FC2ブログ

パンドラの憂鬱

外国メディアの記事などに寄せられた、海外の反応をお伝えします


海外「まるで日本人のようだ…」 日本原産のミツバチの必殺技がカッコ良すぎると話題に

日本全国及び東・東南アジアに広く分布するオオスズメバチ。
日本に生息するハチ類の中で最も強力な毒を持っており、
攻撃性も高いことから、非常に危険な種として知られています。

そのオオスズメバチが昨年12月にワシントン州に上陸。
今年5月に入ってGoogle急上昇ワードで全米5位を記録すると、
欧米の大手メディアもこぞってオオスズメバチを取り上げ始めるなど、
現在海外で非常に大きな話題になっています。

オオスズメバチが世界的な話題になった事を受け、
英インデペンデント紙やデイリー・メール紙などは先日、
この恐ろしい生物に時に対抗も出来る存在として、
「熱殺蜂球」という必殺技を持つニホンミツバチを取り上げました。

「熱殺蜂球」は、数百匹のミツバチがオオスズメバチを球状に取り囲み、
飛翔筋を震わせて発熱し、蒸す事でスズメバチを絶命させる攻撃行動。
攻撃時、蜂球内の温度は46~47°Cという高温になるのですが、
これは、ニホンミツバチが50度近くまで耐えられるのに対し、
スズメバチは45度と、若干上限致死温度が低い特性を利用しています。

この知的な攻撃と団結心に、日本的なものを感じる外国人が続出。
様々な声が寄せられていましたので、その一部をご紹介します。

「これが日本人なんだ!」 豪雪の中でも助け合う日本人の姿に海外から感動の声

45357357355.png




翻訳元(シェアページからも)

https://www.youtube.com/watch?v=GbMLzSMJ12U



■ うぉー、メチャクチャかっこいい!
  ニホンミツバチ、君たちは最高だ!!! +8 アメリカ




■ この必殺技を使えるのはニホンミツバチだけなんだよな。
  セイヨウミツバチには出来ないんだ。 +13 チリ




■ 日本ではミツバチでさえ、より賢くなるようだ。 +3262 アメリカ



   ■ 本当だな😭
     世の中そういう風に出来てるものらしい。 +109 アメリカ



   ■ こっちのミツバチと比べると、
     日本のミツバチは賢そうな顔してるわ。 +344 ベトナム



■ ニホンミツバチ先生をこっちに招聘して、
  アメリカのミツバチに必殺技を伝承してもらおうや。 +1455 アメリカ




■ 「我々は個々では肉体的に劣るかもしれない。
   しかし、団結力でその差を乗り越えてみせる」 +11 南アフリカ




■ ニホンミツバチ、早く来てくれー! +6 アメリカ




■ あのミツバチたちは命を賭けて巣を守るんだな。
  「祖国の為に」という叫び声が聞こえてくるようだ。 +2575 国籍不明

海外「真の日本国歌だ!」 準国歌 『海行かば』の旋律に外国人も感動



   ■ 日本で言えば「テンノウヘイカバンザイ!」か。 +40 マレーシア



■ ここで養蜂家の俺が登場。
  ミツバチってこんなクールな生き物だったんだ😀 +101  ニュージーランド




■ ニホンミツバチの輸入は解決策にならないの?
  それかセイヨウミツバチもあの技を習得出来るかな? アメリカ



   ■ 遺伝子に組み込まれてないから無理。
     彼らはスズメバチみたいな巨大な敵に、
     今まで会った事がなかったんだから仕方ない。 +7 アメリカ



■ 日本は全てがゴジラ映画のように出来てるんだな。 +2 カナダ




■ 女王を守るために命を賭けて戦うミツバチたち。
  ヨーロッパのミツバチもぜひ参考にしてほしいね。
  力を合わせれば、何だって可能になるんだよ。 +11 イタリア




■ ニホンミツバチは華氏118度まで耐える事が出来、
  スズメバチは華氏115までしか耐えられない。
  だからニホンミツバチは華氏117度の熱を生み出す……。
  日本生まれはミツバチすら数学が得意かよ。 +3431 国籍不明

海外「心からの敬意を」 世界中の数学者が愛する日本製のチョークが話題に




■ こんなのアニメだったら一番盛り上がるトコやんけ。 +409 アメリカ




■ 自然を見てると、SF映画とかファンタジー映画とか、
  そういう作り物の必要性に疑問を覚えるわ。 +77 アメリカ




■ あの技をどうやって開発したんだろ。本当に謎で仕方がない。
  だって教える存在なんていないんだぞ?
  僅かな温度差を完璧に設定してるのも意味が分からん。 +17 国籍不明



   ■ 自然選択だね。
     遺伝子(知識)を残すために多くが犠牲になって、
     残ったものたちが引き継いでいくんだ。
     ニホンミツバチがあの技を生み出すまでに、
     数千世代はかかっただろうと思われる。 +14 カナダ



■ 嫁はブランケットであの技を俺に使ってくるわ。 +32  イギリス




■ ニホンミツバチをアメリカに大量輸入しよう。
  それしか今は解決策がないと思う。 +138 アメリカ




■ これは凄い。
  日本人の戦士は歴史を通じて強く、恐れ知らずだと知られてる。
  日本のミツバチもそれは変わらないんだね。 +211 アイルランド

海外「史上最強の兵士達だった」 日本軍の貴重なカラー映像に外国人も感銘




■ まさか蜂からチームワークの意味を教わるとは。 +5 アルゼンチン




■ ミツバチ「お前は喧嘩を売る相手を間違えた!!」 +18 アメリカ




■ 「なんてこった」としか言えん。
  日本で生を受けると蜂でさえ不可能を可能にする能力を得るらしい。
  この映像は本当に傑作だ。 +12 アメリカ



   ■ でも花の蜜を採集する事に関しては、
     セイヨウミツバチの方が優秀だよ。
     だから日本の養蜂でもそっちが多い。 +1 国籍不明



■ 最高にカッコいいじゃないか。
  このインテリジェンスと言い団結力と言い、
  まるで日本人のようだと言わざるを得ないな。 +15 マレーシア




■ 団結の力がいかに偉大なのかがよく分かる映像だ……。 +3 ヨルダン




■ 自分たちが耐えられるギリギリの温度まで上げて、
  侵入して来た敵を死に至らしめる。
  俺たちは彼らに敬意を抱くべきなんじゃないか?
  命がけで自分たちの家を守るんだぞ? +371 カナダ

「これが武士道の精神か…」 部下をかばい命を落とした自衛隊員に称賛の声




■ この技って要は、カミカゼだよね。 +21 アメリカ



   ■ 命を落とさないギリギリの温度で止めるから、
     カミカゼとはまたちょっと違うと思う。 +19 トルコ



      ■ スズメバチに飛びかかっていくんだから、
        間違いなく中心部にいる or 先鋒のミツバチは、
        自分達には明日がない事を覚悟してるよ。 +7 国籍不明



■ 自然は本当に偉大だ。
  この映像を観て、改めてそう思ったよ。 +24 ブルガリア





関連記事
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑皆様の応援が、皆様が考えている以上に励みになります。
[ 2020/05/25 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(300)




  1. 初めて知った時は驚いた
    この技はオオスズメバチが大群だと出来ないんだよな
    [ 2020/05/25 23:01 ] [ 編集 ]
  2. 韓国のミツバチは巣や仲間を捨ててて自分だけ敵前逃亡する卑怯者です。
    まるで韓国人そのものですね
    [ 2020/05/25 23:02 ] [ 編集 ]
  3. 実際は偵察個体を倒すだけで本隊が来たらどうしようもないわけだけどこういう戦法が残ってるってことはそれだけの戦法に見えてもかなり効果的なんだろうな
    [ 2020/05/25 23:02 ] [ 編集 ]
  4. 「熱殺蜂球」ってネーミングがいかにも必殺技って感じでかっこいい!
    [ 2020/05/25 23:03 ] [ 編集 ]
  5. イギリス人の嫁さん最高にかわいいな
    俺もそんな嫁さんがほしい
    [ 2020/05/25 23:03 ] [ 編集 ]
  6. ミツバチは大人しくて可愛いんだよな
    [ 2020/05/25 23:03 ] [ 編集 ]
  7. オオスズメバチという世界最大の蜂がいたから成長したんだろうな~
    [ 2020/05/25 23:04 ] [ 編集 ]
  8. スレ内容に関係ないけど
    みつばちハッチを思い出した。
    海外の方はご存知だろうか?
    [ 2020/05/25 23:04 ] [ 編集 ]
  9. ニホンミツバチ、可愛くて好き😍
    [ 2020/05/25 23:05 ] [ 編集 ]
  10. こないだセイヨウミツバチも熱殺蜂球らしいのを遣う様になったって記事を何処かで読んだ

    ひょっとしたら自得したか
    ニホンミツバチのDNAでも紛れ込んだか
    [ 2020/05/25 23:06 ] [ 編集 ]
  11. ゴレンジャーの必殺技みたいな味わいはたしかにあるね
    [ 2020/05/25 23:06 ] [ 編集 ]
  12. ニホンミツバチ数が減っているんだよね
    [ 2020/05/25 23:06 ] [ 編集 ]
  13. 斥候を倒して本隊を到着させない
    戦の習いとは人間も蜂も一緒なんだな
    [ 2020/05/25 23:07 ] [ 編集 ]
  14. ちなみにニホンミツバチは近年の異常な暑さ故に、養蜂家の用意した巣が暑すぎて、巣を勝手に引っ越して脱走したりするぞ。
    [ 2020/05/25 23:07 ] [ 編集 ]
  15. ミツバチ万歳
    [ 2020/05/25 23:08 ] [ 編集 ]
  16. 「熱殺蜂球」って必殺技名がカッコイイ
    [ 2020/05/25 23:08 ] [ 編集 ]
  17. 映像の最後の方パカパカしてるからポケモンショック起きるぞ
    [ 2020/05/25 23:08 ] [ 編集 ]






  18. カ  そいうえばそうだよ、今、一番欠けていること



    [ 2020/05/25 23:09 ] [ 編集 ]
  19. ミツバチ大好き❤
    [ 2020/05/25 23:09 ] [ 編集 ]
  20. ニホンミツバチの養蜂をやってる人もいるけど
    セイヨウミツバチと違って
    巣がちょっとでも気に入らない状態になると
    とっとと引っ越していってしまうそうで
    維持するのが大変だそうだ
    蜜を集める能力もセイヨウミツバチに劣るそうだし
    セイヨウミツバチの養蜂が主流なのも当然か
    [ 2020/05/25 23:09 ] [ 編集 ]
  21. 「熱殺蜂球」って必殺技の名前みたいだな。ロマサガとかでありそうw
    [ 2020/05/25 23:10 ] [ 編集 ]
  22. 日本ミツバチは巣を選り好みしすぎて、養蜂をやりにくい
    蜜は美味しいと聞いた事あるけど、違いって誰かわかる?
    [ 2020/05/25 23:10 ] [ 編集 ]
  23. マーヤとハッチはちゃんと観たことない
    [ 2020/05/25 23:10 ] [ 編集 ]
  24. しかし、よく撮影したよな。
    この種のカメラマンの撮影技術ノウハウは本当に凄い。
    [ 2020/05/25 23:11 ] [ 編集 ]
  25. だがこの技を使うと残りの寿命が半分ぐらいドンと減るらしい
    だからこの技を使うのは老い先短い年寄りミツバチで残る若者たちの為に戦う…と聞いたことがある
    [ 2020/05/25 23:11 ] [ 編集 ]
  26. >2
    そう。
    だから巣に来た偵察役を倒して本隊に巣の情報が届かないようにするんだね。
    生きて返すと全滅が待っているから。
    そして、これは女の戦いということも忘れてはいけない。
    女性は怒らせてはダメなんだよ・・・・・
    [ 2020/05/25 23:11 ] [ 編集 ]
  27. 米12
    同じような感じだけど、熱じゃなく窒息させるんじゃなかったっけ
    [ 2020/05/25 23:11 ] [ 編集 ]
  28. 団子状態になるためには数匹囮に飛び出すのがいるんだよね
    スズメバチがそれに気を取られて、捕まえ、くわえた瞬間に
    蜜蜂が一斉に密集してスズメバチを覆って団子になるの
    囮で犠牲になるのこそカミカゼと言えるだろう
    [ 2020/05/25 23:11 ] [ 編集 ]
  29. この熱殺蜂球に参加して生き残ったメンバーは余命が短くなっていて、次の攻撃では最も危険な中心部で戦うって部分まで含めて凄い。
    [ 2020/05/25 23:11 ] [ 編集 ]


  30. 売春婦ババァと売春婦支援団体は嘘つきだとバレて韓国は世界で笑われていますwww



    [ 2020/05/25 23:11 ] [ 編集 ]
  31. なんでも、ミツバチの中でも年長さんがメインでこの攻撃をやるんだってな、ドラマチックやねえ。
    [ 2020/05/25 23:12 ] [ 編集 ]
  32. これね
    初めて知ったときは感動したよ
    [ 2020/05/25 23:12 ] [ 編集 ]
  33. ニホンミツバチは熱殺蜂球があるけど
    セイヨウミツバチにも確か似たような技で窒息させる技があったはずだが
    それだとオオスズメバチ相手には通用しないらしいね
    [ 2020/05/25 23:13 ] [ 編集 ]
  34. ちょっと泣きそうになってしまった

    疲れているみたいだ
    みんなおやすみ
    [ 2020/05/25 23:13 ] [ 編集 ]
  35. 先遣隊を殺し損ねたら後続が来て巣ごと消滅だからね
    [ 2020/05/25 23:13 ] [ 編集 ]
  36. >嫁はブランケットであの技を俺に使ってくるわ。 +32  イギリス

    しれっとのろけてるのがいるぞw
    [ 2020/05/25 23:14 ] [ 編集 ]
  37. スズメバチがやってきたら熱でやっつけろとどうやったら遺伝子にコード化されるのか理解できない。ましてや攻撃で生き延びるのは働き蜂たちで、そいつらの成功がどうやって子孫に受け継がれるのか?
    考えると眠れなくなる
    [ 2020/05/25 23:14 ] [ 編集 ]
  38. 団子状態になるためには数匹囮に飛び出すのがいるんだよね
    スズメバチがそれに気を取られて、捕まえ、くわえた瞬間に
    蜜蜂が一斉に密集してスズメバチを覆って団子になるの
    囮で犠牲になるのこそカミカゼと言えるだろう
    [ 2020/05/25 23:14 ] [ 編集 ]
  39. セイヨウミツバチも持ってる能力だよ
    実際は観測されていないだけ
    [ 2020/05/25 23:15 ] [ 編集 ]
  40. 前も見たなと思ったら2008年の動画か…
    時の過ぎるのは早いものだわ
    [ 2020/05/25 23:16 ] [ 編集 ]
  41. 海外視点でも日本人的に見えるんやな
    [ 2020/05/25 23:16 ] [ 編集 ]
  42.  
    ニホンミツバチはセイヨウミツバチよりモフモフ。
    [ 2020/05/25 23:17 ] [ 編集 ]
  43. ※39
    遺伝子だけが伝達方法じゃないんですよ
    成功例が自然淘汰の中で生き残ったってだけ
    [ 2020/05/25 23:17 ] [ 編集 ]
  44. おっさん世代だとハッチに出てきたスズメバチって超憎らしいんだよな
    [ 2020/05/25 23:17 ] [ 編集 ]
  45. 日本ミツバチは巣が汚れたり蒸れたりしたらアッという間に巣を捨てて二度と戻ってこないサイレントクレーマーやぞ。
    西洋ミツバチみたいに養蜂で儲けるのは無理。
    [ 2020/05/25 23:17 ] [ 編集 ]
  46. みなしごハッチは生き別れになった母親を探す旅に出たのち再会が叶う
    みつばちの女王蜂は記憶力もめちゃくちゃいいんだ
    [ 2020/05/25 23:18 ] [ 編集 ]
  47. 虫はほんと無理!だけどモフモフなニホンミツバチはかわいい
    それに高度な熱殺技といい好感度が半端ない
    [ 2020/05/25 23:19 ] [ 編集 ]
  48. オオスズメバチはデカいだけで旨くないんだよねえ・・・
    喰うけど
    [ 2020/05/25 23:20 ] [ 編集 ]
  49. ミツバチハッチはこうして生れた
    [ 2020/05/25 23:20 ] [ 編集 ]
  50. ねっさつほうきゅうで余命が1.5縮まってしまった!
    [ 2020/05/25 23:20 ] [ 編集 ]
  51. ニホンミツバチって、本当に日本人らしくて、ちょっと泣きそうになった。
    [ 2020/05/25 23:20 ] [ 編集 ]
  52. >41
    西洋ミツバチは、スズメバチ数匹程度で全滅する事があるけど。
    [ 2020/05/25 23:20 ] [ 編集 ]
  53. ※39
    スズメバチが黒いものを襲い白いものは襲わないのも、遺伝的に獲得したものらしいよ。
    [ 2020/05/25 23:21 ] [ 編集 ]
  54. >でも花の蜜を採集する事に関しては、
    >セイヨウミツバチの方が優秀だよ。
    >だから日本の養蜂でもそっちが多い

    そうそう、西洋ミツバチが家畜に近い一方で、日本ミツバチは野生だから巣箱じゃ思い通りいかないらしい
    [ 2020/05/25 23:21 ] [ 編集 ]
  55. ミツバチの共通祖先の段階で持ってたのではと推測されてる。西洋ミツバチも2、3回襲われたら同じ技を使える。ただ、それまでにやられるだろうけど、、、
    [ 2020/05/25 23:21 ] [ 編集 ]
  56. ※2
    基本的にこの能力は本隊を呼ぶ前に斥候を排除するためのものだからね
    [ 2020/05/25 23:21 ] [ 編集 ]
  57. 同時に3匹くらい来ると駄目って見た気がする
    [ 2020/05/25 23:22 ] [ 編集 ]
  58. ■ 嫁はブランケットであの技を俺に使ってくるわ。

    イギリスの嫁やべぇ
    [ 2020/05/25 23:23 ] [ 編集 ]
  59. この動画でもわかるけど、最初に囮になるミツバチがいるんだよな(´;ω;`)
    [ 2020/05/25 23:24 ] [ 編集 ]
  60. ※36はそのまま目覚めることはなかった・・
    [ 2020/05/25 23:25 ] [ 編集 ]
  61. 45度で死ぬんだったら、駆除する際、殺虫剤を撒くより熱蒸気をかけた方が効果的なんじゃないの?
    殺虫剤は耐性が作られるから効き目も段々悪くなるだろうし、蒸気なら周辺への悪影響も少ない。
    [ 2020/05/25 23:26 ] [ 編集 ]
  62. ※22
    >セイヨウミツバチと違って
    >巣がちょっとでも気に入らない状態になると
    >とっとと引っ越していってしまうそうで
    >維持するのが大変だそうだ

    日本人と同じで、細かいのか?w
    日本という場が、日本人の几帳面さに
    遺伝子で影響している気がしてきた。

    日本人で良かった。
    [ 2020/05/25 23:26 ] [ 編集 ]
  63. 和蜂はストレスとか気に入らない事があるとある日突然引っ越すからなあ(人間が気付かないだけ)
    こだわり匠の和蜂
    [ 2020/05/25 23:28 ] [ 編集 ]
  64. 日本のミツバチにはもっと活躍して欲しいなあ。
    世界的に昆虫の数が減ってるらしいけど、事実なのかな?
    日本も当てはまるとすると、人口が減れば森林なども復元されそうだけど、やっぱり気候変動だろうか。。
    [ 2020/05/25 23:28 ] [ 編集 ]
  65. 「熱殺蜂球」をやるミツバチは寿命が半部になるようだ、だから寿命の短いミツバチが参加する。

    日本は特攻をさせるのは学徒出陣の大学生、後ろの旗振りどもは生き残ったよ、日本ミツバチと日本人を一緒にしたらミツバチに失礼です。
    [ 2020/05/25 23:28 ] [ 編集 ]
  66. >「我々は個々では肉体的に劣るかもしれない。 しかし、団結力でその差を乗り越えてみせる」 +11 南アフリカ

    スモールベースボールならぬスモールビーボールだな
    [ 2020/05/25 23:29 ] [ 編集 ]
  67. アッザム・リーダー?ww
    [ 2020/05/25 23:30 ] [ 編集 ]
  68. 大量に輸出してやれるほどニホンミツバチは多くないんだよ
    日本の養蜂家ですらニホンミツバチを商業的あるいは効率的に管理育成する手段がない
    作った巣箱を巣として選んでいただくのを待つだけだ
    [ 2020/05/25 23:31 ] [ 編集 ]
  69. 全く同じネタここで前にもやってなかったっけ
    まー他国で話題になったからまた取り上げたんだろうけども
    [ 2020/05/25 23:31 ] [ 編集 ]
  70. ニホンミツバチは外来ダニが苦手
    [ 2020/05/25 23:32 ] [ 編集 ]
  71. ニホンミツバチは姿もカワイイ
    首の毛がモフモフ
    [ 2020/05/25 23:33 ] [ 編集 ]
  72. ミツバチは刺さないから子供の頃はよく素手で捕まえて遊んでた
    正直済まなかった
    でもそれ以上にスズメバチもグーで殴って踏み潰したから勘弁してくれ
    [ 2020/05/25 23:36 ] [ 編集 ]
  73. 中心の方のやつ一緒に死んでそう
    [ 2020/05/25 23:37 ] [ 編集 ]
  74. スズメバチの大群が来た時の映像もあるけど、酷いものだった。
    あの強靭な顎でちょちょっと噛めば、パタパタと死んでいく和蜂。
    巣の下には何十、何百という和蜂の死骸が
    [ 2020/05/25 23:37 ] [ 編集 ]
  75. 奇しくも隣で疑獄事件起きてるんで思い出した。
    「ハチの一刺し」w
    [ 2020/05/25 23:37 ] [ 編集 ]
  76. トウヨウミツバチがベストですよね
    [ 2020/05/25 23:39 ] [ 編集 ]
  77. 密蜂
    [ 2020/05/25 23:41 ] [ 編集 ]
  78. ニホンミツバチの集める蜜は百花蜜と言って
    一匹が一生を掛けて集める蜜の量は小さじ半分で効率が悪いから
    時間を掛け世代をかけ色んな花からみつを集めるのでメチャクチャ花の香りがして美味いのよ
    セイヨウミツバチはアカシアとか同じ花から集められるので香りはいまいち。
    [ 2020/05/25 23:43 ] [ 編集 ]
  79. ほんとだ
    動画ではじめはスズメバチが悠然と進むのをミツバチたちはただ無反応?に佇んでるのに
    最初の1匹をスズメバチが咥えた瞬間に、一斉に飛びかかってる
    最初の奴は囮で、少なくともそいつは助からないんだね
    [ 2020/05/25 23:45 ] [ 編集 ]
  80. ミツバチの胴体ってダンゴムシに似ていて可愛い。どーでもいいけど。
    [ 2020/05/25 23:47 ] [ 編集 ]
  81. スズメバチも先鋒、ミツバチにも先鋒に相当するような奴がいたね。

    鋒と蜂は似た字だねぇ。
    どっちが先に成立した漢字なんだろう。
    [ 2020/05/25 23:49 ] [ 編集 ]
  82. 1:40前後
    一匹が囮になって飛び込むの見て目から汗出てきた
    まさに決死隊だな
    [ 2020/05/25 23:51 ] [ 編集 ]
  83. ※41
    西洋ミツバチは日本ミツバチより耐熱温度が低く
    オオスズメバチを熱殺できる温度まで発熱する事ができないんだよ
    だから西洋ミツバチに耐熱温度を使った「熱殺蜂球」は使えない

    その代わり、熱ではなく圧迫して窒息させる技を
    西洋ミツバチは編み出した筈
    熱殺蜂球と同じく集団で取り囲んで
    オオスズメバチが酸素を吸えない様にみっちみちギュウギュウに圧迫する技
    [ 2020/05/25 23:56 ] [ 編集 ]
  84. バカ言え、アレやると結構死ぬんだぞ。やめたれ。
    [ 2020/05/25 23:57 ] [ 編集 ]
  85. みんなミツバチさんをかわいいとか言ってるけど
    目の前で飛んでたら絶対怖いっつって逃げ回るだけだろうに
    ミツバチの毒くらいで死ぬ奴はそうそういないけどさ
    [ 2020/05/25 23:58 ] [ 編集 ]
  86. 確かに昔の日本人っぽいね二ホンミツバチ。
    現代の日本人はどうかしらね。
    [ 2020/05/25 23:58 ] [ 編集 ]
  87. ハッチもみつばちマーヤも見ていたけど、小さい頃だったから内容全然覚えてない;;

    コロナで世界中の人間の活動が自粛されたおかげで、漁場に魚が戻ってきたり
    森林に動物や虫が戻ってきたりしたのかな。
    [ 2020/05/25 23:58 ] [ 編集 ]
  88. 強敵に立ち向かい、大勢の子孫・同胞を為には、例え自らを殺^してでも他の大多数の同胞の為に尽くす。
    その犠牲と試行錯誤を何度も何度も繰り返した結果、最適な戦略と集団が適応進化して集団を生存させる。
    これは動植物だろうが、昆虫だろうが、人間だろうが同じ事が言える。

    ニホンミツバチは非常に賢い生物の一つ。
    これから先、積極的に生態や遺伝子、行動原理等を研究する必要が有るだろうね。
    [ 2020/05/25 23:59 ] [ 編集 ]
  89. 「熱殺蜂球」って響きがまず強そうで格好良い・・・
    [ 2020/05/26 00:00 ] [ 編集 ]
  90. ニホンミツバチが海外で話題になると、K国民が「アレは、カンコクミツバチを日帝が掠奪したものだ」と起源を主張し出す
    [ 2020/05/26 00:00 ] [ 編集 ]
  91. この映像は見たことあって、その時もかなり感動したけれど、まさか寿命が短くなるとか、年長者が中心なんて知らなかったから、コメ読んで思わず涙ぐんでしまった。凄い話を教えてくれてありがとう。
    [ 2020/05/26 00:05 ] [ 編集 ]
  92. オレの飛翔筋が光って唸るッ!
    オマエを倒せと轟き叫ぶゥ!
    喰らえッ!必殺ッ!!ねーっさつ、ほーきゅぅーーーッ!!!
    [ 2020/05/26 00:07 ] [ 編集 ]
  93. 住宅地だが、庭でニホンミツバチを飼ってる。
    ハチミツ採れたら、ご近所に配っている。
     
    巣箱の入り口は、蜜蜂は出入りできるけど、スズメバチは入れないサイズにしている。
    9月頃からスズメバチが増えて、10月頃には毎日たくさんのスズメバチがやってくる。
    あまりにスズメバチが多い時は、ミツバチは巣箱の中に籠って出てこない。
    巣箱の周りには戦って死んだミツバチだけでなく、熱殺蜂球で死んだスズメバチの死骸が幾つも散乱している。
    実際に、熱殺蜂球で戦っているのを見かける事もある。
    [ 2020/05/26 00:07 ] [ 編集 ]
  94. 先日のテレビ(長嶋一茂が出てる奴)でもやってたけど、
    巣の中でも比較的高齢のミツバチが率先して熱殺包球に加わるんだってね
    攻撃に加わったミツバチの残りの寿命は、2分の一、3分の一になってしまうらしい
    身を挺して天敵を追い払う姿は虫ながら凄いと思うわ
    [ 2020/05/26 00:08 ] [ 編集 ]
  95. なんというニッチな記事w
    でも久しぶりで面白かったです

    蜜蜂は本当に偉いコ
    果菜や果樹やってる生産者には人間より大事です
    [ 2020/05/26 00:08 ] [ 編集 ]
  96. オニヤンマさんなら勝てるんだがなぁ
    [ 2020/05/26 00:11 ] [ 編集 ]
  97. ニホンミツバチ先生の弱点はセイヨウミツバチほど蜜を集めるのが上手くないところなのだ。
    [ 2020/05/26 00:11 ] [ 編集 ]
  98. 子供の頃にミツバチが飛んできて手で払ったら
    アシナガバチが怒って?追いかけられた
    だからハチは種類関係なく信頼関係があると思い込んでたよ
    [ 2020/05/26 00:12 ] [ 編集 ]
  99. 家の畑は今ヘアリーベッチが満開で
    毎日ミツバチが沢山きているよ。
    [ 2020/05/26 00:13 ] [ 編集 ]
  100. 家でも巣でコロし合いしててどうやってオオスズメバチをコロしてたのか気になってたが熱だったのか
    一つ勉強になった
    [ 2020/05/26 00:14 ] [ 編集 ]
  101. 数匹ならともかく仲間連れて集団で来られたら全滅させられる
    [ 2020/05/26 00:18 ] [ 編集 ]
  102. 大和vsグラマンみたいなもんか...
    [ 2020/05/26 00:32 ] [ 編集 ]
  103. >>103
    無理だよ
    数で圧倒的にミツバチが上だからね
    [ 2020/05/26 00:33 ] [ 編集 ]
  104. 蜂蜜は全く違う。花にあわせて箱を移動させる西洋みつばちの蜂蜜と違って、色んな花から集める百花蜜。あつめるのに時間が掛かるから濃い。素晴らしく旨いが、苦手な人もいるだろう味わい。そして蜂蜜は発酵食品だと解る。
    [ 2020/05/26 00:37 ] [ 編集 ]
  105. スズメバチが死んだらミツバチたちは何事もなかったかのように巣に戻っていくけど、
    その死体のそばにミツバチも何匹か落ちてる時があるみたいだね。やっぱり命がけなんだな
    [ 2020/05/26 00:39 ] [ 編集 ]
  106. ついでに言うと熱殺蜂球の時、老齢の蜜蜂からスズメバチに飛びかかっていく。
    [ 2020/05/26 00:41 ] [ 編集 ]
  107. これ見ると働かないアリ理論思い出すんだよね。働きアリの何割かは怠けてるっていう奴。でも真相は全く違う。羽化したばかりの働きアリは仕事ができない。寿命近くまで生きて初めて老練なんでもこなせるベテランになる。そして働かない蟻の殆どがこれ。でも実際は巣が壊れた時最初の復旧に向かうのも攻撃を受けた時兵隊蟻に連れ添って先陣切るのもこの蟻の役目なんだよ。
    自衛隊の隊員が一般退職した高齢者でも務まるぐらい機械化されたらいいのにといつも思ってるよ。
    [ 2020/05/26 00:41 ] [ 編集 ]
  108. ■ 「我々は個々では肉体的に劣るかもしれない。
       しかし、団結力でその差を乗り越えてみせる」 +11 南アフリカ


    肉体的にムチャ強いと思うのだが 南アフリカさん
    [ 2020/05/26 00:42 ] [ 編集 ]
  109. コロナもこうやって団結して倒したんやで

    一部の外来種がくだらないハッシュタグ広めて「民意」を捏造してるけど
    [ 2020/05/26 00:49 ] [ 編集 ]
  110. ミツバチは花粉をくっつけるための首元のフワフワがかわいい
    飛んでてうっかり仲間にぶつかった時は、特有の羽音を出して「ごめん」と謝る社会性もすごい
    [ 2020/05/26 00:52 ] [ 編集 ]
  111. 子供の頃、洗濯物にミツバチが紛れ込んでて布越しに捕まえたら刺されたことあったな。かなり腫れたけど、毒針刺した後のミツバチは死んでしまうとも聞いたからハチの方が命がけなんだなと思った記憶
    [ 2020/05/26 00:53 ] [ 編集 ]
  112. かっこいい。ロマン。
    自然や伊吹を感じる。
    [ 2020/05/26 00:55 ] [ 編集 ]
  113. 昆虫が減っているのは気候変動よりも農薬の影響の方がでかいと思う。
    特に日本は農薬多い。
    昔と比べてどうだろう。虫の数減ってないか?俺は危機感を持ってる。いずれ運動が起こるかもしれないからまずは覚えていてほしい。
    農薬は減らしていくべき。
    [ 2020/05/26 00:58 ] [ 編集 ]
  114. ※106
    ハチミツは発酵食品じゃないぞ。
    そもそも、ハチミツは糖度が極めて高いので、微生物が繁殖できず発酵しない。
    砂糖を放置しても、カビが生えないのも同じ。
     
    ハチミツを水で薄めれば酵母が繁殖して発酵するので、ハチミツ酒を作る事が出来る。
    [ 2020/05/26 00:59 ] [ 編集 ]
  115. アニメ化して欲しいな
    [ 2020/05/26 00:59 ] [ 編集 ]
  116. >>74
    >ミツバチは刺さないから子供の頃はよく素手で捕まえて遊んでた

    それハナアブじゃね?ミツバチは普通に刺すぞ
    [ 2020/05/26 01:00 ] [ 編集 ]
  117. 柔能く剛を制す!
    [ 2020/05/26 01:02 ] [ 編集 ]
  118. >109
    >ついでに言うと熱殺蜂球の時、老齢の蜜蜂からスズメバチに飛びかかっていく。

    だめだ、泣ける・・・
    [ 2020/05/26 01:03 ] [ 編集 ]
  119. >■嫁はブランケットであの技を俺に使ってくるわ。 +32  イギリス

    成仏しなはれ
    [ 2020/05/26 01:05 ] [ 編集 ]
  120. ニホンミツバチ : 日本の気候に対応できる。
              日本での病気にも強い。
              気温の変化ですぐ引っ越す。自由奔放。
              蜂蜜はドロっと味もしっかり濃厚で優しい。
              対オオスズメバチ:少数なら熱殺蜂球で対抗可能。

    セイヨウミツバチ : 日本の気候に対応出来ない。
               養蜂家による世話が大変。
               気温が変化しても巣に引きこもり。
               蜂蜜の味はスッキリサラっと、
               プロポリスやローヤルゼリーも収穫可能。
               対オオスズメバチ:単独突撃して敗北、全滅。
    [ 2020/05/26 01:06 ] [ 編集 ]
  121. ※109

    新型コロナでの日本の爺たちは、自粛自粛叫んで真逆だな。
    若者の未来より、老い先短い自分たちの命の方が大事らしい。
    [ 2020/05/26 01:10 ] [ 編集 ]
  122. >ニホンミツバチがあの技を生み出すまでに、
    >数千世代はかかっただろうと思われる。

    おそらくは。
    ただし、有効なかたちでこの行動を行う変異が発生した場合、それは常に「その巣の働きバチ全体」で共有され、スズメバチの攻撃に耐えてその巣を存続させるだけでなく、同じ遺伝子をもつ女王蜂候補と雄蜂を、その後も3〜4年は送り出していくことになる。
    一方、その変異をもたない巣は、常に一定の確率でスズメバチにより滅ぼされていき、あとには「蜜と花粉の餌場」を残していくから、対応策を獲得した巣からやってきた女王蜂候補は、その空白を埋めるように新しい巣を作って繁栄させることができる。
    だから、いったん形質が獲得されたあと、それが種全体の遺伝子プールのなかで広がっていくスピードは、個体レベルの淘汰によるそれ(例えば狩りバチ類の変異)にくらべて、かなり速くなるんじゃないだろうか。
    [ 2020/05/26 01:11 ] [ 編集 ]
  123. しかも最初に敵に飛び掛かるミツバチは年寄り。
    いい歳したオッサン?が若者に道を切り開いて手本見せているみたいでカッコイイ。生き様ヤバい。(女王以外全員雄だよね?)
    [ 2020/05/26 01:13 ] [ 編集 ]
  124. こうやって自然のバランスは取られていく
    人間なんていない方がいいよなあ
    [ 2020/05/26 01:14 ] [ 編集 ]
  125.  
    ∠(`・ω・´) ∠(`・ω・´) ∠(`・ω・´)
    [ 2020/05/26 01:18 ] [ 編集 ]
  126. この技使ってもオオスズメバチが数匹来たらもう太刀打ちできないらしいから
    ニホンミツバチを米国が輸入してもどうにもならないよ
    それぐらいオオスズメバチとミツバチの戦闘力差は大きい
    それでも決死の思いで女王蜂や幼虫を護るために突撃するんだから凄いよな
    [ 2020/05/26 01:19 ] [ 編集 ]
  127.  
    >>111
    それは南アフリカのことじゃなくて、日本ミツバチ(日本人)のことを代弁してるんだよ。
    [ 2020/05/26 01:22 ] [ 編集 ]
  128. >>126
    オスかメスかっていうことなら、働きバチは全てメスだよ。
    ハッチを含めて、ミツバチのオスはみんな繁殖に特化している。
    [ 2020/05/26 01:25 ] [ 編集 ]
  129. 巣に入るスズメバチは稀で、巣へ戻るミツバチを狩る
    あと体長5cm以上のデカい蛾の幼虫に巣を食い荒らされたりもする
    そんな事より、ミイデラゴミムシは100℃以上の屁をこく
    (化学反応で高熱のガスを噴出する)

    ※127
    要らないのは何の役にも立たないニートだけな
    自然界なんてものは変遷してナンボのもんだ
    [ 2020/05/26 01:27 ] [ 編集 ]
  130. >>この技って要は、カミカゼだよね
    そもそも蜜蜂の毒針自体特攻では?
    [ 2020/05/26 01:28 ] [ 編集 ]
  131. 長野県民を輸入しないのか?オオスズメバチは高級食材だぞ
    [ 2020/05/26 01:28 ] [ 編集 ]
  132. 働き蜂はみんなメス。
    女を怒らせたらこわいのだ…
    (ちなみにオスは交○の季節にしか生まれてこない。ミツバチもスズメバチもね)
    [ 2020/05/26 01:31 ] [ 編集 ]
  133. つの丸「おまえらサバイビーって知ってるか?」
    [ 2020/05/26 01:32 ] [ 編集 ]
  134. ×オスは交○の季節しか生まれてこない
    ○オスは交○の季節しか外に出てこない
    [ 2020/05/26 01:34 ] [ 編集 ]
  135. ※134

    あー確かに。
    『食材になる』という認識に変ると、捕獲方法などの対応も違ってくるよな。
    [ 2020/05/26 01:35 ] [ 編集 ]
  136. うむ つまりアニメ 新ミツバチハッチではこの必殺技を使うバトルモノになるんだな
    [ 2020/05/26 01:43 ] [ 編集 ]
  137. 平熱が35度8分の俺と平熱が36度5分の嫁と一緒に寝てると布団の中が暑くて汗かいてもう大変
    [ 2020/05/26 01:46 ] [ 編集 ]
  138. これをやると寿命が半分になると聞いた
    命がけの必殺技だ
    こんなにギリギリの温度では、当然真ん中付近にいるミツバチも犠牲になってしまうのだからまさに特攻だな
    サイズに違いがあり過ぎて、進撃の巨人みたいだ
    元々日本ミツバチの働き蜂は、寿命が3ヶ月しかない
    1匹が一生をかけて集めることができる蜂蜜の量は、ちょうどティースプーン一杯だそうだ
    それを知ってから、蜂蜜は最後の一滴まで使い切るようにしてる
    ミツバチは8の字ダンスがかわいい
    [ 2020/05/26 01:51 ] [ 編集 ]
  139. 言っとくけど、働き蜂はメスだからな。蜜蜂の巣は一匹の女王蜂と数匹のオスと大量のメスの働き蜂で構成されてる。
    蜜蜂ハッチはあくまでもアニメ設定だからな。
    [ 2020/05/26 02:06 ] [ 編集 ]
  140. 囮となって巣を守った婆ちゃん蜂は天国へ行って蜂の神様に「偉かったねぇ」と褒めてもらってほしい。
    じゃないと悲しくて眠れない・・・
    [ 2020/05/26 02:11 ] [ 編集 ]
  141. 明らかな敵がいるから強くなる。
    なお日本。
    [ 2020/05/26 02:11 ] [ 編集 ]
  142. 年を取ったミツバチがやるってテレビでやってた
    [ 2020/05/26 02:14 ] [ 編集 ]
  143. 蜂とか蟻は本当に面白いよね
    昔神々の詩っていうTBSのドキュメンタリーで
    どっかの国のでかい蟻塚を作る蟻を特集した事があるんだけど
    自分らよりでかい蟻に攻め込まれて、戦闘蟻が迎撃に向かうんだけど
    なすすべなくやられていくんだわ
    そうしたら、それでも戦いに行こうとする戦闘蟻を
    働き蟻が噛みついて行くな!って止めるんだよ
    これは一体どういう事なんだとめまいがした
    [ 2020/05/26 02:23 ] [ 編集 ]
  144. 面白い記事だった
    [ 2020/05/26 02:25 ] [ 編集 ]
  145. スズメバチ対策でニホンミツバチを我が国にもってカキコあるけど
    ニホンらしく専守防衛用技であってでわざわざニホンンミツバチはスズメバチを殲滅しに動かないから人間用の対策には使えないわよ
    [ 2020/05/26 02:28 ] [ 編集 ]
  146. >>144

    日本国内に明らかな敵が居るよね
    なお、残念なが日本国民の多くが、それに気づいてない
    [ 2020/05/26 02:29 ] [ 編集 ]
  147. ※140
    平熱が35度8分って、体温低いな。
    病気になりやすいぞ。
    リカバリー、ガンバ!
    [ 2020/05/26 02:29 ] [ 編集 ]
  148. >>105
    最初の一匹を逃したら本体が来る前にミツバチは引っ越す。
    間に合わなければ全滅だよ。
    [ 2020/05/26 02:30 ] [ 編集 ]
  149. 色々な意味でニホンミツバチって日本人っぽい性格してるよな
    西洋蜜蜂は情報交換して蜜を集めに行くけど、ニホンミツバチは基本個人成績で仕事をする。凝り性だから気に入らないとすぐにいなくなる。緊急事態の時では団結する
    西洋蜜蜂に慣れてるとニホンミツバチの扱いにくさは際立つし輸入は諦めたほうが無難
    [ 2020/05/26 02:32 ] [ 編集 ]
  150. 最初のミツバチって、誰が面倒みるんだろう?
    子供産み始めの女王蜂は、まだ痩せていて面倒みるのか?
    [ 2020/05/26 02:37 ] [ 編集 ]
  151. これは普通に驚くわなあ
    [ 2020/05/26 02:47 ] [ 編集 ]
  152. ※123
    ハチミツの粘度はミツバチの種類で決まるモノじゃないぞ
    何の花から蜜を集めたのかで変わる
    アカシアや柑橘ならサラサラで粘度が低い
    ソバやリンゴならドロッと粘度が高い
    [ 2020/05/26 03:04 ] [ 編集 ]
  153. ※153
    スズメバチは、女王蜂だけが冬眠して、春になったら一匹で巣作りや子育てをはじめる。

    ミツバチは、女王蜂だけでなく、群れごと冬眠しないで越冬する。
    巣箱の中では、一年中子育ても巣作りも働き蜂が行う。
    3~5月くらいになると、新しく生まれた女王蜂に巣を引き渡して、今までの女王蜂は出て行く。
    その時に働き蜂の半数を連れて群れで出て行く。
    一時的に、近所の木の太い枝や、民家の軒先に群れが固まりになって滞在する。
    働き蜂が周辺を探索して巣の候補地を見つけると、群れがまとまって移動して新しい巣作りを始める。
    その時に、空の巣箱を用意して、ミツバチに気に入ってもらえれば、巣箱の中に取り込んで飼う事ができる。
    [ 2020/05/26 03:21 ] [ 編集 ]
  154. >>22
    そうなのか!
    地域の酒屋がちょっと養蜂をかじったけど、ある年急にいなくなったと嘆いていた。
    [ 2020/05/26 03:23 ] [ 編集 ]
  155. 昆虫にも、その国の反映が宿ると言うことか。

    日本の自然は穏やかで、山、川、海・・・美しい。

    しかし、地震、台風、火山・・・ありとあらゆる災害がおしよせる。

    激しい自然でもある。このバランスが日本精神なんだ。
    [ 2020/05/26 03:29 ] [ 編集 ]
  156. ロシアワールドカップの日本対セネガル戦の時にこれを思い出した
    [ 2020/05/26 03:30 ] [ 編集 ]
  157. >>117
    発酵するよ。
    うちは養蜂家さんに場所貸して二ホンミツバチのハチミツもらってる。
    そのとき、少し発酵させたら旨くなる。
    ハチミツを空気に少し触れさせれば発酵するよと言われた。
    ハチミツをもらってすぐ食べたら美味いけどこんなもんかって思ったが、
    少し発酵したものを食べたら滅茶苦茶旨くなってて驚いた。
    [ 2020/05/26 03:55 ] [ 編集 ]
  158. あくまで巣を守るための行動で、オオスズメバチを積極的に探して狩るわけじゃねぇし
    輸入しても役には立たないと思うなあ
    [ 2020/05/26 04:08 ] [ 編集 ]
  159. 偵察を始末できないと結局巣は全滅か離散しかないくらい戦力差があるんだよな
    [ 2020/05/26 04:08 ] [ 編集 ]
  160. 西洋ミツバチは単体の花から採種だけど、日本ミツバチは色んな花から採種する
    日本ミツバチの百花蜜は、単体には無い深みがあって一番好きだ
    [ 2020/05/26 04:08 ] [ 編集 ]
  161. 連携とか協調性よりもカミカゼ的な性質がね……
    [ 2020/05/26 04:09 ] [ 編集 ]
  162. >この技はオオスズメバチが大群だと出来ないんだよな
    それもまた技術で対抗してアドバンテージを取っていたのが
    資源の輸入を止められアメリカに物量で負けた日本のようで悲しいな
    [ 2020/05/26 04:20 ] [ 編集 ]
  163. >>160 のつづき
    ただ、二ホンミツバチはハチミツ獲れる量がすくないのと、
    百花蜜っていうくらいどこからでも蜜をとってくる。
    つまり、ポイ捨てした空き缶に残ってる清涼飲料水の残りからでも獲ってくる。
    だから、町中で二ホンミツバチから蜜を獲ったとか言うのは結構空き缶の糖分が入ってる。
    だからちゃんとした二ホンミツバチのハチミツはかなり田舎じゃないと獲れない。
    [ 2020/05/26 04:22 ] [ 編集 ]
  164. 普段ミツバチは穏やかで平和主義なのに、巣の危機になると命懸けでスズメバチを殺しにかかるからな
    日本っぽい
    [ 2020/05/26 04:29 ] [ 編集 ]
  165. ※124
    そんな爺ばかりではないぞ。福島の原発事故で若者を危険な場所に送れない、自分たちを使ってくれとジジイ隊結成したの忘れたのか。
    [ 2020/05/26 04:31 ] [ 編集 ]
  166. 熱殺鉢球をやるのは、年寄りの鉢が殆どです。
    これをすることで、寿命が2分の1~4分の1になると言われています。
    従って、寿命が短い年寄りの鉢が中心となり、若い鉢を残すようになっています。
    どうやったら、このような仕組みができるようになるんだろう。
    [ 2020/05/26 05:15 ] [ 編集 ]
  167. ミツバチには何度も刺されたなw
    蜂の子をフライパンで炒ると美味いんだ

    ニホンミツバチを導入すると生態系ガーって
    言う人も居るけれどさ
    花の蜜しか吸わないから分布が変わるだけじゃん
    在来種を駆逐してしまう訳じゃない
    花の奪い合いで言ったらニホンミツバチは負けるし
    [ 2020/05/26 05:20 ] [ 編集 ]
  168. 百花蜜の蜂蜜酒とかあったら試飲したい。自治体で特産品で売ってくれないかな。
    [ 2020/05/26 05:39 ] [ 編集 ]
  169. あれ?何年か前にパンドラさんこの記事書いてたよね?ネタ切れ?
    [ 2020/05/26 05:48 ] [ 編集 ]
  170. 養蜂家のコメントが平凡過ぎて草
    [ 2020/05/26 06:00 ] [ 編集 ]
  171. 若い子じゃなくて年寄りが先頭に立って行くってところが泣けるわ
    後を頼んだぞ!...老兵カッコいい
    [ 2020/05/26 06:40 ] [ 編集 ]
  172. 日本人的な情緒だと
    群がって倒したハチがヒーローなんじゃなくて
    攻撃のスイッチ入れるために、一人スズメバチの懐に飛び込んで行って
    食いちぎられるハチの方に共感しちゃうよね
    [ 2020/05/26 06:50 ] [ 編集 ]
  173.  
    >>67
    反日爺きっしょっ
    [ 2020/05/26 07:01 ] [ 編集 ]
  174. >>124
    コロナ撒き散らして仲間である若者の未来を潰そうとした
    山梨の女は爺だった?
    自粛を促すのは当たり前だろ。アホが
    [ 2020/05/26 07:09 ] [ 編集 ]
  175.  
    テレビでやってた時に見たけど、これニホンミツバチは50度まで耐えられる反面、寿命も大きく縮むっていってた。
    さらにオオスズメバチに向かっていくのは老齢のハチっていくのも泣ける
    [ 2020/05/26 07:24 ] [ 編集 ]
  176. 半倍数体ゆえに利他行動を進化させやすい、らしい。

    Natural selectionを「自然淘汰」でなく「自然選択」と訳したのは、大変正しい。最近は淘汰という強者が弱者を滅ぼす語感が強すぎることと、適応という概念からして必ずしも表面的な弱者が滅ぶわけでもないので、最近では英語の直訳である「自然選択」が使われている。
    [ 2020/05/26 07:46 ] [ 編集 ]
  177. スズメバチがミツバチを襲った瞬間に一斉反撃するんだね
    それまでは侵入に気づいてない感じ
    [ 2020/05/26 07:53 ] [ 編集 ]
  178. ニホンミツバチの身勝手さに文句言ってるけど、人間が勝手に利用してるだけだからなw
    奴らにしてみれば「俺たちがどこに住もうが勝手だろ」とw
    蜜の収集効率が悪いのも自分たちで必要な分だけ集めてる訳だし、巣ごと持っていく人間のいかに酷いことかwww
    [ 2020/05/26 07:55 ] [ 編集 ]
  179. うわっ米海兵隊のヘリがソマリアに墜落して生きている海兵隊員一人に大群で襲いかかるゾンビのようなソマリア兵を思い出させるリドリー・スコットのブラックホーク・ダウンのラストを彷彿させて恐怖を感じるわw
    [ 2020/05/26 08:18 ] [ 編集 ]
  180. >67
    原発の時現場に向かったのはリタイヤ組とか聞いた事無い?
    何で戦時中の日本人が全てのように語るんだ?
    [ 2020/05/26 08:19 ] [ 編集 ]
  181. これ、内側になった一部のミツバチは熱で死ぬんだよね
    それでも巣を護るために団結するとか凄いわ
    [ 2020/05/26 08:35 ] [ 編集 ]
  182. 40代独身の消防士だけど俺もそうなんだよ!
    危険度の高い任務のときは俺が一番最初に
    「一番若い奴行け!」って命令するよ!
    [ 2020/05/26 08:40 ] [ 編集 ]
  183. ミツバチに学べ
    健気なミツバチに学ぶべき日本人。
    「獅子身中の虫」を放置しするなかれ。
    そうですよね? 日本の「獅子身中の虫」の歪んだメディア内部の皆さん。
    [ 2020/05/26 08:46 ] [ 編集 ]
  184. うちは田舎だから、アシナガバチが数年おきに巣を作りやがる。
    あれは刺されるとひどいから、毎回駆除するけど、そういやミツバチは
    来ないな、花がないからか?
    [ 2020/05/26 08:49 ] [ 編集 ]
  185. KY覚悟だが
    一匹の蜂が特攻したんじゃなく不用意に近づいて食いつかれた瞬間に何かの信号を発し、その信号をキャッチした他の蜂が群がるっている構図に見える
    スズメバチが侵入したことを事前に察知している様に見えるのは、撮影者の演出では
    [ 2020/05/26 08:55 ] [ 編集 ]
  186. ※22
    とんだサイレントクレーマーだな・・・
    日本らしいw
    [ 2020/05/26 08:56 ] [ 編集 ]
  187. 大和蜜蜂の蜜収拾効率が悪いのも、体温の高さや警戒心の裏返しって面あるしねぇ。
    適応出来る気候も、温暖湿潤だから西洋よりも北限が南だし。
    米国で導入するなら、エゾ蜜蜂も併せて採用しないと加国境辺りは怪しい。
    てか、昔実験してみたら現地微生物にやられて死滅してたような(うろ覚え)。
    [ 2020/05/26 09:08 ] [ 編集 ]
  188. 熱殺蜂球って東方不敗が使いそう
    [ 2020/05/26 09:19 ] [ 編集 ]
  189. 集団生活を送るハチ・アリ類は基本的に全員メス。オスは繁殖期に数十匹出現する程度。
    [ 2020/05/26 09:19 ] [ 編集 ]
  190. ニホンミツバチも輸入って言ってる奴いるけど
    ニホンミツバチだってスズメバチハンターなわけじゃないんだがなぁ
    自分たちの巣を襲う気で偵察に来たのをやっつけるだけだし
    [ 2020/05/26 09:20 ] [ 編集 ]
  191. ※156
    ありがとう ♪
    虫の番組は何度も見ましたが、成長したら巣立ち
    お相手と一度だけなどで、話しが終わってました。

    本当に、ありがとう。
    [ 2020/05/26 09:44 ] [ 編集 ]
  192. スズメバチ一匹に対して数十匹は必要な上にこれやった結果絶命するのもいれば返り討ちに合うのもいるから効率は悪いんだよなぁ
    [ 2020/05/26 09:45 ] [ 編集 ]
  193. 蜂球に入ったミツバチの余命は参加しなかったものより短いらしいから、まさに命と引き換えの「福島50」か「神風特攻隊」と同じだ。
    [ 2020/05/26 09:45 ] [ 編集 ]
  194. >>87
    別に逃げないけどw
    お前は逃げるのか?
    怖いのか?ミツバチが?w
    [ 2020/05/26 09:47 ] [ 編集 ]
  195. 記事読んでてハッチよりサバイビーが出てきたんだが、コメントにも一つしか出なかったなぁ。
    [ 2020/05/26 09:50 ] [ 編集 ]
  196. トップ画像の桜の花粉を集めてるのはセイヨウミツバチなんだけど、
    なんでニホンミツバチの画像使わないの?
    [ 2020/05/26 09:57 ] [ 編集 ]
  197. ※186
    >そうですよね? 日本の「獅子身中の虫」の歪んだメディア内部の皆さん。

    そういう回りくどい言い方しなくていいでしょw
    はっきり「日本に巣食う特ア人とその仲間のパヨや在日」と言うべきだよw
    [ 2020/05/26 10:00 ] [ 編集 ]
  198. 禁止ワードが多すぎだな管理人
    それも特亜に忖度した内容ってどういう事なの?
    管理人は特亜人か?
    [ 2020/05/26 10:01 ] [ 編集 ]
  199. 熱殺蜂球ネタもう飽きた
    [ 2020/05/26 10:28 ] [ 編集 ]
  200. 嫁ブランケットが唐突すぎて吹いた
    [ 2020/05/26 10:34 ] [ 編集 ]
  201. >こっちのミツバチと比べると、
    >日本のミツバチは賢そうな顔してるわ。 +344 ベトナム

    僕もこういうことが言える人になりたいw
    [ 2020/05/26 10:37 ] [ 編集 ]
  202. 日本人はあえて満員電車に密集することでウイルスには耐えられない高温まで温度を高めて打ち勝ったのだ!という流言
    [ 2020/05/26 10:39 ] [ 編集 ]
  203. 一体どんな歴史をたどったらこんな行動するようになるんだ
    [ 2020/05/26 10:39 ] [ 編集 ]
  204. >>125
    >>146
    勉強になるわぁ

    >>166
    空き缶からもって知らんかったw
    ちょっと前ならタピオカミルクティー蜂蜜かよ・・・
    人の食べ残しだと思うと嫌だなw
    [ 2020/05/26 10:44 ] [ 編集 ]
  205. にほんみちゅばち、だーいちゅき♡
    [ 2020/05/26 10:48 ] [ 編集 ]
  206. セイヨウミツバチも蜂球を形成した上でスズメバチに針を刺して戦うので、いうほどニホンミツバチだけの特徴と言うわけではない
    [ 2020/05/26 10:50 ] [ 編集 ]
  207. みつです
    [ 2020/05/26 10:52 ] [ 編集 ]
  208. 中国公船がまたまた日本漁船を追いかけまわしている。
    これに何の手だても取れない、日本政府。
    近平に蹂躙されているのと一緒だろうが、早く憲法改正して対峙しろ。
    でなければ、われわれ日本国民は国内にいるこいつらを順次潰す。
    [ 2020/05/26 10:54 ] [ 編集 ]
  209. 日本ミツバチは「熊」への威嚇として「シャー」という音を集団で音頭を取って発することもできる。この発生音はガラガラヘビやコブラが発する様なモノらしい。日本に居ない蛇の威嚇をどうやって見つけたのか不思議。
    [ 2020/05/26 10:56 ] [ 編集 ]
  210. >>2
    あくまで偵察蜂を倒して、本隊に巣の位置を知らせない様にする為だしね
    本隊が来ちゃったら確実に巣は全滅するし
    だから海外のコメで二ホンミツバチを輸入して、ってのはちょっと見当違いなんだよなぁ

    >>12
    セイヨウミツバチのは蜂球作って窒息させるみたいね
    日本にいるセイヨウミツバチしかやらないみたいだから、必要に迫られて習得した技らしい
    [ 2020/05/26 11:10 ] [ 編集 ]
  211. これは神風
    [ 2020/05/26 11:11 ] [ 編集 ]
  212. 泣ける。

    面白い&勉強になるコメント多数。ちょっと賢くなりました。
    みなさんありがと!
    [ 2020/05/26 11:38 ] [ 編集 ]
  213. >>128
    働きバチはみんなメス
    オスは種付け用しかいない
    スズメバチが来たら最初に向かっていくのは働き盛りを過ぎた
    オバちゃんと婆さんだよ
    若い娘たちは巣と幼虫と女王を守る
    [ 2020/05/26 11:41 ] [ 編集 ]
  214. ※41
    観測されてないのになぜわかる?w
    [ 2020/05/26 11:43 ] [ 編集 ]
  215. みつばちかわいいな
    養蜂家がハチが可愛くなっちゃってはちみつ取れなくなった話を聞いた
    わかるわかる
    [ 2020/05/26 11:44 ] [ 編集 ]
  216. これも年配蜂が係だっていうのも
    よく出来ているなって思うわ。寿命を削っての必殺技だから
    老い先短い蜂が
    ふ・・わしの出番か行って来るとするかって。
    [ 2020/05/26 11:47 ] [ 編集 ]
  217. ■ 嫁はブランケットであの技を俺に使ってくるわ。 +32  イギリス

    一瞬、可愛い嫁さんでうらやましいと思ったけど、
    「ある朝、息苦しくて目覚めたら目の前に彼女が立っていた『お願い! 消えて!』」ってシチュエーションも考えられるな
    [ 2020/05/26 11:48 ] [ 編集 ]
  218. >>160
    それは糖度が低いハチミツ
    きちんと養蜂する人なら採蜜後に糖度計で糖度をチェックする
    約80%くらい糖度がある濃厚なハチミツなら発酵しないが低いと発酵して変質するので水分を飛ばす事もある
    [ 2020/05/26 12:06 ] [ 編集 ]
  219. え?
    日本人のようだって?

    『特攻精神』『滅私奉公』w
    [ 2020/05/26 12:12 ] [ 編集 ]
  220. >>でも花の蜜を採集する事に関しては、
         セイヨウミツバチの方が優秀だよ。
         だから日本の養蜂でもそっちが多い。 +1 国籍不明

    セイヨウミツバチがなぜ蜂蜜採取に向いているかと言えば、まるで欧米人のように不必要な量の蜜を集めるからなんだな。ニホンミツバチは自分達に必要な量しか集めないから養蜂にはあまり向いていない。人と自然の関係に似ている。
    [ 2020/05/26 12:37 ] [ 編集 ]
  221. なおスズメバチと近い位置のミツバチは一緒に蒸し殺される模様
    [ 2020/05/26 12:42 ] [ 編集 ]
  222. ミツバチすら自分たちの家を守ろうとしてんのになぁ・・・
    [ 2020/05/26 12:50 ] [ 編集 ]
  223. ミツバチの起源は○○ニダ
    [ 2020/05/26 12:55 ] [ 編集 ]
  224. セイヨウミツバチも、やります。確認されてる。
    映像もある。
    ただ、頻度は低い
    [ 2020/05/26 13:11 ] [ 編集 ]
  225. 嫁はブランケット…
    クッ…マイハニーだと…
    [ 2020/05/26 13:25 ] [ 編集 ]
  226. 今の日本人は、スマホ片手に遠巻きに見てるだけだけですよ
    [ 2020/05/26 13:28 ] [ 編集 ]
  227. >>229
    だよなあ。ツイッターで叩くのが日本人のお家芸だよね
    [ 2020/05/26 13:36 ] [ 編集 ]
  228. ニホンミツバチから大和魂を感じる。
    まさかハチの記事で泣くとは思わなかった。
    [ 2020/05/26 13:58 ] [ 編集 ]
  229. セイヨウミツバチの方が巣への執着のようなものは高くてニホンミツバチはダメとおもったら割とすぐ巣捨てて移住しちゃうらしいのよね。
    まぁ巣に執着してもスズメバチ本隊きたらどうにもならないからそういう遺伝子なんだろうけど。

    ※39
    成功した行動パターンを遺伝子に書き足して次代にわたすわけじゃないんだから関係ないっしょ。
    蟻や蜂は兄弟姉妹(同じ親から生まれた女王 あと生殖用のオスも? または親自体)の生存率を高める事で自分と同じ遺伝子をより効率的に残すスタイル。
    だから自分で生殖する必要はないし、個の生存より集団に利する行動を取る。個を優先する遺伝子より、集団を優先する遺伝子の方が女王達の生存率が高くなるから、姉妹が次世代を安定して残してくれる。という理屈。
    ついでに自分と同じ遺伝子が何割後の世代に伝わるか?っていう観点の効率でも優れてるとかだった気がする。(覚えてない)

    人間とかでいえば働き蜂=腕や足、女王など生殖能力もち=生命維持や生殖に関わる器官と思えばいい。
    なので蟻や蜂は群れ全体で一つの生物のような群体=超個体って捉え方がされたりする。
    [ 2020/05/26 13:58 ] [ 編集 ]
  230. ※230
    ※229

    お前らもそうなの?
    それとも日本人じゃないとか?
    [ 2020/05/26 14:10 ] [ 編集 ]
  231. いうて1匹2匹とかだったらまだいけるけど、大挙して押し寄せてきたらどうにもならんのやで
    [ 2020/05/26 14:35 ] [ 編集 ]
  232. 日本ミツバチは確かにスズメバチの先兵から護れるけど、
    その後巣を放棄して別の場所に移るから養蜂は難しいのよな。
    [ 2020/05/26 14:43 ] [ 編集 ]
  233. ※4
    偵察係を、フェロモンを出す前にやっつけて巣を守る。

    偵察係が居場所を知らせるフォロモンを出した場合は、直後にすを放棄して移動する。

    これで巣と種属を守ってきた。
    [ 2020/05/26 15:33 ] [ 編集 ]
  234. 熱殺蜂球ほんとにかっこいいわ

    俺よりもニホンミツバチの方がよっぽど大和魂あるわ
    [ 2020/05/26 15:44 ] [ 編集 ]
  235. 偵察に来た一匹だけなら対処可能だけど、集団で来るスズメバチには無力なんだよね。
    [ 2020/05/26 15:55 ] [ 編集 ]
  236. 最近わかってきたのが、この体温上げる技使うと体力を異常に消耗するから、
    この戦いに参加するのは老蜂だけなんだってな
    「若者よ、ここはワシら年寄りに任せろ、女王様の後は頼んだぞ!」とばかりに死んでいくらしい…涙
    [ 2020/05/26 15:58 ] [ 編集 ]
  237. 六角形の巣の方が強度も強くて合理的で、人間が建築の参考にするぐらい凄いことやってるし何なのハチって
    プログラムされた事をこなしてるようにしか見えない
    遺伝子自体数値化されたコードだし、いよいよこの世界は仮想世界ってのが現実味を帯びてくるわ
    もしくは生命体は極限的な人口体なのかもなあ
    [ 2020/05/26 16:44 ] [ 編集 ]
  238. 自陣が不利になる斥候は絶対に生かして返さないっていう戦の基本を忠実に守る戦法やね。
    最初に飛びかかる一匹は本当にすごいと思う、必然的にスズメバチの顎をほんの一瞬封じる役目になるから絶対に生還できないのに。
    [ 2020/05/26 17:52 ] [ 編集 ]
  239. 自然て偉大やな
    こういうの観ると、真摯な心持ちになる
    [ 2020/05/26 18:11 ] [ 編集 ]
  240. >>240
    ハニカム構造な
    ほんと自然て凄いわ
    [ 2020/05/26 18:20 ] [ 編集 ]
  241. ニホンミツバチは蜜混ぜちゃうから蜜の質や香りではセイヨウミツバチに敵わない。
    ちな日本のハチミツ採取用の養蜂でも使われているのはセイヨウミツバチだ。
    ニホンミツバチは果樹の受粉の為の養蜂によく使われているらしい。
    [ 2020/05/26 18:38 ] [ 編集 ]
  242. オオスズメバチが誘導フェロモンを出す前に攻撃しないと全滅する危険が在る。
    他の動画で、オオスズメバチ数匹で巣が壊される動画も在った。
    日本ミツバチの巣箱は、入り口が9mmぐらいがいいらしい。
    黄色スズメバチが入れない大きさだという。
    [ 2020/05/26 18:42 ] [ 編集 ]
  243. 「トリビアの泉」で見たときはガンダムの主題歌が流れてたな
    「燃えあがっれ~燃えあがっれ~」って
    [ 2020/05/26 18:50 ] [ 編集 ]
  244. 勘違いしてる外国人が多いけど
    結局討ち死にしていく数もかなり多いんだ
    [ 2020/05/26 18:57 ] [ 編集 ]
  245. 熱殺蜂球の一番槍は老兵の仕事です。蟻の戦いでも斥候と会敵して敵の匂いを自分の体につけて、生還もしくは後続の蟻が斥候の死体を回収して巣に持ち帰って敵の情報を共有させるのもコロニーで一番ベテランの蟻の仕事。蜂と蟻に関しては人間と同等の社会レベルなんですよね
    [ 2020/05/26 19:27 ] [ 編集 ]
  246. ※217
    コメ主の41じゃないけど、実験条件では観測されてる。何回かスズメバチが襲ったら、セイヨウミツバチも熱殺蜂球を作る。
    自然環境では観測されないだけ。だから、ミツバチ全体にもともと能力があったと考えられている。
    [ 2020/05/26 20:05 ] [ 編集 ]
  247. 囮になるのは老兵っていうけど、巣にいるのは若い蜂で、老いた蜂は外で蜜を集めるって聞いたように思うけど?
    [ 2020/05/26 20:27 ] [ 編集 ]
  248. それでも日本蜜蜂の雄は気が弱いから人には刺さないんだよな、
    しかしメスは刺しは来るが殆ど刺すことは無い。蜜蜂が刺したら針が抜けて自らは死ぬ事になるからね。
    [ 2020/05/26 20:31 ] [ 編集 ]
  249. 蜜蜂は基本刺さない。
    オス蜂は繁殖の為にのみ生み出されるから他の機能は脆弱。働き蜂は全てメス蜂。
    [ 2020/05/26 21:19 ] [ 編集 ]
  250. あくまでも偵察に来た1匹を数十匹~数百匹の犠牲の上でなんとか倒す方法やからなぁ
    複数で襲われたら太刀打ちできずに全滅待ったなしという厳しい世界や
    [ 2020/05/26 21:43 ] [ 編集 ]
  251. 蜂球は老齢のがするわけではない。警戒フェロモンが出たらどれでもする。
    ただし、一度、蜂球を形成した蜂が次回は率先して行うということ。結果的に老齢になるかもしれないが、研究で明らかかは知らない。
    [ 2020/05/26 21:47 ] [ 編集 ]
  252. これ時間との戦いなんだよな
    スズメバチが数匹でも援軍に駆けつけたらそれだけでその巣は終わる
    だから最初のスズメバチを確実に素早く仕留められないと詰む
    [ 2020/05/26 22:04 ] [ 編集 ]
  253. 日本らしいミツバチ
    [ 2020/05/26 22:30 ] [ 編集 ]
  254. 8密
    [ 2020/05/26 22:43 ] [ 編集 ]
  255. 雷電「むうっ、あれは……熱殺蜂球!」
    富樫&虎丸「知っているのか雷電」
    ……確かにマンガやアニメみたいな展開が可能やなw
    [ 2020/05/26 23:23 ] [ 編集 ]
  256. 大一大万大吉
    記事に対するコメントに
    もののあはれを感じる抒情的なものを見るに
    やはり、日本人だと確信し
    喜びを感じる
    我もまた、日本人なり
    [ 2020/05/26 23:33 ] [ 編集 ]
  257. 日本の養蜂もセイヨウミツバチが多い
    現実は捕虫器付けるなりして養蜂家が対策してるだけだぞ。
    [ 2020/05/26 23:37 ] [ 編集 ]
  258. 他のサイトだと黒ずくめのスズメバチだったんだが?
    そこでは西洋ミツバチも熱殺蜂球できると書き込みあったんで調べてみたら蜂球は形成するけど熱殺は出来ないようだ
    到達最高温度が低く警報フェロモンも出てないせいでことごとく噛み殺されてしまうらしい
    [ 2020/05/27 01:22 ] [ 編集 ]
  259. >攻撃時、蜂球内の温度は46~47°Cという高温になるのですが、
    これは、ニホンミツバチが50度近くまで耐えられるのに対し、
    スズメバチは45度と、若干上限致死温度が低い特性を利用しています。

    これ最初から熱に強かったわけじゃなく、何世代も何百年もかけてすこしずつ耐熱温度を上げていって獲得したんだろうなと思う
    [ 2020/05/27 03:59 ] [ 編集 ]
  260. >>27-31までの流れで胸が熱くなった
    [ 2020/05/27 11:24 ] [ 編集 ]
  261. オオスズメバチパイセン1匹やとこれでいけるけど
    複数で来られたらむりげーってだれか書いてた
    [ 2020/05/27 12:14 ] [ 編集 ]
  262. 団結力と自己犠牲精神、微妙な生産性とサイレントクレーマー気質。
    日本人の長所と短所を象徴するような生き物だな。
    [ 2020/05/27 14:38 ] [ 編集 ]
  263. セイヨウミツバチは
    日本ミツバチの巣から
    はちみつを盗むらしいな。
    [ 2020/05/27 14:43 ] [ 編集 ]
  264. ■ ニホンミツバチ、早く来てくれー! +6 アメリカ

    [ 2020/05/27 15:35 ] [ 編集 ]
  265. ※67
    尖兵は学徒が主流で、年配者が後ろで旗振りみたいなデマ流すなよ
    最初は練度の高いベテラン勢が戦ってたんだ
    あっちこっちで手が足りなくなったから学徒出陣なのよ
    尤もそういう無茶を続けたのがさらに上の世代の年寄りどもなんだけど
    [ 2020/05/27 15:44 ] [ 編集 ]
  266. これ、若い働き蜂じゃなく老兵が先頭を切って行くんだよね。
    福島の原発事故の時に定年間近の人や定年退職した人が率先して、
    手を挙げたのを思い出した。
    [ 2020/05/27 15:56 ] [ 編集 ]
  267. ミツバチと言えばツインビー。
    [ 2020/05/27 18:32 ] [ 編集 ]
  268. 蜂蜜もくれる。植物の子作りも手伝う。女王も命がけで守る。
    [ 2020/05/27 18:37 ] [ 編集 ]
  269. 背中のモフモフ可愛くて好き
    [ 2020/05/27 19:24 ] [ 編集 ]
  270. 朝鮮ミツバチは中国スズメバチが来ると、
    自ら女王と幼虫を差し出して逃げるからな。
    韓国人そっくり。
    [ 2020/05/27 20:19 ] [ 編集 ]
  271. もうすぐ満員電車で巨体外国人を蒸し揚げてさしあげます。
    [ 2020/05/27 21:48 ] [ 編集 ]
  272. 日本ミツバチは日本、スズメバチはどこまでもアメリカそのものやなw
    [ 2020/05/27 23:09 ] [ 編集 ]
  273. 名著「風の中のマリア」思い出したわ
    [ 2020/05/27 23:22 ] [ 編集 ]
  274. セイヨウミツバチだって「窒息スクラム」って必殺技持ってるだろ。
    [ 2020/05/28 00:02 ] [ 編集 ]
  275. セイヨウミツバチが行うのは「窒息スクラム」
    見た目は熱殺蜂球と変わらないけど、熱殺でなく、圧力と呼吸困難に至らしめて敵を倒す。
    が・・・
    大スズメバチは体躯が巨大で頑強なため、この「窒息スクラム」が通用しない。だから結局やられる。
    基本的に中~小型のスズメバチに対しての対抗手段です。
    [ 2020/05/28 03:48 ] [ 編集 ]
  276. うちの軒下にスズメバチの巣を作られたことがあって駆除したけど、熱に弱いならスチームクリーナーで攻撃すればよかったかも。
    [ 2020/05/28 09:49 ] [ 編集 ]
  277. 窒息スクラムは死ぬまで一時間くらいかかるけど、熱殺蜂球は五分くらいで済むのよね
    [ 2020/05/28 19:23 ] [ 編集 ]
  278. くらえ!「熱殺蜂球(バーニングスフィア)!」
    [ 2020/05/28 22:01 ] [ 編集 ]
  279. 米280
    1時間も掛けてたら、誘導フェロモン出されて、結局お仕舞なんだけどね。
    [ 2020/05/28 22:50 ] [ 編集 ]
  280. 日本蜜蜂兵「大変だー!敵が!化物が侵入したぞー!」
    蜜蜂老兵「む!ワシらであの化物を抑えるゾ!皆の衆、ワシに続けぇ!」
    「「「「おぅう!」」」
    「む、無理だ!」
    「相手はあんなに大きいのに!…」
    老兵「若者達よ、よく見ておれ。ワシらは皆この為におるのじゃ!」

    大スズメ蜂「は!小癪な!小さき者共目等が!返り討ちにしてくれるわ!…グ!ハァハァ…この程度…引き剥がして喰い千切ってヤル!」

    蜜蜂兵「あぁ!爺さん達が!」
    「覆いきれない…数が足らないんだ」
    大スズメ蜂「グ、ハハハ!」
    蜜蜂兵「おのれこのデカ物!コイツだけは!絶対に倒す!例え相討ちになったとしても!」
    「おぉ!群れを、女王を守るんだ!」
    「俺も!」
    「俺もだ!今こそ燃えろ!俺の小宇宙!」
    大スズメ蜂「ぐ、ぬぅ!貴…様等ぁ!」
    蜜蜂兵「俺が!」
    「「「俺達が!」」」
    「日本蜜蜂だ!」
    大スズメ蜂「グフゥ!…やめろ、暑い…熱い…アツいアツいあつイ…やめr」
    蜜蜂兵達「「「「うぉぉおおおお!」」」
    [ 2020/05/29 00:16 ] [ 編集 ]
  281. ねっさつほうきゅうという如何にもな必殺技っぽさよ
    [ 2020/05/29 08:35 ] [ 編集 ]
  282. 「熱殺蜂球」って名前、ドラゴンボールに出てくる必殺技みたいで俺は好きだ。
    [ 2020/05/29 15:04 ] [ 編集 ]
  283. そこは日本だもの、よってたかって袋叩きw
    [ 2020/05/29 15:56 ] [ 編集 ]
  284. リーンホース特攻だなぁ。
    「熱殺蜂球をつかうのだな!?」
    「そうだ! エネルギーはすべて中心にまわす!」
    [ 2020/05/29 21:34 ] [ 編集 ]
  285. 管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    [ 2020/05/30 01:58 ] [ 編集 ]
  286. ※286
    まあ自分の命までは掛けてないけどなw
    [ 2020/05/30 02:21 ] [ 編集 ]
  287. 日本ミツバチは絶滅寸前や みんな助けたって
    [ 2020/05/30 17:11 ] [ 編集 ]
  288. 中国あたりのスズメバチがコリアン経由でやってきてる奴が
    ずる賢くて、この必殺技が効かないんだよね
    [ 2020/05/30 23:26 ] [ 編集 ]
  289. アフリカの蜂とアメリカの蜂を混ぜてキラービー作ったみたいに日本ミツバチと西洋ミツバチを混ぜて大量に蜜を作れて且つ対スズメバチ自衛能力のあるハイブリッドってデケヘンの?
    [ 2020/05/30 23:37 ] [ 編集 ]
  290. ※286
    蜂にすら難クセつけるのかパヨチョソって(呆れ)
    日本コンプもここまでくると病気だなもうw
    [ 2020/05/31 02:20 ] [ 編集 ]
  291. この動画を見たうえで出てくる感想が先ず
    日本disってのは流石に己のねじ曲がった性根を自覚した方がいい
    どんだけ不遇な陰キャ人生を送ればそこまで拗らせるのか知らんが
    せめて日本人でないことを願う
    [ 2020/05/31 07:37 ] [ 編集 ]
  292. ハチ未満のヒトモドキいらいらで草
    [ 2020/05/31 09:34 ] [ 編集 ]
  293. Kポップな人達は韓流な脳の持ち主なんだよ。
    [ 2020/06/01 02:27 ] [ 編集 ]
  294. 前のレスでも良く言われている事だが、日本蜜蜂は巣への先鋒侵入者のスズメ蜂の侵入を 初動で完全に抹殺葬り去らねば成らず、侵入者の数が多すぎて抹殺し損ねたり駆逐に時間が掛り過ぎた場合には、巣の場所を新手の後峰支援のスズメ蜂に連絡されてしまい援軍が呼ばれて来てしまっては、日本蜜蜂に勝ち目は無く巣が全滅させられてしまう為その前に日本ミツバチは、巣ごと置き去りにして逃げ去る事を習性としている。なので良く巣み家を替える日本ミツバチは養蜂には向かないと西洋蜜蜂が養育されて使用されているのが現実と成っている。
    [ 2020/06/01 21:50 ] [ 編集 ]
  295. コレ古い漫画の「オサムシ教授の事件簿」で知ったなぁ

    脅威に対し群体で当たらなければ排除出来ず、挙げ句に命懸け
    ミツバチが必死に生き抜く為の最後の手段なんだよなぁ
    [ 2020/06/01 23:09 ] [ 編集 ]
  296. 田舎大阪生き恥生ゴミ雑魚軍団 苗場難波ヒルズで必死こいて烏賊様恥ずかしい~~~
    コロナゴミ大量飼育地域
    [ 2020/06/06 11:22 ] [ 編集 ]
  297. 田舎ダサい玉越谷生き恥生ゴミ雑魚軍団 苗場ウェアで必死こいて烏賊様恥ずかしい~~~
    コロナゴミ大量飼育地域
    [ 2020/06/06 11:44 ] [ 編集 ]
  298. 田舎神奈川川崎生き恥生ゴミ雑魚軍団 苗場ラウワン高津で必死こいて烏賊様恥ずかしい~~~
    コロナゴミ大量飼育地域
    [ 2020/06/06 11:56 ] [ 編集 ]
  299. 田舎富山生き恥生ゴミ雑魚軍団 苗場スポット207で必死こいて烏賊様恥ずかしい~~~
    コロナゴミ大量飼育地域
    [ 2020/06/06 12:06 ] [ 編集 ]
  300. 田舎大阪梅田の生き恥生ゴミ雑魚アルパカは烏賊様しなきゃ勝てない超絶雑魚
    定宿先 苗場梅田ABC
    コロナゴミ大量飼育地域
    [ 2020/06/06 12:35 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサード リンク
検索フォーム
最新記事
ランダム記事
スポンサード リンク



ブログパーツ アクセスランキング