FC2ブログ

パンドラの憂鬱



海外「日本の借金は国内で完結してる」 日本は経済理論『MMT』の成功モデルなのか?

現在、世界中で賛否両論を集めている経済理論、MMT(現代貨幣理論)。
政府が自国通貨建てで借金が出来る国は、財政赤字の拡大を心配する必要がなく、
それどころか、それによって成長押し上げを追求できるという経済学説です。

先月ごろからウォール・ストリート・ジャーナル、ニューヨーク・タイムズ、
ロイター通信などが日本とMMTの関連性をこぞって取り上げており、
特にウォール・ストリート・ジャーナルは、
「私たち(※日本)は既にやっている」と題された記事を配信しています。

通常、財政赤字を通貨の発行で埋めるとインフレになりますが、
近年はその常識が通じなくなっているとも考えられており、
MMT支持者の多くがその証拠に日本を挙げ、
MMTの提唱者の一人であるミズーリ大学のレイ教授は、
日本をMMTのモデルのような国だと指摘。

安倍総理や麻生財務大臣はMMTの実践を否定していますが、
バーニー・サンダース氏のアドバイザーを務め、
2020年の大統領選への出馬を表明しているニューヨーク州立大のケルトン教授は、
「日本はMMTを実践している」と述べています。

NYTやWSJの記事には様々な意見が寄せられています。
その一部をご紹介しますので、ごらんください。

海外「日本の底力を信じてる」 ビル・ゲイツ氏が予測する日本の未来が話題に

435653757.jpeg




翻訳元(シェアページからも)



■ 事実を言うと、アメリカも既にMMTを実践してるけどね。 +10 アメリカ




■ MMTはパニックに陥ることさえなければ、
  有効な理論だとは個人的に思ってる……。 +1 アメリカ




■ お金を刷りまくったらインフレが起きるじゃん。
  この理論はどう考えてもバカげてるだろ😂 +2 アメリカ



   ■ 日本では30年間インフレが起きてないんだが?
     バカげてるのは何も知らずにコメントする君だ。 +7 アメリカ



■ 要は「親からならいくら借金しても問題ない」ってこと? オーストラリア




■ アメリカも借金は膨大だけど、アメリカ人は特に誰も心配はしてない。
  そう考えると借金に神経質になっていない国は日本だけじゃないんだよ。
  破綻が現実になるまでは、素晴らしい理論だと思う。 +10 アメリカ




■ 「政府の財政赤字は気にしなくていい」?
  MMT支持者はその辺にしておこうか。
  前にもそんな理論を聞いたことがあるし。 +5 カナダ




■ こういう時は経済の現実を考慮しないと。
  「政府の借金」ってやつは結局のところ、
  財務省を攻撃する為のツールにすぎないんだよ……。 +6 アメリカ




■ 自分はリベラルだ。だけどこの理論は無責任だと思う。
  MMT支持派が成功例として日本を挙げるなら、
  俺は失敗例としてギリシャを挙げる。 +3 カナダ




■ 日本の生活水準はアメリカよりはるかに、はるかに高いわけで。
  そんな国と同じことをしても仕方ないだろ。 アメリカ

海外「日本で子供を育てたい! 日米の学校給食の差が世界的な話題に




■ 返済する必要に迫られない限り、借金は何も問題ないしな。
  まぁあくまでもイリュージョン的な話だけども。 +3 イギリス




■ そもそも日本は何十年も前から実践してるじゃん。
  彼らは実践すべきかどうかで悩んでる俺たちを笑ってたけど。 アメリカ



   ■ 日本はずっと不景気に悩まされてるよ? +3 国籍不明



      ■ そう、日本は長期間不景気に悩まされてた。
        だからなぜアベ首相がMMTを実践してるのかと言うと、
        ただバブル崩壊後の経済を立て直す為なんだよ。 +1 アメリカ



■ MMTを実践すればインフレになる。
  結局のところ、国民からすれば間接税に過ぎないと思う。 +1 アメリカ




■ 日本の借金は対GDP比250パーセントだけど、
  インフレ率はたったの0.5パーセント程度という事実。 +7 アメリカ




■ 日本人のビジョンと優秀な頭脳に心からの敬意を表したい。
  日本は長期間不景気に陥っていたのに、
  なおも世界有数の経済大国であり続けてるんだから。 +1 イエメン

海外「日本の潜在力は計り知れん」 日本の国力に対する海外の評価が凄かった




■ アベさんよ、火遊びには気をつけなきゃいけないぞ。 +1 国籍不明




■ この理論が正しいなら税金なんていらなくなるじゃん、
  自国の通貨を発行すればいいだけなんだから。
  こんなうまい話が本当にあるわけ? +7 オーストラリア



   ■ 超低金利であることが前提だけどな。
     それが維持できれば、この理論は破綻しない。 香港



■ 理論が破綻しちゃったらタダでは済まない……。 シンガポール




■ 世界第3位の経済大国がMMTを実験的にやってるわけだから。
  これは世界にとっていい事だと思うんだ。 +1 アメリカ




■ 一般的ではないって?
  アメリカは1919年からずっとMMTを実践してるぞ? +6 アメリカ




■ 僕の国の政府には、ぜひMMTを実践して欲しいと思ってる。 マレーシア

「日本のおかげで今がある!」『ルックイースト政策』がマレーシアで再び脚光




■ 共和党「お金を使いまくって孫達にツケを払わせよう」 +59 アメリカ



   ■ オバマが戦争に税金をつぎ込んだことは無視か。 +6 アメリカ



   ■ この理論の支持者はバーニー・サンダース達なんだけど?
     国の借金はどっちの責任とかじゃないよ。
     共和も民主も喜んで借金を増やしてるんだから。 +3 アメリカ



■ 刷りまくればお金は無限だとでも?
  その結末は、制御不能のインフレだ。 アメリカ



   ■ アメリカ人はちゃんと現実世界で暮らしてるのだろうか。
     どんな国だって毎日お金を大量に刷ってるけど、
     どこかで制御不能なインフレなんて起きてるか?
     日本を見てみろ。ほぼ全く起きてないから。 +2 オーストラリア



      ■ ジンバブエみたいなケースだってあるじゃないか。 アメリカ



         ■ ジンバブエと日本はやってることが違う。
           日本は長年財政赤字を出し続けてたけど、
           中央銀行が国債のほとんどを引き受けてる。
           だからハイパーインフレは起きないんだ。 +2 アメリカ



■ 日本には莫大な個人貯蓄があるから。そこが日米の違い。
  それに日本の借金は国内で完結してるしね。 +17 アメリカ
 
海外「日本政府のやり方は賢い!」 日本の借金を懸念する英紙記事に異論続出




■ 収入よりも支出の方が多い状態が健全なはずがないと思うわ。 イギリス




■ MMTは今後ますます一般的なものになっていくさ。
  理に適ってるとか素晴らしい政策とかってことじゃなくて、
  攻撃的に聞こえてしまうかもしれないけど、
  世界各国の政府にはもうオプションがなくなってきてるから。
  選挙の時に掲げた公約を実行していくためには、
  どうしてもMMTが必要になるんだよ。 +11 カナダ




■ こればかりは、どうなっていくのか様子を見るしかないな……。 アメリカ





関連記事
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑皆様の応援が、皆様が考えている以上に励みになります。
[ 2019/06/06 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(989)




  1. UCuohHwc2qrl7SnGG3yuReeQで検索!!!
    ユーチューブでゲーム実況やってる
    ひまじんだぅっていうアカウントだからみんなよろしくー
    女の子高評価コメントよろ
    男はきもいからくるなよ笑笑
    [ 2019/06/06 23:00 ] [ 編集 ]
  2. 収入と支出のバランスが取れてないのはまずいわ
    他国からの借金なんて論外
    [ 2019/06/06 23:01 ] [ 編集 ]
  3. わかっていることは緊縮財政に舵をきればおしまいということだけ
    [ 2019/06/06 23:02 ] [ 編集 ]
  4. 日本は実践はしていない。たまたまだ!
    [ 2019/06/06 23:02 ] [ 編集 ]
  5. おらおらコメおせーぞwww
    チンパンジーには経済の話は理解できなかったかな?
    [ 2019/06/06 23:02 ] [ 編集 ]
  6. 未来は分からないが取り敢えず今は安定してるよ
    しかしどうしても日本をMMTを実践してる国にしたいみたいやね
    [ 2019/06/06 23:02 ] [ 編集 ]
  7. 昔の麻生は自国通貨建ての日本国債は破綻しないと言ってたが
    今では日本破綻を理由に消費税アップを訴えている
    安倍も大概だが麻生は日本の癌と言っても過言ではない
    [ 2019/06/06 23:04 ] [ 編集 ]
  8. いつもの、※ただし日本は例外ってヤツだろ。
    日本をもってきて証明なんて他で応用できなきゃ意味ないだろう。
    [ 2019/06/06 23:04 ] [ 編集 ]
  9. 本文中にもあるけど最強の基軸通貨ドル持ってるアメリカは
    昔から似たような事やってるだろ
    [ 2019/06/06 23:04 ] [ 編集 ]
  10. TNT火薬なら知ってる
    [ 2019/06/06 23:04 ] [ 編集 ]
  11. 外国から借金するより財政破綻の心配は少ないけどそれによって経済成長が促進されるかというとNOだよね…
    日本の場合は内需を切り捨ててるのと人件費が未だ単なるコストとしか見られず企業の利益を還元する対象とみなされてないって理由だからこれとは別の原因だが
    [ 2019/06/06 23:04 ] [ 編集 ]
  12. いやいや気にはしろよ
    [ 2019/06/06 23:04 ] [ 編集 ]
  13. まあ、日本が破綻する前に、世界が破綻するほうが早いだろw
    [ 2019/06/06 23:05 ] [ 編集 ]
  14. 面白いよね。

    日本政府としてはインフレさせることで国の借金を実質目減り
    とか思ってたのに、実際はなぜかインフレが起きず、でも経済的には発展し失業率が下がり、ホント壮大な実験をしているような感じ。

    でも世界の人に言いたい。
    日本は特殊な国だからな。下手に真似するとヤケドするぜ。
    [ 2019/06/06 23:05 ] [ 編集 ]
  15. ジャッッップ経済よりも俺の動画のほうが大切だろ?
    高評価はよせーやゴミ
    [ 2019/06/06 23:05 ] [ 編集 ]
  16. 海外に借金しまくって成り立ってる韓国www
    [ 2019/06/06 23:05 ] [ 編集 ]
  17. ※15
    無職のちょんは引きこもてゲームとネットだけかよ
    [ 2019/06/06 23:06 ] [ 編集 ]
  18. 海外に訳のわからない巨額の援助しまくるのはやめてほしい
    [ 2019/06/06 23:06 ] [ 編集 ]
  19. ちなみに自国通貨建て国債が破綻した例は一つも存在しない
    アメリカ、イギリス、スイス、日本がデフォルトする確率は限りなく低い
    [ 2019/06/06 23:07 ] [ 編集 ]
  20. ※15
    クソつまえんねー動画だからお前頭とおなじで再生回数も回らなんだろw
    [ 2019/06/06 23:08 ] [ 編集 ]
  21. MMTの話をする前に、そもそも日本では高齢者が通貨の大部分を
    占有するために市中のカネが足りずデフレ化するという他国と違う状況がある

    その為にインフレにするまでに必要な金融緩和の必要な量が「桁違い」に多いのだ
    普通の国でやったら即インフレ化して終了だよ
    [ 2019/06/06 23:08 ] [ 編集 ]
  22. ※15
    、、、、在日引きニート、、、、、
    [ 2019/06/06 23:08 ] [ 編集 ]
  23. 日本は27年連続で、世界最大の債権国家。
    外国に借金しまくりのギリシャと比較されても(笑)

    [ 2019/06/06 23:08 ] [ 編集 ]
  24. 財務省がそれをさせないんだよね
    [ 2019/06/06 23:08 ] [ 編集 ]
  25. 実践しようと思ってやってるわけじゃない
    なんかそうなっちゃったんだ
    [ 2019/06/06 23:08 ] [ 編集 ]
  26. 税金から公共事業を起こして個人の給料に入り、消費とともに納税すると言うことで、国民と政府の間で循環してるなら問題ないのでは?
    国債もただ借金という一面的なものではなく、国民からしたら債権(資産)になる
    金は天下の回り物と言うし、この経済の輪を太く速く回転させることが重要なのではないか?
    問題はこの輪が外へ向かって散逸したり、輪が小さくなったり遅くなって止まることだと思う
    [ 2019/06/06 23:09 ] [ 編集 ]
  27. アメリカは既にやってるって言ってる人がいるけど、アメリカは通貨発行権を持ってるのが政府じゃなく私設財団じゃなかった?
    私設財団ってことはその財団に利益出さなきゃいけなくなるし財団が国の政策に口出しすることになると思うけど
    [ 2019/06/06 23:09 ] [ 編集 ]
  28. >自分はリベラルだ。だけどこの理論は無責任だと思う。
      MMT支持派が成功例として日本を挙げるなら、
      俺は失敗例としてギリシャを挙げる。
    ギリシャはユーロ建ての借金な、ギリシャ政府にはユーロの発行権がなかった
    この理論に関しては慎重な議論が待たれる
    [ 2019/06/06 23:09 ] [ 編集 ]
  29. 円刷りまくってるのに円高。しかも借金大国。
    誰も説明できないんだよなぁw笑えんのやけど
    [ 2019/06/06 23:09 ] [ 編集 ]
  30. ※15
    有名サイトで自分の宣伝しなきゃならんくらいの底辺YOUTUBER(笑)
    [ 2019/06/06 23:09 ] [ 編集 ]
  31. この件は今でも経済学者が論争してる
    [ 2019/06/06 23:10 ] [ 編集 ]
  32. >MMT支持派が成功例として日本を挙げるなら、
     俺は失敗例としてギリシャを挙げる。 +3 カナダ

    この人、ギリシャが通貨発行して借金のほとんどが内債だって思ってんのかな?
    [ 2019/06/06 23:10 ] [ 編集 ]
  33. 実際円建て国債だけだから破綻なんてしねえんだがな
    [ 2019/06/06 23:10 ] [ 編集 ]
  34. これって、借金の殆どを国内で賄ってるのが前提だしね。
    ギリシャみたいに、国債の殆どが海外に行ってるのは、即破綻するぞ。
    そもそも本当に危ないなら、国債利率が跳ね上がるだろ。
    [ 2019/06/06 23:10 ] [ 編集 ]
  35. 日本よりも経済悪化が著しく10年ごとに経済危機を迎える韓国
    [ 2019/06/06 23:11 ] [ 編集 ]
  36. そういや安倍総理は「デフレは貨幣現象」とトンデモほざいてましたなw
    安倍政治では日本は永遠にデフレのままやな
    [ 2019/06/06 23:11 ] [ 編集 ]
  37. あらいやらしい
    [ 2019/06/06 23:11 ] [ 編集 ]
  38. >>自分はリベラルだ。だけどこの理論は無責任だと思う。
      MMT支持派が成功例として日本を挙げるなら、
      俺は失敗例としてギリシャを挙げる。

    この人はなんもわかっていないと思う。日本は国内の借金がほとんど対して、ギリシャは国外に借金をつくったから外国からの請求に耐えれなくて財政破綻したんだよ。彼は何を言ってるんだろうか?
    [ 2019/06/06 23:11 ] [ 編集 ]
  39. 公務員がローンをし出した辺りから日本おかしくなってます
    増税の裏には必ず金融がいます
    公務員と金融は切り離さないといけません
    公務員は何も物を作っていません
    米も野菜も機械も車も部品も工具もえんぴつもふりかけも何も作っていません
    ここに税金を投入して、さらにローンをするなど前代未聞です
    公務員のローンを禁止にしなければいけません
    [ 2019/06/06 23:11 ] [ 編集 ]
  40. これは良スレ
    [ 2019/06/06 23:11 ] [ 編集 ]
  41. いつもに日本は例外ってやつでは?
    [ 2019/06/06 23:11 ] [ 編集 ]
  42. ※5
    チンパン並みの知能しかないからお前は引きこもりの無職なんだ~wwww
    [ 2019/06/06 23:12 ] [ 編集 ]
  43. しれっとアメリカもやってること。
    ただ、経済学を一つだと思い込んでる外人は、意味と内容を理解してないと思われる書き込みだらけだな…。
    [ 2019/06/06 23:12 ] [ 編集 ]
  44. なんで日本とギリシャを同列で語ってるやつがいるのかね。
    ギリシャには自国通貨じゃないじゃん。MMT関係ないし。
    よくわからないまま適当言うやつは外人でもクソ多いんだな。
    [ 2019/06/06 23:12 ] [ 編集 ]
  45. 「でも日本は長期間不景気だ」って言ってるけど、バブル崩壊後に他の国と同じくらい金刷ってれば不景気なんて早々に脱却してたよ
    日本は何故か金刷らないから長引いてる
    [ 2019/06/06 23:12 ] [ 編集 ]
  46. ※18
    投資だよ 還ってくるよ
    結局現地で受注するのも日本企業や組織だし
    [ 2019/06/06 23:12 ] [ 編集 ]
  47. 普通は物量が不足しないとインフレにならないよ
    ベネズエラ、ジンバブエもそれ

    アメリカも中国も国債を発行しまくってるが、ハイパーインフレにはなっていない。いきなり今の20倍とか刷ればインフレになるかもしれないが。

    今増税したらまたデフレが進行するのに、消費税増税しようとしているのは本当に最悪。政治家が馬鹿過ぎるし官僚が経済の事を何にも分かってない
    [ 2019/06/06 23:12 ] [ 編集 ]
  48. 15
    もう少し知的なコメをしろよ
    だから 人間に似た生物 と言われるんだぞ
    [ 2019/06/06 23:13 ] [ 編集 ]
  49. 消費税ってまじで10月に上がるのかな。
    ちょこちょこ様々な食品が値上げしてる中で、消費税上がるとしたら今以上に自分の生活キチキチになっちまうんだ…

    あ、反安倍首相でも安倍首相熱烈支持者のどっちでもない人間のただの疑問だよ(一応)
    [ 2019/06/06 23:13 ] [ 編集 ]
  50. 外国に借金 短期的にやばい
    子孫にローン積んどく 長期的にやばい
    [ 2019/06/06 23:13 ] [ 編集 ]
  51. ※15
    お前がチンパンジーだから誰も見なんだろ
    あっ、それも理解できないバカだったかwお前はw
    [ 2019/06/06 23:13 ] [ 編集 ]
  52. まあ、アメリカは米債を売ろうとした国に圧力かけられるから大丈夫なんじゃね?
    いつまでもつか知らんけど
    [ 2019/06/06 23:13 ] [ 編集 ]
  53. アメリカもお金刷りまくっても問題ないよね。
    アメリカで毎年行われている議会承認って、予算を確保するためのデフォルトするする詐欺だと思ってる。
    世界基軸通貨である米ドルは本当に強い。


    韓国の経済低迷に悩む文大統領には、韓国ウォンを大量に刷って韓国経済の起爆剤にして欲しいなぁ(笑)
    [ 2019/06/06 23:13 ] [ 編集 ]
  54. 経済に詳しくないけど・・・刷る額面が同じなら、その額面が蒸発するまでの回転数・・・循環回数が大事なんじゃねーの?
    日本って貯蓄で循環が停滞してるようで、実は高効率で回してんだろ?
    [ 2019/06/06 23:13 ] [ 編集 ]
  55. MMTなんて存在しない
    日本が未だなんとかなってるのは国内産業のおかげ
    アメリカも大筋は同じ
    もし日本が輸出する物がなくなったり世界から貿易制裁されたら終わり
    ハイパーインフレした国を見れば何らかの理由でまともに輸出ができなくなった国ばっかりだよ
    [ 2019/06/06 23:13 ] [ 編集 ]
  56. 日本の国債は、それを買う人達が税金を合法的に手に入れる仕組み。
    [ 2019/06/06 23:13 ] [ 編集 ]
  57. 認めると面倒だし関係ありませんっていっとけ
    [ 2019/06/06 23:13 ] [ 編集 ]
  58. 日本は世界一の海外資産の保有国なんだけどね
    バランスシート上は資産と負債がトントンだから国債は暴落しない
    [ 2019/06/06 23:14 ] [ 編集 ]
  59. お金ってのは実は所得性向の低い高齢者の手に渡った時点で、
    それは限りなく「消えた」のと同じになるんだ
    つまり、現在の日本の高齢者が膨大な通貨を持つというのは、
    天文学的な量の「お金が消えてる」状態になってる

    平成時代に起こった事はバブル崩壊よりも深刻な高齢者による「通貨消失」
    という事態であり、この消えた通貨を金融緩和策で回復しないと
    深刻なデフレになってしまう、そしてやっとその対策が不十分ながら
    出来たのが今の安倍政権だという事だね
    [ 2019/06/06 23:14 ] [ 編集 ]
  60. ※18
    国交で他国に負けまいとする競争とか市場という畑を耕して水をやるようなもんで自国や自陣営の為になることなんじゃないの?援助って
    [ 2019/06/06 23:14 ] [ 編集 ]
  61. 第一次世界大戦後ドイツがハイパーインフレ化したのはルール工業地帯接収されて生産能力が著しく落ち込んだことが原因だからな
    [ 2019/06/06 23:14 ] [ 編集 ]
  62. ※48
    ちょんって顔も頭も人間には程遠いチンパンだよ
    だから※15みたいな知能の低いコメントができる
    [ 2019/06/06 23:15 ] [ 編集 ]
  63. ギリシャは原因が違うから比較にならない
    なんで日本が大丈夫なのかは経済学者の高橋洋一の説明がわかりやすい
    [ 2019/06/06 23:15 ] [ 編集 ]
  64. まぁいつかは徳政令をやる日が来るかもしれない・・・
    現実問題、無限に成長するのは不可能なんだよな。いつかは終わりが来るわけで
    長生きするには細く長くが理想だけど、細い生活に人間もとい生物が満足するかといえばそれはあり得ない
    [ 2019/06/06 23:15 ] [ 編集 ]
  65. だから内需を冷え込ませる消費税は駄目ってこと?
    [ 2019/06/06 23:15 ] [ 編集 ]
  66. ※15
    ひまじんだぅ って外にでて仕事もしない引きこもりだから暇人なんだろ?
    [ 2019/06/06 23:16 ] [ 編集 ]
  67. じゃあMMTとやらを自分たちの国でやってみたら?
    絶対に日本みたいにならんよ
    [ 2019/06/06 23:16 ] [ 編集 ]
  68. 今現在日本はデフレなのにさらに消費税を上げる愚かな安倍政権
    安倍晋三は戦後最悪の総理として永遠に語り継がれることだろう
    [ 2019/06/06 23:17 ] [ 編集 ]
  69.  
    倍々ゲームで中国に買われる国債が上がり続け、日本の貯蓄の大半を握る団塊世代は死んでいく。
    永遠に続けられるわけもないのにバブルを引き起こし、その後の立て直しにも失敗した大蔵省、財務省官僚の寝言に好き好んで騙されるあほうども。
    [ 2019/06/06 23:18 ] [ 編集 ]
  70. ※15
    チャンネル登録者数143人ww
    [ 2019/06/06 23:19 ] [ 編集 ]
  71. ギリシャは

    他国のお金で

    他国から借金したから

    破綻した

    日本は

    自国のお金で

    自国から借金するから

    破綻しない

    混同させるのはアカかテョンかパヨだけ
    [ 2019/06/06 23:19 ] [ 編集 ]
  72. ※63
    高橋洋一はリフレ政策の一部もMMTとして語ってるから微妙
    中野剛志、三橋貴明の説明が一番正確でわかりやすい
    [ 2019/06/06 23:19 ] [ 編集 ]
  73. 無知が否定しても何も変わらない
    財政破綻?
    インフレになってから言おうね。
    インフレになると借金は実質目減りする上、GDPも増えるから借金を早く減らせるね。
    もちろんこの方法はどこの国でも出来る訳じゃない。
    国際通貨と絶大な国家的信用が必要。
    現在、政府子会社の日銀が国債を400兆ばかり買ってるんだけど、マイナス金利ですからね。
    あー早くインフレになって欲しいなー(棒)
    [ 2019/06/06 23:19 ] [ 編集 ]
  74. ※69
    在日が必死に「安倍はすぐにやめる」ってずっと言い続けてきたけどいつ辞めるの?www
    来年でもう安倍さん満期なんだけどwww
    [ 2019/06/06 23:19 ] [ 編集 ]
  75. 政府が借金しまくったらインフレ?
    デフレか横ばいじゃん
    もっと国債発行するべきなんじゃね
    [ 2019/06/06 23:20 ] [ 編集 ]
  76. 日本は実践してないって言ってるんだから
    >特にウォール・ストリート・ジャーナルは、
    >「私たち(※日本)は既にやっている」と題された記事を配信しています。
    ここ
    「彼ら(※日本)は既にやっている」にしてくれ。
    [ 2019/06/06 23:21 ] [ 編集 ]
  77. 借金大国なのに、通貨「円」は安全資産。
    つまりは信用があれば、MMTは成立する?
    [ 2019/06/06 23:21 ] [ 編集 ]
  78. ※72
    社会でもYOUTUBEでもド底辺の※15の在日
    [ 2019/06/06 23:21 ] [ 編集 ]
  79. 不換紙幣に貯蓄の価値はない
    決済と評価基準としての利用のみの価値
    信用を失うときは一瞬。仮想通貨のごとくに起こりうる
    不換紙幣は仮想通貨に納税手段を足した価値程度のもの
    財政規律を軽視することの危険性は頭のすみにおいておきべき
    [ 2019/06/06 23:21 ] [ 編集 ]
  80. 米5
    どうしたの?なんで空気に向かって喧嘩売ってるの?
    [ 2019/06/06 23:21 ] [ 編集 ]
  81. そもそも公務員は40年も何も作らない人生で楽しいのでしょうか?
    いいでしょうか、生まれてこの方何も作らないのですよ?
    生まれて死ぬまで何も作らないのですよ?
    [ 2019/06/06 23:21 ] [ 編集 ]
  82. それは日本は世界有数の債権国であるからと
    国内の円の信用の高さであって丸々日本の状況が
    外国で当てはめられるかといったらそれは違う
    [ 2019/06/06 23:22 ] [ 編集 ]
  83. 経済の話になるとついていけない安倍信者さん
    [ 2019/06/06 23:22 ] [ 編集 ]
  84. 安倍ちゃんが無理矢理インフレにしようとしてるのに殆ど効果無いんだもん
    こんな国なんの参考にもならんわ
    [ 2019/06/06 23:22 ] [ 編集 ]
  85. 心配な方々は今すぐ円を手放してドルにでも交換しようw!
    早くしろよw
    [ 2019/06/06 23:22 ] [ 編集 ]
  86. ※69
    戦後最悪の総理が9年3期を満期でむかえるのか
    朝鮮人にとって戦後最悪ってことなんだな
    [ 2019/06/06 23:22 ] [ 編集 ]
  87. こんな問題より、追軍売春婦の朝鮮人ババアの捏造映画を放映してるカスの記事あげてよ。
    [ 2019/06/06 23:23 ] [ 編集 ]
  88. 政府を信用し紙幣を欲しがる人がいる限り、紙幣を発行し続けても何ら問題ない。だって必要な紙幣なんだから。信用とニーズが勝るなら税金だっていらない

    当たり前すぎて草
    [ 2019/06/06 23:24 ] [ 編集 ]
  89. ※69
    朝鮮人が戦後最悪っていうってことは日本人にとっては戦後最高だったってことか
    [ 2019/06/06 23:24 ] [ 編集 ]
  90. 日銀が国債を発行して日銀が買い取る
    日銀が国債放棄すれば借金はチャラ
    [ 2019/06/06 23:24 ] [ 編集 ]
  91. ソンナコトナイヨーニホンモシャッキンカカエテタイヘンダヨー
    [ 2019/06/06 23:25 ] [ 編集 ]
  92. ※86
    安倍総理はインフレ政策何もしてないよ
    規制緩和によるインフラ開放等で供給能力上げてデフレ加速させているんだから
    [ 2019/06/06 23:25 ] [ 編集 ]
  93. MMTが成立するのは現状米・日ぐらいじゃない?
    ギリシャはユーロを刷る権利ないんだから、そもそもMMT理論はあてはめられないよ。
    [ 2019/06/06 23:25 ] [ 編集 ]
  94. 今まで大丈夫だった、だからこれからも大丈夫。
    それで国債発行し続けたら・・・どうなるんだろう。
    MMTは仕組みを見れば「なるほど」なんだけど反対派の意見も納得できる。

    少なくとも1000兆円以上の国債を発行してもデフレ脱却できなかった日本なら、MMTを実践してもハイパーインフレになるとは思えないな。
    物は試しでやってみたらどうだ?無責任に聞こえるだろうけど経済学者なんてそんなもんだろ。
    [ 2019/06/06 23:26 ] [ 編集 ]
  95. 麻生「アメリカは借金1京円」

    ↑コレまじ??
    [ 2019/06/06 23:26 ] [ 編集 ]
  96. 借金減らすから増税してもいいよと国民が言えば、国の借金は減っていく。
    でも、嫌なんでしょう?だったらそうするしかないよねと国は国債を出す。
    いくら国内の借金でも国がもう無理と言って踏み倒せば、それは国内だけでなく海外からも国家の経済的信用を失う。
    そうなれば日本だって詰み。
    既存の経済金融システムがこの先も変わらず機能し続けるかもわからんし、ガラッと仕組みが変わるようなことになればまるで魔法のような解決策が飛び出すこともあるかもしれないが、まあ、自分たちが生きてるうちは自転車操業なんだろうなぁ。
    [ 2019/06/06 23:28 ] [ 編集 ]
  97. 需要と供給の判断さえミスしなかったらOK
    とはいえここが難しい
    判断ができないからデフレが続いてるとしか思えない
    適度なインフレにまで持っていきたいができない
    それは政府や官僚が無能だからなんて断罪できないな

    今の国内情勢、世界情勢
    あまりに不確定要素が多すぎて臆病になるのも当然だろうよ
    これから恐慌が起きても不思議じゃないし


    [ 2019/06/06 23:28 ] [ 編集 ]
  98. 記事間違ってるよね。ケルトン教授は「日本は主流派経済学の誤りを証明している。しかし、日本の政策はMMTとは真逆のものだ」と答えている。
    [ 2019/06/06 23:28 ] [ 編集 ]
  99. てかドルアメリカもずっと同じ事してるだろ?
    [ 2019/06/06 23:28 ] [ 編集 ]
  100. ※97
    スイスでも可能
    イギリスはEUの条約が足を引っ張って上手く機能しない可能性あり
    [ 2019/06/06 23:29 ] [ 編集 ]
  101. >■ 自分はリベラルだ。だけどこの理論は無責任だと思う。
      MMT支持派が成功例として日本を挙げるなら、
      俺は失敗例としてギリシャを挙げる。 +3 カナダ

    ギリシャはユーロを自国ですれない。
    前提が間違ってる。
    [ 2019/06/06 23:30 ] [ 編集 ]
  102. アメリカの中央銀行が民間銀行ってことをアメリカ人は知ってるんだろうか。
    [ 2019/06/06 23:30 ] [ 編集 ]
  103. ※69
    在日が言う戦後最悪は、日本人からしたら戦後最高っていみだからな
    [ 2019/06/06 23:31 ] [ 編集 ]
  104. 自民が、日本国民や支持者の為に動いたら、
    それもう自民じゃないだろ。
    世界一支持者を裏切ってもむくいのない与党、
    それが自民党。

    ようするに何をやろうが、お前らのおかげで安泰だ、
    という話だし、その辺を完全に見切られている。
    死んでるよ、日本の政治は。
    [ 2019/06/06 23:31 ] [ 編集 ]
  105. ※108
    アメリカ人もイギリス人も自国の中央銀行がユダヤ人に掠め盗られたことは理解しているよ
    [ 2019/06/06 23:32 ] [ 編集 ]
  106. 現状の財政赤字を税金で補うなど不可能なこと
    今のままじゃ金利は上げられないし、税金も赤字に食いつぶされる
    第三の道を探した方がいいに決まってる

    財政規律? 誰がどう言ってるのかハッキリさせよう
    [ 2019/06/06 23:32 ] [ 編集 ]
  107. ※69
    戦後最悪なのになんで安倍総理は人気を満期で迎えられるの?
    なんで支持率が野党支持率の合計よりたった1つの安倍内閣の方がはるかに高いの?
    [ 2019/06/06 23:32 ] [ 編集 ]
  108. 増税したり 企業が給料上げずに内部留保貯めまくってるのとかでインフレ押さえてるからでしょ
    なんかあれば円高なんだから
    いくらでも刷れるでしょ

    アメリカに隠れて資産増やしてるだけじゃん
    隠さないとバブルの時みたいに潰されるから
    中国はその身代わりに日本に育てられてたってのが現実
    [ 2019/06/06 23:32 ] [ 編集 ]
  109. 日本の場合は借金も世界一だが、貯金も世界一だから成り立ってんだよ
    [ 2019/06/06 23:33 ] [ 編集 ]
  110. 実質賃金も消費指数も民主党時代以下だからなw
    経済も外交も国防ダメダメな安倍ちゃんwwwwww
    [ 2019/06/06 23:34 ] [ 編集 ]
  111. ※15
    チンパンジーの知能しかない在日ちょんが経済の話についていけなくて逃げちゃったなw
    [ 2019/06/06 23:34 ] [ 編集 ]
  112. MMTの定義って言う人によってバラバラじゃない?
    [ 2019/06/06 23:34 ] [ 編集 ]
  113. ※98
    >1000兆円以上の国債を発行してもデフレ脱却できなかった日本なら、MMTを実践してもハイパーインフレになるとは思えないな。

    高齢者の通貨吸収力次第だよ
    奴らが「変わらぬ吸引力」で吸い続ければ、どんだけ金造ってもインフレにはならない
    今の日本の金融緩和ではその吸引力に負けてるって事だな
    [ 2019/06/06 23:34 ] [ 編集 ]
  114. ※63
    そもそも高橋洋一はMMTを支持してはいないし、納得もしていないだろ。
    それと日本がMMTを実践しているのではなく、日本の経済状態を説明できる
    ものとしてMMTが出てきたと考えるべきなんだよ。
    今までの経済理論では、日本の経済状態(いくら金融緩和をしても金利が
    上がらずデフレ状態が続いている)の説明がつかないから。
    しかしそれだと今までの理論がおかしくなるので、既存の経済学の大御所が
    こぞって疑義を示している。只のメンツのためだわ。
    [ 2019/06/06 23:34 ] [ 編集 ]
  115. やたら最近MMTって話題になるけど

    「政府の赤字」=「民間の黒字」ってだけだろ? 違うのか?



    [ 2019/06/06 23:35 ] [ 編集 ]
  116. ※116
    民主党が底辺なのにそれより下なんてあるわけだいだろ
    お前は頭にウジでも湧いてんのか
    [ 2019/06/06 23:36 ] [ 編集 ]
  117. ※115
    別に貯金が無くても国債は刷れますよ?
    インフレ率の許す限りは
    じゃなきゃアメリカやイギリスなんてとっくに破綻してないとおかしいし
    [ 2019/06/06 23:37 ] [ 編集 ]
  118. 1コメから荒らされてて草
    [ 2019/06/06 23:37 ] [ 編集 ]
  119. MMTもアレだけど、自国通貨建てで借金が出来るという所を無視してるコメントが多いな
    発行権があってそれを引き受ける相手も居ると
    [ 2019/06/06 23:37 ] [ 編集 ]
  120. ※116
    そんな日本に寄生し続けて愛しの祖国の韓国に帰らない在日って一体www
    [ 2019/06/06 23:37 ] [ 編集 ]
  121. MMTは全然定義が分からん。
    もっと刷れよ、インフレ目標達成するまで。が出来てないのになんでそんな極端な話になっとんねん。
    流動性の罠がインフレターゲット達成しても解決しなければ、もっとキツイ緩和や財政政策考えたらエエ。
    今はまだシンプルに緩和、財政は減税をやるのが先。
    もう半分ぐらい政府債務日銀が買うてもーとるんやから、実質踏み倒してるやん。借り換え永久にしたらエエ状態や。目的は、自国民にとって1番心地良いインフレ率、失業率になる事であって、そんな無茶な話とは違うと思うで。先ず、緩和拡大、減税やろ。
    今の一番の課題は消費税下げる事やろ。
    [ 2019/06/06 23:37 ] [ 編集 ]
  122.   
    日本が不景気になやまされてるというなら、どの国も終わってるレベル

    まー実際イギリスもフランスもやばいし、朝鮮人なんておわってるけどw
    [ 2019/06/06 23:38 ] [ 編集 ]
  123. 上手く行ってるのは、国民が国や政府を信じてるから。
    信用できなるような事態になれば国債の取り付け騒ぎが始まり、円や株価が大暴落する。
    今は問題ないが、東南アジアの新興国に追いつかれた頃には現実になるかもな。
    [ 2019/06/06 23:39 ] [ 編集 ]
  124. MMTなんてのは「やり方」であって、それでうまくいくかどうかはその国次第ってだけだよ。日本とギリシャやジンバブエを比較しても意味ないわな。
    「やり方」だけで語れるなら「共産主義」の中国は国民にとって理想の世界だからな。
    [ 2019/06/06 23:39 ] [ 編集 ]
  125. ななし
    基軸通貨のアメリカ以外だと、海外純資産が世界一で、恒常的な経常黒字国の日本でしか通用しない理論。
    日本の経常黒字は毎年20兆円ほど。これが日本に入ってくると円は毎年上がることになる。潜在的な通貨高の国が日本。金利がマイナス0.1%でも、ドルに対して毎年1%通貨高になれば円を持ってた方がいいわけだ。
    円高になれば輸出産業が打撃をうけるから、日本として円を発行して円買いを防ぐしか方法がない。通貨供給を増やして金利を下げ、インフレ誘導するしかない。
    日本でMMTが通用するのは、日本に強固な経常黒字体質があるからで、他国が真似したらたぶんインフレに悩むことになる。
    [ 2019/06/06 23:39 ] [ 編集 ]
  126. 税金を上げる必要性がないのに税金を上げまくる安倍政権
    安倍晋三は朝鮮から送り込まれたスパイなのか?
    [ 2019/06/06 23:40 ] [ 編集 ]
  127. これの最低限の条件が「自国だけでインフラ整備を完結できる」
    なんだけど、グローバル化のせいで実際に満たしている国は今や
    日米2ヶ国だけなんだよね。
    この時点で他の国にとっては参考にならないんだよなぁ…。
    [ 2019/06/06 23:40 ] [ 編集 ]
  128. ※116
    日本 → 国内の借金
    韓国 → 外国からの借金

    サムスンの株の半分以上は外国投資家に抑えられて今や外資系企業になって養分を吸い取られるだけの操り人形
    [ 2019/06/06 23:41 ] [ 編集 ]
  129. 日本には隠してるだけで金鉱脈がまだ有るしね。
    [ 2019/06/06 23:42 ] [ 編集 ]
  130. MMTなんてリフレ派と一緒くたにしてリフレ派を潰す工作だよ。とんでも論。
    「金融緩和の上限はインフレ目標」だ。国債で財政出動できる上限もそれに関連する。
    日本でインフレが起きてないのは金融緩和が足りてないだけ。
    現状の緩和分は消費税が吸収しちゃってんの。
    [ 2019/06/06 23:42 ] [ 編集 ]
  131. ※59
    >高齢者が膨大な通貨を持つというのは、
    >天文学的な量の「お金が消えてる」状態になってる
    馬鹿な話を何回も書き込んでるね。
    高齢者の貯蓄は銀行に預けてあるのになんで「お金が消える」のかね。
    小学生でも預金通帳持っているのに、こういう幼稚園児のようなたわ言を、、、恥ずかしくないのかね。
    [ 2019/06/06 23:43 ] [ 編集 ]
  132. 金融機関が日本円の運用に価値を見いだせず、莫大な資金が米国を始めとする海外に流出し続けており、低金利で発行し続けた国債の副作用である
    なので、政府は国債が抱えた様々な問題を解決する為に、財政再建にやっきになっており、少なくても競争力のある金利が支払いできるまで国債を減らす必要はあるのは間違いない
    もちろん中央銀行は「利下げ」のカードを延々と失い続けており、機能停止状態に陥っているのは明らかである
    こういった状況で金融危機が起これば日本円は60円まで高騰するという試算もでており、リスクが拡大し続けている事は間違いない

    なお邦銀の国債与信総額は「4兆ドル」であり、2008-2009年頃の2倍にまで急増している
    そして地銀の多くは赤字体質であり、みずほ銀行でも兆円単位の資金を転がしても真っ当な利益が出なく、そのまま金融機関が破綻をすればペイオフ以外は国民の資産も全て紙くずにもなる
    [ 2019/06/06 23:43 ] [ 編集 ]
  133. ※135
    朝鮮人は安倍政権に癇癪を起して憤死してるからお前の妄想は成立しない。
    [ 2019/06/06 23:43 ] [ 編集 ]
  134. 試しに5年間だけ消費税を0%にしてみたらいいのに、と思う
    これで実際の景気がどうなるか
    実験してみりゃいい
    少子化、生活の多様化
    不確定な時代だ

    「減税=景気回復」ってならないかもしれない
    それくらい日本は機能不全になってるかもしれないよ?
    [ 2019/06/06 23:44 ] [ 編集 ]
  135. ※116
    そんな安倍政権に負ける韓国の無能さよwwww
    [ 2019/06/06 23:44 ] [ 編集 ]
  136. 経済理論て理論的な成否や優劣よりも、結局は利用して儲けた者勝ちなイメージ
    [ 2019/06/06 23:45 ] [ 編集 ]
  137. 最近イノベーションの評価を出してたけど、
    ロイター社は日本の将来を不安視してない(高評価してる)
    逆にブルーム・バーグ社は日本を低評価してる
    そのブルームバーグが一番推してる韓国が大不況になってんだから、もはや信用できないソースだけど
    [ 2019/06/06 23:46 ] [ 編集 ]
  138. ※141
    >高齢者の貯蓄は銀行に預けてあるのになんで「お金が消える」のかね。

    そのお金はずっとそこに置いてあって動かないんだよね
    銀行が運用すれば良いんだけど、奴らはそれも出来ないからホントに置物
    タンス預金と現状そう変わらない訳で、それってお金として価値喪失してるよ
    2030年に認知症患者の資産200兆円でしたっけ、そうなると更にそうなるわな
    [ 2019/06/06 23:46 ] [ 編集 ]
  139. ※135
    じゃあなんで在日は同胞の安倍ちゃんにファビョってるの?
    [ 2019/06/06 23:46 ] [ 編集 ]
  140. 日本人が貯蓄好きなお陰なだけだよな
    不景気になればなるほどその傾向が高まるから
    国債刷りまくろうがなかなか破たんしない
    [ 2019/06/06 23:47 ] [ 編集 ]
  141. ※140
    もうすでに日本国債の半分を日銀が買い取っている状態なのに金融緩和が足りてないという妄言をまだ垂れ流すの?
    岩田規久男先生も反省して次のステップに進んだというのに…
    リフレ派は救いようのない阿呆しか残っていないようだね
    [ 2019/06/06 23:47 ] [ 編集 ]
  142. そりゃ財務省が出す数字は増えていくよな
    問題は、この理論で経済を支えても
    実態に回ってこないという事
    刷ったお金を日銀が持ってるんだから当然だ

    今の政府の、お金を刷っていきましょう
    という方針は間違ってない
    だけどそれだけだと片手落ち
    今、日本政府がしなければならないことは
    今後50年で日本が目玉とする産業を決めて公示する事
    ITでも軍事でも宇宙開発でもいい
    この産業を中心に国を回しますと宣言し
    そしてそこに刷ったお金を投資させる事

    戦後は皆車を作ったろ?
    それと同じで産業が必要なの
    金刷って日銀に買い取らせて終わりじゃなくて
    そこまでやって初めて国民に金が回ってくるようになるし
    適正なインフレにもなっていく
    安倍政権はいつになってもそれをやらない

    反日政党が政権取るよりはマシかもしれないが
    やはり自民(安倍)政権はどこまで行っても詰めが甘いのよ
    [ 2019/06/06 23:47 ] [ 編集 ]
  143. 日本は最も成功した共産主義国家だみたいな事を誰かが言ってたけど、それと同じで実践してる訳じゃなくそうなってるだけ
    [ 2019/06/06 23:48 ] [ 編集 ]
  144. 本当の答えはどうなんだろうね?
    僕はタイミングと言うか、やっていい経済状況とやってはいけない経済状況を見極めれる政治家と中央銀行が永続的にタッグを組んで管理、監視、制御をしていかないとギリシャの二の舞になると思う。
    [ 2019/06/06 23:48 ] [ 編集 ]
  145. ※135
    家計債務が凄くて日本に泣きついてくる韓国を一蹴にする安倍総理w
    [ 2019/06/06 23:48 ] [ 編集 ]
  146. 日本は自国内で借金を回してるから
    インフレになると借金は相対的に減るんじゃないの

    [ 2019/06/06 23:49 ] [ 編集 ]
  147. 未だに国民の貯金で国債刷っているという勘違いしてる人がここにもいるのね
    [ 2019/06/06 23:49 ] [ 編集 ]
  148. ※152
    日銀としてはお金を流す手段は国債とETF買いしかない
    それだけでは市中に対してカネを流すルートが不足してる

    それは「財務省」の仕事であって、財務省のサボタージュの問題だな
    [ 2019/06/06 23:49 ] [ 編集 ]
  149. 国債のほぼ100%が自国通貨で自国内で完結する日本か国債をドルという基軸通貨でやれるアメリカみたいな特殊な国がグローバル社会で中期的にやる分には成立するし今後しばらくもたぶん大丈夫
    ただ数十年後どうなるかは分からないしEUや新興国では無理
    イギリスだけはワンチャンあるかもな
    [ 2019/06/06 23:50 ] [ 編集 ]
  150. ※135
    じゃあなんで韓国からお願いしてきた日韓通貨スワップを安倍政権が蹴ったの?

    早く答えてくれ
    [ 2019/06/06 23:50 ] [ 編集 ]
  151. ※135
    スパイなら在日が発狂するわけないじゃんw
    [ 2019/06/06 23:52 ] [ 編集 ]
  152. ちな
    日本は軍事力が無いのでアメリカとの関係が悪化したら経済的にも終わる
    アメリカの信用を失うと海外に持っている資産を回収できなくなるからだ
    海外で回収できない分は国民から取るしかないんで国民の資産は全て政府に差し押さえられる
    当然生活は破綻して路頭に迷う人が続出する。それから20年で無政府状態になるだろうね
    徳川幕府や明王朝も同じように破綻して消滅した
    日本政府が違うのは大した外敵もいなければ自国の軍事力もないこと。戦争もしてないのに政府崩壊級の破綻するかも知れないんだよ。それを防いでるのはアメリカの担保だけ。面白いよね。
    [ 2019/06/06 23:53 ] [ 編集 ]
  153. MMTが実行できるのは・・・・事実上2ヶ国と言われている

    基軸通貨であるアメリカと国債の自国発行している日本
    [ 2019/06/06 23:53 ] [ 編集 ]
  154. 賢い外人さんと馬鹿な外人さんがハッキリ見て取れる反応ですね
    親族に借金するのとサラ金に金借りるのとどう違うか解らんのかね

    日本は前者ね
    [ 2019/06/06 23:53 ] [ 編集 ]
  155. ※165
    韓国は後者ね

    だから毎回返済日が近づくと必ず韓国から日韓スワップの話が出てくる。
    ちなみに日本は無視してますが
    [ 2019/06/06 23:55 ] [ 編集 ]
  156. 既に実践してるとな?
    [ 2019/06/06 23:56 ] [ 編集 ]
  157. ※135
    在日のバカは安倍さんが朝鮮のスパイだってことにして必死で降ろしたいみたいだけど在日の願いは一向に叶わないね
    [ 2019/06/06 23:57 ] [ 編集 ]
  158. こうやってじゃんじゃん現金が刷られてるはずなのになぜかインフレにならない不思議
    お金はどこへ行ってるんだろう
    [ 2019/06/06 23:57 ] [ 編集 ]
  159. 擦りまくって、国積買って、財政的になんとか成立して、経団連が金を市場に出さない。
    擦りまくるインフレと経団連の人件費ケチってることによる市場に金が流れないのが、バランス良いのかもね。
    そもそも、景気がずっと悪いのは経団連の内部留保が原因だけど。
    [ 2019/06/06 23:58 ] [ 編集 ]
  160. 「政府はそもそも新規国債発行で国民の貯蓄は借りていない」

    「政府が国債発行すると、銀行預金が増える」


    そりゃそうだ
    [ 2019/06/06 23:59 ] [ 編集 ]
  161. これだけの借金を抱えた日本政府が発行する日本円は1ドル100円前後で安定している。
    もしも日本政府の借金が無くなったら1ドル何円が適正な為替レートになるのだろう?
    [ 2019/06/06 23:59 ] [ 編集 ]
  162. 30年もかけて30万人の日本人の命を差し出し盛大な社会実験をしたんだよ財務省は。日本以外の国であれば緊縮財政・消費税増税で失敗したら翌年では積極財政に消費税減税をして活性化して経済成長させています。だが、財務省は省益と己の給与上昇を選択し、下層の庶民が自分たちより給与が高いのは許せないと30年かけて逆転させ2~3倍へと格差を拡大しました。財務官僚独裁から日本を取り戻しましょう。
    [ 2019/06/06 23:59 ] [ 編集 ]
  163. ※170
    円は信用が高くて世界で人気だからな
    経済で危ない動きがあるとすぐ円を買いつけたがる投資家が多いこと多いこと
    [ 2019/06/06 23:59 ] [ 編集 ]
  164. 日本の「対GDPで借金250%」は大嘘。
    日本の財政が大丈夫なのは債務と同じだけの資産がありバランスシート上問題がないからであって
    別に借金だけを膨らませているわけではない。
    財務省が吹聴しているデマを素直に信じすぎ。

    (ちなみに財務省が資産を売却して返済に当てない理由は、それが大部分天下り先特殊法人等の維持に使われているからだという)
    [ 2019/06/07 00:00 ] [ 編集 ]
  165. 打ち出の小槌持ってんだからいっそのこと税金無くしてベーシックインカムはじめろよ。
    財源は赤字国債で。
    [ 2019/06/07 00:01 ] [ 編集 ]
  166. 国債については、国が債務者国民が債権者。
    国債なんか買ってないと思う方もいるでしょうが、銀行に預けた預金、年金機構の持つ年金の金で国債を買っているから、国民全員が国債を買っている。

    子孫に膨大な負債を残す、、、は嘘。国はお札を刷ればいくらでも返済できる。
    子孫に膨大な債権(資産)を残す、、、が真実。相続で確実に引き継がれる。
    [ 2019/06/07 00:01 ] [ 編集 ]
  167. ※173
    借金がなくなった場合の相場はわからないけど、
    借金がない状態の円安はいい意味でヤバイだろうな

    バブル再来だと思う
    [ 2019/06/07 00:01 ] [ 編集 ]
  168. これってそもそも日本の成功ありきの理論だよな
    そして理論化したところで今更それを実践できる国なんか無いという
    [ 2019/06/07 00:02 ] [ 編集 ]
  169. MMTを意識的に実行しているわけではないだろうけど、国債の発行残高が国内の預貯金の総額に近づいていて、国債を銀行などが買うための原資がなくなってきているのは間違いない。(国内預貯金:約1400兆円、国債残高:1100兆円)
    日本国債が円建てで国内で完結しているとは言っても、既に6~10%程度は海外資本に買われていて、この割合は今後増えるとみられ、海外資本が10%を超えてくるとさすがに国内完結とは言い難い。そうなると今までとは違う金利の変化も出てくるかもしれない。
    あと問題なのは、国内資産の保有が高齢者に偏りすぎていることで、若い人には資産がないため、今の高齢者が死んでいくと人口減少とともに国内の総資産がかなりの割合で減っていくだろう。そうなると低成長どころか借金を重ねても経済成長率がマイナスに陥る場面が増えるだろうな。

    国内産業は人口減少社会では大きく育つことはなく、海外資産のおかげで貿易は黒字だろうが、それ以上に国内総生産は減っていく。人口8000万の時代に今のペースの政府の借金で国内完結が難しいことは間違いなく、20年以内にはこの理論は破綻を迎えるだろうという気がするな。

    [ 2019/06/07 00:03 ] [ 編集 ]
  170. 15.おらおらコメおせーぞwww
    チンパンジーには経済の話は理解できなかったかな?

    すまんね、コメント遅くて。
    チョソパンジー動画の低評価を押してたらちょっっっっと遅れちゃったw テヘ


    [ 2019/06/07 00:03 ] [ 編集 ]
  171. ななし
    ※142
    国内に借り手が少ないのは当たり前。企業も家庭も資産をたらふく持っているんだ。借りなくても自前の資金で賄える。
    金あまりになった日本には、高度成長期のような資金需要はない。需要がなくなったんだから、それで食いつないできた銀行が少なくなるのは自然な流れ。
    人口減少している地方の床屋が数を減らすのと同じだ。存在理由が乏しくなった銀行の数が減っても問題はない。
    [ 2019/06/07 00:04 ] [ 編集 ]
  172.  
    どこかでこのシステムを止めた場合、国債は紙切れになり
    国民の財産を接収して国の財政の辻褄を合わせる
    という形になるわけだが

    このシステムを止める気はないわけだから
    未来永劫その時は来ない、と考えることもできる


    しかしながら、何らかの理由で
    無理やりこのシステムが止まる事が無いとは言い切れないのも事実
    これまでにない規模の戦争や大災害があればどうなるかわからん
    しかしながら、このシステムが破綻するほどの事態に陥った時というのは
    どちらにしても国が破綻する時であるから
    国債の借金のせいで国が破綻するという事はないのかもしれん
    [ 2019/06/07 00:04 ] [ 編集 ]
  173. 国民に借金しておいて、借金があるから増税すると政府に言われて
    せっせと納税するしかない日本人
    [ 2019/06/07 00:04 ] [ 編集 ]
  174. 今丁度財政学勉強中だから新しい学説は止めてもらえませんかね?
    覚えきれんのよ
    [ 2019/06/07 00:04 ] [ 編集 ]
  175. 円建てでやってる限り外国からの影響は最小だしな

    国債が償還できなくなったら日本が破たんするじゃなくて、日本が破たんしたら国債が償還できなくなるって順番だし。
    国債を中央銀行が買えてる間は問題ない
    [ 2019/06/07 00:04 ] [ 編集 ]
  176. ※182
    低評価を押しても1度動画を再生してるから動画収入が増えるだけ
    一番いいのは再生しないこと
    [ 2019/06/07 00:05 ] [ 編集 ]
  177. MMTは財務省は大嫌いだからなぁ
    税金あげたくてあげたくて仕方ないし

    MMTが通用するには条件があって
    ・内需が大きいこと
    ・自国通貨が国際通貨であること
    ・貿易黒字なこと
    ・政財界の連携がとれてること
    ・政財界の腐敗がないこと
    などいろいろあるからな

    いわゆる日本の借金は国民の富を収奪してることだが
    それは結局国民の福祉やインフラに還ってくることだからな

    外国人が増えて福祉やインフラにただのりする連中が多くなれば
    今の日本の国債発行も通用しなくなる
    [ 2019/06/07 00:05 ] [ 編集 ]
  178. 中央銀行の通貨発行残高は負債に計上される。
    アメリカがその債務をドル債権として世界に売っている。
    日銀は通貨発行残高よりも日銀当座準備預金が多く、それに吊り合う資産として国債を購入している。
    結局は市中銀行が日銀に預けたお金で国債を購入しているわけだが。
    [ 2019/06/07 00:06 ] [ 編集 ]
  179. アベちゃんも麻生ちゃんも「していない」って言ってるじゃん。ってか、彼らがTOPに立つ前からこうだから。
    MMT云々を実践したわけではなく、結果的に「こうなっちゃった」が正しい。
    あと、日本国民は赤字国債を発行する度、眉を顰めているよ。当たり前でしょ。
    「大蔵省(昭和だから)と外務省にはロクな奴がいない。無能の税金ドロボーどもめ」← コレが昭和世代が抱く、お役所に対する一般的感想であり評価。
    赤字国債が増えるなんて、国民は歓迎しておらんのです。
    [ 2019/06/07 00:06 ] [ 編集 ]
  180. ※185
    経済破綻してるお前の祖国の南朝鮮のことか
    [ 2019/06/07 00:06 ] [ 編集 ]
  181. 日本も最近はインフレやろ。

    お値段据え置きの中身をジャンジャン減らしてる実質インフレやんw。

    またそれとは別に、この6月から500品目の商品が人件費の高騰や燃料費の高騰で値上げしてる。
    完全にインフレだよ。
    [ 2019/06/07 00:07 ] [ 編集 ]
  182. これは難しいし面白い
    共産主義の実験場となったソ連のように崩壊するか、それとも本当に上手くいくか
    もしMMTが理にかなう事が証明されたらEU瓦解が加速するかもね
    [ 2019/06/07 00:07 ] [ 編集 ]
  183. 政府が国民からの借金を溜めるだけ溜めて、どうにもならなくなったら最後は政府自らが「徳政令」で借金を帳消しにする。
    [ 2019/06/07 00:07 ] [ 編集 ]
  184. 三橋貴明のブログはいつもMMTで盛り上がってるね。
    [ 2019/06/07 00:08 ] [ 編集 ]
  185. 「誰かが借金することで通貨流通が増える」という謎システムで成り立ってるのが現代資本主義だからなw
    だったら政府が借金をして中央銀行がそれを引き受ければ誰も首を吊らなくて済むじゃんw

    要は「血が足りない」んだよ
    世界に対して開いた通貨である日本円は、
    生き物で言うなら常時出血してるようなもの
    返っても来るから単純に「日本円経済生命体」が成長してると言っても良いか
    図体がでかくなってるのに、血の量が全然見合ってないのが現状
    別に「借金」という形式じゃなくて
    単純に「通貨量を増やします」だけで良いと思うのだが、
    しがらみがあってそれができないので「借金」としてやるだけの話
    日本円経済は生産力、すなわち実体経済が凄まじいので、
    血を増やした分だけすぐに血管を流れていってダブつかない

    現代経済システムで「腐るお金」に最も近いことをするための唯一の方策がこれだが、
    日本経済はインフレターゲットすらまともに始動できないレベルで
    「血が足りない」
    [ 2019/06/07 00:08 ] [ 編集 ]
  186. ※185
    そんな日本に土下座してお金を恵んでもらわないと国家が成り立たない韓国
    そんな韓国政府に言われてせっせと納税するしかない韓国人
    [ 2019/06/07 00:08 ] [ 編集 ]
  187. 日銀は政府の子会社、政府は日銀の顧客の一人に過ぎない。
    会計単位が別々のものを同列に扱うことは出来ない。
    [ 2019/06/07 00:08 ] [ 編集 ]
  188. 西洋式の国の主権者は国民という概念が、明治から150年経っても、日本人には一ミリも根付いてないと思う。だからデモも起こらず大人しく増税でもなんでも受け入れる。
    誰に教えられずとも、本物の日本人は何となくこの世界は神様のものだと分かってる。主権者は神様で、人間に課せられてるのは、平和裏に衣食住の分配を行きわたらせ生き生きと仲良く助け合って生きること。そのまとめ役で祈りを捧げるのが天皇という存在。完璧な仕組みっす。
    これを海外の人が理解し追随できる日は来るのかね。
    [ 2019/06/07 00:08 ] [ 編集 ]
  189. カナダ人がアホなのだけはよくわかった
    [ 2019/06/07 00:09 ] [ 編集 ]
  190. ※185
    在日もそんな日本政府に尻尾を振って喜んで納税してるんだねw
    [ 2019/06/07 00:09 ] [ 編集 ]
  191. ギリシャを失敗例に挙げてる奴MMTを1ミリも理解してないでしょ
    通貨発行権をECBに握られてる時点でギリシャはMMTの主張を実行することが不可能


    まあMMTが成立しうるとした場合でもかなり多くの条件が重なる必要があるだろうとは思う
    少なくとも自国通貨がハードカレンシーであることは必須要件で、ユーロを除けばその時点で4ヶ国(日米英とスイス)か5ヶ国(+中国)に絞られてしまう
    [ 2019/06/07 00:09 ] [ 編集 ]
  192. ※185
    韓国の現状かよwwwwwwwww
    [ 2019/06/07 00:10 ] [ 編集 ]
  193. 日本を使って変な煽動をするな
    ただ借金を先送りにしてその場を凌いでるだけだ
    未来もクソもないぞ
    [ 2019/06/07 00:10 ] [ 編集 ]
  194. 日本の場合は日本円の発行主である日本銀行が国債のほとんどを地方銀行を通じて回収してしまうから出回る円の総量は一定になる
    そして重要なのが円建て国債であり99%を国内国債で完結しているということ
    これはつまり身内以外には借金をしていないということだ
    しかし金を刷るということはインフレに繋がるのも事実、そこで日本は恵まれた外貨準備高の信頼性を衝撃吸収材に使っているので急激に変動はしないようになっている
    これは数多ある複雑な前提条件にたまたま日本が合致したので維持できてるだけとも言える
    しかしたとえ日本でもその条件にもし合致しなくなればギリシャのようになるのは間違いない
    だからインフレを過度に恐れる財務省は度々財政危機を煽って税金を引き上げてはその分で金融緩和してるから国民は一定水準で一向に豊かにならないという
    なのでMMTはそんな魔法みたいな理論でもないと思う
    個人的にはスズメの涙程度にしか財源にならないのに国民の購買力に直撃する消費税をちまちま上げるよりもどんどん金融緩和しながら法人税を引き上げるべきだと思うけどね
    [ 2019/06/07 00:10 ] [ 編集 ]
  195. ※206
    日本が滅ぶ前に韓国っていう弱小国家が先に滅ぶけどな
    [ 2019/06/07 00:11 ] [ 編集 ]
  196. 7年間お金を刷りまくってやっとみんなわかってきたようだな
    [ 2019/06/07 00:11 ] [ 編集 ]
  197. 日本以前に、まずそもそも米国自身が現代貨幣理論の正しさを証明しているがね。
    歴史的に言えば、高橋是清も証明している。
    ただし「後半部分以外は」。


    ただ問題なのは、この現代貨幣理論の「財政政策部分(結論)」が、極めて問題で、無制限に官僚や公務員を増やしたり、需要は無限に創り出せるものであるから、無制限の財政投融資を制限するものは、「インフレ率のみ」としているのは、歴史的な事実やバブル崩壊後の日本財政の状況と一致しない。

    ただ後半部分以外は徹頭徹尾正論。
    現代貨幣理論の財政政策部分、つまり後半部分は、少し問題があるが。
    [ 2019/06/07 00:11 ] [ 編集 ]
  198. 税金で補填してるのでは・・・・
    [ 2019/06/07 00:12 ] [ 編集 ]
  199. まあ「国の借金」というよりは「国が国民から借りているお金」だとはよく言われてるよね
    同じく緊縮はやめろともよく言われてる
    まあ世界第三位の経済圏が揺るがなければ大局上はそこまで気にするこたぁないんじゃないかなと
    [ 2019/06/07 00:12 ] [ 編集 ]
  200. ※185
    海外から借金しておいて、借金があるから増税すると政府に言われて
    せっせと納税するしかない韓国人
    [ 2019/06/07 00:12 ] [ 編集 ]
  201. MMTが出来るのは世界中が外貨準備の運用先としてドル債権を買っているアメリカだけだな。
    中央銀行といえども銀行業であることを理解しないとMMTは理解出来ないでしょう。
    [ 2019/06/07 00:13 ] [ 編集 ]
  202. ※206
    借金を返すためにまた別の国から借金して自転車操業してる韓国のことですね。わかります。
    [ 2019/06/07 00:14 ] [ 編集 ]
  203. 国民はとっくに破綻してると思ってるけどな
    上がり続ける税金と受給が絶望的な年金で国として終わってる
    無駄に長生きしてるジジババが権力握ってるから変わる事はない
    [ 2019/06/07 00:14 ] [ 編集 ]
  204. ※206
    その場も凌げない無能国家韓国wwwwww
    [ 2019/06/07 00:16 ] [ 編集 ]
  205. 社会保障がよいといわれるスウェーデンとか北欧の消費税は25%
    最低はカナダの5%
    [ 2019/06/07 00:16 ] [ 編集 ]
  206. ※185
    白丁奴隷の韓国民は両班のために今日も貢いでいます
    [ 2019/06/07 00:17 ] [ 編集 ]
  207. 記事中のコメントでジンバブエの例を出している人がいるが、日本の場合中央銀行がそれを引き受けているから大丈夫なんじゃない。
    インフレ率が高くなりすぎない範囲で引き受けているから大丈夫なのだ。

    つまりそれほど日本の達成した生産力の水準が高いということ。
    デフレギャップがどの程度あるかという話。
    (逆に言えば、80年代までに達成した生産力に対してその日銀が過小なマネーサプライしかしてこなかったために、今は大幅な国債発行や通貨供給量の増大を行う余地が生まれているということもできる)

    もしジンバブエのような生産力の低い国でむやみに国債を発行したら、引受の際に増刷する通貨が生産力に対して増え過ぎ、インフレが亢進してしまう。

    生産力(モノ)と通貨供給量(カネ)のバランスを常に考えなければならない。
    [ 2019/06/07 00:18 ] [ 編集 ]
  208. ※206
    その場もしのげないバカだから南朝鮮は日本に土下座してるのか
    [ 2019/06/07 00:18 ] [ 編集 ]
  209. これが出来るのはハードカレンシーとローカルカレンシーの国だけ
    米、日、EU、英のみ、その他のエキゾチックカレンシーの国は無理
    [ 2019/06/07 00:19 ] [ 編集 ]
  210. ※206
    そんな日本に泣きつかなくちゃいけないくらい韓国経済は泥船なのか~
    国が火の車すぎて火病が韓国民にも伝染しちゃったんだね
    [ 2019/06/07 00:20 ] [ 編集 ]
  211. >■ 事実を言うと、アメリカも既にMMTを実践してるけどね。 +10 アメリカ

    事実を言うと、これが通用するのは日米等、国際通貨国の一部だけだと思う。

    そもそも、金本位制から離れてニクソンショック後はもう、こうなる運命だったんだから、日米の尻拭いするのは、その他全世界の経済ww
    [ 2019/06/07 00:20 ] [ 編集 ]
  212. ※210
    続き)
    兎に角、今までのマネーストック理論、アダム・スミスの古典派経済学、古典派から派生した金融理論は、そもそも「貨幣の発明」に対する根本的理解が、そもそも完全に間違えていたのは事実。

    そもそも最初から、こえらの架空の唯物的な取引理論は、英国の経済覇権を握る為のプロパガンダ。
    当時、18世紀に自由貿易を推進していた英国が、覇権主義国家として、自国に有利な経済システムを作ろうとして、「意図的に」でっち上げた、理念上の存在。
    それを真に受けた、カネと価値の関係について、何にも知らない後世の馬鹿どもが、おカネ(約束手形=債権=債務=情報記録媒体)の歴史や発明経緯を知らずに、その根本部分をすっ飛ばして空想上の話をし続けただけの話。

    現代貨幣理論は、「貨幣とは何か?」「債務(=債権)とは何か?」、「取引とは何か?」という当たり前の事を説明しているだけで、別に変な理論でも何でも無い。


    後半のインフレ率「のみ」がデメリットであるとする、財政の無限拡大については、全く事実に基づかずに、おかしな結論になっているが、その点以外は全くの正論。
    [ 2019/06/07 00:20 ] [ 編集 ]
  213. 安倍晋三著書「美しい国へ」(Amazonで現在も販売中)
    「日本は長いあいだ、韓国から文化を吸収してきた歴史をもつ。その意味では、韓流ブームはけっして一時的な現象ではない」

    「リトル釜山フェスタ 安倍」で画像検索

    トン、、スル安倍信者のコリ、、アンゴミウヨは日本人になりすますのやめろ
    日本からでてけゴミが
    [ 2019/06/07 00:21 ] [ 編集 ]
  214. 数式もないようなMMTとごっちゃにしてまた印象操作してんのかよ。マスゴミはホント社会の害悪だな。
    [ 2019/06/07 00:22 ] [ 編集 ]
  215. 破綻はしてないけど緩やかに衰退してる
    [ 2019/06/07 00:23 ] [ 編集 ]
  216. ※228
    はいはい
    今日も在日が負けて悔しい悔しい
    [ 2019/06/07 00:23 ] [ 編集 ]
  217. MMTの中では日本は失敗例だよ
    インフレになるまで財政出動すべきなのに緊縮して増税するから
    ずっとデフレのまま。先進国で20年以上も経済成長してないのは日本だけなんだから
    失敗例。
    [ 2019/06/07 00:24 ] [ 編集 ]
  218. MMTが通用するのは、
    1.国際決済通貨である
    2.国債を自国固有の通貨でのみ発行している
    ってのが前提だね、そして国際決済通貨の発行国は国家財政が赤字にならざるを得ない。
    [ 2019/06/07 00:25 ] [ 編集 ]
  219. 日銀の貸借対照表を見れば判るが、通貨を流通させたくても、市中銀行が日銀から借りてくれない、それどころか日銀当座にしこたま預金している。
    MMTとも違う異常事態に陥っている。
    普通:通貨発行残高(借方)≒市中銀行への貸付(貸方)
    日本:通貨発行残高+日銀当座預金(借方)≒国債保有(貸方)
    [ 2019/06/07 00:25 ] [ 編集 ]
  220. ※228
    安倍ちゃんにやめてほしくて、ちょんが必死にネガキャンしてるけど一向に進まないねw
    来年で安倍ちゃんが総裁満期になるっていうのにちょんは一体なにして他の今まで?w
    [ 2019/06/07 00:25 ] [ 編集 ]
  221. ギリシャを引き合いに出すバカ
    [ 2019/06/07 00:26 ] [ 編集 ]
  222. 何でもため込む蟻にだぶつくお札は無い、ため込んで流通させないんだから。
    老後不安は箪笥貯金の増加を呼んでインフレを駆逐する。
    これは日本人にはお金(現金、お札=通貨)をため込むという習性があるから。他民族では無理、通貨を信じないで物に換えちゃうから。
    [ 2019/06/07 00:26 ] [ 編集 ]
  223. MMTは数式モデルが無いただの作文だから、理論として成立しえないという話があるからなあ。
    あんまり振り回されないようにしないと。
    [ 2019/06/07 00:26 ] [ 編集 ]
  224. 安倍晋三の地元の下関事務所ビルは、元在日韓国人吉本章治が経営するパ○ンコ企業、
    七洋物産の子会社東洋エンタープライズの所有。安倍晋三の下関の自宅も、この元在
    日韓国人に立ててもらった「パ○ンコ御殿」
    リトル釜山フェスタで日韓友好を演説する安倍
    韓国焼肉店カレアで大好きな韓国焼き肉を食べる安倍

    不況に反発する世論を封じ日本の衰退を加速させたいコリ、、アンゴミウヨの日本人なりすまし注意 ネト、、ウヨは韓国人
    [ 2019/06/07 00:26 ] [ 編集 ]
  225. ※233
    10年ごとに経済危機になってる韓国人なんて生き物として失敗例じゃんw
    [ 2019/06/07 00:26 ] [ 編集 ]
  226. 実際、国債残高がいくらになろうとちゃんと返済できている
    金額がいくら増えようと破綻することは永久にない
    破綻するくらいなら日銀が全ての国債を買い上げたうえで踏み倒せばいいだけ誰も怒らない
    ただMMTなるものを実施してるわけじゃないなぜなら安倍政権になってから国債の新規発行数は年々減ってる
    [ 2019/06/07 00:27 ] [ 編集 ]
  227. ①中央銀行が統合政府となっている場合、あらゆる債権は、その債務状況によって破綻する事は無い
    ②「債権(=債務)」とは、そもそも代表(政府や法人)の生産能力・発行能力がその債権(=債務)の担保になっており、政府や法人自体が無限に存在し続けると仮定した場合、その財務状況如何に全く関わらず、デフォルトする事は無い。
    但し政府や法人自体が滅亡した場合、破綻する。
    つまり滅亡するまでは破綻しない。
    ①より、日本政府は通貨発行権(債務と債券の統制能力)を有している為、
    日本政府や日本国民「それ自体が」滅亡する場合を除いて、財政破綻する事態は有り得ない。
    [ 2019/06/07 00:27 ] [ 編集 ]
  228. 世界一の債権を持っているからできること。
    だからこそいくら円を刷ってもインフレにならないんだぞ。
    何の蓄えもないのに同じことをしようとするから破綻するんだよwwwwwww
    [ 2019/06/07 00:28 ] [ 編集 ]
  229. 日銀が金融緩和して市中銀行に突然500兆円の現金表れてもインフレにならない、500兆円を国民企業共々借りなきゃね、じゃあ借りたのかって話だろ

    借り手がいないから銀行は日銀に預ける、そこで日銀は「いい加減一般市場に流せよ、さもないと預かり量取るぞ(-金利)」それでも思ったようなインフレにならない

    仮に国民(企業)が500兆円借りたとしても、その金がグルグル回らないとインフレにならないだろうな、日銀がヘリコプターでばら撒いても国民が貯金するからならないんじゃないのかw
    [ 2019/06/07 00:28 ] [ 編集 ]
  230. ※228
    っと在日が悔しさを抑えられずに発狂していますw
    [ 2019/06/07 00:28 ] [ 編集 ]
  231. ※240
    そんな安倍政権にスワップをしてくださいと泣きながら土下座してきた日本の奴隷韓国人w
    [ 2019/06/07 00:29 ] [ 編集 ]
  232. ※240
    じゃあなんでそんな韓国人にやさしい安倍さんを在日がたたいてるの?
    [ 2019/06/07 00:30 ] [ 編集 ]
  233. 日本が基軸通貨国では「なく」、他国から金を借り続けて生活している国家ならば、この現代貨幣理論は当て嵌らない。
    だが我が国の金融や貨幣発行プロセスは全然違う。

    また海外から債権から生産手段から、何から何まで経済的にも生産能力も「依存」して、働かずに何も生み出していない場合は、海外の情勢や日本政府の信用の如何によって、信用が失われれば、「債権者が日本通貨循環の構造から逃げて」、デフォルトする。
    ギリシャやドイツ以外に。
    だが我が国の金融状況や、産業構造は全然違う。
    [ 2019/06/07 00:31 ] [ 編集 ]
  234. 紙幣が借用書であるという考えは、別に目新しいものではなく、江戸時代の藩札が年貢収入を担保にした借用書。
    国立銀行条例から始まる澁澤経済理論はこの延長線にある。
    [ 2019/06/07 00:32 ] [ 編集 ]
  235. まあ日本が借金してるというより行政が借金してるだけだからな
    国民の財産も含めた日本全体でみれば借金はゼロどころか海外にお金を貸してる側だ
    [ 2019/06/07 00:32 ] [ 編集 ]
  236. ※251
    ギリシャやドイツ以外に。

    ギリシャやドイツ、アルゼンチンの様に。


    だが我が国の金融状況や、産業構造は全然違う。

    だが我が国の金融状況や、産業構造、内需型経済構造は全然違う。
    [ 2019/06/07 00:33 ] [ 編集 ]
  237. ※240
    韓国って日本が韓国の国債を買ってるから、毎年日本に利子付きで借金を払って貢いでる奴隷国家だっけ?
    [ 2019/06/07 00:34 ] [ 編集 ]
  238. ※247
    幾ら紙幣を印刷しても、市中銀行を通して誰かが借り出さないと、通貨発行残高にカウントされないのですね。
    日銀の倉庫で眠っているだけ。
    [ 2019/06/07 00:35 ] [ 編集 ]
  239. 国民が貯金したまま使わないで死んでる金の分だけ、政府が使えると思えばよい。
    景気がよくなって皆がお金使えば、国の収入も増えて国の借金返せるし。
    景気が良くなっても、国民がさらに貯金するならその分また政府が刷れる金が増えるという無敵理論。
    [ 2019/06/07 00:35 ] [ 編集 ]
  240. 失敗例にギリシャあげてるやつ笑う
    ギリシャは自国通貨発行権がなくて、ドイツ筆頭のeu覇権国に国債を握られてたから返済できなくて破綻したやん
    日本の国債は90%以上国内やし自国通貨発行権持ってるから180度違う
    [ 2019/06/07 00:35 ] [ 編集 ]
  241. MMTを唱える学者は数いれど、数式を提示するものは一人もおらず。
    インチキ理論。
    [ 2019/06/07 00:36 ] [ 編集 ]
  242. 失敗例にギリシャあげてるやつ笑う
    ギリシャは自国通貨発行権がなくて、ドイツ筆頭のeu覇権国に国債を握られてたから返済できなくて破綻したやん
    日本の国債は90%以上国内やし自国通貨発行権持ってるから180度違う
    [ 2019/06/07 00:37 ] [ 編集 ]
  243. ※233
    人間として失敗例の朝鮮人wwwww
    いや朝鮮人は生物として失敗かwwwwwwwww
    [ 2019/06/07 00:37 ] [ 編集 ]
  244. 日銀の購入国債は、そのまま焼却で終結。日本の国債は海外流出額が他国に比べ、極小額。
    [ 2019/06/07 00:37 ] [ 編集 ]
  245. てかな、破綻論者や※2のような収支バランス論を説くのなら、まず現状を説明して見せろと

    武村正義の財政危機宣言から赤字公債は増えているのに、長期公債の金利が変わらないどころか継続的に下がり、ついにはマイナスにまでなった理由をだ

    んで、この状況で「何か」を原因に金利が爆上げして破綻するとしたら、どう破綻するのか、「何か」とはなんなのか説明して見せろ、と
    オカルト抜きで説明してみせろや(嘲笑
    [ 2019/06/07 00:37 ] [ 編集 ]
  246. ※5
    おっさんにもなって仕事しないで引きこもってるキモブタニートだから暇人なんだねw
    [ 2019/06/07 00:38 ] [ 編集 ]
  247. 日本がMMTを実践してるじゃなくてMMTの正しさを証明してるの間違いだよな。たったの6年で360兆円も通貨を増やしたのにインフレ率はコンマ数%。これが証明で通貨量なんて増やしてもインフレにはならん。公共事業などの財政出動をしないと駄目よってことの証明。

    ギリシャや税金いらないとか言ってるやつもアホ。ケルトンが何回も説明してる。
    まずギリシャは自国通貨建て(ドラクマ)でなくユーロでの借金だから当てはまらない。ギリシャがユーロを刷ることは不可能。

    税金に関してはtax driven moneyと言う有名な言葉がある。要するに税金を取ることによって通貨の価値を保証してんだよ。そしてもう一つビルトインスタビライザーと言ってインフレ率を調節する手段の一つとしても使われるから税金は絶対に必要。ただし消費税は調節能力が低く逆進性があるから悪い税金とされてる。

    [ 2019/06/07 00:39 ] [ 編集 ]
  248. ※240
    今日の在日の火病はいつもより症状がひどかったなw
    よっぽど悔しくて仕方がなかったんだなw
    [ 2019/06/07 00:41 ] [ 編集 ]
  249. 大前提の経済学的な知識として、
    ①貸借対照表において、貸方と借り方は同額であるという事。
    ②債務者が通貨発行権を所有している
    ③我が国は純資産超過国である
    ④キャッシュフローも黒字
    ⑤財務省小切手を使おうが、国債を使おうが、民間投資をしようが、投資の手段それ自体には、何の特別な効果も色も付いていない事(投資「先」の適不適は存在する)
    ⑥不良債権は「不良の債務」という意味ではなく、不良の「投資」(=債権による付加価値生産)であるという事

    ただインフレ率「のみが」、財政支援の障害であるというのは、かなり極論で、歴史的事実は異なる。
    無意味で無計画な投資は、財政投資だろうが民間投資だろうが何であれ、付加価値の生産に結び付くのが「何時になるか分からない(不確定性の増大)」から、結果として投資効率が悪く(不良債権)、長い世代に亘って、将来世代の「ツケ」となるという事。
    インフレ率だけであるという事。


    いずれにせよ、やっと高橋是清に世界がやっと追いついた。
    [ 2019/06/07 00:41 ] [ 編集 ]
  250. MMTの失敗例がギリシャ?
    ギリシャは自国の通過を捨てた国。
    第四帝国に身を委ねて自滅したようなもの。
    日本とは前提が違うでしょ?
    日本でもアベクロノミクスが始まった時、アホメディアがスタグフレーションガーとかギリシャ化ガーって言ってて笑ったけどね。
    [ 2019/06/07 00:44 ] [ 編集 ]
  251. 素人が聞いて良さそうだ面白いと思ったのは
    貨幣ヴェール観を否定して経済学者を馬鹿扱いしてるところ。
    統合政府が日銀当座預金で最終的に国債と政府小切手が相札
    するので国債を発行の限度が大きい事。いくらでも発行できる。
    (限界は民間の銀行への返済能力がおそらくは決める。
    ちゃんと理解してないのでたぶんw)
    政府の負債が増えると家計が資産が増えるので財政投資するべき。
    これは経済の仮定の間違いを説明しているので数理モデル
    とかとはもともと関係ないと思いましたね。
    予測と実証に使うモデルが今後作られていくでしょう。
    これがないから「何とも言えない」が高橋洋一の批判で
    それ以外のリフレ派は否定して批判してるので、なんで批判できる
    のかわからないという意味で数理と実証がわかってないのかもww
    さすがにそれはないかwリフレ派に予想に反してMMTは正しい
    と思いますね。あくまで素人の評論家バトルを見ての感想ですが。
    結構な祭りで面白いですね。
    [ 2019/06/07 00:45 ] [ 編集 ]
  252. メディアはアホのごとく国民の借金がとか言ってるが、麻生が言っているように国が国民に借りている借金

    そういった状況でも市場での円の価値が下がらないのは何故か
    ここに考えが回らないアホがメディアには多いこと多いこと
    [ 2019/06/07 00:45 ] [ 編集 ]
  253. 今 更
    こいつらって同じ事何度も言わないと気が済まないのか?
    [ 2019/06/07 00:45 ] [ 編集 ]
  254. 偶然の産物だぞ。
    [ 2019/06/07 00:46 ] [ 編集 ]
  255. 自国通貨に高い国際的信用があり、尚且つ国民の貯蓄がアホみたいにある国限定で出来る芸当だからな
    世界にそんな国がどれだけあるのかって話
    アメリカは自国通貨は良いけど国民の貯蓄無いから無理
    [ 2019/06/07 00:46 ] [ 編集 ]
  256. お金には「銀行と政府のみが使うマネタリーベース」と「個人と企業が使うマネーストック」の2つがある。(異次元の量的緩和で360兆円増加したのは前者)
     
    景気が良くなるには、後者のマネーストックが増える必要がある。
    このマネーストックを増すには、個人や企業又は政府が銀行からお金を借りる。
     
    しかし、現在は不景気なので個人や企業はお金を借りない。
    故に「政府が借金をしてお金を個人や企業に渡し」使ってもらう必要がある。
     
    お金の発行の仕組みでは・・・
    政府が借金すると国民のお金が増える。(財務省が大衆に知られたくない事実)
    日本の場合、政府の借金の返済不能はあり得ない。(2002年に財務省が公言)
     
    『日本の未来を考える勉強会』・三橋貴明の動画が図解ありで分かりやすい。
    中学生でも理解出来ると思うよ。

    [ 2019/06/07 00:46 ] [ 編集 ]
  257. ※270
    訂正
    インフレ率だけであるという事。

    「インフレ率「だけが」、財政拡大を止めうる指標となるので、無限の財政拡張をしても政府は破綻しない」、というのは理論的には至極最もだが、現実の経済は、現在の中共を見れば分かるが、国際戦略上の危機感による阻害、国際金融市場への無秩序な投資によって、世界中に迷惑を掛けるので、インフレ率が許す限り、永遠に財政拡大するというのは、財政破綻は引き起こさなくても、他国との軋轢や、国民の無秩序な投資を煽動してしまう。
    結果として必ず富の偏在、経済硬直化、を齎す。
    投資は付加価値生産の最大化の為に行われるべきであり、計画主義的な経済成長の達成やインフレ率の達成の為に投資をすれば、結局無駄な投資が増え続ける事になるという力動的な制約は存在する。

    つまりインフレ率以外にも、財政拡大を抑制する要因は幾らでもあるという事。
    [ 2019/06/07 00:48 ] [ 編集 ]
  258. 管理人さんへ

    ※1は売名行為と荒らしが目的みたいですので、早急な対応お願いします。
    [ 2019/06/07 00:49 ] [ 編集 ]
  259. ・おっさん働いて給料銀行振り込み。一部貯金。
    ・市中銀行、集まった貯金で国債購入、金利低いけど確実やねん。
    ・政府が建設国債発行
    ・国債で橋梁工事の入札。
    ・おっさんの会社が受注する。
    ・おっさん働いて給料銀行振り込み。一部貯金。

    こんな流れでおk?
    [ 2019/06/07 00:49 ] [ 編集 ]
  260. アメリカと日本の信用力世界でも突出してるからね
    日本の借金ガーは財務省とパヨクと左翼がよく言ってるね
    [ 2019/06/07 00:49 ] [ 編集 ]
  261. ※15
    差別用語書き込んでないで、自分の国に帰れ。
    [ 2019/06/07 00:51 ] [ 編集 ]
  262. 日本国民が×
    日本政府が◎
    [ 2019/06/07 00:51 ] [ 編集 ]
  263. パヨクってなんでこんな頭悪いんだろうな
    ウヨクも大概だけどパヨクに関しては証拠も根拠もないけど日本ガー日本ガーって言うキチ〇イ率があまりにも多い
    [ 2019/06/07 00:53 ] [ 編集 ]

  264. ■ 自分はリベラルだ。だけどこの理論は無責任だと思う。
      MMT支持派が成功例として日本を挙げるなら、
      俺は失敗例としてギリシャを挙げる。 +3 カナダ

    だけどの使い方間違ってねこいつw
    [ 2019/06/07 00:55 ] [ 編集 ]
  265. 年金ですらまともに運用できないアホの役人と政治家たちの国だぞ
    [ 2019/06/07 00:55 ] [ 編集 ]
  266. MMTも結局は通貨に対する国際的信用の問題でしょ
    消費税の増税にしたって目的の本質は予算不足の補填ではなくて、日本通貨の信用に対する疑念を国際社会に抱かせない言い訳作りだと思ってる
    [ 2019/06/07 00:59 ] [ 編集 ]
  267. ※286
    >アホの役人と政治家たち

    民主党のことですね
    わかります
    [ 2019/06/07 01:00 ] [ 編集 ]
  268. 日本は年収200万円以下が2000万人いると言われてる、この人達に日銀が「あなた方に刷った金300万円を安倍政権が続く限り毎年あげるよ」と言ったとしたら

    間違いなくインフレになるよな、今まで買えなかった物を買いまくるだろw
    [ 2019/06/07 01:00 ] [ 編集 ]
  269. このMMT(現代貨幣理論)の通用する国が基軸通貨のアメリカと
    国の借金が国民という日本しか無いので他国は日米のマネをしたくても
    出来ないのが現状。
    [ 2019/06/07 01:02 ] [ 編集 ]
  270. ※286
    民進、立憲民主、国民民主、社民、日本共産
    確かに自民以外はアホの政治家しかいないわ
    [ 2019/06/07 01:04 ] [ 編集 ]
  271. ブルームバーグの記事に財政赤字拡大を懸念する日本政府の話が
    出てるんだけど赤字は気にすんな君らの国は特異だからみたいな内容あったわ
    ほいで自民もMMTに関する勉強会とかやってたんだな
    緊縮財政するよかワイもええと思うんだけどな
    [ 2019/06/07 01:08 ] [ 編集 ]
  272. >事実を言うと、アメリカも既にMMTを実践してるけどね
    >アメリカは1919年からずっとMMTを実践してるぞ?

    これは、平成元年の時価総額トップと
    令和元年の時価総額トップを見比べると
    世界がこれを実践している可能性が高い
    ttps://i.imgur.com/WqPc0Mh.jpg

    問題的にみられるのはアメリカと日本にみられる政府債務の
    累計残高だが、世界中で政府債務は増えている
    例外なのはブルネイなどや、中東の産油国の一部
    [ 2019/06/07 01:09 ] [ 編集 ]
  273. バブルがまだ崩壊してないからバブルは崩壊しないみたいな理論だよな
    [ 2019/06/07 01:10 ] [ 編集 ]
  274. バブルと同列に語るとか小学生かな
    [ 2019/06/07 01:12 ] [ 編集 ]
  275. ※268
    これが証明で通貨量なんて増やしてもインフレにはならん。
    公共事業などの財政出動をしないと駄目よってことの証明。


    正確に言うとちょっと違いますね。
    そもそもマネタリーベースというのが、この無制限の自由経済下において「存在しない」。
    そして貨幣「量」によって物の価値が決まるのではなく、その貨幣の「使い道」が「生産」と結びついているという事。
    この生産によって、消費や投資、生産のあらゆる場面での「取引で発生」する、「付加価値の変動」によって、物の価値が決まる。
    だから「公共」投資でなくても構いません。
    だから投資に限らず、生産や消費の場面でも、高い和服や宝飾品、石油危機や冷害等が起これば、物価や貨幣価値は、跳ね上がったり、暴落したりする。
    必ずしも財政出動が必要という訳では有りません。
    デフレ経済下では、必要な投資は一切制限するべきではないという事です。
    因みに民間投資でも良いですし、また「公共投資でも何も問題ない」ですし、貨幣量自体の増大ではない銀行の投資による信用創造でも構いません。
    [ 2019/06/07 01:12 ] [ 編集 ]
  276. ※296
    訂正

    だから投資に限らず、生産や消費の場面でも、高い和服や宝飾品、石油危機や冷害等が起これば、物価や貨幣価値は、跳ね上がったり、暴落したりする。



    だから投資に限らず、生産や消費の場面でも、「貨幣量とは全く何の関係も無く」、高い和服や宝飾品、石油危機や冷害等が起これば、「瞬時にして」価値の希少性による物価や貨幣価値の変動が起き、物価や貨幣価値が跳ね上がったり、暴落したりする。
    これは物の価値は貨幣の増減によって決まるものではないという事。
    [ 2019/06/07 01:20 ] [ 編集 ]
  277. ま、国債を外国にも売ろうと頑張ってるけどな、
    安倍は………

    だから手離しで自民支持は出来ないんだわ。
    [ 2019/06/07 01:20 ] [ 編集 ]
  278. 通貨の理論は良く分からないけど、日本の場合は年寄りの貯金が大量に預けられてるってのが第一の基礎。

    ハッキリ言って、一般的に貯金する習慣が無い(貯金するより投資が儲かる)アメリカとかだとまず難しいのでは?
    [ 2019/06/07 01:20 ] [ 編集 ]
  279. 「バブル崩壊」って記事も読まずに言ってる人ww
    「バブル崩壊」言いたいだけちゃうんか?
    [ 2019/06/07 01:20 ] [ 編集 ]
  280.  
    MMTはその借金の大半が「返済を迫られる可能性が極めて低い借金」であることが前提であり、「自国通貨建てで借金できる国」だけを前提にすれば高確率で破綻するだろう。
    日本は借金の大半を日銀が持ち、それ以外の大半を自国の銀行が持つという、ほぼ内輪の借金しかない国。
    連結基準で考えるだけでも大半の借金が消え、資本関係こそ薄いものの影響力基準で考えればほとんど借金が無くなる。
    また現在、通貨はその大半が数値化しており、通貨流通量はほとんど薄っすらとしたイメージ上の情報でしかなくなっている。
    その為、俗に言う「ヘリマネー」もあくまで「信用を損なう」というリスクしかなく、大きなインパクトを与える程にやらなければ何ら問題にはならないだろう。
    [ 2019/06/07 01:21 ] [ 編集 ]
  281. ※297
    謂わば、貨幣はメモリーデータであって、ハードと結び付かねば、それ自体に何の価値も無い。
    「価値」や「有益性(有用性)」と連関して初めて、まず最初にその情報媒体に「信用」という意義が生まれるという事。

    貨幣(=債務=債権)の存在意義とは資本の価値と結びついて「始めて」、「情報媒体としての」正しい価値を示すのであり、貨幣(=債務=債権)それ自体には固有の価値は存在し無い。
    何百万円という、円通貨(=日本銀行債務、日本政府債権)を刷った所で、日本政府の債務償還(=日本政府の債務、=日本銀行債権)に充てた所で、ただ同じ色のビー玉同士を交換(取引)しているだけの事。
    つまり日本政府の債務を日本国民の債権で返す事に、何の意義も無い。
    出納帳の出るのと入るのを「揃える事自体」に、何の経済的な意味も無いし、何の財政的な意味も無い。
    [ 2019/06/07 01:28 ] [ 編集 ]
  282. 戦時中、膨大な借金をして得た知識が
    これだけとは思いたくないものだ
    [ 2019/06/07 01:29 ] [ 編集 ]
  283. ※302
    (追記)
    財政を均衡させようと必死になっている日本政府や財務省は、「自分で借金を刷って、自分で返済しなきゃ死んでしまうゥ!」と絶叫しながら、国民所得を何の財政的意義も無く減らし続け(債務の減少=債権の減少)、国民国家への能動的な投資活動や投資促進活動をして来なかった。
    結果令和の御代に生きる我々は、この無知から来る、無責任的なサボタージュという失政の「ツケ」を、ずっと支払い続ける事になるだろう。
    国民を甘やかすな!という謎理論によって。


    要は、今までの、そして現在の財務省主導の、目的不明の財政政策は、回し車を廻り続けるだけの、間抜けな鼠そのものである。
    ここまでくれば、財務省の連中の仕事は、唯の「狂人」がウーウー言いながら、周辺の人々に暴力を振るい続けているのと同じと言っても良い。
    真面目に仕事をしろ。
    阿保官僚共。
    [ 2019/06/07 01:31 ] [ 編集 ]
  284. いま利子が雪だるま式に増えていってるからな・・・。
    雪だるま式が爆発的に・・・なりかけてる状態。
    ここらで国の借金減らしとかないと、いくら国内で回してると行っても、増える利子すら賄えない状態はさすがに破綻する
    [ 2019/06/07 01:32 ] [ 編集 ]
  285. 国民の所得が減って貯金してない世帯が増えてる
    つまりね、国民の貯金あっての国の借金なんよ
    最近老後に貯金が2000万円必要とか言い出してるだろ
    わざわざ言わなかったことをわざわざ言い出した
    [ 2019/06/07 01:36 ] [ 編集 ]
  286. MMTは前提条件が色々必要って所がな。勿論、その条件含めて数理的に説明できれば、議論する価値はあるけど、日本とかいう特殊過ぎる国を例証に出されても・・・。

    まあ、何にせよ主流派経済学者が敗北を認めて日本経済の説明をするために頭ひねってくれることは歓迎したい。でもMMTは踏み台で、そのうち誰かがもっと洗練された軽罪理論を作ってくれると思う。というか、主流派経済学側の知識人は危機感抱いているだろうから、対抗理論を作らざるをえんだろう。歴史的にアメリカは新規経済理論が出てくると時の政権がそれに飛びついて実践しようとする癖があるんでね。
    [ 2019/06/07 01:36 ] [ 編集 ]
  287. とりあえずお金を刷って支払った年金に5%つけて国民に返そうか
    そして新しくベーシックインカム導入して出直そうぜ
    [ 2019/06/07 01:36 ] [ 編集 ]
  288. 日本の場合、実際もうちょっと踏み込んでも良さそうだとは思うけど、主に対米為替問題で難しいんだろうなあ・・・
    [ 2019/06/07 01:36 ] [ 編集 ]
  289. > 日本では30年間インフレが起きてないんだが?
    > バカげてるのは何も知らずにコメントする君だ。

    バカげてる。インフレが起きる危険性はあるよ。
    今まで起きなかったという事実は、それが起きない保証になんかならない。
    それは感情でいとも簡単に起きる。

    例えば、不動産の価値が騰がり続けると皆が信じ続けていたら、あのバブルの崩壊なんかあり得なかった。が、実際には疑問を感じた人間が一定数を超えた時点で崩壊に向けて傾いた。
    一定以上の人が日本円の価値に疑問を持ったら直ちにインフレになる。
    [ 2019/06/07 01:36 ] [ 編集 ]
  290. まあ今さらアカンって話になってもどうにも出来ないからなw
    このまま行くしかないんよ
    [ 2019/06/07 01:38 ] [ 編集 ]
  291. ※301
    ヘリマネーが、国民の消費や投資、設備投資に直接繋がるのであれば、大いに意味が有る。
    だが金融機関に幾ら貨幣をバラ撒いても、こいつ等が国債を買ったり、納税に利用されたり、外国資本に投資し続ければ、我が国のデフレ自体は何も改善しない。
    納税やマネタリーベースの拡大自体に、何の経済効果も無い。
    税収を増やしたければ、如何なる手段でも構わないから(公共、民間だろうが)、国家全体の付加価値生産の上昇の為の「投資」に直結させること。
    貨幣供給量自体の増加に、何の経済効果も無い。

    例えば、ヘリコプターマネーが、円通貨のバラマキではなく、何かしらの取引制限の付いた『特別消費(生産)専用手形券(カード)』に、日本銀行券数万円相当が配られる場合、大きな経済効果と付加価値の上昇による税収の増加が見込まれるだろう。
    ただ無秩序に配るだけでは、経済効果はその規模に見合わず、殆ど効果が無いだろう。
    寧ろ金融取引の健全な活性化を阻害する可能性も有る。
    ヘリコプターマネーをする場合、良く良く方法を吟味しなければならない。
    [ 2019/06/07 01:41 ] [ 編集 ]
  292. 新聞「よっ、平成の鬼平!」←日銀によるドロ沼引締め政策開始
    「一国の政府が通貨発行権を有すると、その政府は繁栄してしまう。
    そんな政府は倒さねばならない」
    ハム買った大統領を4人もあやめたりする国だもの。レーガンさんも危うかった。トランプさんにも、きな臭い噂のあったが・・・
    [ 2019/06/07 01:42 ] [ 編集 ]
  293. MMT理論がインフレだけを指標にするなら、もしかしてサプライサイド経済学が墓場から蘇ってくる可能性も!?MMT理論とサプライサイド経済学が結びついたらいったいどうなってしまうんだか。
    [ 2019/06/07 01:43 ] [ 編集 ]
  294. 通貨を大量に発行しても、インフレも通貨取引レートの下落も起こらないのであれば、単純に富の創造になる。
    当然小国がこのようなことをやれば経済が破綻してしまうけど。
    GDPは本来通貨の発行量も加えて計算すべきだが、これをやると日本や米国のGDPがすさまじく増えることになる。
    [ 2019/06/07 01:45 ] [ 編集 ]
  295. 基軸通貨かつ高止まりで震災があっても為替レートが上がるくらい信用が高い国って例外中の例外じゃないんかね
    関係ないかもしれんが日本の不景気はバブルまでの時代に上げ過ぎた収入の分だけ差し引きしただけじゃなかろうか
    世代間格差でなく、時代間格差だと思う
    収入も労働条件も年金も本質的にはバブルまでに国民に与え過ぎたから今の時代はこれら全てが上向かないように見える
    老人は若者に働けば報われるとか言うが、そのせいで今働いても報われないという状況が理解出来ないのではなかろうか
    [ 2019/06/07 01:46 ] [ 編集 ]
  296. 経済音痴だからよく分からんけど、日本がインフレにならないのは、単純に考えて、日本人は貯蓄好きで、かつ円がハードカレンシーだから、刷っても刷っても市場に円が溢れないってことなのか?

    だったら、貯蓄文化とハードカレンシーじゃない他の国が真似したら、当然インフレするよね?
    [ 2019/06/07 01:49 ] [ 編集 ]
  297. こんなの程度の問題なんだけど、上限があるのは当然。
    上限とはインフレ率。
    日本は生産性も高いから簡単にインフレにならないけど、5000兆はありえない。
    インフレ率2パーまでには高橋洋一さんいわく、200兆から300兆だって。
    MMTなくても同じこと言ってる。
    [ 2019/06/07 01:50 ] [ 編集 ]
  298. 日本がやってるのはmmt じゃねえよ
    [ 2019/06/07 01:58 ] [ 編集 ]
  299. 少子化で若い世代ほど人数が少ない
    若い世代ほど貯金が少ないあるいは全くない
    日本人全体の預金総額は減ることはあっても増えることはなさそうだ
    国債の引き受け手は国民の貯金を預かる金融機関だ
    さあ日本は借金をずっと続けられるのでしょうか...
    [ 2019/06/07 01:59 ] [ 編集 ]
  300. 経済のことはよく分からんが、まだそんなにお金を大量に刷ってないよね?
    [ 2019/06/07 02:00 ] [ 編集 ]
  301. ※305
    今まで統合政府の財政破綻は確認されていないのですが、どうやって起こるのでしょう?
    感情論ではなく、そのデフォルトのメカニズムを説明して下さい。
    利子が爆発的に増えているというのは、どのデータを参考にして言っているのでしょうか?
    我が国の金利は下がり続けていますし、債務(=債権)の利子は一定ですよ?
    我が国の政府は、日本銀行(子会社の金融機関)に対して、債務不履行に陥った事は一度たりとも有りませんよ。
    敗戦で機能不全になった時は、日銀にお願いして、きちんと債務履行を一時的に待ってもらっています。
    今から何処かと本土決戦でもおっぱじめて、敗戦するつもりなのですか?
    物騒ですね。
    「雪だるま式」とは何の事です?
    さっきから、何の話をしているのでしょうか?
    [ 2019/06/07 02:00 ] [ 編集 ]
  302. ※317
    基本的にはそうだよー。
    ただ、それだけじゃ説明付かないから議論を呼んでいるわけで。

    因みにアメリカさんは貯蓄率が低めで投資好きな国民性なので、歴史的にしばしばインフレが問題になってインフレとの闘いをしてきたんですけどね。
    まあ、歴史云々を言うと、インフレで滅んだ国は数多あるけど、デフレで滅んだ国は無いんだよね・・・。
    [ 2019/06/07 02:00 ] [ 編集 ]
  303. 日本の様になれる国ははたしてあるのかどうか?
    日本は一日にしてならず。
    [ 2019/06/07 02:01 ] [ 編集 ]
  304. 「借金は一定額を超えると貸し手と借り手の力関係が逆転する」
    こう評したのは漫画ミナミの帝王
    あまりにも大きな借金をすると貸主は貸し倒れを恐れて相手の言い分を
    可能な限り聞き、気まで使ってご機嫌を取る
    日本やアメリカが倒れるとリーマンショックとは比べ物にならない
    破滅クラスの経済恐慌が起きるので誰にも潰せないのだよ
    これはソフトバンクの孫社長も同じような理屈を使って事業拡大を続けている
    誰にも潰せなくなったら国が支援さえしてくれるってね
    [ 2019/06/07 02:04 ] [ 編集 ]
  305. 日本がMMTを実証してるって話の意味は、MMTにおいて、「何をしでかせばその国の経済が低迷するか」を日本が実現しているってことだよね・・・

    バカにされてるwww
    [ 2019/06/07 02:05 ] [ 編集 ]
  306. 日銀債権(=政府債務)の利子は、親会社と子会社の貸し借り。
    政府が負っている利子は、政府と銀行のそれぞれ「貸し方」「借り方」にきちんと記載して連結決済してますよ?
    そもそも、何故利子の心配をするのでしょうか?
    資本主義経済である以上、債務(=債権)に利子は「絶対に有った方」が断然良い。
    どうしても心配なら、我が国の財政の構造上、国会決議によって、利子が無い99年債や無期限債を新設して、債権(=債務)に飢えた、国内の民間銀行に売り捌けば貴方の懸案は解決しますが?
    ただ態々、経済全体にとっては損をするだけなので、そんなことをする目的や意味が、全く理解不能だが…
    心配なら借り方の利子を帳消し出来ますが、何の経済的意義も無くお互いに損をするだけで、唯の心配性を取り除く為だけの自己満足の政策ですが。
    借金(=債務=債権)している政府や国民自身が、その「国家意思」によって、財務省小切手の発行によって、借金(=債務=債権)返済が出来るという借金(=債務=債権)がある事に、何が心配なのでしょうか?
    どうなれば日本の財政は破綻するのでしょう?

    感情論ではなく論理的に、経済学的に説明して下さい。
    [ 2019/06/07 02:06 ] [ 編集 ]
  307. 日本には新技術開発・新商品開発の能力があって持ち堪えることができる(今はできてる)わけだが、同じ事を「能力」の無い国が真似ても破産するだけ。
    返済能力の無いプー太郎がローン組んで自己破産するようなもの。
    もうすぐ韓国がそうなるから見てて、彼らには開発競争で戦うだけの体力がもう残ってないから。
    [ 2019/06/07 02:11 ] [ 編集 ]
  308. ※322

    ※305はたぶんプライマリーバランスは0にしたいってことを言いたいんでは?書いていることはふわっとしてるけど、PLが赤字続きってのが気持ち悪いって感覚は分からんでもないし、赤字続けるにしてもインフレ率くらいには幅を小さくして欲しいってのも分かるから。其れを気にしなくて良いかどうかは、正直未だ分からない話だし。

    利子支払い増加してもPLさえトントンなら、BSの負債としての国債がいくら増えたところで気にする必要は全くないって所まで理解した上で言ってるかどうかは知らんが・・・。
    [ 2019/06/07 02:13 ] [ 編集 ]
  309. ※323
    インフレでも、デフレでも、それ自体が原因となって、国家が滅亡した事は在りませんよ。
    デフォルトの要件は、債務の不履行を通告された場合であって、インフレ自体で国家が滅びた事は在りません。
    インフレは国力の弱体化を直接引き起こしませんが、金融市場の壊死状態を引き起こします。
    デフレはによって国家が滅びた事は在りませんが、国家経済力の弱体化を引き起こします。
    ワイマール共和国、ジンバブエ独裁政権、ソ連崩壊後のロシア、インド、韓国、インドネシア、タイ等の総ての国家は、激しいインフレーションが起こりましたが、国家は滅びてません。
    何の話をしているのですか?
    どの事例の話をしているのでしょうか?
    きちんと事実に基づいてお話下さい。
    理論上、債務不履行はデフレ状況下でも起こりますし、インフレ状況下でも起こります。
    デフレ状況下で債務不履行を起こすような「馬鹿」が、今まで居なかったというだけですが。
    デフレ状況下では、デフレギャップにより、財政出動と、「それに伴う」金融緩和の政策余地や幅が大きいですからね。
    [ 2019/06/07 02:16 ] [ 編集 ]
  310. ゼロ金利で貯金しても無駄だから個人向け国債が大人気で、既に政府が世界一借金しまくっててもまだ国債が売れる。国債が売れてる間は健全な自転車操業ができる。

    政府でも企業でも借金しなけりゃいいってもんでもない。

    企業の場合は無利子負債なら何の問題もなく資産と考えて構わないが、政府の借金、国債の金利も無利子同然。どんな金利設定だろうと苦しくなったら税金上げて金利にあてりゃ良いんだからw 自国通貨建てなら問題なしとされる所以の一つ。

    問題は自国通貨で国債が売れなくなる時だけど、エンで日本の国債が売れなくなるのはロシアか中国に占領された時くらいだろう。その時はハイパーインフレになろうとデフォルトしようと同じこと。どれだけ借金があっても、借金がなくても同じこと。心配しても意味がない。

    ゼロ金利をやめた場合も国債が売れなくなるとは考えにくい。必ず銀行金利よりも国債金利の方が上になるからね。
    [ 2019/06/07 02:16 ] [ 編集 ]
  311. ※330
    続き)
    それとそもそも、我が国と当時のドイツやロシア、途上国とは、金融システムから生産投資状況等、全然状況が違います。
    その途上国や敗戦国(破綻国家)との、財政構造上の違いや経済状況の違い、国際環境の違いを平準化して、前提や定義をきちんと分別せずに、現在の日本の財政を論じるのは、そもそもナンセンスですよ。
    [ 2019/06/07 02:18 ] [ 編集 ]
  312. ※329の補足をしておくと、日本国債の保有者の外国勢は最近じわじわっと増えてきてるんだよね。まあ、超低金利だから大して流出はしてないけど。
    [ 2019/06/07 02:18 ] [ 編集 ]
  313. ※330
    昔昔に元という国がありましてな。まあ、それはいいや。

    現代では簡単には国家崩壊しないし、王朝交代と違って政権交代で済むからデフォルトしても外形的に滅亡してないってだけなんだけどね。

    というか、ロシアとドイツの例を出しておいて滅んだ国が無いとか言える神経が分からんwww
    [ 2019/06/07 02:25 ] [ 編集 ]
  314. ※316
    最も本質的な問題は、日本円の通貨発行量を2.5倍以上に大規模に「増やしても」、物価が増えず、投資が増えないという事だ。
    そして、財務省や日銀、世界の金融理論家たちが、「おかしいなぁ」と言っている。
    何もおかしくねえよ間抜け!
    自分の借金を、自分が発行した貨幣を他人に買って貰い、その資金で自分の借金を返済して、実体経済や金融機関に一体何の恩恵が有るんだよ!
    馬鹿じゃないのかね…
    おカネの原理を理解して居ないから、こういう意味不明な事をするのだ…
    デフレは貨幣が不足しているからではない。
    『付加価値への投資(=設備投資、=所得、=消費資金、=生産性向上資金)』が不足しているからだ。

    いやそもそも、考える迄も無く、当たり前なのだが…
    蔵の中だけで言ったり来たりして、元通りになっているカネが、蔵の外の経済に何の影響を与えるんだよ…
    官僚共は、常識を以て、真面目に仕事をしてくれ…
    [ 2019/06/07 02:26 ] [ 編集 ]
  315. 国家版「円天」かよ。
    [ 2019/06/07 02:27 ] [ 編集 ]
  316. ※330
    元が分裂したのは相続だ。
    それに大元ウルスは滅びたが、元帝国は滅びてないぞ。
    北元としてずっと存続しているぞ。
    北元が「自治国」として「合邦」したのは、清朝として支那大陸の帝国になってから、自発的に服属したんだぞ。

    それと、ソ連崩壊後のロシアは連邦を解体して切り捨てる事で、ロシア財政を防衛し、財政破綻もしていないし、国体崩壊、国家秩序の崩壊も起きていない。
    ワイマール共和国が、ナチス・ドイツのファシズム政権に移行したのは、議会決議によってであり、ナチス・ドイツへの政権移行時には、ハイパーインフレが終息し、「デフレ不況に陥っており」、雇用の拡大と、アウトバーンによる公共事業インフレ政策を支持され、ナチスは政権は、ドイツ国民の圧倒的な支持を受けて、ワイマール憲政下で、政権交代している。


    因みに、上記は全て、高校世界史の問題だぞ…
    もうちょっと真面目に、歴史を勉強してくれ…
    [ 2019/06/07 02:33 ] [ 編集 ]
  317. ※330
    ※332
     
    この何千年もの歴史でデフレで国滅ぼした「馬鹿」の事例がそうそう見つからないなら、それが答えだと思うのだがね・・・。いや、別に帰納法云々で反論してくれても良いけど。

    あと、日本について語る云々はどっから出てきたんだ?アメリカの話をしてるのに日本の話をぶっこまないでくれないか?それともデフレ支持者の発言に見えたから、とりあえず攻撃しておこうみたいに思ったのか?夜テンションで頭が沸騰してるんじゃないか?大丈夫か??
    [ 2019/06/07 02:34 ] [ 編集 ]
  318. ※337
    自発的に服属したんだぞ。

    自発的に服属しており、純粋に軍事情勢の変化が原因であり、当時の経済事情は何の関係も無いぞ。
    [ 2019/06/07 02:36 ] [ 編集 ]
  319. そもそも現代貨幣理論は米国自身が証明しているがな。

    もしも巨額の債務残高が、債務不履行に繋がると言うのであれば、あの滅茶苦茶な巨大な債務を抱えている中、債務が移管して増え続ける中で、インフレやデフレが「起き続けた」という、米国の経済史は、一体何なんだよ(笑)
    嘗ての大英帝国や、現在の中共や日本の債務も、一貫して増加し続けているぞ?
    中共の場合なんか、共産主義的な経済思想から、そもそも自国通貨建て債務に、初めから利子なぞ無いし。
    米国からのドル建て債務は、悲惨な事になっているけど…


    それで?
    基軸通貨国の統合政府を持つ国家の、債務残高(=債権残高)や通貨流通量と、インフレ率やデフレ率に、何かしらの相関関係が有るんですかね?
    有ると言い切れる奴は、論文を書け。
    ノーベル経済学賞(笑)が取れるぞ?
    [ 2019/06/07 02:42 ] [ 編集 ]
  320. ※340
    移管して → 一貫して
    [ 2019/06/07 02:43 ] [ 編集 ]
  321. そもそも今の日本の純債務は40兆程度。
    つまり割合から言ってちょー健全財政。
    IMFもそうおっしゃってますねw
    破綻の危険性なんて100年に一回以下のレベル。
    可処分所得減らし続けて(増税で)
    内需6割の日本経済停滞させてること自体あほ。
    MMTを持ち出すまでもなく、民間が金使わないなら、
    国が金使わないと経済が拡大しねーだろーが。
    経済学の基礎の基礎。
    [ 2019/06/07 02:51 ] [ 編集 ]
  322. ※338
    貴方の提議に対して、その部分は何の答えにもなってないですが。
    国力が弱体化するから、デフレは止めろと言う趣旨で言っているんですが?
    きちんと読めよ。
    頭は沸騰しているのはどっちなのやら…

    「インフレで滅んだ国家も、デフレで滅んだ国家も無い。」ときちんと言っているだろうが。
    米国のデフレやインフレは、国際関係や株式市場、それに影響を与える民間金融市場大きくリンクしており、国債の価格や金利の連動と、デフレ状況やインフレ状況の出現と、歴史的に何の関連性も有りません。
    有るとおっしゃるなら、きちんと歴史的事例を示してからにしてくれ。

    デフレ経済の深刻化や長期化は、国力や資本価値を「減退し続ける」という凡そ経済政策や金融の存在目的から、「真逆の」経済状態であり、あらゆるデフレ状況は、利益よりも害悪の方が大きい。
    これは別に私の私見ではなく、経済学的に確立している定見ですよ?
    勝手に素人の個人がデフレ経済の是非を云々した訳では無く、経済学的な研究の結果、つまり歴史的な研究結果から、「デフレは良くない」とされています。
    [ 2019/06/07 02:59 ] [ 編集 ]
  323. ※343
    理念主義的な、全知全能の計画者を想定する、共産主義国家や社会主義経済学がどうかは「知りません」し、健全な資本主義思想を経済基盤にする我が国では、「関係ありません」。
    そもそも一般的な、普通の経済学的な知見や、正しい歴史事実の引用に基づいて議論して貰わないと、こちらも議論が大変しにくい。
    資本主義国家において、最も理想的な経済状態は、付加価値が上昇し続ける社会であり、目指すべき経済政策は、マイルドなインフレ政策です。
    つまり、あらゆる資本の付加価値が、労働や研究、効率化によって、きちんと上昇し続ける事です。
    [ 2019/06/07 03:01 ] [ 編集 ]
  324. 理念主義的な、全知全能の計画者を想定する、共産主義国家や社会主義経済学がどうかは「知りません」し、健全な資本主義思想を経済基盤にする我が国では、「関係ありません」。
    資本主義国家において、最も理想的な経済状態は、付加価値が上昇し続ける社会であり、目指すべき経済政策は、マイルドなインフレ政策です。
    つまり、あらゆる資本の付加価値が、労働や研究、効率化によって、きちんと上昇し続ける事です。
    [ 2019/06/07 03:02 ] [ 編集 ]
  325. デフレで国を滅ぼした?
    日本史の歴史がまさにそれだろw

    はい、「経済で読み解く日本史」、今読んでますw
    [ 2019/06/07 03:03 ] [ 編集 ]
  326. Youtubeの辛坊治郎の年金問題解説を見てみるといいよ
    年金問題に限らず、世代別人口分布の歪みが何をもたらすのかがよくわかる
    国債のばらまきがうまくいっていたのは分厚い勤労世代があったから
    あと10年もすると日本の財政は機能しなくなる危険性がある
    [ 2019/06/07 03:06 ] [ 編集 ]
  327. ※317
    貯蓄率は関係ない。
    貯蓄を目途に財務省は債権債務の発行をしている訳では無い。
    米国の民間貯蓄率は減少しているときが有ったが(確か自信は無いが現在は増えている)、米国財政の赤字は増えており、国債発行額も増えている。
    日本の民間貯蓄率は減っているが、日本国財政の赤字も増えて、国債発行額も増えている。
    貯蓄率の高い国家はデフレ経済との相関関係は在っても、国債発行額との関連は無い。

    貯蓄率の変動と国債発行額の変動は、構造的にも、原理的にも、歴史的にも、そして事実から考えても、相関性は無い。
    そもそも国債発行プロセスに関係無いし。
    [ 2019/06/07 03:07 ] [ 編集 ]
  328. 大金を持っていると、

    あれ買えこれ買えって言う国や
    金くれ金くれと言う国があるので
    貯金の範囲で借金するのは普通の話

    あと焦げ付くの覚悟で友好的な国には金を貸して
    金がたまり過ぎないようにもしている
    [ 2019/06/07 03:08 ] [ 編集 ]
  329. まず有権者の国民一人一人が、そして政治家共、官僚共が、
    「おカネ」とは何なのか?
    おカネは何の為に有るのか?
    どうやって生まれるのか?
    債権や債務とは何なのか?
    という根本的事実を、きちんと歴史やデータ、流通構造に至るまで、きちんと真面目に勉強してくれ。

    そうしないと何時まで経っても我が国はデフレを脱却できないし、例えマネタリーベース(そんな全体としてのベースは存在しない)を10倍に拡大しようが、1000倍に拡大しようが、日本中の債務(=債権)を現在の10分の一に減らそうが、永遠に経済成長は出来ないし、デフレ脱却も出来ないし、キャッシュフローとしての税収が増える事は永久に無い。
    適切な価値観と適切な理解によってのみ、より良い社会が実現される。
    [ 2019/06/07 03:17 ] [ 編集 ]
  330. ※349
    政府はカネを大量に貯め込んでいるんだよなぁ…
    政府収支表を見て、どうぞ。


    日本人は、大量の札束を持ち逃げして宇宙に高跳びでもする気かね?
    HAHAHAHA!(棒)
    笑えねえよ。
    [ 2019/06/07 03:22 ] [ 編集 ]
  331. ハハ、アホ!w
    国民からであろうと海外からであろうと、莫大な借金をしてそれで済むハズがなかろうw
    目先に必要なカネを刷りまくって破綻したジンバブエやベネズエラの大統領と頭のレベルが同じってことだ。
    日本の破綻モデルは、すでにネットで挙げられてる。チマタの経済学者やエコノミストは馬鹿ばかりだからな。ネットの無名の経済通の方が賢い。

    そのモデルとして、たとえば、現在の日本の年間税収は50数兆円であるが、すでにその半分近くが「国債の元利払い」に充てられているという。
    やがて、税収の全額を国債関係に充てざるを得なくなる。
    その時に世界は日本をどう見るか?「おいおい、日本って国は、その国家予算を全額借金でまかなってるようだぜw」「へー、それはひどい! 無一文国家かw ホームレスと変わらんなw 怖い怖い。」として日本の通貨「円」の価値は国際的に急落し、ゴミ同然となる。すると日本は貿易輸入がほぼ不可能となり、国家経済は崩壊するのである。
    [ 2019/06/07 03:23 ] [ 編集 ]
  332. >>351
    訂正します

    政府収支表→貸借対照表(バランスシート)
    [ 2019/06/07 03:23 ] [ 編集 ]
  333. ※352
    落ち着いてね?
    当時のジンバブエや現在のベネズエラの、バランスシートと通貨建て債務の内容を見て御覧?
    何て書いて有った?
    現在の日本の国債金利は下がり続けているぞ?
    外国人の保有率が10%有るが、投資家は日本国債を売っているのか?
    異次元の金融緩和で、日本の金融機関も海外の金融機関も日本国債を「買い足した」ぞ?
    ゼロ金利なのに。
    米国の投資家専用メディアは、日本の増税は、日本の経済を一層停滞させ、税収を悪化させると言っているが?

    現実を直視しよう!
    独学でも良いから、今から経済学を勉強しよう!
    今度増税を強行して、税収基盤が強化された時に、一体外国人の投資家たちの「動き」はどうなるか、よく見ておけ。
    [ 2019/06/07 03:29 ] [ 編集 ]
  334. ※354
    あのなあ、そういう目先の操作は何の意味もないことw

    莫大な借金の経験がある者なら普通に分かることだが、
    やりくりして、経理操作をして、誤魔化し続けても、やがては突然、破綻が来る。
    その破綻のキッカケとして※352で述べた「税収の全額を国債関係の支払いに充てざるを得なくなった時」ということだ。
    たとえば、個人でも、サラリーマンが給料袋をそっくりとサラ金の業者に渡さざるを得なくなった時、そのサラリーマンはもうお終いなんだよ。

    [ 2019/06/07 03:36 ] [ 編集 ]
  335. 過去30年ずっとやってきた上で、インフレ率がわずか「0.5%」の
    経済大国3位の日本に対してまだ懐疑的な思考しか持ち合わせてない

    いわゆる思考が古い世界中の年寄り共がギャーギャーとケチつけてるだけ。

    あのね、30年でインフレ率0・5%と日本の個人貯蓄額

    (お年寄りが市場に使わずタンス預金してる額50兆円)
    (各種銀行の統計で高齢者の平均預金額が平均2千万円以上)

    この現実を前にいつまでも懐疑的になってる外人達って心から馬鹿。
    日本がインフレになることなんて今後30年・60年経っても
    せいぜい15%程度の予測なだけです。30年実践して0・5%なので
    [ 2019/06/07 03:40 ] [ 編集 ]
  336. そもそも財政が均衡している事自体に、債務残高を減らす事自体に、一体全体何の意味が有るの?
    意味不明過ぎるんだが。
    もしも戦争が有れば、債権刷りまくってでも軍事費を拡張して生き延びるべきだ。
    大規模金融緩和によって、社会全体の民間債権や投資が減り、貧しい人が増えているのならば、彼らの生命と生活を守るべきだ。
    少子化によって納税者が減っているのならば、納税者を増やす為に、若い人たちに無条件でジャンジャンお金を上げるべきだ。

    命よりも金が大事なのか?
    国家財政は何の為に有るんだ?
    帳尻を合わせる為?
    それは単に政府が気持ちが良いだけだからであって、時と状況によっては、債務量を増やして、民間に債権として配り、投資を活性化させないと、そもそも国家が滅びてしまう。
    防衛費の削減は他国の軍事侵攻を許し、防災インフラの対策不足は、絶大な国民を死に追いやり、少子化を放置すれば未来の国家の担い手がいなくなってしまう。
    経済格差の拡大、お年寄りや生活困窮者を見棄てる様な事をすれば、社会は益々政府に不信感を募らせて、社会の分断が起き、犯罪組織の肥大化、内紛やテロに繋がり社会の不安定化を招く。
    [ 2019/06/07 03:40 ] [ 編集 ]
  337. 一言でいえば日本が借金まみれっていうのが嘘
    日本には借金と同額の資産がある
    財務省は増税したいから言わないだけ
    [ 2019/06/07 03:41 ] [ 編集 ]
  338. まぁ30年間の実績の結果インフレになる可能性が
    わずか0・5%なら、これは単純に上手く運用できてるのではないか?
    これに文句いう外人はただの嫉妬だろ?
    [ 2019/06/07 03:42 ] [ 編集 ]
  339. ※357
    投資も借金も国家の為に、国民の為に、きちんと適切に「使う」べきだ。
    次世代は先代が投資してくれた安全で豊かな社会で生きられる様にしなければならない。
    国債、つまり政府の借金、国民の債権を返すのは、「将来の日本国民」だ。
    先人達である我々が、彼等の為の投資をして、安全で幸福な、発展していく社会整備をしたことに対して、将来世代から感謝される様な、将来世代の幸福の為の財政をしよう。
    [ 2019/06/07 03:43 ] [ 編集 ]
  340. 『資源もないくせに経済大国3位であることが許せない、認めない』

    そう考える世界中の馬鹿共が嫉妬してんだよ、察してやれよwwww
    日本が上手くやってきてることが憎くて仕方がないのだろうよwwww

    そりゃそうだよな、30年間のデータ収集とその結果インフレ率が
    わずかたったの0・5%という完璧な運用が出来てることが悔しくて
    絶対認めたくないんだろうなwwww
    [ 2019/06/07 03:48 ] [ 編集 ]
  341. ※358
    あんなあ、そんな資産があるなら、新規国債は発行しねえよw
    [ 2019/06/07 03:48 ] [ 編集 ]
  342. >「日本の借金は国内で完結してる」 日本は経済理論『MMT』の成功モデルなのか?<

    違いますw

    日本は借金の三倍超の金を海外に貸してる世界最大の債権国なわけで、お金の貸し借りが国内完結してるわけではないです

    借金一京円超えてても大丈夫だから中国に投資するアル!目的の変な電波理論のダシに使うのはやめてください

    これだからカルトってイヤよね ┐(´д`)┌
    [ 2019/06/07 03:52 ] [ 編集 ]
  343. ※359
    まあ、安倍がこの8年間の「無制限の金融緩和」でも物価が上がらなかった理由はすでに説明し尽くされてるな。
    そのカネを安倍は日本の消費市場に流さず、ただひたすら「株」に投資したからだ。で株価だけは急騰した。で、株価が上がりきったところで海外投資家(ほぼ中韓人)が売り抜けてそのフトコロに日本のカネが流れ込み、大儲けしている。そして中韓人は儲けた「円」を国際市場で使い込んでるから、円安が起きる。その円安のために日本の国内経済は現在、奈落の底に落ち込んでいるってことだ。
    [ 2019/06/07 03:56 ] [ 編集 ]
  344. インフレはしていないっていうが物価は上がってるよな
    企業だって量減らして値上げとかふざけたことしてるし
    社会保険料だって上がったしその上に増税もするんだろ
    経済成長も他の先進国と比べると明らかに弱い
    [ 2019/06/07 03:59 ] [ 編集 ]
  345.  ■ 日本では30年間インフレが起きてないんだが?
         バカげてるのは何も知らずにコメントする君だ。 +7 アメリカ


    人口減少と技術の進歩で需要と供給の量がいつまでたっても供給量が上回ってるからね

    技術はどんどん進歩するのでますます供給量が増えてデフレ化する

    つまり、どんどん金を刷ればよい
    [ 2019/06/07 04:00 ] [ 編集 ]
  346. ※357
    投資も借金も国家の為に、国民の為に、きちんと適切に「使う」べきだ。
    次世代は先代が投資してくれた安全で豊かな社会で生きられる様にしなければならない。
    国債、つまり政府の借金、国民の債権を返すのは、「将来の日本国民」だ。
    先人達である我々が、彼等の為の投資をして、安全で幸福な、発展していく社会整備をしたことに対して、将来世代から感謝される様な、将来世代の幸福の為の財政をしよう。
    [ 2019/06/07 04:00 ] [ 編集 ]
  347. ※362
    米国のノーベル経済学賞を受賞した学者は、無期限無利子国債を新設して、リスケジューリングして、日銀に保有させろ。
    何も問題ないと言っているぞ?
    そして経済学的にはこちらの方が正しい。
    何で新規国債発行をしてはならないのか?
    何でリスケジューリングをしてはいけないのか?

    嘗て15年債を新設した時、リスケジューリングしたとき、国債の価値は暴落したか?
    嘗て20年債を新設した時、リスケジューリングしたとき、国債の価値は暴落したか?
    現実を見ろ。
    [ 2019/06/07 04:04 ] [ 編集 ]
  348. ※366

    インフレ(物価上昇)が起きるルートは2つあるからな。
    ①政府が直接、国内市場にカネをバラ撒き、物価を上げる。
    ②円安のために輸入品価格が上昇し、次第に国内物価も上がって行く。

    日本では、①のルートは無いってことだ。何しろ、安倍はカネを消費市場に流さず、すべて「株」に投資してしまったからな。しかも売り抜けて儲けてるのはホトンドが海外投資家なので、カネは海外に流出する。

    現在、②のルートで日本の物価が次第に上がりつつあるってことだ。ただその②のルートも、元はといえば、安倍が株にカネを注ぎ込んだために起きているのだが。
    [ 2019/06/07 04:11 ] [ 編集 ]
  349. マネタリーベースを増やした結果、GDPデフレーター、消費者物価指数も停滞もしくは悪化し、昨日時点で円の価値は、対米ドル、対ユーロに対しても上がっているぞ?
    因みに「円通貨」は、財務省や御用学者共が言う所の「借金」だぞ?
    円通貨という借金を大量に増やして、現在の円通貨の価値は暴落したんですかねぇ…
    理念や観念で喋る前に現実を見ようね?


    純債務が減ったが、設備投資や所得再分配は起きていないし、円を大量に発行しても円は暴落してないし、デフレ経済は改善されていない。
    金は唯の「債権(債務)」であり、それ自体には何の価値も無いし、金自体が価値の源泉となる事も無い。
    債務となる結びつく資本が有って初めて、資本に投資によって連結させて初めて、付加価値の変動に対して効果を発揮する。


    別に何の変哲も無い、当たり前の事なんだけどな。
    良い加減、真面目に経済政策をしろ。
    [ 2019/06/07 04:13 ] [ 編集 ]
  350. 国の借金教徒は9条教徒並みの愚か者
    [ 2019/06/07 04:14 ] [ 編集 ]
  351. ※369

    あんなあ、低能よ。

    日本の経済破綻がおきるモデルは、すでに※352 で述べたぜ。
    日本の税収すべてが国債の支払いに飛んでしまう事態になったら、
    もう、どんな体裁を取っても意味なし。

    サラリーマンが、給料日に会社に押しかけたサラ金業者に、給料袋をそっくりと取り上げられる事態になったら、そのサラリーマンが何を取り繕っても意味が無いのといっしょ。
    [ 2019/06/07 04:16 ] [ 編集 ]
  352. ※372
    オマエ、日本人じゃねえな? やはり工作してる半島人かい?
    [ 2019/06/07 04:18 ] [ 編集 ]
  353. ※371
    問題は、我が国の日銀が保有している、日本政府の純債務(日銀の債権)は減っているという事だ。
    「ゼロ金利なのに」。

    自国通貨建ての借金(債権でもある)が多いと、「円の信用を失う~」、「国債の価値が暴落する~」と言っていた、財務省や御用学者連中共、メディアやデュープス共は、一体この現象がどういう原理で起こったのか、経済合理的に説明して見せろ。

    財政破綻論者共の現実や歴史の無視っぷりには、本当に一々付き合いきれん。
    我が国の経済力を弱体化させるのが目的の工作員やドゥープス共は処刑してくれ。
    こういったプロパガンダに洗脳される知的弱者こそが、我が国の「癌」だ。
    [ 2019/06/07 04:19 ] [ 編集 ]
  354. 日本は心配性があるから溜め込むのは民族性だと思う。島国だからもあるだろうし。dnaだしね?
    MMTを実践してるって政府は言うわけないし、稀だと思うしね?
    いろんな経済があっていいとは思うけど、他国ではねえ?
    [ 2019/06/07 04:23 ] [ 編集 ]
  355. ※371

    オマエ、やはり半島人の工作員かい?

    日本の円の暴落(円安)は、国際的に有名だぜ。
    安倍が自ら「円安宣言」をして、現在もなお民主党政権時から40%の暴落。
    過去、イギリスやトルコ、最近の韓国で通貨安で大騒ぎ状態になってるが、それであっても、30%程度の通貨安になっただけ。
    [ 2019/06/07 04:24 ] [ 編集 ]
  356. 内容量減らしてお値段据え置きとかやってるからば、かな奴等が気付いてないだけで実際インフレ傾向にあるけどね
    消費税も上がるし上級国民以外はこれから苦しむだろうね
    [ 2019/06/07 04:25 ] [ 編集 ]
  357. ※373
    税収を国債償還に充ててないぞ間抜け。
    「経験豊富」なあんちゃんには、私が低能に見えるのかい?
    何だかなぁ…

    日本の国債は財務省小切手によって発行されるんだよ。
    間抜け。
    端から、税収(キャッシュフロー)そのものは、その基準としては使われてないんだよ。
    直接現時点の税収から、国債償還に充てている国家なぞ、この地球上に存在しない。
    さっきから散々上記で議論して来たが、そもそもその方法によって決済が行われているのならば、そもそも債権(債務)の利子は、どうやって支払われているんだ間抜け。
    ちょっとは頭を使って考えてから喋ってくれ。
    いや、取り敢えず、金融や財政学について、基礎的な部分だけでも良いから勉強してくれ。
    頭が余り良くないのならば、上記の私のコメント(長文)や他の人のコメント(長文)をいくつかを読んでくれ。
    500字では、基礎的な所から説明しないといけない場合、最初から最後まで一々説明できない。
    それから議論しよう。
    まずは本でも講演会でも、何でも良いから勉強してくれ。
    [ 2019/06/07 04:31 ] [ 編集 ]
  358. 日本は借金(国内)もあるが金貸し(海外)でもある
    [ 2019/06/07 04:36 ] [ 編集 ]
  359. ※379の続き
    というかそもそも「民間金融でも」収入「だけ」で、審査する所なぞ無いぞ?
    金融機関の融資審査は、状況によってマチマチなので割愛するが、莫大な経験の豊富(笑)な貴方なら、融資審査の事を勿論きちんと「知っている」と思うが。
    しかも国家と民間金融機関は、債務債権の償還の仕方や方法、構造が「全然何もかも違う」し、中共の様な他国に要らない金を貸し付ける様なサラ金と我が国とは、所得収支の話をしているのだとしても、全然形態や構造が違う。
    しかもサラ金は、そもそも民間金融機関とは、資本金や制度等、全く異なる原理で金を貸し借りしていたから(もうサラ金の手法は潰された)、政府金融以前に、そもそも普通の真っ当な民間金融機関とも異なる。
    普通の金融機関ではない例を持ち出されても困るわ。
    そういう道徳論は、是非中共に言ってくれ。
    [ 2019/06/07 04:37 ] [ 編集 ]
  360. ※381
    訂正

    収入だけで、


    所得収入だけで、
    [ 2019/06/07 04:41 ] [ 編集 ]
  361. MMTは理論はあるけど、経済学者が経済理論を証明する為に必須な計算式が無いんだよな。
    基軸通貨を持ってる国はいくらお金を刷っても大丈夫という理論は夢があるけど、話は計算式を出してから。
    [ 2019/06/07 04:48 ] [ 編集 ]
  362. MMT派もハイパーインフレになること自体は(しぶしぶ)認めただろ
    だから増税でインフレ率を制御する、とか今は言ってる

    え?けっきょく増税するんやったらMMTの意味なくない?イマココ
    提唱者に学識がないから行き当たりばったりすぎるんだわ
    女はやはり数学ができない
    [ 2019/06/07 04:52 ] [ 編集 ]
  363. 日本は消費税を増税し社会保障費も上昇を続けている
    減税圧力が強いアメリカとの違いは大きい
    [ 2019/06/07 05:02 ] [ 編集 ]
  364. 数式がないからMMTはダメ説ってけっこうコメ欄にあるな、リフレがハードワークしてるwww
    [ 2019/06/07 05:05 ] [ 編集 ]
  365. 統計のマジックに騙されているだけで、日本は既にインフレーションどころではなく、スタグフレーションになっていると思うよ。
    物価は上がっていないと言うが、内容量や品質等で変わってきている。 食料品に限らず、家電品とかでもね。
    以前と比べ、家電品の耐久性は低くなっている実感がある。 ところが故障を許されない産業機器は、以前よりも高くなっているのも実感出来るから。
    一方で可処分所得は年々低下してきている。 こちらは統計的な誤魔化しが効かないから。
    実質的に物価は上がっており、可処分所得は低下してきている。 これはスタグフレーションだろう。
    それに昨今、高級品(宝石類や時計)等の販売が増えてきていると云う。 でも、それならば物価が上昇してもおかしくない。 生活必需品じゃないから、純粋な上積みになるから。 それでも上がっていないのは、他の部分で低下が起こっている証拠だろう。
    [ 2019/06/07 05:16 ] [ 編集 ]
  366. MMT て支持側にきな臭い学者面々がいてどうもな
    [ 2019/06/07 05:20 ] [ 編集 ]
  367. 日本は国民から借金
    アメリカは他国から借金という名の集金
    この違いがわからないなら経済なんて語る資格ない
    [ 2019/06/07 05:37 ] [ 編集 ]
  368. ただ夢みたいなこと言って政権に座ってエコやらLGBTやら好き勝手したいだけなのが透けすぎてる・・・
    [ 2019/06/07 05:42 ] [ 編集 ]
  369. 今の時点で、国債の利払いだけで歳出の10%、さらに償還に14%使っている様な状態。利払いで儲ける側の人がMMTに乗っかろうとしているが、既に国債費で歳出の25%近くが消えて、財政の硬直化を招いている状態になっているのを無視するのは無理すぎるだろ
    [ 2019/06/07 05:53 ] [ 編集 ]
  370. そもそも「カネに価値が有る」と勘違いしてる馬鹿共が政治やってっからデフレが20年以上続くんだよ
    「円」それ自体に価値は無く「徴税せずとも日本政府は予算執行できる」って現実をいい加減理解しろマヌケ共
    税制ってのはインフレにならない程度に取ってりゃいいんだよ
    [ 2019/06/07 05:53 ] [ 編集 ]
  371. 知らないなら無理してコメント書かなくてよろしい
    [ 2019/06/07 05:54 ] [ 編集 ]
  372. 日本は電子マネー決済の後進国だって言ってるのに、それでも貨幣流通量がコントロール出来なくなってる時点で分かるだろうに。
    [ 2019/06/07 05:56 ] [ 編集 ]
  373. 392
    政府が「カネに価値はない」「徴税せずとも日本政府は予算執行できる」って言った瞬間インフレが止めどなく進行するわアホ
    インフレは市場心理
    市場を政府が管理コントロールできたことなんか一度もない
    それができると言うのは共産主義者
    MMTクラスタは極左自称してるから間違いないけどな
    日本じゃなくて中国で先に実験しろ
    [ 2019/06/07 06:03 ] [ 編集 ]
  374. 国民の高い資質とか、技術とか、その国の国力が高い潜在能力を持っていないと無理だろう
    条件付きってことだ
    ギリシャのような公務員が多くて、怠け者の国などでは無理な話
    [ 2019/06/07 06:04 ] [ 編集 ]
  375. 国内の借金だからおkつーか、借りてる先が政府が筆頭株主の日銀だってことがすっぽりぬけてると思うわ、その辺がアメリカなどとの最大の違いだと思うが?
    [ 2019/06/07 06:12 ] [ 編集 ]
  376. こういうのはバランスだよね
    少しずつ赤字の方に傾いてるから修正しなかったら終わる
    [ 2019/06/07 06:19 ] [ 編集 ]
  377. ※391
    打歩発行って知ってる?


    MMTの大前提はゼロ金利であること
    金利負担が無いのでインフレによってその分借金が圧縮されていく
    で、これは無いところから価値を出す魔法の仕組みでも何でもなくて
    ゼロ金利とインフレによって現金資産を持つ人間から価値を吸い取る仕組みなんだよ
    みんなが批判してる企業の内部留保や老人の死蔵資産な
    インフレによってこれらの価値が目減りして現役世代に還元される
    当然現金資産を保有するのは不利になるから市場へ現金が流れる
    そうすれば需要が喚起されて景気が良くなる
    結果税収が増えて国債発行額も減らせる
    景気が過熱すればこうして正のフィードバックが働く
    無いところから価値を生み出すわけでも何でも無い
    MMTで損するのは資産家だけ
    [ 2019/06/07 06:22 ] [ 編集 ]
  378. ※396 ギリシャはそういうものではないよ
    自国の流通通貨が自国の判断で刷れない国なんだから仕方が無い
    つまりこの理論の対象外なだけ
    日本がアメリカと経済圏を確立しドルが唯一の国内流通通貨になった
    と想定したようなもので今の借金予算なんて組めないわけですよ

    自国発行通貨での借金のみを予算に組み入れている政府でないと
    基本的に無理ってこと(まぁないですよ)
    [ 2019/06/07 06:37 ] [ 編集 ]
  379. 日本の現実についても、MMTについても、まったく知らない人ばかりだ。日本は長くデフレの中に閉じ込められている。このデフレを脱して、適度なインフレに持って行く必要がある。外国通貨による借金とインフレ下のMMTは経済を崩壊させるのであり得ないが、自国通貨の借金とデフレ下での緊縮財政もあり得ない。
    [ 2019/06/07 06:39 ] [ 編集 ]
  380. 尚、借金を返さない所か年金すら払う気が無い模様
    [ 2019/06/07 06:44 ] [ 編集 ]
  381. MMTで日本が引き合いに出されるのは良いとしても、日本が長期デフレに陥っているという現実を踏まえないとMMT理論はまったくもって成立しないんだけどね、賛否で喧々囂々してる方面は、どうもそこんところをスルーしてる気配が・・・
    [ 2019/06/07 06:47 ] [ 編集 ]
  382. あとハイパーインフレーションは基本的に物資不足によって発生するから
    日本では起こりえないよ
    なぜかといえば日本は経常黒字国だから
    結局国債増による通貨発行量の増大は国内の再配分の問題でしか無い
    [ 2019/06/07 06:52 ] [ 編集 ]
  383. ※399
    ゼロ金利になるのは短期金利だけで、インフレ率があるならそのぶん長期金利も上がるから借金は圧縮されないだろ・・・
    日本の財務省は少なくとも20年前にその可能性を検討して財政赤字を減らせないか論文出してる(ネットでも拾えるはず)
    答えはNO
    そして資産家は現金で退蔵するなんてまずありえない(ふつう株か不動産に換えてる)からインフレの利益をうけて資産倍増するわアベノミクス見りゃわかるべ
    インフレで損するのは老後の貯蓄をチマチマやってる中間層
    [ 2019/06/07 06:57 ] [ 編集 ]
  384. タンス貯金
    物価は市場に流通している貨幣の量によって決まります。
    日本の場合、その国民性から、
    セッセ、セッセとタンス貯金をしてしまい、
    いくら紙幣を印刷しても、流通しません。

    流通させる為には、政府が赤字国債を発行して、タンス貯金を吸い上げる必要があります。
    [ 2019/06/07 07:01 ] [ 編集 ]
  385. これは良スレ。読んでいて、とても面白かった。

    誰かが言っていたが、「経済理論は、現実の後追い(解釈、こじつけ)」という事実は忘れない方がいい。
    MMT経済理論の議論は、現実の経済議論ではなく、あくまで頭の体操です。
    そう考えれば、MMTの正当性はさておき、現実の政治がそれに否定的であることは当然としか思えません。
    [ 2019/06/07 07:04 ] [ 編集 ]
  386. ・ざいむしょうのあまくだり先は銀行
    ・金貸しはインフレ直撃する業界
    ・デフレだとそもそも老後の貯蓄自体が不可能な労働条件が広がってしまう
    [ 2019/06/07 07:05 ] [ 編集 ]
  387. 日本は不景気にピンと来ないんだけども。

    バブル時代がクソみたいな昇天経済だったあと、
    正常値へ戻ったところが不景気で、
    そこからずっと不景気なら、
    日本よりGNPなどが悪い国は、既に死んでいるじゃん。
    ほぼ世界中じゃね?
    [ 2019/06/07 07:09 ] [ 編集 ]
  388. 404
    経常黒字上げてるのは日本政府じゃなくて私企業だ
    配当で得たドルをインフレ減価するのが確実な円に替えたりなんかしないわな(もししたら株主総会で弾劾される)
    企業は日本の所有物じゃないからドル資産増やしてスタコラ海外に逃げる
    名目上経常黒字だろうと日本には富が流れてこず価値を失った円で国内資産評価が暴落し経済破綻する
    焼け野原になったあとで企業は海外に移してたドル資産でもって日本の資産を買えば何倍にも資産を増やすことができるって寸法よ
    資本主義なめちゃいかん
    日本企業を国のコマかなんかと思ってやしないか?
    [ 2019/06/07 07:10 ] [ 編集 ]
  389. ※18
    わけがわからないのはひとえにキミのおつむが弱いからだよ
    もう少し仕組みを勉強してから発言したほうがいいよ
    [ 2019/06/07 07:11 ] [ 編集 ]
  390. MMTを理解するには正しく貨幣の仕組みを知らなければならんので
    良し悪しは別にしてそこは素晴らしい。中央銀行、財務省、経済学者が
    言いたがらなかった、隠しておきたかった部分がキモの部分なんで
    これを全国民、または多くの国民が知ることになったのは非常に良い事だな。
    こじつけつうよりまあただの事実の羅列だな
    [ 2019/06/07 07:12 ] [ 編集 ]
  391. とっくの昔に国債などを海外に販売してるから
    完結してないし、成功したとも言いきれんけど?
    海外ファンドのおかげで長期金利上昇に怯えて馬鹿な追加緩和やって
    国力衰退させてるのに。
    [ 2019/06/07 07:14 ] [ 編集 ]
  392. ※405
    インフレ率上昇による国債の需要減による金利上昇を抑えるための日銀買入(引受)でしょ
    それに適切にインフレが続けば税収も増えて国債発行額も減っていく
    ちなみに家計の預金資産残高は1000兆円近い
    [ 2019/06/07 07:16 ] [ 編集 ]
  393. MMTの詳細知らんが、基軸通貨と無制限スワップ結んでる通貨以外はやりたくても出来ないんじゃないの?
    出来るならどこもそうしてるでしょ
    [ 2019/06/07 07:17 ] [ 編集 ]
  394. 平成時代の財務省の経済政策は大失敗の典型例として世界史に残ると思う
    今の若者は平成時代に何で経済成長しなかったのか、どうすれば良かったのかを徹底的に分析して後世に生かして欲しい
    君たちより上の世代(30代以上)はもう完全に失敗世代だから相手にしなくていいよ
    [ 2019/06/07 07:19 ] [ 編集 ]
  395. 日本の借金て言うけど厳密には日本政府の借金なんだよね
    そして借金とは借りた側が使う言葉で、国民から見れば預金(銀行経由)
    となると日本の財政破綻は国民がこの預金を全額引き出した時に起きる
    つまり銀行が潰れる程の恐慌かインフレが起きない限り破綻しない

    とは言えそれは国民が貸せる(預けられる)範囲の話
    国民の生み出す商品とその交換価値には限度がある
    言い換えればこのMMTはあるインフレ率に達するまでいくらでも増刷・借金できるというアキレスと亀じみた理論では?
    [ 2019/06/07 07:21 ] [ 編集 ]
  396. 日本のデフレ解消は実は今すぐにでも解消しようと思えばできる。
    実体経済と金融経済を分けて見れば何が問題かは簡単に理解出来る。
    要するにデフレが問題だ問題だと役人に洗脳された政治家や役人、
    銀行家は言ってるが、デフレ解消する気なんかねえんだよ。

    インフレギャップ3パーセントくらいを縛りにして実体経済の方に
    財政出動でも、バラマキでもいいんでお金を使いたい人、使わないと
    いけない人に回せばいいだけ。金利は常に上の方に吸い上げられるんで
    言い方悪いけど末端の人にばらまかないと実体経済は良くならない。
    にもかかわらず、お金のない人をバッシングして消費税取ろうと
    全く持って真逆なことしてんだよ
    [ 2019/06/07 07:25 ] [ 編集 ]
  397. どんな経済活動にも金利は発生する。ちなみに税も金利だからな。
    日本は言葉で色々な言い回しが出来るんで頭のいい悪人がウソばっか
    ついてんだよね
    [ 2019/06/07 07:28 ] [ 編集 ]
  398. ※414
    インフレが目標値に達したらテーパリングしなきゃいけないから意味ないよ
    インフレが続けば財政支出も物価当分増えるからインフレで財政がよくなるなんて考えられない
    結局インフレ誘導のためという名目で赤字増発して借金増えるだけ
    その政権の間は放漫財政で景気よくなるけど長期的には何の解決にもなってない
    地道にプライマリーバランス改善するしかないんだよ
    この世に魔法なんてない
    [ 2019/06/07 07:31 ] [ 編集 ]
  399. NYTは創業一族が完全に中国資本に売り払って中国プロパガンダ誌だからな。
    こうやって経済のことがよくわかってないアメリカ人の多くを唆して世論扇動して国力を削ぐ布石を打ってんだろ。
    中国や韓国じゃあるまいし、先進国民なめすぎだな。

    ドルをすらなきゃならんとか基軸通貨の影響があるとか中国と戦争したときにアメリカ国債がチャラになるとか国内負債に転嫁する過程で大きなスキができるとか金融機関や国内企業や大学ローンなどの融資に問題がでるとか金利調整がおかしくなるとか、ついまりアメリカは今更日本型にはできないししたらヤバイわけよ。
    [ 2019/06/07 07:34 ] [ 編集 ]
  400. 財務省が権限維持するためには通貨発行より税の徴収なんだよね
    庶民には迷惑な話だけど…
    [ 2019/06/07 07:36 ] [ 編集 ]
  401. お金は常に増え続けねばならんのだけどな。だから経済の基本は
    徐々に緩やかにインフレしていくのが正常とされてるんだぜ。

    もしそれが無理だつうなら貨幣システム自体を変えなければならん
    [ 2019/06/07 07:36 ] [ 編集 ]
  402. 対外債権が多い日本は簡単には倒れない
    外に持ってる資産を全く考慮してないから話がおかしなことになってる
    [ 2019/06/07 07:38 ] [ 編集 ]
  403. テレビなどで言われている「日本の借金がついに日本人一人当たり◯◯円を超えました!」的な焦り感に煽られて…当時ずっとずっと不景気だったし日本はこのまま破綻するのでは!?くらいに不安にかられたけど、YouTubeやニコ動の政治系チャンネルで「日本の借金は〜」と説明されやっと日本の借金システムを理解。
    ネットからの情報が真実ばかりではないけど、テレビでも心配を煽る事ばかり放送するんではなくて、本来なら様々な層が見るTVのニュースには、YouTube、YouTuber以上に分かりやすく日本の借金システムを視聴者に伝えた上で、メリット・デメリット双方を客観的に教えられる人をゲストに呼び、その後の判断は視聴者にまかせる放送姿勢を求めていたのに。こちらとしても不安に駆られたなら、自分で事実を調べるべきでもあったんだけど、当時は公共の電波がああも公平性を欠いているとは想像もしていなかったんだ。
    [ 2019/06/07 07:40 ] [ 編集 ]
  404. 自国通貨建てで生産力のある国なら問題ないよ
    EUのギリシャは自国通貨ですらないからね

    日本は内需の国なんだから、消費税減税するだけで勝手に成長するよ
    [ 2019/06/07 07:43 ] [ 編集 ]
  405. 経済学者はいまだに「不景気を好景気にする」ってただ一つの問題が解けないのか?

    飲み会ばっかしてる場合じゃないぞ経済学部
    [ 2019/06/07 07:47 ] [ 編集 ]
  406. ※425

    (連投失礼)
    未だ馬鹿にする人も多いYouTube、ニコ動からの恩恵は多く、日本の借金だけじゃなく、靖国神社といわゆるA級戦犯についての、自分の中の誤解と偏見も解いてくれた。
    未だうちの親戚のアラ還より上の年代は、新聞(しかも朝日)や地上波しか見ておらず、例えば韓国の話題になると「でも日本が悪いから」と言ってきてジレンマ(すごい年長相手に、あまりに長く政治ネタで食い下がっても場の空気が悪くなるのがッ)なんだよ!!日本人に「日本が悪かった」なんて事言わせないでくれ。
    今のアラ還の人達って、終戦の混乱が落ち着いた頃教育を受けはじめて(でもまだ戦争の記憶が生々しいから)今の2.30代よりも近代史〜先の大戦の事について深く学ばなかったらしい。母も江戸っ子なのに東京大空襲の日を私が小学校で戦争(平和)教育を受けるまで知らなかった。叔母も仕事でPCもいじるし、スマホ所持してんだけど、情報はアナログ一辺倒なんだよなぁ。そんな人達の人口が日本にはべらぼうに多いんだから、マジでアナログメディアの方々、答えありきの報道を止める事、何より公平性を頼む!!
    [ 2019/06/07 07:49 ] [ 編集 ]
  407. 結局MMTみたいなことが出来る国は限定されるってことだろ
    [ 2019/06/07 07:54 ] [ 編集 ]
  408. ※415
    スワップとか基軸とかはあまり関係が無い
    大前提は安定的な貿易黒字国でないとできない
    外貨が減らず増えていくなら国内の借金なんて屁でもないって事
    [ 2019/06/07 07:59 ] [ 編集 ]
  409. >429
    ぶっちゃけ日本以外無理だろうな
    [ 2019/06/07 08:00 ] [ 編集 ]
  410. まあEUはもうダメだ崩壊する。そして米中の対立で
    世界はその米中の対立を軸に米国と中国、そしてそれらの衛星国と
    世界地図が集約しつつあるように見える今の状況下で、日本だけが
    経済的に調子いいよ!ってなったらどんな負担押し付けられるか
    考えただけでもゾッとする。だから庶民いじめて不景気だよ
    日本調子悪いよ!ってやってるのかもと勘繰りたくなるw

    まあ実際はそんな日本のこと考えて役人は行動してねえだろうけどw
    あくまで自分たちの権益守ってるだけだろうけどな
    [ 2019/06/07 08:01 ] [ 編集 ]
  411. ■ 返済する必要に迫られない限り、借金は何も問題ないしな。
      まぁあくまでもイリュージョン的な話だけども。 +3 イギリス

    冷静に考えるんだ。
    紙幣を用いた貨幣経済による経世済民の形態自体が極めて人為的なイリュージョンのようなものだ。
    軍事や哲学のように普遍的な真理で動いていない。人間の開拓する原理が極めて多い分野。
    だから難しいし、意見が極端に別れるし、綱渡りなんだぜ。
    [ 2019/06/07 08:02 ] [ 編集 ]
  412. >>429
    つうか実体経済にお金を回してないだけで、実はもう既に
    日本はMMTをずっとやってるw
    [ 2019/06/07 08:04 ] [ 編集 ]
  413. アメリカなんて国債ばらまいて資産ぶっちぎりのマイナスだけど問題ない
    [ 2019/06/07 08:20 ] [ 編集 ]
  414. 「返済する必要」とか言ってる時点で何もわかってないよね

    自国通貨建ての国債は借金じゃなくてマネーサプライ
    日本政府が1200兆円のマネーを供給してるだけで誰にも返す必要なんてない
    借金を返済するってことはマネーの供給がそれだけ減るってこと
    借金を完済したら円建ての資産が全て消滅するよ

    政府の借金=民間の資産
    [ 2019/06/07 08:32 ] [ 編集 ]
  415. 日本はMMTをしていない。財政は安定している。財務省の陰謀だ。
    [ 2019/06/07 08:32 ] [ 編集 ]
  416. MMTの理論の部分で語るから難しくなる
    現実のB/Lで見てみれば、普通の経済観念があれば分かるでしょうに
    [ 2019/06/07 08:33 ] [ 編集 ]
  417. ねえねえ、そのオプションって、植民地ブーストや黒人奴隷ブーストのことでしょう^^?
    [ 2019/06/07 08:33 ] [ 編集 ]
  418. >経済学者はいまだに「不景気を好景気にする」ってただ一つの問題が解けないのか?
    >飲み会ばっかしてる場合じゃないぞ経済学部

    なんだ知らないのか。飲み過ぎて常に貨幣錯覚を見てる連中を経済学者というんだぞ。
    [ 2019/06/07 08:34 ] [ 編集 ]
  419. まずはハードカレンシー持ってる国でないと。
    条件がありすぎて、日米くらいしか成立しないような気がする。
    [ 2019/06/07 08:40 ] [ 編集 ]
  420.  
    これができるのは基軸か準基軸通貨だけだね
    通貨の信用性が失われれば流動性がなくなるし
    無限に通貨発行できるというわけでもない
    [ 2019/06/07 08:42 ] [ 編集 ]
  421. マスゴミは「日本は借金だらけ!」だの「国民一人当たりに換算すると〇〇〇万円の借金!」だのと、あたかも国民がこの借金を肩代わりしないといけないかのように捻じ曲げた報道をするんだよな
    [ 2019/06/07 08:42 ] [ 編集 ]
  422. 1つの国しかない世界で理想的に考えるのなら政府が使う金は全て民間に落ち、民間に落ちた金は民間で回って経済に寄与するか銀行に預けられるかの2通りしかない。
    民間で回る金は経済を回した後税金として全て政府に戻り、銀行の金は国債の資金になるので、国内の銀行にゼロ金利の国債を買わせる強制力があり、それだけで国債を全て完結できるのなら、銀行の持ち金までは借金できることになる
    尤も、それは返済が不要なわけでも際限なく借金できるわけでもないから、夢のような政策とは程遠いけどね。
    [ 2019/06/07 08:47 ] [ 編集 ]
  423. 欧米には一般家庭で家計簿をつけるような習慣がないとは聞いたが、ヘソクリって概念もないのかね?
    それにしたって家族間のお金の貸し借りなら外的にそう大きく発展しないって想像はつくだろ
    [ 2019/06/07 08:48 ] [ 編集 ]
  424. 国内外関係なしに自国の通貨建てかどうかだと思うからアメリカも日本も基本同じではないのかな、これが外貨ってなるとそうはいかないって話で
    自国の通貨なら刷ればいいだけから、過ぎるとインフレしちゃうだろうけど

    [ 2019/06/07 08:48 ] [ 編集 ]
  425. 日本は世界史上例のない最も超低金利な状態を続けている
    金利を1%でも上げたら国債発行額より金利の支払い額の方が多くなる
    だから金利は絶対にあげられない。
    少子化で人口減少と日本人の貧困化で日本全国の銀行にある預貯金は減少を始める
    すでに地方銀行は、合併を繰り返し淘汰されつつある
    外国人に国債を売りたくても超低金利だから誰も欲しがらない
    金利を上げたら、利息すら返せなくなるので上げられない
    銀行は国民の預貯金を使って国債を買っている
    だから間接的に国民が国にお金を貸していることになる
    だが、国民が貧乏になり銀行に預貯金がなくなれば国債を発行しても無駄である
    [ 2019/06/07 08:52 ] [ 編集 ]
  426. ※435
    問題あるよ
    米民主党政権時代にたくさん買ってもらった相手が中国だから、中国が米国債を人質(?)にして揺さぶりをかけてくる
    その状況をトランプが取り戻そうとしてるのが今
    [ 2019/06/07 08:52 ] [ 編集 ]
  427. こんなの昔から有名やん。
    財務省だって破綻しないことくらいとっくに気づいてる。

    ギリシャを持ち出す時点で無知がバレるからコメントしない方がいいぞ。

    個人金融資産資産が莫大で、外国に対する対外債権が20年以上世界最大で米軍基地により安全保障が確立され、準基軸通貨の発行権を持ってる国だぞ?(つまり信用が高い)
    だからMMTなんて米国と日本以外は無理。

    [ 2019/06/07 08:54 ] [ 編集 ]
  428. >普通の経済観念があれば分かるでしょうに

    いやいや、その普通の経済観念ってのを疑ってかかって損はないぞ。
    普通があるようで無いのが経済の本質だからな。
    [ 2019/06/07 08:57 ] [ 編集 ]
  429. 通貨という概念自体がいわゆる「国の借金」

    国を豊かにするため王が民から労働力を借り、その借用証書として流通したのが「お金」の始まり。
    労働力を借用したら、富国強兵を達成して民に返済できた王様は名君と呼ばれ信用を勝ち取っていた。
    片やバカな王様は、調子に乗って貨幣を濫造したり、犯罪者の偽造行為を看過したりするから金貨や銀貨が必要になり、貴金属が値上がりする。
    [ 2019/06/07 08:59 ] [ 編集 ]
  430. 日銀が買い取って終わりの国債なんだもの。単なる増刷だろ。おまけに資金余りで金ジャブジャブでも低インフレ率じゃ、もっと減税して国債発行すべきだろ。単なる数学の問題もできない政治家役人マスコミ国際機関はなんなんだ?愚か過ぎるだろう。
    [ 2019/06/07 09:02 ] [ 編集 ]
  431. 国の借金は増えているけど、国民総資産はそれ以上に増えているんじゃないか。だいぶ前に国の借金が700兆円の頃、国民総資産が1000兆円あるからまだ大丈夫とかの話だったが、今や国民総資産は1000兆円台後半だ。日本は錬金術を編み出したのか。ここ30年で高層ビルがボコボコ建って、家も新築に建て替って都会も地方も街の様子がすっかり変わった。道路の長さはアメリカに次いで世界2位らしい。昔36インチのテレビが30万円以上したが、今は5万円もしない。海外旅行すると日本が一番豊かに見える。失われた20年とは嘘なんじゃないか。
    [ 2019/06/07 09:05 ] [ 編集 ]
  432. 米国はFRBが100パー民間だからなあ。日本は日銀株の
    60パーは政府が持ってるとされてるんでMMTは可能だが
    米国は無理じゃね?

    歴史上金利の発生しない借金である政府紙幣発行しようとした
    アメリカ大統領は偶然にも二人とも暗殺されてるつうねw
    [ 2019/06/07 09:06 ] [ 編集 ]
  433.  
    自国に産業がある国じゃないと無理
    [ 2019/06/07 09:09 ] [ 編集 ]
  434. >>453
    マネーストックM2は1350兆円~1500兆円くらいだね。
    そのうち実体経済で動くお金は約10分の1くらいだね。
    不景気だデフレだって騒いでるのはこの10分の1の部分
    [ 2019/06/07 09:10 ] [ 編集 ]
  435. これを韓国民は知らないから安心している。
    [ 2019/06/07 09:15 ] [ 編集 ]
  436.  
    >■ 自分はリベラルだ。だけどこの理論は無責任だと思う。
      MMT支持派が成功例として日本を挙げるなら、
      俺は失敗例としてギリシャを挙げる。 +3 カナダ

    抑々ギリシャが破綻した原因はアメリカだろう
    ギリシャの海運王オナシスがでかすぎて、それがあらゆる分野に進出して、アメリカと競合しはじめて、ケネディ嫁とかがオナシス一族ぶっつぶしたのがとどめだったわけで、

    まーオナシスがすごすぎて、観光立国(失笑)+公務員国家になってたギリシャの問題でもあるが
    [ 2019/06/07 09:15 ] [ 編集 ]
  437.   
    454
    資本主義の勝ち組が損をする政策ともいえちゃうからね
    それを毛嫌いするやつらがいるのは事実

    その前の部分も事実だが、その手のデータをこの話題で当事者のアメリカ人たちが議論しないで、ただの感情的な意味のない白黒に従ってるのが色々問題だよな~
    [ 2019/06/07 09:17 ] [ 編集 ]
  438. ※453
    >日本は錬金術を編み出したのか

    なんか縁起悪いな。
    ほとんどの人が危険性に気付かずハジケたバブル経済を思い出す。
    [ 2019/06/07 09:18 ] [ 編集 ]
  439.   
    ※454
    そういえば、いま逆髪紫BBAとか朝日とそれを誤魔化すKYサンゴAERAが、MMT自体を否定してるねぇ

    その時点で逆説的な答え出てそうだけどw
    [ 2019/06/07 09:21 ] [ 編集 ]
  440.    
    ※460
    オカルトでしか日本批判できないという事?w
    気がつかない無知さと本質を理解できない個人の問題を
    バブルに重ねるってのは雑だな~
    [ 2019/06/07 09:22 ] [ 編集 ]
  441.    
    ※460
    ん?頭大丈夫?
    抑々バブルとかその後の恐慌は日本より欧米のほうがダメージすごいわけだが
    イギリスなんかわかりやすく完全に日本以上に落ちぶれてるわけでw
    [ 2019/06/07 09:23 ] [ 編集 ]
  442.    
    ※451
    ばかはおまえだろw
    貴金属の価値がその国だけでそんなに変動するわけねーだろw
    貴金属なんぞそれこそ国債基準だろ
    [ 2019/06/07 09:24 ] [ 編集 ]
  443. 金利や不労所得を得る立場の人たちはお金持ちだからって
    別に人の何十倍も飯食えるわけでもなし、人の何十倍も
    消費でお金使わない。では彼らがどこにお金を使うかつうと
    金利を生み得られる資産となる金融商品すなわち金融経済に
    お金を使うんだよね。そうやって実体経済から金利はどんどん
    持ってる人貸してる人の方へ吸い上げられる。
    これが格差なんだけど、これを是正するためのシステムが
    本来は税による資産の再分配をする政府のメインのお仕事w
    [ 2019/06/07 09:24 ] [ 編集 ]
  444.    
    ※451
    ん?小判とか作ってた時代の話をしてるの?www
    [ 2019/06/07 09:24 ] [ 編集 ]
  445.    
    ※451
    雑な文系ってこういう風に、浅井知識でマウントとるために時代が江戸時代あたりで都合よくとまってるのだろうか?
    [ 2019/06/07 09:26 ] [ 編集 ]
  446. 日本の政治家とか官僚とかが見てるのは日本の行く末ではなく
    単に自分の裁量範囲の仕事としての優劣だけよ。
    麻生見てればわかるだろ?
    他のポストの時と今では真逆のことを言っている。
    でも今の財務大臣としてのポジション的には最高の仕事をしてるんだよ。
    日本の未来や国民のためではなく、な。
    [ 2019/06/07 09:27 ] [ 編集 ]
  447. ※453
    >外貨が減らず増えていくなら国内の借金なんて屁でもないって事
    なんとなくオッケー
    [ 2019/06/07 09:27 ] [ 編集 ]
  448.     
    本来金すって一番困るのは成金とか金持ちなんだが、
    いつも弱者だ貧富だいってるやつらは、こういう時はそいつらに一番忖度して何とか妨害して資産価値維持したがるんだよな~
    [ 2019/06/07 09:28 ] [ 編集 ]
  449. ※451
    金相場は国際的なものだが
    [ 2019/06/07 09:30 ] [ 編集 ]
  450. そもそも、お金は日銀からの借り物だ。
    消費税増税しなくても大丈夫なのはわかっているけど、政府は、そう簡単には表明はできないんだよ。8%で止めているのも安倍政権が延期をかけて解散総選挙をしたからできている。消費税ヤルヤルは、政治家と財務省の駆け引きだから、政治家の発言をまともに判断できない。財務省の権力(逆らえない政治家・経済界・マスコミが多い)が大きいからな。
    日本は、財務省と国税庁を分けないとだめだ、あと有権者の政治への意識向上。
    [ 2019/06/07 09:30 ] [ 編集 ]
  451.     
    ※468
    生ものの経済をその時々によって変えてるだけの話だろ頭悪いなお前w

    それこそリーマンとかの対応は麻生良かったから、国際的に評価されて、ある意味今の盤石なポジションにもなったわけだ
    その時代と状況がかわって意見が変わるのも当たり前だしなw

    結局こういう馬鹿が麻生憎し安倍憎しで、経済そっちのけの妄言ほざくのは市民とっても有害だよねまったくもって^w^;
    [ 2019/06/07 09:31 ] [ 編集 ]
  452.     
    ※468
    おまえ、紫いろの髪してる経済音痴の経済評論家みたいな私怨だなwww
    [ 2019/06/07 09:31 ] [ 編集 ]
  453.     
    ※471
    だよな~
    妄言過ぎて吹いたが
    多分ききかじりのアホな文系が、むか~しのことと現代のその辺の変化すら線で結んで理解できてないのが割と笑えない

    経済誌とかでまさかこんなこと言ってるクソメディアでもあるのかねぇ
    噴飯ものすぎるけどw
    [ 2019/06/07 09:32 ] [ 編集 ]
  454.     
    ※472
    冷静かつ当たり前のその話をなぜできずに、
    ここでも麻生が~とか気に入らない個人叩きをすれば正義!みたいなのがまじってるんだよな~
    [ 2019/06/07 09:34 ] [ 編集 ]
  455. 国民の貯蓄があるから信用が枯渇せず、結果成功してるように見えるだけなんじゃないですかねぇ・・・
    [ 2019/06/07 09:34 ] [ 編集 ]
  456. 政治家より官僚のが頭いいから、官僚が政治家を洗脳すんだよね
    公務員法改正して官僚に責任取らせるシステム作らんといかんで
    [ 2019/06/07 09:34 ] [ 編集 ]
  457. ※476
    見えるだけというか、実際にしようと思ってもできない方法って事では。
    [ 2019/06/07 09:37 ] [ 編集 ]
  458.   
    MMTを曲論だ~っていってる朝日とか紫BBAとかが
    1ドル50円でも大丈夫!とか平気で曲論を一昔前にいってたわけだよな
    誰もが不幸になるレベルの妄言といえる曲論をwww
    [ 2019/06/07 09:38 ] [ 編集 ]
  459. 「MMT」だか何だか知らないが日本の状況は他国は全く真似出来ない。
    ■世界最大級の債権国。国民が米ドル中心に大量の外貨資産を保有
    ■長く続く低インフレ率
    ■莫大な国債発行だが全量邦貨建。そしてほぼ全量が利率ゼロなのに国内で買われて居る
    ■低成長な割にインフラ整備は案外進んでいる
    ■低成長の割に失業率は低い方
    ■「軍拡ガー」と言われるが国民一人当たりの防衛費負担は韓国の半分以下の平和憲法の国
    ■「教育ガー」と言われるが治安は世界最良レベル。テロが起きない
    ■世界最悪の少子高齢化で誰も直面した事のない未曾有の状況だがかなりの高福祉
    ■何だかんだで世界の先端産業技術に伍して多くのパテントを保有。高度素材産業と製造機のマザー機や工作機械、工具、光学機器ではトップ級。
    [ 2019/06/07 09:39 ] [ 編集 ]
  460. 年金はあげません。
    低利子だから貯金でも食ってけません。
    だから60過ぎても生きたければ各自投資して増やしなさいって国だぞ
    [ 2019/06/07 09:40 ] [ 編集 ]
  461. 株式会社と同じ構造なだけなんだが
    別に金を刷ってるわけではない
    [ 2019/06/07 09:41 ] [ 編集 ]
  462. 政府が日本国民に借金しれるんだよね。
    [ 2019/06/07 09:41 ] [ 編集 ]
  463. 訂正※476→※477

    借金といえば世界各地で中国からの借金のカタに港が中国企業専用になってるそうだけど、もうそこは中国領土になってるってことよね
    [ 2019/06/07 09:41 ] [ 編集 ]
  464. あと誤解してる人、批判者が言うのはMMTでお金は無限に作れる
    そんなの無理ありえないとかいう人な。誰もそんなこと言ってねえし
    インフレギャップ等で上限はあるつうの
    [ 2019/06/07 09:41 ] [ 編集 ]
  465. ※475
    経済って誰でもなんとなくふわっと語れて、それが正しいと錯覚出来ちゃうんだと思う
    それこそ風が吹けば桶屋が儲かる的な理論で
    [ 2019/06/07 09:44 ] [ 編集 ]
  466.  
    MMT批判論者自体が「MMTは大赤字をしてもへっちゃらだといってる!」って勝手に曲論を生成して、それを批判してマウントとってるだけだからな~
    元々「ゆるやかなインフレを許容する程度の話」なのに
    [ 2019/06/07 09:46 ] [ 編集 ]
  467. MMTは生産性との兼ね合いがあるんで無限じゃないんだけど、
    批判者はトンデモ理論みたいな論調でそこら無視した
    ファンタジーの話すんだよなぁ
    [ 2019/06/07 09:46 ] [ 編集 ]
  468. 別に奇妙な説というわけではない。

    価格は需要と供給で決まるという当たり前のことをキチンとかんがえろよ、というだけのことにすぎない。

    北朝鮮のような物資が乏しい世界で通貨を増やせばインフレになる。
    日本のような物資が余っている世界で通過を増やしてもインフレにはなりにくい。値上がりすれば消費を控える(もともと食傷気味だったんだから)だけのことだからだ。

    へんだなぁ~と思うのは、需要や供給というものを深く考えず、表面的にとらえているからにすぎない。

    野菜は天候不順でてきめんに価格が上がるではないか。
    供給が減るうえに、需要を我慢するわけにはいかないからだ。
    家電や自動車は、供給が減らないし、価格が上がれば古いのを継続使用したり、クラスの劣る安いのを買ったりできる。

    貨幣が増えれば需要が増えて需給がひっ迫する、「それが必ず起こる」なんて思考停止した人の妄想だと、いいかげん気づけよなぁ・・・
    [ 2019/06/07 09:49 ] [ 編集 ]
  469.  
    シンプルな現実として、国際的にも国債発行によっておきてるのは金利の下落

    それでそん不労所得頼みの奴らが文句をいってるわけだ
    マスコミとかもマスコミという公共性に胡坐かいてミソッカス扱いで安く不動産手に入れて、土地転がしたりしてるしねw
    財務省が反発するのはまぁ自分たちの主に影響力の下落の問題だろうけど

    結局のところ経済において、感情論で不安を煽る方向でいってるやつらは百害しかない
    [ 2019/06/07 09:49 ] [ 編集 ]
  470. 日本もやってるからと真似た国が破産するところまでがテンプレ
    [ 2019/06/07 09:50 ] [ 編集 ]
  471. まず大事なことはMMTを理解するには、貨幣経済の仕組みを
    正しく理解しなければならんのだが、知ってる者たちは
    それを知られたくないんだよな。負債によってお金が生まれる、
    政府の負債は民間の資産、政府が借金を返済したら民間の資産が減る、
    預金準備制度、信用創造、国家予算は集めてから使うではなく、
    使ってから集める、財務省証券に日銀当座預金とかまあ勉強にはなるんで
    良い事だと思うけどね
    [ 2019/06/07 09:54 ] [ 編集 ]
  472. ※477
    まあそうだろうね
    まだ上限まで余裕があるってだけで経済規模の小さな国が真似したところでって感じ
    [ 2019/06/07 09:54 ] [ 編集 ]
  473. 国富>債務 だから、日本はもっているんだろ。
    MMT理論は、やっぱり怪しくないか。
    ゆえに、国富を増やすためであれば、どれだけ財政支出しても構わないのだろうが、いずれ経年による減耗に耐え切れなくなるんだろうな。
    [ 2019/06/07 09:54 ] [ 編集 ]
  474. 怪しいもクソもタダの貨幣理論やぞ。お金の仕組みを説明してるだけにすぎん
    [ 2019/06/07 09:56 ] [ 編集 ]
  475. ■ 自分はリベラルだ。だけどこの理論は無責任だと思う。
      MMT支持派が成功例として日本を挙げるなら、
      俺は失敗例としてギリシャを挙げる。 +3 カナダ

    ギリシャの借金は外債だった上に経理を誤魔化しEU規則にも反していた。
    中国の経済が疑われているのも、統計が信用できないから。
    日本と同じにされては困る。
    [ 2019/06/07 10:00 ] [ 編集 ]
  476. 金は無限に作れるで合ってる。ただ短期間に大量とかが不味い。目印がインフレ率。資本主義のシステムはインフレでなければ機能しない。
    金の価値は日本経済そのものであり、日銀はそれを適正に運用しなければならないんだが。紙切れに価値をつけるんだからそれと交換できるものが価値に決まってる。本来国有であるべきもの。
    無限に増やすんだから借金というより通貨発行益勘定じゃないとおかしな話だろ。本来国債はインフレ率を押さえつつ公的支出をさせる目的だから低インフレなら日金引受で単なる増刷でいい。現状の国債は全て日銀が買い取り消してしまっても問題ない。むしろもっと増刷して減税が正しい。
    インフレ率が高くなったら増税で回収ふやせばいいだけだし。
    [ 2019/06/07 10:01 ] [ 編集 ]
  477. 米国のデフォルトするする詐欺は止めていただきたい
    [ 2019/06/07 10:04 ] [ 編集 ]
  478. MMTは最先端過ぎて馬鹿には理解が難しい
    特に旧式の経済学を真面目に勉強してきた人ほどMMTを理解できない
    MMTを経済学に組み込むと過去の経済学が全てひっくり返る
    それくらいの革命的な理論
    [ 2019/06/07 10:05 ] [ 編集 ]
  479. MMTといったら、徒手筋力テストだろ。
    [ 2019/06/07 10:05 ] [ 編集 ]
  480. >>495
    それはMMTとは関係ないけど、事実を言うならそうだ。
    お金は常に増え続けないと金利分が常に足りない。
    それは永遠に終わりがない。だから借金する人、
    生産する人、消費する人が永遠に増え続け経済は
    発展し続けなければならない。実際はもっと複雑ではあるけど
    単純に言えばそういう事なんで、MMT云々つうより、そもそもの
    貨幣の仕組みが問題あるわな。まあねずみ講みたいなもんだしな
    いつかは当然破綻する。日本は順番的には破綻するにしても
    最後の方だけどね
    [ 2019/06/07 10:06 ] [ 編集 ]
  481. まあ日本以外じゃ無理だし
    他の国で実践できるとは思えないけど
    日本はバブルで初めたわけでもなくずっとやってるんだから
    MMTは無理ってのは暴論やね
    [ 2019/06/07 10:08 ] [ 編集 ]
  482. 自分は経済はさっぱりなんだけど、日本の円って安全資産として金やドルのように他の国の金庫にしまわれている額が膨大って事はないですかね。
    日銀が国債を買いまくって市場に円を供給してもインフレにならないのは、現ナマの円(日本国債は国外に売られない為)を他国に買われてしまっている為では?
    資源が何もない国だから信用がなくなって円が売られるような事になったらアボンって気がする。
    [ 2019/06/07 10:08 ] [ 編集 ]
  483. 従来からのマクロ経済学とModern Manetary Theoryを上手に融合すると
    1)先進国2)発展途上国3)アルゼンチン4)日本 を統一的に説明できる大統一理論になる可能性があるということ?!
    [ 2019/06/07 10:09 ] [ 編集 ]
  484. 日本円は日本銀行券で日銀発行の「手形」だけど、日本政府も通貨発行権はある。
    今は1円~500円玉だけだが、国債の償還には1兆円玉でも発行して日銀に返済すれば良いと思う。
    1兆円だと千数百枚発行すれば完済できるし、日銀は厳重な管理も必要無い。
    流通するには高額過ぎるから、偽物を作っても使った段階で偽物だとわかる。
    お金がだぶつくからインフレにはなると思うが、今なお、インフレターゲットを設定しなればならないほどだからな。
    [ 2019/06/07 10:12 ] [ 編集 ]
  485. >>504
    実際に紙幣、硬貨等で存在してるお金なんて90兆多くて100兆くらいだよ
    [ 2019/06/07 10:12 ] [ 編集 ]
  486. ※506
    そもそもそれ流通させる必要ないよね
    [ 2019/06/07 10:13 ] [ 編集 ]
  487. MMTはハードカレンシーだから成り立つんだよな、
    自国通貨の信用を維持する為に国民から借金をする。
    通貨価値が高く安定して居るから利益を得る。
    と言う仕組み、理解出来ない奴がバカ過ぎw
    [ 2019/06/07 10:13 ] [ 編集 ]
  488. お魚
    「国が国民から借金」:国⇒銀行、国民⇒お得意様、借金⇒預金

    つまり、国が国民の途上資産を有効に運用しているということでは?
    [ 2019/06/07 10:16 ] [ 編集 ]
  489. 途上⇒余剰
    [ 2019/06/07 10:17 ] [ 編集 ]
  490. でも相変わらず世界のGDP成長率比較バァーンとか日本は国民一人あたりGDPがうんたららの人達はいるよね
    既に数十年前から先進国のヨーロッパでも成長率倍々だぜ!一方日本は!とか、でも成長率倍々と同時に治安不安も倍々。
    こんなに国民一人あたりGDP低いのは日本だけだぜ!もはや先進国ではないとか
    でも御存知の通りヨーロッパなどいわゆる先進国とやらは国民じゃない人が人口の数割レベル。

    ヨーロッパはいい意味で個人を尊重する文化もあるだろうけど、それが逆に住み別けが進んであそこまで国民じゃない人が増加したのかな
    [ 2019/06/07 10:20 ] [ 編集 ]
  491. ※505
    ちょっと好き
    [ 2019/06/07 10:20 ] [ 編集 ]
  492. 日本は、国民が、銀行に貯金するか、タンス預金する人が異常に多いために、銀行は、お金を企業に貸していたが、企業がお金持ちになって借り手がいなくなり、持ち株制度も禁止されて、売り払って、買い手が亡くなった株が暴落した。
    バブルが崩壊して、工場は、中国になどに移転して、日本が空洞化して、景気が悪化したので政府が国債を発行して、公共投資などで支えた。
    空洞化で、海外の低賃金の国で作られた衣料や家電など安い品物が国内に入ってきて、物価が低下するデフレ経済に陥った。
    海外に工場を作って低価格で売って、企業は利益を蓄え、貿易黒字は減少したが、海外の工場の利益で、経常収支は大幅な黒字を維持できた。
    さらに東南アジアに多くの工場が進出して、豊かになったので東南アジアが市場として拡大し、旅行者も激増して、日本にお金が溜まった。
    デフレは、お札の不足を意味するので、国債や株を日銀がお札を刷って、購入して、デフレを止めようとした。
    株が上がって、日本の資産が増えたので、その分、お札を必要とするので、期待通りのインフレ率に届かなかった。
    [ 2019/06/07 10:23 ] [ 編集 ]
  493. まあMMTはお金の本質である貨幣制度が理論のベースなんで
    実際は経済の勉強するなら一番わかりやすい。

    今までの経済学ってみんな既に知ってるとか常識なのであえて言う
    必要ないとか適当なこと抜かして貨幣の仕組みぼかし、隠して
    ベースの根幹教えずに話が進むんで、理解し辛くチンプンカンプンに
    なりやすいが、MMTは思ってる以上に誰でも理解しやすいもんだよ
    [ 2019/06/07 10:25 ] [ 編集 ]
  494. 通貨の価値は社会の価値に密接に関連にしている。構成する人々や資源開発の生産性ひいては社会全体として信用があれば借金は投資に位置付けられる。そこがグダグダだとやがて信用も価値も失墜する。
    [ 2019/06/07 10:26 ] [ 編集 ]
  495. サイモン・グズネッツ ー
    「世界には4つの国しかない。 先進国と途上国、そして、日本とアルゼンチンである。」
    [ 2019/06/07 10:27 ] [ 編集 ]
  496. 2016年度に於ける日本の国民総資産 1京497兆円
    借金が、何だって?
    [ 2019/06/07 10:30 ] [ 編集 ]
  497. MMTと聞くと脳内でミヤギテレビになってしまう
    [ 2019/06/07 10:30 ] [ 編集 ]
  498. よく分からんが、どう考えても借金を増やしすぎている。2000年まではまだ大した事無かったのが今では…
    このままいくと、自分達の老後は年金さえ怪しいよ。
    [ 2019/06/07 10:55 ] [ 編集 ]
  499. 国内での借金なんて身内の借金みたいなもんで激しく取り立てられたりしないからな
    あと国債持ってる人もどんどん亡くなって借金も無かったことになっていく
    [ 2019/06/07 10:57 ] [ 編集 ]
  500. 外国にお金貸しすぎなんじゃないの回収できるんかね
    [ 2019/06/07 10:57 ] [ 編集 ]
  501. ■ こういう時は経済の現実を考慮しないと。
      「政府の借金」ってやつは結局のところ、
      財務省を攻撃する為のツールにすぎないんだよ……

    日本では逆で財務省の攻撃ツールになってる
    [ 2019/06/07 11:00 ] [ 編集 ]
  502. 政府が借金しているのであって国が借金しているのではない。
    金を刷っているのではなく、債券を発行し金を集めてからばらまいているのでインフレにはならない。
    [ 2019/06/07 11:01 ] [ 編集 ]
  503. お金を集めてからばらまいてるは間違いだよ。
    2019度の予算は2019年度に集める。え?と思うかもしれんが事実だ。
    OMF、財務省証券を発行してそれを日銀に預けて当座預金の数字が書かれて、
    それを政府は予算として政府小切手を発行して使ってる
    [ 2019/06/07 11:05 ] [ 編集 ]
  504. これは世界で日本だけの特殊ケース。
    金を使わず、個人も企業も内部留保し続けて貯めるからインフレにならない。
    しかけ経済を回すには市場にお金が必要の為、日銀は定期的に円を刷る&
    国債を買って追加で円を市場に供給し続けている。
    しかしこれが永久に続くはない。本当にインフレが起こりそうな時は
    最終手段は国民すべての資産を凍結するウルトラCがあるが。。。
    [ 2019/06/07 11:06 ] [ 編集 ]
  505. つうか物が売れねえのに企業が生産増やすことはねえしな
    売れないのに作ってもしゃあないし。だから生産も増えないし
    設備投資も出来ない。結局お金を使って生活してる消費者に
    お金が行かんとデフレは解消しない
    [ 2019/06/07 11:09 ] [ 編集 ]
  506. そんなことは、どうでもいいから・・

      俺にこそ、沢山のお金をくれ!  \(^o^)/ 
    [ 2019/06/07 11:11 ] [ 編集 ]
  507. ※520
    そういう洗脳されてる人が多数なのが日本経済を駄目にしている。
    借金が多いから駄目ではなく、借金をしないから経済成長しないため駄目。
    他国は2%~3%程度は債務を拡大していっていて、経済成長をそれ以上している。
    日本は20年債務の拡大をほぼ0%で0%成長で、見事に各国の経済成長率と財政支出の拡大率と相関している。
    [ 2019/06/07 11:12 ] [ 編集 ]
  508. >日本の借金は対GDP比250パーセントだけど・・

    もうこの時点で嘘なんだよなぁw
    そもそも借金ではなく負債
    そして、負債の反対にはほぼ同額の資産がある
    確かに、企業会計における債務超過のようなモノもあるが、せいぜい10兆円
    だから、増税も要らないし、まだまだ余裕なんだよねぇ(ゲラゲラ)
    [ 2019/06/07 11:13 ] [ 編集 ]
  509. @Pmagazine

    >2019度の予算は2019年度に集める。

    そうでしょ。何がえっなの?

    >政府小切手を発行して使ってる

    おなじことじゃん。
    [ 2019/06/07 11:19 ] [ 編集 ]
  510. みんなお金の種類は一つだと思い込んでいる
    まず日銀当座預金、銀行預金、紙幣、硬貨はそれぞれ別のメカニズムを持ったお金だということを抑えて欲しい
    [ 2019/06/07 11:21 ] [ 編集 ]
  511. 日本は国民に国債を売りつけて安定
    米国は武力や経済で脅して国債の現金化を防いで安定
    [ 2019/06/07 11:24 ] [ 編集 ]
  512. 債務が増えていってるから、経常黒字を拡大していかないと成り立たない。
    インフレ・利率にも注意しないと。
    うまい具合にバランス取れてて成り立つから、ちょっと怖いね。
    [ 2019/06/07 11:24 ] [ 編集 ]
  513. 30年インフレしてないってのは、最初の20年間は緊縮財政でデフレを進行させてたから。

    10年でそのデフレを解消できるわけない。なんせ、日本が緊縮していた間もずっと世界は金を増刷してたんだから、相対的に日本のインフレが止まって見えるだけ。

    さすがに無制限にはお金は増やせないよ。
    [ 2019/06/07 11:26 ] [ 編集 ]
  514. 根本的な問題はみんながお金を使わないことにある
    お金を使わない理由は主に二つ
    ・お金がないから使えない
    ・お金があるけど使わない
    だからヘリコプターマネーみたいに金を刷って国民に直接配っても貯金して使わない可能性がある
    そこで政府が代わりに財政政策でお金を使って市場を回す必要性が出てきて、その財源としてMMTを利用しろって話
    [ 2019/06/07 11:28 ] [ 編集 ]
  515. 長年の経常収支の黒字を貯めに貯め込んだ世界一の債権国だからね。
    経常収支が黒字の間は、大丈夫でしょう。
    経常収支が赤字になったら円安になって、輸出が増えずに経常収支が赤字のままなら、ハイパーインフレが来るでしょう。
    しかし、まだまだ日本には売れる物がある訳で、ある程度円安になれば輸出が増えて、経常収支は黒字に戻る。
    いざとなれば全原発を稼働して、エネルギー輸入が激減して一気に経常黒字だよ。
    [ 2019/06/07 11:29 ] [ 編集 ]
  516. >>531
    2019年度の予算は2019年度に使われる予算な。
    集めてから使われるのではなく使ってから集められるんだよ。
    つまり2019年度時点では存在しないお金を使ってるつうことだ
    まあ当り前だけどな
    [ 2019/06/07 11:34 ] [ 編集 ]
  517. 日本人も外人も馬鹿が多いねえ

    日本が金刷ってんのに低インフレなのはお金が日銀
    当座預金に積みあがってるだけで実体経済にいってないからなんだよ

    低インフレなのに増税など緊縮やってるから消費も増えずに
    内需は伸びない

    金刷ってインフレにならないのであれば無税国家できるじゃんとか
    いってる馬鹿いるけど、日本だってマネーが実体経済に流れれば
    インフレになるわアホ

    ただ日本はいまだ低インフレなのでせめてインフレ率が2パーセントになるまでは財政拡大はできるって話
    [ 2019/06/07 11:34 ] [ 編集 ]
  518. とりあえず今現在は、どうにかなってる 
    でもこれもいつまで持つか分からない
    やっぱ途方もない借金を抱える日本の財政立て直しの為には増税するしかないんだよ
    消費税も欧州並みに25%ぐらいにすべき
    赤字まみれでも永遠に上手くいくなんて幻想だね
    怪しい経済理論に惑わされるな!
    [ 2019/06/07 11:35 ] [ 編集 ]
  519. MMTなんて幻想だよ
    国が出した借金を国民は請求せず貯蓄して最終的に税として使わなかった分が帳消しにされてるだけ
    老人が貯蓄を使い始めると日本は吹っ飛ぶ
    [ 2019/06/07 11:35 ] [ 編集 ]
  520. 東京カーストとシルバーカーストは長期的には大失敗だけど
    民主主義と資本主義という二大害悪がそれを改善しない
    [ 2019/06/07 11:38 ] [ 編集 ]
  521. じゃあお金ってどうやって生まれるんですか?説明してもらえますか。
    説明したらMMTになるぞw
    [ 2019/06/07 11:39 ] [ 編集 ]
  522. 540
    541
    これが典型的な緊縮増税財務省脳の売国奴
    [ 2019/06/07 11:41 ] [ 編集 ]
  523. 結論がおかしいだけで、結論以外は、ハードカレンシーの統合政府の貨幣構造の「事実」を唯ひたすら言っている事。
    デフレ経済下における財政投融資や公共政府機関拡大を止める判断の理由は、「高インフレ率」以外に存在しない。
    という結論は、少しおかしいが。


    結論以外は、全て唯の「正論」。
    事実の羅列に過ぎない。
    [ 2019/06/07 11:41 ] [ 編集 ]
  524. MMTにおける貨幣の仕組み自体は事実だから否定しようがねえんだよ。
    だから理論自体をなきものにしたいで潰そうとしとるw

    西田の国会答弁で日銀の連中も嫌々認めとったやろw
    [ 2019/06/07 11:43 ] [ 編集 ]
  525. ※541
    その原理を説明してみろ。
    「老人が貯蓄を使い始めると日本は吹っ飛ぶ」のは、一体どういう意味か説明しろ。
    日本語で喋ろや工作員。
    在日工作員が。
    日本を弱体化している為だけに、訳の分らん事を言っているのか?
    きちんとどうやって吹っ飛ぶのか、老人共の貯蓄がどういう原理で日本財政に関連しているのか、きちんと日本語で説明しろ。
    [ 2019/06/07 11:45 ] [ 編集 ]
  526. ※540
    税で債務を返すなんてことをやる国は無い。
    政府の赤字は民間の黒字で消費税を増やすと政府の黒字は増えるが民間の赤字が増えて景気が悪くなる。

    政府が赤字なのは別に問題ない。政府の赤字は増えていくもので、インフレ率が低くも高くもなければ絶対量は関係ない。
    いま問題なのはインフレ率が低いことで、それを解消するため財政出動をインフレ率がいいところの2%前後まで持ってこうってのがMMT。

    個人と政府を同じに考えるのが間違え。
    政府は徴税権と通貨発行権のあるのに個人には徴税権も通貨発行権もない。
    [ 2019/06/07 11:47 ] [ 編集 ]
  527. 538.

    >集めてから使われるのではなく使ってから集められるんだよ。

    おなじことじゃん。
    [ 2019/06/07 11:48 ] [ 編集 ]
  528. ※531
    2019年度の予算は、「2018年」に編成するんだぞ間抜けが。
    税収は2020年に徴収する。
    実際の税収入と予算編成は、「構造上」全く何の関係無いという事だぞ間抜け。


    良いからちっとは自分で調べてから、議論に参加しろ間抜けが。
    [ 2019/06/07 11:48 ] [ 編集 ]
  529. >TNT火薬なら知ってる

    うむ。俺もTNT火薬と雷管があれば傍迷惑な不発弾を作れる。なんの済民にもならん。
    [ 2019/06/07 11:49 ] [ 編集 ]
  530. そもそも論として税金で政府の負債を無くすとか不可能だからw
    [ 2019/06/07 11:49 ] [ 編集 ]
  531. お金の発生について、預金の確保や現金の確保など、まず収入が先にあってそれを元に何かをやると思ってる人が圧倒的に多いのが問題なのでは?
    (自分もそうだったが・・・)

    それが根本的に間違いで、全ては銀行の信用創造から始まる。
    (その瞬間お金が産まれる)
    この理解でよろしい?
    [ 2019/06/07 11:51 ] [ 編集 ]
  532. ただし日本に限る
    [ 2019/06/07 11:53 ] [ 編集 ]
  533. ※500
    MMTは最先端過ぎて馬鹿には理解が難しい
    特に旧式の経済学を真面目に勉強してきた人ほどMMTを理解できない
    MMTを経済学に組み込むと過去の経済学が全てひっくり返る
    それくらいの革命的な理論

    革命的かなぁ?
    普通に唯の貨幣のシステムの事実(歴史、創生過程)を、有りのままに、ただそのまま言っているだけなんだけどなぁ…
    イングランド銀行がずっと言っていた様な事を、纏めただけなんだがな。
    そもそも空想上の経済学の前提条件自体が、この世にあらざる「貨幣」や「取引」「経済主体」を仮定している方が、「革命的な」理論だがなぁ…
    [ 2019/06/07 11:53 ] [ 編集 ]
  534. ※553
    そそ、資本主義経済はね。
    大航海時代の船乗りが一山当てたい。だが収入も資金も無い。
    そこで投資を募ったが、ポンコツ提督やキャプテンには誰も出資しない。
    『信用』ありきの原理。
    [ 2019/06/07 11:55 ] [ 編集 ]
  535. ※549
    税金が増えようが減ろうが、予算は執行できるってことを証明してるんだよ。
    予算が足りないから増税しますというのは嘘ってのがそれからわかるってことちょっと考えればわかる。
    財源が無いと予算が執行できないというのも嘘。
    [ 2019/06/07 11:55 ] [ 編集 ]
  536. 日本人の勤勉さで成り立ってるだけだったけど、このまま人口が減っていけばそれも成り立たなくなる。
    日本人がお金を使わなく、子供を作らなくなったのは先の不安を考えるから。
    その不安こそを今なくすべき。もう遅いかもしれないけど・・。
    総中流社会こそ不安をなくす手立てだと思うけどね。
    ごくごく一部の金持ちだけがお金を使ったって子供は増えないし、お金も回らない。
    [ 2019/06/07 11:56 ] [ 編集 ]
  537. 外国から莫大な借金を抱えると必ず国が滅ぶ
    これが世界金融の手口だから、当たり障りのない様に付き合い、外国からの借金は作らない事
    [ 2019/06/07 11:57 ] [ 編集 ]
  538. 国全体で金の出入増減を考える。

    金が増えるケースは、
    ・外国から儲ける→インフレにはならない
    ・国内で金を刷る→インフレになる

    日本政府は律儀に金を刷らず借金として計上している。
    どこかの国は政府の借金を減らすために金を刷っている。
    [ 2019/06/07 11:58 ] [ 編集 ]
  539. ※15
    人をゴミというような動画配信者に高評価なんてするわけがないし、そんな人間の動画なんて見たくもない。
    [ 2019/06/07 12:00 ] [ 編集 ]
  540. 戦費国債も自国通貨建てだったけど
    返せないから預金封鎖して国民の預金資産を暴落させたじゃねーか。
    [ 2019/06/07 12:01 ] [ 編集 ]
  541. まあ機械化でも効率化でもなんでもいいけど、一人当たりの
    生産性が上がって、一人当たりの消費が増えれば人口は減っても
    経済成長はするけどね。まあ実際は実体経済にお金回さないんで
    みんな消費でお金が使いたくても使いたい人は持ってねえし、
    物が売れないから企業は生産も抑えるし、借金して設備投資もしない。
    そうだ!新たに借金したり物作ったり消費したりする移民入れようぜ
    ってなってるw
    [ 2019/06/07 12:02 ] [ 編集 ]
  542.   
    景気の話するときはどっちにしろ曲論でネガティブなこというやつは悪としかいえない
    せめてロジックかさねての軟着陸を学者ならほざいてくれ
    それができねーやつらは学者じゃねー
    [ 2019/06/07 12:02 ] [ 編集 ]
  543. 国家としては問題ないかもしれないが、国民には税負担や公共サービス上の問題が発生するから、「だから良いんだ」で済まされる話ではないことは確かだよな。
    [ 2019/06/07 12:09 ] [ 編集 ]
  544. 付け加えると『信用』ありきだからね、例えば戦時などでヒャッハー状態になると紙幣は下手すりゃケツを拭く紙にもなりゃしなくなる。
    まぁ極論だけれども。
    [ 2019/06/07 12:10 ] [ 編集 ]
  545. ギリシアの借金は外国からだろ これはイタイ
    [ 2019/06/07 12:10 ] [ 編集 ]
  546. ※547
    貨幣というのは信用を物質化し0からプラスいくつというのであって獲得した時点では経済上まだ取引が終わっておらず使用してようやく取引が完了する
    つまり完了するまでは無価値であるがもし老人がこれを使用し始めるとその分老人以外の世代が老人から貰うものがなく差し出すだけの状態になる
    普通ならその状態も世代交代で問題ないのだが人口が減っていることで一人あたりの負担が大きくなってしまい結果世代交代が終わる前に耐えきれなくなって日本が吹き飛ぶという事態になる
    [ 2019/06/07 12:11 ] [ 編集 ]
  547. 35年前サラ金から300万借りている先輩が2人いた 一人は親が払ってセーフ もう一人は長い間払っていたが10年後ホームレスになっていた
    日本の借金は日本国内で解消出来るので問題は無いと思っている国際決済の出来る円を刷っているのだから多めに刷って債権買い取れば問題無い
    [ 2019/06/07 12:11 ] [ 編集 ]
  548. 550.

    >2019年度の予算は、「2018年」に編成するんだぞ間抜けが。
    税収は2020年に徴収する。
    >実際の税収入と予算編成は、「構造上」全く何の関係無いという事だぞ間抜け。

    税収入と予算編成なんて話、
    俺はそんな話は全然言ってないんだけどな。
    金は刷ってない。借りて使ってるって話をしただけなんだけど。

    [ 2019/06/07 12:14 ] [ 編集 ]
  549. ※562
    自国通貨建てだからといって際限なく発行したらだめなのは当たり前
    この理論はそういうことを言ってるのではないよ
    ちゃんと読んでからにしようね
    [ 2019/06/07 12:14 ] [ 編集 ]
  550. ※562
    そりゃ戦争に負けてインフラストラクチャーをぶっ壊されて領土を失ってボロボロになってるからもあるだろ?
    しかもGHQが日本の国力を下げるためも行ったのもあるだろう。
    GHQとしたら日本経済をぶっ壊しておかなければ、日本が台頭してくる可能性があると思ったんだろ?
    朝鮮戦争後政策変わったけどな。
    [ 2019/06/07 12:18 ] [ 編集 ]
  551. 細かいことを考えるからわけが分からなくなるんだよ。

    国全体で金の出入増減を考える。

    金が増えるケースは、
    ・外国から儲ける→インフレにはならない(外に売るほど物がある)
    ・国内で金を刷る→インフレになる(物がないのに金がある)

    日本政府は律儀に金を刷らず借金として計上している。
    どこかの国は政府の借金を減らすために金を刷っている。
    [ 2019/06/07 12:19 ] [ 編集 ]
  552. まあ信用つうか実際は負債、借金だけどな
    [ 2019/06/07 12:20 ] [ 編集 ]
  553. ※573
    デフレ脳すぎる。
    国内で資金循環がおきれば、儲かるような業種が出てきて生産設備に投資するだろ?
    そうすると供給能力があがるからゼロかそれ以上に供給能力が上がればインフレにならないんだよな。
    [ 2019/06/07 12:24 ] [ 編集 ]
  554. 日本郵船に戦時賠償払った上で所得税100%かましたクソ国家なので金に関しては完全に信用はできん
    [ 2019/06/07 12:25 ] [ 編集 ]
  555. 自分が理解する構図としては
    夫(国民)が働きに出て稼ぎ
    妻(政府)が夫の稼ぎから家計をやり繰りする
    夫の稼ぎが家計の支出を上回り、この夫婦の貯蓄が増え続ける限り、家(日本)は成り立つ。
    と理解しているんだけどOK?
    2017年なら
    (国民総生産)549兆円
    (税収)59兆円
    (国債発行額)-154兆円
    上記の総計が+ならOK
    (政府資産)900兆円
    (政府借金)-1000兆円
    (家計金融資産)1859兆円
    上記の総計が+ならOK
    あくまで例えなので性差別的な表現と受け取った方はごめんなさい。
    [ 2019/06/07 12:26 ] [ 編集 ]
  556. よく勘違いされてるのは日本に世界的に経済が不安になると
    日本への投資や円買いが進むのは日本政府が信用されてるから!
    つう誤解ね。

    投資家はそんなあやふやなもんで判断はしてない。あいつらは
    もっとシビアな連中なんで、単に経済バランスの安定性や、
    破綻リスクの低さ等判断材料は色々あるが安全だからで買っとるだけで
    日本政府を信用してるわけではないつうことだな。

    まあ逆に言えば彼らの行動が日本の経済は安全だと
    間接的に証明してんだよね
    [ 2019/06/07 12:26 ] [ 編集 ]
  557. ※578
    その安全が根拠の信用でそ。根拠の無いのは信用ではなく信仰だぜ。
    [ 2019/06/07 12:30 ] [ 編集 ]
  558. >>579
    まあそうといっても別にいいけど、
    信用つうか事実をもとにデータでシビアに
    判断しとるだけつうことだね
    [ 2019/06/07 12:33 ] [ 編集 ]
  559. 575

    同じことだろ。

    >供給能力があがるからゼロかそれ以上に供給能力が上がればインフレにならないんだよな。

    供給能力があるから外に売るほど物がある。
    物が余るのでデフレになる。

    供給能力以上に金が余れば(刷っちゃうとか)物が不足しインフレになる。

    日本は供給能力が高く外から金が入ってくるので、金に余裕があり、安定して債券を買ってもらえる間は政府の債務は何も問題はない。
    [ 2019/06/07 12:34 ] [ 編集 ]
  560. ※577
    MMT理解してない騙されてる人だな。
    とりあえずスペンディングファーストを知るといいと思う。
    民間の黒字は政府の赤字で政府の赤字が先に生まれて、結果民間の黒字になる。

    従って政府の赤字が民間の貯蓄を超すということはありえない。
    お金の量で見るから間違う。
    結局は日本国での生産量がリミットになる。
    リミットが近くなるとモノの価格が上がるからこれをリミットにするのがMMT。
    お金はただの記録で政府の赤字が増えれば民間の黒字が増えるだけでそれが永遠と続く。
    ただし一気に増えたり減らしたりすると弊害があるから緩やかに増やしていくのが重要。
    [ 2019/06/07 12:36 ] [ 編集 ]
  561. アメリカの場合は外国からの借金だから、日本とは違うよね
    [ 2019/06/07 12:37 ] [ 編集 ]
  562. 現代貨幣理論と日本の財政を考える為の前提知識、基礎知識

    1.債務=債権
    2.貨幣は債務(=債権)
    3.日銀と日本政府は統合政府
    4.日本円は日本政府が発行できる債務(債権)
    5.国債(公債)は全て自国通貨建てで、通貨発行権は借り手である日本政府
    6.予算編成や貨幣発行のプロセスに、予算も貯蓄も関係ない
    7.投融資の「方法」に、公共と民間の区別は存在しない(投融資先の投資の効率や不確定性による投資の質の良し悪しは存在)
    8.日本の純債務は減少し続けている
    9.我が国は「純債権国」であり、経常収支黒字国である
    10.有限で量的に表現出来る、マネタリーベース、資本ストック理論、資本プール理論は存在しない
    11.インフレやデフレ、スタグフレは、貨幣(債権、債務)の増減「だけ」によって起こる事は無い(経済状況の調整の為の貨幣増減は、「政策的な」効果は有る)
    12.民間貯蓄と債権(債務、貨幣)に相関関係は無い
    13.国債の発行プロセスと、予算編成、税収は何の相関は無い
    14.嘗て国債のリスケジューリングや「長期」国債の新設を行ったが、国債の暴落は起こっておらず長期国債の金利は上がっている
    [ 2019/06/07 12:37 ] [ 編集 ]
  563. ※584
    訂正
    14.嘗て国債のリスケジューリングや「長期」国債の新設を行ったが、国債の暴落は起こっておらず長期国債の金利は上がっている



    14.嘗て国債のリスケジューリングや「長期」国債の新設を行ったが、国債の暴落は起こっておらず長期国債の金利は「一定、若しくは下がっている」
    [ 2019/06/07 12:38 ] [ 編集 ]
  564. ※584
    続き

    15.大規模金融緩和で凄まじい貨幣(債務、債権)の発行を行ったが、貨幣(債務、債権)価値の変動は起こらない(その債権(債務)で政府の国債(債権、債務)を日銀が買った場合、数字上の同額単純な出し入れをしただけ)
    16.財政破綻は、「債務者が」債務不履行と「決定」する事
    17.日本政府が消滅する様な「国家滅亡」の未曾有の事態以外、日本政府(つまり日本銀行も)は財政破綻しない
    18.「不良債権」は不良な債務なのでなく、不良資産(債権)であるという事
    19.日本銀行は通貨発行権を有しており、日本政府からの国債(政府債権)を円通貨(政府債務)で支払い、これを資産としている
    20.日本政府は政府小切手発行権を有しており、日本銀行からの円通貨(日銀債権)を小切手(日銀債務)で支払い、それを資産としている
    21.金利はその国債の信用指標や需給指標であると考えて良い(妥当である)
    [ 2019/06/07 12:39 ] [ 編集 ]
  565. >海外に訳のわからない巨額の援助しまくるのはやめてほしい
    ※18
    実際の所は日本国内にある円では無くて日本に持ってくると円高になってしまう海外資産から出してると思うんだが
    [ 2019/06/07 12:44 ] [ 編集 ]
  566. なかなかいいスレッドやで
    [ 2019/06/07 12:45 ] [ 編集 ]
  567. でも内部崩壊してねえか?w
    [ 2019/06/07 12:47 ] [ 編集 ]
  568. ※581
    供給能力以上に需要がある状態だと、民間は供給能力を上げ始めてインフレが止まる。(これが経済成長)
    供給能力が上げられないところまで一気に需要が生まれた場合インフレになるんだと思うぞ?

    いくらマネタリーベースを増やしても需要がなければ積み上がるだけだろ?
    いわゆるリフレ派が証明してくれたことだぞ。
    [ 2019/06/07 12:47 ] [ 編集 ]
  569. ※582
    言ってることの半分もわからなかったが、単純でなく色々な要素を考えなきゃいけないことが分かった。
    mmtどころか経済については何一知らなくて、ニュース見て借金増えてるのに、何で破綻しないのか自分なりに考えてみただけなんだ。
    ちょっと興味持てたので調べてみます。
    ありがとう。
    [ 2019/06/07 12:48 ] [ 編集 ]
  570. ※586
    22.銀行(国立銀行も含む)は債権(債務)を、その融資の内容に合わせて「創造」出来る(=信用創造)
    23.「税収」と「国家収入」は全然違う
    24.民間の信用創造と経済活動の活性化によって、付加価値生産が増大する事で経済成長する
    25.徴税とは、あらゆる付加価値生産分に対して税金を掛け、それを徴収している事(税収を増やしたければ、税金を掛けている価値部分の生産を増やせば良い)
    26.増税によって中長期的な税収が増加した歴史的事実はない
    27.逆進性の強い税収を社会保障費財源とした国家は歴史上存在しない
    28.所得の再分配は累進課税、資産税によって行うというのが税思想上の常識
    29.増税によって経済成長が促進された歴史的事実は存在しない(好景気に増税をした事例は五万とある)
    30.金融緩和をした場合、それと「並行」して投資を拡大しなければ、経済成長とそれに伴う税収増には繋がらない(現在の米国経済と日本経済の経済政策の比較)
    [ 2019/06/07 12:49 ] [ 編集 ]
  571. ※592
    31.債務残高、債権残高自体と、債務(債権)金利、貨幣価値、債権(債務)価格に直接的な相関は存在しない



    取り敢えずここまで。
    どうしても我が国の「財政を破綻させたい」、財政が破綻する事になっていると強弁したい、寄生虫共がいたので書きました。
    我が国の国力衰弱を願う、下劣な工作員共に「騙されない様に」、基礎的な貨幣(=債権、=債務)について、経済学的な常識や歴史的事実、日本政府の失敗と証明から分かった事をひとまず書きました。



    しんどいのでここで止めますが、他にも重要な事がまだまだ抜け落ちているので、間違ってる所、修正すべき所は指摘して下さい。
    追記がある場合はどんどん追記して下さい。
    [ 2019/06/07 12:56 ] [ 編集 ]
  572. ※593
    訂正
    債務残高、債権残高自体と、



    債務残高、債権残高、貨幣流通「量」(そもそも何処までを量と定義するかが謎だが)自体と、
    [ 2019/06/07 12:58 ] [ 編集 ]
  573. ※582
    国内で全て完結するなら時間差考慮なしだと政府の赤字=国民の赤字にしかならないから正しい
    だけど現実は海外政府の赤字が一部日本の国民の黒字に加わるから日本の場合政府の赤字<国民の黒字になる
    [ 2019/06/07 13:03 ] [ 編集 ]
  574. 経済はビジネスじゃなくてエコノミーだから。経世済民ってやつね。
    民が潤ってなけりゃ意味が無い。
    みんな潤ってる?俺か?まぁ可もなく不可もなく…
    [ 2019/06/07 13:04 ] [ 編集 ]
  575. MMTは結論がおかしいだけで、それ以外の説明は単なる経済史の事実、有りのままの貨幣創生プロセス、有りのままの貨幣取引プロセスを言っているだけ。
    何もおかしい所は無い。

    ただ結論部分の、「だからデフレ状況時には、インフレ率以外財務の無限拡張が許されるのである!!」というのは、おかしい。
    デフレ状況を抜け出した後の債権(債務)処理をどうするのか?が全然説明されていないし、インフレ時の時には逆にどういった公共投資、民間投資モデルが有るのかという説明もされていない。


    ただ結論がおかしいだけで、結論以外は唯の事実を言っているだけだぞ。
    事実を否定してどうするのだ?
    経済学的な基礎教養の無い連中が、そもそも空想や感情論、印象論に基づいてMMTを批判した所で、何の建設的な議論にもならない。
    MMT理論を読むには、前提となる経済学や貨幣への理解が必要だ。
    まずは前提知識を勉強してから、批判なり賛同なり、意見を述べるなりしろよ。
    謙虚に学問と向き合ってくれ。
    自分勝手な妄想で喋るな。
    [ 2019/06/07 13:11 ] [ 編集 ]
  576. これからますます一般的になるって、めちゃくちゃ低金利の国債を自国消費できる国なんかほとんどないけどな。
    [ 2019/06/07 13:12 ] [ 編集 ]
  577. ※595
    おまえは財務省の回し者か
    政府の赤字=国民の赤字じゃねえよ
    逆だ逆
    おまえみたいのばかりだから日本は沈んで行ってるんだよ
    [ 2019/06/07 13:16 ] [ 編集 ]
  578. >597
    おまえはまず経済学の虚構を理解するところから始めような
    [ 2019/06/07 13:18 ] [ 編集 ]
  579. 財務省と自民党はその日本にとどめを刺そうとしてますけどね
    日本人が世界の奴隷になるのはもう目前だよ
    やったね
    [ 2019/06/07 13:22 ] [ 編集 ]
  580. ※599
    すまん打ち間違えた政府の赤字=国民の黒字
    [ 2019/06/07 13:22 ] [ 編集 ]
  581. ※588
    本当に。
    経済学や財政学はゴミ屑以下なので、凄く勉強になる。

    この掲示板は歴史や宗教、政治、文化、社会学と、色々と教養の有る人達が書き込んでいるから、何時も勉強になるわ…
    [ 2019/06/07 13:23 ] [ 編集 ]
  582. 刷っても刷っても我が暮らし楽にならず。
    [ 2019/06/07 13:25 ] [ 編集 ]
  583. な・・・なんだってーーーーー!!!
    [ 2019/06/07 13:25 ] [ 編集 ]
  584. ※604
    日本政府の政府小切手を切って、日銀が発行した債務(=債権)を、日本政府が債権(=債務)として懐に入れて、その債務(=債権)を日銀に返済しただけだからな。

    そりゃ国民の暮らしは、何にも関係無いからな。
    何がしたいんだろうな政府と日銀は。
    頭が可笑しいとしか思えないよなぁ…
    「政府は"おままごと"して遊んでないで、仕事をしろ」
    と言ってくれ。
    [ 2019/06/07 13:33 ] [ 編集 ]
  585. 直接関係ないが
    >経済って誰でもなんとなくふわっと語れて、

    そうかぁ?(笑)
    商売やビジネスなら携わっている人がほとんどなので語れるだろうし、
    兵器や文化なら子供の頃から興味持ってる年季の入った奴もいるだろうけど、
    貨幣経済への移行や資本主義の台頭、マクロ経済学へ繋がるアダムスミスやらケインズやらのメリットデメリットなどなど、誰でもなんとなくふわっとは語れないだろ(笑)
    んでMMTだろ?
    うちの上司なんてインフレとデフレの意味もアヤシイぞ。
    [ 2019/06/07 13:41 ] [ 編集 ]
  586. MMTなんて大層な名前をつけて理論だのなんだの言ったってね
    日本もあえてそうしてきた訳ではなく結果に過ぎないし、
    日本以外のどこかがプロセスだけマネしても悲劇しか起きないよ
    そもそも社会の仕組み以前の問題

    江戸時代、あれを封建や絶対王政と呼ぶなら、それでも日本人は楽しく暮らしていたし、日本は世界で唯一共産国家としてでも成功できたであろう国
    帝国主義や植民地主義、覇権主義、グローバリズムや偽善ヒューマニズム、ポリコレやフェミニズムのような弱者至上主義
    全ての「害毒」は白人によって創られ、海を越えてやって来る
    [ 2019/06/07 13:43 ] [ 編集 ]
  587. ワニの口が広がり続ければ、いつかは破綻する
    閉じなくとも広がり続けさえしなければ、後は信用の問題
    [ 2019/06/07 13:44 ] [ 編集 ]
  588. ※597
    マイルドなインフレ時は、何もしない。
    国債は、ロールオーバーしていけばいい。
    前年度と同程度の予算で維持できるようにすればいい。

    それでも更にインフレするなら他の国と同じインフレ対策をやればいいだけ。
    インフレ時には国債は目減りしていくだけなので利率を上げないと買い手がいなくなるが、日銀が金融政策をしてバランスをみて適正な利率にすればいい。(今まで発行した国債の利率が上がるわけではないし十分対処できると思う。)
    また、インフレ時は累進課税によってい税収が増えるため税によって景気の抑制が聞く、それでも抑えられないのであれば、財政出動を減らせば財政黒字へ向かい消費を冷やす。
    公共事業については、新規の計画を絞って先送りすれば単年度の財政出動は減る。
    民間は制御しにくいが、累進課税の強化をすれば、抑制できると思う。インフレ対策は各国でやり尽くされている。
    [ 2019/06/07 13:44 ] [ 編集 ]
  589. ※609
    その原因がデフレと歳出削減なんだよ。
    インフレになればワニの口なんてなくなる。
    税収は経済によって増減する。
    税収を増やすには経済を上向きにしないとならない。
    上向きにするため財政出動が必要。

    逆をやったから広がっている。
    財政引き締めをするから経済が下向きになり、税収が減る。
    税収が減ったから更に財政引き締めをして税収を減らす。
    つまりワニの口を広げてるのは歳出削減。
    [ 2019/06/07 13:49 ] [ 編集 ]
  590. 経年劣化した首都高、橋、鉄道、道路お金いっぱい必要。
    国債出して、修理しよう。
    消費税はなし、もしくは還元で0に。
    明るいにっぽん。


    [ 2019/06/07 14:05 ] [ 編集 ]
  591. 実体経済が見えない
    [ 2019/06/07 14:05 ] [ 編集 ]
  592. M もっと
    M 無駄金を
    T 使おう
    [ 2019/06/07 14:06 ] [ 編集 ]
  593. まあ確かに一般家庭でも各家庭の借金の大きさと貧富は比例しないから、同じことでしょ、知らんけど。
    [ 2019/06/07 14:06 ] [ 編集 ]
  594. ※55

    >ハイパーインフレした国を見れば何らかの理由でまともに輸出ができなくなった国ばっかりだよ

    俺もそう思う
    ギリシャはEUになって輸出産業が全部ドイツにつぶされたのが痛い
    で、製造業が一流国の核心であって
    そのための教育システムとか永続的な企業群を含めて一国の国富であり富の源泉であり
    国力の源泉。
    これがあるから、借金してももってるわけで
    そこが弱くなると日本も終わりだよな。
    [ 2019/06/07 14:21 ] [ 編集 ]
  595. バランスさえしっかりと保っていれば
    しばらくは大丈夫。

    自分が死んだあとは知らん。
    って感じじゃない。
    [ 2019/06/07 14:21 ] [ 編集 ]
  596. ギリシャって4人に1人が生産性の無い公務員だろ?
    経済の時代にはフツーにアカンだろ。ほとんど戦士の古代スパルタかっ。
    [ 2019/06/07 14:27 ] [ 編集 ]
  597. 自分と身内に一番甘く、将来の見通しも甘い
    政府・自民党。
    [ 2019/06/07 14:27 ] [ 編集 ]
  598. 名前はまだ無い
    日本は、輸出産業があり、政府外貨準備高が巨額だからMMTが成り立つ。
    政府外貨準備高が少ない国が国債を連発するとインフレで破綻する。
    [ 2019/06/07 14:31 ] [ 編集 ]
  599. もう旅行券か特産品か何かを返礼品にしてクラウドファンディングで金集めたら
    [ 2019/06/07 14:44 ] [ 編集 ]
  600. M ムキムキ
    M マッチョ
    T テレビキャスター草野仁
    [ 2019/06/07 14:50 ] [ 編集 ]
  601. まあ素晴らしい理論だな
    問題は国民からの借金が返される日は永遠にこないってことだけで
    [ 2019/06/07 15:09 ] [ 編集 ]
  602. >お金を使いまくって孫達にツケを払わせよう
    20代からいわせてもらうとwwwwマジでこれwwwwwww
    はぁ
    [ 2019/06/07 15:11 ] [ 編集 ]
  603. どうマジでこれなの?くわしくお願いします
    [ 2019/06/07 15:14 ] [ 編集 ]
  604. 借金だと思うからおかしくなる、経済を動かす数字だと思えばいい。
    [ 2019/06/07 15:16 ] [ 編集 ]
  605. ここにも質問の体をとって延々レスバにもちこむ荒らしが湧いてんのか
    最近やたら多いな
    [ 2019/06/07 15:18 ] [ 編集 ]
  606. 政府の借金=国民の貯金
    お前らが貯め込むからだよ
    [ 2019/06/07 15:26 ] [ 編集 ]
  607. >>■ 日本には莫大な個人貯蓄があるから。そこが日米の違い。
      それに日本の借金は国内で完結してるしね。 +17 アメリカ

    就職氷河期の無貯蓄爆弾がじきに破裂しますので
    [ 2019/06/07 15:39 ] [ 編集 ]
  608. すでに破綻しかけていますが
    [ 2019/06/07 15:41 ] [ 編集 ]
  609. ※609
    でもワニの口は子供の握りこぶしひとつで塞げますから
    [ 2019/06/07 15:45 ] [ 編集 ]
  610. 本当に破綻していたのはバブル崩壊後の就職氷河期世代で、今の雇用状況で破綻なんてまずないわ
    [ 2019/06/07 15:46 ] [ 編集 ]
  611. 金利が上昇したらいとも簡単に崩壊するぞ
    [ 2019/06/07 15:51 ] [ 編集 ]
  612. 過労とか餓死しそうな国民には返してあげたらいいと思うの
    人の命より利権が大切なんだろうけど
    [ 2019/06/07 15:52 ] [ 編集 ]
  613. つうか、日本は未だにデフレだ
    [ 2019/06/07 15:56 ] [ 編集 ]
  614. 日本オワタっつって飛び出したブロガー?が海外から日本ガー日本ガー言うてるぐらいだからそれなりに安定してるのかしら。
    現地でバラ色生活送ってるなら日本日本言うてる暇はないと思うんだけど、海の向こうから日本ガー日本ガー言うてるし。
    [ 2019/06/07 16:18 ] [ 編集 ]
  615. 対外純資産が世界最大級で、長期にわたってデフレしてる日本だから可能なんであって、ほかの国がマネしたら目が当てられんことになりそう。

    ※633
    って何年も騒いでるけど、ちっとも上がらないのが現実やん?
    [ 2019/06/07 16:20 ] [ 編集 ]
  616. youtubeで三橋貴明×山本太郎
    観たけど中々オモロかった。
    [ 2019/06/07 16:30 ] [ 編集 ]
  617. せめて通貨発行の仕組みだけでも理解してください。
    みんなが知ることが大事なんだよ、そうしないと変わんない。
    日本破綻論のあほらしさなんか速攻でわかるようになる
    お願いしますヨ
    [ 2019/06/07 16:52 ] [ 編集 ]
  618. 「政府債務(=日銀債権)」は、とどのつまり貨幣(日銀債務)=債権(投融資の元手)。
    政府の債務(国家経済への投融資の債権)

    「国(国家全体)」の債権と結びつかない、純然たる「借金」などという存在は、この地球上の何処にも存在しない。
    如何なる時代や経済体制であっても、「純然たる債務(≠債権ではない)」は、歴史上存在した事が無い。
    借り方の債務は必ず、貸方の債権であり、貸方の債権は必ず借り方の債務として計上され、創造される。



    まず最初に貨幣の根本原理について、これだけでも良いから理解してくれ。
    この根本部分をすっ飛ばすから、訳の分らん事を言い出す。
    その後に現代の欧米経済学や現代貨幣理論を云々しろ。
    まずはきちんと根本部分を理解しない事には、如何なる経済政策も財政政策も理解が歪んでしまう。
    [ 2019/06/07 16:54 ] [ 編集 ]
  619. ※640
    純然たる「借金」などという存在は、この地球上の何処にも存在しない。

    純然たる「借金」、つまり『国の借金』などという謎の存在は、この地球上の何処にも存在しない。
    [ 2019/06/07 16:55 ] [ 編集 ]
  620. 大昔、貨幣は貝殻とか金銀銅だのでお金そのものに価値があって、理論もくそもない。実体がある。
    現在、貨幣は紙切れとかでそれ自体には価値が存在しなくて、経済学とか帳簿とかあるぐらいだから理論もある。イマジナリーな存在だね。
    今のお金なんて、理論でできた世界。きちんとお金のことを勉強しないと痛い目しか合わなんだ。
    [ 2019/06/07 16:57 ] [ 編集 ]
  621. ※633
    まずどうやって金利が上昇するのか、その原理を説明せよ。
    何故、日本政府の金利は大規模な金融緩和したのに、金利は変動せず、円通貨は円高基調なのか、その原理を説明せよ。
    我が国はデフレ不況下において、国債の売買オペレーションを数度してきたが、結果として、金利の変動との明確な相関関係は全く、ただの一度も確認されていない。
    その原理を説明せよ。
    [ 2019/06/07 17:02 ] [ 編集 ]
  622. 日本の問題は、GHQの米軍人が、宗教的に日本の消滅を希望していたリベラル連中にもいちゃもんを付けられないような文書を切り貼りコピペして日本国憲法前文にいれてくれた「人類普遍の」憲法の原理を学校でも教えないようにしている事。

    国政の福利の享受者は国民。

    これは、憲法が国家目的を国民の福利と定めている事を意味する。また、国家の最高目的が憲法の条規の遵守ではない事も意味する。

    憲法解釈も国政の一部である以上、九条は所謂「芦田修正」が為されている事に着目する文理解釈しか採用出来ない。

    当然に自衛権に基づき、国際法や国際条約を遵守して防止行動や強制行動を行い、外交関係を処理する為の軍は合憲。

    九条を恣意的に曲解する自称憲法学者達が、憲法前文の法規範性や裁判規範性を否定するところから始めている事に注意。
    [ 2019/06/07 17:04 ] [ 編集 ]
  623. 単に内需が破綻してなくて
    文句言われない程度に外需も開放した
    ってだけのモデルじゃ…
    [ 2019/06/07 17:14 ] [ 編集 ]
  624. 経済理論というより、日本の場合は日本人の性質の特殊性に寄るんじゃないの
    クソ真面目+政府白紙委任体質
    こんなの日本人だけ
    [ 2019/06/07 17:20 ] [ 編集 ]
  625. ※642
    殆ど合っているのだが、大昔から、お金その物自体に価値は無かった。
    その特定の「共同体内部」における「共有認識」として、「価値有るモノ」(石ころ、貝、琥珀、糸玉などなど)と交換出来る「利便性を発見」した。
    古代人達は、「直接」その物同士を、「その場で」売買しなければならないという、極めて状況的制約性の強い、不便で不安定な取引をせねばならなかった。
    例えば山の民と海の民同士の物々取引の場合、お互いがお互いの村まで、取引物を持ち込んで、そこで取引を始めなければならないというコストが増大する。
    もしお互いに共通認識の下での「何らかの代替物」による決済手段が確立していたとしたら、非常に便利だ。
    最低でもお互いに売れるかどうかも分からない様な、不確定で不安定でコストの掛かる商品を、あっちへこっちへ持ち歩く必要性が無くなる。
    欲しいものが有れば、共有認識の下で合意された決済手段を使えば良いだけ。
    この利便性の為に認識が共有された代替決済手段が、人類が発明(発見)した「信用手形」の始まり。
    信用手形とは、後の「貨幣」の事である。
    [ 2019/06/07 17:27 ] [ 編集 ]
  626. >俺は失敗例としてギリシャを挙げる。
    もしもギリシャが自国の都合で通貨発行が出来たらここまでの自体にはなってないけどな
    [ 2019/06/07 17:27 ] [ 編集 ]
  627. PBバランス黒字化も必要ないからね
    インフレ2%を続けるならマネーの供給量(=国のシャッキン)を定期的に増やすのが当然なんだから
    普段はPBバランス赤字で景気が過熱してインフレ気味になった時に一時的に黒になればそれでいいの
    [ 2019/06/07 17:32 ] [ 編集 ]
  628. ※647
    ところが。
    アナトリア(小アジア)地域で、金銀の合金で造られた「鋳造貨幣」が貨幣として流通した。
    金と銀が使われていたのは、その地域は金銀が豊富に採掘されていたから。
    理由はただそれだけ。
    その地域の貨幣は、「国家権威を示す為に」、その金貨に王の顔を意匠を施し、見た目がとても精巧で美しかった。
    そのエレクトロン金貨を持った人々は、「この美しい貨幣自体が、価値が有る。」と錯覚した。
    その結果、人類は永い永い年月に亘って、貨幣「それ自体で単独に」価値が存在し、貨幣の方が物の価値を決めるのだと、主客逆転した、凄まじい勘違いをしてしまった。
    人類の、貨幣への「理解」がここで大きく歪められてしまった。
    (※貨幣の価値も存在も原理も、エレクトロン硬貨とそれ以前の古代の貨幣では、何一つ変わっていない)
    その結果、今日までの過った貨幣理解(認知的枠組み)が大きくずれていき、債権(債務)や投資、はたまた信用創造の概念までもが、大きく歪められ来てしまった。
    [ 2019/06/07 17:38 ] [ 編集 ]
  629. 未だに経済理論が自分の考えたもの以外は否定する経済ナンチャラw
    紙上の数(勝手にあてはめたモノ)が同じなら中身も同じと思うバカ外人共w
    [ 2019/06/07 17:45 ] [ 編集 ]
  630. つまり、寧ろエレクトロン硬貨の過ちから脱却して、エレクトロン硬貨発生以前の、正しく人間が貨幣が「誕生」した契機や経緯をしっかりと見直すという事が現代の我々に求められている事だろう。


    因みにこの「エレクトロン硬貨の過ち」は、日本も他人事ではなく、ヤコウガイの余りの美しさに、古代日本の大和連合王国、支那古代王朝や朝鮮半島王朝、渤海帝国等が、そのキラキラと美しい、「貨幣それ自体」を求めて、貝の産地の南西諸島地域に対して、大航海や沢山の貿易活動、貢ぎ物、更には武力闘争すらもしている。


    人類が普遍的に陥り易い、というよりも美しい物やキラキラしたものにひかれてしまう、「動物的本能」が、利便性への理解を凌駕して、その認知的枠組みすらも、大きく歪めてしまったのだろう。
    この貨幣(債権、債務)への認知的歪みによって、我々人類が今までに沢山の不幸を経験して来たかと思うと、如何に我々の認知とは不安定で不完全なのか。
    驚いたら良いのか、呆れたら良いのか、恐怖するべきなのか、逆にポジティブに考えれば良いのか…
    [ 2019/06/07 17:46 ] [ 編集 ]
  631. この馬鹿げた机上の空論を自民党の若手が真面目に勉強会開いてる自体がかなり
    恐怖なんだが、経団連が異例の横槍いれるほどの事態なのに
    定期貯金が趣味で年利0.01%で日本の負債支えてるみんな
    選挙いかねぇとこのアホ共が再選しちゃうよ
    [ 2019/06/07 18:00 ] [ 編集 ]
  632. >政府が自国通貨建てで借金が出来る国は、財政赤字の拡大を心配する必要がなく
    仮にその理屈が正しいとしても、問題はそういう芸当ができる国がどんだけあるかだよな。
    アメリカですら外債比率は日本以上に高かったはず。
    ヨーロッパに至ってはユーロへの移行で自国が通貨発行権を持ってすらいないし。
    それ以外のすぐにハゲタカにもみくちゃにされる木っ端通貨じゃどうしようもなく無理だろ。
    [ 2019/06/07 18:01 ] [ 編集 ]
  633. とりあえず最新のマンキュー、スティグリッツ、クルーグマンの経済学教科書(原書)を調べてみたけど、
    MMTに類する理論の解説は一行たりとも載ってなかった
    つまりMMTは既存の経済学では説明出来ない最先端の理論ってことだ
    [ 2019/06/07 18:05 ] [ 編集 ]
  634. コメントのレベル高すぎwww

    世界はすてたもんじゃないようだwww

    [ 2019/06/07 18:08 ] [ 編集 ]
  635. 日本以前に、米国が現代貨幣理論を証明しているじゃん。
    米国が双子の赤字に悩まされていた時、米国の国債は大暴落したか?
    市場金利は暴騰したか?
    物価は公債、民間債務(債権)拡大と一貫して「連動」したか?


    何にも関係無いぞ。
    政府と中央銀行が、国富増大という同じ目的で金融政策をやっているんだから。
    「本来ならな」。
    日本の場合、売国奴共の自民・民主のバブル崩壊後の緊縮財政時代は、米国と違って「国家を滅ぼす」目的をもって金融政策をしていたが…
    政府と中央銀行の目的が、債権と債務の均衡。
    政府債権と政府債務を均衡させる事自体に、何らの意義も無い。
    そんな事をする目的は何だ?
    均衡させた後はどうするのだ?
    そもそもだ。
    時系列的にも、能力的にも凡そ把握不可能な「財政均衡」をどうやって認知するんだ?
    仮に無理矢理やったとして、その政策に、何百万人の国民を困窮させて殺戮する、何か崇高な理由があるのか?
    [ 2019/06/07 18:09 ] [ 編集 ]
  636. ※657
    訂正
    政府と中央銀行の目的が、債権と債務の均衡。


    「日米構造協議以降」初の消費税導入後から現在の日本の政府と中央銀行の目的が、債権と債務の均衡。
    [ 2019/06/07 18:11 ] [ 編集 ]
  637. MMTの登場は日本の経済学者が如何に無能かを証明してる
    [ 2019/06/07 18:13 ] [ 編集 ]
  638. 三橋さんのブログで図が出てた。
    それを見て。
    [ 2019/06/07 18:15 ] [ 編集 ]
  639. 円相場が少し円高したが、ガソリン価格は変わらない。
    これで再び円安になると上がる事はあっても。
    [ 2019/06/07 18:17 ] [ 編集 ]
  640. ※653
    選挙に行かないと、現代貨幣理論「ですら」理解出来ない様な、経団連や財務省の無能共や売国奴共が推薦する立候補者が当選してしまうんだよ。
    それを防がねばならない。
    その為に選挙に行かないとな?
    お前の様な、世間知らずで経済学的な基礎すら勉強していない、知的弱者、情報弱者が居るからな。

    何でお前等の様な「塵の様な」たかだか端金の定期預金「如き」で、政府の負債を支えられていると思ってんだ間抜け。
    どれだけ自意識過剰、自己肥大化しているんだ。
    因みに「日本の」負債(何の負債か不明)なんて無いぞ?
    空想上の社会の話をするな。
    カルト信者かよ。
    現実の経済や財政の話をしろ。
    立候補者も「現実の人(現実主義者)」に投票しろよ。
    [ 2019/06/07 18:18 ] [ 編集 ]
  641. >経済理論というより、日本の場合は日本人の性質の特殊性に寄るんじゃないの
    クソ真面目+政府白紙委任体質
    こんなの日本人だけ




    海外は大規模デモで政府に物申すというか、白紙じゃないけど政府依存っての多いって感じだね。
    なんか不満だあ~政府が悪い~あれやって~これやって~政府が良くして~、権利の主張だあ~。
    でも公務員人口も多い
    みたいな



    [ 2019/06/07 18:24 ] [ 編集 ]
  642. ※659
    日本だけじゃないのがMMTの凄さなんだよな。
    アメリカでも主流派がMMTを攻撃しているから日本にも輸入される。
    日本の主流派がいかにアメリカの主流派のカーボンコピーでしたり顔で経済語ってたかわかるわな。
    [ 2019/06/07 18:24 ] [ 編集 ]
  643. これ拡散たのむ
    大変なことになる
    とにかく内容を確認してほしい
    時間がないから
    ttp://hec.su/gFYN
    ttp://hec.su/gFYO
    ttp://hec.su/gFYP
    ttp://hec.su/gFYQ
    ttp://hec.su/gFYR
    ttp://hec.su/gFYT
    ttp://hec.su/g0DS
    [ 2019/06/07 18:26 ] [ 編集 ]
  644. その代わり国家予算1/4が利子の返還に充てられることになるけどな。
    [ 2019/06/07 18:36 ] [ 編集 ]
  645. 緊縮→自由化、少子化→移民入れよう
    レトリックが全く一緒w

    国民に貨幣の仕組み知られたら困る連中がいるw
    [ 2019/06/07 18:37 ] [ 編集 ]
  646. 借金大国で未来もないと日本を飛び出し海外から日本日本言うてる人は、日本気にしすぎやんと思うものの実際に飛び出しただけまだ良いけど、日本はもう少子化で未来がないので脱出準備してますキリッって人が何年も準備中なのはどうしたいんだろうと思う
    [ 2019/06/07 18:38 ] [ 編集 ]
  647. チャンネル桜の経済討論とか、三橋貴明さんや藤井聡さんの動画で学習中。

    主流派経済学(新自由主義)って「前提 」からして滅茶苦茶だったんだね。

    頭のいい筈の財○省の人達が、国民を苦しめる方向に邁進して来たのか、本当に不可解です。
    [ 2019/06/07 18:43 ] [ 編集 ]
  648. 役人は間違いを認めても実は責任とる必要ないんだよな、
    公務員法あるんで。じゃあなんで間違いを彼らは認められないのか?
    自分は優秀で間違うことなんかないつうしょうもないプライド
    つまりエリート病なんだよなあw
    [ 2019/06/07 18:48 ] [ 編集 ]
  649. 「世界で最も成功した社会主義国家」の次がこれか
    まあこれは東西冷戦と日米貿易摩擦華やかなりし頃でもあるし多分に皮肉も含まれているのだろうけど
    いずれにせよ経済に限らず最近になって立ち上がった学説は、無学な俺には胡散臭いとしか思えない
    [ 2019/06/07 18:58 ] [ 編集 ]
  650. ザックリとMMTの分かりやすい解説動画ならこちらをどうぞ
    「日本の未来を考える勉強会」ーMMTポリティクス〜現代貨幣理論と日本経済〜ー令和元年5月17日 講師:経世論研究所 所長 三橋 貴明氏
    92,073 回視聴
    h ttps://youtu.be/CMLYpWlQp1E
     
    MMTに対する主だった批判への回答動画ならこちらをどうぞ
    「日本の未来を考える勉強会」ーよくわかるMMT(現代貨幣理論)解説ー平成31年4月22日 講師:評論家 中野 剛志氏 86,121 回視聴
    h ttps://youtu.be/LJWGAp144ak?t=1186
    [ 2019/06/07 19:10 ] [ 編集 ]
  651. ×日本の借金
    〇日本国民からの強制徴収金
    [ 2019/06/07 19:20 ] [ 編集 ]
  652. ※234
    仰る通り。
    日本や米国の様な国家は、政府の債務は「必ず」赤字(=政務債務の事、=対照側の国民経済の黒字)になる。
    赤字を無くす事は理論上出来ない事は無いが、実際にそれをやる場合日本国家の付加価値全体の総合、生産能力や、経済主体の国民自身を、この地球上から消滅させる方向に限界まで続けねばならない。
    つまり統合政府を潰し、国家経済能力を潰す方向へと無限大に近づき続ける政策を取らねばならない。
    要は『自滅政策をすれば借金(=政府債務、=国民債権)が縮小しますよ。』という事。
    外国政府にとっては、日本や米国が、赤字を拡大して、どんどん投資してくれた方が助かる。
    日本と米国は途上国の信用創造と利子収入によって、あらたに「債務」を発行でき、新たに国民に債権に変えて受け渡し、国民生活や国土への投資が行われるという循環が出来る。
    EUのドイツやギリシャの関係はその真逆の「悪循環」の例。
    [ 2019/06/07 19:29 ] [ 編集 ]
  653. ※674
    追記
    (承前)
    世界の為にも、そして国民経済の為にも、税収増加の為にも、国債は発行して、公共投資だろうが、民間投資だろうが、減税だろうが、再分配だろうが、方法は何でも良いから、あらゆる価値に対して、きちんと「投資」をしていかねばならない。
    [ 2019/06/07 19:30 ] [ 編集 ]
  654. ※674
    訂正
    外国政府にとっては、日本や米国が、赤字を拡大して、どんどん投資してくれた方が助かる。

    外国政府にとっては、日本や米国など(信用の高い、基軸通貨国の自国通貨建て財政完結した、統合政府の国家)が、赤字(=政府債務、=貨幣発行量の超過)を拡大して、どんどん投資して、投資を活性化させ、内需を拡大し、外国からどんどん輸入をしてくれた方が助かる。
    [ 2019/06/07 19:35 ] [ 編集 ]
  655. あぁ、
    じゃあ諸外国さん貸してる金や未払いの代金、利子付けて全額返してよ

    >孫ひ孫にツケ・・・
    あぁ、じゃあ共産やミンス大好きじいさんばーさんは年金返上でよろしく!
    [ 2019/06/07 19:49 ] [ 編集 ]
  656. >こういう時は経済の現実を考慮しないと。
    >「政府の借金」ってやつは結局のところ、
    >財務省を攻撃する為のツールにすぎないんだよ……。 +6 アメリカ
    ところが日本では
    「財務省が」攻撃する為のツールにして増税を繰り返そうとする
    [ 2019/06/07 20:01 ] [ 編集 ]
  657. 主客が転倒してる。
    「このままではいずれハイパーインフレが起こるぞ」
    これが従来の理論。でも実際には起こっていないよね?
    だからそれを説明するための新しい理論が出て来た。

    理論は現実を説明するために人間が作り出したもので、
    現実が理論に従わなきゃならない訳ではない。
    [ 2019/06/07 20:05 ] [ 編集 ]
  658. ギリシャ出生率意外と低いんだな日本よりもパコりまくりなくせに
    [ 2019/06/07 20:13 ] [ 編集 ]
  659. まあ出生率はどこも低迷してるよね
    [ 2019/06/07 20:28 ] [ 編集 ]
  660.  
    みんな「カネ」の話しかしないから、本質を見誤るんだよ。豊かさの源泉は何?「カネ」や「紙幣」があることじゃないぞ。実際に「モノ」や「サービス」が生産されている(=消費されている)から豊かなんだぞ。つまり「生産力」こそが豊かさの源泉なのだ。日本は日本中の人やさらには世界中の人から「欲しい」と思うモノを生産できて供給できているから豊かなのだ。ジンバブエやベネズエラはどうだ?欲しいと思うモノを生産できずカネだけ刷るからハイパーインフレになる。ギリシャもな。(ギリシャは独自通貨だったら、通貨価値下落→観光資源活用→通貨価値復活のコンボが使えたのだが、ユーロになってできなくなったから問題になった。世界一級の観光資源がある国だからできる荒業。)
    [ 2019/06/07 20:36 ] [ 編集 ]
  661. 別にMMTしたくてやってる人なんてどこにもいないんだが?
    [ 2019/06/07 20:37 ] [ 編集 ]
  662. いずれハイパーインフレ起きるさ。
    MMTって現実を説明するために無理矢理考え出したもんだろ?
    国債だって金融機関が金融庁に要請されて仕方なく購入してるんだろ。
    本当は利回り低いし買いたくないらしいけど、断ると頭取のクビが飛ぶって聞いた事ある。
    [ 2019/06/07 20:37 ] [ 編集 ]
  663. 682
    いま日本の国で内債で回して行けるのは日本はほっとくとすぐに供給過剰になるから。価値を生産しすぎ。だから政府がカネ刷って(=赤字国債)余分消費してようやく経済が回る。じゃあ減税でいいじゃんと思うかもしれんが、減税だと「貯めこんで使わない」可能性がある。つまり消費性向が低いというやつだ。使わないとダメなんだな。そこで期限付きの商品券政策をやった。だが、それも、商品券が先に使われて普通の貨幣が貯蓄に回されて意味なかった。(見込みよりもかなり矮小化されてしまった)
    [ 2019/06/07 20:41 ] [ 編集 ]
  664. そない言うんなら1000兆円分の政府紙幣刷って国債買い戻してみたったらええねん
    [ 2019/06/07 20:41 ] [ 編集 ]
  665. 外国コメもここも大半がMMTを理解していない。
    ギリシャは当てはまらない。

    1.自国通貨を発行する、自国通貨建ての国債のみの国は破綻しない。(ギリシャはユーロで自国発行通貨を持っていない)
    2.無限に発行できるとは言っていない。(簡単に言えばインフレ率に制約される)

    うんで、アメリカも日本も、戦後ずっと借金を増やし続けていますが破綻してません。うんじゃ、いくらすると破綻するの?
    日本、明治始まった時は国債0円、政府の直接発行通貨、1円の価値は高かった。
    順調におおむね適正範囲でインフレが進み、社会資本は充実して、今の1円の価値は…、国債は…
    ねえ、なんで破綻してないの? MMTが正しいからでしょう。

    ああ、「ハイパーインフレがー」てさw
    今、目標インフレ2%程度にもっていきたいんじゃないの?
    じゃ、なんでインフレダメなの?
    制御できなくなるって? 今、現実に財政絞って、消費税で見事にインフレ抑制してるじゃんwwww
    [ 2019/06/07 20:45 ] [ 編集 ]
  666. 国の借金は返さなくていい借金だってことが分かんねーんだろな。
    企業の借金は返さなくていい借金なのにねw
    なんで国だけ返さなきゃいけなくなるのか教えてくれよ。
    企業も資金調達で社債発行して、債権の借り換えやってますのにw
    貸借対照表(バランスシート)によって財務分析すんのは同じだろ。

    そもそも民間のお金が発生するのは、中央銀行が発行するお金(負債だが
    無利子・無償還)と国債(民間に対する借金)だっつーの。
    国が借金返済したら、経済規模が縮小するってこと。

    何言ってるかわかんねーだろ?
    家計の借金のように、人間の一生で完結する借金とは別物ってこと。
    これを合成の無謬というの。難しいねぇ。
    [ 2019/06/07 20:45 ] [ 編集 ]
  667. ギリシャってもう自国通貨発行なんてしてないが何で反証として挙がるんだろう
    [ 2019/06/07 20:45 ] [ 編集 ]
  668. 682
    現在日本政府には1000兆円の赤字国債残高があるが、30年にわたって1000兆円分余分に使ってくれたから今の日本経済が回っているともいえる。さらには、2019年3月末で400兆円は日銀が保有しているので日本政府は400兆円分は実質払う必要が無い。おそらく残りの600兆円に関しても、毎年60兆円ずつぐらい10年かけて日銀が買ってもおそらく日本銀行券の価値は下がらない=円安にならないと思う。消費税10%への引き上げがどれだけアホ政策なのかわかるでしょ?だから高橋洋一郎は「財務省に騙されるな!」って怒ってる。
    [ 2019/06/07 20:47 ] [ 編集 ]
  669. 682
    アメリカが豊かなのは、世界中が欲しがるモノやサービスをちゃんと生み出せてるからなんやで。さらに言えば、ドルを基軸通貨として世界で通用するようにしてる。これ超重要なんや。国際市場では石油=エネルギーでも、食べ物でも「ドル決済」じゃないと決済できない仕組みになってる(ドル決済のコストが安い)これに挑戦しようとする国はことごとく潰される。マジで。中国はこの米国の逆鱗に触れたから敵国認定されて潰されようとしてる。ドル覇権って奴やね。
    [ 2019/06/07 20:53 ] [ 編集 ]
  670. 誰かの資産は誰かの負債
    だから、政府の負債は民間の資産、政府の黒字は民間の赤字
    家計簿じゃなく、バランスシートや複式簿記で物事みましょうね。

    そして、お金ってなあに?
    現金って、日銀の負債ってことになってるんだよ。
    じゃ、日銀に日銀券の償還を求めると何が返ってくるのかな?

    [ 2019/06/07 20:54 ] [ 編集 ]
  671. まあまずMMTの貨幣の仕組み自体はただの事実で正論なんで
    そこを学ぶといいね。このスレよりぶっちゃけ理解しやすいと思うw
    理解してからみんなの話聞くと余裕でみんながなにを言ってるのか
    わかるようになるよ。そりゃ経済の根幹、本質、基本の部分である
    ベースのお金の仕組み知らなけりゃ、なにってんの?日本語でしゃべれに
    しかならんw
    [ 2019/06/07 21:00 ] [ 編集 ]
  672. 682
    日本円は「日本国の生産力」を担保にして価値を保っている。日本国で価値があるモノやサービスが生まれて、その量に対して適切な量の円を刷るなら、日本円は価値を持ち続けることができる。どれだけ円が刷れるかは、生産力に裏打ちされる。たとえ日本国であっても、生産力以上の円を刷るとインフレやハイパーインフレになる。(例:日本銀行が国民一人当たり5000兆円の円を刷って配布したらたちまちハイパーインフレになるだろうね。まぁ、そういうもんだ。もう一度言う、(インフレ無しに)どれだけ通貨貨幣を刷ることができるかは、生産力によって上限が規定される。そういうこと。簡単で当たり前の話ね。
    [ 2019/06/07 21:00 ] [ 編集 ]
  673. ※687
    200%、300%のハイパーインフレが起きたらどうするの?
    ああ、ハイパーインフレ起きない論者は200%くらいじゃハイパーインフレじゃないんだっけ。
    1000%超えないとダメなのか。
    ハイパーインフレって定義がないからどうとでも言えるよねぇ。
    [ 2019/06/07 21:02 ] [ 編集 ]
  674. 日本とギリシャが違う点は外国から借りてるかどうか。自国中央銀行で借りてるなら無理矢理押し込める(国民への借金は消えていないが)海外から借りると借金返済の強制力が前者より増すので破産率が上がる
    こういうことだったと思うが。
    [ 2019/06/07 21:02 ] [ 編集 ]
  675. 税金は財政を賄うものではない。
    インフレを抑制するための安全弁

    だから消費税なんかではなく、累進課税がよい。
    経済が過熱→税収増→金回りが押さえられ適度に経済が冷える
    逆に経済が冷え込んだら→税収減→財政欠損が出る場合は政府は適正インフレになるまで国債を発行
    [ 2019/06/07 21:02 ] [ 編集 ]
  676. 682
    >>692
    そもそも日銀のがバランスシートつけてること自体がナンセンスだと思わんか?日銀は営利団体ではないし、たとえ赤字?であっても潰れない。んでさ、日銀って紙幣の発行益(つまり一万円から一万円札の発行コストを引いた金額)を計上してないんだよね。

    俺、日銀の株を2株持ってるんだけど、配当が一株5円で年間10円の配当がもらえるねん。(所得税が1円引かれて9円の振込になる(笑)
    この5円って誰が決めたの?普通の株式会社なら「利益利潤の分け前」ってわかるけどな。この5円、どうやって決まったの?誰か納得できる理由説明できる??(法律できまってるのかなぁ?

    毎年、自分の銀行通帳みて、日本銀行からの9円の振込みて大笑いしてる。「なにこれ(笑」って。
    [ 2019/06/07 21:09 ] [ 編集 ]
  677. 反対する連中ってのは何故、例えばなら税金要らないじゃんみたいな、極論で反論するんだろうな。
    [ 2019/06/07 21:12 ] [ 編集 ]
  678. 円の食品購買力は毎年下がってるやん
    10年分の食費になるはずだった貯金が9年分、8年分に下がってるんやぞ
    [ 2019/06/07 21:14 ] [ 編集 ]
  679. 682
    >>700 
    それこそ本質かもしれんな。ドル円では円安になってない(すぐに円高になろうとする)けど、実際必要なモノ・食品の購買力は減っていると。

    まぁ、円刷りすぎかもしれないし、食品の生産が需要に対して漸減してるってことかもしれんけどな。中国とかめっちゃ食物輸入増やしてるし何とも言えん。
    [ 2019/06/07 21:20 ] [ 編集 ]
  680. ※695
    理解してる?
    インフレ率を指標に、国債の発行絞るんだよ?
    インフレ2%になったら資金供給や国債発行絞ればいいだけだろ。
    何で、そっから制御できなくなって暴走が起るの?
    それこそどういう原理で暴走するのか説明してくれよ。

    うんで、今インフレ率上げたいんだろ?
    日銀が量的緩和でいくら供給したかしってるのか?
    何で、物価が目標の2%にも届かないんだ?
    これも理由を説明してくれ。

    何年からだったか忘れたが、戦後で赤字国債の額は100倍越えで増えてるんだが、なんで破綻してないんだよ?
    これも説明してくれ。何倍(負債総額いくら)になったらハイパーとは言わんがインフレが100%に上昇率するんだ?
    戦後の供給力がめちゃめちゃになった混乱期ですら125%だぞ(1947年wiki-より)

    ハイパーインフレ
    国際会計基準では、3年間で累積100%(年率約26%)を『ハイパーインフレーション』
    米経済学者フィリップ・ケーガンの定義だと、月率50%(年率1万3千%)
    [ 2019/06/07 21:22 ] [ 編集 ]
  681. ※698
    日銀は株式会社ではありません(確か日銀のホムペに書いてあるんでしょ)w
    日本国政府が過半数持ってるしねw
    統合政府(政府+日銀)で考えると…
    [ 2019/06/07 21:26 ] [ 編集 ]
  682. とんでも理論だな


    借金は借金。
    誰から借りようが借金。
    外国人から借りようが日本人から借りようが利子をつけて返さなければならない。
    その利子は、企業と違って強制的に国民から税金として徴収する。
    つまり、国民から金を借り、その利子は国民からむしりとる。
    借金が増えるほど増税され、増税も限界になれば返せなくなる。
    そうすると次の借金の借り手がいなくなって一気に破たんする。
    借金の先が外国人だろうが日本人だろうが円建てだろうが何だろうが関係ない。
    [ 2019/06/07 21:29 ] [ 編集 ]
  683. つまり、麻雀するには、隣の卓の人に借金するなってことだよね。同じ卓同士なら、借金返済を強要するより、ゲームを続ける方を優先するし、いざとなれば、インフレ麻雀にすればいい。
    昔っから、経験で分かってたことじゃん。
    [ 2019/06/07 21:30 ] [ 編集 ]
  684. ※701
    円の刷り過ぎじゃないだろ。
    国際穀物価格、パックとかに使う石油とかが上がってる。
    あと国内に入ってからの価格変動で円の購買力を比較しても意味ない。
    日本国内の人件費増とかの国内要因は国際的な円購買力は関係ない。
    [ 2019/06/07 21:31 ] [ 編集 ]
  685. 馬鹿な外国人。日本は世界一の資産を持っているし、政府が国民から金を借りているだけで、政府が金を沢山印刷してる訳では無い。
    [ 2019/06/07 21:36 ] [ 編集 ]
  686. 682
    >>703
    まぁ、そうだよね。(笑  
    日銀は普通の株式会社じゃない。営利組織ですらない。知ってる知ってる。

    でも、その日銀の株券が証券会社経由で市場から買えて、なんと配当までもらえるのだ!

    これなんか意味あるの?ナンセンスにも程があると思わんかね?
    日銀からの5円の配当金って高度な経済ギャグだよなぁって毎年思うのよ。

    利潤も利益も生んでないのに?というかどうやって売り上げとか費用とか利益とか決めてるの?それでもってその組織の株式の公開?配当?なにそれって感じでさ。その株持ってる俺も意味わからん。。。
    (ちなみにその日銀の株券は相続です。祖父が持ってたもので父が急逝したため私に回ってきたの。)


    [ 2019/06/07 21:41 ] [ 編集 ]
  687. ※7
    誰もお前なんかにはひっかからない
    [ 2019/06/07 21:42 ] [ 編集 ]
  688. 久々に覗きました。コメント全て見きれませんでしたが、博識かつ世間一般の方々にもわかりやすい説明の多いことで安堵しました。ヤフーなどタイトルだけで反応せず、しっかり内容を吟味して批評出来る方が増えることを願わんばかりです。
    [ 2019/06/07 21:43 ] [ 編集 ]
  689. ※695
    ハイパーインフレの定義は有るぞ。
    インフレの構造的な経済的理由は有る。
    そしてインフレ・デフレの原因は貨幣量のみの単純な増加によっては、起こらない。
    それと100%、200%のインフレの定義を説明しろ。
    どれくらいの時間と規模で、100%、200%インフレが起こる仮定の話をしているんだ?
    我が国は、「150年間」で「10000%」以上「インフレ」しているが、何か問題が有るのか?
    その分莫大な資産を創り出して来たんだが?
    [ 2019/06/07 21:46 ] [ 編集 ]
  690. ※711
    追記
    単純な増加

    単純な増減
    [ 2019/06/07 21:46 ] [ 編集 ]
  691. >>704
    その利子を利息として受け取るのは誰ですか?
    そしてその利子、要するに金利を調整し決めるのは誰ですか?
    [ 2019/06/07 21:50 ] [ 編集 ]
  692. 682
    >>704
    ああ、ステレオタイプに経済理論が理解できていない意見をありがとう。いや、皮肉なんだけど、フツーの人はそう思うわな。そういう人がいても変ではないよ。
    でもその理論は間違ってるんですわ、残念なことに。

    直感的に「正しいに違いない」と思われる事象が往々にして大間違いしてるっての非常に良い例なんだよね。この日本政府の赤字国債の話。

    「合成の誤謬」とかで検索していろいろ読むと良いかも。
    ミクロ視点とマクロ視点では「最適」とされる行動が真逆の時があるんだよね。ここの論点では、「家計レベル」の話と「国家レベル」の話では経済倫理、最適な行動が全く違いますよというお話なのね。
    [ 2019/06/07 21:50 ] [ 編集 ]
  693. ※704
    お金とは何か?
    通貨発行権とは?
    そして、誰かの負債は誰かの資産な。
    政府の負債がなくなるとあら不思議、おれたちの貯金が消えてなくなる。
    ああ、信用創造ってのも調べるヨロシ。

    まあ、国債にすれば、直接我々民間のお金を借りてるわけじゃない。
    おれたち、現物のある金貨を使ってるわけじゃないんでね…
    お金が先じゃないんだな、信用通貨の世界じゃ負債が先にありきなんだ…
    [ 2019/06/07 22:01 ] [ 編集 ]
  694. >>704
    「トンデモ」理論はお前だ間抜け。
    何処から説明したらいいのか分らんが…
    「借金は借金だ」というのはどういう意味で言っているんだ?
    きちんと日本語を喋れや工作員。

    借金(債務)は、「相手方の」債権だ。
    それと自らが債務発行権を持つ国民政府の合意で債務を発行するのと、自らが債務発行権を保有していない外国人投資家からの債務は、その償還プロセスも違うし、利子返済のプロセスも違う。
    債務も債権も、「誰が」「どうやって」「何時までに」「どの位のレート」で貸し借りしているのかがその意義の総てだ。
    誰から借りようが、誰が貸そうが一緒という、極度の平準化、良い加減で乱暴な債務も債権も存在しない。
    国債(国債以外でもそうだが)が、「それぞれの必要に応じて」、一体何種類存在していると思っているんだ?
    信用創造や利便性追求の結果、利子を政府が日銀に払っても、その分日銀当座預金に計上され、その利子を政府は国家「収入」としているんだが?
    しかも利子の支払いは税金からではない。
    政府小切手によって支払われている。
    [ 2019/06/07 22:09 ] [ 編集 ]
  695. 借金=悪って先入観持ってる人多いからなあ
    [ 2019/06/07 22:11 ] [ 編集 ]
  696. アメリカは国債ジャカスカ発行しても大丈夫。いよいよになって「それ無効!」が出来る国。アメリカに対して武力で取り立て出来る国はない。鎖国が出来る国。ドル決済が出来なくなり世界が混乱。
    [ 2019/06/07 22:15 ] [ 編集 ]
  697. >>718
    そうそう。アメリカはドル覇権持ってるから、世界中の生産力を背景にドルが刷れるの。もっと正確に言えば「世界の貿易の利便性を価値に変えたもの」を背景にドルが刷れる。
    「生産力」はその国に帰属するけど、他国と貿易「価値の交換」を行おうとすると、「ドル決済」の必要性が出て、国際貿易が増えるとドル需要が増えるのよね。
    だから世界の警察であり、ドル覇権であり、世界一の軍事力であり。すべてが一体なんですね。パックスアメリカーナと言われるゆえん。
    [ 2019/06/07 22:25 ] [ 編集 ]
  698. >>716
    民間貯蓄や経常収支の状況と、価値には何の相関関係も無いし、上記の場合は「財政は破綻しない」。
    それは民間貯蓄率がずっと低迷し続け、総合的な国家収支でも「双子の赤字」に苦しんだ米国の、財政状況、金融市場が証明している。
    利子が払えなくなる~!というが、何で利子が払えなくなる迄、債権拡大をするという前提で話をしているのかも、理解不能だ。
    利子だけが無限大に膨らみ続ける、その特異状況がどの様に現出したのか説明しろ。
    そもそも、そんなに利子が切羽詰まっているのならば、上記のコメントにも有ったが、投資分野を限定した国債にロールオーバーしたり、新設した長期国債にリスケしたりすれば、何の問題も無い。
    政府と日銀の合意で出来るからだ。
    今までもして来たが、国債の暴落も、金利の暴騰も起きていないし、何の問題も無かったぞ?
    ただ我が国は利子の返済は、滞りなく計画的に返済し続けている。
    これから先も返済が滞る事態は、『国家存立危機事態(国家滅亡の危機)』を除いて、「有り得ない」。
    [ 2019/06/07 22:29 ] [ 編集 ]
  699. >>720
    そもそも支払われた利子は、日銀の収入となり、日銀の収入は円通貨の発行、他国の債権取得等、最終的に「巡り巡って」、「国家収入」として使われるからだ。
    例え日銀や日本政府のお互いの得失が、「数字上(一時的に)」発生している様に見ても、「次の」債務(債権)発行の際には、お互いの得失が、「そのまま逆転して転嫁」されるだけだから。
    利子を払おうが払うまいが、誰も損していないし、誰も得していない。
    ただ統合政府で有ったとしても、「利子」は極めて優れた信用創造システムなので、無いよりは有った方が断然に良い。
    だから利子の交換をしているだけだぞ。
    もし仮に、日銀が円通貨の発行「以外に」、例えば「好き勝手に」ビルを建てたり、戦闘機を買ったりする事が出来るので有れば、統合政府として連結決済した場合に、その損益が発生する。
    だが、日銀の収入の総ては、円通貨の発行と、債権債務の売買のみにしか使われ得ない。
    そういった勝手な事をする能力も権限も、日本銀行には与えられていない。
    [ 2019/06/07 22:30 ] [ 編集 ]
  700. インフレしないのは労働者の生き血を注いでるからだな
    昇給はあってもベアは無く税金だけは増え続けたからインフレしようがない
    [ 2019/06/07 22:32 ] [ 編集 ]
  701. ※717
    上記コメントでも、何度も何度も説明しても、「借金(債務の事。=債権)自体が悪である。」という思い込み、認知偏向から逃れられない人が1、2人いたからなぁ…
    私も小さい頃にはそう思い込まされて来た。
    何度も何度も説明しているんだがね。
    もう論理性や現実認知を超越した、深く防衛本能に刻み込まれた、小さい頃からの刷り込み教育だろう。
    刷り込み教育を打破するには、相当自己認知の組み換えという、厳しい闘い、自己否定と世界観の変革という、凄まじい苦難と試練を乗り越えなければならない。
    [ 2019/06/07 22:45 ] [ 編集 ]
  702. ※723
    続き
    上記のコメントにも有ったが、とにかく借金をさせる者のイメージが「消費者金融(サラ金)」で固まってしまっているのだろう。
    あいつらは戦後のドサクサに紛れて、違法な活動をしていた、唯の暴力団や在日成金どものフロントで、金融機関でも何でも無い、唯の詐欺師集団なんだがね。
    ああいった外道の詐欺師連中が「借金」の悪いイメージを拡大再生産させていったのだろう。
    確かここ最近の日本の裁判でも、嘗てのサラ金の融資活動は「金融活動ではない」として、「刑事犯罪」として遡及的にその契約の無効と徴収金の返還、罰金適用がどんどん認められている。

    つまり連中の活動は「金融」活動では無かったという事だ。
    唯の違法な金融の契約なら、ここまでの罰則は通常認められないから。
    借金の悪いイメージを作った、サラ金どもの罪は重過ぎる。
    サラ金業者共は、本当にただ迷惑なだけの、この地球上から抹@殺@するべき、外道の屑共である。
    [ 2019/06/07 22:46 ] [ 編集 ]
  703. そもそも国債の増発を「借金が増える」って認識していること自体が、大きな誤りなんじゃないの?
    [ 2019/06/07 22:48 ] [ 編集 ]
  704.  
    借金連呼したり、麻生と財務省を同一してる馬鹿ほど、
    財務省に力を与えてるって自覚してくれよ
    [ 2019/06/07 22:51 ] [ 編集 ]
  705. 安倍が一番ビックリしてるだろ。そんな理論を理解する頭なんてないし、
    自分の貯金と任期中の事しか考えてない。
    [ 2019/06/07 22:54 ] [ 編集 ]
  706. 国債=借金は半分正解だし半分不正解
    国ごとの状況によって違う
    [ 2019/06/07 22:59 ] [ 編集 ]
  707.  ギリシャはユーロ使ってたから「自国通貨」では無いわな

    アメリカはなぁ…イラクを攻め込んだ理由が、「石油取引決済をドルからユーロへ切り替える」って決めた事が原因だったくらいだしなぁ
    ドルの基軸通貨の座を脅かす行動をとる国は消滅させるかんねぇ…だから中国への攻撃は最後まで止まらんよwww
    [ 2019/06/07 23:01 ] [ 編集 ]
  708. ※715
    >お金が先じゃないんだな、信用通貨の世界じゃ負債が先にありきなんだ…

    そこで「お金」「負債」という言葉を使うから、一般的な日本人の理解が、そこで躓いてしまうんだと思うがね。
    間違ってはいないんだが、誤解を生んでしまう言葉なのかも知れない。
    「お金」「負債」というと、何だか「一方的に借金だけをしている様な気がする。」イメージをどうしても抱いてしまうのかも知れない。

    ①最初に有るのはあらゆる資本の「価値」であり、その価値の「取引(決済・合意・指標)手段」として、「債権(=債務)」が存在している(使われる)。
    ②「一方の債権=もう一方の債務」であるという事。
    ③「価値」と「交換」する場合、「信用取引の手形」として、古代の場合は貝殻を使っていたが、現在は「債権(=貨幣、債務、手形)」を使う。
    古代は貝殻を集めて加工して流通させていたが、現代は貨幣や債権(債務)を発行して、それを取引手段の為の道具として使うという事
    ④「価値」が増加し続けるというのは、価値の取引によって発生する信用の拡大(=信用創造)である
    [ 2019/06/07 23:19 ] [ 編集 ]
  709. ※730
    ⑤価値を増加させ続けるには、取引を活性化して信用をどんどん拡大していけば良い(インフレと、資本に結び付いた貨幣発行量の増大)
    ⑥価値の取引によって発生する信用の拡大の結果、債権(債務、貨幣)量が少なくなって来て、価値の拡大と創造の加速度が徐々に減退していく
    ⑦「価値」の拡大、信用創造の拡大の為に、債権(債務、貨幣)の量を増やし、それを使って「価値」に対して投資を行えばいい
    ⑧その結果取引活動に関連するありとあらゆる価値が上昇し続け、お互いに高価値同士の取引が活性化し、信用創造が好循環になっていく
    ⑨ただ価値取引の極度な好循環も、価値取引の極度な悪循環を完全放任すると、いずれにせよ正しい価値取引が毀損されてしまう
    ⑩だから価値取引の円滑化と安定的な継続の為、環境を整備して、それぞれの経済主体を守る為に、その価値の上昇分から、少しばかり頂いて、それを「税金」として利用しましょう。(財政の三機能)
    [ 2019/06/07 23:20 ] [ 編集 ]
  710. 偶然だぞ!!
    [ 2019/06/07 23:21 ] [ 編集 ]
  711. ※731
    非常に分かり難い説明で申し訳ない。
    が、これが債務とは何か?債権とは何か?信用創造とは何か?の基底となっている根本概念。
    そして分かり難い説明で申し訳ないが、何故債権(債務)規模の拡大が、経済成長の為に必要なのか?という説明も一応した。
    非常に良い加減で分かり難い説明だが、後半部分で簡単に経済成長と税収増加の関連も付け加えた。

    まぁ要は債権(債務、貨幣)を増やし、きちんと労働、設備、教育、年金、社会保障に「投資」をしましょう。
    皆で高付加価値の人生を送りましょう。
    貴方の仕事や奉仕、作品、作物の、意義と価値を増やしましょう。
    働けば働くほど報われる社会にしましょう。
    という事だ。
    [ 2019/06/07 23:25 ] [ 編集 ]
  712. ※725
    「大きな誤り」というのは、見方に依るだろうな。
    財務官僚共から見たら「債務は増えている」が、日本銀行の債権や、民間資本の資産は増加している。


    というか、そもそも財務官僚共のポジショントークを鵜呑みにするのが良くない。
    我々は何の為に民主政の議会制度を持っているのだ?
    統治機構の暴走を防ぐ為だ。
    官僚や御用学者共のポジショントークやご説明なぞ、本来、政治方針、経済方針として絶対に参考にするべきではない。
    [ 2019/06/07 23:32 ] [ 編集 ]
  713. 日本は完全にたまたまだなw
    この理論が出てきて「あれっ、これ日本の赤字国債じゃね?」くらいの認識だろ
    [ 2019/06/07 23:34 ] [ 編集 ]
  714. ※730
    その書き方じゃ、大方は読んでもくれんよ…
    そもそも、家計簿頭じゃどうにもならんうえに、家計簿頭じゃ※730の書いたものを多分理解できないか、目に痛くて読みもしないと思う。
    最低限複式簿記(やバランスシート)を触りでいいから理解しないと…
    それとて、自国通貨を発行できる政府と企業じゃ正確には通用しない。

    マクロ経済とミクロ経済では考え方が違ってくることと、マクロは家計みたいにお金が消えてなくならないってのを理解してないと無理。
    言葉を簡単に解りやすい馴染み有るものにするのは大事。

    難しい事を解りやすく簡単な言葉で説明できる奴が本当に物事理解できてる奴の証明みたいなものだから、わしのような凡人には無理w
    [ 2019/06/07 23:35 ] [ 編集 ]
  715. MMTおすすめ動画(27分のラジオ番組)

    h ttps://www.youtube.com/watch?v=rLOT-bn-Uj4

    どうしてオススメかと言うと、アシスタントの女の子が可愛すぎる!!
    リアクションが100点満点ですよ。
    作業用BGMにでもどうぞ、気軽な番組です。
    超残念なことにラジオなんだけどね・・・

    [ 2019/06/07 23:39 ] [ 編集 ]
  716. 日本は対外的には世界一の債権国。
    つまり、お金を「貸してる」国。
    [ 2019/06/07 23:41 ] [ 編集 ]
  717. ※735
    どうなんだろうな…
    世界一の純債権国(金貸しまくってる大金持ち)
    国債残高1000兆円
    財政は破たんして日本は終わるー

    純債権国がなんで破綻するんだ?
    なんでそんなに国債残高あるのに今まで大丈夫で、今も大丈夫そうなんだ?

    いや、これ疑問持たんか?
    財務省も現在の主流経済学者の主張も「なんかおかしくね」そういう疑問を持てんといかんのだけどな…

    ネット上では急速に日本にMMT広がってる感はあるが…
    [ 2019/06/07 23:44 ] [ 編集 ]
  718. ※736
    すまんな。
    実を言うと、私は法学部卒だし、経済学は単位は取ったが、専攻では無いし…
    貨幣や債権について勉強したのも、就職した後で独学なんだよね…
    教職免許は取っていないし、他人にかみ砕いて教える様な職業でも無いし、訓練も受けていない。
    私の様な凡人では、すっきりと分かり易く教えるのは無理だ。


    一体、「貨幣」や「債権」について、どう教えれば理解され易いのか…
    ただ「借金」と言うとどうしても、「一方的」かつ「負」のイメージが抜けきれない…
    何にせよ、「お金の勉強(貨幣学)」は、義務教育、高等教育で必修科目にするべきだろう。
    [ 2019/06/07 23:47 ] [ 編集 ]
  719. ※739
    因みにもっと言えば。
    というか日本とは逆の現象を指摘すれば。
    日本と「財務状況が正反対」の米国はずっとずっと前から、膨大な赤字を抱えた「純債務大国」であり、純債務は一貫して増え続けている。
    が。
    国際価格は一度も暴落していないし、国債金利も何の連動も見せておらず、もちろん暴落も暴騰もしていない。
    もっと言えば、膨張し続ける国債に対して、貨幣のドルも一切の連動を見せておらず、暴騰も暴落もしていない。

    つまり。
    「自国通貨建ての」債務と債権によって国家財政を運営している「統合政府の場合」、国債(中央銀行債権、政府債務)の残高や量それ自体が、「多かろうが」、「少なかろうが(※これが凄く重要)」、財政破綻の要因とはならないという事だ。
    [ 2019/06/07 23:56 ] [ 編集 ]
  720. ※740
    現在の経済学で、お金って何かって
    ある意味答えが出て無いからね~w
    説明が難しいのもどおりかと…

    どっちにしても、一般の人たちは家計に置き換えてどうしても考える…
    お金が消えてなくなる家計簿(単式簿記)の労働をして収入を得るだからね…
    家計において借金は良いもんじゃ無いから…

    ただ、企業においては借り換えができる状態の経営状態なら、借金は決して悪い物じゃない…
    個人と違って法人や国家は存続期間が長い(永続性)ってのを理解してないと…

    それに債権とか債務ってのも法務とか財務に関係ない人は一般的に使う言葉じゃないからな~
    [ 2019/06/07 23:59 ] [ 編集 ]
  721. ※741
    訂正
    国債(中央銀行債権、政府債務)の残高や量それ自体が、

    純債務や純資産の残高や量それ自体が、


    要は、統合政府の自国通貨建ての債務や債権の状況が、財政破綻に影響を与えるという事は、歴史上無かったという事。
    [ 2019/06/08 00:00 ] [ 編集 ]
  722. ※742
    単式簿記と複式簿記の、それぞれの概念や用途、違いだけでも、必修科目化するべきなのかも知れない。
    この二つの概念や違いを理解出来ないと、そもそもお金の「貸し借り」の方法や原理が理解出来ないだろう。
    この二つの事を理解するだけでも、かなり政府貸借対照表と家計簿の違い、財政への理解が深まるかも知れない。

    ある程度大きくなったら、高校や大学、専門学校等で、どうやって民間企業がお金のやりくりをしているのか、という事を、実例毎にケーススタディをさせれば良いのかも知れない。
    [ 2019/06/08 00:08 ] [ 編集 ]
  723. ※735
    このミズーリ大学の教授が、現在財政論での研究材料として、日本や米国の財政を参考にして研究したのが、今回の現代貨幣理論だぞ?
    論文の中に、研究対象として日本と米国が書いて有るんだが。
    「後から偶々当て嵌まっている」のではない。
    時系列が逆転しているぞ。
    [ 2019/06/08 00:16 ] [ 編集 ]
  724. ※745
    もともと、日本の状況を主流派経済学では説明できない…
    日本を説明できないならその理論は間違えてる
    的なところがスタート?
    [ 2019/06/08 00:22 ] [ 編集 ]
  725. ※746
    主流派経済学が、どの経済的知見を指すのか分からないが、説明出来ている部分も有るが、根本的に間違っている部分もあるという事。
    高橋是清なんかは、当時の主流派経済学を学んでいた筈だったが、統合政府の自国通貨建て債務(=債権)について、世界の誰よりも理解していた。
    だから主流派経済学が正しい事も有れば、全然頓珍漢な事を言っている場合もある。
    学問的な理論がどうこうというよりも、「運用」理念、現実経済への「感覚」が間違っているんだと思うけどね。
    この現代貨幣理論なんかも、詳しく解説を読むと、実際「理論では無い」んだよね。
    最後の政策部分を除いて、経済「感覚」、経済への「思考方法」の為の基礎概念の話を延々としているから。
    [ 2019/06/08 00:30 ] [ 編集 ]
  726. 国民に国債を支えられるだけの勤勉さと能力がない国が
    日本のケースを真似してもギリシャの二の舞になるだけ。
    [ 2019/06/08 00:55 ] [ 編集 ]
  727. おとんが家族から借金してるのと同じ
    韓国には到底無理な方法
    [ 2019/06/08 01:09 ] [ 編集 ]
  728. ※748
    ギリシャを引き合いに出す時点でMMTを理解できていません。
    ギリシャはユーロであり自国での通貨発行権を持っていません。
    [ 2019/06/08 01:11 ] [ 編集 ]

  729. よくわからんが、国債の引き受け手が国内であるならば、借金ではなく国家による国内投資になるって事?

    金利が低く抑えられているから、投資による成長分より償還額が低くなる?
    だから国債が、事実上は税金による歳入と同じで、
    それだから財政赤字ではないといえる?様に見えるだけ?

    ・・・もうちょっと考えてみる
    [ 2019/06/08 01:32 ] [ 編集 ]
  730. まあ日本政府(特に財務省)は絶対に認めないだろうね
    認めたら消費税引き上げで財政健全化の根拠なくすわけでwww
    [ 2019/06/08 01:53 ] [ 編集 ]
  731. ※751
    引き受け手が国内か海外かは関係ない。
    自国通貨建ての国債のであることが条件。
    円(自国通貨)は日本国(自国)で発行できるから、国債を償還できないというのはあり得ない。

    財政を出動して国民(内国)の生産能力の限界を超えるとインフレが始まる。
    これが一定のレベル(4~5%程度か、3%程度が目標)以下なら国債の発行は問題ない。
    そして国内の生産能力を引き上げる方向に投資すれば、引き揚げられた生産力分だけ生産能力の限界が引き上げられてインフレが抑えられるから、その分国債発行額を引き上げられる。
    [ 2019/06/08 02:02 ] [ 編集 ]
  732. 753 つづき

    経済が回ると国債を発行しなくても適正インフレ率に到達するから、それ以上加熱しないように累進課税で税を取る。税収はインフレを見ながら歳出や国債償還に適切に配分すればいい。
    累進課税だと、景気が下振れすれば税収が下がってインフレ率をある程度自動修正しくれる。

    そも、財政の赤字は民間の黒字なんで、政府が赤字なのは至極当然のこと。
    政府の赤字分が、労働力や生産物を社会資本というか国家の資本として蓄積したと考えると良い

    歳入ありきじゃなくて歳出ありきで税はインフレ調整装置
    というのが私の理解だが…
    [ 2019/06/08 02:03 ] [ 編集 ]
  733. そもそも投資というのは借金で行うものなんだよ。
    費用便益がプラスなら、借金をしても利益が出るということでね。

    企業なら社債、国なら国債を発行して、借金して投資するわけ。

    企業が利益を得て規模を拡大するということは、もっと借金できるって
    ことでもあるわけ。
    借金して、さらにリターンを得る。この繰り返しで、企業は拡大するの。

    借金の概念を家計と企業・国家、同じに考えてる時点で間違い。

    ちなみにトヨタの負債は30兆。従業員一人当たり8333万円。
    トヨタは終わりですか?w
    [ 2019/06/08 02:16 ] [ 編集 ]
  734. 大きい声では言わないほうが良いと思うけど日本の借金に対して日本の資産を外国人は日本人の個人貯蓄が莫大だといううがそれだけではなく我が国は世界一の債権国なのだ。
     国際未償還残高と個人貯蓄+債権残高はほとんど同じくらい、景気が上向いて成長率が1.5%くらいになれば赤字国債の発行も抑えることができるし1.8%になれば借金も減ってくる。
     ギリシャのことが出ていたが公務員も多いとは思うけど問題は地下経済がギリシャの大きな問題、地下経済がはびこると税収も伸びないから国家の借金を返済できないのだ。
     
    [ 2019/06/08 02:37 ] [ 編集 ]
  735. ※55
    第一次所得収支って知ってる?
    [ 2019/06/08 03:06 ] [ 編集 ]
  736. >>204
    事ここに至っては「元」じゃ辛かろう
    [ 2019/06/08 03:10 ] [ 編集 ]
  737. 米704

    日本政府は通貨発行権を持っている。
    つまりお金が無限に出て来る魔法の財布を持ってるんだよ。
    個人の借金と一緒に刷るなよ。

    逆にどうしたらインフレ以外で破綻できるんだ?www
    [ 2019/06/08 04:07 ] [ 編集 ]
  738. コメントに三橋貴明の解説を鵜呑みにして宣伝しちゃってる見る目の無い馬鹿が何人かいて草生えるわwww
    こいつ池上彰並みに胡散臭い奴なのによwwwwww
    [ 2019/06/08 04:29 ] [ 編集 ]
  739. >>752
    お金の仕組みついては日銀も財務省も認めとるよ。
    事実だし否定しようがないしな。しかしそれが世間に広まって
    ほしくないようで、中身を口にせずに否定してるw
    まあもう無理だろうけどね、正しいし事実だから広まる
    彼らがいくら抵抗しても
    [ 2019/06/08 04:31 ] [ 編集 ]
  740. 日本政府は金を世界中に貸してる。
    日本政府は日本人から借りても居る。

    国の借金を国民の借金といって、増税することだけが日本の経済成長を鈍化させている。
    収入があんまり右肩上がりにならない中途半端な給料で、所得税もとるわ、消費税もとるわで二重に税を徴収して、全体的に消極的になるから、高齢化社会にも歯止めがきかない(増税反対がアカだけって本当にしょうもな・・・)。

    日本はうまくやってる?他国が下手なだけで、日本だってポテンシャルあるのに国民から搾り取る事しか考えてないからジリ貧だと思うけど。
    日本よりもっとうまく経済成長好景気つくってくれ何処かが。
    そうしたら漸く日本が真似するからさ(苦笑)。
    治安がよくて、内政でも外交でも信用経済が成り立つ下地がないと無理だけど。
    [ 2019/06/08 04:32 ] [ 編集 ]
  741. ※704
    心配はごもっともだと思う
    本来日本政府が直接貨幣を発行すればいいんだけど間に中央銀行が入るから話がややこしくなる
    (アメリカで中央銀行を介さず直接貨幣を発行した/しようとした大統領は全て暗殺されている)

    ただし日本の場合異次元の金融緩和によって既に国債の45%を日銀が保有しているはず
    そして日銀が国債の利子から得た利益は全て日本政府に返還されるため何も問題ない
    また異次元の金融緩和をしているが金利は全く上がっておらずゼロ金利状態なのが現実

    私もそんなに詳しくないんだけどMMTはインフレ率だけではなく金利も制約になるはず
    だれか詳しい人が説明してくれればいいけど
    [ 2019/06/08 04:59 ] [ 編集 ]
  742. カナダ人って本当馬鹿だな
    ギリシャは外国から金を借りて失敗してんだよwww
    [ 2019/06/08 06:22 ] [ 編集 ]
  743. 初めてMMT知ったのが4~5年前だけど、今まで持っていた
    お金に関する疑問がスーッと取れてすごい気持ちよかった記憶があるわ。
    ここ最近急速に広まってるね。良い事だ
    [ 2019/06/08 06:30 ] [ 編集 ]
  744. 恐ろしい事に日本の借金は発表値が最大であることだ。
    他国の借金の発表値は実際の数分の1か数百分の1である。
    そして日本政府はいつでもその借金を半額に出来る事を知ってるし
    やろうと思えば全額チャラにする事さえ可能。
    過去に1度日本政府はそれを実行してるからな。
    [ 2019/06/08 06:56 ] [ 編集 ]
  745. ※760
    >解説を鵜呑み
    というなら
    人格攻撃じゃなく
    どこがどう間違ってるのか説明しような。
    [ 2019/06/08 06:57 ] [ 編集 ]
  746. ※767
    お前は「日本はもう終わりだ」とかいう低俗なゴシップ誌な謳い文句の広告を出させている時点でコイツの「信用」なんざ無いと気づけないのかね?
    ただただ不愉快で目障りだわ、古市憲寿といっしょのカス。
    [ 2019/06/08 07:38 ] [ 編集 ]
  747. 少子化の日本はもう終わりだ、高齢社会の日本はもう終わりと言う人って、海外の日本以上の少子化や日本以上に急速に高齢社会へ突っ込む社会には終わりを見ない、なんなら明るい未来とか言う

    日本にダメ出ししてる自分に酔ってる感
    [ 2019/06/08 08:12 ] [ 編集 ]
  748. 成功ってか、MMTが基本超不安定なものでしかない理論だが。
    まぁ信用の幻想が維持できている間 だけ 通用する。

    むしろドルの方が基軸通貨だし破綻されたら困るので無尽蔵にこっそりすって、少しづつバランスいくらでもとれると思うんだが。
    [ 2019/06/08 08:23 ] [ 編集 ]
  749. 貸してる国民が政府にカネ貸してる事を意識してなくて
    返却さえ要求していない経済的におおらかな国民ばかり
    だからこれでうまく回っているんだろうね
    きっと政府が借金チャラにしたいって法律作っても内閣
    総辞職位で、困った子がヤンチャしたね程度の反応かも
    知れないぜ。
    [ 2019/06/08 08:32 ] [ 編集 ]
  750. お前らが銀行に預けている預金だって銀行にとっては借金なんだぜ?
    大銀行の頭取が「わが行には1兆円の借金がある! 行員一人あたり一億円の借金だー もうオシマイだ―!!!」
    なんて嘆いていないだろ?
    借金を返済するためにゲンナマを突っ返されても困るだろ?

    [ 2019/06/08 08:45 ] [ 編集 ]
  751.  
    なんで国民年金や厚生年金を国の借金に計上していないんだろうな?

    あれも負債やろ?
    [ 2019/06/08 08:46 ] [ 編集 ]
  752. 何を借金と計上するのか世界共通ではないのか。
    そういえばカナダは大麻の合法化で大麻取引をGDPに計上してるってね。
    [ 2019/06/08 08:53 ] [ 編集 ]
  753. 簡単な話だけど、日本は他国に借金させている銀行であり、アメリカはドルを発行する中央銀行だ

    中央銀行は自分が危なくなればただ発行額を増やせばいいし
    民間銀行は貸し剥がしをすればいいだけだ

    そのせいで他国が崩壊しても、日本とアメリカだけは助かる
    [ 2019/06/08 08:58 ] [ 編集 ]
  754. 理論を実践とかいう話じゃないでしょ日本の場合は
    たまたま実践できる条件が揃ってて、なんとなくそっちに流れてっただけの
    話で。ある意味で奇跡的なレアケースなんじゃないの?
    [ 2019/06/08 09:22 ] [ 編集 ]
  755. ※773
    集められた年金で日本国債が買われてる。
    年金基金の資産となる。
    政府と年金基金(政府機関だからな)を連結すると消えてなくなるわなw

    あと、年金について誤解がないか?
    あれは個人が行う積立金ではないぞ。
    世代間の助け合い。税金に近い性質のもので国民負担率に計上されるもの。
    極論すると所得移転であり基金として貯まらなくてもよい性質のもの。

    ※775 はぁ?

    ※774
    IMFに馬鹿正直に政府債務の数値出してるのは日本だけじゃなかったかな…
    で去年の10月ごろに各国政府の債務と資産のバランスでの純負債高をIMFが発表してるぞ、先進国はどこもおおむね健全
    日本国に関しては純負債ほぼ0
    他の先進国に比べてもより健全
    最近の財務省の主張は「財政は直ちに危機的ではないが、将来も安全とは~うんうんだったかな」w
    [ 2019/06/08 09:29 ] [ 編集 ]
  756. ななし
    日本はMMTを日銀が国債買取で事実上してるけど、利息を支払ってるから建前上は借金付け。

    国力や景気に合わせて日銀が国債を消化して利子を帳消しして行けばMMTは成り立つし経済不安に成らない。
    [ 2019/06/08 09:37 ] [ 編集 ]
  757. ※776
    日本という国で実際に起っている現象を説明できてないんだよ。
    主流派経済論は…
    科学的考査で考えたら「観察した事実」と合わない理論は間違えているって事だろう。

    MMTはそのへんを説明する。
    MMTは自国通貨建て国債しか発行していない国家ならどこでも当てはまるよ。
    胆は自国の生産能力(の拡大=生産性の拡大への投資)だろ。
    まあ、インフレ圧力(or生産能力)には資源制約も存在するから生産能力だけって単純化は出来ないけどね…
    戦中日本みたいに工場が有っても油や鉄がなきゃどうにもならんからな…
    [ 2019/06/08 09:40 ] [ 編集 ]
  758. そうそう、財務省の詐欺が世界に知れ渡って、IMF幹部に財務省からのポストがあるんだけど、もう世界から相手にされてなくて日本にだけ妄言吐き続けてる状態。
    財務省ってそういう脳傷害詐欺師を排出する場所。

    経済学も会計も詐欺だって最初から解ったから、勉強受け付けなかったな。古典と近年の使えそうな考え方つまむくらいで、後は人を欺すための詐欺学問。

    金額は0次元の数(点)ではなく、「重さ(質量と違って環境で変動する)」の尺度だからね。
    [ 2019/06/08 09:41 ] [ 編集 ]
  759. ※778
    日本国債の日銀への利息支払いも建前だけだぞ。
    帳消しにする必要も無く、実像として帳消しになってる。
    国庫に返納するんだからな
    政府→利払い→日銀→国庫返納→政府 って構図だぞ

    なんか後段でそういうこと言ってるみたいだけど、その表現だと分かりにくい。
    [ 2019/06/08 09:45 ] [ 編集 ]
  760. >収入よりも支出の方が多い状態が健全なはずがないと思うわ。

    親(国民)が稼いで政府(子供)が使うだけってことだろう。
    子供の存在が不健全だとでもいうのかな。
    [ 2019/06/08 09:45 ] [ 編集 ]
  761. お金はリソースじゃないよ。誰かに対する貸しだよ。
    有能なやつが無能なやつから借りを作り、
    集めた労働力を上手に使って国を豊かにしていくのが健全な経済。

    それがいつしか労働力を踏み倒すようになっちまったんだよな。
    [ 2019/06/08 10:03 ] [ 編集 ]
  762. ※783
    いや、多分資本主義の行きつくところはそこじゃない。
    不労社会じゃないかな…
    そも、労働力は資本じゃない。

    資本主義は、資本で資本を増強して生産性を高めていく。
    労働を集約することじゃないから…

    お金はリソースの配分をやりやすく、より適正化しやすく(適正化できるとは言わない)するための道具に過ぎない。
    [ 2019/06/08 10:36 ] [ 編集 ]
  763. 無人島で現金を持ってたところで何の役にも立たない
    でも無人になっても貯め続けるんだろうな
    [ 2019/06/08 11:23 ] [ 編集 ]
  764. ジョンローがフランスでやったミシシッピバブルやイギリスで起きた南海バブル。あれが未成熟なMMTであり、批判してる学者たちがイメージしてる世界がそれ。
    でも現在は供給能力が半端ないし、基本的な社会制度やルールがしっかりしてる、インフレが起きにくい世界になっちゃってるからねぇ。
    [ 2019/06/08 11:54 ] [ 編集 ]
  765. 根本的に世界的な通貨の価値の力があってのこと。現状において、世界中で米ドルより通貨価値が高いのが円だから可能なこと
    インフレ率も金利も上がらないのはこれが理由
    そもそも、現金化出来る日本の政府資産は700兆円。残りが実際の借金だからな。日本のマスコミが事実を報道しないから断片的な情報だとこういう記事になるんだろうな
    [ 2019/06/08 12:22 ] [ 編集 ]
  766. 円刷っても刷っても円安にならへんから円安になるまで刷っても問題ない
    [ 2019/06/08 12:30 ] [ 編集 ]
  767. ※785
    世界中の富豪は孫子の代まで遊んで暮らせるぐらい金持ってる
    それでも一生懸命働いて稼ぎ続ける
    [ 2019/06/08 12:34 ] [ 編集 ]
  768. 電子マネー化が進めばお金は本当に数字でしかなくなる
    印刷すら不要になる、日銀の事務のオバちゃんが100兆円て端末で打ってエンター押せば100兆円になる
    そんな時代には新たな経済指標が必要になる
    [ 2019/06/08 12:40 ] [ 編集 ]
  769. ※783
    今や労働生産性が上がりすぎて労働力の価値が低下してるからなw
    コンビニのバイトがしてる仕事を100年前の労働者にやらせようとしたら
    どれだけの人数と給料が必要か?あの仕事を全部覚えて人力で間違いなく実行できる人なんて地球上にいるのか?
    今じゃ最低賃金のバイトでも出来る仕事
    [ 2019/06/08 12:46 ] [ 編集 ]
  770. ※789
    幾ら現在で金を持っていても、「孫子の代まで遊んで暮らせる」だけの「金」というのは、この世に存在しない。
    100年経てば、貨幣価値は凄まじく低下するし、その時は資産価値の有る物が、100年後にはガラクタになっている可能性が高い。
    100年前の円通貨の価値は10000分の一以下だしな。
    金を幾ら貯めこんでいても、長期的時間単位の中で、価値は減退していく。
    価値は上昇させ続けなければ、停滞し続けるか、下がり続けるだけから。

    つまり「一生遊んで暮らせる」というのは、どれだけ多く見積もっても数十年くらい。
    本当に子々孫々の事を考えるのならば、資産を渡すのではなく、教育・技術・資本・設備・人材(子孫や子孫を支える側近たち)・公共インフラ(将来世代が使う)に投資してやり、将来世代の稼ぐ可能性(能力)を成長させてやる方が良い。
    だから賢いが迫害されていたユダヤ人は、非常に不安定で不確実で刹那的な「金」は将来世代に持たせないし、遺さない。
    ひたすら教育投資と技術投資、人材投資をし続けて来た。
    [ 2019/06/08 13:07 ] [ 編集 ]
  771. コレできるのは自国通貨が国際決済通貨になってる経済大国だけだから
    結局日米英スイスくらいしかないんだけどな
    ユーロのせいで独仏はできないし
    中国元はほぼ完全に統制されてて信頼性低いし
    [ 2019/06/08 13:14 ] [ 編集 ]
  772. 「国債の「利子」が雪だるま式に増えて、「支払い続けなければ」ならなくなる~!!」
    「国債が無限に膨れ上がれば、「何時の日か」必ず返済が滞ってしまうかも知れない~!!」
    というのが、恐らく財政破綻プロパガンダに騙される、普通の庶民的な日本人の恐怖を作り出している根本部分なのだと思う。

    まず「国債とは何か?」「貨幣とは何か?」
    ①国債は日本政府がその内容と償還期間、発行数量、新設、利子を『総て決定』できる。←ここが重要
    また、円通貨の供給政策は日銀と日本政府が、総て自立して決定できる。
    ←ここが重要
    <※戦争や経済危機等の緊急事態には、税収の如何に関わらず、国債を刷って国家や国民を生存させ守る義務がある為。(日清・日露戦争、大東亜戦争)
    ※国家が滅びちゃったら、お金が幾ら有ろうが無かろうが、元も子も無いよね?>
    ②「国債=政府債務=日銀債権」である。(これが理解出来ないと後が全て理解出来ない)
    ③国債の利子は、政府(借り手)が「日銀(貸し手)」に支払う利子である。←ここ重要
    [ 2019/06/08 13:52 ] [ 編集 ]
  773. ※794
    追記
    ③国債の償還、利子の支払いは、「政府小切手(=政府債権=日銀債務)」によって行われる。
    ④日銀は、政府から利子の支払い、国債償還の『代金』として、政府から支払われた小切手(政府小切手)を受け取る
    ⑤日銀は利子や国債償還に使われた政府から支払われた小切手(=債権=債務)を「元手にして」、円通貨の発行や国債、その他の公債、他国の債権に「融資して」利益を稼ぐ
    ⑥日銀は政府の完全子会社(下部金融機関)であり、統合政府である
    ⑦またこれから先、他国に日銀や日本政府が、「他国に乗っ取られない限り(侵略、敗戦、革命、内戦による統一政府壊滅、クーデター、全国規模の大災害)」等の、国家未曾有の緊急事態以外に日銀や政府の財政機能が機能麻痺する可能性は極めてゼロに近い。
    ⑧国家全体収支は、政府の税収支や、国家全体の経常収支、日銀の収支を合計したものである
    ⑨利子も国債の授受も、お互いの合意の上に取引しているだけなので、貸借対照表上では、±ゼロ。政府も日銀もどちらかが一方的に損をしていたり、得をしていたりするといった事は、事実上、構造上、理論上無い。
    [ 2019/06/08 13:53 ] [ 編集 ]
  774. 結局は経済の解明なんてできてないんやね。
    最近流行ってた一人あたりGDPも意味不明だし、一人あたり所得とかなんて共産主義思想すぎて。
    [ 2019/06/08 13:56 ] [ 編集 ]
  775. ※795
    誤解を恐れずに、簡潔に言えば、
    統合政府の自国通貨建ての国債は、債務者である政府が返済する為のカネを発行出来る自由な(状況的制約はある)権限を持っている。
    「理論上は」無限に返済能力を持っている。(※高インフレによる国民経済圧迫による経済硬直化や、資源有限性と言った状況制約性は有るから、現実は無限ではない。)
    統合政府の自国通貨が、基軸通貨となっている場合、金を適切に刷り続けなければ、どんどんデフレになり続けて行き、インフレ基調にはならないですよ、という事。


    別に「現代貨幣理論」などと、随分御大層な名前が付いているが、日本では、「前現代」人である「高橋是清」の経済政策が、これをもう既に実践しているし、証明しているけどね。
    というかもっと言うならば、貨幣が誕生した古来からの正しい経済思想というべきか…
    [ 2019/06/08 14:02 ] [ 編集 ]
  776. 中国、韓国の「悔しい!」の声が聞こえて来そうww 
    [ 2019/06/08 14:25 ] [ 編集 ]
  777. ※796
    続き
    「利子」は支払う方が損をする!と思い込んでいる人が多々居るが、利子が支払われずに困るのは、貸し手なんだよね。
    日本人は善良で真面目で、利他的で清廉だから、「お金は返さないと(借り手)が死んでしまう!」と思い込んでいる人が多い。
    だが、ちょっと待って欲しい。(朝日新聞並みの制止)
    仮に債務不履行となった時に困るのは、一体どちらであろうか?
    お金を貸している方?
    借りている方?
    そう!その通り!
    お金を「貸している」方が困る。
    借りている方は開き直れる。
    だから昔は、債務不履行が起こった際に、貸し手が借り手に、殴りこんで金を返済させていた。
    だが、ちょっと待って欲しい。(朝日新聞並みのしつこさ)
    日銀は日本政府に殴り込みに行けるだろうか?
    貸し手の日銀の財務状況は、借り手の日本政府の財務状況と、どういう関係に有るだろうか?
    日本銀行は日本政府の「持ち物」であり、日本政府によって存在を許され(担保され)、日銀と政府の財務は連結されている「運命共同体」なのである。
    そして構造上、日銀が取引できるのは、日本政府だけである(若しくは日本政府が決定した特定機関、特定資産のみ)!
    [ 2019/06/08 14:31 ] [ 編集 ]
  778. ※799
    続き
    独占欲の強い、強力な権限を持ったカリスマヤンデレ経営者の日本政府に、日本銀行ちゃんは、「身」も「心」も支配されちゃっているのである…///(何だかエッチだ…)
    だが日本銀行ちゃんが日本政府クンの仕事を支えているお陰で、日本政府クンは、自らの向上と、世の為、他人の為、自分磨きに勤しめるのである!
    これが真の愛か…(いや違う)

    まぁでも日本政府クンと日本銀行ちゃんは、同居しており家計や稼ぎ、借金は仲良く共有。
    お互いに自立してそれぞれ超絶稼ぎまくっており、稼ぐ元手も最初から自分達で幾らでも創造できる。
    ケッ!
    ただの金持ちリア充の話じゃんかよ…
    しょうもな!
    [ 2019/06/08 14:37 ] [ 編集 ]
  779. ※801
    続き
    ただ最近の政府クンは仕事を真面目にしてないし、世の為に良い事や良い物(経済社会全体の付加価値の総合)を生み出していないし、資産の売り買いで楽ばかりしているし、従業員はリストラしたり、給料減らしたりしているし。
    日銀ちゃんは引きこもって政府クンを支える家事も放棄して、ヘソクリ増やそうとして来てるじゃん!?
    クソ展開かよ。
    しかもこいつ等のせいで、周りのキャラ全員完全「とばっちり」受けてんじゃん!
    良い加減に真面目にお互いに向き合ってよ!
    このままじゃ「連載(日本経済)」が「打ち切り(投資の減少による日本国家全体の資本価値の減退加速が強まる)」になっちゃうよ!
    [ 2019/06/08 14:37 ] [ 編集 ]
  780. ※797
    現代貨幣理論の貨幣への理解は、一端正しいと言える。
    ただ「この後」で、世界中のノーベル経済学者達が懸念している、重要な問題が浮上してくる。
    この現代貨幣理論の「政策部分」どうだろうか?
    つまり「インフレ率のみが、財政投融資を制約する唯一の障害である。」というのは、歴史的に見てどうなのか、検証していこう。

    最も分かり易い顕著な例が、嘗て凄まじいデフレ不況から我が国を救った、「高橋是清」が行った、統合政府の自国通貨建て債券による財政出動政策を考えてみよう。

    現代貨幣理論と、高橋是清の財政思想の「決定的な相違点」は、高橋是清の場合、インフレ率の極端な上昇が「起こる前に」財政投融資を「中断」したという事である。
    [ 2019/06/08 15:06 ] [ 編集 ]
  781. ※802
    続き)
    一つの思考実験をしよう。
    もしも現代貨幣理論の様に、公的資金の投入は、財政投融資を止める要因が、「インフレ率という制約以外」に「存在し無い」と言うのであれば。
    インフレ率が許す限り、「軍事費」を無限に拡張しても良いという事になる。
    何故なら防衛予算の内の大半は「人件費」であり、国防軍の職業軍人は、公務員であるから、現代貨幣理論で想定され得る財政投融資モデルとして、適当な方策であると言う事が出来る。
    安全保障が担保される事で、国民が安心して生きて行けるのだから、国防能力は、「理論上は」、「如何なる場合であっても」「有れば有るだけ」良いと言える事が出来る。

    では高橋是清は軍事費の拡張を容認したのか?
    答えは「否」である。
    それどころか、軍事費の無限拡張に公的債権が使用されるのを防ぐ為に、一部財投融引き締めを行った。
    [ 2019/06/08 15:08 ] [ 編集 ]
  782. どうなるか誰も分からないだけだよ。
    実権もモデルで借金上手く処理出来たら他の国も真似しだす
    失敗したらマジでどうなるか不明
    [ 2019/06/08 15:20 ] [ 編集 ]
  783. ※803
    続き)
    では、何故全体のインフレ率が、適切な上限に達する前に、国防軍への投資の制限、公共機関への投資の引き締めをやったのか?

    それはそれが経済成長や付加価値の拡大再生産の大きな「障害(制約)」となると考えたからだ。
    当時の日本の不況は、貨幣と価値生産の大きな乖離、民間経済能力の激減、資本価値への投資の激減が理由で起こったものだった。
    つまり民間経済の活力が弱体化がその根本原因だった。
    公共機関の無限拡大は、民間経済の自由な経済活動を抑制して、経済の硬直化、富の偏在、利権の拡大による経済合理性の阻害、結果として経済政策の歪曲が起こる。
    現在の日本の様に。
    しかも防衛予算と民間産業は、至上目的が全く別のベクトルであり、同じベクトルのものでも、の民間産業への波及は、凄く時間がかかるものでも有った。
    恐らく高橋是清が、統合政府による自国通貨建て債権(債務、貨幣)の発行によって、目指したかった未来は、自由競争や自由取引による、「効率的な」価値生産の増大、つまり長期的に金を稼げる手段への投資を意図していたのだろう。
    [ 2019/06/08 15:23 ] [ 編集 ]
  784. どうせ破綻するんだから、1日でも幸せな日をつくるべきだよ
    大事なのは経済の大きさ
    [ 2019/06/08 15:27 ] [ 編集 ]
  785. ※805
    続き)
    また当時、政治家達や官僚達は、国民から信用を完全に失っており、比較的清廉な新進気鋭の軍人達への国民から支持が集まっていた。
    軍人達の発言権と影響力が、日増しに大きくなっている世論が有った。
    政府の財政・金融政策独立が、この政治的な活動をする軍人達によって、脅かされるという懸念も、見過ごせない圧力として有っただろう。

    当時も、この現代貨幣理論の簡易版の様な話が軍人達の間で出て来た。
    つまり「統合政府の自国通貨建ての債務は破綻する事は決して無い。だから極度に不安定化している国際状況(欧州情勢、ソ連や支那大陸情勢)に合わせて、我が国を守れるのに必要十分な分だけ、つまり軍が要求する分だけ、無条件に全額発行しろ。」という連中が出て来た。
    [ 2019/06/08 15:37 ] [ 編集 ]
  786. ※808
    続き)
    彼等の言う事は、「理論上は」至極尤もである。
    何故なら、統合政府の自国通貨建ての債権(債務)が破綻するのは、自国政府が、大日本帝国が滅亡する時だからだ。
    インフレ率のみが、国民経済に悪影響を与えるのであって、国防費が無限に増えた所で、国防産業に携わる人間には仕事が生まれ、他産業の人間にも所得が再分配され、誰も損をしていない(その時点では)。

    だが、彼らの要求を呑んでいたらどうなっていただろうか?
    日本経済の税収は名目上増え、財政規模は膨らみ、一見経済が拡張している「様に見えるが」、恩恵を受けているのはごく一部で、価値生産も特定の価値のみが肥大化し続け、他の価値生産を毀損し阻害し破壊し、社会に大きな問題を齎すだろう。
    偏った経済環境や、利権が固定化した経済環境、格差や人材が偏った経済環境は、経済流動性が著しく低下した社会は、非常に危機事態や状況対応能力が「脆弱」となる。
    [ 2019/06/08 15:46 ] [ 編集 ]
  787. ※808
    訂正
    毀損し阻害し破壊し、

    毀損させ、阻害し、減退させ、
    [ 2019/06/08 15:48 ] [ 編集 ]
  788. ※809
    続き)
    統合政府による自国通貨建ての「最大にして唯一の問題」は、この様に巨大に利権化したある特定の団体に対して、無限に国債を刷り続け、結果として「経済が硬直化」してしまう事だ。
    経済成長とは、価値を上昇させる事であり、価値は「変化」や「取引」との相対的な相乗効果によって上昇する。
    その変化や取引を阻害するのが、経済の固着化、活性化の減退である。
    民間経済の価値生産が阻害され、国民経済にとっての効果や損害を度外視して、利権構造の損得のみによって、経済政策全体が、歪められて行ってしまう事だ。
    「債権(債務)」の存在意義は、その債権(債務)を使って、価値の創造と上昇させる事。
    価値の創造と上昇を促進する為に、その債権(債務)を増やしている。
    もしも、債権が価値の上昇と創造を、結果として「阻害(毀損)する」のであれば、その財投融資は何の意義も無いし、時間と労力の無駄(非効率的な投資)で、政策的意義は、相対的に言えば害悪の方が大きい。
    [ 2019/06/08 15:53 ] [ 編集 ]
  789. ※810
    極論を言おう。
    極論は大きな誤解を生むので、したくはないのだが。
    例えば、今現在日本は、人類史上初の、未曾有のデフレ不況である。

    因みに、現在のデフレは、政府や学者、国民の、歴史的無知、経済学的無知、貨幣に関する無知が起こした、100%人為によって発生している為、心の底から恥ずべき事だが…
    それは置いておいて(閑話休題)。

    極論を言おう。
    もし仮に、現代貨幣理論の言う様に、インフレ率以外、財政投融資を拡大する制約が存在しないと仮定してみよう。
    そう仮定した場合、インフレ率が適正上限に達するまで、「無秩序に公務員を増やして、無秩序に公務員への給与を単純に増加させた場合」、我が国の経済成長は100%達成され、我が国の経済は活性化すると、100%断言できるだろうか?
    答えは「否」である。
    数年前に我が国は消費税を増税した「後で」、経済効果を期待して、実際に国家公務員や、その他の公務員の給与を全体的に「上げている」。
    だが経済指標を見てみると、「殆ど効果が無かった」。
    [ 2019/06/08 16:03 ] [ 編集 ]
  790. ※811
    そして巨額の財政投融資先が、仮にインフレ率が適正上限に達する迄、その投資先は「何でも良い」というので有れば、投資先は、税金を払っている以上、パ〇ンコ業界や競馬業界、サブカル産業、医療業界、慈善活動をするカルト宗教団体等でも良い事になる。
    理論上は良い事になる。
    彼等は莫大な税金を支払っており、彼らの税金を全額所得の再分配に使われるのだから。
    「理論上は」。

    だが実際は、「現実の政治・経済」はどうなのか考えてみよう。
    一部の特定の団体や分野に投資をしたら、または事実上の減税措置(パ〇ンコはギャンブルではない等)をした場合、その特定業界はどうするか?
    官僚の天下り先を斡旋し、国会代議士として、利益代表を送り込み、更にもっとくれもっとくれと、特権を要求し保持する。
    つまり「利権化」する。
    その結果所得の再分配機能が阻害され、価値生産、所得、社会的リソースが偏在し、経済が固着化する。
    [ 2019/06/08 16:11 ] [ 編集 ]
  791. 平成30年12月末 国債総額1013兆990億円の内 日本銀行46%銀行等16.9%生損保等20.4%。解るかな?この3つで83.3%を保有してんだよ!又日本銀行は 公定歩合 と国債等の銀行の担保を操作して市中金利や金の量を調整している。それには生損保等も絡んでいるし、わかる?国債ってただの借金じゃないんだよ!
    [ 2019/06/08 16:11 ] [ 編集 ]
  792. ※812
    利権がどんどん肥大化すれば、経済が固着化した結果、財政の公平性、公益性が大きく破壊され、崩壊し、利権以外の民間経済活動が大きく損なわれ、成長が鈍化する、状況によっては、価値が減退していくという事態に陥ってしまう。

    高橋是清はこの事を理解して居た。
    だから軍部や特定利権への債権の無限発行を拒絶し、抑制した。
    「適正上限のインフレ率とは関係無しに」。
    詳細は上記説明と重複し、また長くなるので割愛するが、そもそも高橋是清を例に挙げるまでも無く、高度経済成長~現在の我が国政府の財政出動の失敗が、それを如実に示している。

    長くなって申し訳ない。
    結論を言おう。
    現代貨幣理論のインフレ率「のみが」、財政出動を阻害し得る、唯一の条件である。という部分は誤りである。
    インフレ率以外にも、財政投融資を阻害する要因は有る。
    という事だ。
    それは政府が、特定の分野や産業に対して、「選択」と「集中」という、経済を毀損する様な、恣意的で独善的な投資をする際に、債権と債務を使い込み、利権団体が肥大化し、他産業の経済成長を阻害する場合である。
    [ 2019/06/08 16:22 ] [ 編集 ]
  793. 日本はMMTなんか実践してませんよ。

    なぜ第三者が日本を実践国にしたがっているのかが不思議。

    一応まだ破綻していないってことだけで、危ないのはどこの国も一緒。
    日本をスケープゴートにしないでほしいな。。。。
    [ 2019/06/08 16:32 ] [ 編集 ]
  794. ※814
    統合政府、自国通貨建ての「ソ連」の例や、米国の軍需産業と米国経済と財政出動、自由化した経済活動での債権債務の拡散の例を挙げて、この現代貨幣理論の結論部分の誤りを説明しようと思ったが、また長々と説明しなければならないので割愛する。


    では我々にとって、利権構造を肥大化させず、財政出動の持つ効果を最大限に発揮できる、最善のデフレ脱却政策、最善の経済成長刺激策は、一体何だろうか?
    一切の例外を認めない、可能な限りあらゆる経済主体を対象にした、「減税」である。
    債権債務の関係で言えば、「減税=投融資」と「金利の引き下げ」である。
    そして特定産業への投資ではなく、産業創出の基盤、ベンチャー企業、新生産業、新生企業、最大公約数の国民にとって、極端な不足が感じられる産業への「投融資」である。(減税でも可)
    何故デフレ経済からの回復、経済成長にとって、または税収増加、債権債務の創造にとって「減税が最も効率が良い」のかは、説明がまたこれから長くなるので割愛する。
    最も卑近な一例は、現在、米国政府が、トランプ大統領が行っている経済政策を分析すると良いだろうか。
    [ 2019/06/08 16:34 ] [ 編集 ]
  795. ※816
    続き)
    滅茶苦茶大雑把にまとめを言おう。
    ①統合政府であり、自国通貨建ての債権(債務)を財政基盤としている国家財政において、財政破綻の心配は無い。
    ②財政投融資の「制約」は、資源有限性、外交安全保障、利権化構造、経済流動性の停滞等、インフレ率以外にも、制約は幾らでも存在する事。
    ③財政投融資による経済活性化の能力は、万能ではなく非常に限定的である。
    ④最善の経済状態はマイルドなインフレ経済(年次3%~7%)である
    ⑤最善の経済刺激政策は、景気が悪い時は、取引市場空間の債権(債務、貨幣)量を増やし、価値上昇圧力を強める事。
    反対に、景気が過熱し過ぎた時は、取引市場債権(債務、貨幣)量を減らし、過度な価値「暴騰(健全な上昇ではない)」を抑制する事。

    上記の私の「分かり難い」説明が、少しでも理解出来れば、現代貨幣理論の意味も分かるし、インフレ率「だけ」が制約だという部分の誤りも理解出来る。
    また我が国が取るべき正しい政策も分かるし、デフレ不況下での増税が我が国の経済に、どう影響するのか、理解出来ると思う。
    逆に私の拙い説明だと、返って混乱してしまった人が大多数かも知れないが…
    [ 2019/06/08 16:55 ] [ 編集 ]
  796. ※817
    訂正
    ⑤最善の経済刺激政策は、景気が悪い時は、取引市場空間の債権(債務、貨幣)量を増やし、価値上昇圧力を強める事。
    反対に、景気が過熱し過ぎた時は、取引市場債権(債務、貨幣)量を減らし、過度な価値「暴騰(健全な上昇ではない)」を抑制する事。

    ⑤最善の経済刺激政策は、景気が悪い時は、取引市場空間の債権(債務、貨幣)量を増やし(減税、殖産興業への財投融資)、価値上昇圧力を強める事。
    反対に、景気が過熱し過ぎた時は、取引市場債権(債務、貨幣)量を減らし(増税、財投融資の抑制)、過度な価値「暴騰(健全な上昇ではない)」を抑制する事。
    [ 2019/06/08 16:58 ] [ 編集 ]
  797. ※816
    大事な事が抜け落ちていた。

    減税=投融資と書いて有るけど、投融資と減税は同じものなの?
    と聞かれれば「効果は同じだが、手段と過程は全然違う。」
    減税と「財政」投融資は、どちらがより良いと言えるのか?
    答えは「減税」である。
    何故なら利権構造の発生、経済の停滞、価値リソースの偏在という、財政投融資のデメリットを生まずに、財政投融資と同等の効果を得られるからだ。

    例えるならば、例えが適切かどうかは分からないが、
    ・財政投融資=一時的な対症療法
    ・減税=副作用の限りなく少ない根治療法
    と言うべきか、
    [ 2019/06/08 17:23 ] [ 編集 ]
  798. ※819
    訂正
    何故なら利権構造の発生、経済の停滞、価値リソースの偏在という、財政投融資のデメリットを生まずに、財政投融資と同等の効果を得られるからだ。

    何故なら利権圧力団体の発生、固定化した利権構造発生、経済の停滞、価値リソースの偏在、経済に疎い官僚の判断ミス等といった、財政投融資の「デメリットを生まず」に、財政投融資と同等の効果を、減税によって得られるからだ。
    [ 2019/06/08 17:28 ] [ 編集 ]
  799. ※379

    >税収を国債償還に充ててないぞ間抜け。

    この半島の工作員は、
    税収がソックリと国債の「元利払い」に充てられると、その時点で日本の「円」の国際的信用力が失墜し、経済の維持ができなるなる、っていうことが理解できんようだな。

    あんなあ、腐れ半島人よ。
    税収額=国債償還額 ってことを言ってるのだよ。
    [ 2019/06/08 17:28 ] [ 編集 ]
  800. 久々に覗きました。コメント全て見きれませんでしたが、博識かつ世間一般の方々にもわかりやすい説明の多いことで安堵しました。ヤフーなどタイトルだけで反応せず、しっかり内容を吟味して批評出来る方が増えることを願わんばかりです。
    [ 2019/06/08 17:29 ] [ 編集 ]
  801. ※822

    まあ、※352 ※373 で、結論が出てる。
    [ 2019/06/08 17:33 ] [ 編集 ]
  802. ※784の考え方と※810までの人の意見を合わせて、金額の重さを操作できるようになれば、お金の本質を使いこなせるようになるね。

    さてさて、真実が暴かれた時に、金貸し詐欺師「悪魔」はどうするのか。
    世界はどう変わるのか、まぁ今まで通りなら、「悪魔」が戦争に持ち込んでリセットかける流れ。
    今度こそ人類は日本は、悪魔祓いできるのかねー。ちょっと分が悪い?
    [ 2019/06/08 17:39 ] [ 編集 ]
  803. ※824うあ、更新してなかった
    ※810→※820までの人

    ※820までの人の考えを理解していると、財務省がアカスパイにやられてる組織だって事が判る、真逆の事をしている身中の虫が居る(害虫が見えるようになる)から、他にも税制改悪推進する連中と売国集団の繋がりとか。
    まぁそんな中でも、スパイごり押しを逆手にとってどうにかしようとしている人も居るのが、日本の底力だろうけど。

    何にせよ、日本国民は見捨てられ、収奪が行なわれているような状況だね。名誉革命で追放し独立すべき時期なんだよな。
    [ 2019/06/08 17:50 ] [ 編集 ]
  804. 革命で追放し独立
    →売国勢力や、日本植民地支配の実行役追放ね。
    [ 2019/06/08 17:52 ] [ 編集 ]
  805. 日本でやるG20で話し合うっていう、日本が提唱する新たななんたらっていうのが、悪魔祓いとなるかどうか。って所が見物かな。
    感心させてくれるような物が出てくるのかねー。
    [ 2019/06/08 17:55 ] [ 編集 ]
  806. 日本以外の国では無理。
    前提が成り立たないから。
    [ 2019/06/08 17:56 ] [ 編集 ]
  807. ※828
    日本でも無理。
    単に先延ばししてるだけ。

    先に延ばせば延ばすほど、その被害は可級的に大きくなる。
    つまり、日本の破綻は、人類の経済史上、類を見ないほどの巨大なものとなるだろう。
    それを避ける唯一の方法は「円高」を目指すことだったのだが、
    国賊とも言われる安倍は、逆の「円安」へと突っ走ってしまった。
    その結果、今、国民生活は、食うや食わずの状態といわれる「エンゲル係数の急上昇」に突き進んでいる。(これは終戦直後を除けは戦後初の異常事態)
    [ 2019/06/08 18:19 ] [ 編集 ]
  808. 知らない人も疑問な人も、これらの動画を見た方が理解が格段に早い
    中野さんは600頁の大著書『富国と強兵』で日本にMMTを紹介した現役の若き官僚さん(暖めてるギャグを解説に挟むが議員先生には無視されてもめげない)

    ザックリとMMTの分かりやすい解説動画ならこちらをどうぞ
    「日本の未来を考える勉強会」ーMMTポリティクス〜現代貨幣理論と日本経済〜ー令和元年5月17日 講師:経世論研究所 所長 三橋 貴明氏
    92,073 回視聴
    h ttps://youtu.be/CMLYpWlQp1E
     
    MMTに対する主だった批判への回答動画ならこちらをどうぞ
    「日本の未来を考える勉強会」ーよくわかるMMT(現代貨幣理論)解説ー平成31年4月22日 講師:評論家 中野 剛志氏 86,121 回視聴
    h ttps://youtu.be/LJWGAp144ak?t=1186
    [ 2019/06/08 18:22 ] [ 編集 ]
  809. 中国は積極財政による経済成長を30年やり続けてる
    MMTを一番理解し実践してるのは中国だよ
    ネト/ウヨはそろそろ中国をバカにするのをやめて、国内を立て直すために動いておくれよ
    そろそろこの国はタイムリミットだよ
    [ 2019/06/08 18:23 ] [ 編集 ]
  810. ※831

    今、中国経済は破綻しかけてるのを知らんようだなw
    [ 2019/06/08 18:30 ] [ 編集 ]
  811. >共和党「お金を使いまくって孫達にツケを払わせよう」
    左翼にありがちなパイの大きさが変わらないと思ってるんだろうな。
    左翼はパイの大きさが不変で金持ちがそれを独占してるって考えがち
    金持ちがパイの大きさを大きくしていってくれるなんて考えもしない
    [ 2019/06/08 18:40 ] [ 編集 ]
  812. ※832
    強引な詐欺行動で、焼け石をプールにぶち込むくらいの効果はあったみたい。
    仮想通貨バブルを利用して、シャドーバンクの膨大な負債を消し去ったとかなんとか、まぁ他にも爆弾は残ってるんですけどね。日本の金を流れ込ませようと広告してた連中は、かつてチャイナの時代だと日本企業に進出促し身ぐるみ剥いだやつらと同じチャイナスパイ連中。


    あー、円の発行時期について調べたら、Wikiに捏造あったわ。
    円は、日本円をチャイナが真似してつくった1890ものなのに、Wikiにはチャイナ1890を元にして、日本が円を作ったと捏造されてる。
    [ 2019/06/08 18:44 ] [ 編集 ]
  813. 中国は実際に凄まじい勢いで発展してるしGDPも上がってる
    GDPが上がれば軍事費も上がってるんだよ
    精神勝利ばっか続けてて虚しくならないの?
    日本企業の株主って今もう外資ばっかだよ?

    日本だけだからねこれだけ長い期間デフレとマイナス成長続けた愚かな国は

    右翼ならよその国馬鹿にしてないで自国の発展に尽くしなさいよ
    右翼なんでしょ?
    [ 2019/06/08 18:56 ] [ 編集 ]
  814. ※835
    日本の支援で立たせてもらって、その後に覚えた事は泥棒と詐欺だったけどなー。残念だわ。
    共匪共産党ではさもありなんか。
    [ 2019/06/08 19:00 ] [ 編集 ]
  815. チャイナで使ってたのはテール両、賠償金のなんたらテールで日本人は学ぶね。
    日本が1871年に圓を発行し、チャイナは1890年に日本を模範に銀圓発行を決めた。この圓を元と書き換えて今に至る。

    これをWikiではチャイナの真似アルって、いつもの歴史捏造がおきてる。テール両だった国の何を真似たら圓になるんだよw
    [ 2019/06/08 19:03 ] [ 編集 ]
  816. ※835
    精神勝利だーとか右翼ならとか色々と貴女の中の前提が多すぎる気配がしますけど。

    しかし右翼ならっやんなさいよって事は左翼はやんなくていいってこと?
    [ 2019/06/08 19:18 ] [ 編集 ]
  817. ※821
    税収額=国債償還額じゃないぞ間抜け。
    何で税収を勝手に全額使い込んでいるんだ。
    国債は政府収入じゃなくて、政府支出だろうが間抜け。
    国債の償還は、小切手によってしか償還出来ない。
    税収が有ろうが無かろうが、政府と日銀の合意で、必ず返済している(する事になっている)んだよ間抜け。
    そもそも、何勝手に政府の税収を国債償還額分だけにしてんだ。
    唯の不正会計じゃねえか。
    良い加減にしろ。
    そもそも、どういう構造でそんな頓珍漢な事が起こっているんだよそれは。
    どこの世界の話をしているんが間抜け。
    空想上の話をするな。
    現実の日本の財政の話をしろ。
    [ 2019/06/08 19:19 ] [ 編集 ]
  818. ※839
    (承前)

    何度も何度も説明してやっても、何で理解出来ないんだ…
    「上記のコメントを読み返せ!」と何度も言っているだろう?
    日本語をまず理解しているか?
    まず、お前は日本語話者のネイティブの日本人なのか?
    ストーカー並みのしつこさだな、日本滅亡を願う、変態工作員。
    何でも良いから、「現実」に基づいて喋ってくれ。
    何でそんなに我が国を滅亡させたいの?
    何でそんなに我が国の経済成長や税収増加の為の税制改革を阻止したいの?
    カルト宗教団体の信者なのか?
    税金に寄生して生きているの?
    まず何度も言っているが、財政についてお前は「勉強をしろ」。
    財政と債権債務関係、収入について「勉強をしろ」。
    話の前提が滅茶苦茶な奴と議論しても、話にならん。
    ネット動画でも、新書でも、通信教育でも、講演会でも、ブログでも、何でも良いからきちんと勉強してくれ。
    それから議論だろう?
    [ 2019/06/08 19:21 ] [ 編集 ]
  819. 個人的に右翼に物申すって人は他人任せが多い印象。
    自分これこれこうやりますから応援してくださいとか、若しくは、自分じゃできないからやってほしいってなら解らんでもないけど、やんなさいよってのは、ん?って感じ。
    [ 2019/06/08 19:22 ] [ 編集 ]
  820. ※840
    続き)
    数十年ごとに世界や国家、国立銀行が一端総て消滅して「リセット」される前提なの?
    売国奴共は、一体全体どんな世界に住んでんだ…
    怖いよ…
    現実の話をしろ。
    国債と税収の創造、形成プロセスは、時間も、規模も、内訳も、目的も、構造も、全然全く違う。
    毛ほども、全く、かすってもいない。
    全然関係ない。
    因みに言えば、国債償還で困るのは、日銀だけだ。
    日銀は政府と「同じ財布」を使っている。
    政府の損失はそのまま日銀の損失だ。
    貸し倒れを防ぎたければ、もっと経済成長して貰い、価値創造の為に日本政府を支援すればいい。
    つまり債権を新たに創出してやり、新たに貸し付け、怠けて居たらケツを蹴飛ばして(金利、金融政策)、仕事(財政投融資、経済財政政策)をさせれば良い。
    というかそれしか方法は無い。


    言っている意味が理解出来なかったまず、本を読むなり、講演会に行くなり、ネットリサーチするなりして勉強しろ。
    売国奴が。
    話はそれからだ。
    [ 2019/06/08 19:34 ] [ 編集 ]
  821. 横からだが、
    右翼=政権右翼=親政府=国粋派イデオロギー
    左翼=政権左翼=反政府=革新派イデオロギー
    って事だぞ?

    右翼≠愛国者
    右翼≠保守
    じゃないからな?
    左翼にも愛国者は居るし、左翼が保守派となる事もある(日本で言う護憲派)からな?
    政治共同体に馴染みが薄い、日本に住む日本人には分からないけど。

    日本人は良く間違えるけど。
    [ 2019/06/08 19:39 ] [ 編集 ]
  822. 日本とアメリカと中国は、通常の経済モデルには当てはまらないだろう。
    日本は特殊すぎる。アメリカは世界随一の基軸通貨。
    中国は嘘の上に嘘を重ねすぎて実態が誰にもわからない。
    [ 2019/06/08 19:47 ] [ 編集 ]
  823. ※842
    追記
    とても重要な点が抜けていたが、
    「国債の発行・償還手続きは「政府小切手」によって行われている。」
    という事。
    [ 2019/06/08 19:50 ] [ 編集 ]
  824. ※843
    日本人が右翼を保守と間違ってるって情報から見直してみてわ
    [ 2019/06/08 19:50 ] [ 編集 ]
  825. 右だ左だそんな解りにくい言葉を使うなよ。フランス仕込みの革命野郎に騙されるだけだぞ。

    どっちだろうと、国家の病理を見つけて取り除くなり治療するって話に変わりは無い。
    それをやらない、あるいは逆に協力し自勢力を広めようとするのなぞ、国賊に過ぎない。
    [ 2019/06/08 20:08 ] [ 編集 ]
  826. ※821
    仕方ないが最後に説明してやろう。
    お前の様な話を聞かない、現実を見ない間抜けが、政治主権を持っている事が、民主政の最悪の欠点である。
    民主政が想定し得る限り最悪の政治制度であるという、アリストテレスの箴言が普遍的真実である事の、何よりの証左だ。
    良い加減しんどいから、頼むからこれで最後にしてくれ。
    頭が悪いのだろうが、辛抱して、総ての脳細胞を駆使し、一つずつ理解してくれよ。
    ゆっくりで良いから。
    分かんない所が有ったら、一つずつ、日本語で質問しろよ?


    ①借金(債務)は、「相手方の」債権
    ②国債は日本政府と中央銀行の合意が在る限り、柔軟に創造され、柔軟に返済される
    ③債務者が債権発行権を持っており、債権者が債務発行権を持っている
    ④日銀と政府の利子のやり取り、国債の授受は、構造上、何か不正をしない限り、最終的に必ず「±ゼロ(得失ゼロ)」にしか、なり得ない
    ⑤債権や債務は、突然一方的に独立して勝手に消えたり、突然一方的に独立して勝手に増えたりしない
    [ 2019/06/08 20:23 ] [ 編集 ]
  827. ※848
    ⑥現在の一定期間分の「税収」は、それまで「価値」に投資して付加化価値を生み出して来た分の総合、つまり創造され上昇した富(=信用)の分に税金を掛けて、それを徴収したものである
    ⑦我が国は政府小切手(政府債権、日銀債務)によって、予算を日銀に支払い、日銀から円通貨やその他債権を受け取って、財政支出として、予算を執行し、財政投融資、様々な決済、国債の返済に利用している。
    ⑧国債の利子は、日銀当座預金として計上され、日銀当座預金は政府の合意の下で利用されている、政府の例えるなら「財布(正確には違う)」である。
    ⑨日本は対外純債権国であり、前代未聞の経常収支黒字国であり、世界最大空前の外貨保有国である
    ⑩「利子」付借り入れ制度は、性質上「借り手側」が圧倒的に「有利」な制度であるという事
    ⑪いずれにせよ日本政府と日銀は連結決済の為、日本政府の国債不払いは日本銀行の不利益となる事。日本政府の国債償還は日本銀行の得になる事。
    ⑫日本政府の国債償還手続きは、日本政府の一存で決まるという事
    [ 2019/06/08 20:28 ] [ 編集 ]
  828. ※849
    ⑬どうしても日銀の資産を増やしたいなら、政府に「新たに債権(債務)を貸し付けて」、政府や国民経済に投資し稼ぐ能力を付けさせる事以外にない(金融緩和、経済財政策の促進)
    ⑭国債の償還は、「政府小切手」によって行われており、ある一定の期間において徴収された税収によって、行われている訳では無い。
    ⑮また実際の確定税収の如何は、国債発行の際に、如何なる政治的・財務的判断基準となっていない(少なくとも事実上相関関係は無い)。
    ⑯どうしても日銀が政府の債務不履行が心配なら、どうしても利子が返せそうにないと心配ならば、安定的な債権返済計画の為に、政府と合意して、債権のロールオーバー、リスケジューリングをすれば良い。
    ⑰但し、⑯を実行した場合、損をするのは日本銀行自身である。そして日本政府は国債返済が「事実上チャラ」になった代わりに、「収入が大きく減ってしまう」事になる。(統合政府の貸借対照原則)
    つまり「どちらかの債務を減らす」行為は、「もう一方側の債権を減らす」行為でもあるので、債務を減らし続ければ、損をするのは政府と日銀双方で在り、国民はその価値の減少分の被害の「とばっちり」を受ける。
    [ 2019/06/08 20:34 ] [ 編集 ]
  829. ※851
    ⑱構造上、外国人投資家は、円通貨や日本国債の発行と償還プロセスに介入する事が出来ず、最悪外国人が売り捌いた分を回収すれば良いだけなので、日本経済全体にとって、「塵芥」レベルの影響は発生するだろうが、規模的にも経済影響的な面でも、いずれにせよ完全に無視して良い。
    ⑲外国からの債権借り入れは、⑱の逆で、外国為替を用いる事、我が国が当該海外債権の「裁量権」の自由を持っていない為に、外国間による貸し倒れ、借り倒れが発生する。
    割愛するが、いずれにせよ、統合政府の自国通貨建て債権を財政基盤とし、基軸通貨発行権を持つ我が国の財政状況には、全く関係ない話である事。
    ⑳債務(=債権、=貨幣、=資産)が拡大し続けるのが、漠然とした恐怖に駆られて、死んでしまうならば、未開で野蛮な共産主義国家になるか、統合政府の無い前近代国家になるしかない。
    仮に統合政府を止めても、ソ連や中京の様に、別の形で債務らしきものの拡大は起き続ける為、その無意味な恐怖を持ち続ける意味が分らない。
    [ 2019/06/08 20:47 ] [ 編集 ]
  830. まぁ、あんまり解られてもあれだし、
    説明解りにくいって人は、「円高・円安」、これを気にしておけばいいよ。

    お金を刷りすぎると、円の価値が薄まって下がって、「円安」になってしまう。
    しかし輸出貿易自由貿易をしている日本は、「円安」でも生き残れるのでご安心を。
    逆に、「円高」になるようなら、お金の供給量が足りてないので、政府が国債発行=お金を供給させていくのは概ね問題がない。

    実際にはもっと色々事情があるけど、こんな感じに思っておけば大丈夫。
      為替  これが鍵だよ。
    [ 2019/06/08 20:47 ] [ 編集 ]
  831. そーゆう新単語作ってくの海外ってイメージある。
    こういう概念的なものはすぐ日本語で単語作るか、外来語でもMMTとかまんまで使わずに日本語化すべきだと思うんだけどなあ。
    今後使用頻度が高くなる名詞動詞がほぼ外国語になってしまったらと思うと危惧してまうわ
    [ 2019/06/08 20:51 ] [ 編集 ]
  832. ※851
    例えるなら、
    「PCやスマホのメモリーデータが大容量していくと、PCやスマホが何時の日にか必ずPCやスマホが爆発して壊れてしまう!!!」
    と恐怖する様なものだ。
    国民の幸せの為には、国家全体の幸せの為には、そして貴方自身の幸せの為には、その様な実態の無い恐怖に脅える認知的不協和、認知障害の方こそを是正した方が良い。
    貴方の幸せの為に。

    ㉑⑥の原則より、「税収を増やす」方法は、日本経済全体の債権(債務、貨幣、手形などなど)量を総体的に増やし、それらを元手にして、資本に投資し、価値生産を増大させいき、
    ㉒価値は増大させ続けなければ、停滞するか、もしくは減退する。
    ㉓貨幣「それ自体に」価値は「無い」。
    ㉔貨幣は資本価値との交換、取引、連結によって、はじめて価値を示す「ソフトウェア・データ」に過ぎない。
    債務と債権の出し入れに幾ら莫大な債権や債務をつぎ込んでも、資本の価値は全く変更され得ない。(例;「お金」は何かに「使って」初めて価値が有ると見なされる)
    [ 2019/06/08 20:53 ] [ 編集 ]
  833. ※854

    ㉔債権(=お金、=債務、=手形など)は、債務(=お金、=債務、=手形など)を以て発行される
    ㉕信用は取引の拡大再生産によって創造されていく
    ㉖資産を増やしたければ、債務(債権)を拡大し、あらゆる資本の価値を創造し続け、上昇させ続け、高め続けなければならない。
    ㉗㉖の総体的な全体の傾向を、国家経済学的に「経済成長」と定義している。
    ㉘経済成長して行けば、嘗ての債務は相対的に目減りし、現在の債権は相対的に膨らんでいく。
    その「差分だけ」、「また新たに」債務を「借り入れ」資本価値の創造活動に投資する事が出来て、更に国富を増大していく事が出来る。
    この事によって、健全な価値創造の相乗効果を達成し、税収入が増え、国民が豊かになる事で、資産運用の硬直化を防ぐ事が出来る。
    [ 2019/06/08 21:05 ] [ 編集 ]
  834. ※856
    まだまだ完全に説明し切れていない所が有るが、ここでいったん中止しよう。
    途中で理解しずらい所が有れば、質問してくれ。

    この「繰り返し」を日々の生活で、前向きに達成していく事によって、国民は豊かさを享受している。
    これは現実の話だ。
    嘗て無一文で脆弱で、他国の侵略の脅威に晒されていた国家があった。
    そう、江戸幕府と明治維新政府、そして憲法発布後の大日本帝国政府、そして大東亜戦争後の現在の我が国だ。

    幕末の志士達、幕臣達、そして御一新を成し遂げた明治政府、そして泥水を啜りながら、不屈の精神で列強へと這い上がり、列強諸国や共産国と対峙した大日本帝国は、金も無く、資産も無い中で、貧しい生活をしながら、泥水を啜り、炭を食べながら、コツコツと地道に国家独立の為、国家国民の為に、多くのカネを使い、多くの資産を手にした。
    そして外国からの侵略を跳ね除け、財政と通貨の独立を守り切って来た。
    [ 2019/06/08 21:27 ] [ 編集 ]
  835. ※857
    続き)
    そして財政や通貨の独自性の基礎、愛国心の基礎ともなる、国体と国家の統合、日本文明を守って来た事である。
    高度経済成長の我が国も、資産も無く、純債務国家からスタートした我が国は、決して外国に依存せずに、経済援助を受けながらも、自分達自身の力で経済を復興させ、不屈の意志で米国という例外を除いて、世界最大規模の経済大国となった。
    最初は資産も無いし、円通貨の価値は紙屑以下だったが。
    資産も無く円通貨も価値が無かった頃、経済援助を「返済しながら」も、我が国は財政破綻していない。
    その理由は我が国が、債権(債務)の拡大を元手にして、資本の価値上昇、価値創造の為に、国民所得の増大の為に、土地、インフラ整備、救貧政策、失業者対策、所得倍増運動、ベンチャー育成等を行ったからだ。
    真面目に、皆で一緒に、政治家や国民、官僚達、金融機関が、全員一心同体になって、「豊かになろう」と、「共有意識」を持っていたからだ。
    だから莫大な資産を創造され、資本価値が大上昇し、我が国は人類史上、前代未聞未曾有の『大富豪(大資産保有者)国家』となった。
    [ 2019/06/08 21:30 ] [ 編集 ]
  836. ※858
    それもこれも、当時の先人達が、自分たちの子や孫たちの『将来世代の為』に、投資をし続けてくれたからだ。
    我が国の先人達は、現在の我が国とは比べ物にならない位、殆ど資産は持っていなかったド貧乏国家だった。
    我が国の先人達の財務状況は、現在の政府と比べ物にならない程に「赤字」国家だった。
    それでも絶対に諦めず、不屈の精神で、どんなに貧しくとも、どんなに不自由をしようとも、我慢強く国家国民の為に「投資をし続けた」(中には一部悪い奴は居たが、それは御愛嬌)。

    その結果、嘗ての江戸幕府、そして旧帝国は、財政破綻してデフォルトしただろうか?
    していない。
    懸命に懸命に、政府を信じ、政府は国民を信じて、何度も何度も未曾有の危機も乗り越えながら、コツコツ、コツコツと信用を創造し続けた。

    そのお陰で、現在の我が国の資産や財政は、拡大し増大したのである。
    [ 2019/06/08 21:37 ] [ 編集 ]
  837. ※858
    我が国が統合政府を維持発展させ、自国通貨建て債務によって、財政を賄える基盤を作ってくれたのは、嘗ての先人達の無限の努力、比喩ではなく、血と汗の滲む投資拡大、信用創造、ひたむきな「信じる心」の結果なのである。

    ではここで視点を変えてみよう。
    嘗ての将来世代、つまり「現在の世代」は、この資産(=債権=債務)を、「お荷物」だと言ってい良いのだろうか?
    ただの無意味な「借金」だと、そう断定して良いのだろうか?
    「否」である。
    先代世代が遺してくれた、掛け替えのない「宝物」である。

    では、我々がすべきことは、何なのだろうか?
    我々がすべきことは、将来世代の為に、先人達の投資を無駄にしない為にも、そして将来世代の幸せと価値の創造の為の、「投資」をする事だ。
    その為の元手の債務(=債権、=貨幣、=手形などなど)を増やして、あらゆる「価値(人、物、技術、知、伝統、安全など)」に「投資」をし続けていく事だ。
    より良い、明るい未来を将来世代に遺す為に。
    [ 2019/06/08 21:41 ] [ 編集 ]
  838. ※859
    訂正
    ひたむきな「信じる心」の結果なのである。

    ひたむきに信じるという「不屈の意志」の結果なのである。
    [ 2019/06/08 21:43 ] [ 編集 ]
  839. ※854の訂正
    PCやスマホのメモリーデータが大容量していくと、



    PCやスマホのメモリーデータが「大容量化」していくと、
    [ 2019/06/08 21:49 ] [ 編集 ]
  840. ※855の訂正
    資産運用の硬直化を防ぐ事が出来る。



    資産運用の「停滞」を防ぐ事が出来る。
    [ 2019/06/08 21:52 ] [ 編集 ]
  841. 2日間に亘って、日本国家の財政破綻を願う、経済停滞、資本価値減少、日本国力の衰退を願う、日本滅亡カルトの信者、反日売国奴を説得するのは、本当に疲れたゾ…
    本当に疲れた…
    一から、丁寧に順を追って、無茶苦茶丁寧に教えたが、それでも理解出来ない!脳が理解を拒否する!というので有れば、最低限度、立った8つのこれだけ覚えてくれ…

    ①債務と債権と資産は一緒。
    ②債務(債権)を減らせば、価値が消えて皆が損をする
    ③日銀と政府の「財布」は同じ(※正確には少し違うが)
    ④貨幣は「借金(=債権=債務)」である
    ⑤貨幣それ自体には生来固有の価値は無い
    ⑥貨幣は資本価値との連結・取引関係性によって初めて意味を持つ「情報媒体」に過ぎない
    ⑦税収を増やし、財政基盤を大きくする方法は、資本価値への投資、信用創造による相乗効果(マクロ経済学で言う「経済成長」)のみである
    ⑧片方の債務(債権)は、もう一方の債権(債務)の創造によって為される
    [ 2019/06/08 22:20 ] [ 編集 ]
  842. この『パンドラの憂鬱』というサイト。



    総ての日本国民に読ませたい・・・
    我が国の総ての政治家に読ませたい・・・
    [ 2019/06/08 22:34 ] [ 編集 ]
  843. ここ何十年、日本にはびこってきた新自由主義、新古典派経済学。
    日本はいつまで経っても成長しないし、(日本だけ全然成長していないグラフを見た時は衝撃だった)格差は広がるし、景気は良くならない。

    何かおかしくないか?と感じた人は調べてみて欲しいな。

    その過程でMMTも腹に落ちる時が来るかもしれない。

    自分も勉強中です。

    中野剛さんの動画は今度ネカフェに行ったら見ようと思います。有り難う。

    [ 2019/06/08 22:52 ] [ 編集 ]
  844. この手の話でよく「じゃあ税金いらないじゃん」とか言い出すバカが湧くけどさ、通貨発行はインフレ率増加と引き換えという話を読んでないよな。

    それから、逆に「ハイパーインフレになるぅ!」とわめく輩も出るけどさ、現状デフレが続いてるという事実を都合よく無視してるよな。じゃあ法律で上限インフレ率を設定すればいいだけじゃん。
    [ 2019/06/09 04:05 ] [ 編集 ]
  845. カナダのバカは前提から間違ってるんだよ
    MMTは自国通貨建ての国債の破綻はあり得ないって話なのに、ユーロ建てのギリシャを例にあげる頭の悪さ
    死んどけ低脳
    [ 2019/06/09 04:11 ] [ 編集 ]
  846.    
    まあ、これ前から下手したら戦前から各国政府が不況の時にやってた積極財政の一種に名前と理論がついただけで、前からやってたというのは間違ってないと思う。高橋是清とかね。

    ただここ20年くらい、緊縮大正義マンの批判で封印されがちだったのでちゃんと整備して理論武装しなおしたって感じじゃないか。
    [ 2019/06/09 04:13 ] [ 編集 ]
  847. ※399
    実のところ、インフレ率の上昇によって投資効率は向上するので、資産家も恩恵を受けるんだよ。
    というか正しく資産家らしく普通に投資してれば何も問題ない。
    損するのはタンス預金してるヌケサクだけだが、資本主義社会で資本を持ちながら投資しないのはリスクで残当。実際のところ、そういった死に金を溜め込んでる連中ですら、経済の加熱による新しいサービスのリリース、インフラの更新で恩恵を受けるんだよね。
    [ 2019/06/09 04:22 ] [ 編集 ]
  848. スーパーインフレ危機の直近は、リーマンショック・・・いやチャイナはここ2~30年ずっと異常な事やってるか。
    リーマンショックから立ち直るのに、欧米は通貨発行量を3倍にした。EUやアメリカ規模だとそれぞれ数百兆~1000兆円規模でお金を刷ったんだよ。
    それでも世界はなんともない、どころかむしろ救われた。
    日本は民主党政権で一人負けしてたのを、異次元の黒あべ緩和で数百兆円刷って追いついた、それだけのこと。

    為替で民主円高~アベノミクス円安ってのは、実は↑の話(ただしまだ足りてなくて円高寄りに戻ってきてる)。
    庶民は為替見ておけば大丈夫というのは、為替にそういうのが現れるから。

    んで、日本は輸出国だから、円安になっても平気、お金を刷っても平気なんだけど、その状態に目を付け日本から奪い取ろうとした国・今現在も奪い取り続けている国が、チャイナ。
    [ 2019/06/09 04:44 ] [ 編集 ]
  849. チャイナのGDPが増殖してるのは、日本を中心に生産能力を奪い取り日本の無敵状態をチャイナのものとし、さらには為替固定相場とかやらかしながら、好き放題金を刷って偽札まで含めて経済膨らませ、さらにはシャドーバンクや仮想通貨なんでもありで肥大させ続けた。

    で、この黄禍化物を退治する、封じ込めるのが、トランプの関税+生産能力アメリカ復帰。
    そしてその次の時代に進むのが、あべあそ辺りが今打ち出してる構想って事になるのかなー。
    [ 2019/06/09 04:47 ] [ 編集 ]
  850. 後、連投の人は、色々認識が間違ってるところがある。
    江戸時代が何も無い暗黒なんて、捏造話でしかない。江戸時代は文化が発展し概ね豊かだった良い時代、日本は金銀が潤沢にあった黄金の、金銀財宝の国だったよ。世界中から富の収奪してた西洋列強には及ばなくても、そこに日本一国で食らいつけるくらいのね。技術とかも金銀使って買う事ができたから発展した。
    日本が貧しかった貧しくなったのは、その金を朝鮮満州などを豊かにするのに使ってしまったから。日本国民を見捨てて朝鮮人を豊かにするような、おかしな状況が100年前から存在していた。
    台湾の話だけど、台湾を豊かにしてくれた日本本土はさぞ凄い所なのだろうと期待して、日本の大学に進学したら、台湾よりも旧式で貧しくてがっかりしたって話もある。
    もーちょっと国民は声を上げていいと思うけどね。
    [ 2019/06/09 04:49 ] [ 編集 ]
  851. ※872
    >台湾の話だけど、台湾を豊かにしてくれた日本本土はさぞ凄い所なのだろうと期待して、日本の大学に進学したら、台湾よりも旧式で貧しくてがっかりしたって話もある。
    もーちょっと国民は声を上げていいと思うけどね。



    よくある話だね。
    最近でも似た話はある。
    何処だったか日本の援助で病院建設した先の人が日本に来て古い建物や旧式の設備が使われてることに驚いたと。

    でもよく考えたらそれだけ昔から病院が整えられてるという事で、そもそも全国の建物や設備を毎年作り替える訳じゃない。
    最新設備の援助への感動と感謝と共に、我々も日本と同じように旧式となるまで大事に使っていきたいと表明されていた。
    その人の場合は、大学進学って事は若者だったからそこまで解んなかったからがっかり止まりだったんだろうね。
    [ 2019/06/09 06:49 ] [ 編集 ]
  852. ※873の補足

    ※872
    その人の場合は



    あなたの話のその人の場合は

    因みに当時は解んなかったとしてもさすがにその後はわかったんじゃないの?
    それとも解らないままって話なのかな?
    [ 2019/06/09 07:04 ] [ 編集 ]
  853. >この『パンドラの憂鬱』というサイト
    総ての日本国民に読ませたい…


    自分は京都でやっているラジオ
    「週刊クライテリオン 藤井聡のあるがままラジオ」を気軽に聞く人が増えたらなぁって思ってます。

    (京大教授の藤井さんを知ったのは、藤井教授が参考人として国会に呼ばれて話をしている動画をたまたま見たのが最初です。)
    [ 2019/06/09 07:13 ] [ 編集 ]
  854. MMTというから論争が激しくなる。
    普通にリフレ経済でええやん?
    内需基本で国内経済を廻して循環型なだけだろ?
    [ 2019/06/09 07:32 ] [ 編集 ]
  855. 長々とまるで要約できてない説明を垂れ流してる統失がひたすら目障りだな、しかも間違ったことほざいてると指摘されてるし(笑)
    こういう勝手なことほざいて嘘つきの自覚が無い奴こそが害悪なんだよなぁ・・・
    [ 2019/06/09 08:22 ] [ 編集 ]
  856. ※877
    「長々とまるで要約できてない説明を垂れ流してる」のは済まんな。
    国家財政が根本的に理解出来て居ない人間を相手に説明するには、どうしてもまず、
    「お金と何か?」、「債務(債権)とは何か?」、「政府財政とは何か?」、「(中央)銀行とは何か?」、「資本価値と債務(債権)との関連は何か?」、「税金とは何か?」を『総て』説明しないと、理解出来ない様になっているからね。
    一から総て説明するとなると、要約しようと思っても、どうしても長くなってしまう。
    上記でもかなり頑張って、大分無理して要約している。
    殆どの項目の経緯と理由は省いているし。
    これだけ長々と説明し、一つづつ本当は詳細に説明しないといけない事だから、面倒臭くて誰もやらず、多くの人々が財務省の御説明を有難く聞いて来た。
    その結果、今迄に、多くの過った経済財政政策が行われて来た。
    もし「勝手なことほざいて嘘つき」だと思うのなら、何処が勝手で嘘吐きなのか指摘して、議論すれば良いだろうが。
    [ 2019/06/09 10:47 ] [ 編集 ]
  857. ※877
    分かんない所が何時でも聞くぞ?
    私を統合失調症と「人格攻撃」をする以上、精神統合が完全である貴方は、私の説明が異常者のそれであると、狂人の戯言であると言うだけの、何か確信的な根拠がおありなのだろう。

    残りコメント数が少ないが、私の見解が虚偽であり、害悪であるというので有れば、是非精神統合が完調で精神頑強である貴方の「有益な」真実の見識を伺いたいものだ。

    「嘘」だと貴方が感じた部分を指摘してくれ。
    恐らく私の説明不足の為に、誤解が生じている虞れが在る。
    質問でも良いが。
    [ 2019/06/09 10:49 ] [ 編集 ]
  858. 夕張市「お、おう・・・」
    [ 2019/06/09 11:24 ] [ 編集 ]
  859. いくら借金してても利子が払えて償還出来てればなんの問題も無いし、借金出来るならして投資して経済回した方が良いよなぁ
    一般企業だってそうだし
    債務が国内で完結していようがそうで無かろうが基本的に関係ないんだろうけど、他国の状況に左右されないという意味では日本は理想的なんだろうな。
    [ 2019/06/09 13:51 ] [ 編集 ]
  860. しかし国内で完結していても前回の1946年と同様
    国民の犠牲の上に借金が返済されるのであった。
    [ 2019/06/09 14:04 ] [ 編集 ]
  861. 1946年とどんな共通点あるっけ。
    過去に学ぼうとする姿勢は良いことだけど、同じものにするのとは違うと思うな
    [ 2019/06/09 14:33 ] [ 編集 ]
  862. ※882
    国民の「犠牲の上」に「借金が返済」されるとはどういう意味だ?
    どういう仕組みの話をしているんだ?
    経済、財政学的に説明してくれ。

    構造上、国債は別に国民に犠牲を強いる形で返済されるものではない。
    寧ろ国債や公債は、国民の経済活動の増進の為に、「国民(経済)に投資をする為に」、その債務が使われているんだが?
    1946年も2019年も、国債と税の運用思想は、原理的に構造的に、全く何も変わって無いぞ?


    何の話をしているんだ?
    [ 2019/06/09 14:59 ] [ 編集 ]
  863. ※884
    問題は、国債返済「の為に」に国民の経済が犠牲を強いられているのではなく、国債を新規に発行しない事によって、つまり債務を増やさない事によって、国民経済が塗炭の苦しみを味わって来た(失われた25年)、と言うので有れば、その意見には大いに賛同する。

    我が国の国民経済に「30年近くも」、何かしらの経済財政的な意義も目的も全く無いのに、いたずらに国民生活に犠牲を強いて来た「緊縮財政」は、今直ぐに中止しなければならない。
    [ 2019/06/09 15:03 ] [ 編集 ]
  864. 韓国もこの理論を実践して早くギリシャみたいに破綻しねーかなー
    [ 2019/06/09 16:30 ] [ 編集 ]
  865. なんでもいいから、景気回復させろよ
    [ 2019/06/09 17:23 ] [ 編集 ]
  866. 夕張とかギリシャとか言ってるアホがまだいるのか

    夕張は地方自治体だから自力で通貨を発行できない
    ギリシャはEUでユーロを受け入れちゃってるから実質地方自治体に格下げで自力で通貨を発行できない
    今回の話とは全く別
    [ 2019/06/09 17:35 ] [ 編集 ]
  867. ※876
    > 普通にリフレ経済でええやん?
    本来のリフレは「デフレは貨幣現象であって金融政策のみで解決できる」という立場だよね?
    それは間違いだったと明確に結果が出てる

    岩田規久男先生なんかは間違いを認めて今はMMT寄りだと思う
    他のリフレ派残党(に見せかけた新自由主義者)はMMTに対して誹謗中傷繰り返してるよ

    浜田宏一なんかも結構変節するけど消費税増税容認発言もどっかでしてたからイマイチ信用できない
    www.jiji.com/jc/article?k=2019060300943&g=pol
    [ 2019/06/09 17:40 ] [ 編集 ]
  868. ※869
    いや、資産家恩恵うけるとかいうよりさ…
    ピケティーがノーベル獲った時の理論を読めって話になって…
    端的には、ほっておくと貧富の差は自然に広がる
    投資効果の方が、賃金上昇より高い

    貧富の差拡大にインフレ(時は投資しろ)、デフレ(時は自然に金の価値が上がる)関係ない…

    ※876
    リフレとMMTは違う。
    リフレはカネだけすれという話。(現状の安倍政権)
    結果、預金だけが膨れ上がっただけで貸し出しは増えていない。
    貸し出しが増えないと意味がないので「リフレ」は失敗。
    リフレ派は政府支出の増大や赤字国債の発行、発行高の増大を認めない。

    MMTは物価上昇率が適正範囲内なら積極財政を行っていくべし。
    ようは政府支出増大や国債発行、発行高の増大を認めてるどころか推奨。

    ※880
    夕張市が、いつ日本円の発行権を持ったんだ?
    MMTと全く関係ない。
    [ 2019/06/09 18:03 ] [ 編集 ]
  869. ※876
    訂正
    リフレ派の言う通りに、財政金融政策「一本」で、債務と債権を、創ったり相^殺^したり、出したり入れたりしたんだぞ?
    日本政府と日本銀行はな。
    その結果、「何の経済浮揚政策にはならなかった」んだよ。

    いや。当たり前の話だが。

    そもそもそんな事せずとも、資本交換、資本取引を想定しない、資本価値と結びつかない貨幣や債権(債務)に、一体何の存在意義が有るんだか…
    ただ単に、数字やデータを、あっちからこっちへ、同じくこっちからあっちへ書き換え続けただけ。
    統合政府の貸借対照原則が、一からきちんと正しく理解出来て居れば、数字の出し入れに一体何の意味が有るのか、その「無意味さ」に気付く筈なのだがね。

    初めから順を追って、ちょっと考えたら、簡単に誰でも分かる話なんだがなぁ…(心の底からの嘆息)
    貨幣も債務も債権も、初めて「対象の価値」と結びついて初めて価値が生まれる。
    金融商品取引や保険商品取引のし過ぎで、頭がイカれてしまったんだろう。
    [ 2019/06/09 18:06 ] [ 編集 ]
  870. ※891
    続き)
    緊縮財政派やリフレ派やの問題点は、というよりも、この現代貨幣理論(実際には理論ではなく、事実の羅列)の最大の功績は、「何で政府債務(日銀債権)を、無くしていかねばならないという強迫観念が有るの?」、「何で税金を増減する必要性が有るの?」という二つに切り込んだ所だ。

    そもそも「債務(債権)が全く存在し無い経営」などこの世には存在しない。
    物理的に不可能だ。
    債務が無く、債権も無しに、収入や支出だけが固有存在として、独立不羈に存在し続けるとか、どんなホラー現象だよ…
    ファンタジーじゃないんだからさ…
    それと「貨幣」は取引利便性を追求した結果、「道具」として、「人為的に」「発明」されたものであって、生まれた瞬間から貨幣として、自然と在り続けたものではない。
    これを否定する奴おるぅ?
    一々説明されるまでも無いだろう?
    [ 2019/06/09 18:21 ] [ 編集 ]
  871. ※892
    続き)
    当たり前の話の大前提をすっ飛ばすから、同じ家計簿の上で、必死に数字の出し入れ「だけ」をすれば、付加価値の増大が発生し、信用創造が生まれ、その結果、市場の債務(債権)取引が刺激され、結果皆が取引を活性化する様になる。(!?!?)
    という頓珍漢な机上の空論が出て来るのだ。
    歴史に学べ。
    現実を見ろ。
    要はただそれだけの話。
    [ 2019/06/09 18:34 ] [ 編集 ]
  872. ※893
    ただし、現代貨幣理論の「最後の部分」、経済財政策の部分が、少し問題がある。
    つまり、「財政投融資の限界点は、インフレ率のみだ」というのも、かなり経済学的な事実とは異なる。
    インフレ率以外にも、資源有限性、利権化構造の肥大化、資源再分配機能の制約、投資の不確定性増大(悪質な投資)の制約などなど、他にも色々と沢山の制約が有る。
    財政投融資の判断をする、人間は、政治家や官僚、団体は、基本的に重大なエラーをする者として想定しなければならない。
    インフレ率「のみ」を限界とするのは、かなり悪手だ。
    何せ財政投融資という人為的介入を行う以上、債権価値を下げてしまう、質の悪い投資が発生する可能性が有るし、価値生産の制約という宿命を、財政投融資はそのまま受けるから。
    [ 2019/06/09 18:47 ] [ 編集 ]
  873. ※876
    ※890の補足
    日本円には常態により3種類ある。
    ①日銀当座預金(金融機関と政府のみが使う預金)
    ②銀行預金
    ③日銀券(及び政府発行通貨《=コイン》)【いわゆる現金】
    国債は①の量を調整する。

    リフレ派は①を増やす政策
    実は①の量に関係なく②の量は増やせる、貸し出しが増えれば「信用創造」で増える。

    ③は①と引き換えに「現金」として日銀からもらう。
    それを②を引き替えに我々(民間)が手元に置いている。

    ①がいくら増えても②の「信用創造」にはほとんど影響がない。
    ①が増えれば銀行の貸出金利が低下して民間への貸し出しが増えるって理屈なんだが、現実には資金需要がないと貸し出しは増えない。
    資金需要は、資本形成意欲(=生産力増強の必要性)がないと発生しない。
    デフレでは資本形成意欲(=生産力増強の必要性)が発生しないので、資金需要も発生しない。
    [ 2019/06/09 18:53 ] [ 編集 ]
  874. ※894
    続き)
    そもそも財政投融資の議論の前に、デフレ不況下では、再分配機能を持った税金を除き「増税を一切せずに」、全ての経済主体に幅広く「減税をし続け」、必要最低限度債務(貨幣)を発行するだけで良い。
    「減税」と民間金融機関への大量の債務供給のみで、価値の取引が活性化され、付加価値生産、信用創造の相乗効果は加速度的に特に何か人為的操作をせずとも、経済成長とそれに伴う税収増、資産増加は可能である。

    ともかく、現代金融理論が我々日本人に指示してくれた、至極当たり前の『常識』は、
    ①債権(債務、貨幣、手形)は、取引・交換能力を発揮して初めて価値や信用の創造が生まれる。
    ②統合政府の自国通貨建て債務を予算としている国家は、国家が消滅しない限り、財政破綻する事は無い
    ③それ以前に、そもそも財政均衡させる意味は特に無い
    ④デフレ経済では減税をしろ(増税など以ての外である)
    ⑤まずはインフレになってから、増税をしたり、債務発行量の抑制を考えろ
    ⑥債務を減らしたければ、「新たに債務を発行」して投資をしろ
    ⑦新たに資産を増やしたければ、「資産を取り崩して」投資をしろ
    [ 2019/06/09 18:54 ] [ 編集 ]
  875. ※895続き
    銀行(金融機関)にとって①は我々の当座預金、国債は定期預金にあたる。
    国債を買い上げられて①が増えるのは金利のつかないお金(①)に代わるので民間への貸し出しを増やさなきゃいけなくなる(貸出利息が欲しい)から、民間への貸出利息が下がって、民間が借りやすくなるっていう理屈なんだけどね…

    だからMMTは政府が需要になって直接民間にお金を流せという事。
    制約はおおざっぱにインフレ率
    (国債の残高は国家の資本となったと考えるんだと思う←ここ不勉強で正しいか分からん)
    [ 2019/06/09 18:54 ] [ 編集 ]
  876. ※895、※897


    おおー
    分かり易い説明だぁ…(恍惚)
    私のクッソ冗長で、ゴチャゴチャして分かりづらい説明とは、大違いだぁ…(恍惚)

    有難え…
    有難えよぉ…
    [ 2019/06/09 18:58 ] [ 編集 ]
  877. ※894
    >「財政投融資の限界点は、インフレ率のみだ」

    MMTは「供給能力の制約と物質的な制約」と述べている
    ので、「インフレ率のみ」だとは言っていない。
    氏の書かれいる資源制約は理論の中(物質的な制約)に含まれているとかんがえる。

    インフレ率を指標とするのはそれが一番わかりやすいものだからだと思う。

    資源制約も、結果として価格に跳ね返ってくるはずだから、インフレ圧力になりインフレ率に影響を与えると考える。
    [ 2019/06/09 19:08 ] [ 編集 ]
  878. ※899
    成程。
    あ、そうなんですか。
    済みません。
    勘違いしていました。
    [ 2019/06/09 20:51 ] [ 編集 ]
  879. 『はたしてコレが許されるのか?』と、日本人である私でさえ考えてしまう。
    [ 2019/06/09 20:56 ] [ 編集 ]
  880. 海外からの借金じゃないからデフォルトとかはないにしても、借りた金を返すために既に国家予算の多くは国債の返済に回されてるわけで、これからもその比率は高くなり続けるだろうから税金は上がり福祉は切り詰められ結局は庶民がツケを払うことになるんだよ。政府・国家としては破綻しなくても家計が破綻する世帯はどんどん増えるだろう。そこを無視した理論だね。
    [ 2019/06/10 04:17 ] [ 編集 ]
  881. ※902
    全く何も解ってない、黙っとけ。

    長々と説明している人はやっぱ複数居たか、理解の足りなさに格差があったから、成り済ましがいるんだろうなとは思ったけど。

    金額の本質
    理想数の点でもなく、質量のような何かに基づき固定されたものでもなく、重さのように変動や伸縮、希釈するものである。
    数式が成り立たないのは、定理どころか数の定義が間違っているから根本から間違いとなっている。数が0次元でなく数(金額)の重さが変動するからである。マネタリーだのなんだの言ってるのを次元や重さつける定数としてかけとけ。

    信用創造の本質
    信用創造とは何なのか分析して考えろ。詐欺である。

    大阪大のぼっちゃん辺りこの辺やってくれんかな。
    [ 2019/06/10 05:09 ] [ 編集 ]
  882. ※885
    うーん、経済は勉強したようだけど、歴史も政治も理解が足りないと思う。そんなに簡単じゃないよ。

    国債は大量に増え続けている、むしろ加速している。
    本当の問題は、あなたの言うような単純な意見を聞くふりをして、「わざと失敗するように」実行して、ほらできなかったと言い出す連中が相手なのよ。
    私は官僚スパイとか、アカ官僚とか呼んでるけどね。
    [ 2019/06/10 06:05 ] [ 編集 ]
  883. 外国に借金していないから大丈夫と言うが
    裏を返せば何か起こった場合外国が援助をしないと言うことなんだよな。
    [ 2019/06/10 07:41 ] [ 編集 ]
  884. 国家全体の経済を見れば、債務を増やして経済を回す主体が政府でも民間企業でも家計でも同じ。それに伴ってGDPと生産能力が上がっていれば全く問題ない。
    借金を増やすのが民間企業や家計は良くて政府はだめというわけでもない。
    最近の言葉で言うなら持続可能な経済は稼いだお金と使われるお金が最低でも同額じゃないとだめ。民間企業や家計が内部留保や貯金を増やすなら、残った政府が借金してでもお金使わないと三者共倒れになる。
    そんなに日本政府の借金膨らむのが嫌なのなら、家計や民間企業が借金して金使えばいい。
    [ 2019/06/10 08:27 ] [ 編集 ]
  885. ※902
    だから税収を国債の返済にまわしてるのがそもそもおかしいの
    国債、国のシャッキン=マネーサプライだっていってるのわかりません?
    国債返済しちゃったらマネーサプライが縮小するの
    インフレ2%を維持するならマネーサプライも増やし続けないと成立しないでしょ
    デフレが30年続いてるのになんでマネーの供給を減らすの?
    自殺行為だよ
    日本の政府が自殺行為をずーっと続けてるの
    止めないと
    [ 2019/06/10 08:55 ] [ 編集 ]
  886. まあ、リフレ派の言っていることもあんまり変わらんと思うけどね。
    要するにそんなに赤字を気にする必要はない。
    インフレ率が上がってから考えればいい。

    ただ経済学的にいうと数学モデルすら用意されていないってことらしいけど。
    MMTでもリフレでもいいけど、消費税増税は止めて欲しいよ。
    [ 2019/06/10 09:55 ] [ 編集 ]
  887. ※908
    本来のリフレ派は金融緩和だけでデフレ脱却できるって言ってた人たち
    自分たちの間違いを認めて財政出動もやれっていうならわかるけど
    リフレ派残党はMMTは計画経済だとか意味わからん誹謗中傷してる人たちだよ
    保守っぽく装いながら中身はバリバリ新自由主義な人に騙されないでね
    6年やって雇用以外何ら結果を出せなかった人たちなんだから
    [ 2019/06/10 10:02 ] [ 編集 ]
  888. 日本人らしい
    天国にカネは持って行けないw
    馬鹿息子に相続。笑
    [ 2019/06/10 10:51 ] [ 編集 ]
  889. ※908
    だから、MMTとリフレは違うと…

    ※895の説明で
    ①日銀当座
    ②普通預金
    民間は②の方で回ってる。
    金融と日銀、政府は①で回ってる。
    リフレは①だけ増やしてれば、「風が吹けば桶屋が~」のまっとうな根拠がなく②が回るようになると言って、「財政拡大や国債発行を認めない」←重要リフレは財政出動否定派なんだ

    MMTは①と②に相関性がほぼ無いとしてる。
    実際のデータ見ても無い。日銀が国債買っても①だけジャブジャブ増えてるだけ。
    ①から②へ流せる主体は誰かって話なんだよ。政府しかないんだ。
    信用創造だけで②は増やせるんだよ民間が借りれば①なんかいらないんだ。
    でも、皆デフレで借りない、だから需要喚起のため財政を積極的に出動して①から②に流せってのがMMTだ。MMTは財政出動積極派なんだ。

    全然、メカニズムも主張も違うんだよ。
    [ 2019/06/10 11:51 ] [ 編集 ]
  890. ※737 で紹介してくれてるけど
    h ttps://www.youtube.com/watch?v=rLOT-bn-Uj4

    信用創造ってのは、まず「銀行」と「A」と「B」と居る世界を考えてくれ。
    銀行も含め誰も金を持っていない。そして完全キャッシュレス社会である。単純にするために利息とかも考えない。

    AはBに支払いをしなければならない。
    Aは支払いに必要な資金を銀行に借りることにする。
    銀行はAの返済能力(担保すらいらない)を信用して100万円を貸し、預金通帳に預金残高100万円と記入するなんと、ここでお金が発生するんだ!
    Aは振込でBへの支払いを決済する。

    なんらかの方法でBに支払ったお金をAは回収して自分の預金通帳残高を100万円に戻し銀行に100万円を返済する。ここでお金が消えてなくなるんだよ!
    借りてる人が居なくなるとお金は消えちゃうんだ。
    [ 2019/06/10 12:34 ] [ 編集 ]
  891. ※912つづき
    日銀は金融機関と政府の間で同じこと(信用創造)をしてるだけ
    上の構図だと「日銀=銀行」「A=日本国政府」「B=金融機関(民間)」
    日本国政府が金を返すと世の中から日本円という金が消えてなくなる。
    [ 2019/06/10 12:38 ] [ 編集 ]
  892. ※905
    「何かが起こった場合」こそ、つまり有事にこそ、外国は助けてくれないぞ?
    何で助けないと行けないんだ。
    ギリシャやアルゼンチン、韓国、タイの「デフォルト」は、外国が助けてくれなかったから、デフォルトが起こるんだぞ?
    全く事実認識が逆だ。

    「何かが起こった時」、自分を救えるのは自分だけだ。
    嘗ての幕末の幕府、明治新政府、大日本帝国、そして戦後日本国は、それを「身に染みて」知っていた。
    何かが有った時、誰も助けてはくれない。
    他国の経済支配に置かれたくない。
    だったら、自分で何とかするしかない。
    だから出来るだけ独りで、たった独りで、歯を食いしばって、文字通り大量の血を流しながら、信用と資本価値を創造し続けて来た。

    その想像を絶する「努力」と「足掻き」の結果が、これまでの先人達の努力の結果が、現在の円の基軸通貨化、自国債務建て債権(債務)による独立不羈の財政の実現、盤石な経常収支黒字国、日本経済の高い信用、ドルと比肩する世界最強の円通貨(債務)の高い信用、世界最大の純資産国となった。
    [ 2019/06/10 12:42 ] [ 編集 ]
  893. ※914
    訂正

    何で助けないと行けないんだ。

    見返りや代替補償、経済支配下におこうという野心や特権、自国にとっての権益、利権が有るならまだしも、何で自分が大損をしてまで、自分の身の危険を冒してまで、助けないと行けないんだ。
    [ 2019/06/10 12:47 ] [ 編集 ]
  894. ※904
    では。
    歴史の話からしようか。

    我が国が150年前から現在まで、どれだけの国債が増加しているかご存じか?
    『数千万倍以上』である。
    想像できるだろうか?
    例えるなら、貴方が私に「100万円」の債務を借りていたとしたら、貴方の四代後の子孫には、私とその子孫に対して、「数十億以上」の債務を負っている事になっているのである。
    江戸時代の初め頃からの、全国八十八洲の大名たちの債務まで入れれば、ここ250年足らずで、実に更に現在と比較して恐らく『数千兆倍』以上に、国家債務が超加速度的に膨張している。
    たった150年足らずで、我が国の国債の規模は、「数千万倍以上」に未曾有の加速度を持って増加し続けた。
    それが歴史的な事実だ。
    それと比べて、にここ十数年に増加している政府債務は、「加速度的に」膨らみ続けているのだろうか?
    「否」である。
    加速度とは、相対的速度の上昇に当たる為、現実の歴史的事実から考察して、我が国の現在の(ここ十数年の)政府債務は、「加速度的に」増えてはいない。
    貴方の歴史認識は現実の歴史的事実と一致していない。
    [ 2019/06/10 13:06 ] [ 編集 ]
  895. ※916の続き)
    では、次に、政治(財政)の話をしようか。

    国債(政府債務)の発行を決めるのはどこの政府機関だろうか?
    そう、政府である。
    国債(政府債務)償還は、如何なる決済手段によって為されるだろうか?
    そう、政府小切手(=政府債権