きく多様な髪色のキャラが登場する、
日本製のアニメーション」だと考えられている一方で、
日本では、アメリカの「ザ・シンプソンズ」や、
現在NHKで放送中の「おさるのジョージ」もアニメで、
果てはディズニーのアニメーション映画ですら、
「ディズニーアニメ」とも呼ばれているなど、
幅広い定義を持つ言葉である事が紹介されています。

また記者は、日本で生まれ育ったご長男に対して、
複数のアニメーション作品について確認したところ、
「サザエさん」は古すぎるためアニメではなく、
「鉄腕アトム」は手塚治虫が作ったからアニメで、
「クレヨンしんちゃん」は子供が観てはいけないもの、
という答えが返ってきたそうで、
「アニメ」は人によって定義が違う言葉であるとも指摘されています。

外国人にとってはさらに混乱する内容にも思えますが、
ほとんどの方がそれぞれ自分なりの定義を持っているようで、
コメント欄には様々な意見が寄せられていました。

「日本語は本当に特殊だ」 日本語に3種類の文字がある理由に外国人から驚きの声

547487.png




翻訳元



■ 「アメリカ製の『ザ・シンプソンズ』も日本では『アニメ』」
  これは示唆に富んだ良い指摘だと思った。
  僕は前までどこの国のものかが重要だと思ってたけど、
  今はスタイルこそが重要なんだという考えに変わった。




■ 「ジャパニメーション」
  そんな呼ばれ方をしてた時代を誰か覚えてる? +11 アメリカ



 
■ 「ナルト」アニメスタイル、日本が舞台、日本語
  「ヤスケ」→アニメスタイル、日本が舞台、英語 
  「キャッスルヴァニア」→アニメスタイル、欧州が舞台、英語

  個人的に、「アニメ」はスタイルの事だと思う。 +8




■ アニメとアニメーションの主な違いは、
  アニメは非現実世界を舞台に現実世界の感情を描いて、
  アニメーションは非現実世界を舞台に、制御された、
  あるいはステレオタイプな感情を描くものだと思ってる。
  だからアニメは視聴者に現実世界を感じさせるんだ。
  逆にアニメーションは偽りの感覚だね。 +1




■ 「アニメ」には「アニメーション」以外の意味はないでしょ。
  ディズニー作品や「ザ・シンプソンズ」だって「アニメ」なんだから。
  記事は冗長だけど、言いたい事はそれでしょ。 +7 アメリカ
  


   ■ 現地語で「チャイ」はお茶を、「サハラ」は砂漠を、
     そして「ソビエト」は連邦をそれぞれ意味する。
     だけど俺たちは「チャイ茶」、「サハラ砂漠」、
    「ソビエト連邦」って呼んでるよね。
    なら「アニメアニメーション」があっても良くない? 香港



■ 俺にとってはかなりシンプル。
  日本人向け ー他の全ての層は二の次ー に作られた、
  日本発のアニメーションが「アニメ」。
  例えば「ドラゴンボール」「ガンダム」「攻殻機動隊」。
  アニメ風の物はあくまでもアニメ風に過ぎない。 +10



   ■ その定義だと「THE ビッグオー」の二期はどうなる?
     日本で作られたアニメーション作品だけど、
     明らかに欧米の視聴者向けだったぞ。 +4

   (※アメリカでの好評を受け、第二期が制作された)



■ またネット民は言葉の定義で争ってるのか。 +8

「日本人は天才かw」 日本語だけに存在する表現が完璧すぎると世界が絶賛




■ アニメは単に「日本のアニメーション」。
  基本的には略語に過ぎない。
  「ジャパニーズ・カートゥーン」とかって言うより、
  「アニメ」って言った方が楽じゃん。 +1 ペルー




■ 誰かがアニメをカートゥーンって呼ぶと、
  こっちのアニメファンたちは怒るよね。 +4 アメリカ




■ 個人的にはスタイルとかは関係ないと思う。
  シンプルに考え過ぎなのかもしれないけど、
  日本製のアニメーションを「アニメ」だと認識してる。 +6




■ 記者はシンプルじゃないと思ってるようだけど、シンプルだよ。
  シャンパンはフランス産だけをそう呼ぶ。
  アニメだって日本製だけをそう呼べばいいんだよ。

 (※シャンパーニュ産以外の物にシャンパンと名付けるのは違法。
   一般名称はスパークリングワイン)




■ 「アニメ」は日本製である事が前提だろ。
  韓国とかに外注してたりはするけど、
  会社は日本でアイデアも日本から来てるんだし。
  それにストーリーに組み込まれる文化的なものは、
  日本人の影響を受けてるわけだよ。
  だから「アバター」や「ヤスケ」はアニメ風だけど、
  本当の意味で「アニメ」とは言えないんだ。 +2 アメリカ



   ■ そういう事だと思う。
     「アニメ」は日本のアニメーションスタジオによって、
     日本で制作されたアニメーションの事。
     日本で制作されない限り「アニメ」ではない。



□ 他の代表的な間違いは、「トウキョウ・シティ」ね。 アメリカ

海外「東京が首都じゃないの?!」 『日本の首都』の真実に台湾人が衝撃



   ■ 何で「トウキョウ・シティ」がおかしいんだ? ポルトガル



      □ 「トウキョウ市」は1940年代に消滅したから。
        23の特別区から構成される区域になったんだ。



■ 大学でSF文学の講義を受講した時を思い出した。
  教材のテーマは「SFとは何か」だったんだけど、
  「SFとは、SFファンがSFと認めるもの」に落ち着いた。
  アニメもそういう事だと思う。
  アニメファンがアニメだと認める作品が「アニメ」。 +13




■ 俺は「アバター」は「アニメ」だと思ってるけど。 +1




■ 難しく考える事はない。「日本製アニメーション」だ。 +6




■ 「日本製アニメーション」という定義の他に、
  「日本製アニメーション風」も「アニメ」になると思う。




■ 西洋人が日本の用語を間違って使うのは今に始まった事じゃない。
  逆に日本人も英語で同じ事をしばしばやるが。 インド

「日本人に英語は必要ない」 『日本人が英語を話せない理由』に海外から様々な声




■ アニメが大人気な事は知ってるけど、俺は大嫌いだ。 アメリカ



   ■ 名作に出会うまではみんなそう言うもんだ。
     だけど出会ってしまったら最後。
     アニメ配信サイトに登録して、最新話を観るために、
     ポップアップを閉じる事に時間を費やす事になる。 +12



■ アジアでアニメーション化、あるいは描かれた物。
  俺はそういった作品を「アニメ」だと思ってる。 カナダ




■ 外来語の意味が変わるのはしばしば起きる事だな、
  例えば「オタク」という言葉が日本から伝わってきて、
  今ではそれがアメリカでも一般的になってきてる。
  でも日本では否定的な含みがある一方で、
  アメリカではより本来の日本語の意味に近い、
  本当の「ファン」という意味合いで使われてる。 +7 アメリカ



   ■ 自分も「オタク」という言葉の定義について議論してきて、
     その結果考え方が変わったんだ。
     前までは、日本ではマイナスの意味合いを持つ言葉だから、
     アメリカでもそうあるべきだと思ってた。
     でも結局は外来語だからね。
     アメリカに来たなら定義が変わってもいいと思う。
     欧米人は単純にアニメやマンガを好きな人の事を、
     侮蔑的な意味はなく「オタク」と言ってるね。 +3 アメリカ



■ 個人的に「アニメ」は「日本のカートゥーン」だとしか思えない。
  20年以上観続けてきたけど、その認識を変える理由もない。
  でも日本ではそんなに複雑に考えられてるのか……。




■ アメリカ人の感覚ではフォーマットの事だ。
  オープニング→本編→エンディングって流れね。
  そしてアニメはOPもEDも最高にいい曲なんだ。
  いい曲がないと「アニメ」とは言えん。 アメリカ

海外「一瞬で心を盗まれた」 ルパン主題歌のジャズアレンジが格好良過ぎる




■ 「ジャパニメーション」が一番分かりやすい。 +6 アメリカ



   ■ 実際にそう呼ばれてたわけだしなw プエルトリコ



■ 多様な意味合いを説明されたところで、
  俺にとっては「日本製アニメーション」だ。 +14 スペイン




■ 日本語の「アニメ」は「アニメーション」を意味し、
  英語では「日本製アニメーション」になる。
  つまり現状はそういう事なんじゃないかな。 +3





やはり「日本製の作品のみがアニメと呼べる」
というニュアンスのコメントが一番多く見られました。
個人的には記者のご長男の「古い作品だからアニメではない」
という感覚はなんとなく分かる気がします。
例えば日本最古の「なまくら刀」は、
「アニメ」と呼ぶよりも「テレビマンガ」が、
もっと言うと英語である「アニメーション」の方がしっくりくる。
まぁこれは非常に感覚的な事なのですが、
その感覚的な事が肝だったりするんじゃないかという気もします。



関連記事
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑皆様の応援が、皆様が考えている以上に励みになります。


コメント欄の管理を担当していた副管理人が体調不良となり、
時間的に管理人がその仕事をフォローする事は難しいため、
一時的にコメント欄を閉鎖させていただきます。
ご迷惑をおかけいたしますが、ご了承ください。
[ 2021/05/19 23:00 ] 社会 | TB(-) | CM(-)



ブログパーツ アクセスランキング