FC2ブログ

パンドラの憂鬱



海外「最高のランキングだ!」 英紙選出『日本を知る為の本トップ10』が話題に

今回は、英ガーディアン紙に掲載された記事からで、
英国の著作家クリストファー・ハーディングが選出した、
「豊かで、多面性を持つ、際限なく独創的な国」である、
日本を知る為に読むべき本トップ10に対する反応です。

早速ですが、ランキングは以下。

1.「遠野物語」/柳田國男
2. 「こころ」/夏目漱石
3. 「羅生門」など/芥川龍之介
4.「源氏物語」/紫式部
5. 「 Kyoto: A Cultural and Literary History」/ジョン・ダギル
6.「将軍」/ジェームズ・クラベル
 「The Shogun’s Queen」/レスレイ・ダウナー  
7. 「敗北を抱きしめて」/ジョン・ダワー
8.「A Tokyo Romance」/イアン・ブルマ
9. 「犬と鬼-知られざる日本の肖像」/アレックス・カー
10. 「センセイの鞄」/川上弘美


以上になります。
かなり絞られたテーマにも関わらず、記事には多くの意見が寄せられています。
その一部をご紹介しますので、ごらんください。

海外「日本文学は傑作の宝庫」 外国人が人に薦めたい好きな日本の文学作品

3578483648.jpg




翻訳元



■ ノーマ・フィールドの「天皇の逝く国で」を入れて欲しかった。
  昭和天皇崩御の時期に通常とは異なった視点から日本を描いてる。
  同時に「ジャパン・アズ・ナンバーワン」の時代の終わりでもあったね。
  



■ 古典文学は現代日本を理解するのにそこまで役立たないと思う。 +1



   ■ その意見は正しくもあるし、同時に間違ってもいる。
     現在の社会は古典文学に描かれている価値観の上に成り立ってるんだ。
     社会が変わったからと言って過去が関係ないとは言えないさ。 +7
      


■ 「センセイの鞄」がランキングに入ってて嬉しい。
  ここ数年で一番好きな日本の小説だから。文句なしに面白いよ。 +3




■ ラフカディオ・ハーンの著書もリストに入れるべきだったのでは? +2




■ ラフカディオ・ハーンの「怪談」はいつ読んでも面白いな。 +2




■ 最高のランキングだ!
  正直言ってハルキ・ムラカミは過大評価だし、
  このリストから外されたのは妥当だと思う。 +1



   ■ そうだね……。だけど「アンダーグラウンド」は傑作。
     あの作品以上に現代日本の心理を描写した本は存在しない
     (地下鉄サリン事件の被害者の方々へのインタビューと、
      この事件に関するエッセーが中心になってるんだ)。
     フィクションが好きじゃない人にもオススメできる。
     時々胸が張り裂けるような痛みを覚えるけれど。 +7



■ 日本を理解したいなら「沈黙」を読みましょう。 +7

「日本がキリスト教化しなくてよかった!」日本のキリスト教徒弾圧に理解の声



   ■ 二十世紀に発表された日本文学の中では最高傑作だろう。 +2



■ 「こころ」は去年に読んだ本の中でベストだったよ。
  それどころかマイベストの1冊に入るかもしれない。
  ソウセキはディケンズよりプルーストに近いかな。
  プルーストに比べて文体は簡潔なものではあるけど。 +1



   ■ うん、「こころ」はエクセレント。
     あの作品の登場で、日本人が日本人とは何かを発見したんだ。 +2



■ 「高貴なる敗北―日本史の悲劇の英雄たち」がランクインしてないとは。
  この作品は、同様に選出されていないことがやはり驚きである、
  ミシマ・ユキオに関する物語でもあるような気がする。 +5
  


   ■ 誰も「高貴なる敗北」に触れてなくて驚いたよ。
     日本、日本人、日本文化が美しい視点から描かれてるね。
     ランキングに入れるべきかどうかではなくて、
     1位にすべきかどうかで悩む作品だよ。 +2



   ■ まぁ手に入れるのが容易ではないから。
     自分は40年前の古本を50ユーロで購入した。 +3



■ アラン・ブース の「ニッポン縦断日記」は素晴らしい旅行記だった。
  日本の田舎を旅したことがある人には伝わると思うけど、
  発行から40年経っても田舎はほとんど不変であることが分かる。 +6

海外「日本の宝じゃないか」 日本の山村を映した映像に外国人が感銘



   ■ でも今では田舎でも「ガイジン!!」って叫ばれる事はなくなったね。
     本に関しては、彼が徒歩の旅を心から楽しんでいたのが伝わってくる。
     まだ若いと言える年齢で亡くなってしまったのは残念だ。 +1 



■ ユキオ・ミシマの「豊饒の海」をお忘れじゃないだろうか? +6




■ 僕なら清少納言の「枕草子」と、ヨウコ・オガワの小説をリストに入れる。




■ ランキングの10作品にシュウサク・エンドウの「侍」と、
  コウボウ・アベの「砂の女」を加えたいところ。 +8



   ■ アベの「箱男」もかなり興味深い作品だからお勧めしたい。 +3



■ ソウセキの「三四郎」は? オオエの作品も入ってないし。 +3




■ アズビー・ブラウンの「Just enough(足るを知る」)」がお勧め。
  エド時代の日本人の生活が本当に興味深かった。 +1

海外「日本人が怖い」 江戸時代に作られたカラクリ人形の性能に外国人が驚愕




■ 日本関連の本は数多くある。
  でも近代日本を理解したいならアレックス・カーの著作が最適だろうと思う。
  



■ 「ナンバー9ドリーム」はデイヴィッド・ミッチェルの作品で一番好き。
  彼の「出島の千の秋」も日本を描いた秀作だと思う。
  それからムラカミの「ノルウェーの森」。
  絶対にリストに加えるべきだとまでは言わないけど、
  3作品とも本当に面白い作品だった。 +13




■ 「津波の霊たち──3・11 死と生の物語」も忘れちゃいけない。
  それからケイゴ・ヒガシノの「容疑者Xの献身」も。 +1
  


   ■ 「津波の霊たち……」は傑作だね。読んでいて本当に辛かった。
     ヒガシノの本は寒い日に湯船に浸かりながら読みたくなるな。



■ バナナ・ヨシモトの作品はいつ読んでも私に喜びを与えてくれる。 +5




■ ハルキ・ムラカミの「ねじまき鳥クロニクル」が入ってないか……。 +10




■ ダイセツ・スズキの「禅と日本文化」では、
  ゼンの歴史が詩的に、包括的に紹介されてる。
  剣術から茶道、果ては俳句などの詩にいたるまで、
  ゼンがいかに日本文化に影響を与えたのかが理解出来る。 
  人生で一番好きな本の1つなんだ。 +4

海外「俳句作るの面白過ぎ」 『俳句の作り方』に外国人興味津々




■ ユキオ・ミシマの「金閣寺」は日本人を理解するのに向いてると思う。 +9




■ 「センセイの鞄」を思い出させてくれてありがとう。
  もう一度読み返したくなりました。
  寒い季節に読みたくなる、心が温かくなる作品なの。
  それからバナナ・ヨシモトの「キッチン」もそう。
  私が今まで読んできた本の中で一番好きかもしれない。 +10
  



■ 2007年から日本で暮らしてる。
  現代社会がどう動いてるのかを示した最も有益な本は、
  マルヤ・サイイチの「女ざかり」だろうと思う。
  同時にとても笑える作品でもあるんだ。

  欧米では認識されていない事実は、日本の社会はノーマルであると言う事。
  他の国の人たちと同様に希望も恐れも抱くし、政局の危機だってある。
  全ての日本人が「KAWAII」に魅了されてるわけでもない。
  よりバランスよく日本を知りたいなら、R. ターガート マーフィーの、
  「日本‐呪縛の構図:この国の過去、現在、そして未来」を勧めたい。
 
  そして、「遠野物語」を取り上げてくれてありがとう。
  トオノはイワテにある本当に美しい町なんだ。
  僕が今住んでるイワテは日本の隠れた宝石の1つだと思ってる。
  マーフィーはイワテを相対的に遅れた地域と描写してたけど、
  モリオカにはコーヒーやジャズを中心に、洗練された文化がある。
  機会があれば、どうかイワテに足を運んでほしい。 +16




■ 素晴らしいリストをどうもありがとう。
  こういった記事は、読書の視野を広げる素晴らしい方法だね。
  僕が知ってるのは「源氏物語」だけだったけど、
  他の本も是非とも読んでみたくなったよ。 +9





目立って名前の挙がっていた作者・作品は特に見られず、
本当に幅広い意見が寄せられていたのがとても印象的でした。
強いて言えば、遠藤周作氏の作品が若干多かったですかね。



関連記事
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑皆様の応援が、皆様が考えている以上に励みになります。
[ 2019/02/04 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(556)




  1. 柳田國男はさすが親日外国人だが、

    新渡戸稲造の武士道、がベタなら、

    古事記、日本書紀と、

    福沢諭吉の脱亜論は入ってて欲しかったな。

    管理人さん有難う。次は柳田國男を何十年ぶりに、

    読み直すことにしました。
    以上
    [ 2019/02/04 23:03 ] [ 編集 ]
  2. なんだコレ。花の慶次でも読んでろ。あと妖怪の前に記紀と今昔な。
    [ 2019/02/04 23:03 ] [ 編集 ]
  3. EU抜けるの決まってからイギリス必死だな
    BBCとか日本叩き喜んでやってたのに
    [ 2019/02/04 23:04 ] [ 編集 ]
  4. 変なランキングw
    [ 2019/02/04 23:04 ] [ 編集 ]
  5. アラン・ブース亡くなったの!?
    マジかよ…
    [ 2019/02/04 23:06 ] [ 編集 ]
  6. そうそう、枕草子は外せないなぁ。
    そして「沈黙」キリスト教徒の日本人作者の作品。
    キリスト教圏の国から解りやすいテキストだろう。
    「菊と刀」も外せない。
    [ 2019/02/04 23:06 ] [ 編集 ]
  7. 当然、本好きの人たちが集まって書き込んでいるのだろうけど、本を読まない日本人だと読んだ事がないどころか存在を知りもしないだろう物が出てくるのが凄いね。
    [ 2019/02/04 23:06 ] [ 編集 ]
  8. 俺全部読んだことないわ・・・

    唯一読んだ「こころ」も、途中で挫折してそれっきりだし。

    外国の本を読んでること自体素直に尊敬するわ
    [ 2019/02/04 23:06 ] [ 編集 ]
  9. 分かってねえな、としか言えないよ。
    週刊金曜日でも読んでればあらかたこの国の悪さは分かるけどな。
    [ 2019/02/04 23:06 ] [ 編集 ]
  10. 日本国紀も読むと良いよ
    [ 2019/02/04 23:07 ] [ 編集 ]
  11. 一冊も読んだことがない私は日本人失格でしょうか…(´・ω・`)
    [ 2019/02/04 23:07 ] [ 編集 ]
  12. この中に今の隷属国家日本を知るのに適した本は無いかな。
    [ 2019/02/04 23:08 ] [ 編集 ]
  13. いや好きだけど、「こころ」で日本が分かるかと言われれば何ともな……
    [ 2019/02/04 23:08 ] [ 編集 ]
  14. 枕草子、
    井原西鶴
    夏目漱石
    芥川龍之介
    金子みすず。
    [ 2019/02/04 23:08 ] [ 編集 ]
  15. こういうリストが見られるのは楽しい
    [ 2019/02/04 23:09 ] [ 編集 ]
  16. ジョン・ダワーとか将軍とかふざけてんの
    [ 2019/02/04 23:10 ] [ 編集 ]
  17. 案の定BBCらしい訳のわからないランキング。
    [ 2019/02/04 23:10 ] [ 編集 ]
  18. 井上ひさし、北杜夫、遠藤周作、
    星新一、小松左京

    日本と外国の文化の比較にも
    いいし、単純に面白いよ。
    [ 2019/02/04 23:10 ] [ 編集 ]
  19. 遠藤周作、記銘が雲黒斎翁だったっけ。
    流石在日。
    [ 2019/02/04 23:10 ] [ 編集 ]
  20. 東野圭吾を出してる人がいて驚いた。
    確かに現代日本人の心の機微を読み解くには良い作家かも。
    推理小説の形を取りつつ、実際には推理よりも人間を描くことに注力している。
    自分の書きたいことを少しでも多くの人に読んでもらうために、人気のある推理小説というジャンルを利用していると感じるよ。
    そこに気づいたんだなぁって。
    [ 2019/02/04 23:11 ] [ 編集 ]
  21. 週刊現代とか読んどけ
    あんな雑誌でもランキングに上がってる本よりは日本の現状を教えてくれる
    [ 2019/02/04 23:11 ] [ 編集 ]
  22. 日本という国を知る本ではなくて日本人の感性を知る本って感じだった。
    それこそ日本を知るのであれば古事記やら日本書紀、平家物語、伊勢物語みたいな史実と日本人の感性を表した本の方がわかりやすいんじゃないかな?
    もしくは日本史の本とか
    [ 2019/02/04 23:11 ] [ 編集 ]
  23. 『菊と刀』と、小泉八雲の本が入ってないのですね…。あ、あとベースボールと野球を比較した本とか。
    …『将軍』て、なんでこんな人気なのだろう。どうしても、侍女の名が「Chinmoko」だった、てネタが忘れられないゲスな私ですよ。


    [ 2019/02/04 23:12 ] [ 編集 ]
  24. 酷いチョイスだな(笑)
    [ 2019/02/04 23:12 ] [ 編集 ]
  25. 日本人ながら一つも読んだことねーわ
    全く素人の欧米人にはつらいんじゃないのか
    ルース・ベネディクトの菊と刀
    ユージン・スレッドのペリリュー島・沖縄戦記
    ジョン・トーランドの大日本帝国の興亡
    あたりが欧米人にはとっつきやすい
    その次は司馬遼太郎だろう。燃えよ剣とかの幕末あたりのがいいだろう
    欧米人視点なら、なんでそこで大人しく死ぬのか???とかいう違和感を楽しめる
    [ 2019/02/04 23:13 ] [ 編集 ]
  26. 古典は、昔も今も日本人って変わんねーだなって思うよね
    [ 2019/02/04 23:14 ] [ 編集 ]
  27. こちら葛飾区亀有公園前派出所
    [ 2019/02/04 23:14 ] [ 編集 ]
  28.  
    「こころ」は確かに日本人が日本人であることを再確認する本だと思う
    [ 2019/02/04 23:14 ] [ 編集 ]
  29. ノルウェーの森は何がいいのかさっぱりわからなかったんだが、感受性が貧相なのか、ヲレ
    [ 2019/02/04 23:14 ] [ 編集 ]
  30. 遠藤周作の友人が浮浪者になってしまったんだが
    その生活が自由で幸せそうで羨ましがってた話読んだ。
    [ 2019/02/04 23:14 ] [ 編集 ]
  31. 枕草子が無いとななんなん
    [ 2019/02/04 23:15 ] [ 編集 ]
  32. 源氏物語、、?
    あんな日本人にとっても馴染みのない特殊な世界が舞台の物語を読んでも何も理解できないと思うが
    同じ古典でも枕草子とかなら現代の感性にも通じるものがあるけど
    [ 2019/02/04 23:15 ] [ 編集 ]
  33. 海外ミステリーの中の日本も面白いよ。
    トレヴェニアンのシブミとか、フリーマントルのチャーリーマフィンさんとか。
    フィクションを鵜呑みにされると困るけど、日本に興味を持つきっかけになったら良いかもね。
    [ 2019/02/04 23:15 ] [ 編集 ]
  34. あれ、『菊と刀』はもう古いんか
    [ 2019/02/04 23:16 ] [ 編集 ]
  35. ドラえもん
    [ 2019/02/04 23:16 ] [ 編集 ]
  36. センセイの鞄は好きだけど、日本を知る為の本かというとちょっと違うような…。個人的には太宰治、三島由紀夫、谷崎潤一郎辺りから一冊選ばれて欲しかった。
    童話でいいなら小川未明も日本の感性を十分書いてると思う。
    [ 2019/02/04 23:17 ] [ 編集 ]
  37. ※20
    ガーディアンだよw
    それはそうと外国人には東海林さだおのエッセイ&コラムを是非。
    特に丸かじりシリーズは日本人の食に対する思い入れの変態性に
    目を見張る事でしょうw
    [ 2019/02/04 23:17 ] [ 編集 ]
  38. >正直言ってハルキ・ムラカミは過大評価だし、このリストから外されたのは妥当だと思う。

    正しい。
    [ 2019/02/04 23:17 ] [ 編集 ]
  39. 一時期いろんな言語に翻訳されてた安倍公房はもう過去の人かな。
    [ 2019/02/04 23:18 ] [ 編集 ]
  40. ※16
    鴨長明 方丈記も追加しておく。
    奥の細道も。
    [ 2019/02/04 23:18 ] [ 編集 ]
  41. 源氏物語は、うーーーーん、ないな
    名作だけど、あれは日本人を現してない
    [ 2019/02/04 23:18 ] [ 編集 ]
  42. 暇になったら読もうと古本屋で買い漁った文庫本が数十冊ある。
    未だ暇なし、日々老眼の進行と共に読むのが困難になってる。
    [ 2019/02/04 23:18 ] [ 編集 ]
  43. 佐藤健志の「右の売国、左の亡国」なんかオススメだぞ
    戦後日本人がいかに愚かな民族かを知らしめるには最も適切な本とも言える
    [ 2019/02/04 23:18 ] [ 編集 ]
  44. 「The Shogun’s Queen」って篤姫の物語か。
    しかも島津一門の姫だった篤姫が「農民の生まれ」になってて、しかも鹿児島に恋人がいたとかいう設定なのかw
    フジの大奥とか少女小説のノリだなw

    あとコメントで小川洋子に触れてる人がいたけど、確か何故かフランスで人気なんだよね。
    「薬指の標本」とかフランスで映画化されてるし。
    [ 2019/02/04 23:18 ] [ 編集 ]
  45. ※3
    そういうな

    支那朝鮮の悪辣さに気付いて
    こちらに来ようとしてくれてるだけでも
    十分ありがたいんだからさ

    国家に真の友人なんていないんだよ
    [ 2019/02/04 23:18 ] [ 編集 ]
  46. >ユキオ・ミシマの「金閣寺」は日本人を理解するのに向いてると思う。

    なんだこいつ
    嫌味か?
    [ 2019/02/04 23:19 ] [ 編集 ]
  47. 羅生門で分かるかな?
    ちょっと独特過ぎないかい?
    [ 2019/02/04 23:19 ] [ 編集 ]
  48. 「日本を知る為に読むべき本」ということなら
    九鬼周造の『「いき」の構造』だろ。
    [ 2019/02/04 23:20 ] [ 編集 ]
  49. ※10
    週刊金曜日は朝鮮人が書いてるんだから
    知れるのは朝鮮のことだろう
    [ 2019/02/04 23:20 ] [ 編集 ]
  50. ※13
    韓国と一緒に仲良くアメリカの犬をやるのが日本人の生き方なのだよ
    [ 2019/02/04 23:20 ] [ 編集 ]
  51. 反日ムラカミと反日オオエのおかげで、戦後、日本の文壇は腐りの極みに来てるのに、やっぱ外人は分かってねーな。
    ちな、武士道は初版は英語での出版だったんだぜ。
    んじゃ最近の文学?
    百田尚樹の永遠のゼロと海賊と呼ばれた男を読め!
    ムラカミやオオエの反日日本人よりもマシ。

    てか反日オオエより、なんでイシグロカズオが入ってねーんだよ。イシグロカズオもノーベル賞だろ!
    イシグロの作風のがムラカミよりよっぽど質が高いわ!
    [ 2019/02/04 23:21 ] [ 編集 ]
  52. 外国の方は星新一にはあまり興味ないのかな
    [ 2019/02/04 23:21 ] [ 編集 ]
  53. オオエが入ってない、ってコメントがあったが、大江健三郎のことか?
    だとしたら、別に読まなくていいんじゃね、という気がしないでもない
    [ 2019/02/04 23:22 ] [ 編集 ]
  54. 源氏物語は今の日本は表していないが
    1000年前の日本をちゃんと表している
    生半可な知識で否定すんなあほども
    [ 2019/02/04 23:23 ] [ 編集 ]
  55. 村上春樹の本の良さがわからない。
    [ 2019/02/04 23:24 ] [ 編集 ]
  56. この中には戦後の日本を教えてくれる本はないよね
    [ 2019/02/04 23:24 ] [ 編集 ]
  57. 初めて1コメに同感した。

    あと兼好法師とか。
    むしろ英訳したのを読んでみたい。
    [ 2019/02/04 23:26 ] [ 編集 ]
  58. 思ってる以上に英訳本出ているんだね
    推理小説はジャンルが細分化されていて
    訳すの難しいって言ってた
    好色一代男とか好色五人女とか徒然草とか
    上手く訳せたら娯楽過ぎてびっくりするだろうし
    落窪物語や虫めづる姫君、とりかへばやを読めたら
    大喜びするハーレークイン好きたくさんいるだろうに
    [ 2019/02/04 23:26 ] [ 編集 ]
  59. 菊と刀は文中の誤用や誤解も多いって浸透してきたからなーすごくプロテスタント的な本でもある
    私が日本人だからかもしれないが、外国人の書いた日本についての本は、外国人の思考やフィルターを知るための本にもなるよね
    [ 2019/02/04 23:27 ] [ 編集 ]
  60. こころの何が2位の要因になったのか知りたい
    別段特徴のない話だと思うけど
    [ 2019/02/04 23:29 ] [ 編集 ]
  61. 侍?
    吾妻鏡!太平記!元祖武士道甲陽軍鑑!捏造上等信長公記!
    世界初のSF(か?)竹取物語もお忘れなく。
    [ 2019/02/04 23:30 ] [ 編集 ]
  62. >「敗北を抱きしめて」/ジョン・ダワー

    日本から見れば、あの本は
    米軍がイラクで失敗した原因のひとつに見える
    [ 2019/02/04 23:30 ] [ 編集 ]
  63. 「菊と刀」とかは割といいと思うけどな。
    もっとも、戦前〜戦後世代の日本人を理解するにはだが。
    [ 2019/02/04 23:30 ] [ 編集 ]
  64. 文学は文学でいいんだけど、情景描写ならアニメのサザエさんとかの方が強いような。
    あと記事コメントに名前があるが、村上春樹から日本を知ることは難しいというか出来ない。
    [ 2019/02/04 23:31 ] [ 編集 ]
  65. 管理人さん、いつもありがとうございます。
    逆に、英国を知るならお勧め!な本はなんでしょうね。
    多くの名作を生んでいる国ですよね。
    [ 2019/02/04 23:32 ] [ 編集 ]
  66. 大空のサムライでいいんじゃないの?
    [ 2019/02/04 23:32 ] [ 編集 ]
  67. 俺の10倍くらい日本の本読んでそう
    [ 2019/02/04 23:33 ] [ 編集 ]
  68. ※72
    ジョン・ダワーなんかは特にそうだね
    戦勝国フィルターがかかってるのがありありと見て取れる
    [ 2019/02/04 23:33 ] [ 編集 ]
  69. 意外と古典も読まれてるんだなと驚いた。
    もっと広まれば、日本が人種や性的嗜好にはあまり頓着しないと理解してもらえ・・・るわけないか(^_^;)
    [ 2019/02/04 23:34 ] [ 編集 ]
  70. 丸谷才一「女ざかり」を挙げてる人がいるね!
    確かに日本文化のウンチクてんこ盛りな小説だけど…よく知ってるねこの外人さん。

    谷崎の「陰翳礼賛」が入ってないのが結構意外。

    文学なら、今、日本の文学はほぼ死んでるから昔の……泉鏡花とか読んでほしいかなー

    [ 2019/02/04 23:34 ] [ 編集 ]
  71. 個人的には銀河鉄道の夜だな
    [ 2019/02/04 23:34 ] [ 編集 ]
  72. ガーディアンだと、こんなものかね
    なんだか論評する気の失せるラインナップだ
    [ 2019/02/04 23:35 ] [ 編集 ]
  73. 三島由紀夫はほんとどこの本屋にも普通に置いてあったな
    次点が村上春樹
    [ 2019/02/04 23:35 ] [ 編集 ]
  74. 5から9までが全部いらん
    代わりに福澤、川端、三島、村上春樹、百田尚樹を入れろ
    福澤で脱アジア願望、川端で陰キャ、三島でhomo、村上でサヨク、百田でウヨを知れる。
    あと谷崎も読んだら大体日本人の把握はできる。
    [ 2019/02/04 23:36 ] [ 編集 ]
  75. ※74
    こころを刳ってしまっているからだろ。
    車輪の下みたいなのと同じでさ。
    [ 2019/02/04 23:37 ] [ 編集 ]
  76. アメリカのケツを舐め、ロシアには土下座。ついでに中国にもペコペコ。
    どこから見ても日本は隷属国家ですなぁ。
    [ 2019/02/04 23:37 ] [ 編集 ]
  77. 村上春樹はいつも似た様な主人公のような・・・
    [ 2019/02/04 23:38 ] [ 編集 ]
  78. Schizoid Man、しつこい
    [ 2019/02/04 23:39 ] [ 編集 ]
  79. イザベラ・バードさんの作品はいかがですか?
    [ 2019/02/04 23:39 ] [ 編集 ]
  80. 管理人さん、Amazonのリンク貼ってくれてもええんやで?
    [ 2019/02/04 23:40 ] [ 編集 ]
  81. ※87
    笹まくらも英訳があったような
    [ 2019/02/04 23:41 ] [ 編集 ]
  82. ※21
    そこまで行ってなぜ筒井康隆が出ないかな?
    立花隆も読むべきでしょ⁉
    [ 2019/02/04 23:41 ] [ 編集 ]
  83. こういうランキングって当てにならないよね。
    自分のセンスがズレているだけだろうけど、良いも悪いも結局個人の趣味でしかないから、誰かが評価した本や他人が勧める本読むのって、自分であてずっぽうに取った本を読むのと同じくらいの価値しかない。
    単に期待するなってことなんだけど。

    でも他人の感想とか評価とかはどうでもいいけど、概要とか適当なジャンルを書いてくれているのだけは有難いです。
    [ 2019/02/04 23:43 ] [ 編集 ]
  84. 平家物語は日本そのものだと思うんだが…
    [ 2019/02/04 23:43 ] [ 編集 ]
  85. 福沢諭吉の学問のススメ以外なかろう
    [ 2019/02/04 23:43 ] [ 編集 ]
  86. 一位が遠野物語とかわかってて好感持てる
    [ 2019/02/04 23:44 ] [ 編集 ]
  87. 目障りな連投だのぉ。

    >逆に、英国を知るならお勧め!な本はなんでしょうね。

    ハリーポッター(笑)
    リチャード1世やドレーク提督が主人公のがあれば面白そうだ。
    イギリスというかケルト神話もいいな。
    [ 2019/02/04 23:44 ] [ 編集 ]
  88. 清少納言はインテリ女性あるあるだし、紫式部はおしゃれな文化系女子あるあるな感じ。ほんと面白い
    [ 2019/02/04 23:45 ] [ 編集 ]
  89. 日本純文学は主人公がウダウダ悩み過ぎな処がイラっとくる。
    「だったら行動すれば?」って後から蹴りたくなってくるんだけどねぇ。
    随筆集や作家の往復書簡集なんかは好き。
    [ 2019/02/04 23:46 ] [ 編集 ]
  90. ※85
    敗北を〜は中東統治失敗した!なんでだ!日本はこーんなにうまく()いったのに!という子どもの駄々こねの為の本だという印象が強い(中東介入は石油利権の為、混乱させる為の介入とも言われていたが)
    個人的には先入観なしに各自で読んで欲しいけど
    戦後の日本の様子(フィルターかかりまくりだが)を考えるには良い本
    [ 2019/02/04 23:48 ] [ 編集 ]
  91. 『こころ』は初めて読んだ時に衝撃を受けた。
    胸がつぶれるような、何かがのどにつかえたような。
    何度も読んでるよ。
    [ 2019/02/04 23:49 ] [ 編集 ]
  92. ※39
    ウェイリー訳が文学的事件だったから
    [ 2019/02/04 23:51 ] [ 編集 ]
  93. ※118 いい加減ウザイし空気読めないのは日本人ではない。
    下品な言葉も日本人の生まれてではないようだ。
    日本人のフリをして荒らすのはやめなさい。

    まぁ、日本語が読めない人なんだろうけど
    [ 2019/02/04 23:51 ] [ 編集 ]
  94. 知らないの結構あるな。読んでみよう。
    菊と刀とか将軍とか沈黙なんて、いかにも外人好きのする作品だけどより理解からは反れると思うな。
    [ 2019/02/04 23:54 ] [ 編集 ]
  95. 遠藤周作は狐狸庵閑話が大好きなんですが、今はコリアンと混同されそう
    [ 2019/02/04 23:55 ] [ 編集 ]
  96.  
    とりあえず、外人が書いた本に日本人の『心』はない。
    [ 2019/02/04 23:56 ] [ 編集 ]
  97. 馬場のぼる の 11ぴきのねこ が含まれていないことに納得いかない。

    あの作品ほど、困難に立ち向かう煮の際して連帯することの重要性を
    日本人に植え付けた文学作品はない。
    リーダーシップ論も含まれるこの作品、一時期、企業の研修でも
    盛んに使われたという。
    一方で、食にこだわる日本人の特質も体現している。

    やはり選出は文学者とはいえ、外国人には理解の難しい
    日本人の機微とでもいうべきものがあるのだろうか。
    [ 2019/02/04 23:56 ] [ 編集 ]
  98. 源氏物語で日本を理解するのは止めてくれーw
    [ 2019/02/04 23:56 ] [ 編集 ]
  99. 俺が薦めるのであれば、「日本国紀」と「ワンピース」
    [ 2019/02/04 23:56 ] [ 編集 ]
  100. >「A Tokyo Romance」/イアン・ブルマ

    イアン・ブルマなら「反西洋思想」は
    いいかげんな本だけど、急所を押さえてた
    [ 2019/02/04 23:56 ] [ 編集 ]
  101. 日本人も村上春樹は過大評価されてると思うよ
    [ 2019/02/04 23:56 ] [ 編集 ]
  102. 遠野物語は親日外国人は好きそうだな
    [ 2019/02/04 23:57 ] [ 編集 ]
  103. 剣術?
    吸血鬼ハンターD(笑)。野太刀はロマン。
    [ 2019/02/04 23:57 ] [ 編集 ]
  104. 藤原頼長「台記」
    [ 2019/02/04 23:58 ] [ 編集 ]
  105. ニフェジビン
    ドナルド・キーンの『百代の過客 日記にみる日本人』はどうだろう?
    日本人の日記好きと日記文学を知るもっとも手頃な本だと思うのだが
    [ 2019/02/04 23:59 ] [ 編集 ]
  106. >>127
    嫌韓コメント繰り返してる割には完全にコリアンメンタルだからな、ソイツ
    やってることが完全に鮮人と同じ
    嫌韓というより、自分の気に入らないコメントを罵詈雑言で叩いてストレス解消してるだけ
    [ 2019/02/04 23:59 ] [ 編集 ]
  107. 個人的には万葉集をお勧めしたいけれども。
    [ 2019/02/04 23:59 ] [ 編集 ]
  108. ※39
    内容と言うより、ああいうものを女性が生み出した古代日本の独創性を知る、と言う意味での日本を知るだろう。
    えてして西洋社会は日本は「男尊女卑の画一的な社会」だったと思いたがるから。
    [ 2019/02/05 00:00 ] [ 編集 ]
  109. 今時「将軍」は無いわ…
    [ 2019/02/05 00:01 ] [ 編集 ]
  110. ななし
    日本を知りたければ、山川書店の「日本史」をまず読め。歴史教科書の中に日本と日本人がぎっしりつまっている。京都を理解するには平安時代や室町時代、東京を理解するには江戸時代の知識がないと無理。
    山川書店は英語版を出版しなさい。
    [ 2019/02/05 00:01 ] [ 編集 ]
  111. それにしても英国人、日本文学よく知ってるねー
    自分はまだカズオ・イシグロも読んでないw(読みたいと思いつつ)
    [ 2019/02/05 00:02 ] [ 編集 ]
  112. 「菊と刀」が入ってないのは高評価、でもジョンダワーが入ってるのは微妙。
    あれは"外人から見た日本"を日本人が知るためにはいいと思うけど。

    「ジャパニーズデスポエム(辞世の句) ヨエル・ホフマン著」もいいんじゃないかな。
    [ 2019/02/05 00:02 ] [ 編集 ]
  113. 百田尚樹の日本国記も読んでくれ
    [ 2019/02/05 00:03 ] [ 編集 ]
  114. 日本を知るだって?
    記紀も読まずに、出雲と伊勢の関係も知らずに日本を知るとか冗談だよな?
    [ 2019/02/05 00:03 ] [ 編集 ]
  115. 菊と刀はファンタジーだからね。あれで日本を語られてもね
    [ 2019/02/05 00:04 ] [ 編集 ]
  116. >全ての日本人が「KAWAII」に魅了されてるわけでもない。

    まあそうなんだけど、KAWAIIの持つ力も分かってくれてる?
    KAWAIIや可愛げは心を動かすんだよ。何かしてあげたい、守ってあげたいと思う気持ちだよ。
    だから母性本能の最後の砦でもある。子供が原因で傷ついて絶望しても、KAWAIIと思えるうちはまだ大丈夫、体が動くって。
    若い女の子たちがKAWAIIを多用するのは、きっと母親になる練習にもなってるんだよ。
    [ 2019/02/05 00:04 ] [ 編集 ]
  117. アメリカの鏡・日本 ヘレン ミアーズ
    [ 2019/02/05 00:04 ] [ 編集 ]
  118. ※141
    いい本だよね

    ドナルド・キーン自身は影響を受けた本として
    「排蘆小船」と小西甚一の「日本文学史」を挙げてた
    さすがと言うか
    [ 2019/02/05 00:06 ] [ 編集 ]
  119. 私が国の文化を真似している国の文化は持たない
    真似だけできる国は偽文化だけを持つ
    [ 2019/02/05 00:06 ] [ 編集 ]
  120. >>7
    外国人が「沈黙」「菊と刀」「将軍」を日本文化や歴史だと思って日本人と接触するとトラブルが増えると思う
    「沈黙」「将軍」は日本人が読めばフィクションとノンフィクションの境目が分かってるから小説として楽しめるけど、西洋人がノンフィクションの部分をフィクションと思って日本人の一番大切にしてる部分が歪んで伝わっていたことが多い
    「沈黙」は何故日本でキリスト教は嫌悪されたかという視点がキリスト教徒の価値観でキリスト教徒に都合の良い勝手な解釈されているし、「将軍」は朝廷の部分が描ききれていなくて天皇を過去の統治者で徳川幕府が新しい王様のように勘違いさせる(日本語で書くと間違ってないように思えるかもしれないけど…朝廷と幕府の関係をブルボン朝→ナポレオンみたいに誤解してるといったら分かって貰えるかな?)
    「菊と刀」にいたってはWW2の時のプロパガンダに作られたと思えるくらい日本人の思想について捻曲げられてるし、アメリカに住んでる日本人や日系人に聞き取りして書いた事になってるけど、中国人が中華思想で日本人の言動を斜め上に解釈してるような変な内容
    日本人にとって「恥」とは本当の能力より自分を大きく見せるために見栄を張ったり、守るべき人を守らずに自分だけ助かろうと逃げたり、「理性的に振る舞えずに悪いことをする自分」のことを恥ずかしいと思うでしょう?
    それなのに中国人や西洋人は、日本人が面子(メンツを英語圏の人は何故かfaceと表す…このfaceと訳してる時点で日本人としては違和感がある)を保つために自分のことを能力より大きく見せたり悪いことをしても善人のように振る舞うのが日本人の文化だと思い込んでるし、それを繕えなくなって「嘘や悪人であることが他人から暴かれることを嫌うのが日本の恥の文化」と思ってる
    日本人は「日本では悪人に なること が恥」なのに対して、それらの本を読んだ外国人は「日本では悪人だと バレたら 恥」だと思い込んでしまうから解釈が真逆になってる
    だから日本人が海外で落書きとかしてニュースになると、他の日本人が「恥知らず(幼稚なことをして他人に迷惑かけるな!悪いことするな!)」と怒ってるのを見て、外国人は日本人が「恥知らず(他の日本人が笑われるようなことするな!私が笑われたらお前のせいだ!)」と怒っていると勘違いして「その日本人は日本の名誉を怪我した」とか斜め上なことを言ってる
    名誉とか関係ないじゃん?悪いことしたことについて𠮟ってるんだからさ
    で、こういう基本的な善悪の判断基準や社会に対するアプローチについて勘違いしたままの外国人が日本に来ると、日本人とどんどん対立していくんだよ…
    [ 2019/02/05 00:06 ] [ 編集 ]
  121. 個人的なラインナップ
    バジル・ホール・チェンバレン『THE KOJIKI』
    鴨長明『方丈記』
    松尾芭蕉『奥の細道』
    小泉八雲『日本の心』『明治日本の面影』
    宮澤賢治『銀河鉄道の夜』
    太宰治『人間失格』
    島田謹二『ロシヤにおける広瀬武夫』
    迫水久常『大日本帝国最後の四か月』
    ヘンリー・スコット=ストークス『英国人ジャーナリストが見た現代日本史の真実』
    米澤穂信『満願』
    [ 2019/02/05 00:07 ] [ 編集 ]
  122. 結局この辺の有名どころって面白いんだよな
    彼等が名を残した所以がよくわかる
    [ 2019/02/05 00:07 ] [ 編集 ]
  123. なんでセンセイの鞄が?
    何か日本人らしさを象徴してる作品か、あれ。
    まぁ別に嫌いじゃないけども。
    [ 2019/02/05 00:07 ] [ 編集 ]
  124. 外人は日本が好きだと言っても結局何も分かってないです。学者で研究してるやつでも何も理解してないレベルです。こいつら外人は相手にする価値ないです。
    [ 2019/02/05 00:11 ] [ 編集 ]
  125. 外国人にとやかく言う前に、日本の作家だけに限っても日本人のどれだけがこれらの本を読んで理解しているか怪しいレベルだからな
    [ 2019/02/05 00:11 ] [ 編集 ]
  126. 「武士道」の、日本語英語対訳は、みなさんにもお薦め!とっても良かった。
    あとは、百田さんや、宮部みゆきの時代物を読んで欲しいな。
    村上春樹とか、止めてほしい。
    [ 2019/02/05 00:12 ] [ 編集 ]
  127. イギリスだからこれをBBCの記事だと思っている奴がいるが、
    朝日新聞に批判的で日本に好意的なガーディアン紙の記事だからな
    [ 2019/02/05 00:14 ] [ 編集 ]
  128. 「武士道」はさすがにないのか
    日本の価値観の基礎ではあると思うけど
    [ 2019/02/05 00:14 ] [ 編集 ]
  129. そもそも武士道だって甲陽軍鑑、葉隠、士道、新渡戸と千差万別だろ。
    文学・小説如きで日本が分かるかぁ!(笑)
    木を見て森を見ずってやつだな。まず日本史があって、それからだろ。
    [ 2019/02/05 00:14 ] [ 編集 ]
  130. 源氏物語は今でいう同人誌だから、ある意味理解に役立つのかな?

    枕草子は人気ブログ
    [ 2019/02/05 00:18 ] [ 編集 ]
  131. ※166
    島田謹二はふしぎな人だね
    あの時代にどうしてああいう本を出そうと思ったかな
    もしかしたら京華中学の影響じゃないかと
    これは探偵小説の人が言ってた
    たしか小栗虫太郎が京華なんだな
    [ 2019/02/05 00:21 ] [ 編集 ]
  132. ※10

    週間金曜日なんて反日しか読まない。
    [ 2019/02/05 00:22 ] [ 編集 ]
  133. ※194 さて、お兄さんは明日も出張でNRTなので朝早いのでそろそろ寝ます!  遊んでくれてありがとね!
    無職の君は明日も暇だから引き続き連投頑張れるよね!
    徹夜で頑張れ!無職くん!
     Good Luck!
    [ 2019/02/05 00:26 ] [ 編集 ]
  134. ※177
    それは何かとごっちゃになってないか
    「ガーディアン・リーダー」って「朝日新聞読者」みたいなニュアンスだぞ
    [ 2019/02/05 00:26 ] [ 編集 ]
  135. 上位4点以外は未読、図書館行って借りてみよう
    保存版、良い記事をありがとう
    [ 2019/02/05 00:28 ] [ 編集 ]
  136. 「英国一家日本を食べる」
    食という切り口で現代日本文化を考察した一冊。
    寿司、すき焼き、てんぷらだけじゃない
    日本の食文化をB級グルメから宿坊の精進料理まで
    一か月かけて日本中旅しながら味わいつくした労作。
    [ 2019/02/05 00:28 ] [ 編集 ]
  137. 日本のミステリー小説って海外でどう評価されているんだろう?
    [ 2019/02/05 00:29 ] [ 編集 ]
  138. アレックスカーが入ってるのが嫌だ。
    ガーディアンらしいチョイス。
    [ 2019/02/05 00:30 ] [ 編集 ]
  139. なんでこれだけ批判的なコメントが来てるのに自分は嫌われてるってわからないんだ、コイツは
    やっぱビョーキなのか
    [ 2019/02/05 00:31 ] [ 編集 ]
  140. 戦後~現代を表すものとしてなら小説よりはシナリオや戯曲の方が向いてると思う
    映像があると答え合わせもできるし、その作品が残っているのは同時代性があるから
    [ 2019/02/05 00:31 ] [ 編集 ]
  141. ※204
    ジェームズ・ボンドのイアン・フレミングは
    乱歩の人間椅子が好きだと言ってた
    なんかのアンソロジーにでも入ってたのかね
    [ 2019/02/05 00:31 ] [ 編集 ]
  142. 「津波の霊たち」は、ほんと泣いたなあ……
    [ 2019/02/05 00:32 ] [ 編集 ]
  143. お花畑の反日左翼思想に染まってる村上春樹など聞いて呆れる。
    本当に日本を知りたいならまず「古事記」から。
    これは今の日本人にも同じことが言える。
    [ 2019/02/05 00:34 ] [ 編集 ]
  144. ※192
    ある意味あれほど熱烈な恋愛小説はありませんね。
    アリアズナの広瀬への恋、広瀬の日本への愛・・・
    サンクトペテルブルクの地図が完全に頭に入っていると思われる、学者らしい精緻な描写の中にあればこそ。
    [ 2019/02/05 00:35 ] [ 編集 ]
  145. ううん?
    通常、海外でも作家の名前は「日本式」の順だと聞いた覚えがあるんだが。
    バナナヨシモトは、どっかの芸人みたいだな。
    [ 2019/02/05 00:38 ] [ 編集 ]
  146. 犬と鬼は出版当時の日本事情雑感としては中々面白かったけど流石に内容がもう古いんじゃないかな
    [ 2019/02/05 00:38 ] [ 編集 ]
  147. 管理人ちゃん、そろそろ殺ったほうがいんでね?
    FC2に掛け合うか、出るとこ出るかは任せるけど。
    [ 2019/02/05 00:38 ] [ 編集 ]
  148. ※186
    一応FC2ブログには各種アクセス規制機能はあるみたいだけど、
    IPってコロコロ変わるから規制してもすぐ戻ってくるんじゃね?
    管理人氏も一度アク禁にしたみたいだけど、1週間ぐらいで戻ってきやがったし
    [ 2019/02/05 00:39 ] [ 編集 ]
  149. 授業で無理矢理読まされたせいでこころは辛気臭いだけのクソつまらん話ってイメージだけが残った
    内容はとっくに忘れちまったわ…
    [ 2019/02/05 00:40 ] [ 編集 ]
  150. まだふみもみずしきしまの町田って
    ルース・ベネディクトは軍部の要請で書いた
    未踏の日本を
    [ 2019/02/05 00:41 ] [ 編集 ]
  151. ※206
    そうだね
    単純に本の好きな人が選んだって感じがしない
    タイムスやテレグラフが選んだら
    こういう嫌な感じは出ないんじゃないかって気がするね
    [ 2019/02/05 00:41 ] [ 編集 ]
  152. 基本的にはフィクション作品で日本を理解したつもりにはなって欲しくないなぁ。
    百歩譲ってフィクションでも日本人独特の心象風景や価値観などをよく著しているならまだいいけどもさ。
    でも出来ればまずは古事記、日本書記から読んで、それから時代を追って史書を読んで欲しいね。
    [ 2019/02/05 00:43 ] [ 編集 ]
  153. 【管理人氏への要望はメールフォームで】
    管理人さんに要望出すときはコメント欄ではなく(コメント数が多く、読んでもらえないか気付いてもらえない可能性があるため)、左側に並んでいる項目の一番下のメールフォームを使った方が確実かと思われます。

    荒らし行為に対するアクセス規制に詳しい方は、ぜひアドバイスしてあげてください。
    とても困ってらっしゃると思います。
    [ 2019/02/05 00:44 ] [ 編集 ]
  154. 「戰艦大和ノ最期」
    [ 2019/02/05 00:44 ] [ 編集 ]
  155. 別に地球の裏側の国なんかどうでもいいでしょ。そんなことより君たちはフランスやドイツをもっと知るべきだ。もっと深く知り合えば地域は安泰、ばら色の未来がまっている。

    (フランスを中国、ドイツを朝鮮に読み変えてください。)
    [ 2019/02/05 00:45 ] [ 編集 ]
  156. 源氏物語→ → →「あさきゆめみし」
    平家物語→ → →「機動戦士ガンダム」
    これが分り易い
    [ 2019/02/05 00:46 ] [ 編集 ]
  157. ブリテンさんが読むんだったら漱石を読む反面、もっとこう、働いてる人間の素朴さと熱心さと、あと愚かさが分かる奴があった方がいいかね
    [ 2019/02/05 00:47 ] [ 編集 ]
  158. ※226
    記紀知ってる日本人なんて何割いることやら…。
    サムライサムライ言っていても源平藤橘などの氏姓すらアヤシイ…。
    [ 2019/02/05 00:48 ] [ 編集 ]
  159. 遠野物語を読めたら凄いわ
    あれ読みづらいんだよな途中で挫折したし
    また読み返してみようかな
    [ 2019/02/05 00:53 ] [ 編集 ]
  160. 言の葉では馬鹿は斬れない。刀ならすぐに黙って動かない。通報しませう。
    [ 2019/02/05 00:56 ] [ 編集 ]
  161. ※226
    学者はね
    でも、われわれもホームズとかラッフルズとかジーヴスとか
    あるいはトリストラム・シャンディでもトム・ブラウンでも
    ラッキー・ジムでも読んで英国がわかった気がするってことがあるだろう
    楽しいほうがいいよ
    [ 2019/02/05 00:56 ] [ 編集 ]
  162. 英国一家、日本を食べるが入ってないんだな
    向こうでも結構売れたって聞いたけど
    食文化ってのはその国を最も知れる文化の一つだから、この本は結構適してると思うんだけどな
    [ 2019/02/05 00:57 ] [ 編集 ]
  163. 土佐日記、徒然草、方丈記は良いと思うけど感覚的に理解できるのかな?読んでて???連発にならんかな。自分の好きな遠野物語が一番だったけど、これもコアすぎるんじゃないかな。民俗学の本とはいえ妖怪ばっかりだもんな。これだったら遠藤周作とか漱石読んだほうがまだとっつきやすいと思う。
    [ 2019/02/05 00:57 ] [ 編集 ]
  164. 日本の現代文化の理解に役立つかどうかは分からないけど
    日本人の根底にある思考を読み解くという意味ではいいかもね
    そういった部分は時代が変わっても変化しづらいし
    [ 2019/02/05 01:00 ] [ 編集 ]
  165. ハロワって何?
    [ 2019/02/05 01:00 ] [ 編集 ]
  166. ※229
    あれは英訳あったよ
    たしか著者の海軍時代の写真がカバーになってた
    読んでないからわからないけど
    さすがに初稿の訳じゃないだろうとは思う
    [ 2019/02/05 01:01 ] [ 編集 ]
  167. >正直言ってハルキ・ムラカミは過大評価だし、
     このリストから外されたのは妥当だと思う。

    その通り。 しかも彼は反日思想家の様だし。

    あと、新渡戸稲造の武士道は押しておきたい。
    [ 2019/02/05 01:03 ] [ 編集 ]
  168. ぶっちゃけ記紀というか奈良時代までを紐解くにはかなり世界史の知識がいる。
    特に震旦。
    [ 2019/02/05 01:05 ] [ 編集 ]
  169. 何回自己紹介するつもりなのやら
    [ 2019/02/05 01:05 ] [ 編集 ]
  170. 小泉八雲を入れてほしいなぁ
    「日本人の微笑」を読んだ時、日本人の心根をよく理解してるなと驚いたよ
    [ 2019/02/05 01:13 ] [ 編集 ]
  171. 読者もガマンの限界みたいだな
    なんとかしねーとヤバいんじゃねーの、管理人さんよ
    [ 2019/02/05 01:13 ] [ 編集 ]
  172. 威力業務妨害や名誉毀損、殺人教唆もかな、そういうのだと確実に荒らしをタイーホできると思うけど、通報するだけしてみれば?
    [ 2019/02/05 01:16 ] [ 編集 ]
  173. まとめさいとのコメント欄の書き込みで人種差別認定されて住所と氏名を公表された例があるからね。

    通報したので連投荒らしの住所と名前が世間に晒されるのを楽しみにしますか。
    [ 2019/02/05 01:21 ] [ 編集 ]
  174. 三島は人気あるけど、太宰は全然名前上がらないよね
    確かに外人苦手そうだが
    人間失格とか、まさに日本人の肥大化した自意識の深淵をよく表しているよ
    走れメロスとかウケそうだが
    まあ太宰は日本人にしかウケないって感じはする
    [ 2019/02/05 01:22 ] [ 編集 ]
  175. FC2ブログの機能で規制しきれないなら、
    管理人はせめてハッキリ荒らし行為に対する見解を示すべき
    荒らし行為は迷惑であり、このブログのコメント欄では禁止する旨をきちんと表明すれば、毎日荒らしてるコイツの行為は明確にルール違反となる

    黙っているだけなら、容認していると思われても仕方がないよ
    [ 2019/02/05 01:22 ] [ 編集 ]
  176. ( ゜∀゜)o彡゜通報!通報!
    [ 2019/02/05 01:23 ] [ 編集 ]
  177. 管理人、マジで通報汁!
    [ 2019/02/05 01:28 ] [ 編集 ]
  178. 書き込み急ぎ過ぎて自分の書き込みにアンカー付けて返信してる間抜けがイキってるのはココですか
    [ 2019/02/05 01:28 ] [ 編集 ]
  179. 柳田國男はまぁ、日本民俗学の祖、つまり客観的に日本を知ろうとしてそれに専念した最初の人物だからねぇ。
    [ 2019/02/05 01:30 ] [ 編集 ]
  180. 外国人作家のは将軍しか知らないから何とも言えないけど、
    日本人作家のは暗いのばっかりだなうw
    源氏物語は宮廷の妄想願望なので意味がない
    児童小説の方が日本を表してるんじゃないの
    蜘蛛の糸(仏の顔の三度まで)とか走れメロス(時間厳守)とか銀河鉄道の夜とか
    [ 2019/02/05 01:31 ] [ 編集 ]
  181. ビョーキにレスしても仕方ない。管理人に匿名署名でもしたほうが早い(笑)
    [ 2019/02/05 01:32 ] [ 編集 ]
  182. これだけみんなから批判されているのに一切自分を省みることなく、迷惑行為を止めない人が他の人をバカにしまくるって何の冗談ですか?
    自分が異常だってこともわからないの?
    [ 2019/02/05 01:33 ] [ 編集 ]
  183. ※274
    川端・三島・谷崎になる前
    本当にごく一部の研究家のものだった時代には
    漱石・芥川・太宰だったと聞いたことがある

    西欧風の「小説」の定義だとそうなるのかな
    [ 2019/02/05 01:35 ] [ 編集 ]
  184. ここも鎌倉君やらPマガやら深海やら色んな奴いたが、コイツが一番イカレてるな笑。
    [ 2019/02/05 01:37 ] [ 編集 ]
  185. さすがガーディアン紙の読者層は読書の幅が広いですね。鈴木大拙などは、日本人でもそう読んでないと思います。

    将軍はあまり勧めませんけど。日本人がなんちゃって欧州中世ファンタジーを読むような楽しさがあるんでしょう。

    私はドナルド・キーン氏の数多ある著書がお勧めですね。あと奥の細道は日本人の美意識を知る事ができると思います。



    [ 2019/02/05 01:37 ] [ 編集 ]
  186. コピペしとこ

    【管理人氏への要望はメールフォームで】
    管理人さんに要望出すときはコメント欄ではなく(コメント数が多く、読んでもらえないか気付いてもらえない可能性があるため)、左側に並んでいる項目の一番下のメールフォームを使った方が確実かと思われます。

    荒らし行為に対するアクセス規制に詳しい方は、ぜひアドバイスしてあげてください。
    とても困ってらっしゃると思います。
    [ 2019/02/05 01:40 ] [ 編集 ]
  187. こころはコミュ障で鬱病発症してて自殺願望があるアスペ向け
    本も合う合わないがある
    人間模様しか興味ないやつがSFを嫌うように
    [ 2019/02/05 01:42 ] [ 編集 ]
  188. ■ ソウセキはディケンズよりプルーストに近いかな。

    無茶なこと言うなあ。いいけどさ
    [ 2019/02/05 01:45 ] [ 編集 ]
  189. モーリス・パンゲの自死の日本史はどうだろう?

    ここにあるのだと遠野物語は良かった
    興味ある人じゃないととっつきにくいかもしれないけど、面白い
    あとは個人的に、源氏物語よりも枕草子の方が今にも通じる感性なんかが分かりやすくて良いんじゃないかなぁ

    遠藤周作は苦手
    [ 2019/02/05 01:48 ] [ 編集 ]
  190. もう何言ってもムダ。多分みんな朝鮮人に見えてんだろな。
    さっさと通報して、最終的にどこぞの病棟に隔離してやったほうがこいつのためだ。
    危険な病人を自由にさせるのは優しさじゃない。最悪、共犯ものだぞ?
    [ 2019/02/05 01:51 ] [ 編集 ]
  191. 遠藤周作は「彼の生きかた」とか
    ああいうもののほうがまだ良いような気がするね
    日本を知るという話ではないけれども
    [ 2019/02/05 01:51 ] [ 編集 ]
  192. 武士のことなら「葉隠」を推したい

    [ 2019/02/05 01:51 ] [ 編集 ]
  193. 7.「敗北を抱きしめて」/ジョン・ダワー
    8.「A Tokyo Romance」/イアン・ブルマ
    9.「犬と鬼-知られざる日本の肖像」/アレックス・カー

    日本を正しく理解したいのならこの3冊は絶対読んではいけないもの。ジョン・ダワーとイアン・ブルマは反日の総本山的存在。慰安婦を性的奴隷と決めつけて日本に謝罪と賠償を要求するような運動に積極的に参加している。

    ダワーのこの本は徹底した戦勝国史観に立ち、上から目線で未熟で遅れた有色人種である日本人の愚かな過ちを糾して教育してやるといった気満々の論調のもの。まあ、この世代のアメリカ人としてはごく一般的な感性の持ち主といえばそれまでだが、嫁の日本人もさぞ、このユダヤ野郎に日本の悪口吹き込んでグルになって日本叩きに勤しんでるんだろう。

    ブルマの野郎はシナ大好き野郎で、シナは偉大でそれに引きかえ日本はしょ
    ーもない悪辣な戦争犯罪国家というレッテルを貼って、なにかと日本を矮小化し過小評価したがる反日オランダ人野郎だ。

    アレックス・カーは前者二人とはちと趣を異にする。基本的に日本文化に興味があるのだが、その日本が自分の思い描いている日本と違った姿を見せることを許さず自分の頭の中にあるステレオタイプの日本以外を認めようとはしない。まあいわば日本好きをこじらせ日本にこうあるべきだとか余計なおせっかいをしたがる奴で、日本にとっては迷惑な野郎に違いない。
    [ 2019/02/05 01:52 ] [ 編集 ]
  194. 堀辰男の風景描写と死生観なんかは日本人の根底に流れるものと共通すると思うんだが、外国人にはあまりピンと来ないのかな。
    [ 2019/02/05 01:52 ] [ 編集 ]
  195. 割と日本の著名作家の愛読家多いのがイギリスさんです。
    よく知らんけど他のアジアって著名な作家おるんかな?
    [ 2019/02/05 01:53 ] [ 編集 ]
  196. 東海道中膝栗毛とか変態日本人の方を読めよ
    根暗なのばっかり日本人像にすんな
    [ 2019/02/05 01:55 ] [ 編集 ]
  197. ※323 真面目な本だと思って図書館で借りた中学生のあの時を思い出した。
    [ 2019/02/05 01:57 ] [ 編集 ]
  198. >よく知らんけど他のアジアって著名な作家おるんかな?

    作家はともかく四大奇書の三国志(演義)、西遊記、水滸伝、あと封神演義やアラビアンナイトなんかの古典は有名だよなぁ。
    [ 2019/02/05 01:58 ] [ 編集 ]
  199. 古典の現れる価値観は日本文化の土台だから、現代社会と切り離せるものじゃないよね。
    枕草子は現代人の感覚でも十分共感できるし。
    小泉八雲の日本人の微笑は面白かった。
    [ 2019/02/05 01:59 ] [ 編集 ]
  200. ※319
    聖家族の冒頭の一行を
    吉田健一が暗誦したらなぜかフランス語になってしまっていた
    という逸話があるぐらいで西欧的な人ということになっているからね
    それこそプルーストが好きで

    しかし大和路・信濃路だったけ。ああいうの良いと思うんだけどね
    [ 2019/02/05 02:01 ] [ 編集 ]
  201. ハーンだと神国日本一択だろ
    [ 2019/02/05 02:01 ] [ 編集 ]
  202. 日本を理解出来るかというより
    カルチャーショックを味わえるかという方が大きいんじゃないか
    [ 2019/02/05 02:02 ] [ 編集 ]
  203. 小泉八雲は九州に転任した時に九州男児の気質に馴染めなくて引きこもり気味になったエピソードが、「日本人」っぽくて好き
    [ 2019/02/05 02:04 ] [ 編集 ]
  204. ※336 文学の高尚な話について行けないんだね。知性も教養も欠落してるから仕方ないね。罵倒語しか話せない朝鮮人だもんね。ご愁傷様
    [ 2019/02/05 02:09 ] [ 編集 ]
  205. 自分が荒らしてること自覚してやってんのか
    マジで悪質だな
    犯罪者となんら変わりねぇじゃねぇか
    [ 2019/02/05 02:09 ] [ 編集 ]
  206. ラフカディオ・ハーンってギリシャ人だよね。
    やっぱりミノタウロスやらハーピーやらヘカテーやらメデューサやらキマイラやらサイクロプス的なものが好きなのかもしれないな。
    ギリシャとチャイナ(山海経とか)の神話はクリーチャー率が高い。
    [ 2019/02/05 02:09 ] [ 編集 ]
  207. 山岡荘八の「徳川家康」
    日本人が考える国体とか、思想を知る上では、一番良いと思うんだけどな。
    横山光輝が漫画にしてるから読みやすいし
    [ 2019/02/05 02:10 ] [ 編集 ]
  208. >よりバランスよく日本を知りたいなら、R. ターガート マーフィーの、
    >「日本‐呪縛の構図:この国の過去、現在、そして未来」を勧めたい。

    アメリカ人やイギリス人による物分かりの良いフリをした押し付けがましい日本観、および日本-アジア関係史観はもっとも鵜呑みにしちゃいけないコンテクストだと思うけど‥。
    外国人がなんで外国人の書いた日本批評ばかりを鵜呑みにしたがるのかさっぱり分からない
    [ 2019/02/05 02:10 ] [ 編集 ]
  209. ※345
    こいつ何と戦ってるんだ?

    [ 2019/02/05 02:16 ] [ 編集 ]
  210. 太平記にも引用されているらしい中世日本紀って読んだことないんだけど、
    本地垂迹(仏教優位)の観点から記紀に仏教要素を加えただけ?
    中世だけど源平藤の侍は出てこないの?
    教えて詳しい人。
    [ 2019/02/05 02:24 ] [ 編集 ]
  211. ※356
    そっちから一般教養レベルのスレタイにそぐった話題でも振ってやれば?笑
    [ 2019/02/05 02:30 ] [ 編集 ]
  212. ※360
    そぐったってどこの方言だよ?
    俺はさっきから文学の話題で参加してるぜ?
    お前が馬鹿だから見抜けないだけ
    [ 2019/02/05 02:32 ] [ 編集 ]
  213. ※360は煽りじゃないよ。
    [ 2019/02/05 02:32 ] [ 編集 ]
  214. >そぐったってどこの方言だよ?

    ワ行五段活用の動詞「そぐう」の連用形だよ。
    [ 2019/02/05 02:35 ] [ 編集 ]
  215. ※363
    だから誰と戦ってんの?
    統合失調だと全員同一人物に見えるのかよ
    [ 2019/02/05 02:35 ] [ 編集 ]
  216. こころしか読んだことねえ
    てか半分知らねえ
    [ 2019/02/05 02:40 ] [ 編集 ]
  217. 鬼怒鳴門 

    落款が格好良さそうだ
    [ 2019/02/05 02:42 ] [ 編集 ]
  218. 知らなくてヤバイ?
    なぁに文学や小説など嗜む程度で良い。
    小説で歴史語る奴のアホなことアホなこと。
    [ 2019/02/05 02:45 ] [ 編集 ]
  219. なんでテコンダー朴が無いの?
    [ 2019/02/05 02:46 ] [ 編集 ]
  220. ※374
    夜死苦的な風情を感じさせる
    [ 2019/02/05 02:47 ] [ 編集 ]
  221. ※377
    歴史は勝者の作るものですしおすし
    [ 2019/02/05 02:48 ] [ 編集 ]
  222. ※381
    それは歴史というか文献史学だね。
    [ 2019/02/05 02:50 ] [ 編集 ]
  223. 僕はココにいるよ、見て見て!って毎日アピールしてたら
    今日はついにたくさんの人に構ってもらえて、
    嬉ション漏らしまくってることだろうな
    [ 2019/02/05 02:57 ] [ 編集 ]
  224. 6.「将軍」/ジェームズ・クラベル
     「The Shogun’s Queen」/レスレイ・ダウナー  
    7. 「敗北を抱きしめて」/ジョン・ダワー


    これらはアングロサクソンの典型的な日本人への偏見、侮蔑トンデモ書
    白人がホルホル出来るから選んだんだろうな
    [ 2019/02/05 03:01 ] [ 編集 ]
  225. ※399
    己の言葉で語れない人間は存在価値あるのかどうなのか
    [ 2019/02/05 03:08 ] [ 編集 ]
  226. 寒い地域だし、読書を好むだろうなあ?と思う。
    イギリスも寒いし。
    [ 2019/02/05 03:08 ] [ 編集 ]
  227. 歎異抄、というか悪人正機説はどうかなあ
    戦後、GHQが「悪人こそ救われるべきってどういうことだ(意訳)」
    とか日本の知識人に訪ねてたらしいし
    [ 2019/02/05 03:08 ] [ 編集 ]
  228. ライシャワーさんの本が出て来ないとは・・・
    [ 2019/02/05 03:11 ] [ 編集 ]
  229. 小説はマジで阿呆になるよ。
    かなりいい大学出の知り合い(確かNHKも)がね、赤壁の戦いの諸葛孔明の活躍を史実のように力説してんのよ。
    そんなもん三國志演義(伝奇小説)の話であって正史には載ってないっつーの。
    正史すら疑わしいのに…。小説はあくまで娯楽。
    [ 2019/02/05 03:14 ] [ 編集 ]
  230. よくもまあこんな子どもじみたコメント連投しておきながら偉そうな態度とれるもんだ
    恥という概念を持ち合わせていないらしい
    [ 2019/02/05 03:17 ] [ 編集 ]
  231. ※414
    本当に語彙のバリエーション少ないから罵倒も単調
    同じ言葉くるくる繰り返してるのに本人は全く飽きてない。
    自閉症特有の症状なんだけど、本人は自分が日常会話が出来てると思いこんでますね
    [ 2019/02/05 03:22 ] [ 編集 ]
  232. >>414
    まあ精神に異常をきたしてるのは間違いないが、
    だからといって人に繰り返し迷惑をかけているのが許される訳ではないからな
    [ 2019/02/05 03:24 ] [ 編集 ]
  233. ※421
    自閉症って一度気に入るとそれを何度も繰り返そうとするけど
    コイツも嫌韓ワードがお気に入りで、それを何度も繰り返そうとする特徴があるな
    [ 2019/02/05 03:25 ] [ 編集 ]
  234. ここの※読んで、、私の読書歴ってなんだったんだろうなぁ〜
    反省
    [ 2019/02/05 03:26 ] [ 編集 ]
  235. 425
    本人は在日(と自分が勝手に決めつけた相手)と闘い、日本を守ってるつもりらしい
    [ 2019/02/05 03:27 ] [ 編集 ]
  236. 菊と刀はアレこそ白人が日本人に間違った印象を抱かせた元凶だろ
    自分があの本を日本人理解にオススメしないわ
    [ 2019/02/05 03:27 ] [ 編集 ]
  237. 平日のこんな時間に罵り合ってるのは
    どちらにしろゴミ人間
    そんな罵りあうことに意味はないが
    無職の暇人にはとても有意義なんだろうなw
    [ 2019/02/05 03:29 ] [ 編集 ]
  238. 最近だと東野圭吾じゃないか?
    東野圭吾の小説映画は外れないから絶対観に行くわ
    [ 2019/02/05 03:31 ] [ 編集 ]
  239. 自閉症って就職出来るの?
    [ 2019/02/05 03:54 ] [ 編集 ]
  240. 自閉症って就職出来るの?
    [ 2019/02/05 03:55 ] [ 編集 ]
  241. また変なのがいる
    最初からコメ読みたいのに邪魔(*_*)
    [ 2019/02/05 03:57 ] [ 編集 ]
  242. ※456
    企業には障害者枠がある。
    [ 2019/02/05 03:58 ] [ 編集 ]
  243. アホの白人に日本のことなんて永遠に分からんよ
    日本に骨埋めるつもりで一生住んで死ぬ前に少しは理解できるところもあるかなくらいだろ
    菊と刀とか言ってる奴いるけど正気?完全に偏見まみれの間違いだらけの本だろ
    [ 2019/02/05 04:04 ] [ 編集 ]
  244. 自閉症の人さっきからサラリーマンサラリーマン言ってるけどなんなン?
    メンドだから最初から読んでないんだけどサラリーマンに憧れて執着してるとかなん?
    [ 2019/02/05 04:08 ] [ 編集 ]
  245. ※479
    なに?私にレスしてるの?支離滅裂で意味不明なんだけど。唐突に確定申告の話とか意味わからないだけど
    [ 2019/02/05 04:29 ] [ 編集 ]
  246. ※488
    話は聞かなくていい。どうせ対した事は言ってない
    [ 2019/02/05 04:31 ] [ 編集 ]
  247. 私は文学部なので有益な書き込みあるかな?と思って覗いたけど、自閉症?の人がコピペで荒らしてる?みたいで残念なので
    一体退散します(*'▽'*)
    [ 2019/02/05 04:43 ] [ 編集 ]
  248. >正直言ってハルキ・ムラカミは過大評価だし、

    この正直者!
    [ 2019/02/05 04:45 ] [ 編集 ]
  249. ※504
    ありがとうございます
    また来ます(*゚▽゚)ノ
    [ 2019/02/05 04:48 ] [ 編集 ]
  250. また基地外荒し登場かよ
    コイツが書き込むと、他の人の正常なコメントを見るのが失せる。
    [ 2019/02/05 04:53 ] [ 編集 ]
  251. ※512
    自演と思い込んで自分を慰めないとやってられないよな
    [ 2019/02/05 04:57 ] [ 編集 ]
  252. アレックス・カーの犬と鬼はただのヘイト本だぞ。
    いつもの外人様がアジアを上から目線でえらそうに講釈たれて説教する本な。
    こんなゴミ本をお勧めするとかさすが英ガーディアン紙だ。
    [ 2019/02/05 05:17 ] [ 編集 ]
  253. 作家なら宮沢賢治、星新一、池波正太郎
    作品なら御伽草子、平家物語、枕草子、徒然草、忠臣蔵
    あとは、小学校から高校の国語の教科書に掲載されてきた作品なら、現代日本人の感性に影響を与えているだろうと思う。
    [ 2019/02/05 05:19 ] [ 編集 ]
  254. 源氏物語は、現代で言うところの少女漫画かライトノベルだからなあ。
    サブカルの源流を知ると言う意味では適切なのかもしれない。
    [ 2019/02/05 05:22 ] [ 編集 ]
  255. >>39
    あの時代に女流作家の小説がベストセラーになったという時点で日本の文化を知ることになるでしょう
    あとどこの国の古典作品も庶民の生活じゃなく貴族や金持ちがモチーフ
    [ 2019/02/05 05:31 ] [ 編集 ]
  256. 「高貴なる敗北」か、
    読んだ事ない。チェックしとくか。
    [ 2019/02/05 05:37 ] [ 編集 ]
  257. 荒し魔うざい
    邪魔!
    [ 2019/02/05 05:45 ] [ 編集 ]
  258. センセイの鞭
    [ 2019/02/05 05:52 ] [ 編集 ]

  259. >>549

    なんで私が引きこもりになんのよ!

    [ 2019/02/05 05:52 ] [ 編集 ]

  260. >>549

    ていうか私日本人だし!

    自分が雑魚だからって巻き込まないでよ!気持ち悪い!

    [ 2019/02/05 05:55 ] [ 編集 ]
  261. ショーグンと源氏物語が並んでるトップ10って何なのよ。
    分裂病患者が選んだのか?
    [ 2019/02/05 06:01 ] [ 編集 ]
  262. 暇な人ってとことんヒマなんだ…いいな
    [ 2019/02/05 06:01 ] [ 編集 ]
  263. このトップ10の中で日本人にオススメするならどれにしる?
    [ 2019/02/05 06:02 ] [ 編集 ]
  264. >562です
    訂正
    どれにしる×
    どれにする○

    すみませんm(__)m
    [ 2019/02/05 06:04 ] [ 編集 ]
  265. ジョン・ダワーなんて歪んだ日本の歴史・日本像を海外に流布させて
    いる中心人物。慰安婦問題で日本を非難しながら占領中、大量の性犯
    罪を起こし慰安所を利用していた米兵を批判せずに、占領が上手くい
    ったのは米兵が紳士的だったからなんて書く奴だ。他にも百人斬りを
    史実扱いしている。こんなのがアメリカ・西洋を代表する日本学者と
    いう事に驚く。
    イアン・ブルマは戦後の日独を比較していたが、本人は日独の戦争犯
    罪・賠償問題を比較したつもりのようだが、実際はドイツのホロコー
    ストと日本の戦争犯罪を比較している。その程度の区別もつかないの
    かと呆れた。南京についても組織的に虐殺行為を行っていないという
    右派の主張に、だったらなぜあれだけの犠牲者数が出たのかと書いて
    いた。そもそもその犠牲者数自体が争点の一つなのに、最初から30
    万人虐殺を前提としてるんだから話にならない。
    [ 2019/02/05 06:25 ] [ 編集 ]
  266. ヤバすぎだろコイツ。
    ずっとやってるよ。
    自分自身で
    『あっ、頭おかしい俺』
    って気付けよアホ。
    皆から嫌われている事は理解出来るよなあ。
    [ 2019/02/05 06:29 ] [ 編集 ]
  267. 遠藤周作はな〜、あたかも戦中に人体実験がまかり通っていたかのように国内外を洗脳したからな〜、罪深い。
    [ 2019/02/05 06:30 ] [ 編集 ]

  268. >574

    ジョン・ダワーの奥様は日本人のはず…
    日本人の奥様がいて、そのようなことを書いたのですか?

    [ 2019/02/05 06:33 ] [ 編集 ]
  269. 母校の医学部がモデルの「海と毒薬」もお勧めだよ。日本人とはどういうものかがよく判るから。
    [ 2019/02/05 06:37 ] [ 編集 ]
  270. 有村、司馬も良いと思います、泉鏡花とかも最高だと思う。

    [ 2019/02/05 06:37 ] [ 編集 ]
  271. 遠藤周作…(/_;)
    [ 2019/02/05 06:42 ] [ 編集 ]

  272. >580
    >581

    ありがとうございます!

    他にも何かオススメの本ってありますか?
    個人的によかった本や好きな本でも構いません。

    [ 2019/02/05 06:44 ] [ 編集 ]

  273. >587

    有島武郎ですよね!

    [ 2019/02/05 06:50 ] [ 編集 ]
  274. 志賀直哉とか、藤村(私生活の方は置いといて)とかも良いと思います。


    [ 2019/02/05 06:53 ] [ 編集 ]
  275. このアホみたいなランキングは「日本を知る為の本」じゃなくて、「外人が書いたなんちゃって日本の本」だろw
    夏目漱石等の日本人作家の本は別として

    「敗北を抱きしめて」なんてアメ公GHQ史観丸出しのトンデモ本だしな
    [ 2019/02/05 06:54 ] [ 編集 ]
  276. 指摘されている通り
    安部公房大先生がランク入りしてないなんて・・・
    [ 2019/02/05 06:56 ] [ 編集 ]

  277. >589

    ありがとうございます!
    読んでみます!

    [ 2019/02/05 07:03 ] [ 編集 ]
  278. ※10※25
    つまんないから帰りなさい
    [ 2019/02/05 07:10 ] [ 編集 ]
  279. 遠藤周作と大江健三郎はキリスト教さんw
    欧州ではウケが良さそうだ。
    [ 2019/02/05 07:12 ] [ 編集 ]
  280. 羅生門は教科書に一部だけど載ってたなーゼンブ忘れたけど
    [ 2019/02/05 07:16 ] [ 編集 ]
  281. >日本を知る為に読むべき

    っていうこの客寄せ見出しでまず商業主義乙と思ひ、エントリー作品を見てほら見ろ編集部が好きな本10選とでも書いとけ抜け作がと思ひ。

    やっぱり記・紀は外せないな。神話だが日本の黎明期に触れているし朧気だが成り立ちが掴める。
    説話集や軍記物も時代背景が垣間見られる。ちゃんと知りたきゃ日本史でも専攻しろ抜け作め。
    [ 2019/02/05 07:18 ] [ 編集 ]
  282. 時代は変わる。アレックス・カーが入ってくるとは。彼の持つ雰囲気が苦手。宝物を偶然見つけたビジネスマン、観光業者、不動産/骨董品仲介業者に見える。
    よく知らんけど。
    [ 2019/02/05 07:30 ] [ 編集 ]
  283. 古いのやら長いのやら挙がっているけど正直ほとんど知らないわ
    読んでる外国人を尊敬する
    [ 2019/02/05 07:32 ] [ 編集 ]
  284. 司馬遼太郎とか、山本七平とかは、海外ではあまり読まれてないんかね。

    [ 2019/02/05 07:38 ] [ 編集 ]
  285. >遠藤周作はな~、あたかも戦中に人体実験がまかり通っていたかのように国内外を洗脳したからな~、罪深い。

    作家なんて多かれ少なかれ不埒で偏狭で破廉恥で罪深くね?
    見てきたように嘘八百を撒き散らし、恥ずかしげもなく脆弱な内面を吐露する。
    真実を追求し書き連ね、机上ではなく実戦で勝負し、ペンも剣も握られる者を最早作家とは言わないw
    [ 2019/02/05 07:40 ] [ 編集 ]
  286. 日本を知る
    なら小説よりマンガだろw
    日本文化が色濃く出ておる。
    [ 2019/02/05 07:41 ] [ 編集 ]
  287. 賀茂真淵や本居宣長などの国学者もお勧め。彼らはシナから文化的脱却を
    図るために漢字と仮名文字廃止論者だった。彼らの遺志を継いだ
    幕末の吉田松陰や福沢諭吉もまた漢字廃止論者だった。真剣に漢字と仮名文字を廃止しようとしていた。
    [ 2019/02/05 07:44 ] [ 編集 ]
  288. 日本の古典を読むような外国人なら、梅原猛は面白いと思うんだけど。
    梅原先生に合掌。
    [ 2019/02/05 07:49 ] [ 編集 ]
  289. 筒井康隆読んで欲しいわ。
    [ 2019/02/05 07:52 ] [ 編集 ]
  290. 変なランキングだな
    あと今でも外人は外人と言うぞw
    [ 2019/02/05 07:56 ] [ 編集 ]
  291. 死んだら貰えないノーベル文学賞
    日本を知るとは関係無いがノーベルだからと最高の文学とは限らないし
    「私の選んだ」
    もあなたの感性、主観だし。
    人それぞれ、好みで好きな作家がいます。
    スレ日本文化知る作家、とは関係ありませんでした。失礼。
    [ 2019/02/05 07:57 ] [ 編集 ]
  292. ドン・マローニ「外人はつらいよ」でええやん。

    英語版も(元々英字新聞のコラム)あるはず。
    [ 2019/02/05 08:09 ] [ 編集 ]
  293. 菊と刀が無いな
    あれを読めば日本が少しは理解出来る
    [ 2019/02/05 08:09 ] [ 編集 ]
  294. スレチ
    著作権利消えた作家以外で
    儲けた作家
    ってハリーポッターの人かなぁ?
    スティーブンキングも数多く映画化されてるけど。
    [ 2019/02/05 08:11 ] [ 編集 ]
  295. イアン・ブルマ
    なんて心に響く名前なんだ!
    [ 2019/02/05 08:12 ] [ 編集 ]
  296. >作家なんて多かれ少なかれ不埒で偏狭で破廉恥で罪深くね?

    とまずは作家業をべた褒めしておいて。
    子供のころ宮城谷昌光をよく読んだなぁ。
    誰とは言わないが主観全開の注釈を入れたり、急に舞台が現在に飛んだりしないので実に読みやすい(笑)
    あれぞ大衆娯楽。
    [ 2019/02/05 08:13 ] [ 編集 ]
  297. 宮本武蔵
    『五輪書』
    は?
    [ 2019/02/05 08:15 ] [ 編集 ]
  298. イアン・ブルマ(笑)

    好かんけどね
    [ 2019/02/05 08:18 ] [ 編集 ]
  299. >■ ランキングの10作品にシュウサク・エンドウの「侍」と、
      コウボウ・アベの「砂の女」を加えたいところ。 +8



       ■ アベの「箱男」もかなり興味深い作品だからお勧めしたい。 +3


    そんな君たちには「人魚伝」もどうぞ。
    [ 2019/02/05 08:18 ] [ 編集 ]
  300. 菊と刀の作家は日本に来たことないでしょ
    [ 2019/02/05 08:19 ] [ 編集 ]
  301. ドナルド・キーンの「日本人の手紙」が無い。
    [ 2019/02/05 08:28 ] [ 編集 ]
  302. 五輪書はなぁ、兵法書として読めば肩透かしを食らい、哲学書として読めば全く物足りないので、どう勧めていいか分からない。
    [ 2019/02/05 08:28 ] [ 編集 ]
  303. 遠野物語は東北限定だけど失われつつある村社会の風習が知れて面白いね
    [ 2019/02/05 08:35 ] [ 編集 ]
  304. エリック・カーさんは遺跡はあるがままで保存という日本の考古学会の方針を
    踏襲してるから評価できる人。平城京の第一次大極殿が復元された際に
    NHKの特番に出席して「一度失われたものは二度と甦らない。本来は
    礎石のまま遺すべきだった」と復元を痛烈に批判して司会者を慌てさせてた。
    ブレない姿勢が好感を与えたよ。
    [ 2019/02/05 08:38 ] [ 編集 ]
  305. ※600
    横からすまないけど

    >作家なんて多かれ少なかれ不埒で偏狭で破廉恥で罪深くね?
    見てきたように嘘八百を撒き散らし、恥ずかしげもなく脆弱な内面を吐露する。

    不埒である事偏狭で破廉恥であっちゃだめなんて話ではないんじゃないの?
    それを生かした物語、脆弱な内面を吐露した作品なら良いけど、人体実験云々の作品はそもそも内面を吐露したつもりなんてないのでは。

    むしろ自分の内面じゃなくて、よその人の外面を暴いたテイの作品では。

    >真実を追求し書き連ね、机上ではなく実戦で勝負し、ペンも剣も握られる者を最早作家とは言わないw



    そうね、でも本人が「真実を追求し書き連ねてる体裁」でしょ。


    例えば映画でも「史実を元にした」「歴史を知らせる」と宣伝してそこもここも違うよねとツッコまれると、あくまでもエンターテイメントと誤魔化すプロパガンダ映画の手法があるよね。
    史実を元にしていて歴史を知ってもらいたいならドキュメンタリー映画としてつくればいい、エンターテイメントで逃げるのは典型的プロパガンダ監督でしょ。

    本でも同じこと。

    [ 2019/02/05 08:40 ] [ 編集 ]
  306. >正直言ってハルキ・ムラカミは過大評価だし、
     このリストから外されたのは妥当だと思う。

    ほんとこれ
    毎回毎回ノーベル賞を取って当たり前という風潮が嫌
    現実を見ろよ
    [ 2019/02/05 08:40 ] [ 編集 ]
  307. 地元浜松が生んだ賀茂真淵の著作をこそ読んでほしい。国学者の立場であの時代から
    漢字廃止論を盛んに訴えてたのは素晴らしいし日本人の誇りだ。
    [ 2019/02/05 08:43 ] [ 編集 ]
  308. >横からすまないけど(以下省略)

    600だが仰る通り。
    [ 2019/02/05 08:44 ] [ 編集 ]
  309. 吉村昭「総員起シ」だな
    日本人が潜水艦に閉じ込められたらこうなるって
    いう見本
    案外今の日本人でも同じ行動起こすかも
    [ 2019/02/05 08:46 ] [ 編集 ]
  310. 資本系作家、共産系作家
    右翼作家、左翼作家
    www
    貴方の好みは?笑
    [ 2019/02/05 08:51 ] [ 編集 ]
  311. >一度失われたものは二度と甦らない。本来は
    >礎石のまま遺すべきだった

    スレチだが、それは…難しい…テーマですね。
    東大寺も平家に燃やされて再建(≠復元)だし。(※松永は別に燃やしてないとかどうとか)
    そもそも寺院は遺跡じゃなく現役なので修復するわけだが、大極殿は何のために復元したのかという論点がまずある。
    [ 2019/02/05 08:59 ] [ 編集 ]
  312. >大極殿は何のために復元したのか

    あれ公園を国営化してからだからな。観光大国目当てだろな。
    [ 2019/02/05 09:23 ] [ 編集 ]
  313. ※525

    平城京はどうなっていくのか謎ではあるけど、失われたといってもよくある古代遺跡のように嘗てこの一帯には確かに人が暮らしを営んでいたが今はもう誰もいないのだって感じでもなく、人の生活は変わらず続いてきたわけだから、ある意味補修工事のようなもんだとも思う。
    アメリカだってほったらかしにされた家が朽ち果てたからって、その土地に新しく家建てちゃいけないなんて事はないでしょ。
    欧米はじめ大陸文化は民族の入れ替わりが激しく現在の人達と遺跡になった物を造った人達がまったく別という事も多いのでしょうけど、平城京跡は線路が横切っちゃうは大通りが典型的ど田舎のそれだけどずっと人が生きてる。

    平城京からすぐの近鉄奈良駅周りは観光客に鹿が人気だけど、観光エリアだから観光客がいて観光客向けに鹿が居るんじゃない、生活エリアに観光客が来てるだけだし、鹿も昔からの生活者。
    [ 2019/02/05 09:27 ] [ 編集 ]
  314. テレ朝モーニングショー
    早大教授中林さん、玉川に対して又もや
    不機嫌な顔青木w
    中林さん『国連でも瀬取りが問題に成ってます。』
    に怒りの顔。その後の玉川の喋りに無言の青木。
    羽鳥に『最後にですね』
    といつものパターンの青木主張で締めくくるパヨク青木!笑

    中林さんと政治に付いて飲み明かしたいな。
    [ 2019/02/05 09:28 ] [ 編集 ]
  315. 現代日本人の精神性を知る本って事ならジャンプとかコロコロコミックじゃないの?
    ただの娯楽とはいえ、日本人の趣味嗜好がよく反映されてると思うけど。
    古典なら「徒然草」は日本人の情緒がよく分かって面白いと思うけど、英訳とかされてないのかな?
    [ 2019/02/05 09:28 ] [ 編集 ]
  316. ジョン・ダワーの上から目線が嫌い
    ベトナム戦争の敗北も抱きしめろよ www
    [ 2019/02/05 09:38 ] [ 編集 ]
  317. 名無し
    日本の民俗学の父柳田国男が入ってて説得力あるランキング
    でも、谷崎潤一郎も入れてほしかった
    [ 2019/02/05 09:45 ] [ 編集 ]
  318. レス番が機能しなくなっても
    だれでも容易にたどれる話題とそうでない話題があるんだよね

    残念だった
    [ 2019/02/05 09:53 ] [ 編集 ]
  319. 坂口安吾の堕落論おすすめ
    [ 2019/02/05 09:58 ] [ 編集 ]
  320. ■ 欧米では認識されていない事実は、日本の社会はノーマルであると言う事。
      他の国の人たちと同様に希望も恐れも抱くし、政局の危機だってある。
      全ての日本人が「KAWAII」に魅了されてるわけでもない。 +16

    なんだと思ってたんだww
    [ 2019/02/05 10:06 ] [ 編集 ]
  321.   
    たかだか200人程度のキリスト教の弾圧なんて億単位の弾圧くりひろげたキリスト教の罪にくらべたらチリ未満だろう
    それこそ耳削ぎなんて中世ヨーロッパでもあたりまえにおこなわれて、串刺しもあたりまえ、十字架はりつけはキリスト教自身の代名詞www
    [ 2019/02/05 10:07 ] [ 編集 ]
  322. まぁ、誰かが言ってたけど表現者は「大多数の人々とは違う視点を持っている」ってことを飯の種にしている訳だからね。
    もっと正確に言うなら大多数の人々の持つ感覚とそれを両方持っていて、それを大多数の人々にも分かる様に受け入れられ易い様に表現出来て、かつ異世界の刺激を与えながらも若干の共感を得られる様に表現出来てる作品が売れるんだろうな。
    双方の視点(世界)の橋渡しみたいな物なのかも。
    [ 2019/02/05 10:10 ] [ 編集 ]
  323.    
    プロパガンダと中国とキリスト教の悪い関係がよくわかる反応でもあるな
    欧米を軸として人類はまだ1000年は停滞したままだろう^^;
    [ 2019/02/05 10:10 ] [ 編集 ]
  324.    
    349
    タイトルからして一生敗戦国ポジションで西洋に従えって歪んだものだしな~敗北をだきしめてっておかしいよなタイトル
    普通の日本人の感覚ならそこから先を表すのに抱きしめるってなんだよw
    [ 2019/02/05 10:12 ] [ 編集 ]
  325.    
    エンタメの問題は、
    いまだに欧米がアジアに歪んだ特異であってしたであってほしいというナショナリズムと
    中国あたりのプロパガンダにがっつりのっちゃうアジアの区別もつかない無知さ

    そこにフィクションである前提がどこかに行く原因もある
    [ 2019/02/05 10:15 ] [ 編集 ]
  326. >もっと正確に言うなら大多数の人々の持つ感覚とそれを両方持っていて、それを大多数の人々にも分かる様に受け入れられ易い様に表現出来て、かつ異世界の刺激を与えながらも若干の共感を得られる様に表現出来てる作品が売れるんだろうな。

    商売に限らずね。
    人の10歩前を歩けば狂人、3歩前を歩けば天才って言うからね。
    格言っぽいことを言わないと死ぬ病気の国の某ナポレオンだっけ?
    [ 2019/02/05 10:27 ] [ 編集 ]
  327. 村上春樹が入って無くて良かった
    [ 2019/02/05 10:32 ] [ 編集 ]
  328. 『いい意味での大人になれない奴』のほうが不特定多数の心に響く表現ができるのかな?
    ナウシカや戦場のメリクリ(音楽)は見事な世界観だし。
    作者の思想を知ると「ん?アホかな?」と思うことも少なくないけど。
    [ 2019/02/05 10:45 ] [ 編集 ]
  329. いわさきちひろの絵本は親と子供の見方が日本人的だと思う。
    [ 2019/02/05 10:47 ] [ 編集 ]
  330. 柳田国男はおもしろいね題名はわすれたけど、日本全国のかっぱ伝説の比較とか弘法大師のあんぎょうの地の伝説とか。
    渡辺京三の逝きし世の面影なんか近現代の外人が日本をどう観察しそれに対し日本人がどう反応していたかわかる秀作だと思う。
    [ 2019/02/05 10:47 ] [ 編集 ]
  331. ×『いい意味での大人になれない奴』
    ○『いい意味での大人』になれない奴
    [ 2019/02/05 10:48 ] [ 編集 ]
  332. 好きな日本人作家、本作品じゃ無いよ
    あくまで『日本を知る為の本トップ10』
    だから。
    よく解らんスレだけどw
    [ 2019/02/05 10:48 ] [ 編集 ]
  333. 英国人なら英国の女性旅行作家イザベラ・バードの『日本奥地紀行』を読め。
    明治十年頃の東日本の地方の様子が描かれていて素晴らしいゾ!

    ナニ?同じくバードの『朝鮮奥地紀行』の方はどうかって?
    それは聞くな。オイラは1/3まで読んで挫折した。orz
    オサッシクダサイ・・・w
    [ 2019/02/05 10:54 ] [ 編集 ]
  334. 芥川龍之介とか夏目漱石とか、あまりにも有名どころだけど
    子供の頃に読んで、自分の語彙力表現力のなさに驚いた記憶が鮮明にある
    その気持ちわかる!ってなるんだけど、文章で表す事ができないんだよ
    それは大人になった今もそう・・・
    [ 2019/02/05 10:54 ] [ 編集 ]
  335. 芥川龍之介の短編集の方はキリスト教の事なども描いていて外人から見たら興味が深そう。
    [ 2019/02/05 10:56 ] [ 編集 ]
  336. 日本を知りたいなら「サザエさん」だろ?常識的に考えて。
    [ 2019/02/05 11:02 ] [ 編集 ]
  337. 日本を知るためだったら神道と武士道は外せないだろ。
    神道(かむながらのみち)は文章としての初出は古事記、武士道は甲陽軍鑑かな。
    やはり乱世真っ只中を生きた武田四名臣の高坂昌信の著と言われるだけあって、実戦的だね。
    ヌルい精神論には堕してない。平時には向いてないw
    [ 2019/02/05 11:03 ] [ 編集 ]
  338. >いわさきちひろの絵本は親と子供の見方が日本人的だと思う。
    02/05 10:47 By:774

    絵本で日本的を攻めるのか?w
    淡い絵柄も日本人的な。
    ちひろの赤ちゃん本
    手形、足形
    を納める事が出来る本を出産した友人達に送ったっけ。
    産まれたその日の新聞、スポーツ紙と共に。

    洒落てる!と喜ばれたよ。
    [ 2019/02/05 11:04 ] [ 編集 ]
  339. 遠野物語を三島が紐解いている話があって高校の国語の教科書にそれが載ってたんだが、担当教諭の意向もあってか授業ではやらなかった。やらなかったんだけど、読んだら綺麗な文章で内容も非常に面白かった。
    幽霊の老女が通り過ぎる際に、彼女の着物の裾が何か道具に当たってそれがくるっと回転した。そこに非現実と現実が交差する、幽玄の空間と現実のそれが交差するその妙と衝撃を捉えた文章だった。
    [ 2019/02/05 11:06 ] [ 編集 ]
  340. 吉本ばななはデビューしてめちゃくちゃたってるからペンネームに慣れたつもりだったのに、
    バナナ・ヨシモトにされると途端にまたちょっとおもろいな
    [ 2019/02/05 11:17 ] [ 編集 ]
  341. 難解
    三島とかを読むと
    『俺は』
    みたいな時代w
    [ 2019/02/05 11:22 ] [ 編集 ]
  342. 数冊の名前がわかるって程度で内容は一切わからない…
    [ 2019/02/05 11:27 ] [ 編集 ]
  343. リベラリストにも言える事だけど「表現者は大多数と違う視点を持つ」っていうカッコ良さげな社会認識にのっかって自己を絶対化するただの逆張り屋も多いよね。
    表現者は大多数と違う視点を持つ→私は大多数と違う視点を持つ→だから私は麗しき表現者。

    しかも大多数の範囲が狭い事も多し。
    大多数のといっても「日本人の」大多数だったりする。
    なので往々にして海外ではーと言い出す。
    [ 2019/02/05 11:29 ] [ 編集 ]
  344. おつかれさま、と言うべきなんだろうが
    自分のコメが未来にレスをつけて、意味不明になっているのを見ると
    字がならんでいればいいなら、コピペでもいいじゃねえか、と思って
    書く気が失せる、ということはあるな
    書かせようとして煽ってはいかん、というのと同じ理由だ
    しかし、本の話で、編集の態度に言及するのは紳士的でないかもしれん
    海外コメの翻訳サイトだしな。すまなかった
    [ 2019/02/05 11:30 ] [ 編集 ]
  345. 結局さ、人って偏るじゃん?興味が無いものは手も付けない。
    だから好みを言い合うこと自体が、すでに見聞を広める一環だと思うんだよね。
    [ 2019/02/05 11:31 ] [ 編集 ]
  346. みずきブログで
    韓国人読者の人気作家が日本人
    とか読んだよw
    本を読まない韓国人w
    なのに人気の日本人小説家。
    馬鹿だと思う韓国人って。
    日本、日本人の真似、パクりしか出来ない朝鮮韓国人。
    んで反日w
    アホでしょ韓国人朝鮮人!笑
    [ 2019/02/05 11:33 ] [ 編集 ]
  347. ランキングのタイトルにAmazonアフィリンク貼ればいいのにw
    [ 2019/02/05 11:41 ] [ 編集 ]
  348. 村上龍の「希望の国のエクソダス」
    [ 2019/02/05 11:42 ] [ 編集 ]
  349. 日本を識る為の書物

    古典では「風土記全集」、「古事記」、「万葉集」、「源氏物語」、「枕草子」、「伊勢物語」、「平家物語」、「方丈記」、「徒然草」
    近世書物としては、「源氏物語湖月抄」、江戸時代の草双紙物、、、
    松尾芭蕉「奥の細道」
    本居宣長「玉勝間」
    頼山陽「日本外史」
    小林秀雄「無常という事」
    柳田國男「日本人とは何か」「遠野物語」「日本の伝説」「日本の祭り」
    夏目漱石「こころ」
    上田秋成「雨月物語」「春雨物語」
    芥川龍之介「神々の微笑」「蜘蛛の糸」「杜子春」「河童」
    内村鑑三「代表的日本人」
    南方熊楠「南方熊楠著作集」
    西田幾多郎「善の研究」「無の自覚的限定」「日本論集」
    岡倉天心「茶の本」「東洋の理想」「日本の目覚め」
    小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)「日本の面影」「ラフカディオ・ハーン著作集」
    イザベラ・バード「日本紀行」
    エドワード・モース「日本その日その日」
    ポール・ルイ・シャルル・クローデル「朝日の中の黒き鳥」「孤独の帝国」
    メアリー・フレーザー「英国公使夫人の見た明治日本」
    ヘレン・ミアーズ「アメリカの鏡 日本」
    ドナルド・キーン「ドナルド・キーン著作集」
    アレックス・カー「美しき日本の残像」
    [ 2019/02/05 11:46 ] [ 編集 ]
  350. 好き嫌い
    俵万智
    『サラダ゛記念日』
    なんてーのもあるし。
    日本的だよね。
    短歌
    自体がわかん寝ーかw
    [ 2019/02/05 11:47 ] [ 編集 ]
  351. 本って両刃の剣で、賢い人が読めば糧や引き出しになるが、お馬鹿さんが読むと毒になってよりお馬鹿さんになる。
    一方的に世界観を垂れ流されるという点ではテレビと大差ないからな。
    何かを読むにはそれに応じた社会経験や人間レベルが要る。
    [ 2019/02/05 11:50 ] [ 編集 ]
  352. ※388

    ホントだw そろそろママから餌の配給の時間で
    起きてくるころかなと思ってたから笑ったw
    [ 2019/02/05 11:55 ] [ 編集 ]
  353. 翻訳コメにあるノーマ・フィールド『天皇の逝く国で』は酷かったわ…。
    てか隔世の感があって今読んでも何も面白くないし得るものも無さそうな本。

    ところでガーディアン紙の記事、日本を知るために読むべき本を選ぶためには当然日本を知っていなければならないわけだが、「日本」が他の国や社会と同じく重層的・複数的であるならばそれは非常に難しいし殆ど不可能だろう。
    より誠実で商業主義的ではない表現を採用して、たとえば「日本について学ぶための参考書」程度にしておいた方が良かった。どんなテキストを選定するにしても。
    [ 2019/02/05 11:58 ] [ 編集 ]
  354. 菊と刀が無かったのが意外だな
    [ 2019/02/05 12:02 ] [ 編集 ]
  355. 日本は成り行きで主要外国語として英語を選んだのは正解だった。
    日本語と英語に精通すれば、最低限どこへ行ってもなんとかなる。


    [ 2019/02/05 12:07 ] [ 編集 ]
  356. 小泉八雲は必須だろ
    [ 2019/02/05 12:19 ] [ 編集 ]
  357. 選んだだけでほとんどが精通してないけどなw
    英語教育続けるならスピードラーニングベースのほうが時間の有効活用のような…
    [ 2019/02/05 12:22 ] [ 編集 ]
  358. 昨年末に松江に行ってきたけど本当に美しい城下町だった。
    あんなん見せつけられたら異人さんはイチコロですわ。
    [ 2019/02/05 12:25 ] [ 編集 ]
  359. まぁ同性から見れば異性の趣味の悪いチョイスというのは多々ある話でして。
    [ 2019/02/05 12:28 ] [ 編集 ]
  360. 今度日露戦争の時のロシア兵捕虜と看護士の日本女性の恋愛映画をやるみたいたいだけど(『ソローキンの見た桜』)
    あの時代、松山が地域を挙げてロシア兵を『お*も*て*な*し』したエピソードが本当に好き。もっと詳しい資料ないかな


    [ 2019/02/05 12:32 ] [ 編集 ]
  361. 外国人って何でいっつもこーーーんなお堅い本を参考にして、その国を、その国の人間をはかろうとしているのか?
    いっつも疑問に思っていました。

    そのお堅い本は、何をとってもどれもみんな偏った考えを書き綴ったものばかり。いっつもがっかりして途中で放棄してしまうんですよね。
    それで日本を、日本人をわかったつもりでいる人たちも出てくるので、本当に困ったものです。

    本なんか読むより、観光でもいいから一度日本に来て、日本に触れて、日本人と語り合ったほうがよりわかりやすいよ。
    歴史なんか、後からでも追えるんだから。

    一番やっかいなのは、本を読んで予備知識を頭に入れて来られることです。
    予備知識でやっていいのは、最低限の日本語(挨拶とか)と日本へのマナーとしてやってはいけないことだけです。
    あとは体験してください。

    偏った本なんざ無用の長物です。
    [ 2019/02/05 12:36 ] [ 編集 ]
  362. 書籍、本で日本を理解するだろうだって?
    日本は深い過ぎだよ。日本人の俺でも深すぎて分からないw
    都会都民育ちの俺。東京に憧れて目指して来た人には負けるわ。
    上京して楽しむ人、都会に飲まれて暗くなる人。
    性格!
    で片付けられるかも知れんが生の人間同士は違う。

    よっ払いました。ご免なさい。
    [ 2019/02/05 12:40 ] [ 編集 ]
  363. 観光に来るより本を読むのでいいと思う
    日本人作家の作品を購入して理解してください
    [ 2019/02/05 12:42 ] [ 編集 ]
  364. 安部公房なんて反日ロシアで人気なんだから完全にパヨク作家だろ?
    そんなもので日本人を誤解されたらたまったもんじゃない。
    [ 2019/02/05 12:47 ] [ 編集 ]
  365. 百田先生の「日本国紀」がない時点でやり直しっ!
    [ 2019/02/05 12:50 ] [ 編集 ]
  366. サザエさんで日本の庶民が分かるかぁ?
    俺の中では割と時代錯誤な設定なんだが。
    [ 2019/02/05 12:59 ] [ 編集 ]
  367. いまだに海外掲示板で「日本には宗教がないのに民度が高いのはなぜ?」というコメントがみられる
    まぁ前提の宗教がないというところから間違ってるんだけど
    そういう問いに答えてくれるのが、新渡戸稲造の『武士道』
    [ 2019/02/05 13:03 ] [ 編集 ]
  368. 日本国紀ってソースが全てWikipediaとかいうアレか?
    カテゴリ的には竹内文書や東日流外三郡誌と同じじゃないのか?
    [ 2019/02/05 13:04 ] [ 編集 ]
  369. 新渡戸武士道を参考にしたのがラストサムライだろ?
    そして日本人から侍ナメてんのかとブーイング。
    なんか良からぬ喧伝になってるような・・・。
    [ 2019/02/05 13:08 ] [ 編集 ]
  370. 日本人を知りたいなら養老孟司を読めって
    [ 2019/02/05 13:12 ] [ 編集 ]
  371. 漢字廃止論って…。いつの時代もテヨンみたいなのはいるんだな。近親憎悪かな。
    [ 2019/02/05 13:13 ] [ 編集 ]
  372. タモリ倶楽部
    ぶらタモリより古いタモリ倶楽部。
    江戸と今の地形に詳しいタモリw
    あの時代の坂道が?
    [ 2019/02/05 13:13 ] [ 編集 ]
  373. まあこういうのって日本人が外国文学とか外国推理小説読んで
    あーだこーだこれがいいんだマイナーだって言うような
    狭い範囲でのオタク的議論みたいなもんだからなあ
    あっちの人の大多数だって自国の古典文学とか読んでないよ

    沈黙推しって前も有ったけどあれ間接的にお前ん所の
    宗教もディスられてんだけどいいのかなって毎度思う
    [ 2019/02/05 13:15 ] [ 編集 ]
  374. ヘルマンヘッセ、ドフトエフスキー、太宰治とか、なんか死刑囚が獄中で書いた絵みたいだよなぁ。
    病んでないと楽しめないのかな?
    [ 2019/02/05 13:25 ] [ 編集 ]
  375. 初心者向けは、イザベラ・バードの『日本紀行』、小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)の著作集。
    それから米国大使のタウンゼンド・ハリス『日本滞在記』。
    ヘレン・メアーズの『Mirror for Americans JAPAN』。
    岡倉天心の『東洋の理想』、内村鑑三の『代表的日本人』、遠藤周作の『沈黙』、芥川作品全て。
    柳田国男、南方熊楠の作品は、どれも日本文化の神髄に肉迫した著作ばかりなので、学術的な日本文化論を知りたければ総て読むべし。

    上級者向けは、ベラーの『日本近代化と宗教倫理 日本近世宗教論』とか、中村天風の著作集、ベネットの『The Book of Virtues』。
    和辻哲郎の『日本精神史研究』、徳富蘇峰の『近世日本国民史』。
    平泉澄の『物語日本史』、『首丘の人大西郷』。

    上記の著作は、グローバリズムと戦後帝国主義価値観の中で、未来への希望を見失っている、全世界の外国人だけではなく、誰よりもまず現代の戦後日本人こそ、読んだ方が良い。
    [ 2019/02/05 13:29 ] [ 編集 ]
  376. 書いた→描いた。訂正。

    同じく精神疾患っぽい釈迦の話は好きだけど。悟りか第9に至ってくれないと3日くらい引き摺るw
    [ 2019/02/05 13:33 ] [ 編集 ]
  377. 沈黙は映画にもなった?
    日本を知るというよりキリスト教を知る感じじゃないの?
    [ 2019/02/05 13:41 ] [ 編集 ]
  378. 外人が書いたのもアリなのなら、日本を直接書いたってわけではないが仏教哲学や老荘、あと四書や五経もかなり日本に影響を与えているというか、近いと思うけどな。
    国内地域格差や趣向格差もあるだろうけど。
    [ 2019/02/05 13:48 ] [ 編集 ]
  379. 『遠野物語』は現代日本になる前の、土地神と人身御供が存在していた雰囲気があるから発行当時に受けたし、今でも受けるだろうね。
    日本の祭りや伝承、寺社仏閣、七五三や成人式に感動する目線だよ。

    村上春樹が入ってないのはいいね。
    作品は好きだけど、あれは日本嫌いの不思議ちゃん小説だからなー。
    旅人小説かなって思ってる。
    [ 2019/02/05 13:51 ] [ 編集 ]
  380. こういうランキングの当たりを見たことがない
    聴くべきメタルバンド(結局四天王)、聴くべきテクノ(結局EDM)、買うべきヘッドフォン(結局全部オススメ!)など。
    それでも「センセイの鞄」はタイトルにひかれたのでアマレビュー見てみたがウディ・アレンの妄想のようでオエーだった。
    [ 2019/02/05 13:53 ] [ 編集 ]
  381. 日本を知るというのなら島崎藤村の破戒も読んでほしい
    日本の暗い一面を知った上でなお日本を好きになってくれたら一層嬉しいな
    [ 2019/02/05 14:17 ] [ 編集 ]
  382. 「日本書紀」を読めば神道が実は仏教から派生したものだとまざまざと判るね。
    国造りの項で天照大神が海中に大日如来(世界の中心)の印字を拾い上げた際に
    滴り落ちた雫が日本列島になっていったわけだから、これこそ仏教の方が
    先にあったことを示している。仏教が入る以前に神道があったなんて日本書紀自体が
    完全に否定してるようなもの。天照大神も豊受大神ももとは大日如来であるという
    考えが伊勢神宮の内宮・外宮の造りに色濃く出てる。仏教の胎蔵界曼荼羅や
    金剛界曼荼羅が本殿の柱や鰹木などに影響を与えている。これぞ本地垂迹
    つまり神仏習合だし、これこそが日本の信仰だからね。
    [ 2019/02/05 14:18 ] [ 編集 ]
  383. 源氏物語は現代語で日本人が読んでも難解だ。
    [ 2019/02/05 14:25 ] [ 編集 ]
  384. 妖怪を語るのに日本三大悪妖怪の
    ・大江山の鬼の酒呑童子
    ・大天狗の白峯相模坊こと崇徳上皇
    ・白面金毛九尾の狐(渡来)の玉藻前
    のビッグ3のルーツの今昔物語集などが出てこないとはどういうモグリだ。
    藤原秀郷と三上山の大百足の話とかね。八岐大蛇だと出雲神話だね。
    [ 2019/02/05 14:27 ] [ 編集 ]
  385. >国造りの項で天照大神が海中に大日如来(世界の中心)の印字を拾い上げた際に

    はい?
    中世日本紀か何かと勘違いしてるだろ?
    [ 2019/02/05 14:29 ] [ 編集 ]
  386. ※415
    絶対的存在を規定して居る一神教が日本人に受け入れられなかった理由というのがそもそもの興味関心の始まりなんだろうけど。
    ネットで見た限りだと、海外の人たちにとって反響が大きかったのは、主に現実世界と思想哲学の埋め難い隔絶、絶対的な普遍存在と人間との関係の問題?という、宗教小説の枠を超えた、人間の精神的存在の根源的なテーマの部分がどうも受けたらしいね。

    映画は見てないが、原作を読んだ印象だと、私見では「キリスト」教というよりも、人間と思想哲学の関係、文化と価値観の普遍性の有無を知る?という印象を受けたな。
    これは個人的な話ね。
    特定の宗教や特定の文明の話ではなく、普遍的なメッセージ性が海外の人々にとっては(といってもキリスト教圏のみの人々にとってはだが)衝撃的だったのだと思う。
    [ 2019/02/05 14:37 ] [ 編集 ]
  387. つまりはトップ10では足りないってこった
    [ 2019/02/05 14:40 ] [ 編集 ]
  388. 伊勢神宮の御師たちは全国行脚して伊勢参りのPRをして回ったが
    曼荼羅などの仏法を使って参拝を訴えたと文献にも残っている。
    神道は元々日本にあったものではなく仏教が伝わってきてから生まれた
    新しい宗教であることが分かる。
    [ 2019/02/05 14:50 ] [ 編集 ]
  389. >分かってねえな、としか言えないよ。
    週刊金曜日でも読んでればあらかたこの国の悪さは分かるけどな

    いや、週刊金曜日みたいなかわら版を日本の知性の代表みたいな扱いをする
    連中が、今だに一定層いることがこの国のどうしようもない愚かさだという
    ことはよーく分かっているぜww
    [ 2019/02/05 14:52 ] [ 編集 ]
  390. キリスト教徒は日本にまだ多神教が根付いていることが新鮮だったのかな?
    旧約聖書の天使や悪魔たちもメソポタミアの神々だったりするわけですが。
    哲学は新鮮だっただろね。ゾロアスターやアブラハム系の躍進後は大体が二元論で展開されて、色即是空や有無相生のような二律背反はニーチャやポストモダンの時代になってやっと注目されるし。
    こちとら飛鳥時代くらいから止ん事無き人々が研究対象にしていたが。
    [ 2019/02/05 14:55 ] [ 編集 ]
  391. >伊勢神宮の御師たちは全国行脚して伊勢参りのPRをして回ったが

    伊勢神宮が早くとも奈良時代の話だぞ?
    それ以前から山岳神道やら出雲神話やら遮光器土器やらあるわけで。
    [ 2019/02/05 14:58 ] [ 編集 ]
  392. ×遮光器土器
    ○遮光器土偶
    [ 2019/02/05 14:59 ] [ 編集 ]
  393. 何故に世阿弥の『風姿花伝』、山本常朝の『葉隠』、新渡戸稲造『武士道』、岡倉覚三の『東洋の理想』、鈴木大拙の『禅』が入っていないんだ?


    外人受けの良さそうな本なのに。
    [ 2019/02/05 15:01 ] [ 編集 ]
  394. 日本国紀の名前がてていたので少し反論。
    左派がいう日本国紀は盗作だと言いますが、真実の歴史は一つしか無いのだから、真実を啜れば他の文献と被る事は仕方がないでしょう。
    百田氏の永遠の零を読み面白かったので日本国紀も購読しましたが勉強になる事も多かったです。
    [ 2019/02/05 15:06 ] [ 編集 ]
  395. 神道という言葉を一般化したのは実は明治政府。それまでは仏教も仏法と言われてた。
    仏教とは文字通り仏の教えであり元々宗教も各宗派の教義のことを指していた。
    本地垂迹という言葉が上で出てた通り神仏習合がいわば日本の宗教で間違いない。
    日本人は生まれながらの仏教徒であり、殺生(殺人や肉食)の禁忌は自明の理なのだ。
    [ 2019/02/05 15:21 ] [ 編集 ]
  396. >神道という言葉を一般化したのは実は明治政府。それまでは仏教も仏法と言われてた。

    それはスメラミコトをテンノウと読むようなものでな。
    カムナガラノミチはもっと古いんだなぁ。明治政府がやったのは廃仏毀釈と神道の準一神教化であってだな。
    原始の神道はアマテラス以前の国津神という形で残ってるんだよね。
    祭壇跡などを炭素年代測定すれば一発で分かっちゃうんだよね。
    [ 2019/02/05 15:30 ] [ 編集 ]
  397. そもそも日本書紀に大日如来が出てくる時点で日本は仏法による国だと証明してるようなもの
    神道はいわば仏教のオマケでしかないんだよね
    [ 2019/02/05 15:34 ] [ 編集 ]
  398. ケント・ギルバート訳の『 日 本 国 記 』
    たくさんの欧米人に読まれると良いけど。
    [ 2019/02/05 15:36 ] [ 編集 ]
  399. 1;「伊勢物語」と「源氏物語」
    2;「枕草子」と「徒然草」、「方丈記」、「太平記」
    3;ラフカディオ・ハーンの「怪談」、「神国日本」「日本の面影」
    4;「日本霊異記」と「今昔物語集」、「御伽草子」
    5;世阿弥の「風姿花伝」、山本常朝「葉隠」、本居宣長の「玉勝間」
    6;三島由紀夫「豊饒の海」、夏目漱石「こころ」、谷崎潤一郎「陰翳礼賛」、芥川竜之介作品全般
    7;柳田国男「日本人とは何か」と、小林秀雄の「無常といふ事」、和辻哲郎「日本精神史研究」
    8;内村鑑三「代表的日本人」と新渡戸稲造「武士道」、岡本天心「日本の目覚め」
    9;ブルーノ・タウトの「日本文化私観」、「ニッポン」
    10;ウィリアム・ジョン・ベネット「魔法の糸~心が豊かになる世界の寓話・説話・逸話100選~(The Book of Virtues)」

    かなぁ…
    というか、10冊だけ選ぶのは絶対に無理だな…
    当たり前の事だが、10冊だけじゃ日本文化、日本文明、日本人なんぞ何にも分からんぞ…
    [ 2019/02/05 15:38 ] [ 編集 ]
  400. ちなみに武士道も明治にキリスト教徒によって準一神教化されているね。
    国民国家を目指していたから。
    [ 2019/02/05 15:38 ] [ 編集 ]
  401. >そもそも日本書紀に大日如来が出てくる時点で

    だから違うと。
    [ 2019/02/05 15:39 ] [ 編集 ]
  402. 中世日本紀といってだな、中世に日本書紀に仏教を取り入れたのがあるんだよ。
    中世ね中世。
    [ 2019/02/05 15:43 ] [ 編集 ]
  403. 大日如来は密教では究極の仏だが天照大神は胎蔵界曼荼羅の大日、
    豊受大神は金剛界曼荼羅の大日で両宮の神は本来は一体。
    神殿が建つ長方形の敷地は瑞垣・内玉垣・外玉垣・板垣という四重の垣根に
    囲まれてるが、それは胎蔵界曼荼羅をかたどったものであり、神殿の胸の上に
    載せられるかつお木が九本になってるのは曼荼羅の中心に描かれる仏が九尊である
    ことによっている。内宮の神殿の千木は先端を水平に切ってあるが、
    外宮の神殿の千木は垂直に切ってある。水平は陰をあらわし、垂直は陽をあらわすと
    何よりも伊勢神宮の神官が説明してるよ。少なくとも伊勢神宮と伊勢信仰は
    仏教伝来後に成立してるのが分かる。
    [ 2019/02/05 15:48 ] [ 編集 ]
  404. >大日如来は密教では究極の仏だが

    元密教修行者に純密を解きますか(笑。得度はしてないけど)
    それも違うね、究極というなら相当するのは古事記なら天之御中主神、日本書紀なら国之常立だろね。
    [ 2019/02/05 15:53 ] [ 編集 ]
  405. 君さっきから伊勢神道の話ばかりしてるね。
    確かに神宮は内宮も外宮も四大元素が配置されていたり、大陸の影響は色濃いね。
    [ 2019/02/05 16:00 ] [ 編集 ]
  406. 日本の仏法はまずは三論・法相が伝来して奈良時代に華厳・律の二宗が伝わり
    平安のはじめに天台・真言の二宗が伝えられて南都六宗と平安二宗を併せて
    八宗を数えたんだよ。奈良時代以前に入ってたんだから日本書紀に大日如来が
    書かれていても違和感はない。日本の歴史は伝来した仏教の歴史でもある。
    [ 2019/02/05 16:00 ] [ 編集 ]
  407. はい?
    厩戸皇子の仏教を南都六宗が受け継いだわけでね。今は華厳と法宗と律宗しか残ってない上、真言宗を名乗ったりしてるけど(笑)
    三輪は箸墓古墳の人の祭壇臭いけどな。修験道の中の人とか陰陽道の中の人とか色んな人が修行してたみたいだが。
    まぁもういいや、好きなものを信仰してくれたし(笑)
    [ 2019/02/05 16:07 ] [ 編集 ]
  408. 母校の創立者福沢諭吉翁が漢字と仮名文字廃止論者だったのは知らなかった。
    調べたらマジだった。脱亜入欧の思想の一貫だったのかな?反日中国と文化的な
    決別をするためにも安倍さんにぜひ推進してほしいね。
    [ 2019/02/05 16:07 ] [ 編集 ]
  409. ルース・ベネディクトの『菊と刀』が無いじゃないか
    [ 2019/02/05 16:08 ] [ 編集 ]
  410. 考古学で明らかになっているが、古神道の方が仏教よりも大分成立・全国浸透が早いぞ。
    朝鮮半島の大和朝廷の植民地であった、任那・伽耶、百済(大和朝廷の属国)であった地域の、古墳遺跡からの出土史料は、仏教が我が国に伝わるよりも「前に」造られている。


    気色の悪い仏教系のカルト信者は、非現実的で意味不明な妄信を此処でゴチャゴチャ述べる前に、学術的に通用する近代科学に基づくお勉強をして、どうぞ。
    伊勢神宮云々は、神宮寺の形態や様式を見れば一目瞭然だが、神道側が仏教側へ歩み寄った結果だ。
    そして日本仏教も、「日本古来の価値観に適わせる形で」、葬式を上げたり、寺院内部に墓碑を作ったり、祖霊崇拝をしたり、後世には形式主義に傾倒している。
    本来の原始仏教やインド系大乗仏教の教義をかなり歪めて、日本の文明的な価値観に「適応する形で」、古神道的な、というよりも古代日本宗教の価値観や教義、祭礼を、万遍なくふんだんに取り入れいる。

    創価信者か、一向宗系か、何処の妄信者か知らんが、キリスト教系カルトといい、仏教系カルトといい、何故こうもカルト信者共は教養が無いのか。
    そもそもスレッドに全く関係無い、しかも事実でも無い話を、グダグダとするな。
    [ 2019/02/05 16:12 ] [ 編集 ]
  411. ごめん三論と三輪を間違えた(笑)
    まぁ興福寺に三輪氏が移った説あるしあながち…だけど。スレチだし、んじゃね。
    [ 2019/02/05 16:13 ] [ 編集 ]
  412. 日本人にとって仏教はトンカツ定食で例えたらトンカツとキャベツ・ごはんが
    仏教で添えてある和辛子が神道なんだよ。メインディッシュにはなり得ない存在。
    それを明治政府が無理やり和辛子をメインディッシュにしようとしたから
    混乱が生じた。
    [ 2019/02/05 16:22 ] [ 編集 ]
  413. ※448
    教養があったらカルトなんて信じるわけないからね仕方ないね
    きっしょいカルト馬鹿はほっとくしかないよ
    [ 2019/02/05 16:50 ] [ 編集 ]
  414. ※61
    日本人のこころを知りたいなら、「こころ」が一番なのではと、とりあえず読んでみる人が多いのではないかな?
    多くの人の目にとまり、注目されればそれだけ取り上げられやすいだろう。
    [ 2019/02/05 17:00 ] [ 編集 ]
  415. 「豊饒の海」は中学進学祝いに母の友人から贈られて、おおいに困惑した本だわw
    でも当時は子供だったから気づかなかったけど、初版が発行された時代の本で、函入りで絹張りの立派な装丁だった。
    いまも実家にあると思うけど、値打ちものなのかも知れないな。
    [ 2019/02/05 17:04 ] [ 編集 ]
  416. 賀茂真淵や本居宣長ら国学者の書物を読むべきだな。いかに漢字と仮名文字が
    日の本の国とは受け入れがたいものかが理解できる。反日中国は今に始まった
    ものではなく日中の歴史の必然だと外人も理解できる。幕末の吉田松陰や
    福沢諭吉でさえその考えを踏襲していたことを鑑みれば漢字廃止は日本の必然だ。
    [ 2019/02/05 17:19 ] [ 編集 ]
  417. 東海道膝栗毛とか徒然草とか庶民感覚の文学のほうが
    日本(モチロン過去の)を理解出来る様な気がするが・・・
    [ 2019/02/05 17:22 ] [ 編集 ]
  418. 枕草子と徒然草は読んでおいてほしいな。
    日本人って元からこうだったのかってわかるからw
    [ 2019/02/05 17:22 ] [ 編集 ]
  419. 神道より仏教のが早い論者の次は、漢字廃止論者だよ。どうしてこうも盲信や極端な奴が多いのか…。
    漢字廃止してハングル的なのでも作るか?
    [ 2019/02/05 17:24 ] [ 編集 ]
  420. 何人か菊と刀上げてるけど、あれは面白いけど日本人なら首をかしげる部分も多いぞ。ここにコメントしてるような日本大好き日本人が読んだら不愉快になると思うわ。
    戦時中日本に来ずにあそこまで書けたのはすごいけど、外国人におすすめする本じゃないな。
    戦時中のことなら、「失敗の本質」の方がいいんじゃない?あれはまさしく日本の闇だわ。
    [ 2019/02/05 17:31 ] [ 編集 ]
  421. 反日(?)震旦由来がダメなら箸もダメだよね?そもそも渡来人もダメだな笑。
    [ 2019/02/05 17:31 ] [ 編集 ]
  422. へへ・・・時代小説しか読んでなかった俺はこの話題には参加出来そうも無いぜ・・・orz
    [ 2019/02/05 17:47 ] [ 編集 ]
  423. その中で俺一冊も読んだことないわ
    [ 2019/02/05 17:50 ] [ 編集 ]
  424. 岩手県民
    盛岡市民だけど遠野物語がトップでなんかびっくり、とまどってる。

    >モリオカにはコーヒーやジャズを中心に、洗練された文化がある。
      機会があれば、どうかイワテに足を運んでほしい。

    岩手に来て欲しいって言ってくれるのは嬉しい、けど
    コーヒーはともかく、ジャズは盛岡じゃなくて一関や陸前高田かなぁ
    [ 2019/02/05 17:57 ] [ 編集 ]
  425. まあ色々あるとは思うけどノーベル賞受賞してるし川畑康成は入れても良かったのでは
    [ 2019/02/05 18:16 ] [ 編集 ]
  426. 「海と毒薬」が日本人の本質を一番捉えてると思うからお勧め
    [ 2019/02/05 18:32 ] [ 編集 ]
  427. 書籍で日本を知る!
    とかネット普及前の話しだよね。日本イメージ
    芸者、忍者、富士山、すき焼きwww
    本だけ読まずに来日して下さい。ただし
    高級温泉旅館
    三ツ星飲食店
    を経験出来る方。
    貧乏旅行韓国人は来ないで下さい!笑
    [ 2019/02/05 19:10 ] [ 編集 ]
  428. >464
    毛唐かぶれの遠藤周作がか?www
    [ 2019/02/05 19:13 ] [ 編集 ]
  429. 東海道中膝栗毛まだ読んでないんだけど、blって聞いて躊躇してる
    でも生々しいのは無いんだよね?
    [ 2019/02/05 19:15 ] [ 編集 ]
  430. バナナ・ヨシモトという呼称に衝撃を受けるw
    [ 2019/02/05 19:16 ] [ 編集 ]
  431. >436
    ケントは反日だと思っていたが最近は違うな?
    学習したのかな?
    [ 2019/02/05 19:17 ] [ 編集 ]
  432. >ノーベル賞受賞してるし川畑康成は入れても良かったのでは
    02/05 18:16

    いるんだね。ノーベル文学賞なんだから
    「凄い作品」
    と考える人wまあ
    直木芥川時代凄い!
    で本を読むキッカケ
    に成る事は嬉しいけど。

    賞では無いよね感銘、人生の本、って。

    カッコつけてしまいました。笑
    [ 2019/02/05 19:22 ] [ 編集 ]
  433. じゃあ奇を衒って、トム・クランシーの日米開戦を薦めて見ようか
    なんか古い世代の日本人って感じはするけど、WW2あたりの感性っぽい
    個人的には村上なら村上龍の方がお勧めなんだけどね
    [ 2019/02/05 19:25 ] [ 編集 ]
  434. 吉本ばなな
    はやっぱり吉本
    ばなーな!
    と発音、紹介されているのかな?w
    [ 2019/02/05 19:29 ] [ 編集 ]
  435. 盛田昭夫や、本田宗一郎の本は、どうかな?
    ちょっと古いけど、松下幸之助もいいかも。
    いくら間違えても、紫式部は無いわぁ。
    [ 2019/02/05 19:47 ] [ 編集 ]
  436. 老眼
    >暇になったら読もうと古本屋で買い漁った文庫本が数十冊ある。
    >未だ暇なし、日々老眼の進行と共に読むのが困難になってる。

    手元の文庫本は2頁分を開いてB4サイズに拡大コピーする。
    300頁なら150枚で、コピー代@5円計750円
    [ 2019/02/05 20:00 ] [ 編集 ]
  437. 異世界スマホコミカライズ版がないとかニワカしかおらんな
    [ 2019/02/05 20:27 ] [ 編集 ]

  438. 『海と毒薬』はやっぱりオススメなんですね!

    必ず読みます!

    [ 2019/02/05 20:45 ] [ 編集 ]
  439. 名・姓のカタカナ表記は違和感とかゲシュタルト崩壊とか面白いけど
    日本人からしたらやっぱ「それではない」な
    [ 2019/02/05 20:55 ] [ 編集 ]
  440. 一位に柳田国男の名があるのはいいわ
    [ 2019/02/05 21:06 ] [ 編集 ]
  441. 4冊しか読んだことなかったわ…
    [ 2019/02/05 21:18 ] [ 編集 ]
  442. ※458
    というか、著者のルース・ベネディクト自身が、『菊と刀』の事を、学術的な日本論ではないと、自分で言っている。
    政治的な要請が在って、素人の日本人や半可通の日本通の話を搔き集めて編纂しただけであって、自身の大学の講義や個人講演でも、『菊と刀』を、資料として使っていなかったらしいし。
    [ 2019/02/05 21:23 ] [ 編集 ]
  443. 「村上春樹は過大評価されてる」ってコメには同感。
    でも、過大評価されてる今の日本にはぴったりかな…
    [ 2019/02/05 21:26 ] [ 編集 ]
  444. 村上春樹はメディアが何故か異様にプッシュしてるが内容は出来のいいラノベみたいなもんだしな
    過大評価ですわ
    [ 2019/02/05 21:35 ] [ 編集 ]
  445. 「美しい日本の私―その序説」 /川端康成
     日本人の美意識、死生観などの基礎論
    「武士道」 /新渡戸稲造
    「弓と禅」 /オイゲン・ヘリゲル
     スティーブ・ジョブズ愛読、日本の禅とは何か
    「日本の家屋と生活」 /ブルーノ・タウト
     日本人と自然
    「英国一家、日本を食べる」 /マイケル・ブース
    「日本辺境論」 /内田樹
     諸外国と日本人の関わり意識
    とかを抑えてから日本文学を読むと面白いだろうね。
    [ 2019/02/05 21:37 ] [ 編集 ]
  446. 内田樹はないわ
    [ 2019/02/05 21:39 ] [ 編集 ]
  447. 文学もそうだけど、禅を分かってないとまどマギとかエヴァとかも意味わからん所は多いだろうな。
    [ 2019/02/05 21:43 ] [ 編集 ]
  448. 柳田だったら遠野物語もいいけど私のお勧めは『先祖の話』。
    [ 2019/02/05 21:50 ] [ 編集 ]
  449. ※487 日本辺境論は愛国者なら必読。外国人にもCoolJapanやWTFな日本の意味がよくわかるだろう。
    [ 2019/02/05 21:51 ] [ 編集 ]
  450. 内田なんて四流の似非学者いらんわ
    [ 2019/02/05 21:58 ] [ 編集 ]
  451. ジョン・ダワーに、イアン・ブレマー??
    はぁ…
    今時、随分と化石の様な、非学術的な浅い日本文化論を読んでんだ…
    何故そう推薦書が偏っているんだ…
    米国の学問は、本当に理系と経済学関係以外、相変わらず本当にゴミだな…

    ハーンやタウト、ドナルド・キーン、ミアーズ、エマニュエル・トッドとか、他にも大勢優秀で分かり易い学者達が沢山居るだろ…
    彼等は日本文明論以前に、彼等は非常に博識で、固定観念や偏見に囚われない明晰な学者達だ。
    [ 2019/02/05 21:59 ] [ 編集 ]
  452. 「海と毒薬」は、現代人が読むと、執筆当時も「事件」としてショッキングな事」だったということ、さらにはこうしたネガティブな事件も隠蔽されなかった日本の本質を知るヒントになる。
    それを理解出来ない、残酷な事件を他人事だと思うような、想像力と感受性に欠ける、読解力に欠ける、つまりアレらに、捏造プロパガンダの元ネタに使われてしまったのがね。
    [ 2019/02/05 22:06 ] [ 編集 ]
  453. 「千と千尋の神隠し」、「君の名は。」、を見ても、日本文化や、日本文明の価値観を、余り良く知らない外国人は伏線や演出、セリフの意味や文脈の、半分も理解出来ないんだろうな…
    何だかとてももどかしい…
    現代日本人でも、隠蔽された歴史教育と、歪んだ唯物思想教育を受けているから、実際に良く理解出来ていない日本人も、相当数居るんだろうけど。
    [ 2019/02/05 22:08 ] [ 編集 ]
  454. 翻訳
    誰に上手く翻訳されたかが、ヒット作なのかも。

    脱税で捕まったハリーポッター主権者日本人もいたねw
    [ 2019/02/05 22:11 ] [ 編集 ]
  455. 「遠野物語」が入ってて芥川が「羅生門」なら漱石は「こころ」ではなくて「夢十夜」じゃないかと思った。
    そういうランキングじゃないんだろうけどw
    [ 2019/02/05 22:17 ] [ 編集 ]
  456. 古典でいきなり源氏物語はきつい。
    あれは現代日本語をしっかりマスターした人向き。
    とりあえずなら、枕草子や今昔物語がベター。
    その後、徒然草だと思う。
    [ 2019/02/05 22:20 ] [ 編集 ]
  457. 三島由紀夫
    DVDで黒人が
    三島由紀夫
    作品などを読んで作家に。
    とか見たことあった。
    変わり者、文学少年
    と思われるのかな?外国人日本小説好きw
    [ 2019/02/05 22:24 ] [ 編集 ]
  458. 羅生門など/芥川龍之介

    「など」には『神々の微笑』も含めてちょ
    [ 2019/02/05 22:25 ] [ 編集 ]
  459. 6.「将軍」/ジェームズ・クラベル
    7. 「敗北を抱きしめて」/ジョン・ダワー

    これはダメっぽくない?
    実像と違う自分たちの見たい日本しか見てない。
    ステレオタイプの強化にしかならない。
    [ 2019/02/05 22:27 ] [ 編集 ]
  460. 『方丈記』
    [ 2019/02/05 22:34 ] [ 編集 ]
  461. 『神皇正統記』
    [ 2019/02/05 22:45 ] [ 編集 ]
  462. 本は鏡

    憂国好きだな
    [ 2019/02/05 22:52 ] [ 編集 ]
  463. 私は根っからの理系で文系の本とは無縁だった。しかし、たまに刮目されるような本に巡り会う。仏人の日本の捉え方に比べ、英人の捉え方は違うが、大英帝国を築いただけのすごさはあると思う。ネットの時代、様々な国の人のコメントを見ると、文化力の違いにいろいろを感じる。」
    [ 2019/02/05 23:44 ] [ 編集 ]
  464. 百田尚樹先生だけで十分だろ?他は古典含めてゴミ以下だから。
    [ 2019/02/06 00:01 ] [ 編集 ]
  465. 百田先生以外に日本に文学と呼べるものはない
    [ 2019/02/06 00:04 ] [ 編集 ]
  466. 小学校の図書室にあった漫画日本の歴史シリーズとかで良いんでないか
    [ 2019/02/06 00:07 ] [ 編集 ]
  467. 「禅を分かってないとまどマギとかエヴァとかも意味わからん所は多いだろうな(ニチャァ)」
    [ 2019/02/06 00:50 ] [ 編集 ]
  468. ジョン・ダワーは日本がアジアの独立に寄与した事は絶対に無い
    と放言した人物だ。
    NHKだか朝日の出版物でオーストラリアの反日学者マコーマッ
    クとの対談で発言していた。このマコーマックというのもトンで
    もない反日学者で北朝鮮の社会主義思想である主体思想の信奉者。
    ピューリッツァー賞を受賞したビックスといい、常にソ連や中国、
    朝鮮側の視点から日本を批判している。だから冷戦期はソ連中国
    の冷戦後は特亜の拡声器役の日本の左翼メディアや左翼学者と似
    たような主張をするんだよ。
    日本に理解のあるモーガンさんが指摘しているように、連中は事
    実よりもイデオロギーで歴史を書いている、リベラルにも差別と
    偏見が存在するというよい事例だ。
    [ 2019/02/06 00:56 ] [ 編集 ]
  469. >遠藤周作、記銘が雲黒斎翁だったっけ。
    >流石在日。

    記銘:「記銘」とは外部の刺激がもつ情報を意味に変換して記憶として取り込むこと

    記銘じゃなくて俳号じゃないの?
    もしそうなら雲黒斎じゃなくて狐狸庵先生(コリアン)

    雲黒斎を戒名にしたのは落語家の立川談志

    たった2行に嘘をこんなに詰め込めるなんてw
    嘘よりなにより記銘って!ww
    [ 2019/02/06 01:00 ] [ 編集 ]
  470. 代表的日本人
    [ 2019/02/06 01:07 ] [ 編集 ]
  471. 村上春樹は 韓国人にもdisられてたなw
    初めて韓国人と意見が一致した瞬間だった。
    [ 2019/02/06 02:38 ] [ 編集 ]
  472. >>510

    モーガンさんのフルネームを教えていただけないでしょうか。

    [ 2019/02/06 03:19 ] [ 編集 ]
  473. てゆうか、日本人論はたくさんあってもメタ日本人論をやってるのは内田樹くらいしかいないだろう
    他誰?
    [ 2019/02/06 04:52 ] [ 編集 ]
  474. 「小説」は、普通じゃありえない日本人からしても「非日常」な作り話なんで
    それをもって「日本を知る」ってのはマジ注意してほしい。
    羅生門とか蜘蛛の糸、杜子春とか特に。N氏がでない星新一みたいなもの。 
    あと異人さんによる「将軍」とか笑えるくらいキワモノ。
    これで日本を知ったとか思うのは、勘弁して。
    [ 2019/02/06 05:15 ] [ 編集 ]
  475. 英訳されている日本書籍の量的限界は有るだろうが、
    英国高級紙の中で一番左側に座るガーディアンの
    対日観と知識程度が現れてる気がするな。
    英国人への俺のお勧めは「リットン報告書」な。
    [ 2019/02/06 06:21 ] [ 編集 ]
  476. 源氏物語って現代語訳でも結構な長さでは…
    一度読んどくべきだとは思ってるんだけどな
    田辺聖子さん訳が実家にある

    ただ、平安文学はすっきりしないのも多くて苦手
    とりかえばやか落窪物語の方が読みたい
    [ 2019/02/06 07:04 ] [ 編集 ]
  477. >英国高級紙の中で一番左側に座るガーディアンの
    >対日観と知識程度が現れてる気がするな。
    以前、日本軍による慰安婦虐殺映像を韓国が出したが、実際は戦闘
    で死亡した日本兵に略奪行為を働いている中国人の映像だった。
    それをガーディアンは韓国の言い分そのまま記事にした。
    慰安婦虐殺の初公開映像とスクープ扱いしていたが、実際は20年ぐ
    らい前に日本人学者が発見して戦闘による犠牲者とわかっていたも
    のだ。高級紙といったってその程度なんだと諦めている。
    [ 2019/02/06 07:47 ] [ 編集 ]
  478. ↑で、そんな嘘記事書いたガーディアンは潰れましたか?嘘記事なら大スキャンダルだよね?
    社会的制裁食らって廃業に追い込まれても仕方ない。で、ガーディアンは
    既に潰れたの?
    [ 2019/02/06 08:33 ] [ 編集 ]
  479. 日本のことよりもっと自分の国のことや自国イギリスがしたことを知するべきだな。いつまでも他国のファンタジーにふけっている場合ではない。
    [ 2019/02/06 09:56 ] [ 編集 ]
  480. 狐狸庵先生は確かクリスチャンでらしたから海外の方にもとっつきやすいのかな
    [ 2019/02/06 10:28 ] [ 編集 ]
  481. >ジョン・ダワーは日本がアジアの独立に寄与した事は絶対に無いと放言した人物だ。
    NHKだか朝日の出版物でオーストラリアの反日学者マコーマックとの対談で発言していた。このマコーマックというのもトンでもない反日学者で北朝鮮の社会主義思想である主体思想の信奉者。
    ピューリッツァー賞を受賞したビックスといい、常にソ連や中国、朝鮮側の視点から日本を批判している。だから冷戦期はソ連中国の冷戦後は特亜の拡声器役の日本の左翼メディアや左翼学者と似
    たような主張をするんだよ。
    日本に理解のあるモーガンさんが指摘しているように、連中は事実よりもイデオロギーで歴史を書いている、リベラルにも差別と偏見が存在するというよい事例だ



    まあ、リベラルは差別や偏見を持たないと言ってるのは、リベラル本人だけだよね。
    本当に差別や偏見を持たないならリベラリスト宣言もしないでしょう。
    [ 2019/02/06 10:47 ] [ 編集 ]
  482. 枕草子とブリジット・ジョーンズの日記を読むと国や文化や時代や言語の違いがあっても女というものには普遍的な共通性があるのだなと思わされる。
    [ 2019/02/06 10:47 ] [ 編集 ]
  483. ジョン・ダワーの奥さんはパヨクなうえに、こいつの本の参考文献は朝日と毎日ばかり。

    ただの反日家。
    [ 2019/02/06 12:09 ] [ 編集 ]
  484. 大江はいらんだろ
    [ 2019/02/06 12:24 ] [ 編集 ]
  485. 古事記と日本書紀を推してる奴がいるが、あれは史実ではなくファンタジーだ。

    徒然草なんか格調高い美文だけど、英語にしたら趣台無しだろうな。
    [ 2019/02/06 12:44 ] [ 編集 ]
  486. 私も「ノルウェイの森」は面白くないと思った一人
    [ 2019/02/06 13:15 ] [ 編集 ]
  487. 史実じゃないと言うなら源氏物語だって史実じゃない。そういう基準のラインナップじゃないだろ?マヤ文明のことを知ろうと思ったらマヤの神々の物語を知らずに済ませられるか?その豊かなイメージの世界からすべてが生れてくるのだから。
    [ 2019/02/06 13:22 ] [ 編集 ]
  488. 史実じゃないのに史実と主張、歴史を学んでとか口走るのはプロパガンダよねって話じゃないの
    [ 2019/02/06 15:52 ] [ 編集 ]
  489. でもかつてフランクフルトなどでドイツ学生協会が日本の中世の文献や小説含む
    大量の本を「非ドイツ的な魂」に対する抗議活動の一貫として燃やしたくらいだから
    日本に関する書物で読むに値するものは少なくとも地球上にはないのでは?
    [ 2019/02/06 15:55 ] [ 編集 ]

  490. ドイツ…

    独国…

    [ 2019/02/06 16:33 ] [ 編集 ]
  491. ※527
    日本人からみたギリシャ神話、北欧神話みたいなもんやろ
    [ 2019/02/06 16:37 ] [ 編集 ]
  492. こういうランキングには載らないであろう羽根幹三の『Modern Japan: A Historical Survey』を読めば良い。
    文学と言うよりは史学になってしまうけど。
    [ 2019/02/06 17:04 ] [ 編集 ]
  493. ※531
    確かに将来を担う学生がNOを突きつけたんだから日本に関する優れた書物は国内外にも存在しないんだろうな
    [ 2019/02/06 17:21 ] [ 編集 ]
  494. ※531
    どう少なくとも?

    非ドイツ的魂に対しての抗議であって日本的ではないと燃やしたわけじゃないんでしょ?

    その頃日本文学が流行ってドイツ魂はどうした諸君!!って感じだったのかしら?
    [ 2019/02/06 17:26 ] [ 編集 ]
  495. ※301
    クリスチャンの日本人が書いた「海と毒薬」を読んで、日本人をよく判った貴方。
    そのB-29の兵士たちをころした日本人たちは、クリスチャンのアメリカ人をよく判ってたからだよ。当時アメリカ軍は日本社会をパニックに陥れる心理作戦の一環として通常爆弾を油爆弾に替えて、日本の子供、
    女、老人たちの頭上に撒き散らす無差別爆撃作戦をやってて、その米兵さつ人事件の直前には東京大空襲で300機のB-29が数時間で10万人の日本人を焼きころしてる。
    同様の無差別爆撃は、全国100ヶ所以上の都市で行われ、50万人以上が焼きころされてる。でもそれが戦争だよ。
    [ 2019/02/06 18:20 ] [ 編集 ]
  496. ※530
    誰がそんなことを口走っているのだ?コメント全部読んでないからわからないが。そういう話なら具体的にそういう話をしている人に指摘してほしいものだ。日本のことを知る為に記紀を推すこと自体は何もおかしくないだろう。
    [ 2019/02/06 19:14 ] [ 編集 ]
  497. "知るため"なら菊と刀と陰翳礼讃がほしいやね
    [ 2019/02/06 19:27 ] [ 編集 ]
  498. 菊と刀は日本を勘違いしてしまう本で知られてるのでは。
    菊と刀をバイブルすると日本人は二面性ガーと言う自称日本通になってしまう。
    [ 2019/02/06 20:35 ] [ 編集 ]
  499. ※539
    >誰がそんなことを口走っているのだ?コメント全部読んでないからわからないが。そういう話なら具体的にそういう話をしている人に指摘してほしいものだ。日本のことを知る為に記紀を推すこと自体は何もおかしくないだろう。



    うんおかしくない。
    初めに「史実がダメって話って」が抜けてた。
    「史実がダメって話って、史実じゃないのに史実と主張、歴史を学んでと口走るのはプロパガンダよねって話では」
    だから史実じゃなくても良いじゃんってつもりだった。
    ごめんなさい
    [ 2019/02/06 21:19 ] [ 編集 ]
  500. ※542
    527さんは、「史実がダメ」という話じゃなくて「史実じゃないからダメ」と言ってないか?まぁその発言に至ったのは脳裏にそういうプロパガンダのイメージがあるからなんだろうけど、「日本を知る為に読むべき本」に対するコメントとしては的外れではないかな。細かくてごめんなさい。
    [ 2019/02/06 21:54 ] [ 編集 ]
  501. こういうところで出てくる作品は、個々の思い入れの強い作品が多くて、
    読んでみる価値があるって感じる。
    図書館で何冊か借りて読んでみます。
    [ 2019/02/06 22:23 ] [ 編集 ]
  502. もうドラゴンボール読んどけ
    [ 2019/02/06 22:26 ] [ 編集 ]
  503. ※527
    はぁ?
    それを言ったら、メソポタミア神話、ギリシャ・ローマ神話、北欧・東欧神話、旧約聖書、新約聖書だって、コーランだって、法華経だって、総て何一つ例外なく、唯の「神話」なんだが?
    しかも事実かどうかは、「科学的に」「未だに確定していない」し、そもそも事実かどうかは全く関係無い。
    宗教と神話に大切なのは、事実性では無く、文明的な価値観と世界観、そこに有って今も続く様な、普遍的な真実だ。

    お前は旧約と新約、地中海神話を知らずに、シェイクスピアやデュマ、カフカ、ドフトエフスキー、キルケゴール、ニーチェ、トルストイを読んで、一体全体何を理解出来るんだ?
    極論すれば、事実で無いかも知れないものは、無価値で無意味だと言うので在れば、最早学問が要らないと言っている様なもんだぞ。
    文学、歴史学、哲学、近代自然科学、経済学、法学だって、総て宗教と神話、連続した歴史の継承と積み重ねの結果であって、総て「その物自体」は現実に存在しないぞ?

    唯物思想に汚染された、愚劣な反知性主義の極みの思想だ。
    今直ぐにでも、『学問』という事象への捉え方を、根本的に変えるべきだ。
    [ 2019/02/07 00:36 ] [ 編集 ]
  504. スパイ工作員の為の必読書、という印象。
    [ 2019/02/07 05:46 ] [ 編集 ]
  505. 唯物思想に汚染されるのがダメなら理系は少なくとも日本から排除しなきゃねw
    [ 2019/02/07 06:36 ] [ 編集 ]
  506. ※543
    そうですね、読み返すと我ながら色々ピントずれてました、以後気を付けます。
    [ 2019/02/07 09:07 ] [ 編集 ]
  507. 間違った日本像を覚えてしまいそうな本ばっかり
    また、この本を選んでること自体
    外人が見てる日本が怪しいということだ
    [ 2019/02/07 14:42 ] [ 編集 ]
  508. 何人か言及しとるが、ジョン・ダワーはない!
    慰安婦騒動のことは忘れんで
    あれでアジア専門家やいうなら、世界中の欧米アジア専門家は偽物や
    [ 2019/02/07 14:44 ] [ 編集 ]
  509. 「敗北を抱きしめて」/ジョン・ダワーは誤解、偏見がある。
    [ 2019/02/07 14:49 ] [ 編集 ]
  510. もっとも、そこそこ名前の知られていたジョン・ダワーが
    あそこまで偏見と無知丸出しの書面に連名サインしてくれたおかげで、米は一切信用ならんと多くの日本人がショックと共に気が付いた。
    先のことを考えれば結果的にはお勉強になったのかもしれへんな、苦い苦いお薬やったが
    [ 2019/02/07 16:03 ] [ 編集 ]
  511. アメリカは多様化したと言っても海外の歴史科目はヨーロッパ中心で
    アジアはマイナー扱い。外国の歴史を学ぶのはアメリカでも左派学生
    が多く、アジア史専攻学生はさらに左派色が強いそうだ。
    ダワーだけでなく、アンドリュー・ゴードン、キャロル・グラックと
    アメリカの日本学の学者は主張している事が日本の左翼学者と同じ。
    昔、ゴードンとグラックは日本版ニューズウィークにコラムを書いて
    いた。ハーバード大の日本研究所所長とコロンビア大教授のコラムだか
    ら期待していたが、書いてあることは朝日新聞や週刊金曜日と同レベル
    の主張で期待外れだった。ピューリッツァー賞を受賞したビックスなん
    て受賞時から日本の左翼学者の主張を焼き直して独善的な意見を付け足
    しただけと批判されていたよね。
    [ 2019/02/07 17:23 ] [ 編集 ]
  512. はるはあけぼの
    感性は何一つ変化なしでございます
    [ 2019/02/07 18:50 ] [ 編集 ]
  513. 戦後のものは、すべてアメリカと左翼に、

    洗脳されているから、ダメ!

    やはり、古事記だな。

    [ 2019/02/07 19:19 ] [ 編集 ]
  514. 左翼のみなさんって外国人に日本(の主に闇)を知ってもらい欲求強い人多く積極的に発信するから自然と「日本をよく知ってる」外国人も左翼的知識を得た人が多くなるのかね。

    あと左翼のみなさんにはこんな日本はお断りだとばかりに外国へ飛び出してる人も多いけど、飛び出した先の現地を満喫すればいいのに毎日の様に日本がー日本はー呟いてる人も多いよね。

    飛び出してよかった!素晴らしい人生を手に入れた!と言ってるのだからいつまでも日本は日本人は言ってないで素晴らしい人生を送ってる姿を見せてほしいものです。
    [ 2019/02/07 20:08 ] [ 編集 ]
  515. 外人さんはまず新渡戸稲造の「武士道」を読まないと日本人の気質はわからんやろ。

    [ 2019/02/07 20:15 ] [ 編集 ]
  516. ドナルド・キーンさんは日本人が読んでも違和感なくていいわ。すごく繊細な理解の仕方をしてくれてる。
    [ 2019/02/07 22:42 ] [ 編集 ]
  517. >左翼のみなさんって外国人に日本(の主に闇)を知ってもらい欲求強い
    人多く積極的に発信する

    ツイッターを見ているとシバキ隊界隈がやたら海外メディアに英語で働
    きかけているよね。海外メディアが取り上げると大喜び。わざわざ記事
    を翻訳して載せている奴までいる。以前、LAタイムズに記事を書いて
    いたエーデルスタインは「リテラを尊敬」している。NYT支局長だっ
    たファクラーは愛読しているのは「日刊ゲンダイと週刊金曜日」。
    このガーディアンの日本記事を主に書いているマッカリー、こいつなん
    かシバキ隊関係者のツイートを元に記事を書いたこともある。
    特派員協会の連中のツイッターでのやり取り見ていると、リツイートし
    ているのがネット左翼ばかり。
    [ 2019/02/07 23:02 ] [ 編集 ]
  518. 日本国紀を英訳してほしい。ランキングよりよほど日本を知ることができるだろう。未だにコピペガーとうざい奴らもいるが、日本国紀内のコピペに全く問題がないことは武田先生が完璧に解説していた。それでも喚くなら無知か活動家。
    [ 2019/02/08 04:15 ] [ 編集 ]
  519. 柳田國男の遠野物語が1位とか、歴史的皮肉が効いてるなー!地方のフィールドワーカーから吸い上げてまとめた著書の一つ。民俗学から妖怪などを排除して、自分の地位を駆け上がり、遠野物語だけは位置付けが複雑な本が1位とはね。
    [ 2019/02/08 15:43 ] [ 編集 ]
  520. 学生時代に読んだものばかり挙げてんのか?
    普段まともに現行の日本の小説を読む人のセレクトじゃねえなこれは。
    小島信夫、古井由吉、田中小実昌、保坂和志、磯崎憲一郎、中原昌也、青木淳吾、多和田葉子、阿部和重、福永信、笙野頼子、これでいい。
    これは外せない
    [ 2019/02/08 20:01 ] [ 編集 ]
  521. 吉川英治や池波正太郎や山崎豊子の名前がないね
    [ 2019/02/08 21:47 ] [ 編集 ]
  522. 夏の砦
    辻邦生をもっと評価してほしい。
    [ 2019/02/09 00:28 ] [ 編集 ]
  523. >ヒガシノの本は寒い日に湯船に浸かりながら読みたくなるな。
    寒い日に長湯する文化の国ってどこだ?
    [ 2019/02/09 01:24 ] [ 編集 ]
  524. 古事記が入ってない時点でダメだろ。
    古事記は日本の神話、歴史、文学の原点。
    何度も読んだ。
    [ 2019/02/09 05:48 ] [ 編集 ]
  525. なんでコーヒーとジャズがあれば洗練された文化なんだよ。
    日本の文化だけだと遅れて野蛮なのか?
    西洋が上で東洋が下か?
    気分悪いわ。
    まぁでも、村上とか大江とか川端で占められていなくて良かった。
    何処の国でも本物の知識人には驚かされる。よく知ってるよ、本当。
    [ 2019/02/09 06:40 ] [ 編集 ]
  526. >>1
    >>柳田國男はさすが親日外国人だが
     
    なぜ外国人だと思ったの????????????????
    [ 2019/02/09 06:52 ] [ 編集 ]
  527. 「こころ」と「金閣寺」読んでりゃ十分よ。日本のエッセンスが詰まってる。
    [ 2019/02/09 14:30 ] [ 編集 ]
  528. 翻訳
    『なんであの本が無い?』

    上手い翻訳家による「差」。笑
    [ 2019/02/09 16:19 ] [ 編集 ]
  529. アレックス・カーは犬と鬼より、美しき日本の残像の方が手に入れやすいし読みやすいのでオススメ。
    [ 2019/02/09 17:51 ] [ 編集 ]
  530. ハラキリ・カミカゼは……

    と思ったら、
    ハルキ・ムラカミだった(笑)
    [ 2019/02/09 22:43 ] [ 編集 ]
  531. 万葉集や徒然草や漱石を読んで人って変わらないんだな。って思える幸せ。
    [ 2019/02/10 00:35 ] [ 編集 ]
  532. 源氏物語より枕草子の方が今の日本人の感性にもダイレクトに繋がってると思うわ
    どっちも全部読んだわけじゃないけどなw
    [ 2019/02/10 03:07 ] [ 編集 ]
  533. ①記紀万葉(古典)
    ②徒然草(吉田兼好)
    ③枕草子(清少納言)
    ④平家物語(信濃前司行長)
    ⑤日本人とは何か(柳田國男)
    ⑥源氏物語『湖月抄』(北村季吟)
    ⑦代表的日本人(内村鑑三)
    ⑧果てしなく美しい日本(ドナルド・キーン)
    ⑨武士道(新渡戸稲造)
    ⑩日本の面影(ラフカディオ・ハーン)


    後はラザフォード・オールコック、エドワード・モース、イザベラ・バード、アレックス・カーとか、ブルーノ・タウト。
    レヴィ・ストロース、トケイヤー、エリ・コーヘン、黄文雄、呉善花とか、三島由紀夫、本居宣長、鈴木大拙、西田幾太郎、和辻哲郎、小林秀雄、谷口天風、梅棹忠雄、二宮尊徳、上田秋成、谷崎潤一郎、川端康成等々。
    [ 2019/02/10 11:10 ] [ 編集 ]
  534. ※573
    あと大事な人たちが抜け落ちていたが、芥川龍之介、福田恆存、吉村昭、吉川英治、池波正太郎、山崎豊子等々も。
    [ 2019/02/10 11:23 ] [ 編集 ]
  535. 菊と刀を挙げている奴はバカか
    [ 2019/02/10 13:32 ] [ 編集 ]
  536. >「敗北を抱きしめて」/ジョン・ダワー

    こいつって日本人を妻に持つ超絶アメリカ人右翼の本だよね
    内容全てが中国韓国の歴史観でアメリカ人の占領下時代の日本を
    肯定しまくって日本軍がいかに残虐だったかを批判しまくる本
    こんなのを推薦とかw
    てかこういう奴に限って必ず白人妻じゃなく日本人を妻にしてる所も
    闇を感じるよな(極端な思想を持ってて自国のアメリカ女性からモテてなかったり日本を恨むばかりに日本女性に過度な憧れを持ってたり)

    これをランキングにいれたクリストファー・ハーディングって奴もたかが知れるわ
    [ 2019/02/11 00:31 ] [ 編集 ]
  537. 日本人を知りたいって言うけど
    日本人を知ろうとすることが日本人を知ることなのかもしれない
    [ 2019/02/11 00:53 ] [ 編集 ]
  538. ※556
    日本の事件不祥事が英訳記事になると、ついに日本の真の姿が世界に伝わったと無上の喜びを感じる人達がいるよね。
    そういう人達が日本人のええ話に「日本国籍ってだけやん日本関係ないやん個人が素晴らしいだけで日本が素晴らしいワケじゃないだろ日本人は勘違いすんな」って荒くれるんだろうね。
    日本でおきた事件などネガティブな事を日本全体にひとくくりにしてるという自己紹介。


    [ 2019/02/11 09:58 ] [ 編集 ]
  539. 俺が描いた小説も入れて欲しい所だな。
    翻訳されて英国でも売られてるし。
    [ 2019/02/11 20:35 ] [ 編集 ]
  540. 俺みたいに上記のランキング10冊のどれ一つも読んでない日本人って多いんじゃね?w
    [ 2019/02/14 09:21 ] [ 編集 ]
  541. 真実の日本を知るには朝日新聞ですよ!!アカヒ!
    [ 2019/02/16 02:00 ] [ 編集 ]
  542. 海外の人が私の知らない本をいっぱい知っていておどろいた
    センセイの鞄なんてしらないよw 日→英のトランスレーターも大勢いるみたいだね。
    でもショーグンなんてなんの為にもならなさそうだし。

    近現代日本人を知るためならち、びまるこちゃんとかOL進化論とかがいいんじゃねえか?
    [ 2019/02/19 12:40 ] [ 編集 ]
  543. 是非こころを読んでからS!K!B!をやって欲しいw
    [ 2019/02/21 08:38 ] [ 編集 ]
  544. 三島由紀夫は世界最高峰だろう
    [ 2019/02/23 00:30 ] [ 編集 ]
  545. ワイ太宰治中毒だった。
    そんな中二病は沢山いると思う。
    たまたま容姿と才能を持った、心はニートみたいな男だよ。でも、日本の闇のリアルだと思う
    [ 2019/02/26 12:11 ] [ 編集 ]
  546. 夏目漱石の心だけだったなー納得できたの。
    [ 2019/02/26 12:16 ] [ 編集 ]
  547. 本と言えるのかは疑問ですが、百人一首は今でも手に取っています。
    山本周五郎、藤沢周平、浅葉なつ、鈴森丹子、ああ❢きりが無い。
    [ 2019/02/28 19:58 ] [ 編集 ]
  548. 竹林はるか遠くは?
    [ 2019/02/28 20:41 ] [ 編集 ]
  549. こころや羅生門で日本を理解したと言われるととっても複雑・・。
    人間の嫌な部分をまざまざと見せられたようで憂鬱だった。
    [ 2019/03/03 23:16 ] [ 編集 ]
  550. >「最高のランキングだ!」 英紙選出『日本を知る為の本トップ10』が話題に

    半分以上が読んだら変な日本像と反日思想植え付けられそうだな
    外国の日本学専攻の学者は反日左翼かゲイばっかりなんだよな
    [ 2019/03/06 01:39 ] [ 編集 ]
  551. 村上春樹が入ってないだと!
    実に素晴らしいランキングだ!
    [ 2019/04/15 16:12 ] [ 編集 ]
  552. なんで筒井康隆の痰壺が入っていないんだ
    [ 2019/04/18 17:15 ] [ 編集 ]
  553. 「こころ」が入ってるのが何気に嬉しかった
    先生の生き方を理解するのは難しいかもしれないけど
    [ 2019/07/03 20:14 ] [ 編集 ]
  554. 봉잡스 :: 봉잡스
    [ 2019/07/07 20:49 ] [ 編集 ]
  555. 上田秋成の雨月物語も日本らしさにあふれてる。
    [ 2019/07/09 05:17 ] [ 編集 ]
  556. 柳田國男は危険な部分も・・・日本の裏側も丸見えっぽい。
    [ 2019/07/12 06:16 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサード リンク
検索フォーム
人気の記事(PC)
スポンサード リンク
ランダム記事
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
アクセスランキング

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:




ブログパーツ アクセスランキング