fc2ブログ

パンドラの憂鬱

外国メディアの記事などに寄せられた、海外の反応をお伝えします


海外「日本語は繊細な言語だから」 Netflix版『エヴァ』の翻訳を巡り海外ネットが大荒れ

1995年に放送が開始され、社会現象を巻き起こしたアニメ「エヴァンゲリオン」。
同作は今月21日からNetflixにて世界190カ国で配信が始まったのですが、
いくつかの変更に対し、海外ネット上では不満の声が殺到しています。

海外で大きな非難の対象となっている点は2つ。
まず1つは、エンディングに「Fly Me to the Moon」のカバーが流れない点。
一部報道によると、フランク・シナトラなどもカバーしたこの楽曲は、
米国ではライセンス料が高すぎるため、見送られたそうです。

そして特に論争を呼んでいるのが、2つ目の、翻訳の問題。
「好意に値するよ」という、シンジに向けられたカヲルのセリフが、
これまでの翻訳、「Worthy of my love(愛するに値する)」から、
日本版に近い「Worthy of my grace(好意に値する)」に変更され、
また、同じくカヲルの「I love you」も「I like you」に差し替えられています。

単純に作品への敬意を欠いた誤訳と考える人に加え、
恋愛の要素を意図的に排除していると捉える人も多いことから、大荒れに。
批判以外にも、日本語の「好き」を英語に翻訳する事の難しさを解説する声など、
様々な反応が寄せられていましたので、その一部をご紹介します。

海外「なんて論理的な言語なんだ」 日本語の構造を簡易化した図が外国人に大好評

784236363.png




翻訳元



■  私は"Love"が適当だったと思う。
  英語の"Like"はそこまで強い愛の表現ではないし、
  カヲルの想いを汲み取った翻訳ではないと思うから。 +2 イギリス




■ より正確で、言葉本来の意味を優先した翻訳じゃない? +75 国籍不明



   ■ 翻訳において正確性と逐語は同一ではない。 +1037 イギリス



      ■ たしかにこれは、文字通りに訳したことで、
        意味合いが大きく違ってしまったケースかも。 +460 アメリカ



■ 初めてエヴァを観る妻と一緒にNetflixで観返してる。
  カヲルが「好きってことさ」といった直後に妻は、
  「ああっ、2人は両思いなのね」って言ったよ。
  彼女は"like"でも2人の関係を理解した。
  文脈や会話から感じ取ったんだよ。 +8 ウェールズ




■ この翻訳もそうだけど、
   「Fly Me to the Moon」がなくなったのも許せない。 +213 アメリカ

 




■ カヲルは日本語ではどういう表現で"like"を伝えたの? +2 国籍不明



   ■ 「sukitte koto sa」。
     だから定石通り翻訳すれば"like"でいいんだと思う。
     少なくとも間違った訳し方ではない。
     だけど二人の関係性とかを考慮するなら、
     "love"にするべきだったと思う。 +147 マレーシア



      ■ 「suki」って"Like"よりも強いけどね。
        日本のカップルは「suki」って伝えるし。 +284 アメリカ



■ 観た。個人的にはシンジはカヲルに愛情を抱いていたと思う。
  だからこの場合は"Love"だろうな。 アメリカ




■ 「suki」の翻訳は結構難しいよ。
  だからNetflixを完全に責める気にはなれない。 アメリカ

海外「千年前の歌詞って本当?」 君が代の翻訳歌詞が外国人に大好評

235656.png




■ 初めて観たけど、別に"love"じゃなくて"like"でも、
  2人が互いに特別な感情を抱いてる事は分かったけどなぁ。 アメリカ




■ 「suki」は文章によって意味合いが変わる。
  英語の"Love"も同様に文章次第。
  でも"Grace"を使うのは不適切だったと思う。 +1 インドネシア




■ 本当にすごく好きだったら「daisuki」になる。
  でもカヲルは「suki」に留めてるからなぁ。 カナダ




■ こんな些細な翻訳の違いを誰が気にしてるんだ?
  "like"だろうが"love"だろうがストーリーには関係がない。 国籍不明




■ そのうち2人はいとこにされちゃうんじゃないか? +193 国籍不明

 (※セーラームーン北米版では、諸事情により、
   恋愛関係にあるセーラーウラヌスとセーラーネプチューンが、
   いとこ同士という設定に変更されている。)




■ やっぱりオリジナルの翻訳で観るべきだね。
  だってこのカヲルとシンジのシーンは、
  エヴァを爆発的な人気に押し上げた要因の1つじゃん。 +6 メキシコ




■ プロットには影響しないし、別にいいんじゃない? +1 カナダ




■ たぶんこういった恋愛の要素は、
  俺の国では受け入れられないと踏んだんだろうなw アメリカ




■ 日本語は繊細かつ曖昧な言語だからねぇ。
  文脈を捉えないと本質をつかみ損ねることがあるよ。
  そのあたりはイギリス英語もそうだけど。 +4 日本在住




■ 信じられない。2人の関係性は正式に認められてるのに。 +8 アメリカ

87645653.png




■ 翻訳に関する熱い議論が交わされててイイね!
  言語マニアたちが生き生きとしてるじゃないか! +3 カナダ

海外「日本文学は傑作の宝庫」 外国人が人に薦めたい好きな日本の文学作品




■ 翻訳の問題なんてどうでもいい。
  俺の「Fly me to the Moon 」を復活させてくれ! +16 アルゼンチン




■ これはどういう事なの!?
  どうして表現を変えちゃったの?
  "worthy of his grace"なんて表現、誰が使うの?! +32 ポーランド




■ スペイン語版の翻訳は正確みたいだ。
  「suki」の部分は"I like you a lot"になってる。 +53 国籍不明




■ これは正確な翻訳だよ。
   "like"は「"好"」で、"love"は「"愛"」だから。 +3 アメリカ




■ 日本人ははっきりと自分の気持ちを伝えない人たちだけど、
  カヲルは典型的な日本人というわけじゃないんだ。
  そもそも彼は自分を人間だとさえ考えていない。
  だから僕は、"love"から"like"に変更したことで、
  カヲルのパーソナリティーが取り除かれたような、
  あのシーンのインパクトが阻害されたような気がする。 +18 メキシコ




■ 俺の国でもこういう事はよくあるよ。
  オリジナルは完璧なのに、敢えて新たに翻訳し直すんだ。 +6 イタリア




■ この翻訳の違いは、カヲルとシンジの関係性も壊しちゃってると思う。
  カヲルはシンジに「I love you」と伝えた唯一の人物っていう、
  その事実が作品には重要だったんじゃないの? +1156 アメリカ



   ■ そう、そこ!
     シンジは誰からも愛された事がないまま、
     って事になっちゃうからね、"Like"だと。 +45 ドイツ



■ このシーンはもともと、日本語でも曖昧な表現になってる。
  別に"like"でも本来の意味をなくしてはいないと思う。 +224 アメリカ





「LOVE」のままが良かったという人のほうが圧倒的に多かったです。
個人的には、あそこで「LOVE」はエヴァ的ではなく、
もっと言えば日本的ではない気がするので「LIKE」派ですけど、
英語ネイティブからすると、「LIKE」では意味合いが全く違うはず。
日本的ではないけれど、そこに微妙な感覚的なずれは生じてしまうけれど、
英語では「LOVE」で良かったのかもしれません。



関連記事
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑皆様の応援が、皆様が考えている以上に励みになります。


コメント欄の管理を担当していた副管理人が体調不良となり、
時間的に管理人がその仕事をフォローする事は難しいため、
一時的にコメント欄を閉鎖させていただきます。
ご迷惑をおかけいたしますが、ご了承ください。
[ 2019/07/01 23:00 ] 社会 | TB(-) | CM(-)



ブログパーツ アクセスランキング