fc2ブログ

パンドラの憂鬱

外国メディアの記事などに寄せられた、海外の反応をお伝えします


海外「日本との差が酷すぎる」 アメリカの州知事が日本の治安に言及し大きな話題に

今年に入って250件以上、つまりほぼ毎日銃乱射事件が発生しているアメリカ。
特にテキサス州では8月3日に20人が、4日に9人が、
31日に7人の方が犠牲になるなど、文字通り事件が頻発しています。

そして昨日にはミネソタ州でも3人の方が負傷する銃犯罪が発生。
それを受け、先週日本と韓国を訪問していたミネソタ州知事のワルツ氏が、
以下のような発言をし、現地で大きな反響を呼んでいます。

「先週の金曜日に私は日本にいました。
 1億3000万人もの人々が暮らす国です。
 しかし、昨年あの国で銃犯罪の犠牲者になったのは3人でした。
 繰り返しますが、1億3000万人もの人々がいる中、3人なのです。
 ここミネソタでは、わずか1日で3人の被害者が出ている。
 この状況が普通だとは思いたくありません」


以上のような心情の吐露に、地元の人々から多数の反応が寄せられています。
その一部をご紹介しますので、ごらんください。

海外「これが本物の先進国との差だ」 日本の警察の銃との向き合い方に称賛の声

53735737.jpeg






翻訳元



■ 日本は年間3件だけか。
  彼らはどうやって「正解」の方に国を動かしてるんだろうか。
  アメリカは完全に失敗してしまっている。




■ 日本は今でも「敬意」というものを子供たちに教えてるから。 +6




■ 法を守る市民から銃を取り上げるよりも、
  法を守らない人間への罰を強化すればいいのでは? +4




■ 日本人は自分以外の人間に関する全てに敬意を払う。
  彼らはそういうふうに教育されて育ってきてるから!




■ 政治家はこういう事件を政治利用するのはやめて!



   ■ 悲しい事件が起きてしまったんだ。
     そういう社会を変えようとするのは政治家の義務だろ。 +1



■ 日本が安全なのは銃の数が少ないことが理由じゃない。
  日本の文化が安全な社会を築き上げてるのよ……。




■ 日本に理想を見出してるなら日本に移住すればいいのに……。 +10




■ 日本のような国に?
  こっちには自分勝手な人が多すぎるから無理。
  日本人は集団主義で、お互いのことを思いやるメンタリティがある。
  子供たちは家では両親のお手伝いだってするし、
  学校では自分たちで掃除をしてるくらいだし。 +7

「そりゃあ日本に勝てない訳だ」 日本の学校教育のあり方に世界から賞賛の声




■ 「目には目を、銃には銃を」では銃犯罪はなくならない。
  そして、「お悔やみを……」の言葉でも。 +40



   ■ シカゴはかなり厳しい銃規制を行ってる。
     だけど効果がまったく出てないよ。 +16



      ■ シカゴでは銃が手に入らないの?
        どういう規制がかけられてるのか教えてくれない?
        俺はイングランドや日本みたいな国を、
        銃規制に関する例に挙げるべきだと思うけどね。
      


■ この国の子供たちに規律を教えるためにも、
  親の権利というものを取り戻そうじゃないか。 +20




■ この国にも銃規制が必要だ!
  車を運転する時だって免許や訓練が必要になるだろ?
  何で銃では同じことができないんだよ! +14



   ■ それでも飲酒運転のせいで年間1万人の犠牲者が出てる。 +2



■ 日本という国は歴史ある文化に支えられているから。 +1




■ ミネソタは日本とは違う。
  日本と同じような社会を作ろうとしてもそれは難しいよ。 +3




■ 日本との差が酷すぎるね。
  結局、日本の子供達はこっちとは違って、
  モラルと価値観を教わっているからなんだろう。 +8




■ 時代によって技術は変わろうと、俺たちの権利は変わらない。




■ 警察は高速の取り締まりで点数を稼ぐのに忙しいからなぁ。
  日本では窃盗事件の75.9%、凶悪事件の95.9%が解決してるのに。 +12




■ 残念ながら、ここは日本のような平和な国じゃないんだ……。
  自分たちを守るための準備はしておくべきだ。 +5




■ 私は日本で少しの間暮らしてたことがあるの。
  日本の罰則はこっちに比べてかなり厳しい。
  だから日本人は犯罪を警戒することもない。
  私たちも日本と同じような法体制を持つべきだと思う。 +2






なおテキサス州では、以前から州議会を通過していたものではありますが、
乱射事件発生直後に、銃規制の緩和を実施しています。
銃犯罪が多発するからこそ、銃を所持して家族を守る。
その権利を米国民から奪うのは、いかなる大統領でも難しいですかね。



関連記事
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑皆様の応援が、皆様が考えている以上に励みになります。


コメント欄の管理を担当していた副管理人が体調不良となり、
時間的に管理人がその仕事をフォローする事は難しいため、
一時的にコメント欄を閉鎖させていただきます。
ご迷惑をおかけいたしますが、ご了承ください。
[ 2019/09/04 23:00 ] 社会 | TB(-) | CM(-)



ブログパーツ アクセスランキング