fc2ブログ

パンドラの憂鬱

外国メディアの記事などに寄せられた、海外の反応をお伝えします


海外「日本との差が酷すぎる」 NYT紙が『鬼滅の刃』と日本のコロナ対策の成功を大特集

今回は、大ヒット中の映画「鬼滅の刃」に絡めて、
現在の日本のコロナの状況を取り上げた、
米ニューヨーク・タイムズ紙の特集記事からです。

早速ですが以下が要点になります。

「アメリカでは、映画館が開いているとすれば、
 空席の海の中で作品が上映されるだろう。
 しかし日本では、とあるアニメ映画が、
 日本史上最大の週末興行収入を記録していた。

 大ヒットした漫画を原作とする『鬼滅の刃 無限列車編』は、
 ファンはもちろんのこと、客足を取り戻したい映画関係者、
 その双方から数ヶ月前から熱い期待が寄せられていた。

 いざ公開されると、全ての期待を上回り、
 340万人以上がチケットに4400万ドルを支払った。
 この作品は日本国内でしか公開されていないにもかかわらず、
 他の全ての国の週末興行収入を合わせた数字を上回っている。

 この映画の成功は通常の状況下でも異例と言える水準だが、
 現在のコロナ禍においては特別な意味があり、
 混雑した空間で見知らぬ人達と共に長時間座っていても、
 安全だと感じられるようになれば、
 観客がいかに早く映画館に戻ってくるかを示している。

 日本は新型コロナの感染者と犠牲者を少なく抑えており、
 欧米では再び感染が急増している一方で、
 東京では少なくとも表面的には日常がほぼ正常に戻っている。
 日本の政治家たちにとってこの驚くべき興行収入は、
 日本が今回のパンデミックを乗り切り、
 経済を立て直そうをしている事を示すバロメーターとなった。

 日本では強制的なロックダウンは行っておらず、
 マスクを着用しなくても罰金は科されない。
 国の啓発キャンペーンは、マスクを着用し、
 頻繁に手を洗い、当局が「3密」と呼ぶ物に重点を置いた。
 そして、国中の人々が積極的にそれらを守っていた。

 22歳の日本人女性は、
 『コロナが落ち着いた9月から映画をまた観るようになりました』
 とした上で、以下のように語ってくれた。
 『人々が適切な予防策を講じている限り、
  感染を心配する事はありません』」


 
以上です。
アメリカでは大半の映画館が営業を再開していますが、
ニューヨークなどの大都市では現在も閉鎖されたまま。
コロナ禍でも日本人が安心して映画館に足を運び、
その結果空前の大ヒット作が誕生したことに、
アメリカ人から驚きと羨望の声が寄せられていました。

海外「日本には名作が多過ぎる」 日本映画TOP10ランキングが大反響

735735353.jpeg




翻訳元(シェアページからも)




■ こっちの映画館にはただただ空席があるだけなのに、
  日本のアニメ映画は史上最大の興行収入をあげていた訳だ。




■ コロナに関して有能な対策をしてる国は、
  こうやって映画を楽しむ事だって出来るんだよ。 +10




■ 「鬼滅の刃」がNYTのヘッドラインを飾ったぞー。 +13




■ 日本人なら映画館でもしっかりマスクを着用してるはず! +2




■ テレビシリーズをNetflixで観たよ。
  良かった。本当に、本当に素晴らしい作品だった。 +3




■ 日本はコロナをかなり早い段階で抑えていた!
  それはつまり、国のトップの違いなんだ。 +4




■ いやいや、この状況でまだ映画館に行く人がいるの?



   ■ マスクをちゃんと着用したり、
     社会的距離を守る国民がいる国ではね。 +3



■ 興行収入の面で世界一を記録したようだけど、
  アメリカの映画館は閉鎖されてるんだから、
  そこまでの快挙ではない気もする。




■ 日本の人口の3%に当たる340万人が、
  「鬼滅の刃」のために週末に映画館まで足を運んだとは。
  彼らは映画を観るべくコロナに逆らったんだ。 +44




■ 「鬼滅」の映画、俺も早く観たくて仕方がない!😍




■ パンデミックの中で日本ではアニメが、
  そうアニメがだ、アニメが興行収入の記録を打ち立てた。
  「アナ雪2」を"滅した"と言うんだから大したものだ。 +17

「日本の作品は別格だよ」 英紙『日本のアニメを真剣に観るべき理由』が話題に




■ これはニューヨーク・タイムズが大体的に報じるような事なの?




■ 何と言っても素晴らしい作品だから。
  人々は教会に行って空想上の友達と語り合えるくらいなんだから、
  傑作を堪能出来るのは当然のことだろ。 +24




■ 向こうでは映画館が復活してるのか。日本との差が酷すぎるな。 +10



   ■ もちろん私たちには無理……。
     マスクを着用したくない人たちと、
     一緒に映画館の中にいたくもないしね。



■ この映画の成功を知って、物凄く嬉しくなったよ😶 +3




■ テレビシリーズは傑作だったもん。
  だからコロナ禍でも成功を収めたのは当然だと思う。 +4




■ 素晴らしい記事だけど、「コミック」じゃなくて「マンガ」ね。
  そして「カートゥーン」じゃなくて「アニメ」。
  それぞれのスタイルには大きな違いがあるから。 +1

海外「日本には本物の自由がある」 米国のアニメ規制に海外から驚きの声 




■ 制限のない全国的なビジネスのロックダウンは、
  利点よりも欠点の方が多いんだよ。
  日本人はそのことを良く分かってるんだ。 




■ 映画がこうして大成功を収めたわけだし、
  マンガの最終回を書き換えて、再開させようや。 +3
  


   ■ そうなったら嬉しい。でもまぁ、難しいだろ。



   ■ ちょっと待って。みんな最終回に納得してないの?
     私は凄く良い終わり方だと思ったけど。
     過去の戦いとか傷とかが永続的な影響を与えるような、
     意味のある結末を持ったマンガにようやく出会えた気分。
     エンディングは「ハッピー」なものだったけど、
     それが作品の雰囲気やメッセージに合ってた。 +3



■ 「鬼滅の刃」は傑作だから。その一言に尽きる❤️




■ 日本とトラベルバブル*を開始してほしい。
  もちろん「鬼滅の刃」の映画を観に行くためにw

 (*厳格な管理措置を受けずとも、往来を可能とする措置)




■ 日本は島国だから。
  コロナ対策が成功するのも当然なんだよ……!

「日本は島国だから独特なの?」 日本を象徴する1枚の写真が外国人を魅了



   ■ 加えて国民がマスクをしてルールを守るから……。 +5



■ とりあえず「鬼滅」は面白いからみんなも観た方がいいよ。 +2




■ この映画の成功は日本にとって良い事だね。
  コロナを制御出来てる日本に敬意を表します。




■ 少なくともこれだけは言える。
  「鬼滅の刃」は、世界的な映画館の倦怠感を打ち破ったんだ。





関連記事
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑皆様の応援が、皆様が考えている以上に励みになります。


コメント欄の管理を担当していた副管理人が体調不良となり、
時間的に管理人がその仕事をフォローする事は難しいため、
一時的にコメント欄を閉鎖させていただきます。
ご迷惑をおかけいたしますが、ご了承ください。
[ 2020/10/21 23:00 ] 社会 | TB(-) | CM(-)



ブログパーツ アクセスランキング