fc2ブログ

パンドラの憂鬱

外国メディアの記事などに寄せられた、海外の反応をお伝えします


海外「こんな凄い男がいたのか」 英空軍で英雄となった日本人パイロットに賞賛の声

今回はイギリス空軍の英雄、ハリー・フサオ・オハラ氏の話題から。

オハラ氏は1891年横浜生まれで、早稲田大学中退後、英領インドに渡印。
現地で日本の新聞社の記者として働いていたのですが、
第一次世界大戦勃発直後、日本と同盟を組んでいた英国軍の志願兵となります。

オハラ氏の勇敢さは当時、複数の新聞社から賞賛されるほどで、
その功績から、1917年には正式に空軍のパイロットに。
翌年に顎を撃たれて引退するまでに負傷した回数は70回と伝えられており、
その闘争心に対して、イギリス軍から複数の勲章が贈られています。

終戦後にはイギリス人女性と結婚し、3人のお子様と共にロンドンで生活。
怪我の影響で仕事をするのに苦労し、さらに第二次世界大戦が始まってからは、
日本とイギリスは敵国同士となったため、強制収容所への収監も経験。
それでもなお、オハラ氏はイングランドと英国の生活様式を愛していたそうです。
1951年、癌により永眠。享年59。

現在イギリスの空軍博物館には、アジア人としてただ一人、
イギリス空軍の英雄として、オハラ氏の写真が飾られています。

100年も前に異国で英雄となったオハラ氏の波乱万丈な人生に、
外国人から様々な声が寄せられていましたので、その一部をご紹介します。

海外「武士道の意味が分かった」 戦時中に敵兵を救助した日本人艦長に感動の声

4637.png




翻訳元(シェアページからも)
36357.png



■ すごく興味深かった。
  第一次世界大戦の頃の話だと思うと余計に。 +1 アメリカ




■ すごい人生だな。
  第一次世界大戦ではヒーローだったのにも関わらず、
  第二次世界大戦では敵として扱われてしまったのか。 フィリピン




■ 素晴らしい物語をありがとう。
  お子さんやお孫さんたちの話を知る事が出来れば嬉しい。 +4 米海軍所属



   ■ 以前にBBCも彼の数奇な人生を取り上げてたよ。 イギリス



■ これだけ類まれな人生経験を持ってる人は、
  世界的に見てもそうはいないだろうと思う。 オーストラリア




■ シゲノ・キヨタケ大尉のストーリーを思い出したよ。
  その人は第一次世界大戦が勃発した時に、
  フランス軍に参加してフランスのために戦ったんだ。 フランス




■ 軍事関連には詳しい自信があったのに初めて知ったわ……。
  一度も聞いたことがなかった自分にビックリだ……。 +2 アメリカ



   ■ WOW こういう話はもっと有名になってもいいね!! +1 アメリカ



■ アメリカに忠誠を誓った日系人だけじゃなくて、
  イギリスに忠誠を誓った日系人もいたんだね。 +1 香港

海外「本物の侍たちだ」 米陸軍史上最強 日系人部隊に外国人が感銘




■ 彼の身分証明書も残されてるので紹介しておく。 +31 国籍不明

1978681_604472623029927_1233779007130042014_n.png




■ 「風と共に去りぬ」のスカーレット・オハラと同じ名字か。 イタリア




■ 日本の名字に「O’ Hara」はなかったはずだけど? 国籍不明



   ■ 「Ohara」「小原」「 大原」がある。 +4 アメリカ



   ■ 日本の名字を英国風に変えたって事だろうね。 +1 ノルウェー



   ■ 彼の奥さんの名字はマクドナルドだったと紹介されてる。
     だから元々の名前は「Ohara」だったんだろう。
     「Ohara」なら日本で一般的な名字だし。 イギリス



■ 日本から来て外国の空軍の英雄になったとか凄すぎだろ。 +1 アメリカ

海外「これが日本人なんだよ」 フィリピンで英雄となった日本兵の物語に感動の嵐




■ 素晴らしい。第一次世界大戦当時のイギリス空軍に、
  多様性があった事を伝える事実でもあるな。 イギリス




■ 外国のために戦った日本人パイロットはフランス空軍にもいたよ。
  キャプテン・キヨタケ・シゲオの事も調べてみて欲しい。 +1 アメリカ




■ オハラ氏のことをもっと知りたい。
  彼のようなパイロットがいたという事実は知れたけど、
  彼に関する情報があまり多くないのが悲しい。 マレーシア




■ こんな凄い男がいたのか。
  恥ずかしながら今の今まで知らなかった。 +1 イギリス




■ 彼の名字に疑問を持ってる人が多いようだけど、
  アクセント記号がない「Ohara」は日本では一般的な名字だよ。
  当時は日本人が欧米で暮らすことは稀だっただろうし、
  西洋の社会や暮らしてる地域に溶け込むために、
  アイルランド系の名字を借用したんだろうね。 +1 アメリカ

海外「日本は異文化に寛容な国」 日本人の異文化理解にアイルランド人が感動




■ 当時日本はイギリスと同盟関係を結んでいたわけだから。
  イギリス人と結婚したことで新たな名字になったんでしょ。 南アフリカ




■ ハルキチ・シモイの事も取り上げていいんじゃないかな。
  日本の詩人で、大戦中にナポリの大学で日本語の教授になった人なんだ。
  ガブリエーレ・ダンヌンツィオと親交があって、
  彼らは戦争に関して同じ思想を共有してたんだよ。
  そして最終的にイタリア軍の決死隊に入隊した。
  噂によると、仲間たちにカラテを教えたらしい。 +2 イタリア




■ 1917年5月11日付の新聞記事によると、
  ロンドンにあったエドモントン軍人病院から退院するときには、
  全身に70近い傷跡があったらしいぞ。 イギリス



   ■ その記事で言われてる事は本当だと保証しよう。
     70という数が正確かどうかは分からないが、
     遠い昔に彼と顔見知りだったことがある。
     見える範囲だけでも多くの傷跡があったよ。 イギリス



■ 70回負傷してもなお戦い続けた。
  この人はなんて勇敢なパイロットなんだろうか。 +2 スウェーデン

海外「本当に勇敢な男達だった」 子犬を抱く若き特攻兵の姿に海外から様々な声




■ 俺たちは全員、英雄から「敵」となってしまった彼の物語から学ぶべきだ。
  見た目だけでその人の立場を判断してはいけないという事を。 +6 イギリス




■ 自分の人生は複雑すぎると考えてしまった時は、
  この男の人生を思い出してみるといい。 +22 アメリカ




■ 彼のストーリーは人を惹きつける力があるね。
  これだけ異色と言える経歴を持つ人なんだから、
  人柄も非常に魅力的だったんだろうと思う。
  しかし、英雄から敵になってしまったのは悲しい皮肉だね。 イギリス





関連記事
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑皆様の応援が、皆様が考えている以上に励みになります。


コメント欄の管理を担当していた副管理人が体調不良となり、
時間的に管理人がその仕事をフォローする事は難しいため、
一時的にコメント欄を閉鎖させていただきます。
ご迷惑をおかけいたしますが、ご了承ください。
[ 2018/11/18 23:00 ] 社会 | TB(-) | CM(-)



ブログパーツ アクセスランキング