fc2ブログ

パンドラの憂鬱

外国メディアの記事などに寄せられた、海外の反応をお伝えします


海外「日本人よ、何故なんだ!」 日本語の『愛』と『恋』の違いが難しすぎると話題に

今回は、日本語の「愛」と「恋」の違いについての話題からになります。

日本の古語において愛は、「かなし」という音に「愛」の文字を当て、
相手をいとおしいと思う気持ちや、守りたい思いを抱く様を意味しました。
また、「こい」は日本に古くからある和語で、
相手に何かを求める「乞う」と同根の言葉になります
(万葉集などでは「孤悲」を当てる例が多く見られる)。

海外ではパートナーへの愛情の示し方は基本「LOVE」など1つであるため、
外国人にとっては、その違いは非常に難しいものであるようでした。

「日本語すげーなw」 日本語にしか存在しない表現に外国人が大盛り上がり

547468468.jpg




翻訳元



■ 私もずっとこの2つの言葉の違いは謎だった。 メキシコ




■ 家族に対する感情と、妻や夫&親友への感情の違いとか? +3 ドイツ




■ コイは気持ちを寄せてる人に早く会いたいという想いで、
  アイは誰かを愛おしいと感じる想い、という違い。 アメリカ




■ 自分が一番納得出来た解説がこれ↓
  「恋」は自分のためで、欲望であり、情熱。
  「愛」はパートナーのため。つまり真実の愛。 +21 国籍不明



   ■ 素晴らしい解説だ。
    「好き」にも似たような隠れたニュアンスがあるの? 国籍不明



      ■ 好きは「LOVE」の感情じゃなくて「LIKE」だな。
        犬、先生、パンケーキには"好き"が使われる。
        とは言え日常では「LOVE」の意味合いなんだけどね。
        日本人にとって「恋」や「愛」は意味が強すぎちゃうんだ。
        歌の歌詞に使うには問題ないんだけど、
        日常で使うにはあまりにも直接的すぎる。 +6 国籍不明



■ 「恋しい」の使い方を例に挙げたほうがいいかも。
  待ち望んでいるとかそういう意味合いなんだ。 +3 アメリカ




■ それぞれの「LOVE」の感情には明確な違いがあるってことでしょ。
  イヌイット語に雪を表す言葉が30以上あるのと同じ。 +3 アメリカ




■ 「愛」の文字は心が中心部にあるよね。
  だから多分より深い愛情なんだと思う、"たぶん"🤷‍♀️ インドネシア




■ 一方(恋)はよりロマンチックなもので、
  もう一方(愛)は家族とかに対する感情なのかな。 アメリカ

「日本が大好きになった」 黒人男性と日本人家族の交流に外国人がホッコリ




■ この2つの違いはかなり複雑で理解しづらいよな。 +1 マレーシア




■ 個人的な印象だとアイは動詞的(アイスル)で、
  コイは名詞として使われる事が多いという感じ。 +1 UAE




■ やっぱり日本語は面白いねぇ。 +3 ニュージーランド




■ 説明を聞けば聞くほど分からなくなってきて、
  日本語の勉強をやめたくなってくる。 😆+1 ベトナム




■ どんな言語の言葉にも複数の意味があるものだよ。 
  ギリシャ語は愛情の伝え方が少なくとも4つはあるからね。
  家族、友人、理想の人に愛情を伝える時にそれぞれ変わるし、
  口説く場合でも使う言葉が変わるから。 アメリカ




■ 「恋」は気持ちを寄せる相手にのぼせ上がっている状態で、
  「愛」は人や物に愛情を抱いてる状態というイメージ。 +2 香港




■ 日本語では「"月がきれいですね?"」が愛になる。 +2 メキシコ

「実に日本人らしい感性だ」 夏目漱石の『I LOVE YOU』の訳し方が美し過ぎると話題に




■ "そうだねー なんでだろう?🤔"
  今まで考えたこともなかったよ。
  "恋するのは最初愛するのはその後.そうじゃないかなぁ? " +8 日本在住




■ 愛情を示す表現はそんなに多くなくてもいい気がするが。 +3 アメリカ




■ 「愛人」はどうなんだろ。
  日本語で愛する人を表現する時には、
  常に「愛人」じゃなくて「恋人」を使うよね? +2 国籍不明



   ■ コイビトは彼女&彼氏みたいにデートをするカップル。
     アイジンは浮気相手とかそういう感じ。 +9 ニュージーランド



■ 妻への感情は「愛」で、アイジンへの感情は「恋」だな。 アメリカ




■ 英語の場合は「LOVE」という1つの言葉しかない。
  それは残念なことだと思う。
  子の親へのLOVE、下心のLOVE、兄弟へのLOVE、
  そういうものをカンジなら1つ1つ表現出来るのかな。 +1 イギリス

海外「日本人が賢い理由はこれか!」 常用漢字の多さに外国人がショック




■ 日本人よ、なぜこんな違いを作った? なぜなんだ!? インド




■ 英語にする場合は「LOVE」で纏めるしかないと思う。 フィリピン




■ 「恋」は勝手気ままな愛情。
  「愛」は無条件に自分の中に存在している愛情。 国籍不明




■ その2つがくっついてる「恋愛」はどういうこと? +1 ブラジル




■ 俺もずっと不思議だった。
  でも「アイシテル」とは言っても「コイシテル」とは言わない。
  基本的に「恋」は名詞として使われるね。 +1 ブルガリア




■ 「愛」はかなり強い感情。独占欲が出るような。
  対して「恋」はロマンティックなもので、
  相手に恐怖を抱かせるような重さはない。 +8 アメリカ




■ 日本語には雨を表す言葉が50個以上あるんだよ。
  それもどうしてなのか謎だ……。 +2 アメリカ

海外「日本人が羨ましい!」 伝統的な和傘があまりにも美しいと外国人に大人気




■ シンプルに当てはめると、Loveが愛、Romanceが恋。 +2 台湾




■ 個人的な見解では、「恋」はロマンティックなLOVE。
  「愛」は欲望を伴わない純粋なLOVEだと思う。 +1 オーストラリア




■ 愛情っていうのは複雑だからね。
  きっと1つの言葉では表現出来ないものなんだよ。 アメリカ





「愛という漢字は真ん中に心があるから真心で、
 恋という漢字は下に心があるから下心だ」
という冗談がありますが、真実に近からず遠からずでしょうか。
もし自分が外国人から説明を求められたら、分かりやすく大雑把に、
「家族への感情が『愛』。恋人への感情が『恋』」と説明しますかね。



関連記事
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑皆様の応援が、皆様が考えている以上に励みになります。


コメント欄の管理を担当していた副管理人が体調不良となり、
時間的に管理人がその仕事をフォローする事は難しいため、
一時的にコメント欄を閉鎖させていただきます。
ご迷惑をおかけいたしますが、ご了承ください。
[ 2019/09/24 23:00 ] 社会 | TB(-) | CM(-)



ブログパーツ アクセスランキング