FC2ブログ

パンドラの憂鬱

外国メディアの記事などに寄せられた、海外の反応をお伝えします


海外「日本の影響を受け過ぎだ」 日本映画からの影響を強める米超大作シリーズが話題に

ディズニー公式動画配信サービス「Disney+」で配信されている、
「スター・ウォーズ」の実写ドラマシリーズ「マンダロリアン」。
物語の舞台は「エピソード6/ジェダイの帰還」の5年後で、
孤高の賞金稼ぎである主人公のマンダロリアンが、
フォースの力を秘めた孤児ザ・チャイルドと出会い、
危険な敵と戦いながら、共に度重なる苦難を乗り越えていく物語です。

この作品について、製作総指揮を務めたジョン・ファブロー氏は、
「日本の時代劇の『子連れ狼』を参考にした」と明言。
またジョージ・ルーカス監督が「スター・ウォーズ」を制作した際、
日本文化や時代劇を徹底的に調べ上げた事は有名ですが、
ファブロー氏もそのやり方を踏襲したそうで、
マンダロリアンには、侍の精神を反映させているとの事です。

さらに作品には、1961年に公開された黒澤明監督の作品、
「用心棒」へのオマージュと思しきシーンが登場するなど、
日本の映画に対するリスペクトが伝わる内容になっています。
若者向けの米カルチャーサイト「Inverse」は、
シリーズが再び日本映画からの影響を強めている事を、
「スター・ウォーズのルネッサンス」だと表現しています。

オマージュの件は「スター・ウォーズ」のファンサイトにも取り上げられ
(侍のように二刀流(二本差し)である点も指摘)、
1000を超えるコメントが寄せられるなど、大反響を呼んでいます。
「スターウォーズの」のファンの方々も、
日本映画の影響は非常に大きいという認識を抱いているようでした。

海外「日本には名作が多過ぎる」 日本映画TOP10ランキングが大反響

536487957.png




翻訳元(シェアページからも)
46883836.jpg



■ 「スター・ウォーズ」が日本映画の影響を受けたのは、
  作品が生まれて以来ずっとの事だから。
  特にクロサワの影響は顕著だ。 +25 イギリス




■ 「マンダロリアン」が好きな層は、
  「子連れ狼」とクロサワ映画もハマるはず。 +4 イギリス




■ エピソード全体が西部劇とクロサワへのオマージュだったね。
  「西洋と東洋の出会い」というのは、
  「スター・ウォーズ」の根底に常にある感じだ。 +474 アメリカ




■ って言うかさ、クロサワの影響を受けてない映画人なんているの?
  だって全ての映画人に影響を与えたのが、
  クロサワっていう存在だろ? +1 インド




■ まだクロサワ作品を一度も観たことがないって人は、
  「隠し砦の三悪人」を観た方がいいよ。 +36 国籍不明




■ 集団が一人一人、次々に「敵」に向かう戦い方とか、
  サムライ映画を意識してるなって伝わるよね。
  それが上手く行ってたから良かったけど。 +6 プエルトリコ




■ この先、クロサワレベルのシーンを生み出せるかは疑問だ。
  現役の世代が彼のビジョンを理解していないという事を、
  ただ単に証明する事になるだけの可能性もある。 +21 カナダ




■ 「バグズ・ライフ」はピクサー版「七人の侍」。
  クロサワが他の監督に与えた影響力は大きすぎる。
  まさに映画界のレジェンドだよ。 +11 アメリカ




■ ちなみに「ジェダイ」という造語は「ジダイゲキ」から来てる。
  知っておいて損はないぞ。 フィリピン

外国人 「日本の歴史で一番好きな時代は?」 




■ 二本の刀は、ミヤモト・ムサシの影響かな? +6 ベトナム



   ■ その通り。ニテンイチリュウだね。 +2 イギリス



■ でも二刀流って日本独特じゃないよな?
  中世以後のヨーロッパでも一般的だったぞ。 +13 国籍不明




■ 「スター・ウォーズ」という作品そのものが、
  クロサワの影響なしには作れなかったから。 +14 国籍不明



   ■ 影響じゃなくてパク……ゲフンゲフン。 +3 アメリカ



■ あのシーンがあるエピソードはクロサワ映画そのものだったもん。
  俺は素晴らしい事だと思ったけどね。 +5 国籍不明




■ 「マンダロリアン」は基本衣装が違うだけで、
  サムライ映画って言っていいと思う。
  そして俺は全然問題ないし、傑作だと思ってる。 +2 イギリス

海外「合成だろこれ」 侍がスフィンクスの前で撮った写真に外国人が仰天




■ 「スターウォーズ」ってクロサワ作品よりも、
  全体的に「子連れ狼」の影響の方が強く受けてない? +1 フィリピン




■ 俺の個人的な印象として、最近の「スター・ウォーズ」より、
 「マンダロリアン」の方が「スター・ウォーズ」っぽい👍 +91 カナダ




■ 「ヨウジンボウ」を思わせるシーンがあるし、
  間違いなくクロサワとミフネへのオマージュだね!
  それに気づいた時はかなり興奮した!! +7 アメリカ




■ このオマージュはジョージ・ルーカスに捧げるものだと思う。
  彼はアキラ・クロサワに心酔してたから。 +2 アメリカ




■ 二刀流は日本の伝統的な戦い方じゃない。
  生み出したのはムサシというサムライで、
  レイピアとマインゴーシュの二刀流で戦った、
  ポルトガル人の船員に影響を受けたと言われている。 +7 アメリカ



   ■ その情報がどれほど正しいのか疑わしいな。 +2 カナダ



■ ちなみにワキザシは狭い空間での戦いに使われたんだ。
  カタナとは全くと言っていいほどに違う。
  そして切腹にはタントウが使われた。 +4 アメリカ

「そりゃあ日本刀が高い訳だ」 日本刀の特殊な製作工程が海外ネットで大反響




■ 「スター・ウォーズ:クローン・ウォーズ」の、
  「7人の傭兵」ってエピソードなんて、
  完全に「七人の侍」だったもんなぁ。 +12 オーストラリア



   ■ 映画「マグニフィセント・セブン」もそう。
     基本的に西部劇とサムライの出会いは多い。
     そしてたいてい名作に仕上がるんだ。 +2 カナダ



■ 登場する村の感じとかも中世の日本っぽいよな。
  そして実際のところ、いい感じになってた! +54 アメリカ




■ 「用心棒」と「椿三十郎」は間違いなく傑作。 +10 オーストラリア




■ 「スター・ウォーズ」は日本の影響を受け過ぎだと思うw +4 アメリカ




■ ここで紹介されてるエピソードを観たけど、
  西部劇と日本映画を同時に観られる感じで良かった。 +4 アメリカ




■ ライトセーバーを使った戦いなんて、
  まさに日本映画のサムライ同士の決闘だしね。
  結果として良い影響を受けたと思ってるけど。 +11 ベネズエラ

海外「俺なら病院送りだ」 剣道の最高レベルの一戦に外国人が驚愕




■ クロサワは映画界の王様と言っていい存在なのでね。 +5 アメリカ




■ 日本の映画は「スター・ウォーズ」に大きな影響をもたらした、
  という事は紛れもない事実だろうね😉 +4 カナダ




■ 日本映画で起きた事は「スター・ウォーズ」でも起きる。
  これはすでに定説になっている。 +4 コロンビア




■ いずれにしても「マンダロリアン」はかなり面白い。
  観られる環境にあるなら、観る事をオススメするよ。 +4 アメリカ





関連記事
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑皆様の応援が、皆様が考えている以上に励みになります。
[ 2020/12/05 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(290)




  1. 昨今の日本映画は漫画やアニメの実写化が目立つ。
    オリジナルで良い作品も稀にあるがなかなか昔のような長年に渡り良作と言われ残りそうな映画がないのがちと寂しいな。
    [ 2020/12/05 23:02 ] [ 編集 ]
  2. 殺陣好きな人間から見たら、
    ようやっとると思える時と無駄な動きがあるな…と思える時があるらしいね
    日本の時代劇が消えかけてるから国や形を変えても
    ほんの少し生き永らえてくれたら嬉しい
    [ 2020/12/05 23:03 ] [ 編集 ]
  3. しとしとぴっちゃん しとぴっちゃん しとぴっちゃん
    [ 2020/12/05 23:05 ] [ 編集 ]
  4. マンダロリアンおもろいよなあ
    [ 2020/12/05 23:05 ] [ 編集 ]
  5. 黒澤明は本当に神
    もっと映画館やテレビで放映してほしいが音声は良くならんのかな
    日本人は自国の宝を知らなすぎ
    [ 2020/12/05 23:07 ] [ 編集 ]
  6. 今の邦画じゃハリウッドは絶対にリスペクトしてはくれないだろうなぁ・・・

    邦画のレベル低下が酷過ぎる。
    [ 2020/12/05 23:09 ] [ 編集 ]
  7. マンダロリアンも『刺身にしてやる』とか
    言うのかしら
    [ 2020/12/05 23:09 ] [ 編集 ]
  8. 用心棒のこのシーンは今見ても鳥肌モノのカッコよさだからな
    [ 2020/12/05 23:11 ] [ 編集 ]
  9. 昔の西部劇も面白かったよな
    [ 2020/12/05 23:11 ] [ 編集 ]
  10. いや、だ・か・ら、

    黒沢は西部劇を参考にしたんだよw
    [ 2020/12/05 23:11 ] [ 編集 ]
  11. 見応えある殺陣なら観ようかな
    俳優はまだ真田広之とか残っているが
    特殊効果のないチャンバラアクション撮れる監督が邦画界にいるのか疑問
    [ 2020/12/05 23:12 ] [ 編集 ]
  12. 見せてもらおうかマンダロリアンの威力とやらを
    どこで見れるか知らんけど
    [ 2020/12/05 23:12 ] [ 編集 ]
  13. “マンダロリアン”って、よもやマンダリン+オリエントじゃあないですよね…?
    [ 2020/12/05 23:13 ] [ 編集 ]
  14. 笑福亭仁鶴「大五郎、3分待つのだぞ」
    じっと我慢の子であった
    なんかのCM
    [ 2020/12/05 23:13 ] [ 編集 ]
  15. ライオンキングみたいになるよりは、最初からリスペクトしてますアピールしてたほうが特だろという話さ。
    [ 2020/12/05 23:14 ] [ 編集 ]
  16. ベビーカーに銃を仕込むんですね
    [ 2020/12/05 23:15 ] [ 編集 ]
  17. 中韓、米でさえも自ら求めてくる日本文化。
    誰も求めていないのにゴリ押し朝鮮文化。しかも現代に造った捏造。
    [ 2020/12/05 23:15 ] [ 編集 ]
  18. >>7

    「俺は酒飲んだ方が頭良くなるんだぜ」
    を使って欲しいw
    [ 2020/12/05 23:16 ] [ 編集 ]
  19. 一方日本では時代劇が少なくなってるのが辛い。
    [ 2020/12/05 23:17 ] [ 編集 ]
  20. 昔みたいな時代劇はもう作れないんやろな
    また年末時代劇スペシャルとか見たいんやけどな 勿論出演者にアイドル抜きで
    [ 2020/12/05 23:18 ] [ 編集 ]
  21. アメリカは中国とズブズブのバイデンで景気悪くなるな
    [ 2020/12/05 23:18 ] [ 編集 ]
  22. 因みに黒澤明の娘は麒麟がくるの衣装コーディネーターです
    衣装も重要なファクターだからね
    [ 2020/12/05 23:19 ] [ 編集 ]
  23. >中世以後のヨーロッパでも一般的だったぞ
    中世で一般的なスタイルは、片手にソード、もう片方はシールドだろ
    [ 2020/12/05 23:19 ] [ 編集 ]
  24. スターウォーズは、日本の時代劇と西洋の騎士道物語の融合なんだよ
    日欧の中世社会は極めて酷似していたから自然に結び付き、映画史に残る傑作SFファンタジーが誕生したのさ
    因みにジェダイが時代劇のもじりと言うのは俗説らしいw
    [ 2020/12/05 23:19 ] [ 編集 ]
  25. 国としての歴史も文化も二百年くらいしか蓄積が無いから、マネするしか無いのかね。
    そこいら辺、中国と似たり寄ったりだよなアメリカ。

    オマージュって言うけど、独創性皆無って自認しちゃってるよな。
    [ 2020/12/05 23:20 ] [ 編集 ]
  26. デジタル高解像度化した今は新しく作った時代劇はウソっぽいのよな
    ぼやけてて色もちょっとあせた感じの古い時代劇の再放送は雰囲気出るけどさ
    [ 2020/12/05 23:21 ] [ 編集 ]
  27. お侍さんの二本差しは二刀流じゃないんやで…
    [ 2020/12/05 23:21 ] [ 編集 ]
  28. 武蔵がポルトガル人から影響を受けたってw
    まーた外人の嘘が始まった、やれやれだぜ。
    [ 2020/12/05 23:24 ] [ 編集 ]
  29. ※2
    殺陣というより劇、それも歌舞伎より大衆演劇
    って感じ
    [ 2020/12/05 23:24 ] [ 編集 ]
  30. 邦画界隈は頑張れよ。先人の輝かしい銀幕に泥を塗らないでくれ。最近の邦画は見ると恥ずかしさが出てくるから見れない。
    [ 2020/12/05 23:25 ] [ 編集 ]
  31. 子連れ狼の原作者がもう少し長生きしてたら喜んだろうなー
    しかし、映画は黒澤ばかりで第二第三がいなくて悲しすw
    [ 2020/12/05 23:25 ] [ 編集 ]
  32. >>18
    「なんにもねえぜ」「飯も冷てぇが」がなんか好きだけど使いどころがなさそうだな
    [ 2020/12/05 23:25 ] [ 編集 ]
  33. ※20
    ロケ地が減ってるのがつらいよね
    デジタル処理必須
    電線消したりアスファルト隠したり
    [ 2020/12/05 23:28 ] [ 編集 ]
  34. 隠し砦の三悪人で細い道を逃げる二人と追いかける三船の乗る三頭の疾駆する馬のシーンがエピソード4のデススターの破壊に向かうxウイングとタイファイターの攻防に真似させてる。
    あの緊密感は西部劇にもハリウッドにも出せない
    [ 2020/12/05 23:28 ] [ 編集 ]
  35. ※15
    そのとおり
    めんどくささで言えば段違い
    どんなに良い作品に仕上げていたとしても
    しらばっくれてたら印象悪くなるだけなのにね
    [ 2020/12/05 23:29 ] [ 編集 ]
  36. マグニフィセントセブンは「荒野の七人」で、これは「七人の侍」の権利を買ってリメイクしたモノで真似とかパクリではない。
    日本題「荒野の七人」は原題が「マグニフィセントセブン」
    日本題「マグニフィセントセブン」は「荒野の七人」のリメイク。
    「七人の侍」→リメイク→「荒野の七人」→リメイク→「マグニフィセントセブン」
    [ 2020/12/05 23:30 ] [ 編集 ]
  37. >>25

    他人のアイデアを朴りまくるやつの顔が見てみたい二(略
    <丶`∀´>

    つ 鏡

    >オマージュって言うけど、独創性皆無

    ウ、ウりは
    「ベンチマーキング」だから
    ケンチョナヨ!
    <丶`∀´;>
    [ 2020/12/05 23:30 ] [ 編集 ]
  38. 海外なのに、随分渋い映画を知ってるね。
    字幕かな?吹き替えかな?
    [ 2020/12/05 23:31 ] [ 編集 ]
  39. ※14
    ボンカレーな。
    [ 2020/12/05 23:34 ] [ 編集 ]
  40. サムライ、今更ながら大人気だなwwww

    彼らの生き方や価値観を知ろうとする人が増えることは、とてもいいことだ。
    うむ。

    [ 2020/12/05 23:36 ] [ 編集 ]
  41. 忠臣蔵も、はよオマージュしてくれ

    俺の生きているうちに。
    [ 2020/12/05 23:37 ] [ 編集 ]
  42. ダース・ベイダーは伊達政宗の漆黒の鎧兜がモデルで図鑑にも載ってるんだって。
    [ 2020/12/05 23:38 ] [ 編集 ]
  43. 織田裕二の「ホワイトアウト」見てから日本映画には
    何も期待しなくなったわ
    [ 2020/12/05 23:38 ] [ 編集 ]
  44. 「子連れ狼」とはまたマイナーな作品を。
    黒澤監督のカメラワークは秀逸だったから判らなくもないが。
    [ 2020/12/05 23:39 ] [ 編集 ]
  45. ジェダイかっこいいよね、懐かしい動画だけどこれ見るべし
    ttps://youtu.be/_s2NFNwNtEk
    [ 2020/12/05 23:39 ] [ 編集 ]
  46. 「七人の侍」「用心棒」「椿三十郎」あたりは今観てもまったく色褪せない傑作だからぜひ地上波で放映してほしい。音がかなり聴き取りづらいから日本映画だけど日本語字幕つきで。まだ観たことない若い人にもぜひ観て欲しい。
    [ 2020/12/05 23:39 ] [ 編集 ]
  47. 二本差しは刃こぼれ用の控えなのに…ありがとうもオブリガードから来てるとか言ってたやつおったな。こういうのほんと草。
    [ 2020/12/05 23:40 ] [ 編集 ]
  48. かっこいいシーンはかっこいい
    そんだけの事だ
    [ 2020/12/05 23:41 ] [ 編集 ]
  49. 黒澤映画だと「羅生門」が好きかな。
    「七人の侍」から「荒野の七人」だったっけ。
    [ 2020/12/05 23:44 ] [ 編集 ]
  50. >>14
    「ちゃん!ボンカレー!!」
    [ 2020/12/05 23:47 ] [ 編集 ]
  51. >>23
    ヨーロッパは時代による武具の変遷が目まぐるしいので時代によるとしか言えない。剣+盾が一般的だったのは一部の時代だけ。完全な板金鎧が普及した時代になると盾は持たないのが一般的になる時代もある。あと戦場で使う剣と日常で使う護身用の剣がしばらくの間、全く違ったのでこれも話をややこしくしている

    [ 2020/12/05 23:48 ] [ 編集 ]
  52. 日本じゃもう往年の時代劇は作れないんだろうなぁと時代劇チャンネル見て思ふ。
    殺陣ができる俳優は何人か生き残ってるが、うなじから色香漂わせる年増役ができる女優さんが絶滅して久しい。
    今のヤセギス女優が和装で何かやっててもなんか痛々しいんだよ…。

    ゴジラもだけど、どこの国でもいいから生き残ってほしい文化ではあるな…。
    [ 2020/12/05 23:48 ] [ 編集 ]
  53. すべての作品は何かの影響は受けている
    認めるだけえらい
    ディズニーはパクって起源主張、半島人と一緒
    [ 2020/12/05 23:50 ] [ 編集 ]
  54. 二刀流と二本差の違いをちゃんと調べてほしいもんだわ
    [ 2020/12/05 23:53 ] [ 編集 ]
  55. マンダロリアンはわからんが
    プライムビデオは想像以上におもしろいの作るよな
    映画の表示方式はクソだが
    [ 2020/12/05 23:55 ] [ 編集 ]
  56. ゴーストオブツシマでも感じたことだけど、日本で受け継がれなかった技術を外国が大事に伝えてくれてるのは有難いことだな。
    [ 2020/12/05 23:59 ] [ 編集 ]
  57. たまにはスカッとする時代劇観たいやね
    [ 2020/12/05 23:59 ] [ 編集 ]
  58. こうやって明言してくれる監督はいいね
    オマージュとパクリには明確な差があって、それが「◯◯から影響を受けました、参考にしました」って言うか言わないかが大きいと思う
    ライオンキングやアナ雪もそうであったらな…パクリパクリ言われなかったのに
    [ 2020/12/06 00:00 ] [ 編集 ]
  59. ※24
    TVでジョージルーカスのインタビュー見たことがあるんだが、「ジェダイは日本語の「時代」から作った言葉だ」と言っていたよ(そのときは「時代劇」とは言ってなかったんだが)
    [ 2020/12/06 00:01 ] [ 編集 ]
  60. DVDで観た七人の侍はフィルムの劣化が激しくなったのをコピーしてるから音が聞きづらくなってるし明度も暗くてコントラストも低い。夜のシーンじゃ何がなんだか分からない。
    デジタルリマスターとかあるのかな?
    [ 2020/12/06 00:02 ] [ 編集 ]
  61. 壮大なSFはアメリカじゃないと作れないからなあ
    時代劇も再評価してもらえてるし良い事だw
    [ 2020/12/06 00:03 ] [ 編集 ]
  62. 勝新の座頭市なんかも海外で放映されたらウケそうな気がする
    [ 2020/12/06 00:06 ] [ 編集 ]
  63. お互いにリスペクトしての影響の与え合いは見てて気持ちがいい
    黙ってパクってしらばっくれるどっかの国や組織みたいなのは見てて不愉快
    [ 2020/12/06 00:07 ] [ 編集 ]
  64. 製作者がカッコイイと思う要素を真似するのはなんら問題ない。
    むしろそれが創作行為そのものなわけで、
    否定してる奴は何も作ったことがないんだろう。
    中国みたいな「そのまんま劣化コピー」とは次元が違う話なのにな。
    [ 2020/12/06 00:08 ] [ 編集 ]
  65. ※58
    「オマージュ」の本来の意味は「尊敬、敬意」、ストーリやシーンを真似るものだけとは限らず
    真似ておきながらオリジナルとの関係性を否定するのはただのパクリ
    [ 2020/12/06 00:08 ] [ 編集 ]
  66. 昔は実写邦画も良い物作ってたんだね
    どうして今はコスプレ学芸会みたいなのばっかになったのか
    鬼滅にしろ千尋にしろ日本一の興行収入がアニメ映画って正直恥ずかしいんだよ、どっちも作品も好きだけども
    実写邦画界は頑張って
    [ 2020/12/06 00:08 ] [ 編集 ]
  67. 黒澤明の発想の起源は韓国です。映画の起源も韓国です。すべて韓国発祥です。
    [ 2020/12/06 00:10 ] [ 編集 ]
  68. 宮本武蔵は武士(侍)じゃなくて武人だよね?
    [ 2020/12/06 00:11 ] [ 編集 ]
  69. >>勝新の座頭市なんかも海外で放映されたらウケそうな気がする

    ブルース・リーが勝新の大ファンで、中華版盲目剣士のプロットを試案してたりする
    格闘場面の殺陣も日本の時代劇を参考にしていたし、「怒りの鉄拳」ではラスボス役に勝プロの役者を招いた
    大魔神の中の人です
    [ 2020/12/06 00:14 ] [ 編集 ]
  70. アメリカはリスペクトとか言ってごまかしてないで金払えよ
    [ 2020/12/06 00:14 ] [ 編集 ]
  71. 用心棒、椿三十郎、七人の侍は何度も見て楽しい。
    アメリカ映画の中で大好きで何度も見てしまうのは、アンタッチャブルくらいかな。
    個人的には、訳のわからんSF物よりも、アメリカが一番輝いていた頃の映画を全力で作って欲しい。
    [ 2020/12/06 00:15 ] [ 編集 ]
  72. ※44
    コミックでも映像作品でも一世風靡した子連れ狼をマイナーってどう言うこと?大人はもとより、小学生から幼稚園地に至るまで、シトシトピッチャン、シトピッチャンなんて普通に歌ってたぞ。
    [ 2020/12/06 00:16 ] [ 編集 ]
  73. >>忠臣蔵も、はよオマージュしてくれ

    「47RONIN」てのがありまして
    観てないけど
    [ 2020/12/06 00:18 ] [ 編集 ]
  74. 間違って受け継ぐのは
    やめてほしいけどね。
    細かい部分はともかくとして、
    それじゃ刀を抜けないだろという描写がよくある。
    [ 2020/12/06 00:20 ] [ 編集 ]
  75. ※59

    ジョージルーカスはジェダイは時代劇とは、関係ないって
    当時は否定したよ
    [ 2020/12/06 00:20 ] [ 編集 ]
  76. >>勝新の座頭市なんかも海外で放映されたらウケそうな気がする

    海外で上映されたよ
    字幕だったそうで、座頭市が「御控えなすって」と仁義を切るシーンの字幕が「Hello」だったとか
    [ 2020/12/06 00:22 ] [ 編集 ]
  77. 日本は決してそれを文化盗用とは呼ばない
    好きにやっていいんだぜ
    [ 2020/12/06 00:24 ] [ 編集 ]
  78. 二本差しが日本の起源、発明だと言ってるんじゃなくて
    日本では士以外二本差しはしなかった、サムライの特権だったということだよ。
    やくざはドス一本持ち
    [ 2020/12/06 00:26 ] [ 編集 ]
  79. ※72
    横からだけど、※44はきっと若者かなと想像する。
    知らない世代もこうやって増えてるんだろうね。
    [ 2020/12/06 00:27 ] [ 編集 ]
  80. 三船が依頼を断らなければ、三船のダースベイダー見られたのにw
    [ 2020/12/06 00:30 ] [ 編集 ]
  81. 最近の邦画で、観たいと思うチャンバラ減ったな・・・
    っつうか、戦闘場面のある戦争映画、時代劇は、最近のは詰まらん
    殺陣に気迫の在る役者さんが減ったのか、撮影する側、創作する脚本家の技量が、以前よりも退化したのか判らんが、大河ドラマ等のNHKものか、アニメ原作しかないのか、金払って観たいもの減ったし、殺陣や役者でも、中国映画に出演し出しているし、本当に断末魔って感じだわ
    [ 2020/12/06 00:30 ] [ 編集 ]
  82. 日本映画のレベル低下ってか?
    仕方ないだろうが、映画が好きで良い映像を撮りたくって監督を目指すんじゃ無くって
    映画監督の肩書で政治的発言をするために監督になる奴が多いからじゃないの?
    [ 2020/12/06 00:31 ] [ 編集 ]
  83. 確かにこの頃の作品は名作揃い
    特に黒澤映画はただのモノクロ映画ってだけじゃなく
    白と黒、つまり光と影の使い方が絶妙なんだよね
    だから世界中に影響を受けたと言う人がいるわけで

    今は邦画もハリウッドも支那朝鮮だらけでつまらない
    目先の金儲けだけだし、パクりしかできないから昔の話を焼き回してるだけ
    しかも評価が低いと観る奴の感性が低いと観客のせい
    乗っ取ったらそれだけで名声が手に入ると思ってたとわかるし
    いいものを作ろうって気概がまるでないから面白くない
    [ 2020/12/06 00:33 ] [ 編集 ]
  84. >>68
    五輪書で武士とはかくあるべしって書いてあるんだから、宮本武蔵も武士でイイでしょ(武蔵は自分を、武士の中でも武芸者って位置づけているけど)。

    それに日本で武人っていったら、埴輪を連想してしまいそうな。
    [ 2020/12/06 00:34 ] [ 編集 ]
  85. 武蔵が外人を参考にしたとか(笑)妄言にも程がある。
    [ 2020/12/06 00:40 ] [ 編集 ]
  86. >>41
    「47RONIN」というキアヌ・リーブス主演のハリウッド映画はある。
    オマージュというより、パロディ。日本語でいえば換骨奪胎。
    赤穂藩に世話になっていた漂流ガイジン(実は天狗の子孫)が、
    浅野藩主の仇をとるため、討ち入りに参加するが、吉良側にも
    妖術使いがいて、平成仮面ライダーシリーズのようなCGチャンバラ
    となる。日本ではコケたが、英語圏ではそこそこヒット。
    [ 2020/12/06 00:42 ] [ 編集 ]
  87. ※5
    >もっと映画館やテレビで放映してほしいが音声は良くならんのかな
    4k版の『七人の侍』は随分聞き取りやすくなっているらしいがBD版とか発売しないんだよね。
    さっさと売って欲しいんだけど。
    [ 2020/12/06 00:49 ] [ 編集 ]
  88. 日本の時代劇だって西部劇の影響受けてるしお互い様。
    そりゃあ、あんたらの影響受けてるんだから気にいるのも当然。
    [ 2020/12/06 00:52 ] [ 編集 ]
  89. >>76
    ルトガー・ハウワー(ブレードランナーのレプリカント)主演の
    「ブラインド・フューリー」という映画がある。戦闘で盲目となった
    ベトナム帰還兵が仕込み杖で、NYのギャングを数十人ぶった斬るという
    ストーリー。B級扱いだが、オレは面白く観た。
    [ 2020/12/06 00:54 ] [ 編集 ]
  90. ジェダイは火星物語の階級であるジェダが語源だとルーカスは言ってるんだけど、ジェダイ=時代説のほうを信じてる人のほうが圧倒的に多い
    [ 2020/12/06 00:57 ] [ 編集 ]
  91. 「七人の侍」は黒澤作品の中でも別格。脚本の秀逸さと役者の演技を超えた演技が映画を別次元の芸術的娯楽に押し上げている。「天国と地獄」の役者たちも良いが既に三船をはじめ職業としての役者感が出始めてはいる。
    ちなみに黒澤時代劇まるパクリは一連のマカロニウエスタンだよ。
    [ 2020/12/06 00:59 ] [ 編集 ]
  92. 昔は映画でもドラマでも俳優でも漫画家でも職人魂が感じられた
    今は重みが全く感じられない
    [ 2020/12/06 00:59 ] [ 編集 ]
  93. ・黒澤 明が「肉を斬る効果音」と「血飛沫どばぁ」を採用したところ、たちまち時代劇全般に普及する

    ・SAMURAI物が諸外国で評判となり輸出される

    ・イタリアが「流血」と「西部劇」という美味しいとこ取りをしたいわゆるマカロニウエスタンを量産し、本家米国にも逆輸入される

    ・斜陽気味だったハリウッドが「ニューシネマ」と銘打ち、それまで自主抑制していた過激描写を「俺たちに明日はない」などで積極的に採り入れるようになる

    ・過激描写とベトナム戦争以降の社会派映画で溢れかえり、いい加減観客は単純明快な勧善懲悪活劇物を渇望するようになる

    ・「スターウォーズ」大ヒット
    [ 2020/12/06 01:05 ] [ 編集 ]
  94. 日本側もライトセーバー→ビームサーベルでパクってはいるな。ただし富野監督の殺陣はSWどころか下手な時代劇より上手いのでよっぽど見応えが有る。惜しむらくは新しいSWでそういった剣豪モノ向きの殺陣を取り入れて貰いたかった。
    [ 2020/12/06 01:08 ] [ 編集 ]
  95. ※21
    >アメリカは中国とズブズブのバイデンで景気悪くなるな

    今アメリカ凄いことになってるよ。バイデンどころじゃない。
    日本のマスゴミのニュース見てないでネットを探してみそ。
    ※83の>ハリウッドも支那朝鮮だらけ
    これも変わるかもしれない。アメリカはアメリカを取り戻そうとしてる。
    世界規模の歴史の1ページを日本人がリアルタイムで共通体感できてないのがなんとももどかしいよ。ホント日本のマスゴミはダメだ。

    アメリカに次いで日本も日本を取り戻して、邦画も盛り上がるといいな
    [ 2020/12/06 01:10 ] [ 編集 ]
  96. オマージュって言ってくれてるだけいいよな。
    パクっても知らぬ存ぜぬ通してるハリウッド映画も多いのに。

    ネズミーとかブラックスワンとか。
    [ 2020/12/06 01:15 ] [ 編集 ]
  97. ※28
    というより、ポルトガル人の妄想ね。
    オブリガドと有難うが似てるってんで、お礼の言葉までポルトガル人が教えたことになってる
    [ 2020/12/06 01:15 ] [ 編集 ]
  98. こんな話、一体どれ程信ぴょう性が在るものか、日本人としても疑問だし
    クロサワとか子連れ狼とか、日本人の中でもとっくに忘却の彼方だし
    でも、そんなことより、中共に浸透されるよりよっぽどマシでしょ?
    白人さんからしたら、どっちも微妙なのかなw
    [ 2020/12/06 01:16 ] [ 編集 ]
  99. マックス「FF7というゲームを好きというのはスターウォーズという映画を好きという感覚に近い」
    [ 2020/12/06 01:17 ] [ 編集 ]
  100. 黒澤明は日本では冷遇されてたんだってな。
    海外で人気が出て、ようやく日本でも認められたと言う。
    [ 2020/12/06 01:17 ] [ 編集 ]
  101. 七人の侍のパ〇ンコがあったんだけど出演者が平成の役者で
    販促用?DVDにショートムービーが入ってて上手く黒沢感を現代的にしてて面白かったな
    一般に流通してないけど動画サイトとかに上がってるかもしれんから試しに見てくれ

    [ 2020/12/06 01:45 ] [ 編集 ]
  102. 基本的に日本の創作物の影響は世界規模で強い
    [ 2020/12/06 01:48 ] [ 編集 ]
  103. マンダロリアン本当に面白いよね
    子連れ狼+西部劇でさ
    S2に入ってもハズレ回無いから満足度が高い
    [ 2020/12/06 01:52 ] [ 編集 ]
  104. 日本は過去の遺産で食ってるだけの国になっちゃったね
    [ 2020/12/06 01:54 ] [ 編集 ]
  105. >二刀流は日本の伝統的な戦い方じゃない。

    まあレイピア起源云々は抜きにしても
    二刀流は難易度が高くて戦においては実用的ではないからな
    剣の勝負が前提かつ相当な豪腕か達人でもない限り真髄は引き出せないだろう

    その場合においても島津の馬鹿(褒め言葉)が突っ込んできたら
    自分の刀の峰で自分の頭を「峰打ちじゃ安心せ(致命傷)」して終わるだろう
    [ 2020/12/06 02:06 ] [ 編集 ]
  106. 日本の影響受けたとリップサービスしたほうが
    日本人の客は付くからマーケティングとしては当然だよね。、
    [ 2020/12/06 02:09 ] [ 編集 ]
  107. >ちなみに「ジェダイ」という造語は「ジダイゲキ」から来てる。

    へー
    初めて知った
    [ 2020/12/06 02:20 ] [ 編集 ]
  108. 引きずるなー21世紀になってもジェダイ劇か(笑)

    でもガンダムはライトセーバーをまんま朴ってるから、あんまスターウォーズをバカに出来ないよね(笑)
    [ 2020/12/06 02:31 ] [ 編集 ]
  109. 子連れ狼はスターウォーズと同時代だから
    単に70年代のリバイバルって感じだけどな
    スターウォーズを未だにやり続ける事も含めて
    [ 2020/12/06 02:36 ] [ 編集 ]
  110. 隠し砦の三悪人大好き。嫌なことがあったらあの映画観てスカッとする。三船のかっこよさはもちろん、姫の美しさと強さと潔さに夢中になるし、ラストの「裏切り、御免」も最高。侍女(になるのかな)の健気さも良い。
    [ 2020/12/06 02:47 ] [ 編集 ]
  111. 真面目に映画作ったところでお前ら見に行かないし
    金にならないんだから消えるのは仕方ないだろう。
    売れてるアイドル、顔の良い俳優出しときゃどんな
    クソ映画でも客は入るんだ。
    近年はそこに売れてる漫画を映画化しときゃいいって
    感じになった。
    映画という文化は世界最低レベルになるだろうね。
    [ 2020/12/06 02:49 ] [ 編集 ]
  112. 邦画は実写を捨ててアニメに振り切ったんだろうか
    アニメの出来が良いのは素晴らしい事だけど、実写ももう少し頑張って欲しい
    堂に入った迫力ある演技ができる若手俳優って本当に少なくなったもんな
    皆アイドルから起用って感じで…アイドルが演技するのがダメだわけじゃないけど、演技一本でやってきた俳優さんと比べるとなんか違うんだわ
    そもそも原作なしのオリジナル映画自体少ないし、企画力無くなったんだな
    [ 2020/12/06 02:49 ] [ 編集 ]
  113. >>81
    一番最近のチャンバラ映画って「るろうに剣心」じゃなかろうか

    >>69
    座頭市はなぁ・・・
    座頭の社会的地位やもの悲しさはだたの全盲剣士じゃ表せないでしょ


    [ 2020/12/06 02:57 ] [ 編集 ]
  114. ガンフロンティアのオマージュがバトルガレッガ
    イメージファイトのパクリがウォーオブエアロ

    オマージュとパクリは別物だよね
    かなりわかりづらい例えだけどさ
    [ 2020/12/06 03:01 ] [ 編集 ]
  115. 日本もアメリカの名作ドラマのエアウルフ、特攻野郎Aチーム、
    ナイトライダー、マグガイバー、スタスキー&ハッチなんかを
    尊敬してるけどあんなの絶対に作れないからERの劣化版の
    お医者さんごっこのドラマばっかり作ってるな。
    刑事ドラマもアクションシーンがド派手なの作れないから
    室内型の陰湿な事件が多いしなあ。日本のドラマは本当に陰気臭い。
    老舗従業員のイビリ合いのドラマがご長寿作品だった時点で暗すぎる。
    [ 2020/12/06 03:01 ] [ 編集 ]
  116. 今の日本映画界と評論家に反日の奴が巣食って居るのが残念ね
    [ 2020/12/06 03:13 ] [ 編集 ]
  117. 70年代から、日本のアニメ漫画は世界に影響を与えている。

    パクリもいっぱいある。

    世界中、オタクたちは、日本文化にはまる。それがオタクだ。

    ものづくりとは、オタクの異名だからだ。
    [ 2020/12/06 03:16 ] [ 編集 ]
  118. 日本がスタートレックみたいなドラマを作るのは永久にむりだな。
    全身タイツのスタイルが悪すぎる。俳優がへぼすぎる。
    ニチアサの特撮ヒーローのほうが海外向けコンテンツとしては
    優秀という皮肉。映像技術的にもすごい事やってるしなあ。
    [ 2020/12/06 03:23 ] [ 編集 ]
  119. 黒澤明作品は今観ても圧倒的に面白いし引き込まれる。アイドルやタレントを起用したアニメ原作の恋愛物だらけの今の日本映画は残念ながら韓国映画にも劣る。
    鬼滅の刃もジブリもいいけど、実写で見応えある日本映画を観たい。
    [ 2020/12/06 03:23 ] [ 編集 ]
  120. おぉ、スターウォーズの新作!最近、スターウォーズは開発ペースが早いね。
    [ 2020/12/06 03:31 ] [ 編集 ]
  121. 四季がある
    [ 2020/12/06 03:31 ] [ 編集 ]
  122. なんかあったらとりあえず冥府魔道って言っときゃ全部説明付くんですねわかります
    [ 2020/12/06 03:56 ] [ 編集 ]
  123. 擦れ狼!
    [ 2020/12/06 04:00 ] [ 編集 ]
  124. 味噌汁作りゃあ良いってもんじゃねえからな、映画はあくまで娯楽ビジネスだ
    大体アニメの娯楽性と、虚構をねじ伏せる説得力を超えられない現代実写の無能が問題なんだよ
    フィルム時代の時代モノの説得力は大したものだったよ、軽い模造刀に重量すらを与えてたからな
    [ 2020/12/06 04:23 ] [ 編集 ]
  125. 荒野の七人に黒人や朝〇人を出すアメリカも終わってるけどw
    [ 2020/12/06 04:41 ] [ 編集 ]
  126. 「オマージュ」
    「リスペクト」
    言っておかないと、

    日本人を装った、
    中国人と韓国人に、
    「文化の盗用」と袋叩きに合うからな。

    [ 2020/12/06 04:42 ] [ 編集 ]
  127. ハリウッドが小池一夫や武論尊に着目したら当分はネタに困らないな
    [ 2020/12/06 04:44 ] [ 編集 ]
  128. 名無しさん
    「子連れ狼」をモチーフにした映画は、ジーナ・ローランズの「グロリア」が有名だけど、ジョンウェインの遺作、「ラストシューティスト」もそんな感じがした。
    ジャポニズムの方が、ルネサンスよりも欧州の美術、文化に与えた影響は大きい。
    あまり指摘されないが、「スターウォーズ」に影響を与えたもう一つの要素は、当時日本で流行してたサイキックアクションもの。ルークと皇帝の決戦はバビル2世そのもの。
    [ 2020/12/06 04:49 ] [ 編集 ]
  129. ※128
    スターウォーズより前にあったアニメにも影響受けてそうやね。
    [ 2020/12/06 05:03 ] [ 編集 ]
  130. 「左翼にあらずんば映画人にあらず」は邦画界の凋落を表す有名な言葉
    [ 2020/12/06 05:05 ] [ 編集 ]
  131. 今の日本映画業界はテレビメディアとズブズブだから今後黒澤映画のような芸術的な作品は2度と出てこないよ
    今の邦画ってライティングや構図がクソオブクソだから
    画作りのがの字も無い
    [ 2020/12/06 05:09 ] [ 編集 ]
  132. ディズニーになってからスターウォーズは駄作になったな
    新シリーズ2作目が特に
    ラスト3作目で何とかまとめようとしたけど 2作目が駄作すぎてどうにもならなかった印象
    そもそもソロとレイアにはジェンセン、ジェイナの双子とアナキン の三人の子供が居たと公式にはあるのに最初はちゃんと「ジェンセン」だったカイロ・レンがなぜか「ベン」と呼ばれる謎
    シリーズ見たこと無い奴監督にするなよ!!
    [ 2020/12/06 05:18 ] [ 編集 ]
  133. こういうのはいいんだよ ライオンキングあれはパクリ だめ
    [ 2020/12/06 05:23 ] [ 編集 ]
  134. ※23
    中世「以後」なら間違いなくレイピアにマインゴーシュやソードブレイカーの二刀流が主流。
    決闘文化が華やかになったころ盾にスパイク付けて突っつくのが流行したのよ、強いから
    そのスパイクが数mになったころそれ卑怯じゃん?ってことで禁止なてな、二刀流に主流になるようになったそうだ
    盾が使えないなら剣を盾にするしかないからな
    [ 2020/12/06 05:33 ] [ 編集 ]
  135. ※117
    >ものづくりとは、オタクの異名だからだ。

    殆どのおたくは他人の作ったものを消費するだけで自らものづくりはしないぞ
    そしてものづくりをするおたくの殆どは2次創作や3次創作が中心で独創性のあるものはさらに僅か

    ものづくりとは、オタクの異名はさすがに違うと思う
    [ 2020/12/06 05:54 ] [ 編集 ]
  136. 原作というか元ネタの「用心棒」は痛快娯楽映画として興行的に成功したけれど、今の日本映画の惨状を見るに「黒澤が「映画の楽しさ、面白さを思い切り出したものにしたかった[14]」と語る本作」(wikipedia)という黒澤の思いというかそういうのは、今の日本映画界ではタブー的なものになってしまっているのがなんともアレ
    [ 2020/12/06 06:07 ] [ 編集 ]
  137. ※98
    >一体どれ程信ぴょう性が在るものか、日本人としても疑問

    ルーカスは明言してるし黒澤と対談もして一緒の写真にも収まっている。
    日本でも米国でも有名な事実なので疑う方がどうかしてるとしか。
    日本の中学校の英語の教科書にもこのオマージュの話は載ってたから最近の若い人でも知ってるぞ。

    >クロサワとか子連れ狼とか、日本人の中でもとっくに忘却の彼方

    そもそもスターウォーズだって最初に作られたのは同時代だからw
    もしかして最近のシリーズだとでも思ってたのか?
    [ 2020/12/06 06:10 ] [ 編集 ]
  138. 黒澤明がアメリカに来て「ルーカスに会いたい」と言ったとき、
    アメリカの映画関係者の間で、莫大なお金を要求しに来たという噂が広まって
    ルーカスが蒼い顔しながら会いに行ったら、開口一番、
    「いやぁ、君。最高の映画を作ったね」と言われ、
    それ以来、ルーカスにとっては黒澤は神になったらしい。
    [ 2020/12/06 06:27 ] [ 編集 ]
  139. ※15
    ライオンキング関係者は当初、手塚オサムなんて名前は聞いたことないってほざいてたんだぜ。
    [ 2020/12/06 06:32 ] [ 編集 ]
  140. 向こうのバイヤーが傑作が出来たと嬉々として日本に新作映画を売り込みに来た。見てみたら七人の侍の丸パクリで日本側唖然。丸パクリの事実を伝えて七人の侍を見せたところ知らなかったバイヤーが慌ててオマージュだの何だの言い出した。
    結果リメイクという体で放映される事になった。
    と、昔NHKの番組で見たけど本当かね?
    まあ、ディズニーみたいに明らかにパクリの癖に認めず自分の版権には煩い所から見たら良心的か?
    [ 2020/12/06 06:36 ] [ 編集 ]
  141. >>113

    るろうに剣心をチャンバラ映画って言われると何か違う気がする

    殺陣じゃなくてワイヤーアクションだし
    [ 2020/12/06 06:44 ] [ 編集 ]
  142. ちょっと話は変わってしまうが…

    手塚治虫は映画見て今の漫画の様式作り上げたやん
    ワイ日本の漫画の隆盛は手塚治虫の功績だと思うんやけど
    邦画の衰退も映画より漫画に優秀な人材引っ張っていった手塚治虫に原因があると思うねん

    あと腐れ電通とBPО
    [ 2020/12/06 06:46 ] [ 編集 ]
  143. ※141さん
    るろうに剣心は細かい演出も上手かったね
    スピーディーに見せるために刀ふにゃふにゃにしたりとか
    [ 2020/12/06 06:48 ] [ 編集 ]
  144. アメリカ人も自慢すればええ。『用心棒』はハメットの『血の収穫』の翻案だし、ジョン・フォードがいなければ黒澤映画も生まれなかった。文化というのは相互作用して発展していくものだからね。
    [ 2020/12/06 06:58 ] [ 編集 ]
  145. 大五郎が殺人やらかしたけど今でも「子連れ狼」見れるのか?
    [ 2020/12/06 07:01 ] [ 編集 ]
  146. ※106
    >日本の影響受けたとリップサービスしたほうが
    日本人の客は付くからマーケティングとしては当然だよね。

    外人ですら日本の影響が分かるのに、その程度も分からないのは韓国人だからかな
    [ 2020/12/06 07:15 ] [ 編集 ]
  147. オレは用心棒や椿三十郎、子連れ狼も含めて、あのハードボイルドな感じが、ある種のエンターテインメントな時代劇っぽくて好きなんだが、その雰囲気はハリウッドの方が上手に取り入れてると思うことが多い。攻殻機動隊とかカウボーイ・ビバップが日本よりアメリカで受けたのも、半熟より固ゆでを好む国民性があるのかな、と思う。
    [ 2020/12/06 07:36 ] [ 編集 ]
  148. 外国人のサムライ好きは異常
    特亜3か国は除く
    [ 2020/12/06 07:45 ] [ 編集 ]
  149. 武蔵が二刀使ったことはほとんどない
    戦争では片手で剣を振るえた方が便利という武蔵の考え方の延長線上にある奇策に過ぎない
    [ 2020/12/06 07:56 ] [ 編集 ]
  150. って事は
    「それ以上来るんじゃねぇ」
    からの「にやり」と笑って「ズンチャッチャズンチャッチャ」
    も有るのか?
    [ 2020/12/06 08:03 ] [ 編集 ]
  151. > ポルトガル人の船員に影響を受けたと言われる

    宮本武蔵誕生 1584年
    伴天連追放令 1587年
    また馬鹿外人の与太話か
    [ 2020/12/06 08:12 ] [ 編集 ]
  152. ※149
    というか合戦では刀より槍だし
    [ 2020/12/06 08:13 ] [ 編集 ]
  153. 最近の日本映画は総じてクソ
    [ 2020/12/06 08:20 ] [ 編集 ]
  154. ※71
    >アメリカ映画の中で大好きで何度も見てしまうのは、アンタッチャブルくらいかな。

    あんたとはうまい酒が呑めそうだ
    [ 2020/12/06 09:08 ] [ 編集 ]
  155. ゴーストオブツシマと言い最近また黒澤明ブームきてんね
    スペインとかではいまだに黒澤明映画祭とかやってるしすごいね
    [ 2020/12/06 09:28 ] [ 編集 ]
  156. 俺はブラックスワンの監督がパーフェクトブルーをパクった時本当に腹が立ったけど、どこまでがリスペクトとして許せれるのかって難しいな
    [ 2020/12/06 09:48 ] [ 編集 ]
  157. ヤクザだから殺陣はないはずで、喧嘩だった木枯し紋次郎がパクられるのはいつですか。
    [ 2020/12/06 09:49 ] [ 編集 ]
  158. 武蔵って侍か?
    仕官して侍に成ったかは知らんが
    飽くまでも武蔵は武芸者だろ 二天一流を飽くまでの
    海外のコピーと言い張る外人 
    [ 2020/12/06 10:01 ] [ 編集 ]
  159. ギャバン、シャイダー、ジャスピオン、ポワトリン、イパネマ
    などの宇宙刑事シリーズがなければロボコップも
    存在しなかったからな。
    [ 2020/12/06 10:01 ] [ 編集 ]
  160. 最近の邦画とひとくくりにしてしまうのも大概レベルの低いコメントだと思うぞ
    それにクロサワがすごすぎるだけで、昔も酷い映画はあっただろ
    全体的にレベルが低下してるのは確かだけど、時代の違いでしょうがないところもある
    娯楽が増えすぎて良いものを作ろうと思っても興行的には難しいだろう
    良いものより利益が出るものを作るしか無い
    批判してるやつは何か一つでも創作活動したことあるか?
    産みの苦しみというものを理解してないだろ
    [ 2020/12/06 10:01 ] [ 編集 ]
  161. 山田洋次監督のトークイベントにて
    「ルーカスが黒澤さんを『スター・ウォーズ』の試写会に招待したらしいんですけど、黒澤さんは『スター・ウォーズ』にはまったく興味がない。リムジンか何かに乗せられてしきりと感想を求められたんで、しょうがないから『とにかく音楽が多い』と言ったそうです。そうしたらルーカスがとにかく弁解し続けるから、『多いから多いんだ!』と言ったら、ルーカスが泣き出して、ちょっと言いすぎたかなと反省したという。そんな話を思い出しましたね」
    [ 2020/12/06 10:04 ] [ 編集 ]
  162. チャンバラ時代劇より前に、村芝居や剣劇ってのが大衆の娯楽として身近にあって、
    それらを見て育ってきた世代が、自分の見てきた世界を映画にして、よりダイナミックに世間に見せたいと頑張ったから発展したわけで
    剣劇とか見て育った世代がいなくなれば、良い時代劇が作れなくなるのは当たり前の話

    アニメも他人事ではない
    読んでいて余白の動きをどんどんイメージしたくなる上手い漫画を見て育った世代が、今大人になってアニメ作ってるから良いものが作れてるわけで
    今みたいに、最初からメディアミックス狙いでヘタクソなキャラカタログ兼あらすじ本に成り下がった、
    クオリティの低い漫画ばかり読んで育った子供が大人になる頃には、まともなアニメが作れなくなってるだろう
    [ 2020/12/06 10:09 ] [ 編集 ]
  163. 武蔵の二刀流は「馬に乗って戦う際に、左右どちらの敵にも対応できる様にしておいた方が良い」という、戦場で多数と戦う事を想定したもので、両手にそれぞれ刀を持つのはその副産物扱いなんだけどね。
    実際、養子の宮本伊織は武蔵を手裏剣術の達人と評していたぐらいだし。

    ちなみに、日本における二刀流は表芸として扱う流派が珍しいだけで、裏芸としては広く普及しており、幕末でも囲まれた際の起死回生の打開策として二刀による滅多切りがよく使われていましたよ。
    [ 2020/12/06 10:18 ] [ 編集 ]
  164. ※162 富野はそれを30年前から言ってるな。アニメを作りたければアニメ以外を勉強しろと。
    [ 2020/12/06 10:23 ] [ 編集 ]
  165. 日本刀は数人斬れば刃こぼれしたり曲がったりするから二刀で持つ発想は自然と出て来てもおかしくはないね。
    歴史学者にも三段撃ちはなかっただのと言う学者もいるが装填が遅い武器なら順番で並んで撃つ発想も自然と出てくるわな。
    [ 2020/12/06 10:37 ] [ 編集 ]
  166. 永井豪や松本零士をパクりまくったのにそっちは無視か…
    [ 2020/12/06 10:38 ] [ 編集 ]
  167. ※80
    >三船が依頼を断らなければ、三船のダースベイダー見られたのにw

    オファー来たのはオビワン役じゃなかったっけ?
    [ 2020/12/06 10:38 ] [ 編集 ]
  168.  
    ディズニーをオマージュした場合、天文学的な賠償金を支払わされる
    そして初代大五郎は成人になってモノホンの刺客になって収監された
    [ 2020/12/06 10:48 ] [ 編集 ]
  169. 黒澤映画の影響もそうだけど
    柔道や柔術はブラジルまで達してレスリングと双璧だし
    空手は中国拳法やムエタイなんかの打撃系と肩を並べる
    剣術・忍術は言わずもがな
    武道そのものが広く伝播してるんだよね

    ※164
    アニメーターの専門学校は生徒を中村頼永氏の元に週1でもいいから通わせたらいいな、と思うわ
    格闘家はノーモーションを研究し、アニメーターはモーションを研究するんだから交流はあっていい
    [ 2020/12/06 10:51 ] [ 編集 ]
  170. 日本はもっと時代劇作ったほうがいい
    でもたまに作られる最近の時代劇は殺陣やもろもろ酷すぎるからなあ
    ノウハウ知ってる人がいなくなったんだろうか
    [ 2020/12/06 10:55 ] [ 編集 ]
  171. ※170
    微妙なベテランというか老害的なのがいるんじゃないか?
    舞台や映画で殺陣教えてる人がそんな感じだった。
    しょぼくても誰も文句言えないからね
    [ 2020/12/06 10:57 ] [ 編集 ]
  172. 黒澤明もシェイクスピアからかなり影響を受けてるから西洋人にも通用するんだろうね
    [ 2020/12/06 11:01 ] [ 編集 ]
  173. 今の邦画は昔の邦画とは血筋が違うからな
    養子縁組ですらない
    [ 2020/12/06 11:04 ] [ 編集 ]
  174. >ポルトガルの船員
    まーた日本文化に憧れすぎて「実は自分たちがルーツ」ってことにしたいガイジンの妄想が
    洋の東西を問わずそういうアホが多すぎる
    [ 2020/12/06 11:06 ] [ 編集 ]
  175. >>167

    当時出版された「スターウォーズ2大百科」な本で
    (正式な題名は忘れましたが、小学生向きな本らしく
    文庫本みたいな小さいサイズだったと記憶してます)に
    三船敏郎がオビワン役でオファーが来ていたってのが書いたあったの
    もしかして、読んでました?
    そのあとのテレビ番組の特集で、最初からオファーがオビワンじゃなくて
    ダーズベイダー役だったと聞いています
    [ 2020/12/06 11:12 ] [ 編集 ]
  176. >>160
    君がそれほど創作の仕事を知っているのか分からないけど邦画がクソな現実は認めるべきだな。
    まともなスタッフもいないのに興行主の縁故だけでクソみたいな物を作っているんだよ。ライティングひとつ、音声一つ出来ない専門学生みたいなやつらが集まって創作ごっこをしているだけじゃん。まともな奴はハリウッド行ってそのまま帰って来ないんだよ。
    昔の事は知らないけどもっと映画を作りたい人達が作っていたんじゃないの?
    [ 2020/12/06 11:26 ] [ 編集 ]
  177. 何で外人って、自分の頭の中の捏造を、さも本当のエピソードのように自信たっぷりに言い切るんだろう?
    [ 2020/12/06 11:33 ] [ 編集 ]
  178. パクリでもオマージュでも、儲かる方(予定)を選んでるだけ。

    最後は、
    指摘されたら「オマージュです」
    気づかれなかったら「オリジナルです」
    になるけど。
    [ 2020/12/06 11:34 ] [ 編集 ]
  179. イオンソソナモンセシナモン
    [ 2020/12/06 11:38 ] [ 編集 ]
  180. オマージュしてないで金をくれ。
    [ 2020/12/06 11:44 ] [ 編集 ]
  181. 三船敏郎がかっこよすぎて、再現するのは難しいやろ
    [ 2020/12/06 11:52 ] [ 編集 ]
  182. まぁ今じゃ邦画なんて市場規模(アニメ除く)も小さくてとても
    リスペクトできるものじゃないけどね。

    [ 2020/12/06 11:57 ] [ 編集 ]
  183. >>アニメーターの専門学校は生徒を中村頼永氏の元に週1でもいいから通わせたらいいな、と思うわ

    田宮模型は戦車プラモに添える1/35兵隊フィギュアに「今にも動き出しそう」なポージングを求め、アニメーターの大塚康夫氏(JEEPマニア)に助言を仰いだ
    [ 2020/12/06 11:58 ] [ 編集 ]
  184. 邦画はもうドラマのスペシャル番組並みの存在に堕ちた
    あと、俳優も舞台出身が多くて演技が過剰
    舞台の様に遠くから観る分には、派手な演技や大きい動きが大切なんだろうけど、映画には映画の演技があるだろうに…
    [ 2020/12/06 12:02 ] [ 編集 ]
  185. 黒澤監督は映画のルールというか型のようなものを作ったよね。いまの映画はソレを抜けられずに紋切り型にハマってる感じだけど。ルール通りに作るのが楽でいいんだろうけどね。
    [ 2020/12/06 12:05 ] [ 編集 ]
  186. それなのに日本実写映画業界のこの落ちぶれっぷりは泣けてくる。
    クロサワを受け継ぐものは日本におらず、海の向こうにいた
    [ 2020/12/06 12:49 ] [ 編集 ]
  187. なお今の日本映画は・・・
    [ 2020/12/06 12:52 ] [ 編集 ]
  188. 崔が日本映画監督協会の理事長に居座ってるもん。
    [ 2020/12/06 13:04 ] [ 編集 ]
  189. 邦画もだけどさ
    ドラマのノウハウ持った製作スタッフ追い出して
    安いドラマお隣の国から買ってきて必死に売ってる日本のメディアって…
    そら映画だろうがドラマだろうが実写に優秀な人材集まらんわな
    [ 2020/12/06 13:12 ] [ 編集 ]
  190. 映画やドラマもユーチューバーが作り始める時代になるかもね
    [ 2020/12/06 13:15 ] [ 編集 ]
  191. 影響と都合の良い言い方をするな、パクリだ。
    昔から、じろじろ見る癖があるが、自己中なので理解力がない。

    [ 2020/12/06 13:22 ] [ 編集 ]
  192. 七人の侍を模した荒野の七人には驚いたな

    セリフまで一緒で見る前から結果が見えたよ
    [ 2020/12/06 13:32 ] [ 編集 ]
  193. オマージュって奴じゃないの?
    [ 2020/12/06 13:57 ] [ 編集 ]
  194. 9センチじゃ太刀打ちできなかったニカ
    [ 2020/12/06 14:13 ] [ 編集 ]
  195. 日本映画っつうか、黒澤映画だな。
    黒澤監督がひとりでバカ凄い神なだけで、ほかはふつうだろ。
    海外で「影響を受けた」なんて話題に出るような奴、黒澤映画以外になんかあるか?
    [ 2020/12/06 14:13 ] [ 編集 ]
  196. ユーリオンアイスの時もなんか騒いでたな
    攻殻機動隊とかドラゴンボールとかモンスターとか
    今やハリウッドで映画化検討されるものがアニメ作品であること考えると
    漫画やアニメに人が流れてるのは本当だろうね
    [ 2020/12/06 14:19 ] [ 編集 ]
  197. ディズニーがやるとパクりの印象が強すぎてダメだ。
    こいつらにはリスペクトが無い。著作権料払わされるとでも思ってるのだろう。
    [ 2020/12/06 14:22 ] [ 編集 ]
  198. ※195
    作品ではゴジラとかあるけどね
    リングもリメイクされるほど受けたな
    ブラッディメアリーの心霊動画とか一時期貞子みたいなのばかりだったし
    あとはロシアやEUでは北野武の根強いファンがいるか
    [ 2020/12/06 14:30 ] [ 編集 ]
  199. 三船敏郎が行き詰っていた時代にハリウッドから或る映画絵の出演を依頼された。しかし、題名を聞いて三船は不愉快になり断ったとか。
    その題名なんだが「宇宙大戦争」と日本語訳されていたとか。
    で、三船は「そんな子供騙しの映画に世界の三船が出られるか!フザケルナ!」と言ったところかな?
    しかし、その映画が「STAR WARS」で、黒沢の大ファンだったルーカスは三船にジェダイの役を是非ともと依頼してきたのだが… だからSTAR WARSのレアものフィギアの中にジェダイのマスクを取ると素顔が明らかに三船のモノがある。
    もう少し「その時」に三船に精神的な余裕が有ればなあ…弱り目に祟り目で後悔しきりだったとか。
    その後、同じく黒沢信者のスピルバーグの出演依頼を受け、三船は飛びついたが、その映画が「1941」と言う駄作戦争コメディで、三船のイメージと言うか価値をダウンさせる結果になってしまったとか...
    まあ、人生なんてそんなモノなんだろうけれどな...
    [ 2020/12/06 14:48 ] [ 編集 ]
  200. ※5
    黒澤明は本当に神!日本人は自国の宝を知らなすぎ!
    とか言ってる奴が小津や溝口は全然見てなかったりするんだよなぁw
    今村昌平なんかカンヌで二度パルムドール獲ってるけど一本でも見てるか?
    歴史上で8人しかいないし、アジアで唯一の実績だぞ?

    ちょっと黒澤を何本か見た程度で「日本人」相手にマウントとるのは滑稽だよ
    [ 2020/12/06 15:19 ] [ 編集 ]
  201. ※195
    小津作品を知らんのか?
    特に「東京物語」は向こうで5作くらいリメイクされているぞ

    [ 2020/12/06 15:45 ] [ 編集 ]
  202. オマージュするにしても背景が屋内で、まるで理解ってない
    [ 2020/12/06 15:57 ] [ 編集 ]
  203. 映画が苦手な自分でも、椿三十郎は最後まで見てしまった
    あれは面白い映画である
    [ 2020/12/06 15:57 ] [ 編集 ]
  204. 香港映画の影響でワイヤーアクションが流行した時期もあった。
    そのうちインド映画の影響も受け、
    象徴的心理表現として踊りまくる映画も作られるだろうw
    [ 2020/12/06 16:00 ] [ 編集 ]
  205. みんなで座頭市みようや
    [ 2020/12/06 16:26 ] [ 編集 ]
  206. ※201
    「影響を受けた」(=自分の作品に要素を取り入れた)と、
    リメイクじゃ全然違うだろ。
    [ 2020/12/06 16:30 ] [ 編集 ]
  207. スターウォーズは全部見たけど、黒澤作品は七人の侍しか見たことない。でもそういう日本人は珍しくないと思う。外国人の方が古い日本映画よく知ってるのな。
    [ 2020/12/06 17:12 ] [ 編集 ]
  208. ※24
    新三部作でルーカスが来日した時に「週刊文春」の対談でインタビュアーの阿川佐和子が、「ジェダイ」と「時代劇」の発音が似ている事について尋ねたら、それは少し意識しましたと、ルーカスは答えていた。
    [ 2020/12/06 17:24 ] [ 編集 ]
  209. ディズニーって長崎原爆の日に「何でもない日おめでとう」って発言してたけど、日本に影響受けた人の映画大丈夫なの?
    [ 2020/12/06 17:42 ] [ 編集 ]
  210. ※184
    TVだけど昔の初代・松本白鸚とか萬屋錦之介辺りは過剰とまで言えないし、良い感じだったんだけどね。
    自分も初代白鸚の息子で有る二代目・中村吉右衛門の鬼平の演技辺りからあまり好きでは無いな。
    中村芝翫とかも演技過剰だけど、本人の所為なのか、監督の所為なのかははっきり分らない。
    [ 2020/12/06 17:47 ] [ 編集 ]
  211. 邦画はいつまで黒澤なんだか🤣
    パヨの巣窟と化し真剣に映画を作ろうとすらしない
    [ 2020/12/06 17:51 ] [ 編集 ]
  212. 映画の資金を出す方がそのパヨばかりなんだから仕方が無い。
    [ 2020/12/06 17:55 ] [ 編集 ]
  213. ※192
    最後の台詞もだいたい一緒なんだけど
    あれを勘兵衛じゃなくて農民に言わせるところが
    外人わかってねえなーと思う
    [ 2020/12/06 18:44 ] [ 編集 ]
  214. 欧米のヤングアダルトノベルを読めば日本文化をベースにした設定をよく見かけるけど、逆に日本の小説に欧米の文化(神話、宗教、古典など)を参考にしてないものがどれだけあるのか、池波正太郎とかそっちしかない。それを考慮すればこんなのお互い様で終わりだ。
    [ 2020/12/06 18:54 ] [ 編集 ]
  215. 日本は今年の鬼滅と言い、完全に主導権はアニメに移ったね
    アニメーターの労働環境もメキメキよくなってる
    [ 2020/12/06 18:54 ] [ 編集 ]
  216. クリエーターの人がオマージュするのは良く分かるし良いものは模倣したくなるしね。ただそれを隠してオリジナルでございますな態度取るのが剽窃、盗作と言われる行為。ライオンキングみたいなのは恥ずべきレベル。逆に鬼滅の最終巻の無残様最終形態がAKIRAのオマージュなのははっきり分かりやすい。あれはパクリとは言わないわけです。
    [ 2020/12/06 19:06 ] [ 編集 ]
  217. ※206
    小津や溝口に影響受けたって有名映画監督がどれだけいるのか知らんのかw
    スコセッシは「今村監督はマスターです」って言ってるし
    みんな大嫌いな三池崇史もタランティーノやパク・チャヌクに影響与えてる

    黒澤以外はマトモな映画作ってないって意見って
    手塚以外の漫画は全部ゴミって言ってるのとレベル変わらんよ
    単にそれしか知らない無知な権威主義
    [ 2020/12/06 19:08 ] [ 編集 ]
  218. 映画大好き外人はクロサワで大騒ぎするけど
    殆どの日本人はそこまではクロサワには傾倒しておらず、それどころか氏を知らない世代も多い。
    [ 2020/12/06 19:08 ] [ 編集 ]
  219. マトリックスも日本のアニメの攻殻機動隊からインスパイアされた
    [ 2020/12/06 19:24 ] [ 編集 ]
  220. ピクサーのラセターも宮崎駿からガッツリ影響受けてるしな
    鬼滅が売上どれだけ上げてもそうはならない
    [ 2020/12/06 19:32 ] [ 編集 ]
  221. 今役者の演技が酷いと言うけど脚本がクソすぎんだよな。オチが見えたり、

    リアルにかけたりして全然引き込まれない。
    [ 2020/12/06 19:37 ] [ 編集 ]
  222. ※220
    さりげなく鬼滅批判すんなよ。
    ワンピースとかもそうだけど深いテーマがなく大衆向けだから売れる。
    アナ雪だって別にパクられる内容ではないし、近年の売れた作品は大体そういうもん
    [ 2020/12/06 19:42 ] [ 編集 ]
  223. 太刀を脇差を差すのは、場所によって獲物の長さの差で有利不利が変わるからだが。
    特に脇差は、投擲術などで離れた相手に投げて刺すのにも使われた。

    二刀流なんてメジャーすぎて誰が作ったかなんて意味ないわ
    そもそも、宮本武蔵の書にすら「二刀流に固執するな、戦う場によって獲物は選べ」って書いてあるのに
    [ 2020/12/06 19:42 ] [ 編集 ]
  224. ※222
    >ワンピースとかもそうだけど深いテーマがなく大衆向けだから売れる。

    それって言い換えると低レベルだから売れたって事なんよ
    クリエイターに影響を与えるほど高レベルのものを300億売るのは
    売上が同じだとしても、意味が全然違う
    [ 2020/12/06 19:51 ] [ 編集 ]
  225. るろうに剣心の実写版を見てそれが持ち上げられてたのをときに日本の時代劇は終わったな、と思った
    シンゴジラを見て、それが持ち上げられてたのを見たとき日本の特撮映画は終わったなと思った
    [ 2020/12/06 20:22 ] [ 編集 ]
  226. ※66
    >昔は実写邦画も良い物作ってた

    60年代後半~70年代辺りに、日本人を弾圧するための支配組織が作られていったからね。
    イギリスのとチャイナのと、それでも足りなければさらに追加で、北コリア出身で日本人に敵意を向けてるコリアンが、日本で会長やってたりするような業界だよ。
    [ 2020/12/06 20:45 ] [ 編集 ]
  227. 三船敏郎は引き受けなくて良かったと思う。
    三船敏郎が引き受けていたら、新三部作からのオビ=ワン役かダース・ベイダー役がアジア系の俳優になってたかもしれない。
    渡辺謙がキャスティングされるのが理想だけど、韓国系がキャスティングされる可能性もあるから。
    [ 2020/12/06 20:45 ] [ 編集 ]
  228. るろ剣はましだっただろ、コリア要素は原作続編とかまだ裏方の方で、中身はそこまで酷くなかった。

    新ゴジラや日本沈没2020みたいに、コリア妄想プロパガンダ全開ってわけじゃない。
    [ 2020/12/06 20:47 ] [ 編集 ]
  229. 日本はアメリカのものをパクってるけど、
    アメリカも、日本のものを大規模にパクってるってこと。

    中韓は他国のものをパクるだけで生み出すことをしない。
    [ 2020/12/06 20:50 ] [ 編集 ]
  230. 最初から影響受けましたって言っとけば
    この監督もあの作品が好きなんだって原作品のファンに共感持たれ
    オマージュやパロディとして認識され、パクリとか攻撃されない
    [ 2020/12/06 21:18 ] [ 編集 ]
  231. 馬鹿の一つ覚えみたいにクロサワクロサワ言ってないで岡本喜八も観ろ
    [ 2020/12/06 21:21 ] [ 編集 ]
  232. ※217
    お前が映画好きなのはわかったし、
    かおまっかにして力説してくれてるところ悪いが、
    黒澤以外マトモな映画撮ってねえとまでは言ってねえからな?

    あとスコセッシとかパク・チャヌクとか知らん監督を引き合いに出されても、俺が知らん程度にしか有名でない監督じゃ説得力ないぞ。
    [ 2020/12/06 21:30 ] [ 編集 ]
  233. ※161読む限り、ルーカスは本当に黒澤が好きなんだろう。
    なにか策略があるとかではなく。

    [ 2020/12/06 21:36 ] [ 編集 ]
  234. ほかの事ならいざ知れず、こと映画の分野の話で
    「日本凄い!韓国はカス!」論を持ってくるのは
    単にモノ知らないバカです、って自己紹介してるのと変わらんよw
    [ 2020/12/06 21:38 ] [ 編集 ]
  235. >>232
    スコセッシを「知らん監督」「有名でない監督」扱いは草
    [ 2020/12/06 21:40 ] [ 編集 ]
  236. それはただの構図であって影響は受けたんだろうけど
    構図のみをもって影響を受けたとは言いがたい
    [ 2020/12/06 22:02 ] [ 編集 ]
  237. 骨太時代劇がみたい
    芸能界もテレビ局もいつの間にかこれだけ侵食されていると
    伝統や日本らしさ のものは嫌われるだろうね
    学芸会みたいな時代劇嫌だしなあ
    [ 2020/12/06 22:08 ] [ 編集 ]
  238. どっちかというと
    座頭市の方かと思ってた
    子供との珍道中みたいなエピソード多かったから
    [ 2020/12/06 22:41 ] [ 編集 ]
  239. >>60
    古い黒白映画を堪能したければ、パイオニアが出していたKUROを探すことをお勧めする
    黒色発色に特化してるので黒白の解像度、明度が段違いで、往年の映画館ばりの迫力で楽しめる
    2007-2009年の製造だが、まだ中古がみつかるし、パイオニアによるオーバーホールも去年までは可能だった(そろそろ部品も尽きるかも)
    VIERAの第10世代以降に技術が継承されてると言うが、どこまで反映されているかは不明
    俺が使っ良かったソフトはDVD/BRDはクライテリオン版
    どこかで見かけたら映像を観てみるといい
    [ 2020/12/06 22:56 ] [ 編集 ]
  240. 日本の映画にしろTVドラマにしろ、’80年代からもうすでに終わっていたと思うけどね。漫画やアニメの方が丁寧に作られてたよ。
    [ 2020/12/07 00:02 ] [ 編集 ]
  241. >>159
    「ロボコップ」のビジュアルは宇宙刑事シリーズの影響を受けている
    と思うが、元々は’60年代の日本アニメ「エイトマン」(原作は平井和正作、桑田次郎画の漫画)。ギャングに射殺された有能刑事の脳を
    ロボットの体に移植してサイボーグ化するという設定が全く同じ。
    その点を日本の映画関係者に指摘されたロボコップのプロデューサーは「設定が似ているということはあり得る。リア王とクロサワの乱が同じということはキミも知ってるだろ?」とはぐらかしたとか。
    そもそも「オズの魔法使い」の元ネタが西遊記だからなー。
    [ 2020/12/07 00:14 ] [ 編集 ]
  242. ここで日本サゲしてるチョーン鮮人よ、お前らもこないだ米アカデミー賞取ったじゃないか。
    「寄生虫」だっけか…?
    誇りに思えよ。
    [ 2020/12/07 01:20 ] [ 編集 ]
  243. >>スコセッシとかパク・チャヌクとか知らん監督を引き合いに出されても

    映画にさほど詳しくない自分でも、スコセッシ監督くらいは知ってる
    [ 2020/12/07 01:40 ] [ 編集 ]
  244. 映画はねー鬼滅のようなアニメくらいしか、世界に先んじてないよねー。
    最近の日本映画見ても時間の無駄だもの。
    [ 2020/12/07 03:52 ] [ 編集 ]
  245. >>244
    映画業界はカネがない事を言い訳にしてイデオロギーの闘争に明け暮れ広告代理店の戦略に従ったモノだけが宣伝されその出来如何に関わらず賞を取り評価されるんだからそうなるわ。映画界は才能がある新芽が憧れる業界じゃなくなったって事だよ。別に日本に限ったことじゃないけどね。
    人材危機は20年後に訪れる。その兆候が見られたらすぐにでも反省し新陳代謝しなきゃならないんだが既に手遅れな程腐敗が進んで既得権益化しているから大抵免れることはできない。
    これもある意味自然淘汰なのだろう。まぁ滅亡することは無いだろうから環境が変動したり或いは突然変異が起こればまた繁栄するかもしれないけど何時になるだろうね。
    [ 2020/12/07 09:32 ] [ 編集 ]
  246. アニメ映画が席巻すればするほど、逆に古き実写邦画が輝くわ
    [ 2020/12/07 11:09 ] [ 編集 ]
  247. 子連れ狼と聞くとごっつええ感じのコントが連想されてしまう30代前半の者です。
    [ 2020/12/07 11:41 ] [ 編集 ]
  248. ※127
    同意だけど、ダミーオスカーの実写版はちょっと厳しいな(笑)
    [ 2020/12/07 11:58 ] [ 編集 ]
  249. 西部劇を別物のように語っているけど
    西部劇こそクロサワの最初のぱくりだぞ。
    [ 2020/12/07 12:39 ] [ 編集 ]
  250. 日本映画って音量がおかしい
    人物が小声で話してたら全く聞き取れない上に、急な効果音(ヘリの音とか)が爆音すぎてビクッとなってイラつくことが多々ある。
    あれ何とかならんのか?無理なら字幕でもつけろw
    [ 2020/12/07 15:19 ] [ 編集 ]
  251. 七人の侍はクライテリオン版ブルーレイが一番画質がいいね
    値段も安いしお勧め
    [ 2020/12/07 15:39 ] [ 編集 ]
  252. 西洋の二刀流って言えば利き手はサーベルかレイピア、もう一方の手にダガーナイフの組み合わせ

    ダガーナイフで相手の攻撃を跳ね返したりいなしたりしつつ、ときには相手の利き腕を狙ってダガーナイフで切りつけたり胸や顔めがけて投げつけたりする戦法

    日本の刀も防御と攻撃に使われてた。飛来する矢を払ったり、槍をはじく・いなす等しつつ、間合いを近くして鎧の隙間から傷つけたりする。その究極技が居合や小太刀。鎌倉時代から将軍の尿筒持ちを務め、将軍護衛の最後の砦と言われた公人朝夕人の土田家は代々小太刀遣いだった。
    [ 2020/12/07 17:00 ] [ 編集 ]
  253. >>259
    日本でヒットしなかった黒沢映画が海外で受けたのは字幕があったから、と分析されてたなw
     
    黒沢映画の画は本当にかっこいいから時代を超えてオマージュしたくなる気持ちわかるよ
    [ 2020/12/07 20:45 ] [ 編集 ]
  254.  二刀流は日本の伝統的な戦い方じゃない。
      生み出したのはムサシというサムライで、
      レイピアとマインゴーシュの二刀流で戦った、
      ポルトガル人の船員に影響を受けたと言われている。 +7 アメリカ

     ■ その情報がどれほど正しいのか疑わしいな。 +2 カナダ

    当然のように知ったかするヤツとツッコミ入れるニキ
    自分は「武蔵の親父が十手術の使い手だったからなんだかんだで閃いた」と聞きました
    ソースはNHKのドラマです。信憑性は無くていいです
    [ 2020/12/07 21:14 ] [ 編集 ]
  255. >>248
    画・池上遼一作品だと、「I・飢男」は映画化寸前だったが、連載が長すぎて、企画ができた段階で、1億円を持ち歩く男は古すぎる…になってしまった。「クライング・フリーマン」は香港で二度、東映・アメリカ合作で1度映画化。「傷追い人」はOVA化。叶精作の「ダミーオスカー」は東映でR18として映画化されかかったが、キャスティングに難航して結局、企画倒れ。「子連れ狼」はハリウッドSF西部劇として脚本にOKまでだしたが、コンセプトを他作品に取られ、白紙に戻った。ちなみに換骨奪胎のその作品はトム・ハンクスの「ロードトゥ・パーディション」だという。
    [ 2020/12/07 22:20 ] [ 編集 ]
  256. スターウォーズへの1番の影響はダースベーダーの元になった伊達政宗の鎧だと思う
    [ 2020/12/07 22:37 ] [ 編集 ]
  257. >>シンゴジラを見て、それが持ち上げられてたのを見たとき日本の特撮映画は終わったなと思った

    シン ゴジラは過大評価だとは思うが、1984以降一番まともな出来のゴジラ映画だとも思う
    [ 2020/12/08 01:53 ] [ 編集 ]
  258. ダースベイダー役を断った三船,,,,,,,,,,
    [ 2020/12/08 04:24 ] [ 編集 ]
  259. 日本映画の影響っていっても殆どが黒澤明の影響じゃん。
    60年代以降の日本映画には碌な物がない。
    [ 2020/12/08 11:33 ] [ 編集 ]
  260. 時代劇と西部劇は互いに影響されながら育っていった経緯があるんでどちらにも似たような要素があるんよ。だから時代劇を参考に制作しても西部劇のファクターも当然含まれるわけ。日本でも西部劇をモチーフにした作品が結構多いのは西部劇に含まれた時代劇要素がしっくりくるからよ
    [ 2020/12/08 11:47 ] [ 編集 ]
  261. いや、それよりもハリウッドが中共の影響を受けすぎだろ
    なんとかしろよ
    [ 2020/12/08 12:05 ] [ 編集 ]
  262. ヒュンダイ>ジェダイニダぞ
    ウェーハッハ
    [ 2020/12/08 12:38 ] [ 編集 ]
  263. 武蔵が、一般的な侍の戦いかたしてなかったからって、無理やりポルトガル人の真似した記述なんてなきし、こじつけだろwww
    [ 2020/12/08 13:33 ] [ 編集 ]
  264. >>199
    「1941」は自作を含む大パロディ映画で、あの時代のアメリカ軍人を
    思い切り皮肉ってるから面白かったけどな。まあ、潜水艦長の三船や、
    ナチス将校もバカ扱いしてる映画だから、三船ファンは苦々しいだろうが駄作とは言えないんじゃないか?同じ監督の大戦映画「太陽の帝国」の方が、退屈だった。ガッツ石松、座布団山田隆夫は出てるしな。
    大英も大日本もドイツ第三も帝国と名の付く国はは碌なもんじゃねえという映画だった。


    [ 2020/12/08 17:32 ] [ 編集 ]
  265. ♪足ランティーノの場合は~♪余りに~もお馬鹿さん♪(^^♪

    (^^♪フカサクキンジの場合は~♪余りに~も食エンティン♪
    [ 2020/12/08 17:39 ] [ 編集 ]
  266. ※5
    日本人はみんな宝だって知ってるけど日本映画協会の会長は日本人じゃないからね
    崔洋一がトップで映画界を仕切ってる間は黒沢・小津・円谷とかがその価値に見合う扱いを受ける事は当分無いよ
    そして万引き家族や新聞記者みたいな崔の左翼思想仲間の内輪受けに日本アカデミー賞で飾りつけして世間に脳内勝利しつつ「何で今の映画界はアニメ映画しかヒットしないんだ?」とか言ってるんだよ
    [ 2020/12/08 23:17 ] [ 編集 ]
  267. まー、黒澤明だってシェイクスピアの影響を受けてるからな。
    でも一応、著作権のある子連れ狼の原作者の名前は「原案」としてマンダロリにクレジット入れておけ。そうすれば後でパクリだ何だと言われなくて済む。
    [ 2020/12/09 00:43 ] [ 編集 ]
  268. >>255
    小池氏は、さいとうたかおプロのシナリオライター募集で採用されて、
    「ゴルゴ13」「無用ノ介」「影狩り」などを手掛けたとか。
    なるほど、ゴルゴの初期作品を読むと、ゴルゴは結構多弁で、小池流の
    キャラ付けをしていると思われるよね。ところで以前、雑誌インタビューで小池氏が「ゴルゴの最終回はさいとう先生と一緒に考え、決まっている。ストーリーは先生が保管している。内容は最終回を迎えるまでは言えない。男の約束」と話しているけど、シップの社員だったら聞いたことない?一部の村塾関係者には漏らしているらしいんだが…
    最近のゴルゴは超人化して、歳をとらないサザエさん化しているんで、
    そろそろ連載終了した方がいいと思うんだが…
    [ 2020/12/09 12:12 ] [ 編集 ]
  269. 今の技術だったらモノクロをカラーにできるんだよね
    7人の侍とか4Kにアップコンバートしてリバイバル上映すれば
    客入るんじゃない?
    [ 2020/12/09 16:43 ] [ 編集 ]
  270. ジョージ・ルーカスが大の日本映画好き、日本文化好き、日本贔屓だから、様々な日本の文化的なものをベースにしてスターウォーズが描かれたのはわかる気がする。
    でもディズニーが販権握ってからはルーカス関わってないよね?
    ディズニー戦略で中国製ベビーヨーダ人形とか売り付けまくって、ポリコレ黒人主演だらけで、商業的にしか観られなくなったわ。
    [ 2020/12/10 23:15 ] [ 編集 ]
  271. 刺身にしてやる
    7)「刺身にしてやる」
    数ある黒沢映画のうちで好きなセリフです。
    言いながら出刃包丁を腰に差す、しびれますねえ。
    名なし(イーストウッド)は言っていませんねえ、字幕でいいからつけてくれませんかねえ。
    「サシミにしてやる」しびれますねえ。
    [ 2020/12/11 13:02 ] [ 編集 ]
  272. チャンバラやってるけど基本的には騎士物語だろあれ
    隠し砦とか黒澤を全面的に取り入れデザインも
    石森系東映特撮から盗んではいるけど
    白人にカンフーの完成が無いとよく言われるように
    サムライも忍者像を歪めたように理解はしてないと思うぞ
    [ 2020/12/12 10:22 ] [ 編集 ]
  273. 吊るされてる東野英治郎まで再現(磔風だけど)してるのは凄い
    [ 2020/12/13 10:50 ] [ 編集 ]
  274. >>265
    (ーー;)うう…新谷のり子かよ…あんた幾つ?
    彼女、ホントはシンタニじゃなくてアラヤが本名なんだが、
    アラヤノリコだと、某大御所歌手と発音が似て紛らわしいんで
    シンタニノリコにしたんだぜ、フランシーヌ。
    [ 2020/12/13 22:37 ] [ 編集 ]
  275. ※184
    激しく同意
    説明的なワザとらしい脚本と、ワザトラ演技
    学芸会レベル、吐き気がするんだわ
    「民放テレビ延長ドラマ」に金払って観に行くかっての

    ※266
    崔な、、、崔洋一。「アレ「」を押し上げ持て囃す
    腐れ支鮮メディアと支鮮財界ってとこかな

    銭勘定のみの、腐れ廃退邦画連発ってとこじゃ
    ハリウッドに負けてないかもな(枯草
    [ 2020/12/14 10:56 ] [ 編集 ]
  276. 其の内に
    コーノム・サシィノ・カーミモロノゥの要塞に、47人のレッド・ジェダイが切り込む忠義と復讐と友情の
    『GANADEHONN』

    とかが出来上がるさ・・・
    [ 2020/12/15 14:58 ] [ 編集 ]
  277. ジャングル大帝をパクったライオンキング
    ナディアをパクったアトランティス
    戦国自衛隊をパクったファイナルカウントダウン
    復活の日をパクったアンドロメダ病原体……
    え?マドンナたちのララバイ?宇宙からのメッセージ?…うn、忘れた
    [ 2020/12/16 03:56 ] [ 編集 ]
  278. >訳のわからんSF物よりも、アメリカが一番輝いていた頃の映画を全力で作って欲しい。
    ポリコレ「だめだぞ。」(無慈悲)
    [ 2020/12/17 16:07 ] [ 編集 ]
  279. ワイには日本映画のすばらしさみたいな才能はぴくちり無いけど、
    こうして褒めてくれると、素直にうれしいわ
    [ 2020/12/19 23:26 ] [ 編集 ]
  280. 鬼滅は大ヒットしただけあってありとあらゆる年齢層に受けてるけど
    実写映画関係者は鬼滅が年配層のチャンバラ時代劇需要まで吸い取ってるのを
    ちょっと危惧した方がいい
    時代劇はアニメで充分な時代がもう来てしまっている
    [ 2020/12/22 01:43 ] [ 編集 ]
  281. 参考にして良い作品が出来るならいいんじゃない♪ 前もって言う必要もないし聞かれたら尊敬の意を込めて答える。それで充分じゃないか。何処起源とかはもううんざりだ。
    [ 2020/12/25 07:08 ] [ 編集 ]
  282. ものづくりなんて、みんなオタクなんだよ。

    だから、70年代から、優秀なやつは、

    日本のアニメ漫画の影響を受けているよ。

    [ 2020/12/25 07:36 ] [ 編集 ]
  283. ハリウッドで日本の影響受けてないプロデューサーやディレクター探す方が難しいだろうに。
    [ 2020/12/26 08:23 ] [ 編集 ]
  284. 万田はん!
    [ 2020/12/26 10:51 ] [ 編集 ]
  285. マイナーなハリウッド映画の中にはマイナーな日本アニメのパクリとしか言いようのないのが何本もある
    [ 2020/12/27 12:04 ] [ 編集 ]
  286. ジェダイはジエイタイじゃないのか
    [ 2020/12/28 09:57 ] [ 編集 ]
  287. 日本じゃもう殺陣できる若い役者いないし、海外で保存してほしいわ
    [ 2020/12/28 15:49 ] [ 編集 ]
  288. 日本がどうこうよりも黒澤明が天才だったという方が正しいだろうな。
    結局、黒澤ほど有名な監督は出せなかった。
    日本映画はアニメで生きていくしかなさそう。
    [ 2020/12/28 15:56 ] [ 編集 ]
  289. 当時の黒澤リスペクト作品はマジでほぼ丸パクリなのほんと笑える
    荒野のってつければいいわけじゃねーから!w
    [ 2021/01/14 03:30 ] [ 編集 ]
  290. 崔が12年間日本映画監督理事長に居座り続けてるよ。
    [ 2021/03/05 09:57 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサード リンク
検索フォーム
最新記事
ランダム記事
スポンサード リンク



ブログパーツ アクセスランキング