FC2ブログ

パンドラの憂鬱

外国メディアの記事などに寄せられた、海外の反応をお伝えします


海外「実に日本人らしい感性だ」 夏目漱石の『I LOVE YOU』の訳し方が美し過ぎると話題に

日本を代表する小説家、夏目漱石。
大学予備門(のちの第一高等学校)時代はほとんどの教科で首席で、
特に英語に関してはずば抜けて得意だったそうで、
帝国大学卒業後は、東京高等師範学校、愛媛県尋常中学校、
熊本第五高等学校で英語教師として教鞭を執っています。

そんな漱石には、"I love you"を「我君を愛す」と訳した生徒に対し、
「日本人はそんな事は言わない。『月が綺麗ですね』とでも訳しなさい」
と指導したとされる逸話が残っています。

この表現が海外のサイトで紹介されると、詩的すぎるとして大反響。
またその奥ゆかしさが、多くの外国人にとって、非常に日本的だったようでした。

海外「日本文学は傑作の宝庫」 外国人が人に薦めたい好きな日本の文学作品

35746764753745.jpg




翻訳元(シェアページからも)



■ キャーーーーーーー、何この素敵過ぎる愛の告白❤️😭 +8 メキシコ




■ すごく興味深い……。
  残念なことに私は日本語が話せないけど、
  日本語の奥ゆかしさにはいつも魅了されてる。 フランス




■ 「愛」に対する文化の違いがすごくよく分かる話だよね。 イタリア




■ 美しい。本当にチャーミングな翻訳だ。
  とても日本的だとも思ったよ :) イタリア




■ 興味深いし、最高にクール。
  たしかに日本の作品を見てるとこのフレーズをたまに聞くな。
  今思えばそういうことだったのかって事が結構あるわ。 スペイン 




■ (※女性が同性のご友人に送ったメッセージ)

  The moon is beautiful,isn't it?(月が綺麗ですね) フィリピン



   ■ オーマイガーッ。英語だとなんとも味気ない😟 フィリピン



■ ナツメ・ソウセキの「吾輩は猫である」をずっと読みたいと思ってた。
  でも日本語に詳しい知り合いに聞いたところ、
  オリジナルのトーンは翻訳版では出せてないって言ってたよ。 イタリア




■ 「月が綺麗ですね」。なんてロマンティックな告白なんだ。 ベトナム




■ 日本人は詩的だなぁ。
  まぁ人を愛するという事自体が一編の詩であるわけなんだよな。 +2 チリ

海外「俳句作るの面白過ぎ」 『俳句の作り方』に外国人興味津々




■ これは面白い。
  日本人が愛情と月を結びつけるのは知ってたけど、
  こういう背景があるなんて知らなかったよ。 +2 国籍不明




■ 日本人は月とウサギもよく結びつけるよな。あれは何なんだ? 国籍不明




■ 詩的すぎる。
  私が日本の男子からそんな告白されたら絶対に断れない。 スペイン




■ これは背景を知ってないと訳せないよなぁ。
  そのまま「月が綺麗」って訳されてるのが殆どだろう。 +2 イタリア




■ この告白の仕方はいいね。
  南米だと「愛してる」は挨拶みたいなものだし、軽いんだよ。
  「月が綺麗ですね」は本当に最高だ。 +4 アルゼンチン




■ 「聲の形」でもこのフレーズが出てきたのを覚えてる。 +6 ルーマニア




■ この話を知らない人が多くてビックリ。
  てっきりアニメを観てる人からすれば常識なのかと。 +8 国籍不明

海外「傑作ばかりじゃないか」 米サイト選出 日本のベストアニメ映画20本




■ 私みたいなシャイな人間には打ってつけの言葉だ。 +3 フィリピン




■ 本当に素敵で、本当に興味深い。
  だけど愛情を伝えるという極めて自然な事が、
  なぜ日本人にとってはそんなに恥ずかしい事なんだろうか? フランス




■ 日本人にとって「愛」は複雑な物なのよ。
  私は「月が綺麗ですね」の方がロマンティックで好きだなぁ。 フランス




■ 実に日本人らしい感性だ。
  国民性が反映されててなんかいいなぁ。 +6 アルジェリア




■ 基本的には「スキダヨ」でしょ。
  当然日本語には愛情を伝える表現がいくつもあるわけだけど。 フランス




■ 文化が離れていれば離れているほど、
  こういう訳し方は理解するのが難しいかも知れないね。 イタリア




■ 日本人の精神性まで分かる話を教えてくれてありがとう。
  日本語の繊細な表現はなかなか理解するのが難しい! 国籍不明

海外「日本語は難しすぎるw」 日本語がいかに複雑かを伝える映像が大反響




■ 「月が綺麗ですね」……か。
  こんなにワンダフルで印象的な愛の告白はないかも。
  日本人が大好きだ。特に彼らのスタイルと優美さと穏やかさが。 国籍不明




■ こっちだと「君は星のように美しい」って表現をよく使う。
  「愛してる」だと軽すぎちゃうんだ。 国籍不明




■ WOW 興味深い 0.0
  一般的には「"だいすき"」って伝えるんだよね……。
  個人的には直接的な表現よりも「月が綺麗」の方が好き。 チリ




■ 愛はもっと積極的に伝えるべきだと俺は思う。
  単に月が綺麗だと感じた場合はどうすればいいんだ。 スペイン




■ これは単なる冗談なんじゃないかねぇ。
  まぁ日本人っぽいし、オシャレでいいとは思うけど。 国籍不明




■ 男性からこんなロマンティックな告白をされたら、
  きっと私は溶けてしまうと思う。 +4 フィンランド




■ 知れば知るほど日本の文化がもっと好きになっていく。
  日本人はなんて繊細で美しい感性を持ってるんだろう。 フランス

「母国で日本の良さを痛感」 人気ブロガーが語る『日本に恋した理由』に共感の声




■ 文学的で、本当に美しい愛情の伝え方だと思います🌕❤️ +30 シリア




■ ここのコメント欄、いいね。みんな恋人にタグ付けして、
  「月が綺麗ですね」って伝えてるのが素敵だと思わない?
  私は1人ポップコーンを食べてるわけだけど。 スウェーデン




■ 芸術的な翻訳だな。
  本当に、こんなに芸術的な訳し方は、他にないよ。 +3 アメリカ





関連記事
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑皆様の応援が、皆様が考えている以上に励みになります。
[ 2019/05/05 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(578)




  1. 漫画、アニメ、ゲームとかでも引用されたりしてるから
    海外の方々もほんわかしてほしい
    [ 2019/05/05 23:01 ] [ 編集 ]
  2. なお
    原稿用紙には抜いた鼻毛が貼り付けてある模様
    [ 2019/05/05 23:03 ] [ 編集 ]
  3. なおソースなしの模様
    [ 2019/05/05 23:04 ] [ 編集 ]
  4. 三重国籍の犯罪者、蓮舫が全部悪い
    [ 2019/05/05 23:04 ] [ 編集 ]
  5. 確かに詩的で美しい言葉ではある
    でもいきなりこの言葉言われたら「はあ、そうですね・・・?(え、ナニ急に)」てなっちゃいそうだわw
    [ 2019/05/05 23:05 ] [ 編集 ]
  6. 今日は満月だね♥
    [ 2019/05/05 23:05 ] [ 編集 ]
  7. 漱石じゃないけど、別人の訳で「お大事」っていうのもあった
    [ 2019/05/05 23:05 ] [ 編集 ]
  8. 太陽がいっぱい
    (訳、漱石さんいい加減にしてください。)
    [ 2019/05/05 23:06 ] [ 編集 ]
  9. 事実と違うって聞いたことあるけど、私はこの話とてもすきでお気に入りです。
    「月が綺麗ですね」って素敵ですし日本ならではの繊細な表現に幸せな気持ちになります。
    [ 2019/05/05 23:06 ] [ 編集 ]
  10. 天安門事件を忘れるな!

    ナチスより卑劣な中国を分割してウイグル、チベット解放!
    [ 2019/05/05 23:06 ] [ 編集 ]
  11. 個人的に夏目漱石のこの台詞は、
    「(私のこの気持ちは)伝わらなくてもいい。でも察してくれたら、解ってくれたら(私は)とても嬉しい。」
    みたいなもんだと解釈してる。
    [ 2019/05/05 23:06 ] [ 編集 ]
  12. 男は

    黙って

    サッポロビール
    [ 2019/05/05 23:07 ] [ 編集 ]
  13. 日本語の愛してるって訳は外国人のいうアイラブユーとは重さが違いすぎるとは思う。多分もっといい訳があるんじゃないかなあ。
    [ 2019/05/05 23:08 ] [ 編集 ]
  14. 正直意味不明な言い回し
    [ 2019/05/05 23:08 ] [ 編集 ]
  15. 歴史上最悪の中国共産党はナチスより卑劣な悪の集団
    早く解体消滅させるべき
    [ 2019/05/05 23:09 ] [ 編集 ]
  16. 愛してるなんて薄っぺらい言葉じゃ気持ちは伝わらない
    [ 2019/05/05 23:09 ] [ 編集 ]
  17. この人の千円札をやめてしまった事は本当にもったいない。
    次のバイキン火傷おじさんの千円札めっちゃ短命だったじゃん。
    名探偵コナンの連載中に何回デザイン変わるんだよ。
    [ 2019/05/05 23:09 ] [ 編集 ]
  18. 愛してる、ではなく「君と月を見上げるこの時が幸せなのです」ではないだろうか ささやかな幸せというやつだ

    [ 2019/05/05 23:10 ] [ 編集 ]
  19. >「日本人はそんな事は言わない。『月が綺麗ですね』とでも訳しなさい」

    それを言ったのは日本人じゃなく外人なんだから、やっぱり「我君を愛す」と訳すべき。それで日本人の読者がそれを読んで「へえ〜、向こうの人は随分はっきり言うんだね」と知る事が出来てこそ正しい翻訳。
    つうか夏目のやり方は元の文の筆者を尊重してなさすぎだろ。
    [ 2019/05/05 23:10 ] [ 編集 ]
  20. あくまで台詞のようなもので普通の人は言わないやつ
    白い目で見られる
    [ 2019/05/05 23:10 ] [ 編集 ]
  21. ※7
    サンドウィッチマンの声で再生された
    「月が綺麗ですね」

    「お大事に」
    [ 2019/05/05 23:10 ] [ 編集 ]
  22. 『日本人の知らない日本語』?だったかで見ましたが、
    中東などの砂漠地帯だと女性を誉めるのに「あなたは月のように美しい…」と言うけど、「君はボクの太陽だ!!」てのはNGだと。それは「君は無慈悲なヒトだ!」の意になる、と。
    なんか面白いっすね。

    [ 2019/05/05 23:10 ] [ 編集 ]
  23. 女は夜空に浮かぶ星のように美しいが、

    女は夜空に浮かぶ星のように手が届かないし、

    女は夜空に浮かぶ星のように無数にいる。

    しかし女は夜空に浮かぶ星ではない。
    [ 2019/05/05 23:11 ] [ 編集 ]
  24. 死んでもいいわの方はどうなんだろう?
    そっちの反応も見てみたいな
    [ 2019/05/05 23:12 ] [ 編集 ]
  25. ポップコーンネキに幸あれ
    [ 2019/05/05 23:12 ] [ 編集 ]
  26. 言外の空気感で愛してるを伝える高等テクニック
    綺麗ですねのとこで相手をじっと見つめるんでしょ

    無理だよ
    [ 2019/05/05 23:13 ] [ 編集 ]
  27. 夏目漱石『月が綺麗ですね』
    女『諭吉が好きです』
    [ 2019/05/05 23:13 ] [ 編集 ]
  28. I love you の日本初の訳は「死んでもいい」だっけ?
    [ 2019/05/05 23:13 ] [ 編集 ]
  29. この表現は凄く分かるけど、遠回しすぎで苛苛しないでもない気がする様な感じがする
    [ 2019/05/05 23:13 ] [ 編集 ]
  30. 夜まで一緒にいる異性なら元々そう言う間柄なんだからいちいち言葉に出さずに月が綺麗でも話はまとまるって意味だろ。合理的じゃないか。
    [ 2019/05/05 23:13 ] [ 編集 ]
  31. ■ こっちだと「君は星のように美しい」って表現をよく使う。
     「愛してる」だと軽すぎちゃうんだ。 国籍不明


    ラテン国家の方かな?

    (貴女と共に見上げると、今宵はより一層)月が綺麗ですね。

    って感じでしょうか。萌えるわ。
    [ 2019/05/05 23:15 ] [ 編集 ]
  32. 貴方が好きです!
    って直截に言われても、そうですかとしか思わんし、力強く言われる程「軽く」感じるしね。
    口先だけなら、どうとでも言える。
    [ 2019/05/05 23:15 ] [ 編集 ]
  33. やっぱり日本って凄いなあ

    世界に尊敬される文化、国民性
    世界を驚かせる科学技術
    経済大国であり、世界に認められたアジア唯一のG7
    ノーベル賞と平均IQから計算された、賢い民族で世界1位
    世界が惚れる和食文化
    海外の文化を仕入れて昇華させる技術
    精密な伝統文化を守り続ける職人文化

    朝鮮人として羨ましい限り
    [ 2019/05/05 23:15 ] [ 編集 ]
  34. 「貴方と一緒なら~する事が更に楽しくなる。」と言われれば、自分の価値と影響力を認めている事になり、掛け替えのない存在であるという好意が生まれる。
    [ 2019/05/05 23:15 ] [ 編集 ]
  35. 以前は このエピソード大好きだった。
    しかし、小室圭が「ある日、夜空にきれいな月を見つけ、思わず宮さまにお電話を致しました。
    その後もきれいな月を見つけますと嬉しくなり、
    宮様にお電話をおかけしております。
    宮様は私のことを月のように静かに見守ってくださる存在でございます」と語って以来、嫌いになった。
    [ 2019/05/05 23:16 ] [ 編集 ]
  36. 仮にどんなセリフであろうとその場の状況から判断して相手の意図を「察する」繊細さを要する高等テクニックだな。
    [ 2019/05/05 23:16 ] [ 編集 ]
  37. 漱石ひとりの話について、何をわあわあ言ってるんだ。それも日本人がどうのと…。
    [ 2019/05/05 23:17 ] [ 編集 ]
  38. ※11

    飴国の場合は、
    男は 朝から晩まで
    "I love you, my sweet"
    歯が浮きそうな台詞
    云うんやろね。
    開拓時代、女性が ちやほやされた名残があるの鴨..

    [ 2019/05/05 23:17 ] [ 編集 ]
  39. 文学的には詩的でいいけど純粋に月や星が綺麗といったら微妙な空気になるからこの訳し方嫌いだ
    [ 2019/05/05 23:17 ] [ 編集 ]
  40. 月が美しい=月が出ている=つまり夜。
    明治の話ですから、そこにペアの男女が居るって事は、既に互いに惹かれ合っているって訳で、だから、もう確認の言葉はいらない。 その時々の状況を確認する言葉でも、十分に告白の言葉になる。
    私はそう解釈していましたが。
    尚、どっちが正解って意味じゃなく、私が最初に聞いた話では、「これ、月が青いなぁ」だったと覚えている。
    [ 2019/05/05 23:18 ] [ 編集 ]
  41. 留学先で苦しんだ人だw
    [ 2019/05/05 23:18 ] [ 編集 ]
  42. これのせいで
    普通に満月が綺麗だった時、職場の仲間相手に大変なことになったよ…
    [ 2019/05/05 23:18 ] [ 編集 ]
  43. 日本人にとって愛は宗教用語でしかない
    [ 2019/05/05 23:18 ] [ 編集 ]
  44. 少なくとも、多分好意は持ってもらっている相手とそういう雰囲気になった時に、という条件は必要だと思うわ。現代なら空気読む日本人でもまず通じないし、そもそも相手もこの話を知っていないと。野暮いうなら漱石さんは直訳(直接の言葉)では文学的というか浪漫というかそういう部分でイマイチと言って例を出しただけではないのか。
    [ 2019/05/05 23:19 ] [ 編集 ]
  45. ※35
    一般人が皇室の女性を月に例えるのは違和感合った
    [ 2019/05/05 23:19 ] [ 編集 ]
  46. ※34
    訂正

    「貴方と一緒なら、普段何でも無い様な、~する事が更に好く感じられる。」と言われれば、相手の価値と影響力を認めている事になり、言われた側は、自身が相手にとって、影響力を持った、掛け替えのない存在であるという、特別な関係性が有るという事。
    [ 2019/05/05 23:19 ] [ 編集 ]
  47. アニメの「月がきれい」を思い出した奴はおらんのか
    [ 2019/05/05 23:19 ] [ 編集 ]
  48. これは言われる側も相当感性豊かでないと、伝わりそうにねぇなぁw
    [ 2019/05/05 23:20 ] [ 編集 ]
  49. そもそも明治あたりの常識として
    男女で(夜に二人で)月を見るような間柄
    ならわざわざ「我君を愛す」と言わなくてもお互い察してるでしょ、(当該セリフは言わなくても良いようなものだから不自然にならないように)「月が綺麗だね」とでも訳しとけ…
    て流れだと思ってた。

    まぁ、現代でもフツーに恋仲でもない異性とは月は見ないだろうけど。
    [ 2019/05/05 23:20 ] [ 編集 ]
  50. まあ、最上位は「僕は死にましぇん!あなたが好きだから!」かもしれんが。
    [ 2019/05/05 23:20 ] [ 編集 ]
  51. ■ ここのコメント欄、いいね。みんな恋人にタグ付けして、「月が綺麗ですね」って伝えてるのが素敵だと思わない?
     私は1人ポップコーンを食べてるわけだけど。 スウェーデン


    ご安心下さい。
    此処にも子供の日でお供えしたヨモギの柏餅を食べ、緑茶を飲んでいる者がおります故。
    [ 2019/05/05 23:21 ] [ 編集 ]
  52. ※17
    野口英世も夏目漱石と同じく20年使われる予定だけど
    [ 2019/05/05 23:21 ] [ 編集 ]
  53. >>33
    まだやってんのかよ
    マジでやってるにしても皮肉でやってるにしてもキメェよ
    [ 2019/05/05 23:21 ] [ 編集 ]
  54. 好きじゃ、好きじゃ、大好きじゃあああ
    もう離したくない。もうずっと抱きしめていたい。体中を触りたい。
    ずっと俺のそばにいてくれ。大好きじゃあああ。もうたまらん。
    [ 2019/05/05 23:21 ] [ 編集 ]
  55. リア充め、
    月は出ているかぁ?!
    [ 2019/05/05 23:21 ] [ 編集 ]
  56. 日本語がすごいのではなくて、夏目漱石が優秀すぎるんだと思う
    [ 2019/05/05 23:22 ] [ 編集 ]
  57. ただしイケメンに限る。

    この翻訳を初めて聞いた時、幼心に感動した。
    [ 2019/05/05 23:22 ] [ 編集 ]
  58. 女「諭吉が好きです」…笑った。
    数年後には澁澤になる訳か。
    [ 2019/05/05 23:22 ] [ 編集 ]
  59. 「月が綺麗ですね。」に対して
    「星が綺麗ですね。」というのもある
    意味は「あなたに憧れている」
    または「あなたは私の気持ちを知らない」
    [ 2019/05/05 23:22 ] [ 編集 ]
  60. 月は出ているか
    [ 2019/05/05 23:22 ] [ 編集 ]
  61. 「(貴女と見ると一層)月が綺麗ですね」だった気がする。
    今はもう一般常識のようになっているから奥ゆかしくはないですね。
    [ 2019/05/05 23:23 ] [ 編集 ]
  62. >単に月が綺麗だと感じた場合はどうすればいいんだ。

    それが、日本の女性には違いが解るんだなぁ。

     男「ほら、今日の月、すっごい綺麗だよ」
     女「あら、ホント。すごく綺麗」

     男「月が綺麗ですね」
     女「はい・・・・・」
    [ 2019/05/05 23:24 ] [ 編集 ]
  63. ※22
    気候の違いがもろに出てるよね。
    中東の内陸部は砂漠だらけで昼間は灼熱。
    草木も耐えられず雨もなく水も限られて生活するにも厳しい環境になる。
    それを作り出してるのは太陽なので無慈悲な存在。
    反対に夜は一気に気温が下がって過ごしやすく活動しやすいのでそこに輝く月は優しく慈悲深い存在って事なんだろうね。
    因みにイスラム教の太陽を象徴とするアッラーが与えてくれるのは試練だけで恵はない。
    太陽って存在が如何に苛烈な物として見られてるかがよくわかる。
    [ 2019/05/05 23:25 ] [ 編集 ]
  64. 今の日本じゃ、教養があるもの同士じゃないと通用しないな
    [ 2019/05/05 23:25 ] [ 編集 ]
  65. ※19
    だから、外国人は軽い意味でこの言葉を使うのにたいして、日本語にすると重すぎるから雰囲気が正確に伝わらないってことでしょう。
    外国人は oh my god を連発するけど、直訳したんじゃ全部「神よ!」になってしまうじゃん。
    [ 2019/05/05 23:26 ] [ 編集 ]
  66. 漱石の小説は人を不安にさせる
    [ 2019/05/05 23:26 ] [ 編集 ]
  67. 外国人で日本語を習うような若者はたいてい日本が好きで、日本人の恋人ができたらと想像するだけでワクワクしてしまう。そこで何はなくともこの言葉だけは知っておかなければならないと「ジュテームは日本語で何と言うのですか?」と質問する。そして「日本人はそういうことは言わない」と答えられ、途方に暮れる
    ・・・と、日本語教師の人が言っていた。
    [ 2019/05/05 23:26 ] [ 編集 ]
  68. 違う気がする。
    「月が綺麗ですね」はロマンティックな雰囲気に持っていくための出だしだろ。
    「I Love You」に相当する言葉はやはり「好きです」「貴女は大切な人です」という言葉しかないんじゃないのか。実際はもっと婉曲に表現するのだろうが
    [ 2019/05/05 23:26 ] [ 編集 ]
  69. 前振りもなく突然「月がきれいですね」と言い出してその次に
    「え?夏目漱石知らないの?pgr!これだから学のない奴は!」
    とか言い出す勘違い男が結構現れるから気を付けてね
    そんなことは知ってるっつーの、お前に何も興味ないだけだっつーの
    [ 2019/05/05 23:26 ] [ 編集 ]
  70. ※59
    なに、そのバレンタインデーでマシュマロは嫌いの意味くらい後付パクりのネット知識

    それが語られるようになった日時を見れば、特定のサイトが適当に嘘を書いてるって分かるんだけどw
    [ 2019/05/05 23:27 ] [ 編集 ]
  71. ※28
    二葉亭四迷がツルゲーネフの「片戀」を和訳した際の逸話だそうだが、実際にはこれは英語じゃなくてロシア語。
    私は貴方のもの」的なのを和訳しようと頑張った結果、
    「死んでもいい」になったと。
    [ 2019/05/05 23:27 ] [ 編集 ]
  72. 月は犬の散歩途中に愛犬と見上げるものです。
    盛ってんじゃぁない。
    [ 2019/05/05 23:27 ] [ 編集 ]
  73. 察せない連中には全く通じない表現だな
    いやこれは外人が、って話じゃなく察せない奴ら全般に言ってる訳だけど
    [ 2019/05/05 23:27 ] [ 編集 ]
  74. これ単に、日本人は素直に愛してるなんて言わないから月が綺麗ですねって誤魔化すって話だった気がする
    [ 2019/05/05 23:27 ] [ 編集 ]
  75. ※18
    ※40
    その通りだと思う
    告白ではなく、愛の囁き
    [ 2019/05/05 23:28 ] [ 編集 ]
  76. 日本人にとって、「私はあなたを愛している」という言葉は、「私はあなたの全てを肯定し受け入れる」という意味合いがあるように思う。全く詩的じゃないけれど。
    [ 2019/05/05 23:28 ] [ 編集 ]
  77. 月がとても青いから、遠回りして帰ろう。
    [ 2019/05/05 23:28 ] [ 編集 ]
  78. 「ゆかし」という古語もなかなかだと思うよ。
    「しのぶれど」の歌も好き
    [ 2019/05/05 23:29 ] [ 編集 ]
  79. >南米だと「愛してる」は挨拶みたいなものだし、軽いんだよ。

    そう言われると確かに日本人にとって日常気軽に使うような台詞ではないな
    漱石の時代から年月を経た今となっても
    [ 2019/05/05 23:29 ] [ 編集 ]
  80. 【令和の時代に公安が特に警戒・危険視するテロリスト、集団】

    日本共産党
    革マル派
    中核派
    生コン 自称長谷川薫他
    自称 蓮舫
    オウム真理教系 アレフ、ひかりの輪、山田らの集団、ケロヨンクラブ
    [ 2019/05/05 23:29 ] [ 編集 ]

  81. だって太陽がまぶしかったから

    [ 2019/05/05 23:30 ] [ 編集 ]
  82. 菊リンの「惚れた」が最強だろ
    [ 2019/05/05 23:30 ] [ 編集 ]
  83. 当時の日本の文化的背景とかも理解しないとわかんないと思うんだけど。
    「愛している」じゃ軽いって言っている外国の方が居る訳だが、「愛している」が重いからこういう表現になっているんだし。
    [ 2019/05/05 23:31 ] [ 編集 ]
  84. 教鞭をとったってのがいいね
    今、良い大学出の人が真っ先に避けるのが教師という役職だろう…
    [ 2019/05/05 23:31 ] [ 編集 ]
  85. 口先だけなら、幾らでも、無責任な胡散臭い饒舌な軽口を言える。
    其処に言霊は無いし、その言葉に何の意義も存在しない。
    本来人を愛するという行為は、行動によってしか表現出来ない。
    本当の愛が存在するのならば、百の言葉、千の言葉を尽くしても、決して表現し得ない筈だ。
    だから、愛を語る行為は、じゃれ合いの為には必須だが、どんなに古今東西の美辞麗句を並べ立てても、所詮は男女の戯れの範疇に終始してしまう。

    だから近代日本文学の巨匠である漱石は、女性に愛を語りかける場面で、訳の分らん軽薄で短絡的な言葉を、「我君を愛す。」等と言う、日本語にはそぐわない、重々しい変な言葉を使わずに、「月が綺麗ですね」とでも訳して置け…と言ったのだろう。
    [ 2019/05/05 23:31 ] [ 編集 ]
  86. あいろぶゆー、貴方を擦るニダ。
    [ 2019/05/05 23:32 ] [ 編集 ]
  87. イケメンにしか許されないセリフなので非共感
    [ 2019/05/05 23:32 ] [ 編集 ]
  88. この話のソースは?
    出典を書いたものを一度も見たことないのだけど
    [ 2019/05/05 23:33 ] [ 編集 ]
  89. これは愛を告白しようとして言えず、照れて夜空を見上げて「今夜は月が綺麗ですね」でごまかしたっていうシチュでしょ
    [ 2019/05/05 23:35 ] [ 編集 ]
  90. 小室さん思い出したww
    [ 2019/05/05 23:35 ] [ 編集 ]
  91. もう帰ってください
    京都のお茶漬けは京都民以外は詩的じゃないな
    月が綺麗ですねと言ったら、その気もないのに何告白してるのと引かれる可能性があるのか
    この逸話だけ聞くととても素敵ではあるけど
    [ 2019/05/05 23:38 ] [ 編集 ]
  92. 日本人にとっても衝撃だから逸話として語り継がれてるんだけどな
    [ 2019/05/05 23:38 ] [ 編集 ]
  93. 『日本は謝罪しろニダ!』の訳は『大腸菌入りトン,スルはうまいニダ!』
    [ 2019/05/05 23:38 ] [ 編集 ]
  94. これどうも、漱石自身が言った話では無いらしいがな。

    しかもシチュエーションも、告白の体を取るのではなく、「今日の月はとっても青いな~」と言って「照れ隠す(誤魔化す)」様な感じらしいがね。
    [ 2019/05/05 23:39 ] [ 編集 ]
  95. 翻訳するなら
    「君と見る月は美しい」
    だろうな。

    直訳はつまらない
    [ 2019/05/05 23:39 ] [ 編集 ]
  96. ※18
    俺は、”貴方と見る月は寄りきれいに見えます”的な感じに受けとっている。
    [ 2019/05/05 23:39 ] [ 編集 ]
  97. 実際はそんな証拠も無いのに、ネットでそれっぽい知識が広まっていくの見ると
    初めに広げた連中は爆笑してるだろうな
    [ 2019/05/05 23:41 ] [ 編集 ]
  98. コレは愛の告白? 通じないよ。 なんだよ月が綺麗って・・意味が分からない。 素敵だと思うが ん??
    [ 2019/05/05 23:42 ] [ 編集 ]
  99. それで告白されても気付かないだろうけどなw
    [ 2019/05/05 23:42 ] [ 編集 ]
  100. ※72
    可愛いなー
    [ 2019/05/05 23:42 ] [ 編集 ]
  101. 弁財天の嫉妬は験を担ぐのに、月読命が嫉妬しないなんて、
    漱石は女性差別だぁ、ダァ、ダァ…。
    [ 2019/05/05 23:42 ] [ 編集 ]
  102. 創作の中だから良いけどそういわれてそう理解できるのは無理やろw
    [ 2019/05/05 23:42 ] [ 編集 ]
  103. そもそも告白の言葉じゃないしな
    [ 2019/05/05 23:43 ] [ 編集 ]
  104. 飛行機でトラブルがありなんとか着陸できたときのニュースで
    機内で遺書を書いた日本人乗客を取材してたが
    「愛していると伝えて」みたいなのがけっこうあった

    アメリカ映画がすっかり浸透しちゃったな
    [ 2019/05/05 23:44 ] [ 編集 ]
  105. この逸話はガセである可能性が極めて濃厚
    検索すれば検証しているサイトが出てくるよ

    確認できる初出は1977年の書籍で、書いたのは1936年生まれの豊田有恒
    「夏目漱石が英語の授業で、I love youを翻訳しろと言って学生の解答を聞いた後、漱石はお手本として『月がとっても青いなあ』と訳したのは有名だ」という感じで引用されてる

    漱石は生前から有名だったのに1916年に亡くなって60年以上もこの逸話が文章にならなかっただけでも不自然なのに
    「有名な」エピソードを初めて紹介したのが漱石の死後20年経って生まれた人間というのはどう考えたっておかしい
    [ 2019/05/05 23:46 ] [ 編集 ]
  106. お互いが相思相愛を認識しているプレ恋人状態でのみ通用する表現だと思う

    月が綺麗ですね
    友達「月?何急に」
    恋人「ほんとだね~(イチャイチャ)」
    夫婦「今なんか言った?」
    [ 2019/05/05 23:46 ] [ 編集 ]
  107. 告白の代わりに?そうゆー事なの?
    なんか違うよーな。一緒にいる人にそういう事を言える共感できるみたいな感じ?むー難しい、、。
    あと、わいも特亜嫌いだけど、この記事で下品な悪口書いてるヤツら敵に攻撃材料与えるからやめろ。足引っ張るな
    [ 2019/05/05 23:46 ] [ 編集 ]
  108. 月が出ていないと使えないのはサテライトキャノンと一緒だな
    [ 2019/05/05 23:46 ] [ 編集 ]
  109. ※89
    そうそう。
    どっちかと言うと、情けない、中々素直になれない、男らしい可愛らしさを表現しているらしいね。
    日本人は真正面から「貴女を愛している!!」なんて、そんな野暮な事言わないって。
    我が国の和歌、俳句や都都逸や相聞歌(恋歌)等、海外での古代の恋愛歌を見たら分かるだろうけど、文化的教養の有る人間ほど、婉曲的で比喩的な表現で愛や恋を表現する。
    [ 2019/05/05 23:46 ] [ 編集 ]
  110. でも私がこれを言われたら「え? え、ええ・・」ってなりそうw
    [ 2019/05/05 23:47 ] [ 編集 ]
  111. 月見ながらこれを言ったら、なんじゃそら、やけど。
    目を見ながら言ったら胸キュンやろ。
    [ 2019/05/05 23:48 ] [ 編集 ]
  112. これを初めて聞いた時、「遠回しにも程がある」と思った自分は少数派なのかなあ? 愛の告白じゃないよ、ただの感想だよと思った若かりし頃を思い出しました。
    [ 2019/05/05 23:48 ] [ 編集 ]
  113. 今どきの日本人には 誰にも伝わらない  オレも含め みんなバカだから。 なぜ月が関係するの 信じられない シャレかな?
    [ 2019/05/05 23:49 ] [ 編集 ]
  114. 小室某は十重二十重に不敬な奴よの…
    [ 2019/05/05 23:49 ] [ 編集 ]
  115. ※13
    日本語って深いよね。外国人が習得するのは大変だと思うけど、味わい深いと思う。

    「君の名は。」で、入れ替わった主人公が、
    「わたし」あ?「ボク?」うーうん。「俺」うん。
    この展開が一番好きで。あれ、各国の訳す字幕大変だったみたいね。ニュアンスが。

    日本語ばんざい!
    [ 2019/05/05 23:51 ] [ 編集 ]
  116. ※111
    そこは月を見て言わなきゃ…
    見つめあったりしたら台無しじゃないですか…
    [ 2019/05/05 23:51 ] [ 編集 ]
  117. 『聲の形』は耳の聴こえないヒロインが告白したものの「好き」の発音が上手くできなくて、主人公男子が「月」と聞き間違えたってエピソードだったよな
    この漱石の逸話とのダブルミーニングかもしれないけど
    [ 2019/05/05 23:51 ] [ 編集 ]
  118. その土地の気候や自然に根差した感覚の違いあるね
    欧州あたりでは月は不吉の象徴(気候的に見え方が違った気がする
    だから月にまつわる言葉はあまり良いものではない
    日本は月が綺麗に見えたから美しいものに数え上げられた
    中東あたりは日中が厳しい気候なので天国のイメージも夜
    [ 2019/05/05 23:52 ] [ 編集 ]
  119. 日本人の男は女性を褒めないし釣った魚に餌を与えない
    愛情表現が下手でコミュ障だから女性に相手されないのがたくさんいる
    そして俺様がモテないのは女が悪いと責任転嫁するから嫌な奴らだ
    [ 2019/05/05 23:53 ] [ 編集 ]
  120. ※107
    告白の代わり「ではない」よ。
    ただの男の可愛い照れ隠し。
    謂わば、男女カップルがイチャイチャしているだけ。

    しかもこれ漱石自身が、英語の授業で本当に言ったかどうかは不明。
    漱石の著作を読めば、「漱石ならば然も有りなん。」と、思い当たる人が多かっただけ。
    本当は言っていない可能性の方が極めて高い。
    ただ当時明治の日本人の常識でも有り得た様な作り話だし、漱石のパーソナリティからも、有り得たかもしれないと思える様な逸話だったから、この逸話が広まったのだろう。
    [ 2019/05/05 23:54 ] [ 編集 ]
  121. 一人でポップコーン食べてる自虐の人が好きだwww
    [ 2019/05/05 23:54 ] [ 編集 ]
  122. ※104
    いや遺書に書くのはおかしくないやろ……
    日本人が愛してると言わないってのは
    重いから日常生活では軽々しく言わないという事であって
    重いからこそむしろ最後に遺す言葉には相応しいでしょ
    漱石だって死ぬ前に愛する人に遺書書いてって言われたら愛してるって書くわ(多分)
    [ 2019/05/05 23:55 ] [ 編集 ]
  123.  
    口に出すと薄っぺらくなるもんなぁ
    [ 2019/05/05 23:57 ] [ 編集 ]
  124. これのせいではじめちゃんが悶えてたんだよな
    [ 2019/05/05 23:57 ] [ 編集 ]
  125. 日本男児は軽々しく"I love you"みたいな言葉は使わん!って事じゃないか
    実話なら、だけど
    [ 2019/05/05 23:58 ] [ 編集 ]
  126. ※6
    月齢カレンダー見たら新月だったよ?(´・ω・`)
    [ 2019/05/05 23:58 ] [ 編集 ]
  127. 日本語の愛は、いとおしい=いと惜しいだから、I love youよりはI miss youに近い
    正直、西洋人の言う愛がどんなものなのか、日本人にはよくわからないんじゃないか
    三島由紀夫は、日本人にとって感情の発露の最高のものは、愛じゃなくて恋だと言っていたけど、恋しいもI miss youだよなあ
    [ 2019/05/05 23:59 ] [ 編集 ]
  128. それより、漱石の写真がイケメン過ぎて
    [ 2019/05/05 23:59 ] [ 編集 ]
  129. fly me to the moon も素敵な歌詞だと思うんだ
    [ 2019/05/06 00:00 ] [ 編集 ]
  130. 西洋でも月を女性に例えるから伝わることだね

    愛の概念は明治まで日本人になじみがない
    情は幅広すぎて難しい
    [ 2019/05/06 00:00 ] [ 編集 ]
  131. お互い好意を持っているという大前提の上に成り立つ話で、例え当時でもすれ違った知人に言ったところで「あらホントですね」ってなるよ。
    [ 2019/05/06 00:01 ] [ 編集 ]
  132. サヨナラダケガ人生ダ
    [ 2019/05/06 00:01 ] [ 編集 ]
  133. ※119
    貴方の様に、女性を「釣った魚」と表現したり、自分を棚に上げて、男性一般を「嫌な奴ら」で乱暴に短絡的に総括したりする様な、「日本人の男」に責任転嫁する奴程、「嫌な奴」も居ないだろうがね。
    何様のつもりでいらっしゃるのだろうかね?
    一体全体、どれだけの男性を識っているのやら。

    女を一纏めにして罵る奴は吐き気がするほど嫌いだよ。
    だが、貴女の様な、一体何様なるかは存じ上げないが、男を十把一絡げに扱き下ろす身の程知らずや、人種差別をする恥知らずは、同じ女でも(同じ女だからこそ)、虫唾が走るほどに生理的に気持ちが悪い。
    [ 2019/05/06 00:03 ] [ 編集 ]
  134. 口に出すと軽々しいから言わないんじゃなくて、やっぱり日本語にはそういう表現が馴染まないからだと思うよ
    愛してる、なんて、多分、日本人にとって愛しさは、「する」ものじゃないんじゃないの
    適当なこと言ったけど
    [ 2019/05/06 00:04 ] [ 編集 ]
  135. 泉下の夏目先生、如何思召す?!
    先生「ーとでも~」
    [ 2019/05/06 00:04 ] [ 編集 ]
  136. なんでこんなコメ荒れてんだ……非リアしかおらんのか……もっと文学的に楽しもうぜ……
    [ 2019/05/06 00:04 ] [ 編集 ]
  137. 日本の夫はコミュ障かつケチくさいから妻を褒めたり愛情を口にすることをしない
    妻は夫への愛情とモチベーション下がりっぱなしで熟年離婚になるパターン
    [ 2019/05/06 00:06 ] [ 編集 ]
  138. あの月の光は~、
    と科学と学習のような事を語り出す人はいる
    [ 2019/05/06 00:06 ] [ 編集 ]
  139. 観音様を拝むという下品な言葉を知ったらどんな反応なんだろ
    [ 2019/05/06 00:06 ] [ 編集 ]
  140. いろんな解釈があるんだな
    自分は
    「(いつもは何も思わないけど、あなたと一緒にみると)月が綺麗ですね」って意味だと思ってるよ
    [ 2019/05/06 00:07 ] [ 編集 ]
  141. ■ ここのコメント欄、いいね。みんな恋人にタグ付けして、
      「月が綺麗ですね」って伝えてるのが素敵だと思わない?
      私は1人ポップコーンを食べてるわけだけど。 スウェーデン

    ポップコーンが美味しいですね
    [ 2019/05/06 00:10 ] [ 編集 ]
  142. ※137
    日本人の夫がそんなに嫌いなら、言語障害の多い、DVをする韓国人夫とでも結婚すればぁ?

    韓国人はどこにでも湧くね。
    だから〇ト〇ヨが湧くんだろうけど。
    [ 2019/05/06 00:10 ] [ 編集 ]
  143. この話が事実かどうかはおいといて、実際の月がきれいと区別が付かないとか察しレナ意図か言ってる人は、シチュエーション考えてみ?
    相手をじっと見つめ、何かを言おうとして、目を逸らし、「月がきれいですね。」
    月を見上げ、ぎゅっと手を握り締め「月がきれいですね」
    とか、状況に応じて、十分意図は伝わるでしょう。
    実際どんな文章を訳したかとか一切分からないからなんとも言いようがないけどなw

    [ 2019/05/06 00:10 ] [ 編集 ]
  144. 月は内部が冷たく表面で太陽光を反射しているだけ
    特に綺麗でもなんでもないクレーターだらけの衛星
    [ 2019/05/06 00:10 ] [ 編集 ]
  145. ※139
    ヴァギナとか、プッシーとかよりはお上品でしょ。
    [ 2019/05/06 00:12 ] [ 編集 ]
  146. 手ガ届カナイ所ニアルモンネ
    [ 2019/05/06 00:13 ] [ 編集 ]
  147. 今の日本人はこういう感性を理解できても実践できるような人は中々おらんだろうな
    俺の親父は海は嘘をつかないっていうよくわからんプロポーズしたそうだけどw
    しかもその後イケだったから浮気しまくりっていう
    [ 2019/05/06 00:14 ] [ 編集 ]
  148. ここは相変わらず品性下劣なコメントする荒らし放置しているのか
    [ 2019/05/06 00:14 ] [ 編集 ]
  149. 今回この話を紹介した人が「彼は恥ずかしがり屋だったために」って説明してるせいでやっぱり日本人的な感性が伝わってないと思うわ
    [ 2019/05/06 00:14 ] [ 編集 ]
  150. 日本語は奥が深くて豊かだね。
    他の言語に訳しても、なんか違う・・というのが多々ある。
    [ 2019/05/06 00:14 ] [ 編集 ]
  151. やはりフィンランドには雪女さんがいらっしゃるのですね。

    男性からこんなロマンティックな告白をされたら、
      きっと私は溶けてしまうと思う。 +4 フィンランド
    [ 2019/05/06 00:14 ] [ 編集 ]
  152. 漱石はいちいちかっこいいな
    また紙幣の顔になってくれ
    [ 2019/05/06 00:14 ] [ 編集 ]
  153. ちょっと道を誤ると戸田奈津子になる(´・ω・`)
    [ 2019/05/06 00:16 ] [ 編集 ]
  154. 俺も道場で突きが綺麗ですねって言われたことあるよ
    [ 2019/05/06 00:16 ] [ 編集 ]
  155. 漱石の頃の日本では、若い男女がおおっぴらに恋愛を楽しむ文化はなかったから、「愛しています」はプロポーズまたは永遠の別れ等、究極のシチュエーションでしか使われない。恋愛のワンシーンに使うには重すぎる表現だよな。
    [ 2019/05/06 00:16 ] [ 編集 ]
  156. ※135
    「とでも」がポイントで漱石らしいな
    学者ではあったが根っからの文学者ね
    しかし先生としても素晴らしい

    愛の告白に言葉としての正解はない、ってのが真意かな

    [ 2019/05/06 00:17 ] [ 編集 ]
  157. ※139
    神聖視してるともいえるが?
    [ 2019/05/06 00:18 ] [ 編集 ]
  158. その相手と見る月が奇麗だと思う気持ちと
    同じものを見てその通りだと思う気持ちが愛ってことだろ
    [ 2019/05/06 00:18 ] [ 編集 ]
  159. こっちだと「君は星のように美しい」って表現をよく使う。
      「愛してる」だと軽すぎちゃうんだ。 国籍不明


    こいつ、全然わかってんね-なw
    [ 2019/05/06 00:18 ] [ 編集 ]
  160. 蛍光灯の紐でシャドーボクシングだ!
    [ 2019/05/06 00:19 ] [ 編集 ]
  161. そんなロマンチックな台詞、好きな人とじゃないと言えないよね。
    [ 2019/05/06 00:19 ] [ 編集 ]
  162. 俺は月が綺麗ですねと言われた事はないけど
    顔は綺麗ですねと言われた事はある
    は?って返しといた
    [ 2019/05/06 00:19 ] [ 編集 ]
  163. この逸話をそのまま受け取ってるのか
    オタ女界隈で「月が綺麗」が告白の暗喩扱いになっててすごい気色ち悪い
    漱石の言わんとすること何も理解してねーじゃねーかと
    [ 2019/05/06 00:20 ] [ 編集 ]
  164. バイリンガルの友人曰くloveは日本語の好きと愛してるの中間くらいって聞いて妙に納得した
    [ 2019/05/06 00:20 ] [ 編集 ]
  165. 俺の右手ちゃんにも勇気を出してこの言葉を言ってみる!
    [ 2019/05/06 00:20 ] [ 編集 ]
  166. アニメ月がきれいでそのフレーズを知った
    その後、だがしかしで月がきれいネタを見て同じ穴の狢だと思った
    [ 2019/05/06 00:21 ] [ 編集 ]
  167. 昔、付き合ってた彼女に『月が綺麗だね』って言ったら
    彼女、月に向かって『わぉーーーーーん』。

    ・・・・・・懐かしい思い出ですw。
    [ 2019/05/06 00:21 ] [ 編集 ]
  168. 明治期の西洋文化の翻訳はすごい面白い
    "Society" を「社会」と訳した福沢諭吉の初案は「仲間連中」だった
    [ 2019/05/06 00:21 ] [ 編集 ]
  169. 夏目漱石のこの、品のある、いかにも賢そうな顔と
    雰囲気が好きなんだよな~♪
    [ 2019/05/06 00:21 ] [ 編集 ]
  170. 直接言わない・言えないという意味では日本的だね。
    まさに「気づいて先輩!」
    相手がアニメの主人公がごとく鈍感だと、途中で嫌いになるだろうな、いや豹変するかもしれない「しねよオマエ!」ってなるかも。
    [ 2019/05/06 00:23 ] [ 編集 ]
  171. 君と一緒にきれいな月を見ている今がとても幸せだ
    ぐらいのニュアンスではないかと思うけどな
    [ 2019/05/06 00:24 ] [ 編集 ]
  172. 『月が綺麗ですね』に
    そんな恐ろしい意味があるなんて
    知らなかった
    [ 2019/05/06 00:24 ] [ 編集 ]
  173. 西周も、自由を自在とか天然とか訳したりしてたんだっけ
    そう考えると、結果的に日本の翻訳は、自然な日本語として日本語に組み込むよりも、あえて外来語風に、概念的な異質さを際立たせる方向で進んだということかな
    だからこそ、当たり前の日本語として使うより、その距離を自覚していた方がかえってわかりやすいはず
    [ 2019/05/06 00:25 ] [ 編集 ]
  174. 163みたいに「実際の愛の告白に当てはめようとするのは
    文学の素養の無い人だ」的な物言いをする人だけが文学愛好家とわかる。
    海外のコメントも含めて1%未満というニッチな世界である。
    [ 2019/05/06 00:27 ] [ 編集 ]
  175. 向かい合ったり、見つめあうより
    「同じものを見る言葉」ってのがいいよな。
    [ 2019/05/06 00:27 ] [ 編集 ]
  176. "I love you."=「月が綺麗ですね。」という対訳では無い。
    「我は君を愛しく思う。」という日本語訳が、余りにも可笑しかったから、意訳して、何か別の言葉で照れ隠しの言葉として月を持ち出しただけ。
    そもそも、よく考えてみれば、「貴女を愛しています。」で愛を表現するのは、表現方法としては極めて単純。
    例えるなら、動物の求愛行動と同じ原理であり、動物と同じ水準だ。
    インド・ヨーロッパの文明は、概して「行動の文明」ではなく、「言葉の文明」と言える。
    言葉で何事も、どんな詰まらん当たり前の常識も、言語か不可能な高尚な愛も、総て等しく言葉で表現しなければならない。
    "I love you."では、本来愛の欠片ですらも伝わりはしないのだが(伝わった気はする)、それでも契約思想の有る海外では、本来言ってもしょうがない事を、一々「敢えて」言葉にしていた。
    [ 2019/05/06 00:30 ] [ 編集 ]
  177. 漱石の時代にもうちょっと直接的に言ったとすると、
    「お慕いしています」くらいかな。
    [ 2019/05/06 00:30 ] [ 編集 ]
  178. あるフランス人女性は戦後間もない頃に見た日本映画のワンシーンで看護婦が医師に背中を向けながら「好きです」って一言だけ言って愛を告白したことにカルチャーショックを受けて日本文化を研究するようになったとか。フランスなら相手の目を見ながら言うし第一「好きです」だけなら誰が誰を好きなんかさっぱりわからないって。
    [ 2019/05/06 00:30 ] [ 編集 ]
  179. 愛は長期的で連続的な行為としての営みを指すのであり、別に一時的に意思表明したり、何のコミットメントも無く誓った所で、持続的に、その行為が履行されなければ何の意味も無い。
    だから結婚式等の愛を誓う場所は、教会や神社等の、聖なる場所で、神聖なる権威が必要であり、背反しない事を自己に科する「儀式」として行って来た(現在は形骸化しているが)。

    漱石が本当にこの逸話を本人が言ったかどうか真偽は定かではない。
    だがしかし、仮にこの話が真実ならば、この"I love you."という言葉に対する鋭敏な感性は、漱石が文豪たる何よりの証左だろう。
    [ 2019/05/06 00:30 ] [ 編集 ]
  180. 超有名な創作話だよねこれ
    それを漱石がどんな意図だったのかとか全くもって無意味
    [ 2019/05/06 00:31 ] [ 編集 ]
  181. そんな遠回しに言われても伝わらないだろうと、京都人の嫌味にさえ気づかなかった自分は思う
    [ 2019/05/06 00:32 ] [ 編集 ]
  182. ※163
    いや暗喩として使ってるのは、十分意図理解してるんじゃないか?
    I love youなんて日本人が言わないと言う漱石の主張と、告白とはっきり言いたくないオタ女の心情とはそれほどかけ離れてないと思うが。
    [ 2019/05/06 00:33 ] [ 編集 ]
  183. ※174
    国語百点先生おっすおっす
    [ 2019/05/06 00:33 ] [ 編集 ]
  184. お慕い申し上げます。

    でよくね
    [ 2019/05/06 00:33 ] [ 編集 ]
  185. ※154
    アンタがコメント最優秀賞や。
    [ 2019/05/06 00:34 ] [ 編集 ]
  186. ※163
    漱石さんとはお知り合いで?
    [ 2019/05/06 00:34 ] [ 編集 ]
  187. 僕は野菊が好きだ。
    [ 2019/05/06 00:34 ] [ 編集 ]
  188. 男同士だと絶対に言わない言葉だからだよ
    [ 2019/05/06 00:35 ] [ 編集 ]
  189. 言葉だけでなら、幾らでも、何とでも言えるからな。
    この世に、「言葉で愛を表現せよ」という命題以上の、解決不可能な至上命題も存在しない。
    言葉で表現できない様な事だから、人間は愛情を持て余し、愛に苦しみ、そして文学や音楽、宗教、哲学、心理学が発展して来たんだろうに。
    [ 2019/05/06 00:39 ] [ 編集 ]
  190. 命題の意味を辞書ひいても理解できない人が命題って言葉使っててワロタ
    [ 2019/05/06 00:40 ] [ 編集 ]
  191.  
    ずいぶん前に、ロンドンの翻訳会社が翻訳家集めてやった「一番ロマンチックな『愛の告白』の言語」の、コンテストだかアンケートだかでは、
    日本語が最下位だったな。
    その俎上にエントリーされた日本語は「私はあなたを愛します」。
    「我君を愛す」よりもさらにダサいありえない日本語。ロンドンの翻訳会社はえりすぐりのヘッポコ翻訳家を集めたらしい。

    [ 2019/05/06 00:41 ] [ 編集 ]
  192. 日本人は自分たちの文化が独特であることを、場合によっては実際以上に認識しているし、それを誇ってもいるけど、ならなおさら、外国人にはきちんと伝える努力をもっとすべきだと思うよ
    日本文化に馴染めないなら帰れ、っていうのは正論なんだけど、それもちゃんと説明して理解された上で、それでもブーたれる外国人に言うんじゃないと筋が通らない
    問題は、日本人自身が説明できるほど日本文化をわかってないし、議論が下手なところにも見えるように、言語化と論理化が苦手なこと
    だから、日本人同士にしか本来通じない以心伝心とやらに結局開き直ってしまうと、外国人からしたらそりゃ閉鎖的に見えるだろう
    日本文化といっても、神道の説明や染め物の知識じゃなく、生活や思考のスタイルのことなんだが、日本人には前者を説明できても後者を説明できる人が少なくない
    [ 2019/05/06 00:41 ] [ 編集 ]
  193. 解釈に勤しむ人たちに対して
    そうだねって優しく微笑むことが出来る人間になりたい
    [ 2019/05/06 00:41 ] [ 編集 ]
  194. 明治大正の頃の日本人の感性として「愛してる」なんて使わないのが当然ってのがわからないと現代日本人がとんちんかんな受け取り方をするのもしょうがないけど。
    第一次大戦の頃、ドイツに居た日本人が検閲されるのでしょうがないから「愛する妻へ」って書き出しで手紙を書いたけど、こんなことを書いて当の妻や家族が私の気が狂ったのではないかと思うんじゃないかって心配したなんて話もある。
    言葉に対する感性はそれくらい違うよ。
    [ 2019/05/06 00:42 ] [ 編集 ]
  195. 言葉に対する感性の違いと考えるべきか、感性はそもそも言葉のありかたに由来すると考えるべきか
    [ 2019/05/06 00:44 ] [ 編集 ]
  196. ※175
    そういえば星の王子さまを執筆したサン=テグジュペリは「愛とは互いに見つめ合うことではなく互いが同じ方向を見ることだ」的な事言ってた。
    とても詩的かつ哲学的だよね
    [ 2019/05/06 00:46 ] [ 編集 ]
  197. 万札見ても思ったけど夏目さんイケメンやな
    [ 2019/05/06 00:46 ] [ 編集 ]
  198. 間違えたw千円札
    [ 2019/05/06 00:47 ] [ 編集 ]
  199. そもそも「私は貴方を愛しています。」って日本語にしたら、滅茶苦茶軽いからね。
    そりゃ正直悪い気はしないけど、場合によっては「好意」は生まれるかも知れない。
    だからと言って相手に対する「信頼」は生まれない。
    子供同士や若者同士の遊び感覚の好きならまだしも、文学表現に出て来る様な深愛(信愛)の発露として、「我は貴方を愛しう思う。」という表現が、和歌や俳句を嗜んで来た当時の日本人には、どうしても受け付けられなかったのでは?
    まぁどうも上のコメント読むと、漱石自身が言ったという逸話では無い様だし、この逸話の背景も良く知らないから、私のコメントも適当言っているかも知れないのだが。
    [ 2019/05/06 00:48 ] [ 編集 ]
  200. 職場の同僚に突然これを言われたらどっちで解釈していいか悩むだろうな
    [ 2019/05/06 00:50 ] [ 編集 ]
  201. > 基本的には「スキダヨ」でしょ。
    > 一般的には「"だいすき"」って伝えるんだよね……。

    分かってるじゃないか。
    「愛」という言葉は観念的過ぎて全然実感がこもってないんだよ。
    人類愛とかそういう大仰なのを表すなら良いんだけどさ。

    英語のLoveと日本語の愛は意味する範囲が少しずれてるよね。
    [ 2019/05/06 00:52 ] [ 編集 ]
  202.  
    最早慣用句になってるよねこれ
    それはそれで漱石の偉業の一つなんだけど
    [ 2019/05/06 00:53 ] [ 編集 ]
  203. 離れず出しゃばらず、ずっと隣りにいてくれる例えとしては
    やはりお月さんは秀逸なんだろうけど、既に妻を褒める感覚なのか?
    [ 2019/05/06 00:55 ] [ 編集 ]
  204. 「愛する」と言う日本語は、立場的に上の人が下の人に向けて使う言葉で
    "love"を「愛す」と訳すのは間違いって意見があったらしい
    夏目漱石がこの意見の賛同者かどうかは知らないけど

    ただこの話は、聖書の近代日本語訳でたびたび議論されるらしく
    例えば「汝の隣人を愛せよ」の訳は本来の意味と異なってると批判される

    桃山時代の翻訳では「お大切にする」と訳されており
    こちらの方がニュアンスとして正しいとする意見を聞いた事がある
    [ 2019/05/06 00:56 ] [ 編集 ]
  205. 夏目漱石が "I love you."を「月がきれいですね」と訳したという逸話に信頼できる出典・根拠は一切確認できない。事実上、出所不明の都市伝説の類。

    ttp://iss.ndl.go.jp/books/R000000006-I000149970-00
    [ 2019/05/06 00:57 ] [ 編集 ]
  206. これって2人の間にちゃんとお付き合いがあったり、信頼関係があって付き合う寸前‥とかなら伝わるかも‥だけど、いきなり言われたら、チンプンカンプンだと思う!
    [ 2019/05/06 00:59 ] [ 編集 ]
  207. 愛してるなんて言葉に出さなくても伝わるってことを言いたいのに、
    愛情と月とを結びつけてるとか外人はやっぱアホだな
    [ 2019/05/06 00:59 ] [ 編集 ]
  208. ※203
    そんな解釈初めて聞いたぞw
    俺は
    なんでもかんでもそのまま言葉にするな
    って意味だと思ってたわ
    [ 2019/05/06 01:00 ] [ 編集 ]
  209. 多分ロンドンに住んでいた旧居の玄関横に記念のプレートがある唯一の日本人が夏目漱石だろう。
    [ 2019/05/06 01:01 ] [ 編集 ]
  210. これはうかつに月がきれいとは言えないな
    [ 2019/05/06 01:03 ] [ 編集 ]
  211. 当時でも前振りがないと意味は伝わらないだろうし、
    現代では知識がない相手には通用せんよ
    味噌汁作ってくらいに意味不明

    素敵ではあるけども
    [ 2019/05/06 01:03 ] [ 編集 ]
  212. 愛情を表現する際に、海外では分かり易く、直截的に、強調して言語化する。

    一方日本ではそういう直接的で単純化して強調するのは、何だか隠蔽を意図しているのかと自信の無さとして受け止められ、逆に信憑性が損なわれる場合が多々ある。
    ただ海外も日本も、共通しているのは、信頼性を生むのは「行為」によってのみ。
    何の実行性(実効性)や強制力の無い言葉だけでは、何ら実体的な意味や価値を持たない。
    言葉の価値の裏打ちをするのは行動のみ。
    これだけは世界共通の普遍的な真実だ。
    だから愛しているを何万回言っても、その言葉には何の意味も無い。
    我が国の古代の先人たちは、長い長い、大量の豊富な種々の経験の蓄積から、その真実を知っていたのかも知れない。
    [ 2019/05/06 01:03 ] [ 編集 ]
  213. で、女性はなんて応えるもんなの?
    その答えの意味は?

    そうですね = ただ綺麗に同意。
    はい    = 私も愛してます。

    て、ことでいい?
    [ 2019/05/06 01:06 ] [ 編集 ]
  214. ※212
    訂正
    言葉の価値の裏打ちをするのは行動のみ。

    言葉の価値の裏打ちをするのは、行動と感覚と経験の総合。
    [ 2019/05/06 01:06 ] [ 編集 ]
  215. サクラブリゲイドのヒロインを思い出した
    [ 2019/05/06 01:06 ] [ 編集 ]
  216. ※195
    言葉は従であって、主ではないでしょう。

    [ 2019/05/06 01:07 ] [ 編集 ]
  217. そんな漱石も発音が良くなくてコミュニケーションがうまく行かなかったのか、あるいは人種差別に遭ったのか、ロンドン留学中に鬱に陥っていたという
    [ 2019/05/06 01:12 ] [ 編集 ]
  218. ※213
    言われた女性によって、返答は異なるのでは?

    漱石の小説に登場する婦人ならば、「ウフフ、そうね。何だかとっても可愛らしいわ。」
    とでも言うのでは?
    当時のうら若き、花も恥じらう乙女ならば、「わたくしの話を聞いてらっしゃらないのかしら。」とでも言うのかな?

    全部空想だが。
    まぁ現代でそんな事言われても、「いきなり何の話!?」となるだろうが。
    [ 2019/05/06 01:12 ] [ 編集 ]
  219. 「Love ≠ 愛」であり「Love」を表す日本語は無い
    というのが漱石の主張だったらしい。
    [ 2019/05/06 01:16 ] [ 編集 ]
  220. 「スーパームーンが綺麗だから撮ったった(^^)V」
    って写メ送られてきた俺はどうすればよかったのかな。

    まぁ、その子は単なる月好きで、よく「月が綺麗」って
    写メ送ってくんだけどねw
    [ 2019/05/06 01:23 ] [ 編集 ]
  221. ※220
    ひょっとしたら…


    …あるかもよ?
    [ 2019/05/06 01:26 ] [ 編集 ]
  222. これはもうお互いに好きなこと分かってる状態で、その場の空気について触れたという意味だと思ってる。
    それをその場でいったらもう愛してるという意味になるような関係性、日本人が愛してると表現する状況はそうしたものだと思う。
    [ 2019/05/06 01:27 ] [ 編集 ]
  223. 母親に大好きなんて言ったことないけど
    子供の頃から綺麗なものを見ると母親に教えたくなる
    つまり大好きってことなんだけどね
    [ 2019/05/06 01:27 ] [ 編集 ]
  224. ※217
    いつも霧に覆われて月が見えなかったせいかも
    [ 2019/05/06 01:30 ] [ 編集 ]
  225. 漱石なら井伏の方がすごいぞ

    阿佐ヶ谷アタリデ大酒ノンダ
    [ 2019/05/06 01:34 ] [ 編集 ]
  226. こんな漱石の素晴らしいエピソードを紹介された管理人もまた、素晴らしい日本人である。

    これを漱石風に親日日本風に曰く、

    ほらごらん、湖面の月もまた綺麗だろう。

    以上
    [ 2019/05/06 01:37 ] [ 編集 ]
  227. 月が雲に隠れていたり、新月の場合はどうするんだよw
    [ 2019/05/06 01:42 ] [ 編集 ]
  228. 日本人って言葉でダイレクトに伝えないから「共感」ってものを大切にするんだよね。その共感も「理解してくれ!」でなくて、理解してくれそうなのを察してから初めて告白する。言わずと知れた心の距離感にこそ気持ちの奥ゆかしさがあるんだよね。
    [ 2019/05/06 01:46 ] [ 編集 ]
  229. ※227
    問題ない。
    そちらの方が、よりはっきりと情感が伝わるので、逆に分かり易くて宜しい。
    そして女性は男性の心意を察して、ニヤリと微笑む訳だ。
    [ 2019/05/06 01:47 ] [ 編集 ]
  230. >単に月が綺麗だと感じた場合はどうすればいいんだ。 スペイン
    実際にそういう意味で言ってることが殆どだぞ
    [ 2019/05/06 01:48 ] [ 編集 ]
  231. お味噌汁を飲みたいってのもあったなw
    [ 2019/05/06 01:50 ] [ 編集 ]
  232. 誰だったか忘れたけど、とあるアニメ脚本家が学生時代に
    「I love youを日本語に訳せ」という課題で
    「あんたなんか大嫌い」と書いたそうだ
    ツンデレなんて言葉が無かった時代なのに

    同期のあかほりさとるがその脚本家に対し「こいつには勝てない」と思ったそうだ


    [ 2019/05/06 01:51 ] [ 編集 ]
  233. 「月が綺麗ですね」
    「手の届かないところにあるからね」

    この返しが好き
    [ 2019/05/06 01:58 ] [ 編集 ]
  234. 19世紀日本のI LOVE YOU = 月が綺麗。
    21世紀日本のI LOVE YOU = も、萌え!
    [ 2019/05/06 02:02 ] [ 編集 ]
  235. そもそも愛とは、知性によって判断するものではない。
    況や、智性の派生構造に過ぎない言語をや。
    昔の日本人はそれを感覚的に、経験的に、そして歴史的教養として知っていたというだけだ。
    どうも、漱石自身が直接学生に言った話では無いそうだが、それでも当時の日本人が「漱石先生ならそう言うだろう」というコンセンサスが有って容易に信じられ広まってしまったという話も、別に不思議でも何でもない。
    [ 2019/05/06 02:05 ] [ 編集 ]
  236. 普通に考えて外国人が理解出来ない
    マニアック過ぎたら実質日本人だしホルホルできんよ
    [ 2019/05/06 02:05 ] [ 編集 ]
  237. 月がきれいですねって言われて告白だと思うやつなんていないだろw
    [ 2019/05/06 02:06 ] [ 編集 ]
  238. ※139
    下品でもいいじゃないか
    ストリッパーさんが三波春夫の「お客様は神様です」について
    「神様が観音様を拝むかバカヤロー!」と一蹴したそういうセンスのある返しとか好きよ
    [ 2019/05/06 02:10 ] [ 編集 ]
  239. マジレスすると、別に「I Love You.」という意味で言ったのでは無く、ただ単に照れ隠しに「いやぁ~///今日は月が綺麗だなぁ~///」と言っただけの話だけどね。
    突如として真正面に「君を愛しう思ふ。」なんて明らかに不自然だから、日本語で場面が分かる様に意訳しろと言っただけだね。
    実際に漱石が言ったかどうかは知らないけど。
    [ 2019/05/06 02:12 ] [ 編集 ]
  240. 軟派もんが少ない時代
    恋愛経験が少ないまま大人になるんやからうぶな青年だらけだっただろう
    父方と母方どちらの祖父母もお見合いだったらしいしどえらい緊張した言うてたね
    もうだいぶ前に4人みんな上に行っちゃったから久しぶりに思い出せて良かった
    [ 2019/05/06 02:17 ] [ 編集 ]
  241. でも日本には四季があるから
    [ 2019/05/06 02:19 ] [ 編集 ]
  242. 月がどうこう言うより、「綺麗ですね」がただの感想とも、同意を求める付加疑問文とも、聞いた方が好きにとれる日本語ならではの曖昧さが素晴らしいと思うんだが。
    [ 2019/05/06 02:30 ] [ 編集 ]
  243. 詩的で素晴らしい愛情表現だけど
    現代の日本では伝わらないと思う
    [ 2019/05/06 02:31 ] [ 編集 ]

  244. 素晴らしい文学の文化を齎してくれた朝鮮に感謝

    ありがとう韓国

    [ 2019/05/06 02:31 ] [ 編集 ]
  245. 今まで気にもしたことなかったけど、夏目先生って鼻筋が高いのね
    [ 2019/05/06 02:34 ] [ 編集 ]
  246. 女性はよく直接愛してると言わないと愛されてるかわからないと言うが、試しに、妻に毎日愛してると言い続けたら飽きられた
    最終的に、「しつけぇよバカ」って言われたw

    結局、頻繁に愛してるなんて言葉を連発してると言葉に重みがなくなる。
    [ 2019/05/06 02:39 ] [ 編集 ]
  247. これって、自分は(古今から当時までの日本人の多くの)男性が「月を見て綺麗だと感じる様な情緒的な気分になる」「心の襞が微かに揺れた些細な心情をつい吐露出来る」時は同伴している人物が信愛する・心を許せる女性だから、って意味だと解釈していた。
    それには社会通念による従来の男性像の「男は他人に弱味を見せたりしてはいけない」とか「日本人は(愛している女性に対して軽々しく)そんな事言わない」という男女間の距離感が前提にあるんだけれど。
    古今普遍的な行動である男女の情愛の表現にその時代時代の背景や国民性があって独自性があってそれぞれ素敵だと思う。
    例えば言葉がない原始時代なら狩猟で捕ってきた動物を黙って差し出すとか、女性が困っていたら黙って助けてやるとかが情愛の唯一の表現だったのかもしれないし。
    男女間に「永遠」は無いけれども、「自分より大事だと思う相手がいる」という気持ちが生まれる事が大事なことなんだと思う。
    [ 2019/05/06 02:41 ] [ 編集 ]
  248. この告白の仕方はいいね。
      南米だと「愛してる」は挨拶みたいなものだし、軽いんだよ。
      「月が綺麗ですね」は本当に最高だ。 +4 アルゼンチン

    むしろ二葉亭四迷の方がいいのでわ?(ホントは言ってない説あり)
    [ 2019/05/06 02:44 ] [ 編集 ]
  249. 夏目漱石の時代と今とでは時代の世相や感覚が違いすぎる
    こんなんで日本に幻想持って来日されて幻滅されても知らないぞ
    [ 2019/05/06 02:47 ] [ 編集 ]
  250. >>247
    素晴らしい分析だし、素晴らしい感性をお持ちだ。
    ただの空想に過ぎないが、貴女のその想いや感性は、きっと時代や場所がそれぞれ違っていても、普遍的にその時代時代の人間が持っていた、思っていた事なのかも知れない。
    [ 2019/05/06 02:47 ] [ 編集 ]
  251. いやいや、外人さんが日本人に求愛するときにツキガキレイデスネって言っても日本人分からないよ?
    いい大人が告白なんかしないと言う根本的なことを理解できてないよね。
    [ 2019/05/06 02:50 ] [ 編集 ]
  252. このフレーズの真髄は相手が分からなくてもそれはそれでいいという所。
    これが精一杯、ダメモト、計算が無い所。
    仮に相手に探りを入れるような駆け引きとして言ったなら、それはもう同じフレーズでも意味が真逆になる。
    [ 2019/05/06 02:59 ] [ 編集 ]
  253. そもそも夏目漱石の時代は、自由恋愛なんてごく限られた人たちの世界であって、お見合いして結婚が当たり前だから。

    駆け落ちでもするような仲ならともかく、結婚前の男女が軽々しく愛してるなんて言わないよってなわけで・・・それが「月がきれいですねとでも訳しておけ」になったと言うことだ。全然ロマンチックでもない話。
    [ 2019/05/06 03:03 ] [ 編集 ]
  254. 本スレ外人はみんな絶賛してるけど、日本に来る外人は日本人のその婉曲表現や間接的な物言いのためにコミュニケーション障害やノイローゼになって反日になって去っていくんだよね。特に日本の女は率直に言わないから何を考えているか外人は理解できないのよ。外人には竹を割ったように率直に言わないと全く真意が伝わらないから。多少失礼でもズバズバ話す日本人が外人から好かれるのはそれが理由。
    [ 2019/05/06 03:06 ] [ 編集 ]
  255. というより言葉がなくても分かるでしょ日本人同士なら。粋さで言えば非言語コミュニケーションの方が上。
    [ 2019/05/06 03:11 ] [ 編集 ]
  256. 今のご時世だと「厨二病、乙!」とか「オッサン歳かんがえろ」とか「キモッ」とか言われそうだけどな・・・・

    朝日新聞の工作員がネット上で言葉狩りしまくっているし・・・・
    [ 2019/05/06 03:11 ] [ 編集 ]
  257. 男「月が綺麗ですね」
    女「そうですね」
    男「・・・」
    女「・・・」
    男「・・・」
    女「そろそろ帰らないと」
    男「月へ?」
    女「え?」こいつヤバイぞ
    [ 2019/05/06 03:11 ] [ 編集 ]
  258. 外人どもなんか勘違いしてないか?と思うが。
    シャイだと言うこととわかってるのか?

    今時こんな男はいないから、悲しいわ。
    [ 2019/05/06 03:14 ] [ 編集 ]
  259. 外人と付き合ったことがある人は分かると思うけど、そういう微妙で曖昧な表現は日本人同士じゃないと全く伝わらない。言葉を文字通り受け取られるから誤解されないように言葉の選択に非常にセンシティブになる。
    [ 2019/05/06 03:21 ] [ 編集 ]
  260. 当時の求愛は即結婚前提だから、シャイだの言う前に無責任と言われたかもしれないね。先に親を通せと。
    まず仲人主導だし、結婚するまで相手の職業すら知らなかったなんてザラだったらしい。
    90歳くらいの人たちと話すと、騙されて農家に嫁がされたとか嫁は奴隷扱いとか昔は大変だった見たいだ。
    [ 2019/05/06 03:27 ] [ 編集 ]
  261. 当時の日本文学としての表現、日本人の一側面として美しいと捉えてるだけで、実際に言ってほしいとは思ってないっしょw
    [ 2019/05/06 03:29 ] [ 編集 ]
  262. 騙されちゃいけない
    月が綺麗ですねが告白になるのは恋愛ドラマの世界の話だ
    そんな例外を当たり前と思っちゃいけない

    夫婦の仲で言うのが本来の日本人なんだよ。
    恋愛結婚をすると夫婦になると逆に言わなくなる。
    お見合い結婚をするといつまでもそういう関係が続く。
    [ 2019/05/06 03:31 ] [ 編集 ]
  263. 「月が綺麗」と言われて「好意がある」って分かるわけないだろうっていつも思う
    [ 2019/05/06 03:34 ] [ 編集 ]
  264. >263
    雰囲気と相手をまっすぐ見つめたり次第だろうけどね
    まあ冗談なんだろうけど
    これをスパッといえる漱石は相当誑しだろうなっていう
    [ 2019/05/06 03:41 ] [ 編集 ]
  265. a
    高卒おじさんですね

    [ 2019/05/06 03:51 ] [ 編集 ]
  266. 漱石がそう言ったという証拠がないけどこうして伝わってるということは、日本人的に腑に落ちる話だってことだ
    普通なら月が綺麗な場所でI love youというんだろうが、日本人はふたりで月を眺めるっていうロマンチックなムードを作るまでで精一杯って感じかな
    現代だってなんとも思ってない男とふたりきりで夜景見に行く女なんていないだろうし
    頑固親父がいきなり花束買ってきて「ん」って奥さんに渡したとしても、言葉はなくても愛情伝わるもんね
    [ 2019/05/06 03:57 ] [ 編集 ]
  267. 私がスッポンだとぉ
    『さようなら。』
    [ 2019/05/06 03:58 ] [ 編集 ]
  268. 『あの月の様に貴女も綺麗ですね』
    と言われないと分からないよなこれじゃ。
    まあ外国人はそこまで言うのだろうけど。
    [ 2019/05/06 04:03 ] [ 編集 ]
  269. ケツが綺麗ですね
    [ 2019/05/06 04:03 ] [ 編集 ]
  270. そのあと
    接吻
    体勢に入ってからこそ相手が意味を
    受け入れた
    と思う訳で。
    [ 2019/05/06 04:06 ] [ 編集 ]
  271. 今以上に愛情表現しなかっただろうから、愛してるとは言わなかったんだろうね。いい雰囲気でわかりあうみたいな。
    [ 2019/05/06 04:13 ] [ 編集 ]
  272. 月あかり
    花じゃ駄目なんだろうな昼間だし。
    漱石の時代の
    月あかり
    は今よりも綺麗だったのかな?
    新月なら
    天の川綺麗だね
    と言えるだろうし。
    [ 2019/05/06 04:14 ] [ 編集 ]
  273. ※265
    100年以上前の高卒って言ったら今の大卒以上と思った方が良いぞ
    一握りのエリートしか卒業できないから
    [ 2019/05/06 04:16 ] [ 編集 ]
  274. そもそも愛とLOVEはそこに含まれる意味合いがだいぶ違うってのもあるけど
    日本人は語句の意味よりもシュチュエーションが整えば阿吽で会話する民族だしな
    [ 2019/05/06 04:36 ] [ 編集 ]
  275. 「あなたの事はなんとも思っていませんが、月が綺麗ですね」と言わなきゃならないのか
    [ 2019/05/06 04:40 ] [ 編集 ]
  276. 結婚は自由恋愛からって事になって、見合い仲人文化が廃れたら
    結婚できない男女が山のように出てきたという・・・・
    [ 2019/05/06 04:41 ] [ 編集 ]
  277. 英語は直訳のままじゃダメだよということだろう
    漱石は諧謔の大家でもあったしな
    [ 2019/05/06 04:45 ] [ 編集 ]
  278. 宮崎駿が言いそうやな。

    ぱやお「君たちだったらI love youを日本語で何て訳す?」
    ごろーにゃ「わが君を愛す?」
    ぱやお「日本人はそんなこと言わない。月が綺麗ですねとでも訳す。」
    [ 2019/05/06 04:52 ] [ 編集 ]
  279. 君のためならしねる
    [ 2019/05/06 04:57 ] [ 編集 ]
  280. いつもの月もあなたと一緒に見るとより美しく見える
    って意味だと思ってたけど違うんかな
    [ 2019/05/06 05:00 ] [ 編集 ]
  281. 村上春樹
    海外でも人気で毎年ノーベル文学賞候補。
    それぞれの国々、言語で翻訳する『翻訳者』って
    こんな事
    も知ってて翻訳してるのかな?日本人の感性を知って。
    まあ元々、面白い表現をする村上春樹だけど。
    [ 2019/05/06 05:09 ] [ 編集 ]
  282.  
     「月が綺麗ですね。」と「月は綺麗ですね。」じゃ違うね。

    「月が綺麗ですね、あなたといつまでも見ていたい。」なんだろうな。
    [ 2019/05/06 05:10 ] [ 編集 ]
  283. お前らも意外と理解してないんだな
    まあ現代日本人がこんな言葉は使わないけど

    これは月自体に意味はなくて、詩的な意味でもなくて
    まず日本人が直接的な表現、特に愛してるみたいなことはあまり言えない気質であり、
    昔だとさらにその傾向は強かったという背景を理解する必要がある

    それで二人で夜空眺めて月を見るなんてそういう関係だろうという想像をして
    その上で出てくる言葉が『月が綺麗ですね』
    例えるならあまり仲良くない人に対しての『天気がいいですね』に近い使い方の中身のない言葉とも言える


    月が綺麗という言葉に意味があるのではなく、その状況で出てくる言葉としての表現がこれなんだろうよ
    [ 2019/05/06 05:14 ] [ 編集 ]
  284. 今なら月に向かってアポロを発射したい、とかになるのかな
    [ 2019/05/06 05:19 ] [ 編集 ]
  285. 『月が綺麗ですね』もあまり言わないと思うけどね
    [ 2019/05/06 05:21 ] [ 編集 ]
  286. LGBT
    >今なら月に向かってアポロを発射したい、とかになるのかな

    モモちゃん発射成功おめでとう!
    [ 2019/05/06 05:34 ] [ 編集 ]
  287. 「だんごが美味しいですね」
    [ 2019/05/06 05:38 ] [ 編集 ]
  288. これ、「返す側」が試されるよねぇ。
    いまだに最適解が分かりません。
    [ 2019/05/06 05:42 ] [ 編集 ]
  289. 夏目漱石ってイケメンだよな
    昔はただのおっさんに見えてたが
    [ 2019/05/06 05:43 ] [ 編集 ]
  290. >お前らも意外と理解してないんだな
    >例えるならあまり仲良くない人に対しての『天気がいいですね』に近い使い方の中身のない言葉とも言える

    なんだコイツw
    天気の話しと同じ?
    そもそも一発目の入りコメントが要らないだろ。
    何で喧嘩を売りながらコメントしてんの?w
    [ 2019/05/06 05:43 ] [ 編集 ]
  291. これを以って昔の日本には「愛」という概念が無かったっていうのは違うんじゃないか
    [ 2019/05/06 05:46 ] [ 編集 ]
  292. >単に月が綺麗だと感じた場合はどうすればいいんだ。

    それを人に言うかという話かな。それもさらっとでは無くやや感慨深げに
    それでも愛情とは限らないけれど
    [ 2019/05/06 06:00 ] [ 編集 ]
  293. 日本人はスシやサーシミを食べながら愛の告白をするんだと故アンソニー・ボーディンも言ってたな。
    [ 2019/05/06 06:02 ] [ 編集 ]
  294. えーと、ここまで和歌にふれる人がいないw
    日本の基本文化なんだけどなあ。
    [ 2019/05/06 06:11 ] [ 編集 ]
  295. 西洋のことわざ
    Pitty's akin to love を
    かわいそうったあ惚れたってことよ
    と訳していたな
    [ 2019/05/06 06:14 ] [ 編集 ]
  296. >今のご時世だと「厨二病、乙!」とか「オッサン歳かんがえろ」とか「キモッ」とか言われそうだけどな・・・・

    厨二は違うだろ。
    「うぬとは1000年ぶりよの、我が片割れよ。我に委ねよ」とか
    「やっぱりそうだ、君に近付くとシステムが反応する。何かあるよ絶対!」
    とかそういうやつ。
    [ 2019/05/06 06:15 ] [ 編集 ]
  297. こんな人はもはやいない。
    今の日本人は日本人モドキやね。
    [ 2019/05/06 06:18 ] [ 編集 ]
  298. 月が・・・バチーン!
    [ 2019/05/06 06:38 ] [ 編集 ]
  299. ※42
    [ 2019/05/06 06:50 ] [ 編集 ]
  300. あなたのことが・・・ツキだから! byドンゴン
    [ 2019/05/06 06:50 ] [ 編集 ]
  301. 何気取っとんねんってハリセンでひっぱたきたくなるわ
    ネットのうまい言い回しの方が遥かにセンスある
    [ 2019/05/06 06:59 ] [ 編集 ]
  302. >>297
    お前が時代の変化についていけてないだけやで
    [ 2019/05/06 07:01 ] [ 編集 ]
  303. 今日の晩御飯はウナギよ(ハート)
    [ 2019/05/06 07:15 ] [ 編集 ]
  304. コメント欄見ても分かる通りの有様だよ
    [ 2019/05/06 07:23 ] [ 編集 ]
  305. 「月が綺麗ですね。」
    返しはやはり英語で
    「Fly me to the Moon」
    がよろしいかと。
    [ 2019/05/06 07:26 ] [ 編集 ]
  306. 月のものが・・・いえなんでもありません
    [ 2019/05/06 07:26 ] [ 編集 ]

  307.  「月に群雲花に風」と返してしまう、俺。
    [ 2019/05/06 07:27 ] [ 編集 ]
  308. あーあれか・・・昔は夜電灯がつかないから月が主要な光源だった
    月が綺麗、すなわち月が雲に隠れず満月前後の明るい状態であり、
    夜中に明るい状態でやりまくれますね、という肉体方面の求愛?
    [ 2019/05/06 07:31 ] [ 編集 ]
  309. >308
    生物学的な種の保存としては、大正解。
    [ 2019/05/06 07:37 ] [ 編集 ]
  310. サテライトキャノン発射するん?
    [ 2019/05/06 07:42 ] [ 編集 ]
  311. 平安時代の貴族文化からその傾向がある
    「好きです」「愛してる」といった直接的な表現は不粋な言葉として軽んじるのが日本の文化だった
    昭和の時代まではこういう感性が当たり前だったのだが、平成以降日本人から失われていった感性だろう
    [ 2019/05/06 07:51 ] [ 編集 ]
  312. 日本人の感性ではなく、漱石の感性なんだけどね。
    [ 2019/05/06 07:52 ] [ 編集 ]
  313. 剣士「突きーーーーーー!キエーーーーーー」
    解説「突きが綺麗ですねー・・あ〜」
    実況「突きが綺麗に入りましたねー現在担架が運び込まれようとしております」
    [ 2019/05/06 07:52 ] [ 編集 ]
  314. ♪『I LOVE YOU』♪
    と唄いながら
    ♪『盗んだバイクで』♪
    と歌うからなw
    意味分からんだろ日本人?外国人w
    [ 2019/05/06 08:08 ] [ 編集 ]
  315. 彼女「月が奇麗ですね」
    彼氏「(彼女をチラ見して)奇麗だ、本当に奇麗だ」
    こういったシチュにならんかな~。
    [ 2019/05/06 08:09 ] [ 編集 ]
  316. >だけど愛情を伝えるという極めて自然な事が、
    >なぜ日本人にとってはそんなに恥ずかしい事なんだろうか?

    たやすく応えられる種類の愛情ならいいが、そうじゃない場合は拒むほうにもストレスかかるわけだし双方とも精神的ショックがでかいからじゃね?マジレスするまでもないけど
    [ 2019/05/06 08:12 ] [ 編集 ]
  317. アニメの 月がきれいで太宰は言ったと言ってたから
    太宰治だと思ってたてわ
    [ 2019/05/06 08:14 ] [ 編集 ]
  318. 意訳にもほどがあるぞ
    [ 2019/05/06 08:16 ] [ 編集 ]
  319. >特に英語に関してはずば抜けて得意だったそうで、

    英国留学したら性格的に落ち込んだ、とかテレビで見たけど。
    逆に諭吉は英国社会に馴染んだとか。
    [ 2019/05/06 08:18 ] [ 編集 ]
  320. 「月に代わってぇー、お仕置きよっ!」とかいう愛情表現
    [ 2019/05/06 08:22 ] [ 編集 ]
  321. 昔はワルしました。
    の子供が悪する世の中。
    不良自慢する親から産まれた子供。

    『子供の自由に。生きさせたいままの教育です。』
    とか顔出しで出てくる親w

    どうなる令和
    どうなる令和時代親
    どうなるAI判断?
    馬鹿親は馬鹿親と判断するのかな?w
    [ 2019/05/06 08:28 ] [ 編集 ]
  322. プロポーズで
    月ではなかったのですが…

    「星空がきれいですね。」

    「プレゼントを受け取って欲しい。」

    「気に入ったもの(星)をどうぞ選んで下さい。」
    「(取れる訳ないのになぁ。また、適当なこと言って…)ありがと。」

    …後日、気に入った婚約指輪と結婚指輪を選んで貰いに、お気に入りの宝飾店に行きました。喜んでもらって嬉しかったね。

    平成7年頃こと。なんだか思い出しました。懐かしいですね。
    [ 2019/05/06 08:35 ] [ 編集 ]
  323. 愛してるは軽いって海外の投稿がいくつかあるようだが。
    歌の歌詞やドラマのセリフなんかではよく出て来るけど、日本では日常で言ってたらキモイです。
    [ 2019/05/06 08:36 ] [ 編集 ]
  324. 愛媛県なのに愛について言われるとか、どんな皮肉だよw。
    それは冗談として、漱石は西洋文学と盗用文学の違いで相当悩んだ時期があったみたいだから、このことは重いエピソードに感じるな。
    [ 2019/05/06 08:39 ] [ 編集 ]
  325. スウェーデンちゃんw
    [ 2019/05/06 08:45 ] [ 編集 ]
  326. 月がとっても綺麗だから遠回りして帰ろう🎵
    と言って連れ込む。
    [ 2019/05/06 08:51 ] [ 編集 ]
  327. >"I love you"を「我君を愛す」と訳した

    グンモーニンを良い朝と訳すような感じか?
    [ 2019/05/06 08:55 ] [ 編集 ]
  328. 月が出てなかったら?
    曇ってたら?
    夜じゃなかったら?
    [ 2019/05/06 08:58 ] [ 編集 ]
  329. 男「月が綺麗ですね。」

    女「裏面はキモイですよ。」

    男「…。」
    [ 2019/05/06 08:59 ] [ 編集 ]
  330. 冗談というか訳を放棄したというか
    そこらへんの感覚まではなかなか伝わらないよな
    日本人の俺も文字だけでは理解できてる自信がない
    [ 2019/05/06 09:02 ] [ 編集 ]
  331. 月が綺麗ですね にもいろんなニュアンスがあるだろうから
    漱石さんの名訳もその前後の文章があってこそだな
    [ 2019/05/06 09:03 ] [ 編集 ]
  332. 我、汝を愛おしむ。
    [ 2019/05/06 09:11 ] [ 編集 ]
  333. 中2なの?
    [ 2019/05/06 09:12 ] [ 編集 ]
  334. >意訳にもほどがあるぞ

    確かにw
    [ 2019/05/06 09:14 ] [ 編集 ]
  335. 「月が綺麗ですね」が奥ゆかしいとか、I love youが軽いとかコメントしてるけど昔のハリウッドでもI love youなんていう台詞はタブーだったはず。

    当時は二人が見つめあって「君は僕がどう感じているか知っているかい」みたいなセリフが普通だったとか。

    「君の瞳に乾杯」なんて名訳があるけどね。
    [ 2019/05/06 09:15 ] [ 編集 ]
  336. アラブ油ー!
    [ 2019/05/06 09:16 ] [ 編集 ]
  337. 俺もポップコーンを食べるぞ
    [ 2019/05/06 09:17 ] [ 編集 ]
  338. で、このセリフが和歌の本歌取りのように派生していくのも文化。
    真偽のほどはともかく教養として知ってて悪い話じゃない。
    [ 2019/05/06 09:24 ] [ 編集 ]
  339. 昔は若い男女が夜二人きりで居るなんて事はできなかったから
    この訳し方は愛の告白じゃなくて夫婦間の会話を想定してるんじゃないかと
    昔は愛してるなんて絶対言わなかったからこうやって言葉の外で語ったんじゃないかな
    [ 2019/05/06 09:27 ] [ 編集 ]
  340. 本人が言ったソースはない模様
    [ 2019/05/06 09:28 ] [ 編集 ]
  341. 中2か?
    「恐い人たちよ。帰りたくない!月の話はやめて」
    これは中2だが。
    [ 2019/05/06 09:34 ] [ 編集 ]
  342. 日本人独自の感性が失われてしまったから、もうこういう訳は出てこないかもね。ガラパゴスって言われそう。
    [ 2019/05/06 09:34 ] [ 編集 ]
  343. ラノベしか読まない昨今の馬鹿どもには
    この感性は解るまい。
    [ 2019/05/06 09:54 ] [ 編集 ]
  344. 詩的すぎて分かりづらいのがなんともw

    ※342
    >日本人独自の感性が失われてしまったから、
    >もうこういう訳は出てこないかもね。
    >ガラパゴスって言われそう。

    >ガラパゴスって言われそう。

    は?意味が分からん。
    ガラパゴスは本来褒め言葉であるべきなんだがな。
    まあこういうことをすぐ言う反日レイシスト野郎は侮蔑でしか言わないがな。
    [ 2019/05/06 10:02 ] [ 編集 ]
  345. 「可哀そうったぁ惚れたっつう事よ」
    [ 2019/05/06 10:09 ] [ 編集 ]
  346. ハイコンテクストなんだよ

    エイリアン👽は結構、ローコンテクスト‼️
    [ 2019/05/06 10:09 ] [ 編集 ]
  347. 常識も感性も全世界均質化したら、本スレの外国人の反応のように新鮮味をもって、あるいは驚きをもって反応されることも無い。
    いいんじゃないかな?日本独自の感性があっても。
    こういうので各国の感性に新しい風を入れ、新たな創造を生み出してもらえるなら。
    [ 2019/05/06 10:11 ] [ 編集 ]
  348. コメ欄の九割九分が原作読んだこともないんだろうなぁ
    的外れな意見ばかり
    [ 2019/05/06 10:12 ] [ 編集 ]
  349. 別に月じゃなくてもいいんだけどな。
    同じ物を見て切なく美しい気持ちを共有できる事だから。
    でもそれを月ってすぐに出せるところが文豪なんだよな。
    [ 2019/05/06 10:14 ] [ 編集 ]
  350. 外国人女性からは日本人は愛情表現が下手、新婚でも毎日愛してるって言わないと不評
    [ 2019/05/06 10:17 ] [ 編集 ]
  351. 正直読んだ事はないので、話の流れの中でのこれがどう印象的に出てきたのかわからない。からこう言われているけどなんで月が奇麗ですねがこうなのか。漱石が西洋かぶれで気取ったからなのかわからん。
    [ 2019/05/06 10:19 ] [ 編集 ]
  352. この話は「相棒」で知ったなあ。証拠となる文書が見つかったって話。フィクションでこういう使われ方したってことは確たる証拠がないんだなって思った。
    [ 2019/05/06 10:20 ] [ 編集 ]
  353. 現実は
    男「月が綺麗だね」
    女「ほんとだ綺麗~」
    男「・・・。」
    女「それじゃまたね~」
    [ 2019/05/06 10:26 ] [ 編集 ]
  354. 竹割った系からしたらラヴだろうが月だろうがどっちもむず痒いだろな(笑)
    「日本人なら」というのも結局、一億総ノブレスオブリージュを夢想した頭の悪い極右と変わらん発想と思うがね。
    素直な歌には素直な良さが、無骨さが伝わる歌には無骨さが隠れた良さがある。
    それが歌だろ。万葉の風骨だろ。官位持ちの連歌会じゃあるまいし。
    [ 2019/05/06 10:28 ] [ 編集 ]
  355. 愛は仏教用語の直訳で本来の日本語には概念からないのよ。
    日本にあるのは「情」のほうで「惚れた」ってことなのよ。
    それは家格と存続のための結婚とは別物なのよ。
    外国の方には説明しづらいところだわね。
    [ 2019/05/06 10:29 ] [ 編集 ]
  356. >348
    この、I Love You の原作って何?
    [ 2019/05/06 10:32 ] [ 編集 ]
  357. >私は1人ポップコーンを食べてるわけだけど。

    俺も一人でピザポテト食ってるぜ!仲間だな!
    [ 2019/05/06 10:44 ] [ 編集 ]
  358. これって、前後の文脈、状況から、直訳ではなく「意味を考えろ。」ってさとしているだけなんじゃないの?

    翻訳は、時代と共に変わるからその時代時代で訳し方が変化する。
    [ 2019/05/06 10:50 ] [ 編集 ]
  359. 月に変わってお仕置きよ!
    [ 2019/05/06 11:00 ] [ 編集 ]
  360. 書いた小説にそういうフレーズがあったのかと思ってた。
    [ 2019/05/06 11:06 ] [ 編集 ]
  361. 君の瞳に映る僕に乾杯
    [ 2019/05/06 11:07 ] [ 編集 ]
  362. その女性に見惚れながら月=あなた
    の設定で言う、という意味か?
    [ 2019/05/06 11:11 ] [ 編集 ]
  363. イマイチ伝わってねー気がするなww
    これは素敵とかじゃなくてもうちっと
    日本人らしさとジョークがまざったものでは?!
    [ 2019/05/06 11:11 ] [ 編集 ]
  364. 月とうざぎはセットなんだよ
    [ 2019/05/06 11:18 ] [ 編集 ]
  365. 相変わらずきもいなぁ
    お前らに漱石の感性備わってないやろ
    [ 2019/05/06 11:20 ] [ 編集 ]
  366. 漱石はそんなこと言ってない。それだけ覚えて帰れ。
    [ 2019/05/06 11:29 ] [ 編集 ]
  367. 俺に彼女が出来たら月が綺麗だね、50年後も一緒に月が見れたら良いね!
    って言います!(笑)
    [ 2019/05/06 11:33 ] [ 編集 ]
  368. 仮に漱石の言だとして同じ感性が備わっていて何か良いことあるのか?
    その感性がないと日本人じゃないのか?
    俺的には日本人なら巨人(・大鵬・玉子焼き)だろ?みたいな無個性のほうがキモイけどなぁ。
    知識程度にはいんじゃね?教養という気さえしない。
    [ 2019/05/06 11:33 ] [ 編集 ]
  369. でも、独自の邦訳と言えば映画の邦題はちょっと狙いすぎの時がある
    [ 2019/05/06 11:33 ] [ 編集 ]
  370. 月は日本では「静寂の美」みたいなイメージだが
    欧米では狂気の象徴やで。ルナティック言うやろ
    [ 2019/05/06 11:43 ] [ 編集 ]
  371. 西洋で「愛」だ「LOVE」だ言われるのは侵略と愛が紙一重なところがあるからかもしれないね。日本のそれとはちょっと感じ方が違うかもしれない
    [ 2019/05/06 11:44 ] [ 編集 ]
  372. 香港人だったかな?が直江兼続の前立てを見て「ちょwww」(そりゃそうなるw)って言ってたが、やっぱり愛はラヴが主流なんだろうね。
    愛染明王だよねアレ。
    [ 2019/05/06 11:49 ] [ 編集 ]
  373. もはや訳というかポエムだわな。言語の第一義は意思の疎通であってアートではない。
    悪い感性じゃないと思うが、あくまでポエムや文学の世界の話。
    こんなもんが主流になれば民事裁判だらけになる。一般的には生徒が正しいw
    [ 2019/05/06 11:59 ] [ 編集 ]
  374. 月が綺麗ですね
    月は綺麗ですね
    月も綺麗ですね

    印象が変わりますよね
    [ 2019/05/06 12:06 ] [ 編集 ]
  375. ただしイケメン(or美少女)に限るッ!
    [ 2019/05/06 12:08 ] [ 編集 ]
  376. 言うシチュエーションが大事だわな。文字だったら前後の文脈がそれに当たるか。
    月が綺麗ですねは月が綺麗という意味だ(笑)
    [ 2019/05/06 12:09 ] [ 編集 ]
  377. ※335
    Here's looking at you, kid! が 君の瞳に乾杯! になったやつね。
    Here's to you! が 乾杯! で、looking at が瞳になったんか?
    [ 2019/05/06 12:11 ] [ 編集 ]
  378. 世の中アイラヴユーがストレートに届く局面もある。そんなものだ。
    夫婦喧嘩のあとでもないのにこんなことを言えば、熱があるんじゃないかと思われる。
    [ 2019/05/06 12:15 ] [ 編集 ]
  379. センスねーな。どっちかつーとブサメンというか暑苦しい奴のほうが似合うだろ。
    自分…不器用ですから…。
    [ 2019/05/06 12:29 ] [ 編集 ]
  380. ※6
    月が綺麗ですね→満月が綺麗ですね→お満月が綺麗ですね→おまんが見たいですね→やりたいですね→好きです→Ilove youwtube
    [ 2019/05/06 12:37 ] [ 編集 ]
  381. >>369
    パットン大戦車軍団とか?
    [ 2019/05/06 12:39 ] [ 編集 ]
  382. 話ずれますけど、日本人って同じ意味でも同じ言葉でも漢字カタカナひらがなでイメージ変わる人多いんじゃないですか?
    文字も縦横では印象変わったり、「献立」と「メニュー」では「メニュー」を使いたい、ここでは「献立」の方が似合うとか…
    受けとり方が違う気がします。
    名前とかも。
    [ 2019/05/06 13:05 ] [ 編集 ]
  383. 「櫻」「桜」「さくら」「サクラ」ではインパクト違いますね
    [ 2019/05/06 13:06 ] [ 編集 ]
  384. 文を好む民族でした
    [ 2019/05/06 13:08 ] [ 編集 ]
  385. 直訳は不作法というか無理解というか。

    月が奇麗ですね。
    君と月を見ている今この時がいつまでも続いてほしい。何よりも幸せだ。という感じなんじゃないかな今の訳だと。

    日本的な私はあなたを愛してますという言葉はかなり真剣で重いのに対して感覚からいうと西洋のアイラブユーはかなり本来の意味だと軽い。
    う~ん・・いいじゃんとか可愛いぐらいに軽いもしくはもっとさらに軽いかも。
    [ 2019/05/06 13:11 ] [ 編集 ]
  386. 「今日は月が綺麗だなぁ~(大気が澄んでるな)」

    「(告白キター!ドキドキ) 私も!」

    「ん?何が?」
    [ 2019/05/06 13:17 ] [ 編集 ]
  387. 夜に2人きりで月をみている。「綺麗ですね」という美しい言葉がでる。
    夜道、また夜の部屋に2人でいて、不快や興奮や不安や欲望を覚えるのではなく、月をのぞんでその美しさを共有する、それって愛してるっていうことでは…てことと思っています
    [ 2019/05/06 13:30 ] [ 編集 ]
  388. これを愛の告白と断定する勇気も自信も俺にはないな。
    スゲー勘違い野郎になる瀬戸際だ。

    だから俺はこういう時あえて空気を読まない。
    言葉は言葉通りにしか解釈しない。
    [ 2019/05/06 13:30 ] [ 編集 ]
  389. とと姉ちゃんだったかな?「月が綺麗ですね」を使ってたの。
    [ 2019/05/06 13:34 ] [ 編集 ]
  390. 好意的じゃないコメントも多々あってビックリだわ
    てっきり使い古されてる言葉だって言われてるくらいかと
    まあ日本人なら知らない人はいないよね、いつか使ってみたいフレーズランキング上位って感じ
    [ 2019/05/06 13:37 ] [ 編集 ]
  391. ※390
    いや、知らん人の方が多いと思う
    [ 2019/05/06 13:40 ] [ 編集 ]
  392. まず、この人の口から出る言葉なら、また深い、別の意味があるかもしれない、と思われていなければならないし、そういう知性の繋がりがあってこそ始まるお話

    戦後、フリー○ックスや同棲ごっこに明け暮れた団塊あたりで、こうした知性は失われ、直訳翻訳文のような村上春樹がウケた。救いは、村上の本を読んだ約半数が「嫌っている」ことと、ノーベル賞が「取れないこと」
    [ 2019/05/06 13:51 ] [ 編集 ]
  393. 夏目漱石さんロマンチックやなあ
    [ 2019/05/06 13:52 ] [ 編集 ]
  394. 夏目漱石はそんなこと言ってない。正確には後の人が「夏目漱石ならこう言うだろう」って作られた逸話だよ
    [ 2019/05/06 13:52 ] [ 編集 ]
  395. >・・・とでも訳しなさい
    若干、投げやりwww
    [ 2019/05/06 13:53 ] [ 編集 ]
  396. でも現代において、月が綺麗ですね。なんて言ったら、はあ?綺麗かもねー。それがどうしたの?ってなる。前から好きだったんだぁ。くらい言わなきゃ伝わらない。
    [ 2019/05/06 13:59 ] [ 編集 ]
  397. 愛してる=月が奇麗ですね だと思ってる頭の悪い奴が多くて困る
    [ 2019/05/06 14:05 ] [ 編集 ]
  398. この話をお互い知ってたら、「月が綺麗」っていう告発方法の奥ゆかしさが失われる。
    真似して言おうとするのは愚の骨頂。
    [ 2019/05/06 14:13 ] [ 編集 ]
  399. 世界ひろしといえ、月を観て思いにふけるのは、パラオ、ラオス、日本くらいだろ

    [ 2019/05/06 14:14 ] [ 編集 ]
  400. 経緯的にガセネタ確定だろうけど海外にまで伝わったか
    [ 2019/05/06 14:23 ] [ 編集 ]
  401. 月が見えない時はそうすればいいの?
    [ 2019/05/06 14:26 ] [ 編集 ]
  402. LoveやAmorを初めて翻訳したのが明治初期で、漱石は西洋由来の訳語を生徒に教えたり、ロマン主義が流行っていた欧米における男性を翻弄するファムファタルを、実際に文学として著したんだろう。あっちではサロメやマノンレスコーが男の首を切ったり破滅させたりしてるけど、藤尾や美禰子はじめ、日本風に柔らかい表現にしたんだと思う。

    鴎外も漱石も元はバリバリの漢文調だから東西ミックスで面白い。stray sheep、谷崎純一郎の arrested at last とかもやはりロマン主義的、戯曲的で、恋愛が定着するのはもっと後だから、言葉としても絵空事っぽく、その後自然主義が台頭したのがわかる気がする。

    そういえば新元号の元になった令月(麗月)も、漢籍に散見される言葉であり、万葉集の時代、初めて漢字を和歌に当てはめた頃は、新鮮な響きだったのかも知れない。
    [ 2019/05/06 14:28 ] [ 編集 ]
  403. 英語圏だったら、肯定の返事はFly Me to the Moon?

    英語も十分詩的だよ。
    [ 2019/05/06 14:32 ] [ 編集 ]
  404. 借金野郎
    貴方は太陽
    貴女は月

    クッサ!
    演出は秋元か?笑
    [ 2019/05/06 14:41 ] [ 編集 ]
  405. そうして全く英語が喋れない日本人が出来上がったわけですね
    [ 2019/05/06 14:51 ] [ 編集 ]
  406. 当時の人は今より感受性豊かだったから、
    遠まわしに言っても大抵は察してくれる。
    また好意を受けて困ってしまう人の場合は適当な返答をしてごまかせる。
    ハッキリ好きだとか言うと、ちゃんと答えないといけなくなるから、
    そう言うのはよろしくなかったんだろうな。
    [ 2019/05/06 14:52 ] [ 編集 ]
  407. うーん、この逸話は嘘松!www
    [ 2019/05/06 14:54 ] [ 編集 ]
  408. 今は厨二というか今は「○○が綺麗ですね」で告られたと思う奴はメンヘラだろ。
    [ 2019/05/06 14:57 ] [ 編集 ]
  409. 本人が言ったかアヤシイものに百万言の解釈や注釈をつけ讃える。
    まるで聖書や経典や四書五経だ。で嘘松なのか?
    [ 2019/05/06 15:04 ] [ 編集 ]
  410. 女「残念、今日は月の日なの。」
    [ 2019/05/06 15:04 ] [ 編集 ]
  411. ルー「ムーンがビューティフルですね」
    [ 2019/05/06 15:08 ] [ 編集 ]
  412. 漱石の脳は確か東大に保管されているはず。

    漱石文学はラファエル前派、ヘーゲルはじめヨーロッパの影響を受けてはいるけど、思想の根幹は日本にある。漱石の文明論集、諭吉の文明論之概略は普遍性があり、現代社会に警鐘を鳴らすものとしてもお勧め。明治知識人の目はとても鋭く本質をついてるんだよね。
    [ 2019/05/06 15:44 ] [ 編集 ]
  413. これって月が綺麗って言葉自体より、月が出るような時間帯に男女が一緒にいるシチュエーションの方が大事だよね。
    夜半に男女が寄り添って「月が綺麗ですね」なんて言い合ってたら、それだけでもう二人は想い合う関係だと読み手には理解できるだろうと言ってるわけで…。
    少女漫画で男からの告白の答えに、目線を反らした女の子が真っ赤になりながら無言で手をつなぐシーンがあったけど、そういうのと一緒。
    [ 2019/05/06 15:45 ] [ 編集 ]
  414. 漱石の脳は確か東大に保管されているはず。

    漱石文学はラファエル前派、ヘーゲルはじめヨーロッパの影響を受けてはいるけど、思想の根幹は日本にある。漱石の文明論集、諭吉の文明論之概略は普遍性があり、現代社会に警鐘を鳴らすものとしてもお勧め。明治知識人の目はとても鋭く本質をついてるんだよね。
    [ 2019/05/06 15:52 ] [ 編集 ]
  415. ※414
    >明治知識人の目はとても鋭く本質をついてるんだよね。

    それに比べたら戦後の進歩的文化人だっけ?中身のないことと言えば・・
    [ 2019/05/06 16:16 ] [ 編集 ]
  416. 「I LOVE YOUの翻訳として」ってわかっているからロマンチックだのなんだの感じるのかもしれないけれど、実際には「月がきれいですね」には月がきれいだ以外の意味は無いよね。それで告白したつもりになってたら流石にイタすぎるよね。詩的だとかロマンチックだとか言っても、相手に伝わらなかったら何の意味も無いよね。
    [ 2019/05/06 16:21 ] [ 編集 ]
  417. これは何となく情景が浮かぶなあ。
    朴訥な明治時代の青年が好きな女性と夜道二人っきりで歩いていて、
    何を話していいかわからず、「つ、つ、月が綺麗ですね。」
    [ 2019/05/06 16:42 ] [ 編集 ]
  418. 熟年夫婦の会話

    夫「世の中で一番きれいなものは何だと思う?」
    妻「う~ん、桜かな」
    夫「なら、今の君は桜のようだ」

    というCMを思い出した。
    美男美女なら絵になるけど一般庶民にはなかなかハードルが高い。
    [ 2019/05/06 16:48 ] [ 編集 ]
  419. 外国人の『I love you 』は軽い言葉だから
    『月が綺麗ですね』ぐらい軽いの時候の挨拶で訳しておけ
    じゃないの?
    [ 2019/05/06 16:54 ] [ 編集 ]
  420. そう、シチュエーションこみの告白と思う。
    夜に男女が2人でいる。
    月がきれいという肯定的な言葉がでる。
    あなたとみているから月がいつもと違って美しくみえる、この時間が特別とほのかに伝える。
    相手も「本当に綺麗にみえる」と答えれば相手とのこの時間を受け入れることになり、「いつもと変わらない」といえば心がそこにないことになる
    ってことでは。
    [ 2019/05/06 16:59 ] [ 編集 ]
  421. 「日本人はそんな事は言わない。『月がすねてますね』とでも訳しなさい」

    最近は、めんどくさい動物が増え取る。社会は、ホストクラブじゃない・・
    [ 2019/05/06 17:05 ] [ 編集 ]
  422. てか好きな人と見てれば月が綺麗にみえるよね
    「月が綺麗ですね」
    「雲で隠れてますけど…」
    「そうですね、でも隠れていても今夜の月は綺麗にみえます」
    「なぜでしょう」
    「なぜでしょうか。…たぶんあなたとみてるから」
    みたいな会話したかったよ…
    [ 2019/05/06 17:10 ] [ 編集 ]
  423. 欧米男子の『I love you 』は
    「きみ魅力的だね」くらいが適訳だろう。

    「つきあわない?」までいくと訳し過ぎな感じなので、言下に含ませる感じで
    [ 2019/05/06 17:17 ] [ 編集 ]
  424. ※33
    韓国人に成りすまして日本アゲをするネトウ ヨは哀れですね。
    実際は日本なんて好かれてない。
    [ 2019/05/06 18:24 ] [ 編集 ]
  425. 買いかぶりすぎ
    漱石は何も詩的な表現を目指して言ったわけではない
    日本男子足る者、愛しているなどという歯が浮きそうな言葉を使うな、月が綺麗ですとでも言っとけ、ってことでしょ?
    外国人は禅とか忍者とか、日本文化に幻想抱きすぎだよ
    [ 2019/05/06 18:26 ] [ 編集 ]
  426. 月でなくても、「好きな人と居ると、何もかもがいつもよりも輝いて見える、全てが大切に思える」というような感覚は、日本人も外国人も持っている人はたくさん居ると思います。

    誰とでも軽々しく接するわけじゃないからこそ、二人きりで一緒に月を見上げる時間を持ってこういう言葉を交わすだけで伝わる(お互いに理解している)んじゃないかな。こういう感性は大切にしたいですね。
    [ 2019/05/06 18:26 ] [ 編集 ]
  427. 冷静に考えたら痛々しい台詞だよな。
    英語の授業なのに間違った訳を教えるのは本当に草しか生えん。
    今なら授業料返せって抗議が来る所。
    [ 2019/05/06 18:27 ] [ 編集 ]
  428. これ漱石は内心、「よし!いい事言ってやったぜ!」ってニヤニヤしてんだろうなぁ。
    そう考えるとキモいよな。
    [ 2019/05/06 18:29 ] [ 編集 ]
  429. この逸話を聞くたびに特攻隊員の手紙を思い出す。
    結婚して間もない人、婚約者宛に出した人、母や姉妹に出した人。
    遺書なのに「愛してる」と書かず、相手の永遠の幸せだけを願った書き方をしているんだよな。

    [ 2019/05/06 18:33 ] [ 編集 ]
  430. >詩的すぎる。
    >私が日本の男子からそんな告白されたら絶対に断れない。 スペイン

    この人は眼医者に行った方がいいかもしれない。
    チビでブサイクで短足で挙動不審で頼りないジャ ップ男子の告白を断れないだと?
    世の中にはゲテモノ好きもいるもんだ。
    [ 2019/05/06 18:35 ] [ 編集 ]
  431. 恋とか愛には執着って意味もあるからあまり使われなかったんよ
    恋人のことをお大事さまと呼んだりしたのもそれじゃなかったかな
    [ 2019/05/06 18:41 ] [ 編集 ]
  432. >ナツメ・ソウセキの「吾輩は猫である」をずっと読みたいと思ってた。
      でも日本語に詳しい知り合いに聞いたところ、
      オリジナルのトーンは翻訳版では出せてないって言ってたよ。 イタリア

    これよく言われる
    ノーベル文学賞の選考委員が全員日本語が理解出来たら
    受賞者は日本人ばかりだと

    [ 2019/05/06 18:51 ] [ 編集 ]
  433. ※432
    >ノーベル文学賞の選考委員が全員日本語が理解出来たら
    >受賞者は日本人ばかりだと

    そんなんわけないだろw
    ホルホルも大概にせぇよ。
    [ 2019/05/06 19:12 ] [ 編集 ]

  434. 結局、どれもこれも
    やりたい

    ってことだけでしょ


    [ 2019/05/06 19:14 ] [ 編集 ]
  435. I LOVE YOU は好きな人だけでなく、子供にも言う事を鑑みれば、
    「愛」ではなく、「想う」こそ唯一理にかなった訳であります。





    [ 2019/05/06 19:27 ] [ 編集 ]
  436. ※428
    逆じゃね?
    告白なんて中二病的なこと日本人はしねえんだよ!って思ってそう。
    [ 2019/05/06 19:28 ] [ 編集 ]
  437. これを比喩(暗喩)と捉える外国人多すぎ。
    日本人はシャイだから直接、相手に「好きだ」って言わない。
    そこで、たとえば「月が綺麗ですね」となる。
    もちろん、実際に月の綺麗な夜じゃないと意味がない。
    夕やみの中、男女ふたりして月を見上げて「月が綺麗ですね」となれば、そこにお互いに「寄り添う気持ち」を感じ取ることができる。そこが"I love you."を感じ取る。
    別に「星が綺麗ですね」でも、「花火が綺麗ですね」でも、「夕焼けが綺麗ですね」でもその情景に共感できる内容だったら何でもいい。
    [ 2019/05/06 19:30 ] [ 編集 ]
  438. 「月が綺麗ですね」というのは漱石が講師をやっていた時代の文学部の学生にとっては常識的表現だったから語り伝えられたきたんだよ。
    明治35年の「金色夜叉」で熱海の海岸を散歩しながら月が綺麗ですねと語り合う場面があるだろ!
    学生はラフカディオハーンの代わりに来た夏目金之助という若造に反発していたから曖昧に深読みをしろとか言っても分からないんだ。
    [ 2019/05/06 19:31 ] [ 編集 ]
  439. ※413 
    >夜半に男女が寄り添って「月が綺麗ですね」なんて言い合ってたら、それだけでもう二人は想い合う関係だと読み手には理解できるだろうと言ってるわけで…。

    そうそう、そんでそんなシチュエーションにおいても日本人男性は愛してるなんて言葉は言わない、こんな言葉が出るだろう、それ即ち「我君を愛す」を意味する、と漱石は言ってるんだと思ってた。
    [ 2019/05/06 19:38 ] [ 編集 ]
  440. 日本語はハイコンテクストな上に言外の意味まで含めてやり取りが下敷きになってる言語だからなぁ。
    共通認識や共有知識の量の多さが前提で成立するんだ。
    そりゃ外国人には伝わらないし的確な翻訳もされないよ。
    近年の若い世代では文章から字の持つ意味しか情報を読み取れない子が結構いるが、やっぱりこういう能力や素養・教養って子供の頃の情操含めた教育が知能と想像力を養うのに影響するんだろうな。

    [ 2019/05/06 19:52 ] [ 編集 ]
  441. 吾輩は猫耳だニャ名前はまだ無いニャ
    [ 2019/05/06 19:53 ] [ 編集 ]
  442. つ、つつきが、き、きき、きつつき!
    [ 2019/05/06 19:57 ] [ 編集 ]
  443. すごく雑にいえば「~ですね」というところで、そっと手を握ったり、肩をよせあったりするところ。
    ここでは「~ですね」には意味がなくて、
    相手の手を握るが"I love you."の意味で,
    相手の手を握り返すが"I love you,too."の意味になる。

    あるいは手の肩に触れる距離によるのが"I love you."で,相手の肩に頭をのせるのが"I love you,too."
    [ 2019/05/06 20:04 ] [ 編集 ]
  444. 言われた方はサツマイモのぬいぐるみをプコプコするまでがデフォ…
    [ 2019/05/06 20:07 ] [ 編集 ]
  445. 良い時代になったなぁ。
    こんな独特の感性を外国人が理解してくれている事実を、日本語しか喋れない私が理解している。
    文化が違っても理解出来る。これが知性と言うものだよね。
    私は人類を信じたい。
    [ 2019/05/06 20:08 ] [ 編集 ]
  446. 昔→今夜は月が綺麗ですね
    今→じんくんとガンダム
    [ 2019/05/06 20:15 ] [ 編集 ]
  447. 「月」じゃなくて「チュキ」
    [ 2019/05/06 20:17 ] [ 編集 ]
  448. 団子が食べたくなってきた
    [ 2019/05/06 20:24 ] [ 編集 ]
  449. 少なくともこのコメント欄には精神性の深さはない
    [ 2019/05/06 20:25 ] [ 編集 ]
  450. 夏目漱石「余は支那人や朝鮮人に生れなくつて、まあ善かつたと思つた」
    [ 2019/05/06 20:28 ] [ 編集 ]
  451. ナンノブマイビジネス
    (夜に影を探すようなもの)
    もお願いします
    [ 2019/05/06 20:36 ] [ 編集 ]
  452. 漱石のいつ終わるとも知れぬ長ったらしい情景描写にイライラしながら読んだ思い出。
    [ 2019/05/06 20:49 ] [ 編集 ]
  453. 無粋にも説明するなら

    月は日ごとに形を変え
    月夜は決して同じことはない
    この美しい月の夜を
    貴方とともに過ごす時間もまた美しい
    願わくばこれからも同じ月をみて
    同じしあわせな時間を過ごしたい
    貴方も同じきもちならうれしい

    みたいな
    [ 2019/05/06 21:11 ] [ 編集 ]
  454. よくアメリカ映画とかで、実際は親のエゴで家庭崩壊しまくってるのに、その親が子供との会話の最後に「ラヴ ユー」とか言うの、すごく表面的でチープだとずっと思ってた。
    何かそれさえ言えば免罪符になるみたいな。
    そういった言葉の軽さが分かってるからこそ、日本人は直接的な表現はしないのよ。


    [ 2019/05/06 21:14 ] [ 編集 ]
  455. 流行るといいな

    戦場ヶ原「蕩れ」
    [ 2019/05/06 21:18 ] [ 編集 ]
  456. このオッサン実はDVしまくりでカンニングで東大行った屑だと知ったらやたら称賛してた外人さんはショックやろうなあ
    [ 2019/05/06 21:29 ] [ 編集 ]
  457. 吾輩は赤シャツである
    月夜に彼女は輝く
    [ 2019/05/06 22:03 ] [ 編集 ]
  458. 「吾輩は朝鮮人に生まれなくて良かった」

    夏目漱石
    [ 2019/05/06 22:04 ] [ 編集 ]
  459. つーか、文語で訳してるのがあり得ないんご。
    [ 2019/05/06 22:05 ] [ 編集 ]
  460. 日本人は愛と恋を使い分ける、
    でも、英語ではどちらもLOVEになる。

    日本人にとって愛は、神聖な雰囲気がともなう。
    いわゆる、人類愛のような神聖さが。
    [ 2019/05/06 22:06 ] [ 編集 ]
  461. 普段見慣れてる月も綺麗に見えるのは
    好きな人と一緒に見てるからですかね的な表現かと思ってた
    [ 2019/05/06 22:09 ] [ 編集 ]
  462. 伊藤博文 「朝鮮人は信用できないから付き合うべきでない」
    新井白石 「朝鮮半島の滅亡の原因は朝鮮人という民族に問題あり」
    吉田松蔭 「朝鮮人の思考を変える事は不可能」
    福澤諭吉 「世には到底理解出来ないものがある、朝鮮人だ」 「約束は無効と覚悟せよ」
    夏目漱石 「吾輩は朝鮮人に生まれなくて良かった」
    [ 2019/05/06 22:31 ] [ 編集 ]
  463. ※425
    日本人もアメリカンドリームやら海外に幻想持ってるから・・・
    お互いの良いところを見つけて評価できるって良いことやん?
    [ 2019/05/06 22:35 ] [ 編集 ]
  464. でも日本のバカ女は、こういう日本の男の奥深い重みのある表現よりも、イタ公たちの連発する「愛してる」の方がいいとほざきよる。
    あいつらにとって「愛してる」なんざ屁をこくような感覚で軽くすかしてるだけで、なんの誠実な感情もなく、この言葉を放った女にフラれた後でワンブロック先の別の女に同じセリフを吐いてるわけだ。

    そうとはつゆ知らずナイーブな日本の女ときたら・・・
    [ 2019/05/06 22:54 ] [ 編集 ]
  465. 月が綺麗ですねを英語に直訳しても本当のニュアンスは伝わらないな
    逆に日本人もI love you.の本当のニュアンスは理解できてないんだろうし
    [ 2019/05/06 23:29 ] [ 編集 ]
  466. >464
    そもそも日本の男にこういう奥深い重みのある表現なんてできねーだろw
    [ 2019/05/06 23:37 ] [ 編集 ]
  467. これって「月が綺麗」部分だけがひとり歩きして
    「あなたと一緒に見ると」が省かれてるのが混乱の原因じゃなかったっけ?
    「見慣れた月もあなたと一緒だとより一層綺麗に見えるものですね」みたいに、全文きちんと続けて言えば、大半の人が納得出来ると思うのだが…
    [ 2019/05/07 00:16 ] [ 編集 ]
  468. 月が~出たでーた突っきが~出た~。よいよい。
    [ 2019/05/07 00:36 ] [ 編集 ]
  469. ※13
    I love you to the moon and backってよく言い合ってる
    [ 2019/05/07 00:52 ] [ 編集 ]
  470. ※470 続き
    ちなみに彼女はメキシコ人なのだけど、Te amo(愛してる)はHave a nice day(良い一日を)くらいの感覚で、出かけるときに必ずいうような感覚。
    [ 2019/05/07 00:59 ] [ 編集 ]
  471. 他で散々出てるが、正しくは「貴方と居ると月がとても美しく見え」だ。
    「月が綺麗ですね」だけでは何の意味も伝わらない。つか、それだけを言ったらただのものを知らない馬鹿扱いされるよ。
    アイラブユーを訳すのに必要にして最低限の言い回し。
    [ 2019/05/07 01:01 ] [ 編集 ]
  472. ※472
    >正しくは「貴方と居ると月がとても美しく見える」

    完璧
    [ 2019/05/07 02:08 ] [ 編集 ]
  473. 夏目漱石が本当に言ったか云々は抜きにして、単に「月が綺麗ですね」だけでは愛の告白にはならないよね
    シチュエーションや互いの立場や感情全てが複合的に形成された時に初めて「愛してる」という意味を成すんだと思う
    語彙力なくて上手く言えないけども、愛してるから「月が綺麗ですね」と表現するわけじゃなく、「月が綺麗ですね」と伝えたいからイコール愛してるって感じ
    チョベリバ
    [ 2019/05/07 02:24 ] [ 編集 ]
  474. この時代に
    「流行語大賞」
    と成るものがあれば
    月は綺麗=告白
    と受け止められたかもねw
    [ 2019/05/07 04:49 ] [ 編集 ]
  475. ♪『I LOVE YOU』
    肺水腫で死んだ
    ピエール
    の先輩w
    [ 2019/05/07 05:37 ] [ 編集 ]
  476. 貴方と居ると月がとても美しく見える

    なるほど。すごいな。
    俺には無理な芸当だw
    [ 2019/05/07 06:57 ] [ 編集 ]
  477. 月は出ているか?
    [ 2019/05/07 08:59 ] [ 編集 ]
  478. 作中では教師が「こんな訳は下の下だ」みたいにボロカス言ってなかったか
    [ 2019/05/07 09:43 ] [ 編集 ]
  479. 月が綺麗ですねって一文で月の出ている時間に、二人で、その他に特別話すべきこともない時間を過ごしている位のことが読み取れる=愛してると訳せるってことじゃない
    小説家らしいというか、小説だから成立する訳というか。
    [ 2019/05/07 10:10 ] [ 編集 ]
  480. 俺が読んだ逸話だと
    漱石「I love youは本来の英語圏では意味で使われていない」
    弟子「では、何という意味で使われているのですか」
    漱石「こんばんわ。月が綺麗ですね」
    というジョークだったぞ
    なんにせよ文献にきちんと残っている逸話ではなく創作の可能性が高い
    [ 2019/05/07 10:12 ] [ 編集 ]
  481. ※481
    漱石「I love youは本来の意味で使われていない」
    の間違い
    [ 2019/05/07 10:14 ] [ 編集 ]
  482. 「月が綺麗ですね」は当時としては一般的な愛の告白だと思うけれど、今の日本人の感性とは合っていないんだよね。

    今の日本人がこの翻訳に違和感を覚えたり反感を買うのは、当時とは時代も文化も違うため、日本人の感性が変わったからではないでしょうか。
    [ 2019/05/07 11:45 ] [ 編集 ]
  483. 日本は空気を読む文化で、ストレートな物言いはあまりしなかった。
    しかし、そういう文化はかなりの知性が必要。
    今の日本だと、英語圏的な直接的な表現じゃないと分からない男女が多いかも。
    でも、女性のほうが、相手が自分のことを好意的に見てるかどうか、敏感に見分けることのできる生き物だとも思えるし。
    [ 2019/05/07 11:54 ] [ 編集 ]
  484. 実際だと「男ならはっきりものを言え」となるわけだけど、実際日本の男は恥ずかしがりのロマンチストが多いからこういう部分が理解得られると助かるね、・・・実際は以下略
    [ 2019/05/07 12:07 ] [ 編集 ]
  485. 自分の国の言葉にう置き換えることが翻訳ですが、それは時代によって変わるかもしれません。

    ただ、直接的な言葉ではない翻訳は、日本人の私からみても、奥ゆかしく full of love な感じがします。

    逆をいえば『じれったい、もどかしい、子供かよ?』なのでしょうけどね。 それでも 言葉にならない思いでは、捨てがたい訳語かと。
    [ 2019/05/07 12:42 ] [ 編集 ]
  486. あなたといると、あなたの目に映る、あなたを照らす「月が綺麗」

    古い倫理感で夜に異性と月を見ようと思える女性が相手。
    それ以外だと「いい天気ですね」の話題と同じ。言う相手、聞く相手による。
    [ 2019/05/07 12:54 ] [ 編集 ]
  487. 昔付き合いだしにメールで書いたことある。メールだからセーフか?
    それから十数年後にネットで話題に上がるようになり、黒歴史になった。
    無学はお互い様だったけど、輪をかけた人だったから、この逸話は棺桶に入る迄知らずに居てもらえると助かるな。
    [ 2019/05/07 13:19 ] [ 編集 ]
  488. すっぽんがしんでますね
    [ 2019/05/07 13:34 ] [ 編集 ]
  489. アニメの「月がきれい」の題名はこのエピ由来なのかな。知らなかったです。
    [ 2019/05/07 14:07 ] [ 編集 ]
  490. >>「聲の形」でもこのフレーズが出てきたのを覚えてる
    俺は全然おぼえてない、あざとく「ちゅき!」とかなら。
    聾者とみたらイジメられると思え、も日本人の感性とは違うな。
    [ 2019/05/07 14:50 ] [ 編集 ]
  491. 夜に恋人同士が散歩中に言う言葉の違いじゃろ

    欧米人なら歩きながら「アイラブユー」とか何度も言うだろうけど
    日本人は同じシチュエーションでもそんな直接的で臭いセリフは言わない、言うとしたら「月が綺麗ですね」って言うだろっていう
    [ 2019/05/07 14:56 ] [ 編集 ]
  492.  
    愛情ってのは言葉じゃ言い表せない
    だから

    そういうこと
    [ 2019/05/07 15:05 ] [ 編集 ]
  493. もうお互いに相手の気持ちを察している・・相手の放つひと言を心待ちに構えている・・・恋愛がそういう段階に至ってないと 「はぁ そうですね」で終わる可能性が大きいけどな・・  
    [ 2019/05/07 15:26 ] [ 編集 ]
  494. お世継ぎが欲しいございます。
    [ 2019/05/07 15:53 ] [ 編集 ]
  495. 月が綺麗ですねと言われて愛の告白だと受け取る人はいないよなあ。
    察してちゃんにも程があるw
    [ 2019/05/07 16:14 ] [ 編集 ]
  496. 日本だと「訳者」って存在は「考えたわけじゃないでしょ」的な扱いを受けるけど、翻訳者の能力って本当に重要だよ
    必要な所に完結で分かりやすい注釈とか、文章のイメージを壊さない言い回しと語感とか本当に凄いと思う
    アラビアン・ナイトでも良いけど「千夜一夜物語」「千と一夜の物語」みたいに翻訳した人はマジで凄い
    [ 2019/05/07 16:28 ] [ 編集 ]
  497. もしコレが一般的な愛の表現になってたら迂闊に月のキレイさを褒められないわ
    [ 2019/05/07 16:40 ] [ 編集 ]
  498. スタンダードジャズの Fly me to the Moon の最後の歌詞が In other words, I love you なのは漱石の影響なのか、それとも漱石と同じ感性の作詞家がアメリカにもいたのか
    [ 2019/05/07 17:04 ] [ 編集 ]
  499. 甲 あいらぶゆ
    乙 3マンネ
    [ 2019/05/07 19:38 ] [ 編集 ]
  500. ①夜に男女2人である
    ②~ですね、という口調から静かな状況である
    ③欲望、不快、焦り、不安などが両者間にあったとしても「月」をのぞむ余裕があり、少なくとも話した側は切迫した状況ではない
    この3つをクリアしての「月が綺麗ですね(あなたと見ていると)」が愛してるて近いってことだと思う。
    それじゃ伝わらないとか月が誉められないとか、普通のときに普通にいえばなんてことないと思います
    [ 2019/05/07 20:09 ] [ 編集 ]
  501. さすがにくさすぎるな。
    昔は今みたいに変なアニメや恋愛小説があふれていなかったから普通にキザなセリフもいえたのかもね
    [ 2019/05/07 20:31 ] [ 編集 ]
  502. これ既にデキてる状態じゃないと通じないよな
    [ 2019/05/07 21:45 ] [ 編集 ]
  503. >愛はもっと積極的に伝えるべきだと俺は思う。
      単に月が綺麗だと感じた場合はどうすればいいんだ。 スペイン

    女ですけど‥ほんと、これなんですよね。
    男友達とかと飲みに行ったり遊びに行った時、言われたら困る。
    しれっと知らないふりしないといけないし、でも「こいつ教養ないなとか思われるのはムカつくし‥
    逆に私がそのまんまの意味で「わぁ~月、綺麗だね!」って言ったら、勘違い野郎に変に曲解されそうで‥
    ロマンチックではあるけど、正直迷惑‥

    因みに、「月が‥」は言われた事ないですが、「太陽だ」っていうラブレターは 顔も知らなかった同級生に貰ったことがある‥
    男友達に「子猫みたいに可愛い」って手紙貰った事もある。。。
    勘違いされたようだけど、私はそういうのに「ぽぉ~っ」っとする様な可愛げはない。
    かなり失礼だし、我ながら性格悪いなぁ‥とは思うけれど、正直、失笑しましたね。
    まぁ‥返事は、その事はおくびに出さず、だったから気付いてないだろうけど、、、

    こういうのはあまりお勧めはしないですね。
    ストレートに言って欲しい!返事・対応にかなり困る!!!以上。
    [ 2019/05/07 22:57 ] [ 編集 ]
  504. 一般化はできないけど女子に刺さるのはもっとダイレクトよね。
    「吾君を愛す」もそうかもしれないけど「お前と一緒にいたい」とか「(君が)いてくれるだけで、(俺は)頑張れる」とかそういうよのね。

    愛されてるのか不安心理を煽るものじゃなければ、だけど。
    でも、不安心理を煽るのもはまる人いるのよね。
    [ 2019/05/07 23:55 ] [ 編集 ]
  505. 漱石はイギリス留学へ国費で行って、速攻不適応おこして引きこもりになって
    何にもできひんまま帰ってきた奴やでw持ち上げてもろうて良かったなあw
    [ 2019/05/08 00:10 ] [ 編集 ]
  506. いや、普通の女性は心配しなくていい。
    こういう会話は、知的レベルが高い者同士でしかあり得ないから。
    [ 2019/05/08 00:32 ] [ 編集 ]
  507. 某あかほりさとる は『ヤらせろ』と訳したそうな
    [ 2019/05/08 03:04 ] [ 編集 ]
  508. 確か
    「月が綺麗ですね」
    の返しは
    「死んでもいいわ」
    が答えじゃなかったかな?

    これでセットだったような・・・
    [ 2019/05/08 03:13 ] [ 編集 ]
  509. もう少し若いと「薔薇色の世界」
    [ 2019/05/08 03:16 ] [ 編集 ]
  510. バブル世代だと、明けのコーヒー云々か?
    なぜか、一生飯作ってくれなんてのもあった気がするが
    欧米だと殴られそうだなw
    [ 2019/05/08 04:20 ] [ 編集 ]
  511. チンには理解できても
    マンに理解できないから
    日本ではセクハラ

    これが白人様が植え付けた"差別主義"の代表例とも言える
    [ 2019/05/08 04:35 ] [ 編集 ]
  512. 『訳す』という意味なら月に例えるが筋だよな
    『我、君を愛す』より
    『月のような君に怖じ気づく』の方がイパクト強いし
    命令形じゃないからとっつきやすいってのもあるだろうね
    [ 2019/05/08 05:07 ] [ 編集 ]
  513. ■ ここのコメント欄、いいね。みんな恋人にタグ付けして、
      「月が綺麗ですね」って伝えてるのが素敵だと思わない?
      私は1人ポップコーンを食べてるわけだけど。 スウェーデン

    この人には「ポップコーンがおいしいですね」が最高の愛情表現
    [ 2019/05/08 08:47 ] [ 編集 ]
  514. これは「月が綺麗ですね」という言葉に「あなたと居るとありふれた月も特別なものに感じます」(ので一緒にいてください)って思いを載せてるのだけれども、その程度の理解ができる教養は最低でも持ちなさいよと云う教訓でもある。

    相手の人がどんな人かわからないが、教養面で言葉が通じないと辛いぞってことでもあるよね。
    [ 2019/05/08 09:35 ] [ 編集 ]
  515. 明治時代の新聞小説を読むような人にとっては、尾崎紅葉が金色夜叉で書いた月を見ながら散歩する情景はあこがれだった。
    文学部の学生は当然のように知っていたから漱石の「月がきれいですね」というせりふはすぐに理解できた、もし金色夜叉という知識が無かったら各人が違う価値観を主張しだして授業はめちゃくちゃになっただろう。
    花がきれい、星だ、雪だ、よけいなこと言わずに沈黙が最高だろうとか・・・
    [ 2019/05/08 09:43 ] [ 編集 ]
  516. 愛してるは、結果的に言葉が軽くなるんだよ

    日本は、言葉ひとつで切腹も覚悟するような文化だったから
    軽々しくそういう発言はしない。
    するやつをむしろ嘘くさく見る
    [ 2019/05/08 09:48 ] [ 編集 ]
  517. ※380 あんたは最低w、だが嫌いじゃないw
    [ 2019/05/08 14:06 ] [ 編集 ]
  518. アクネスは現金しか受け付けません
    世界の為に アクネス募金宜しく
    [ 2019/05/08 15:04 ] [ 編集 ]
  519. I LOVE YOU」=月が綺麗ですね¥だ?
    ぶっちゃけ、日本人のオレでもイミフ
    [ 2019/05/08 16:39 ] [ 編集 ]
  520. 吾輩は猫であるなんて英語にしたら
    I am catだもんな。
    [ 2019/05/08 18:40 ] [ 編集 ]
  521. ポップコーンが美味しいですねwww
    [ 2019/05/08 19:21 ] [ 編集 ]
  522. ネタばれだが、
    FF10ラストで、去ってゆく主人公にヒロインが最後に一言「ありがとう」というシーンがある。
    これ、英語版だと「I LOVE YOU」なんだよな
    [ 2019/05/08 21:15 ] [ 編集 ]
  523. 「月が綺麗ですね」 は親しい人間へのセリフではないよね

    初対面か見知っている程度の相手に対し、これから会話をして関係を深めようという言う時に出てくる呼びかけの言葉だ。

    相応の歳の男女という前提なら、これは愛の告白というより、ナンパ

    もっとも外国人の感覚では愛の告白とナンパは同義なのかもしれないが。
    [ 2019/05/08 23:03 ] [ 編集 ]
  524. ※524
    漱石の時代では肉親以外の親しい異性にしか言えないよ
    月が見える時間帯で男女二人のシチュエーションってだけで


    日本人がなぜ、愛してるとあまり言わないのかっていうと
    「愛してる」自体が近代の言葉だから
    男女間の「愛」は愛欲とセットで仏教的宗教観で煩悩やねん
    肉欲が介在しないものへの「愛」は物にしろ人物にしろ昔から語られてきたけど、異性愛となると別物枠
    日本における異性相手の愛は、きれいなだけな感情でなくもっと生々しい肉欲込みの意味
    「お慕いしております」といえても「愛してます」は使われてなかった
    love=愛 と翻訳されたのは幕末だけど、それ以前からあった漢語の「愛人」も本来の意味で定着せず、妾や情人のイメージになるのが日本人感性


    [ 2019/05/09 03:43 ] [ 編集 ]
  525. 夜、一緒に月を見上げられる仲の人と、美しいものを見られる幸せ
    [ 2019/05/09 09:02 ] [ 編集 ]
  526. >日本人が愛情と月を結びつけるのは知ってたけど、
    そうなのか・・・
    [ 2019/05/09 14:40 ] [ 編集 ]
  527. 意識高い系が持て囃してるだけなんだよなあ
    [ 2019/05/09 17:07 ] [ 編集 ]
  528. たしか「好きな人と見る物はなんでも美しく見える」という解説を見た記憶があるが、正直回りくどすぎて「お、おう…」ってなる
    [ 2019/05/09 18:26 ] [ 編集 ]
  529. あれよ、ほれ
     あたら夜の 月と花とを 同じくは
    こころ知られむ 人に見せばや
    の望みが叶った状態
    [ 2019/05/09 19:34 ] [ 編集 ]
  530. ケツが綺麗ですね///
    [ 2019/05/10 10:30 ] [ 編集 ]
  531. いや、まだ昼ですが
    [ 2019/05/10 12:02 ] [ 編集 ]
  532. これ教養のある人じゃないと相手も理解でき無さそうだよね。
    自分だったらそのまま受け取るw
    [ 2019/05/10 12:49 ] [ 編集 ]
  533. 「綺麗な表現」
    と感じた外国人が日本に、はまりリピーターと成り
    youは何しに?
    のインタビューを受けて「日本語お上手ですね」と聞かれて
    「いえいえ(照れ」
    とかw
    [ 2019/05/10 14:07 ] [ 編集 ]
  534. 何で「愛してる」ってハッキリ言わないかって
    日本だと恋愛自体がはしたないものって
    恥ずベキものって昔は思われてたから恥ずかしいんだよ
    結婚相手は親が決めるものだったしね

    恋や愛は秘めるものだから美しいって感じがある
    [ 2019/05/10 17:06 ] [ 編集 ]
  535. こんなこと言われても
    お、おう…そうやな、綺麗やな…?
    としか返せんわwww
    こんな言葉で告白する日本人なんて実際誰もいないのに、ドヤ顔で告白ってわからないのかよwwwみたいにイキってる男は絶対にもてないぞ!
    [ 2019/05/10 19:19 ] [ 編集 ]
  536. 「~とでも訳しておけ」って事はこれはただの一例に過ぎなくて、
    二人だけの共通言語で語れば良いっていう意味にも取れた。
    [ 2019/05/10 20:14 ] [ 編集 ]
  537. キモ「月が綺麗ですね」
    美女「そうですね」
    キモ「あ それお お おkって事だよね?僕のことす す好きだって事だよね?そうでしょ? ね、「そうですね」ってそういう事だしいいよね? 僕の事す 好きなんだからいいよねき キスしてもいいよね い いいに決まってる ね、ね、」
    [ 2019/05/10 20:17 ] [ 編集 ]
  538. ※538
    そんなに自分を卑下するなよ
    [ 2019/05/10 23:19 ] [ 編集 ]
  539. 月が女性名詞な言語を知らぬ学生へ外国語は単語に
    性別がある事実を知り世界を広くしろ、という意味もあるのかな。


    [ 2019/05/11 00:39 ] [ 編集 ]
  540. 秘すれば花
    大事なことこそ言わないという謎の日本文化
    [ 2019/05/11 00:46 ] [ 編集 ]
  541. ※5
    言った相手がどういう反応をするかでこっちが本気になるかどうかを決めるのだよ
    キョトンとした子はサヨナラ確定さ
    [ 2019/05/11 22:35 ] [ 編集 ]
  542. アニメの月がきれいって
    ここから来てるのか。
    主人公の少年は太宰治を
    よく読んでるイメージだったような。
    [ 2019/05/12 09:53 ] [ 編集 ]
  543. >6
    今日は満月ですね

    だから、今日、僕、オオカミなの!
    宜しくね♡
    [ 2019/05/12 10:07 ] [ 編集 ]
  544. 解釈の仕方が日本人同士でも違うんだね

    俺の勝手な解釈だと、相思相愛である間柄でのみ成立する言葉でありその関係性の者同士には多くも言葉は不要であると言った意味合いだと捉えてた

    その言葉を投げかけられた側は「そうですね」とだけ答えてくれて、答える側も多くの言葉を必要としない

    二人で月を見上げてしみじみとしてる情景、流れる空気、そういった多く事を観測すればおのずと理解できるワビサビ的な事だと思うわよ
    [ 2019/05/12 13:29 ] [ 編集 ]
  545. 綺麗な花びらだね///
    [ 2019/05/12 14:53 ] [ 編集 ]
  546. これは「月が~」そのままの意味ではなく、愛の気持ちは人の数だけ形があるから自分なりの表現を持ちなさいってことかな?物書きは大抵は通る、安易に言葉にすると人の想いは死んでしまうから
    [ 2019/05/13 00:18 ] [ 編集 ]
  547. これソース無しで信憑性まったくないのほんま笑う
    [ 2019/05/13 01:42 ] [ 編集 ]
  548. 伝わるかどうかで相手の知能レベルが計れるいい言葉だよな
    スルーされてもこいつ駄目だなって分かるしw
    [ 2019/05/13 09:42 ] [ 編集 ]
  549. 今の日本じゃ愛の告白としては機能しない。

    つまりたった100年やそこらでこれだけ感覚が変わるものなんだな。

    地域に加えて時代背景も踏まえなきゃいけないから適切な翻訳は難しい。
    [ 2019/05/13 15:51 ] [ 編集 ]
  550. ■ ここのコメント欄、いいね。みんな恋人にタグ付けして、
      「月が綺麗ですね」って伝えてるのが素敵だと思わない?
      私は1人ポップコーンを食べてるわけだけど。 スウェーデン


    コーラ奢ってあげたいw
    [ 2019/05/13 17:00 ] [ 編集 ]
  551. 夏目漱石の夢十夜を読むと 相手にどんでん返しを楽しませながらソワソワさせたり、非日常の世界を感じさせるのが本当に上手いと感じるよね。
    自然と次のページは?次のページは?と導かれてしまう。
    普通の作家だったらここまで曖昧な状況を読者に上手く楽しませるのは難しいかもしれないけれど・・・漱石の文章って上手いんだよね。自然な部分も通常不自然な部分も相手の心理をうまくくみ取って描いてる感じで作品に引き込まれていく。
    [ 2019/05/15 02:17 ] [ 編集 ]
  552. 恋と愛に対し違う概念を持ってる人ならしっくりくるんじゃないかな。
    日本人でも恋と愛を同じものと考えてる人にとっては納得いかないだろうね
    [ 2019/05/15 07:38 ] [ 編集 ]
  553. お見合い
    この時代に恋愛など無いに等しいからね。
    「愛してる」
    何て娘が言われた事を知ったら、父親に頃される~w
    [ 2019/05/15 12:03 ] [ 編集 ]
  554. で愛系
    恋愛に軽い今の御時世。
    若者には分かるまい。
    [ 2019/05/15 12:53 ] [ 編集 ]
  555. 「月が綺麗」って言われたら愛の告白と受け取っていいんだな?
    [ 2019/05/15 17:45 ] [ 編集 ]
  556. 昔異国の大学で語学研修中、我愛你 何と言う?クラスの各国学生老師が訊ねた。I love you ジュテーム、イッヒ リーベ ディヒ等々 
    [ 2019/05/16 05:15 ] [ 編集 ]
  557. 男女が共に寄り添って月を眺め、美しさを感じ心を通わすことが出来ればそこに愛は確認できる。あえて言葉にはせずともそれだけで充分な意思疎通となる。
    [ 2019/05/16 07:08 ] [ 編集 ]
  558. 夏目漱石って詩人というか間違いなくロマンチストだろ。
    素敵な表現だけど『月が綺麗ですね』だけでは伝わりそうに無いw

    [ 2019/05/16 21:33 ] [ 編集 ]
  559. 西洋人だって今でいう「I love you」を昔から多用していたわけではないだろう。ハリウッド映画でアメリカの影響受けて広まっただけで。
    [ 2019/05/17 14:18 ] [ 編集 ]
  560. 月が綺麗ですねってのは
    美しい月を見て、愛するあなたも同じ月を見て同じように感じて欲しい
    って意味だぞ
    キリスト教式の結婚式の
    「健やかなるときも病めるときも~」と同じ感じかな。
    [ 2019/05/19 19:41 ] [ 編集 ]
  561. 漱石の時代に月が見えるほどの時間に一緒にいてくれる女性って
    そういう仕事じゃない限り
    親公認か、すでに夫婦
    [ 2019/05/19 22:58 ] [ 編集 ]
  562. 二人で同じものを共有・共感することによって、一回お月様を経由してから~~~の~~~~、「お月様があれほど綺麗であるように、そなたも本当にお美しく魅了されますというサブテキスト的な意味もあるんじゃない」間接的な愛情表現だね
    [ 2019/05/25 18:00 ] [ 編集 ]
  563. これは通じなくてもよくて言った本人が好きです、愛してますという勇気がなくてもそういう意味を込めて「月が綺麗ですね」と置き換えて発することによって小さな自己満足を得るために言っているのだと思ってます
    [ 2019/05/26 23:39 ] [ 編集 ]
  564. 少し前の日本であって欧米化されてきてる今の日本じゃない感性だよ
    大好きとか言うし
    [ 2019/05/27 02:39 ] [ 編集 ]
  565. なんか故事成語みたいになりかけてるけど
    要はこんなセリフが出るようなシチュエーション=恋人関係、もしくは関係が成立しかかってる状況なわけで
    (そんな時)言葉はいらないでしょ?という日本人の恋愛観を説明してるだけで
    セリフ自体にIloveyouの含みはないんだよね

    「私もう死んでもいいわ」は砂糖吐き散らすくらいIloveyouだけど
    [ 2019/05/28 04:37 ] [ 編集 ]
  566. >「月が綺麗」って言われたら愛の告白と受け取っていいんだな?
    「死んでもいいわ」と答えて相手が喜べば愛の告白
    「なに言ってんだこいつ?」って顔されたら字面通りの意味
    [ 2019/05/29 08:38 ] [ 編集 ]
  567. I love youが月が綺麗です 程度しか重みがない言葉とも解釈できるけど
    [ 2019/05/30 12:30 ] [ 編集 ]
  568. ちなみに女からの告白で有名なセリフは「ゴキブリが出た、助けて」だな
    [ 2019/06/02 00:25 ] [ 編集 ]
  569. 何でも具体的に口に出さないと事実として定着しない海外と
    以心伝心でたいていの用は済ませられる日本社会の差
    [ 2019/06/06 05:32 ] [ 編集 ]
  570. シチュエーションによるよなぁ
    何の脈絡もなくI love you.が出てくるわけないんだから。
    この時は一緒に同じ月を眺めていたのかもしれん。
    それからI love you.がかなり軽く使われてるという事もよくわかった。
    [ 2019/06/09 18:33 ] [ 編集 ]
  571. ロンドンの労働者階級の住む街に暮らして神経衰弱になった人だっけ。
    [ 2019/06/09 23:49 ] [ 編集 ]
  572. これ都市伝説らしいな
    戦後のある時期に突然言われだして近年有名になったとか
    [ 2019/06/11 11:50 ] [ 編集 ]
  573. >ナツメ・ソウセキの「吾輩は猫である」をずっと読みたいと思ってた。
    >でも日本語に詳しい知り合いに聞いたところ、オリジナルのトーンは翻訳版では出せてないって言ってたよ。 イタリア

    俺が言われたら、
    「有名な作品だから、多分翻訳されてるんじゃない?」
    とか言ってると思う。
    我ながら、嘆かわしい・・・
    [ 2019/06/15 22:09 ] [ 編集 ]
  574. ※80
    おい、在特会が抜けてるぞ
    [ 2019/07/13 09:46 ] [ 編集 ]
  575. どうでも良いけど、夏目漱石って男前やな。
    [ 2019/07/25 23:13 ] [ 編集 ]
  576. 海外の人は知らなかったのか

    宮沢賢治の銀河鉄道の夜でさえ、勘違いしている人が多いし、なかなか日本の感性は外国の人には伝わりづらいよね
    [ 2019/08/01 03:21 ] [ 編集 ]
  577. コメ見てると日本人でも通じない奴はいるな。
    感性というか文系理系の問題もあんのかね。
    [ 2019/09/25 11:29 ] [ 編集 ]
  578. 我君を愛す、命かけてるっぽい重みだよね
    求婚とか辞世の句みたい。
    現代でもカップルが「愛してる」を使うのはいいけど、カップルになりたくて告白するのに「愛してる」は重すぎる

    I love youはもっと日常的で家族とかにも使うって意味では「月が綺麗ですね」はいいと思う
    美しいものや美味しいものを共有したい、教えてあげたい相手って感じ
    [ 2019/09/27 13:05 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサード リンク
検索フォーム
人気の記事(PC)
ランダム記事
スポンサード リンク
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
アクセスランキング

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:




ブログパーツ アクセスランキング