FC2ブログ

パンドラの憂鬱

外国メディアの記事などに寄せられた、海外の反応をお伝えします


海外「アニメに対する考えが変わった」 米評論家『火垂るの墓は史上最高の戦争映画である』

1988年4月、「となりのトトロ」と同時上映された「火垂るの墓」。
当初「となりのトトロ」が60分程度の中編映画として企画されており、
その長さでは単独での全国公開が難しかったために、
「火垂るの墓」が同時上映されたという経緯があるそうです。

この作品を世界中の批評家が高く評価していますが、
米国で最も著名な映画評論家である故ロジャー・イーバート氏もその1人で、
「私が観てきた中で最もリアルなアニメーション」
「戦争映画として最も偉大な作品の1つ」
などと、「火垂るの墓」に対して最大級の賛辞を送っています。

先日、スペイン語圏のサイトでその事実が取り上げられると大きな反響が。
イーバート氏への賛同の声を中心に、様々な声が寄せられています。
「火垂るの墓」アメリカ版DVDに収録されている、
氏のインタビュー動画への反応と併せてご紹介しますのでご覧ください。

「日本の作品は別格だよ」 英紙『日本のアニメを真剣に観るべき理由』が話題に

53765746745.jpg




翻訳元

https://www.youtube.com/watch?v=Pyuj7DC7C4Y



■ 完璧な批評だと思う。
  私は映画を観てる間ずっと涙が止まらなかった。 +5 国籍不明




■ この人のようにアニメーションを楽しみ理解する評論家が、
  世界的にもっと増えていってほしいものだ。 +1397 国籍不明



   ■ 本当にそうだね!
    「取るに足らない瞬間を丁寧に描く。
     それは日本のアニメーションの特徴だ」と彼は指摘した。
     そのことを物凄く嬉しく思う。 +78 国籍不明



■ この映画は俺の心を切り裂いたといっても過言じゃない。 +937 インド




■ ロジャーが泣けると言った映画は100%泣ける。 +437 アメリカ




■ 間違いなく史上最も悲しい映画だと思う。
  あれだけの悲しみを体験するなんて、
  考えるだけでも絶望してしまうよ。 +282 アメリカ




■ ロジャー、イーバートがアニメに詳しくて驚いた。
  日本のアニメやマンガのキャラの目が大きいのは、
  ディズニーの影響ということまで知ってたのか。(言及部分
  実際にそういうスタイルを作ったオサム・テヅカは、
  若い頃にいつもディズニーの絵を描いてたんだ。 +3 アメリカ




■ この作品を観た後は抗うつ剤が欲しくなった。
  涙を流した数少ない映画の1つだよ。 アメリカ




■ ロジャーは「火垂るの墓」の批評をしたと言うより、
  なぜディズニーやピクサーなどのアニメーションよりも、
  日本アニメの方が優れてるのかを説明したんだ。 +809 オーストラリア



   ■ 「枕詞ショット」と言う表現は見事だったね。(言及部分
     たしかに日本のアニメは「日常」を挟むんだ。
     それが観客を強烈に惹き込むんだよ。 +91 カナダ

「こんな国に住みたかった」外国人だけが気づく日本の日常の特別な色彩が話題に



■ 初めて観たアニメの1つがこれだった。
  地元のテレビ局が夜に放送したんだよ。
  ドラゴンボールみたいなアニメしか観た事がなかったから、
  今までとはまったく違う雰囲気に戸惑ったのを覚えてる。
  大げさじゃなく今の自分を形成したアニメだ。 +292 オーストラリア




■ 思い出しただけで胸がつまる。
  2回目はまだ観ることが出来てない。 +10 アメリカ




■ 最初から悲しいけど、どんどん悲しくなってくんだよな。
  「火垂るの墓」以上に悲しい映画は存在しない。 +39 ボリビア



   ■ 俺は1回しか観られなかった。
     もう一度観返す勇気が持てないんだ。
     傑作だけど、あまりにも悲しすぎる。 +1 チリ



■ こんなにも美しく悲しい映画は他にないだろうね。 +5 ペルー




■ ロジャーのアニメの見方が大好きだ。
  そして言うまでもなく「火垂るの墓」は傑作。 +131 カナダ




■ 字幕で観た時は目から涙が溢れた。
  だけど吹き替え版で観た時は耳から血が出た。 +425 国籍不明

海外「日本の声優凄すぎ!」 日本の声優陣の演技力の凄さに外国人が感動



   ■ それは好みとしか言いようがないけどなぁ。 +40 アメリカ



■ これもあのジブリ作品だなんて信じられないよな。 +1 メキシコ




■ 日本が生み出した傑作アートである事は間違いない。 +32 チリ




■ 人に勧めたいと同時に勧めたくもない作品。 +12 アメリカ




■ 初めて観た時のことを今でも覚えてる。
  友達がジブリの映画を大量に貸してくれたんだ。
  最初に観た「紅の豚」は素晴らしかった。
  「火垂るの墓」は……2時間立ち直れなかった。 +17 アメリカ




■ 悲しいだけの映画じゃないよね。だから傑作なんだよ。
  一生に一度出会えるかどうかという作品だろう。 +16 メキシコ




■ 批評を聞いてるだけで泣けてくるわ。 +4 アメリカ

海外「気持ちは分かる」 『火垂るの墓』に号泣する外国人女性に共感の声




■ 俺なんて作品名を聞くだけでもう泣ける。 +8 ニュージーランド




■ アニメに対する考えが変わった作品だった。
  それまではアニメは子供が観るものだと思っていたから。
  言うまでもなく、それは大きな誤解だった。 +3 国籍不明




■ 彼の批評の中で唯一賛同出来ないのが目の大きさに関して。
  全てのアニメで目が大きく描かれてるわけじゃないし、
  ジブリに登場するほとんどのキャラクターの目の大きさは、
  顔の大きさに対して丁度いい比率になってるぞ。 +11 アメリカ




■ スマホが人生で一番大切なものだと思っている、
  10代やそれより小さい全ての子供達に観て欲しい。
  スマホの画面が傷つく事を悲劇だと思ってる彼らに……。
  きっとこの映画は、子供達の考え方を変えてくれる。 +34 国籍不明



   ■ 今の10代とかはアニメファンがかなり多いし、
     すでに観てる子は多いと思うよ。 +6  オーストラリア



■ この人、アニメに関する知識も凄かったんだな。 +9 アメリカ




■ 当時の日本人だって喜び悲しむ普通の生活を送っていた。
  そんな当たり前のことに気づかせてくれた作品。
  そして戦争に勝者なんて存在しないという事にも。 +67 アメリカ

海外「日本は戦時中ですら…」 戦時中の着物の高いデザイン性に外国人が衝撃




■ 「火垂るの墓」自体はあまり好きじゃないけど、
  作品に対するこの人の批評は何時間でも聞いてられる。 +3 カナダ




■ ロジャーがこれまでに行ってきた批評の中で、
  最も共感を呼ぶ内容だったんじゃないだろうか。
  この人の他の映画の批評も見たくなったよ。 +2 アメリカ




■ シリアなどの紛争地域には、今まさにセイタとセツコがいる。
  そのことを想うと胸が引き裂かれるようだ。 +666 アメリカ




■ 偉大なアニメ作品に対する、偉大な批評だった。
  偉大な批評家に感謝する。ありがとう。 +7 国籍不明





関連記事
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑皆様の応援が、皆様が考えている以上に励みになります。
[ 2019/12/24 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(469)




  1. 軍法会議ものとまではいかない違反を繰り返すアメリカ軍の若者を
    椅子に縛り付け強制視聴させる映画の一つ
    [ 2019/12/24 23:01 ] [ 編集 ]
  2. 火垂るの墓は未だに観れませんわ
    [ 2019/12/24 23:02 ] [ 編集 ]
  3. 海外の人達には『アニメは子供が見る物』という考えを改めて欲しい
    [ 2019/12/24 23:02 ] [ 編集 ]
  4. はやこめ
    [ 2019/12/24 23:02 ] [ 編集 ]
  5. となりのトトロと火垂るの墓が同時上映って、なんとえぐいことを…
    見た子どもたちの感情がとっちらかりそう
    上映順はどっちが先だったんだろ
    [ 2019/12/24 23:03 ] [ 編集 ]
  6. まあでもトトロなしで観るとほぼ確実に鬱になるけどな
    [ 2019/12/24 23:05 ] [ 編集 ]
  7. 「この世界の片隅に」の評価はどんなもんなんだろう?
    [ 2019/12/24 23:07 ] [ 編集 ]
  8. 火垂るの墓は軽々しく見れない。
    見る前に覚悟を決めないとだめ。
    身終わったあとは気持ちがズタズタになり暫く引きずる。
    それぐらい自分にとっては重い映画だけど、好きな作品の一つ。
    [ 2019/12/24 23:08 ] [ 編集 ]
  9. 「火垂るの墓」はそんなにええと思わんかったわ

    日本の反戦映画はほとんど作り手が反日やさかいな
    [ 2019/12/24 23:08 ] [ 編集 ]
  10. ■ 俺なんて作品名を聞くだけでもう泣ける。 +8 ニュージーランド

    →このコメントには笑わせられた。
    [ 2019/12/24 23:08 ] [ 編集 ]
  11. 蛍の墓はもう観れない
    心がえぐれる
    [ 2019/12/24 23:09 ] [ 編集 ]
  12. ガキの頃見る
    10代の中二病の頃みる
    20代前半で見る
    20代後半で見る
    結婚して見る
    子供できて見る

    それぞれ違うからな
    一度みた奴も何度も見た奴もまた見てみるといい
    新たな感情わくから
    [ 2019/12/24 23:09 ] [ 編集 ]
  13. 人には勧め難いよなぁ
    [ 2019/12/24 23:09 ] [ 編集 ]
  14. 正直、共感できない内容ではある
    [ 2019/12/24 23:09 ] [ 編集 ]
  15. 戦争描写もそうだけど親戚の叔母さんとのやり取りがムナクソで心に残るんだよなあ
    [ 2019/12/24 23:10 ] [ 編集 ]
  16. アメリカをはじめとした連合国の皆さん、民間人を焼き尽くした気分はどう?
    [ 2019/12/24 23:10 ] [ 編集 ]
  17. 若いヤンキーどもにこれを視聴させるカリキュラムがあっていい。ハルノートとABCD包囲網の知識もいれてな。おまえらが有史史上最悪のジェノサイダー国家だということを改めて突きつけてほしい!
    [ 2019/12/24 23:10 ] [ 編集 ]
  18. 「火垂るの墓」について悲しみを語るアメリカ人程、偽善に満ち溢れた国民はいないわ。

    お前ら、中東での自国の責任からいつまで目を逸らすつもり?って感じ。
    [ 2019/12/24 23:12 ] [ 編集 ]
  19. 反日かどうかでしか作品の良し悪しを語れないって愚かだな
    [ 2019/12/24 23:12 ] [ 編集 ]
  20. ゴジラとハム太郎の同時上映を見たときの様な気分だ
    [ 2019/12/24 23:12 ] [ 編集 ]
  21. 火垂るの墓が、ていうより
    これより酷いことが日常的にあったんだろうと思うと鬱になる
    [ 2019/12/24 23:12 ] [ 編集 ]
  22. くそっ耳から血が出たで吹いた
    [ 2019/12/24 23:12 ] [ 編集 ]
  23. フランスの友人にすすめても全然観てくれない
    なんて言ったら観てくれるんだろう
    [ 2019/12/24 23:12 ] [ 編集 ]
  24. トトロの墓
    [ 2019/12/24 23:12 ] [ 編集 ]
  25. >>7
    「猫は生きている」の感想も聞いてみたい
    …まぁ見てないだろうけど
    [ 2019/12/24 23:12 ] [ 編集 ]
  26. 戦争の虚しさは良く表現できてるけど、いらん妄想も多分に含んでるからなぁ。
    プロパガンダ用に作られてなければ、すごく評価できる作品だったのにな。
    [ 2019/12/24 23:13 ] [ 編集 ]
  27. 戦争映画ではない
    [ 2019/12/24 23:13 ] [ 編集 ]
  28. >シリアなどの紛争地域には、今まさにセイタとセツコがいる

    あの映画の本質ってまさにここだと思うんだど韓国人のフィルターにかかると日本の右翼ガー、被害者コスプレガー、になってしまう
    [ 2019/12/24 23:13 ] [ 編集 ]
  29. ※16
    日独が先立って無差別大規模空襲を思いつき実行に移した事実も忘れるなよ
    [ 2019/12/24 23:14 ] [ 編集 ]
  30. 最後に見たのはいつだろう。また見たいけど、積極的に見たいとはなかなか思わない。
    何回も見ると感動も薄れるしね。
    [ 2019/12/24 23:14 ] [ 編集 ]
  31. ※6
    トトロが先。理解に苦しむ順。
    まぁ、原作者を割と知ってたから泣かへんかったケドね。
    その野坂氏は、いたたまれず席を立ったそうな。
    その仕打ちも考えたらエグい。高畑御大はやはり超人。
    [ 2019/12/24 23:15 ] [ 編集 ]
  32. かなり前に話題になったけど、また再燃したんだね
    [ 2019/12/24 23:15 ] [ 編集 ]
  33. >>15
    いやガキの時に見れば叔母さんとのやりとりはムナクソだったが
    成長してから見たらクソガキそのもの
    [ 2019/12/24 23:15 ] [ 編集 ]
  34. 節子のイラスト入りサクマ式ドロップってのもな~味わえないやんか~
    [ 2019/12/24 23:15 ] [ 編集 ]
  35. 初見時:親戚のBBAめ
    二度目以降:清太のクソ野郎
    [ 2019/12/24 23:16 ] [ 編集 ]
  36. >プロパガンダ用に作られていなければ


    発想が反日韓国人と大差ないな
    [ 2019/12/24 23:16 ] [ 編集 ]
  37. 当時の日本でも2本立てで子供をどん底に引き込んだ作品だからね
    [ 2019/12/24 23:16 ] [ 編集 ]
  38. 火垂るの墓の焼夷弾の消し方は間違っているらしいな
    この世界の片隅にのほうが正確に描写してるらしい
    [ 2019/12/24 23:18 ] [ 編集 ]
  39. 「あのおばさんひどい!」
    から
    「お国の一大事に昼間っからブラブラ遊んで手伝いすらしないニート予備軍が二人も転がり込んできて「(貴重な)米が食いたい」などと抜かしたらどんな聖人も嫌味の一つも言いたくなるのでは?」
    に感想が変わったら
    もう大人になってしまったという事なんだ
    [ 2019/12/24 23:18 ] [ 編集 ]
  40. 生まれる前の戦争について良いだの悪いだの言うこと自体がおこがましいわ。
    当時の人たちが皆懸命に生きた結果だ。
    後に生まれた我々にできることは客観的な視点から研究することだ。
    [ 2019/12/24 23:19 ] [ 編集 ]
  41. 確か2、3回は見たと思う
    けどそれ以降は意図的に避ける様になった
    きついわこの映画は
    [ 2019/12/24 23:19 ] [ 編集 ]
  42. 鑑賞したいという気持ちにはなれませんね
    [ 2019/12/24 23:19 ] [ 編集 ]
  43. アメリカ人が空襲シーン見て、こんな残酷な事をやるクソ国家は許せないと泣き叫ぶ話があるって話は聞く

    ただ英語版はナチスが日本を爆撃してるってなってんだっけ?
    [ 2019/12/24 23:19 ] [ 編集 ]
  44. これ15歳の時に観て凄く辛くて、ずっと以来避けてる。
    トラウマ。
    [ 2019/12/24 23:20 ] [ 編集 ]
  45. 「火垂るの墓っぽい映画」という誤解により敬遠される「この世界の片隅に」の風評被害
    [ 2019/12/24 23:20 ] [ 編集 ]
  46. 枕詞ショットか…なるほどねえ
    海外の作品じゃ日常パートは入らないのかね
    日本じゃバトルモノでも入るけど
    [ 2019/12/24 23:20 ] [ 編集 ]
  47. でもまぁ一度観ておいて損はないと思う
    [ 2019/12/24 23:21 ] [ 編集 ]
  48. 西側の自由民主国諸国内では同じ思いや価値観共有できるけどさ、肝心なテロリストや独裁国家には届かない。
    [ 2019/12/24 23:21 ] [ 編集 ]
  49. 思いがけず良い批評で最後まで動画を観てしまった。
    幼少期は伯母さんが酷いと思ったし、その後観た時は兄が酷いと思ったけど、戦争が酷いんだよな。
    [ 2019/12/24 23:22 ] [ 編集 ]
  50. もし清太と中岡ゲンが出会ってたら清太はゲンにぶっ飛ばされてただろうな
    [ 2019/12/24 23:22 ] [ 編集 ]
  51. 映画の内容とか、節子とかより、母ちゃんのミイラパッケージの姿がトラウマで、二度と観れない…
    [ 2019/12/24 23:22 ] [ 編集 ]
  52. 小学生で毎年夏に強制的に見せられる敗戦映画ってどれも残酷で
    それを経てるから今の日本人はみんな大国にびびったり
    諦めがちなのかも知れないね
    アメリカ人にはショックを与えて己を知ってくれるなら
    あの映画達を全部送り届けたい
    [ 2019/12/24 23:22 ] [ 編集 ]
  53. ほとんどのアメリカ人は「火垂るの墓」アートとして見るけれど、
    アメリカによって実際に被害にあった民間人の歴史とは見ないんだな。
    今もそこかしこで起こっている大国による戦争被害も想像できないんだと
    悲しくなってきた。
    [ 2019/12/24 23:22 ] [ 編集 ]
  54. 民間人の居住区にワザワザ空襲したくせに?
    焼夷弾を囲む様に投下して逃げ道を絶ち、蒸し焼きにしたくせに?

    戦争の勝利者って面白いね。バカじゃねーの?
    [ 2019/12/24 23:23 ] [ 編集 ]
  55. >>33
    だからどっちが悪いとかじゃなくて
    叔母さんも戦争中だったらあの位普通だし
    清太も未熟で、そのぶつかり合いがやるせなくてムナクソなんだよ
    高畑勲もそう言ってるよ
    [ 2019/12/24 23:24 ] [ 編集 ]
  56. 子供時代だと対馬丸の方がショック大きかったかな
    [ 2019/12/24 23:24 ] [ 編集 ]
  57. 岡田斗司夫ゼミによれば「戦争に翻弄される兄妹」ではなく
    「ボンボン清太の自滅の軌跡+道連れになった妹」らしい。
    そして実際に指摘されてみれば納得行くんだよなあ。。。。
    [ 2019/12/24 23:25 ] [ 編集 ]
  58. となりのトトロや、火垂るの墓が上映されてた当時の映画館は、
    朝チケット買って、数時間居続けて繰り返し見たり、
    劇場によっては劇場出なければ別フロアの別映画を見たりする事もできてたな。本当は駄目だけど。
    座席も今の様に指定席で無く、自由に座れる劇場が多かった。
    当時行った神奈川の映画館は、トトロ→火垂るの墓を繰り返し上映を行い、
    各映画の間に席入れ替えの15分休憩時間があった感じだったかな。
    [ 2019/12/24 23:25 ] [ 編集 ]
  59. この世界の片隅にの方がキツかった
    [ 2019/12/24 23:25 ] [ 編集 ]
  60. この映画の評価が、軒並み「もう見れない」「立ち直るのに時間がかかる」「鬱になる」のオンパレードやからさ、いまだに怖て見れんのやがw
    [ 2019/12/24 23:25 ] [ 編集 ]
  61. 俺は1回しか観られなかった。
    もう一度観返す勇気が持てないんだ。
    傑作だけど、あまりにも悲しすぎる。 チリ


    それな……
    [ 2019/12/24 23:25 ] [ 編集 ]
  62. そうか。清太や節子のような子供たちが未だにいるんだな。
    もう2020年なのに今この瞬間にも泣いてる子供も存在すると思うとへこむ。自分ももういい歳の大人なくせに大人って勝手だなと思ってしまったよ。
    [ 2019/12/24 23:26 ] [ 編集 ]
  63. フランダースの犬の最終回も
    ティッシュ1箱必要やわ(´;ω;`)ブワッ
    [ 2019/12/24 23:28 ] [ 編集 ]
  64. 目の大きさって…
    戦前の漫画で既に大きいよ
    のらくろとか見てみろ
    [ 2019/12/24 23:30 ] [ 編集 ]
  65. 30年経ったが2回目が見れない。
    見る勇気がない。
    [ 2019/12/24 23:30 ] [ 編集 ]
  66. 宮崎さんの渾身の作品だね
    日本の左側の人は感情移入するだろうね
    [ 2019/12/24 23:32 ] [ 編集 ]
  67. 火垂るの墓、まだ見てません。このままずっと一生見ないかも。宮崎駿は凄い人だと思うけど、結局日本が悪かったっていう考えの持ち主で反日でしょ。
    戦後74年経ってヴェノナ文書も出てきた。アメリカはそろそろ原爆投下は実験の成果を見るためだったと認めてよ。
    [ 2019/12/24 23:34 ] [ 編集 ]
  68. >人に勧めたいと同時に勧めたくもない作品。 +12 アメリカ

    日本語として変じゃないかな?
    「人に勧めたいと同時に、勧めたくないとも思う作品」
    の方がよくないかな
    [ 2019/12/24 23:34 ] [ 編集 ]
  69. 目が大きいのはディズニーの影響だったのか?
    のらくろも大きかったんだが
    これもか?
    [ 2019/12/24 23:35 ] [ 編集 ]
  70. そもそもこれ、反戦映画でもなければ、そもそも悲劇を描いた作品でもないっていうね
    宮崎作品もそうだけど、高畑作品も表面的にばかり捉えて誤解される事が多すぎる
    [ 2019/12/24 23:35 ] [ 編集 ]
  71. >>36
    みんながカワイソウって言ってるからカワイソウって言わないヤツはKUZUって考えだとそうなるな。
    そんなやつが多いから発信元はやりやすいだろうよ。
    [ 2019/12/24 23:36 ] [ 編集 ]
  72.  日本のアニメやマンガのキャラの目が大きいのは、
      ディズニーの影響ということまで知ってたのか。

    大正時代の竹久夢二とかもすでに目がでかいんだけど
    何でもかんでもディズニーうるさい
    そんなにディズニーが偉大なら自国のアニメだけ見とけよ
    [ 2019/12/24 23:37 ] [ 編集 ]
  73. ※64
    のらくろはアメリカのフィリックスのパクリ
    [ 2019/12/24 23:37 ] [ 編集 ]
  74. まあ、日本人は半強制的にガキの頃から、見せられるからな。
    今更、何とも思わん。そして、食い物が無い中で、身内でも面倒見きれんよ。

    其処に善悪は無い。単に選択肢が有るだけ。やっぱ、こう言うのはある程度、思想と思考が育ってから見んと。ガキの頃は辛気臭いくらいにしか思わんかった。
    [ 2019/12/24 23:37 ] [ 編集 ]
  75. 火垂るの墓は宮崎駿監督作品じゃありませんよ
    [ 2019/12/24 23:38 ] [ 編集 ]
  76. アメリカ人やその他欧米人に欠ける部分が詰まってる映画
    戦争という名の国家による他国市民の無差別殺人は心に突き刺さるだろう
    彼らは想像しないからね、相手にも家族や生活の営み、同じ様に守るもの
    があり彼らと何ら変わらない同じ人間なんだと言うことをね
    [ 2019/12/24 23:38 ] [ 編集 ]
  77. ※67
    知ったかぶって恥を晒してるよ
    これはジブリ作品だけど宮崎作品ではないから
    [ 2019/12/24 23:39 ] [ 編集 ]
  78. ※66
    原作野坂昭如
    監督高畑勲

    宮崎駿関係ないし
    無知な上
    思い込みで叩くなんて恥ずかしいですよww
    [ 2019/12/24 23:39 ] [ 編集 ]
  79. 生放送でも酔っぱらって好き放題言ってた野坂の印象があまりにも強くてせっかくの感動がそがれてしまうんだよな。
    [ 2019/12/24 23:40 ] [ 編集 ]
  80. ※67
    宮崎作品ではない
    [ 2019/12/24 23:40 ] [ 編集 ]
  81. トトロと抱き合わせって、いや、無理だろ。
    [ 2019/12/24 23:40 ] [ 編集 ]
  82. ※78
    左翼さんは反応早いね
    こっちはどうでもいいしw
    [ 2019/12/24 23:42 ] [ 編集 ]
  83. 戦争映画かなあ
    舞台は戦時で、元凶は戦争にあるとしても
    社会性を失うことの悲しさがメインテーマだと思うよ
    だから現代の人間にも刺さる部分がある
    [ 2019/12/24 23:42 ] [ 編集 ]
  84. どっかの国の奴らはこれを被害者コスプレと言って罵るんだがな。
    どこまでも精神が歪んだ奴ら。
    [ 2019/12/24 23:43 ] [ 編集 ]
  85. 今、いろいろな争いを行っている地域で放送した場合のその後の人々の心の変化を実験的に研究してほしいな。
    [ 2019/12/24 23:43 ] [ 編集 ]
  86. 2回と観れない作品の一つだ
    [ 2019/12/24 23:43 ] [ 編集 ]
  87. 清田が人を助けない、人に助けてもらおうとしない為に自滅していく話やぞ?
    [ 2019/12/24 23:44 ] [ 編集 ]
  88. ※82
    どうでもいいなら書き込むなよ
    それと間違いは訂正されて当たり前だぞ
    恥ずかしいねぇ
    [ 2019/12/24 23:46 ] [ 編集 ]
  89. おばさんと清太のどちらが悪いかというより、原爆投下もそうだけど非戦闘員である民間人に対するアメリカの戦争犯罪の悲劇を描いていると思った。
    [ 2019/12/24 23:47 ] [ 編集 ]
  90. 火垂りの墓は確かに過大評価
    あれってグロいだけじゃん
    はだしのゲンにしろ

    この時代の映画は作り手が戦争経験者じゃなく
    反日左翼の単なる「戦争反対!」なせいで何のリアリティーもない
    最近はあの映画を強制的にみさせる学校が減ったみたいで嬉しい
    [ 2019/12/24 23:47 ] [ 編集 ]
  91. 主人公のワガママとプライドの結果、罪のない妹が亡くなるのが辛すぎて腹がたった。

    原作者も嫌いだし、ジブリで一番嫌いな作品。
    [ 2019/12/24 23:49 ] [ 編集 ]
  92. それより俺最近ウ〇コビチビチやねん
    [ 2019/12/24 23:49 ] [ 編集 ]
  93. 米に宮崎作品だと思ってるのがチラホラいて大草原

    昔の名作劇場含めて高畑勲監督作品ですよw
    [ 2019/12/24 23:50 ] [ 編集 ]
  94. 子供の頃に見たときはただただ悲しい映画だった
    大人になってから見た時は子供の頃に分からなかった事が見えてきて泣きじゃくって心底落ち込む映画になった
    大人になってからの方が見れない映画だと自分は思ってる
    [ 2019/12/24 23:51 ] [ 編集 ]
  95. >反日左翼の単なる「戦争反対!」なせいで何のリアリティーもない

    野坂の実体験が基になってるのにリアリティーが無いとか言っててアホ
    お前の戦争体験の方が凄いのか?w
    [ 2019/12/24 23:51 ] [ 編集 ]
  96. 今日本だと戦争アニメといったら「火垂るの墓」より「この世界の片隅で」が人気高いよね
    映画化やドラマ化もして視聴率もまあまあとったし

    火垂るの墓は鬱映画なだけな印象
    [ 2019/12/24 23:51 ] [ 編集 ]
  97. 火垂るの墓は心をえぐるトラウマになる映画。
    外国人が見てショックを受けるのも頷ける。若い人なら尚更だし、多分この衝撃は大人になってもなかなか心から消えないと思うよ。
    うちの母親があんなに泣いたの初めて見たし、流石にもう一度見たいとは思えんなぁ…
    親戚の家を飛び出さなければああいう結末を迎えることにはならなかったろうにと何度も考える
    [ 2019/12/24 23:52 ] [ 編集 ]
  98. サヨク映画
    ただそれだけ
    [ 2019/12/24 23:53 ] [ 編集 ]
  99. 戦争映画としか観れない人は不幸かもね。
    三月のライオンにも同じ様なコンセプトがあるよ。
    人間哲学の題材でしょ。
    [ 2019/12/24 23:54 ] [ 編集 ]
  100. ※5
    名古屋あたりでは新聞で上演開始時間見て合わせればどちらからでも観られた。火垂るを先に観た俺勝ち組w
    [ 2019/12/24 23:54 ] [ 編集 ]
  101. ブログ主が貼ってくれた、この批評家の動画に見入ってしまった。
    映画としての方法論からのアプローチ勉強になったわ。
    [ 2019/12/24 23:54 ] [ 編集 ]
  102. 火垂るの墓では泣かなかったけど
    禁じられた遊びでは泣いた
    [ 2019/12/24 23:54 ] [ 編集 ]
  103. でもこれみてアメリカは反省するの?
    しないでしょ
    戦争は悲しくむなしいものだ~日本人は間違っていた~
    こうしめくくって終わりでしょ
    [ 2019/12/24 23:55 ] [ 編集 ]
  104. 罰ゲーム「火垂る墓を視聴する」

    アメリカでは、罰ゲームに採用されるほどらしいwww
    [ 2019/12/24 23:55 ] [ 編集 ]
  105. ※78※88
    同一人物乙
    間違え指摘して、優越感に浸ってるおまえかっこいいわ
    ネットヒーローだな
    [ 2019/12/24 23:55 ] [ 編集 ]
  106. セツコが愛らしすぎるんだよ。過剰なまでにかわいらしく、魅力的に描いてある。
    絶対に守りたいと思ってしまうような存在がなすすべもなく死んでいく様を見せつけられて、観客は耐え難い悲しみと喪失感に襲われる。製作者は絶対に狙ってやってるんだけど、ちょっとやりすぎな感もあるね。辛すぎるもの。
    [ 2019/12/24 23:56 ] [ 編集 ]
  107. イーバートは宮﨑駿を神と崇めていたからな
    (インタビューの時、「神を前にしたらこんな気持ちになるだろう」
    と語ってる)

    そのイーバートさえ、ハウルの評論では
    「始まった時、また宮崎の傑作に新しい一本が加わったと
    確信していたのに見終わったときは怒りに変わっていた」と批判
    [ 2019/12/24 23:57 ] [ 編集 ]
  108. >■ 彼の批評の中で唯一賛同出来ないのが目の大きさに関して。
      全てのアニメで目が大きく描かれてるわけじゃないし、
      ジブリに登場するほとんどのキャラクターの目の大きさは、
      顔の大きさに対して丁度いい比率になってるぞ。 +11 アメリカ

    アメリカ人って何故か自分達が全ての始まりかのような勘違いしてる人多いよね
    この批評家もアニメをよくわかってないってこと
    [ 2019/12/24 23:57 ] [ 編集 ]
  109. >「私が観てきた中で最もリアルなアニメーション」
    「戦争映画として最も偉大な作品の1つ」

    日本の事も当時も知らない癖にリアルなんてよく言えるよね
    [ 2019/12/25 00:00 ] [ 編集 ]
  110. ※105
    おお!
    自分が間違っていたと格好悪かったと認めるんだな
    あと同一人物じゃないぞ
    お前の間違いだから訂正しとくぞwww
    [ 2019/12/25 00:00 ] [ 編集 ]
  111. 西原理恵子談:あのアニメ、気分悪くなるから見ない方がいいよ。
    [ 2019/12/25 00:01 ] [ 編集 ]
  112. 戦争映画ではないね
    戦時中を舞台にした映画だけれども
    主人公が間違ったチョイスをしなければ兄弟とも死なずに済んだっていう
    メッセージだろこれ
    [ 2019/12/25 00:02 ] [ 編集 ]
  113. 清太がやたら悪く言われるけど、現実は妹を見殺しにして自分だけのうのうと生きる兄が殆どだと思うよ
    父親が帰ってくると信じていて、父に褒められたい一心で節子の面倒を見たんだろうと思うと悲しい
    [ 2019/12/25 00:02 ] [ 編集 ]
  114. この評論家の人ってたしか宮崎駿の作品も高く評価していたはず
    駿にインタビューもしていたような記憶がある
    どこかは忘れたけどこことは別の海外の反応系ブログで読めるよ
    [ 2019/12/25 00:03 ] [ 編集 ]
  115. ※105
    すると君はネットピエロかなんかですか
    [ 2019/12/25 00:03 ] [ 編集 ]
  116. はだしのげんが小学校の図書館から消えたのはやっぱり寂しいな
    [ 2019/12/25 00:04 ] [ 編集 ]
  117. >日本のアニメやマンガのキャラの目が大きいのは、
      ディズニーの影響
    日本のアニメが先行者だったディズニーの影響を受けてるのは本当だが、目が大きい理由というのは流石に違う。

    [ 2019/12/25 00:04 ] [ 編集 ]
  118. そうか、事実誤認が随分と沢山あるが。
    罹災の原因が戦争で無くても同じ結果だから、戦争映画とは言い難いな。
    [ 2019/12/25 00:05 ] [ 編集 ]
  119. ※53
    その通り
    アメリカ人は火垂るの墓をみてもちっとも悪いと思ってないよ
    日本在住のアメリカ人にいっぱいあってきたけど原爆の話になると話にならない
    ヨーロッパ人とかは原爆を悪いと思ってるけどアメリカ人はまだ正しいと思ってるやつが多数派だから
    英語喋れるようになってアメリカ人と話すとアメリカ嫌いになるよまじで

    アメリカは原爆以外にも非戦闘員を虐殺しまくった空襲も知らないヤツ多い
    でそれを問われると「日本も南京が~慰安婦が~」と必ず争点をそらして逃げる
    [ 2019/12/25 00:06 ] [ 編集 ]
  120. まあこの作品について監督高畑勲のコメントを読まない人の多いこと。
    反戦映画でもなくリアルな家族の物語でもない。自分ひとりのファンタジーに逃げ込んだ少年の末路なんだが。
    [ 2019/12/25 00:07 ] [ 編集 ]
  121. ※116
    いやそれは消えてオッケー
    作者が極左のやばいやつだし
    [ 2019/12/25 00:07 ] [ 編集 ]
  122. >日本のアニメやマンガのキャラの目が大きいのは、
      ディズニーの影響
    また無知がいい加減なことを書いている。
    中原淳一のスタイルが少女漫画のスタンダードになりアニメになったと。
    [ 2019/12/25 00:08 ] [ 編集 ]
  123. ※28が全部言ってくれた。
    [ 2019/12/25 00:09 ] [ 編集 ]
  124. >取るに足らない瞬間を丁寧に描く。それが日本アニメの特徴。

    それはない。
    やったのは高畑と宮崎だけ。
    他の監督は「やったつもり」になってるだけ。
    とてつもない才能と情熱と時間とお金がいる表現だよ。
    高畑は遺作の「かぐや姫」でも、これをとことんやった作家で見事だ。
    真の天才だった。
    [ 2019/12/25 00:09 ] [ 編集 ]
  125. 確かに火垂るの墓は名作だと思うが、
    何度も見たいとは思わない。
    [ 2019/12/25 00:10 ] [ 編集 ]
  126. 子供の頃見て、大人になったが見る気になれない。
    悲痛な気持ちになるのは分かってるから、見るまでの腰が重い。
    ジブリ作品で唯一かもしれん。2度目を見ていないのは。
    [ 2019/12/25 00:10 ] [ 編集 ]
  127. これと対馬丸とこの世界の片隅にをアメリカさんに必須で観させたら己の傲慢っぷりが理解できるかな。
    [ 2019/12/25 00:11 ] [ 編集 ]
  128. 安倍信者のゴ、ミク、ズパンドラ民ども
    お前らは日本を汚すな日本から消えろ
    [ 2019/12/25 00:12 ] [ 編集 ]
  129. 原作者の野坂氏はあのアニメを「お涙頂戴」とこき下ろしてた。
    [ 2019/12/25 00:12 ] [ 編集 ]
  130. 清田は農家を手伝って食糧を得るって考えなかったんだろうか?
    [ 2019/12/25 00:12 ] [ 編集 ]
  131. 高畑と宮崎は、サヨクだのウヨクだのって世界を越えたもの。
    なぜ日本が生んだ天才だ。
    てめえのアホな政治的な枠組みで矮小化するネット民に腹立つわ。

    俺はサヨク大嫌いだが、このふたりは無条件に大好きだ。
    圧倒的な才能を尊敬する。
    [ 2019/12/25 00:13 ] [ 編集 ]
  132. 映画見たなら原作も読んでほしいな。
    たしか原作のがエグイ表現があって落ち込む。
    [ 2019/12/25 00:13 ] [ 編集 ]
  133. ※22
    直後のそれは好みとしか言いようがないでまた噴いた
    [ 2019/12/25 00:14 ] [ 編集 ]
  134. 関根勤の評
    火垂るの墓は嫌い。見てると兄に怒りが湧いてくる。
    おばさんに頭を下げろよ、妹のためだろ
    [ 2019/12/25 00:14 ] [ 編集 ]
  135. >でもこれみてアメリカは反省するの?
    >しないでしょ
    >戦争は悲しくむなしいものだ~日本人は間違っていた~
    >こうしめくくって終わりでしょ

    反省してほしいわけ? もうほぼ当時の経験もい民間人に?
    日本人だって戦争以降生まれの人間に当時のこと反省しろとか言われたら腹立つんじゃないの。

    個人的な考えであると前置きするけど、人は自国を肯定して生きていくべきだと思うんだよ。
    アメリカ人にとってあの戦争は、原爆投下は正しかった、日本人にとって原爆投下は許されないもの。
    それでいいじゃない。その部分はその部分で置いておいて、すべての意見を同一になんてできないまま手を取り合うものでしょ。
    他国の人に自国を否定して生きろって言うのは傲慢だわ。
    [ 2019/12/25 00:16 ] [ 編集 ]
  136. 「おしん」も同じだけど物語を基準に日本を誤解して欲しくないなぁ。
    あまりに事実誤認が多いから、フィクションと割り切って観て欲しい。
    [ 2019/12/25 00:19 ] [ 編集 ]
  137. 幼い頃に観てから2回目が今になっても観れない…
    [ 2019/12/25 00:19 ] [ 編集 ]
  138. となりのトトロと抱き合わせ予定だったってマジか
    もし実現してたらトトロヒットしなかっただろうな
    [ 2019/12/25 00:20 ] [ 編集 ]
  139. 子供の頃軽い気持ちで観て
    初めての「めでたしめでたし」で終わらないアニメだったから辛かった
    [ 2019/12/25 00:21 ] [ 編集 ]
  140. 意固地な兄にイライラすると同時に男の子としての共感もできる
    この複雑性がドラマをなんとも形容しがたいものにしてる。
    可哀想だから悲しいって映画じゃないんだよね。

    ふたりが暮らす洞窟は、心の洞窟。

    [ 2019/12/25 00:21 ] [ 編集 ]
  141. 小学校卒業で直ぐに働き始めるのが普通の時代。
    中学生・女学生は学徒動員で工場などで働いていた時代。
    あまりに清田が何も知らなさ過ぎる。
    [ 2019/12/25 00:23 ] [ 編集 ]
  142. ディフォルメが強いのって目が大きいというより口が小さい所じゃないか?
    [ 2019/12/25 00:23 ] [ 編集 ]
  143. 上映当時はまだ原爆の被害者とか沢山いたから、そこまで酷い話だとは思わなかったな
    内容がはだしのゲンとかに近かったし
    [ 2019/12/25 00:23 ] [ 編集 ]
  144. ※128
    穢れは消えなさい
    [ 2019/12/25 00:25 ] [ 編集 ]
  145. 火垂るの墓をリアルで観た世代はそれより前に対馬丸も観ているから耐性があってトトロと同時上映でも問題ないのだ
    [ 2019/12/25 00:26 ] [ 編集 ]
  146. 他人の家にあがり込む意味を知って欲しい民族がいるよね。
    節子が可愛そうな事になる。
    [ 2019/12/25 00:28 ] [ 編集 ]
  147. 等速で動画全部見たのに
    つべ見に行ったら236回しか再生されて無くて吹いた
    [ 2019/12/25 00:28 ] [ 編集 ]
  148. ななし
    焼き場に立つ少年とかぶるね。
    [ 2019/12/25 00:30 ] [ 編集 ]
  149. せつこ、それ○○ちゃう
    [ 2019/12/25 00:30 ] [ 編集 ]
  150. ※135
    反省しながら生きるのが人間でしょ。アメリカだって、いつかは原爆や空襲での民間人虐サツの責任と善悪に向き合う時が来るよ。当事者たちがみな鬼籍に入るまで、その時は来ないだろうけど。
    [ 2019/12/25 00:32 ] [ 編集 ]
  151. 火垂るの墓は見る人の心の鏡になる作品。
    見る人によって感想が変わる。
    ちなみに僕は悲しく感じなかった。
    [ 2019/12/25 00:33 ] [ 編集 ]
  152. ※128
    日本を一番穢してるのはお前ら朝鮮人だけどな
    [ 2019/12/25 00:34 ] [ 編集 ]
  153. ※9
    お前みたいなのに対して高畑勲は
    「反戦アニメなどでは全くない、そのようなメッセージは一切含まれていない」
    「決して単なる反戦映画ではなく、お涙頂戴のかわいそうな戦争の犠牲者の物語でもなく、戦争の時代に生きた、ごく普通の子供がたどった悲劇の物語を描いた」
    反戦アニメと受け取られたことについてはやむを得ないだろうとしている。
    高畑自身はこの映画を心中物として描いており
    「戦争の悲惨さを出すんだったらもっと激しくやらなければおかしいんじゃないか。」と述べている
    [ 2019/12/25 00:37 ] [ 編集 ]
  154. 小学校で強制的に見させられて一か月は鬱になったわ
    いきなりあんなもん見せたことに関しては今でも腹が立つくらいだ
    冗談抜きで一生モノのトラウマだ
    [ 2019/12/25 00:38 ] [ 編集 ]
  155. アメリカ人って結構繊細だよな
    [ 2019/12/25 00:38 ] [ 編集 ]
  156. メリークリスマス!

    ごめん、ちょっと言いたかったんだ
    [ 2019/12/25 00:38 ] [ 編集 ]
  157. 管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    [ 2019/12/25 00:39 ] [ 編集 ]
  158. ジブリのキャラクターは、目は大きく無いだろう。
    そして、オサムテヅカの影響も無いと思われ。

    まーそれにしても、アニメ映画の評論で、これ程に私を唸らせ納得させる評論は初めてだ。日本の、その辺にウジャウジャいるナンチャッテ評論家とは次元が違う。
    良い映像特典を見せてもらったは。
    [ 2019/12/25 00:39 ] [ 編集 ]
  159. 見る年齢で感想が大きく変わりそうな作品ってことか。

    小学生の時に見ただけだから、セイタに感情移入して、ただただ精神削られただけだった。でも皆のコメント見て思い返すと、確かに今見たらあの時とは違う感想抱きそうだなと思ったわ。

    でも、やっぱりもう一度見るのは嫌。
    [ 2019/12/25 00:40 ] [ 編集 ]
  160. すでに、日本旅行ブームで広島に行ったりして
    日本人ならある意味見慣れている「被爆」のモノを見て精神的ショックを受ける人が相当に居る。
    如何に不必要で、民間人に対する大虐殺と言える攻撃であったが
    それだけじゃなく東京への大空襲や民間人への攻撃なども含めて
    最近はアメリカ人すら第二次大戦のアメリカに否定的だったりする。
    [ 2019/12/25 00:42 ] [ 編集 ]
  161. 単に清太が無能だったって映画
    [ 2019/12/25 00:43 ] [ 編集 ]
  162. ※128
    ゴ、ミク、ズの韓国人のお前が日本から消えた方が早いだろ。
    いやこの世から消えた方がいい存在だな。韓国人とういう汚れたお前は。
    [ 2019/12/25 00:43 ] [ 編集 ]
  163. となりの墓

    火垂るのトトロ

    同時上映
    [ 2019/12/25 00:43 ] [ 編集 ]
  164. なんかアレはせいたが間違いを犯した(おばさんの家から家出する)罪で
    煉獄に閉じ込められるまでの話だという恐ろしい考察を見た事がある。
    で、確かにそういう風に解釈しようと思えばあっさりできる。
    トトロもそうだけど裏に実は大きな暗い風刺やテーマがあってそれを見つけ出されないように作る事で、
    深みが増すという技法なんじゃないかと俺は思う。
    クオリティの高いものを作り出す為の近道というか、それこそ一部の芸術家たちの「裏技」みたいな。
    昔から絵画にもそういう一旦があったからもしかしたら基礎的な事なのかもしれない。
    [ 2019/12/25 00:43 ] [ 編集 ]
  165. トトロの舞台が昭和30年代前半なので、その
    十年ちょっと前が火垂るの墓の世界になる。
    [ 2019/12/25 00:46 ] [ 編集 ]
  166. ※128
    安倍総理「国との約束を守れ」
    文「グギギギ……ファッビョーーーーーーン!!!」
    [ 2019/12/25 00:47 ] [ 編集 ]
  167. なかなか良かった
    火垂るの墓をストーリーよりも表現方法に着目した批評は珍しいからな
    [ 2019/12/25 00:49 ] [ 編集 ]
  168. 目が大きいのは100年前のアニメからそうだったぞ
    当然、ディズニーが生まれる前からだ
    ディズニーの影響を受けたと思いたいんだろうけど関係ない
    [ 2019/12/25 00:51 ] [ 編集 ]


  169. 清太が無能ってw
    両親のいない中学生が戦時中に幼い妹抱えて
    金もないのにどれだけのことが出来ると思ってんの?
    [ 2019/12/25 00:53 ] [ 編集 ]
  170. アニメ、アニメ映画は全く見ないしこれからも見ないだろうが、
    この評論家さんの分析には完璧に納得させられる。
    バークレイに住んでる誰かさんと全く違って感動すら覚えた。
    [ 2019/12/25 00:55 ] [ 編集 ]
  171. 終戦前だから配給もあった。軍人の家族ならなおさら。
    内地で餓死者が出たのは沖縄の連合国の収容所やGHQ期。

    ドイツは国家消滅直後に80万餓死してる。
    [ 2019/12/25 00:55 ] [ 編集 ]
  172. 見たいけど見たくない映画
    [ 2019/12/25 00:56 ] [ 編集 ]
  173. ※9
    原作は反日どころか反戦ですらなくネグレクトがテーマなんだけどな

    戦後世代以降が、悲劇的だ=反戦と勘違いしてるだけで
    原作者世代はあの状況が当たり前の中で育ったからな
    [ 2019/12/25 01:01 ] [ 編集 ]
  174. これを「アメリカ」悪いと観るか「戦争」悪いと観るかで受け手側も問われるよね。
    前者は被害者コスプレだと捉えるだろうけど、ビデオでも言ってるように誰が悪いとは描いてない。日本人自体が後悔、懺悔も含め「戦争もうコリゴリ」と思ってるのは事実だから、前者のような描き方なんてまずするはずない。
    韓国にも慰安婦を主人公にしたアニメがあるようだけど、たぶん描き方は違うよね。前者のような描き方しても同情は得られても共感は難しいと思う。だって辛い目にあったのは自分だけじゃないし、世の中もっと辛い人たちもいるわけだから。
    [ 2019/12/25 01:04 ] [ 編集 ]
  175. ※128※168
    まともなオッサンは2016年のマイナンバーでツイッターの方に逃げてって
    2ちゃんねるニュース関連板とか悲惨なことになってる(高卒レベル板化。主に右翼団体とその信者や下請け企業の影響)し

    まとめブログも一般ニュース系のとこもここ2年ぐらいはかなり酷いから、まともなニュースが見たかったら
    ツイッターを見ておいた方がいいぞ

    例外はニュータイド関連スレッドと
    センテンススプリング関連スレッドぐらいのもの。
    海外関連定期スレッドだと、ロシアの軍事兵器関連スレッド立ててるのもマシな側か

    それ以外のスレッドは原則、広告宣伝偏差値21どころか20ぐらいだから本当に。例外ももちろんあるけどな。例外でしかない
    [ 2019/12/25 01:06 ] [ 編集 ]
  176. 別にディズニーの影響じゃねーし
    ナチュラルにアメリカの手柄にしようとすんな
    [ 2019/12/25 01:07 ] [ 編集 ]
  177. 手塚治がバンビぼ映画を何百回もみたわけだし、当然その手塚漫画の作品の影響を受けた人たちからずーと続いてるわけだから、ディズニーが祖と言っても仕方がないわな。
    でも、今じゃディズニーが日本のアニメストーリー模倣してますけどね。
    [ 2019/12/25 01:09 ] [ 編集 ]
  178. 高畑「トトロってほんわかファンタジーだけど本当は戦時中なんだよね
       せや、同時上映を火垂るの墓では戦後の悲惨な子供を描いてバランスとろ」
    [ 2019/12/25 01:09 ] [ 編集 ]
  179. ※128※168
    もう少しストレートな表現で書くと
    大卒レベルでいたかったら、ツイッターのニュースをメインで見ておいた方がいいぞ

    2ちゃんねるやまとめブログを見てもいいけど
    せめて、ステマ業者とサクラとバカ信者が占領してる広場として見てないと駄目だわ
    劣化すさまじいからな。年々知性が消えてる
    [ 2019/12/25 01:09 ] [ 編集 ]
  180. ※187
    ツイッターのニュースをメインで見てるのなんて中学生でもいないわ。
    それほどツイッターのニュースなんてチラ裏ってことこなんだけど、理解できてる?理解できるだけの知性がある?
    [ 2019/12/25 01:14 ] [ 編集 ]
  181. ※183
    >は2016年のマイナンバーでツイッターの方に逃げて

    この一文だけどおまえの頭が幼稚園並みだっていうのがよくわかるw
    [ 2019/12/25 01:15 ] [ 編集 ]
  182. 昔の日本アニメって目小さいじゃんよー
    なんでも自国の手柄にするのは韓国人っぽいからやめた方がいいよって言ったらやめてくれるかなあ?
    [ 2019/12/25 01:15 ] [ 編集 ]
  183. なんか熱くなってる人がいるけど…

    まとめサイト「しか」見ない人なんて現実にはいないんだけどね。
    [ 2019/12/25 01:16 ] [ 編集 ]
  184. 節子が栄養失調になったのになぜ清太さんはならなかったのか?
    節子が餓死するまでなぜ清太さんは金をおろさなかったのか?
    家が買えるほどの金を持ちながらなぜ清太さんは一か月後に餓死してるのか?

    この疑問に対する清く納得できる答えが見つからない限り人間の弱さを考えさせられる。

    1の疑問:清太さんは自分が元気じゃないと共倒れになるだけと自分に言い聞かせてガッツリ食ってた
    2の疑問:わてだけでも生き残ろうと金は温存したかった
    3の疑問:節子が死んで豪遊していたところ愚連隊に金を奪われた
    [ 2019/12/25 01:17 ] [ 編集 ]
  185. ジブリ大嫌いなんだけど
    この映画だけは別
    よくぞ作ってくれました
    [ 2019/12/25 01:18 ] [ 編集 ]
  186. いつもの、複数コメントつけてくる荒らし湧いて来たな

    何か火消しNGワードに引っかかったらしい
    [ 2019/12/25 01:20 ] [ 編集 ]
  187. 60年代くらいまでは、確かにディズニーの影響はあるだろうな。
    日本も既に戦前の時点でアニメのレベルは相当なものだったが、アメリカの戦前のディズニー製作カラーアニメ映画は、そのレベルの高さに度肝を抜かれる。戦後、このアニメ映画を見た日本のクリエイターたちが、その影響から逃れるのは難しかっただろう。

    でも、劇画や少女漫画が登場し始めた60年代後半から70年代に入る頃には、もうディズニーの影響で目が大きめに描かれるというわけではなくなった。
    すなわち、見る者の心に訴えかけるキャラの表情を描こうとするとき、普通の人間の表情と同じように目が最も重要であり、目を丁寧に書き込むことの大切さが認識され始めた。結局、目が大きい方が描き込みやすかったというわけだ。
    [ 2019/12/25 01:23 ] [ 編集 ]
  188. まとめブログ信者なのであれば、

    ウィキペディアでいいからライブドアやLIMEの親会社がどこか見てから、それが合ってるかどうか別記事探して読んでおくと

    アホでも理解しやすいんで、おすすめどころか冬休みアホ学生なら必須な

    で、2ちゃんねるもまとめブログ(コメント3桁あるところはバカが多いので、業者やサクラの優先工作対象)も
    ステマ業者&サクラ&それらの信者の方が圧倒的に多くて

    警察&大手マスコミ(参考:記者クラブ制度、権力に屈するジャーナリズム)も個人としてはともかく、組織としてはステマ側なんで、

    お前らステマ業者&サクラの信者なんだろうが
    そのまま信者でいた場合、ゆとり1世代下までの圧倒的大多数みたいな手遅れ状態になるから、

    ああなりたくなかったら学生の間にステマ業者信仰やめるようにしとけよ。逆にゆとり1世代下までに憧れてるならそのままステマ業者信者でいとけばいいかもしれないが…

    あれ(2ちゃんねらーニュース関連板住人)賢い&カッコいいと思えるセンスが謎だわ
    [ 2019/12/25 01:30 ] [ 編集 ]
  189. はだしのゲンのアニメは海外ではあまり知られていないんだろうか?
    原爆投下の描写はインパクトあるし、
    ゲンの明るくたくましい生き方も印象的で好きだけどなぁ
    火垂るの墓のような絶望的な悲壮感は無いけど、
    これも戦争アニメとして見るべき一本だと思う
    [ 2019/12/25 01:31 ] [ 編集 ]
  190. この複数コメントつけまくってる奴、ネタやなりすましでやってるように見えるだろうが
    バカは本当に引っかかるからそれ

    なのでバカ向けにわざわざツッコミ入れてる
    後で理解したら感謝しろよこういうのに極端に弱いバカは
    [ 2019/12/25 01:33 ] [ 編集 ]
  191. すげぇ批評家がちゃんと批評家しとる
    [ 2019/12/25 01:36 ] [ 編集 ]
  192. おーいなんだこのゴミ共は
    管理人はやくアク禁にしろ
    [ 2019/12/25 01:39 ] [ 編集 ]
  193. ■ ロジャーは「火垂るの墓」の批評をしたと言うより、
      なぜディズニーやピクサーなどのアニメーションよりも、
    日本アニメの方が優れてるのかを説明したんだ。 +809 オーストラリア

    まぁな
    戦後すぐは流石にディズニーのが凄かったけど
    [ 2019/12/25 01:41 ] [ 編集 ]
  194. 日本に電灯がなかった時代から「歌舞伎」という演劇があった。暗い舞台でも遠くの観客にまで演技を伝える為に、演者は「クマドリ」というペイントを顔に施す事を選んだ。他の国の役者なら、身振り手振りで登場人物の感情を観客に伝えただろうと思うが、日本の歌舞伎役者はそうしなかった。あくまでも表情の演技で感情を伝えようとしたのだ。
    日本のアニメの登場人物の目が大きく描かれるも同じ。昔のアニメは画質が悪かったから、目を大きく描く事で、登場人物の感情表現を表情で伝えやすくしたのだ。それは歌舞伎の暗い舞台と一緒で、マイナスの環境下で表情を伝える為の苦心の策なのだ。
    西洋のアニメに於いて、画質が悪かった頃は、キャラクターの全身を動かす事で感情を表現した。それらはドタバタアニメと評され、アニメの画質が上がってからは、寂れてしまった表現だ。日本式と西洋式、黎明期のアニメでどちらが優れていたかは、歴史が証明している。
    ちなみに中期の歌舞伎は「贅沢」とか「公序良俗に反する内容」とかで、時の政府(幕府)に目の敵にされていたので、明かりの沢山ある所や太陽の下では、大っぴらに催しづらかった、という事情があった。
    [ 2019/12/25 01:42 ] [ 編集 ]
  195. 火垂るの墓よりこの世界の片隅にのが好きかなぁ
    [ 2019/12/25 01:43 ] [ 編集 ]
  196. 的外れな話だけど 初めて神戸に行った時に 小さい女の子の声がモロに節子で泣きそうになったわwww
    [ 2019/12/25 01:49 ] [ 編集 ]
  197. 「ほったら墓(古墳) 」 ←オヤジギャグ??
     
    [ 2019/12/25 01:49 ] [ 編集 ]
  198. 火垂るの墓は涙が止まらない
    「14歳と4歳で生きていこうと思った」ってポスターかジャケットに書かれていた記憶が…
    上映順が火垂るの墓→トトロならまだ良かっただろうにね
    [ 2019/12/25 01:50 ] [ 編集 ]
  199. ルーズベルトに見てほしいね
    アメリカが空爆したその下に罪なき普通の人々がいたことを
    一体どれほどの悲しみが、そこにあったのか
    想像して欲しい
    [ 2019/12/25 01:50 ] [ 編集 ]
  200. 戦争映画っていうより戦災映画じゃん
    [ 2019/12/25 01:51 ] [ 編集 ]
  201. でもあいつらの評価って軽いからなぁ
    何に対しても最も〇〇な物だーって言うじゃん
    政治的なポーズ含めて
    [ 2019/12/25 01:53 ] [ 編集 ]
  202. サクマドロップの缶を見るだけで胸が痛くなるようになったわ
    [ 2019/12/25 02:05 ] [ 編集 ]
  203. 確かにアメリカのアニメ動きはヌルヌルだけど
    内容は子供だましの勧善懲悪ばかり
    だからいまだに子供向けの物なんて言ってるんだな
    [ 2019/12/25 02:16 ] [ 編集 ]
  204. ロジャーイーバート
    「この題材なら普通は実写でやろうと考える。実写でもいい作品になるかもしれないが、しかしアニメならではの純度が失われるだろう。飢えた少女という概念を描くには実写だと生々しすぎて真意がぼける。」
    「現実世界と様式的なアニメキャラは対立してるように思われがちだが、そんなことはなく、むしろアニメキャラが放り込まれる世界の描写がリアルなほど純度が増す」

    ロジャーさん凄くいい事言ってる。
    普通の日本人クリエイターはこのアニメの特性をポジティブな方向に使う(京アニ、新海誠)、
    しかし悪魔的な高畑勲は「餓死する少女」という極めてネガティブな純粋性を表現するのにアニメを使う。
    [ 2019/12/25 02:17 ] [ 編集 ]
  205. ウォルトディズニーが中学生の頃から日本にはアニメがあってその時からキャラの目は大きかったけどな!
    [ 2019/12/25 02:24 ] [ 編集 ]
  206. のんきにオルガンひいてりゃ追い出されて当然やろが
    [ 2019/12/25 02:28 ] [ 編集 ]
  207. 名無し
    一回見ると戦争映画にみえるけどちゃんと見ると描いてるものは全然別のもの。
    素人ならいいけどロジャーっておっさんは大恥だなこれ。
    [ 2019/12/25 02:42 ] [ 編集 ]
  208. アメリカ人は火垂るの墓を見ても、民間人への無差別攻撃は
    正しかったと言い張るんだよな
    ビルを攻撃された程度で戦争起こす国が何寝言いってるんだよと
    [ 2019/12/25 02:52 ] [ 編集 ]
  209. 人間って時には激しく叱責された方が反発できて気が楽なんだ
    謝罪と賠償しる!って内容じゃないのが逆に罪悪感を煽るんだろうね

    だから自分はアメリカ人には優しくして「自分達はこんな優しい民族になんて事をしてしまったんだ!」と自責させるのが復讐だと思っている
    [ 2019/12/25 02:55 ] [ 編集 ]
  210. 監督は反戦映画じゃあねーよと言ってたし
    心中モノのホラー映画として見れば?
    タイトル出る前に妹がちゃんと兄が死んでくれたか
    確かめに駆け寄ろうとしてるでしょ


    [ 2019/12/25 03:08 ] [ 編集 ]
  211. 大嫌いな映画。原作者自身もあり得ない位呆れる人で、性格異常者だったとも思う。戦争が彼を壊したのか?そうなら可哀想だけど、彼が実際妹にした事は異常行為の虐待。
    [ 2019/12/25 03:09 ] [ 編集 ]
  212. ディズニーより前からアニメはあるっての
    アメリカ人は無知だな
    [ 2019/12/25 03:13 ] [ 編集 ]
  213. 2度と見たくない名作
    [ 2019/12/25 03:38 ] [ 編集 ]
  214. ※29
    先に中国側が民家に対空砲置いて対空射撃やったのが一番悪い
    そのせいで日華事変からの対テロ戦で怪しかった民間人居住区と戦場の区別が旧日本軍以外本格的に無くなった
    [ 2019/12/25 03:54 ] [ 編集 ]
  215. 目が大きいことがそんなに気になるのか
    日本人にはそれが不思議だわ
    [ 2019/12/25 04:08 ] [ 編集 ]
  216. 実際は妹は2歳で泣く妹を黙らせるあまり頭殴って脳震盪起こさせたり
    妹の世話そっちのけで親戚の好きな子の尻を追っかけ回したり
    妹のお粥をコメの部分を食って残りの汁を与えたり
    鬼畜三昧だったんだよな
    野坂の妹に対する仕打ちとあまりに違う美化された映画に原作者が耐えられなくなったんだろw
    [ 2019/12/25 04:18 ] [ 編集 ]
  217. 悲しい内容とリアルさは比例しないと思った
    作品や文章や口頭の話が悲しければ悲しい程、事実関係を明確にすべきで冷静さを失ってはいけないと最近の日本人は学んだよな?
    [ 2019/12/25 04:21 ] [ 編集 ]
  218. 子供であるがゆえの逃避と、その命の明滅の舞台となった壕を見下ろす屋敷に、疎開していた裕福であろう人々が帰ってくる。そこには暗さなどない

    高畑勲が現代に(公開当初というか)見せたかったのはそういうことだろう

    自分たちの命のために他人を見捨てる地獄を描いていないという意味でこの映画は救いがあるよ
    [ 2019/12/25 04:30 ] [ 編集 ]
  219. あ?戦争アニメで最高峰は銀英伝だろ?
    これは戦争アニメじゃなく戦時下描いた
    戦災アニメではだしのゲンとかのカテゴリじゃなねえか。
    [ 2019/12/25 04:45 ] [ 編集 ]
  220. 子供の考えって浅はかだなぐらいしか感想ないけど
    [ 2019/12/25 04:55 ] [ 編集 ]
  221. ※119
    わかる。
    戦争や正義の話題についてはアメリカ人はどうしようもない。
    まるで子供。
    ヨーロッパ人も色々問題はあるが、
    この話題についてはずっと大人で冷静、客観的

    アメリカ人はいちいち非を認めたら、やってられないんだろうね
    [ 2019/12/25 05:03 ] [ 編集 ]
  222. ※259
    >悪魔的な高畑勲は「餓死する少女」という極めてネガティブな純粋性を表現するのにアニメを使う

    サドは普通のユートピニストと真逆の発想でユートピアを描く、という澁澤龍彦のサド評を思い出す。
    あるいは三島由紀夫の新古今集の評「存在しないものの美学。新古今集の醍醐味は言語のイロニーにある」

    非現実のアニメで現実を描き(イロニー)、少女の無垢な純粋美を描く為に真っ暗な世界を描く(イロニー)。
    完全なアイドルは死んだアイドル。
    アニメキャラは最初から非実在の完全アイドルだが、節子はさらにその上をいく。清太(観客)にしか頼る者がなく清太を肯定し信用しワガママも言わず、さらにジブリの技術でリアリティを増幅された上で命を奪われ永遠に大人にならず、最終的には純粋性のみを残す。
    [ 2019/12/25 05:23 ] [ 編集 ]
  223. 西原理恵子の「それ具合が悪くなるから、観ない方がいいよ」
    という漫画内での指摘は最もだと思った。
    [ 2019/12/25 05:24 ] [ 編集 ]
  224. 今この瞬間
    コメント1のすぐ上に出てる広告画像が
    リメイク版ペットセメタリーなわけだが……
    なにか? 節子をペットセメタリーにでも埋めに行けと言うのか?
    ……と書きたくて、節子の名前の字が間違ってないかとWikiとか見て確認してたら
    清太と節子の声優が容赦とも行方知れずの状態らしいと知って驚いた
    [ 2019/12/25 05:29 ] [ 編集 ]
  225. 戦争は戦勝国だろうと敗戦国だろうと、どちらにとっても悲惨なもん
    ただ戦勝国は、「自分たちが自国民と相手国国民に強いた犠牲」をなかったコトにしたがりがちだし、敗戦国は「戦勝国から受けた被害」を過小評価(時々過大評価)しがちなだけで
    [ 2019/12/25 05:40 ] [ 編集 ]
  226. 野坂昭如についてもうちょっとふれてあげなさいよ……
    [ 2019/12/25 05:41 ] [ 編集 ]
  227. 絶賛する人も二度と見たくないという映画は稀。
    なぜ見たくないかといえば、節子殺しの犯人にされるから。
    清太視点だから罪悪感が凄まじい(節子を純粋に描くほどに)。
    激しく清太を非難する人は節子殺しの罪悪感から逃れたいという心理があると思われ。
    人によってはこの罪悪感が戦争への罪悪感にすり替わり反戦映画に見える。巧妙な作り。
    [ 2019/12/25 05:45 ] [ 編集 ]
  228. 自分は子どもの頃映画館で見たけど
    ホタルの墓のほうが先で、となりのトトロが後だった
    これ、逆だった人は災難だったよな…
    良い映画だったけど、二度と見たくない
    きつい
    [ 2019/12/25 06:06 ] [ 編集 ]
  229. ガキの頃に観た記憶があるけど、
    今もこれからも観直すつもりはないよ。
    節子と同じくらいの姪っ子の成長を
    見てしまったからな。高畑アニメは
    人間観察がしっかりしているぶん、
    子供が苦しむ姿もリアリティがあってしんどすぎる。
    なので、俺は観ないけど
    子供好きな人以外は観賞してみるといいよ。
    [ 2019/12/25 06:08 ] [ 編集 ]
  230. 火垂るの墓は、角川の文庫本で読んだ。
    最初の「アメリカひじき」で大笑いして、次の「火垂るの墓」で大泣きしたのを覚えている。

    野坂昭如も、その時知った。アニメが有名な割りに原作者の話題が、出ない事が寂しい。
    [ 2019/12/25 06:12 ] [ 編集 ]
  231. (;ФωФ)コレ見て号泣した言うたらドン引きされたの思い出した(大汗
    [ 2019/12/25 06:23 ] [ 編集 ]
  232. ユダヤの大金持ちさん達に見てもらいたいよ
    [ 2019/12/25 06:32 ] [ 編集 ]
  233. おばさん酷い

    おばさんの気持ち分かる

    清太お坊ちゃんだし何をどうすればいいか分からなかったのでは

    に感想変わってったな
    かなり終盤まで海軍で偉いポジにいるであろうお父さんは生きて帰ってくると信じて疑わなかったようだし不器用な子だったんだと思ってる
    [ 2019/12/25 06:42 ] [ 編集 ]
  234. ホントはトトロやりたかったけど、時代がまだ明るいものを許してくれそうになかったから蛍やったって聞いたけど違うんか?
    墓も良いけどはだしのゲンも見ようぜ!
    [ 2019/12/25 06:45 ] [ 編集 ]
  235. 木造家屋が多いから焼夷弾を使いましょうって精神から
    多少は進歩が見られて何よりだ

    日本軍の捕虜になった連合国軍兵士が
    虐待だった木の根を喰わされ疲れてるのにめっちゃ歩かされた
    とかなんとか文句言いたい気持ちはわからんではない

    植民地経営で得た利益で国力を高め富を蓄積し
    支配を当然と思ってた連中の傲慢さと
    やってきたことの残虐さを認めるならね
    [ 2019/12/25 06:49 ] [ 編集 ]
  236. ※73
    フィリックスがアメリカねえ(ニヤニヤ
    [ 2019/12/25 07:03 ] [ 編集 ]
  237. >叩きたい気持ちは分からんでもないが、結果同レベルの知能に見える罵倒連投は見てて情けなくなる。


    読んだ人にそう思わせる意図で投稿されているコメントもありますので、ご注意を。

    ○不快な気分になる。
    ○同じ日本人として情けない。
    ○保守的なコメ主も頭おかしいんじゃないか。(結果レッテル貼りになる)


    朝鮮を口汚く罵倒するコメを、しつこく連投するだけで、色々効果がありますね。

    加えれば、こういう罵倒コメ連投は、罵倒してる相手や人権活動家の養分になります。

    [ 2019/12/25 07:05 ] [ 編集 ]
  238. 手塚プロダクションをパクった側のディズニーが訴えたこと知らんのか
    [ 2019/12/25 07:22 ] [ 編集 ]
  239. ※28
    え?日本人の多くはシリアに興味ないでしょ?
    [ 2019/12/25 07:22 ] [ 編集 ]
  240. 当時映画館で観たんだよ……
    トトロで笑顔だったのがこれで皆真顔になった
    笑い声で一杯だった館内が一気に静かになった
    子供でも観るべき映画だと思うけどもうちょっと、こうさ……
    トトロの余韻を残してくれよと思った
    [ 2019/12/25 07:40 ] [ 編集 ]
  241. このコメ欄でも、ちらほらみられた「この世界の片隅に」だけど、私的にあの映画はモヤモヤが取れない。
    姪っ子が殺された事、日本に原爆が落とされた事を、玉音放送を聞いた“直後に”一般の日本人女性から「私たちも悪い事したから?」という台詞が出てくるか?
    あの映画は当時の広島の街の様子や人々の暮らしを再現する事にこだわっている部分が強かったはずで、そこまでこだわっていながら何故ラストの主人公の台詞をあんなんにした?
    再現にこだわってる映画だからこそ、その直後の太極旗の意味は何だよコノヤロー。
    「私たちも悪い事したから」の台詞と、太極旗のシーン、自分には原爆被害者を最大限に侮辱してると感じられたけどね。
    主人公は自分達が一体どんな悪さをして原爆(新型爆弾)が落とされるに値すると考えたんだろうね。
    原爆が落とされていい理由なんてねーんだよ!あのシーンは本当に侮辱だ!
    [ 2019/12/25 07:47 ] [ 編集 ]
  242. いくつかコメにもある通り、野坂の原作があることを忘れてはいけないが、文学と映像作品は別物である。しかし実写とアニメは映画という土俵に上がったら比較されて当然なので、「火垂るの墓」が最高の戦争映画に挙がるなど笑止である。言わせてもらえば中高生の選ぶ名作みたいなもので、価値基準が幼稚である。むしろしっかり演出されたなら実写の方が良かっただろう。「この世界の片隅に」も同様である。むしろ広義の戦争ものとしては、文学としても映画としても「二十四の瞳」には及ばないし、世界には「眼下の敵」や「戦場のピアニスト」のような名のある傑作や、名を挙げても誰も知らないであろう名作は星の数ほどある。もう少し視野を広く持って鑑賞眼を鍛えていただきたい。
    [ 2019/12/25 08:00 ] [ 編集 ]
  243. >>27
    片隅には観てないから見当違いだったらごめん

    「私たちも悪い事したから?」ってのは「そこまでのことを私たちはしたの?」って問いかけ
    もしくは「そう思わないと悲劇を納得出来ない(受け止めきれない)からそう思うことにする」って表現があると思うんだけど
    ↑のどちらかだったらそうおかしいとは思わないな
    [ 2019/12/25 08:05 ] [ 編集 ]
  244. >>299
    番号間違い
    27じゃなく297宛
    [ 2019/12/25 08:06 ] [ 編集 ]
  245. 25年前小学生の頃初めて観て布団の中でいつまでも号泣
    結末に救いがなく暫く気持ち立て直せなかったのを覚えている
    [ 2019/12/25 08:10 ] [ 編集 ]
  246. せいたのわがままで兄妹があぼんする教訓的な映画
    [ 2019/12/25 08:12 ] [ 編集 ]
  247. 火垂るの墓は独身時代も精神に来る作品だったけど、
    結婚して子供たちが生まれてから見るのが一層キツくなった
    [ 2019/12/25 08:19 ] [ 編集 ]
  248. 漫画もアニメもゲームもただの表現方法のひとつだからな
    大人向けの題材の物なら大人向けになるだろうさ
    [ 2019/12/25 08:27 ] [ 編集 ]
  249. 良い映画だと思うけど結末が悲しくて2回は見れない
    [ 2019/12/25 08:29 ] [ 編集 ]
  250. 良い映画である
    これを繰り返してみることによって
    日本人の獣性が抑制されるからだ。

    勝利するために都市空襲と無差別攻撃こそ
    必要だと考える
    [ 2019/12/25 08:35 ] [ 編集 ]
  251. 火垂るの墓がトラウマレベルで心を切り裂いてくる理由は
    シナリオや演出ではなく、節子の声を当てていたのが子供だったから
    そして演技が素晴らしかったから
    大人の声優が節子をやっていたらこうはならなかった
    あの声は本当に心を切り裂いてくる
    [ 2019/12/25 08:40 ] [ 編集 ]
  252. 視聴者が清太を否定しても節子は最期まで清太を否定しない。
    さらに死んで幽霊になっても清太に文句を言わず誰も恨まず…
    どこまで純粋なんだ。
    純粋であるほど俺たちは苦しむ。聖水を浴びたアンデッドみたいに。
    [ 2019/12/25 08:47 ] [ 編集 ]
  253. 高畑さんは宮崎さんを左の道に引き込んだガチ勢だけど
    宮崎さんは歳取ってからの発言と雑草ノートの兵器に対する愛情の辻褄が合わないんだよな
    ナウシカの漫画やもののけ姫も、左の連中からすれば戦争賛美扱いされるような
    心が震える演出てんこもりだし、実際のところ何を考えてるのかわからん人ではある
    [ 2019/12/25 08:53 ] [ 編集 ]
  254. 「日本アニメはディズニーと比べて作画枚数が少ないが、アニメの完成度を決めるのは作画枚数ではない」

    これは同じ高畑監督の「母をたずねて三千里」を見て同じこと思ったな。
    [ 2019/12/25 08:55 ] [ 編集 ]
  255. 一つの会社を切り盛りするのは大変だということ。思想信条、好きな描写よりも金が優先。
    [ 2019/12/25 09:02 ] [ 編集 ]
  256. 淡々と戦時下の日常を描いたんだろが、バックに自虐史観が漆黒の闇のように広がっているのが気持ち悪い
    それが大嫌いだなこの映画
    [ 2019/12/25 09:07 ] [ 編集 ]
  257. > 初めて観たアニメの1つがこれだった。

    また随分どえらいものを選んだもんだ。。
    [ 2019/12/25 09:09 ] [ 編集 ]
  258. 一方で日本軍は中国や東南アジアを侵略して数千万人にも及ぶ夥しい一般市民を殺害したわけで、日本は数多くのこういう不幸な外国人の子供や犠牲を生んだ加害者側の国だという事実を忘れてはならない
    [ 2019/12/25 09:13 ] [ 編集 ]
  259. GHQ監修か?みたいな
    ただただ気持ち悪い
    日本は二度と周辺国に戦争仕掛けたらあかんでってプロパガンダが無言の宗教臭で迫ってくる、吐き気がするわ
    [ 2019/12/25 09:16 ] [ 編集 ]
  260. 日本の映画監督の9割以上が左らしい。

    そんな世界に生きている。
    [ 2019/12/25 09:17 ] [ 編集 ]
  261. >当時の日本人だって喜び悲しむ普通の生活を送っていた。
      そんな当たり前のことに気づかせてくれた作品。
      そして戦争に勝者なんて存在しないという事にも。 +67 アメリカ

    当たり前だけど、すごく染みるコメント。
    [ 2019/12/25 09:17 ] [ 編集 ]
  262. >>315
    黙っとけ、ボケ
    [ 2019/12/25 09:19 ] [ 編集 ]
  263. おとなになってからの方が見られないな
    キツすぎる
    [ 2019/12/25 09:27 ] [ 編集 ]
  264. 結局は『何でも物事のルーツはアメリカ』と言いたいだけなのねw

    最後まで見る必要性のないゴミ動画と内容だったわ

    はいはい、世界中の国々があらゆる事象において「アメリカ様の真似」

    をしているのですよwwwアメリカがないと世界の国々は成立しない

    こう認めてあげないとアメリカ人は自己を確立できない種族なのね。
    [ 2019/12/25 09:28 ] [ 編集 ]
  265. 鬼の二本立て
    火垂るの墓は心えぐるから長いこと見てないな
    [ 2019/12/25 09:32 ] [ 編集 ]
  266. 周辺国が白人(イギリスやロシア他)の侵略と戦えない腰抜けだから、日本がチ ョンマゲ切って日本人同士で〇ろしあってでも白人と戦える強い国に生まれ変わらざるを得なかった
    その日本を陰湿に非難している右脳不全人間の洗脳教材
    [ 2019/12/25 09:32 ] [ 編集 ]
  267. この空襲の犠牲者がいたからこそ後の日本人が助かったんだが?
    何で悲しいとか思えるの?
    アメリカ人は勝者として胸を張るべきだろ
    [ 2019/12/25 09:34 ] [ 編集 ]
  268. 火垂るの墓は戦争映画の最高傑作だ

    …史実とは違うという点を除けば

    海軍士官の子供なら遺族年金が大量に入るから路頭に迷うなんてことにはならないんだよなぁ…
    とはいえ、父親を兵卒にしちゃうと今度は清太の頼りないお坊ちゃんっぷりが矛盾しちゃうし
    お話を成立させるために史実を歪めてしまった
    [ 2019/12/25 09:38 ] [ 編集 ]
  269. この批評は素晴らしいね。
    [ 2019/12/25 09:39 ] [ 編集 ]
  270. 日本人はアニメに対して免疫があるけど、外国人はストレートで日本のアニメを見ると衝撃を受けるからな、そこにこのストーリーだとヤバすぎるだろ、海外のアニメはファンタジーか性悪説ものが多いし、アニメはプロパガンダでも利用されるくらい人間の脳に直接入り込むしな
    [ 2019/12/25 09:42 ] [ 編集 ]
  271. 中韓:日本が悪い
    米国:俺たちは正しい
    日本:戦争が悪い

    日本の反戦はいきすぎなところもあるけど戦後の日本政府の舵取りは素晴らしかったと思う。
    一歩間違えてれば俺たちもどっかの国と同じ思考になっていたのかもしれん。
    [ 2019/12/25 09:43 ] [ 編集 ]
  272. ※310
    いやいや、宮崎駿はわかりやすいだろ
    ごくごく一般的なミリタリオタクだ
    「兵器は好きだけど、戦争は兵器が壊れるから嫌い」

    戦車とか戦闘機とか大砲とかを眺めて触って写真撮ったりするのが好きなオタクであって、それを使って戦争するのが好きなわけじゃない
    [ 2019/12/25 09:48 ] [ 編集 ]
  273. 史実の正確性という意味では片隅の方が上
    当時の庶民の暮らしをまんま描いてるのが片隅

    火垂るは感動路線にするために史実を歪めている
    まぁ、当時は戦争映画で史実を歪めまくってるのなんて別に珍しくもなかったから、火垂るだけを「史実と違う」と批判するのもアレだが
    [ 2019/12/25 09:50 ] [ 編集 ]
  274. 素晴らしい傑作だとは思うけど、大抵は一度しか見ないかっら、思い出が美化される。
    [ 2019/12/25 09:51 ] [ 編集 ]
  275. ※331
    それはないな
    高畑勲監督は芸術的かつリアルな描写をやらせたらアニメ史上最高のアニメーターであり、宮崎駿すら高畑勲を目標としていて、大きく影響を受けたほどの存在だぞ。
    「風立ちぬ」はまさに宮崎駿が高畑勲っぽい映画を作ろうとして失敗して結局いつもの宮崎駿になってしまった映画だからな。
    名実ともに芸術面では今なお世界一のアニメ監督なのに美化もクソもない。
    アレ以上の人が存在しないんだから。
    [ 2019/12/25 09:55 ] [ 編集 ]
  276. スイカ泥棒の話
    [ 2019/12/25 09:56 ] [ 編集 ]
  277. そりゃ日本が身の程もわきまえずアメリカ様に楯突いた結果
    こんなに子供たちが可哀そうな思いをしたんだって、アメリカにしてみりゃ最高の設定だからな
    黙って従順にアメリカの植民地になってりゃ良かったんだよってのがパヤオ様の御意見
    [ 2019/12/25 10:01 ] [ 編集 ]
  278. >■ シリアなどの紛争地域には、今まさにセイタとセツコがいる。

    これなんだよな
    この映画は日本が被害者ぶってるわけでも、アメリカを糾弾してるわけでも無く、戦争が起こる場所ではあり得る話って事なんだよな
    [ 2019/12/25 10:02 ] [ 編集 ]
  279. >取るに足らない瞬間を丁寧に描く

    原爆投下前日の『取るに足らない』1日を描いた「TOMORROW 明日」って映画がありましてね
    アメリカ人はこちらを見るべきでは?
    [ 2019/12/25 10:02 ] [ 編集 ]
  280. >>315
    どうしてそんな妄想をするのか、お前の脳を調べたい。
    それってお前ら非日本人の願望じゃないの?サイコパスだよ、それって。
    [ 2019/12/25 10:24 ] [ 編集 ]
  281. これホラー映画ですから
    [ 2019/12/25 10:30 ] [ 編集 ]
  282. 戦後の戦争孤児は12万
    病気になった子、絶望して自サツした子、買われた子、虐待され死んじゃった子、連れ去られら子etc
    この映画語る時、その部分にも注目しなきゃいけない
    [ 2019/12/25 10:31 ] [ 編集 ]
  283. クソニート擁護アニメ であり、 左翼クソアニメ であり、 自分の家の子供ではないクソガキに何を与えるのか。
    [ 2019/12/25 10:31 ] [ 編集 ]
  284. プライドばっかり突っ張った馬鹿兄貴が妹巻き込んで家出して餓死させる話でしょ?
    [ 2019/12/25 10:32 ] [ 編集 ]
  285. ※334
    皮肉だろうけど卑屈すぎだろお前。
    まあ、反日レイシストパヤオなら普通に言いそうな事だがな。

    ※340 ※341
    発想が貧困だな。
    [ 2019/12/25 10:37 ] [ 編集 ]
  286. ジョニーは戦争へ行った
    [ 2019/12/25 10:37 ] [ 編集 ]
  287. 通しで見たのは過去2回。

    今は見れないっすwこれ見ると気持ちが落ちすぎるww
    [ 2019/12/25 10:41 ] [ 編集 ]
  288. 戦争映画ってか反戦映画だな
    [ 2019/12/25 10:44 ] [ 編集 ]
  289. 単に物の考え方が日本がマトモだっただけの事だろ
    世界はこれから先、アニメだけじゃなく趣味や行動まで
    あらゆる日本物が好まれるようになるだろう





    [ 2019/12/25 10:46 ] [ 編集 ]
  290. 世界よ、もう戦争は止めろ
    [ 2019/12/25 10:52 ] [ 編集 ]
  291. 「焼き場に立つ少年」とダブる。
    [ 2019/12/25 10:57 ] [ 編集 ]
  292. 平日の朝っぱらから映画を語る前にやることあるやろ
    [ 2019/12/25 10:59 ] [ 編集 ]
  293. 見たことあるけど蛆虫と火葬のシーンしか覚えてないわ 皆1回とかしか観てないのによくそんな覚えてんね
    [ 2019/12/25 11:01 ] [ 編集 ]
  294. 火垂るの墓を
    一度も見ない馬鹿
    二度見る馬鹿
    [ 2019/12/25 11:01 ] [ 編集 ]
  295. >>シリアなどの紛争地域には、今まさにセイタとセツコがいる。

    そうなんだよ
    過去が悲惨だったんじゃなく、現在進行形で人類すべてが未熟で
    かといって、どっかのG00みたいに強制的に紛争を止めさせたところで意味はなく
    究極的に、悲劇も戦争もある前提で生きていかなければならない
    かといって、どうせ変わらない悲劇は起きるものだとひねくれてもいけない
    人類にできることは人ひとりにできる究極の事。一日一日をよりよく生きて次の世代につなぐこと。それしかできない。そしてそれがものすごく難しい
    [ 2019/12/25 11:04 ] [ 編集 ]
  296. 他の人も言ってるように、岡田斗司夫の分析によればあれは単なる反戦映画ではない。

    一つ例をあげると、海軍軍人の子弟で(確か艦長だったか?)お金がなかったはずがなく、事実銀行へ行こうとする下りがあると語っていた。
    あの話の本筋は妹に対するある種の性的ファンタジー(表現的にはうろ覚えだけど)。
    正座して縫い物をしたり、あまりにも魅力的に舞うセツコも、兄の視点でのファンタジーとして描かれていると。(普通に考えて、あの年齢で正座して縫い物などありえない、と語っていた)
    最後も、貧困や植えによって死んだというより、ある種妹に殉じて死んだ、という解釈。
    とても納得の行く解釈だと思った。
    ニコ動に解説の動画があるのでぜひ一度は見てみるべきだと思う。
    [ 2019/12/25 11:06 ] [ 編集 ]
  297. 65歳のジジイだが、見ないで一生を終えることにしているので多少は寿命が延びるはず
    [ 2019/12/25 11:08 ] [ 編集 ]
  298. 戦争についてだけ言うと、世界から戦争はどんどんなくなっていってる。
    殆どが食い詰めた地域での小競り合いばかりで、80年代までもてはやされた世界戦争などほとんどありえなくなっているのが現実。
    冷戦終結に伴って、世界の多くの地域で所得水準が上昇したことも影響してるだろう。
    [ 2019/12/25 11:10 ] [ 編集 ]
  299. おまえらハードル上げすぎ。
    泣くつもりで観たけど、泣けなかった。

    何で兄は妹が病むまえに金使えわなかったのか?
    [ 2019/12/25 11:14 ] [ 編集 ]
  300. まあ、兄貴がおかしいらしいけどな。
    [ 2019/12/25 11:35 ] [ 編集 ]
  301. 高畑作品は観てると居眠りしちまう
    退屈なんだよ
    [ 2019/12/25 11:35 ] [ 編集 ]
  302. 子供の時は唯々せつこが可哀想で悲しかった。
    大人になってからは、バカな兄ちゃんや親戚のオバサンの態度に腹が立って悲しかった。
    親となってからは、自分の子供がこうならないようにするにはどうしたら良いか。
    こういう子が周りに居たらどう接したら良いか悩むようになった。
    でも戦争については全く考えてないな。
    私らの与り知らぬ偉い人達が勝手にやる事という感じ。
    [ 2019/12/25 11:47 ] [ 編集 ]
  303. 外人は「歴史」が好きだからな

    好きってのは好ましい、という意味ではなく
    「振り返りたくない過去の恥」と思っていて、
    論争では、歴史を出すことが相手への攻撃になると思い込んでいる

    それは同時に、「興味深いものでもある」ってこった~
    [ 2019/12/25 11:58 ] [ 編集 ]
  304. 戦争映画にして、明確な敵を描いていない点がやはり名作だと思う。
    ただ、戦争の悲しみのみを感じさせる良作。
    [ 2019/12/25 12:00 ] [ 編集 ]
  305. 名作だと思うけど観返したくはないないアニメ映画だなぁ
    [ 2019/12/25 12:01 ] [ 編集 ]
  306. ■ 当時の日本人だって喜び悲しむ普通の生活を送っていた。
      そんな当たり前のことに気づかせてくれた作品。

    どうですか、皆さん。
    映画を見るまでは、当時の日本人は極悪集団だったと思っていたわけです。
    だから幾十万の無垢の日本人を焼き尽くしたのは正しいと。
    この恐ろしい思想こそ、現代日本人が戦わなきゃならないことなんです。
    [ 2019/12/25 12:01 ] [ 編集 ]
  307. 原作者の歌唱シーンをみせたら心のダメージ減らせる説
    [ 2019/12/25 12:03 ] [ 編集 ]
  308. #360

    高畑、宮崎両監督あってのジブリ映画だと思います。
    そう藤子不二雄のように、お互いを補完している。
    どっちが偉いと公にいえるほどのあなたは人物なんですか。
    [ 2019/12/25 12:12 ] [ 編集 ]
  309. ガラスのウサギ
    はだしのゲン

    教室の本棚や図書室や視聴覚室で鑑賞する機会が何度となくあり、学校行事で文化会館の上映会にも学年で鑑賞した事があります。
    [ 2019/12/25 12:23 ] [ 編集 ]
  310. 野坂昭如は深い、あの悲惨さの裏にもっと深い人間洞察がある。
    日本人なら是非小説をよんでほしい。
    [ 2019/12/25 12:27 ] [ 編集 ]
  311. 70年代以降のプロパガンダが完成してしまった日本では、残念ながら戦争映画はすべて反戦映画でなければならず、また海外の戦争映画もすべて反戦としてしか理解しない様になった
    日本にお墨付きを得られたお陰でアメリカは各地で戦争やり放題、生まなくても良い悲劇を沢山生んだ
    [ 2019/12/25 12:35 ] [ 編集 ]
  312. 人によって色々な視点 考え 意見が何通りもあり、子供の時から大人になって
    何度も観ていくうちに自分の成長もわかる 素晴らしい作品。
    五、六回は観てるはず でも五十歳を超えた今 また観るつもりw
    [ 2019/12/25 12:39 ] [ 編集 ]
  313. 人によって色々な視点 考え 意見が何通りもあり、子供の時から大人になって
    何度も観ていくうちに自分の成長もわかる 素晴らしい作品。
    五、六回は観てるはず でも五十歳を超えた今 また観るつもりw
    [ 2019/12/25 12:41 ] [ 編集 ]
  314. 学生の時ビデオレンタルやでバイトしてた。
    子供連れのお母さんが「何かお勧めありませんか?」って
    聞いてきたので「となりのトトロ」お勧めした。
    自分では見てなかったがよい評判を聞いてたので。
    次にきた時にその人にまたお勧めを聞かれたので、
    「これ、トトロと同時上映みたいですよ、、」
    といって「ほたるの墓」をお勧めした、、
    その後、その人からお勧めを聞かれることは無かった、、
    [ 2019/12/25 12:51 ] [ 編集 ]
  315. 反戦やるにしてももっとやり方ってもんがあるだろうに
    芸術作品に自分のイデオロギー乗っけて自己満足で、本当にそれでいいのかと
    [ 2019/12/25 13:10 ] [ 編集 ]
  316. これと、はだしのゲンを米国で同時上映でいいだろ。
    [ 2019/12/25 13:13 ] [ 編集 ]
  317. ※365
    まるで、日本人は、何も罪を犯していないみたいな話っぷりだな
    ワイは戦うとしたら、オマエみたいな偽善者やけど
    [ 2019/12/25 13:18 ] [ 編集 ]
  318. 生きることを放棄したバカ男とそれに巻き込まれた哀れな妹の喜劇
    こんなんが傑作とかショーもな
    [ 2019/12/25 13:19 ] [ 編集 ]
  319. >>374
    原作を書いた野坂昭如が芸術家という話は聞いたことがない。
    野坂の娘が中学生時代に授業で先生に
    「この作品を書いた人はどういう気持ちで書いていたのでしょうね」
    と言われて
    「締め切り近くてウンウンうなりながら書いてました」
    と堪えて怒られた、
    なんて話もある。
    所詮は小説、所詮はアニメだ。
    そこにあるのは深い洞察力ではなくて
    読者を楽しませようとするサービス精神とエンタメ精神よ。
    [ 2019/12/25 13:26 ] [ 編集 ]
  320. 「反戦プロパガンダ」だとしてもこれなら素直に泣く。
    [ 2019/12/25 13:30 ] [ 編集 ]
  321. アメリカの反戦映画には涙ボロボロになるくせに。素直じゃないね
    [ 2019/12/25 13:32 ] [ 編集 ]
  322. 被害者面するな
    [ 2019/12/25 13:34 ] [ 編集 ]
  323. ※119
    若いアメリカ人はこれで責められたくないだろうとは思う
    [ 2019/12/25 13:38 ] [ 編集 ]
  324. 民意がパパブッシュを求め湾岸戦争をさせた、要は国民が戦争を後押ししたのに、それに気づいていない国民だもん。昔も今も同じでしょ
    [ 2019/12/25 13:44 ] [ 編集 ]
  325. 舞台は戦時だけど物語の本質としては戦争映画ではないように思うけどな
    [ 2019/12/25 13:46 ] [ 編集 ]
  326. > ■ シリアなどの紛争地域には、今まさにセイタとセツコがいる。
      そのことを想うと胸が引き裂かれるようだ。 +666 アメリカ

    意図を感じなくもない +666
    [ 2019/12/25 13:51 ] [ 編集 ]
  327. 邪険なおばさんは戦中戦直後あるあるなので、さほどココロは動かず。
    東京空襲で焼け出された戦中世代と一緒に見たが、感想は
    「当時の浮浪児、もっと生きることにしたたかだったよ?小さい子は死んじゃったけど」
    だったと思い出し。
    [ 2019/12/25 13:55 ] [ 編集 ]
  328. 実写だと生々しくて伝わらないってのに感銘を受けた
    なんとなく思ってたことだけど
    明確に言葉で表してくれるのはさすが批評家って感じ
    [ 2019/12/25 14:01 ] [ 編集 ]
  329. >>378
    それお前の見解で実際には小説やアニメに芸術性は認められてるから
    [ 2019/12/25 14:10 ] [ 編集 ]
  330. 大人になってから子供目線で大人を悪役にする手法に嫌悪感を感じるようになった
    「戦争」は本来舞台装置に過ぎなくて、それ廃してストーリーだけ追い掛けたら酷いもんだよ
    [ 2019/12/25 14:19 ] [ 編集 ]
  331. アニメは原作と違って、きれいごとの世界だからいいんじゃない。
    [ 2019/12/25 14:20 ] [ 編集 ]
  332. 辛すぎて2度とは観れない映画だが、韓国のサイトでこの映画が取り上げられてて、
    「被害者モード」とか「韓国を酷い目に遭わせたことが全く描かれてない」と
    嫌なコメントばかりだったのに驚き、腹が立つより脱力したわ。
    [ 2019/12/25 14:33 ] [ 編集 ]
  333. お前ら「このアニメ泣けますね」

    パクさん「何でアニメで泣かなきゃいけないの?」


    ワロタは
    [ 2019/12/25 14:37 ] [ 編集 ]
  334. パクさんにリさんが賛同して行動に移すのがパクリ。
    [ 2019/12/25 14:44 ] [ 編集 ]
  335. >54
    それをやった本人に平和勲章という奴を送った源田実という売国奴がいるんだ。
    [ 2019/12/25 14:52 ] [ 編集 ]
  336. アメリカのやった行為は戦争犯罪の何物でもない
    だが陛下が戦時中の事が故にと言ったから国民は怒りを抑えて黙った
    アメリカも支那も朝鮮も日本を舐めるのも大概にせえよ
    [ 2019/12/25 15:00 ] [ 編集 ]
  337. たしかににどとみたくないよな
    [ 2019/12/25 15:05 ] [ 編集 ]
  338. 野坂昭如は何がいいたかったのか。
    自称戦後焼跡派として同情されたくはなかった。
    この話に表現されているようにどうしようもなく悲惨な状況下でまったく非力な子供だって、全力で生きれるのだ。自分なりある程度の抵抗ができるのだということではないか。
    アメリカ人には泣かせておいて、日本人としてはこの兄弟の強さを学びたい。
    [ 2019/12/25 15:10 ] [ 編集 ]
  339. 何度も再放送されるから4~5回みたが、
    三ノ宮駅のあの柱の記憶が少しあるから、
    2回目からは開始5分でボロボロだ (;_;)
    [ 2019/12/25 15:21 ] [ 編集 ]
  340. >395
    もしそれが本当なら天皇は戦犯だね
    戦争犯罪を故意に容認したのだから
    [ 2019/12/25 15:21 ] [ 編集 ]
  341. ※376
    確かに
    白人の権威を失脚させ、アジアの℃人を調子に乗らせてしまった罪は重い
    [ 2019/12/25 15:24 ] [ 編集 ]
  342. これそんなに凄い作品だったのか
    公開から30年以上経って未だまともに観てない
    [ 2019/12/25 15:24 ] [ 編集 ]
  343. まとまな思考をしていてら陛下が戦犯などという考えなど思わないがな
    原子爆弾を落とされた日本は敗戦宣告をした
    それでも怒りが治らない国民は徹底抗戦を叫んだ
    陛下はそれを止めるために苦肉の言葉を述べただけだ
    [ 2019/12/25 15:27 ] [ 編集 ]
  344. ※357
    現代の水準で国家総力戦なんてやってしまったら当時の比じゃないくらいの大被害が出てしまうことが分かってる
    だからどこの国も軽率な行動を取れなくなってきてるんだよ
    代理戦争をやったり局地戦以上に拡大しないように制限したり……様々な苦労があるんだろうね
    [ 2019/12/25 15:34 ] [ 編集 ]
  345. ななし
    日本語は使うけど、共通の価値観を有していない他国人の発言てさっぱり分からんな
    その人にとって日本は外国なんやさかい、もう少し気を付けて発言してもらいたいもんや
    日本人が外国に行った時は気を付けることの筆頭なんやがな
    [ 2019/12/25 15:53 ] [ 編集 ]
  346. 野坂はブッたまげていたぞ。
    アニメの力は偉大とも言った。
    [ 2019/12/25 15:56 ] [ 編集 ]
  347. バカ兄貴を持った可哀そうな妹の話だろ?
    [ 2019/12/25 15:57 ] [ 編集 ]
  348. ※402
    そのコメント典型的な電通信者だから
    電通関連のツイートで大本営発表じゃないのを見ておくといいかな
    [ 2019/12/25 16:02 ] [ 編集 ]
  349. この批評動画は本当に良い。
    [ 2019/12/25 16:03 ] [ 編集 ]
  350. 素晴らしい批評、だが

    日本アニメの劣化は止まらない
    [ 2019/12/25 16:04 ] [ 編集 ]
  351. 多分、ここでコメント書いてる人達が知らない事実。大都市の駅ではこういう子供たちが沢山住み着いていた。そして毎日のように死んでいった。生き残っても親も死んでしまって食べ物もない。あまりにも酷い惨状に都会の駅には言ってはいけないと、田舎に住んでいた大人たちは子供に見せないようにしていたと祖母に教えてもらった。戦争にまけて何もかもがなくなって政府もなく警察もなく秩序もなく一番の犠牲が弱い子供たちだったそうです。その中の一人の子供に縁を感じ連れてきて一緒に祖母の母が同じく子供同様に育てた兄弟がいる事もきいたが貧しい時代にすべての子供を助けられず駅で死んでいったそうです。
    [ 2019/12/25 16:05 ] [ 編集 ]
  352. 一回だけ観たことがある。戦争の悲惨さ+主人公の男の子、もう少し我慢できなかったのかなという感想。
    [ 2019/12/25 16:10 ] [ 編集 ]
  353. 人はいつか死ぬ
    何を成し遂げて何処で死ぬのかは誰にもわからん
    もしも生まれ変われるのなら幸せな人生を送ってほしい
    人権団体にはライダンハンの苦しんでいる子供達も助けてあげてほしい
    [ 2019/12/25 16:11 ] [ 編集 ]
  354. ※402
    巣鴨プリズンとかもな

    電通信者(女や子供の圧倒的大多数はこれ)が
    理解するためには段階が必要だと思うが

    あれらは下手に遠回しに説明しても全く理解できないので
    普通に関連ツイート見ておいたらいい
    [ 2019/12/25 16:20 ] [ 編集 ]
  355. 日本のアニメは技術的に遅れている というコメントに爆笑
    [ 2019/12/25 16:26 ] [ 編集 ]
  356. 日本と戦争した米国「私が観てきた中で最もリアル」
    日本だった某国「戦争を美化してるニダ!」
    [ 2019/12/25 16:36 ] [ 編集 ]
  357. 非キリスト教非白人君主制の日本の台湾や朝鮮の外地統治や日本軍占領地軍政が善政と高く評価されて評判が良く人気があって治安や公正を求めて人が集まっていたのが、近代植民地主義を推進して民族浄化や略奪や搾取やドレイ化を宗教的に正当化して来たキリスト教の教派の宗教家や、ロシアの君主制を打倒して血まみれの圧政をしていた共産主義者社会主義者にとって脅威だったのが、日本が戦争に追い込まれた原因だからね。

    宣教師達は莫大な金を費やしても進展がない中国布教のための寄付金集めを打ち切られないように、中国の民度も指導者の資質も極めて高く日本の蛮行がキリスト教化の障害になっているだけだと捏造した。
    日本人をおとしめるレイシズムの宣伝は日本の最良の布教環境で教化が進展しない言い訳にもなった。

    中国共産党も中国国民党も南北朝鮮も、在日や左翼も、日本の世界最強の同盟国の大票田の票や政治献金を左右できる近代植民地主義を推進して来た教派の宗教家に反日で媚びて生きて来た。

    憲法違反の私学助成で、神は白人とレイシズムを刷りみ。人口の1%に過ぎないキリスト教徒が裁判官の過半を占める最高裁はパチやスロの守り神。
    [ 2019/12/25 16:47 ] [ 編集 ]
  358. 地球は資源と食糧や土地と水の分布が不平等なんで戦争を無くすのは理論上無理
    そうじゃ無くても日本の周辺みたいに思考に問題のある奴が沢山居るから戦争は無くならない
    [ 2019/12/25 16:59 ] [ 編集 ]
  359. ところどころ「清田(キヨタ)」さんいて困惑
    [ 2019/12/25 17:00 ] [ 編集 ]
  360. 「枕詞ショット」と聞いて真っ先に思い付いたのが、
    “雨に打たれる公園”だった。

    具体的な作品は挙げられないけど、
    誰もいない公園、ブランコに打ち付ける強めの雨、
    BGMも無く雨音だけが響くシーン、
    何故か、思い浮かべると心が冷える。
    [ 2019/12/25 17:05 ] [ 編集 ]
  361. 評論家さん、泣きそうになったと言ってるけど実際泣いたんだろ。強がるなよ。
    [ 2019/12/25 17:35 ] [ 編集 ]
  362. >>「枕詞ショット」と言う表現は見事だったね。

    いやいや、それ米映画の方が印象的なのがあるわ(実写だけど)
    [ 2019/12/25 17:44 ] [ 編集 ]
  363. わいがアニメ職人なら白人至上主義が有史上残虐の歴史アニメにしたるのに
    [ 2019/12/25 17:53 ] [ 編集 ]
  364. その『取るにたらぬ瞬間』に妙なこだわりあるせいで物語が中弛みする邦画の多いこと多いこと…
    [ 2019/12/25 18:16 ] [ 編集 ]
  365. 上映迄に完成せず上映期間中差し替えが行われたことは割と有名だな
    [ 2019/12/25 18:51 ] [ 編集 ]
  366. 原作者で実際の清太のモデルの野坂昭宏は、妹に手をあげるクソガキだったからな。その事実を知ってまだ清太は美化されてたんだなと思ったよ。
    [ 2019/12/25 18:52 ] [ 編集 ]
  367. 目に涙を浮かべる奴は拳銃の照準を合わせられない弱い奴。
    というお国柄。
    [ 2019/12/25 18:53 ] [ 編集 ]
  368. 物心つく前から何度も見せられたお陰で人格に影響ありました。
    [ 2019/12/25 18:59 ] [ 編集 ]
  369. ※332
    高畑監督が絵を描くわけじゃないよ
    一般的にアニメーターは実写で言えば、役者兼カメラマン
    監督、演出家の下にレイアウトを決め、絵で演技をする。
    [ 2019/12/25 19:00 ] [ 編集 ]
  370. サクマのドロップ
    あれは本当に宝物だった。イロイロな色があって、何が掌に出てくるか楽しみだった。ああいうブリキの缶がよかったんだと思う。あれに入れとけばしけってベトベトになることはないから、1週間も2週間も大事に大事にしていた。だんだん少なくなっていく寂しさと甘さが同時に味わえる事を知った。缶を振ればカラカラという音でもう数少ないことが分かる。缶の重さや音で中身を推測する事も知った。他人に食べられないように隠す事も知った。幸せが無くなっても思い出が缶とともに残り、あざやかな絵をみて甘さを思い出した。空の缶も大切な宝物としてずっと残していた。原作は野坂昭如の小説。兄は本人、自分の妹と言われている。野坂昭如のサクマにドロップに寄せる想いも私と同じだったのだろうと思う。それが時代。
    [ 2019/12/25 19:28 ] [ 編集 ]
  371. 何も知らずにこれを見ると、心に大きなダメージを受ける。
    1週間は憂鬱な気分になる。
    [ 2019/12/25 19:39 ] [ 編集 ]
  372. あの人を褒めない野坂が絶賛したくらいだからな
    高畑勲は本当に偉大な映画監督だと思う
    [ 2019/12/25 19:52 ] [ 編集 ]
  373.  
    今でもゲームやアニメを子供だけのものと考えている人は認識が狭い
    [ 2019/12/25 20:05 ] [ 編集 ]
  374. このアニメはやりすぎ
    [ 2019/12/25 20:14 ] [ 編集 ]
  375. >乗せられるなよ

    亀レスですいません。
    まあ、その可能性も考えましたが。

    注意喚起の機会にしました。

    保守の言論人の人達でさえ、「保守になりすましたコメ」に騙されてしまってるようなので。

    (他の皆さんには分かり辛いレスをしてしまい、すいません)
    [ 2019/12/25 20:22 ] [ 編集 ]
  376. 手塚治虫とか黒澤明とか昔の動画をよく最近見るけど
    教養のレベルが今と全然違うのがよく分かる
    今って感情論と共感でしか物事を語らなくなったな思うな
    [ 2019/12/25 20:35 ] [ 編集 ]
  377. 最近のアニメ映画も日常の些末な瞬間をやたらと描いてるけど
    なんで空々しく見えるんだろ? やっぱ時代の濃度の違いだろうか。
    [ 2019/12/25 20:44 ] [ 編集 ]
  378. >シリアなどの紛争地域には、今まさにセイタとセツコがいる。
    >そのことを想うと胸が引き裂かれるようだ。

    ベストコメント!
    [ 2019/12/25 20:47 ] [ 編集 ]
  379. 記事にある間違いを書いておく
    ジブリはナウシカ、ラピュタと
    評価の高い映画は続いたが
    ラピュタの売上が良くなかった事もあり
    当時、邦画では一般的だった
    二本立てを要請されて作られたと
    おもわれるのがこの映画
    当時は入れ替えとかなかったので
    何回でも見れたが
    朝一とその日のラストはトトロにして
    間にほたるの墓を挟む構成にしていたと思う。

    [ 2019/12/25 21:05 ] [ 編集 ]
  380. 泣いたり悲しんだりするのは、別に鬱でもなんでもないと思うけどね
    [ 2019/12/25 21:21 ] [ 編集 ]
  381. まだ入替え制になる前の映画館で観た
    場内から出てくる人たちの表情で観た順序がよくわかった
    [ 2019/12/25 21:48 ] [ 編集 ]
  382. 大人が正しいと言ってるだけの事を覚えさせるだけの道徳や宗教じゃ戦前の修身を代替出来ないんだよ。
    修身は台湾や朝鮮でも人気科目だった。道徳や宗教の授業が小学生に人気なんて考えられる?道徳や宗教の授業を受けて色々本を読んだり人の話を聞いたりしようと思う?
    [ 2019/12/25 21:56 ] [ 編集 ]
  383. 雑誌の対談
    野中「心中モノですのでよろしく」
    高畑「わかりました」
    細かく見るとちゃんと心中モノになってるという
    [ 2019/12/25 21:58 ] [ 編集 ]
  384. ☓悲劇
    ○人種差別人災
    [ 2019/12/25 22:18 ] [ 編集 ]
  385. >目が大きいのはディズニーの影響

    こんな知ったかぶりするの聞いて、
    テキトーな評論だとすぐ解ったよ。

    生身でないアニメだからこそ
    目で表情を映し出すために 大きくしてるのが
    わからないんだろうか。
    [ 2019/12/25 22:31 ] [ 編集 ]
  386. 小津を例えに出しながら
    アニメ監督の名前ぐらいは出して讃えろよ
    ワケ判らんわ
    [ 2019/12/25 22:42 ] [ 編集 ]
  387. 「風が吹くとき」の方が残酷だと思うけど。
    [ 2019/12/25 22:57 ] [ 編集 ]
  388. パトリオット対空ミサイル部隊の自衛官の知り合いの感想。
    「全部叩き落とすから、清太も節子も死なない」

    まあ、キング牧師以前の有色人種は家畜だからな。
    当時の感覚としては保健所の野良犬の処分程度だろ。
    [ 2019/12/25 23:21 ] [ 編集 ]
  389. 蛍の墓は評価高すぎだと思う。
    「うしろの正面だあれ」のほうが良かった。
    悲しい中にも喜びも含ませていて、実話だしね。
    [ 2019/12/25 23:23 ] [ 編集 ]
  390. 当時の、そして今の自国の好戦度にノリノリ〜特に何も思わないのにこの映画には悲しいだの言うアメリカ人には流行りのHow dare youを
    [ 2019/12/25 23:34 ] [ 編集 ]
  391. 昔米軍のパイロット間で罰ゲームで見せるのが流行ったんだけどメンタルやられてダウンする者が絶えなかったため罰ゲームでの視聴禁止令が出たくらいだからな
    [ 2019/12/26 00:00 ] [ 編集 ]
  392. うろ覚えなんだが、アナと雪の女王が出た時に日本のアニメ参考にしてキャラの目をでかくしたとかなんとか聞いた気がする。元はどっちが影響してたん?
    [ 2019/12/26 01:25 ] [ 編集 ]
  393.  
    >>448
    蛍の墓も実話を参考にしてるわけだが
    [ 2019/12/26 02:12 ] [ 編集 ]
  394. ※441
    手塚治虫はディズニーの影響を受けてたのは間違いが無い
    TVアニメの始祖が手塚なら、ディズニー→手塚→ディズニーじゃない?
    というか、表現の世界はパクリ、パクられが当たり前で
    良い物は取り入れ融合されて、淘汰されながら受け継がれていく。
    どっちが先でどっちが偉いというのは絵なんか見てない権威主義者で
    羞恥心があればそんな所で争わんよ
    [ 2019/12/26 02:32 ] [ 編集 ]
  395. >※441
    >手塚治虫はディズニーの影響を受けてたのは間違いが無い

    ※441じゃなく、※451でした
    失礼
    [ 2019/12/26 02:34 ] [ 編集 ]
  396. 外人どもが泣ける、泣けるというから、思い出して泣きそうになるわ。
    いい作品は確か。悲しいとわかってるから進んで観たくないけど。

    軍がある国だと、どうしても反戦になるとなるで国が困るから、軍をヒーロー的にしないといけないから、アメリカ人なんか衝撃だったと思う。
    それで兵士にも犠牲があるのも確かだしね?
    普通の生活が突然無くなるのは一般国民だから、戦争もしてはいけないのも確かだし、どちらも正しいこと。
    両極端で紙一重なんだよね。
    [ 2019/12/26 02:48 ] [ 編集 ]
  397. 野坂昭如が大島渚と殴りあってる風景が浮かんでしまってな
    [ 2019/12/26 03:28 ] [ 編集 ]
  398. ※449
    日本人だってこの映画見て悲しいと思ってもシリアでリアルタイムで死んでってる子供達には無関心だし、シリア難民を日本に受け入れましょうなんて話になったら大反対するじゃん。
    アメリカ批判するくせに自国の政権がトランプのケツ持ちやってることは何とも思わない日本人のがお花畑だわ。
    [ 2019/12/26 05:15 ] [ 編集 ]
  399. ※457

    メディア、官僚、政治家「お花畑でいましょう。真面目に考えると面倒くさいし。とりあえず自分の給料が入って来て、安泰ならそれでいいので。」


    [ 2019/12/26 08:44 ] [ 編集 ]
  400. ポスターに爆撃機が隠れてるんだよね
    [ 2019/12/26 10:05 ] [ 編集 ]
  401. 映画「火垂るの墓」を見る
    →(つД`)
    →原作『火垂るの墓』を読む
    →野坂の話を聞く
    →(゚Д゚)

    なお「この世界の片隅に」は名作。
    戦時下という非常時の日常を切り取るという手法はワリと好き。
    戦争というマクロと、個々の生活というミクロの対比でもあるしね。
    [ 2019/12/26 12:00 ] [ 編集 ]
  402. 「竹林はるか遠く-日本人少女ヨーコの戦争体験記」
    これもアニメ化して欲しい
    [ 2019/12/26 12:53 ] [ 編集 ]
  403. このアニメもう兵器だなw
    [ 2019/12/26 12:54 ] [ 編集 ]
  404. どちらかと言うとこの世界の片隅にの方がプロパガンダ臭とウソ臭さムンムンで嫌いだな
    [ 2019/12/26 13:06 ] [ 編集 ]
  405. 原作者がパヨクっていうw
    [ 2019/12/26 13:17 ] [ 編集 ]
  406. 米軍の罰ゲームになっていたという話には笑った。

    [ 2019/12/26 14:20 ] [ 編集 ]
  407. 戦争で誰が苦しむのかって市井の人なんだよね。
    上に立つ人はそれを胸に刻んで、軽々しく戦争を起こさない努力をして欲しい。本当に良い映画だと思う。これからの子供たちには人としてこれを正視して考えてもらいたい。
    [ 2019/12/26 15:05 ] [ 編集 ]
  408. こないだはじめてちゃんと見てみたら、セツコだけじゃなく、
    お前最初から死んどるやんけ!
    と思わずつっこんだ。
    [ 2019/12/26 17:45 ] [ 編集 ]
  409. ※5
    >上映順はどっちが先だったんだろ

    自分の記憶では火垂るの墓が先でした。
    なんの予備知識も見てしまったからあまりの衝撃にその後に観る本命のトトロをキチンと楽しめるかどうか不安になった事を鮮明に憶えている。
    [ 2019/12/26 17:59 ] [ 編集 ]
  410. 子供の頃は清太のおばさん嫌いだったけど、大人になって見返してみたら最もな事しか言ってなかった。
    見る人の年齢、感性でどこに感情が行くか分かれる作品だわ
    [ 2019/12/26 18:27 ] [ 編集 ]
  411. ※466
    違います
    戦争で一番苦しむのは一兵卒です
    日本の場合はアメリカ軍が民間人までターゲットにしたから市井の民が苦しんだだけ
    そういうサヨクじみた感情論は止めようね
    [ 2019/12/26 19:39 ] [ 編集 ]
  412. >>40
    私もそう思う。
    今の平和な時代での価値観で当時の人たちを断罪するのはなあ。
    彼らだってなんとかしようと必死だったんだろうにね。
    結果はどうあれ国を思ってのことであれば、私利私欲に走る現代の政治家どもよりもはるかに立派だと思うわ。
    [ 2019/12/26 20:14 ] [ 編集 ]
  413. ■ アニメに対する考えが変わった作品だった。
      それまではアニメは子供が観るものだと思っていたから。
      言うまでもなく、それは大きな誤解だった。 


    無知な馬鹿程、横柄な認識を持ってるって事の見本だな
    で、こういう奴はそれをアピールしたがる
    [ 2019/12/26 21:55 ] [ 編集 ]
  414. 戦争が始まったら清太のおばさんみたいな人「も」出てくる、それは当然だし現実なんだよ。
    それも含めて戦争は嫌だって表現してるでしょ。
    [ 2019/12/27 02:30 ] [ 編集 ]
  415. びっくりした。
    日本人の感性とか色々な人が結構わかっていて。
    日常を挟むからの漫画であり日本人に受けいれられてるんだもの。
    だからディズニー見ても無感情しかない。
    目を大きくしてるのは、目は口ほどに物をいう。
    感情を読み取る欧米の口に対して
    日本人は目だかろアニメもそうなんでしょう。
    [ 2019/12/27 02:52 ] [ 編集 ]
  416. ほたるの墓、子供の頃は泣いちゃったけど
    大人になって見返すと色々主人公に思うことが多くてなあ…

    実際の野坂氏は小説と違って妹に
    暴力ふるいまくってたし
    妹は戦争を生き延びたが兄をすごく嫌って
    絶縁状態だったとか

    まあ「実体験を元にしたフィクション」
    だからね、結局
    [ 2019/12/27 07:09 ] [ 編集 ]
  417. 原作者のオッサンか基地害じみているから素直に感動出来ない。
    まぁ悲惨な経験があったからあんな偏屈な人になってしまったのかもしれないが。
    [ 2019/12/27 14:05 ] [ 編集 ]
  418. バカ兄がバカなせいでみすみす妹を死なせてしまう与太話映画
    高評価は異常
    [ 2019/12/27 14:57 ] [ 編集 ]
  419. あれはバカっつーよりガキ
    大人の判断を基準に子どもの判断を見るからバカに見える
    [ 2019/12/27 19:05 ] [ 編集 ]
  420. もうパブロフの犬みたいに
    最初の3分でウルウルしてくる
    [ 2019/12/27 20:33 ] [ 編集 ]
  421. 正直アメリカのアニメって凄くつまらない。
    ディズニーとか有難がる人の神経が理解できない。
    ストーリーはほぼ全部パクリか童話からの引用。
    キャラクターは少しも感情移入できないポリゴンみたいな顔。
    アナ雪なんて3分であくびが出た。小学生が見るには良いだろうけど
    [ 2019/12/28 02:18 ] [ 編集 ]
  422. トトロの後に上映されたんだよ。あの落差。
    あんな気持ちで映画館出る事はもうないだろうな。
    普通の悲しいとかとは違うんだよ。なんとも言えないあの気持ち。
    [ 2019/12/28 03:05 ] [ 編集 ]
  423. 多分、初めて見たのは小学生の時だったと思うわ
    当時どんな感想を持ったのかは覚えていないがショックを受けたような記憶はないはず
    それより前に小学校の体育館ではだしのゲンを見せられた気がする
    [ 2019/12/28 04:06 ] [ 編集 ]
  424. ※480
    ディズニーは芸術性全振りだからしゃーない

    音楽や絵画やってる人が見れば「ディズニーすげえ!」てなるけど、ストーリーはイマイチだから、芸術に興味が無い人には面白さが判り辛い
    [ 2019/12/28 09:08 ] [ 編集 ]
  425. ※477
    その与太話を感動大作に仕上げたからこそ、高畑勲は天才なんだろ
    原作者ですら「あの話をよくぞまぁこんな泣ける話にしてくれた」と驚いたほど
    多分、高畑勲以外が監督してたら、原作通り「バカな兄貴が妹を死なせただけ」にしかならなかっただろう
    だが高畑勲という天才が監督したことで、「戦争に苦しめられた悲劇の兄妹」という泣ける話に変質したんだ
    [ 2019/12/28 09:14 ] [ 編集 ]
  426. ※29
    ヒガイシャコスプレガーw
    いい加減プロパガンダから目覚めろよ。
    [ 2019/12/28 14:03 ] [ 編集 ]
  427. >>字幕で観た時は目から涙が溢れた。
     だけど吹き替え版で観た時は耳から血が出た。

    蛍の墓がお題のネタで初めて笑ってしまった、日本で言うたらお笑い芸人とアイドルだけで声あてた状態だったのかなあ
    若しくは全体ハタ皇子吹き替えとか
    [ 2019/12/28 20:03 ] [ 編集 ]
  428. コメントにシリアの事書かれていたが今自分の会社にシリア難民が働いている。
    母親以外殺されたそうだ。今はシリアに置いてきた母のために仕送りしなきゃいけないと頑張っている。内戦とか戦争がなくなる世界が来て欲しいね
    [ 2019/12/28 20:40 ] [ 編集 ]
  429. ※54
    事前に米国内に木造家屋建てて実験してたんだっけ?
    川面が火の海になって飛び込んだ人が皆亡くなったのも偶然じゃないんだろうな。
    そうなるように、燃焼材の成分を調整したんかね。
    とにかく一人(奴らからみれば一匹か)でも多くっていう執念のようなものを感じる。
    [ 2019/12/28 20:43 ] [ 編集 ]
  430. 戦争映画というよりは戦時下映画やろ
    [ 2019/12/28 21:25 ] [ 編集 ]
  431. 原作の短編小説では、余りパッとしなかったが、
    ジブリのアニメになると精神破壊力が半端ない!

    原作者の野坂昭如が、試写会で、叫びながら、
    視聴を辞めて逃げ出す位のアニメ映画だもんなぁw

    実写版だと破壊力が抑えられているが、アニメだけ
    は、絶対にダメだw
    [ 2019/12/29 11:46 ] [ 編集 ]
  432. ※67
    いろいろ間違ってるよ
    制作は宮崎じゃなく高畑だし、反日というよりは反戦
    描かれたのが日本だから、イヤな日本人像ばかりが出てくるが、
    あんな極限状態の中で綺麗事をのたまう聖人君子が出てきたらリアリティないわ
    戦時下ではどこの国の人間でもああなるだろというメタファー
    おばさんだってよくよく考えたらデキたオバハンやで
    [ 2019/12/29 20:41 ] [ 編集 ]
  433. パヤ夫も言ってたけど相互扶助の精神が強かった海軍士官の子供が
    あんな親戚たらい回しにされる状態に陥るのも
    士官なら多額の遺族年金入るから叔母が金蔓にあんなに冷たいのも
    軍人家庭の長男があんなに考え無しなのも全部おかしいって事よ
    作者が金持ちで疎開先で友達と遊び歩いてたら幼児だった妹が
    病死して償いに妹構ってやる兄貴書いただけだし
    ちびまる子の友蔵並みに妄想の産物
    [ 2019/12/30 00:29 ] [ 編集 ]
  434. ※488
    東京はまず夜の早い時間に小規模な空爆をして軍人も市民も「今日の攻撃は終わりだな」と安心させて熟睡させます。次に深夜に市街地の淵に焼夷弾で炎の壁を作ります。最後に市街地に直接焼夷弾で攻撃します。
    なお少しでも市民を焼くために攻撃側も防御ガン無視で積載限界まで焼夷弾抱えて低空爆撃という力の入れよう。
    ドレスデンも最初にに爆弾落として建物崩して家具と床材見えるようにして、次に撤去作業してる市民ごと爆撃してるし中々効率重視でエグいよ。
    [ 2019/12/30 00:52 ] [ 編集 ]
  435. 子供の頃に観た時と大人になってから観た場合で感想がガラッと変わる作品だよな。
    戦争ってコワイ、節子可哀想→清太(野坂)マジでクソガキだな、節子可哀想になったわ。
    [ 2019/12/30 01:42 ] [ 編集 ]
  436. ※5
    当時の映画館は指定席や強制退出とか無かったしループ上映が普通
    一度入ったら入場料払ったら閉館まで居てもいいというか、途中から抜け出して他の映画見てもいいというおおらかな時代だった。
    [ 2019/12/30 04:10 ] [ 編集 ]
  437. 「兄ちゃん…また同人誌でシコってんの?」
    「節子これは同人誌やないエロ同人や!」
    [ 2019/12/30 17:15 ] [ 編集 ]
  438. 最近、チラホラ、火垂るの墓を見る人がいるんだよ。
    なんで、あんな古い映画をって思ってたが、こういう経緯があったのかw
    まぁ、なんていうのか、原作者もビックリしたアニメだからな。とだけ言っておくわw
    [ 2019/12/30 18:50 ] [ 編集 ]
  439. 国民皆兵の法制度作った上に、一億火の玉とか言って、戦中は「民間人」に兵器を作らせたり、小学生相手に軍事教練やってたり、「民間人」参加の本土決戦を計画していたりした大日本帝国の軍事独裁政権。
    そんな真似してくる敵と戦う米国側の立場からすれば、「民間人」に見える者を非正規の戦闘参加者(ゲリラ)とみなして掃討したとしても、余り責められないとしか言いようがないんだが。
    そんな背景があるにもかかわらず、「民間人が被害を受けた、戦争犯罪だ」とか、日本側が言い張っても、まったく説得力がないと思えてしまうわけだが、果たしてこれは、気のせいなんだろうか?
    何にしろ、この映画では、そんな真似をしていた時代の日本に起きるべくして起きてしまっただろう事象の一つを、題材にしていることだけは確かである。
    [ 2019/12/31 15:07 ] [ 編集 ]
  440. ななし
    このアニメ反〇映画だと思ってたんだが…
    だから欧米人に人気なのかね
    [ 2019/12/31 19:53 ] [ 編集 ]
  441. ホタルの墓に対するオレの印象は自業自得やな
    わがまま言って拾ってくれた親戚の家を出ていって最終的に作物泥棒したりして死ぬと言うどうしようもない兄妹の話やわ
    冷静に見たら明らかに兄妹の方が一方的に悪いからな
    [ 2020/01/01 14:11 ] [ 編集 ]
  442. 最近全然火垂るの墓やらないよな
    何回見てもダメージ受けるけど、あれは見た方が良いと思う。
    [ 2020/01/01 23:00 ] [ 編集 ]
  443. 節子の霊が一人でけんけんぱして喜んでいる。死んでからも苦しみ、のたうち回っているわけではない事を知って、少しは救われた気持ちになったよ。
    [ 2020/01/02 10:21 ] [ 編集 ]
  444. 映画では節子の死因は栄養失調じゃなくて冒頭で目に入った何らかの物質じゃなかったっけ。清太も放映当時の高畑が考える最近の若者像が投影されてああなっている。そういう意味では原作とも史実とも違うファンタジーだよ。

    あと冒頭で清太が死んで、死者の列車から振り返る形で始まる本編はその回想。最後に魂となった二人が現代の神戸を眺めている辺り、二人は永遠に想い出の世界をループしている。文字通り二人だけの世界を実現させたわけだけど、一番悲しいのはその点だと思う。
    [ 2020/01/02 10:42 ] [ 編集 ]
  445. アメリカ人は「黒い雨」とか「ふたりのイーダ」も見ろ
    「はだしのゲン」はきついだろうから
    アニメなら「さよなら対馬丸」とかも見ろ
    [ 2020/01/03 10:13 ] [ 編集 ]
  446. 一度しか見てないのに、内容をほぼ完璧に覚えてる。
    二度目は見れないよ。
    辛すぎて。
    [ 2020/01/04 21:10 ] [ 編集 ]
  447. ※447
    エラそうに何言ってんだこいつ
    [ 2020/01/05 02:01 ] [ 編集 ]

  448. fireflyがIncendiary bombの隠語だと知ったらもっと鬱になりそう
    [ 2020/01/05 13:43 ] [ 編集 ]
  449. 「おばさんは至極真っ当な人だったわ」
    これが大人になって二度目に見た感想
    [ 2020/01/06 22:01 ] [ 編集 ]
  450. 何回見ても泣いてしまう…
    [ 2020/01/09 11:01 ] [ 編集 ]
  451. ベトナム
    [ 2020/01/09 18:40 ] [ 編集 ]
  452. アジア
    [ 2020/01/09 18:40 ] [ 編集 ]
  453. 一括りは適当すぎだね
    [ 2020/01/09 18:44 ] [ 編集 ]
  454. 戦争映画ではなく反戦映画なんだが
    戦勝国様には反戦意識皆無なのね
    [ 2020/01/10 10:20 ] [ 編集 ]
  455. 広島の戦災孤児を描いた青葉学園物語シリーズは
    面白くて悲しいから、一読をお勧めする。
    かなり古くてKindleにも無いから難しいかもしれんが。
    [ 2020/01/12 11:06 ] [ 編集 ]
  456. 野坂は自分を顧みて、戦争の前では子供は無力だが、それなりの生命力もあるんだということを言いたかったと思う。
    悲惨さの奥にあるメッセージを読めるところまで行けたらすごいね。
    [ 2020/01/13 11:07 ] [ 編集 ]
  457. 浮世絵は目大きくないしな。動画と共に外から入ってきたのか
    [ 2020/01/13 13:51 ] [ 編集 ]
  458. マスコミに洗脳されて脳みそに自分で喝をいれるには、最高の映画
    かも。
    [ 2020/01/14 04:31 ] [ 編集 ]
  459. いや、あの時の日本に生きてたら反日にもなるとおもう…。日本が戦争したことは私は間違いだったとは思わないし、むしろ感謝すらしたいけど。軍部がもう少ししっかりしてて欲しかったし、嫌いにもなるぜ…。
    [ 2020/01/14 10:54 ] [ 編集 ]
  460. 子供を生んでから再度見てみましたが、涙がとまりません。
    同じ年の実の子供の無邪気さ、笑顔がまさに節子そのものだったからです。
    命の尊さを再度実感できる作品でした。
    戦争が題材だけに構えてしまう方が多いと思いますが、
    この作品は世界中のすべての人に見てほしいと思える作品です。
    [ 2020/01/14 16:13 ] [ 編集 ]
  461. 清太は
    [ 2020/01/14 16:37 ] [ 編集 ]
  462. 年を取ると清太にむかついてくるんだよね。
    [ 2020/01/17 13:10 ] [ 編集 ]
  463. 火垂るの墓を、親戚のおばちゃん視点で観ることができるようになったとき
    それが大人になった時なのさ
    その時には清太の身勝手なわがままぶりが節子を死なせたと理解できているはず
    [ 2020/01/22 13:37 ] [ 編集 ]
  464. ※5
    「となりのトトロ」→「火垂るの墓」

    ただし、当時は入れ替え制の劇場は少なかった。
    観客感情に配慮して、同時上映だけど両方の上映時間を発表している劇場も多かった。
    トトロの後で火垂るの墓を見て打ちのめされて、トトロで口直しして劇場を出る客も一定数いた。


    野坂昭如は試写会で打ちのめされて、途中で席を立って戻って来なかった
    高畑勲監督には、「あなたは、とんでもない物を作った。恐ろしい人だ」と言ったという
    [ 2020/01/22 14:20 ] [ 編集 ]
  465. 野坂昭如は空腹のため、妹のミルクを度々盗み飲みしてたんだよ。
    それで妹は栄養失調で死んでしまった。
    その贖罪の為の映画。
    戦争がどうたらとかいう意味はないって、野坂自身も話してた。
    [ 2020/01/22 15:18 ] [ 編集 ]

  466. 人生で唯一人前で泣いた映画何回観ても泣くから観ることができない

    [ 2020/01/29 17:29 ] [ 編集 ]
  467. 確か幼児で途中リタイア(悲しかったことだけ覚えてる)
    中学入学前に完走(ストーリー把握)
    成人で進んでみたくならないけど、覚えている映画。
    覚えているってことはすごい作品、粗とかは気にしなくていい筈。
    [ 2020/02/07 23:46 ] [ 編集 ]
  468. 火垂るの墓はさ 原作者&半体験談だから
    当初 観もしなかった 原作者が亡くなって 初めて観た
    複雑だったよ 『これ 野坂さんなんだよなぁ』ってw
    [ 2020/02/22 13:03 ] [ 編集 ]
  469. 三宮駅に数年前に婆さんのほうむレスがいたのだが、節子が生きていた場合と同い年ぐらいなんだわ。しかも、三宮駅は当時のままなんで、
    まさに、同じような柱に、同じような格好ですわっている訳だ。
    どうという事もないのかもしれないが、せんそうは内にあり外にあるので、
    つまり外 のものだとして遠ざけておくことが出来ない。外にあると考えて安全なドラマのままで考えることは、基本不可能。

    具体的に言えば、大不況でもきて、1000万人ぐらい一気にレイオフになりゃ、一気にあの節子清太の悲惨との距離が接近するってことや
    [ 2020/02/25 05:08 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサード リンク
検索フォーム
最新記事
海外「なんて規律正しいんだ…」 日本人が『パニック買い』をする光景に外国人が衝撃
海外「日本が超大国になった理由だ」 日本人の仕事に対する誠実な向き合い方に感動の声
海外「これが日本の凄さなんだよ…」 ありふれた日常に日本の凄さを見出すタイの人々
海外「日本は完璧な決断をした」 日本政府の五輪延期の判断に世界から称賛の声が殺到
海外「日本は本当に不思議な国だ…」 今も店頭に食料品が溢れる日本社会に外国人が衝撃
海外「日本にいると安心感が違う」 なぜ日本を選ぶ外国人が急増しているのだろうか?
海外「世界は日本を模範にしよう」 北海道の人々が示した高い規律に海外から称賛の声
海外「日本人は白人扱いなのか?」 日本人ハーフが『日本文化盗用』で非難され論争に
海外「日本の未来は明るいな」 日本の女子中学生がとった行動に世界から感動の声
海外「日本はどうなってんだ」 日本の病院で緊急治療を受けた米国人の医療費に驚愕の声
海外「日本は神に愛されている…」 春の日本があまりにも美しいと海外で話題に
海外「結局は民度の差なんだよ」 仏誌が指摘する『日本の感染者数が少ない理由』が話題に
海外「ついに新幹線が来るぞ!」 テキサス新幹線の内装に現地から興奮の声が殺到
海外「日本が愛されるわけだよ」 日本の空港で撮影された1枚の写真に外国人が涙
海外「日本以外じゃあり得ないw」 日本を走る世界唯一の路面電車に海外から羨望の声
海外「日本は次元が違う」 日本の大都市の駅の複雑さが異常なレベルだと話題に
海外「日本人は本当に特別だ!」 フランスで大活躍する日本人選手の人柄に感動と称賛の声
海外「日本とは絶対に争うな」 日本でとんでもない物が造られてると海外ネットで話題に
海外「もう笑うしかないw」 日本に迅速な報復措置を取った韓国に外国人が失笑
海外「日本に住んでて良かった!」 在日外国人コミュニティが日本政府の新型肺炎対策を絶賛
今月の人気の記事(PC)
ランダム記事
スポンサード リンク



ブログパーツ アクセスランキング